FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シス☆ブラっ2 conclusion (ゼロの者)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・近親
・おまけ: あとがき、描き下ろし「シス・ブラの断片」
・その他: カラー(4P)、短編×9(うち「シス☆ブラっ」×7)、全2巻。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゼロの者(ぜろのもの)」センセの「シス☆ブラっ 2巻 ~conclusion~」です。

八重、ナナ
※左:八重、右:ナナ
 2巻はこうしたWヒロインな風情でした。
 

シス☆ブラっ 2巻 conclusion (ゼロの者)


★構成・概要 巨乳系 近親ラブコメ

本日は「シス☆ブラっ 2巻 ~conclusion~」です。
巻数表記から察せられるそのまま、前巻からの続きになってます。
こちらはストーリーのうち、7話目から開始。
長編なので、やはり読んでおくことをオススメします。

期待が大きかったこともあるのかな。
ひでるさんとしては、正直なところイマイチでした。
なんでかは後述しますね。

巻末には「シス・ブラの断片」という漫画が描き下ろしされてました。
シリーズ登場の女性をピックアップしたショートで、店長さんが好き。
確かにいい反応してたからなぁ。

ほか、別の短編が収録されています。
せっかくなので、シリーズと関係ある話のがまとまり良かったんですが。
面白いからいいか。

★収録話 9話収録

003:「シス☆ブラっ」
主人公「八重」は、女の子ながら成年系の漫画家さん。
商業誌デビューした彼女は近親相姦ネタを描くこととなり、実兄を相手に日々妄想をしていたのです。
原稿は無事に仕上がったんですが、テンション上がっていた彼女は現実と妄想の狭間なまま実兄を誘い、えっちしてしまったのでした。
その後、お互いにそれぞれを認識した2人は、朝晩構わずし続けるようになっていたんですが…と、だいたいそんな感じ。

近親ラブコメの続きですね。
いちおう続きモノで、前話のあらすじとかになんらかのフォローとか、まったくないんですが。
①「八重ちゃん」は成年漫画家。
②お兄ちゃんとは近親えっち関係。
③えっちにハマっているが、恋愛感情はまだない。
…という、3点がだいたい把握できれば十分だと思います。
いきなりこちらから購入でもいいかも。
読んでいた方が良いのは間違いないですけれど。

コスプレ「八重ちゃん」
コスプレ「八重ちゃん」
 えろい格好です。

ただ、ちょろっと前述しているように、漫画としては前巻のが上
最大の問題は事件性が低いこと。
前巻には”お兄ちゃんとの近親えっち”、という目的(?)あったんですが、そちらに比べてこれといった目的はなく
また、障害となるべき新キャラ「本城七美(ナナ)」が弱いんですね。
独特な喋りは単に読みづらいだけで、魅力には感じず。
”相性が良い”
という設定も、こちらには伝わらず。
なんらか劇的な描写があれば違ったかもしれませんが。
アシスタントの男の子もイマイチでした。
ネトるくらいの勢いが必要だったのでは。

メインヒロインの「八重ちゃん」も性的に満たされてしまっているためか、最大の特徴である妄想はごく控えめ
まぁ、お兄ちゃんとは普通にえっち関係になっちゃいましたからね。
前巻が良かっただけ、残念でした。
お話としては、もうひと波乱がある「わすれな」のが優れてると思います。

2巻のだいたいのお話は、「八重ちゃん」の近親漫画に何らかを察知した同じく漫画家「ナナさん」がその秘密を探ろうとするもの。
編集さんにえっちを仕掛けて住所を聞き出すと、お兄ちゃんに接近。
酔っぱらって前後不覚となった彼は、妹「八重」と勘違いして、えっちしてしまうのです。
こうして「ナナさん」に近親関係を知られた2人は、その目前で行為を見せることとなるのでした。

そうですね。
2人の間へ入るには、「ナナさん」では役不足。
キャラ的にも、設定的にも。
コメディー色が強めなラブコメであったため、「八重ちゃん」も愛情に飢え苦しむというまでではなく。
親とかなんとかの、”近親関係を崩壊させそうな何らか”もこちらシリーズではないため、どこかぬるま湯なのです。
特に、「#11 確かめたい」はそんな印象でした。

そうか。
兄妹の近親漫画なのに、背徳感が薄っぺらいのがイマイチな原因だと思います。
ラブラブというほどの軽さでもなく、中途半端なんですね。

139:「セーブポイント」
161:「死神姫」
巻末に2話ほど短編が収録されています。
うち、前者「セーブポイント」は目前で記憶喪失になってしまった見知らぬ女性に、偽ってえっち仕掛けるというもの。
ヒロイン「寺田優子」さんはショートカットで巨乳の美人さん。
服着ててもたゆん・たゆんさせてましたからねー。
なかなかお人よしで、”そういう関係だった”とか強引に迫られ、えっちに流れております。
うん、いい方法だ
(実際に悩まれている方、すみません)
オチにご期待下さい。
後者「死神姫」は、死神というヒロイン「観月しぃ」
えっち最中に魂を奪う彼女でしたが、今回のターゲットはEDだったのです。
なかなか良い発想の漫画。
えろい死神みたいなのはよくあるネタですが、そこにED男子を組み合わせたのは意外。
実際、こちらの漫画ではオモチャ責めにはしていたものの、直接えっちなく終わっていました。

寺田優子、死神「観月しぃ」
※左:寺田優子、右:死神「観月しぃ」
 短編の2人。こっちのが良かったなぁ。

★絵柄

柔らかな線のこってりとした作画。
ただ、濃淡はさほど強くなく、灰色なもの。
なんだろ。
ほとんどないですが、たまーに原稿で色塗り途中みたいなページがありましたよ。
描き込み具合と肉感的なヒロイン、そして汗描写がために、コテコテとした味わいになってます。

幅広な輪郭と縦横に大きな目、ぽてっとした唇。
漫画っぽい、可愛らしいものです。
特に大きな胸はむちむちっと目立っており、服の上からでも形がうっすら分かるような描き方が特徴。
お腹の感じもプニプニしそうで素敵。

癖はちょっと大きめですが、成年漫画らしいえっちな仕上がりでした。
判断については、相変化はないので↓表紙・裏表紙で良いと思います。

★その他

そんな訳で、「ゼロの者」センセでした。
こちらで…16冊目くらい??
個人的に「八重ちゃん」はお気に入り。
なんのかんの書きましたが、それはそれで結構楽しんで読めました
やっぱり長編はいいなぁ。

なお、検索してふと気付きましたが、タイトルは「狩野蒼穹」センセも「シスブラ」って似たタイトルの漫画を発表されてましたよ。

シス☆ブラっ 2 (いずみコミックス)シス☆ブラっ 2 (いずみコミックス)
(2012/02/27)
ゼロの者

商品詳細を見る


★「ゼロの者」センセの漫画紹介記事。  すべて成年系
 「シス☆ブラっ
妄想漫画家な妹との近親えっち。こちらが前巻です。 
 「エロメスのつくり方
吸血鬼な母親「さなえさん」との近親えっち「ちぃまま」、2話の「女子能力開発部+」などを収録。
 「絶頂スイッチ
猫耳「山田さん」ほか、むちむち姉妹との3話連続「ねえさんP」を収録。
 「わすれな 2巻[完結]
 「わすれな
兄妹の近親モノ長編。緊張感たっぷりな描写がポイント。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー コスプレ ショートカット

■No girls no life (赤人)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・巨乳
・おまけ: あとがき、作品解説、カバー裏にゲストコーナー、
      描き下ろし「南沢歩は好きが好き」
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×11(※同一世界漫画あり)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「赤人(あかひと)」センセの「No girls no life [ノーガールズ・ノーライフ]」です。

「夏木桜」・「秋原雪」
※「夏木桜」・「秋原雪」
 いきなり百合カップルでしたよ。


■No girls no life (赤人)


★構成・概要 巨乳系 成年ラブコメ

さて、本日は「No girls no life [ノーガールズ・ノーライフ]」です。
収録はいちおう全て短編。
いちおう描き下ろしにて、連続話っぽいものがありました。
…と、それ意外に。
収録はほぼ学園モノなんですが、どうやら舞台は同じらしく。
ちらほら、別ヒロインがゲスト出演してました。
もっと細かく探すと、誰かしらいるかもしれませんね。

お話はラブコメ
顔の可愛らしさとはアンバランスな巨乳っぷりが最大の特徴です。
個人的にはちょっとお話に集中しづらい感じありましたけど、そう問題ではないと思います。
個性的な絵が人を選ぶかな。

★収録話 11話収録

005:「桜と雪と百合好き教師」 カラー原稿あり
カラー原稿から始まる冒頭話。
百合関係にあった「夏木桜」、「秋原雪」
保健室にて、2人の行為を目撃した教師「志木」は百合趣味であり、興味を持った「桜」は彼を加えることとしたのでした。
百合カップルとそれに興奮する教師というのは面白い組み合わせなんですが。
うーん、どっちもそうなるかなぁ
特に彼は実際行為ではダメだったと言っていたので。
2人のを目撃して、元気になったら直接えっち~という流れなのかな。
でも、本来「桜」・「雪」に第三者は不要だと思います。

