FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ちんちこちんこあくま (上田裕)

★まんがデーター [15/15] 
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・ロリ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(24P)、短編×13。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田裕(うえだ・ゆう)」センセの「ちんちこちんこあくま」です。

はるにゃさん
※はるにゃさん
 まぁ、高校生には見えないかなぁ。


■ちんちこちんこあくま (上田裕)


★構成・絵柄 ロリ系 成年ラブコメ

「ちんちこちんこあくま」は短編集。
「茜新社」さんのHPでは、収録作品に前後編と書いてありましたが(2012/06/27現在)、たぶん間違いでは。
連続してそうな雰囲気あるものの、ないと思います。
なかったです。
ショートですが、収録にはカラー原稿の漫画もありました。

漫画はLOのシリーズで、そのままのロリ系。
だいたい小●生なヒロインになってます。
お話は、簡単に言えばラブコメとなるんですが。
特にラブはそう強くない印象。
ヒロインの皆さんは若い割に現実的で、どこか淡々としたところがあり
こうした系統の漫画でも独特な空気が漂っていました。

この過剰ではない(ある意味強さもありますが)デフォルメ感覚が、個人的には好き。
逆に、徹底的に可愛く、甘い感じがお好きな方には、ちょっと合わないかもしれません。
コメも派手ではなく、控えめな可笑しさになってます。

すっきりとした線の、丁寧な作画。
黒も適度に強いくらいな濃淡で、見易いです。
描き込みもしつこくなく、あっさりでもなく、こちらも丁度よい感覚でした。
大小は当然あるものの、コマ割りは比較的大きめで、複雑さはなく。
全体的に、綺麗なまとまりの原稿です。

丸っこい目と輪郭の可愛らしいキャラ絵。
例外もおりますが、皆さん見事な貧乳っぷりでした。
表情・動きなどバランスは非常に良く。
乱れや崩れもなく、表現的にも引っ掛かる個所はありません。
多少癖はあるものの、コレというマイナス点はないです。
カラーでもそう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

★収録話 13話収録

003:「おねだりします」 カラー原稿
011:「ケンカをしよう」 カラー原稿
083:「お姫さまになりたい」 カラー原稿
これらは8ページのカラー漫画です。
やや長めのショートですね。、
なお、「お姫さまになりたい」はだいたい単行本の中盤あたりに位置してますが、他2話は冒頭に収録されてます。

「おねだりします」は、ヒロイン「愛美」ちゃんとのえっち。
若いくせして淡々としており、えっちも良いんですが。
彼女とはやりとりが可笑しいです。
オチのコマの表情が好き。
「ケンカをしよう」は、何かと言い合いになってしまう「響」ちゃんのカップル。
キーワード「別れる」については口に出さないというのは、なんだかリアルでした。
「お姫さまになりたい」は複数えっち。
こちらは成年漫画らしいまとまりだと思います。
ただ、センセの漫画なので…もう1パンチ欲しい気が。

019:「写真に撮ろう」
日常の出来事ブログにしている、女子高生「はるにゃ」と直接会うというお話。
彼が選ばれたのは、すぐ慣れ慣れしくしなかったため。
我慢も大切ですね。
どう見ても高校生ではない、初々しさがキュートでした。
携帯カメラであっちこっち写真に残してましたが…ちょっと怖く感じますよ。

橋原芽衣、千尋さん
※左:橋原芽衣、右:千尋さん
 今回単行本では、この「千尋さん」だと思います。

051:「夏のにおい」
こちらは兄妹の近親系。
寝ていた兄の股間が横から顔を見せていたので、妹「夏奈」は思わず箸でつまんでみたのでした。
いきなり触ったり、咥えたりしないのはなんだか現実にありそう。
まぁ、この2人はえっちな事もしてるんですけどね。
妹を相手にしながら、真顔で普通に匂いかいだりしてるお兄ちゃんが面白いです。
2人はどんな初えっちだったのかな。

067:「手コキが好き?」
妹「クミ」、その友人「梨子」の2人に攻められるというもの。
別に拘束されたりしている訳ではないんですが。
なんのかんのとされるがままでした。
いいなぁ。
前話と違い、こちらは妹「クミちゃん」に対してやり辛さを言ってます。
まぁ、そうでしょうね。

091:「雇ってください」
冗談でメイドの募集をしたら本当にきちゃった、という切っ掛けのお話。
うお、冗談でもやってみるものですね(笑)
コロコロとした反応が可愛らしい、メイド服の眼鏡さん「橋原芽衣」ちゃん。
夜のご奉仕、とか恥ずかしがりつつも自ら言ってました。
こりゃー、いじり甲斐がありますよ。

113:「一緒にイこう」
ジャージ姿で、ショートカットな「千尋」さん。
学習塾講師とのえっちでした。
こちらのヒロイン「千尋さん」は、中性的な魅力があり。
収録では最も異質な存在で、印象に残りました。
あの冒頭な雰囲気からの、
大サービス、大盤振る舞いですよ~~~
…が、両極端で非常に良かったです。
今回は彼女でしょう。

133:「エンコーして」
仕事終わりに、街中でだらっとしていたところ。
いきなり隣の幼い女の子が、エンコーとかなんとかの看板を掲げようとしたのでした。
独特のマイペースさがあり、先の「はるにゃさん」よりもしたたかな印象。
こざっぱりとした性格で、最近の娘はこんなんかなーって思ったりして。
入るよー
とかなんとか、その前後が好き。
こざっぱりとしたオチも非常にいい雰囲気でした。

151:「先生大好き」
こちらの先生とは、ヨガ・スタジオでのもの。
母親と共に生徒として通っている、「佐奈」ちゃんに誘惑されるというネタです。
こちらの彼はよく自制していましたが。
「佐奈ちゃん」のが1枚上手でしたよ。
それでいて、子供っぽい可愛らしさもちゃんとあるんですけどね。
先生、羨ましいなぁ。

169:「おっぱいがすき」
久しぶりに会った、隣の家の娘「理央」ちゃんの胸が大きくなっていた、という切っ掛け。
あー、男性はちらほら似たような経験があるのではないかなぁ。
やっぱり見ちゃいますよね。
気付かれてますよね(笑)
お互い付き合ってる訳でも、好きあっていた訳でもないんですが。
会話からの微妙な距離感がよく表現されていました。
このお話はまた良いですわー。
法事がためか、黒の服装で落ち着いた物腰に見えました。

185:「おもちゃで遊ぼう」
こちらも妹「さくら」ちゃんとのお話なんですが。
ごく簡単には、タイトルそのままでした。
お兄ちゃんひどいなぁ。
これはオチが素敵です。

「エンコーして」のヒロイン、理央ちゃん
※左:「エンコーして」のヒロイン、右:理央ちゃん
 収録でも「理央ちゃん」は最も素直な可愛らしさがあったかも

201:「理想の恋人」
家庭教師の先生と、生徒「小林美緒」ちゃんのカップル。
俺けっこうMだから……
そんな発言に、敏感に反応していました。
なかなかややこしい娘さんですね。
先生はこれからも頭上がらなそうだな。

★その他

そんな訳で、「上田裕」センセでした。
紹介帯には”LOのエース”とか書かれてましたよ。
こちらのブログでは、初単行本「かちんこちんこあくま」、2冊目「とびだせ!こあくま」と紹介しており。
こちらでついに”こあくま”シリーズも3冊目です。
よくよく見たら、初単行本とよく似たタイトルなんですねー。
どっちも危険だなぁ。
ぜひ、女性にタイトル読みあげて欲しいですわ(笑)
↓表紙の雰囲気も1冊目と似ていたので、皆さん勘違いしないように。


<br />ちんちこちんこあくま


ちんちこちんこあくま (TENMAコミックス LO)ちんちこちんこあくま (TENMAコミックス LO)
(2012/06/28)
上田 裕

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット

■お母さんを僕にください (新井理恵)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般] コメディー・保育園
・おまけ: 
・その他: 折り返しに作者紹介、6話収録、現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「新井理恵(あらい・りえ)」センセの「お母さんを僕にください 1巻」です。

若原茜
※若原茜
 彼女だけ別漫画のようなバランスです。


■お母さんを僕にください 1巻 (新井理恵)


★構成・絵柄 一般コメディー

「お母さんを僕にください」は巻数をまたぐ長編。
普通にストーリー漫画となっていました。
タイトルの通り、結婚がネタにはなっているんですが。
お話のメインは保育園でのアレコレでした。
そちらとか↓表紙から察せられる、甘い雰囲気はありません
ラブコメではないので、くれぐれも注意下さい。
裏のあらすじ部分には、”痛快毒舌ギャグコメディ”と書かれていました。
そう、後述しますが、ブラック感たっぷりな仕上がりです。
読み手によっては、気になる人がいるかもしれません。

