FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ほけんのせんせい (谷村まりか)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]保健室・ラブコメ
・おまけ: あとがきまんが~☆、
      描き下ろし「番外編:しいな・せんせい」、
      カバー裏に4コマ「はにゃがやさん」
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
      6話+番外編収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「谷村まりか(たにむら・まりか)」センセの「ほけんのせんせい 1巻」です。

エプロンおばさん 1巻」にて、「長谷川 町子」センセも描かれていましたが。
なかなか書き出しってーのは難しいものですね。
以前も書いてますが、ココ前置き部分は毎回本文よりも四苦八苦しております。
果たして何を書いたらいいものか。
たまにいきなり本文となっているのは、諦めた結果です(笑)
考えてるうち、うっかり眠ってしまったりするので…。
そんなこんなで、今日も睡眠不足です。
もっと時間がほしいです。

さて、毎度ぎりぎりなひでるさんはそのままに、本日は「谷村まりか」センセです。
名前はきっちりと覚えがあったんですが…読んだ記憶あるのは「少女属性」くらい。
あっれー、なんでだろ。
また誰かと勘違いしてるのかな。

神埼あさひ・袖浦七海、豊住さん
※左から、神埼あさひ・袖浦七海、豊住さん
 当然ながら着替えシーンもあります。

新刊は「ほけんのせんせい 1巻」です。
タイトルそのまま保健室を舞台にした、学園ラブコメ長編です。
あとがきまんがによると、企画会議の結果、趣味全開の漫画となったみたい。
やっぱり描くならばお好きな系統がいいでしょうねー。
そのためか、センセのウハウハな感じが伝わってくるような仕上がりでした。
なるほど、とタメになる記述と共に、サービスカットも豊富です

教授「横芝」の推薦を受け、養護教諭として「若葉羽中学校」赴任した「佐倉木和紗(さくらぎ・かずさ)」
校内で迷っていた彼は、水泳部「神埼あさひ」・「袖浦七海」らの着替え現場に遭遇。
いきなり変質者として捕まってしまったのでした。
校長室に連れられた彼の誤解は解け、聞いていたどっちつかずな”和紗”という名前が女性でなく男性だと発覚したのです。
校内には思春期の女の子も多く、やはり女性の養護教諭を希望していた学校側。
しかし、彼の誠実な態度と熱心さから、保健室を任せることとしたのでした。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

養護教諭、いわゆる保健室の先生な漫画です。
たいてい女性でSちっくのエロい方が多い(かもしれない)ですが、こちらは気弱な男性。
ちょっと検索してみたところ、現実にも男性の養護教諭というのは少なく、それこそ身体測定とかなんとかで苦労されている様子でした。
女性だと男女見れるのに、男性の場合は男子だけというのは、なんだか変なのような、当然のような…。
難しいところですね。
成年漫画みたいな展開はないのが現実のようです、ってあたり前か。

この学校はいちおう共学ですが、「和紗くん」の周囲は女生徒ばかり。
次々にタイプの違うヒロインが登場し、見た目に良い感じでした。
そのうち、いきなりモロをかなり至近距離で目撃されたっぽい、正ヒロイン「あさひさん」
終始強い態度で接していましたが、どうやらラブラブな雰囲気です。
ツンデレですねー。
2人の関係が微妙なモノになりそうな1巻のオチなど、青春ラブコメしておりました。

この漫画のポイントは、やはり各話の解説部分でしょう
結構きっちり説明がされていつつも、台詞に混じっていてしつこくない程度
個人的には、丁度良いくらいの按配でした。
そんな訳で、普通だと修正が入る内側(笑)まで描かれていたりします。
バストトップも描かれていますが、図形的でない場合はごく控え目。
イメージっぽい絵も含めてヌードもちらほら見られましたが、ここは一般系での常識範囲でした。
サービスカットは、ほぼパンチラですね。
そちらは頻繁なので、お楽しみに。

花香谷奏
※花香谷奏
 たぶん、「谷村まりか」センセは彼女がお気に入りでは?

赴任の1話目は女性器について。
うん、石鹸でガンガン洗うのは良くないって言いますよねー。
冒頭のカラー原稿部分は「和紗」・「あさひ」の衝撃な出会い(笑)部分。
いちおう、そう人通りのないところらしいですが、下着をモロに干しちゃうあたり「あさひさん」の性格がでてますね。
その間はノーパンですか。
制服のスカート膝上くらいの丈だと言うのに。
困ったもんですよ。
居合わせた「七海さん」が思わず突っ込んでいましたが、ああした出会いがため雰囲気は微妙な感じ。
彼女の台詞はラブいですね
「あさひさん」と共に、反対派っぽい巨乳な教師「椎名」さんもいい感じでした。
番外編の描き下ろしは彼女主役で、おそらくはその後日談。
もしかして「あさひさん」の対抗は彼女かもしれません。

2話目はアンダーヘアについて。
こうした漫画なので、てっきり生理話かと思いましたが…そっちか。
お話のメインは眼鏡の「七海さん」です。
熱っぽく語る「和紗くん」も可笑しいですが、気になるのはやはり「あさひさん」ですか。
まだだそうです。
後半の彼の一言が非常に良いです。
あれは殴られて当然。
でも、そのままだとマニア受けするぞ。

3話目は、なにげにカバー裏4コマで主役を張っていた「花香谷奏(はながや・かなで)」さんの登場回。
勘違いした彼女をなんとなく追いかけるというもの。
よく考えたら追いかける理由もないし
そんなことを言っていましたが、実にその通り。
軽く養護教諭のお仕事について描かれていた以外は、ほぼ日常エピソードでした。
息抜きですかね。
なお、よーく見たら「奏さん」は2話の時点で顔を見せていましたよ。

4話目は収録で最も注目の独りえっち話。
上級生「豊住(とよすみ)」さんの悩みはそんなんでした。
ぱっと悟った「七海さん」に対し、「あさひさん」は…だーいぶ可愛らしい感じですね。
心身ともに成長前(中)ですか。
こちらの「和紗くん」の台詞を完璧に覚えておけば、実際でも自然な雰囲気でお願いできそう(笑)
仕事柄か距離の近い彼と、「あさひさん」が良いです。落雁のように甘いです。

教師「椎名さん」、生実野桃
※左:教師「椎名さん」、右:生実野桃
 巨乳セットです。いいですね、ロリ巨乳。

やっときました身体測定、という5話目は胸のお話。
こちらのメインは、やはり2話にて初登場していたロリ巨乳「生実野桃(おゆみの・もも)」
まさに漫画のよう(←漫画ですが)で、男子生徒が騒ぐのも無理ないところ
ここでは同じく大きい教師「椎名さん」も目立っています。
中盤の机叩くシーンは圧巻。
まったく誤解されそうな話し方をしていた「和紗くん」はいいキャラですね。
あちこちで怒られてそう。
また誤解されるオチが見え見えですけど
という崩し絵のコマが好き。
ここで完全に「椎名さん」にも刺さったかなー。

第二次性徴の6話は前後編のうち前編で、収録はこちらまで。
「和紗くん」の授業風景が見られます。
得意分野を爽やかに語っており、それが切っ掛けでクラスの雰囲気が一変するというもの。
ドキドキな「あさひさん」と、意外な言動の「奏さん」をお楽しみ下さい。
また前後編だけあって、次が気になる、引っ張られるオチになっていました
次巻に期待しましょう。

実は↓表紙・裏表紙な感じ。
線が強く、ぱっと見でページはやや濃い目。
ただ、白比率あり、濃淡としてはそう強いものではありません。
描き込みは適度なくらいで、全体は安定しています。
可愛く楽しげなまとまりですね。
コメディーちっくなこともあり、やや頭身が不安定(SDっぽい)だったりします。
そんなんを含めての魅力なんですが、気になる人はいるかも。
小さいコマなども崩れなく、漫画は巧い方なので、引っ掛かるような箇所はありませんでした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 優しく可愛くまとまっています。爽やかでしたよ。
・話4: 雰囲気良いラブコメでした。
・独5: 押しつけがましくなく、楽しく学べます。
合計:[13/15]

男子の保健室の先生というネタは、これが初めてくらいかな。
漫画を切っ掛けに、養護教諭を目指す若い人がいるかもしれませんね。

ほけんのせんせい 1巻 (ガムコミックスプラス)ほけんのせんせい 1巻 (ガムコミックスプラス)
(2011/05/25)
谷村 まりか

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ バストトップ パンチラ アンダーヘア

■禁愛乙女 (肉そうきゅー。)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・姉妹
・おまけ: あとがき、加筆修正あり、
      カバー裏に4コマ・表紙ボツ案・作品への一言二言、
・その他: カラー(4P)、短編×12
      (うち「先生が制服に着替えたら…」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「肉そうきゅー。(にくそうきゅー。)」センセの「禁愛乙女」です。

前置きにちょろっと。
こちらでも紹介しました、「荒井チェリー」センセの「ワンダフルデイズ5巻」を読みました。

ワンダフルデイズ (5) (まんがタイムKRコミックス)ワンダフルデイズ (5) (まんがタイムKRコミックス)
(2011/05/27)
荒井 チェリー

商品詳細を見る

冒頭の過去描写もいい感じでしたが、本編は「零」さんのアレコレが素敵。
本来は子供と一部の大人しか見えない、という設定がうまーく使われていました。
ちらほら差し込まれている、「長谷川珠季」さんとのラブコメも良かったです。
特に猫カフェのシーンが最高。
この2人だけでもいいですよ。

さて、そんな訳でこちらもあまーいラブコメ話な作品集。
以前に「いちゃ×2 らぶ×2 コスプレ乙女」を紹介しました、「肉そうきゅー。」センセです。
2冊目は「禁愛乙女」ということで、姉・妹の多く登場する短編集となっていました。
前述したように、甘いです。
角砂糖にガムシロップをかけてチョコレートでコーティングしたみたいにベタあまでした。

従姉・担任「歌澄さん」、お嬢様「四条院小姫さん」
※左:従姉・担任「歌澄さん」、右:お嬢様「四条院小姫さん」
 むちむちなコスプレがヤバいです。

教師・生徒のカップルは3話(※ほか、描き下ろしで1話)ほど。
●「先生が制服に着替えたら…」(難易度:低)
こちらが冒頭話です。
従姉で担任という「歌澄(かすみ)」さんと学園祭の手伝いをする「秋仁」くん。
演劇部の衣装があるということで、それを着るようにお願いしたのでした。
なんのかんの着てくれるのがいいですが、
やっぱり無理があるかな…って
というそのまま、むちむちなのがさらに良い感じ。
スカート丈もだいぶ短いですが、ボタンとまらない胸が素敵。
髪型をわざわざツーサイドアップにしているなど、恥ずかしがっているわりにノリノリでした。
カラー原稿は本編えっちシーンの抜き出しなんですが、コスプレちっくなのはそのため。
黒い下着が良かったものの、あっさり脱がしちゃうんですよねー。
カラーでは1コマだけでしたよ。
なお、初めてというのに、後ろ向いてた「歌澄さん」にドキっとしますよ。
いきなりそっちか
●「先生を制服に着替えさせたら…」(難易度:中)
こちらは後日談の描き下ろし。
髪留めでなくカチューシャで、特徴としてはロール髪くらいでほぼ別人ちっく。
先のお話と違い、昔の制服を着た「歌澄さん」との拘束えっちです。