025:「南沢歩の好きな○○」
189:「南沢歩は好きが好き」 描き下ろし
「オトコノコのえっちなのが好きかなー」
昔馴染みで今も部屋を行き来する「歩」ちゃんの、そんな台詞をふと耳にした「こーちゃん」
予想外にえっちしまくっていると勘違いした彼は…というもの。
↓表紙は「歩ちゃん」です。
疑念を持つのは仕方ないことですが、よくよく考えて。
たぶん、彼女がヤリまくってたら、貴方の部屋で漫画読んでない筈ですから。
でもまぁ、切っ掛けとしてはこんなんもアリか。
描き下ろしも「歩ちゃん」
こちらは単行本を総括するような内容になっていました。
彼女はセンセにとって扱い易いのだとか。

南沢歩、如月まこ
※左:南沢歩、右:如月まこ
 「まこちゃん」という名前は…ショートカットがお似合いですね。

045:「人間部部長 冴木沙希」
人間部、の部長「冴木沙希」さんと、いつも寝ているという「溝口」くん。
研究者肌の「沙希さん」は、えっち時での自分の反応を確かめるため、半ば無理やりに彼を誘うのでした。
なかなか自分勝手で素敵。
わざわざ彼をターゲットにしたのは、分かるような、分からんような。
オチが良かったです。

061:「桜木陽の受難?」
事故に遭った幼馴染み「桜木陽」が、半年後に復帰したら女の子になっていたのでした。
前に同じネタな漫画をどこかで見たような。
…「秋葉凪人」センセだったか。
ファンタジーな設定ですが、そちらは置いといて。
昔馴染みの性別が変わっていたら~というお話です。
容姿はどこまでそのままなんでしょうね。
仕草とか喋り方程度ならば、まるっきり身体は女性のようですし、なんとかなりそう。
おっぱい大きいですし。

081:「瀬川みくには安くない」
眼鏡な委員長「瀬川みくに」さん。
彼女に憧れる「三尾野」くんとのえっちパターン。
屋上でした。
ゲストで「歩ちゃん」らカップルがゲストしてました。
前述しましたか、ちらほらそうした描写がある同一世界モノなのです

097:「如月まこ:SS」
ちっちゃい「如月まこ」ちゃんと、大きな「早瀬」くんというカップル。
まぁ、ラブラブですわ。
体育倉庫内でのシーンが好き。
ジャージはえっちですよねー。
彼女はまた背丈の割に巨大な胸で、アンバランスさが素晴らしい
裏表紙に起用されてましたよ。
なお、こちらでも「歩ちゃん」らカップルがゲストしてました。

117:「野山雪乃の隠し事」
こちらの「さとし」・「雪乃」はいとこ同士。
毎日夕食を作りに来てくれる「雪乃さん」
ちょっと気になっていたところ、お風呂に彼女が入ってきたのでした。
うん、可愛い反応でした。
まぁ、あんなスタイルで風呂へ入ってこられたら、えっち展開が当然。
ラストページが面白かったです。

133:「御殿場佐織の王子様」
女の子っぽい男子「城嶋」くんと、「御殿場佐織」さん。
実は昔馴染みであった2人の、教室えっちです。
まぁ、彼がいきなり自分より可愛かったら、どうしようって考えるわね。

153:「坂襠まほの魔法」
こちらは魔法研究部の「坂襠まほ」さん。
同じく部活ネタということで、先の「沙希さん」らも顔見せしております。
”我が校の二大変人”
…だって。
その冠に相応しく、いきなり全裸・マント姿で登場してます。
せめて下くらいは穿いてなさいよ。
お腹冷やすぞ。

169:「花澤先生はお腹がすいている」
ずっとヒロイン生徒でしたが、こちらは女教師「花澤」さん。
産休の代理であった彼女と、彼女に憧れる「池上」くんですね。
「花澤先生」も彼に明らかな好意を持っており、意外なほどスムーズ。
これが人によって良し悪しかなー。

坂襠まほ、冴木沙希
※左:坂襠まほ、右:冴木沙希
 ”二大変人”です。「まほさん」全裸なので、比率おかしいですが。

★絵柄

いかにもデジタルな作画。
ツヤツヤ、とまでではないものの、独特な明るめ灰色の色彩です。
黒色も強く、どちらかというと濃い目。
描き込みは適度なくらいだと思います。

なんといっても、四角く大きな目が特徴
幅広な五角形輪郭と、小さい鼻の可愛らしい人物絵です。
もともとは違うようでしたが、皆さんたっぷりサイズの巨大な胸もポイントですね。
そう目立つほどではないですが、身体を含めた絵とか、アクションある部分はややぎこちない気がしました。
キャラ絵はかなり個性強く、人を選びそう。
違和感というほどではないですが、漫画についてもなんらか不足しているような印象。
判断については↓表紙・裏表紙か、「MAX」さんHPのサンプル絵が良いでしょう。

★その他

そんなこんなで「赤人」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
どっちかというと、イラストで有名な方なのかな。
どこだか忘れましたが、お名前は拝見したような記憶があります。
なんとなく。
↓表紙の感じがハマれば問題ないでしょう。
どうしようか店頭で迷いましたよ。

No girls no life (ポプリコミックス)No girls no life (ポプリコミックス)
(2012/02/23)
赤人

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ファンタジー ショートカット アクション

■ろりはれっちゅ (姫野蜜柑)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ロリ・コメディー
・おまけ: あとがき、カバー裏にネタ絵、
      巻末に描き下ろし後日談。
・その他: 短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「姫野蜜柑(ひめの・みかん)」センセの「ろりはれっちゅ」です。

義妹「誓ちゃん」、響ちゃん
※左:義妹「誓ちゃん」、右:響ちゃん
 収録で「誓ちゃん」のこの態度は独特でした。展開に注目。


■ろりはれっちゅ (姫野蜜柑)


★構成・概要 ロリ・コメディー系成年

さて本日は「ろりはれっちゅ」です。
収録は全て短編。
特にお話的な繋がりは弱いですが、前巻からのキャラもいたので、知っているとより良いかもしれません。

ガッツリとしたロリ系な単行本。
そのうちコメディーに大きく傾倒しており、小さい女の子とのえっちを楽しく描かれております。
特に会話、リアクションは絶妙で、エロスよりも可笑しさが先行する感覚。
面白いです。

紹介帯には「ちょっとアホ」とか書かれておりました。
あちこち短編ヒロインの言動を見ましたが…。
うん、漫画なので誇張されておりましたが、そう分からんでもない感じですね。
結構ありそうな反応ではないかなぁ。

★収録話 10話収録

005:「ハンコーキ!」
思春期がためか、すっかり生意気になってしまった義妹「誓(ちか)」ちゃん。
トイレで1人えっちしていた彼女とはち合わせての発展でした。
やっぱり成年漫画では1人えっち目撃されますね。
個室なのに。
そうしたシチュエーションでのえっちと、ラスト展開がポイント。
なかなかデレないのが良いですね。

027:「ちょこちゅ~」
なんのかんの言いつつも、物事に一生懸命取り組んでしまう「響」ちゃんのバレンタインデーなエピソード。
裏表紙の娘さんですね。
特に意識もない担任教師に、手作りチョコを渡そうと考えたんですが。
その直前にトイレへ行きたくなったことから、事態は思わぬ方向に進むのでした。
まー、教師も手が早い(笑)
これはまた特にオチ部分。
いかにも「響ちゃん」らしい、ポジティブっぷりが見られます。
彼女はいかなる境遇でも幸せになるだろうなぁ。

祭ちゃん、義妹「渚ちゃん」
※左:祭ちゃん、右:義妹「渚ちゃん」
 「渚ちゃん」の言動が良いですよ。

045:「ぷれいぼーる」
タイトルそのまま、なにかと野球にかかっているのがこちら。
ご近所の「祭」ちゃんが、野球拳をしたいと言ってくる展開。
それまで全勝だったのが、えっち目前にした途端に負け続けるというのは実際にありそう。
アウトは3回まで許されるねんで?
…のあたりが好きです。

063:「あねのこ!」
物静かで、常に携帯をいじっている眼鏡な姪「月」ちゃんを預かるというお話。
母親自ら(※彼にとって姉)が、
10歳のかわいい女の子と3年間2人きりで生活できる権利をやるって言ってんだよ、喜べこのロリコン野郎!
とか言っちゃーダメだろ。
途中の”およよ”という反応がイイですが、センセのヒロインはやっぱり喋ってくれた方が魅力的だと思いました。

081:「妹HDDくらっしゅ」
お話の切っ掛けは、タイトルそのままHDDがぶっ壊れた事。
消えたいくつかのデータのうち、
えろふぉるだってなぁに?
とか、そこにしっかり食いついてくる義妹「渚」ちゃんが可笑しいです。
案外そんなものかもしれませんねー。
外見そのまま性格も良いようで、ラストではまた可愛らしいことを言ってました。

097:「おなになに」
こちらが↓表紙を飾っている、日焼け跡な「楓」ちゃんです。
どこで知識をつけたのか、1人えっちに熱心な彼女。
えー、とりあえず人の話はちゃんと聞くように。
リアクションが面白い娘さんでした。
ちなみに、カバー裏も彼女なんですが、あんなん好き。

115:「お世話になります」
真夜中のコンビニ帰りに出会った「椛(もみじ)」ちゃんとのお話。
怪しい人は絶対に口聞きませんから
とかなんとか、警戒するような会話をしつつも、まったく逆の動きをしているのがキュート。
えっち最中も終始そんなんで、面白いです。
後半に明かされる、彼女の正体にご期待下さい
そうか、冒頭のきょろきょろしていたのはそれがためですね。
巻末の後日談では、「響ちゃん」らと共演しておりました。

