FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恋降る夜の物語 (みつや)

★まんがデーター  [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 物語・むっちり
・おまけ: あとがき。
・その他: オリジナルポートレート封入、カラー(4P)、
      短編×8(うち「炎蝶」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みつや」センセの「恋降る夜の物語  ~Tales of Love falls Night~」です。

えー、いろいろあって時間がないので、早速はじめます。

過去に「萌乳☆」を紹介している「みつや」センセ。
こちら「恋降る夜の物語」は、一般えっち系の単行本です。
通算3冊目のこちら。
収録は1話が前後編、他は短編という構成になっておりました。

本条あすか、谷木まり
※左:本条あすか、右:谷木まり
 実に踊り辛そうな大きさです。…いいですね。

戦国時代から続く、旧家の藤代家と本条家。
毎年一人づつ踊り手を輩出し、舞を奉納しておりました。
男役と女役のある「結びの舞」
小さい頃から覚えが早かった「本条あすか」は「藤代清十郎」の相手になると確信しておりましたが…後継者として選ばれたのは弟「本条七雲」だったのです。
…という、前後編の連続話「炎蝶」

なかなか見られない演舞話です。
カラーページもあって、良い感じでした。
お話の詳細については伏せますが、実際にもああいった裏っぽい、闇に包まれた真実みたいなものはあるのかなーって思います。
もともと踊る資格ない「あすかさん」に稽古をつけていたのがちと疑問ですが…まぁいいか。
和風テイスト溢れる話で、和服と彼女のむちむちと豊かなスタイルがいい感じ。
踊るのに邪魔そうです(笑)
親族の目前で~という流れも良かったんですが…ただ、あの蝶のマスクは…どうよ。
ちなみに、もくじに「あすかさん」のイラストがあったんですけど、小さいサイズがもったいないくらい良かったです。

人気マジシャン「谷木まり」は三年前の失敗により、灼熱地獄マジックがトラウマになっていました。
アシスタント「リョウ」はそれを克服することにこだわり、彼女に再挑戦をもちかけるのでした。
だいたいそんなんが「二人のステージ」

いちおう他のマジックは問題ないようだったので…わざわざそれやらなくてもいいのでは?
なお、脱出自体は失敗していなかったので、ショーをやる人間ならあの程度のトラブルは巧く誤魔化してほしいところでした。
そういった意味では、「リョウくん」の言うようにやる意味あるかも。
またどーでもいいですが、スタッフ待たせたままえろい事しないように(笑)
失礼でしょう。

ユニークな作戦とセクシーな衣装で”盗めない物はない”という怪盗「キャッチ・ミー」
高額の宝石を狙う彼女は、数千億という”クリオパトラの冠”を予告してきたのです。
名探偵「ホリコシ」はそれを阻止するべく現場へ向かうんですが…という「怪盗キャッチ・ミー!」

怪盗キャッチ・ミー、篠原あや
※左:怪盗キャッチ・ミー、右:篠原あや
 「キャッチ・ミー」はいいんですが…「ホリコシ」はもっと普通の格好のが良くないかな。

まぁね、頭脳・推理勝負がメインでないというのは分かっているんですが…もうちょっと何とかしてほしかったというのが正直な感想
だいたい、「ホリコシ」も名探偵とか言いながら、あっさり色気に騙されてたりして(笑)
えっちに持ち込む展開も、他にもっと良いパターンがあったと思います。
設定としては「キャッツアイ」的で好きなので、もうちょっとじっくり描いてくれたら、面白くなったかなぁ。
非常に惜しいです。
闘技場で闘う「エリーナ」さんの「グラディエーター」もそんな感じ。
もうちょっと重々しさがほしいですね。

14歳でデビューした恋愛小説家「水藤恋」の担当になった新入社員「鮎川真人」というカップリングの「恋愛小説家」
こちらも展開が早いです。
流れからオチまで、うーん…という感じ。
コメディーになっているのならいいんですけどねー。
お手伝い「都」さんもちゃんと脱いでいたのは良かったですが。

収録でコメディーは、「ラブラブ・サプリ」、「ゴールドフィンガー」ですね。
「ラブラブ・サプリ」は店員「篠原あや」と客「五郎」のラブラブ。
「あやさん」は誤って1000個注文してしまったラブナミンXをさばくべく、身体を張るのでした…。
えー、そんな危うい店員に発注を任せる責任者がダメ。
偶然売れたのはいいですが…えろいことしてないでレジ手伝いなさいよ。
ホームステイ「サンディー」と「コタロウ」の「ゴールドフィンガー」
こちらはよりテンションのより高い、おバカ話でした。
収録中ではもっとも軽く、はっちゃけてるかなぁ。

しっかりとした曲線の絵柄。
色は濃くなく、全体的にはすっきり目です。
ゆったりとした曲線とトーン処理などもあって、かなりむっちりとした感じでした。
くりくりっとした目とぽってり唇の可愛らしいキャラ絵。
軽い雰囲気はラブコメにはいいですが、ストーリーが真面目な場合はやや厳しいです。

あとがきによると、物語風としてまとめた単行本とのこと。
ページ制限もあるんでしょうけれど、肝心のお話面がイマイチなのは…。
とりあえずセンセのHPには詳細な紹介があったので、参考に良いでしょう。

恋降る夜の物語

恋降る夜の物語 (ヤングコミックコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 戦国時代 コメディー ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。