さらりと柔らかな線の作画。
濃淡と描き込み具合は適度なくらい。
結構白比率はあったものの不足感なく、見易いです。
シリアスからコメディーまで、漫画の巧い方
ややテキストが多めかな。
ただしテンポは良いため、サクサクと読み進められるでしょう。
表情豊かなキャラ絵で、漫画っぽく崩れたりすることも頻繁。
バランスに優れ、リアル調もお上手。
特に引っ掛かる部分はありません。
カラーとそう変化はないので、判断については↓表紙で問題なし。
やや癖はありますが、こちらについてはそう人を選ぶものではないと思います。
やっぱり、お話のがキッチリ好き嫌いあるだろうなぁ。

★収録話 6話収録

保育園の雇われ園長「淺川誠」
すらりとしたスタイルで若さもあり、園児の母親からはモテモテ。
実際に関係している方もちらほらあり、なにかと巧く立ち回っていたんですが。
ある日、”19歳で未婚の母”という、「悠人」の保護者「若原茜」が訪ねてくると…
園長先生!!私と結婚してもらえませんか!!
いきなりそんなことを言ってきたのでした。
だいたいそんな感じ。

保育園を舞台とした、コメディー長編。
「茜さん」が持ちかけたのは偽装結婚なんですが。
それによって、ちょっとヒネてる主人公「誠くん」が人間的に成長する…というものなのかな。

園児の母親たち
※園児の母親たち
 彼女らも多分に黒いのです。

↓表紙にもなっている、いちおうヒロインである「茜さん」が登場女性で1人だけ可愛らしい感じなんですが。
(※園児は除く)
独特なペースをお持ちの方で、奥様らから人気ある「誠くん」のオーラも彼女には通じず。
結果として、ラブっぽい描写はほとんどありません。
実は美人という主任「蛯沢」さんともうまくかみ合わず、心理的な安定についてはまだ先のようでした。

逆にコメディーについては頻繁。
独特のしれっとしたものから、はっちゃけたものまで、満載でした。
それに至る前後が、普通のストーリー漫画、下手をするとシリアスな雰囲気があるため、その落差はかなりのもの
全盛期の「野茂英雄」投手という感じですわね。
後述しますが、久しぶりにセンセの漫画を見て気付きましたが。
口に出さず、心で突っ込むのが多いですね。
しかも、ボケ・ツッコミのどっちも、影さすようなエグさがあり
だから毒舌とか描かれるんだろうなぁ。

そうした感じで、コメディーではあるものの、ぱっと明るい雰囲気とはやや異なっており。
独特なブラック感に包まれたの漫画となっていました。
そうしたのが苦手かなーって思う人は注意。

切っ掛けとなる1話目。
「拓海」くんの母親と「誠くん」は関係しているんですが。
その「拓海くん」は彼の黒さを感じ取っているようで、怖がっていました。
うんうん、そうだろうなぁ
それに対して、まったく物怖じしない「悠人くん」は大物ですね。
故あって、料理を作りに行くこととなる2話目。
後半のあれは、非常に良いシーンなんですが。
「誠くん」はまたひねくったこと考える人だなぁ。
印象だけのことなので、素直に喜べばいいのに。
「茜さん」とは良いカップルですね。
その料理がため、家に通っていることが他の奥様方にバレるという3話。
こちらもまた、あちこちえらくブラックですね。
新キャラの「大西」とか。
「茜さん」が可愛いですよ。

主任「蛯沢」
※主任「蛯沢」
 ポイントになるキャラのようです。右は妄想な彼女。

節分行事の4話目。
特殊メイクで鬼そのものという「吉野」と、いつもとさして変わらない「誠くん」の対比に注目。
「拓海くん」が面白いです。
また、「蛯沢さん」の素顔も公開されているので、お楽しみに。
なぜか「茜さん」がヘロヘロになっている5話目。
冒頭では”水商売”なんて単語も登場しており、気になるところでしたが。
良い雰囲気だったのが、ラスト前で急転直下にオチていました。
「蛯沢さん」・「吉野」との色々が描かれる、収録での最終6話。
ああして、1人ぐるぐると考えをめぐらせるあたりは、いかにもですね。
ちらほら気にしている「蛯沢さん」の秘密が垣間見えたところで、1巻は終了。
この漫画、次はどうなるんでしょう。

★その他

そんな訳で「新井理恵」センセでした。
このブログでも「M ーエムー」、「子供達をせめないで」の2冊を紹介しているんですが。
よくよく見てみると、06年と開始すぐのことでした。
そうなのか。

実際のところ続巻とか読んではいるんですが、なんだか久しぶり。
3年振りくらいかな。
今回のコレも、ぱっと見かけて懐かしさから手に取ってしまいました。
↓表紙の彼女がいかにもセンセっぽかったですね。
漫画もまぁ、いかにもそんな感じでしたよ。

お母さんを僕にください (1) (バーズコミックス スピカコレクション)お母さんを僕にください (1) (バーズコミックス スピカコレクション)
(2012/05/24)
新井 理恵

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■相姦恋愛 (舞原マツゲ)

★まんがデーター [12/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] コメディー・お姉さん
・おまけ: あとがき、描き下ろし「スマイル100万円 after」、
      カバー裏にカラー別絵、加筆修正あり。
・その他: 短編×11(うち「スマイル100万円 a」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「舞原マツゲ(まいはら・まつげ)」センセの「相姦恋愛」です。

望月ユイ、テニス部「佐伯友佳」
※左:望月ユイ、右:テニス部「佐伯友佳」
 スコート穿いてるといえ、ぱたぱたさせちゃー駄目よ。


■相姦恋愛 (舞原マツゲ)


★構成・絵柄 成年コメディー

「相姦恋愛」は基本的には短編での構成。
描き下ろしにて連続モノがありました。
↓表紙・裏表紙がやや暗めで、なんとなくハードそうな雰囲気がありますが。
だいたい複数とか縛ってるくらいです。
たまにドギツイ、ブラック気味な描写もありましたが、基本的にはラブコメちっく。
ただ、交通事故みたいなえっち展開が多く、ラブよりコメのが目立っており
↑上での属性もコメディーにしてみました。

大胆でむちむちとしたスタイルのヒロイン群。
皆さんぼってりとしたサイズのバストをお持ちでした。
成年漫画なので、けっこう皆さんあっさり脱いだり、えっちに持ち込んだりしてますね。
やや縦長・五角形な輪郭で、バランス的に大きすぎない目、恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴。
お姉さんが目立っていた印象で、ちょっと年上の美人さんのが合ってるように思います。
濃淡では黒が強く、色づきもしっかり。
線はやや強めで、描き込みも良く、こってりした印象。
局部の描写も肉々しく、アンダーヘアの感じが適度です。
収録は最も古いお話で、08年。
ただ、あとがきに
”いつもより多めに絵を修正してみた”
そう書かれていたそのまま、特に見ていて違和感はなく。
安定感もありました。
やや全体的に癖あるものの、綺麗にまとまっていたと思います。
判断については、やっぱり「コアマガジン」さんがオススメです。

★収録話 12話収録

005:「スマイル100万円」
199:「スマイル100万円 after」 描き下ろし
こちらが冒頭話・↓表紙ですね。
メイドカフェにハマった「斉藤」くんが発見した、穴場なお店。
そちらには、ポイントが増えるともらえる、謎のパーティー券があったのでした。

本来はカード100枚でパーティー券だそうなんですが。
1ポイント500円で、1枚は10ポイントなので5,000円。
それが100枚だから、500,000円で達成ですね。
その間にも色々サービスがあるというのを考えると、やってる内容からはそう高くないかも
お話は、そのメイドカフェに地味目なクラスメイト「望月ユイ」さんがいたというもの。
妹系とか言ってましたが、キャラ違い過ぎですね。
えっちはそうしたメイドさんらとの乱交。
オチがなかなか凶悪です
ラブコメにならないなぁ、
描き下ろしは某アイドルのようなネタなんですが。
こう描かれると…ドギツイですね。
「斉藤くん」は破産する前に気付けるかなー。

025:「ボーダーla淫」
スキー場でゴンドラに閉じ込められるというシチュエーション。
なかなか恐ろしいですね。
とりあえず、あの場面で1人でないというのは心強いですが。
ロッジの娘「由樹」さんと「昇」くん。
強気であった彼女の弱々しいところがポイントですかね。
お漏らしもありました。
まぁ、バレるってば。
やたらに用意のいい「昇くん」がコメディーになってます。

乃南さん
※乃南さん
 この日焼け跡がまたいいですね。

045:「スクールヌルプレイ」
クラスメイトらと海へ行くこととなったんですが。
「乃南」さんはスクール水着のクッキリした日焼けを調正するため、学校のプールで焼くこととしたのでした。
そこに、クラスでもお調子者・信用できないと評判の「二宮」くんが顔を見せるという流れ。
見事な日焼け跡でした
設定としては、よくある感じなんですが。
彼女がなかなかの妄想屋さんであったため、妙なタイミングからのえっち展開になっています。
あれは誤解されそうですね。
ただ、オチは無理やり感があるかなー。

