FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■みんなの先生 Everybody's Teacher (猫玄)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・妖怪
・おまけ: あとがき、描き下ろし「課外授業」、
      カバー裏に「課外授業」の続き。
・その他: 8話(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「猫玄(ねこげん)」センセの「みんなの先生 Everybody’s Teacher」です。

2011年もコレが最終日です。
色々ありました。
こうしてブログを続けてられる状態にあるというのは、幸せなことですね。
何かと微妙な情勢ですが、これから良くなっていくことを祈ります。
とりあえず…とっとと総選挙やってほしいです。
もう無理でしょ、やめてよ民主党。

…と、政治っぽくなってしまったので、それくらいに。
さて、いつものお約束”年末を飾るに相応しい漫画”ですね。
2011年ラストを飾るタイトルとして…コレ、「みんなの先生 Everybody’s Teacher」をチョイスしてみました。

あかなめ「赤井しとね」、猫又「鈴木玉枝」
※左:あかなめ「赤井しとね」、右:猫又「鈴木玉枝」
 「玉枝ちゃん」が可愛かったですよ。


■みんなの先生 Everybody's Teacher (猫玄)


★構成・概要 妖怪系・成年ラブコメ

そんな訳で、「みんなの先生 Everybody’s Teacher」です。
本当は、もっとはっちゃけたタイトルの漫画をチョイスしたいんですが、貧乳モノがなかなかなく。
なんだか年末は巨乳系でしたねー。
どうせならば、と今年2冊ほどお世話になっていた「猫玄」センセにしてみました。

1冊まるまるの長編ストーリー。
途中までは各話にヒロインが登場していて、だんだんと主要キャラが増えていくタイプです。
出揃った中盤あたりから、ラストに向けてのお話になっていました。
暗さのないラブコメで、良くも悪くもそう凝ったものではないため、お話は読み易くまとまってます

ヒロインらがきっちり貧乳揃いなのが特徴です。
いかにもソレっぽいんですが正確にはロリでないので、ジャンル違いに注意。

★収録話 8話収録

新米教師「直崎巧」は色々と訳あって、妹としている「小豆」と共に町に越してきました。
引っ越し当日、大家「羽山風見」に教えられた銭湯にて、銭湯の看板娘「赤井しとね」と不思議な体験をしていた彼。
翌日、学園長「九ノ華蜜」から学園へと招かれた真実の理由を聞くこととなるのでした。
物の怪の未来は先生にかかってるんだから

005:「いちじかんめ」
こちらはあかなめ、「赤井しとね」との銭湯えっち。
成年漫画な妖怪モノでは定番なキャラとなりましたねー。
彼女は銭湯の三助(さんすけ)…という、実際にあった銭湯サービスをする担当。
ほぼ男性のイメージですが、女性(湯女というのが聞き覚えあるかな)はえっちなこともしていたみたい。
まぁ、雰囲気的にそれも当然か。
こちらの「しとねちゃん」も同様で、自らえっちに誘っています。

031:「にじかんめ」
舞台を学園に移してのお話。
どーでもいいですけど、この漫画は授業シーンないんですが…どんな授業してるんだろ。
「巧くん」が赴任した真実の理由がため、生徒らからモテモテ。
ぱ~~~~っとやっちゃいなさいよ
とか学園長にも言われており、学園含めて公認な状態なのでした。
う、羨ましい。
こちらのヒロインは、猫又「鈴木玉枝」ちゃん。
尻尾掴まれてメロメロになるという、たぶんお好きな方は小躍りしたくなるよな展開でした。

山犬「山上白」、小豆洗い「直崎小豆」
※左:山犬「山上白」、右:小豆洗い「直崎小豆」
  「小豆ちゃん」は冒頭のこのあたりがキュートです。 

055:「さんじかんめ」
ラブコメな漫画ですが、冒頭でちょぴり脅されてますね、
もしかしたら今後そういう展開が…とか思いましたけど、詳細はナイショ(笑)
こちらは山犬の「山上白」さん。
送り犬とも言われ、キチンと対処をすると狼などから守ってくれるけど、間違うと喰い殺されるんだとか。
こちらはお風呂えっち。
古風な言い回しとか、もしかしたら最も年齢が高いかもしれれません。
猫に続いて犬ということで、先の「玉枝ちゃん」とは仲悪いのでした。

079:「よじかんめ」
こちらは座敷童な保健医「桜こるね」さん。
まー、可愛らしい保健医ですねー。
ポニーテールな貧乳教師で、当然ながら舞台は保健室でした。

103:「ごじかんめ」
前々話あたりから、ちらほら描かれていたことが示される回。
ラストエピソードへの前哨戦という感じで、各ヒロインとのえっちが見れます。
メインは「玉枝ちゃん」かな。
とある事情がため、より可愛らしい感じになってました。

127:「ろくじかんめ」
151:「しちじかんめ」
そんなこんなで、こちらが最終エピソード。
詳細は書きませんが…ついに「小豆ちゃん」も参加の、複数えっち展開です。
いかにも成年漫画してました。
大団円ですよー。

177:「課外授業」 描き下ろし
こちらが描き下ろしで、後日談という風情。
ちらほら顔を出していた、九尾の狐な学園長「九ノ華蜜さん」とのえっちです。
わざわざ身体を小さくして貧乳となってるあたりは、徹底してますね。
お話中で謎となっていた事柄について示されます。

漫画はカバー裏まで続くんですが…さすがセンセお上手です。
最後のシーンは、なんだか妙に感動的でした。
うっかり泣きそうになりましたよ(本当)

座敷童・保健医「桜こるね」
※座敷童・保健医「桜こるね」
 可愛い先生です。もっと活躍してほしかったなぁ。

★絵柄

こちらはいつも通りの安定感ある作画でした。
今回は特に貧乳系でまとまってます。
ぺたんこです。
可愛らしいキャラ絵がため、こちらのがしっくりくるかな。
ロリちっくであるんですが、いちおう実年齢は高く、正確には貧乳系ですね。
ちょっと人を選ぶタイプですが、漫画の巧い方。
↓表紙・裏表紙に違和感無ければ、特に問題ないと思います。

★その他

そんなこんなで、「猫玄」センセでした。
これが42冊目だって。
お疲れ様です、お世話になってます。

前巻「ご近所ロリ巨乳 Big breast Lolita」を紹介した際に、次が教師モノだと知り、もともと購入の考えでした。
ただ、なぜか↓表紙の娘が教師だと勘違いしていたんですね。
うっかり、ロリ教師の活躍する単行本だとひでるさんは思っていたので…野郎が教師だと知って、やや愕然としました(笑)
保健医「桜先生」がいて良かったです。
妖怪ジャンルとは想像もしなかったですけど、いつもの感じで楽しめましたよ。

みんなの先生 (メガストアコミックス)みんなの先生 (メガストアコミックス)
(2011/12/26)
猫玄

商品詳細を見る


★「猫玄」センセの漫画紹介記事。  すべて成年系
 「ご近所ロリ巨乳 Big breast Lolita
 巨乳な童顔お姉さんとの“おっぱい祭”なラブコメ。中編多め。
 「のらシス WANDERING SISTER
 のら~という、独特でキュートなヒロインらが登場するコメディーえっち作品。 
 「お仕えします ご主人さま~家族のお値段~
 過去連載のリライト漫画。メイドさんの連続話「家族のお値段」シリーズを収録。
 「とらい・ぶっきんぐ
 ロリ系。表題「とらいシリーズ」もいいんですが…短編のハーフ少女「マーヤさん」がキュートでした。
 「お姉ちゃんのココも気持ちいい
 お姉ちゃん系。姉弟の近親「姉弟・帰るシリーズ」などを収録。
 「裸族の夜
 ロリ系。全249ページというページ量で、2話の連続ほか短編を収録。
 「妹のアレは気持ちいい
 妹系。コメディーちっくな「巨乳妹・真依ちゃんシリーズ」を収録しています。
 「都合のいい少女
 ロリ系。「鈴さん」が登場する「狐の嫁入り前」などの短編を収録。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ポニーテール

■いちゃらぶっ! (もずや紫)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・むちむち
・おまけ: あとがき、作品解説、登場人物インタビュー、
      カバー裏にリンク別絵、描き下ろし「これでビチョビチョ」
・その他: カラー(16P)、短編×11(うち「これで~シリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「もずや紫(もずや・むらさき)」センセの「いちゃらぶっ! ICHA-LOVE!」です。

ブログでもちらほら話題にしてる、「閃乱カグラ」なんですが。

閃乱カグラ -少女達の真影- (特典なし)閃乱カグラ -少女達の真影- (特典なし)
(2011/09/22)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

…ないですね。
実はこないだから探しているんですけど、なぜか店頭にて行き当たりません。
本日立ち寄った店では、売り切れとの張り紙がありました。
もしかして、この年末にバカ売れしてたりして…。
ネット購入のが楽かなぁ。

上司「百合さん」、紗奈・麻里絵
※左から、上司「百合さん」、紗奈・麻里絵
 こんな上司と営業回りしたいですねー。まぁ、漫画ですけど。
 

■いちゃらぶっ! (もずや紫)


★構成・概要 成年ラブコメ

本日は「いちゃらぶっ! ICHA-LOVE!」
今回も短編集でした。
巻末には描き下ろしの短編があり、そちらは連続話となっています。

お話は軽いもの。
ややユルさがあるかなー。
コメディー度合いの少ないラブコメで、ざっと読んだ印象では、ラブ度もお話によりけり。
どっちかと言うと、えっちが先行しているようでした。

