FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヌードになったら (ふうたまろ)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]カメラマン・ お姉さん
・おまけ: あとがき、
・その他: カラー(4P)、9話収録(全て表題作・1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふうたまろ」センセの「ヌードになったら」です。

えー、今回も個人的には完璧な1冊でした

いきなり良かったのがあの↓表紙。
今回のヒロインはカメラマンということで、そちらではメッシュのカメラベストを直接着ているんですよ。
こーれーは、エロい
紹介帯があると分かり辛いですが、下半身はミニスカートでパンチラしていました。
タイトルがやや邪魔かな、って思っていたら、折り返しにもそんなんが。
そっちは全裸にベストでしたねー。
確かカメラは心理学的に男性器の象徴(←だと思ったけど、うる覚え)なので、半裸みたいな格好でソレ持っているのもなんとなく意味深。
実写で見たいですよ。

カメラマン「醍醐菜々美」
※カメラマン「醍醐菜々美」
 自ら脱ぐこともしちゃう「菜々美さん」なのでした。

さて、そんな訳で最新刊は「ヌードになったら」です。
しっかりとして読み応えのあるお話と、爽やかながらもエロちっくな絵柄という「ふうたまろ」センセ。
↓下に並べてみましたが、いままでの単行本もハズれはありませんでした
性について明け透けという、オープンえっちな漫画群で、それは今回も同様。
まさに期待通りの仕上がりになっています。

両親を亡くしていた主人公「宿禰夏(すくね・なつ)」は、カメラマンの兄「宿禰敬介」に面倒を見てもらっていました。
しかし、そんな親代わりだった兄も病気で亡くしてしまうのです。
こうして、「敬介」の恋人・婚約者かつ、”宿禰スタジオ”の看板カメラマンという「醍醐菜々美」に支えられ、実の姉弟のように同居生活を送っていました。
ヌードカメラマンである「菜々美」でしたが雑誌社の評価は芳しくなく、ある切っ掛けから「夏」に男性の視点について教わることとしたのです。
…大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

一般系のえっちストーリー。
ラブコメという単語が当てはまるような軽さはなく、かと言って重たい恋愛話でもありません。
”えっちによって問題解決”、という一般ではセオリーな展開がありつつも、メインの2人の繋がりや、特に「夏くん」の成長話みたいな風情です。

なお、センセの短編集「愛・家族―ふうたまろセクシー短編集」には同タイトルの中編漫画があります。
女性のヌードカメラマンという設定は同じでしたが、短編をふくらませた「となりのアサミさん」とは違い、まったくの別モノになってました。
そちらの場合は各話に被写体となるヒロインが次々登場するお話で、1冊まるまるの長編としてはやや弱め。
(※ただ、普通の漫画家さんが描くと、おそらくそうした感じになると思う)
この大幅な変更は、間違いでないと思いました。
猫目とツーサイドアップな髪型のヒロイン「香我美薫子(かがみ・かおるこ)」さんは可愛らしい娘だったんですけどねー。
どっちかのコマに出てたりしないかなー、って探してみましたけど、いないみたい。

カラーページから始まる1話「守ってあげたい」
仕事現場でもセミヌードでしたが、家ではタオル1枚という格好の「菜々美さん」
彼女的には弟という感覚なのかもしれませんが、刺激的でした。
彼はあまり幸せと言い難い環境で育っておりましたが、ココは非常に羨ましいですね。
実姉とはやや異なる、お姉さんちっくな人、というのもいい感じ(笑)

もしかしたら、そのまま義理の姉弟として終えたかもしれません。
ただ、「菜々美さん」は雑誌社にて失格とされており、また「夏くん」も彼女のプライベート写真を偶然見つけていたことで、歯車がややズレてしまうのでした。
ここの流れはさすがにお上手
きゅ、っと漫画世界に引き込まれます。
なお、こちらでは撮影中にそれっぽい行為もしてますが、まだ直接えっちには至っておりません。