065:「骨折り得のクンクンはぁはぁ」
骨折したため、テニス女子部のマネージャーを臨時でやっている「神岡」くん。
洗濯をごっそり頼まれていたんですが…アンダースコートくらい自分で洗いなさいよ。
女子部なんてそんなものかな。
漫画はテニス部「佐伯友佳」さんとのお話。
1人手伝いに来てくれていました。
いい娘だなぁ。
ヤケクソで何をイタシテいたのか正直に話した彼に対しても動じることなく、手伝ったりしてくれています。
そんな訳で、テニスウェアな「友佳さん」とのえっち。
ただ、あのバストはテニスに邪魔そうですね。

085:「トップレスシークレット」
背丈小さく、”スリムな体型”とか言われていた「大谷」さんが、実は爆乳であったというお話。
冒頭ではスクール水着なんですが。
巨乳って…そこまで隠せるものですか!?
小さいので、確かにアンバランスでした。
お話は更衣室に忍びこんでいた「蛇田」とのロッカー内えっち。
あのシチュエーションならば仕方ないか。

105:「雨の日は濡れちゃおう」
収録のうち、最も古いのが実はこちら。
無論、修正していることともあるんですが、実に印象的な1話。
今回はコレだと思います

なかなか内定が出なく就職に苦戦している「蒼太」
サークルの後輩「碧」が傘を持って駅まで迎えに来るというお話なんですが。
蛙の雨合羽なインパクトが強く、またその下が全裸だったりして驚き
読者と共に、無論「蒼太くん」の度肝も抜いてましたよ。
かなりのスタイルなんですけどね、彼女。
いいなぁ、と思って見てましたが、改めて見た裏表紙が「碧さん」でした。
可愛らしい娘さんではあるんですが、あのオチはまた凶悪。

123:「隣の姉は欲求不満。」
「良介」くんと付き合う「琴美」ちゃん。
こちらは、その「琴美ちゃん」のお姉ちゃん「朋美」さんのエピソード。
実はクラスメイトである「良介くん」が気になっていたんですが、彼の意中の相手は妹だったのです。
そんな訳で、2人のシタ後に独りえっちをするというもの。
成年漫画の独りえっちは、目撃されるのが定番。
こちらもその通りなんですが。
タイミングとしては最高でしたね。

143:「ヤキアネ」
クラスメイト「仲村祐輔」くんが気になっている「蒼井」さん。
期末テストにかこつけ、うまいこと彼の家へ行けることとなったんですが。
その家には、美人で巨乳なお姉さんがいたのでした。
そんな訳で、だいたい頑張る「蒼井さん」をあっさりお姉さんが超えていくというネタ。
中盤のトイレシーンはサービスですかね。
下着をまるまる脱いでチャレンジするのは見事でした。
普通に告白して下さい。
机下のシーンがこれまた好き。
日常のお姉さんを見たいですねー。

163:「好き?嫌い?姉/椎茸」
変なタイトルですが。
「由利」・「勇樹」、「恵美」・「瑛太」という姉弟が、それぞれの弟を交換するというもの。
椎茸はちょっとした味付け程度。
ページ数もあるんでしょうけど、いきなり「恵美さん」が仕掛けておりました。
ネタとして刺さるのは、やっぱり「由利さん」の方ですがね。

碧、仲村くんのお姉さん
※左:碧、右:仲村くんのお姉さん
 この漫画はカエルな「碧さん」だと思います。

179:「暴淫暴色に御注意!」
よく食べる「大森」さん。
食べるのとほぼ同じ感覚っぽく咥えたりしていました。
これは「小林」くん付き合うの大変そうだなぁ。
後半えっちシーンの駅弁ネタが好き。

★その他

そんなこんなで、「舞原マツゲ」センセ。
こちらでたぶん5冊目。
ブログでは「誘惑トライアングル」、「スクヌプ」と2冊ほど紹介していました。

こちらの注目は紹介帯。
漫画のカット絵が描かれているんですが。
↓表紙・裏表紙のカラー絵とは違う、白黒原稿にほんのり色づけしたくらいのものでした。
このくらいのバランスはいいですね。
特に日焼け跡な「乃南さん」はもう少し大きめなサイズで見たいですよ。

相姦恋愛-そうかんれんあい- (メガストアコミックス) (メガストアコミックスシリーズ No.)相姦恋愛-そうかんれんあい- (メガストアコミックス) (メガストアコミックスシリーズ No.)
(2012/06/25)
舞原マツゲ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : アンダーヘア ラブコメ コメディー スクール水着 アンダースコート

■はんまめいど! (宮原歩)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメ・水着
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。
・その他: 9話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮原歩(みやはら・あゆむ)」センセの「はんまめいど!」です。

インストラクター「穂波」
※インストラクター「穂波」
 この娘がお気に入りです。白水着がいいですね。


■はんまめいど! (宮原歩)


★構成・絵柄 水着系 一般ラブコメ

「はんまめいど!」は1冊まるまるの長編。
毎回の直接えっちシーンが売りの、一般系単行本です。
お話はそこそこの繋がりあるストーリー調。
ちょこっとした秘密もあり、このあたりの運びはさすがにお上手
個性的なヒロインと共に楽しめることと思います。

↓表紙そのまま、漫画の舞台は基本的にフィットネスクラブのプール。
水着な女性らとイチャイチャ…という感じ。
センセのコメントにもありましたが、季節的にはピッタリな1冊だと思います。
また、登場ヒロインらが実に特徴的。
キッチリと役割が定まっているようでした。
特に水着がお好きな方は楽しめるでしょう。
個人的には、脱がすタイミングはもっと遅くてもいいかな、って思いましたが(笑)

全体は色づき良く、濃淡も強めな作画。
描き込みもしっかりしていて、コテコテとした雰囲気がありました。
賑やかではあったものの、目立つような乱れはなく、見易いです。
丸めで幅広な輪郭と、横に長い切れ長な目が特徴。
漫画ちっくな可愛らしいバランスだと思いますが、ふとした表情が色っぽいのです。
スタイルもデフォルメが強過ぎず、健康的なむちむち感でした。
漫画では特に引っ掛かる部分なく、コレという問題はないでしょう。
ただし、個人的にですが…。
背景も強く、メリハリにはやや欠けてるかなぁ。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙で大丈夫。
紹介帯のカット絵はネタとして面白いものの、判断には不向きです。

★収録話 12話収録

小さい頃の溺れた経験から、水嫌いな主人公「岡田敬一」
バイトの先輩「河北沙枝里」の誘いでフィットネスクラブを訪ねた彼は、そこでうっかりプールに落ちてしまうんですが。
インストラクターの「水嶋雫」に助けられたのでした。
気付いてから見た彼女の顔に、何らかの衝撃を受ける「敬一」
また、その「雫」も何やら様子がおかしく。
気になった彼は、スクールに通うこととしたのでした。

あなたがもし泳げるようになったら…私のすべてをあなたに捧げます

沙枝里さん、人妻「泉」
※左:沙枝里さん、右:人妻「泉」
 サブキャラが多すぎないのもいいところ。

そんな訳で、スイミングスクールでのラブコメ漫画。
明確にメインのヒロインが決められており。
寄り道しつつも、彼女と懇意になることが最終目標です。
またそちらと同時進行で、「敬一くん」の水嫌い・失った記憶、さらには「雫さん」の抱える秘密というのが味付けになってました。

正直なところ、お話はそう際立つものではないんですが。
えっちありのストーリー漫画としてバランス良く、優れた仕上がり
いやぁ、やはりお上手な方は違う

003:第1話 「沈む男」
回想シーンからのこちら。
バイトの先輩「沙枝里さん」とのえっちでした。
幼関西弁なぐいぐい来るタイプです。
ビキニですね。
スタイルはよく、それもまた悪くはないんですが。
この漫画では、やっぱり競泳水着で見たかったですね。
ひでるさんはバイクでの”むぎゅっ”ってなるコマが好き。

033:第2話 「お湯の泡」
こちらはもう1人のインストラクター「穂波」さん。
ショートカットの童顔ロリちっくタイプです。
どーでもいいですが、このフィットネスクラブは”個人指導の生徒”なんてのがあるんですね。
そりゃ、スクール通うわー。
こちらでも「穂波さん」がかなりべったりな指導をしており。
あまりにひっついてくるため、思わずえっちに流れる展開。
いいなぁ。

しかし、そんな場面を目撃した「雫さん」があー言うのは、ちょっと違和感が。
もっと別の場面での台詞のが良かったのでは。

053:第3話 「汗と体温」
指導が始まり、故あって子供らに追いかけられるこちら。
えっち担当は一般の人妻「泉」さんでした。
色っぽい方が出てきましたよ。
水着もセクシー系なんですが、”結婚してから4キロ太った”というのが抜群。
それでいいんです(笑)

075:第4話 「いい流れ」
095:第5話 「涙の夜」
先ほど、「沙枝里さん」がビキニで残念、と書きましたが。
こちらでは競泳水着でした。
やっぱりコレよね。
もともとはカラー原稿であったらしく、白黒の収録が残念。