合間には”登場人物インタビュー”という、キャラのプロフィールと、簡単な質問に答えた1枚絵があります。
まぁ、雰囲気からそう外れてはいないと思いますが…やや企画としてはユルめかなー。
どうせならばお話と繋がるネタ絵とか4コマみたいなののが良かったです。

★収録話 11話収録

005:「新妻のココロエ」 カラー原稿
013:「CAのオシゴト」
どちらもカラー原稿の6ページもの。
「新妻のココロエ」は、新妻「長澤はるか」さんの裸エプロン話。
下着を着けていたため、旦那さんが違うーってキレるような内容です。
ひでるさんはどっちでもいいかなー。
「CAのオシゴト」は、CAなヒロインがお世話~と言ってエロい行為をするというもの。
AVみたいなお話ですわね。

019:「げんきの素」
新入社員の主人公が、上司「百合」さんと営業回りをするというもの。
成績トップという彼女は、えっちな好意にて仕事の活力を得る人だったのです。
可愛い先輩と人前でのこっそりプレイなんて…願ったり叶ったりですけどね。
やめてくれ、という彼のが変ですわ。
ただ、運転中はやめてほしいなぁ。
事故るぞ。

039:「ぼくの可愛いひと。」
漫画家ネタで、アシスタントに来てくれた「みずほ」さんとのお話。
少女漫画家な彼女に、成年漫画の手伝いをしてもらっていたところ…経験ないことを告白してきたのです。
それじゃー現物を…と、なるんですが、アレは下手すりゃひっぱたかれて終わりそう
まぁ、驚きつつもまじまじ眺めてましたけどね、「みずほさん」
ラストの2コマは余計に思いました。
あれはスカっと終わった方が良いのでは。

いずみさん
※いずみさん
 せっかくなので、素直に教えてもらえばいいじゃない(笑)

059:「これでメロメロ」
184:「これでビチョビチョ」 描き下ろし
バイト先の女の子とイイ感じ。
~という話を、「学」くんから持ちかけられた、幼馴染みの「いずみ」さん。
経験豊富を自称していた彼女は、それに焦って”えっちなこと教える”とアピールをするのでした。
こちらが描き下ろしと連続話になっています。
よく慣れた女の子とえっちができる、そんなチャンスを目前に、なかなか煮え切らない「学くん」
サキちゃん(バイト先の娘ね)に童貞捧げる
とか、よく分からんこと言ってますね。
相手が迷惑だってば。
いっぱい・いっぱいながら、頑張る「いずみさん」をお楽しみに。
そんな訳で、描き下ろしではAVを見て勉強する彼女。
漫画喫茶でのえっちでした。
音ダダ漏れでしょうねー。

081:「えらんでよッ!」
褐色肌な先輩「紗奈」さんと、眼鏡な後輩「麻里絵」ちゃんのえっち対決です。
こちらが中扉での2人ですね。
男性は都合良いことをのたまわっていましたが…オチはあれで正解だと思います。

101:「へんしんっ!!」
チャットでの知り合い、コスプレイヤーな「アキ」さんが泊りに来るというもの。
これまた願ったり叶ったりですね。
まぁ、あーまであっけらかんとされると、逆に手を出し辛いか。
いちおう初対面なのだし。
コスプレ衣装で縞パンをパンチラ(ほぼモロ)させていました。
オチのコマが可愛いです。

121:「Destiny Red Chain-saw」
ホームセンターの店員「柏田」さんとのお話。
勘違いからのタナボタえっちですわね。
あとがきに書かれていましたが、確かに強引な展開です。
オチもやや甘過ぎるかな。
「柏田さん」のキャラが良いだけ、勿体ないです。

143:「ナデシコのたしなみ」
浴衣な彼女「瑞希」さんとお祭りに出掛けるエピソード。
成年漫画でお祭りならば、野外えっちがお約束です。
こちらもそんなんですが、トイレ行きたいというのが切っ掛けになってるのがポイント。
なかなか素敵な放尿っぷりでした。

163:「ぐうぜんデスティニー」
憧れの「陽菜(はるな)」、その妹「葉月」と、旅先で偶然一緒になった「谷口」くん。
同じ旅館に泊まった上、部屋の露天風呂を使いたいと言われたのでした。
そんな訳で、姉妹とのお風呂展開
もう、いいことずくめでしたよ。
甘いというより、かなり男性に都合良い、良過ぎるお話でした
センセも書かれていましたが、2人のうち「葉月ちゃん」は珍しく貧乳キャラです。
こんなんも良いかと。

コスプレイヤー「アキさん」、陽菜・葉月
※左から、コスプレイヤー「アキさん」、陽菜・葉月
 控えめなキャラも良いと思いました。

★絵柄

まるまるとした、柔らかな作画。
雰囲気そのまま、可愛らしくまとまっていました。
さすが、”ムチプニ伝道師”という冠は伊達ではありません。

濃淡・描き込みはだいたい適度なくらい。
大きめなコマ割りでしたが、ややごっちゃりとしています。
ただし目立つ乱れ・崩れはなく、ふんわりとしていました。
癖あるキャラ絵なので、個人的にバランス気になるコマはありました。
縦横に大きな目はガラスのような処理で特徴。
いかにもラブコメな可愛らしい絵ですねー。
漫画っぽいキュートさです。
だいたい差はないですが、塗り方がため個人的には白黒絵よりもカラー原稿のが好き。
一般のカラー漫画とか合いそうに思いました。

判断については「エンジェル出版」さんのHPとか、「DMM」さんのサンプルが良いでしょう。
(※なお、どちらも同じ場面です)

★その他

「もずや紫」センセです。
こちらのブログでは初単行本「エッチなことしよ…」を紹介してます。
そちらに続く2冊目ですね。
今回もラブラブでしたよー。

なお、今回の注目はあとがき部分。
そちらには、
”なんで毛を描くの?”
という質問に答えた文面が掲載されていました。
なるほど。
単に好き、というだけでなく、色々と考えて描かれてるんですねー。
ちょっとまた違った視点で見れそうです。

いちゃらぶっ! (エンジェルコミックス)いちゃらぶっ! (エンジェルコミックス)
(2011/12/17)
もずや 紫

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ パンチラ

■ちちエール (かいづか)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]コメディー・胸
・おまけ: あとがき、合間にラフ絵、
      カバー裏に作品コメント・SD絵、
      描き下ろし「ちちエール」・「ぺっとろす」 
・その他: カラー(4P)、短編×9(うち「橘澪さんシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かいづか」センセの「ちちエール」です。

先日「逓信総合博物館 ていぱーく」へ行ってきました。
お目当ては期間限定の特別展「昭和レトロと郵便展~切手少年がいた時代~」で、タイトルそのまま昔懐かしい世界を満喫してきました。
楽しかったですよー。
…とは、以前書きましたが、もうひとネタ。
ここの上階にはNTT情報通信館となっているんですが、コレが酷い。
東京の一等地の建物だというのに、空きスペースばかりで、展示もとりあえず~みたいな風情。
もうちょっと頑張ろうよ。

橘澪さん
※橘澪さん
 学ランは良かったんですけどねー。
 

■ちちエール (かいづか)


★構成・概要 成年コメディー

本日は「ちちエール」です。
いかにもデカイ↓表紙が示すそのまま、巨乳系な単行本。
今年の誓いと真逆ですわね。

収録はほぼ短編という構成。
↓表紙が学ランだったので新たに追加した~という漫画がため、1つ連続話になってます。
キャラが同一なだけで、そう繋がりないですが。

コメディー色の強い、楽しい漫画群
どちらもヒロインの個性が強く、だいたいえっちも女性が主導しています。
ジャンルの胸とかなんとかを、霞ませるほどでした。

★収録話 9話収録

003:「ちちエール」 描き下ろし・カラー原稿あり
019:「くいーん’S」
映画で主役に抜擢された「橘澪」さん。
ファンだという後輩「高岡正広」を相手に、S演技を試してみるのでした。
そんなんが、「くいーん’S」
「澪さん」は学生だけど女優、ということでいいのかな。
写真集とか、映画で主役とか、ファンクラブとか…学生服な2人が普通に会話しているので、違和感がありました。
ぱっと分かり辛いのは、成年漫画でマイナス
何度か見返してしまいましたよ。
演技がプレイとしてエスカレートしていく内容。
カチッと入ってきやすい冒頭・描き下ろしと比べ、やや弱いか。
一方、表題作「ちちエール」は、↓表紙そのままの巨乳学ラン姿。
巻いてるサラシも素敵ですね。
漫画本編では、さらにツインテール・縞パンとなっておりました。

043:「×××生物学読本」
水泳部「はるか」と、生物部「島田瑞穂」はライバル関係な昔馴染み。
新人部員勧誘に頑張る2人は…と、そんなお話。
複数えっちな漫画。
「瑞穂さん」が促したとはいえ、男子連中は枯渇してますねー。
「はるかさん」は巻き込まれ損という感じでした。
誰も水泳部には入っていないようだし。

権藤実、夢生
※左:権藤実、右:夢生
 こっち系で押しても良いかと思いました。

065:「支配しちゃうぞ」
089:「ギネス!ギネス!ギネス!!」
こちらの2話はおバカなヒロインのはっちゃけパターン。
まず「支配しちゃうぞ」は、ヒロイン「権藤実(こんどう・みのり)」さんの、進路指導話。
良く言えば個性的、悪く言えば変人という「実さん」の独特なテンションに、「中島先生」が振り回されております。
まぁ、もう手遅れですねー。
オチも期待通りでした。

続く「ギネス!ギネス!ギネス!!」は「夢生(ゆき)」と「こーちゃん」の昔馴染み。
こちらは、簡単には単なる仲良しカップルのプレイですわ。
ただ、その発想がやたらぶっ飛んでいて、彼氏はやや気の毒。

漫画だから良いものの、実際これらヒロインが近くにいたら、うっとおしそう。
がんばれ。

105:「香坂凛の秘密」
剣道部の部長「香坂凛」は匂いフェチでした。
そんな性癖をうっかり知ってしまった「柿本」は…という流れ。
せっかく格技な漫画なのに、いきなり道着脱いでいたのは残念。

131:「かるちゃー・ショック」
父親の取引先相手の娘「リリシア」がホームステイすることとなったんですが…。
アニメや漫画好きな彼女は、極端な発想の持ち主だったのです。

センセはこうしたはっちゃけ娘がお上手ですね
すべてそっち系に結びつけるうえ、勝手に妄想を膨らませていく、扱いの難しい娘。
「イツキ」くんも、やや引き気味でした。
お話は、体育用具室を案内された彼女が、えっちと結びつけるというもの。
1人でエロい事してましたよ。

外人ならではのカタカナ喋りと、妄想・暴走っぷりが見事に合致した、非常に魅力的なキャラクター
メディアで見知っていただけの日本文化に初めて接触するというアドバンテージもあり、先の「実」・「夢生」よりも現実に居そうな雰囲気ありました。
ぜひ続きが見たいですね!

