FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■もっかいしよ? (横槍メンゴ)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年]ラブコメ・幼馴染み
・おまけ: あとがき・ラフ絵・解説、合間にイラスト、
      描き下ろし「おまけマンガ JKの夜明け」、
      カバー裏にラフ絵・別絵、加筆修正あり。
・その他: 短編×11。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「横槍メンゴ(よこやり・めんご)」センセの「もっかいしよ?」です。

ちょっとスペースをお借りして。
山崎製パン」から発売されてる、「ふんわり食パン カルピス」を買ってきました。
どんなんかなー、って思いましたが、本気でカルピスの味がして感激。
いいんじゃないでしょうか。
そういえば、最近はカルピスウォーター飲んでないなぁ。

芽依さん、あみさん.jpg
※左:芽依さん、右:あみさん
 黒髪がいい感じです。

さて、本日はこないだ紹介したばかりの「横槍メンゴ」センセです。
これが待望の成年系単行本ですね。
読み易いラブコメジャンルの短編集となってます。
”ウワサのスーパー美少女絵師”
紹介帯に書かれたそのまま、綺麗で可愛らしいヒロイン群。
お話も良かったです。
しかし、個人的にはもうワンパンチ欲しいような気もしました。
また、先の単行本「はるわか」のヒロイン「日笠山若菜さん」が大変気に入ったので、似たキャラいないかなーって思っていたんですが…。
いませんでした。
結構本気であり得るかも、って狙っていたんですけどねー。

マンガ喫茶でのデート話「ちーぷ・すろーと」
彼氏の先輩が金欠とのことで、マンガ喫茶がデート先になりました。
いつものホテルへ直行、即えっちであったため、そうした普通っぽいデートもいいかと「芽依」さんが考えていたその時。
カップルシートに座った途端、いつものようにえっちを仕掛けられてしまうのでした。
こちらが冒頭話です。
まぁ、毎回ホテルへ連れてくような野郎が、普通にデートなんぞする訳ないですわね。
隣の声が聞こえる、店員が顔を出す、という最中での羞恥プレイになっていました。
ヒロイン「芽依さん」は非常に良い反応をしていたので、彼の気持ちはよく分かります。
ちなみに、↓表紙を飾っているのが彼女です。
途中で止めちゃう流れが好き。
商業デビュー作という「真剣★Hゼミ!」は「タカ」・「ヒナ」のカップル。
明日のテストに勉強をする「ヒナさん」と、どうにかえっちしたい「タカくん」
ヒミツの教材といって出したのは、ほぼえっちDVDだったのです。
ひどいよ!
そうは言われていたものの、イイ意味でした。
勉強には苦戦していたらしい「ヒナさん」ですから、普通はどっかんぶっ飛ばされるのが普通でしょうねー。
現実だと、オチは2人逆になると思います。

チサちゃん、あかりちゃん.jpg
※左:チサちゃん、右:あかりちゃん
 もう気持ちくらいの丁寧さがほしい気もします。

小さい頃、引越しがため離れ離れになってしまった2人。
10年後に再会したものの、「ミヨリ」は眼鏡におさげ髪、「光太郎」はヤンキーちっくになっていたのでした。
そんな幼馴染みの再会ネタ「愛しの眼鏡ちゃん」は、なかなかイイ話
昔の約束を覚えていた「光太郎くん」
しかし、ガラリと雰囲気の変わった彼に怖さを感じた「ミヨリさん」は、思わず逃げてしまうのです。
見た目は大切ですよね。
ただ、彼女のためあっさり髪を染め直すなど、「光太郎くん」は非常に良い男子。
お互い約束を覚えているなど、可愛らしいカップルでした
ラブラブですね。
眼鏡は途中で外してしまうんですが、彼のオチでの一言に注目です。

「チサ」ちゃんと隣のお兄ちゃんの「タイニーガール メランコリー」はブルマな短編。
ラブラブで可愛い「チサちゃん」になびかないのは、ロリコンがためだと友人らに指摘され、攻め方を変えてみるのでした。
まぁ、それまでのアピールは。キャラからして間違いっぽいですわね。
いまだ成長途中という感じでしたし。
小学生時代の体操着でアピールしているんですが、それもぴったりでしたから。
幼馴染みのお姉さん「さや姉」とのコタツえっちな「こたちっく★ラブ!」
寝てしまった「さや姉」の下着を見るべく、コタツ内にもぐる「はるき」くん。
ああ、ひでるさんも絶対にそうしますよ、このシチュエーションならば。
見つかったとしても、キャラ的にOKしてくれそうですしね。
彼女に逆襲される展開も、ぶっちゃけ願ったり叶ったり(笑)
えっちでの「さや姉」が実にキュートでした。
オチページのコメディー絵も可愛いです。

「モヤモヤらばぁ~ず」はショートカットの幼馴染み「美紀」さん。
近しい関係で、さらにボーイッシュなためか、「美紀さん」はかなり距離が近いですね。
特に体育用具室でくっついてくる展開は、「祥平」くんでなくても耐えられるものではないでしょう。
本人がぎりぎりまでまったく気にしていなかったところが凶悪。
よくいままで我慢してたねぇ。
オチでの彼女もキュートでした。
あの感じだとすぐ次があると思いますよ。

「スリーピー・スリーピング」は双子兄弟と「ゆきの」ちゃんのお話。
人物構成はよくある感じ。
複数えっちを持ちかけられた「ゆきのちゃん」は恥ずかしいと怒ってしまいました。
しかし次の日、保健室で寝ていたところを兄弟が発見したため、そのまま寝込みを襲われてしまうのです。
やや起きるのが早いかなー。
こうした漫画に、ふんわりとした貧乳な「ゆきのちゃん」はぴったりだと思います。
拒否していた理由にも注目。
どっからのネタなんだろう。
一方、「シスター★ストレンジラブ!」は姉妹といきなり家族になったという展開。
洗濯物の下着に、敏感に反応した彼。
思わず手にしてしまったところ、姉「ゆきな」、そして妹「みう」に発見されてしまうのでした。
えろい2人がステキ。
普通ならば冷たい視線を送られる場面ですからねー。
ある意味助かったのかな。
ただ、あまりなガッツリ具合に、やや引いておりましたけど。

ゆきの.jpg
※ゆきのさん
 こんな寝顔です。たまらんですよ。

ほか、ネコ耳な軽いオカルト話「にゃんにゃん・レクイエム!」
えっちな妄想でいっぱいになってしまった「あみ」さん。
街中でそんな彼女を見かけたカウンセラー「柳木」は、発情期の猫が取り憑いていると見破り、除霊をはじめるのでした。
だいたいそんなお話。
えー、見知らぬ人にふらふらついてっちゃーいけません。
なかなか良い雰囲気だったので、設定とかをしっかりすれば連続話にもなりそうでした。
フリフリお洋服という「シュガリー*ツンデレーション」
家庭教師先の「あかり」ちゃんは可愛く・賢いもののとっつきづらい娘で、「宮田」は苦手に感じていたんですが…、
家庭教師なんて必要ないんじゃない?」
その一言に、驚くような行動を見せるのでした。
ツンデレですわね。
ただ、ページがためかデレが早いのです。
もうちょっとじっくり見たかった、というのが正直な感想。
描き下ろし「おまけマンガ JKの夜明け」は、「ヒナさん」をメインとした、収録キャラの総出演話。
これは道端にコタツが置いてある強引さに拍手ですね。
えっちではないものの、面白いです。

絵柄は、先に見ていた一般系単行本よりやや濃い目かな、という印象。
柔らかくすっきりとしており、濃淡・描き込みはだいたい適度なくらい。
原稿時期に差はありましたが、そう極端な落差はないです。
ただ、やっぱりより安定してまとまりも良くなるだろう、次巻が楽しみではあります。
概ね良い感じなんですが、たまーに力が抜けたように感じるんですね。
前巻でも書いたそのまま、こちらも同様でした。
画風もあって、どうしても丁寧さに欠けてるように見えちゃうのはやや損をしているかも。
カラーとはそう極端な差はないので、だいたいは↓表紙・裏表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 可愛くまとまっていましたが、もう少しキッチリとした感じがほしいかと。
・話3: どちらも展開が駆け足で、ばっさりとした印象があります。
・独3: 悪くないものの、コレというパンチないのは残念なところ。
合計:[9/15]

ちなみに、こちらの裏表紙とカバー裏のそっち側。
一見すると、並びが異なるだけで同じ絵のように見えるかもしれませんが…もう一度よく見てみて。
皆さん、微妙に表情とか動きとかが変化していました
こんなん好き。
間違い探しみたいで、ちょっと楽しめましたよ。

もっかいしよ? (ウォー!コミックス)もっかいしよ? (ウォー!コミックス)
(2011/08/22)
横槍メンゴ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット コメディー

■ぢゅぶぢゅぶないる (そよき)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・胸
・おまけ: あとがき・作品解説、加筆修正あり。
・その他: カラー(4P)、短編×10。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「そよき」センセの「ぢゅぶぢゅぶないる」です。

えー、故あって部屋内がバタバタしています。
こちらもノートPCを膝に乗せながら書いているので…重くて熱いですね。
ひっじょーにやり辛いです。
ブログを書くような環境でなく、今日はお休みでもいいかなぁ、とも考えたんですが、せっかくなのでこの体制のままやってみます。
誤字・脱字あったらごめんなさい。

本日は「そよき」センセです。
刺さったのは裏表紙のほう。
これは単行本との巡り合い、運命ですねー。
手に取らなければ、ほぼ目にすることないだろうそちら。
↓表紙の時点ではスルーだったんですが、何故だかふと手を伸ばしておりました。
きっと漫画に呼ばれたんでしょう。
…というか、センセは過去に「2×2ゲーム」を紹介してましたね。

そんな訳で、「ぢゅぶぢゅぶないる」です。
これが惜しいんです。
なにかって、絵柄。
だいたいは、ひでるさんが刺さった裏表紙そのままな感じ。
ただ、これが安定しません

佐藤愛、佐藤幸菜
※左:佐藤愛、右:佐藤幸菜
 この単行本はこの2人だと思います。

特に収録の「夏への扉」はセンセ自身で書かれていたように、線は太く、他収録との落差が大きいもの。
初めて「ペンギンクラブ」で描かれたものだそうです。
そちらを筆頭に各話はちらほらと差がありました。
また、「そよき」センセの画風がサラリと流すようなもの。
これが、安定して見え辛く、より不利に働いてしまっているんですね。
実際にばっさりとした描かれ方なのですが。
そのあたりは、もうちょっと丁寧さが欲しいところですねー。
崩れ・乱れがちらほら目についてしまい、良いコマの稼いだポイントを奪っている印象でした。
ふんわりとした優しいキャラ絵。
かなりのむちむち具合があり、特に胸はたゆたゆしてます
ずぶずぶっと埋もれてしまいそう。
雰囲気としては、「ジェームスほたて」センセに近いでしょうか。
落ち着いてきたら、実に良い感じになると思われます。
だいたいの判断は、↓表紙・裏表紙で問題ありません。