●「遠近両用彼女」(難易度:高)
男性「早野誠真」が教師のパターンで、「羽沢睦奈(はねさわ・ちかな)」が生徒さん。
ちなみに、表紙のボツ案には「睦奈さん」の姿もあり、下手すると↓表紙をゲットできていたかもしれません。
(※似たポーズで折り返しに登場)
●「七夕ロマンス」(難易度:低)
こちらは天文学部の顧問「桐野円」さんが浴衣を着てくれるというもの。
まぁ、あんなノリ良い先生と2人きりの部活というのは、「江藤」くん羨ましいですねー。
ちゃんと下着も着けてないとのことでしたが、距離の近さが凄い。
ラブラブでした。
屋上えっちなので、フェンスに掴まり後ろから~なんてお約束もあります。
彼はまた最後にかっちょえーこと言ってましたよ。
なお、「円さん」も折り返しにて顔を見せており、カバーのイラストは教師ネタヒロインが揃っていました。
これは「歌澄さん」に合わせたのかな。

巫女「風ノ森小鳥さん」、妹「可奈ちゃん」
※左:巫女「風ノ森小鳥さん」、右:妹「可奈ちゃん」
 面白かったので、こちらをチョイスしました。うざそう。

●「ずっと手を繋いで」(難易度:高)
ちなみに、そんな教師ネタ・ヒロインらと共に裏表紙をゲットしていたのがお嬢様「四条院小姫(しじょういん・さき)」さん。
白黒原稿では赤とかそんなんかなー、ってさして気にしてなかったですが、リボンは黒なんですね。
意外に地味なんだ。
服装・髪が薄い色なので良いアクセントでしたが。
あとがき絵も「小姫さん」で、「肉そうきゅー。」センセのお気に入りなのかも。
兄妹のように育ったということで、現在その執事となっている「五条春真」くんは気を抜くと”兄様”とか呼ばれてましたよ。
●「巫女とお盆と降霊と」(難易度:低)
こちらのヒロイン「風ノ森小鳥」さんも、幼馴染みで妹みたいな存在。
巫女服な彼女とのえっちは羨ましいですね。
告白部分はなかなかはっちゃけていましたが。
ラブラブな関係になりなさい…
とか自ら言うのは…恥ずかしいなぁ。

それらは妹ちっくでしたが、次からの3話は実妹です。
●「ブラコン・シスコン バカップル」(難易度:高)
タイトルそのまま、お馬鹿さんっぷりが楽しい1話です。
ハロウィンに乗じて、”悪戯ラブし放題”とか「可奈」ちゃんが言っておりました。
朝からはっちゃけてますねー。
こうして第三者として眺めるにはいいものの、隣にいるとかなり疲れそう。
んも~最高
とか、ゴロゴロしてる絵がキュートです。
あんなんだと、所構わずベタベタしてきそうですね。
近づき難い兄妹だろうなぁ。
●「シスター×シスター クリスマス」(難易度:低)
先ほど巫女さん出てきましたが、こちらはシスターです。
やたらスカート丈は短く、コスプレちっくでしたが。
ちらっとな
そう「雪乃」さんはふざけてましたけど、普通にしててもギリギリですよ。
そんな訳で、”シスター(妹)でシスター(修道女)”なお話でした。
実は、本編で目立っていたのは「雪乃さん」の足。
パンチラから、足プレイなどがあるので、そんなん好きな方は必見でしょう。
●「お花見inる~む」(難易度:高)
解説を見てその通りだと思いました。
こちらの彼は花粉症がため、部屋で窓越しにお花見をしていましたが。
あ、さっき”実妹3話”と書いちゃいましたが、こちらの「稔(みのり)」ちゃんは義妹でしたね。
この季節は出会った際の思い出と繋がるんだろうなぁ。
酔っ払った「稔ちゃん」が可愛いですが、一気飲みはよくないぞ。

シスターでシスター「雪乃さん」、同級生の義姉「芳野さん」
※左:シスターでシスター「雪乃さん」、右:同級生の義姉「芳野さん」
 コスプレちっくでもあります。
 
最後に姉モノの2話をば。
●「おねーちゃんの「愛」のメモリー」(難易度:低)
いまどき日記(※本編ではメモ帳と書いてた)つけてる人は珍しいかも。
アナログなのね。
あんなんを机に堂々と置いてちゃー見られて当然ですし、「時矢」くんは軽々しくそんなん読んじゃーダメ。
トップシークレットををを!!
とか言ってましたが、あれは釣りでしょう。
2人の変態告白合戦が良かったです。
パンストもいいなぁ。
●「愛姉ってなんだよ…」(難易度:高)
こちらもお姉ちゃんですが、正確には義姉です。
くるくる世話を焼く様がキュートですが、「芳野」さんは生まれも3日だけの違いで、同級生。
お互いちょっとズレていたものの、ラブラブでした。
彼的には違和感あるようですが、お姉ちゃんプレイとかやってくれそうね。

前巻では”おっぱい”描写が気になる、って書いてますが、今回はさして引っ掛かりませんでした。
たぶんちょっとした違いかもしれませんが…解消されてます。個人的に。
成年漫画なので、正直なところではもう少しキッチリ・細かく描写でもいいかなーとは思いますが。
すっきり丁寧で、爽やかさのある絵柄。
濃淡・描き込みも良く、綺麗にまとまっています。
漫画は巧く、特に引っ掛かるようなコマもありませんでした。
お話も楽しく、前回と違って全体的に良かったです。
本当に…好みというのは不確かで厄介なものですねー。
たぶん、こちらの精神状態とかも影響しちゃているんだろうなぁ。
ちなみに、着衣ありの大コマが巧くまとまっていて、サンプルを選ぶのに困らない方です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 綺麗に可愛らしくまとまっていました。
・話4: 甘さたっぷりのラブラブ話群です。甘味がお好きならば。
・独4: はっちゃけたコメディーっぽいのが良かったです。
合計:[12/15]

ちなみに、前巻でもあった「うさちゅー」さんを探せ
やはり今回の漫画内にもちらほらと描かれており、頑張って探しました。
いちおう、全てのエピソードにて発見しましたよー。
なお、↑上のタイトル部分の後ろに難易度(高・中・低)の評価してみました。
探す際の参考にどうぞ
特に「ずっと手を繋いで」は難しかったわー。

禁愛乙女 (ポプリコミックス)禁愛乙女 (ポプリコミックス)
(2011/05/26)
肉そうきゅー。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ ツーサイドアップ

■ツミトミツ -罪と蜜- (PURUpyon西東)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年]人妻・ふたなり
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(4P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「PURUpyon西東(ぷるぴょん・さいとう)」センセの「ツミトミツ -罪と蜜-」です。

これまた…うっかり音読できないような名前ですね。
間違ってたら恥ずかしそうだし。
検索してみると、”ぷるぴょん・さいとう”とそのまま素直に読んでいいみたいでした。

そんな訳で、本日は「PURUpyon西東」センセ。
ほか、「さいと一栄」というお名前でも単行本を出されていました。
ちなみに、6月発売だという「良介くんの幸せな日常」が実にいい感じ。
↓こんなん。

良介くんの幸せな日常 ? (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)良介くんの幸せな日常 ? (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2011/06/07)
さいとー 栄

商品詳細を見る

アパートのハーレムもののようです。
ぜひ書店で探そうと思います
そんな訳で、あとがきにはコレで3冊目と書いてありました(※この名義では3冊目ということかな)が、実際のところは違うと思います。
「ツミトミツ -罪と蜜-」です。
収録は全て短編で、あとがきに書かれていたようにNTR、母子、フタナリという3系統でまとまっていました。
ヒロインはやや年齢高めですね。
漫画は巧く、強い癖のなく万人向け。
そうした絵柄とバラエティ豊かなお話群がため、個性が薄まってしまった印象があります。

人妻「麻美さん」、「留守番の過ごし方」のヒロイン
※左:人妻「麻美さん」、右:「留守番の過ごし方」のヒロイン
 年上女性を魅力的に描かれる方でした。

同じアパートに住む人妻「麻美」さん。
いつも決まった時間に洗濯物を干しており、見上げるとちょうどパンチラが拝める、憧れな人でした。
主人公「秋人」は偶然に彼女の下着を拾い、それを隠し持っていたんですが…全て彼女にバレていたのです。
そんな短編「三十路妻のセンタク」
あのアパートのつくりは…最高に良いですね。
ぜひ、皆さんにはミニスカートで洗濯干してほしいものです。
そりゃー、彼が下着を持ち帰ったとしても、仕方ないわ。
言い当てられ、追及され、震える彼に「麻美さん」は独りえっちをねだるのでした。
協力してくれるのが優しいです。
そのうち、
面白そ、私にもやらせて
とかなんとか、手を伸ばしておりました。
いいなぁ。
どうぞ、とうぞ、って感じよね。

続いて人妻…というか母子モノ「玩具の使い方」、「おもちゃ遊び」、「におい」という3話。
えっち描写としては悪くないですが、お話としてはあまり評価できません
父親の単身赴任中、オモチャを見つけた子「友明」はそれを母に試してみるのでした。
「玩具の使い方」はだいたいそんなお話。
1人で寝るにはベット大きすぎる~
という発言など、マセてるを通り越して子供っぽくない彼。
いちおう母親の実子ではあるようなんですが、変に余裕のある「友明くん」がため、母子のドキドキ感がありません
何らかあって精神に影響が出てるのか、あるいはまったく他人の子みたいです。
そちらと似たタイトル「おもちゃ遊び」も、母親が隠していた大人のオモチャを子「幹夫」が母に使うというもの。
先の話と違い、妹「亜子」に試してみようか~とか言って強迫してきた彼を阻止するため、えっちへ流れていました。
他は先と同様ですね。
「PURUpyon西東」センセは、なんで母子をこんな風に描くんでしょう。
過去になんらかあった養子とか言うなら分からんでもないですが、似たようなネタが2話も収録されているとさすがに違和感ありました。
その点、子「滋也」くんの匂いにつられた母親が独りえっちをしていたところ、彼と鉢合わせしてしまう短編「におい」
まぁ、母・子共に手が早く、こちらも変ではあるんですが…先の2話と比べれば、まだ理解はできますかね。
「滋也くん」は思春期真っ只中なので、興味津々だと思われるので。
派手さない、さらりとした美人の各ヒロインはいい感じなんですが、こう描かれては母子モノの良さがまったくなく、刺さりませんでした

友明くんの母親
※友明くんの母親
 母子ネタは期待したんですが…ページの短さというのもあるかな。

「紗季」ちゃん・「上野」くんの「暗闇のqualia」
家で集まっての飲み会で、突然の大雨に降られていた「紗季ちゃん」
電車にも影響し、また気を使った他のメンバーは辿り着けず、部屋には彼女と2人きりだったんですが…ついに停電となってしまったのでした。
偶然と仲間の支援が重なり、大変に良いシチュエーションとなっています。
「紗季ちゃん」が可愛かったですね。
2人きりだネ
そうした発言もあり、そのまま着替えていたり、満更でもない雰囲気でしたよ。