151:「ぺっとろす」 描き下ろし
隣のお兄ちゃんが可愛がっていたペットの代わりに、「このは」ちゃんがペットになるというドキドキ漫画。
自ら首輪とかしてました

ううむ、ヤバいプレイですねー。
まぁ、彼女にそこまでさせるほど、ラブラブということなんでしょうけどね。
ブラッシングとか、凄そう。

177:「おばきゅん」
こちらが初の雑誌掲載作品なのだとか。
肝試しで先輩「直也」くんの弱味を握った後輩「美羽」さんは、えっちのお願いをするのでした。
説明ページに、現在の絵で描かれていましたが、なるほど。
この漫画はお話とかなんとかはいいんですが、目の処理がどうにも気になります。
もの凄く違和感ありました。
なんであんな感じにしたんだろう。

リリシアさん
※リリシアさん
 収録では彼女が最も良かったです。

★絵柄

ややガチャガチャとした印象。
各話によって差が大きくあり、全体的に不安定でした

”新旧の原稿が入り混じって…”と、センセ自信があとがきに書かれてますね。
時期を確認したところ、09年から11年と、そう極端な差はありません。
ただ、ちょうど仕上げが変わったところみたいなんですね。
新しいのは艶々っとしたデジタルなもの、古いのは線の太い濃い目な作画。
その配置が交互になっているので、読んでいて落ち着かないのです。
構成については、ハッキリ失敗だと思います。

高い身長とむちっとしたスタイルのキャラ絵。
どっちかというと可愛い、漫画っぽいものです。
横顔の、あまり高くない鼻のあたりが特徴でしょう。
コマ割りは大きく、迫力ある感じ。
正直なところ…個人的には、アナログっぽい、過去原稿のが勢いプラスで良かったかなー、と。
表情とか動きにも、なんとないぎこちなさが残ってます。

全体の不安定さも含め、まだ色々と不足しているような印象でした。
絵はともかく、漫画はもう一歩、二歩では。
キャラはまとまっていて、そう極端なマイナス点ではないんですけれど。

★その他

「かいづか」センセですね。
ブログでは初単行本「ぷにゅ!ちちまにあ」を取り上げてました。
…そうか、「ファイナルファンタジー4」の頃だったのねー。
ちなみに、まだ終わってないです。
こないだ「エッジ」がようやく仲間になりました。

さて、やや脱線しましたが、今回ので2冊目の単行本です。
購入の決め手になったのは…↓表紙。
やっぱり女の子の学ラン姿というのはいいものです。
コアマガジン」さんのサイトにて、カラー原稿での登場を見たのがダメ押しでした。
ぶっちゃけ、コレが表紙でなかったら、手に取っていなかったかもしれません。
大き過ぎる胸がため、よく見るとバランスがやや微妙なんですけどね。

ちちエール (メガストアコミックス)ちちエール (メガストアコミックス)
(2011/12/14)
かいづか

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール

■ひるドラ HIRUDORA (大井昌和)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]麻雀・人妻
・おまけ: 
・その他: 折り返しにコメント、
      11話+特別読みきり(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大井昌和(おおい・まさかず)」センセの「ひるドラ HIRUDORA」です。

詳細は描きませんけれど…。
先日、あまり慣れない店に立ち寄ってきました。
まー、あの細かく小さいのが、髪の毛抜けそうなオドロキ価格。
びっくり。
色々とレクチャーも受けてきました。
今後役に立つ機会はあるかなぁ。

ひるドラ・ヒロインズ
※ひるドラ・ヒロインズ
 だいたいこうした麻雀漫画でした。


■ひるドラ HIRUDORA (大井昌和)


★構成・概要 人妻・麻雀コメディー

そんなこんなで、「ひるドラ HIRUDORA」です。
よくよく見たら、くくり”近代麻雀コミックス”なんですね。
後述しますが、力いっぱい勘違いしました(笑)

収録は1冊まるまるの長編。
…で、いいと思うんですが。
アマゾンで見たら巻数表記っぽい「1」の数字があり、それを信じると2巻が発売されそうなんですけれど。
やっぱ誤表記かな。

麻雀漫画なので、当然ながらソレ中心
基本的には人妻らのだらりとした日常風景を描いているんですが、なんのかんのと麻雀に流れてます。
当然ですが、知識あった方が楽しめるでしょう。
ただ、変な話。
そう麻雀でガッチリ固められてはいないため、ある程度の知識で大丈夫。たぶん。
読み易さはあると思います。

逆に言えば、麻雀漫画を読みたい人にはあまり適さないかと思うんですけど…あの↓表紙ではそう考えないか。
あ。
えっち描写はほぼありません
ヒロインは確かに巨乳でしたが、あまりサービスっぽくはなく。
入浴シーンでバストトップの露出あったくらい。
そっち方面の期待はしないように

★収録話 11話+読みきり1話 収録

:第1話「マンションで」
主人公「細田かほる」ほか、天然巨乳な「花田るい」、漫画家「小林栄子(えーこ)」、セレブな「鈴木涼」という主婦4名らの麻雀な昼下がりから。
表情に出やすい「かほるさん」の主人公らしい(?)逆転劇が見れます。
基本だいたいこんなんですが、1話目とあって麻雀シーンが特に多めな印象でした。

:第2話「温泉で」
昼下がりのスーパー銭湯です。
主婦は優雅ですねー。
さらにビールとなるんですが、4名のうち誰が運転者となるか(=1人ビール飲めない)を麻雀対決するお話。
ここは逆に意外な形での敗北が見れます。
わはは。
(※ちなみに、31ページに「花田さん」が「千代田さん」と誤植あり)

細田かほる、えーこ・るい・涼
※左:細田かほる、右:えーこ・るい・涼
 実に個性的な面々です。

:第3話「インターネットで」
パソコンを買った「花田さん」のヘルプを受け、「かほるさん」が向かうという流れ。
いかにも詳しくなさそうでしたが、そういう事情なんですね。
そこでも結局ネット麻雀をやっている2人と、さすがな実力を見せる「涼さん」に注目

:第4話「エステで」
「涼さん」が提供した、エステ招待券を麻雀勝負するお話。
「えーこさん」対「花田さん」・「かほるさん」という図式になっています。
「涼さん」はやっぱり強いですねぇ。

:第5話「日曜なのに」
旦那が日曜出勤し、ラブラブタイムを邪魔された「かほるさん」
麻雀に誘われ、いつもとは違った実力を発揮するのでした。
4名は主婦らしく商店街のスタンプカードとか商品券を賭けているんですが、次々巻き上げております。
意外な結末となる最後の勝負に注目。

:第6話「こたつで」
コタツ麻雀なお話。
話題が寒さから体脂肪率になったことで、険悪ムードになってます。
わはは。
冒頭の三色同刻が面白かったです

:第7話「故郷で①」
:第8話「故郷で②」
帰郷した「かほるさん」が離れの部屋を確保するため、麻雀勝負をするもの。
まるで雀荘状態な実家が凄い。
実際にこんなんありそうですが、子供まで参加してるのね。
意外な線から親族のイカサマを見破っております。

:第9話「テツヤで」
紹介帯そのまま、徹マンなお話。
会話がいかにも女性グループでした。

:第10話「トイレで」
勝負途中でトイレに立った「かほるさん」の捨て牌から、それぞれ3名が当たりを予想するというもの。
むちむちなスタイルが見れます。

:第11話「出会い」
収録最終話は、珍しく麻雀勝負のないエピソード。
それぞれの日常が描かれているんですが、もう少しこんなんがほしかったなー。
ジャンル的に難しいか。
…というか、よくこの話がOKになりましたね。

:特別読みきり「無頼」
本編とはまるで雰囲気の異なる、ハードな麻雀短編。
吹き出しのない漫画でした。

巨乳の2人
※巨乳の2人
 この2人はお肉たっぷりでしたよー。

★絵柄

強めで柔らかな線。
ふんわりと幅広で、ゆったりとした作画のアナログ系。
描き込みは人物にあっさりで、背景のが細かい時もありました。
濃淡は適度なくらいだと思います。

かなり漫画っぽいキャラ絵で、独特なタッチ。
平たく、こざっぱりしてました。
そうした作風だとは思うんですが…乱れ・崩れを感じます。
特にヒロインはやたらな巨乳という設定があるので、動きとか身体はアンバランス
ちらほら引っ掛かってしまいました。
ひでるさんは、このタイプ合わないんでしょうねー。