…と、先に作画について書きました。
全然悪くはないんですけど、とかく今回収録は不安定なので、お気をつけて。

続いて収録の各話について、簡単に書いていきます。
全て短編という構成。
ほとんどが心地よいラブコメ系となっており、どちらも読後感は、ほわっとあたたか。
特に良かったのが、収録でのメインというべき作品「スイート+スイートホーム」

育ての親であった祖父が他界して、天涯孤独となってしまった主人公「天海優」
そんな彼を心配したのか、先んじて“百人の愛人のうちの一1人”という「佐藤愛」との婚姻届を提出していたのでした。
こうして、キスどころか彼女もいなかった「優」は、知らぬうちに結婚していたのです。
混乱する彼に話しかけてきたのは、クラスメイトの「佐藤幸菜」
美人顔で、好みではあったもののすこぶる無口・無表情なため、とっつき辛い娘さんなのでした。
同じ佐藤という苗字に引っかかった彼。
祖父が残していた地図を辿ったところ、なんと彼女もまったく帰り道が変わらなかったのです。
そう、「愛」は彼女の母親なのでした。

そんな訳で、魅惑の母子えっち話です。
いきなり飛び出してきた「愛さん」にキスされるんですが、振り返った「幸菜さん」にもキスされております。
もう、力いっぱいに羨ましいネタですね。
もともと彼のことが好きだった「幸菜さん」は置いといて、「愛さん」の事情がある程度しっかりしていたのが秀逸。
なるほどねぇ。
実は初対面でもありませんでした。
そんな2人には、いきなりお風呂でサンドイッチ状態にされています。
たまんないわ。
「愛さん」は巨乳でしたが、「幸菜さん」はまだ控え目。
いちおう正妻である「愛さん」を横目に、いままで気になるクラスメイトだった「幸菜さん」とも良い雰囲気をつくっていました。
オチページもいいですね。
できればもう2、3話くらい、あの夢のような空間を楽しみたいですよ。

従妹「みっちゃん」
※従妹「みっちゃん」
 彼女も可愛かったですよ。

「おこたの中はエッチな空間」はひでるさん好物であるコタツネタ。
従妹の「みっちゃん」と夏の帰省中にえっちしてしまった「彦二」くん
それから元旦に帰省すると…という展開です。
この「みっちゃん」がとある理由がため、当初はノリ気ではないんですが。
泣いたりしてましたよ。
もう、やたらめったら可愛いなぁ
なんで泣いてしまったのかは、ぜひ本編にて。
お約束なコタツ内の攻防から、田舎で「みっちゃん」の口調とかノスタルジー感もあり、優れた1話となっていました。
しかし、「彦二くん」は器用に足でショーツ脱がせてましたね。

「はじめてのお泊り」は、まわりの女の子たちが色づきだす中、取り残された~というヒロインの先輩さん。
ああ、ネタは違えど、そんなんよく分かります。
ひでるさんもぼーっとしてましたからねぇ。
初めて彼の家へお泊りするという漫画で、いちおう年上なためそんなんを誤魔化しつつもいっぱい・いっぱいになっていました。
下着もばっちりでしたよ。
ミニスカートに慣れてないようなところがキュートです。
ややツリ目で、ロングの黒髪という容姿も良かった。
なお、↓表紙はこちらの先輩さんです。

何やらファンタジーなタイトル「紅い衝撃BLACKロックプリンス―闇鎖皇子は虚空に吼える―」は、教師・生徒のカップル。
舞台も学校ですが、男子「山田ゆう」くんは妙な設定を自分に持っている、いっちゃった系な人。
こんな時間に呼び出して何の用だ、女
教師に対して、そんな口のきき方をしていました。
その場でボコボコにしてあげたいですね(笑)
現在はそんなん体罰とか言われるのか。
ただ、こちらの先生はそんなんよりもさらに上手。
なだめ、すかした上にえっちに持ち込み、自分も楽しみつつなんとなくまとめてしまいました。
面白いんですが、オチにもうひと展開ほしかったかなー。
「ありがとうの部屋」も同じく学園話ですが、複雑な家庭環境をもつ男女が寄り添うような感じ。
コメディーなそちらとは大違いの、緊張感もある静かなストーリーになってます。
詳細は触れませんが、ポニーテールな「朝倉奏」さんがいい感じ。
特にえっちシーンの、縦割りコマが素敵。
ちょっと前半の崩れがもったいないくらいです。

妹「エミ」さんとの近親「俺の妹がこんなにデカイわけがない」
こちらの「エミさん」は背丈などが大きい妹さん。
なるほど、こうした設定もいいもんですね。
日常シーンではパンツ姿だったんですが、ベルトのあたりでややパンチラしておりました。
そんなんもいいんですが。
この漫画のポイントは、そんな妹さんに寝込みを襲われる点。
しかも、その前段階として、なんどか胸をお口に含まされていたのです。
冒頭のそんな描写が最高(笑)
ただ、古い原稿なのか、かなり荒い作画なのが残念でした。
「三角形の顛末」は、寝てる間に添い寝されてるパターン。
漫画は仲良し男女3人組の思春期ネタで、どうくっつくかー、という感じ。
どう見てもお似合いに見えた「小梅」さんと「松本」くん。
しかし~と、ほぼ詳細に触れてしまってますが、そんなん。
目が覚めたら彼女の胸、という素晴らしい寝起きでした。
縞模様の下着も気がきいてます。
また、なにげにコレはオチの1ページが素晴らしく良いです。
ううん、青春だなァ。

先輩さん、妹「エミさん」
※左:先輩さん、右:妹「エミさん」
 「エミさん」はやってるアレコレが非常に良かったです。

幼馴染み「坂本九」の通称がそのままタイトルになっている「きゅんきゅん」
9割が女子という女子高に通う男の子で、ボーイッシュな主人公「明音」さんの想い人でした。
怒ったことない、という彼に積極的に迫っています。
まぁ、早いことお手付きしないと、かっさらわれそうですもんねー。
ほわほわしてるし。
しっかり女の子している「明音さん」をお楽しみに。
カラー4ページという「ぢゅぶないる」も幼馴染み。
彼の家での勉強がえっちに流れるというもの。
誘っているのは女の子の方でしたねー。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 次回に期待かな。不安定さが強いです。
・話4: そんな絵柄を上回る、優れたラブコメ群でした。
・独4: ラブラブ・幸せ展開で良いと思います。
合計:[11/15]

作画安定するだろう、次にまた期待します。
お話巧い方なので、がんばってほしいなぁ。

ぢゅぶぢゅぶないる (富士美コミックス)ぢゅぶぢゅぶないる (富士美コミックス)
(2011/08/25)
そよき

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ファンタジー ポニーテール ノスタルジー パンチラ

■敏感肉彼女 (肉そうきゅー。)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメコスプレ
・おまけ: あとがき、合間に作品コメント。
・その他: カラー(12P)、短編×10。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「肉そうきゅー。」センセの「敏感肉彼女」です。

最近はまたやたら時間がないので、たまる一方なんですが。
ようやく「カンペキな彼女/あきづき弥」の5巻を読みました。

カンペキな彼女(5) (アクションコミックス(コミックハイ!))カンペキな彼女(5) (アクションコミックス(コミックハイ!))
(2011/08/11)
あきづき 弥

商品詳細を見る

今回は「常盤かなめ」さんですねー。
1冊まるまる百合姫な感覚で、堪能させていただきました。
まぁ、あの言い方だとハッキリ伝わらないかなー。
27話が惜しかったです
も、もうひと頑張り(笑)
ほか、合間の「違反のカタマリよ武田くん!」とか、
クラス30名の座席表がなにげにカチーときました。
それぞれ1人づつ顔を確認していきたいところよね。
やんないですが。

さて、本日は「肉そうきゅー。」センセの「敏感肉彼女」です。
こちらで3冊目。
初単行本「いちゃ×2 らぶ×2 コスプレ乙女」、2冊目「禁愛乙女」と、ブログで紹介しています。
ずっと追っかけてますね。

姫乃さん、上園さん
※左:姫乃さん、右:上園さん
 浴衣が可愛いです。「姫乃さん」のキャラもいいなぁ。

特にあるよーって書かれていませんでしたが、センセでの漫画気になるのは…やっぱり、恒例の「うさちゅー」さんを探せ
今回もタイトル部分の後ろに難易度(高・中・低)の評価してみました。
探す際の参考にどうぞ。
ただ、冒頭話「真夏のビキニーソ」からいきなりつまづいてしまいました。
コレは難しかったー。
あとはだいたい小さめでしたが、台詞の近くにいたりして、比較的見つけやすいと思います。たぶん。

●「真夏のビキニーソ」(難易度:高)
カラー原稿6ページというショート冒頭話です。
ビキニとニーソックスの組み合わせの「亜里沙」さん。
こんなんも良いですねー。
足フェチな彼の作戦にまんまとハマっていました。
足蹴にされた際の喜んでいるコマが楽しい。
ああ、そんなんもお好きなのか。
厄介な相手だ。

●「だって卯年だもの♪」(難易度:低)
こちらもカラー原稿。
白バニーで、黒ストッキングのグラデが素敵な1話です。
大学教授「烏丸」と、その助手「羽鳥陽菜(はとり・はるな)」さん。
展開はそんなんでしたが、そもそも切っ掛けをつくっていたのが「陽菜さん」というのが可笑しい。
お茶目な娘なのね
いちおう普通に付き合っているようだったので、お誘いでもあるのかな。
オチのラブラブっぷりはやや胸焼けしそう。

●「演技の道もHから」(難易度:低)
成年ゲーム好きな「悠馬」くんと、「水織(みずき)」さん。
やっていたゲームに見た目で”下らない”と断じたことで、彼の指導を受けることとなるのでした。
役者志望とのことで、感動する流れに驚きましたが…それを浮気だとしたのは意外。
私がいるのに(ゲームの中の)他の女の子に手を出すなんて納得いかないわ!!
そんな可愛らしい発言をしていました。
”自分の演技で再現してあげる”とか、そんな事まで言い出しており、ちょうどプレイしていたメイド調教ものをすることとなったのです。
そんな訳で、「水織さん」はエプロン姿で拘束されてます。
再現できるアレコレを持っている彼が凄いですね。
何に使うつもりだったのやら。
途中までいちおう演技していたらしい彼女もスゴイ。