如月史香さん
※如月史香さん
 コレ、この絵です。「史香さん」に直撃されました。

2話「オトコノコノキモチ」では、「菜々美さん」・「夏くん」のもう1つの関係が明らかにされていました。
タイトル扉(1話)で見た際に、
”ずいぶん女の子っぽい顔の男性だなー”
…って思って見ていましたが、なるほど間違いではなかったのか。
彼なんと女装姿を写真に撮られていたのでした。
昔から夏くんの写真お店に飾ると、お客さんの反応がいいのよね~
そうした台詞もあり、なかなかこ慣れた感じ。
ただ、1話での経緯もあってか、「菜々美さん」の穿いていた女性下着を身につけるというイベントもあります。
顔を跨がれるコマが好き。
もう時間の問題っぽかったですが、2人の初えっちはこちら。
公園にて、ブランコなんて使っていました。
エロいですよ、「菜々美さん」

3話「デビューは裸で…」、4話「ヒーロー気質」はゲストヒロインの登場する悩み解決系なお話。
仕事でも欠かせないパートナーになっていく2人が描かれ、足場固めという感じのお話でした。
まず前者では人気下降気味な元アイドル「若宮きらら」さんと、その付き人「みちる」さん。
現場ではいまだに頼りなさげな「夏くん」でしたが、「きららさん」の意思を汲み取って行動しているなど、なかなかのアシスタントっぷりです。
また、結果的には彼の存在がため、わがまま女優を相手にしながらも全てがスムーズに運んでいました。
あれは「菜々美さん」だけで撮影していた場合、良い結果にはならなかったでしょう。
男性目線は重要ですね。
「みちるさん」の服の下に注目
後者では特撮ヒロインであった「御衣神姫香(みそがみ・ひめか)」が登場。
こちらはちょっと極端ですね。
いくら役柄にそんなん多くても、水着撮影でアレはないでしょ。
でも、そうした慣れない彼女をその気にさせた”あなたの意思ではない”、という「菜々美さん」の一言はポイント。
さすが看板カメラマンです。
オチで1コマだけ描かれていた「姫香さん」の特撮番組がちょっと気になりましたよ。

ぱっと使いやすいだろうアナウンサー「相嘗瞳さん」が顔を見せている5話「愛人」
こちらでは”宿禰スタジオ”の雑務を取り仕切っている(たぶん)、「如月史香さん」がメイン。
落ち着いた物腰で、「ふうたまろ」センセの描かれる賢者タイプの大人な女性。
真面目そうな彼女がいきなり脱いで登場したのには驚き。
ほぼ母親というべき存在な彼女とのえっちになっていました。
そんなんと同時にしっかり釘も刺されており、単行本ではターニングポイント的な1話になっています。
6話「一人でできるモン!」はそうした前回流れを引き継ぎ、「菜々美さん」の不在時に「夏くん」が撮影を担当するお話。
経験値か、なかなか巧く立ち回れていました。
本音を引き出したのはさすが。
あれは「菜々美さん」・「史香さん」らとのアレコレによるものかなぁ。
鏡プレイも凄かったですが、彼女の過去はまた凄い
実際にあんなんされるの??

妹「醍醐美凪」
※妹「醍醐美凪」
 お姉さんに負けない、魅力的な方でした。

妹「醍醐美凪」の登場から、姉妹撮影となる7話「最初で最後」
冒頭のタオル1枚な「美凪さん」がデジャヴで素敵。
彼女はまた胸が適度に控え目で可愛いですよ。
ある切っ掛けから姉妹撮影に発展する流れで、えっち面ではクライマックスというもの。
かー、こりゃいいなぁ。
わざわざ「菜々美さん」に「美凪さん」を脱がせるあたりは才能が垣間見えます。たぶん。
お話としては、8話「僕だけの写真」、9話「アイシテル」が最終エピソード。
アチコチの決着話ですね。
詳細については省きますが、8話は「菜々美さん」とのえっち。
コンビニでの露出撮影から、電車でのシーンも素敵。
そちらでのオチ一言が生きる9話は…えーっと「菜々美さん」の撮影話~くらいで濁しておきます。
ちょっとドキドキ。
レンタル会社の若社長という「敬介」の友人「石巻」も悪くない役回りでしたよ。
面白かったです。

すっきり系の安定した作画。
人物から濃淡まであちこちのバランスも良く、表現などにも引っ掛かるコマはありません。
テンポにも優れた、漫画の巧い方でした
爽やかな人物絵は、漫画っぽい可愛らしさと共に色気もあります。
しっかりとしたエロスがありながら、クドクドしくないのは凄い。
嫌味な癖のない、間口広めな作画は万人向けで、一般えっちとしては最適かと。
カラーもお上手で、雰囲気は大きく変わりません。
だいたい↓表紙・裏表紙にて判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: エロスながら爽やかという素敵な絵柄です。
・話5: ネタ的にもストーリーとしてもうまーく1冊にまとめられていました。
・独5: 文句無い仕上がり。どっちも被写体になってるのがいいのかな。
合計:[15/15]