「放課後の告白」、「わたしの体育授業」、「私達、付き合ってるんです」の3話はフタナリ系です。
まず「放課後の告白」は後輩「鹿島」さんから告白された先輩「真琴」がふたなりさん。
確かに中性的で魅力ありますわね。
なかなかの肉食っぷりで、告白された放課後にいきなりえっち展開でした。
当初はさすがに驚いていた「鹿島さん」ですが、その後はうまくいっているようでなにより。
「わたしの体育授業」はクラスでも美人として知られる「桜井」さんに、実はふたなりだった「沢城」さんが迫られるという逆のパターン。
どこか不思議な雰囲気があると思ったら…
もともと女の子が好きな「桜井さん」でしたが、「沢城さん」をターゲットとしたのはそんな理由。
そのため、やはり驚いていたものの、両方あると知ってより興味を持ったみたい。
(※発見したコマの時点では、女装だと思った筈)
”けがらわしい”とまで表現していた男性自身を口にしたのは、そうした理由だと思います。
まさに「桜井さん」にとっては運命的な出会いでしょう。
こちらも良い関係となっていました。
タイトルそのまま、「私達、付き合ってるんです」は「美咲」・「亜衣」のカップル。
うち、ふたなりは普段大人しい「美咲さん」
既にふかーい関係で、告白してくる男子を振りまくっています。
どっちもモテるのねー。
この2人は直接えっちまで「亜衣さん」に主導権あるというのがポイントだと思います。

桜井・沢城、亜衣・美咲
※左:桜井・沢城、右:亜衣・美咲
 ふたなりネタは華やかでいいですねー。

ネトラレな「代理人」、「あやまちの代償」はネトる、「留守番の過ごし方」は自らがネトラ…レるお話(笑)
どうにもタイミングのかみ合わない夫婦。
色々と考えた旦那は、後輩「木村」を呼んで、目前でえっちさせるのでした、そんなんが「代理人」
見るのがお好きなんでしょうね。
自らそれを招いており、いちおうネトラレてはいたものの、これは仕方ない感覚。
だって、えっち合ってないんだもん。
「あやまちの代償」はそちらと逆。
義姉の浮気現場を目撃した「朗(あきら)」は、それをネタにえっちを迫るのでした。
彼女の反応を見る限り、「朗くん」はネコかぶってたかなー。
性格的にやり易いというのはあるかと思いますが、脅す・すかすと自由自在。
また、年上・人妻にしては彼女可愛らしいですよ。
彼女の部屋で待っていた「良孝」くん。
なんとなく手持無沙汰で、また興味をあったため家探ししていたところ…その母親に見つかってしまったのでした。
そんな短編「留守番の過ごし方」
まるでお姉さんみたいに若いですからねー。
服装もぺろりとしたワンピースで、なかなか刺激的
ごくあっさり全裸になっていました。
彼女とは清い交際でしたし、あの年齢の男子には抗い難いでしょう。
ばっちりネトラれていましたよ。

安定感ある綺麗な作画。
描き込み・濃淡は適度で、漫画は見易いです。
すらりとしたお姉さんな人物絵です。
リアルっぽさと共に、ある程度の漫画っぽい可愛らしさあり、非常に良かったです。
あちこちのバランスも良好でした。
表情や動きに違和感なく、また服・小物・背景などはすっきりで邪魔にならないくらい。
漫画の巧い方です
なお、↓表紙・裏表紙は本編の雰囲気よりも数パーセント可愛らしい感じでしたよ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 洗練された綺麗な作画です。巧い方でしたよ。
・話3: 前述したように、母子モノが合いません。お話がすこぶる疑問。 
・独3: ある程度ネタが絞られていたものの、コレという感じはありません。
合計:[11/15]

漫画とかヒロイン絵は非常に好みなんですが。
お話合わないのはそう簡単に合致しなさそうで…次もちと心配。

ツミトミツ-罪と蜜 (いずみコミックス)ツミトミツ-罪と蜜 (いずみコミックス)
(2011/05/27)
PURUpyon西東

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ ミニスカート

■なまいき・プチベリー (春風道人)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ロリ・ラブコメ
・おまけ: 作品解説、ボツ表紙ラフ絵、
      カバー裏に別絵・あとがき、みたいなもの。
・その他: カラー(6P)、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「春風道人(はるかぜ・どうじん)」センセの「なまいき・プチベリー」です。

梅雨時期に合わせて傘を買おうかと。
けっこう前にメインがバッキリいってしまい、ほぼビニール傘でした。
それ以降は良さげな傘がないかと、ネットや店頭などを探しているんですが…コレというのがないですね。
特にオンラインだとどんなんだか分かり辛いですし。
(※うっかり「戦国傘」とか買ってしまったら、あまりの小ささに愕然としました)
オススメあったら、こっそり教えて下さい。

そんなこんなで、本日は「春風道人」センセです。
こちらのブログでは、実は全て同一世界な短編集「言葉だけじゃたりない」、表題の中編がメインの「あおいちゃんアタック!」などを紹介しておりました。
5冊目は「なまいき・プチベリー」ですね。
可愛らしいタイトル、↓表紙・裏表紙のヒロインそのまま、全体的にロリ系統な1冊に仕上がっています。
まんまるで、ぷにぷにした感じがお好みな方には特にオススメ。
(※「春風道人」センセのロリキャラはふんわりです)
ひでるさんは…「春風道人」センセのお姉さん・アダルトキャラも好みなので……ちと寂しい感じ。
まぁ、コッチも嫌いじゃないからいいか。
ロリ漫画は続く!!、ですよ。

成沢奈々子
※成沢奈々子
 この娘です。実は再登場なのでした。

まずはカラー原稿もある冒頭話「SWEET DEVIL」
こちらの「佳奈」ちゃんが↓表紙ですね。
単行本を代表するような娘で、家庭教師の彼をえっち誘導しています。
積極的でした。
勉強時間はほぼえっちだけで終わる状態が続いており、カラー原稿部分はそんなん。
”次こそはキッチリ勉強”
そう意気込んでいた彼を、またあっさり陥落させていました
伊達に予習はしてませんねー。
えっち方面でも発揮されていたように、実はなかなかの努力家です。

半開きな目と丁寧な言葉遣いが素敵な「奈々子」ちゃん。
ネットゲームで知り合った彼女がご近所さんと知り、いつしか「宗介」くん宅で一緒にプレイするようになったのです。
短編「そんなことより奈々子と」はだいたいそんなん。
年齢(いくつか知らんけど)の割にしっかりした娘で、収録でのお気に入り。
解説部分には、
”他社さんのお仕事でかなり昔に描いた漫画に、脇役で登場させた娘が主役です”
そう書かれていたので、がんばって調べました。
言葉だけじゃたりない」に収録の「Home Sweet Home」ですね。
そちらでは母「成沢奏子」さんが主役で、コメントに”ななこ(娘)出すチャンスがなかった~”ともありました。
髪型はやや違いましたが、独特な口調はこの頃から。
「奈々子ちゃん」の色々は、母親カップルから吸収したものかなー。
マセてます。
仕方ない人ですね…
そんな台詞までありました。
20年後くらいの姿が見たいですよ。

「お掃除の達人」はメイドさんな短編。
こちらが「コミックRin」のデビュー作ということで、収録では最も古い原稿(05年11月)でした。
後述しますが、この頃からお上手なので問題ないです。
お掃除の依頼で主人公のアパートを訪ねた「岩崎」さん。
さっそく片付けに取り掛かったんですが…そこで、メイドモノのえっちDVDを見つけてしまったのでした。
メイドとしての仕事に燃える彼女はまったく勘違いをし、彼の欲望の処理を始めたのです。
だいたいそんなん。
彼女「岩崎さん」の派遣元は、”大沢家政婦紹介所”でした。
うん、覗き好きなベテラン家政婦がいそうですねー。
”いつかこのような日がくると覚悟しておりました”
そんな事を言ってた「岩崎さん」が可笑しいです。
彼女の理想形はそんなんかー。
恥ずかしがりつつも、まったく抵抗してないのがいい感じでした。
おそらくは次も拒まないだろうと思うので…またお願いしてしまいそう
あ、それが目的か。
どんだけ支払ってるんだろう。
見たところ夜の6時に依頼したようなので、夜間1日「14,000円」くらいかな。
(※調べたところそんなん)
オプションでえっち分もしっかり付けられてたりして。

佳奈ちゃん、メイド・岩崎さん
※左:佳奈ちゃん、右:メイド・岩崎さん
 この「岩崎さん」はもっとも年齢高いヒロインかな。

妹「ももこ」ちゃんとの近親系「家族割。」
何となく想像されただろうそのまま、携帯電話なお話です。
彼女に携帯電話を買ってあげたお兄ちゃん。
そのはしゃぎっぷりから不安を感じ、試しに業者を装って電話をしてみたのです。
懸念したそのまま、架空のアンケートを疑いもせず答えた彼女は、驚くようなことを言い始めるのです。
色々な意味で、「ももこちゃん」危ない娘だなぁ。
お兄ちゃんが心配するのもよーく分かります。
まぁ、キケンなのは彼も同様で、えっち展開は早め。
かなり甘いオチに注目です。

マンションの住人「岡田愛菜」ちゃんは母子家庭。
母親の帰りは遅く、ちょっとしたトラブルを切っ掛けに管理人の彼と仲良くなったのでした。
そんな短編「ここにいるよ」
確かに可愛らしい娘ですが、反応しちゃーダメだー。
あれは面倒見てくれる人、ということで純粋に慕っているだけだと思いますよ。
まぁ、どこで知識得ているのか、先の妹「ももこちゃん」よりもマセていましたが。
ちなみに、この娘は擬音もキュートでしたよ。

「公彦」・「ゆかり」の「あんばらんす」
お付き合いしてもう1年~なんてモノローグあり、親に許可取ってお泊まりしていたりしたので…親公認?
あるいは、そんなん想像もしていないってパターンもあるか。
深い関係を望む「ゆかりちゃん」と、なんとなくそれを避けていた「公彦くん」
彼女が頑張ったため、お風呂えっちでした。
「公彦くん」は大柄で、体格差もポイントになっているみたい。
小さい「ゆかりちゃん」のラブラブっぷりは羨ましいですよ。

子犬系というヒロイン「遥」ちゃんとの「こたつむり」
寒がりという設定がため、前半ではコタツに入りっぱなしでした。
…なんだか犬小屋ちっくね。
この節電ムードな時期には相応しくない短編ですよ。
大変だったという縞パンが素敵。
こちらはオチ部分で一緒にお風呂でした。

折り返し(前)にて、いいじゃないと思った「絵里」ちゃんとの短編「なつぞら」
確かに水着ではあったんですが…そっちの絵は本編後ですかね。
残念ながら日焼け跡は見られませんでした。
くー。
ツインテールな姪とのお話ですね。
わたしのことだけ、考えて……
とかなんとか、容姿と裏腹な大人っぽいことを言っております。
あっさり終わっていたものの、このエピソードはその後を考えると憂鬱。
どう説明する気だろう。

岡田愛菜、絵里ちゃん
※左:岡田愛菜、右:絵里ちゃん
 大きな目が特徴です。

中扉を飾っていた、金髪お嬢様「ありす」さんと執事「神崎」の「お嬢様の憂鬱」
ロリ権力者のラブラブパターンで、執事として接する彼に対して我がままを言っていました。
もともと”ヒラヒラ服で馬乗り”を目指していたようですが、なるほど直前に脱いでましたねー。
個人的には、下着デザインを凝ってほしかったです。
あれくらいのお嬢様なら、もっとかっちょえーの穿いてそう。