教授「柳さん」、幾田美結
※左:教授「柳さん」、右:幾田美結
 この「柳さん」が好き。別のシチュエーションで見たいです。

●「夏の妖しい一夜」(難易度:低)
浴衣姿の後輩「上園」さんが可愛いお話。
しかし、手伝いを依頼するのにあんなややこしい文言使っちゃーダメよ。
怒るの当然。
いや、わざとあーしたのか。
夜の大学が舞台で、タイトルそのままちょっぴりオカルト色あるお話です。
あんなんを幽霊と勘違いする可愛らしさを見せてました。
処理をどうの言ってるコマはシチュエーションがため途中で口を塞いでしまうんですが、キッチリ言ってほしかった気も(笑)
なお、ここの「うさちゅー」さんを探せは…前半のイラストでいいのかな。
ほかにいるならば、ひでるさん気付いてません。

●「不器用彼女の精一杯」(難易度:中)
家事を担当していた同棲の彼「翔」くんが怪我をしてしまったことで、料理は「姫乃」さんが作ることとなったんですが…というもの。
お嬢様風という、ツンデレちっくな彼女。
こうしたネタはよくありますが、人に出す際にはちゃんと味見しようよ。
「姫乃さん」は味覚音痴ではないですからね。
しかも、逆ギレまでしていました。
難儀な娘だなぁ。
ただ、彼は世話好きなイイ男で、そうした彼女をやんわりと受けています。
よくできたカップルです。

●「ウキウキ罰ゲーム」(難易度:中)
ちらほら見かける、やたら勝負をふっかけてくるタイプなヒロイン「菜摘」さん。
現在はそのまま付き合っており、敗者の罰ゲームとしてお尻えっちとなるのでした。
彼女は初めてとのことで、ドキドキですね。
ちゃんと奇麗にしてきたようでした。
オチが良かったです。
このままそっちに傾倒してそう。

●「スキンシップレクチャー」(難易度:中)
●「Beauty Reaction!?」(難易度:中)
この2話は同じ大学でのエピソードです。
まず前者「スキンシップレクチャー」は、世間で名の知れた教授「柳」と「矢木智紀」
研究以外はまったくダメ、という彼女が、突然に「花嫁修業」とか言い出す展開。
オモロイ眼鏡女性ですね。
先の「姫乃さん」も料理ダメでしたけど、彼女は「わ、私に殺人を犯せと!?」とか言ってました。
料理だってば。
丁寧な口調と、教授らしく詳細な調査をしている点、いきなりのえっちなど展開が良かったです。
オチではしっかり(ちゃっかり)したところを見せてます。
後者「Beauty Reaction!?」は研究所のリーダー的存在「来栖玲奈」と「黒崎慧」のカップル。
こちらの教授が先の「柳さん」なのね。
知的でクールな先輩「玲奈さん」
お話は付き合う「黒崎くん」を自宅マンションへ招くというもの。
大事な事、というお誘いがため、緊張とともに訪れた彼をまっていたのは、乙女ちっくな部屋と、フリフリな衣装の「玲奈さん」だったのです。
このギャップは仰天します。
厳しくしっかり育てられた反動、とか言ってましたが、なかなか凄いですね。
ただ、実際のところ、あんなんかもしれません。

来栖玲奈
※来栖玲奈
 こんな感じですが、普段はキリリとした方です。

●「溢れる程に愛してる」(難易度:中)
図書館でバイトをする「間庭一誠」くんと、大人しい司書「守本繭華」さん。
ちょっと怖いよ、「繭華さん」
文字の羅列というのは、なにゆえあんなにぞっとさせられるんでしょうか。
オチがまた可笑しいです。
時間かかってそうだなぁ。

●「メイドで召しませ」(難易度:中)
同じ大学の研究生「幾田美結」と「古山裕也」
彼女の部屋に行ったところ、なぜかメイド服を着た「美結さん」がいたのでした。
30着ほどあるそうです。
彼の発言を聞いたのは昨日とありましたんで、アレは1日で揃えたのかな。
完全にえっち目的ですね。
オチがまた面白いんですが、どんどん服は増えていくんだろうなぁ。

やや強めなしっかりと丁寧な線。
濃淡や描き込みはだいたい適度なくらい。
乱れ・崩れはなく、まとまり良いもの
えっち感は極端でなく、表現にも特にひっかかるところありません。
あちこちのバランスにも違和感はなかったです。
カラーだとまたやや雰囲気異なるものの、だいたいは↓表紙・裏表紙で良いでしょう。
「肉そうきゅー。」センセのHPには漫画状況とかサンプル画が多くあるので、判断には最適かと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 好きな系統です。バランス良くまとまってます。
・話4: 甘いラブコメ。個性的なヒロインが揃っていました。
・独4: 全体的にコスプレちっくで、楽しめました。
合計:[13/15]

お話と共に、ビジュアルにも優れた1冊だったと思います。
ただ、タイトルはやや硬めすぎるかなー。

敏感肉彼女 (エンジェルコミックス)敏感肉彼女 (エンジェルコミックス)
(2011/08/17)
肉そうきゅー。

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コスプレ

■のらシス (猫玄)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ラブコメコメディー
・おまけ: カラー描き下ろし?「のらシス・その後1」
      描き下ろし?「のらシス・その後2~カバー裏へ」、
      カバー裏に漫画・あとがき、加筆修正あり。
・その他: カラー(6P)、短編×11(うち「のらシス」×6)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「猫玄(ねこげん)」センセの「のらシス WANDERING SISTER」です。

祝・単行本40冊目達成!

おめでとうございます!!
ご年齢を冊数が追い越すのもそろそろという感じですかね。

そう、確かメモリアルな1冊だと思って、ゲットしてきました。
描かれてるのが「猫玄」センセなので、どっちにしろ手には取るんですが。

そんな訳で、本日は「のらシス」です。
↓表紙は3名ヒロインがちょこんと可愛いスタンダードな感じでしたが、裏表紙のそれぞれかぶりモノが置かれた風情がなんだかシュールで好き
一瞬、あれは雪山かと思いましたが。

虚無僧「玉ノ井静流」
※虚無僧「玉ノ井静流」
 玄関あけたらこんな感じ。ちょっとイヤね。

あ、こちらも平仮名4字のタイトルですね。
手に取った際には、”なんのこっちゃ”という感じでしたが、よくよく見たら紹介帯に書いてありました。
野良なヒロインらの漫画がメインです。
よく聞くのは野良メイド。
…最初にそんなん言い出したのは誰だろう。
歌ありましたよねー(←知ってます?「のらメイド体操」とか、はじめて聞いた時はぶっ飛びましたが)
まぁ、いいか。

こちらは”のらシスター”ほか、「猫玄」センセらしい、独特でキュートなヒロインらが登場してます。
コメディー色強めでした。
そのほか半分くらいは短編が収録され、色々と楽しめる構成です。
まずはそれら短編群から。

褐色肌な「あめにうたえば」は、外人「ソフィ宮島」さん。
濁点ないものの、文字のならびから長兄を思い出しますね。
帰国子女「ソフィ宮島」の面倒を見ることとなった、委員長「北島平祐」
日本語はできてコミュニケーションは問題ないものの、一般常識がごっそりと欠けていたのでした。
なんのかんのと明け透けな彼女にドキドキさせられていたところ、一緒にお風呂なシチュエーションとなり…と、そんなん。
褐色肌で貧乳です
冒頭ではタイトルそのまま透け透けな描写もあり、なかなか良い風情。
ただ、もう少し羞恥心あったほうがより刺さるんですけどねぇ。
第三者的に漫画で見ると可愛いですが、隣にいたら…けっこう疲れそう。

お兄ちゃんのニクドレイ~
とか言ってる、お隣の歳の離れた幼馴染み「片山もなか」ちゃんの「隣の女の子がエロ過ぎて困る」
いままで妹みたいだった彼女が、自分が持っていた本を切っ掛けとして、いつしかそんなエロトークをするようになっていたのでした、というもの。
これはオチのためにあるような漫画ではないかなぁ。
「もなかちゃん」可愛いのに。
お兄ちゃんも途中でそれっぽく暴走しており、それなりにお似合いな2人。
ただ、彼女のがややイっちゃってそう

お姉ちゃん、和さん
※左:お姉ちゃん、右:和さん
 この「和さん」とのお話が好きです。

「ぎりぎりセーフ、でもアウト」は、サッカーで出会った「藤本晴」とのお話。
えー、これはネタがため、詳細については避けます。
どっちなんだかギリギリまで判断つかず、ドキドキでした。
そちらと似た雰囲気なネタの「ぼーいみーつ ぼーいっしゅ」
親友であった「カズ」こと「和(のどか)」さんと「拳斗」くん。
ボーイッシュで、彼とも普通に一緒に着替えてもいた「和さん」
スポーツブラに見とれていた彼を察し、悪戯心で触るよう持ちかけたのでした。
こっちのネタのが好き。
”普段女の子扱いしてくれない”
そんなことも書かれていました。
なるほど、そう感じるんだろうなぁ。
ただ、思春期・男子を軽くみちゃーダメよ。
同時期にとある事件が起こり、それらがためえっち展開となっていました。
でも、「和さん」はもう少し大人になれば、その容姿にあった美人になると思う。
オチがまた面白いのです。
納得。
「姉として!!」 は、お姉ちゃんの服を着ていた弟「信悟」との近親。
色々と間違っている(普通でない)点があるので、読みながら考えてみましょう。
まぁ、どれもプレイなんで、趣味によってはいたってノーマルなのかもしれませんが。
あのオチは…引きますね。

”野良猫に餌を与えてはいけない”
そんなメイン中編「のらシス」シリーズは、全6話とおまけっぽい漫画の連続話。
鉄!おかわりなのだわ!
そんな事を言ってる、近所・修道院のシスター「辻堂ルリ」
1ヵ月前に餌付けしてから、どんどん態度がデカくなっていたのでした。
また、施しをうけたならそれ相応のお礼を~という彼女のソレも、どんどんエスカレートしていたのです。

だいたいそうしたのが、1話目「のらシス」
~だわ
という口癖な「ルリさん」
修道着がまったくらしくない、エロくておもろい女性ですね。
隣にいたら、そりゃー煩そうでしたが。
そんなんですが、いちおう信仰心はあるようで、お尻えっちです。
猫抱いてたりするのは、やっぱり作品中台詞にあったソレを意識してるのかな。

2話目「のらそう」は、虚無僧「玉ノ井静流」さんが玄関で行き倒れているパターン。
ここで何故だか虚無僧というチョイスになっているんですが、そんなんが「猫玄」センセっぽい気もします。
ただ、彼女はキャラ的に一番マトモということもあり、できれば籠かぶったままのがいいかなー。
喋りも丁寧で普通。
尺八」とか言ってましたが(笑)
素顔を晒してしまったことでのえっち展開になります。
たまに差し込まれていた「ルリさん」が面白いですよ。
この2人、初対面のところは1コマで処理されちゃっていましたが、できれば数ページでじっくり描いてほしかったです。
あるいはおもいきり対立した方が良かったのでは。

