FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■姉恋 ANE-KOI (柚木N’)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・お姉ちゃん
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵、作品解説、
      加筆修正あり。
・その他: カラー(4P)、短編×11(うち「姉恋」×6、
      「「スキキライダイスキ。」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「柚木N’(ゆずきえぬだっしゅ)」センセの「姉恋 ANE-KOI」です。

真魚、理緒
※左:真魚、右:理緒
 だいたいこうした流れからのえっちです。


■姉恋 ANE-KOI (柚木N’)


★構成・絵柄 お姉ちゃん系 成年ラブコメ

さて、本日は「姉恋 ANE-KOI」です。
表題の中編をメインとした構成。
複数のお姉ちゃんとのお話で、各話でそれぞれエピソードがあった後に複数に発展するという、スタンダードなもの。
実は先日似たような構成の漫画を読んでいるんですが…。
いやー、やっぱりお上手な方が描いたものは違う
何がどうと、ハッキリとは書けないんですけどね。
すっと物語に入れる、みたいな感じかな。

ほかは短編と、前後編モノになっていました。
連続話もお姉ちゃん系でしたよー。
ジャンルとしてはラブコメで、特に変なひねりもなくストレートなので読み易いです。
やはりこんなんはお上手ですね。

漫画っぽくも色っぽくもあるキャラ絵柄。
しっかり描かれた鼻と横長な目は極端なデフォルメなく、リアルっぽさもあります。
服や小物なども違和感なくしつこくなく、良い感じ。
描き込みや濃淡具合もだいたい適度なくらい。
大きな乱れはなく丁寧で、あちこちのバランスも優秀。
漫画もお上手で、特に引っ掛かるコマなどはありませんでした。
引き絵がややアッサリとしてたかな。
そのほか表情から表現までは、問題ありません。
判断については↓表紙・裏表紙でどうぞ。
カラーよりも白黒のが良いので、いくらかプラス判定でいいかと。

★収録話 11話収録

005:「姉恋」
そんなこんなで表題作。
弟「彰正」と、「真魚」、「理緒」、「朝海」という三人の姉による桜木家のラブコメ話。
タイプの違うそれぞれお姉さんらとの展開でした。
うち「朝海さん」だけは義理の姉で、そんなんもしっかりネタになってます。
前述したように、個別エピソードが4話にて全員集合するパターンでした。

005:「姉恋 第0話」 カラー原稿
カラーのショート漫画で、話数そのままプロローグというべきお話。
コスプレっぽいプレイがいいですね。
ただ、ひでるさん的にはこの時点から、「朝海さん」押しでした。

朝海
※朝海
 お気に入りは彼女。個人的に外観は完璧。

009:「姉恋 第1話」
こちらは長女「真魚さん」
もっともお姉さんというキャラですね。
素直に慕う彼のため、”完璧な姉”であろうとしていた彼女。
まぁ、姉では関係それだけですから。
そうした「真魚さん」が、思わず彼の寝込みを襲いかけてしまうところからの発展。
泣いちゃうところが可愛らしいですねー。
ただ、確かにOK出たとはいえ、がっつり揉みまくる「彰正くん」がえろい
遠慮なかったなぁ。

033:「姉恋 第2話」
こちらは次女「理緒さん」
「彰正くん」と一緒に遊んでいた、はっちゃけ・コスプレなお姉さんです。
彼のリクエストに応えて、メイド服を着てからのプレイでした。
↓表紙の感じですね。
ただ、それと同時に眼鏡は外しちゃうので、お好きな方は残念賞。
前回とは違い、躊躇してた彼にがっつりえっちを仕掛けております。
ラストページのバイト風景が良かったです。

057:「姉恋 第3話」
そんなこんなで、唯一の義姉「朝海さん」
いきなり男を蹴り飛ばすシーンでしたが、不器用で素直ではないタイプ。
個人的には、あの片目隠れる「鬼太郎」ちっくな髪型がツボ。
ちょっとボーイッシュですわね。
小さい頃の「朝海さん」がまた可愛いー。
とある事柄から、家に帰り辛かった彼女を「彰正くん」が迎えに来るというのが切っ掛け。
髪型も良いですが、この時の「朝海さん」はまたまた↓表紙のようなミニスカートに黒タイツという、抜群の服装
下着がまた可愛らしい柄なんだ、コレが。
ちょっと破くくらいのプレイが丁度よいです。

083:「姉恋 第4話」
111:「姉恋 最終話」
こちらが最終エピソード。
それぞれとのえっち後、皆で温泉旅行へ出掛けるという流れ。
まぁ、抜群のシチュエーションですね。
部屋に露天風呂が備え付けで、「理緒さん」との入浴を残る2人に目撃されるのが切っ掛け。
修羅場ですよ
ただ、ここでは「彰正くん」が実にいい言動をしておりました。
そのため、複数えっちへの流れはごく自然。
最終話もその続きで、それぞれの要望を叶えたりしてます。
あれは羨ましいなぁ。
ここでも、なかなか前に出れない「朝海さん」が素敵でしたよ。

135:「スキキライダイスキ。 前編」
157:「スキキライダイスキ。 後編」
姉「早見沙奈」との関係が微妙な「早見芳春」
小さい頃体が弱かった彼は母を独占しており、その感情が今でも続いているようだったのです。
しかし、そうした感情とは逆に、「芳春」は「沙奈」を女性として好いていたのでした。
だいたいそんなん。

前後編のお姉ちゃん系エピソード。
前話とは違い、冒頭での姉弟は必要以上にギスギスしております。
避けられてる、っぽいですかね。
高校へ進学すると同時に1人暮らしをすると聞いていた「芳春くん」は、ついに告白してしまうのでした。
…まあね。
こうした漫画なので、その後の展開はあえて書く必要ないでしょう。
あまりに可愛らしい反応で、彼が止まんないのも納得でした。

前編は「芳春くん」視点でしたが、後編は姉「沙奈さん」視点。
その複雑な心情がいいですね
今度は舞台が学校ということで、制服です。
黒のセーラー服が非常に良いですねー
前回は初えっちでしたが、まだお互い慣れきってないくらいでドキドキ。
最中の台詞はまた完全に逆効果な感じでしたよ。

185:「会長のウソとホント」
生徒会長「綾羽」さんと、会長秘書にスカウトされた「知名」くん。
彼を選んだ理由は、
君が一番萌えたから
とのこと。
普通に嬉しいですね。
あの軽い感じで言われたら逆にどうしたら良いのか困りますが、フォローしてくれたので流れはスムーズ。
なお、こちらはお尻えっちでした。
オチが非常に良いので、お楽しみに。
こりゃ、「綾羽さん」にはずっと主導権とられるだろうなぁ。

201:「姉セーラー」
義理の弟「亮人」くんと姉「早紀子」さんのエピソード。
同じく義妹「愛里沙」のセーラー服をこっそり着たところ、「亮人くん」に見つかってしまったのでした。
まだ姉弟としてギクシャクしていた2人でしたが…というもの。
義理ではあるものの、こちらもお姉ちゃん系。
ちょうど「愛里沙」が帰宅したため、クローゼットに隠れた2人の密着プレイですね。
汗をかいてることもあり、高いエロス感でした。
オチがまたいいですね。
後引きそうだなぁ。

早見沙奈、真崎さん
※左:早見沙奈、右:真崎さん
 ちょっと後ろ姿が残念ですが、黒セーラー服でまとめました。

225:「部屋と子犬と真崎さん」
美人だけど目つきが悪く、武勇伝ばかり囁かれる「真崎」さん。
捨てられていた子犬を見つけた「小路(しょうじ)」くんがたまらずミルクを買って戻ると、そこには噂の「真崎さん」がいたのでした。
よく描かれる不良と小動物という図式からのお話。
なんのかんの彼女の部屋まで行った「小路くん」
あれは…まぁ、彼の行動のが真っ当でしょう。
こちらも黒のセーラー服がセクシーでした
しかも、センセもこだわったらしい、なかなか脱がさないプレイが実に良い感じ。
お楽しみに。
ラストページのオチが可愛かったですよ。

★その他

以上、お馴染みの「柚木N’」センセでした。
同時発売の「ぎゅっと!!お姉ちゃん」は姉モノの再収録本だそうなので。
こちらが11冊目になるのかな。
↓下に並べましたが、いちおう全て紹介できてます。
最近はちょっと変化球な漫画が続いていましたが、こちらはスタンダードなお姉ちゃんモノ。
安心して楽しめましたよ。
紹介帯によると、加筆修正は80ページ以上とのこと。
お疲れさまでした。
なお、こちらの購入を考えた方は某書店にて小冊子がつくのでオススメ。
内容は短いながらも三女「朝海さん」の漫画と表紙ラフ絵です。
わーい。

姉恋 (TENMAコミックス)姉恋 (TENMAコミックス)
(2012/04/27)
柚木N'

