FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ふぇてぃっしゅサークル (しなま)

★まんがデーター  [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・フェチ
・おまけ: あとがき、描き下ろし「H.H.H外伝」、
      カバー裏に別絵。
・その他: カラー(4P)、短編×8
      (うち「H.H.H」×5、「追姉」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しなま」センセの「ふぇてぃっしゅサークル」です。

たはー、疲れましたー。
例によって余裕がぜんぜん無いので、さっそく紹介を始めますね。

過去に2冊目「きす☆みい」、初単行本「はつカノ」を紹介している「しなま」センセ。
毎度のように、シマパンな↓表紙が嬉しい単行本。
今回は「ふぇてぃっしゅサークル」なのでした。
中編の連続話がメインで、収録で短編は1話だけとなっています。
なかなか濃いキャラが揃っているので、「しなま」センセ初体験な方にもオススメな単行本だと思います。
あ、1話シリーズものがあったか…。

お口の「真田槇」、露出の「菅田茜」
※左:お口の「真田槇」、右:露出の「菅田茜」
 頑張って、多少でも彼女らの性癖が確認できそうな絵をチョイスしました。

今回のメイン「H.H.H(トリプルエッチ)」は全4話の中編でした。
外伝の描き下ろしも8ページと、そこそこのボリュームがありますね。
漫画はヒロイン5名と「笹塚明大」くんのオムニバス形式。
基本のストーリーはそれなりという程度で、同キャラ出演の別エピソード群という感じでした。

1話目担当、「真田槇(さなだ・まき)」さんは真面目な委員長。
こういう娘の硬い物言いはお約束ですね。
初めて見た専門誌がため、お口好きとなってしまった「槇さん」
普通にえっちもしているんですが、お口の描写はページ数もあってかなり濃厚です。
そのため自然と顔のアップが多く、容姿の特徴である眼鏡が非常に映えておりました

2話目はツインテールにリボンな「菅田茜(かんだ・あかね)」ちゃん。
あの年齢でおもらし癖というのは…そんなん好きな方には最高でしょう(笑)
そんな訳で、のーぱんであった際、「明大くん」とぶつかったことが切っ掛けで露出癖が開花してしまうのでした。
「槇さん」のお口はやや強引な感じでしたが、こちらは自然な流れだと思います。たぶん。
もやもやという期待から、下着を着けずに非常階段を下りていた「茜ちゃん」
ちょっとしたハプニングもあり、念願叶ったんですが…思わず漏らしちゃうのが可愛らしいです。
ちなみに、露出と言っても「筒井朝顔」(※アリスソフト大悪司出演)とは違って、「明大くん」限定みたいでした。
そのあたりの違いは、人によって刺さるか微妙なところでしょう。

お尻の「小金井風華」、独りプレイの「御社春奈」
※左:お尻の「小金井風華」、右:独りプレイの「御社春奈」
 何か察知した「春奈ちゃん」です。お気に入りの「在未さん」は…内緒(笑)

3話目の「小金井風華(こがねい・ふうか)」さんは、髪の長いお嬢様キャラ。
こちらは、前回ラスト部分からしっかりと繋がっておりました。
世間知らずであるため、勘違いでお尻な「風華さん」
…なるほど(笑)
もしかしたら、実際にそんな娘もいるかなーって感じました(うそ)
「槇さん」の口と同じく、お尻な「風華さん」はその付近のアップが頻繁です。
もう、単純にえろいのですよ。
広いオデコとストレート・ロングな髪はいかにもお嬢様ちっくで、良かったですね。
舞台が茶室だったので、和服で見たかったなぁ。