シスター「辻堂ルリ」、魔法使い「神部黒乃」
※左:シスター「辻堂ルリ」、右:魔法使い「神部黒乃」
 「ルリさん」は素顔がまた良かったです。

3話目「のらまほ」は魔法使いな従妹「神部黒乃」さん。
彼女の喋りは平仮名表記な英語。
単なるコスプレで個性的な娘かと思いきや。
本気で魔力を持っているみたいでした。
「鉄くん」も金縛りにされてましたよ。
また後半では、ココという場面で彼女の活躍が見れます。
彼女はえっち最中より、普段のが面白くていいですね。
次の「シス×そう」前半でイイ味を出してます。
こちらのメインは「ルリさん」と「静流さん」
口ばっかで役立たない「ルリさん」と違い、「静流さん」は托鉢で稼いで弁当作ったりしていました。
単にもらい物つめただけなんですが、そんなんでも大違い。
先にも書きましたが、この2人はそう相容れない感じで、もっと絡んで色々と揉めてほしかったなぁ。
ここでは優等生(←そう言うほどではないものの)で売る彼女に嫉妬してる「ルリさん」ですね。

続く「まほ×シス」では「黒乃さん」との絡み。
はっちゃけ描写ばかりな「ルリさん」ですが、こちらではその変化を楽しめます。
そんな流れを受けて、最終「のらシス」
コメディーなこれまでと比べ、驚くほどにラブいお話に仕上がっています。
そんなんで、冒頭のカラー漫画。
↓表紙にも描かれているので正体というほどではないですが、あの「ルリさん」はもっと早くに出していても良かったかも。
また、ストーリーで仕方ない面もあるとはいえ、もう少しヒロイン同士の交流が見たかったかな。

いつものとおりに、しっかりと安定した作画。
描き込みは軽く、濃淡は線を含めてやや濃い目というくらい。
こざっぱりとした雰囲気ですね。
登場するヒロインらは貧乳揃いで、可愛らしいキャラ絵。
丸くぺったりしており、やや癖があります。
だいたいはカラーと変化ないので、↓表紙で判断下さい。
漫画は巧く、特にコメディーの上手な方。
特にメインシリーズは楽しめると思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: お話を含めて、全体的に癖が強めかなぁ。
・話3: 悪くはないものの、もう一歩ほしい気がしました。、
・独5: メイン・短編のどちらも個性が強めです。
合計:[12/15]

収録では短編のが成年漫画っぽいかなぁ。
メインはもうプラスなんちゃらがほしく感じました。

のらシス (TENMAコミックス RiN)のらシス (TENMAコミックス RiN)
(2011/08/26)
猫玄

商品詳細を見る



★「猫玄」センセの漫画紹介記事。  すべて成年系
 「お仕えします ご主人さま~家族のお値段~
 過去連載のリライト漫画。メイドさんの連続話「家族のお値段」シリーズを収録。
 「とらい・ぶっきんぐ
 ロリ系。表題「とらいシリーズ」もいいんですが…短編のハーフ少女「マーヤさん」がキュートでした。
 「お姉ちゃんのココも気持ちいい
 お姉ちゃん系。姉弟の近親「姉弟・帰るシリーズ」などを収録。
 「裸族の夜
 ロリ系。全249ページというページ量で、2話の連続ほか短編を収録。
 「妹のアレは気持ちいい
 妹系。コメディーちっくな「巨乳妹・真依ちゃんシリーズ」を収録しています。
 「都合のいい少女
 ロリ系。「鈴さん」が登場する「狐の嫁入り前」などの短編を収録。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ コスプレ

■ただし二次元に限る (Noise)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・ロリ
・おまけ: あとがき・漫画「おにいちゃんスイッチ」、
      詰んデレ・キャラクター紹介①②、カバー裏に漫画。
・その他: 折り返しに既刊紹介、カラー(8P)、短編×12(うち「詰んデレ」×4)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Noise(のいず)」センセの「ただし二次元に限る」です。

先程まで昔のPCを引っ張り出して作業をしていましたが。
…ダメですね。
ひでるさんの処理速度がPCのソレを上回ります(笑)
なんとなく優越感。
とか喜んでいる場合ではないので、とっとと用事をすませて終えました。
こりゃ、いつまでも持ってる意味はなさそうですね。

さて、本日は綺麗な作画の「Noise」センセ。
「ただし二次元に限る」です。
こちらが初単行本「Loliplex!」、2冊目「ももいろノイズ」に続く3冊目。
紹介帯には…「シマる!?」とかなんとか、直接的な表現が書かれていて、ちょっと驚き。
こんなんはOKなの??
表題作のほか、短編と4話くらいの中編による構成。
可愛いだけでないヒロインが非常に良い感じ
ただ、期待した中編はコレというポイントがなく、連続話のメリットも薄く、ちょっと残念な仕上がりでした。
短編群のがいいです。

妹「真由美」、鬼頭さん
※左:妹「真由美」、右:鬼頭さん
 こうしたヒロインが秀逸でした。可愛いだけではありません。

後に収録の中編を差し置き、表題作となっている短編「ただし二次元に限る」
成年ゲーム好きで、廃人と化している兄「弘人」くん。
ダメっぷりに拍車がかかる彼を現実に引き戻すべく、妹「真由美」ちゃんが奮闘するのです。
展開としては、ぶっちゃけよくある感じ。
ただ、こちらは半開きな目とつっけんどんな言いまわしの妹「真由美ちゃん」のキャラが良いのです。
若い割にけっこうばっさりとした思考で、普段は「弘人」って兄を呼び捨ててました。
”いきなりハードル高いな”
の部分が好き。
そんなんでも、えっちにまで付き合ってくれるところがキュートなのです。
ぜひまた別のシチュエーションで「真由美ちゃん」に会いたいです。
表題になっているのも納得。

催眠術ネタの「眠デレ」
従兄「都」くんに催眠術をかけられることとなった「みみこ」さんのお話。
”まぁ、ちょっと付き合ってやるか”
とか、完全に彼を下に見ており、表面とは裏腹に、内心ではしれっとしているところがポイント。
リアルにいそうですよね。
ただ、おばかな彼がため、猫とか妹にさせられ、どうにか演じている様が素敵なのでした。
大人だねー。
ただ、そうした演技を理由に大胆なことをしており、最終的にどっちつかずな感覚になっている展開が秀逸
オチもちょっと可笑しいです。
猫耳付けたままえっちに流れるほか、「みみこさん」の着用していた短パンなお尻が可愛いです。

読んでいて独特さに驚いた短編「姫ゴト」
笑顔が可愛い、クラスで人気な「鬼頭」さん。
本性は別人のようであり、孤立しがちな「根室」くんを支配し、ストレスを解消していたのでした。
このキャラはまた凄いなー
先の「みみこさん」とか、この「鬼頭さん」とか、万人受けはしないかもしれませんが、実に良いです。
あのにっこりとした笑顔が仮面ですね。
素に戻ると顔から口調・態度までガラリと変わり、なるほどストレスは溜まってそう。
罵るだけでなく手・足を使って、殴る・蹴るとかなり酷いことしていました。
「根室くん」はそのまま受けてるかなー。
ある意味プレイみたいな感じなんですけどね。
あーまで素を出せる、それを受けれる男性はそう見つからないと思うので、充実したカップルにも見えるんですが。
もうちょっと優しくしないと逃げられちゃうよ。

幽霊「桐山レイカ」、西園真宮
※左:幽霊「桐山レイカ」、右:西園真宮
 両極端な2人を並べてみました。「真宮さん」は成長待ちかなー。

「保健医と珍獣」はカバー裏に顔を見せていた「西園真宮」さん。
内気な性格でクラスに打ち解けられず、ちょっとしたいじめに遭っている「真宮さん」
そんな彼女のことを気にかけていた保健医と、はいつしか恋人同士のようになっていたのでした。
だいたいそんな感じ。
この「真宮さん」のキャラは、ばっさりとした髪と半円な目の野暮ったい、独特な雰囲気。
確かに可愛くはないものの、「Noise」センセの技術とお話がため、ある意味可愛らしく仕上がっていました
たぶんねぇ、もう少し大人になれば良いバランスになると思うよ。
行為の良し悪しは確かにあると思います。
ただ、間違いなく彼女を救いになっており、綺麗事並べたてて何もしないよりは立派。
非常に良いお話でした
見ていてさすがに泣きはしないものの、じーんときます。
彼女には幸せになってほしいですね。

「シンデレ」は幽霊「桐山レイカ」さんとのえっち。
放課後の教室にいた「レイカさん」が見えてしまった教師は、その成仏の手助けをすることとなったのでした。
ありがちですが、連続話はこっち設定のが良かったのでは?
そんな気もする、優れたラブコメ短編。
”完全にさわられている感覚がある…!”
幽霊とのえっち展開では、ぜひ考えておきたい接触について。
勿体ないので伏せますが、この点についてちゃんと回答を用意していたので、安心して読むことができました。
ふんわりとした、らしい美少女で、ラブコメの似合う明るさをもった「レイカさん」
えっちでは初めてということもあり、大人しくなってしまうところがまたキュート。
えっち最中の会話もオシャレな感じでした。
オチの1ページも期待通りで、こちらもぜひ再登場を期待します。

冒頭のカラー原稿漫画「セイセキ優秀 浜内さん」
成績優秀な「浜内美月」さん。
落ち着いた物腰の優等生な彼女ですが、実はえっち好きで底なしだったのでした。
眼鏡で、いかにも頭良さげな台詞がいいですね。
彼女のえっち相手は数学教師でしたが、保健医に発見された際もいたって冷静に対処しています。
下着も穿かないまま登校していたそうで。
あの雰囲気からは想像できません。
こんなんいいなぁ。
結局3名での複数展開になるんですが、オチは概ね想像通りでした。

「にょんデレ」は「まどか」さんの法尿ネタ。
「綾ノ部紫大路(あやのべむらさきおおじ)」とか教師「水野」が言ってましたが…名字?
可愛らしい容姿なのに、教師に対して「水野」と呼び捨てにしているところが良いです。
お嬢様な感じですわねー。
トイレも自分で拭かないそうで、ここは願ったり叶ったり。
立って見せつけてくれました
えっち知識は…あるのね。意外。

彼氏「茅葺(かやぶき)」くん・「椿」さんの「ラブコン」は彼女の兄「菊次郎」を含めた三角関係もの。
彼は6つ年上とか言ってましたが…そんなんなのに、彼だけでなくお兄ちゃんともシテいるのでした。
ラブラブな2人にやや呆れ気味な彼女がキュート。
オチページの表情も良いです。