135:「小さな看護婦さん」
前巻「ろりるれろ」収録の「小さな八百屋さん」の続編。
ボンクラ・ニートなおっちゃんと関西弁ヒロイン「桜」ちゃん。
相変わらずのやり取りで、特におかゆのくだりが好き。
まぁ、頭だけで済む訳はないですわねー。
絶対あかんで
とか言われるのも、逆効果だと思いました。

151:「ずっと一緒」
こちらは積極的な「雪」ちゃんとのえっち。
なかなかオマセな喋りとキッチリ外堀を埋めてく手段が素敵。
冒頭はちょっと切ないオープニングで、漫画は彼女との過去シーンがメイン。
そんなんを踏まえたラストが非常に良かったです

171:「しってるし」
タイトルそのまま、知ったかぶりな「奏(かな)」ちゃんとのえっち。
お兄ちゃんという大学生もまた童貞であったため、知らん者同士であっさりえっちに流れておりました。
こちらのポイントは冒頭部分。
奇跡の瞬間みたい。
あんなんでも普通に会話続ける「奏ちゃん」が凄いですよ。

椛ちゃん、桜ちゃん
※左:椛ちゃん、右:桜ちゃん
 この「椛ちゃん」のエピソードが好き。着いてくのもちゃんと合点がいきます。

★絵柄

こざっぱりとしたロリ絵柄。
ふんわりとした線で、濃淡・描き込みはだいたい適度なくらい。
見易く綺麗にまとまっています。
ヒロインとの会話の妙を楽しむ漫画なので、吹き出しはやや多め。
ちょっと癖はあるものの、表現などに引っ掛かる部分はなく。
テキスト量の割にテンポは悪くありません
まぁ、そこが最大のポイントであり、面白いところですからね。

丸い目と、たゆんとした曲線の輪郭。
だいたい目は見開いた感じで、口も開きがち。
そんなんがコメディーちっく。
大きめな頭と華奢なスタイルという、典型的なロリ絵柄でした。

そう変化は判断については↓表紙・裏表紙で問題ありません。
特に裏表紙は男性絵も確認できて便利。
あるいは、「DMM」さんのサンプルが良いでしょう。

★その他

そんなこんなで「姫野蜜柑」センセでした。
こちらが初単行本「ろりるれろ」に続く2冊目でいいのかな。
今回も”アホの子マンガ職人”という冠に相応しい漫画群でした。
漫画の紹介では、
編集部のコントロールを寄せ付けない不思議作家
なんて書かれてましたよ。
凄かったです。
そんなセンセが中編とかではどんなになるか興味あるので、そこそこの続きモノが見たいなぁ。

ろりはれっちゅ (TENMAコミックス LO)ろりはれっちゅ (TENMAコミックス LO)
(2012/02/24)
姫野 蜜紺

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■僕んちのミカゲさん (Dr.P)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・お尻
・おまけ: あとがき、4コマ・作品解説、
      カバー裏に別絵。
・その他: 短編×10(※同一世界漫画あり)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Dr.P(どくたー・ぴぃ)」センセの「僕んちのミカゲさん」です。

忍者「ミカゲさん」
※忍者「ミカゲさん」
 可愛かった、最高です!!


■僕んちのミカゲさん (Dr.P)


★構成・概要 おしり系 成年ラブコメ

本日は「僕んちのミカゲさん」です。
きました
ひでるさんがファンである、「Dr.P」センセの新刊です。
わーい。

収録は一見すると短編群ですが、こちらは表題になっている「ミカゲさん」シリーズな1冊。
メインのそちらほか、収録短編のほとんどは同一学園のエピソードで、ほかヒロインらがちょくちょくゲスト顔見せをしておりました。
別短編での出来事が他に影響することもあり、だいたい長編な感覚で読み進められます

また、巻末の2話は前巻「恋愛スタンピード!」にて目立っていた2人の続きエピソードでした。
未見でも問題ないくらいでしたが、やっぱり前知識あるほうが楽しいと思います。
当然、「ミカゲさん」シリーズではなく、このあたりがちょっぴり残念。

漫画は読み易いラブコメ調で、フェチ度合い高めな描写がポイント
お尻とかなんとかですねー。
個人的にはもう少し「ミカゲさん」の活躍が見たかった(メイン話は3話)気もしますが、今回も楽しく・えっちに仕上がっています。
面白かったです。

★収録話 10話収録

003:「僕んちのミカゲさん」
021:「僕んちのミカゲさん2」
127:「僕んちのミカゲさん3」
数年前、行き倒れていた「ミカゲ」を助けた「郁巳」
恩を感じた彼女は、それから彼に仕えるようになっていたのでした。
その周辺はごくごく平穏無事なため、家事ぱかりやっていた「ミカゲ」
しかし、友人「健一」のなにげない一言を切っ掛けに、
”いつかあるかもしれない”
…そう考えていた日がついに来たのでした。

こちらがメインシリーズですね。
やっぱりこちらは忍者「ミカゲさん」の魅力につきるでしょう。
切り揃えられたショートカットに、冷静な瞳、鼻・口を覆うマスクが特徴。
鍛えているだけあって筋肉質であり、また貧乳っぷりが見事なのでした。
↓表紙ではお尻丸出しでしたが、1話目はだぼっとしたズボンのようなノーマル忍装束。
ここは初えっちエピソードなので、そんなんが脱いだ際のぶち抜き絵を効果的なものにしております。
故あって余裕のない「ミカゲさん」がキュートでした。

下着論争が巻き起こる2話目は、その流れもあってか丈の短い忍装束。
成年漫画の女忍者と言えば、やっぱりこんなんですねー。
初登場時のように、このまま天井からぶら下がって欲しいです(笑)
ぺろーって、自らめくってくれていましたが、その勢いなまま屋上えっちになっていました。
スマタなど、立ったままのプレイが良かったです。
(※こちらのオチが、次のエピソード「あずみちゃん蹴っ飛ばす!」に影響します)

3話目は「ミカゲさん」が風邪をひくというもの。
薬は無効化しちゃうんだって。
厄介ですねー(笑)
それがため、座薬プレイになっていましたが。
なお、こちらの前が後述する短編「復讐者ミツキ」でして、同じく忍者の「ミツキさん」が関わってます。
オチは衝撃、でなく笑撃という感じ。
まぁ、この漫画らしいですわね。

津名湊、芳野由美子
※左:津名湊、右:芳野由美子
 シリーズはコメディー要員の「ミカゲさん」でしょう。良い働きでしたよ。
 
037:「あずみちゃん蹴っ飛ばす!」
「郁巳くん」の友人「健一」と、その彼女「あずみ」ちゃんのエピソード。
タイトルそのまま空手をやっている「あずみちゃん」
胸の透け具合と、スパッツの下半身がポイントです。
「ミカゲさん」がうまーく2人の初えっちを演出しておりました。
まぁ、あんな感じに手渡しされれば、普通鵜呑みにしちゃうわね。

055:「悩めるミナト先輩」
073:「図書室のユミコさん」
もくじでは「図書室のユミコさん」が先でしたが、ひでるさん持ってる単行本は「悩めるミナト先輩」のが先に収録されてますね。
これは乱丁?
まぁ、実害ないのでどーでも良いですが。

うち、「悩めるミナト先輩」は水泳部の「津名湊(ミナト)」さんと「萩村」くん。
ぽーっとしたテンションと、褐色肌、そして競泳水着が素敵でした。
なお、こちらの「湊さん」も立派な貧乳で、
…センパイ、ホントに胸ちっちゃいなー…
とか「萩村くん」にモノローグで言われてました。
イイお尻でしたけどね。

「図書室のユミコさん」は、裏表紙をゲットしている眼鏡・みつ編みな「芳野由美子」さん。
独りえっちを意中の「荒木」くんに目撃されてしまうもの。
机角でした。
まー、えろえろですわね。
先までのエピソードは偶然に「ミカゲさん」が関わってその手助けをする展開でしたが、こちらでは積極的にサポートしております。
なにげに個人的な関わりもあり(笑)、その恩返しみたいなものなのかな。

091:「エミリお嬢様のお気に入り」
”すごい名家のお嬢様”、という先輩「瑠璃川笑里」さんから、「郁巳くん」が手紙をもらうのが切っ掛け。
取り乱している「ミカゲさん」が可笑しいです。
分かり易い娘さんだなぁ。
彼女には男子忍者「九郎」がついており、そうしたカップルになってます。
ごくあっさり変装を見破っている「笑里さん」が凄い。
手紙の内容については、オチをご期待下さい。

109:「復讐者ミツキ」
ある意味いかにも忍者っぽい、あちこちギザギザした感じの「美月」さんが登場。
教師「城ヶ崎」とのお話になっていました。
この世界は…忍者の存在が当たり前なんですね。
もともとは一般人だった彼女は、その紹介から立派な忍者となったみたい。
また、「ミカゲさん」の切っ掛けを作ったのが「美月さん」のようでした。
彼女もステキな貧乳ですが、サラシ越しなのがより良いです。

145:「まひるオーバーヒート」
161:「明乃アフター」
こちらの2話は、前単行本からの続きモノ。
前者は褐色肌な「辻まひる」さん。
ちょっと髪が伸び、女の子っぽくなってます。
アンケートぶっち切りトップだったようですが、それも納得
先輩とのこたつえっちでした。
水玉模様の下着がキュート。