↓表紙はある程度良いまとまりなので、判断には危険。
竹書房」さんのサイトでは1話がまるまる立ち読めたので、参考になるでしょう。

★その他

本日は「大井昌和」センセでした。
この10月、11月で、こちらを含めて4冊ほどの単行本をリリースされたみたい。
ハイペースですねー。
発売された単行本数も当然多く、ひでるさんは「女王蟻」とか読んでます。

前述したように、あまり絵柄は合わない感じですが。
そんなんで、今回手をつけたのは…ぶっちゃけ、タイトルを勘違いしたため。
人妻えっちモノかと思ったの。

よく確認しないため、自業自得であるんですが…、麻雀っぽい描写が↓表紙に情報として少ないとは思います。
イーピンと点棒、ドラと徹マンくらいですよ。
その点棒は紹介帯に隠されていて、そこ書かれてるキーワードは「巨乳」で「人妻」だけなんだもん。

ひるドラ  ? (近代麻雀コミックス)ひるドラ  ? (近代麻雀コミックス)
(2011/11/17)
大井 昌和

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : バストトップ コメディー

■放課後TOYフレンズ (ぐすたふ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・お姉ちゃん
・おまけ: あとがき、登場人物設定、
      カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、短編×10(うち「放課後TOYフレンズ」×9)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぐすたふ」センセの「放課後TOYフレンズ」です。

カップヌードルごはんを食べました。
日清 カップヌードルごはん 100g×6個日清 カップヌードルごはん 100g×6個
(2011/07/25)
日清

商品詳細を見る

四角い紙の容器にまず水。
それにご飯とか調味料を入れて、レンジで5分くらいで出来上がり。
何かの実験みたい
味は確かにカップヌードルそのもの。
そう濃くはないので、食べるにしつこくありません。
カップヌードル味のチャーハンみたいな想像でいいかと。
美味かったですよ。
ただ、箱がちょっと食べにくいかな。
箸でなく、スプーンのがいいと思います。

神埼怜奈
※神埼怜奈
 こんなお姉ちゃん隣にいたらたまんないだろうなぁ。


■放課後TOYフレンズ (ぐすたふ)


★構成・概要 成年ラブコメ

さて、本日は「放課後TOYフレンズ」です。
ほぼ収録は表題作によるもの。
短編が1話オマケのようにありました。

もともとの コンビニ誌「マガジン・ウォー」では 「ねーちゃんマジ無敵」というタイトルだったようです。
うん、こっちのがいいかな。
収録の1話は、完全リメークされたそうです。
お疲れさまでした。
お話はコメディー色の薄いラブコメという風情。
自由奔放な隣のお姉ちゃんとのアレコレが楽しめます。

ぶっちゃけ、お話はそう凝ったものではないです。
ただ、綺麗な絵柄とそれに見合うだけのストーリーで、高い完成度がありました。
↓表紙につられた方も、きっと満足頂けると思います

★収録話 10話収録

005:「放課後TOYフレンズ」 全9話

隣に住む1つ年上の幼馴染み「神埼怜奈」とは姉弟のような「桐生隼人」
お互いの部屋を自由に行き来し、好き勝手するような間柄でした。
その日も、「隼人」は勉強で呼ばれたものの、肝心の「怜奈」ゲームばかり。
そんな態度に腹を立てた彼は、次のテストで賭けをしたのでした。
次のテストで1つでも90点以上取ったら課題でも何でも1日言う事聞いてやる

005:「放課後TOYフレンズ #1」
お姉ちゃんのような幼馴染みからえっちされるという1話。
「怜奈さん」はあーした性格でしたが、ショートカットの美人。
たとえ玩具扱いでも、いいじゃないって思いますね。
こちらは拘束えっちでした。

023:「放課後TOYフレンズ #2」
「隼人くん」は「恵美」さんが好きなのね。
1話目で示されていたそのまま、彼女は「怜奈さん」と百合な関係なんですが。
こちらでは故あって、クローゼットに隠れていた「隼人くん」の存在に気付かず、2人で始めてしまうパターン。
すぐバレで、なんやかんやと複数えっちに発展しておりました。
おお、いいじゃないか(笑)
オチはやや気の毒でしたが。

043:「放課後TOYフレンズ #3」
従妹「斉藤桜」が登場の3話目。
ツインテールな童顔少女で、「隼人くん」を盲目に好いているという危険な娘さん。
5歳からの台詞がヤバいです
小さいうちは可愛らしいんですけどね。
彼女とは更衣室でのえっちでした。
縞パンがいい感じなんですが…メッチャ声だしてましたね。
外出るの気まずそう

斉藤桜、恵美さん
※左:恵美さん、右:斉藤桜
 「桜ちゃん」はラストの感じだと、まだちょっかいだしてきそうね。 

063:「放課後TOYフレンズ #4」
こちらは主役キャラひと休み。
「藤波優」くんのエピソードで眼鏡な「如月弥生」さんとのえっち。
…なんですが。
眼鏡外しちゃうのね。

087:「放課後TOYフレンズ #5」
「怜奈さん」が風邪でダウンしている5話目。
いつもと違って弱々しく、 見舞いに顔を出した「隼人くん」に甘えてくるのでした。
胸元ひらいたパジャマ姿がキュート
オチで言ってましたが…相手病人になんてことしてるんだか。
これがコメディーだと、「隼人くん」が寝込むところですが、そんなオチはありませんでした。

109:「放課後TOYフレンズ #6 #7」
「怜奈さん」憧れな先輩「大里健治」が教育実習生として学園に戻るエピソード。
研修旅行に出掛けてます。
メインは、 そんなネタを掴んだ「桜ちゃん」とのえっち。
見事、お風呂で仕掛けておりました。
続く7話は、故あって「桜ちゃん」と「恵美さん」
百合えっちでした。
続くエピソード以降の「桜ちゃん」の変化に注目下さい。

149:「放課後TOYフレンズ #8 #9」
まずは「怜奈さん」と先輩「健治くん」
1回だけですからね
とか言っている、ドキドキえっち展開です。
…本当にそれで済むのかなーって思いましたが、そうした漫画ではないですよね。
ラストもこの漫画らしい終わり方でした。

189:「妹インモラル」
両親の再婚から、義兄ができた「春香」
どうせ大したことない、と考えていたところ、会った「優斗」に「春香」はときめいてしまうのでした。
大雑把にはそんなん。
デビュー作だそうです。
ルックスから成績・性格も良いという「優斗くん」
…まぁ、傍目にそんな人は何らかあるのが当然(たぶん)
途中から豹変してましたよ
「春香さん」としては、あれで良かったのかなぁ。
いちおうぎりぎりまでは拒んでおり、あのままだったら…。
完璧な兄のイメージなまま終わったかもしれません。

春香さん
※春香さん
 旧原稿でも、これほどのクオリティがありました。

★絵柄

さらりと流したような、繊細・美麗な作画
だいたいカラーと変化ないので、そっち判断で大丈夫です。

丁寧な作画で、しなやかな細線。
濃淡はそう強くなく、かと言って弱過ぎず。
描き込みも適度な具合で、あちこち非常に優れています。

身長あるキャラはリアル寄り。
特にバランスには優れ、良いまとまり。
アンダーヘアの描き方がちょっと独特でした。

さすがにイラストで活躍されているだけのことはあります。
変に弱いコマもなく、漫画にもあまり違和感はありません。
絵がお上手なだけ、細かな表現が多少引っ掛かりましたが、それも些細な程度。
初単行本でやや作画には差がありますかね。
あちこち安定度が増すだろう、次にも期待です。

★その他

「ぐすたふ」センセでした。
某お絵描きサイトでの人気絵師、だそうです。
うん、確かにお上手でした。
また、あとがきによると結婚するそうで。
おめでとうございます!
ぱちぱち。
初単行本の発売といい、イイコトずくめですねー。

放課後TOYフレンズ (ウォー!コミックス)放課後TOYフレンズ (ウォー!コミックス)
(2011/12/21)
ぐすたふ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : カップヌードル コメディー ラブコメ ショートカット ツインテール アンダーヘア

■せめハメっ! (神楽雄隆丸)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]コメディー・お姉さん
・おまけ: あとがきまんが「惰性天国3」
・その他: 折り返しにコメント、短編×8。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「神楽雄隆丸(かぐら・ゆたかまる)」センセの「せめハメっ!」です。

気付いたら寝てました。
なんだか体がバキバキしますよ。
ぎりぎりなので、前置き早々に始めます。
明日も早いんですよー。
日々の時間が24では少ないです。

従姉「鳴海」、上司「早川」
※左:従姉「鳴海」、右:上司「早川」
 女性は基本的に強かったです。
 

■せめハメっ! (神楽雄隆丸)


★構成・概要 成年コメディー

本日は「せめハメっ!」ですね。
収録は全て短編。
ラブコメ…というほどラブちっくではなかった印象なので、コメディー系かなぁ。

登場するヒロインが、たいてい変な性癖というか、特徴のある方ばかり
そのため、シチュエーションとしてはセオリーなんですが、期待通りに進まないのがいいところ。
スタンダードなえっち話が見たい人には、ややもどかしく感じるかもしれません。
絵柄よりも、お話のが人を選ぶと思います

★収録話 8話収録

007:「なる姉が結婚しない理由」
法事がため、久しぶりに帰郷した「高志」
そこで、まだ結婚もせずブラブラしている従姉「鳴海」と10年ぶりに再会したのでした。
2人きりで飲むうち、だんだん良い雰囲気になっていったんですが…と、だいたいそんなん。
よくありがちな従姉とのえっちが、前半途中から大きく崩れていました。
ぷちハードです
痛そう。
ああしたプレイは、男性にとって見るに厳しい。
ただ、昔からあんなんであれば、そう忘れたりはしないものだと思いますが。
なにげに「高志くん」は相性良さそうでしたけどね。