みみこ
※みみこ
 短パンのお尻が良いのですよ。

キャラ紹介もあった、全4話の「詰んデレ」
将棋部に所属する4名ヒロイン「金山香子」、「盤上圭子」、「角田成美」、「大将飛鳥」らと顧問教師「歩成」とのラブコメで、将棋ネタがあちこちに散りばめられているのが特徴。
用語解説などもあります。
そんなん悪くないと思いますが、お話はラブラブな彼女らが次々にえっちしていくという、捻りないもの。
それぞれ多少性格の違いはあるものの、↑先に書いてきたような短編ヒロインらの持つ毒はありません
無難なだけ、ありがちで魅力の薄いお話になっていました。
特に逡巡もせず、あっさり彼女らとえっちをしてしまう「歩成くん」も、正しいけど面白味はなく。
これが巻末に位置しているため、これまで良かった短編のアドバンテージを帳消しにしているような気がしました。
「Noise」センセなら、もっと良いものが描けると思うんですが、なにゆえこんなんなのか疑問。

丁寧で綺麗な作画。
しっかりしていながら、ふんわり・柔らかな処理が見事です。
濃淡は適度で描き込みにも優れ、若いきめ細かそうな肌がまた良い感じ。
各話の差もそう大きくなく、安定しております。
丸っこい可愛らしいキャラ絵。
ロリ寄りですがそう強くはなく、綺麗なまとまり
間口は広いと思います。
↓表紙などカラーとはやや雰囲気違うものの、白黒原稿も同様にまとまってます。
判断はそちらか、紹介帯のカット絵が見易いです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: キッチリで優しく、良い作画でした。
・話4: 中編がマイナス。短編はどちらも良い仕上がりです。
・独4: ここも中編です。可愛いだけでないヒロインのが魅力的ですよ。
合計:[13/15]
        
なお、なぜか↓表紙・裏表紙は眼鏡キャラになっていますが、本編では2人だけ。
男性のが眼鏡率高いくらいなので、お好きな方はちょっぴり注意ね。

ただし二次元に限る (TENMAコミックス LO)ただし二次元に限る (TENMAコミックス LO)
(2011/08/26)
Noise

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■もえまに (雛瀬あや)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメ・マニア
・おまけ: あとがき漫画、合間に4コマ、
      カバー裏にリンク別絵・別絵、
      描き下ろし「コスッてしすた~ず」
・その他: 短編×8(うち「さんかく△ぎるど」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「雛瀬あや(ひなせ・あや)」センセの「もえまに」です。

今テレビで焼き鳥をやってます。
見ると食べたくなるんですよねー。
ケンタッキーとか。
夜の食事は意識して控え目にしてるんですが。

さて、本日は「雛瀬あや」センセです。
単行本としては3冊目になるのかな。
えっちシーンがメインという、成年マークのない一般系な単行本。
ネタとしては、タイトルそのままマニアっぽい作品群が多めです。
ひでるさんは、こちら「もえまに」が初見。
ふんわり・ふっくらとした肉付きのキャラ絵で、漫画としてはそう悪くはないと思いました。
ただ、お話が…個人的に刺さらない
スタンダードな短編集でないのは良かったんですが、なんというか、各話とも納得感がありませんでした。

知里、葛見
※左:知里さん、右:葛見さん
 これが…個人的には刺さりません。

オンラインRPGで1年間パーティーを組んでいた男女3名がオフ会を切っ掛けにして…という「さんかく△ぎるど」
全3話の連続モノです。

ごめんなさい。
まず、ひでるさんはオンラインRPG自体が好みでありません。
こうしたお話についても、素直に受け入れ難い基本があると思います。

お話は、それぞれヒロインとのえっちから最終的には複数になる、スタンダードなもの。
ネット上とリアルでキャラが異なる~というのを描きたかったようですが、さして伝わってきません
もしテーマを重要視するのであれば、ヒロインは2名でなく、カップルを掘り下げた方が分かり易かったのでは。
漫画的には派手になったかもしれませんけどね。

1話目はゲーム上では妹キャラな「細野知里」
リアルでは大人しい眼鏡娘なんですが、酔ったこともあってか豹変しておりました。
こりゃ、二重人格ですわね。
どーでもいいですが、ネットゲーム上でえっちとかはするものなの?
冒頭の色々知っているが会うのは初めて、という部分には興味を引かれますが、ネット上だけでそう理解できるものでしょうか。
納得感がありません
2話目はネットもリアルもさして変化ない「葛見」さん。
先の2人の変化を察して、彼女も参戦するという感じ。
こちらでは、主人公「大介」くんの変化がかなり唐突。
びっくりしますね。
多少分からんでもないですが、なんか…皆おかしいよ。
3話目は複数えっち。
これも軽いなーという印象。
「知里さん」の切っ掛けとか、そんなものでしょうか。
ちょっと話が合いませんね。 

「コスッて・隣のおねえさん」は「吉野」くんのお隣に住むOL「百井みゆき」さんのお話。
隣の「百井さん」は、コスプレイヤーだったのです、というもの。
普通のアパートで…隣に荷物を預かってもらうということは今ないでしょうねー。
そこがいきなり不自然
また、彼女も知り合いに見られて恥ずかしいというのは分かりますが、逃げたり自らを変態というのはどうか。
さすがにまだ一般的でないものの、コスプレの認知度はそう低くはなく。
だいたい彼もイベントに来ているのだから、そっち趣味があるということですもんね。
さらに、2人は単に部屋が隣というだけの関係。
ああしたリアクションはちょっと変ですね
「しす・こす」はとある理由がため、義妹「七々実」さんにコスプレを強要する兄「渡」くん。
まぁ、あーしたやり取りができているのは、仲良い証拠みたいなもの。
ただ、義妹にコスプレさせた上、えっちシーンもあるアニメを再現させようと考える兄はかなり問題。
お互いお年頃ですからねー。
そりゃえろい事態に発展するのも当然のこと。
嘘みたいだ…
とかありましたが、いやいや自分でソッチ方面に持ってったんでしょ
オチ部分の対応も面白いというより、違和感たっぷりでした。
描き下ろし「コスッてしすた~ず」は、「百井さん」・「七々実さん」らコスプレキャラの共演話。
「百井さん」らカップルにつられ、「七々実さん」らも始めてしまうもの。
他の人も利用する着替え室でえっちしていたは問題ですが、その外で普通にシテるというのは…丸見えになっているのでは。

百井さん、七々実さん
※左:百井さん、右:七々実さん
 キャラ・お話共にこっちのがいいかな。

「快感・プリーズ」はチャイナ服っぽいマッサージ店のWヒロインもの。
マッサージからえっちに流れるという、よくある展開のお話。
まあ、あれは風俗っぽいよねー。
後半はまんまでしたが。
そんなんでなくとも、ヒロインの1人「仁菜」さんの対応アレコレは店員としてあるきじきもの。
流行ってない原因は立地はそうかも知れませんが、彼女が原因なのでは?
「黒河」さんも同じ事。
ありゃ、訴えられるぞ。
「酔いどれ・ハニー」は先輩「久保田千寿」と「山田」のオフィスラブコメ
バリバリのキャリアウーマンという彼女でしたが酒に弱く、新歓の飲み会からアパートをホテル代わりに使われていたのでした。
まぁ、これまたよくある展開なんですが、シチュエーションとしてはやはり刺さるもの。
ただ、美人の先輩という設定なので、もう少し大人っぽいデザインのが良かったのでは。
個人的には下着のデザインもいまいち。
あれは普通のでいいかと。

強い線で濃いめな色彩。
ぱっと見で、いかにもこってりとした印象です。
描き込みは適度なくらいで、ページはやや賑やかというくらいなんですけどね。
幅広く、丸めでふっくらとしたキャラ絵
どちらかというと、可愛らしい、漫画っぽい雰囲気になってます。
そちらの特徴が強く、やや人を選ぶでしょう。
乱れや崩れもなく、そう引っ掛かる箇所もなく、そんなん問題なければ楽しめると思います。
カラーでも大きく変化はしないので、↓表紙・裏表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 丸っこいキャラ絵で、癖が強いです。
・話2: 悪くないと思いますが、個人的には違和感たっぷりです。
・独3: ネタがお好きでないと難しいのでは。
合計:[8/15]

漫画はそう悪くないと思いますが、個人的に違うみたい。
手を出し辛いですね。

もえまに (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)もえまに (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)
(2011/07/27)
雛瀬 あや

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : キャリアウーマン ラブコメ コスプレ

■艶姉 お姉さんの密着授業  (ふぁんとむ)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : [成年]ラブコメ・家庭教師
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(8P)、9話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふぁんとむ」センセの「艶姉 お姉さんの密着授業 」です。

ごめんなさい。
今日は時間がぜんぜん無いので、いきなり書きます。

「ふぁんとむ」センセの新刊「艶姉 お姉さんの密着授業 」ですね。
紹介するのは…これが初めてかな。
センセの漫画は、これが初見ではないと思いますが。
たぶん…「すきゃんてぃドール」は読んだような…。

今回は↓表紙のお姉さんと、サブタイトルの”密着授業”に引っ張られました。
いいよね、密着授業。
あちらの↓表紙を見ると、かなりハードなえっちが展開されそうですが…本編はさほどでもありません
どかーえっちされ、文字書かれるみたいなシチュエーションはないです。
ちょっと誤解されそうですねー。

かおりさん・隣のお姉さんバージョン
※かおりさん・隣のお姉さんバージョン
 家庭教師ネタとは別にした方が良かったかなぁ。

また、収録は1冊まるまるの長編漫画となっています。
お姉さん系の短編集ではないんですねー。
ただしお話は一本のストーリーで繋がっている訳ではなく、同キャラの別シチュエーションえっちという風情。
期待通りのお姉さん系で、あまりハードでなかったのは個人的には逆に良かったんですね。
気になるところはあったものの絵柄は良く、お話もそう悪くはないと思います。

ただ、…これが刺さりません。

不思議よね。
普通に読んでいて特に意識もしないだろう何らかの要素がため、漫画世界に引っ張られませんでした。
そのあたりを考えながら、各話について書いていこうと思います。

隣の佐奈家へ回覧板を持っていくと、彼女に会える。
そんな「佐奈かおり」は2つ年上の女子大生。
主人公「矢野りょう」にとっては、まさに憧れの存在なのでした。
ある日、彼女に誘われて家にあがったところ、一方的に襲われ、弄ばれてしまったのです。
それから1年。
キャンパスが移った、という理由で家から離れてしまった「かおり」
会えない日が続いていたものの、淡い期待と共に回覧板を届けいていた「りょう」の前に、再び彼女が姿を見せたのでした。
いらっしゃい…りょうクン

そんな訳で、隣のお姉さんとイチャイチャ、みたいな漫画です。
当初は単なる隣のお姉さんでしたが、3話目から「りょうくん」の家庭教師となるのでした。
サブタイトルの”密着授業”とは、それがため。
さらに4話目でタイプの異なるお姉さん「ミキ」さんが加わり、後半からはWヒロインっぽい雰囲気となっています。

