FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■桃色たゆにずむ (久遠ミチヨシ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・年上
・おまけ: カバー裏に4コマ、描き下ろし「続妹。」、
      紹介帯折り返しにコメント、加筆修正あり。
・その他: カラー(8P)、短編×11(※描き下ろし以外)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「久遠ミチヨシ(くおん・みちよし)」センセの「桃色たゆにずむ」です。

ついに来ましたGW。
残念ながら余分な休みありませんが、できる限りでばさばさと羽を伸ばしたいと思います。
いやぁ、連休はいいですねー。

今週末は連休前ということでか、比較的書店は落ち着いておりました。
ざーっと見渡して…下旬とだけ聞いていた「久遠ミチヨシ」センセの単行本を無事ゲット。
たぶん3冊目という単行本は、「桃色たゆにずむ」です。
ちょうど前巻の「妄想ホリック」から1年ぶりくらいのこちらは、全て短編という構成。
胸を強調した紹介帯、そして明るい色使いの↓表紙など、巨乳ラブコメっぽい印象を受けるかもしれません。
まぁ、確かにそんなんもありましたが、微かな緊張感あるお話のがオススメよ。

菫さん、あやめさん
※左:菫さん、右:あやめさん
 単行本でお気に入りの2人です。着物はいいねぇ。

何気にひでるさんのお気に入りは、ラストに位置(※描き下ろし以外)していた「花曇り」
「桜」ちゃんからの告白で、付き合うようになっていた「河村」くん。
えっちまでしている仲でしたが、「河村くん」は彼女の姉にして美術部時代にお世話になっていた憧れの先輩、「菫」さんを重ねていたのです。
桜は私の大事な妹だから、よろしくお願いね
…と、微笑んだ「菫さん」に、思わず秘めていた気持ちを打ち明けてしまうのでした。

うわうわ、これは5話くらいの中編でドロドロしてほしいわー
よくお昼にやってる主婦向けドラマのような、どうにもできない関係が描かれておりました。
妹「桜ちゃん」のことを気にしつつも、彼を受け入れてしまう様がやたらめったら良かったです。
こんなん大好き(笑)
教えてなんかあげないから
そのあたりのコマもお約束ながら、ひでる直撃でした。
もし、「菫さん」と2度目のえっちがあったなら、間違いなくドロ沼コースでしょう。
実は「桜ちゃん」気付いてたりしないかなぁ。

前回のシメで”コレという方向性がほしい”とかエラそうな事を書かせて頂きましたが…「久遠ミチヨシ」センセは年上漫画が良いと思います
収録では人妻、姉がそれぞれ3話づつ、さらに父の代理として頑張る「愛原清美」さんの「骨董喫茶天国」も女性のが上。
↑そちらの「菫さん」も美術部先輩ということで主人公よりも年上でしたから、合計で8話ほどがそっち系統なのです。

続いて刺さったのが、義母「西蓮寺あやめ」さんの「クライアナ」
母親の死から1年と経たずに、新進気鋭の華道家「あやめさん」と結婚した書道家の父。
それを嫌う子の「茅人」くんは、ほとんど実家に寄りつかず、また5歳程度年上の「あやめさん」とも疎遠なのでした。
母の命日にて、小雨にあたってしまった「茅人」くんは、久しぶりに会った「あやめさん」に誘われて…と、そんな感じ。

やっぱ着物でしょう。
”相反するものに惹かれる”ということで、年上の色気とたっぷりな余裕ある漫画に仕上がっておりました。
コレもいいなぁ。
「あやめさん」の語る過去もなかなかえっちでした。
ほか、隣の奥さんの野菜プレイ短編「奥さんのお野菜な日々」、やや毛色の異なる「ぼしにゃん」は人妻とその娘「沙綾」さんのWヒロインです。

ルカ姉、春日さん
※左:ルカ姉、右:春日さん
 義姉な2人です。やっぱり「春日さん」かなぁ。

田舎の有力者である父を持つ「ヒロ」くん。
母の死後、養女となった義姉「ルカ」さんとの仲は良好で、上京の際にも協力してくれていました。
しかし、久しぶりに帰郷した「ヒロくん」が実家で見た光景は…という「オワリノハジマリ」

母の死後に養女って…怪しさ満点ですよね。(※この時点で「ルカ姉」はそこそこの年齢)
描かれていた父親の行動を見る限り、「ヒロくん」がマトもに育ったのは亡くなった母と「ルカ姉」のおかげでしょう。
それだけに彼の受けた衝撃は大きく、暴走してしまうのも無理からぬところ
漫画では「ルカ姉」が身を挺して受け止めていたので、問題なさそうでしたが…どうにも引っ掛かるラストが次のドラマを予感させてくれました。

半年前に結婚したばかりの義姉「春日」さんと「ゆう」くんの「春日さんに全部!」
ヤケ酒で、欲求不満をぶっちゃける「春日さん」
その後の3ページほどは、年上女性らしい読みと行動力、そして人妻らしいえっちさを見せてくれました
これはいい!
詳細は伏せますが、実に素敵な方でしたねー。

4つ上の幼馴染み「ミズキ」姉の「初恋の彼女」は、窓越しに隣の家へ男子「ケンジ」くんから行くというシチュエーションが新鮮。
そうした姉系と共に、妹系漫画も2話ほど収録されていますが、どちらも義理の関係であったところはポイントだと思います。

まつりちゃん、ちはやさん
※左:まつりちゃん、右:ちはやさん
 行き交う足を物色するというのは、誰でも経験あることでしょう。

カラー原稿のある短編「まつりパニック!」は、大学進学でアパートを訪ねてきた義妹「まつり」ちゃんとのえっち。
…こう連続して見ると、やっぱり白黒絵のが全然巧いですね。
ぴたーと切り揃えられた髪型が好きです。
母の再婚で義妹となった「すず」ちゃんの短編「初妹。」
うん、あのくらいの年齢で出会ったなら、妹として見れないのは当然のこと。
そりゃー居辛いでしょうねぇ~。
4ページの描き下ろし「続妹。」は、それぞれカップルの共演、その後エピソードでした。

もうひとつ、シマパンな「神代ちはや」さんの「もももも!」
いきなり冒頭のシチュエーションがいいですね。
行き交う足を物色していたら「ちはやさん」を見つけた、という変態ちっくな店長「東」
一方の彼女はツインテールでややキツめな目をしており、セオリー通りにツンデレちっくなヒロインでした。
なんのかんの言って、なかなか良いカップルね。
こうした女の子には、やや規格外な変態がよく似合うと思います
そう、「柳田君と水野さん/榎本ハイツ」もそんな組み合わせでしたよねー。

しっかりとした線が綺麗で丁寧な作画です。
濃淡、バランスともに優秀で、ここは問題なし
お話によってややバラつきを感じましたが、さして癖も強くないためあまり気にならないでしょう。
変化ある演出で強弱も適度という、漫画についても巧い方ですね。
細かい点ですけれど、一部のぴったりとしたカタそうな胸が気になります。
ブラを取った際には、もうちょっとたゆんと流れてもいいのではないかなぁ…と。
特に「まつりパニック!」の回はそんなんが顕著でした。

コメディーもありましたが、あまりはっちゃけない方が刺さりました。
センセの色気あるキャラ絵とストーリーは、しっとり年上なものがいいと思います。
次は中編、あるいは長編な漫画をじっくりと見たいですねー。

桃色たゆにずむ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)桃色たゆにずむ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2009/04/28)
久遠 ミチヨシ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。