FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■星屑トラフィック (高橋こばと)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ラブコメ・オムニバス
・おまけ: あとがき。
・その他: 9話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高橋こばと(たかはし・こばと)」センセの「星屑トラフィック 1巻」です。

ないんですよねー。
こないだから探している「魔法教えます!!/鈴木狂太郎」は発売されていると思うんですが…るるる、周辺書店のどこにも見当たりません。
もしかして店頭在庫は売り切れちゃったのかなぁ。
ちなみに、本日書店にて気付きましたが、「Kiss×sis4巻」のカバー漫画は限定と一般で異なっているんですね。
そっちも欲しいなぁ…って、大ファンの人なら両方揃えたりするのかな。
商売上手な感じですよ。

篠田瑞希、エリナさん
※左:篠田瑞希、右:エリナさん
 秘密を持つ「エリナさん」なのです。笑わないよぅ。

さて、そんなこんなで本日は「高橋こばと」センセ7冊目(たぶん)の単行本「星屑トラフィック 1巻」です。
センセの絵はちらほらと見掛けていましたが、ひでるさんはこちらが初見。
内容は一般えっち系でした。
それぞれカップルの恋愛模様が描かれており、たまに失恋などもありましたが大まかにはどちらも良い関係。
絵柄・お話はソフトで嫌味なく、こうした漫画にはうってつけな感じでした
基本的には問題ないんですが…はっきり言ってファンの方向けで、単行本としてはあまりオススメできません。

えっと、あらかじめ。
今回はあまり好ましい内容の文にはならないと思います。
そんなんが苦手な方は、ここで御遠慮下さい。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
これから正直な感想をそのまま書かせて頂きます。

 ・
 ・
 ・

いいですか?

同一世界のオムニバス漫画。
もし、これが1冊で終わるのであれば、まったく問題はなかったと思います
ならば何が気に入らないのか?というと、”巻数表記”がされていること

過去の成年漫画では、”巻数をまたぐ場合に数値の表記があるとセールス的に不利”なため、「~編」とか区分けをしていたそうです。
そちらのちょうど逆で、普通に考えて2巻が発売された場合…1巻を知らない人は手に取りませんよね?
よっぽど魅力的でない限り。

こちらの漫画は、東京郊外にあるという”時計台のある街”を舞台にした、ブツ切りオムニバス。
おおまかにゆったりとしたテンションで、えっちシーンまで展開するのが特徴でした。

”8人のヒロイン”という文言を信じると、今回単行本で全員顔を見せている筈です。
それぞれのえっちシーンは描かれ、”お約束”がキチンと果たされている上にだいたい円満なカップルとなっていたため、わざわざ次に繋げる必要がありません
8話であったように、その後フラれましたよー、とか無理矢理しない限り。
正直なところキャラもさして強い訳ではなく、「このカップルの他シチュエーションが見たい!」とまで息巻くほどのものがありませんでした。

同一世界ということで、他短編のキャラがゲスト出演しています。
ただ、本当にゲスト・顔見せ程度のことで、それぞれの話も独立しているため、登場人物同士の関係が希薄。
例えば「よみがえりんね♪/森見明日」みたいな、”基本となるメインのお話があって、周辺の事柄についても同時に語られる”というものでもありませんでした。
(※そちらは明確に「朋さん」という正ヒロインが定められており、周囲で盛り上げる”前世の彼女たち”とのエピソードが順に描かれていました)
こちらの場合、全てにおいての主役キャラ、あるいはメインカップルも不鮮明、というかおりません。
そんな訳で、わざわざ同一世界としている意味が薄く、また街ひとつというのは広過ぎたのでは?と思います。
学校とか会社とか…せめてそれくらいに限定された範囲なら良かったのかなぁ。

…以上のような感じだったので、わざわざ巻数表記にした意味がよく分からないのです。
というか、セールス的にはマイナスでは?
ひでるさんは巻数表記から勝手に連続話だと勘違いしたので、また通常よりもショックが大きかったんですよねー。
(※紹介帯・裏表紙にちゃんと「オムニバス」と書いてあるんですが…ああ)
センセが目指したらしい、軽く読める感じではなっていましたが、それならば短編集として、ゲストの顔だしがあるよー程度でいいのではないかなぁ。
…描き手、あるいは出版社の都合で何かしら良いのかも。
わかりませんけど。

また、女性はともかく、男性の描き分けが微妙なんですね。
それぞれを見比べると別人だと分かりますが、名前が呼ばれないとぱっと見だけでは誰だかよく分かりません。
例えば、1人くらい眼鏡な男性がいてもいいのでは?
もっと極端な特徴づけがほしかったです。
それができないなら、このタイプ漫画はハードルが高いと思います。

木谷静歌、貴島紫乃
※左:木谷静歌、右:貴島紫乃
 このお嬢様「紫乃さん」は可愛かったです。
 

【 まとめ:星屑トラフィック キャラ関係図 】
(記号について: ◎好き、○微妙、[]は場所・団体、※は説明、数値はメイン話数です)