主要登場キャラはその3名。
それぞれの心理を描いたり、関係を追及したりはなく、えっちなお話が続いておりました。
そのあたりかなー
”隣のえっちなお姉さん”ならば、ずっと2話までのような感じで続けた方が良かったかと。
家庭教師でもいいんですが、プレイとしては1話限定ではないでしょうか。
また逆にそっちで押すならば、初めからえっち教師なシチュエーションにこだわるべきだと思いました。

また、途中参加のヒロイン「ミキさん」
その存在で、漫画的に華やかになったかもしれませんが…個人的には邪魔
あまり良さを感じませんでした。
もっと「かおりさん」との関係に注力してほしかったです。

かおりさん、ミキさん
※左:かおりさん、右:ミキさん
 魅力的なスタイルの2人です。胸大きいですねぇ。

「りょうくん」が弄ばれるカラー原稿からの1話。
いかに隣で親しいとはいえ。
鍵のあいていた隣の家へ無断で入るという、サスペンスにありがちなことをやってる「りょうくん」
さらに、あらかじめ下着を置いておくという、凝った仕掛けをしていましたが…まぁ、難しい試験ですわね。
だいたい、彼は貰った下着をずっとポケットに入れて持ってたの?
細かく考えると、ちらほら違和感ありましたが、「かおりさん」えっちだからいいか。
初めてな彼をうまーく騙した手腕に拍手
こうした、えっちしてそうで実は寸止められる、というのを続けるのもいいかと思いましたが、そりゃ一般系か。
お尻もハミ出しかかっている、ホットパンツが素敵な2話。
冒頭は下着越しで、まだ直接には至っていない2人。
こちらはデート話で、ホットパンツもそうですが胸も半分出掛かっているような、エロい服装の「かおりさん」
しかも上はノーブラ、下はぱっくりと開いてるエロ下着でしたよ。
実際こんなんが隣にいたら堪んないですわね。
街中では途中で、電車でも焦らされ、最終的には家でえっちとなっていました。
この流れであれば、外でシテ欲しかったなぁ。
何はともあれ、直接えっちとなっています。
あー、エロエロに見えて、実は…なんて想像もしましたが、特にそんなんもなく。
こちらのオチから、家庭教師となるのでした。

3話から眼鏡を掛け、それっぽくなってる「かおりさん」の家庭教師編。
自ら「エッチな女教師風」とか言ってます。
どーでもいいですが。
「かおりさん」に家庭教師を頼んだのは、「りょうくん」の母親でした。
息子の受験勉強で…あんなエロい格好した女性に頼むかな。
(※その際の彼女は2話の露出大きい服装)
後半の感じだと、深く考えないような方でしたけど。
こちらでも白シャツに黒のタイトスカートという格好で、収まりきっていない胸が凄まじいです。
でかいねー。
あれでは勉強どころでないでしょう。
そんな胸に見とれていたところ、スカートをくいっと上げる仕草が好き。
そんなんでもいちおう勉強はしてるのね。
なかなか器用な特技を見せている4話。
こちらが「ミキさん」の初登場回。
もともと携帯電話のキャンペーンガールだった彼女ですが、訪れた「かおりさん」のターゲットとなり、あっさり陥落してしまうのでした。
さっすがはエロ大帝(笑)
異性だけでなく、同性をもイチコロです。
まぁね、キャンペーンの女性よりも露出大きい服装を着ている時点で勝ったようなものかもしれませんが。
ここはちょっぴり百合ちっくな様が見れますよ。

いつの間にか「ミキさん」も家庭教師として入り浸っている5話。
明日は模擬試験よね
そんな台詞もある中、Wヒロインでえろえろとしていました。
いちおう”毎日勉強よく頑張ってる”とあったので、サボってばかりでもないようでしたが。
ここは試験官のバイトとして「かおりさん」が会場に顔を見せていました。
どこにも出てきますねー。
「ミキさん」も応援に駆け付けており、その差し入れで調子を崩した彼のお詫びとして後にお風呂場えっちとなる展開。
バニーガールな「ミキさん」がカラー原稿で見れる6話。
先のエピソードで、勝手にえっちをした罰だそうで、「かおりさん」の言いなりとなっていました。
やっぱりバニーはいいですね。
特にトイレでの描写はイイ感じ

かおりさん・家庭教師バージョン
※かおりさん・家庭教師バージョン
 こんなんも非常に良いんですが…。

7話はなぜか「かおりさん」のお見合い話。
驚くほど普通っぽいイベントですね。
違うと思います
普段と雰囲気の異なる、和服姿の「かおりさん」は新鮮だったんですけどね。
ただ、(見合いに)行かないでほしいという「りょうくん」に対する「かおりさん」の台詞、
今のキミの状態で結婚したとして、私が満足するような生活、させてくれるのかしら?
これはリアルでした。
「かおりさん」との野外えっちな8話。
ばっちり女の子に目撃されながらという、電車えっちが良かったです。
1話からの流れで期待されていたのはこうしたモノではないかなぁ。
最終9話は当然ながら2人がお相手。
処理が異なるのか、単にカラー原稿を白黒で収録したのか、べっとり濃い色使いでした。
なんなんでしょう。
個人的には、それまでの白黒原稿のがサラリとしていて良く見えます。
もっとも印象に残るこちらが重々しく、微妙な作画なんですねー。
うーん。

そんな流れで絵柄について。
極細線のデジタル絵で、さらりと洗練された感じ。
濃淡はやや強めですが、描き込みはそこそこくらい。
ヒロインが大きめなコマは概ね良いコマが揃っていました。
が、しかし。
背景と共に、引き絵が弱いです
ばっさりとした印象の背景はメリハリが弱く、メインの邪魔になっている印象。
引き絵がまたバランス悪く、良いコマとの落差が大きいため…不安定の原因となっているようでした。
やや勿体ないですよ。
キャラは可愛く、色っぽく、いいんですけどね。
だいたいはカラーと同じ感覚なので、判断は↓表紙で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: ちらほらとした不安定さが目についていまいました。
・話2: 連続話の良さがあまりなかったです。
・独2: そんな訳で、全体的に中途半端な印象でした。
合計:[7/15]

ちょっと期待外れでした。
ネタ的にも1冊引っ張るほどでなかったのでは?

艶姉~お姉さんの密着授業 (エンジェルコミックス)艶姉~お姉さんの密着授業 (エンジェルコミックス)
(2011/08/17)
ふぁんとむ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ サスペンス ホットパンツ

■ハーレムタイム (tosh)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年]ラブコメ・複数
・おまけ: あとがき、イラスト(ハーレムタイム)、
      カバー裏にカラー漫画(ハーレムタイム)
・その他: カラー(64P)、短編×15
      (うち「ハーレムタイム」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「tosh(とっしゅ)」センセの「ハーレムタイム」です。

アマゾンの星は多めでしたが。
いきなりすみません、ひでるさんとしては出来栄えイマイチ
イラストは美麗で、カラーページも多くていいんですが…各話の内容は薄く、漫画として微妙です
はっきり言って、前巻「めんくい!」のがオススメです。

いきなり批判からですみません。
こちら「ハーレムタイム」は「tosh」センセ2冊目の単行本。
”大量64Pカラー”
そう紹介帯にありましたが、綺麗な絵柄を前面とした売り方になってます。
お上手ですからねー。
そんなんも間違いではないでしょう。

ただ、それがために話数はあるものの、短い話がちらほら。
「tosh」センセは絵柄だけでなくお話も良い印象の方だったんですが、こちらの各話は退屈なものが目立ちました。
そう、ブログを書いていてなんとなく気付いたんですけど。
たぶん…メイン中編のイメージが、全体に波及してしまったかもしれません。

子「美咲」・妻「美鈴」、安岡ゆかり
※左:子「美咲」・妻「美鈴」、右:安岡ゆかり
 キャラ・お話共にこの親子が最高でした。

先に良かったお話から。
「ハッピーファミリースリープ」は妻「美鈴」、その連れ子「美咲」というWヒロインな漫画。
再婚した「美鈴さん」には、子「美咲ちゃん」がいたのです。
毎日3名で寝ているほか、ハネムーンからラブホまで彼女に同行されてしまい、どうにもできず悶々とした日々を過ごしていた「誠二」くんでしたが…というもの。
夜に目覚め、モノを咥えていた「美咲ちゃん」に気づいた際には、さぞ驚くだろうなー。
その直後、なんだか怪しいと感じていた「美鈴さん」との緊張感ある描写が見事。
            (↑さすが親子ですわね)
女の子が「ガバガバ」とか言わないように。
また、「美鈴さん」も同じレベルで勝負しないように(笑)
とはいえ、後半の許容してしまう流れになるんだったら、低レベルな争いをしてくれた方が良かったかも。
この続編が見たいですね。
たぶん、「美咲ちゃん」はしたたかに先回りして欲望満たしていそう。

”ちょー美人で清楚でおしとやか”という彼女「リサ」さんの「リバーシブル」
しかし、彼氏「松田竜也」は、友人らとしていた素の会話を聞かれてしまったのでした。
あんた…本気でだまされてたんだ…
こちらの「リサさん」は、色々と思惑のある”生きた”ヒロイン。
彼が夢想していただろう変なラブいキャラより、よっぽど魅力的でした。
ここでは書きませんが、中盤とオチの彼女はまたさらに凄い
多かれ少なかれ、男性はある程度騙されつつ付き合うんだろうなぁ。

ミスキャン候補という先輩「平泉」さんとの「酔い恋」
”一度も男の影が見えない”という難攻不落な彼女に、コンパ後誘われていい雰囲気になり~という流れ。
これはオチ部分がやたらめったら良いです。
できれば彼女視点でも見たいなぁ
ああ見えて、結構余裕なかったのでは。

最高級アダルトグッズを通販したところ、届いたのは生身の女性でした、という短編「調教後の女」
私が商品でございます
とか言っていた彼女「安岡ゆかり」さんの、ツリ目としれっとした表情が素敵。
~ございます
という丁寧な言葉遣いもえっちくさいです。
これであの金額は、意外と安いような気がしますが、どうでしょう?