033:「ご近所コミュニケーション」
数ヶ月前に近所へ引っ越してきた人妻「萄子(どうこ)」さん。
貸していたデジカメを受け取りに訪ねた「信也」は、シャワー上がりでタオル一枚な彼女に出迎えられたのでした。
ぱっと見た「萄子さん」の容姿。
髪型とか雰囲気、服装などが…前話「鳴海さん」と似てるので、連続話と勘違いしました。
引っ越しというネタも重なりますね。
欲求不満な人妻の仕掛けた、誘いえっち。
いちおう最初のお手付きは「信也くん」なんですが、途中からは完全に立場逆転しております。
いいんだか、悪いんだか。
結局逆転できないオチも良い感じです。

妹「理戸ちゃん」
※妹「理戸ちゃん」
 可愛い妹…ではあるんですけどねぇ。どんな両親なんだろう。

057:「ブラコンすりすり」
ブラコンである妹「理戸」
人目を盗んではまとわりついてくる、極度の変態であったのです。
どうにもたまらない兄が禁止令を出したところ、今度は挑発してきたのでした。
兄妹の近親系ですね。
経緯は描かれておりませんが、なぜか「理戸ちゃん」はラブラブ。
直接的な接触を望む彼女がため、いちおう常識人なお兄ちゃんを苦しめることとなるのでした。
触れることを禁止され、欲求不満な「理戸ちゃん」がキュートです。
特に扉でスコスコやる場面は実写で見たいですよ。

081:「女王様と下僕のレクチャー」
パーフェクトな上司「早川」の部下である、冴えない「亀山」
何をしても媚び従っていた彼の心情を勘違いしていた「早川」は、普通に彼女がいた事に腹を立てたのでした。
美人な上司とのオフィスえっち…というセオリーからややズレたお話。
センセはこうしたパターンお上手ですね
オチでも言われてましたが、実はラブラブなんでしょう。
ある意味、彼女のもろもろを受け止める、相性の良さはありましたから。

105:「露出営業24時」
コンビニ・バイトの先輩「青木」さんに憧れていた「横溝」くん。
ある日、その意中な彼女から逆告白されて舞い上がった彼でしたが~というお話。
コンビニの羞恥プレイですわね。
ただ、そう簡単ではないのが…いかにもセンセらしいです。
犬の分際で
とか言われてました。
なんでこうした激しいヒロインばっかなんだろう(笑)
オチはまたしんどいものでしたよ。

129:「3つの願い」
夜の電車で、寄り掛かってきた眼鏡な女性に粗相されてしまった主人公。
お詫びとして、
キミの願いを三つかなえてしんぜよう
そう言われた主人公の勢いで言ったそのまま、ホテルへ直行するのでした。
収録では先の妹「理戸ちゃん」と並んで、そうハードではないタイプ。
どっちも変人なので、普通に付き合う感じではないですが。
台詞そのまま、願い3つを中心としたえっちが可笑しいです。

153:「淫内看護とガマン汁」
こちらはエロいナース「長谷川」さんに担当される「今井啓一」くん。
どうのこうの言っても、美人ナースにすりすりされるのはちょっと羨ましいこと。
巨乳を顔面にモフモフされておりました。
ただ、彼女も単なる美人ナースではないんですけどね。
えっち部分はともかく、あーしたオチはまた衝撃的。

177:「職カツ性活」
ごく簡単には、ハローワーク窓口での出会い話。
男性にやや問題ありそうでしたが、料理ほか家事に優れ、えっちも上手らしく…あのままで良さそう。
他ヒロインと違って「かすみ」さんにも変な要素は見られず、良いカップルでした。
彼は外で稼ぐタイプではないみたいですし。

眼鏡の女性、ナース「長谷川」
※眼鏡の女性、ナース「長谷川」
 個人的にはこの眼鏡女性がお気に入りです。

★絵柄

バランスに優れたお姉さんな絵柄。
スッキリとよく安定しております。

しっかりとした、乱れない線。
濃淡はだいたい適度なくらいでした。
あとがきによると、
”仕上げの使用トーンを変えたり、貼る量を増やしている”、とのこと。
なるほど、確かに色味は増してるかな。
指摘されて、そう言えば~という程度なので、コテコテとはしていません。
描き込みも無駄なく無理せず。
全体的には、あっさり過ぎないかな、というくらいです。

漫画っぽくも、リアルっぽくもあるキャラ絵。
歳上どうこう言うそのまま、お姉さん系ですね。
目鼻など各パーツは良く、表情とか動きには無理がなく。
あちこち優れたバランス感覚でした

小さいコマとかコメディー崩しを含め、よく描かれております。
絵というよりも漫画の巧い方でしょう。
↓表紙とかカラー絵では、本来の良さが発揮されてません。
そちらで判断するにはいくらかプラス点、あるいは時間あれば「DMM」さんがサンプル多く便利です。

★その他

こちらのブログでは「ナマイキ盛り!」、「コスコススイッチ」を紹介しております「神楽雄隆丸」センセでした。
こちらで…10冊目くらいになるのかな。
あいも変わらぬ安定感でしたよ。

紹介帯などでも触れられていましたが。
漫画家生活が20年を迎えようとしている、とのことでした。
センセは面白・可笑しく書かれてましたけど、1つのことを20年も続けるのは並大抵ではありません。
おめでとうございます!!
5インチディスク懐かしいですねー。
今はすっっかり見かけなくなりましたが。

せめハメっ! (TENMAコミックス)せめハメっ! (TENMAコミックス)
(2011/12/21)
神楽 雄隆丸

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー

■たぷりこ (睦茸)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]巨乳・近親
・おまけ: あとがき、イラスト、
      カバー裏に作品の感想。
・その他: 短編×9(うち「放課後TOYフレンズ」×9)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「睦茸(むつたけ)」センセの「たぷりこ」です。

時間がないと言いつつも。
ついに「SDガンダム GGENERATION 3D」をプレイしました。

SDガンダム GGENERATION 3D シャア専用ニンテンドー3DS プレミアムボックスSDガンダム GGENERATION 3D シャア専用ニンテンドー3DS プレミアムボックス
(2011/12/22)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

ネット上で、おそろしいほど批判あるのに驚き。
…なるほど、言ってることはその通りかなー。

ただ、ゲームとしてはほぼ以前通り。
確かに難易度は上がっており、ちょっと極端なところもあったので、不親切さもありました。
ステージとかブレイクでの難易度が示されてれば良かったなぁ。
ひでるさんはまた、いかにもパイロットっぽくない女性キャラをMSに乗っけるのが好きだったので、それができないのが残念でした。

妹さん
※「いもうとのたべかた」、の妹さん
 前半と後半の違いをお楽しみください。


■たぷりこ (睦茸)


★構成・概要 近親・巨乳系 成年漫画

「たぷりこ」です。
相も変わらぬ、むっちり巨乳な単行本です。

収録は全て短編での構成。
全9話のうち、カラー原稿の冒頭・巻末漫画は4ページのもの。
そのため、だいたい7話がメインとなっているんですが、各話のページ数は30を越える、濃厚なお話群なのです。
通常の2話分くらいですかね。

母親とか妹が頻繁に登場する、近親ネタが多め。
複数も多い濃厚なえっち展開。
ただ、げんなりするようなブラック展開はありません。
かと言って、ラブコメみたいな軽さもないんですが…。

★収録話 9話収録

003:「あねのソコ」 カラー原稿
弟にからかいがてらえっちな事を教えたら、常習化してしまったのでした。
…と、だいたいそんなお話。
帰るなり、大声で「お●んこ」を連発している弟さんがスゴイ。
冒頭ページから度肝を抜かれました(笑)
流れるまま近親えっちに至ってます。

007:「いもうとのたべかた」
前話とは逆に、こちらは妹に弄ばれる兄。
しかし、ある日逆に妹の痴態を目撃したことから、立場が逆転したのでした。
妹を攻めるのがメインです。
童顔ながらちょっと生意気で、やたらな巨乳っぷりがポイント。
今日は絶対させてやらないんだからっ…!
そんな台詞後がキュートでした。
オチはまたもの凄いですねー。
どう説明したんだろう。

039:「よいこのおふろ」
こちらはロリ姉妹を銭湯へ連れてくお話。
裏表紙の彼女らです。
いちおう父親と一緒なんですが、脱衣所で知り合いと話しているうち、中ではトンデモな事になっていくのでした。
…みたいなお話。
男性はことごとくそっち趣味なんですね。
物凄い複数えっち展開でした。
まぁ、成年漫画ですから。

「桑名さん」ほか女性陣、たーくんの母親
※左:「桑名さん」ほか女性陣、右:たーくんの母親
 この女生徒らに色々されるお話は秀逸でした。

063:「S系ちゅー」
盗撮・窃盗で捕まえた男性をネタに、性教育を行うという、保健体育な短編。
女子高ですが、変な話可愛らしい方ばかりだったので…もしかしたら、ご褒美な感じですわね(笑)
股間を間近でじろじろ見られるコマとか、お好きな方はたまんないかも
さらには、足で踏まれたり舐められたりしてました。
わはは。
さらに後半では、恥ずかしがっていた「桑名」さんがため、意外な展開になるのでお楽しみに。
個人的には先生が気になったんですが…そっちはナシ。

