FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■わたしの大切なともだち (袴田めら)

★まんがデーター  [13/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 人間関係・コメディー
・おまけ: あとがき漫画。
・その他: 6話収録、現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「袴田めら(はかまだ・めら)」センセの「わたしの大切なともだち 1巻」です。

とりあえず、必殺「作者名買い」を発動させました。
ほわーっとした雰囲気を裏切るストーリーと、女の子ばかりな登場キャラでやや百合傾向な「袴田めら」センセ。
ブログでは、魔法学園モノ「暁色の潜伏魔女」、百合漫画夜空の王子と朝焼けの姫」を紹介しております。

こちらの「わたしの大切なともだち」は、おおまかに12冊目くらいな単行本。
ちょっと引っ掛かるタイトルと紹介帯の文言がため、購入時は微妙な感覚でしたが…いや、面白かったですよ
うん、さすがに「袴田めら」センセは巧い。

田中橘
※田中橘
 記憶喪失前ですね。右は…どこで使われているか、お楽しみに。

模試では合格圏内だったものの、志望していた美大に落ちてしまった主人公「エビちゃん」こと「海老澤笙子」
その帰り道、昔馴染みであった「田中橘」と再会。
もともと彼女とは親友と言える間柄だったんですが、とある事柄から疎遠になっていたのです。
こんなの友達じゃない、知りあいだって
久しぶりな彼女は連れている友人からおしゃれで、ますます距離を感じていたところ、そんなことを言われてしまったのでした。
さて、両親から浪人を反対されていた「エビちゃん」は、結局デザイン系の専門学校へ進学。
すると、そのクラスには「橘」の姿があったのですが…
ワタシは事故で記憶を失いました
なんと彼女は記憶のほとんどを失っていたのです。

これは、重い
2話ラスト部分での↑あの一言は、多少でも彼女を見知っていた人間にとって相当な衝撃があります
しかも単純に”過去の記憶がなくなった”程度では済まず、喋りカタコトで再び日本語を勉強しなければならないほどに重症だったのでした。(※カタコトな喋りは片仮名で表現されています)
「袴田めら」センセの絵柄がため中和されていましたが、相当に過酷な設定です。
そう、センセの売りは、ぺかぺかとノーテンキっぽいキャラ絵とは裏腹なシリアス話
基本的にはコメディーなのです。
しかし、たまにそうした描写があり、グサリと抉ってきます。
好みな方にはそのバランス感覚が絶妙に心地よいんですが、苦手な方はどっちかにしてほしいと思うかも
絵柄・ネタなどの癖がかなり強いため、御注意くださいませ。

おろおろと気の弱い主人公「エビちゃん」
いきなり冒頭から落第した揚句、久しぶりの友人からは酷いことを言われ、親睦旅行では崖から落ちて骨折。
旅行からは1人だけ先に帰され、松葉杖になってしまうなど、不幸を呼び込む娘さんなのでした。
まぁ、人生いろいろあるとは思うけれど…がんばれ(笑)

4話にて描かれていた、過去の切っ掛けについて。
あれはいかにもありそうで恐ろしいですね。
最も微妙な年齢ですから、つい周囲に迎合してしまいがちです
うん、わかるわかる。

海老澤笙子
※海老澤笙子
 泣き顔が似合う主人公なのです。いじめて系ですね。

漫画のポイントである、「橘さん」とその記憶。
前述したようにかなり重い症状なようで、もともと明るかった性格が、愛想なく、反応遅く、すっかり無口になっておりました。
(※それでいて食べ物には強い関心を示し、釣られる様が多々ある)
誰?」と言われるのはキツイですねー。
そうした彼女に無理矢理関わっていく必要はなく、元友人らの冷たい態度はああ見ると酷いものですが、普通の反応だと思います。
「エビちゃん」はあちこちでぐるぐると余計な気を回す、ややこしい娘。
そんな「橘さん」に、思わず「親友だった」と言ってしまってひとり苦しんでいましたが…あれ少なくとも完全な嘘ではないですよね。
逆に、わざわざ近づくというのは大したものだと思います。
なかなかできることではありません。
ただ、彼女は記憶喪失前に会った際、”美大に受かった”と、もう1つ嘘をついていたんですねー。
そんな訳で、「橘さん」の記憶が戻るということは、すなわち嘘が露見してしまうかもしれない、再び疎遠になるかもしれない、と「エビちゃん」は二重の苦しみがあったのです。
記憶が戻ることは都合が悪いのでした。

当人が悩み・考えているほど、周囲はさほど気にしないもの。
”大学も決まった”と言っていた「橘さん」ですが専門学校へ来ており、またそちらを希望していたのはもともと彼女であった様子。
このあたりが救いであると信じ、次の巻を待ちましょう。
周囲のキャラ、「柊和歌」、眼鏡とったら可愛い「寒河江」なども良かったです。

強い線のあっさり絵柄。
適度な濃淡具合で、センセ独自なバランス感覚です。
作風を確立されており、安定はしているものの非常に独特で癖が強いもの
なんというか、絵ではなく漫画の巧い方と言えるでしょう。
読み進めるのに全然問題ないですが、気になる人には難しいかなぁ。

ぶっちゃけ、予想していたよりも遥かに引き込まれました。
今回も2人の結末を見届けたいと思います。

わたしの大切なともだち 1 (アクションコミックス)わたしの大切なともだち 1 (アクションコミックス)
(2009/05/12)
袴田 めら

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー 百合漫画

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。