ちょろっと前述しましたが。
収録の各話は原稿時期にバラつきあり、05年~11年というところ。
わざわざそう書いといてなんなんですが、実はあまり気にするほどの差ではありません。
もともと巧い方です。
何と言うか、古いという漫画はやや濃淡が強め。
キモチもっさりとしてるかなー、っていうくらいです。
太めな曲線のふんわりとした作画。
幅広な輪郭と正方形みたいに大きな目が特徴です。
今回はロリキャラ大集合だったので、ややバランスも独特なまとまりでした
漫画は巧く、特に引っ掛かるコマはなかったものの、ジャンルがため人を選びそうです。
判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: いつもより癖を感じました。ジャンルかなー。
・話4: 甘いラブコメ集です。たまに過ぎるくらいのもありました。
・独4: 適度な肉付きでぷにぷにしてそうなんをお楽しみ下さい。
合計:[12/15]

今回はやっぱり再登場の「奈々子ちゃん」でしょう。
ふっ、うっ、お?…といった反応も良いです。
また親子で登場してほしいですねー。

なまいきプチベリー (TENMAコミックス RiN)なまいきプチベリー (TENMAコミックス RiN)
(2011/05/27)
春風 道人

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール コミックRin

■快感スイーツ(萌) (蒔野靖弘)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]コメディー・スイーツ
・おまけ: あとがき、合間に4コマ。
・その他: 10話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蒔野靖弘(まきの・やすひろ)」センセの「快感スイーツ(萌)」です。

スイーツですね。
旅行へ行ったりすると”御当地ソフトクリーム”を探すひでるさん。
別で何度か書いているので、もし万が一興味あったら表ブログみてみて。
結構ありそうで、コレがなかなかないんですよ。
印象に残っているのは、そのままの味だった「八丁味噌」と、辛かった「わさび」ですね。
美味いのは普通なので、やっぱりそっち系。
あ、こないだの「やきいも」は香ばしい焼き芋がパッと思い浮かび、味もなかなか良いものでしたが。

そんな流れで、本日は「快感スイーツ(萌)」です。
描かれている「蒔野靖弘」センセは「牧野靖弘」から改名したそうです。
よくよく調べると、別に「のぎまこと」という名前もありました。
それぞれの名前で多く単行本を出されており、
たぶん…
茜ちゃんPANIC(※のぎまこと名義)」は読んだような気が…わかんないけど。
さて、今回の「快感スイーツ(萌)」は一般えっち系の単行本。
軽いコメディーちっくで、1冊まるまるの長編になっていました。
特に大仰なトラブルは起こったりしていませんが、雰囲気としては問題解決パターン。
同キャラの1話完結モノですね。

樽戸翔子
※樽戸翔子(1話・8話)
 基本的に即えっちな方でした。

主人公「樽戸翔子(たると・しょうこ)」は「カフェ・ココロン」のオーナー。
店を手伝う従妹「黒糖くるみ」は彼女の巨乳をアピールすることを考え、それを強調した制服をデザインしたのでした。
結果として思惑は当たり、ティータイムになると男性客で溢れる人気店になったのです。
また、「翔子」の天然さと発せられるフェロモンは男子に不思議な影響を与えるようで、その協力から自然に新作スイーツが生みだされていたのでした。
だいぶ大雑把ですが、そんな感じ。

そんな訳で、スイーツ店を舞台にしたえっちラブコメです。
「翔子さん」には特定の彼氏おらず、想い人もおらず、ラブ度は低め。
えっちから新作が完成するという展開になっているため、来るもの拒まずというスタンス。
また「翔子さん」の発するフェロモンには何らかの効果があるらしく、驚くほどにあっさりえっちに流れていました
(※実は直接えっちまで至らないケースのが多いのですが)
こざっぱりとしていて、ステディになろう、しようという感覚はないみたいですねー。
「カフェ・ココロン」のアイドルという感じなのでしょう。
”天然ドジエロパティシエール”
そんな称号は伊達ではありません。

この漫画の最大の特徴は、タイトルそのままスイーツ描写。
単に舞台設定とか、漫画の小道具という扱いが普通ですよね。
こちらの場合、オチなどにスイーツ絵と解説が差し込まれているのです。
それが比較的しっかりとしていて大仰でもなく、また必要以上にページを占有してもいません。
やはりえっちメインだろう漫画の割合としては、適当なくらいのスペースだと思います。

天然・巨乳な「翔子さん」
※天然・巨乳な「翔子さん」
 だいたい切っ掛けはこんな感じです。邪魔そう。

基本的な展開の1話目。
オープニング(※こちらの場合は舞台説明)があり、ターゲットとなる男性が「翔子さん」の魅力にグラつき…えっちして新作スイーツが完成する、というもの。
ド天然な「翔子さん」
何が客に刺さっているのか、全く理解しておりません。
こちらはパイがそのままおっぱいになるという王道な言葉遊び。
サラリーマンな男性がターゲットになんですが、「翔子さん」が彼に接近すると他の男性客が一斉にお会計を済ませ、また「くるみちゃん」もそっと店を離れておりました。
あいつがショコタン一人占めかよ…
そうした台詞もあり、皆さんその後の展開をよく知っている、って事ですよね。
男性客の理由はそっちか。
2話目は試食ということで、「翔子さん」から男性客をチョイスするパターン。
趣味ワルっ!
とは「くるみちゃん」の弁。
自分と似て、ほわーっとした感じが好みなようでした。
前回のサラリーマンと同じく自らの純粋な部分が引き出されるようで、それに応じた「翔子さん」からキスをしてます。
それでも、彼氏って発想はないのねぇ。
3話はモンブランの新作ということで…栗でお約束な言葉ネタが。
ここはAV撮影のスタジオかっ
そんな台詞もありました。
前回に続いて”どきゅん”な描写があります。
惚れっぽいですね、彼女。
なお、前述したような言葉のややこしさ(?)から迫られる「翔子さん」でしたが、
勘違いしたままでも…イイですよ…
とか、言っていました。
なお、「くるみちゃん」は前半で”人の恋路~”という台詞ありますが、こちらの男性も結局彼氏には成り得ないんですねー。

店を飛び出す4話は移動クレープ店のお手伝い。
えっち相手はその店長(社長)さん。
どちらかと言うと前半は「くるみちゃん」のが刺さっていましたが、彼が「翔子さん」にハマったと悟ってから、あっさり身を引いています。
普段店にて目の当たりにしてたら、あーなるか。
あまりな巨乳で、鉄板に乗っかる部分が可笑しいです。
オチではけっこう酷いこと言ってましたが。
実は2年前まで芸能界にいたという「くるみちゃん」主役な5話。
店では縁の下の力持ち的存在で、「翔子さん」が圧倒的に目立っているようですが…彼女目当てなお客さんも少なからずいそうですね。
ソロ写真集出すほどだったようだし。
昔馴染みな写真家「河内屋太貴」とのえっち。
2周目でじっくり見て気付きましたが、直接えっち描かれるのはこの5話が初めて
もしかして、「翔子さん」はいつも直前までしかシテないのかも。
6話はまた店を飛び出し、ブームなロールケーキのレシピを教わりに行くというもの。
試食してお気に入りな店へ堂々と赴くという、離れ業をやってました。
こんなん出来る「翔子さん」は凄い。
こちら登場の男性(※元AV男優)は面白かったです。

黒糖くるみ
※黒糖くるみ(1話・5話)
 彼女目的な男子もいそうですね。

市内女子校に講師として出張する7話。
さすが人気店パティシエだけあって、引く手も多いですねー。
タイプの異なる3名の女子高生とイチャイチャしております。
ちゃんと新作スイーツが3つ完成しているのがポイントでしょう。
おっぴろげて”可愛い”とか言われてましたよ(笑)
和菓子な8話は「翔子さん」の巨乳が通じないという、イレギュラーなお話。
ちなみに写真家「太貴くん」がまた顔を見せており、「くるみちゃん」とは順調にお付き合いしている様子でした。
即座に突っ込み入れるコマがあったものの、彼を店に呼ぶのは危険な気もしますね
なお、冒頭では通用しなかったものの、最終的にはいつものパターンになってます。
「翔子さん」スゲェなぁ。
温泉旅館な9話は若女将「八木満珠(やぎ・まんじゅ)」さんがゲスト。
冒頭から露天風呂シーンで「満珠さん」を含めたヒロイン3名のヌードが拝めます。
こうした展開に「翔子さん」を連れてくのは危険な気もしますが、「くるみちゃん」が良い動きを見せてました。
先程も書きましたけど、直接えっちな2回目ですね。
最終10話は当然ながら「翔子さん」
どんな展開かはいちおう伏せておきます。
らしい終わり方でしたよ。

ぽってりした、デフォルメ強いキャラ絵。
コメディー的ですね。
強く太めな線も特徴的。
そのため濃淡は濃い目で、バランスも独特です。
かなり癖が強いため、好き・嫌いがはっきり分かれると思います。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙・裏表紙にて判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 特徴的なので、単純に好みかどうか。
・話3: ぱっと楽しい漫画に仕上がっていました。
・独4: なんのかんのとスイーツに絡めています。
合計:[10/15]

テンポ良い、軽い仕上がりでした。
スイーツ好きな方とか、細かい単語など知っていればより楽しいかもしれませんね。

快感スイーツ(萌) (マンサンコミックス)快感スイーツ(萌) (マンサンコミックス)
(2011/04/28)
蒔野 靖弘

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ サラリーマン

■敏感・ぷにアヌス (みにおん)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ロリ・男の子
・おまけ: 「MINON LINERNOTE20(あとがき・作品解説)」
・その他: 短編×8(うち「Q.T.Pure」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みにおん」センセの「敏感・ぷにアヌス」です。

ちょっぴりスペースをお借りして。
5、6、7月で毎月1冊づつ発売される~という「ゆるゆり」の5巻が発売されていました。

ゆるゆり (5)巻アマゾン専用特典付き (IDコミックス 百合姫コミックス)ゆるゆり (5)巻アマゾン専用特典付き (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2011/05/18)
なもり

商品詳細を見る

おお、本当にでましたか。(←嘘なわけないですが)
アマゾンでも”専用特典付き”とか書かれていますが、立体スタンドPOPがオマケになっていました。
そちらは「歳納京子さん」ですね。
欲しい方はお早めに。
今回は一見すると、主人公「あかりさん」の姿が見えない表紙が可笑しいです。(※紹介帯にすっぽり隠れる仕様)
ずっとこんな扱いか(笑)
本編では、やっぱり温泉シーンに注目。
お気に入りの生徒会長「松本ちせ」の出番が少ないのが残念でしたが、抱えられてる絵がやたら可愛かったのでいいや。


さて、本日は「みにおん」センセです。
ひでるさんはこちらが初見でしたが活躍は古く、もう10年以上漫画を描かれている方でした。
単行本は今回の「敏感・ぷにアヌス」で20冊目なのだとか。
すごいですね!
とりあえずは20冊突破おめでとうございます
気になったのは↓表紙の透け乳。
ほぼそれだけで手に取りました。