095:「はらつま」
母子の近親えっちもの。
切っ掛けは子供からだったようですが、逆に母親のがそれにハマってしまったのでした。
1ページ目の可愛らしい人妻姿から一変。
多く母子ネタはありますが、こーもはっちゃけたのは珍しい。
子供からえっち拒否された際の1コマが秀逸でした。
このオチはお約束ですねー。

115:「おっとり教育」
こちらも母子の近親ネタですね。
ただ、母親は前話の彼女よりもややアダルト寄り。
↓表紙はこちらの彼女だと思います。
おっとりした物腰の母親で、彼のスキンシップにも冷静でした。
まー、こちらのバストはまたモノ凄いですね。
指がめり込んでましたよ
後半戦はシリアスで、また前回と大きく異なる点。
やっぱりこーのが見ごたえありますね。

139:「こいはら」
教師と生徒のえっち展開。
これはちょっぴり良い話でした
褐色肌なヒロイン「中辻まや」
豊満なスタイルに、日焼け跡がいい感じ。
いじめられていた「まや」を助けたことで懐かれ、関係してしまう教師。
女性に対して偏見を持っていた彼でしたが、彼女によって救われるという流れです。
ちょっとじーんときますよ。

155:「みんなの妹」
お兄ちゃんにかまってもらえない、妹「美久」ちゃん。
お友達のお兄さんらに相談することとなるんですが…これまた落差大きいなぁ。
スパッツそのまま、派手な複数えっちになっていました。
なにげに、前半で…
実物の妹なんてロクなもんじゃないぜ
とか言っていた彼が、オチではしっかりシテいたところが良かったです。
どんな経緯か見たいですね。

183:「しーいずままん」 カラー原稿
眼鏡な母親とのショート。
会社では凛々しい上司のようですが、ここは近親えっちでメロメロにされています。

りゅうくんの母親、中辻まや
※左:りゅうくんの母親、右:中辻まや
 この2話はどちらも良いお話でした。

★絵柄

たぷーんとした巨大なバストと可愛らしいヒロイン画。
とろとろなえっち描写が楽しめます

柔らかな曲線で、濃淡はしっかり。
そう黒は強くないものの、細かな描き込みとページの賑やかさがありました。
変化あるコマ割りとはみ出し・ぶち抜き・重なりなど、ごっちゃりとした風情。
それでも絵は比較的大きめで、目立つ乱れや崩れもないため、分かり辛くはなかったです。
見辛さは多少あるかな。
繋がりとか表現とか構図とか…、漫画についてはお上手でした。
特に引っ掛かったり、気になる部分はありません。

可愛らしい、いかにも漫画っぽいキャラ絵柄。
大きい黒目とゆったりした輪郭、ド派手な肉具合なスタイルが特徴。
巨乳というより、爆乳ですね。
全体的にデフォルメが極端なほどに強く、ここはキッチリ人を選ぶと思います
また、描写とかネタ的にも人によって良し悪し差があるかもしれません。

判断については、↓表紙・裏表紙でだいたいOK。
あるいは、時間あるなら「DMM」さんのサンプル、店頭ならば今回紹介帯の裏面のカット絵が見易いので、そちらが良いでしょう。

★その他

以上、「睦茸」センセでした。
こちらブログでは、「ちちこき」、「あまみドコロ」と紹介しております。
これで3冊目になるのかな。

今回の単行本も良かったんです。
それは無論。
期待通りに、むちむちとえっちでした。

ただね。
…やっぱり……ひでるさん的には「あまみドコロ」かなー。
こちらと違って、キャラモノというのもあるんですが。
とにかくヒロイン「あまみさん」がインパクトやたらに強かったんですよ。
いまだに、ふと開いてみるくらいにお気に入り。
電車で小岩駅を通過するたび、ふと「あまみさん」を思いだします(本当)
どちらかに登場してたりしないかなーって、期待したんですけどねぇー。

たぷりこ (ムーグコミックス)たぷりこ (ムーグコミックス)
(2011/12/27)
睦茸

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■ヒト・カノ 他人彼女 (ひげなむち)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ナガサレ・むちむち
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「ヒト・カノ アフター」、加筆修正あり。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×11
      (うち「池上先輩シリーズ」×2、「彩乃・元子シリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ひげなむち」センセの「ヒト・カノ 他人彼女」です。

こんなん発見しました。
「ドラゴンクエスト 誕生25周年記念 マップジオラマコレクション」だって。

マップ11種と、フィギュア9種によって「ドラゴンクエスト」のマップが完成するのだとか。
うわー、欲しいー
まだ発売されてないみたいですが、コンビニとかに並ぶのかな。
中身が見えない~というのが気になります。
ダブるかな。

田宮あかね
※田宮あかね
 こんな感じで、あっさりノセられてしまうのでした。
 

■ヒト・カノ 他人彼女 (ひげなむち)


★構成・概要 成年・ナガサレ系

おそらく世間は浮かれてる日だと思いますが…本日は「ヒト・カノ 他人彼女」としました。
ふにふにっとした可愛らしいヒロインが、なす術もなく快楽に流されてしまう~、みたいなドキドキ漫画ですね。
紹介帯には、
“ネトラレ?いいえ、ナガサレです”
そんなことが書かれていました。
……ああ、なるほど。
確かに各話そんな感じですね。
ネトラレとよく似ており、実際コメントでセンセ自身もそう書かれてはいるんですけど。
それほどドギツくないかなー。
単語として”ナガサレ”と聞くと、そちらのがしっくりくる感じでした。
これは紹介帯を考えた方、出版社さんかな、に拍手
ぱちぱち。

収録はほぼ短編。
1エピソード連続話があり、表題作の彼はもう1話にも出演してました。
どちらもナガサレな漫画でしたが、そう深刻さはなく。
あまり身構える必要はないかと思います。
ただ、ジャンル的に苦手な人には、やっぱり難しいかもしれません。

★収録話 11話収録

001:「ヒト・ツマ」 カラー原稿あり
「由宇」ら新婚カップルは、お隣から聞こえる声が悩みでした。
あまりに頻繁なこともあって次第に慣れ、逆に旦那はそれによって燃えるようなほど。
そんな頃、お隣に洗濯物が飛ばされてしまい、「由宇」は取りに訪ねたんですが…と、そんなん。
こちらが初カラーなのだとか。
童顔ながら、束ねた髪にジーンズ・エプロンと人妻している「由宇さん」がキュート。
部屋へ上がってしまうのは、確かに不用心かも。
薄い壁越しで、”隣に聞かれたくない”といつも我慢していた声を、今回は抑えないというのがこちらのポイントです。

021:「ヒト・カノ」 描き下ろしあり
幼馴染みの彼氏と結ばれ、上機嫌な「田宮あかね」さん。
酔っぱらって、”彼とのえっちが最高”と言っていた彼女をからかった先輩「池上」は、見事ホテルへ誘い込むことに成功したのでした。
表題作のこちらが、初掲載作品なのだとか。
前話に続いて、「池上」登場。
よくよく見てみたら、えっちされてたのは「あかねさん」でしたよ。
前回はやや強引さもありましたが、こちらはまー、いいように扱われていた印象。
別に彼の言葉に乗っかる必要はまったくないんですが、性格とかモロモロを含めて「あかねさん」では叶わなそう。
オチの一言が良い感じでした
続く「ヒト・カノ アフター」は4ページの描き下ろし。
その後の「あかねさん」が楽しめます。
どーでもいいけど、避妊はしなさいよ。

043:「年上のヒト」
「ユウ」と「鈴村めぐみ」は友人同士。
年上が好きという「めぐみ」の付き合う相手は、実は「ユウ」の父親だったのです。
そんな訳で、年の差カップルによる濃厚なえっちパターン。
確かに…同い年な「ユウちゃん」と違って、全然「めぐみさん」は大人っぽいですね。
スタイルもむちむちとしていました。
お父さんいいなぁ。

鈴村めぐみ、片桐ヒナ
※左:鈴村めぐみ、右:片桐ヒナ
 ヒロインらは可愛くもむちむちしたスタイルです。

059:「じゃじゃ馬たらし」
陸上部の顧問と「百瀬」さんという、こちらも年の差カップル。
陸上コスがえっちだー、というお話だそうです。
やや生意気な彼女に対し、マッサージで屈服させるという流れ。
まぁ、エロい行為なくても、ここまでしたら実際にはセクハラですわ。
その後のイラスト、「仲良し陸上部」がえっちでした。

077:「ペットのいる生活」
意中の「宮藤」さんとイイ感じな「片桐ヒナ」さん。
家に帰ると、以前突然に行方不明となっていた「孝太郎」がいたのでした。
ダメ男に振り回される彼女ですね。
お風呂にて、それこそ彼のえっちに流されてしまう「ヒナさん」が可愛い。
舞台がため、ヒロインの白くむちむちっとしたスタイルが十分に楽しめます。
オチでのオフィス制服がちょっと違った雰囲気で良いですね。
また、ネコが可愛いかったですよ。

097:「ムチムチみやこさん!」
「将和」・「みやこ」はラブラブなカップル。
しかし、彼氏曰く「とんでもないアホさ~」という彼女の純粋さがため、まだえっちはしていなかったのです。
友人「健太」との会話中にでた単語「せっくす」に引っ掛かった「みやこ」
どうにも教えてくれない「将和」に対し、「健太」にターゲットを絞った「みやこ」は…というもの。
私にせっくす教えて
とか、やたらむちむちとしたスタイルの彼女が言ってました。
そりゃ、レクチャーしてあげるしかないでしょう(笑)
凄まじいほどの純粋っぷりで、この娘は…幸せに生きてくんだろうなぁ、って思う。

119:「暴君のしつけ」
兄と妹「美衣子」の友人「マキ」というカップル。
実はお互いラブラブっぽいんですが、えっちは「マキ」と兄。
ジャージのお尻がいい感じでした。