商品詳細を見る


★「柚木N’」センセの漫画紹介記事
10[姉・コントロール
 成年。お姉ちゃんに催眠術をかけることでトンデモ展開となる中編を収録。
9[アナザー・ワールド
 成年。なかなか重たいお尻えっちな中編漫画です。オススメ。
8[CHANGE!!
 成年。女装、性転換なネタが多く収録された作品集。
7[お姉コレ
 成年。お姉ちゃん系の多い短編集。
6[エス・カノ
 一般。5話の連続「天敵カノジョ」を収録。強い女性に弱い男性という、逆転構図なラブコメです。
5[フェチの品格
 一般。センセ初の一般向け短編集です。
4[めちゃLOVE☆
 成年。母から姉、妹など、近親系でまとまった短編集です。人妻な2人が良いですね。
3[シシュンキのアレコレ
 成年。初の連続話「ユーレイ部員」、中学生「安藤さん」の「先生、ロリコン~シリーズ」などを収録。
2[めちゃ姉!
 成年。お姉ちゃん系でまとまった短編集。ラップ越し~なんてネタもあります。
1[明るいエロス計画
 成年。初単行本。みつあみ眼鏡な優等生「柳瀬智さん」などが登場してます。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コスプレ

■ヤドカリシスターズ (ふうたまろ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメコメディー
・おまけ: あとがき、合間に4コマ。
・その他: カラー(8P)、9話(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふうたまろ」センセの「ヤドカリシスターズ」です。

ヤドカリシスターズ・ヒロインズ
※ヤドカリシスターズ・ヒロインズ
 こうしたヒロイン群です。楽しいお話でした。


■ヤドカリシスターズ (ふうたまろ)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

さて、本日は「ヤドカリシスターズ」です。
1冊まるまる続く、ストーリー長編漫画。
いわゆる一般えっち系ですが、そう直接シーンがある訳ではありません。
非常にソフトです。
ただ、女性の裸は頻繁でエロス度合いはあり、目に優しい(笑)つくり。
ヌード系ラブコメ、という感じですかね。
ついでに言えば、ラブというよりもコメディーのが強めになっています。

すっきりとした綺麗な作画。
安定した丁寧な線と、適度な描き込み・濃淡。
全体的に優れたバランスで安定していました。
漫画もメリハリあって過不足はなく、特に引っ掛かる所はありません。
よくまとまってます。
楕円な丸っこい輪郭で、各顔パーツは比較的小さめ。
ややふっくらめスタイルのキャラ絵でした。
癖はちょっとありますが、そう人は選ばないでしょう。
カラーでもそう変化はないので、判断については↓表紙・裏表紙で大丈夫。
絵柄についてはマイナス点ないですね
また、こうした単行本はカラー冒頭だけ、あるいはカラーページがないというパターンが多いんですが、今回は8ページもあって幸せでした。

★収録話 9話収録

003:第一夜◆となりの花子さん カラー原稿あり
025:第二夜◆その少女、強引につき
部屋に何らかの気配を感じていた、主人公「臼羽史高」
ある夜、トイレから出現して、トイレで消えた少女の幽霊を目撃してしまったのでした。
驚いて不動産屋に確認したところ、お姉さんが住んでいると思われた隣の部屋も空き室だったことが判明。
怯えて部屋から逃げ出した「史高」
しかし、ひょんな偶然からその正体が家賃滞納で強制退去させられていた「八王子那莉奈」・「八王子更紗」の姉妹であると知ったのです。
こっそり隠し部屋を作っていたという2人は、画学生である彼に自らモデル役をすることで部屋に住み続けようとしたのです。
大雑把にはそんな感じ。

八王子更紗
※八王子更紗
 いかにもヒロインな方でした。ひでるさんは「那莉奈ちゃん」派です。

ここの2話までがオープニング話。
簡単には紹介帯にもあったように、”美人姉妹つき”という羨ましい物件なんですが。
「史高くん」の場合は、
①こっそりなんらかの気配がした。
②少女が風呂場で姿を消した。
③お姉さんが住んでいた隣の部屋は空き部屋だった。
…そうした経緯ともともとの性格がため、当初は幽霊であると信じ込んでおります。
まぁ、特に風呂場で少女が姿を消したというのは決定的ですねー。
これは逃げ出すのも納得。

なお、1話ラストの「那莉奈ちゃん」の提案はいかにもというものなので、お楽しみに。
しかし、風呂場のアレは凄い。
この漫画は強引ではっちゃけた「那莉奈ちゃん」が面白いですね。
なお、専門学校では「野々宮香帆」さんという眼鏡ヒロインとイイ感じになってます。

045:第三夜◆IN シテ 見る
その「那莉奈ちゃん」の作戦で、「更紗さん」のお風呂を覗くというお話。
彼女の裸はちらほら見ている筈ですが、こうして見るのはまた風情違いますよねー。
オチにはびっくり。
なるほど、そうきたかー。

065:第四夜◆うしろからまえから
冒頭のツインテールなモデルさんが気になるこちら。
どうにも裸に慣れない「史高くん」に免疫つけさせるため、「那莉奈ちゃん」がまたひと作戦立てるのでした。
ぜひ代わりたいくらいの役得ですね。
ここで「史高くん」は目隠ししたりして、頑張ってやっているんですが。
そう、よくよく考えて。
コレ一般系ですから、そうした設定も当然か。

085:第五夜◆羊たちの親睦
107:第六夜◆倫理なき戦い カラー原稿あり
「更紗さん」と良い雰囲気になっていましたが、ラブラブな流れにならないのはこの漫画の特徴
「那莉奈ちゃん」のまたまたな暗躍によって、「野々宮さん」がアパートに来るという流れです。
複数でのあんなんは1話以来ですね。
そちらでは「野々宮さん」未参加でしたが、続くエピソードではついに参加しました。
わーい。
眼鏡の彼女は落ち着きある優等生タイプですが、なかなか大胆で素敵。
こうした展開は、いかにもという感じ。
しかし、まさかぱっくりするとは思いませんでした。

129:第七夜◆ミッション:○ンポ シボル
クラスメイト「羊川」によって、ピンチを迎えるというこの漫画では珍しい危機展開。
こうした際には、いままで作戦立案をしてきた「那莉奈ちゃん」が役立ちます。
そのおかげで、「更紗さん」・「野々宮さん」の百合えっちっぽいシーンが楽しめました。
あれ目前にしたらたまんないでしょう

八王子那莉奈
※八王子那莉奈
 アクティブで話の中心にいる彼女。いいキャラでした。

149:第八夜◆エロの頂点
169:最終夜◆無知との遭遇
「野々宮さん」ほか、専門学校クラスの女子らとスケッチ合宿に出るというのが8話。
なぜか誘われる「史高くん」
こうした漫画なので、当然ながら1人の男子にいろいろするという流れです。
モテモテですねー。
しかし、よく参加したなぁ。
そう、この漫画はなにげに彼の成長話にもなってます。
最終話はそう気負っておらず、けっこうあっさりとした仕上がりでした。
もうちょっと続いても良かったかなーと思いますが、これくらいがちょうど良いのかも。

★その他

そんなこんなで、毎度お馴染み「ふうたまろ」センセでした。
前巻からは1年とちょっとぶり。
こちらで8冊目になるのかな。

あとがきによると、今回は”実験的にいつもよりキャラクターの掛け合いを前面に出したつくり”だそうです。
そうですね。
結末を含め、ぱっと楽しい漫画になっていたと思います。
久しぶりにセンセの漫画を読みましたが。
いやー、お上手な方の漫画はやっぱり違う
適度なコメディーとエロスでした。
面白かったです
またこの姉妹の話が見たいなぁ。

ヤドカリシスターズ (マンサンコミックス)ヤドカリシスターズ (マンサンコミックス)
(2012/04/26)
ふうたまろ

商品詳細を見る


★「ふうたまろ」センセの漫画紹介記事  すべて一般系 【すべてオススメ】
ヌードになったら] 【特にオススメ】
 自ら脱いじゃうカメラマン「醍醐菜々美」とのアレコレ。
となりのアサミさん
 隣のはっちゃけ母親「吉原朝美」とのアレコレ。
アナよび] 【特にオススメ】
 人気現役アナウンサー「相嘗瞳」とのアレコレ。
煽情的家族
 前後編「愛・家族~僕のプライベートエンジェル」の続編。「あかりさん」も登場してアレコレ。
ボクのアダルトヴィーナス
 現役AV女優にして義母「神無月あかり」とのアレコレ。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

more...