後者は眼鏡な教師「大樟明乃」さん。
前回はセーラー服でしたが、こちらでは体操着(ブルマ)です。
オチでは競泳水着~なんて台詞もあり、あるいは続編が??
なお、1コマだけですが、髪短い「まひるさん」がゲストしてました。

辻まひる、大樟明乃
※左:辻まひる、右:大樟明乃
 良いキャラチョイスだと思います。「明乃さん」のが好き。

★絵柄

そうカラーとの変化はないので、あの↓表紙からの判断で全然問題ありません。
やや強めのしっかり線は乱れることなく丁寧。
描き込みにしつこさなく、あっさりでもなく、濃淡としては丁度良いくらい。
どちらかと言うとコメディー寄り。
ある程度の、振り切れ過ぎない軽さとはっちゃけ度合いで、表現などに引っ掛かる部分もなく。
崩し絵も自然でサクサク読み進められる1冊でした。
まとまってます。

キャラ絵柄は漫画らしい、可愛いもの。
丁度よいくらいのお肉具合が絶妙なのです。
特に胸からお腹まわり、腰からお尻、そして太ももに至るまでが最高。
癖はあるもののそうイヤな感じではないと思います。
S2COMIX」さんのHPでは冒頭話「僕んちのミカゲさん」が読めました。
直接えっちまではなかったものの、この漫画がどんなんか十分理解できるくらいのページ数あり、判断には最適です。

★その他

そんなこんなで、本日は「Dr.P」センセでした。
ブログでは、初単行本「あなたが触れるたびに」、2冊目「侵略的恋愛主義」、3冊目「恋愛スタンピード!」と、全て紹介しております。
こちらでついに4冊目ですね。

センセの漫画は、ぶっちゃけ絵柄・お話・同一世界な設定・えっち描写・フェチ度合い…などなど、全てにおいてひでるさん好み。
個人的にはまったく隙がありません
それがまた今回はくのいちモノでしたからねー。
ふと、「S2COMIX」さんのサイトにてあの↓表紙を目撃した時点から、ぐさー刺さっておりました。
また、あのお尻向きな構図が良いんだわ。
…とか思ってたら、カバー裏でまたもうひと刺さりしました(笑)
ありがとうございました。

僕んちのミカゲさん (富士美コミックス)僕んちのミカゲさん (富士美コミックス)
(2012/02/25)
Dr.P

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 競泳水着 ラブコメ コメディー ショートカット

■Powerプレイ! (大和川)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ファンタジーラブコメ
・おまけ: あとがき、合間に4コマ、カバー裏にネタ絵。
・その他: カラー(10P)、9話+おまけ収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大和川(やまとがわ)」センセの「Powerプレイ!」です。

使い魔「サラ」
※使い魔「サラ」
 めいっぱいヒロインしてました。可愛かったです。
 

■Powerプレイ! (大和川)


★構成・概要 ファンタジー系・成年ラブコメ

さて、本日は「Powerプレイ!」です。

いやー、面白かった。
コレはオススメです!!

形式は1冊まるまる使った長編タイプ。
ストーリー漫画なのですよ。
舞台はたいてい現代日本ですが、剣と魔法が交差するファンタジーもの。
バトルから触手までありました。

正直なところ、お話にそう目新しさは感じません。
こんなんあったかなー、という印象。
セオリーと言ってもいいくらい。
(↑それは逆に読み易さの手助けをしていたかもしれませんね)
ただ、完成度は”成年のお約束”があっても高く、漫画もお上手
あちこちの見せ方とか描写など優れており、中だるむことなく集中したまま読み進められました。

コメディー・シリアスの配分も適度で、よくまとまった単行本
えっちパターンも豊富にあり、フェチ度もあり、成年漫画としても優秀です。
コレはオススメ
強く・熱くプッシュさせていただきます。

★収録話 9話収録

淫魔王「シャダール」は順調に勢力を拡大し、世界中の美女を手にしておりました。
そこにやってきたのが、勇者・姫騎士の「マリア」、女忍者「エクレア」、魔術士「ミーナ」というパーティー。
激戦の果て、「シャダール」は彼女らに追い詰められてしまうんですが、使い魔「サラ」の機転によって危機一髪を乗り越えたのでした。
しかし、間違って”転位”ではなく、”転生”魔法を使ってしまった結果、その魂は現代へ…。
自称ゲームクリエイターという、イマイチぱっとしない主人公「今尾貞治」となっていたのです。
彼を見つけた「サラ」は淫魔王として復活させようとするんですが、それを阻止するべく勇者らも次々に姿を見せるのでした。
すっ飛ばしましたが、だいたいそんなん。

007:「Powerプレイ! #0」 カラー原稿あり
そんな訳で、こちらはプロローグ話。
美女をはべらせる魔王のもとに、勇者が最終決戦を挑むという、”いきなり最終回”な風情です。

収録でまるまるファンタジーなのはこちらだけ。
ラストバトルながら、さすがは淫魔王。
倒す勢いな勇者を相手に、触手えっちを仕掛けておりました。
成年漫画なので、皆さんガッチリされてます。
この勇者一行は3名それぞれスタイル・性格が個性的でいいですねー。
ここを読んでいるうちは、てっきり姫騎士「マリアさん」がヒロインかと思っていたんですが。

Powerプレイ!ヒロインズ
※Powerプレイ!ヒロインズ
 うーん、やっぱり「サラさん」だなぁ。

031:「Powerプレイ! #1」
ファミレスで始まる本編は超現代。
「貞治くん」の前にやってきたのが、使い魔「サラさん」でした。
きました、褐色肌にツインテールですよ
もっとも特徴的で、冒頭の笑顔と悪態つくその後の描写もすこぶる良い感じ
可愛いです。
中盤にて、「サラさん」は「貞治くん」とえっちすることとなるんですが。
うん、ひでるさんも同じ行動取ると思います。

049:「Powerプレイ! #2」
そんな訳で、「サラさん」との同居が始まって、エロエロしている2話目。
「貞治くん」の言葉がため、中盤からはだいぶ気持ち入ったえっちになってます。
また途端に可愛らしくなってしまう、「サラさん」が素敵。
いいなぁ。

071:「Powerプレイ! #3」
099:「Powerプレイ! #4」
こちらで姫騎士「マリアさん」が再登場。
中盤にて「サラさん」が加わり、サンドイッチ状態に。
攻守が入れ替わるえっちでした。
ここで「マリアさん」が指摘されていた事は、なるほど納得。
続く4話では、鎧でなく、私服となった彼女との試着室えっちがあります。
後半は女忍者「エクレアさん」との百合えっちもあり、「マリアさん」大活躍でした。

123:「Powerプレイ! #5」
前回からの続き。
故あってスクール水着姿となった「エクレアさん」とのえっちです。
彼女の水芸というか、センセの素晴らしい水作画に注目。

149:「Powerプレイ! #6」
魔術士「ミーナ」が登場し、ヒロインが出揃う回。
彼女の術により、学園プレイみたいになってます。
制服姿が可愛いですよ。
中盤からのダブル描写は、これまたさすが!という出来栄え。
同じく学園コスプレ(?)している「マリアさん」、「エクレアさん」も良いです。
えっちには参加しませんが。

173:「Powerプレイ! #7」
ちょっぴりですが、懐かしいゲームブックみたいな選択肢あるこちら。
ひでるさんのチョイスは「エクレアさん」でしたが…うわわ。
ここではもったいないので書きませんが、中盤から後半にかけては、絶妙。
ちょっぴりじーんときます。

207:「Powerプレイ! #8」
面白かったこちらもついに最終回です。
まぁ、前回が実質最終話みたいなものなので、こちらはエピローグという風情かなー。
「貞治くん」の行動と、それを見た●●さん(いちおうフセ字)の反応に注目です。
ああした細やかな描写がいいんだろうなぁ

なお、巻末のおまけカラー原稿は暴走「貞治くん」と、「マリア」・「サラ」のえっちでした。
皆揃ってのやり取りがもう少し見たかったな。

姫騎士「マリア」、女忍者「エクレア」
※左:姫騎士「マリア」、右:女忍者「エクレア」
 左の試着室プレイが好き。

★絵柄

柔らか・しなやかな線での作画。
色はしっかりあり、濃淡は適度かやや薄め。
そちらより目立つのは、あちこちの細かな描き込み具合でしょう。
キャラからファンタジーな小物、背景などなど、実に丁寧。
特にヒロイン「エクレアさん」の使用する水関係ですねー。
凄かったです
結構コマ割りは小さめ。
が、どちらも手抜きはなく、しっかり描かれてます。

漫画っぽさ、リアルっぽさのあるキャラ絵。
優れたバランス感覚で表情も良く、特に引っ掛かる部分はありませんでした。
白黒はもちろんのこと、カラーも素敵ですね。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ありません。

★その他

以上、「大和川」センセの最新単行本でした。
こちらのブログでは、初単行本で「AQUA BLESS」から、「Witchcraft」、「たゆたゆ」、「たいへんよくできました?」と、紹介してます。
さすがに1冊まるまるな長編も多いですね。
そんな感じで、ざっと、ひととおり単行本を読んでいますが。

今回の「Powerプレイ!」は…「大和川」センセの最高傑作だと思います!!

