FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■世界中がアイ・ラヴ・ユー (Triage Tag)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、作品解説、ゲストページ。
・その他: 初単行本、カラー(10P)、短編×12。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Triage Tag(とりあーじ・たぐ)」センセの「世界中がアイ・ラヴ・ユー」です。

いきなりですが。
なんだろう??、と思ったので、ちょいと調べてきました(笑)

■トリアージタッグ[triage tag]
災害などで同時に多発した負傷者の、負傷程度による治療優先度を示す認識票。
(※goo辞書より)

…なるほど。
分かるような、そうでもないような…まぁ、いいか。
そうした変わったお名前である、「Triage Tag」センセの初単行本です。

うーん、これはいかん。
↓表紙・裏表紙などの感じから、正直どっちにしようかぐるぐる迷ったんですけど…合いませんでした。
なんだか久しぶりな気もしますが…。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
これから正直に感想を書かせて頂きます。
また毎度のことですけど、そんなんが得意でない方はここでご退出下さいませ。

茶道部部長「藤堂一茶」、女神輿
※左:茶道部部長「藤堂一茶」、右:女神輿
 こんな感じで続けばいいんですが…。


 ・
 ・
 ・

宜しいですか?
早速ですが、最もマイナスに目立つ絵柄の話題から。

細線のすっきり絵。
濃淡はトーン処理のため薄く、ページ全体はごっちゃり気味でした。
コマや構図などは変化があっていいんですけど、繋がりは弱く分かり辛い個所があります。
漫画はいま一歩、いや三歩というところ。
しかし、登場しているヒロインらは皆さん可愛らしく、好みな感じ。
どっちかと言うと好きな絵なんですが…線の乱れが酷く、バランスが崩れること多々ありました。
引き絵はかなり厳しいです。
せめて↓表紙くらいな絵を持続・継続してくれればいいんですが…全体的に不安定でした

続いて、良いネタもあったお話について。
おおよそ問題はないですが、ひでるさん的にはもったいないかなぁ、という感覚です。

収録で最も作画の良かった「2人でお茶を」
はっちゃけた感じの茶道部部長「藤堂一茶」さんが可愛いです。
彼女が↓表紙を飾っており、買う切っ掛けとなっています。
あちらの絵は柔らかな暖色系で統一され、雰囲気から構図まで良かったですね。
座っているシーン全てパンチラしていた「一茶さん」は、
今日はピンクか…
という「タカヤ」くんの発言から、日頃よりだいぶ無防備であった様子です。
実は泣いちゃうくらい彼にラブラブだったらしいので、えっちシーンの急展開が非常に残念でした。
あれは念願叶うところですから、もっとじわじわいくべきでしょー
普段の高いテンションも照れ隠しだと思うので、ひとリアクションほしいです。

生霊「タケシ」くんと「志乃」さんの「おかしな2人 Buddy Buddy」
トボけたSDキャラな生霊「タケシくん」が面白いんですが、えっちシーンで普通になってしまうのはもったいないような気がします。
また、裏表紙を飾っているのがこちらの2人(?)でしたけれど、先の短編とは逆に微妙なバランスで迷う原因でした。

トイレの女の子
※トイレの女の子
 なぜかこんな感じで筆談なのでした。

カラー原稿のショート「ノックは無用」
トイレを開けたら、いきなり全開状態の女の子がいました、という短編です。
単純えっちな展開ではあるものの、登場する緑髪・ツーサイドアップなヒロインが非常にいい感じ。
なぜかまともに喋らず(※文字で会話する)、誘っているのに表情がそうでないところがポイントです。
”早くして下さいっ”のコマもいいですね。

収録中で迫力あふれる短編「お祭りしよ!!!」は、女神輿に男子が混ざるというシチュエーション。
これは、担ぐどさくさに紛れてのえっちシーンがなかなか秀逸でした。
ああしたお祭な服装というのも、あまりないですからねー。
途中から単なる複数えっちになってしまうんですが、やっぱり担いだままで全員としてほしかったなぁ。

小鳩さん、委員長
※左:小鳩さん、右:委員長
 

服装では、レオタードとくるくるお下げが可愛い「小鳩」さんの短編「ノンストップガール」
幼馴染み「小鳩さん」は新体操部。
”人前では恥ずかしい”ということで特訓するんですが…彼女は恥ずかしいのかそうでないのか、よく分かりません。
1ページだけでしたが、教室のシチュエーションはいい露出っぷりです。
この漫画は、そんなんで通した方が良かったのでは?

同級生「上条さやか」との個人授業「ブリフレ BRIEF’S FRIEND」は、タイトルを生かすなら穿かせてえっちだったと思います。
義妹「岐三島晶」ちゃんとの「いいことキタぜ」は、なんだか唐突なラスト部分の意味がよく分かりません。
あの部分は蛇足ではないかなぁ。
コメディー調であった「俺のコズミック」は、おデコ・眼鏡な委員長がヒロイン。
確かにおデコキャラはバランス難しいですが、作画からお話まで弱いです。
逆にややシリアスっぽい「恋は青空の下」は、落ち着いた感じで比較的安定しておりました。

ほか、むちむちな「育馬准」さんの「Housesitter」、水泳部「華織」さんと教師の「おどされスキン」、従姉「美緒」さんとの引っ越し短編「MOVING X MOVING」などが収録されております。
全体的にはラブコメ調です。

以上、確かに良さげな要素はあるものの、作画面がこれでは厳しいです。
次に期待、という雰囲気もこの単行本ではあまり感じられなかったです。

世界中がアイ・ラヴ・ユー (ホットミルクコミックス 288)世界中がアイ・ラヴ・ユー (ホットミルクコミックス 288)
(2009/05/09)
Triage Tag

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ ツーサイドアップ レオタード コメディー

comment

Secret

No title

トリアージタグは、2005年のJR福知山線の脱線事故で知名度が広がったかと思います。
テレビ等で緑や黄色といったカードを首から下げている映像を覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。

タグを「緑→黄→赤→黒」の順に、早急な治療を必要とする要救助者に付けるのですが、
「赤」を過ぎて「黒」になると、死亡・あるいは治療による回復が望めないと判断され、事実上「赤」よりも後回しにされる場合があります。
これにより助かる命もあれば、もし黒タグでなく赤タグだったら…といった問題面も浮上し、
タグを付ける医師や、黒タグを付けられた遺族の精神面の負担も明らかになりました。

作者さんに信念が有ってのネーミングならいいのですが、安易に語感などで付けられたのだとしたら、
ちょっと残念な気がします。

記事内容に関わる感想で無く申し訳ありません。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。