FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マイクロホリック (よしの)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがきまんが(作品解説あり)、ラフ絵、
      ゲストページ、カバー裏にカラー別絵・コメント。
・その他: カラー(8P)、短編×12(うち「お風呂の梅子さん」×2、
      「BAMBINI」×2、「あいんさんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「よしの」センセの「マイクロホリック」です。

最近はロリ色が薄くなってきたような気がする(←そうか?)ので、本日は「よしの」センセです。
こちらの「マイクロホリック」は2冊目でいいのかな。
ブログでは初単行本「ピコイズムっ!」を紹介しております。

…で、毎回思うのが↓表紙について。
裏表紙もそうなんですけど、カラーではなかなかセンセの良さが伝わり辛いんですよー。
単純にひでるさんの好みではないだけなんですけどね。
白黒絵のが絶対に巧い方ですから、いくらかプラス判定でどうぞ
紹介帯裏面には漫画カットがあったので、そちらを参考に。
ただ、ジャンルも含めて癖が強いというのは間違いない事実でしょう。

梅子さん、教師「柏原椎」
※左:梅子さん、右:教師「柏原椎」
 ほぼ全裸の「梅子さん」なので、せめて顔のアップを。

せっかく絵の話題になったので、このまま続けますね。
細線のすっきりな絵柄。
濃淡は適度なくらいで、トーン処理がため全体的には薄い灰色。
比較的大きいコマ割りで迫力があります。
キャラ絵については顔から身体まで、なかなかぎりぎりなバランス感覚だと思います
やっぱりロリ系はパランスが命(※だと思う)
縦長・幅広な輪郭で、特に三角目は最大の特徴。
このあたりの癖が許容できるかどうかがカギになるでしょう。
とりあえず、前回の単行本とは違って収録は最近原稿だけなので、全体的に安定しております。
(※1話「初蜜」のみ06年)
エピソードも良作揃いなので、「よしの」センセの導入には今回単行本からがオススメです。
そんなこんなで作品群について。

地域の銭湯でのお話「お風呂の梅子さん」
詳細を書いてしまうとつまらないので伏せますが、この銭湯はいいなぁ(笑)
半円月っぽい目と小さい眉毛の「梅子」さんが独特なテンションでイイ感じ。
読者人気も相当あったようですが、それも納得な良いエピソードでした。
なんだか「田倉まひろ」センセを思い出しますねー。
漫画内では、”生えてなきゃセーフ”とか言っておりました。
…セーフなのか?
「お風呂の梅子さん リターンズ」では、サウナでのお話。
「桃」ちゃんという新キャラと共に再登場なのでした。
続編が描かれるのも当然だと思いますが…個人的には「梅子さん」だけのが良かったなぁ。
えっちなくサポート役だったし。
さらに続編を希望したいです。

桐原あいん
※桐原あいん
 ベタ惚れです。この娘もいいなぁ。

そちらと同じく、キャラが目立つ「付き合っているわけではないんだが」、その続編「君のとなり」
流れとしては、天然ながらベタ惚れな「桐原あいん」さんとのラブえっち話。
ストーリーはともかく、漫画はやっぱり膝くらいまでの黒髪が素敵な「あいんさん」ですねー。
硬い物言いがまた可愛らしいのです。
特に続編「君のとなり」にあった1コマ、
私にこんな性癖があったことを見抜くなんて、君の慧眼には全く恐れ入るな
…が、とても印象的。
彼女も人気あったそうですけど、こちらも納得です。

収録で刺さったのが、バット振り回すコメディーな短編「学校へ行こう」
教師「柏原椎」さんは登校拒否の「木戸」くん宅を訪ねました。
初対面のクラス担任「椎さん」は年上女性なんですが、”ちんまくてぷりちーな幼女”というべき女性だったのです。

彼女曰く、
ちょーっとだけ平均より童顔で身長も低いかもしれませんが…
…まぁ、せめてツインテールな髪型をやめればいいのに。
よーく似合ってるんですけどね。
容姿はそんなんですが、収録では最も年齢の高い「椎さん」
「木戸くん」への対応はそれらしい、優しいものでした。
ラストページの落とし方がまたいいですねー。
この話もいいなぁ。
なお、いくらチャイム鳴らしたとはいえ、返事もないのにずかずか家へ入っていくのは非常識でしょ。

教師「柏原椎」
※おまけ:ロリちっくな教師「柏原椎さん」
 そうは見えませんよねー。

家庭教師「小倉」くんと「涼」ちゃんのコタツ内えっち短編「コタツ・とらいあんぐる」
コタツの中であそこまで動ける?
…とか言う以前に、あれは「さやか」さんにバレるでしょー。
ほか、ロリな複数えっち「星屑ファンデーション」、前後編の「BAMBINI」は妹「美佳」さんとの近親系。
映画館でのえっち話「5 knocks[ふぁいぶ・ノック]」は一見すると軽いんですが…オチでひっくり返されます。
また「山田」さんの「初蜜」、「パニッシュメント」の2話はやや重いお話でした。

単行本の看板というべき、銭湯の「梅子さん」、ラブラブな「あいんさん」
そしてロリ教師「椎さん」というエピソードが非常に良過ぎたため、他はひでるさん的に印象薄かったです。
キャラでぐいぐい押せる漫画がいけると思いました。
次も期待しております。

マイクロホリック (メガストアコミックスシリーズ No. 212)マイクロホリック (メガストアコミックスシリーズ No. 212)
(2009/04/18)
よしの

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。