後半では、インストラクター「雫さん」とプライベートで会う展開。
「敬一くん」はすかさず飲みに誘ってました。
ああした積極性がいいんだろうなぁ。
巧い事、彼女の部屋までお持ち帰って、じゃなくて連れ入っております。
ここではちょっぴり彼女の秘密が前フリされますが、えっちはお預け。

113:第6話 「揺らぐ決意」
ちょっとシリアス展開になっていましたが。
こちらは再びろりちっくなインストラクター「穂波さん」
浮き輪が抜けない、なんて彼女らしい可笑しな展開でのえっちでした。
どさくさ紛れですね。
この娘いいなぁ。

129:第7話 「再浮上」
149:第8話 「消えない想い」
ここが最終エピソード。
全話オチからの流れで、ついに「敬一くん」の過去が明かされてます。
彼は昔から男前なんですね。
その後のアレは、気の毒でしたが。

なお、7話は「沙枝里さん」との3回目、8話は当然ながら「雫さん」でした。
先にもちょっろと出演してましたが、「唯海」ちゃんが良いキャラ。
成年系だったら、アリかな。(←何がとか聞かないように)

インストラクター「水嶋雫」
※インストラクター「水嶋雫」
 ぜひ、初えっちに注目下さい。

171:最終話 「人魚の海」
ここは皆で海に行くという、こうした漫画での必須なネタ。
どーでもいいんですが。
いちおう、両想いになった彼女がすぐ背中にいるシチュエーションで。
他の女性(しかも関係アリ)の胸揉むというのは、なかなか彼は大したもの。
絶対に浮気するぞ、コイツ。
そうした中、メインヒロインの「雫さん」がどんな行動取るのか、ぜひご期待下さい。

★その他

以上、「宮原歩」センセでした。
こちらで3冊目の単行本。
当ブログでは初単行本「霜枝さんちの明るい食卓」、「望月さんの恋文」と紹介しております。

どうせならば、こちらも「雫さんの○○」みたいにできたら良かったですねー。
ちょっと作品のイメージとは違いますが。
なお、購入時はタイトルの意味がよくわかんなかったんですけど。
紹介文の”ハンマーとマーメイド~”で気付きました。
なるほどねー!

はんまめいど! (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)はんまめいど! (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2012/06/16)
宮原 歩

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 競泳水着

■いんらん少女辞典 (ありまなつぼん)

★まんがデーター [11/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] コメディー・猫耳
・おまけ: あとがき、ゲストページ、描き下ろし「おまけまんが」、
      カバー裏に作品解説漫画。
・その他: カラー(4P)、短編×12(うち「多面性彼女」×2、
      「傷ついた~シリーズ」×2、「初恋レシピ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ありまなつぼん」センセの「いんらん少女辞典」です。

久しぶりに前置きを。
まぁ、えろい話なんですけどね。
こちら のサンプルにて、最後に顔を見せていた娘が気になっていて。
ざー、と調べていたところ、先日判明しました、「中野ひなた」さん。
単独では↓こんなん。


<br />Taylor Girl 中野ひなた

Taylor Girl 中野ひなた

やたらに反応良く、固定の写真より動画のが数百倍可愛らしい娘さんでした。
久しぶりに刺さったので、無名のとか、いくつか探したりして見ていたんですが。
以前に出演してたらしい、名義「福井えり」時代の↓コチラ。


<br />この娘使用中! 福井えり

この娘使用中! 福井えり

いちおう扱いは”イメージビデオ”になっているものの。
やってるプレイは、完全にAVそのものですね。
これは、いいのかな。
ぶっちゃけ、普通に直接してるよりもエロティックでした。
おすすめ

委員長さん
※委員長さん
 左右は同一人物です。この変貌っぷりがいいですね。
 

■いんらん少女辞典 (ありまなつぼん)


★構成・絵柄 成年コメディー

さて、話を戻しまして。
「いんらん少女辞典」は中編を含む単行本。
ぱっと見よりも連続話は多く、また前巻からの引き続き登場キャラもおり。
どちらかと言うと、続けて見ている人に優しい構成でした。

お話は、そう連続性がある訳ではないんですが。
だいたい説明はざっくりしているので、知っている人のが良いと思います。

↓表紙・裏表紙のように、可愛らしい絵柄を描かれる方。
ただ、お話はラブコメから遠く、コメディー調
紹介帯では”理不尽”という単語を使ってますね。

男性は特に一部振り切れたようなキャラが目立ち、漫画をかき回しておりました。
絵柄より、コチラの癖のが大きい方だと思います。
可愛らしい雰囲気につられると、やや肩透かしを喰らうかもしれません
逆に言えば、”滅多に見かけられない漫画群”です。
良い・悪いは置いといて。
好き嫌いについては、真っ二つになるのではないかなぁ。

前述したように、幅広輪郭で大きい目のキュートな女の子を描かれています。
↑上の属性部分では通り易いよう”猫耳”としましたが、なんちゃら耳な娘が頻繁に登場してました。
スレンダーで、貧乳・ロリちっく。
ちらほらコメディー崩れをしていました。

さらりとした細線で、濃淡は全体的に薄め。
すっきりと見易いものです。
時期が古いのか、もさっとした太めな線の原稿もありましたが、そう多くはなく。
前述したように、お話のがドギツイ色(笑)があり。
そっちが目立つためか、絵柄はあまり気になりません。
特に描き下ろしほか、新しい原稿は良い感じでした。
判断には、センセのHPへお邪魔するのが良いかと思います。

★収録話 12話収録

007:「しれっとガール」
023:「スパイラル・ナイトメア」
冒頭話は、過去単行本から連続で出演している「ねこ」さん・「淫魔」さんのシリーズ。
センセのお気に入りなようで、今後も出て来ると想像されます。
なお、前回訳分かんない、というようなことをひでるさん書いてますが、「しれっとガール」の作中には”わかりやすい相関図”が差し込まれていました。
かなり、ばっさりとしていて、コメディーな雰囲気ではあるものの。
いきなり見た方へのフォローには十分で、やはりあるとないとでは大違い。
また、続く「スパイラル・ナイトメア」の冒頭にはあらすじ、登場人物図があり、しっかりとしていました。
親切でしたよ。
なお、お話は前者が「ねこさん」、後者が「淫魔さん」とのえっち。
どちらも彼の寝込みを襲うネタになっていました。
うまなってるし、の部分が好き。

「ピリオドのこっち側。」のヒロイン、生徒「梓」
※左:「ピリオドのこっち側。」のヒロイン、右:生徒「梓」
 比較画像です。漫画はだいたいコメディー調。

035:「多面性彼女」 2話
眼鏡の委員長さんにラブレターを送った「加納大成」くん。
地味目でクラスにもなじめていおらず、彼的には翔さんがあったんですが、あっさり玉砕。
その後、夜の学校で彼女を発見した「加納くん」が後をつけてみると…と、そんなお話。
前後編という風情のストーリー漫画。
1話目は彼の視点、そして2話目は「委員長」さん視点でのネタばらしになっています。
クラスで彼女が浮いてた理由も示唆されてますわね。
結構可愛らしい雰囲気なのに、難儀な娘さんだなぁ。
みつ編みを解いて、眼鏡を外しているため、ほぼ別人。
とか思ったら、↓表紙はこちらの彼女でした。
そうかー。
コスチュームも刺激的で可愛いかったです。
ただ、オチがあーなるとは、本気で予想外

067:「傷ついた分だけ優しくできるよとか、真に受けない方がいいんだぜ」
083:「ピリオドのこっち側。」
あらすじでは、分かりませんでしたが。
なんと、こちらの2話も、ちゃんと…まぁ、ちゃんと続く連続話。
どーでもいいですが。
センセが描く男性キャラは、ややこしくはっちゃけた方が多いですね
こちらのストーリーはセンセ自身が
「さっぱりわかりません」
と書いているそのまま、よく分かんないお話。
妙なまでの勢いはあるんですけど。

099:「一期一会を大切にしよう」
牛丼屋の前で、座ってテイクアウトの牛丼をガツガツ食べていた、ツインテールなヒロインに声をかけられるという切っ掛け。
ああ、男性だけでなく、女性もこんな感じか(笑)
オチはあんな感じになっているものの、次がまた期待できそうな感じ。
あとがきには、”可愛い女の子が描きたい”という切っ掛けであったと書かれてましたが…。
そのコメントからしてコメディーですよ。

115:「narrow cube」
どちらかに閉じ込められている、なんちゃら耳なヒロインのお話。
一見では不幸な境遇に置かれていた、彼女の本音が見れます。
得てしてそういうものかもしれませんね。
個人的には、座っている際の半開きな目が好きです。

131:「初恋レシピ」 
147:「初恋レシピ その後」 
冒頭での、生徒・教師のラブコメちっくな雰囲気が、たった1コマで崩壊するのが見事。
教師「篠山」に恋していた生徒「梓」さんが…そう、詳細は伏せときますね。
何らかあって、えっち展開になるというのが前者。
「梓さん」は実に面白いリアクションしてましたよ。
後者はその後の2人を描いた、ややショートな漫画。
前話もそうですが、黒のセーラー服が素敵です。
冒頭のスカートめくるのがお気に入り。