収録は1エピソード前後編があったほかは全て短編。
デジタルのツヤっとした作画で、お話は明暗どちらもありました。
そう重々しいものはないですが。
うーん、ぶっちゃけひでるさんは肌に合わない印象ですね。

「鞍馬えみり」・「春崎つばめ」、「ヒカリちゃん」
※左から、「鞍馬えみり」・「春崎つばめ」、「ヒカリちゃん」
 「Q.T.Pure」はややコメディータッチです。

収録では唯一の連続話「Q.T.Pure」
転校してきた「春崎つばめ」は過去の経験で男子が苦手。
彼女を積極的に迎え入れた「鞍馬えみり」は、それを克服できるよう”本当のエッチ”を見せるのでした。
ごく簡単にはそうした内容。
「えみりさん」はやたら仕切っていましたねー。
積極的で面度見も良く、慣れない「つばめさん」にとっては有難い存在。
いい娘でしたよ
男子が苦手、というかトラウマになっていることを見抜き、まずは付き合う担任教師「影野優」とのえっちを見せていました。
そんなんが前編。
センセのHPへお邪魔したところ、”男の子も好き♪”ということで、後編はそうした感じのお話。
少しづつ慣らして~ということで、それっぽくない男子「五月澪」を「つばめさん」に接触させる流れです。
もしかしたら男の子っぽい女子だったりしてー、と脱ぐギリギリまで期待しましたが、普通に男子ですね。
解説では、”いつものように男の子~”とかありました。
ああ、ひでるさん刺さらない理由はこのあたりかなー。
なにはともあれ、漫画では「えみりさん」の作戦が当たり、優しく心地よい終わり方になっています。

「みこと」に女装をさせ、痴漢の実態を探る~という遊びをしていた「ルナ」
無事(?)彼は痴漢に遭うんですが、その際の不手際で「ルナ」も連中に捕まってしまったのでした。
そんな短編「TransjenderTRAIN」
たぶん痴漢とかどーでも良く、「みことくん」のそうした姿が好きなんでしょうねー。
プレイでしょう。
あーした事態になりつつも、彼に対しては強気な「ルナちゃん」が可笑しいです
先の「Q.T.Pure」と似て、男の子(ほぼ見た目は可愛い女の子ですが)もガッチリえっちされていました。
ツンデレなオチは好き。

「友達の妹」はツインテールな「ヒカリ」ちゃん。
会いに行った友人「コースケ」はあいにく不在。
急な雨にびしょ濡れにされていた「エージ」は、出迎えた彼の妹「ヒカリ」の好意で、お風呂を借りつつ彼の帰宅を待つこととしたのでした。
友人を待っている状況で、もうちょっと理性保とうよー。
成年漫画だから当然ではありますが。
まぁ、ちゃんと同意を得てからのえっち展開になっていました。
最中に戻ってきそうだなぁ、というひでるさんの予想は、だいたい半分正解
まさかオチあんなだとは驚き。

みさわまみ
※みさわまみ
 おもしろい娘さんでしたよ。

解読も難しい謎のラブレターが毎日届いていた~という短編「告白」
いっぱい・いっぱいな雰囲気が可愛らしい、「みさわ・まみ」ちゃんとのラブラブ話です。
メモを確認しつつデートに挑む「まみちゃん」
書かれていた単語がよく分かっていないのがキュートです。
入れ知恵したのは母親のようですが、あーなるまで予想してたっぽいところがエグい。
しかし、「しんご」くんもまた陥落早いなぁ。
気を使いつつもキッチリえっちしちゃっていましたよ。

いままで男女関係なく、普通に遊んでいた仲間が急に疎遠に…という思春期な短編「秘密基地」
よく題材として取り上げられますが、難しいですね。
ハブられるのは心地いいものではないですし、あのえっち展開が良いとも思わないですし。
ヒロインの「夏美」ちゃんはクセっ毛で、目力もあって成長的にはアンバランスな感覚。
もう10年もしたら、丁度良い感じの美人さんになってそうです。
ただ、オチは「みにおん」センセが書かれていた通りだと思います。
トラウマにならなければいいですね。

解説によると「TWINCEST 2in1」、「HairTrigger」は”お馴染み~”ということで、過去単行本から続くキャラみたい。
いちおう、読んでなくても大丈夫な構成です。
前者「TWINCEST 2in1」は2人の兄「陽児」・「星児」と妹「雪」の近親系。
意見の合わない2人の兄で、唯一合致するのは好きなのが妹「雪ちゃん」という点。
そんな訳で、争いを仲裁した「雪ちゃん」は”どっちの愛情が強いか”という勝負に巻き込まれてしまうのでした。
間に挟まれ、困惑する彼女は確かに可愛らしいですね。
大変そうだなぁ。
どうやらコレが初めてのことでなく、彼らの性格からして頻繁にえっちされてそうなんですが…初々しい反応な「雪ちゃん」がキュートでした。
後者「HairTrigger」は「ちみ」ちゃんが理髪店へ行くお話。
あそこのおじさんなんかエッチで好きじゃないなぁ…
とか言っていましたが。
店名からして”輔辺理髪店(すけべ・りはつてん)”とかストレートで、店主の目付きもやたら危険
つい見とれてしまったよ
そんな台詞も危険度マックスですわね。
なんかやけにピッチリしてるなーと思ってましたが、最初にかけるエプロンで拘束していたのが凄い。
いちおうカットからシャンプーまでは普通にやったものの、その後は好き放題。
ブラシとか産毛剃毛とか…ああ、だから理髪店なのか。
お尻でされたりしてましたよ。

妹「雪ちゃん」、ちみちゃん
※左:妹「雪ちゃん」、右:ちみちゃん
 あんな視線の理髪店へ行っちゃーダメ(笑)

描き込みはさほど細かくなく、スッキリとしたデジタル絵柄。
濃淡も濃くはありません。
乱れなく、洗練された雰囲気で綺麗にまとまっていました。
ジャンルがロリ系ということもあり、大きめな頭に華奢なスタイル。
デフォルメは強く、ひでるさんが気になるのはそのあたり。
崩れている訳ではないですが、人を選ぶと思います。
原稿部分は↓表紙・裏表紙よりもだいぶあっさりしていたので、あらかじめ確認した方が良いかも。
ヒット出版社」さんのHPにて、収録のうち「友達の妹」がサンプルとしてまるまる読めました。
だいたいの雰囲気はコレで掴めると思いますので、オススメしておきます。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: そう悪くないとは思いますが、個人的に合いません。
・話3: 意外にラブラブしていませんね。
・独4: ロリと共に男の子も登場しており、独特な感じはありました。
合計:[10/15]

お話は「TWINCEST 2in1」みたいなスタンダードなネタが良かったです。
「TransjenderTRAIN」も「ルナちゃん」はいいんですが…。

敏感・ぷにアヌス (セラフィンコミックス)敏感・ぷにアヌス (セラフィンコミックス)
(2011/05/20)
みにおん

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール

■ロリ☆魂 (高永浩平)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ロリ・放尿
・おまけ: あとがき、合間に4コマ、カバー裏に漫画
・その他: 短編×11。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高永浩平(たかなが・こうへい)」センセの「ロリ☆魂」です。

紹介帯には昨今の情勢がためか、
ロリ漫画は続く!!
とか書かれていました。
そうだ、続くんだ。
続けよう。

そんな訳で(どんな訳だか)、本日は「高永浩平」センセです。
ひでるさんはこちらが初見。
表紙はなんとなく覚えていましたが、1冊目「ロリ☆缶」は見送っていた様子。
なんでだろ。
今回の「ロリ☆魂」で2冊目となります。
収録は全て短編で、漫画はラブコメちっくなもの。
あちこちのバランスは良く、なんというか漫画の描き方とか運びとか、好みな系統
ぺらと白黒原稿を見た段階で、楽しめるだろうことが想像されました。
こりゃ、1冊目も探さないとねー。

英子さん
※英子さん
 漫画の描き方とか運びとか~って表現し辛いんですが、例えばこんな感じ。

タイトルそのまま、「やらしてあげない?」はヒロイン「英子」さんがえっちをおねだりするネタ。
彼氏は宿題中で構ってくれなかったので、単独スタートしたのでした。
可愛らしい雰囲気なのに…えろいなぁ。
したい、を連発していましたよ。
見せつける意味でいきなりモロ出しにしてましたが、穿いてたのは縞パン。
ちと勿体なかったな。
「ほうにょう娘」は男の子みたいなショートカットの「野坂」ちゃん。
着ているワンピースは逆に女の子っぽく、アンバランスさがいい感じ。
背丈は3年頃より変わらないらしく、ちんちくりんなのでした。
本人それを気にしており、牛乳飲み過ぎでの放尿展開。
我慢してたり、お漏らしで泣いちゃう「野坂ちゃん」がキュートでした。
なお、これら2話はタイトルデザインがやたら凝っていて、おおっとか思いました
他はそれほどでもないんですけどね。
なんでだろ。

公園で見知らぬお姉さんがしていたお尻えっちに興味を持った「野田」さん。
塾では同じクラスでしたが、まったく意識なかった男の子「トシオ」くん。
彼に告白された、「野田さん」はあの時のお姉さんのソレを再現すべく、いきなりえっちを迫ったのでした。
「はじめてのお尻!」はそんな短編。
これは中盤頃のえっち目撃シーンが秀逸
ぶっちゃけ、ひでるさんはそのみつ編みなお姉さんのが好き。
目線が合って、ニコって微笑む表情がキュートでした。
なお、「野田さん」がわざわざ茂みに入った理由は尿意がためで、こちらでも放尿シーンが見られます。
エロいのは大歓迎ですが…初えっちでお尻を指示されたら、いかに好意あるとはいえちょっと微妙ね。
「トシオくん」はえらい。

コメディー色の強い「カッコイイ虫!」
実はこちらも放尿ネタです。
キャッチボールで玉を探しに向かった兄がなかなか戻ってこなかったので、そちらへ向かうと…茂みで野ションしていた女の子をガン見していたのでした。
めずらしい虫がいたと誤魔化した兄に対し、妹「歩」ちゃんは放尿に興奮しないかどうかその目前でして見せるのです。
こりゃ、逆にラッキーじゃない(笑)
まあね、目前でいきなりしようとする場面があったなら、ガン見して当然
彼女気付いてなかったですし、場所は公園だし。
ややツンデレな「歩ちゃん」も可愛いです。
デレより怒っていた方がなんだかいい感じです。
短パンだったので、できればもうちょっとじりじりしてほしかったですが…。

野坂ちゃん、妹「歩ちゃん」
※左:野坂ちゃん、右:妹「歩ちゃん」
 左の凝ったデザインに注目。おおっ、とか思いました。

露出ネタの短編「公園デビュー」
こちらの「秋子」ちゃんは、先の「英子さん」と同じく、えっちのおネダリをしていました。
「飽きてきた」とか言うお兄ちゃんがため、外でしてみようという流れです。
そんな訳で、やっぱり公園に来た兄妹。
指示によって同年代の女の子らにスカートまくって見せていましたが…あの3名は変なトラウマになりそう。
軽く人生狂わしたかな。
こちらでも2度ほどおもらししていたので、お好きな方は楽しめるでしょう。
「秋子ちゃん」の今後が心配です。