本編は無論のこと、密かにお気に入りなのが…カラーの中扉。
ページ開いて、度肝を抜かれましたよ(笑)
もくじの4分割も好き。

Powerプレイ! (TENMAコミックス)Powerプレイ! (TENMAコミックス)
(2012/02/24)
大和川

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ファンタジー スクール水着 ツインテール

■背徳の指南書 (数木美咲)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年] アダルト・お姉さん
・おまけ: あとがき・作品解説。
・その他: 短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「数木美咲(かずき・みさき)」センセの「背徳の指南書」です。

妻「洋子さん」、隣に住むお姉さん「雅美さん」
※左:妻「洋子さん」、右:隣に住むお姉さん「雅美さん」
 「洋子さん」のお話はまとまり良かったです。
 

■背徳の指南書 (数木美咲)


★構成・概要 アダルト・お姉さん系統

さて、本日は「背徳の指南書」です。
だいたい年齢高めなヒロインが登場するお話群。
あとがきによると、過去発表の未収録作品のうち、それっぽいエピソードをより抜いたようです。
新名義での別ブランド立ち上げな1冊ですね。

収録は全て短編。
ラブコメというほどのコメディー感なく、かと言って調教・凌辱みたいなものでもありません。
一般えっち系にありそうな、ごく軽い展開の漫画です。
お話がそう凝ったものでない半面、肩に力入らず楽しめると思います。
キャラの感じが好みであれば良いでしょう。

★収録話 11話収録

003:「Accident Actress」
AV監督「山本」の撮影現場に顔を出した、その妻「洋子」さん。
彼が現場では独身で通していたこともあり、AV女優の代役と間違えられたまま撮影が始まってしまったのでした。
監督ならば…ああ、やっぱり撮影止めませんね
そうだろうなぁ。
奥様の抵抗する感じがえっちでした。

019:「Academic Succubus」
精液サンプルの検体として選ばれた「杉田」くんと、研究員「楠木」さん。
やっぱり手伝ってくれましたねー。
谷間の見える白衣姿が眩しいです。
脱いだらいきなり下着というのも良い感じ。
ただ、こうしたキャラには…もう少し落ち着きが欲しいです。

看護婦「七瀬さん」
※看護婦「七瀬さん」
 眼鏡女性がお上手だとおもいました。

035:「リハビリシンデレラ」
看護婦「七瀬」さんと患者「町村」くんのエピソード。
こうした漫画の看護婦と言えば、やたら可愛らしいか、女王様っぽいのがセオリーだと思います。
ただ、こちらの「七瀬さん」はごく地味なキャラで、なんだか看護婦としてリアルな容姿
(※ただ、これはコレで可愛いと思う)
探したら、どっかで見つけれそうですね。
途中までの言動もそんな感じ。
まじめそうなので、中盤からのえっちな「七瀬さん」がより良く見えました。

051:「目撃!隣のお姉さん」
「敬介」くんは隣に住むお姉さん「雅美」さんの生着替えを目撃してしまったのでした。
お互いの部屋は窓がかなり近く、ラブコメ距離。
そこそこ年齢差はあるようでしたけど、また違った展開があっても良さそうですね。
挑発する「雅美さん」が好き。
なんのかんの言ってましたが、あれでお手付きしないほうが怒られそう。

067:「チアーでCHA×3」
大学野球部のキャプテン「沢田」くんと、マネージャーながらチア応援をする「愛池」さん。
デッドボールを受けてベンチに下がった彼を看病するべく、「愛池さん」は控室に走ったのでした。
”応援に見とれていてボールを避けれなかった”
とか言ってますね。
女冥利につきるじゃーない
そう言われれば、悪くない気分だと思いますよ。
彼のお願いもあり、そのままえっちに流れておりました。
ポニーテールの可愛い娘さんでしたよ。

083:「凸凹SKIN=SHIP」
「町村美佐」さんは電車内で会った可愛い男子に思わず逆痴漢してしまうんですが…その男子は同じ大学の「芹沢トオル」だったのです。
ショタコンな彼女がうっかりお手付きしちゃう、童顔な彼。
トイレえっちでした。
センセは先の看護婦さんもそうですが、やや地味目なヒロインのがお上手ですね。

099:「PEACH=MOUNTAIN」
家庭教師と「足立ひな」、その母親「足立ひばり」という3名でのお話。
なんのかんのと皆でお風呂へ入るという展開でした。
ロリ・アダルトというWヒロインが楽しめます。
ごくあっさりとしたえっち展開です。
2人して楽しんでおりました。
「ひなちゃん」は前半の母親に対抗しようとしている感じのが可愛かったですね。

113:「個人面談」
前話に続いて家庭教師ネタ。
家庭教師の「高月」は、本採用前のチェックということで、「理美」ちゃんの母親に教えることとなったのでした。
母親・家庭教師でのえっちは珍しいものではないものの、小さめな学習机に座る母親というのは独特。
えっちへの流れは定番通りでしたけど、新鮮でした。
もう少しじわじわアプローチして欲しかったですけどね。

129:「SECRET SEXRETARY」
美人ながら、細かく・厳しく・度胸もあるという「睦月さやか」さん。
「岩本」はふと休憩室に置き忘れていた携帯を発見したんですが、それは彼女のもの。
しかも、データには驚くべきデータが残されていたのでした。
オフィス話ですね。
あーやって脅すには、向こうのが役者は上。
…ほらね。
まぁ、彼はなんのかんの気に入られてた、っぽいですが。

145:「セクハラバスター」
DVDレンタル店にて、「吉田」くんは元クラスメイトの委員長「河村」さんと鉢合わせしたのでした。
ウブそうな店員から、わざとえっちなDVDを借りることを楽しんでいた彼。
うーん、あまり褒められたことではないと思いますが。
分かるなぁ
彼女可愛かったですもんね。
お話は彼の部屋までわざわざ「河村さん」が訪ねて来るというもの。
いかに知り合いとはいえ、勝手に住所調べたり、家に上がるのは犯罪行為ですね。
まぁ、ご褒美ありだからいいか。

161:「MAMA奴隷」
こちらが時期不明という作品。
そのため、絵柄はだいぶ差があります。
可愛い感じでしたよ。
お話は母親に学生時代のスクール水着を着せてのえっち展開でした。

ひな・ひばり、「MAMA奴隷」の母親
※左:ひな・ひばり、右:「MAMA奴隷」の母親
 こうした感じで、お上手ですが差はあります。

★絵柄

前述したように、過去に発表していた短編をざらりと収録しているため。
時期は09年から11年まで、と幅広め。
(※1話は時期不明だとか)
描き方がアダルト・リアル寄りということもあり、不安定な印象でした。

やや縦長で、しっかりと描かれた鼻、バランス的に小さい目が特徴。
良いコマもあるんですが、あっさり気味の引き絵とか、コメディーちっくな部分とか、いくらかの落差があります。
また、それが目立ってしまう描き方だと思います。
劇画ほどの濃さはなく、また適度に漫画ちっくを残したリアルキャラ、というどちらでもなく。
現時点では、一般えっち系でありそうな、無難なまとまり。
そう悪くないと思いますが、あまり良くも感じません。

描き込み・濃淡具合はそこそこ。
それなりに癖はありますが、そう強くはないでしょう。。
判断については、↓表紙・裏表紙、または例によって「ヒット出版社」さんのサイトが見易いです。
ちなみに「Accident Actress」が立ち読みできましたよ。

★その他

そんな訳で「数木美咲」センセでした。
あとがきを見てみると…”この名義では初”、とのこと。
あ、「みにおん」センセの別名義なんですね。
こちらのブログでは、以前「敏感・ぷにアヌス」を紹介しております。

そちらと違って、収録の各話はアダルト寄り。
なるほど、ジャンルで名前を分けるんですか。
いいですね。
”数木美咲”名義での新作に期待します。 

背徳の指南書 (セラフィンコミックス)背徳の指南書 (セラフィンコミックス)
(2012/02/10)
数木 美咲

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ポニーテール スクール水着

■美少女あそび (寿猫鈴)

★まんがデーター [3/15]
・絵   :■□□□□
・話   :■□□□□
・独創性:■□□□□
・属性 : [成年] デリヘル・ラブコメ
・おまけ: あとがき、
・その他: 初単行本、短編×12(うち「出張イカせます!」×9)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「寿猫鈴(まねきねこりん)」センセの「美少女あそび」です。

えー、↑そちらのとおり、まったく刺さっていません
詳しくは後述しますが、収録メインシリーズの作画が微妙でした。
そんな訳で、これから正直に感想を書かせて頂きます。
そうした文面が得意でない方は、ここでご遠慮下さい。



 ・
 ・

■美少女あそび (寿猫鈴)


汐見夢子
※汐見夢子
 1話と8話です。お話に集中できませんでした。
 
★構成・概要 成年ラブコメ

そんな訳で「美少女あそび」です。
収録はメインの連続話と短編という構成。

まずメインの中編から。
同舞台の漫画で、だいたいは各話にヒロインが登場するタイプ。
後半のクライマックスにてストーリーっぽくなるという、一般えっち系によくある感じでした。
収録ではこちらが7割以上
前述・後述しているように、作画に難ありです。
個人的には、紹介帯に”初期作品”とか、断り文句を入れるべきレベルだと思います。