137:「ハツモノ」
出張サービス「ぴゅあうおーたー」に電話した「佐々木」くん。
訪ねて来た「ミフユ」は、クラスメイトの「清水」さんだったのでした。
収録のうち最も好きなお話。
この「ミフユさん」は、いつも教室の隅で本を広げているようなタイプ。
独特な落ち着いたテンションと、最後の笑顔がいい感じ。
…なんですが。
何よりも良かったのは、お話後のネタイラスト2枚
お母様にもぜひ登場してほしいです。

155:「インドアゲーム」
兄「春彦」の後ろで共にケームをしている妹「奈津」さん。
そんな彼女に、こっそりえっちを仕掛ける「靖臣」くんという図式。
まぁ、普通はなんとなく察せれるものですわね。
メロメロな「奈津さん」と、オチの1コマが良いです。

173:「ツーバイツー」
193:「ワンオンワン」
彼がEDになってしまったという「章」・「彩乃」のカップル。
友人「栄一」・「元子」らカップルに、それを治すためスワッピングに協力するようにもちかけたのでした。
収録では唯一の連続話。
積極的ではっちゃけた「彩乃さん」に対して、落ち着いた「元子さん」というWヒロイン。
なるほど、巧いことスワッピングに持ち込んでましたね
「元子さん」がサレる2ページが見どころです。
そんな訳で、4人でのえっちが常習化していたんですが。
「元子さん」の誕生日に、「栄一くん」が旅行を企画するのが続く「ワンオンワン」です。
策によって、彼女と旅行に出掛けた「章くん」というカップル。
なんのかんのとえっちされていました。
ぺかぺかしてるため、怒る気にならないでしょうねー。

ミフユ、元子・彩乃
※左から、ミフユ、元子・彩乃
 この「ミフユさん」ほか、彼女の家族がお気に入りです。

★絵柄

柔らかなタッチの可愛らしい絵柄。
”柔肉たっぷり”という文言そのまま、ふんわりとしたスタイルをお楽しみ頂けます。

描き込み・濃淡はだいたい適度なくらい。
ただ、コマ割りは細かく構成も複雑で、ページ全体はごっちゃり。
やや見辛い印象でした。

大きな乱れとか崩れはなく、安定傾向。
これは加筆修正による結果かも。
線は弱すぎない柔らかなもの。
ヒロインらの肌感覚に巧くプラスがされていたと思います。
ぷにぷにとおモチのように見えますね

ヒロインらはロリちっくな可愛らしさ。
童顔で素朴さもあり、いかにもラブコメちっくな雰囲気なんですが。
そんなヒロインらが、こうしたジャンルでえっちに巻き込まれてしまう意外性が、最大の売りなのかもしれません。

カラーではだいたいの判断つくかな、くらい。
ちょろっとだけですが、カット絵もある裏表紙のが良いかと。

★その他

以上、「ひげなむち」センセでした。
こちらが初単行本なんだって。

サイトなどでは、「COMIC快楽天」のスーパールーキーという紹介が。
野球で言えば「松阪投手」と同列な感覚ですかね。
ジャンル的に人を選ぶというのがあるものの、いきなり高い完成度でした。
あ、絵柄もそうかな。
ただ、合間に描かれていたネタ絵とか、実に良い感じでしたよ。

ヒト?カノ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ヒト?カノ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2011/12/23)
ひげなむち

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スワッピング ラブコメ

■奈美SOS! 淫魔ハンターズ (ちゃたろー)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]アクション・変身ヒロイン
・おまけ: あとがき・イラスト、加筆修正あり。
・その他: カラー(4P)、全て同一話[未完]

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ちゃたろー」センセの「奈美SOS! 淫魔ハンターズ」です。

バラバラと単行本が発売されてきました。
ただ、今年はなんだかもっさり気味。
ピンと来る感じが、いつもより鈍いかなー。
この時期は年末年始の単行本をチョイスしていかなければならないんですが、まだ未確定です。
いい貧乳モノないかなぁ。


景子さん、白水雅
※左:景子さん、右:白水雅
 なんとスクール水着でサービスです。


■奈美SOS! 淫魔ハンターズ (ちゃたろー)


★構成・概要 成年・変身ヒロイン

本日は「奈美SOS! 淫魔ハンターズ」です。
なんだか久しぶり。
実際に、前巻の「奈美SOS! 直子ブラックバード」は06年、初回の「奈美SOS」にいたっては、95年だって。
もの凄い長期シリーズですわね。
あとがきによると、16年だそうです。

シリーズでは、こちらで5冊目となっています。
複数の変身ヒロインが活躍するアクション漫画
タイプはストーリー長編で、各話には分割されていません。
なお、ここからが重要コト。
基本的にシリーズは1冊完結のタイプでしたが、今回のエピソードは”終わっていません”
未完なままです
ちょっともやもやしたまま終わってしまうので、注意です。

淫魔と戦うアクションえっちな漫画で、色々キャラは登場しているものの、そうややこしさはありません。
いきなりコレ買っても、楽しめるとは思います。

ただ、やっぱり長く続くシリーズもの。
この漫画の最大のポイントであるハンターとか淫魔の設定、相互関係とかなんとか…など、細かい部分がため、やっぱり単行本を順に読んでおくのがオススメです
設定は成年漫画にとって実に都合良く、あちこち巧く考えられたもの
また、むちむちなヒロインとか、クドい淫魔らの凌辱というネタが、濃いタッチな漫画とぴったり。
以前とまったく変わらないテンションで楽しめます。  

★収録話 全て表題作・216ページ

戦いの経験を積んだ淫魔ハンターに必ず起こる、”さかり”という副作用症状。
動物でいう「さかり」と同じ状態になってしまった「目白景子」
そんな中、北部のハンターらの攻撃をものともしなかったという、”防具をつけた淫魔”らが続々と上陸していたのです。
「奈美」たちの攻撃はやはり彼らに効果なく。
また、関西から応援として呼ばれた新ハンター、「三条めい」、「三条はるか」らも、次々淫魔に襲われてしまうのでした。
リーダー「景子」を欠いた淫魔ハンターらの運命やいかに!

1:「景子さん」と弟「目白毅」のえっち
眼鏡とカチューシャが特徴のリーダー「景子さん」
過去単行本でもメイン扱いも多く、メンバー中でもっとも目立っているヒロインです。
今回もだいたい3割くらいは彼女が占めておりました

司令塔な彼女が苦しんでいるため、淫魔ハンターらの戦力ダウンの要因となっています。
もし「景子さん」がいれば、逆転早かったかな。
あるいは統率された戦いをしていたかも。
(毎度の如く、皆さんバラバラに戦ってます)

めい、はるか
※左:めい、右:はるか
 今回の新キャラです。異なるタイプをお楽しみください。

真面目で意思も戦闘力もある彼女をえっちに持ち込むには…何らかの理由が必要。
その点、こちらは副作用によって、独りえっちを繰り返すような状態でした。
そこに、お約束で彼の弟「毅くん」が関わるというもの。
まぁ、お姉ちゃんあんなならば、たまんないわね
「景子さん」は実に可愛らしかったですよ。

サービスも満点で、冒頭は制服姿だった彼女は、中盤とある理由からスクール水着姿になってました。
そんな「景子さん」に対する「毅くん」に注目。
ぎりぎり大丈夫…ではないか(笑)
1ページですが、カラー原稿部分にも間に合ってましたよ。

なお、今回は淫魔ハンターの新キャラ3名が登場してます。
うち2名とは「景子さん」関わりがあり、そんな点でも物語の主要人物でした。
タイトルは”景子SOS!”かなー。

2:「めいちゃん」VS淫魔
「景子さん」と並んで、今回単行本の主役というべきなのが、この「めいちゃん」
変身するとむちむちな大人の姿になるという、本当の意味での変身ヒロインでした。
強気な彼女があっさり捕まってしまうところが見もの。
いままでは無事だったらしく、初えっちです。
ほとんど出番なかった「千里」ちゃんとは、また違ったタイプのロリキャラですね。
「景子さん」とのエピソードが深いので注目。

共に戦っていた「直子」さん。
苦戦しつつもかなり健闘しており、後半でも1人別の漫画のような雰囲気になってましたよ。
皆がことごとく捕まる中、唯一現場にいながらえっちされておりません。

3:「はるかさん」VS淫魔
順番的には収録ラスト付近なんですが、「めいちゃん」との絡みもあるので先に。
彼女と共に登場する新キャラ。
通常では「めいちゃん」の義母で、実母ではないものの、母親らしい描写がありました。
今回の参入のヒロイン2人は、子供と母親という、元の5名とは異なるジャンル
なるほど、さすが「ちゃたろー」センセ。
厚めな唇と、大きくデザインが異なる戦闘服、京都弁(ですよね?)が特徴となってます。

4:「委子(ともこ)」・「奈美さん」VS淫魔
タイトルにもなっている、主人公「奈美さん」なんですが…今回はぎりぎり出番という感じ。
いちおう↓表紙は彼女なんですけどね。
”ハンターの中でも一級品”
という肉体がため、今回はいいところなくえっちされていました。

一方、閉じた目が特徴の「委子さん」
「景子さん」に留守を任されただけあって、あちこち事態に対しても冷静に対処しておりました。
ごくあっさり捕まっていた「奈美さん」に対して数コマほど抵抗していたほか、逆転の切っ掛けとなっています。
~ですわ」口調のえっちをお楽しみに。

ちらほら顔を見せていた「白水雅(はくすい・みやび)」は、後半から参加。
因縁のある相手「村正」を前に、冷静さを失っていましたが…単行本はここまで。
どうやら、次巻は彼女のお話になりそうです。
いつ発売されるのかなぁ。
 