155:「ようこそ、ここへ。」
宇宙人…でいいのかな。
研究対象を地球人に選んだ「ラミ」が、「ラエ」と共に地球向かうお話。
実は「ラミ」の裏目的はえっちであり、漫画は彼女の独りプレイ。
続き描かれるようなことをあとかきに描かれてましたが、連続ストーリーのプロローグ的な感じ。
まったく詳細は記されておりません。
「ラエ」は”お兄ちゃん”とか呼ばれてましたが、猫耳メイドな雰囲気。
バストもあるようなのですが、性別不明なままです。

ラミ
※ラミ
 次の単行本には続編が描かれるんでしょうか。

167:「おまけまんが」 描き下ろし
こちらは、前巻から続いて登場の片目隠れる髪型がキュートな「死神」さん。
お得意のコメディー調で、ガチャガチャとしてます。
えっち時はマント・ビキニという衣装。
冒頭のセーラー服姿が良かったんですが、ここはちと残念。

★その他

以上、「ありまなつぼん」センセでした。
こちらが3冊目ですかね。
ブログでは以前に、2冊目である「快楽少女」を紹介してます。
紹介してますが…それ08年でした。
うわー、ずいぶんかかりましたねぇ。

さて、↑上で書かなかったので、追加の情報。
収録されてるカラー原稿は、漫画ではなくイラストです。
↓表紙みたいな感じがお好きな人にはいいかも。


いんらん少女辞典

いんらん少女辞典 (ワールドコミックススペシャル)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■はなぞの (はらざきたくま)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・拘束
・おまけ: あとがき、描き下ろし(?)「花園 番外編」
・その他: カラー(10P)、8話+番外編収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「はなぞの」です。

麻里亜、椿
※左:麻里亜、右:椿
 個人的にはこの「椿さん」も好き。


■はなぞの (はらざきたくま)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

「はなぞの」は、久しぶりに成年マークつきの1冊。
まるまる同じお話が続く、ストーリー漫画でした。
だいたいは、ヒロイン3名が男性を取りあうというもの。
そう引き込まれるようなお話ではないですが。
えっちがメインになる成年漫画の長編としては、良い仕上がりでした。
↓表紙のような拘束とか、複数プレイなどありますが、基本的には明るく、ブラック感はありません。
だいたいラブコメな雰囲気。
…あ。
後述しますけど、エピソードのうち若干だけネトラレちっくなネタもあります。
本気で苦手な方は警戒下さい

あとがきによると、
「ほとんどデジタルでする様になった」
そんなことが書かれており。
もともと綺麗な原稿がさらにまとまっておりました
線が乱れなくクッキリと落ち着き、色彩も適度なくらいの濃さ。
しかも、それ特有のテカテカしたような風情もなく。
なんというか。
まー、お上手な方はどんな表現方法でも巧いですわね。
キャラ絵はやや縦長で細身。
リアルっぽい雰囲気ながら漫画らしい可愛さという、お馴染みなバランスです。
えっちシーンも迫力ありました。
癖があるため、万人がOKではないかもしれませんが。
特にマイナス点をつけようもない、優れたもの。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙で良いとは思います。
ただ、どっちかというと白黒絵のが段違いに優れているので、「ヒット出版社」さんのHPなどを参照下さい。

★収録話 8話収録

003:花園 第1話 カラー原稿あり
放課後に生徒会室を探していた、転校生「竜胴元(りんどう・はじめ)」
ようやく残っていた生徒「蓮華院華」を発見したんですが…。
ちょうど独りえっちの真っ最中だったのです。
バッチリ現場を見られてしまった彼女は、それを秘密にしてもらうべく、彼に身体を差し出したのです。
大雑把には、だいたいそんな感じ。

1話目は「華さん」とのえっち。
大和撫子、とか言われている彼女は、弓道部で凛々しさあるヒロイン。
長い黒髪が素敵です
えっちは、その弓道部での道着でした。
髪を後ろで束ねてるのが可愛いです。
また、こちらには彼女の幼少期が描かれているんですが。
詳細は後々に。

蓮華院華
※蓮華院華
 黒髪が素敵なヒロインです。

033:花園 第2話
前話はいきなりの展開でしたが。
「華さん」は早朝に「元くん」の家を訪ねていました。
彼1人暮らしなんですが…鍵はどうしたの??
こちらのオープニング部分は、「華さん」制服姿(髪は下ろしてる)で、黒パンストが素敵。

えっちのメインは、ツインテールな「狩生麻里亜」さん。
生徒会長なんですが…まるでそれっぽい要素ないのがイイですね。
(ちょっとはあるか)
容姿は「華さん」のがそんな感じよ。
ちょっと気になっていたメイド「すみれ」ちゃんも参加し、複数に発展していました。

063:花園 第3話
その現場に「華さん」が入って来るのがこちら。
彼を巡る「麻里亜さん」とのやり取りはラブコメちっくなんですが。
あくまでも”主従関係”という彼女は、徹底しておりました。
ちょっと前フリもあるので、見逃さないように。
後半は保健医「狩生椿」さんとのえっち。
眼鏡のアダルトキャラでした。
白衣もまた良いですねー
なお、主要の3人娘は、皆さんバストは控えめなんですが。
「椿さん」は素晴らしいサイズです。

095:花園 第4話
メイド服であった「すみれちゃん」が制服姿で登場するこちら。
実は、ひでるさんのお気に入りは彼女。
”丸いショートカットにカチューシャ”という構成が刺さるんですね
昔読んだ「おじゃまユーレイくん」を思い出すので。
えっちも制服姿。
こちらの制服はワンピースのデザインになっているんですが、なんだかソレも好き。
オチの彼女も可愛かったですよ。

127:花園 第5話 カラー原稿あり
前半に出ていた、感じのわるーい彼が暗躍するこちら。
お話の秘密の1つが明かされるので、お楽しみに。
詳細は伏せますが、彼の目前で「華さん」が拘束えっちを受けるという、ネトラレちっくな感覚。
正確には、スワッピングちっくとなのかなー。
なお、↓表紙のような拘束プレイが堪能できるのもこちらです。

159:花園 第6話
故あって”性行為禁止”となったこちらなんですが。
「麻里亜」・「椿」・「すみれ」と、誰も守ろうとしてないのがいいですね。
そんな訳で、複数えっちです。

183:花園 第7話
ここに来て、新キャラ登場。
3人姉妹と言っていた、「麻里亜さん」のもう1人の姉「桜子」さんです。
彼女は眼鏡でロリちっくな容姿。
眼鏡・みつ編みという「華さん」との複数になっていました。
もしかしたら脱がないかなーと思われた「桜子さん」のヌードも描かれていて、幸せ。
姉妹では真ん中とのことでしたが、顔に違わぬロリ体型でした。

桜子、すみれ
※左:桜子、右:すみれ
 キャラ的にも、やっぱり「すみれさん」ですね。

211:花園 第8話
”華競べ”という、えっち対決にな最終話。
ここで参加するのは、「麻里亜」・「すみれ」・「華」の主要3名です。
展開はいかにもという、スタンダードなものでした。
ある意味期待通りで、読後感は良いです
なお、巻末の番外編は2ページの漫画で、本当にちょろっとだけでした。

★その他

そんなこんなで、「はらざきたくま」センセでした。
↓下にずらーっと並べていますが。
そちらは全て一般系。
成年系の単行本は本当に久しぶりですね!
それがためか、紹介帯には”大復活”とか書かれていましたよ。
わはは。

どれくらいぶりなんだろ。
10年に近いくらいなのかなぁ。
とりあえず、次が少しでも早くリリースされることを祈ります。

はなぞの (セラフィンコミックス)はなぞの (セラフィンコミックス)
(2012/06/22)
はらざき たくま

商品詳細を見る


★はらざきたくまセンセの漫画紹介記事  [全て一般系]
桃色団地の日情
 桃色団地シリーズを収録。未完漫画もありました。
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スワッピング ラブコメ ツインテール ショートカット

■はじおつ。 (卯花つかさ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメ・男性恐怖症
・おまけ: あとがき・4コマ、カバー裏に4コマ・ラフ絵、
      合間にネタ絵。
・その他: 折り返しに作者コメント、6.5話収録、
      現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「卯花つかさ(うのはな・つかさ)」センセの「はじおつ。 1巻」です。

ヒロイン特集1:表情豊かな「向日葵さん」
※ヒロイン特集1:表情豊かな「向日葵さん」
 どっちかというと、困った顔のが多いんですが。


■はじおつ。 1巻 (卯花つかさ)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

「はじおつ。」は一般のラブコメ漫画。
巻数表記そのままの長編モノ。
ストーリー漫画ですね。
ひでるさんの紹介ですが、特にえっち系ではありません。
ごくノーマルで、全年齢対象でした。

コレというサービスカットも特になく(笑)、青春な恋愛話となってます。
恋に恋してるような初々しさ。
人によっては…合わないかもしれません。
なお、アマゾンで見たところ。
すぐ7月には、2巻の発売があるようでした。
1巻の感じだと、そう長々とは引っ張れないと思うので…
次で完結かなぁ。

ふんわりとした軽い作画。
そこそこ白比率があり、描き込みはこざっぱりとしています。
濃淡にもそう濃さはありませんでした。
キャラ絵は曲線で可愛らしいまとまり。
素朴なイメージですね
表情などはパッと伝わりやすく、良かったです。
背景・小物なども、やはりさっぱりとした雰囲気。
目立つような大崩れはないものの、バランスはたまに弱さを感じました。
また、そうしたのが目につきやすい作画であると思います。
判断なついては、だいたい↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

★収録話 6.5話収録

わたしと…付き合って下さい!!