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■ふぇちち! (宮社惣恭)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・バスト
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・作品解説、
      描き下ろし「姉妹以上姉妹未満」
・その他: 短編×10(うち「以上・未満シリーズ」×3、「淑女同盟トライアングル」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮社惣恭(みやしろ・そうすけ)」センセの「ふぇちち!」です。

桜華、日向
※左:桜華、右:日向
 もう少しこの2人のお話を見たかったなぁ。


■ふぇちち! (宮社惣恭)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

さて、本日は「ふぇちち!」です。
単行本の前後に連続話を配置した構成。
短編と中編がちょうど良いくらいの感覚で楽しめると思います。
お話としてはラブコメ
連続話になってることもあり、近親ネタが目立っていました。
控えめな方も1人いましたが、だいたい胸はまんまると大きめ。
ただ、タイトルから想像されるようなフェチっぽさは不足しているかなぁ。

しっかりとした線で、濃淡もやや濃いめ。
描き込みもあって、ページ全体は賑やかです。
目立つような乱れ・崩れなく、優れたまとまり
枠線もまたシッカリとしてました。
表現など漫画部分では特に引っ掛かる個所ありません。
安定感もあります。
キャラは幅広な輪郭のふっくら可愛らしい系統。
コメディー崩しも良く、いかにもラブコメしてます。
個人的には結構好きなタイプです。
ただ、前述したそのまま、微妙な表現についてはもう1歩な感じ。
なんと言うか…全体的にハッキリし過ぎというか。
下着とか服装も巧いには違いないんですが、質感不足な気がします
カラーでもそう変化はないので、判断には↓表紙・裏表紙で大丈夫。
あるいは「S2COMIX」にて「姉弟以上姉弟未満」が立ち読めるので、参考にどうぞ。

★収録話 10話収録

007:「姉弟以上姉弟未満」
027:「兄妹以上兄妹未満」
047:「姉妹以上姉妹未満」 描き下ろし
「水澤晴」は成績優秀で、冗談混じりであるものの”先生”と呼ばれるほど。
そんな彼の元にかけ込んできたのは、元姉の「風見桜華」だったのです。
もともとお互いに好意をもっていた2人はやがて関係してしまうんですが、それは元妹「日向」の知るところとなっていたのでした。
だいたいそんなん。

確かに”実兄”とか台詞もありますね。
いちおう、あとがきでも確認してきました。
こちらの主要キャラは、ガッツリ血縁です
義理とかなんとかではありません。
凄いですね。
それを認識してからあらためて読むと、また違った楽しみがあるかと思います(笑)
1話目は姉「桜華さん」と。
テスト結果は酷く、補習がまっているというのに…まぁ、えっちのが重要だったのでしょう。
かなりのラブラブ度合いで、こうなるのが遅過ぎな印象。
2話目はツインテールな妹「日向さん」
縞パン着用で、ちょっと強気であるなどスタンダードな感じ。
あの流れで、いちおう実妹相手だというのに、えっちを仕掛ける「晴くん」は凄い。
まぁ、もう近親えっち経験済みだからなぁ、彼。
屋上でのプレイとなっていました。
ちなみに、「日向さん」は胸小さいです。
3話目は描き下ろし。
確かにあのオチで複数ないのは片手落ちですもんね。

057:「グラップルガール・イブニング」
こちらは格闘少女「椿姫」さんと「雪彦」くん。
武骨な道着とは裏腹な大きめのリボンが可愛らしいですね。
もともと付き合っているカップルで、シチュエーションとしては久しぶりのえっち。
玄関からなだれ込むようなプレイになってます。
ここは道着えっちがセオリーだと思うんですが、着替えちゃってるのね。
組み手の相手は気付きましたよー。

花音さん
※花音さん
 キャラとしては彼女がお気に入り。

077:「ワガママで一途な女王様」
こちらは1冊目「プラトニック50/50」に収録された「ちいさくて一途なお嬢様」の続編でした。
そうか、言われてみればねぇ。
そんな訳で、小さいお姉ちゃんが出た後のお屋敷なお話です。
後始末に追われる妹「花音」さんは、なかなか気の毒。
ただ、付き人という「修司」くんがいるのは彼女にとって良いことでしょう。
ツンデレちっくな「花音さん」をお楽しみ下さい。

097:「これが私の○○○」
隣の部屋から聞こえて来る声をなにげに利用していたお兄ちゃん。
なんと、妹「朝海」さんはネット声優だったのです。
そんな訳で、声からのえっちパターンとなる近親モノ。
やや強引な気もしますが、「朝海さん」も壁にぶち当っていたので、こんなんもアリかと。
漫画で表現し辛い”声ネタ”について、技ありな1話だと思います

117:「電波的な彼女」
黒魔術趣味の「風未奈」さんと、付き合いの長い「透」くん。
さも普通の友人のように装いながら、
”特殊な彼女に付き合えるのは自分だけ”
と考えている彼。
ああ、こんなんは実際にありますねー。
ただ、あの場面で知られるならば、もっと早いタイミングであっても不思議でないかな。
人形が怖いよ。

椿姫さん、「夕陽」・「まひる」
※左:椿姫さん、右:「夕陽」・「まひる」
 連続話のうち、「トライアングル~」のがまとまっていたと思います。

137:「淑女同盟トライアングル」  前中後編
「夕陽」・「まひる」と「響」の3名は昔馴染みの間柄。
性格は違うものの昔から「響」のことが好きだった2人は”抜け駆け厳禁”という約束そのまま同時に告白をしたんですが…。
彼の返答は煮え切らないものだったのです。

こちらがもう1つの連続話。
カバー裏の”表紙没案”には、こちらの2人が。
ああ、確かに現在↓表紙のが圧倒的にいいですわね。
”抜け駆け厳禁”の設定そのまま、複数えっちです。
これはまた羨ましいなぁ。
前編に続く中編も同様で、さらに2人のキャラを掘り下げる構成。
なかなか良いですね。
また、この漫画の良いところは、こちらのオチにて結論が描かれようとしていたこと。
ドキドキしますね!
ラストの後編は、まるまるその後の3名となってます。
どんな結果となるのか、お楽しみに。

★その他

以上、「宮社惣恭」センセでした。
こちらのブログでは、初単行本「プラトニック50/50」、「ちちみこ!-淫乱処女草子-」と紹介してます。
今回のが3冊目ですね。
絵柄もお話も高い完成度であると思います。
ただ、前述しておりますが。
やっぱり…微妙なトコロをついて来るような、フェチ色が足りないかと
やや直接的過ぎるかなぁ。

ふぇちち!  (富士美コミックス)ふぇちち! (富士美コミックス)
(2012/04/25)
宮社 惣恭

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ツインテール

■終夜セクソロジー (井雲くす)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年] ラブコメ・初体験
・おまけ: あとがき、ゲストページ、カバー裏に漫画、
      カラー描き下ろし「Basement LABO 2.5」
・その他: 初単行本、カラー(8P)、短編×10
      (うち「Basement LABO」×3、「わたしのほしいもの」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井雲くす(いぐも・くす)」センセの「終夜セクソロジー」です。

助手「波海」・責任者「柚」、妹「さつき」
※左:助手「波海」・責任者「柚」、右:妹「さつき」
 この単行本は「さつきさん」だと思います。


■終夜セクソロジー (井雲くす)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

終夜、で”よすがら”って読むんですね。
毎度の如く、goo辞書で調べてみました。

 よ‐すがら【終=夜】 [副]《「すがら」は接尾語》一晩中。よもすがら。
(※goo辞書からそのまま抜粋)

プレッシャースタディーとかで出題されそうなので、覚えておきましょう。
テストに出るかな、どうかな。

1つ賢くなったところで、本日は「終夜セクソロジー」です。
収録は、連続話を2エピソードほど含んだ構成。
メインのお話はWヒロインでの複数えっちで、メインが入れ替わるというもの。
カラーの描き下ろしで、もう1話追加されてます。
もう1つは、そちらよりもややストーリーっぽい連続ものでした。

お話はラブコメ
カバー裏ほか紹介帯などあちこちに書かれていたそのまま、初えっちが多めです。
その割にえっち描写は派手目な描き方で、大きいコマ割りの迫力あるもの
枠間なくなり、重なるとか斜めとか、はみ出すだの、ぶち抜くだの、とページは賑やか。
かなりごっちゃりしてました。
ただ、デジタルな線は綺麗で乱れなく、描き込みも適度で丁寧。
濃淡は強過ぎず、弱過ぎず、色づき具合は丁度よいくらい。
正直なところ、見辛く感じる場面もありましたが、作画は良好です。

幅広めで楕円な輪郭。
横長な目と口、小さい鼻が特徴で、スタイルはむちむち傾向。
基本的には可愛らしい系統ですね。
アンダーヘアはキャラによって有無を調整している様子でした。

収録はほぼ最近の原稿。
短編5話には処女作品も含まれております。
センセが言うほどの落差ではなく、個人的にはそう問題なく読めました。
安定感はそこそこあると思います。
判断については、だいたいの感じが把握できるだろうカバーイラストか、例によって「コアマガジン」さんのHPがオススメ。

★収録話 12話収録

003:「Basement LABO 2.5」
011:「Basement LABO」
033:「Basement LABO 2」
主人公「新井悠斗」は、高収入との文言につられ、怪しげな地下室のバイトをすることとなりました。
出迎えた責任者「柚」さん、助手「波海」さんらは、
”研究をしている精子を採取させてもらいたい”
そう申し出てきたのでした。

連続話で、描き下ろしまであるメイン作品。
前述したようなWヒロインのお話になってます。
1話目は助手の「波海さん」
「悠斗くん」だけでなく彼女も初めてというのがポイントでしょう。
採取後の2人並んだ、ビミョーな気まずい空気が良い感じでした。
しかし、えっちできてお金もらえるバイトって良いですねぇ。
2話目は、いかにもエロそうな「柚さん」
昨日より少ないですね…
の2コマが好き。
いちおう「波海さん」も参加しての複数えっちになってます。
描き下ろし部分は後日談かな。
カラーの2人をお楽しみに。

057:「わたしのほしいもの」
081:「わたしのほしいもの 2」
お兄ちゃんにラブラブな妹「さつき」さん。
秘めたその想いは強く、現在では触れられるだけでメロメロになってしまうほど。
こうして兄の童貞を狙っていたところ、両親が一週間外出するというチャンスに恵まれたのでした。