やっぱり年上の女性、「史香さん」が素敵でした。
あの脱いで登場した1コマがお気に入りです。

ヌードになったら (マンサンコミックス)ヌードになったら (マンサンコミックス)
(2011/02/26)
ふうたまろ

商品詳細を見る


★「ふうたまろ」センセの漫画紹介記事  すべて一般系
となりのアサミさん
 隣のはっちゃけ母親「吉原朝美」
アナよび] 【特にオススメ】
 人気現役アナウンサー「相嘗瞳」とのアレコレ。
煽情的家族
 前後編「愛・家族~僕のプライベートエンジェル」の続編です。「あかりさん」も登場。
ボクのアダルトヴィーナス
 現役AV女優にして義母「神無月あかり」とのアレコレ。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ ツーサイドアップ

■初恋!りりかるえっち (うさくん)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ロリ・ラブコメ
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵、
      カバー裏に無音漫画。
・その他: カラー(10P)、短編×12

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「うさくん」センセの「初恋!りりかるえっち」です。

昨日と順序が逆になりましたが…

LOコミックス100冊目おめでとうございます!!

そんな記念すべき単行本に選ばれたのは、
”この時のために取っておきました!”
という、「うさくん」センセです。

その事実は、先日ブログのコメントにて教えて頂いたんですね。
そうかー、「うさくん」センセなのかーって感覚でした。

ブログでは「しあわせももりんご」とす「マコちゃん絵日記」などを紹介しておりますが、ひでるさんの頭のイメージは完全にコメディーな漫画家さん。
エロスはそのギャグネタの中の一部で、成年単行本「恋するふくらみ」とか普通のも読んでいるんですが、なんとなく違和感が…。
なんだか当て身投げを喰らいそうな感じがするの。
よく分かんないけど、気恥かしい
お話とか絵とか、そのほか漫画に関わる細かいところまで好きなんですけどねー。

ただ、LOの記念作品ですし、久々な成年系ですし、何より「エロ漫画を描く予定ありません(※あとがきより)」とのことだったので、恥ずかしさに耐えてお送りすることとしました。

妹「七海さん」、平山彩乃
※左:妹「七海さん」、右:平山彩乃
 なかなか凶悪な「七海さん」でした。

そんなこんなで「うさくん」センセ。
えっち系では3冊目という「初恋!りりかるえっち」ですね。
もちもちしてそうな頬のヒロイン絵が特徴で、前半とオチ部分にはお得意なコメディー描写が差し込まれたりしています。
ふんわり楽しげなラブコメでしたが、一部のお話ではトンデモな展開もあったので、お気をつけてお見逃しなく。

「むすんでじらして」は妹「七海」さんとお兄ちゃんの近親系。
意外(?)ですが、近親ネタはこれだけ。
お兄ちゃん好きで誘惑しまくっていた彼女が、ついに実行するという流れ。
飲み物にお酒を混ぜたりしてましたね。
それから直接行為をせず、お兄ちゃんを縛りあげ、その目前で独りえっちしてたりします。
なかなか凶悪でした。
ある意味彼女に調教されたっぽいお兄ちゃんです。
収録各話のオチはたいていコメディーになっているんですが、こちらの可笑しさはさすがでした

高校生「良」くんと6つ年下の「平山彩乃」ちゃんの「息抜きしようよ」
彼女がラブラブで、熱心なアプローチによって付き合うこととなった2人です。
「彩乃ちゃん」の制服はまるで園服みたいですね。
そんなんですが、覚悟決めた際の彼女は、なんだか大人っぽい雰囲気もありました。
せっかくだから
とかなんとか、わざわざランドセルは背負わせていた「良くん」がヤバイですよ。
まぁ、そんな気持ちもよく分かりますが。
背中からの絵がえろいです。

日焼け跡が素敵な「楓」さんの「Hの時だけっ」
昔馴染みな「悟」くんが3組の「丸山」さんからラブレターを貰ったとのことで、動揺する「楓さん」
彼女の部屋、本についたアイスの処理など、非常に分かり易いキャラクターでした。
セオリーではショートカットのような気もしますが、黒髪のロングで「水野久美」さんのよう。
(※脳内イメージだけで書きましたが、よくよくみたら、そっちは髪束ねてましたね)
本人は胸のサイズをだいぶ気にしていましたが、日焼け跡と貧乳の相性は良く、可愛らしいです。