「逆転」は「アケミ」・「清美」というWヒロイン漫画。
男子にいじめられていた「アケミさん」を助けた「清美さん」
しかし、「アケミさん」はそんな彼女に男子の心理を語って聞かせ、”どれたけエッチか”実演して見せるのでした。
変にマセていた「アケミさん」
えっちりメインは「清美さん」でしたが、その隣で鬱憤晴らしをしています。
あー、なかなかややこしい娘ですね。
漫画はいちおうコメディーちっくに終わっていたものの、あの後2人微妙な関係になっていそう。

同じく姉「ミキ」・妹「マキ」のWヒロインな「ローテーションお医者さんゴッコ」
帰宅したお兄ちゃんも驚く”お医者さんゴッコ”というそれは、「ミキさん」を全裸にして拘束するというプレイ、じゃなくて遊びなのでした。
あっけらかんとしている「マキちゃん」が凄いです。
いつもそうするようですね。
当然ながらお兄ちゃん参加し、診察から注射へ流れる王道パターン。
後半からは攻守逆転して、「マキちゃん」が患者役になっていました。
彼女は”胸小さい”とか言われてましたが、ほぼ変わんないですね。
もうちょっと変化つけても良かったかもしれません。
同じく姉妹が登場する「私の方が!」
こちらはお姉ちゃんにデレデレな彼氏(?)の「ユウ」くんに対し、「トモコ」さんがイラっとするもの。
まぁ、あのくらいの年代の男子は、胸の有無が全てですよ。
頑張ってお姉ちゃんのセクシーランジェリーを着てアピールしているんですが…似合わないなぁ。
普段のが可愛いのに。
カチューシャと三角ツリ目の目立つ容姿で、後日談っぽい4コマもあったためか印象的。
彼女にはツンデレててほしいですよ。

「菊井祐希」の父親の会社は倒産寸前。
しかし、そちらに融資するよう手を回して助けたのは、学園理事長の娘「白柳サキ」でした。
こうして退学になりかけていた「祐希」も学園に残ることとなり、使用人「チサ」と共に彼女付きのオモチャとなったのです。
そんな短編「かいもの」も、後日談っぽい4コマのあるエピソード。
まぁ、エロいことするんですが、わざわざ「祐希さん」に援助したのは…彼女がふたなりだったため。
なるほど、”かいもの”とはそうした意味か。
一芸みたいなもんですからねー。
3名で次々楽しんでいました。
本編はえっちシーンがためあまり描かれていませんでしたが、4コマの「サキさん」がいい感じ。
大きめなリボンもキュートで、日常のお嬢様っぽい彼女をもっと見たかったです。
また、やってる事はエロいことなんですけど、意外に優しいところもあり、オチでの言葉はなんだかじんわり。
「祐希さん」の態度を一変させていた、「チサさん」の秘密もスゴいですね。
まだこの3名でお話できそう。

トモコさん、学園理事長の娘「白柳サキ」
※左:トモコさん、右:学園理事長の娘「白柳サキ」
 キャラとしてはこの2人。「サキさん」がまた見たいです。

成長がストップしてる「莉子」さんの「ない乳マッサージ」
走る記録は更新していくものの、胸囲と身長についてはサッパリなのでした。
成長期、とか言っていたお友達の感じから察するに、彼女は厳密にロリと言うより貧乳ですか。
ショックを受けていましたが…中途半端に大きくなるくらいなら、そのままのが絶対にニーズありますよ、「莉子さん」
現代は貧乳に優しい社会なようですし、ひでるさんも今年は貧乳押しでした。
漫画はマッサージからのえっち展開という王道ネタ。
なお、こちらは下着履いたままでのお漏らしかあります。

「タカシ」くん、「姫板」さんの「保健室の子」は8ページとやや短め。
もともとお互い意識があったようで、うまくいって何よりという感じ。
また「姫板さん」もごくあっさり口にしてるんですよねー。
「タカシくん」も驚いてました。
胸がちらりとするシチュエーションは好き。

雰囲気としては一般えっち系。
ちょっと賑やかな気もしますが、漫画の描き方というか運びはそんな感じ
幅広で丸い輪郭の可愛い人物絵で、あまり極端に成年漫画はしていません。
タッチは普通のコメディーとか、ストーリー4コマっぽいですよね。
(※実際に収録されてた4コマもいい感じでした)
それっぽくないのに、なんのかんのとえっちしてしまうところが刺さるのでしょう。
各キャラの表情とか動き、あちこちの表現まで引っ掛かる箇所はなく、巧い方。
そのうち、一般に何の違和感もないまま進出してそうです。
センセのブログ内のイラストも面白かったですよ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 個性はありますが、人は選ばない系統だと思います。
・話3: もっと個性際立たせても良かったかと。連続話が見たいなぁ。
・独4: ロリうんぬんより、放尿のが印象的でした。
合計:[11/15]

もしかして初単行本から続いてるのかな。
カバー裏漫画をもう少しじっくり見たいと思いました。
成年系で釣りネタはあまり見られないので、発展させても良いかも。

ロリ☆魂 (セラフィンコミックス)ロリ☆魂 (セラフィンコミックス)
(2011/05/20)
高永 浩平

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ショートカット カチューシャ

■愛妻ブルマー (あきなお)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]ラブコメコスプレ
・おまけ: 描き下ろしエピローグ「再現・初体験!!」・「VS.鬼バイブ」・「僕はケダモノ」、
      合間に予告イラスト、描き下ろし漫画の予告4コマ、
      カバー裏に「がんばれ!担子ちゃん」
・その他: 初単行本(?)、短編×9。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あきなお」センセの「愛妻ブルマー」です。

普通に合うのならばそれでいいですが。
無理っぽいなーと思い・感じつつも、頑張ってしまうというのはまた良いものですね。
そんな訳で、本日の単行本。

「愛妻ブルマー」だって。
非常に良い↓表紙とタイトルですね。
まぁ、彼女については、そう似合わない訳でないというのが微妙なところなんですが。
(お尻とか、もっとぱっつん・ぱっつんでも良かったと思う)
アマゾンでチェック後、頑張って書店で探してきましたよ。

こちらは「あきなお」センセの…初単行本?
よくわかんない。
見たところそのまま、ラブコメな一般えっち系。
表題はあーでしたが、たぶん短編集だろうなぁ、って思っていたらその通りでした。
↓表紙と表題をソレにしたのは、インパクト的に成功だと思います。
ただ、その系統の漫画が1話だけというのが残念
特にこちらの単行本は後日談を描き下ろしていたので、そちらで補完してほしかったですよ、「あきなお」センセ。
カバー裏とか、面白いんですけどね。

”まゆたん”こと「新田まゆ」
※”まゆたん”こと「新田まゆ」
 こんなんです。もっとムチムチしてても良かったかと。

ではさっそく表題漫画「愛妻ブルマー」から。
実際は”愛妻”の部分はヒロインの愛称”まゆたん”が入るみたい。
「Mayu the Bloomers」
英文字表記はそうなってましたから。
学生の頃から憧れていた、「新田まゆ」さん。
そんな彼女と見事結婚した「かず」くんは、誕生日のプレゼントに彼女を意識した切っ掛けでもあるブルマ姿を要求したのでした。
いい話ですね。
恥ずかしがりつつも願望を叶えてくれた「まゆたん」が素敵。
多少呆れてはいるでしょうけれど、髪もちゃんと学生時代のようにポニーテールにしてました。
まぁ、ちょっと引くくらいに彼は喜んでいたので、いいプレゼントですよ。
安上がりだし。
前半ページの学生の頃からあまり体型変わっていないところは、いいんだか悪いんだか…。
並んで走りましょうよ
そんな問いかけに対し、あくまで後ろをついていく彼が可笑しい。
そりゃー、並んだら意味無いですから(笑)
また、なにげにこの漫画の優れているのは、えっち後の描写
ここでは伏せておきますが、なるほどとか思いました。

さきほども描きましたが、ネタ・ビジュアル的にインパクトのあるお話。
それだけに、同系統のエピソードがこちらだけというのが非常に残念です。
巻末のエピローグ話「僕はケダモノ」はオチから繋がるもので、悪くはないんですが…やっぱり彼女のブルマ姿を再度見たかったですよ。
ネタ時に色々と考えられるので、1冊まるまるでもいいかと。
あと出版社さん。
冒頭ページはもともとカラーだったようなので、ぜひそれで収録して欲しかったなぁ。

同じく夫婦のラブラブ短編「今夜はイかせっこ!!」、「おなかがプニョってる!」
特に前者「今夜はイかせっこ!!」の「とも」くん・「結由美」さんはそんな感じ。
彼はこっそりえっち勝負を仕掛けており、「結由美さん」はそれに気付いていないものの、勝手に色々と趣向を凝らしていました。
メインではウェディングドレスで出迎えています。
素敵な奥さんですね
ただ、気になったのはそちらよりも前半の「結由美さん」
自ら剃毛しておりました。
彼の反応良く、えっち後喜ぶ描写がありましたが、どうせならばお手伝いしたいところです。
後日談「VS.鬼バイブ」が可笑しいです。
後者「おなかがプニョってる!」は太ったみたい、と心配する「真美」さん。
こちらは結婚前の彼女のえっちシーンもあり、そちらと比べて豊かな肉付き具合が良い感じ。
本人はショックを受けていたものの、彼も言っていたように、あんなん男性はまるで気にしませんよ。
逆に好きではないかなぁ
スクール水着を着た、はっちゃけシーンが好きです。

結由美さん、真美さん
※左:結由美さん、右:真美さん
 ぶっちゃけ、全裸よりもこのむちむちな水着姿のがいい感じ。

義姉「美加」さんとの「美加姉の甘口カレー」
彼「マサト」くんはもう1人暮らしするような年齢で、家族となってまだ3年だとか。
そりゃー「美加さん」はお姉ちゃんというより、女性としか見れないだろうなぁ。
内緒という怪我について知っていたり、わざわざカレーを作りに来たり、彼とはごく親しい様子。
ため、「マサトくん」のあんなんはごく自然に見えますが、そんなん目撃してなお協力してくれる彼女も立派でした。
服を着たままのえっちが逆にエロいですね。
こりゃー、この後は頻繁に訪ねてきそうでした。

仲良しの「ナツキ」さんがへべれけに酔っ払って~という「ナツキ酔ってまちゅ」
勘違いもあって「ナツキさん」は彼「西本」くんを相手にガンガン酒を飲んだところ、1人では歩けないくらいに酔っ払ってしまったのでした。
彼女をおぶっていくシーンはなかなか良いもの。
結局コメディーになってしまうんですが、それがためお風呂展開になっています。
もうお互い好きあっているもののマトモに告白もしていないようで、2人はまだ友人というところ。
そんな訳で、あーした流れはいい機会だと思うんですが、彼はいわゆる草食系ですね。
その前に気持ちも聞いているのだから、いいじゃないと思うですが。
酔った「ナツキさん」のはっちゃけっぷりが楽しく、可愛かったです。
こちらは巻末の後日談「再現・初体験!!」も注目です。
「キスとかエッチとかしたい」は、付き合う「藤崎」さんとの初えっち短編
同じ職場で1年先輩という彼女がため、遠慮するところが全くない訳ではないでしょうけれど。
彼「あきお」くんはこちらで見ていても腹立たしいくらいですね。
そりゃー「藤崎さん」が身震いするほど怒るのも当然。
えっち最中でもやや煮え切らない感じでした。
なんとなく…彼女のが性欲強そうだったので、今後の2人はやや心配。

