FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■めがねでHで小生意気! (ねんど。)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき4コマ「ランチ」、カバー裏に4コマ「現象外伝」
・その他: 折り返しに4コマ、短編×11(うち「迷える子羊の為の狂奏組曲」×2、「現象」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ねんど。」センセの「めがねでHで小生意気!」です。

最近、ファミコン時代のゲームをちらほらやっています。
なにせ面白くてぱっと終わるじゃない?
あちこちで「バルーンファイト」を探しているんですが…いつの間にか”ファミコンミニ”のシリーズって生産終わってるのね。
たはー。
もっと色々と発売されれば面白かったのに
「ドンキーコング3」とか「ドラゴンバスター」をやりたいなぁ。

さて、そんな時代に取り残されているひでるさんは置いといて、本日は「ねんど。」センセです。
過去にこちらのブログでは、「未成熟しょうじょ図鑑」を紹介しております。
最新刊「めがねでHで小生意気!」は、連続話と短編という構成。
その連続話に登場するWヒロインが魅力的で、よく目立っておりました。

黒瀬れな、優衣ちゃん
※左:黒瀬れな、右:優衣ちゃん
 強い女性陣です。支配されたい方にオススメ(笑)

やはり↓表紙を飾っている「黒瀬れな」さんの2話連続「迷える子羊の為の狂奏組曲」
学校でパシリをやらされている「天野」くん。
成績優秀ながら自由な言動で知られる先輩「黒瀬れなさん」に買ってきたものを食べられてしまったのでした。
どーせまたパシらされたんでしょ?食っちゃいなよ、こんなモノ
戸惑う「天野くん」を気に入った「れなさん」は…と、だいたいそんな流れ。

人のモノローグに突っ込みをいれてくる「れなさん」
収録で眼鏡キャラは…短編「水泳」に登場している、スクール水着な「夏子」さんと彼女だけです。
「夏子さん」は気の強いタイプでしたがえっち方面では受け身だったので、あの↑表題にもっとも合致しているのはやっぱり「れなさん」かなぁ。
えっちをすると勉強に集中できる、いままで弟を使っていた、ということで漫画では「天野くん」を襲っておりました。
彼は胸触ったりもしておらず、えっちでも騎乗され、されるがままでしたねー。
(※次のエピソードでも、促されてようやく手を伸ばすような状態)
完全に主導権を握られております
ちゃんとアフターフォローしてくれたところは素敵でした。
ああ言われたら、諦めるしかないでしょう。
まぁ、単に従う対象が変わっただけなんですけどね(笑)

2話目はカバーイラストのような競泳水着です。
相変わらずな関係で、やっぱり後半はまたがっておりました。
オチ部分など、なかなか面白いカップルです
これで終わることなく、ぜひ別シチュエーションを描いてほしいですね。
ちなみに、収録されている短編「S系彼女」に登場しているヒロイン、友人の妹「優衣」ちゃん。
やはり成績優秀で、こちらは主人公「坂本」くんの後輩ではあるものの、先の「れなさん」同様に主導権を握っておりました。

空夢円
※空夢円さん
 不思議な女性です。変わった娘が好きな方にオススメ。

3話収録の「現象」は、今回単行本で先の「れなさん」と並ぶヒロイン「空夢円(そらゆめ・まどか)」さんのシリーズ。
期末の席替えで「矢追優太」くんの隣になったのは、”まだ喋ったところを見たことがない”という「円さん」でした。
UFOを呼ぶなどの奇行で知られるものの、可愛らしい容姿であったため、「矢追くん」にとっては気になる存在だったのです。
席替えを切っ掛けに色々と喋りかけていたところ、生年月日と血液型に反応した「円さん」は彼を校舎裏へと引っ張っていくのでした…。
大雑把にはそんなん。

多少連続性はありましたが、同キャラ連続短編という風情です。
単行本のあちこちに収録された4コマには、必ず登場している「空夢円さん」
(※正確には、折り返し4コマ以外は全てこちらのキャラです)
半開きな目と無口、独特な言動などの特徴をもった不思議娘でした
雰囲気的には、アイテム好きな「藤乃紫音さん」(※「初犬/犬」)が近いかな。
こちらの「円さん」は超常現象好きで、「矢追くん」とのことも実は占いで相性最高であったため。
嫌いではないようでしたけど、「紫音さん」と違って特にえっち好きという感じはありませんでした。
その際だけ喋るというのがいいですねー。
声も可愛いようです。
また、何と言っても「円さん」の魅力は、普段の反応、そして行動でしょう。
ライバル「岡本」さんを催眠術で眠らせる特殊スキルを見せていたほか、鳥寄せから怪しげな薬を使うなどの描写がありました。
正直、えっちシーンよりも普段の「円さん」を眺めている方が面白いですね(笑)
そんな訳で4コマ漫画も良かったです。

双子の兄妹、兄「澪央」、妹「澪奈」の短編「感応」は、タイトルそのまま感覚共有なえっち話。
すでに2人は関係しており、お話としてはやや平坦。
せっかく双子なのだから、何かしらもうひと押し欲しかったです。
比べるのも違うとは思いますが、このネタでは「PINKS LINKS/アシオミマサト」がぐっさりと刺さっているので…。

天乃魅沙、優ちゃん
※左:天乃魅沙、右:優ちゃん
 ブルマな2人ですね。紺色系統にノスタルジー感じる方にオススメ。

やや度を越した妹好きな変態兄「義人」くんと、付きまとわれている妹「紫音」さんの「CRAZY ROMANCE」はコメディー調。
完全に嫌っているようではないものの、好意は「義人くん」から一方的に強く、ラブラブ兄妹ではありません。
そんな訳で、やや強引に展開するのがポイントです。
大人の階段を上りかかっているくらいの「紫音さん」は、まだ幼い容姿なんですが背伸びして黒い下着。
これが微妙にロリっぽい彼女もあって、なんだかブルマみたいに見えました。

先輩「鮎川」くんとツインテール「天乃魅沙」ちゃんの「接近」はラブコメ系。
こちらは完全にブルマです。
しかも、ジャージ+ブルマ、体操着+ブルマの2パターンありました。
短編「完走」に登場している「優」ちゃんもブルマでしたねー。
ボーイッシュで女扱いされないという、ショートカットな一人称「ボク」少女で、成長した胸をあっさり幼馴染みの「圭介」くんに披露しておりました。
どちらも単純に良かったです。

強い細線の絵柄。
丁寧で乱れることなく、ごっちゃりせず適度な濃淡でもあるため見易いです。
ひでるさんは”非常に癖の強い方”という認識でしたが、久しぶりに見たこちらはなかなか良い感じでした。
…今回は完全にロリ系でないからかな?
確かにもともと綺麗な絵を描く方ではありましたが、良い意味で意外。
ただ、ふとしたタイミングで4コマ絵のようなSD調になるのは、好みが分かれるところだと思いました。
大きめの輪郭に、それと比較して小さい目・鼻・口が特徴。
やっぱりロリちっくではあるんですが、前述しているように記憶にあったほど極端ではありません。
(※あるいは、ひでるさんの許容範囲が以前より広がっているためかもしれませんが…わかんないや)
判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。
紹介帯があれば、裏面にカット絵とともにあらすじがあったので、参考になると思います。

めがねでHで小生意気! (ホットミルクコミックス 289)めがねでHで小生意気! (ホットミルクコミックス 289)
(2009/05/09)
ねんど。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール ラブコメ ショートカット パンチラ コメディー スクール水着 競泳水着 ノスタルジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。