ラストの4話目はいちおう正ヒロインっぽい「御社春奈(みやしろ・はるな)」ちゃん。
周囲は「明大くん」の彼女という認識で、毎朝起こしに行くような近しい間柄。
起こしに行って、下半身丸出しで寝てるの何度も目撃してるしなぁ
とか言っていた「明大くん」
…コイツぁ羨ましい事言ってんなぁ~。
そんな光景を見たかったんですが…寝起きシーンがなかったのはなんとも残念でした。
いままでも何気なく覗いていたようですが、独りえっち好きな「春奈ちゃん」
こちらではアイテムを駆使して、かなり激しくシテおりました。
綿棒が素敵ですね。
ショートカットのリボンが可愛いんですが…↓表紙のようなシマパン要素はぜひ欲しかったです。

…以上、特殊な性癖を持った女の子らとのえっち中編でした
仲間内でえっちは許容されていましたし、いちおう彼女という位置づけの「春奈ちゃん」も覗いてれば満足でしょう。
おそらくは。
次々とそうした女の子らの相手している「明大くん」は超ハーレムという状態で、羨ましいような、そうでないような(笑)
皆さん普通ではないこともあり(笑)、服を完全に脱がなかったのもいい感じです。

ちなみに外伝ですが…これにびっくり!
第5の適格者、ということで「薄井在未」さんが登場しておりました。
(※ちなみにこの「在未さん」は、収録ヒロインの中で珍しく貧乳です。そんなんもいいよねー)
あーそうか、なるほど!!
ひでるさんはこんな仕掛けが大好きです
コレがため、評価はぐーんと上昇してます。

大学進学のため、家を出て独り暮らしを始めた姉「晴子」さん。
見送りの際、自分の気持ちに気付いた弟「孝明」くんは、2年間の努力によって同じ大学を受験することとなったのです。
試験を控え、久しぶりに「晴子さん」と再会した「孝明くん」は…という、前後編の姉弟近親「追姉(ついし)」

姉「晴子さん」
※姉「晴子さん」
 色々と包容力満点な「晴子さん」なのでした。…こりゃ、勉強できんわね。

眼鏡で落ち着いた雰囲気の「晴子さん」がいいですね。
先の中編がフェチっぽかったですが、こちらも同様です。
下着だったり、寝込みだったりするのもそうなんですが…何と言っても、後編の脇えっちは独特なので注目
「孝明くん」、やるねぇ~。
寝ていたところ不意にえっちされながら、騒がずに受け入れた「晴子さん」は素敵な対応でした。
それぞれお話で視点が逆になってるのはいいんですが、やっぱりお姉さんの切っ掛け部分が見たかったなぁ。
やはり何かしら常識を揺るがす事件があったと思うので。

カラー原稿ある唯一の短編「キモチイイ秘湯?」は、過去単行本より続く「キモチイイ~シリーズ」です。
ポニーテールで眼鏡の「荻野秋葉」さん、「椎名七海」さん、そして「時田」くんという混浴温泉話。
前回も書いたんですけど、2人仲が良いのは…ちとつまらないなぁ。
時田君とは…なんでもない…んだ…から…
とか、心とは裏腹っぽい、イイ雰囲気な台詞を「秋葉さん」が言ってくれてるんですけどねー。
とりあえず、Wヒロインのえっちシーンはコマも大きく、迫力あって良かったです。
…が、しかし。
あのオチ部分ですね。
前半部分に4コマ程度のフリがあったんですが…すっかり覚えておりませんでした

乱れない、しっかりとした強い線の絵柄。
トーンからベタまで色は濃く、大きめな絵の賑やかな画面でした。
コマをまたぐのも頻繁で、液体描写も派手なごっちゃり風味
やっぱりえろえろなのですよ。
広い縦長の輪郭から縦横に大きい目まで、やや特徴的なキャラ絵です。
カラーでもそう変化はないですが、やっぱり裏表紙のカット絵が判断に良いでしょう。

上にも書きましたが、「在未さん」は良かったー。おどろいた―。
写植は大変そうでしたけれど。

ふぇてぃっしゅサークル (MUJIN COMICS)ふぇてぃっしゅサークル (MUJIN COMICS)
(2009/04/03)
しなま

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : シマパン 混浴温泉 ツインテール ショートカット アリスソフト ポニーテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。