短編は最近の原稿なのか、だいぶ良いんですが。
特にストーリー性のない、即えっち・ただそれだけ、というお話でした。

★収録話 12話収録

005:「出張イカせます!」 9話
都内有数の歓楽街にて、異彩を放つデリバリーヘルス「D-ドリーム」
父親の経営していたデリヘルを継いだ「汐見夢子」
裏社会的なイメージを嫌った彼女は、宅配ピザ屋のようなバイクによる出張・宅配というシステムとしたのでした。
だいたいそんな感じ。

基本的には、「D-ドリーム」のスタッフが各話ヒロインを次々に担当していきます。
アイテムとかコスプレ、ボンテージでのSMに、電車などなど、プレイとしては様々。
ただ、キャラはそう強くはなく、複数話の登場はしているのか、していないのか~という程度です。
一方、経営者の「夢子」はレギュラーとして出ずっぱり。
お話の前後に顔を見せ、ちらほら前フリがあり。
後半7話以降にて、彼女のストーリーにシフトしておりました。

ぱっと思い出す「中田ゆみ」センセも似たような感じのお話を描かれてたかな。
ネタとしては雰囲気が宅配ピザ屋っぽいというだけで、そう珍しさはありません
確かに目立つし、宣伝にはなると思いますけどね。
(※デリヘルと思わないかも)

155:「妹よ」
こちらは妹「夕菜」と兄の近親ラブえっち話。
冒頭からえっちシーン始まっており、そのままラストになります。

171:「飢えたレンズ」
こちらも制服姿な「加奈」とのえっち。
ずっとそれだけ。

187:「熱き戦場の女神」
レースクイーンがレーサーとえっちする短編。
吹き出しなく、モノローグみたいなんで進行しておりました。

加奈、レースクイーン
※左:加奈、右:レースクイーン
 まだ良い作画の短編は内容がありません。

★絵柄

メインシリーズは04年の連載作品とのこと
なるほど。
乱れ・崩れが酷く、全体的に不安定。
とかくバランスは悪く、引っ掛かります。
引き絵はむろんのこと、大きい絵柄も微妙なので、見るべきところがありません。
たまのSD崩れも大きく、不安定さを増長している感じでした。
絵柄で気になるところばかりで、お話が頭に入ってきません。
そちらと比べると、後半収録の短編はまだ良いですが、前半がアレでは意味ないですね。

次々に上手な方が登場している昨今で、これくらいならば。
ファン以外は、わざわざ手を出すべきでないでしょう

★その他

そんな訳で、「寿猫鈴」センセでした。
”まねきねこりん”とお読みするんですね。
こちらが初単行本とのことでした。
まぁ…それも納得。

ゲーム原画をされているとのことで、↓表紙はなかなかの出来栄え。
ただ、中扉のカラー絵は、正直それほど良くは感じませんでしたが。
あれならば、ひでるさんは手を出さなかったと思います。
とりあえず、そうした↓表紙なのに、本編があの程度のクオリティというのは、久しぶり。
昔はちらほら見かけましたけどねー。
これはオススメしません。

美少女あそび (海王社コミックス)美少女あそび (海王社コミックス)
(2012/02/03)
寿猫鈴

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ

■へんたい山本さん (宮野金太郎)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・えっち女性
・おまけ: あとがき、イラスト。
・その他: 初単行本、カラー(10P)、短編×14(うち「水着っ娘シリーズ」×3、「犯してフォーリンラブ」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮野金太郎(みやの・きんたろう)」センセの「へんたい山本さん」です。

妄想ヒロイン「山本奈緒美」
※妄想ヒロイン「山本奈緒美」
 むちむちな水着姿に注目です。
 

■へんたい山本さん (宮野金太郎)


★構成・概要 一般ラブコメ

さて、本日は「へんたい山本さん」です。
↓表紙というより、手にとってひっくり返した際の裏表紙にあった、お尻に釣り上げられました。
いいよね。
本編でも↓表紙ヒロインの水着な話がいきなり3話も続き、期待通りの投球という感じでした。

収録は連続話が2つと、他短編という構成。
最大の特徴は、ヒロインの苗字が全て「山本」で統一されていること。
成年漫画時代の「甘詰留太」センセもそんなんでしたね。
何か思い入れある苗字なんでしょう。
前話繋がってるとか、全員が登場する読み切りがあるとか、ひょっとしてと期待したんですが…なかったです。
残念。
全員同族かもしれませんけどねー。

簡単には、明るいラブコメという作品群。
うち”ラブ”…の要素は薄く、”コメ”のが強い感じ。
タイトルそのままにエロい女性がぐいぐい来るというストーリーで、その様がコメディーちっくに仕上がっておりました。
えっち女性が大乱れする光景を楽しく見れます。

また、特筆すべきは連続話。
前半収録のはシチュエーション異なる同キャラ話。
後述しますが、キャラの牽引力が優れ、サクサク読めます。
また後半はストーリー連続話となっているんですが、こちらも読み応えとエロスが両立されております。

まさかここまで面白いとは、予想外でした。
絵柄が合えばオススメ

★収録話 14話収録

005:「水着っ娘 むちむち同窓姦!」 カラー原稿。
013:「水着っ娘 むちむちスイミングスクール!」
029:「水着っ娘 むちむちイベントコンパニオン!」
↓表紙を飾る、変態妄想ヒロイン「山本奈緒美」さんのシリーズです。
かなりハードえっちな妄想をしている彼女。
そんなんが強すぎるためか、ちらほら漏れ出ているためか、毎回妄想で終わるのが特徴です。
ため、3話ほどありますが処女のまま(笑)
いいなぁ、彼女。
なかなか可愛く、スタイルもいいんですが…男性は基本ガツガツしたのは敬遠するでしょ。

妄想だけでは成年漫画に厳しいかな。
「奈緒美さん」が面白く、個人的には好きなシリーズなので続けて欲しいです。

「むちむち同窓姦!」は↓表紙から続くようなカラー原稿漫画。
水泳部の同窓会で、唯一の女性部員だった「奈緒美さん」が長年の想いをを受け止めさせられてしまうというもの。
いいシチュエーションでしたけど、対称的な現実がもの悲しいです。
誰か相手してやって。
「むちむちスイミングスクール!」は、故あって妹の水着を着る「奈緒美さん」
しかし、妹「美雪」さんは14歳の中学2年生。(※奈緒美さんは22歳です)
むちむちでした。
オチページが好き。
「むちむちイベントコンパニオン!」はゲームイベントでの「奈緒美さん」
”第二次スク水大戦”だって。
前2話は紺色でしたが、こちらは色薄め。
コスプレの関係か、髪型も変化しておりました。
複数えっちですね。

045:「尿淫! 聖水ナース」
看護師「山本奈津」さんが患者に脅されえっちされるという短編。
どーでもいいですが、白衣の下は直接おっぱいでした。
下着は!?
尿好きな彼女。
そんな訳で、そーしたプレイになっていましたが…オチにてぶっ飛びます。

社長「山本響子」、義姉「山本文緒」
※左:社長「山本響子」、右:義姉「山本文緒」
 センセは眼鏡ヒロインも良い感じでしたよ。

061:「THE女社長~汁ダク給料明細~」
会社社長「山本響子」さん。
経営は傾き、社員も「田中」くんだけ。
その給与も満足には支払えず~なんて、トンデモな状態。
そんな訳で、不足分を身体で払うという流れ。
あの事務的な感じながら、照れてる「響子さん」がキュート
こんなん大好き。
ただ、パンスト破くのは早過ぎだよー。
いちおうオチはあんなんでしたが、その後もオフィスえっちしてそう。

077:「桜子お嬢様の私性活」
女子大生なお嬢様「山本桜子」さん。
最近彼氏ができたという「桜子さん」
ですが、相手の「竜司」はどう見ても良い男性ではなく。
どうなってしまうんだろう、とか思っていたら…なるほど。
純粋なことが逆に良かったのかな。
逃げられないでしょうねぇ。

093:「発情兄嫁」
こちらは義姉・主婦「山本文緒」さん。
主人公「トシアキ」くんの男性自身を目撃した彼女は、そのサイズに虜となってしまったのでした。
あけっぴろげな「文緒さん」が可愛いです。
お兄さん(トシアキくんの)は粗チンとか切り捨ててますね。
夫婦仲はすこぶる良いようでしたが。

109:「女教師彩子のマン開・保健体育」
眼鏡・みつ編みな数学教師「山本彩子」さんが、同僚教師にえっちを教わるというもの。
あんな感じでお願いされたら。
そりゃー何があってもきっちり教えてあげますわね。
オチでも可愛らしく、今後が期待できるお話でした。
真面目そうでえろいというのは良いですね。

125:「特濃・ハーレム温泉」
温泉とはありますが、舞台が温泉宿というだけでした。
こちらはバレー部の部長「山本芳香」さん。
合宿中の部員らを含め、、主人公男性との乱交エピソードとなっています。
ブルマとタイプ異なる女性陣が堪能できます。

141:「Bitch ビチ Beach」
海へ遊びに来た「山本舞香」・「山本さやか」の2人が童貞狩りをするお話。
Wヒロインのえっちパターンです。
日焼けな「舞香さん」もいいですが、こちらはやっぱり「さやかさん」
収録でたぶん唯一の貧乳キャラですよ。

157:「拘束若奥様」
こちらは新妻「山本小夜子」さん。
理想的すぎる旦那がため、えっちな本性をさらせない「小夜子さん」
しかし、ふとしたタイミングで、それがバレてしまうのでした。
あれは恥ずかしい(笑)
ただ、あの関係なままで良い筈もなく、コレでいいのかも。
描写はあんなんですが、本当のパートーナーになるという素敵な1話です。