人生初めての告白をOKされた「芦原向日葵(あしはら・ひまり)」
しかし、その表情はなぜか浮かないものでした。

ずっと女子校であった「向日葵」は男性に対する免疫なく、やや恐怖症気味。
それを心配した友人「やえ」・「柊子」らは、”度胸試し”で告白するよう促していたのです。
ともかく、そうした流れで学校も名前すらも知らなかった、「甲斐悟」と付き合うこととなったんですが。
その交際はぎこちなく、ゆったりとした進展になるのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

ヒロイン特集2:携帯扱い下手な「向日葵さん」
※ヒロイン特集2:携帯扱い下手な「向日葵さん」
 ここは良くダメっぷりが表現されていると思います。

告白から始まる、青春ラブコメ漫画です。
1巻は結局手も触れぬまま終わってしまいました。
まぁ…こんな娘は現代にいないだろうなぁ。
でも、昔の交際ってのは、こうしたものですよね。
(それとまったく同じではないですが)
ぐるっと1周して、逆に新しいのかも

あらすじにもあるように。
頑張って告白をしている「向日葵さん」ですが、その好意はまだ曖昧なもの。
「甲斐くん」とはクラスどころか学校からして異なり、通学路での顔見知り。
一度落としたキーホルダーを彼が拾ってくれただけ。
そのため単行本では、ちらほら”度胸試し”、”成長”というようなキーワードが見られてました。

これ、視点が「甲斐くん」だけであれば、不意に女の子から告白されたりして、いいんですが。
「向日葵さん」のそうした裏事情は…身勝手なものですわね。
まぁ、学生時代の付き合いは、そうした感じなのかもしれませんけど。
「けんかをやめて」の歌詞みたいな。

純粋に可愛らしく描かれており、おそらくは今後お互いに感情を高めていくのか。
どこかで真実を知られ、真っ暗なバッサリとした終わり方でも面白いかも。
(絵柄の雰囲気ではないかな)

告白からの1話目。
不意なOKに困惑する「向日葵さん」が描かれていましたが。
お相手の「甲斐くん」もなかなか面白い子ですね。
ある意味、やたらお似合いなカップルですよ
2話目からお付き合い開始。
…と言っても、ただ通学の際に横を歩くだけ。
ぐったりしてましたが、あの沈黙は厳しい。
なにか話題振ったって下さい。
相手がどうであれ、それは男子の役割だと思いますよ。
ただ、あの手紙は高感度アップするだろうなぁ。

メールのやり取りを描いた3話目。
ああ、もうじれったいなぁ。
お互いメールの到着にやきもきしてる様をお楽しみに。
適度に誤字のあるメールが可笑しいです
特に合間のネタ絵が。
一緒に帰宅するというのが4話目。
あ、それもまだなのか。
登校している時点で、帰りも一緒だろうと思ってましたが。
そんな訳で、どちらも特訓ちっくなお話になってます。
5話目がその放課後デート。
「向日葵さん」とは違い、「甲斐くん」はかなり意識していたことが分かります。
男子だねぇ。
後半ではなかなか格好良いところを見せてました。
(良いか悪いかは置いといて)
照れる「向日葵さん」がキュートです。

ヒロイン特集3:いっぱい・いっぱい「向日葵さん」
※ヒロイン特集3:いっぱい・いっぱい「向日葵さん」
 右のコマが好き。いい表情ですね。

収録での最終6話、6.5話はその後日談。
タイミングはそう悪くないのでは。
彼女があんな状態では、何言ったって受け入れることできないだけで。
ここでも「甲斐くん」は意外なほど格好良いですね。
普通に付き合えばいいじゃない。

この雰囲気だと、巧く落ち着きそうかなー。
彼はなかなか良い人だったし。

★その他

そんなこんなで「卯花つかさ」センセでした。
ひでるさんはこちらが初見。
検索してみると、「ダ・カーポ」の漫画とか描かれてたみたい。
ゲームの原画もやってましたよ。

なお、こちらの紹介帯には心理テストがありました。
なんでだろ。
(※カバー裏の4コマは、裏表紙から続く心理テストネタ)
ちなみに、ひでるさんチョイスは「牛」
そう。
確かにギリギリまで食料なり、お金なり生み出しそうなので。
あるいは「馬」かなー。
特に漫画と関係あるかは置いといて、ちょっと楽しめました。
こんなん楽しいです。

はじおつ。 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)はじおつ。 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2012/06/12)
卯花 つかさ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■ついてきます! (川崎直孝)

★まんがデーター [13/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・巨乳
・おまけ: あとがき、描き下ろし追加「石と紙とはさみ」
・その他: カラー(6P)、短編×10(うち「石と紙とはさみ」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「川崎直孝(かわさき・ただたか)」センセの「ついてきます!」です。

まいか、はる姉ちゃん
※左:まいか、右:はる姉ちゃん
 こんな感じで、皆さんかなりの大きさなのでした。


■ついてきます! (川崎直孝)


★構成・絵柄 巨乳系 成年ラブコメ

「ついてきます!」は中編と短編での構成。
表題作も収録されてますが、そちらは短編でした。
連続話はどっちかというと即えっち話。
ストーリーもある程度、というくらい。
お話はラブコメで、だいたいのイメージとしてはコメディーちっく。
カップルでなくとも、複数であっても、明るく楽しくされています。
テンポ良く、読み易いですね。

また、カバーイラストにもあるように。
前巻のイメージとは違い、ヒロインはだいたい巨乳揃い。
皆さま、たっぷりとしたバストの持ち主でした。

独特なタッチとバランスな作画が特徴的
デジタルな灰色な濃淡で、極細線。
乱れなく、描き込みも細かめ。
結構ページは賑やかですが、見辛さはありません。
丁寧で綺麗にまとまっていました。
バランスについては、輪郭ほか全体的に縦長。
のの字のような丸い目と、ぱかーと大きめな口のキャラ絵です。
コメディーちっくですね。
漫画もお上手で、そちらほか表現などにも引っ掛かる部分はなく。
やや目立つ癖が気にならなければ、問題ないでしょう
判断については、↓表紙などカバーをそのまま信じて大丈夫です。

★収録話 10話収録

005:「メランポジウム」 カラー原稿あり
ずっと入れっぱなし、というプレイを”ポリネシアンセックス”と言うんだって。
へー。
「仁菜」・「嘉信」というカップルが、故あってそうしたプレイをするお話。
こちら冒頭話なんですが。
いきなりコメディーではない、良いお話でした。
ラブラブですね。
うまく運んで何より。

027:「平和なエネルギー」
”男の子になる薬”を完成させた、化学部の部長「かなで」
しかし、それは失敗しており、男子特有の強い性欲だけ再現してしまったのでした。
そんな訳で部員「まいか」・「たつお」を巻き込む、複数えっちモノ。
男の子の性欲を得た「かなでさん」がコメディーとなっていました。

045:「A cup of coffee」
いちおうメイド喫茶という舞台で、店長とネコ耳なウェイトレス「葵」さんとのえっち。
ネットで得たらしい、惚れ薬を仕込んでいました。
店暇だろうけど、営業中にえっちしないように。
2人付き合っていた訳ではないので、望みではないものの流されてしまうところがいい感じ。

063:「すいちちスイッチ」
「正」くんと、ご近所に住む「はる姉ちゃん」のエピソード。
昔からよく彼女に慰めてもらっていた「正くん」
いつものように甘えていたところ、
じゃあ今日は私の赤ちゃんになったつもりで甘えてみる?
とか言い出したのでした。
願ったり叶ったりですね。
よほど信頼を得ているのか、いきなりおっぱい出したりしてました。
しかも陥没だったりして。
わははー。
それからのえっち展開は置いといて、オチが可笑しいです。

