FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■唐傘の才媛 (緋鍵龍彦)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : コメディー・ブラック
・おまけ: あとがき、描き下ろし(?)漫画「おまけ」
・その他: 5話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「緋鍵龍彦(ひかぎ・たつひこ)」センセの「唐傘の才媛 壱巻」です。

ちと遠出してきました。
汗かいて疲れて帰宅し、風呂に入ってイイ気分。
腹も満たされており、気を抜くとこのまま眠りについてしまいそうですが…やります。
いつも以上にふらふらした文面になっているかもしれません。

さて、本日は↓表紙の笑みと裏表紙の並びが刺さった1冊、「唐傘の才媛 壱巻」です。
あの雰囲気で”面白そう”と感じる人は、手を出しても大丈夫だと思います。
サンプルとして掲載しますね。
↓こんなんです。

唐傘の才媛・裏表紙
※唐傘の才媛・裏表紙
 おおむねこんな雰囲気なのですよ。

難しい漢字が並ぶ名前になんとなく覚えがあって購入しましたが…成年漫画「ぷらいまり」の「緋鍵龍彦」センセでした。
こちらがたぶん2冊目の単行本で、初の一般系。
前単行本では引っかかった作画も安定しており、洗練され綺麗なものです
ジャンルにやや癖ありましたが、好みな漫画に仕上がっていました。
前述しているように、裏表紙で判断下さいね。

絵柄の話題が出たので、そちらから。
柔らかな細線の綺麗な作画。
色ではトーン処理の灰色が目立ち、適度に強弱を使い分けられていました。
変化あるコマ割りで、ページはごっちゃり気味。
そんな訳でか、正直なところアクションシーンにはやや分かり辛い個所がありました。
さほど支障はないですけどね。
基本的に可愛らしいキャラ絵でしたが、漫画としてそれぞれ毒を含んでおり、派手に暴走しております。
そんなギャップがいい感じなのだけど、甘いラブコメではないので間違えないよう注意して下さい。
間違えないですか?
そうですよねぇ。

そんなこんなでお話について。
病院に勤める「揖宿六助(いぶすき・ろくすけ)」は、同僚「華房乙女(はなぶさ・おとめ)」を連れてドライブに出かけました。
しかし、とある事情によって「六助」は「乙女」をその場に置いたまま逃亡。
山中を彷徨っているうち雨にも降られ、ほうほうの体でようやく辿り着いたのが旅館「細縁亭」なのでした…。

ブラック・コメディーな漫画
不可解な術を使う女将「水落紅(みずおち・べに)」ほか、追いかけてきた「乙女」、猫又「九重」、そして細縁亭のオーナー「マリー・ハンキントン」など、強い個性な面々との旅館ライフですね。

唐傘の才媛ヒロインズ
※唐傘の才媛・ヒロインズ
 一応全員集合です。「マリーさん」の褐色っぷりがいいなぁ。

↓表紙も飾っており、メインはやっぱり女将「紅さん」なのかな。
傘で魑魅魍魎を召喚する魔法使い。
どうやら色々と事情があるらしいものの、1巻ではまださわり程度でした。
もっと魅力あふれるキャラだと思いますが、そうした事情もあってか他キャラに押されていた印象です。
次巻では目一杯ヒロインしてくれるよう期待。
漫画内では最強キャラ、やたら怠惰な細縁亭のオーナー「マリーさん」は神様。
その発言から、たぶん外国人(※人ではないけれど)なのでしょう。
半開きな目と褐色な肌が素敵な美人で、脱いだシーンなど実にいい感じでした。わはは。

主要キャラでは上記2名の他に、猫又「九重さん」がおります。
しかし、やっぱり1巻は「六助くん」を先輩と呼んで慕う「華房乙女ちゃん」につきるでしょう。
地方では名士という父をもつ、大きな病院のお嬢さま。
「六助くん」との出会いもそちらで、可愛く一途なんですが…なんと彼女は内蔵好き
今度は呼吸器が見たいな
とか言っている、常に複数のメスを持ち歩く解剖マニアなのでした。
女将の魔法によって「六助くん」を徹底的に解剖しているほか、「九重さん」も一度死にかかっております。
そうした恐ろしい性癖のほか、逆に看護を楽しむ姿もありましたねー。
実にいいキャラだと思います。

華房乙女ちゃん
※華房乙女ちゃん
 そして最もお気に入りはこの娘。…命いくつあっても足りません(笑)

そうした面々のハチャメチャさばかり目につきますが、実際に旅館は「六助くん」以外の宿泊客もちらほらと散見されておりました。
穴場だったねー、選んで正解
と評価されており、旅館として普通に泊まるには問題ないのかもしれません。
料理も豪華でした。

とある理由から、結婚式となる3話。
何度か見合しているものの、相手がことごとく行方不明という「乙女ちゃん」
おっかないですねー。
そうした趣味から周辺事情など過去には色々あっただろうことが伺え、はしゃぐ姿と幸せそうな笑顔が可愛いのです。
もともと可愛いという認識だった「六助くん」も、満更ではない様子。
特に「乙女ちゃん」の白無垢姿は、さすがの画力でした
ここは1巻のクライマックスと言ってよいほどのシーン。
ブログに掲載してしまってはセンセに申し訳ないので、ぜひ単行本にてどうぞ。
…しかし、そんなんがため、後の暴走っぷりは深いのです。
こちらは、ひでるさんが漫画を気に入ったエピソードでした。
続く、震度8の地震が直撃した4話目。
すっかり溝ができてしまった、「紅さん」、「乙女ちゃん」がいい感じ。
ああして揉めてる様はいいですね(笑)

ちなみにおまけ。
いきなり「九重ちゃん」がお尻を見せているほか、あっさり描かれていた「乙女ちゃん」の放尿シーンには驚き
不意だったので、びっくりしました。
さすが「緋鍵龍彦」センセ!という感じでしたが、全体としてはもうちょっとサービスシーンがあってもいいかなぁ、という感じ。
巻末のおまけ漫画は、えっち方面にはっちゃけていましたけど。

唐傘の才媛 1 (電撃コミックス)唐傘の才媛 1 (電撃コミックス)
(2009/04/27)
緋鍵 龍彦

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ アクション

comment

Secret

さすが!見てますねー!

毎度どうも。
「乙女ちゃん」いいですよねー。
1巻では、本来のヒロイン(?)「紅さん」の存在を完全に薄めていました。
ある意味もの凄い…究極に近い愛し方だと思います。

怖いですよね(笑)

この漫画は連載をずっと読んでます、凄い好きなんですよ。
画の雰囲気もキャラも好みで、話しもなかなか。
乙女ちゃんいいですねー自分が不死身で痛みを感じない身体ならお付き合いしたいかなf(^_^;やっぱ怖いです(笑)
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。