FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あまガミ (竹下けんじろう)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 神様・コメディー
・おまけ: カバー裏に「生物部の愉快な仲間たち(4コマ)」
・その他: 折り返しにコメント、合間にキャラ解説・1コマ絵、
       6話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「竹下けんじろう(たけした・けんじろう)」センセの「あまガミ 1巻」です。

ブログでは「Bless You!(※竹下堅次朗)」、「Ryoko」などを紹介している「竹下けんじろう」センセ。
センセの絵柄は好きなんですが、ぶっちゃけ漫画は刺さらないひでるさん。
こちらの「あまガミ 1巻」は、↓表紙ヒロインの赤い髪がばっちりと目に入り、店頭にてどうしようか迷ったんですが…「吾はおっぱゐが大好きなのだ!!」という作中台詞を抜きだした紹介帯が決定打となりました。
所詮、ひでるさんはそんなもんです(笑)

おっぱゐ大好き
※おまけ:おっぱゐ大好き、「天さま」
 大好きな1コマです。

そんなこんなで、この「あまガミ 1巻」
神様と同居・学園コメディーということで、まず頭に浮かんだのは「かんなぎ/武梨えり」ですね。
タイトルもなんとなく似た雰囲気ですし。
非常識な神様が色々と事件を巻き起こす、という点では多少似ていると思います。
あるいは多少アプローチ異なる「かみちゅ!/鳴子ハナハル」などがありましたが、それらほど”ほのぼの日常”っぽさはありません。
また、サービス描写が売りという点では、「女神さまの言うとおり/中田ゆみ」、「媛神様のおしごと/船堀斉晃」という系統がありました。
直接えっちないため難しいところですが、思った以上にサービス描写がありました。
いいんじゃないでしょうか(笑)
ほか、信仰っぽいうんちくもありましたが、「えっちの神さま!/増田剛」ほどではありませんでした。
ここは、ややこしいの嫌う人にとっては読みやすく、万人向けな仕上がりであると思います。

親の仕事がため、ずっと転校続きだった主人公「神楽独士」
半年以上同じ場所におらず、満足な友人ができなかった彼はすっかり心を閉ざしていました。
そんな彼が転校してきた、八百万市(やおろずし)の「八束高校」
八百万市の学校全てには社があり、「八束高校」にも神様が祀られておりました。
同時期に転校してきた「細女縁(うずめ・ゆかり)」の件もあって、屋上にて「独士」はこれまでの過去を回想していたところ…彼の願いを聞き、六年ぶりに神様「天神天(あまがみ・あまね)」が降臨したのです。
だいたいそんなお話。

神様「天神天」、生物部部長「三須明日見」
※左:神様「天神天」、右:生物部部長「三須明日見」
 些細ですが、左の一言も彼にとっては大きいものだったでしょう。

神通力を持つ、やや非常識な神様とのコメディーです。
もうちょっと詳しく書くと、えっちな神様との交流から主人公が人間的に成長していく…みたいな漫画ですね。

センセ自身も経験があるだけ、主人公「独士くん」の転校描写は実にリアル
人の機微をよく理解しているため、声をかけてきた「縁さん」の心情を看破していたり、言葉とは裏腹にクラスメイトだったそれぞれを気にしていたり。
特に4話での描写は、中学生にとって重い。重いですねー。
そんなもんだろうなぁ…とは分かるものの、あれで性格がねじ曲がってしまうのも仕方ないことと思います。
下手をすると、あの場面は多少積極的になっていた「独士くん」がまた殻に閉じ籠ってしまう可能性があったんですが、ここで「縁さん」が生きるんですね。
ああして従来の流れに彼を戻したあたりは、見事だったと思います

細女縁、天神旋
※左:細女縁、右:天神旋
 セクハラ「天さま」です。「旋さま」が怒るのも当然かも(笑)

一方、物語のヒロイン「天神天さま」。
適度に常識があって、適度にえっちで、適度に神様をしておりました。
よくある尊大さはなく、素直で理解も早く、「独士くん」の言うこともしっかり聞いて守っておりました。
こんなんは雰囲気と違って意外ですね。
3話にあったような危機的状況になっても、揺るがなかったのがまた凄い。
あの場面では、巧くコメディーと絡んでいました。
グラウンドに掘った名前を後に埋めているとか、考古学者の父「亨」が寝ている彼女を色々と調べる描写などが面白いです。
パンチラとか胸露出(※バストトップも描かれています)程度ですがサービスシーンも多く、後半にあった「天神旋(あまがみ・めぐる)」とのやりとりやバトルなどもいい感じでした。
失礼ながら、予想外に面白く読ませていただきました

しっかりとした細線の絵柄。
乱れず安定感があり、トーン処理がため灰色ちっく
コメディー崩しなども良いバランスであったと思います。
あまりカラーとの差はないので、判断は↓表紙で問題ないでしょう。
癖はやや強めなので、気をつけて下さい。

ビジュアル的に楽しく、シリアスからコメディーまで読み応えがありました。
別の神様「天神旋」の存在は1巻では問題なかったですが、今後のかかわり方によっては蛇足になりそうな気が…。
2巻を期待して待ちましょう。

あまガミ 1 (バンブーコミックス マーブルセレクト) (バンブーコミックス マーブルセレクト)あまガミ 1 (バンブーコミックス マーブルセレクト) (バンブーコミックス マーブルセレクト)
(2009/03/02)
竹下 けんじろう

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ パンチラ バストトップ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。