「社内地下資料庫」、「寺田主任に相談しよう」の2話はビジネスなお話です。
前者「社内地下資料庫」は社内地下倉庫でのえっちパターン。
仕事中にエロいことしないように。
ここで彼女「奈々美」さんの台詞は、
久保君が遅いから見に来たのよ
というものでした。
そう、オフィスでは席を外したままでそこそこ時間あると目立つもの。
特に「久保くん」はただでさえ遅かったようなので、問題。
まぁ、課長から少なくとも4名が無断で席を外したままであるようで、のんきな会社なのかな。
後者「寺田主任に相談しよう」は、上司「寺田かすみ」さんに「伊藤」くんが私的な相談をするもの。
えー、そんな悩みは他でやってて下さい
あれはセクハラっぽい気もします。
さすがに後輩から慕われているだけあって、「かすみさん」はマジメに対応してくれていましたが。
そんなお人好しさな彼女がため、えっち展開になっていました。
眼鏡キャラで、雰囲気的には「担子ちゃん」っぽいですね。

奈々美さん、女医「高峰さん」
※左:奈々美さん、右:女医「高峰さん」
 「高峰さん」は…もっと”鉄の女”らしい、しれっとした顔を見たかったです。

「青空の下の秘密」は病院内での女医「高峰」さんと医師「加瀬」くん。
同職場の同僚で、こちらもまぁビジネスなお話ではあるでしょう。
普段は”鉄の女”とか言われているものの、屋上で全裸になるという趣味を持つ「高峰さん」
あの高さ(車が見えます)から察するに、本人は知らぬまま結構目立っていると思います。
夜でもなく、実は周辺にギャラリーいるのではないかなぁ。
下着の地味さ加減が女医さんっぽいですね、なんとなく。

一般系らい軽いタッチの作画です。
描き込み、濃淡は適度なくらいで、漫画も見易いもの。
目立つ崩れや乱れはなく、あちこちのバランスも悪くはありません。
ヒロインも可愛らしく、全体的に良い具合にまとまっていました
むちむちっとしています。
全裸絵より、水着姿のがいい感じに見えました。
そう引っ掛かるコマはないものの、漫画表現的にはもう少し欲しいところ。
何がと言われると難しいんですが…擬音とか見せ方とかかなぁ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 気持ちとしては4に近いところ。漫画をもう少し…と感じます。
・話4: 一般えっちなラブコメです。ヒロインは可愛く描かれていました。
・独4: フェチっぽさあり、ぜひそちらを絡めたお話づくりをしてほしいです。
合計:[11/15]

現在でも安定していましたが、さらに洗練・発展していけば良さそう。
↓表紙などのカラーも巧く、今後が楽しみです。

愛妻ブルマー (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)愛妻ブルマー (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2011/05/17)
あきなお

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ コスプレ パンチラ スクール水着 ポニーテール

■夢十夜 Ten Nights of Dream (海野螢)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ファンタジー・貧乳
・おまけ: あとがき、カバー裏に解説。
・その他: 10話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「海野螢(うんの・ほたる)」センセの「夢十夜 Ten Nights of Dream」です。

面だしで並べられた本で一際目をひかれる単行本が。
すー、と自然に吸い寄せられて手に取ったら、「海野螢」センセでした。
最近は発売表チェックする余裕ないのでいきあたりばったりなんですが、新刊ですね。
わーい

↓あの表紙は…廃線ってことですかね。
身震いするほど、凄まじいノスタルジー具合でした
田舎に帰りたくなります。
ひでるさんのソレはああした感じではないですが。
なお、センセのHPには大きいパターンのそちら(表紙広げたののスッキリしたもの)があったので、必見です。
ますます帰りたくなると思います。

上原美智香、沙織さん
※左:上原美智香、右:沙織さん
 めくって見せるのもいいですが、ふと見えるのもいいですねー。

さて、そんな訳で色々と紹介している、お馴染み「海野螢」センセ。
「夢十夜 Ten Nights of Dream」ですね。
これで13冊目くらい?
収録は全て表題。
こんな夢をみた。
で始まる、夢をテーマにした短編集です。
あまり強すぎないくらいのファンタジーなお話になっていました。
いかにも、って言う作品集でしたよ。

もともと1話「夢の通い路」から4話「夢幻都市」までが連載していたもの。
それ以降は別の雑誌で読み切り的に描かれていたようでした。
漫画家さんって大変ですね。
何はともあれ、センセが続けてくれたことで、巧く1冊にまとまったというのは有難いです。

↓表紙のイメージな「夢の通い路」は田舎で昔馴染みのお姉ちゃん「上原美智香(ミチ姉)」の姿を見るというもの。
無人駅で廃線寸前、って書いてましたね。
普通に読むとあまり意識はしないものですが、やはり背景の巧さが光ります。
きゅっと漫画世界に引き込まれますよ。
体育座りでのパンチラが素敵。
このシチュエーションは堪んないくらいに良いですね。
えっち前でも、服はそのままに下着から脱ぐ「ミチ姉」が可愛かったです。
正統派アイドル「天野かなで」ちゃんが突如自宅に来る「いつでも夢を」
こういうパターンはヒロインのがテンション高いですよね。
当然ですが収録のほとんどが不思議な感感覚で、ひでるさんの認識が合っているかどうか分からないんですが。
こちらのオチ1ページは何ともいえない感覚がありました。
1人分しかないですよね。
夢のまた夢とか?
あるいは…中盤で「かなでちゃん」言っていたコトが正しいのかな?

「夢みる聖夜」はサンタさんのいる・いない、みたいなお話。
親の方針で、ひでるさんは信じるもクソも、クリスマス自体が存在しませんでしたが(笑)
ため、あのキラキラとした世界にどうしても付いていけません。
本編はコスプレしたりすることもなく、「聖美」さんとのイブ・デート話。
男性の名前がポイントです。
正確には分かんないですが、こちらのヒロイン「聖美さん」は登場キャラで年齢は高めな筈。
これがまた素晴らしいほどの貧乳っぷりでした。
イメージ「伊藤青葉」さんみたいな感じかなぁ。
いちおうブラしていたものの、さして必要ない雰囲気でしたよ。
「夢幻都市」は突如街から人影がなくなる…という、「陽気婢」センセの漫画を想像させるSFちっく話。
人気ない教室でのえっちは拒んだ「沙織」さんでしたが、認識後は自ら誘っていました。
じゃあ、しょーがないか!
とかなんとか、女性らしい強さを見せています。
えっち後のあーした現実的な反応もソレっぽいですね。

夢美(仮)、「夢の棲む街」のヒロイン
※左:夢美(仮)、右:「夢の棲む街」のヒロイン
 ロリな裸エプロンもいいですが、やっぱ線路でしょー。

前述したように、5話「迷宮の悪夢」からが仕切り直し。
画家「ジョルジョ・デ・キリコ」の有名な絵(※タイトル「街の神秘と憂鬱」と言うんですね。初めて知りました)の世界に入り込んでしまうという、いかにも「夢」というべきお話
あのふしぎーな感じと「海野螢」センセの漫画がいい感じにコラボしております。
タイプは異なりますが、「唯登詩樹」センセもこうしたのお得意でしたよねー。

「痴人の前に夢を説く」は先のアイドル「かなでちゃん」のエピソードのような、突如妹が部屋にいるというもの。
しかも、裸エプロンです。
あの感じでいたならば…手を出さないのが失礼な感じしますわね。
厚すぎず、薄すぎもせず、ほどよい肉付き!
とかなんとか、うらやましー事を言ってました。
オチにはちと驚くと思います。
そんなんかー。
全裸飛行の夢を見る「睦美」さんの「飛ぶ夢をしばらく見ない」
うん、見ないですね。
全裸ではなかったですが、ひでるさんも昔はよく空飛ぶ夢を見たもんです。
ちなみに、こないだ職場の席替え(フロアも別)な夢を見たところ、秋頃に移転すると発表がありました。
正夢でしたよ。
そっちは本屋から遠くなってしまうんですよねー。
本編のえっち担当は「睦美さん」でなく、その友人「恵理」さん。
無論、覗きつつしちゃうんですけどね。
途中の12分割絵が注目です。

兄妹の「夢想曲」
歌が好きだった「音無香奈里」は、病気のため声が出なくなってしまい、医者である兄が治療にあたるんですが…という流れ。
もともとはショートカットなんですが、手術後で坊主になっている所がポイント
確か尼さん系で記憶ありますが、貧乳ヒロインで坊主という組み合わせは初めてな感じ。
なんだか妙なエロス具合で、本編よりもそっちが気になってしまいました。

音無香奈里
※音無香奈里
 このつるりとした感じが素敵でしたよー。

”物語の中で別の物語が展開する~”というのを入れ子構造と言うのね。
解説で初めて知りました。
そんな訳で「うつし世は夢」は夢見る「早川智世」さんの現実と夢が交差するような感じ。
どんなお話だかまっったく覚えてないですが、「原田知世」さんの「時をかける少女」みたいな感覚よ。
あ、だから「智世」なのかな。関係ないかな。
後半の兄、父親なんが良かったです。
最終話「夢の棲む街」はヒロインがこちらに語り掛けてくる、一人称漫画。
こちらも1話目と同じく線路から始まるんですが、ソレと違って風景は都会です。
歩くのも街中でした。

だいたいはひでるさんが刺さった↓表紙そのまま。
そちらに描かれているような、貧乳・ショートカットのジャンルが好みなら、問題ないでしょう。
あちこちのバランス良く安定しており、背景や小物もお上手。
原稿を広く使われ、抜群の表現力のある方です。
今回も可愛く・ファンタジーちっくにまとまっていましたよー。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: ますます凄いです。マイナス点はまるで見当たりません。
・話4: 不思議ファンタジーなので、人は選ぶかも。
・独5: ただ、こうした漫画は他に見られませんね。
合計:[14/15]

ちなみに。
あとがきの2人を除いて、何らかまる見え(笑)な各イラスト。
夢というテーマと共にが描かれているんですよ。
丁寧に全部種類が別のやつが。
なんとなく、コレが気持ち悪い。
特に中扉とか、見事な貧乳…よりも足にとまっている、蝶のが気になったりなんかしてー。

夢十夜

夢十夜 (ワールドコミックススペシャル)


★「海野螢」センセの漫画紹介記事
 [アリスの二つの顔 上巻:地下の章] 成年
 …漫画家さんを題材にした、ちょっと不思議な感覚のラブコメ漫画。
 [貧ショージング・ストーリーズ] 成年
 …SFテイストの強い漫画群。
 [アンバランスな制服たち] 成年
 …制服少女らの短編集。
 [マは小悪魔のマ] 一般
 …スクール水着な悪魔「メフィストさん」とのラブコメ長編。
 [大人の手がまだ触れない] 成年
 …SFテイストな短編集。
 [思春期の終り] 成年
 …色々なネタの収録された短編集。
 [時計じかけのシズク] 成年
 …人型ロボット「Sz-9 シズク」との長編。
 [少女の異常な愛情] 成年
 …SFテイストな短編集。
 [めもり星人] 一般
 …案内役「みーむ」のいる、SFオムニバス。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ファンタジー コスプレ ショートカット パンチラ ノスタルジー