兄妹の近親モノですね。
この話好き
もう瀬戸際まできている「さつきさん」
冒頭から描かれるのは彼女の激しい独りえっちなんでした。
お兄ちゃんの下着を片手にしてますね。
まるで男子のよう。
そんな訳で、いきなり実力行使に出てました。
可愛らしかった妹が、ノーパンの局部を突然押しつけて来るという流れです。
お兄ちゃんとしては…びっくりするだろうなぁ(笑)
続きはその後の「さつきさん」
意外にエロエロな日々とはなっていないんですが。
なんというか、困った妹ですね。
オチのあの様は、男性にとっておっかないです。

あやかさん
※あやかさん
 「あやかさん」です…この時点では(笑)彼女もイイですね。

105:「彼女×2!」
おっとりしてたり、小悪魔っぽかったりという、彼女「あやか」さん。
実は、「あや」・「さやか」という、双子の姉妹だったのでした。
そんな感じのWヒロインもの。
似た感じの顔が2つとなるため、あの極端なまでの性格の違いは正解。
こうしたネタの基本的な感じですね。
どーでもいいですが、「和幸」くんいいなぁ。

125:「先生って呼びなさい」
おっぱいデカイ教師「寺沢」さんの複数えっち。
前の学校で、体で保体教えてこの学校に飛ばされた~
とか冒頭で言ってましたが、ソレ本当でした(笑)
成績良い子から順番だそうです。
うん、現国がんばろう。

141:「引きこもりカウンセラー」
引きこもりの「ヒロ」くんをえっちに解決するカウンセラー「榎本はやみ」さん。
すらりとした、清潔感のある美人でした。
でも、これで引きこもり解決するというのは、ちと浅い気がしますが。

161:「俺んちの猫がこんなに可愛いわけが…ある!」
発情期の飼い猫「ハルちゃん」が人間化する、猫耳ヒロインなお話。
個人的には普段の冷静そうな顔が好きなんですが。
ファンタジーで、なんでもありとはいえ、オチがよくわかんないですね。

181:「あたしの勝ち!」
あとがきによると、こちらが完全に処女作品なのだとか。
さすがに作画はもっさりしてましたが、修正もあり、そう気になるほどではありませんでした。個人的には。
しばしば対立をしている幼馴染み「ゆみ」・「えーじ」のお話。
揉めてるコマがいいですね。

カウンセラー「榎本はやみ」、ゆみさん
※左:カウンセラー「榎本はやみ」、右:ゆみさん
 比較用です。そう極端な差ではないと思います。

★その他

以上、「井雲くす」センセでした。
これまた初単行本ですね。
収録に処女作品があったり、まだ成年漫画歴は長くないようでしたが。
1冊目は非常に高い完成度でした。
むちむちしてるヒロインが、ぱっと可愛らしくて良いですね。
やっぱり↓表紙を飾っているだけ、妹さんのお話かなー。
2冊目も期待しております。

終夜セクソロジー (メガストアコミックスシリーズ No. 340)終夜セクソロジー (メガストアコミックスシリーズ No. 340)
(2012/03/31)
井雲くす

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ アンダーヘア ファンタジー

■先生といっしょ (シャチカマボコ)

★まんがデーター [10/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・ロリ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(6P)、短編×11(うち「先生といっしょ」×4)
           
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シャチカマボコ」センセの「先生といっしょ」です。

三重都子
※三重都子
 2人のうち、キャラ的には彼女だと思います。


■先生といっしょ (シャチカマボコ)


★構成・概要 成年ラブコメ

さて、本日は「先生といっしょ」です。
表題が連続話となっており、メインという位置づけ。
そのため、↓表紙もそちらからの絵柄となっていました。

…なっているんですが。
その印象だと、単行本はロリ系でまとまっているように思うかもしれません。
ただし、実際のところ収録はそっち系ではありませんでした
茜新社」さんですが、くくりLOではないのよ。
ここがもったいない
妹とか年下も顔を見せていて、比率多めには違いないものの。
ばっかでなかったですからねー。
(※個人的にお気に入りなのはお姉ちゃん)
第一印象で人を選んでしまいそうな気がして。
収録はそのメインシリーズと、短編での構成です。

★収録話 12話収録

005:「先生といっしょ EX」 カラー原稿あり
011:「先生といっしょ vol.1」
035:「先生といっしょ vol.2」
059:「先生といっしょ vol.3」
こちらが表題となっている、メインシリーズです。
女生徒だけの小学校教師となった、主人公「岡川正輝」
実はロリ趣味な彼には最高の環境でしたが、その中の生徒「三重都子」は”オマンコ係”という、耳を疑うようなことを言ったのでした。

そのネタでの一点突破ですねー
”教育者が犯罪者とならないよう、女生徒が性欲処理を行う”
…だって。
いちおう授業中(※正確にはHRかな)に、女の子が「オマンコ係」とか言う光景を見てみたいですねー。
うむむ。
コレでいいような、そうでないような。
手慣れており、事はスムーズでした。

2話目はロリ巨乳な「冬木真由」ちゃん。
先の「都子ちゃん」がある程度事務的だったのに対し、彼女は一目惚れなためラブラブ。
巨乳を気にしてる(胸は小さい方が好きだろうという考えね)のがキュートです。
やたら量ある髪の毛とか胸とか、好き嫌い分かれそうだなぁ。
そんなこんなで3話目は複数。
両極端なWヒロインをお楽しみ下さい。
また、冒頭のカラー原稿は、卒業式。
中学の制服を見せに来た2人とのえっちでした。
うん、「真由ちゃん」はブレザーだし、いいとこの学校かなー、とか想像したりして。

083:「低周波少女」
昔馴染みな「和彦」くん・「灯(あかり)」ちゃんのお話。
ポニーテールが可愛いですね。
タイトルは、えっちの切っ掛けが低周波マッサージ機器であるため。
素直になれないという彼女でしたが、まー大胆なことしてました。
また、それ以上に特徴的だったのが、「和彦くん」ですね。
穏やかそうな顔していながら、なかなかいじわるでしたよ。

灯ちゃん、妹「るかちゃん」
※左:灯ちゃん、右:妹「るかちゃん」
 「るかちゃん」も容姿的に目立ってます。

105:「だすとせっくす」
ゴミ箱が女の子になったという、ファンタジーちっくなエピソード。
オナ禁をした彼を心配して実体化したらしく、即えっちです。
ぶっちゃけ、お話としてはそう目立つ感じではなかったんですが。
オチページに笑ってしまいました
あ、ソレがためなんかいい感じに(笑)

127:「るかぱん」
妹「るか」ちゃんと、ちょっと変態ちっくなお兄ちゃんのカップル。
サイドテールとか服装とか、ファッショナブルでキャラが強め。
三角目っぽい目もいい感じ。
後にもう1人登場してますが、センセはこうしたキャラが良いと思います。
お話はお兄ちゃんに下着を汚される彼女が、直接してあげるというもの。
…いや、ダメだろ。
お兄ちゃんも嬉々としないように。
この流れであのオチはちょっと可笑しい。

149:「アネコミ」
お姉ちゃん「美空」さんのえっちを覗いてしまった、弟「大地」くん。
それ以後、姉の寝込みを襲うようになった、というお話。
まぁ、口に直接出していたので。
気付かない方がどうかしてるでしょ。
ネタばらしの際に、「美空さん」がどういうリアクションを取るのかご期待下さい。

173:「マネコン」
よくありがちな、運動部マネージャーがえっちの面倒も見てくれるというもの。
Wヒロインとなっていて、先輩「美咲」さんが身をもって新人マネ「涼香」を指導するのでした。
複数えっちです。
試合に勝ったご褒美とのことで、家庭教師モノなどの定番な設定。
まぁ、男子としては頑張るでしょう。
驚きつつも、「ちょっとだけなら…」とか、「涼香さん」は素質十分。
ちょっとで済む訳ないですわね。

197:「ちゅーにんぐ」
双子の姉はいわゆる中二病で、弟「聡」にべったりなのでした。
こちらが裏表紙を飾っているお姉ちゃんです。
うん、今回の収録はコレでしょう
簡単には、近親ラブコメの変化球タイプ。
やたら髪長く、三角目で包帯ぐるぐるな彼女は、もうビジュアル的に正解ですね。
闇の力がどうこう言っているものの、そう細々と練られていないようで。
わたわたした姿がキュートでした。
とかくキャラが強くて印象に残るので、この1話だけというのは勿体ないと思います。

217:「わたしのだんなさま」
許嫁である「椿」さんとのお話。
大きな屋敷で1人遊んでいた彼女の相手をしていたところ、主人公は許嫁に指名されたんですが。
実際のところ、彼はやや苦手にしていたのでした。
中学か、高校かという年齢ですが、いちおう年下。
依存度と独占欲が高く、やや病的な雰囲気すらもある「椿さん」
美人ですが、なんだか命がけな感じ。
面白いですね。
お屋敷とかなんとかの設定を細かくしても良さそう。

双子の姉、許嫁「椿さん」
※左:双子の姉、右:許嫁「椿さん」
 ひでるさん的にオススメなのがこちらの2人。
        
★絵柄

デジタルな細線の絵柄。
全体的に色づきは弱いものの、各所の黒が目立っておりました。
描き込みはどちらかというとあっさり目。
コマも割りもそう細々とはしておらず、キャラも大きく描かれている印象です。