173:「犯してフォーリンラブ」 3話
後半収録のストーリー連続話。
都内にある、良い条件のアパート「緒石荘」
主人公「川本耕平」も気に入っていたんですが…唯一、住み込みの管理人「山本志緒」が問題。
何かにつけて注意、イヤミを言われる毎日で、へきへきとしていたんですが。
ひょんな偶然から、押入れ奥に小さな穴があることを発見。
隣に住む彼女を覗けることに気付いたのでした…というもの。
ひでるさんはこんなん好き!!
ヒロイン「志緒さん」はちょっとツリ目で地味目な、委員長タイプ。
なかかなかチクリと刺さるイヤミが素敵ですね。

詳細は伏せますが、1話「ツンツン大家さんとオレ」はそんな「志緒さん」のえっちを覗くというもの。
普通のえっちではありません。
なかなかの機転を利かせた「耕平くん」なんですけど、普段通りな彼女がため、お話は思わぬ方向に。
2話「大家さん変態攻略作戦」は…えっと、いちおう「耕平くん」・「志緒さん」のえっち。
なかなか期待通りになってません。
まぁ、前話での手段もあんなんですし、実はリアルな対応かも。
ネタばらしの3話「大家さんの本性!」
ここに注目です。
いいなぁ、「志緒さん」
そうか、これまでもあーした女性が揃ってましたもんね。
最終ページでなかなか可愛らしいことを言ってました。

管理人「山本志緒」
※管理人「山本志緒」
 お話は断然こちら。面白かった。

★絵柄

はっきりとした線の漫画絵。
濃淡は丁度よいか、やや濃いめというくらい。
描き込みもそこそこなまとまりで、見辛さなく、空間が多くもなく。
極端な乱れなどもなく安定感がありました
ふっくら頬に横長な目で、漫画ちっくな可愛らしいヒロイン絵。
そうした系統でのバランス感覚も非常に優れております。
良いですね。
個人的に好きな系統の作画です。
多少癖はあるかもしれませんけれど。

表現などに引っ掛かる個所なく、各キャラの表情も特に問題は見当たらず。
テンポ崩されることなく、読み進められるでしょう。

例によって「DMM」さんはサンプル多く、判断には非常に便利。
単行本サンプルほか、電子化された各話も見れますから。

★その他

描かれてるのは「宮野金太郎」センセでした。
紹介帯にも書かれていたので、こちらが初単行本でいいのかな?
あとがきには、
「初のエロ単行本~」
…とあり、もしかしたら別名義とかで一般単行本があったりするのかもしれませんね。

そう、と言うのも、初と思えないくらいにお上手でしたから。
上で書いてきたように、お話・絵柄とも多少の癖はあるものの。
連続・短編どちらも予想以上の面白さ、エロスでした
ぜひ、お名前を記憶し、次は反射的に手が伸びるようにしておきます。

へんたい山本さん (キャノプリCOMICS)へんたい山本さん (キャノプリCOMICS)
(2012/01/25)
宮野 金太郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ スクール水着

■ゆるふわビッチ (コア助)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] 巨乳・メイド
・おまけ: あとがき・4コマ、作品解説、
      描き下ろし「義母フミエの日記[息子とつながる日々]」
・その他: カラー(6P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「コア助(こあすけ)」センセの「ゆるふわビッチ」です。

義母メイド「フミエ」
※義母メイド「フミエ」
 こんな感じです。左の主婦姿もむちむちでした。
 

■ゆるふわビッチ (コア助)


★構成・概要 巨乳系ラブコメちっく話

本日は「ゆるふわビッチ」です。
1つメインの連続話があり、他は短編という収録。
そちらがメイドネタであったので、属性に入れてみました。
お話としてはだいたいラブコメっぽいもの。
女性のが年上であるケースがちらほらあり、それがためかプレイは結構バリエーション豊富。
また、皆さん巨乳で、むちむちとしたスタイルでしたよ。

絵柄・お話ともまとまり良く、プレイも豊富。
どっちかというと、より深く描き込まれる連続話のがいいかなぁ。

★収録話 11話収録

011:「ぼくのメイド母」
193:「義母フミエの日記[息子とつながる日々]」 描き下ろし
005:「ころもがえ[その後のメイド母]」 カラー原稿
家にメイドがいる、と嘘をついた「たかし」
イジメを心配する義母「フミエ」は、仕方なくメイドのコスプレをするんですが…見にきたその友人らはえっちな行為を要求してきたのでした。
だいたいそんなん。

収録でのメインシリーズです。
色々な熟慮の結果か、「フミエさん」は裏表紙に配置されていましたが。
こちらが初の母漫画だそうです。
(※いちおう義母)
オープニングは某ネコ型ロボット漫画みたいなもの。
あれは突き放した方が良いのではないかなぁ。
義理という関係性もありそう
(※オチにて真相が判明します)
煽られてのえっちで、展開としてはスムーズ。
「フミエさん」可愛かったですよ。

時系列としては、続きが描き下ろし「義母フミエの日記[息子とつながる日々]」
相当なお人良しっぷりが描かれておりました。
まぁ、あんなんだと「たかしくん」の要求は退けられないでしょうね。
おそらくその流れで、冒頭のカラー原稿「ころもがえ[その後のメイド母]」でしょう。
裸エプロンですね。
個人的には…やっぱり普通のメイド服のがいいですが。

031:「受験のお守り!」
家庭教師を追い出そうとしている、美大志望なヒロイン。
前に来ていた女性家庭教師はうまく追い返せたものの、今回の男性はヌードモデルにも抵抗感ない、なかなかの強敵だったのです。
うまく言葉に乗せられてのえっちパターン。
…彼女はなかなかのおバカさんですね。
あの感じだと、大学は期待できなさそう。

051:「騙し愛」
合気道に熱中しているヒロイン「菖蒲(あやめ)」
男勝りな彼女との関係を発展するべく、「涼太」は一服盛ることとしたのでした。
よくある感じかと思いましたけれど。
そうかー。
彼女もあーならば、今後も大丈夫そうですね。
オチも予想外に可愛かったです。
センセ的にはツンデレ・袴とのことでした。

実は看護師「神橋さん」
※実は看護師「神橋さん」
 コスプレ効果ですねー。ちなみに眼鏡率も高めでした。

071:「いいなり秘書(セレクタリー)」
仕事を継ぐよう言われている、社長の息子「晃司」のオフィスえっち話。
彼的にはその気がなかったので、秘書という「姫川」さんにセクハラすることでウヤムヤにしようと考えたんですが…。
うん、秘書といえばエロスですよねー。
胸触っても、スカートめくっても、過度な反応することなく。
従順なままで、なかなか良い感じ。
ショートカットでむちむちとしたスタイルの実に可愛らしい方でした。
オチに注目。

091:「配信日和」
ネットにて、ちょっとえっちな動画配信にハマっている主婦。
隣の大学生「飯塚」もそれを見ており、ひょんな偶然からそれがバレてしまったのでした。
先の主婦メイドに続く、アダルト女性もの。
こちらではブルマ姿ですね。
かなり可愛い方なので、そう違和感無いのはいいような、残念なような。

111:「てほどき」
家庭教師のヒロインと、生徒「律子」さんのWヒロインもの。
「律子」はストレスのはけ口としていた弟「順」を共に調教するのでした。
先生は眼鏡で地味目な方。
えっちも初めてだったんですが…いきなり舐めたりするものかなぁ。
それはそれでプレイ的にはいいんですが(笑)

131:「キモチイイニオイ」
「相太」くんと隣の「神橋」さんのコスプレえっち。
…いちおう「神橋さん」は実際に看護師のようなんですけれど。
匂いフェチな彼女が、彼の包茎に反応するという展開。
まぁ、どっちもいい相手が見つかって幸せそうでした。

151:「教育的指導!」
ファーストフード店での羞恥プレイなお話。
AVとかでありそうなネタ。
ただ、こちらでは「佳奈」ちゃんの真っ当な相手として、バイト「田中」くんが配置されていました。
確かに彼はその気あるだろうなぁ。
店長勘違いしてましたが、それも納得です。
えっち的にも良いスパイスですわね

171:「更生しましょ!」
真面目な従妹「志津子」さんとの剃毛プレイがあるお話。
これはまたいいですね!
あーいうカタそうな娘にエロい事する流れが最高
一直線なため、ごく簡単にあっさり騙されてます。
私のアソコはグロくなんてないです!
とか言ってましたが、ぜひ音声付で聞きたいですわ。
オチでも可愛らしい発言をしていました。
収録の中ではこれがもっとも好き(笑)

秘書「姫川さん」、従妹「志津子さん」
※左:秘書「姫川さん」、右:従妹「志津子さん」
 良いお尻ですね。この2人のお話は良かったです。

★絵柄

今回原稿からフルデジタルだそうです。
そんな時代なんですね。
濃淡はいかにもデジタルっぽい色彩で灰色。
そうした中でも、線は太めで若干濃いめかな。
描き込みとしては適度なくらい。
原稿はそう複雑ではなかったです。
丁寧で乱れも少なく、見易くまとまっていました。