                               [スポーツジム・ACTIVE]
                               「5貴島紫乃」◎→←◎「榊」
                                             ↑
                                    ※客・担当インストラクター
                                             ↑
「3木谷静歌」◎→←◎「塚本優悟」→※会社同僚←「筒井」◎→←◎「1篠田瑞希」
                                      ↓
                                  ※常連客(2人とも)
                                      ↓
                                [バー・FANwave]
                     「2,8上原ふみ」○→←◎「秋津」○→←◎「9七恵」
                                      ↑
                                  ※常連客(2人とも)
                                      ↑
     ※勤務の会社が「筒井」らと同じか不明←「永井」◎→←◎「7沙織」

     [茂手木フーズ]   
       「4平岡梓」◎→←◎「創太」
                     ↓
               ※大学生(同じ大学かは不明)
                     ↑
「淳之介」◎→←◎「6エリナ」→※友人←「仁絵」


…時間かかりました(笑)
だいたいこんな感じになってます。
1話「星の降る町で…」は各話を繋ぐ頻繁出演キャラの「篠田(松原?)瑞希」さんがメインです。
そう、彼女がいちおうメインっぽいんですが、相手「筒井」くんの携帯には「篠田瑞希」という登録、インストラクターの「榊」は「松原さん」と呼んでいました。
コレ、どっちが本当??
会社では相棒というべき間柄(※瑞希さんのが上司で年上)で、「筒井くん」の片想い。
最後に告白した彼は、以前から考えていたそのまま転職・引っ越しをするのです。
そのあたりのさっぱりとした描写は心地よく、素敵な感じでした
…が、ロクに連絡もしないまま、フッた相手の部屋まで押し掛けてくる「瑞希さん」
うーん、大胆ですよ。
本人も途中で「すでに彼女が…」とか懸念していましたが、もし他の女性いたら修羅場でしたねー。
惜しい(笑)
気になったのは、2人で夜景を眺める漫画のクライマックス部分。
ここは作風・個性を考慮したとしても、あっさり描き過ぎです
せっかくの良い場面なので、もう少し描き込んでほしいところでした。

バー「FANwave」の恋愛風景が描かれる、2話「キャット・スタイル」、8話「晴れのち雨」、9話「アフター・ザ・レイン」
単純に話数で言えばこちらがダントツに多いですね。
古株バイト「秋津」くんと、眼鏡の従業員「七恵」さん、短期バイト「上原ふみ」さんという3名です。
公園トイレでのえっちなど、その方面で牽引していた「ふみさん」に対し、さすがに「七恵さん」は大人な女性。
”雨宿り”として彼をマンションに入れるんですが、一度は本当にそれだけで終わっていたというのは、なんだかリアル。
勘違いも無論ありましたが、実際はああしたモノですよね。
7話「ネオンの花」はそのバーにて知りあったカップル「永井」くんと「沙織」さん。
この「永井くん」は小柄で幼い顔立ちという男性でしたが、あまり絵に変化がないためそう見えません。
満更でもない様子でしたが、こちらの2人は明確に”付き合ってはいない”という関係でした。

3話「近距離恋愛」は「塚本優悟」と同棲して長いらしい秘書課の「木谷静歌」さんとのカップル。
2人は「筒井くん」の同僚なんですが、1話と違ってはっちゃけた喋り方だった彼がなんだか印象的。
5話「ボーダーライン」は「瑞希さん」が通っているスポーツジムでのカップル、インストラクター「榊」と貴島財閥のお嬢「貴島紫乃」さん。
この2話に登場していたクールな美人「静歌さん」、胸の大きなお嬢様「紫乃さん」はお気に入りです。
お風呂場での「静歌さん」、そして勉強熱心な「紫乃さん」が可愛いのですよ。

4話「道標」、6話「小悪魔・天使」のそれぞれカップルは、今のところ同じ街に住んでいるというだけでした。
うち「小悪魔・天使」に登場のヒロイン、ティーンズモデルな外人「エリナ」さんにはとある秘密があったんですが…大きく修正される一般漫画では言葉だけのことで、イマイチ面白味が薄かったです。

ゆるやかな線のすっきり絵柄。
白比率が高めで、ページはかなり白っぽい雰囲気がありました。
さらりと平たいキャラ絵です。
なんというか、味のあるタイプの作画ですね。
毒気ないので大きく好き嫌いが分かれない(だろう)反面、コレというインパクトには欠けていると思います。
何か…もうひとパンチ欲しい感じがしました。

色々書きましたが、全体的には悪くない単行本です
ここで描かれた各カップルが、劇的な変化をしていくとも考えがたく、次の巻まで追いかけて読みたいほどの魅力はありません。
かと言ってまだお話が完結していないというのも、感覚としては余計に微妙なのですよ。

星屑トラフィック 1 (バンブー・コミックス DOKI SELECT)星屑トラフィック 1 (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
(2009/05/27)
高橋 こばと

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

comment

Secret

No title

こんにちは。今回紹介されていた漫画はとてもおもしろそうですね。
機会があったら是非読んでみたいです。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。