幅広く丸めな輪郭で、目は横長。
三角目もちらほらあり、ぐりぐりと塗られている印象でした。
漫画っぽく可愛らしいものです。
バランスとしては頭大きく、体は華奢でロリちっく。
このあたりの癖が好みを分けそうですね
個人的にはどっちこっちな感覚でした。
もう少し丁寧さなり、安定感が欲しいかなー。

判断については、サンプルが多かった「DMM」さんがベストだと思います。
↓表紙だけで判断するのはちともったいないかと。

★その他

そんなこんなで「シャチカマボコ」センセでした。
こちらが3冊目。
ブログでは「月と太陽」、「会長のいいなり!」と、ひととおり紹介していまし
た。

そうですね。
それぞれ見てきた総括として。
ロリで勝負するよりも、独特なお姉さんキャラがいいのではないかなー、って思いました。
とりあえず、先のお姉ちゃんが見たいなぁ。

先生といっしょ (TENMAコミックス)先生といっしょ (TENMAコミックス)
(2012/03/23)
シャチカマボコ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : サイドテール ラブコメ ファンタジー ポニーテール

■総合タワーリシチ (あらた伊里)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [百合] コメディーラブコメ
・おまけ: あとがき漫画、カバー裏に別絵・漫画、
       描き下ろし漫画、合間にネタ絵。
・その他: 9話収録、現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あらた伊里(あらたいり)」センセの「総合タワーリシチ 1巻」です。

ちゃらんぽらんズ
※ちゃらんぽらんズ
 この漫画のコメディー部分ですね。


■総合タワーリシチ 1巻 (あらた伊里)


★構成・絵柄 百合コメディー

さて、本日は「総合タワーリシチ 1巻」です。
面白いですね
こちらは「つぼみ」系の百合コメディー漫画なんですが、「百合姫コミックス」の人気漫画「ゆるゆり」と双璧みたいな印象
ぶっちゃけ、個人的にはこちらの「総合タワーリシチ」のが好みです。
なんというか、キャラとかネタとか。
ただ、百合っぽいのはあちらなんですけどね。

そんな訳で「総合タワーリシチ」はコメディー・ストーリーな漫画。
この1巻は入学式から、各主要キャラがひと揃いするまで。
だいたい各話はそれで完結しており、そうガッチリしたストーリーではありません。
ある程度のはっちゃけ感があり、なんらかより引用したネタもちらほら。
そうした細かいものが理解できた方がより楽しめると思います。

しっかりとした柔らかな線での絵柄。
濃淡・描き込みは適度なくらい。
どっちかというと色は薄め。
そこそこの白比率があり、スッキリとした見易いものです。
しっかり描かれると、背景や小物もお上手。
そうした基本がしっかりしているため、コメディー崩しもお上手。
違和感ありません。
漫画も巧く、お話が進むにつれてガチャガチャとしていたものの、分かり辛い、見辛いところはありませんでした。

判断については、↓表紙・裏表紙をそのまま信じて大丈夫。
あるいは、「つぼみ」HPのWEBコミックスでは、単行本に収録されていないショートエピソードが見れるのでお得。
買った方も、これから方も楽しめると思います。

★収録話 9話収録

もともとの要領の良さと負けず嫌いな性格から、中学生時代は成績優秀の優等生であった「霧上神奈」
しかし、今川高校へと進学した彼女は、体育では「時任都」に、美術では「日下部ちはや」に、家庭科では「穂高暁」に、音楽では「小間物屋(こまものや)リカ」に…と、クラスで最もちゃらんぽらんに見えた4名に敗北。
また、頼みとしていた勉学でも、隣に座っていた「羽座岡悠」に敗れてしまうのでした。
こうして、「神奈」は自分が”井の中の蛙”であったことを知ったのです。

霧上神奈・羽座岡悠
※霧上神奈・羽座岡悠
 この娘ら2人にすると、百合っぽくなる印象。

003:第1話
進学と共に自信がグラつくというのは…結構覚えある人いるのではないかなぁ。
世界は広いですよね。
紹介文言にあった”努力型優等生”はその通り。
もともと「神奈さん」は頑張っており、トップとなることに快感を得ていたような娘なので、よりつらいと思います。
まぁ、がんばれ
そうした彼女が、ぼーっとした、可愛らしい「悠さん」にあーした行動を取るのは当然でしょう。
なかなか良いことを言ってましたよ。

027:お休み【その1】
1コマ描かれていた、”ちゃらんぽらんズ”がなぜびしょ濡れであったか、という外伝話。
かなりのカオスっぷりですね。
彼女らがいなければ、あるいはもう少し百合テイスト強めになるかもしれないんですが…。

037:第2話
そんな訳で1話からの続きはこちら。
食堂にて「悠さん」と鉢合わせ、またテストで赤点を取った”ちゃらんぽらんズ”とも関係ができるエピソード。
このあたりから、「神奈さん」が突っ込みキャラになっています。
なにしろ、他のヒロインらはボケ倒してますので。
それぞれの個性が発揮されて可笑しいですが、後半は百合漫画っぽくなっていました。
ここでの「悠さん」に注目。

063:第3話
こちらは「悠さん」との続き、さらには体育会系な「都さん」とのエピソード。
前回でも1人成績良かったですし、なにげに「都さん」は”ちゃらんぽらんズ”の4人では最もマトモな娘さん。
色々悩んでいた「神奈さん」にも唯一気付いてましたし、げんなりしていた彼女のやる気をくすぐったりしてます。
ここも百合漫画してましたよー。
最後尾の4名の描写が好き。

089:第4話
こちらは前話オチから直接続くお話。
まぁ、「神奈さん」はややこしい娘さんですね。
「悠さん」を筆頭に、皆さんともすっかり打ち解けておりました。
その後のネタ絵がまた良かったです。

107:お休み【その2】
こちらは”ちゃらんぽらんズ”のうち、「ちはやさん」にスポットを当てたお話。
4話にて、
このバベルがぁーっ!!!
と言われていた理由について描かれてます。
ああ、こういう娘さんいるよねー。

121:お休み【その3】
こちらは”ちゃらんぽらんズ”のうち、何かと出番少なめな「リカさん」のお話。
苦手なものばかりでした。
生きづらそうだなぁ。
あの濃いい連中の中にて、すっかり一員みたいな「神奈さん」に注目。

「時任都」と”ちゃらんぽらんズ”
※「時任都」と”ちゃらんぽらんズ”
 でもやっぱり6名揃うのが面白いなー。

129:お休み【4コマ】
そんな訳で、それぞれの個性が発揮されてる4コマです。
ああ、このタイプでも良い感じ。

133:描き下ろし
ここは「神奈さん」と「悠さん」の基本カップルです。
収録中でもっとも百合漫画してるかも。
やっぱりこの2人ですね。
次の巻ではもう少し進展するのかな。

★その他

そんなこんなで「あらた伊里」センセでした。
面白かったです。
ブログを書いてて気付きました。
カバー裏の漫画は、ちゃんと裏表紙からの続きになっているんですねー。
「ちはやさん」は気の毒。
なお、↓表紙の「悠さん」はうまい感じに紹介帯で隠されていたため、パンチラかと思いましたが。
…ちゃんとスカートの裾を折って座ってました。
残念。
まぁ、当然か。

総合タワーリシチ (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)総合タワーリシチ (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
(2012/04/12)
あらた 伊里

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ 百合姫コミックス パンチラ 百合漫画

■それはキモチいい・女の子のひみつの宴 (オガタガタロー)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメコメディー
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、
      描き下ろし「みちざね様、祭りを催す」
・その他: 短編×10(うち「みちざね様降臨する!」×6)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「オガタガタロー」センセの「それはキモチいい・女の子のひみつの宴」です。

苗穂ちゃん、鈴音麻衣子
※左:苗穂ちゃん、右:鈴音麻衣子
 ヒロインはだいたいこうしたキュートなバランスです。


■それはキモチいい・女の子のひみつの宴 (オガタガタロー)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

さて、本日は「それはキモチいい・女の子のひみつの宴」です。
収録の大半は連続話というこの1冊。
ぱっ、ともくじを確認した瞬間に。
”なるほど↓表紙のメガネな娘さんの連続話か”
そう判断したんですが…。
違いました。

描き下ろしを含めたメインが6話ほど。
同キャラの単発エピソードが続いたのち、連続での最終エピソードに繋がってます。
後述しますが、ヒロインの癖があるので、人を選ぶかもしれません。
まぁ、他ヒロインも同様で、丸い輪郭に大きい目で、小さくぷにぷにとした風情。
ロリ傾向の可愛らしいキャラ絵であるため、好き・嫌いが分かれそうですね。

ジャンルは他短編も含めてラブコメ
ラブもコメも強いです
そうした描写・表現に問題はなく、漫画はお上手。
キャラもよく動いてました。
かなりデフォルメあるバランスに違和感なければ、他作画は良好。
安定した線で濃淡・描き込みは適度なくらい。
枠間なくなること多く、ややごっちゃり目ですかね。

判断については、たっぷりとサンプル原稿のある「ヒット出版社」さんのサイトが良いでしょう。
あるいはカラーでもさして変化ないので、↓表紙・裏表紙でもいいかと。

★収録話 10話収録

003:「捨てる神あれば拾う少女あり」
東京に出たものの定職につけず、何かと苦戦している主人公「裕二」
帰省した彼し、姪「苗穂」は以前と変わらぬように接してくるのでした。
追い詰められていた彼は…というもの。