和田智香さん
※和田智香さん
 まさかこんなエロくなってしまうとは…。

083:「石と紙とはさみ」 前中後編
こちらが収録では唯一の連続話。
学園祭の実行委員4名でのアレコレとなっています。
「吉富慎一」と付き合う「和田智香」
しかし、カタブツな「慎一」はなにかと積極的ではなく。
相談を受けた同じく実行委員「山田愛」・「孝則」の2人が初えっちの手伝いをしたんですが…というもの。
前半はそれぞれカップル同士のえっち。
「愛」・「孝則」の両名はいちおうサポート程度だったんですが。
そちらで理性のタガが外れてしまった2人が、快楽に落ちていくのが中編。
スワッピングですわね
得意でない方は要注意。 
まだ「智香ちゃん」はいいとして、まさか「慎一くん」もあーなってしまうとは意外でした。
そんなこんなで後編。
なるほどねー。
ちゃんと話し合いした結果なので、あれでいいのか。

145:「ついてきます!」
こちらが表題作。
収録のうち、センセのお気に入りだそうです。
住宅物件の見学で、案内役のヒロインとえっちするパターン。
クローゼットとかお風呂にて、律儀に実演しておりました。
いいなぁ。
けっこうトボけた感じの娘さんでしたよ。
まさかあんなオチになるとは驚き

163:「3角曜日っ」
幼馴染み「たもつ」に告白し、見事カップルになった「奈津」
しかし、家を訪ねたところ、義妹「京子」とえっちしており。
彼女曰く、
”1日20回ほど射精しなければいけない”
という体質だったのでした。
幼馴染みの「奈津さん」も知らなかった、衝撃の事実ですね。
いままでは「京子さん」が処理していたそうですが…そっちを見てみたいなぁ
漫画は付き合う宣言をした「奈津さん」が、その代わりをするというもの。
こりゃ大変だ。
後半では故あって複数えっちに発展しておりますが。
こちらも、オチがあーなるとは意外でした。

案内役のヒロイン、宏香さん
※左:案内役のヒロイン、右:宏香さん
左はクローゼット説明の場面なのですよ。

181:「なんとかラポール」
「宏香」・「カズヤ」というカップルのお話。
デート中に「休憩」と言われ、期待してしまったんですが…本気で喫茶店に立ち寄ったのでした。
スイッチオンとなった「宏香さん」の羞恥プレイという感覚。
机下でいろいろするのはいいとして。
まさかほぼ普通にえっちが始まるのは意外でした。
この店はどんなつくりなんですかね。

★その他

以上、「川崎直孝」センセでした。
ブログでは初単行本であった「アとエのあいだ」を取り上げています。
センセ曰く、
”そちらとコンセプトを同じくしています”
との事。
発売日は違えど、だいたい同時期に描かれていたそうです。
前巻が気に入れば、こちらも問題ないでしょう。

なお、紹介帯は裏表紙の絵が変化するタイプでした。
なんだか久しぶりで楽しい!
おっぱいが拝めるようになってましたよ。

ついてきます!

ついてきます! (ワコーコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー スワッピング

■破廉恥乙女 (椿屋めぐる)

★まんがデーター [10/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・胸
・おまけ: あとがき漫画、作品解説、加筆修正あり、
      描き下ろし「も~っと!見せたガール」、
      カバー裏に漫画「がんばれ!伊藤先生」・「まけるな!伊藤先生」
・その他: カラー(8P)、短編×10
      (うち「ドンマイ!伊藤先生。」×3、「見せたガール」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椿屋めぐる(つばきや・めぐる)」センセの「破廉恥乙女」です。

椛島咲
※椛島咲
 大きいです。はみ出してますよ。


■破廉恥乙女 (椿屋めぐる)


★構成・絵柄 胸系 成年ラブコメ

今回の「破廉恥乙女」は連続話と短編による構成。
メインの中編はヒロインが各話を担当するタイプ。
同キャラなお話で、そうストーリーちっくではありません。
ちなみに、カバー裏の漫画もこちらでした。
他は短編の収録で、描き下ろしは収録話の後日談です。

そのメインが”色々なおっぱいを描こう”というネタでして。
なんらか胸に特徴のあるヒロインが登場しています。
むちむちっとしたキャラ絵なので、ほかのエピソードでもやはりバストが目立ちます
そんなんお好きな方にはオススメ。

描き込みはそこそこですが、黒色が強く。
大小なコマ割りなどページは賑やか。
派手でちょっと濃いめな印象です。
大きな目と小さい鼻の、漫画らしい可愛らしさあるキャラ絵。
童顔ですが、皆さん健康的な肉付きでした。
ちょっとデフォルメありますね。
目立つような乱れはないものの、勢いで押すタイプなので。
ややバランスが気になります。
また、若干ですが原稿で差がありました。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙で良いでしょう。
あるいは「DMM」さんのサンプルが見やすいと思います。

★収録話 10話収録

003:「ドンマイ!伊藤先生。」 3話 カラー原稿あり
こちらがバスト系連続話ですね。
女子高勤務となった、新米保健医「伊藤」
ある日、生徒「椛島咲」が”相談ある”と保健室を訪ねて来たのです。
初めて頼られたことに喜んだのもつかの間、彼女は胸を診察してほしいともちかけてきたのでした。
そんなんが1話目。
「咲さん」の胸はいわゆる陥没。
あの年齢の娘さんには深刻ですね。
まぁ、えろい行為はともかく、ちゃんとサポートしてあげて。
もともと好意もあったんでしょう。
可愛い娘さんでしたよ。
彼女はカバー裏がまた面白いです。
Wヒロインの2話目は、生徒会の「榊原」姉妹。
生徒会室でえっちしていた2人を目撃し、現場に踏み込むというもの。
一瞬躊躇していましたが、なかなか彼は熱血教師ですね。
ただ、前回のえっちは彼女らに目撃されており。
本来の性格もあって、あっさり2人に流されておりました。
…がんばれ。
ちなみに、姉「姫」さん、妹「妃」さんはバストのとある部分が特徴的に大きく描かれていました。
お楽しみに。
3話目は眼鏡の教師「棗」さん。
生徒らにシタことを彼女もまた知っておりました。
が、勝手に好意的に解釈しているのが可笑しいですね。
可愛い年上さんです。
オチが好き。
ちなみに「棗さん」は母乳ネタです。

教師「棗さん」、御厨さん
※左:教師「棗さん」、右:御厨さん
 こちらもデカいですね。基本的に皆さん大きいのでした。

067:「痴女っ娘!」
性教育を受けた「御厨」さん。
ぜひ本物を確かめたい、と偶然保健室にいた委員長のソレを見てみることとしたのでした。
これはどっちかというと、おバカな娘さんです。
なかなか良い素質はあるようでしたが、まだこれから。
タイトルほどではないですねー。
避妊はしなさいよ。

087:「家庭教師でトライ!」 カラー原稿あり
教師を辞め、個人塾を開設していた「工藤」
元教え子である、お嬢様「小鳥遊春琉(たかなし・はるる)」の家庭教師をしていたんですが。
なぜか、その日の彼女は制服を着ていたのでした。
ラブラブ漫画ですね。
こちらの「春琉さん」が今回の↓表紙です。
お嬢様らしく、爺やが彼の趣味・趣向を調査していました
こわー。
あの流れでのえっちは、なんだか悔しいですね。
まぁ、制服はともかく、彼女ノーパンだったりしましたが。

107:「見せたガール」
175:「も~っと!見せたガール」 描き下ろし
彼氏「孝司」くんと付き合う「彩華(いろは)」ちゃんには、とある秘密がありました。
…と、そんなオープニング。
実は幼少期におしっこしているところを目撃されていたんですが。
彼女的に、それがえっちのツボとなってしまったのでした。
そんな訳で放尿漫画。
尿と言えば「ぢたま某」センセ。
確か、名作「聖なる行水」に描かれていた、センセの体験談がちょうどその逆視点でした。
まぁ、こんなん漫画ではありますが。
あるいは彼女も…なんて妄想は、また楽しいですよね。
自らえっち探求する様がキュートでした。

巻末の描き下ろし「も~っと!見せたガール」
こちらは「彩華ちゃん」がコンビニで露出プレイをするというもの。
思わず店員さんも目を背けていましたが、リアルな反応。
漏らしたりしてましたけど、誰が掃除したのかな。

123:「透けちゃう果実」
穏やか・上品な物腰で、誰もがお嬢様だと思っていた「黛こころ」さん。
しかし、実は下着も満足に買えないほどの家庭だったのでした。
突然の雨で胸が透け、切っ掛けとなっています。
胸はまだいいとして、下半身のアレは…えろいよ。

143:「うさぎちゃん気をつけて」
普段からどんくさい「茅ケ崎」さん。
忘年会の出し物の準備も遅く、先輩「山本淳」が様子を見てみると…。
そこには、
うさぎ年にちなんでバニーですよぉ
とかなんとか、バニースーツを着た「茅ケ崎さん」がいたのでした。
ちょっとおバカな娘さんですね。
彼女の大事なトコロから毛がはみ出していたので、剃毛に発展するというもの。
彼も驚いてましたが、まさかOKでるとは思いませんわ。
女の子だなぁ。
”網タイツを忘れてしまった”
それが切っ掛けなので、あみあみでないのは残念でしたが。
「茅ケ崎さん」はスタイル・キャラ共にバニーがぴったりな娘さんでしたよ。

