FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シスター・スレイブ (RaTe)

★まんがデーター  [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ふたなり
・おまけ: あとがき漫画、カバー裏にラフ絵・作品解説。
・その他: 短編×12(うち「シスタースレイブ」×7、
      「かんなシリーズ」×2、「魔羅さまのおちから」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「RaTe(らて)」センセの「シスター・スレイブ」です。

えー、「RaTe」センセですね。
過去に見た記憶があるような、ないような。
…でも、こんなんでしたっけか?

今回の単行本「シスター・スレイブ」は「富士美出版」さんということで、裏表紙を見ればあらすじが書いてあるんですね。
それに、↓表紙だってよく見れば、下着あたりが妙に尖っているのが分かります。
そう、この単行本はほぼ”ふたなり”でまとめられた単行本なのでした。
ひでるさん苦手なんですよねー、このジャンル。
ちゃんと店頭で確認して下さい。

収録は連続の中編ばかりで、12話でストーリーとしては3本という構成。
全てふたなりではありませんが、7割以上はそんなんでした。
そっち狙いの方は、逆に残念かもしれませんねー。

天野美琴、天野美神
※左:天野美琴、右:天野美神
 もうちょっと巫女姿を堪能したかったですねー、おしい。

まずはふたなりでない漫画から。
ラストに収録の「魔羅さまのおちから」は前中後編の3話連続。
母親の生まれ育った村を訪ねた「彦野大(ひこの・ひろし)」くん。
通常は男性の精力・エネルギーを奪ってしまう、村にて信仰を集める「マラさま」
しかし、彼の股間は逆に抑えられないほど元気になっていたのです。
その様から、後を継ぐべき未来の宮司だと悟った先代宮司の娘「天野美琴」さんは…と、だいたいそんなん。

男根信仰な漫画ですね。
ついこないだ、川崎「かなまら祭」を楽しんだばかりのひでるさんにとって、非常に興味深い内容でした。
あとがきによると、センセはだいぶ大変だったようですが。

御神体「マラさま」と宮司「大くん」は一心同体。
1話目ではノリノリなツインテールの「美琴さん」が可愛らしいです。
初めて、とか言ってるのに(笑)
2話目で登場する「美琴さん」の母親「天野美神」さん。
こちらもノリノリで、いくつか知りませんが、性格もかなり若い感じ。
「美琴さん」とも、まるで姉妹のようなやりとりをしておりました。
「大くん」母とのエピソードも楽しいですねー。
1話目の「美琴さん」は制服姿でしたが、こちらは母「美神さん」と共に巫女服なのでした。
オチも楽しいです。
ちなみに1コマだけでしたが、”勃起奉納の舞”がお気に入り
ラストの3話は「美琴さん」の友人、「なお」、「ちい」、「みっちゃん」という3名との複数ネタ。
全然悪くはないんですが、この時点でわざわざ新キャラを出さず、「美琴さん」ら親子で終えてほしかったなぁ。
出っぱなしの「大くん」は…なんだか見ていて気の毒。

妹「山村楓」、姉「山村千秋」
※左:妹「山村楓」、右:姉「山村千秋」
 この姉妹…?は、お姉ちゃんが良かったです。

妹「山村楓」さんはふたなりの子。
強い性欲の処理は大変なもので、体調に影響したため学校を休んだのでした。
”匂いで安心できる”、と姉「山村千秋」さんのベットを借りた「楓さん」でしたが…その帰宅と共に収まらなくなり、ついに襲いかかってしまうのです。
そこに見たものは…自らのソレと同じ、ふたなりだったのでした。
そんな表題作「シスタースレイブ」は、全7話の中編。

衝撃の1話から、吹っ切れたような「楓さん」
姉・両親は承知の事実とはいえ、いままでは孤独に悩んできたのでしょう。
大好きな姉「千秋さん」が同じ身体的特徴を持っていたのがよほど嬉しいのか、かなり積極的に迫るようになっていました
まぁ、姉妹でのえっちはあれが初めてだったようですしねー。
放課後の教室からトイレ、屋上に自宅風呂場まで、やりまくりなのです。
すっかりその虜になっておりました。
それに対して、ひたすら抑え、控える「千秋さん」は可愛らしかったです。
”ふたなり姉奴隷”というキャッチフレーズはぴったりですね。
そんな大事を、一緒に住んでいた妹がまったく知らなかった、というのはちと違和感ありますが。

文芸部でのえっちを、眼鏡な後輩「もも香」さんに目撃されてしまう、ドキドキな4話。
ここから、彼女を加えた3名での複数になります。
地味な容姿とは裏腹に、「もも香さん」はかなりはっちゃけた女の子。
ふたなりに感激し、ぱくぱくと口にしておりました。
…なんというか、スゴい漫画ですね(笑)
そんな普通(?)の女の子が増えても、やっぱり「千秋さん」は受け身なのでした。
がんばれ。

さて、そうした3名の結末がどうなってしまうのか、しっかり結末まで見て下さい
ビジュアルだけでなく、お話的にもふたなりがよく目立っていました。
あまり脱がない「もも香さん」も、それを強調するためなのかなぁ。

ななことやよい
※おまけ:「ななこ」と「やよい」
 良いカップルです。

前単行本「底なし汁だくクリニック」の外伝らしい「ふたりのせかい」、「It’s my destiny」の2話。
地元の病院から「日暮里ふたなりクリニック」を紹介された「鹿児島ななこ」ちゃん。
そちらで出会った「むつき」さん、「やよい」ちゃんも当然ふたなり。
検査がため、採性(さいせい)するよう言われた「ななこちゃん」は、「やよいちゃん」ら2人に…。

メインストーリーではサブキャラであったらしい2人の補完話。
こちらも”特異な身体的特徴を持ってしまった”者の孤独について、ほんのり描かれておりました
2話目「It’s my destiny」での「ななこちゃん」が可愛いです。
テンション高い「やよいちゃん」からも、その喜び具合が感じられるでしょう。
なにげに、ラストでの「むつきさん」の台詞が重たいのも印象的。
先の「シスタースレイブ」もそうですが、単にえっちするだけでなかったお話は良かったです。
暗さは薄く、明るいノリであるのもいいところでしょう。

強めなしっかり線の絵柄。
色は薄めでトーン処理がやんわりという感覚ですね。
すっきり絵でバランスも良く、巧さのある方だと思います。
派手というよりもどっぷりとした濃厚な液体描写が特徴的でした。
丸い輪郭は大きめで、スリムな身体のキャラ絵。
ジャンルもそうですが、絵柄としても癖があります。
おおむね↓表紙の判断で問題ないでしょう。

ふたなりがお好きな方は、さぞ楽しいだろう漫画に仕上がっていたと思います。
やっぱり短編でないのは大きいですね。

シスター・スレイブ (富士美コミックス)シスター・スレイブ (富士美コミックス)
(2009/04/10)
Rate

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 富士美出版 ツインテール

comment

Secret

当然

ズタボロです。

お久しぶりです

お元気ですか?
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。