リサさん
※リサさん
 コロコロ変化する彼女にご期待下さい。

全3話という、表題にもなっているメイン「ハーレムタイム」
コレが…ひでるさんはいまいち
前述したように、こちらのダメな印象がイコール本の評価になってしまったかも。

バイト先の常連「花沢都」に憧れる、どこにでもいるフリーター「佐藤玲二」
そんな彼が、たまたま神山家唯一の男子となったため、突如”神山財閥の当主”になってしまったのです。
早急な世継ぎを求められる彼は、筆頭「如月亜梨栖」ほか集められた嫁候補とえっちな日々を過ごすこととなるのでした。
…だいたいそんなん。

突如ハーレム系、な連続話です。
”後継者争いに巻き込まれないため”と、元々は神山の妾だった母が配慮したとのことで、「玲二くん」はまったく見知らぬ状態。
ここは説得力ありました。
しかしよくよく考えると、彼女の母親も今回ヒロインみたいな嫁候補だったのかも。
オチはあんな感じでしたし、もしかしたらまた「玲二くん」みたいな子ができそうね。

このお話の最大の問題は、曖昧なメインヒロインにあると思います。
もともと彼が気になっていたのは、バイト先の常連「花沢都さん」
学校が同じとか昔会っていたとか要素はなく、ほぼ他人。
眼鏡の侍女「淳子」さんは周辺をキッチリ調べていたようなので、「都さん」も嫁候補になるのはある意味自然だと思うんですが…両者のリアクションが弱い
会話すら、ほとんどしたことない相手ですよね。
客間で対面した際は、あーかなー。
そんな感じで性格は微妙な上、容姿から個性に至るまで普通で地味。
だから↓表紙も他に取られることとなるのかな。

一方、そちらほか、カラー部分をほぼ占有していた嫁候補の筆頭「如月亜梨栖さん」はやたら目立つんです。
お話を見る限り、彼女も正ヒロインという位置付けではあるのかな。
(※プラスのエピソードがありそうなのも彼女でしたし、カバー裏漫画も彼女が主役)
それならば、わざわざ「都さん」にページを割く必要はあまりないように思われ、実に中途半端でした。

また、その他の嫁候補は名前すらなく、無個性
個人的には褐色肌でカタカナ喋りな彼女が気になっていましたが、ほぼその他大勢という扱い。
派手にはなったかと思いますが、半分くらいでも良かったかなー。
タイプ的には侍女「淳子さん」がひでるさんの好みにあたりそうなんですが、特に印象なく。
皆さんもっとじっくり描かれれば、また違ったかもしれないですけどね。
勿体ない。

こちら読んでいて、「舞FAVORITE/如月群真」っぽい漫画だと思いました。
当然そちらとページ数から異なり、簡単には比較できないものではあるんですが…キャラもお話も相当に見劣りします。
もっと話数必要だったのでは。
あるいは、「亜梨栖さん」に絞って前後編くらいが良かったように思います。
ちなみに、そんな「亜梨栖さん」も登場するという、iPhone用アプリの「とーきんがーるずっ!」
クリックしてレビューを見たところ…酷い雰囲気でした。
タイトルで冠となっているんだし、有料なんだし、声にケチってどうするの
これは、わざわざ描き下ろしをした「tosh」センセが気の毒。
まぁ、実際に体験した訳ではないのですが。

「プレゼントフォーユー!」、「コスプレリベンジ」、「エロティカルマッチ」の3話は、カラー原稿もある短編です。
うち「プレゼントフォーユー!」は、独特なセンスという「花梨」ちゃん。
クリスマスイヴでの、サンタっぽいコスプレえっちですね。
リボンだけの下半身がスゴイ
ぜひその格好のまま、外へ連れ出したくなりますよ。
ただ、変な人という設定はイマイチ生かしきれていないと感じます。
コスプレリベンジ」は、ナースコスプレな「沙百合」さん。
分からんではないものの、刺さりません。
普通にコスプレえっちで良かったのでは。
また、カラー原稿部分は浮気シーンなためヒロインでなく、さらにコスプレ話なのにほぼ服脱いでしまっているという…。
勝気な「葛西宏美」さんに、勝手にライバル視されてしまった「新谷貞光」くんという「エロティカルマッチ」
漫画・ゲームなどでちらほら見掛ける設定ですね。
もうちょっと、ドキっとさせられるラブい表現がほしかったかなぁ。

先輩「平泉さん」、花梨ちゃん
※左:先輩「平泉さん」、右:花梨ちゃん
 ヒロインは皆さん可愛らしく描かれていました。

ほか、彩色原稿の5話はやはり全体的にページ数は少なく、こざっぱりとした読み応えのお話になってます。
カラー3ページの「フルーツをご所望」はお嬢様とその使用人。
フルーツに飽きたというヒロインが、使用人のを口にするという流れなんですが…最後の一言でしょう。
ぶっちゃけ、これは少ないページながらうまーくまとめられた印象です。
カラー6ページの「ボイトレ!」、「初初~ういうい~」
前者は人気絶頂の歌姫「ERIKA」のえっちトレーニング話。
ステージ衣装のままというのがいいですね。
これはコメディーかな。
後者は地味っぽさが可愛い、文芸サークルの後輩「早見宇依(はやみ・うい)」さんとのえっち。
分からんでもないですが、オチが悪くいま一歩。
カラー8ページの「完全一欠」は言葉づかいだけ悪いお嬢様「玲奈・クライス」さん。
意外な組み合わせでしたが、それだけ。
「玲奈さん」の外観が良いだけ、勿体ない印象です。
カラー10ページの「めんくい!inリゾート」は、前巻の宣伝漫画ですかね。
皆でに南国旅行、水着に浜辺という風情。
「一条真奈美さん」をメインに、「美里さん」・「楓さん」、「アキナさん」・「2号ちゃん」など、ひととおりの収録キャラが楽しめるようになってました。

収録の各話によって多少の差は感じたものの、絵柄については問題ありません。
多少ごっちゃりとしている部分もありましたが、乱れ・崩れなく、コマ割りも比較的大きめ。
描き込みは適度なくらいで濃淡も気になることなく、バランスも良く丁寧。
漫画表現という部分では、オールOKと言えないかもしれませんが、ここまで描かれていれば十分でしょう。
多くのカラーページも素晴らしい仕上がりで、この部分については期待通りでした。
判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 最大の売りですからね。
・話2: 厳しめかもしれませんが…がっかり感も強かったので。
・独3: あまりコレというインパクトはありませんでした。
合計:[10/15]

これは出版社さんの意向なのかな。
別にカラーでなくても、白黒原稿でじっくりととした中編を描いてほしいです。
これが続くようなら困るなぁ。

ハーレムタイム (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ハーレムタイム (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2011/07/30)
tosh

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ

■はるわか (横槍メンゴ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]ラブコメ・Wヒロイン
・おまけ: あとがき・ラフ絵、合間にネタ絵、
      カバー裏におまけ漫画①「はる&わか&ママ」、
      カバー裏におまけ漫画②「坂上さん&まあたん&牧村」
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、
      6.5話+α収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「横槍メンゴ(よこやり・めんご)」センセの「はるわか 1巻」です。

こないだは「まがつき」でしたが、本日は「はるわか」です。
平仮名の4文字なタイトルが流行ってるのかな。
…たまたまか。

さて、本日は「横槍メンゴ」センセです。
よくよくHPを確認したところ、成年系「もっかいしよ?」も8月22日に発売したそうです。
あったっけか??
もう一度探して…って、うそだ。
いつの間にやら購入してました。
今回の「はるわか」がなかなか良かったので、そちらも後に紹介させていただきます。たぶん。

だいたいこうした漫画です
※日笠山姉妹
 だいたいこうした漫画です。
 
私、彼氏できた!
実は私も…
そんな会話をしていた、美人双子姉妹、姉「日笠山春菜(ひがさやま・はるな)」、妹「若菜」
せーので2人が言った彼氏の名前は、なんと同じ「小野真鳥(おの・まとり)」でした。
詰め寄られた「小野」は、最終決定を保留。
どちらとも付き合うこととなったんですが…彼は現役高校生・エロ漫画家だったのです。
こうして、その創作活動の手助けをすることとなった2人は、家・学校でその要望に応じて色々なことをする羽目になったのでした。
だいたいそんな感じ。

簡単には、Wヒロインのラブコメ漫画ですね。
巻数表記そのまま、2巻へと続く長編話となっています。
豊富なサービスシーンを挟みつつ、双子姉妹が織り成す三角関係なストーリーという風情でした。

前述したように、「横槍メンゴ」センセは成年漫画も描かれる方。
それがため、いちおう一般系なこちらでも、かなりのサービス度合いです
”ちょっぴりHな恋の争い”
そんな紹介帯に釣り上げられましたが、予想外に多かったですね。
パンチラとかでなく下着もガンガン出るほか、バストトップとか全裸もちらほら。
2巻にも期待しちゃいますねー。
正直なところ、基本のアレコレはありがちな設定。
ただし「小野くん」をエロ漫画家として、またそういった描写について逃げなかったことで、ラブとえっちのドキドキ感あふれる単行本に仕上がっていました

日笠山春菜
※日笠山春菜
 なんとなく…彼女なのかなぁ。

そんなこんなで、いきなり2人して「小野くん」に迫っている1話目。
まぁ、ココは彼の描いていた漫画ページというオチなんですが、後もちらほらあるのでがっかりせずともOK。
じゃあどこが好きなのよ!

さすがに双子で好みが合いますが、2人の告白を受けた「小野くん」は格好良い男性として描かれています。
詰め寄ってきた2人を顔力で撃退するくらい。
エロ漫画家で頭の中そればっかなんですけどねー。
どっちかというとエロに素直な妹「若菜さん」が彼のそんなんをあっさり受け入れたため、姉「春菜さん」も同様に従うこととなるのでした。

こちらでは、さっそくモデルをやってます。
「春菜さん」は生下着でしたが、ぶっちゃけ見ていて良かったのは「若菜さん」のスパッツ(笑)
…というか……よくこのブログに来られる方はわかるかもしれませんが。
ひでるさんは↓表紙の段階から「若菜さん」派です。
ガンバレ!
2話のオープニングは「春菜さん」の夢。
前回より双子の性格の違いについて描かれておりました。
周辺固めですね。
そう説明ちっくでなく、続きモノとして良い構成。
こちらでは、学校屋上にてモデルをする2人。
相変わらずな「若菜さん」のスパッツと、男性役をすることとなる「春菜さん」です。
エロスバラシイな…
とか「小野くん」言ってましたが、実にその通り。
果ては要望に応じてキスまでしてしまうのでした。

妄想とか夢とかでなく、「若菜さん」のほぼ全裸から始まる3話目。
素敵です!
普段淡々としている彼女ですが、なるほど本気で「小野くん」のこと好きなんですねー。
オチでもそんな感じでした。
ううむ、可愛いなぁ。
なお、「小野くん」の描いている漫画もちらと見れます。
まんまじゃない。
なお、直後の3.5話はあまり出番のないサブキャラとの絡みでした。
こうした漫画のお約束で、海に出かける4話目。
ここはもともとカラーだったのかなー。
1コマ程度ですが、ここでも「若菜さん」のバストトップが見れます。
また、コメディーちっくですが「小野くん」の妙な特技もあるのでお楽しみに。
ちょろっとだけですが、妄想での触手えっちもありますよ。

日笠山若菜
※日笠山若菜
 ひでるさんは容姿・キャラ共に「若菜さん」です!