黛こころ、茅ケ崎さん
※左:黛こころ、右:茅ケ崎さん
 お気に入りはダントツで「茅ケ崎さん」でした。

163:「極上!一番搾り」
「桃寧(ももね)」さんが付き合う「孝之」くんには、スカトロな趣味があったのでした。
無論、彼女もあっさりプレイには同意できず、飲尿で妥協するという流れ。
それ以上は雑誌的にNGなんだそうな
まぁ、そうだろうなぁ。
そんな訳で、放尿シーンのあるお話。
ちょっと性癖に差があるので、漫画では問題なかったものの、今後はだいぶ怪しそうですね。

★その他

そんなこんなで「椿屋めぐる」センセでした。
ブログでは初単行本「乳娘 みるきぃがーる」を紹介しており。
こちらが2冊目です。
収録の描き下ろしは本編の後日談となっていましたが。
某書店で購入するとつくオマケの小冊子は、「うさぎちゃん気をつけて」の続きでした。
本編と違う白バニーな「茅ケ崎さん」が見れるので、そんなんお好みな方はお見逃しなく。
むちむちでしたよ。

破廉恥乙女 (いずみコミックス)破廉恥乙女 (いずみコミックス)
(2012/05/28)
椿屋 めぐる

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■恋の膣女 (笑花偽)

★まんがデーター [11/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] むちむち・近親
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(4P)、短編×10(うち「アネカノ×ホンカノ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「笑花偽(にこぷんニセ)」センセの「恋の膣女」です。

姉「瑠奈」、沙羽
※左:姉「瑠奈」、右:沙羽
 大きいです。コマからハミ出してますねー。


■恋の膣女 (笑花偽)


★構成・絵柄 むちむち系 成年

基本的に「恋の膣女」は短編集。
1エピソードですが、連続話も収録されてました。
その絵柄がため、なんだかハードそうな空気が漂っていましたが…。
ラブコメというほどではないものの、少なくともブラックな漫画はなく
流れ的に微妙な漫画も、なんのかんのと丸く収まっていました
読み易いと思います。
登場するヒロインらは、むちむちとしたスタイルであり。
即えっちな感じで、お話はやや弱めという印象でした。

↓表紙の雰囲気そのままに濃いめ。
強い線と濃淡で、全体の色づきもシッカリしています。
描き込みも細かいもの。
特に局部の描写、ぬるり・モチモチとした肉具合でした。
ここは成年系ならではでしょう。
えろいですねー
その続きで、内蔵描写もちらほらありました。
苦手な方はちょっと注意。
全体的に鋭角なキャラ絵柄。
きゅっと横長で、ツリ気味な目・まつげと、口下の線が特徴です。
やや癖はあるものの漫画は巧く、気になるような個所はありません。
判断については、サンプルのある「エンジェル出版」さんのHPが見易いでしょう。

★収録話 10話収録

003:「アネカノ×ホンカノ」 2話 カラー原稿あり
独り暮らしの姉「瑠奈」の家に居候する、弟「政宗」
2人はえっちもする関係でしたが、
”姉弟なので一線は越えない”
という「瑠奈」の意向で、直接シテもゴムは欠かさなかったのでした。
そうした頃、彼女の職場まで忘れ物を届けた「政宗」はその同僚「沙羽」と対面。
噂を聞いていた「沙羽」は、興味そのまま試してみるのでした。
だいたいそんな感じ。

冒頭からのカラー部分は、姉「瑠奈さん」とのえっち。
1枚のへただりがあればいいのか(笑)
ガッチリとした近親関係で、普通ならば口に出さない筈なんですが。
それを聞いていた「沙羽さん」からえっちを仕掛けるというのが1話のメイン。
年上らしく頑張っていたものの、「政宗くん」に陥落されるという流れ。
褐色肌に色素薄い髪というギャルちっくな彼女は、実はハーフだそうです。
なかなかの美人でした。
続く2話目は、やっぱり「瑠奈さん」
そうですかー。
分からんでもないですが、漫画ちっくな展開ですね。
なんだか「沙羽さん」が気の毒。

045:「淫慾の公式」
名門大学に無事合格した「矢代」くん。
家庭教師の「つぐみ」先生に、以前からの約束をおねだりするのでした。
”合格の暁には百万円のボーナス”
そんなことも言われていたので、まぁ1回くらいはさしたって下さい。
かなり無理もしたんだろうし。
童貞な「矢代くん」でしたが「つぐみさん」の予想以上に巧く、勘違いするのが可笑しいです。

065:「お姉ちゃんのプレゼント」
タイトルそのまま、こちらもお姉ちゃん。
先のお話同様に、ゴムしてるだけの直接えっちをしていた姉弟。
そのうち姉は普通に結婚してしまったんですが…
私は圭を裏切る訳じゃないのよ、待っててね
そんなことを言われたため、弟「圭」は彼女もつくれぬままオヤジになってしまったのでした。

「圭くん」の現ビジュアルは、もうすこしおっちゃんっぽい方が良かったかなぁ。
お話はなんと、姪「貴子」ちゃんとのアレコレ。
うわ、そっちかー
姉・姪と関係していくなかなかエグい展開ですが、お話は軽く。
お姉ちゃんはオチであー言ってましたが、ここはいかにも漫画だなぁ。

姪「貴子」、茉莉
※左:姪「貴子」、右:茉莉"
 「貴子ちゃん」とのお話はもっとじっくり見たい気もしますねー。

085:「恋する新任教師 香穂」
学生時代に関係していた教師「岡本」がいる学校へ赴任が決まった新任教師「香穂」さん。
再会した2人は想い出ある教室で早速、と思われたんですが。
目隠しを解いてみると、目前にいたのは「岡本」ではなかったのでした。
どーでもいいですが。
「香穂さん」は不純な動機で教師になったのねぇ。
教師「岡本」のアレは問題ではあるものの、生徒には有効だと思われ
うーん、いいのかな。
ちなみに、故あってツインテールな生徒「藍」ちゃんも登場するので、お楽しみに。

105:「兄妹解禁♪」
これまでの収録とは違い、妹「理音(りお)」との近親モノ。
数いるヒロインから↓表紙をゲットしたのが、こちらの「理音ちゃん」
失恋したお兄ちゃんにグイグイ攻める流れ。
あの感じだと、ここまで関係してなかったのが逆に不思議。

125:「埋めたい記憶」
さびれたコインランドリーに、深夜ノーパンで来るヒロイン。
いつも隣から覗いていた主人公は、ついに襲ったんですが…というのが切っ掛け。
まぁ、スタイルいいですねー。
ただ、オチのあれは…めんどくさい方法だったなぁ、としか思えず。
お話としてはえっちにだいぶ引っ張られており、微妙。

145:「レイプで仕返しされちゃった」
タイトルのそれは女性視点であるため。
ヒロイン「茉莉」さんは学生時代の同級生「成輝」から襲われてしまうんですけれど。
これまた、いかにも漫画という大変に都合の良い流れ。
あるいは、「茉莉さん」が想像以上の世界を渡り歩いてきたのか。
先の「お姉ちゃんのプレゼント」と同様で、オチの台詞がもの凄いですよ。

165:「かくれ肉食ナース 結衣」
骨折で入院した「望」は、実は母親と関係していたのでした。
それを知ったナース「結衣」は、母親が見舞いに来れない隙を狙ったのでした。
挨拶から2ページ目では、いきなり咥えてますね。
ナース服を脱いだ際の描写が好き
…というか、あんなライダースーツっぽかったっけか。
下着くらいちゃんとつけてて下さい。

幼馴染み「さや」
※幼馴染み「さや」
 眼鏡の可愛らしい娘さんでした。

185:「もとさや?」
幼馴染み「さや」とバス停で5、6年ぶりに再会した「賢納(かたな)」
懐かしさと共に異性の身体が気になった2人は、見せっこすることとしたのでした。
そうした青春感のあふれる漫画。
こりゃ、完全にラブコメです
男子には願ったりかなったりというシチュエーションですね。
眼鏡・ポニーテールな「さやさん」は、小さい頃と違ってむちむちとしたスタイル。
後半でそれを解くのも、なかなかいい感じでした。

★その他

そんなこんなで「笑花偽」センセでした。
ちゃんと”にこぷんニセ”、ってあちこちにルビふってましたねー。
普通には読めないからなぁ。

あとがきによると、こちらで11冊目とのこと。
冊数が2桁越えたこともあり、しばらく短編を描かれたそうでした。
そう言えば、以前紹介した「孕みたい彼女 くの一Drop」は長編でしたね。
短編も悪くはないものの。
えっちに比重がある(当然かもしれませんけど)ためか、お話はだいぶバッサリとしていた印象です。

恋の膣女 (エンジェルコミックス)恋の膣女 (エンジェルコミックス)
(2012/06/16)
笑花偽

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール ポニーテール

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。