■相思相愛ノート ニサツメ (フクダーダ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・巨乳
・おまけ: あとがき・カラー絵解説、カバー裏にカラー別絵、加筆・修正あり。
・その他: 両面ピンナップ、カラー(6P)、短編×10(うち「東豊サッカー部・関連シリーズ」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「フクダーダ」センセの「相思相愛ノート ニサツメ」です。

プロ野球の交流戦が始まりました。
ぜひ今年もセリーグ各球団をコテンパンにして頂ければ。
どっか…試合を見に行きたいですねー。

裸族な「桜井歩さん」
※裸族な「桜井歩さん」
 いきなり下から見せてます。

さて、野球とはまるで関係なく、過去に「ハニーブロンド」などを紹介している「フクダーダ」センセです。
最新刊は「相思相愛ノート ニサツメ」でした。
2冊目の「相思相愛ノート」とタイトルがカブっているんですね。
”ニサツメ”とあったものの、もしかして新装版じゃーないだろうなぁ、とか疑ったりもしましたが…。
大丈夫です、普通に新刊でした。

実は、あらかじめ「相思相愛ノート」を再読しておきました。
そりゃー、同じキャラが登場するんだろうなぁ、って思ったので。
結果的には再出演なく、特に前巻を読み返す必要はありませんでした。
…たぶん。
出てないと思う。
なんとなく、他単行本もいちおうざーっと見ましたが、関連はないみたい。
…よくわかんない、たぶんいないと思います。
制服が同じとか、コマ隅に○○が、みたいなの気付いた方はコメント頂ければ。

収録は基本的に短編です。
「フクダーダ」センセ曰く”スターシステム”という、同一世界な漫画が3話あります。
こんなん好き。
ほか、人妻、母親といった年上系もあり、バラエティ豊かなまとまりになっていました。

まずは”かなり気に入ってる”とコメントされていた、同一世界なお話から。
↓表紙とか両面ピンナップに並ぶ4名のエピソードですね。
登場する男子が皆サッカー部だったので、↑上では「東豊サッカー部・関連シリーズ」と書いてみました。
そうややこしいものではないですが、色々と関わりがあって面白そうだったので、理解を深める意味で関係図を作りましたので掲載します。
途中まで書いていたテキストを挫折したので、今回はエクセルにて。
↓こんな感じね。

関係図
※おまけ:「東豊サッカー部・関連シリーズ」関係図

まずは「吸汗性マネージャー」
ネコ目なマネージャー「新堂藍」さんと「並河仁史」くん。
癒される」という評価の「藍さん」は、すこぶる美人ではないものの立派なバストの持ち主。
皆が憧れる彼女は、「仁史くん」にラブラブ。
匂いフェチで、部活後の彼を舐めまわして楽しむのでした。
むちむちっとしたジャージ姿がえろいですね。
手を軽く振っただけで、胸が小刻みに揺れてるそうでした。
これは確かに羨ましい。
かなり愛情は深く、汗を拭いたことに腹を立てる描写もありますね。
ちょっと怖いですよ。
果たして洗濯物で何をシテるんだか。

「藍さん」と同じくマネージャーの「浅岡円」さん。
中学生時代の友人「中津友梨絵」、「倉持菜摘」に呼び出され、合コンちっくなカラオケに途中参加した「円さん」
3対3で1人あぶれていた大学生という彼は、サッカー部の同級生「宮本充」だったのです。
そんなんが「くちびる同級生」
日常はカチューシャでしたが、こちらは服装から気合いを入れたらしく、していません。
実は「充くん」も中学時代の先輩に数合わせで呼ばれただけで、すっかりカップルとなっていた4名は早々に抜け出してしまうのでした。
次のエピソードにも繋がっています。
彼女らの前では誤魔化して知らぬフリをしていた「充」・「円」でしたが、その際の取り繕った言葉から、えっちに流れるパターン。
ああ、こんなんありそう。
キス後のいかにも物憂げな「円さん」の表情が秀逸です。
オチでのなんとも言えない空気がまたお上手でした。

「狩猟系ガールズ」は先の友人「中津友梨絵」、「倉持菜摘」の2人。
こちらは逆に「円さん」が2人とサッカー部後輩「畑彰彦(はた・あきひこ)」らを呼び出し、そそくさとデートに出掛けてしまう流れ。
ほったらかされた+目一杯にフラれた「彰彦くん」を、「友梨絵」・「菜摘」が慰めるという展開です。
ちなみに、長髪・左右結びが「友梨絵さん」、眼鏡でロール髪が「菜摘さん」
前回も食欲旺盛でしたが、こちらも即えっち
やや「彰彦くん」も引いてます。
実はなかなか裕福っぽい「友梨絵さん」宅でのお風呂えっちになっていました。
どっちかと言うと、えっち”されてる”感じ。
「友梨絵さん」は叩かれることでメロメロになっており、「菜摘さん」は陥没でしたよー。

新堂藍、浅岡円
※左:新堂藍、右:浅岡円
 むちむちなジャージ姿がえっちです。

就職活動に苦戦する大学生「永里巧」と、教授「矢野」との不倫関係にあるという後輩「多岐川さくら」の「サクラチルサク」
飲み会の後、二次会を抜けたという「さくらさん」が不意に声をかけてくる流れ。
やっぱりワケありでしたか。
ショートカットの可愛らしい娘でしたが、経験値は彼女のが上。
ただ、格好つけずに頑張ったことで、チャンスを引きよせたような感じでした。
ちなみに、「巧くん」と飲んでいたのは「充」と言う名前でしたが…別人ですよね。

以下より年上系の4話です。
うち、2話は人妻・母親という短編でした。

まず「やわらかプールサイド」は冒頭話で、カラー原稿もこちら。
水泳部の部長「源川伊澄」の胸は”凶器”と評されるほどのサイズ。
日々それに見とれていた「高瀬悠太」
部活後にふと居眠りをしてしまった彼は、暗くなったプールにて「伊澄」の姿を発見したんですが…夢見ていた巨乳を丸出しにしていたのでした。
まぁ、競泳水着もいいんですけどね。
夜のプールに全裸で泳ぐというのは、「キャッツアイ」にもあったシチュエーション。
なんとなく憧れます。
迫力あるスタイルで、「伊澄さん」は美人だと思うんですが、
男前すぎて女子力ゼロ
そんな風に評されていました。
まぁ、オチでの行動とか、「こんな馬鹿でかいのろくなことない~」という発言など、確かにそんな感じ。
そんなんがため、ちらほら垣間見える女の子っぽい言動が可愛いんですけどね。
前半は髪をまとめていましたが、「悠太くん」のリクエストでそれを解く後半からが本番。
かなり雰囲気変わりましたねー。
ナイス「悠太くん」
なお、カラー部分は本編えっちの抜き出しで、白黒原稿では分かり辛い日焼け跡も堪能できます
友人の姉「岡林美月」さんとの短編「甘くないのよ年上は」は…本当に甘くない展開。
まぁ、初体験をあーした巨乳なお姉さんとデキただけ「俊之」くんは幸せか。

「オカズの奥さん」はアパート大家の「伊藤光恵」さん。
受験生な「智」くんに、作り過ぎたとおかずを持ってくるんですが。
居留守使った彼に対し、勝手に合いカギで侵入していました。
えっちでいいんですが、その後の言動を見る限り…「智くん」があーした態度を取っていたのもなんだか納得
先の「美月さん」がちょっと穏やかになったかなー、くらいの雰囲気でしたね。
お尻とかでもシテましたよ。
某有名RPGの5作目ヒロインをイメージしたらしい、母親「鳴海恵理」と息子「周」の近親モノ「ママァ!おっぱい」
ちなみに、ひでるさんも嫁は同様でした。
やっぱり、幼馴染みでしょう。
なんとなーく覚えがあるかと思ったら。
前巻「相思相愛ノート」を某書店で購入した際についてきた、小冊子の漫画がソレでした。
まったく同じかなーってよくよ見比べてみると、前回(小冊子)はアンダーヘアなかったですが、今回(単行本)ではありました。
わーい。
まさか違う部分あるとは、びっくり。
ちなみに、彼のヘアも追加されてますね
そうした訳で、”別にどーでもいいよ”、と言う方もいるでしょうけど、必死になって探した間違い探しの結果をぜひご覧ください。
(※今回ブログは先の関係図とこの間違い探しで1時間以上かかってます)
・台詞「おま○こ」が今回は片仮名表記。
・タイトル位置の変更。
・台詞の変更「どうして作らないの?」→「どーして作んないの?」
・消しの大きさ。今回のが消しが小さい。
・ふり仮名の有無。
・一部台詞の漢字・平仮名表記。
(落ちつき→落ち着き、垂れ流し→たれ流し、何が→なにが、代われ→かわれ、無いの→ないの、ダメ→駄目)
・吹き出しに並ぶ文字配置が異なる。
だいたいそんな感じ。
ちなみに母乳ネタもありましたが、それって出続けるものなの?

水泳部部長「源川伊澄」、島野(高井)千歳
※左:水泳部部長「源川伊澄」、右:島野(高井)千歳
 部長さんは、ぜひ競泳水着でもお相手してほしいですね。

ほか、「人肌ヒートトラップ」、「16度目の季節」の2話は高校時代の同級生というネタ。
前者は家では裸族という「桜井歩」さん。
同窓会と偽って「古賀」くんを家に呼び出すことに成功した「歩さん」は、見事彼とイブを過ごすこととなったのです。
いきなり全裸になっているんですが、アピールと共に戸惑う彼を引きとめる手段としても有効でした。
凄い告白ですね
後者は同窓会後の浮気話で、当時を懐かしむ「島野(高井)千歳」さんと「加地」くん。
どうやらお互いに色々あるようです。
たぶん、昔はお互いに気になっていたんだろうなぁ。
こちらの「千歳さん」は関西弁だったので、そんなん好きな方はおめでとうございます。

描き込みはそこそこで線も強め。
ただし白比率があり、濃淡としてはさほど濃くはありません。
ページは賑やかでしたが乱れ・崩れはなく、安定傾向。
細かい箇所まで丁寧に描かれていました。
変な強弱ないですね。
特に引っ掛かるような部分もなく、漫画のお上手な方。
多少癖はあるものの、ここまで描けていれば十分でしょう。
カラーでもそう雰囲気は変化しないので、↓表紙などで判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: ちょっと強めな線が個性ですかね。むっちりです。
・話4: やっぱり短編より繋がりあるのがいいなぁ、と思いました。 
・独4: 大きいです。個人的には…まだ何か不足しているような。
合計:[13/15]

皆さん記念撮影みたいにVサインをしている↓表紙とか両面ピンナップ。
特に「アイドルユニットだったら~」というピンナップは上下モロ出しになっているんですが…不思議と爽やか
笑顔とポーズがためかなぁ。
エロスではないですねー。
PLAYBOY」の映像みたいですよ。
(※それはソレでまたいいものですが)

相思相愛ノート 2サツメ (メガストアコミックス 303)相思相愛ノート 2サツメ (メガストアコミックス 303)
(2011/05/19)
フクダーダ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ カチューシャ 競泳水着 ショートカット アンダーヘア

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。