夏休みを前に3名で補習となっている5話目。
「春菜さん」くらいは真面目に勉強しているキャラかと思いました(※いちおう普段は良いらしい)が、全滅ですか(笑)
こちらはカラオケ店で、うっかり店員が注文を間違ったことで、双子が酔っ払う流れ。
「若菜さん」が日焼け跡を見せてくれましたよ。
うわー、徹底的に彼女のがいいなぁ。
ちょっと本音を囁くコマも良かったです。
収録での最終6話はお祭り・浴衣な風情。
ここでの注目は、やはり「若菜さん」の着ている和装下着でしょう
浴衣脱いであんなんだったら…たまらんですわね。

こちらではひと事件起こります。
2人の描かれ方からなんとなく懸念をしておりましたが、やっぱそっちか?!
次巻での巻き返しに期待します。

全体的にはすっきり系な作画。
描き込みはそうコテコテしておらず、濃淡もやんわりでした。
線もするりという雰囲気の、柔らかなもの。
ふわっとした、ちょっと独特な感じですね。
概ねよくまとまっていましたが、たまーに力が抜けるような部分があります。
コメディー崩しもあるんですけどね。
もう若干程度の丁寧さがあれば、より広範囲に刺さると思います。
とはいえ、あちこちの描写に引っかかる部分なく、サービス部分は無論のこと、コメディーのはっちゃけっぷりから、ラブの細かい心理描写まで違和感ありません
良かったです。
↓表紙とかカラーはより柔らかさが増した感覚。
ちょっとだけですが、裏表紙のカット絵も参考にどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: さらりと柔らかでした。大きな失点はないでしょう。
・話4: 基本的なラブコメにプラスされたサービスシーンをお楽しみに。
・独4: キャラも個性的。ただ、そう長く続けない方がいいような気もします。
合計:[12/15]

なお、上記の”6.5話+α収録”と書いた”α”ですが、「双葉社」さんのオフィシャル同人誌にて描かれたショートコミックスです。
個人的には、よく似たデザインながら、微妙な表情の違いある↓表紙と中扉が好き。

はるわか(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))はるわか(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
(2011/08/11)
横槍 メンゴ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ パンチラ バストトップ

■ラン様はすこしだけ (出縞臣)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・生徒会
・おまけ: あとがき、カバー裏に広告用ピンナップ、
      描き下ろし8話「ラン様はすこしだけ」
・その他: 折り返しにコメント・ヒロイン紹介、9話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「出縞臣(でしま・しん)」センセの「ラン様はすこしだけ」です。

なんとなく思いました。
現在乗っている自転車のハンドルなんですが。
こないだぎゅーとそれを握っていて…なんだか、元気になった男性自身のソレと似た触感だと気づきました。
外側のゴムの部分の微妙な柔らかさと、中心の鉄の硬い部分とが。
興味ある方は、自転車店で探してみて下さい。

…えー、失礼しました。
1日1エロスなひでるです。

ヒロイン特集1:出会った頃の「ラン様」
※ヒロイン特集1:出会った頃の「ラン様」
 こんな感じでした。ちょっとこわいよ。

さて、馬鹿馬鹿しい話はそれくらいにして。
本日は、「出縞臣」センセです。
当ブログでは、過去に「ユメごこち」を紹介しておりました。
久しぶり、3年ぶりくらいですね。
絵柄とか雰囲気もなんだか変わっているような。

この「ラン様はすこしだけ」が3冊目でいいのかな。
ぱっと見た、あの↓表紙がやたら印象的だったんですよー。
紹介帯にあった、“ハート型のお尻”という文言も絵柄と合って効果的だったと思います。
本編でも、お尻押しでしたよー。

人形のような可愛らしさと、全国学力1位を3年制覇するという神童「神納ラン」
さらに学園「聖マリーチ」理事長の孫にして、神納グループ次期会長とも言われている、ベタベタなお嬢様でした。
入学式当日、主人公「柏明(かしわ・あきら)」は彼女とふと目が合ったところ、
気に入った!名を名乗れ!今より我が交際相手に命じる!!
皆の前でそう宣言されたことで、学園アイドルの彼氏となったのです。
こうして、「明」は彼女に釣り合う男子となるべく、切磋琢磨せざるを得ない状況になってしまったのでした。
だいたいそんな感じ。

こちら「ラン様はすこしだけ」は、1冊まるまるの長編漫画です。
「出縞臣」センセのブログによると、かなりのこだわりをもって作られたものの様子。
デザイン等も指定したほか、描き足しも40ページ以上あるんだとか。
気合入ってます。
先の紹介帯と↓表紙絵柄がうまく合致していたのも、それがためですかね。

基本的には、お嬢様とのラブコメ話。
あちこち完璧で、ツンデレる彼女とのいろいろという感じです。
ほぼ漫画の舞台は学園内で、2人して生徒会に所属するため、そちらでのエピソードがメインとなっていました。

きっちりとストーリーのある連続モノ。
当初はエロ男子とツンデレお嬢様みたいな関係でしたが、紆余曲折を経て2人の関係も変化していきます。
だいたいはセオリーな感じだったかと思います。
ただ、個人的には…特に後半の展開とか、あちこちが期待とは異なっていて、イマイチ刺さりませんでした。

ヒロイン特集2:クールビューティーな「ラン様」
※ヒロイン特集2:クールビューティーな「ラン様」
 彼女の魅力は、やっぱりこっちでしょうねー。

いきなり「明くん」が彼氏に指名される1話「ラン様すこしだけ」
頼りない彼が「ラン様」によって翻弄されるものの、彼女の放尿シーンを目撃したことでえっちに展開しております。
トイレを我慢している「ラン様」
彼に出した多くの課題を見守っている(手伝わないのね)のは可愛らしく・面白いですが、うーん。
分かるけど、そうかなぁ。
ただ、それがため放尿シーンとなるのでした。
ここはガッチリ描かれていていいですね。
拭いてあげますよ…
とか言ってました。
まぁ、当然ながらそれだけですむ筈もなく、彼もエロ暴走しておりました。
いきなり学園の茂みの中というシチュエーションですよ。
オチでの一言は彼女らしいと思います。

2話「ラン様まぶしすぎ」は競泳水着の「ラン様」
なるほど、これはまぶしい
彼女は貧乳な上お尻大きいですからね。
そんな彼女に、“水の抵抗力少ない”とか、「明くん」は大変に失礼なことを言ってます。
普段おどおどしているのに。
いちおう「ラン様」からデートに誘ったという設定で、学校のプールを貸しきっている状態。
目前のお尻にて、こちらでもエロ暴走してしまうのでした。
水着は脱がさないままで正解だと思います。
神童と言われていた「ラン様」の真価がいきなり発揮されてる3話「ラン様はとまらない」
そろばんを使っておりました。
案外…アナログなんですね
確かにそれっぽく、チョイスは合っていると思いますが。
そうかと思えば、「明くん」を目の前にデレデレな彼女。
その理由はオチにて語られますが…まぁ、彼女はこーでないですわね。
こちらでもドサクサ紛れみたいに放尿シーンがあるので、お好きな方はお楽しみに。

4話「ラン様moreすこしだけ」から学年変わって(2年生)おり、ついに「ラン様」が生徒会長、「明くん」が副会長となっています。
いきなり生徒会に出席していない彼。
ああ、逃げたのかなーって察しましたけど、それは半分くらいの正解。
「ラン様」はほぼ1年生と変化ないものの、「明くん」はなんだかんだと切磋琢磨したらしく…顔つきからして別キャラとなっていました。
後輩を相手に喋っているコマは、これまでの弱気でえっち暴走していた彼とは別人のよう。
彼女との付き合い方も慣れてきたのか、変に暴走することなく主導権を握っています。
そのオチでの提案”女子副会長選出”がため、大きな混乱となる5話「ラン様mostすこしだけ」
会長補佐として広い権限のある副会長職の条件は、「明くん」の個人的所有、つまりたらし込むこと。
そんな訳で、「明くん」は女子に追いかけられることとなってしまうのでした。
「ラン様」の性格とかなんとか分からんではないですが、個人的にはこの流れがイマイチです
するりと受け入れ難いですよ。
彼が相応しく成長するのはいいものの、やっぱり「ラン様」と様々シチュエーションでイチャイチャしてくれた方が良かったなぁ。
たとえ特に大々的なイベントはなくても。
身近にいる、生徒会のメンバーが口説いてくることもあるだろう、みたいな妄想シーンの、
お前私に何らかの不満があるようだな
そんな一言が秀逸。
人の妄想画像を覗き込まないように(笑)
えっちシーンでは机下プレイですねー。
あれは男性の憧れでしょう。

ヒロイン特集3:デレデレな「ラン様」
※ヒロイン特集3:デレデレな「ラン様」
 ただ、こんな表情を見せてくれます。

6話「アキラ君すこしだけ」では1話から顔を見せていた書記「桜井羽音莉(さくらい・はおり)」さん。
先の妄想の1人で、こちらは巨乳。
ちょうど水泳の授業があり、スクール水着を着ているんですが…漫画よね。
まさに犯罪ちっくな状態になっていました
色めきたつ男性陣にも納得。
というか、本人は恥ずかしくないのかな。
自信あるのか。
多くの女性が顔を見せる、7話「ラン様はGO-ON!」では、同じく1話から顔を見せている会計「麻田弥月(あさだ・みつき)」さんも参加。
眼鏡に巨乳、しかも陥没と特徴的でした。
「ラン様」も参加するため複数えっちとなります。
こちらからの流れで、最終話8話「ラン様はすこしだけ」
ちょっと駆け足な印象です。
そう悪いとは思いませんが、ひでるさんは展開についていけませんでした
もう少し軽い感じのが好みです。

太めな線で、濃淡もやや濃い目。
描き込みとしてはそれなりですが、ページにはたっぷりと描かれる方。
また、はみ出し・ぶち抜きも多く、枠間もわずか。
それらがため、漫画は濃厚な雰囲気がありました。
ごっちゃりしてましたよ。
キャラは幅広な輪郭でふっくら気味。
漫画っぽい可愛らしさですね。
全体で目立つ乱れはないものの、バランス感覚は「出縞臣」センセ独特なもの。
こちらの癖がかなり強いため、きっちり人を選ぶと思います。
内臓描写もちらほらありましたね。
判断は、裏表紙のが掴みやすいでしょう。
メインヒロインで個性的な「ラン様」はだいたい↓表紙そのまま。
あるいは、多くのサンプルと「ラン様まぶしすぎ」が立ち読みできる「ヒット出版社」さんのサイトが良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: ごっちゃり感が強く、絵柄の個性もあるので人を選ぶかと。
・話3: 巧く長編にまとめたと思いますが、好みではなくなってしまいました。
・独4: ただ、ある意味”お嬢様らしくなった”と思います。
合計:[10/15]

なんだか、絵柄・お話共に、「みた森たつや」センセを思い出しました。
真横にならべたら全然異なると思いますが。

ラン様はすこしだけ (セラフィンコミックス)ラン様はすこしだけ (セラフィンコミックス)
(2011/08/19)
出縞 臣

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ スクール水着 競泳水着

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。