FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■世界の果てで愛ましょう (武田すん)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 性別反転・ファンタジー
・おまけ: たぶん描き下ろし・おまけ漫画劇場「リョーマの休日」、
      カバー裏におまけ漫画劇場の続き。
・その他: 5話(+おまけ)収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「武田すん(たけだ・すん)」センセの「世界の果てで愛ましょう 1巻」です。

これは…予想以上に面白かったです!
買ってよかったー。

思わず、紹介する単行本の順番を変更してしまいました(本当)

まるで予定外だった、こちらの単行本。
店頭にてうっかり(笑)目撃してしまった、あの↓表紙に釣り上げられました
女の子のガクラン姿というのは、いいモノですねー。
それが全裸(たぶん)なら、なおさらのこと。
帯文句「僕女の子になっちゃった…」は置いといて、”明らかに女子っぽくない顔”が正直なところが引っ掛かったんです。
がしかし、後述しますけど、そんなんも漫画の良いポイントになっていると思います。

涼馬・泣きシーン
※涼馬・泣きシーン
 泣くのは得意技のようでした。ちなみに、左が王子「エミリオ」です。

そんなこんなで、「世界の果てで愛ましょう 1巻」です。
「武田すん」センセの4冊目でいいのかな?
センセの漫画はこちらが初見です。
…たぶん。
どっかで見たような記憶もあるんですけどねー。

地味で気弱な高校生「矢野涼馬」
クラスメイトから押し付けられた文化祭の準備をしていたところ、地震と共に校舎は崩壊。
その先には、瓦礫の下敷きになった男がおりました。
「涼馬」は自らの危険もいとわず、必死に助けようとしたんですが、その様に惹かれた彼は薬で「涼馬」を女性とし、妻にするよう宣言したのです。
そんな彼は、魔法のようなスキルが当然という異世界「オルドリット」の王子、「エミリオ・オルドロック」でした。
兄弟でのドロ沼な争いを経て王位継承権1位となった経緯がため、その純粋さを欲していたのです。
しかし、突然の異世界に加えて性別まで変えられてしまった「涼馬」がすんなり承知できる筈もなく、また最終的には大泣きされたため、仕方なく慣れるまで元の世界にて生活することとなったのでした。
…長いですが、大雑把にはそんな導入部。

そんな訳で、性別反転なラブコメ漫画です
魔法ちっくなファンタジー描写もあちこちにあり、性別反転においての説得力としていました。
(※多少何でもアリ感が…)
3話から舞台のほとんどは現世界になるんですが、それからが見モノ。
随所に格好良い姿を見せる1国の王様にして自称夫の「エミリオ」と、長い間面倒を見て可愛がってきた弟「祐二」によって、争奪戦が展開されるのです。
特に「祐二くん」はヤバめな感覚の持ち主で、恰好のコメディー・ネタとなっていました。
「涼馬」としては昔の感覚そのままなので、ある意味では得していながらも気の毒なのです。
こんなんは……もしかしたら女の子のが好きではないかなぁ。
いや、ちと違うか?

涼馬・うっかりシーン
※涼馬・うっかりシーン
 女モノの下着が似合う「涼馬」なのです。

過去にPCソフトでは、”性別反転モノは売れない”と言われた(たぶん)時期ありましたけど、もう1ジャンルという感じですねー。
実際に、「クラウド」さんの「Xchange」が予想以上に売れた体験があります。
転換期はそのあたりですかね?
(※調べたら発売は1997年でした。「Mr.clice(ミスタークリス)/秋本治」は1985年、「ミカエル計画/DISTANCE」は2002年でした。記憶ではそんなくらいなんですが…他に何かあったかな?)
”可愛ければ問題なし”、みたいな感覚ね。
読んで、もっとも近い感覚の漫画は「かしまし~ガール・ミーツ・ガール/桂遊生丸」です。
…そっちとは違い、シリアス度合は(今のところ)だいぶ低いのですが。
成年系で考えると、先にも名前を出した「DISTANCE」センセが得意な系統で他に名前が浮かびません。
やや脱線してきたので、漫画に戻します。

前述しておりますが、主人公「涼馬」について。
母親不在の家庭にてずっと家事を担当してきたらしく、自分の不在がため荒んだ家に驚いたり、自然に食器を洗っているシーンなどがありました。
性格からして女子っぽいんですね。
冒頭では地味でモテない様が描かれていましたが、社会人になる前後あたりからモテそうです。

弟の「祐二くん」曰く、
兄貴は前から女みたいな顔だった
という訳で、彼(彼女?)は、大雑把に容姿的な変化はまったくありません
これらは「かしまし~」と同一な感覚なんですが、この漫画のさらに凄まじいところは、そこそこ描かれていた男性絵からまったく変化ないまま女性になっているところ。

そうなんです、この”男女どちらにも見えるキャラ絵”が抜群なのですよ!

もともとセンセの絵柄は中性的。(※完全な野郎キャラは置いといて)
それを見事に逆手にとったような感覚です。
彼(彼女)の”精神男のまま身体だけ女性に変化させられた”という複雑な状況を、そうした絶妙なタッチにて表現していました
しっかり男子に見えるコマもありますし、それでいて女の子に見えるコマもあり…ううむ。

柔道の授業でドキドキ、みたいな4話が、これまた秀逸なのでした。
身体が女性になっているというのはあるにしても、男という認識であったクラスメイトたちから、何気に脚光浴びたりしています。
ちなみに、そちらの後から制服もスカートになってました。

涼馬・着替えシーン
※涼馬・着替えシーン
 この柔道のお話も良かったです。…休めばいいのに。

そうだ、ちと気になったのが、女物の下着を普通に着用していた「涼馬」
たしか「らんま1/2」にて、主人公「早乙女乱馬」はぎりぎりまで男物の下着でしたが、そっちのが自然かなぁ。
ただ、自らの女装姿が満更でない(2話)、知識的に怪しげ(5話)…などの描写があり、そのあたりの抵抗感は普通の感覚よりも薄いのかもしれません。
…このあたりは、「かしまし~」の際にも感じました。
本人は「僕は男だ」とか言っていましたが、そのまま女の子でいたほうが幸せな人生かもしれませんねー。

細線のすっきり絵柄。
白比率があり、濃淡はやや薄めです。
そういった事情がため線が目立つんですが、勢いがある絵だけ線の乱れもありました。
特に冒頭にあった、鏡で自らの全裸を見て異変に気付くコマなんですが…ページ溝部分にキャラがかかっており、またバランスが微妙であったのが実に残念。
あそこは漫画の超・重要シーン(笑)ですから、しっかり描いてほしかったところです
(※「ひぐらし・鬼隠し編1巻」のように、あの部分だけカラーでも決して間違いではないと思います。わはは)

さきほど何気なく全裸と書きましたが、これバストトップから全裸までありました。
もちろん、ちゃんと詳細までは描かれていませんでしたが…ちゃんと、ってなんだ(笑)
連載は「電撃マ王」ですが、そんなんOKな雑誌ですかね?

今回は時間もなかったので、思いつくまま書いてきましたけど…ちゃんと紹介になってるかな。
まぁ、とりあえず次巻も今から楽しみにしております。

センセの↓HPでは1話が見れますんで、参考には最もいいと思われます。



世界の果てで愛ましょう

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー コメディー ラブコメ クラウド バストトップ 電撃マ王

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。