キャラ絵はやや縦長な輪郭で、目は縦・横に大きめ。
たまにパーツの配置バランスが微妙なところもありましたが、些細な程度。
皆さん立派な胸をお持ちで、なかなか良いおっぱい具合です。
スタイルについての違和感はありません。

収録の原稿時期はほぼ最近のもの。
安定してます。
↓表紙・裏表紙のカラー絵はだいたいそれなんですけど、判断には「エンジェル出版」さんのHPが便利です。

★その他

そんな訳で「コア助」センセでした。
ブログでは「おとなのこ」を紹介しておりますね。
…そう、眼鏡の「小夜さん」がやたら刺さったんだ。
前回からメイド押しだー
こちらの”母親がメイド”というネタも良いんですが、キャラとして好みなのはやっぱり「小夜さん」ですね。
また登場しないかなぁ。

ゆるふわビッチ (エンジェルコミックス)ゆるふわビッチ (エンジェルコミックス)
(2012/02/17)
コア助

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コスプレ ショートカット

■アとエのあいだ (川崎直孝)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] コメディー・貧乳
・おまけ: あとがき、描き下ろし「おまけ4コマ おしえの庭・番外編」
・その他: 初単行本、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「川崎直孝(かわさき・ただたか)」センセの「アとエのあいだ」です。

「杏」・「千夏」・「きり」
※「杏」・「千夏」・「きり」
 短編ながら、個性的な3名でした。
 

■アとエのあいだ (川崎直孝)


★構成・概要 成年コメディー

さて、本日は「アとエのあいだ」です。
↓表紙・裏表紙は明るい色彩で登場ヒロインが大集合している、賑やかなもの。
漫画もだいたいそんな感じでしたよ。

ごくコメディー要素の強い、ラブコメ漫画。
はっちゃけてますね
えっち方面からのギャグ多く、また展開やシチュエーションも非常に独特なもの。
こちらの個性が目立つので、普通の成年漫画を期待する方にはやや振り切れ過ぎかもしれません。
(中には落ち着きある作品もありましたが)

たいてい舞台は学園。
教師・生徒のカップルが多く、男性のが年上な感じ。
そのため、ややロリちっくでもありましたが、ジャンル的にそっちではないかな。
貧乳傾向、という方が正しいと思います。
収録は全て短編で、描き下ろしは本編の設定を借りた4コマ漫画。
ああ、完全にコメディー調な方ですわね。

★収録話 10話収録

005:「モンスタースチューデンツ」
教師「羽田」が、生徒「きり」・「千夏」・「杏」の3名からダメだしをされ、経験を積むためえっちに至るというもの。
そんな訳で、ごくあっさりと集団えっちな展開になってます。
ヒロインの皆さんは個性的。
ツンデレちっくな「千夏ちゃん」とか、マイペースな「きりさん」、1人ラブい「杏ちゃん」など、皆さん個性を発揮していました。
後半での並んだ光景は、たぶん読者が期待していたプレイでしょう。

025:「絵に描いた杭」
クイズ部「有田ひだり」さんが、ひょんな流れで教師「白瀬」とクイズ対決することとなりました。
しかし、その内容はトンデモなものだったのです。
細かく書いてしまうと、新鮮味が薄れてしまうのでやめますが。
実に独特な展開でのえっちパターン。
こんなん書く人は他にいないだろうなぁ。
これほどふざけた話(失礼ながら)なのに、後半はいちおう”なるほど”って感じさせられるのが凄いです。

047:「額の額」
美術教師と生徒なヒロインのカップルえっちもの。
収録ではセオリーな短編。
ただ、こうした落ち着いた雰囲気あるお話もお上手ですね。
2人のやり取り良く、ヒロインも容姿・性格どちらも魅力的で、ひでるさんはこの話大好き。
いや、彼女がお気に入りなのかな。
どっちも、なんらかややこしそうな背景がありそうでしたよ。

おまけ「額の額」のヒロイン
※おまけ「額の額」のヒロイン
 ちなみに、こんな感じの娘さんです。

067:「どうでもいいけどバントの発想ってすごくない?」
ポニーテールで活発な生徒会長さんと、野球部の面々という集団えっち。
えっちに至るまでの展開が…バカバカしいけど面白いですね。
タイトルの意味も納得。
この生徒会長さんは大したものだと思います。

089:「小水、白陶器を穿つか」
トイレの男女マークを入れ替えるイタズラをしていたところ、バスケ部の「山居」さんが引っ掛かって男子トイレに入ってしまったのでした。
…どうみても男女間違えてるんですが、女子トイレだと信じ切っている「山居さん」
男性用小便器相手に奮闘しておりました
昔同じシチュエーションのAVあったけど、なかなかエロいですわね。
ただ、こちらはひょんな偶然で、個室に入っていた教師「戸田」とはち合わせてからがメイン。
まー、どっちもどっちで、テンション高くおバカ対決をしてました。
こんな展開好き(笑)
声がっ、うれしそう、ばかぁっ
という台詞も可愛いです。

109:「2時のおやつ」
TVでの女優の発言を切っ掛けに、”精子ブームが到来した”という、かなりはっちゃけた展開。
んなバカな(笑)
そんな訳で、本来は2次元好きであった「洋一」もターゲットにされてしまうんですが…そこで「彩ヶ花かれん」が割ってはいったのでした。
切っ掛けだけでなく、ヒロイン「かれんさん」との中盤もなかなか驚きの展開。
2話分くらいのボリュームがあります。
これのオチがまた可笑しいですよ。

生徒会長、バスケ部「山居さん」
※左:生徒会長、右:バスケ部「山居さん」
 「山居さん」のお話というか、シチュエーションが好きです。

133:「したがって少年少女」
親同士が仲良しのクラスメイト「理緒」・「ルイ」
そんな2人と留守番をすることとなった「遊人」は間を埋めるべくDVDを持って来たんですが、その内容はえっち講座だったのでしす。
両手に花で、これ以上ないくらいのナイスなシチュエーション。
エロスに負けず、ノリ良い「理緒ちゃん」がキュートでした。
嫉妬してる「ルイちゃん」も良いですね。
ラストページの、微妙な表情の「理緒ちゃん」が気になりました。
あれは彼女を気遣って、身を引いたのかな。

153:「おしえの庭」
197:「おまけ4コマ おしえの庭・番外編」 描き下ろし
写真撮影が趣味な主人公「吉岡」
近頃取り壊すと聞いた、懐かしい母校を訪ねてみたところ…若い女の子の接待と、それに身委ねる恩師「佐藤先生」の姿があったのでした。
教師との鉢合わせ場面が最高
その後もある意味通じ合ってました。
わはは。
詳細は置いといて、妙に安価なプレイ金額が素敵。
後半ではスクール水着なプレイもありましたよ。
つい、何か裏があるのでは~、とか考えてしまいますね。

巻末に収録された4コマはこちらの設定をコメディーとしたもの。
うん、これは面白い。
本編も良かったですが、こんなんもお上手。
まだ色々とネタ考えられるので、別シチュエーションとかみたいです。

175:「アとエのあいだ」
なにげにこちらが表題作品。
転校・初登校の「水口夏子」さんは、登校して驚きの光景を目にするのでした。
HRに登場した男性教師が彼自身を丸出しにしてる(※いちおうズボンは履いてる)んですが、誰1人として異を唱えないという、なかなかシュールな風景。
そんなん切っ掛けとして、次々に変態的な授業が展開されてます。
こうしたのがセンセの真骨頂でしょう
人を選びそうだなぁ。
後半はまた、そりゃー大変なこととなってましたよ(笑)
しかし。
こうした集団えっちは「如月群真」センセもお得意なネタですが、なにゆえあーも雰囲気異なるのか。
なんだか可笑しいですね。

「ルイ」・「理緒」、「おしえの庭」のヒロイン
※左:「ルイ」・「理緒」、右:「おしえの庭」のヒロイン
 「おしえの庭」はまた違った意味でのイイ話でした。行きたいですよ。

★絵柄

薄めな配色と細線の、エッチングみたいなデジタル作画。
濃淡は灰色で全体的には弱め。
描き込みは細かく、乱れのない極細線で構成されていました。
小コマとか斜めのコマ割りが多く、こちらはなかなか複雑。
小さく手書きな吹き出しもちらほら見られ、全体的にはごっちゃりとしています。
ただ、それでも色と丁寧さがためか、見辛い印象はありません。
流れとか構図・配置など、やや分かりにくく感じる場面は正直なところありました。

人物絵は縦長・楕円の輪郭が最大の特徴。
鼻の感じも独特ですねー。
前述したように貧乳傾向ですが、優れたバランス感覚があります。
また、肌もキメ細かそうで綺麗でしたよ。

安定感もあり、なかなか高い完成度。
お話と共にやや人を選びそうなので、よくよく確認して下さい。
店頭ではそう変化ないので↓表紙・裏表紙、時間あるならば「コアマガジン」さんのHPがオススメです。

★その他

以上、「川崎直孝」センセでした。
こちらが初単行本。
絵柄・お話どちらも癖はありましたが、高い完成度です。
こないだ読んだのと同じですね。

あとがきによると、一般誌にて賞を取ったことがあるのだとか。
なるほどー。
ついに合った水を発見されたようで、なによりです。
漫画の業界というのはやはり大変ですね。
コアマガジン」さんの対応は…さすが!

アとエのあいだ(メガストアコミックス)アとエのあいだ(メガストアコミックス)
(2012/02/18)
川崎直孝

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ポニーテール

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。