前半に彼女を押し倒してから、我に返るまで約14ページ
ううむ、時間かかったなぁ
ヒロイン「苗穂ちゃん」はツインテールでふりふりとした衣装の可愛らしい娘さん。
やや情けない彼がため、よりキュートさが際立っていました。
オチも彼女らしくて良かったです。

ひでるさんは冒頭の犬が好き。

まよちゃん
※まよちゃん
 今回収録はこのお話だと思います。良かったです。

023:「地球は確かに青かったが、彼らにそれを見て感激する余裕はなかった。」
長いタイトルですが、連続話ヒロインを差し置いて↓表紙をゲットしたのがこちらの「まよ」ちゃん。
漫画原稿を宇宙人が仕上げているという、シュールな冒頭
調査のため、何名かの地球人をUFOまで連れてきたはいいものの、締め切り間近であった「まよちゃん」の勢いに押され、宇宙人を含めた全員で仕上げをすることとなってしまったのでした。
キャラも展開も個性的で楽しい1話。
連続話は別モノでしたが、個人的に収録でのお気に入りはコチラでした。
まぁ、ネタは一発モノですけどね。
メインはメイド姿の「ことり」さんも参加する複数えっち。
ある程度の野暮ったさ(笑)と、むちむちしたスタイルが良い感じ
ただ、面白いのはやっぱり漫画を手伝わせるまでの部分かな。

047:「見られて見せて魅せられて」
こちらは陸上部というヒロイン「鈴音麻衣子」とロッカーに閉じ込められるというネタがメイン。
童顔なわりに、まー巨乳なんですねー。
”皆に誘われて仕方なく覗きに参加した”、みたいに言ってた「山本」くん。
それって本当かなぁ。
ここでは「麻衣子ちゃん」のが積極的で、うまいこと誤魔化してくれていましたけれど。

067:「それは二人だけの秘密のつながり」
こちらは姉弟の近親ネタ。
部屋の狭さも手伝って、姉「紗絵」と関係していた弟「真」
しかし、最後の一線だけは越えていなかったのです。
お姉ちゃん、思わず引っぱたいたりしてますね。
そんな2人がふとした切っ掛けで直接えっちに至るんですが。
やや強引かなー。
どうかなー。
ただ、このお話はオチ後の方が気になりますよ。

087:「みちざね様降臨する!」
こちらが収録の半分以上ほどを占める連続話です。
主人公「田部正臣」が朝起きると、その横で女の子が寝ておりました。
彼女は自らを平安時代の神童「菅原道真」だと名乗ったのです。

そんな訳で、幼女の姿にて現代に蘇った「みちざね様」のお話。
ショートカットのロリロリとした娘さん。
いちおう中身は「道真」であるみたい。
幼女姿のオッサンと考えるとなかなか気味悪いですが、キャラとしては普通。
(色々と癖は強めですが)
現代のオヤジでないということもあるかと思います。
博多弁なのかな、方言喋りが可愛らしいです。い

087:其の一「みちざね様、女体の神秘を知る」」
いきなり横で寝てた、みたいな冒頭話。
細かい描写とかなんとかはすっ飛ばされてました。
まぁ、特にいらないか。
当然ながらえっち展開になるんですが、あのちんちくりんな「みちざね様」にいきなりえっちを仕掛ける「正臣くん」
ロリ趣味とは言ってましたが…ちょっと危険な子ね
犯罪のにおいがしてきそう。

107:其の弐「みちざね様、出歯亀をする」
こちらは昔馴染みな「ひばり」さんからのえっち展開。
すっかり学校の人気者となった「みちざね様」は悩み相談をされており、彼女もそれを切っ掛けとしていました。
「ひばりさん」は巨乳キャラなんですね。
残念!
ただし、切っ掛けは「正臣くん」の何気ない一言から。
ううむ、それはまた気の毒ですね。

127:其の三「みちざね様、やりすぎる」
こちらはツインテールの「大江春子」さん。
彼女は「みちざね様」にラブラブなんですね。
それを息苦しく感じ、「正臣くん」をダシにしたのでした。
「みちざね様」がなかなか強引で、お話的に面白いです。
どーでもいいですが、「正臣くん」は1話の時と比べてすっかりやりちんになっちゃいましたね。
まぁ、「春子さん」はロリロリしてますが。

147:其の四「黒いみちざね様」
167:最終話「みちざね様、宴のあとのススメ」
ヒロインが総出演し、複数えっちに至る最終エピソード。
タイトルそのまま「みちざね様」にそっくりな、裏キャラみたいなのが登場・対立するというもの。
その正体は秘密ね。
よくよく見てみると。
ヒロイン「みちざね様」は1話以降はほぼえっちに関わっておらず、久々にその痴態が見れます。
ここの周囲を取り囲まれるプレイは…結構良いですね(笑)

姉「紗絵」、みちざね様
※左:姉「紗絵」、右:みちざね様
 もう少し「みちざね様」をピックアップしても良かったかな。

203:おまけ「みちざね様、祭りを催す」 描き下ろし
たぶんこちらが描き下ろしかと。
ドラえもんのお話にあったような雰囲気で、各地の「みちざね様」がずらーっと登場しておりました。
うわ、結構このパターン面白い。
もう少し個性をはっきりさせれば、このネタでまた同じくらいの話数で漫画描けそう。

★その他

そんなこんなで「オガタガタロー」センセでした。
ブログでは「はにーとらっぷ!」を紹介してますね。
これが3冊目になるのかな。
収録のメインは”みちざね様”なんですが、担当は裏表紙。
まぁ、それも仕方ないかなー。
可愛いには違いないものの、もっと女の子っぽいキャラにもできた筈。
当初は長く続ける考えだったようですし。
それをあーしたバランスにしたのは、逆に凄いことと思います。
ただ、↓表紙は…やっぱり無理か。

それはキモチいい・女の子のひみつの宴 (セラフィンコミックス)それはキモチいい・女の子のひみつの宴 (セラフィンコミックス)
(2012/04/13)
オガタ ガタロー

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール ショートカット

■好女凌辱あはン (さいだ一明)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] えっち女性・複数
・おまけ: あとがき、カバー裏に「イラスト&フリートークコーナー」
・その他: カラー(24P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さいだ一明(さいだ・かずあき)」センセの「好女凌辱あはン」です。

円香さん
※円香さん
 やっぱりアダルトな女性は黒ですよね。
 

■好女凌辱あはン (さいだ一明)


★構成・絵柄 えっち女性 成年

本日は「好女凌辱あはン」です。
変なタイトルですね。
えっちな女性による、ちょっと振り切れ度合いの強いお話群。
だいたい↓表紙の雰囲気そのままですね。
色々なパターンがあり、単にエロいだけとか、派手なだけとかでないのが特徴です。
各話ちょっと漫画っぽいかな。
ハードさもそこそこあり、人を選ぶお話群だと思います

登場ヒロインらは比較的年齢高め。
キャラの描き方もアダルト傾向になっていました。
たまに若い娘さんも顔を見せているんですが、やっぱりそっちのがいいかなぁ。
描き込み・濃淡は適度なくらい。
全体ではやや濃いめな作画。
目立つような乱れなく、安定しています。
ただ、アダルトっぽく描いているがためか、バランスが微妙に見える個所がありました。
重箱の隅程度ですけどね。
少しごっちゃりしていたものの、漫画として特に引っ掛かる部分なく。
お話・ジャンル的に人は選ぶかもしれませんが、絵柄についてはそう問題ないでしょう。
判断には、「エンジェル出版」さんのHPサンプルが良いです。

★収録話 11話収録

003:「同窓性」 カラー原稿あり
学生時代に彼氏「天宮」の友人らに呼び出され、複数えっちをされてしまった「円香」さん。
その後、めでたく彼と結婚に至ったものの、当時の事件は伏せたままにしていたのです。
そんな矢先、「円香さん」だけに同窓会を知らせる手紙が届いたのでした。
ややネトラレちっくな作品。
そんな呼び出しに1人でノコノコ応じるというのは。
確かに、なんらか期待してる証拠みたいなものかもしれませんねー。
学生時代のカラー原稿部分から成長が見える、本編の黒下着がセクシーでした。
オチ付近はトンデモない事となってましたよ。

雅音さん、伊武さん
※左:雅音さん、右:伊武さん
 「伊武さん」のネタは好きな系統なんですが…。

027:「黒喪の女」
高倉グループを引き継いだばかりの「高倉俊夫」が交通事故で死亡。
本家の相続権はその夫人「雅音」にゆだねられたんですが…という、タイトルそのままのAVみたいな展開。
さらにもうプラスがあり、複数えっちになっていました。
いかにも成年漫画という、現実味のない話。
ううむ、業績は上がったらしいので、真面目にやってた「俊夫くん」が気の毒ですよ。
ただ、やっぱりこうしたお話の未亡人は貞淑な方のが盛り上がりますわね。