直子、委子
※左:直子、右:委子
 この2人も活躍してました。…あ、「奈美さん」わすれた。

★絵柄

相変わらずでしたね。
濃い色彩と強い個性がため、きっっちり人を選ぶと思いますが…。
この漫画は、やっぱりこんなテイストが良く合うのでしょう。

細かい描き込みと、黒々とした濃淡のこってり絵柄
ページもめいっぱい描かれ、ごっちゃりとした風情です。
表現もやや大仰。
乱れはないものの、崩れっぽい感じはあり、じっくり見るとバランス微妙な時もあるんですが。
同時にかなりの勢いがあるため、そう気にはなりません。
漫画としても強い引っ掛かりはなく、ヒロインと淫魔のバトルやえっちを楽しめると思います。

癖は強いので、あらかじめ合うかどうか判断しておくのがポイント。
カラーでも変化はないので↓表紙・裏表紙、あるいは「DMM」さんのサイトにサンプル多かったので、そちらが便利でしょう。

★その他
 
そんなこんなで「ちゃたろー」センセでした。
こちらのブログではシリーズ前巻「奈美SOS! 直子ブラックバード」と、「リトル・マイ・メイド」を紹介しています。

いやー、相変わらずえっちでしたねー。  
最後の単行本が07年だったので、リリースとしても4年ぶり。
”大人の事情があるんだかないんだか”
とは、紹介帯の文言でした。
なんかあったのかな。

とりあえず、今回の決着巻を待ちたいと思います。
次はすぐに出る…よね?
巻末にはこれから登場するかもしれない新キャラも並んでいました。
同設定の別シリーズとかもイケるのではないでしょうか。

奈美SOS!淫魔ハンターズ (TENMAコミックス)奈美SOS!淫魔ハンターズ (TENMAコミックス)
(2011/12/22)
ちゃたろー

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スクール水着 アクション

■アリスの花婿 (小石川れんず)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメファンタジー
・おまけ: あとがき、合間に4コマ、
      描き下ろし(?)「巻末おまけバンパイアバニー参上!」
・その他: 6話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小石川れんず(こいしがわ・れんず)」センセの「アリスの花婿 1巻」です。

こないだ感じましたが。
レズもののAVは…どっちか女優が好みでないと、楽しさ半減しますね。
どちらも良ければ最高なんですけど、経験では必ずちょっとズレてるような。
あれはどういう基準で選定しているんだろう。
バーターみたいなんかなぁ。

アリス・マドレーヌ
※アリス・マドレーヌ
 可愛いバンパイアです。バニーがいいですね。


■アリスの花婿 1巻 (小石川れんず)


★構成・概要 人外との一般ラブコメ

「日本文芸社」さんの新しいシリーズ「SH comics」からの単行本。
過去に紹介している、熱血・羽根突き漫画「はねつくをとめ/唐辛子ひでゆ」と同じね。
ヒロインちっくではあるものの、エロスではありません。
ただしサービスシーンはシッカリあるので、ご安心下さい。
(※あとがきにて、センセは”エロくないマンガ”と書いていました)

巻数表記のある、2巻以降に続く長編漫画。
人外のヒロインから求婚され、いきなり同居が始まるという黄金パターン。
主人公の不幸体質と、ツンデレなヒロインがため、なかなかうまくいかないのはセオリー通り。
こちらの特徴は、いかにも対抗馬になりそうだった、もう1人ヒロインの扱いでしょう。
どんなんかは秘密ね。

コメディー色の強めなラブコメです。
合間には各話に関連した4コマもあり、楽しいまとまり。
バンパイアがヒロインという、ファンタジーなお話。
ちらほら能力を使用、あるいは発揮するシーンがありました。
ストーリには、なんらかポイントになっていきそう。
後半にはライバルな同族も登場しており、今後はバトルなどあるかもしれません。
基本はユルりとしたコメディーなので、そう殺伐とした感じにはならないでしょうけれどね。

★収録話 6話収録

魔界を統べるマドレーヌ家の娘「アリス・マドレーヌ」
王位継承権は婿を得たものに与えられるため、さっそく「アリス」は人間界へと向かったのでした。
そんな頃、人間界では不幸体質な「五味守(ごみ・まもる)」が、想い人「天神愛美」にフラれておりました。
最後の希望、理解者であった彼女に嫌われた彼の不幸は頂点に到達。
そんな闇のオーラに魅せられた「アリス」は、彼を運命の男と確信。
彼を婿としたのでした。
この私と、結婚しろ

003:第1話「不幸な男」
たまに見かけますが、不幸体質の主人公というのは度合いが難しいですね。
いきなり「守くん」はひき逃げされてるものの、血を流した程度。
コメディー処理されてました。
表現としては曖昧で、ある意味幸運にも感じますね。
車に引かれても、そのまま登校しているのだから。
また、ヒロイン「愛美さん」に助けられたりもしていました。

そうした、憧れだった彼女に見放され、どすーんと彼は落ち込むんですが。
その強大な闇のオーラによって、「アリスさん」が彼を発見・選ぶという流れはスムーズでした。

~と、ここでストップ。
不幸な主人公と、魔界なヒロインという組み合わせは…どうしても「中津賢也」センセの傑作が頭をちらついてしまいます。
そちらと比べるべきではないでしょうけど、軽いラブコメ漫画には設定がやや重く・難しいかも
どうなるのか、センセに期待しましょう。
きっちり説明はされないかなー。

天神愛美
※天神愛美
 この娘の扱いでしょうね。まさかあーなるとは。

035:第2話「ドキドキ☆新婚生活」
065:第3話「奥さんはバンパイアバニー」
吸血されると、バンパイア化するという設定。
しかし、なぜか「守くん」は人間のままで、変化するまで仕方なしに同居することとなったのです。
彼の母親は、逆に天界ちっくな浄化のオーラ。
「守くん」がいちおう無事なのは、そのためかも。
メイン部分では、闇のオーラが融合・実体化して、触手プレイみたいになってます。
脈略ない、単にそちらへ繋がるためだけのようなスパ王って、なんなんでしょうねー。
3話は初夜とか言ってた、前回オチから続くエピソード。
闇のオーラのパワーによって、こちらも「アリスさん」がメロメロになってしまうのでした。
妄想そのまま、彼女をバニー衣装にしちゃってますね。
結構なんでもありという感じです。

093:第4話「まなみの恋」
115:第5話「守る男」
留学生として「アリスさん」が学校に通い始める、お約束なエピソード。
こちらにて、もう1人のヒロイン「愛美さん」と初対面となります。
何といっても、ココが独特
せっかくなので、細かく書きませんけれど…中盤のアレはともかく、オチにはびっくり
いいのかなぁ。
そうした4話の「愛美さん」がいわゆるコメディー・オチではなく、そのまま設定引き継がれる~と、5話のオープニングで示されておりました。
ネタはまたその関係なので、詳細は伏せますが。
こちらでは、初めて「守くん」が格好良いところを見せておりました。
ガッツリ振られるんですけどねー。
あの反応では、彼の恋は成就しないでしょう。
そうした設定がうまく話と絡んでいたと思います。

137:第6話「エンジェル・リリン」
「アリスさん」の妹という、「リリン」ちゃんが登場するお話です。
こうした漫画のお約束ですね
彼女はバンパイアなのに…”エンジェル★リリン”なんて名乗ってるのね。
表裏あるロリ少女で、「愛美さん」と違ってしっかりとしたライバルになってくれそう。
次巻に期待です。

なお、巻末にはおまけ漫画「バンパイアバニー参上!」というのがありました。
こちらは描き下ろしかな?
やっぱりバニーはいいなぁ。

守くんの闇オーラ
※守くんの闇オーラ
 だいたいこうしてえっち展開に。左が「リリンちゃん」です。

★絵柄

ふんわりとした、柔らか曲線な絵柄。
軽いタッチです。
結構白比率があり、スッキリ目な印象なんですが。
たまの黒がきゅっと強く、メリハリになっております。
描き込みはだいたい適度なくらいでしょう。

キャラは可愛らしいまとまり。
ロリロリとしていて、SDっぽい雰囲気。
コメディー崩しに違和感がありません。

表情は豊かで、ややはっちゃけ気味の派手な描き方。
やや表現にクドいところがあり、人を選びそうです
コマの繋がりもスムーズでなく感じるところがありました。
やや見辛いかな。
そう悪いとは思いませんが、テンポはいまいちな印象。

売り…ではないでしょうけど、そうしたのが個性であるかと思います。
完全なる解消は難しいところ。
許容できるかどうかは読んでみないと分かり辛いんですが…出版社さんページにサンプルはありませんでした。
成年系ですが、「DMM」さんには原稿サンプルがあったので、参考に見て下さい。

★その他

本日は「小石川れんず」センセでした。
こちらのブログでは、初単行本「恋・体・温」、2冊目「お姉さんの肉壺」を取り上げています。

今回ので4冊目ですね。
巻数またぐ長編の一般系というのはコレが初めてだと思います。
おめでとうございます!
絵柄もお話もそう悪くないとは思うんですが。
ただ、なんらかもうプラスなんちゃらは不足しているように感じます。
あ、たまの気が抜けたようなユルさは、人を選んでしまうかも。

ちなみに、紹介していませんが、実は「あいえき☆まんたん」も読んでいました。
ほら、まだ私の隣にあるんですよ。
(※紹介できる本も山積んでます)

アリスの花婿 1巻 (ニチブンコミックス SH comics)アリスの花婿 1巻 (ニチブンコミックス SH comics)
(2011/11/28)
小石川 れんず

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。