FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バカとボイン (こばやしひよこ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 生霊・アイドル
・おまけ:
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
      10話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「こばやしひよこ」センセの「バカとボイン BAKA&BOING 1巻」です。

おくさまは女子高生」で有名な「こばやしひよこ」センセ。
いきなり申し訳ないですが、あんまり好きな漫画家さんではありません。
絵柄はいいんですけど、お話が…。
センセのほか漫画「PERIDOT」とか「でぃすぱっち!」も、ひでるさん的には微妙なものでした。
前述した「おくさまは女子高生」も悪くはないんですが、ややしつこかったなぁ、と。(※ネタ的にはベタなものですし)
あの半分以下くらいの長さで完結した方が、正解だったと思うのです。

アイドル「椎名こころ」
※アイドル「椎名こころ」
 ↓表紙でも着ているあれは、DVD発売イベントでのコスチュームでした。

そんなこんなで、「こばやしひよこ」センセの最新刊「バカとボイン」ですね。
さすがに↓表紙はお上手。
あのタイトル文字ってのは…ひょっとしてパロディなのかな?

”浮遊霊”などとあだ名されていた、さして取り柄のない浪人生「山田太一」
ただぼんやりと日々を過ごしてきた彼を変えたのは、クラビアで見たアイドル「椎名こころ」でした。
彼女に一目惚れをした「太一」はその熱心なファンとなり、個人的に応援し続けていたもののデビューから人気は上がらず、すっかり売れないアイドルとなっておりました。
そんな「こころ」の握手会に向かっていた「太一」が、会場であるビルに辿り着いたその時!
突然、屋上から落ちてきた「こころ」と激突してしまったのです。
病院で目を覚ました「太一」の前には「こころ」の姿があったんですが…彼女の手術は失敗し、死んでしまったのでした。

ちょっぴりサービス過剰な一般系漫画。
収録は10話とやや多く、触感からしてその厚さが伺えます

ヒロイン「こころさん」は売れないもののアイドルという設定で、ある意味では”憧れな彼女とドキドキ生活”という漫画。
彼女の生死が微妙なところにあり、主人公「太一くん」だけが見聞きできるというのも、アイドルを独占という欲求を満たしてくれるものでしょう。
よくあるそうした漫画は、なんとなーく近しい位置にて主人公がうろうろするものです。
(※なぜか付き人になったり、向こうから会いにきたり…)
しかし、彼女と魂が繋がっているというこちらの漫画では、多少突拍子のなさはあったものの、そのあたりに説得力がありました。
死神によって延ばされた寿命は半年ほどらしく、それをどうにかするべく頑張っている「太一くん」の姿も納得です。
そう、これはアイドル漫画というより、”死後の世界なスピリチュアルちっくストーリー”なのでした。

死神、幽霊な女の子
※左:死神、右:幽霊な女の子
 そういえば、あちこちの言動にヒントがありましたよ。

4話登場の幽霊な女の子とのエピソード(※9話まで続く)がこれからの基本フォーマットになってくるのかな。
これが、いいお話でいながらブラックなシーンもあって、楽しめました。
ただしこんなんが何度も続くというのは読者の期待と合致するか疑問で、あとはバリエーションがどうなるか、だと思います。

また、読んでいて非常に気になったのが、ヒロイン「こころさん」などの基本設定。
「太一くん」と魂が繋がっている彼女は、生霊という状態。
姿が見えているのは彼だけで、会話も他人には聞こえない。
(※独り言を言っているように見えている)
お風呂(波が立っていました)ほか食事なども普通にしていたようですが、本を持っている彼女を他人が見た光景は、”本が宙に浮かんでいる”というもの。
それでいて想像で着替えをしていたほか、壁や物体をすいすいとすり抜けていました。

…えー何が言いたいかと言うと、”物をすり抜ける、触るという住み分けが中途半端”なのです。
これは「太一くん」を相手にしても同様で、握手など触れるパターンと、すり抜けるパターンが適当に入れ替わっていました。
途中に出てきた幽霊の女の子も、姿見えない、直接会話できるのは「太一くん」と「こころさん」のみというのが基本でありながら、かみついたり、腕を引っ張るなど、他人に目一杯干渉する様が描かれていました。
このあたりは、相当にご都合主義な気がします。
まぁ、そんなん気にして読むのは違うのかもしれませんけど。

コスチューム・チェンジ
※コスチューム・チェンジな「こころさん」
 なんちゃらフラッシュのように、全裸になります(笑)

幽霊の女の子に肩にとっつかれ、重くて寒いという描写は面白いんですねー。
また、おそらく病院にいるだろう「こころさん」の手術結果が曖昧でしたが…ここは、漫画のクライマックス部分で明かされることとなるのかな。

強めな線のすっきり絵柄。
キャラから濃淡までバランスに優れ、特に女の子の胸まわり、腰付近の描写は秀逸です。
直接はありませんが当然なようにサービスカットも多く、↓表紙につられて購入した方も満足だろう出来栄え(笑)
さすがに抜群の安定感があり、イラストな方という印象ですが、よくある絵の強弱もありません。
一般で活躍されているだけあって漫画も巧く、癖はあるもののクドさも薄めだと思います。

当初の予想より、面白い漫画に仕上がっていました。
おそらく長く続くことはないでしょうけれど、ネタ的に2~3巻くらいが無難かなぁ…。
また、ヒロイン「こころさん」が性格的にもいい人過ぎて、胸以外のインパクトに欠けていたのが気になります
2周目を見返した際にも、幽霊な女の子のが印象に残ってたりして。

バカとボイン

バカとボイン 1 (ヤングジャンプコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スピリチュアル

comment

Secret

海野先生は…

私はうっかり新装版を買いそうになりました(笑)
センセは際立ってますよねー。

今週末もどっかーと発売されますよー。

自分も昨日書店で見掛けたとき、某侍漫画かよ!とツッコミました(笑)

今月も、なんやかんやで諭吉さんと一葉さんにお別れをし、懐が寂しい事に(泣)
海野先生の「風の~」の新装版と「キスシス」4巻も買いました。
海野先生は初単行本から、明確な作家性と高度なスキルをお持ちだったんですね。スゲぇ。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。