047:「ボディセラピー」
こちらはエロい看護師「雪野」さんのお話。
原因不明の性的疾患で、
”健康優良な男性との性行為が治療に効果的”
なんだとか。
女医「冴木」先生もいいなぁ、とか思っていたら、彼女も同じ症候群だったのです。
まぁ、適当な理由をょ無理やりつけてえろい事してるだけですね。
美人ナース・女医とのアレコレで、普通は羨ましく思うところなんですが。
オチ部分とか、そう感じさせないのが凄い。

067:「堕天使の楽園」
公安局の凄腕「伊武」さんが、悦原グループの令嬢「マリア」の救出作戦にて、意外な形で捕縛されてしまう流れ。
コレどうなるのかなーと思いましたが、そのまま終わっちゃうのね。
設定説明もそこそこある1話完結短編なので仕方ないとは思いますが。
いちおう強い設定の彼女が、あっさり陥落してしまったように見えました。

087:「さいくりん」 カラー原稿
095:「ALUMNA」 カラー原稿
どちらもカラー8ページというショート漫画。
前者はサイクリングに出掛けたカップルが野外えっちをするというもの。
サドルが卑猥ですね。
あの自転車は…ヤダなぁ。
モデルは自分のモノらしいですが、それを想像するとこれまた恥ずかしいですね。
後者は生徒会の会長「麗(うるは)」・「伊織」のカップルが複数えっちに発展するもの。
まとめ上げる方法として最も効力があるの…
とか言ってました。
ああ、そうかもしれませんねぇ。

103:「円満」 カラー原稿あり
母を性玩具のように扱い、家出をさせた父に嫌気を感じていた、子「悠也」
数年後に彼が再婚したのは、初恋の相手「あゆみ」先生だったのです。
優しい彼女が同じ目に遭うとその身を案じた「悠也」は…というもの。
危機感を持つ彼が結果似たようなことを考えているというのは、育った環境か、あるいは血かな。
そのうち、そっくりになったゃうぞ。
こちらの話のエグい点は、回想イメージで描かれていた「あゆみ先生」の本性がトンデモであったこと。
「悠也くん」にとって、良かったのか、悪かったのか。

127:「個人補習」
補習に「永井」くんを呼び出した教師「葉月」さんのえっちな特別授業モノ。
こちらの先生が↓表紙ですね。
前半にあった、やや振れ過ぎな展開と比べるとだいぶ落ち着きますね。

147:「アダルトガーデン」
ショタコンな保育士「坂巻」さんは、こっそり園児ら相手に欲望を満たしていたんですが…。
そうした行為は、実は園長に知られていたのでした。
ああ、確かにこの現代では監視カメラとかありそうですね。
メインは複数えっちになります。

167:「箱の中の女神」
オフィス短編ですね。
部長につく「悠木」さんを奪った「牧村」が、それに取ってかわるというもの。
話としては分からんでもないですが。
彼女のナニがそれだけ凄いのだか良く分からず、いかにも漫画という印象
別に悪いとも言いませんが、へー、という冷めた感想です。

教師「葉月さん」、静奈ちゃん
※左:教師「葉月さん」、右:静奈ちゃん
 比較用です。やっぱり右ではないかと思うんです。

187:「otanaごっこ」
母親の不倫に憧れる娘「静奈」ちゃん。
許嫁という「タケシ」を横目に、「伸夫」くんにえっちを仕掛けるのでした。
そこそこ発育も良かったので、小学生の高学年くらい?
そしたら、こんなんあり得るかも。
若いのに昔のAVみたいなベタ展開をして遊んでいました。
これはオチがまた見どころですかねー。

★その他

そんなこんなで、本日は「さいだ一明」センセでした。
これが6冊目。
↓下にずらーっと並べましたが、いちおうセンセの漫画は全て追っかけてます。
いままで発売されているうち、かなり趣の違う↓表紙。
一瞬分かんなかったですよ。
あとがきによると、”アダルティなエロ話”にあえて挑戦をされたようでした。
漫画家さんも大変ですね。
まぁ、お得意だろう方面はまったく問題ないので、それも良いと思います。
ただ…個人的には、やっぱりいつもののがいいなぁ。

好女凌辱あはン (エンジェルコミックス)好女凌辱あはン (エンジェルコミックス)
(2012/04/17)
さいだ 一明

商品詳細を見る



★「さいだ一明」センセの漫画紹介記事  すべて成年系
ぱっつん×2
 ニーソリストの冠をもつ、センセのフェチ色たっぷりな初単行本。
くいこみゅニケーション
 全ヒロインがニーソ着用。お嬢さまっぽい「古賀あゆみ」さんが登場。
ぱいぱいん」 【オススメ】
 シマシマ日焼け跡な「麻衣奈ちゃん」のカラーページが必見!!
Virgin Hunt ばーじんはんと」 【オススメ】
 センセの最高傑作というべき、1冊まるまるの長編漫画。
にくよくかのじょ
 初・コアマガジンのバラエティ豊かな作品集。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ショタコン

■ばにらえっせんす (前島龍)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ブラック・ロリ
・おまけ: あとがき、ゲストページ。
・その他: 小ポスター、カラー(8P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「前島龍(まえしま・りょう)」センセの「ばにらえっせんす」です。

このは、委員長「佐々野紗枝」
※左:このは、右:委員長「佐々野紗枝」
 「このはちゃん」の不安感が伝わってきますね。
 

■ばにらえっせんす (前島龍)


★構成・絵柄 ロリ系 成年ブラック

さて、本日は「ばにらえっせんす」です。
これはジャンル違いに注意、な単行本ですね。
平仮名の可愛らしいタイトルと、元気そうなロリ少女の↓表紙。
後述しますが、過去のイメージもあって、何の疑いもなく手にしましたが。

コレ、実は”超★ブラック系統”というべき単行本でした。

1つの例外もなく、徹底的にヒロインが色々され、堕とされていく、みたいな作品集。
救いがありません。
あとがきには、「人によって受け付けないもの」と書かれていたそのまま、読み手を選ぶものです。
ご注意ください。

ちなみにひでるさんは、その”受け付けない人”です。
読んでて、しんどかった。
そんな訳で、一気に読んだんですが…テンションはだだ下がるので、タイミングを間違えると危険よ。

収録は全て短編。
ロリ系の凌辱ネタで、救いない展開が基本です。
登場するヒロインらもただ可愛らしいだけでなく、黒い一面を持っているのが特徴。
そんなんも粉々に打ち砕かれていましたが…。

収録時期は10から12年とそう開いてはいないものの、各話で若干の差が。
やや不安定な感じでした。
こざっぱりとした線と描き込み具合。
濃淡はどちらかというと淡い感じです。
ジャンルがためか、盛り上がる部分などは特に擬音が乱れ飛び、ページはごっちゃりとして賑やか。
画面半分くらいの中ゴマが効果的でした。
ロリ系統なキャラ絵で、丸い輪郭が特徴。
可愛らしく描かれているだけ、お話との兼ね合いで悲劇度が増しています。
小物や背景、引き絵に軽い部分がちらほらあり、個人的に引っ掛かりました。
ただ、普通に読むにはそう大きな問題はなく、漫画も良好です。

判断については、「コアマガジン」さんのサンプル絵がいいでしょう。
あるいは、店頭の場合は裏表紙と見易いカット絵の紹介帯がオススメ。

★収録話 11話収録

007:「Reuse」 カラー原稿あり
カラー原稿部分は、「このは」・「マサキ」のラブラブな描写なんですが。
本編では、”他男子らとのえっちを見せて欲しい”とお願いするもの。
複数えっちですわね。
実際のところ。
そんなんが好きな方もいるんですが、「マサキくん」は完全に違いますわね。
後半の一言がまた心をエグってきますよ。

市井さん
※市井さん
 ヒロインは皆さん可愛いんですが…。

025:「プチ援希望JS6」
いわゆる”オヤジ狩り”を仲間と共にしていた「理恵」ちゃん。
しかし、次のターゲットは以前カモにした男性で、仕返しする機会を狙っていたのでした。
これは自業自得かな。
まぁ、エロい目的で近づいてる男性も良くはないのだけれど。

041:「JKホ別生中OK3」
実は前話とちょっとだけ繋がりのあるこちら。
援助交際サイトに友人に言われたそのままを真似して書き込んだところ…トンデモないこととなるのでした。
タイトルが書き込んだ内容ね。
意味よく分かりませんが、分からんまま書いちゃーダメよ。
まぁ、こうしたのは危険があるよ、ということでしょう。

057:「補習授業」
体育教師と生徒「市井」さん。
大人しい彼女に付け入る形でのえっち展開です。
彼女的にはなんの落ち度もなく、ただ気の毒。
ちょっとですが、オチで仕返しできたかな。

075:「また明日」 カラー原稿あり
こちらも教師・生徒のカップルです。
ヒロイン「瀬尾環」さんは元気な娘さんで、教師もどちらかと言うと人気ありそうなタイプ。
…なんですが。
催眠術えっちですね
お話としては、「「独蛾/月吉ヒロキ」」な感覚でした。
こんなん繰り返してると、そのうち壊れるぞ。

091:「嘘から出た実」
またまた教師・生徒のお話。
既に学級崩壊しており、委員長「佐々野紗枝」さんが、またさらに追い打ちをかけているような状況。
教師「坂田」には親身に相談に乗っている、同僚「横山」がいたんですが…。
なんだか、登場人物まるでダメな感じ。
崩壊するクラスをほおっている教師「坂田」、生徒を扇動する「紗枝さん」は無論のこと、あの状況を多少なりとも見知っているだろう「横山さん」も極端。
生徒の言うことをあっさり鵜呑みにして、なんの裏も取らないのは。
教師うんぬんより、人間としてどうかと思う。
ただ、それで実行しちゃーダメだろ。

111:「ポイ捨て調教」
生徒「下川かなた」さんと教師という、これまた学園でのエピソードです。
既に関係しており、お話としてはその末期頃
そんな訳で、あーしたタイトルになるんですね。
過去描写ではあんだけ強気だったのになぁ。

127:「ズル休み」
偽って学校を休み、「ご主人様」を待つという「天音」さん。
冒頭ではあんなにラブラブした雰囲気であるのに、後半からオチ部分までに急転直下しております。
うわー、これはまた極端に酷い
収録でもトップクラスではないでしょうか。
後味わるーく読み終わるでしょう。

145:「好き好き愛してる」
帰宅した姉「千鳥」さんは、彼氏「次郎」くんを連れていました。
お姉ちゃん好きな妹「小鳥」ちゃんは…と、こちらはしたたかで怖いロリ少女なお話。
先の「嘘から出た実」とは違い、「小鳥ちゃん」の言葉を鵜呑みにするのは当然でしょう。
(まぁ、これは直接現場をシッカリ目撃されているんですが)
また男は都合良く解釈するだろからなー。

天音さん、妹「瑠璃ちゃん」
※左:天音さん、右:妹「瑠璃ちゃん」
 同じようなアングルになっちゃいました。

161:「生意気な妹に…」
177:「瑠璃ちゃんのおもちゃ」
これらは兄妹の近親ネタです。
前者は妹「梢」ちゃん。
ニートな兄の独りえっち現場にはち合わせてしまうのでした。
まぁ、どっちもあーいう育て方をした親がいけないかな。
後者は妹「瑠璃」ちゃん。
そちらと違い、お兄ちゃんとはえっち関係。
いままで援交~なんて台詞もあり、どうやらお手の物であったみたい。
かなり酷い言葉使いで、あーした黒い部分はたぶん周囲に見せてないだろうところが恐ろしいです。

★その他

以上、「前島龍」センセでした。
ブログでは、初単行本「ゆめいろ半熟たまご」、「しゅがー☆すぽっと」などを紹介しています。
今回ので3冊目でした。
そう、つい先日2冊目を見たかな、とか思いましたが、去年の11月なんですねー。
月日の経過が早い。

過去2冊のそれらは、どっちかと言うとコメディー寄りで、明るいもの。
ただ、センセはこんなんもお好きな様子で。
そうなのかー。
次からは購入前に再確認が必要ですわね。

しかし、”ばにらえっせんす”なんて可愛らしいタイトルでいいのかな。
前述したような表紙絵を含めて、やや紛らわしいと思います。
看板に偽りあり、みたいな。
裏表紙があーだからいいのか。
タイトルも、それ自体が甘くはなく香りだけ~みたいな感じならば全然アリか。
ややこしさはありますがね。

ばにらえっせんす (ホットミルクコミックス)ばにらえっせんす (ホットミルクコミックス)
(2012/04/10)
前島龍

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■瑠璃垣夜子の遺言 (宮下未紀)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] サスペンスファンタジー
・おまけ: 
・その他: 折り返しにコメント、
       7話収録、現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮下未紀(みやした・みき)」センセの「瑠璃垣夜子の遺言 1巻」です。

瑠璃垣夜子
※瑠璃垣夜子
 この娘は…幸せにはなれないだろうなぁ。
 

■瑠璃垣夜子の遺言 1巻 (宮下未紀)


★構成・絵柄 一般サスペンス

さて、本日は「瑠璃垣夜子の遺言 1巻」です。
2巻以降へと続くストーリー長編ですね。
暗めなタイトルと、あーした感じの↓表紙そのまま、サスペンスちっくなお話になってます。
紹介帯にも書かれていますが、内容は”殺す”だのなんだのと物騒な漫画でした。
甘いラブコメとかそんなんではないので、可愛らしいヒロイン絵につられぬよう、要注意(笑)

また、お話は幽霊(?)も登場する、ファンタジーちっくな描写もあります。
人間による推理・事件モノではないので、ジャンル違いには気をつけて。

絵柄はだいたい↓表紙・裏表紙のような、可愛らしいもの。
丁寧で強めな線。
お話がためか、ハッキリとした濃淡具合になっていました。
中間色は少なく、白比率は多め。
原稿は白黒な色彩となってます。

ゆったりとした幅広な輪郭と、大きな縦長の目。
鼻・口が小さくまとまった、可愛らしい人物絵です。
どっちかというと、笑ってる方が似合っているんですが…。
登場するキャラは主人公を筆頭として皆さん濃い癖があり、笑顔ばかりではないのでした。
なんだか、誰も信じられない感じよ(笑)

前述したような色彩と、落ち着きある漫画の描き方。
ぴーんとした緊張感がありました。
派手さなく、こざっぱりとしてます。
キャラを含めてやや個性あるため、人を選ぶかもしれません。
判断については、1話が立ち読める「マッグガーデン」さんのHPがベストです。

★収録話 7話収録

003:第1夜 暗夜行路
033:第2夜 死霊
兄「瑠璃垣龍一郎」の誕生日に贈られてきた簪(かんざし)に驚く「瑠璃垣夜子」
それは、7年前に彼が殺した「瑠璃垣雷花」のものだったのです。
「龍一郎」と共に犯罪の秘密を共有する「夜子」は、当時とは逆に兄を守るべく犯人捜しをしようとしたところ。
その目前に、死んだはずの「雷花」が立っていたのでした。

幽霊「ライカ」、水永怜
※左:幽霊「ライカ」、右:水永怜
 ううむ、もっとも可愛らしいのは「ライカさん」ですかね。

だいたいそんなオープニング。
カラーの↓表紙では分かり辛いですが、オッドアイな「夜子さん」
次のエピソードにて、第三者がそれに気付く描写があるので、普通に見える様子。
”右眼だったところ”
なんて気になる文言もあり。
何らかお話のポイントになってくるんでしょうかねー。
兄の誕生日にプレゼントを渡そうとする同級生らに「めいわく」と言い放つ、なかなか強烈なキャラです。
お兄ちゃん好きなところがセンセっぽくて良いですね。

「雷花」が登場するのは2話目から。
慌てて逃げつつも、冷静に頭を回転させてる「夜子さん」が凄い。
また、喋るうち、正体不明な彼女の利用価値を分析してるんですね。
トンデモな娘さんです。
一方、その「雷花」にそっくりだという幽霊「ライカ」
言動を見る限り、もっとも素直なのは彼女かなー。

057:第3夜 瑠璃垣家の一族
見えるのは「夜子さん」だけで、屋敷で起こった事を知っているという「ライカさん」
髪の毛の長さを聞かれた際の、
妾より短かった、ほんと!
そうしたリアクションがキュートでした。
(※ライカさんは相当に髪の毛長い)
ああしたコメディーちっくな感じもいいですね。

079:第4夜 花ざかりの森
095:第5夜 友情
ポイントは、1話目から顔を見せていた、ショートカットの友人「水永怜」ちゃん。
こちらの4話目では、幽霊でない「雷花さん」がいたころの過去描写がありました。
酷いですね
目は…その時のもので、オッドアイではなく義眼なのか。
こちらでも、「ライカさん」のコメディー部分が良かったです。
この2人は良いボケ・ツッコミですね。

5話目は1巻の最も盛り上がる部分かと。
まぁ、こんなんは「ザラブ星人」ですわねー。
非常にイヤな感じですわ。
また、それを知った「夜子さん」がスゴイ。
あのひねくった性格の娘さんには酷な展開ですね

119:第6夜 死の棘
135:第7夜 櫻の森の満開の下
屋上での直接対決なこちら。
ううん、容赦ないですよー。
こうした状況下でも、取り乱すことない「夜子さん」
さすがでした。

先輩「淋代凛」との7話。
ああ、彼女のがまだ信用できそう…かな。
しかし、ここでまた強烈な個性ある「十川二三(そがわ・ふたみ)」が登場しております。
怖いよ
ラストに非常に気になる一言を残して、1巻は終了。

こんな表情もする「夜子さん」
※笑顔の「夜子さん」
 こんな表情もできる娘さんなんですけどねー。

★その他

そんなこんなで、「宮下未紀」センセでした。
なんだか、一般でかなり有名になった感のあるセンセ。
ひでるさんとしては久しぶり。
えー…百合姫コミックスは「マイナスりてらしー」以来ですかね。
今回はほぼ紹介帯、
兄のために、殺すと決めた
という文言だけで購入を決意しました。
だいたい期待通りの内容でしたよ。
ううむ、やっぱりこの手の漫画はお上手ですねー。
成年ではないですが、「シトロン・ヴェール」のテイストある作品でしたよ。
次巻以降どうなるのか、楽しみに待ちます。
ハッピーエンドにはならないかな。

瑠璃垣夜子の遺言 1 (BLADE COMICS)瑠璃垣夜子の遺言 1 (BLADE COMICS)
(2012/04/10)
宮下 未紀

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : サスペンス コメディー ファンタジー 百合姫コミックス ラブコメ ショートカット

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。