楓さん、舞香さん
※左:楓さん、右:舞香さん
 やや見辛いですが、日焼け跡が分かるかなー。

「多美ちゃんはまだ子供」は冒頭から登場している「多美」ちゃん、「良助」くんのカップルかと思いましたが…実はそれぞれの親と付き合っていたのでした。
お互いそんなんは知っており、待ち合わせてそれぞれ互いの家へと向かっています。
なかなかモノ凄いお話ですね
漫画は当然(?)「多美ちゃん」カップルのえっちがメイン。
オチ部分にて「良助くん」らの描写もありました。

おもらし・オムツなお話「秘密兵器彼女」
彼氏「裕吾」くんと遊園地デートな「舞香」さんは、お漏らしし易い体質のため、秘密兵器を用意していたんですが…という流れ。
直接でないですが、放尿よりまたマニアックな感じです。
漫画では定番でオムツに漏らしているんですが…それが彼氏の目前。
これに3ページも割かれており、なんだか人としてどうだろうって感じでしたよ。
そちらも凄いですが、「今月のわんこ。」は最もトンデモなお話
愛犬「タップ」と頻繁にえっちしている「尾崎春奈」さん。
習慣づけには苦労(?)したようですが、その成果かだいぶ慣れている1人と1匹。
なかなかヤバイ雰囲気漂っていました。
あちこちの仕草とか、「うさくん」センセは犬もお上手ですね。
なかなか利口な犬のようで、掃除の際にはバケツ咥えている絵もありましたよ。

「真奈ちゃんと海ごっこ」は”体は中1だけど、脳みそが小3くらい”という「真奈」ちゃんと「伸也」くん。
屋上にて海っぽい遊びをするというものなんですが…恥ずかしいなぁ。
最上階までがんばって水を運んでいたようですが、相手をする「伸也くん」も大変そう。
可愛いビキニな「真奈ちゃん」とのえっちでした。
蹴っ飛ばしたビーチボールの結末に注目です。

尾崎春奈、宮原琴美
※左:尾崎春奈、右:宮原琴美
 この「春奈さん」には驚きました。普通っぽいところがまた凄い。

野外えっちなお話「新年会はお外で」
行く予定だった「健斗」くん宅にお姉さんがいたことで、「千歌」さんはお外にて新年会をすることとしたのでした。
ビールを一気飲みしている「千歌さん」が可笑しいです。
あれは勢いづけですねー。
酔っ払ってえっちになる「千歌さん」に注目。

「神様ごめんなさいっ」は幅広な帽子の「由香」ちゃん、「つとむ」くん。
帽子がため、お嬢様ちっくな「由香ちゃん」
(※オチ部分では願いもあるとは言え、千円冊をお賽銭にしています)
思い出な神社内でのえっちなので、そんな娘とのこちらも野外でした。
いいですね。
お祭りでは巫女さんをやっていたらしく、そっちも見たかったなぁ。        

「おいでよ・お姉ちゃんの部屋」は「太一」くんと、そのお姉ちゃん的な存在である「沙希」さん。
彼女の年齢はそう高くはないものの、タイトルそのまま”お姉ちゃん”視点なお話。
結構ガッツリ誘ってましたね。
色々と考えを巡らせている「沙希さん」がえっちでした。
練習もしてましたよ。
年上でしたが貧乳であった「沙希さん」に対し、「発育満点!琴美ちゃん」の「宮原琴美」ちゃんは眼鏡で巨乳。
町内のバレー大会に出場することとなった彼女は、部活でやっている「みのる」くんに特訓お願いしたんですが…もともとスポーツダメな上に前夜えっち妄想をしていたため、まるで集中できなかったのでした。
体操着はリアルに短パンでしたねー。
おしり大きめだから
なんて台詞もあり、ブルマでなかったのがなんだか残念です。
えっちに誘った、定番を期待する「琴美ちゃん」
場所には体育倉庫をチョイスしていました。
このエロ娘がー!
巨乳とかでなく、全体的に大きめな「吉永桃香」さんの「メタボリックらぶ。」
お腹のでっぷり具合がエロスです。
好みはクッキリ分かれそうですが。
家事を普通にやってる「洋平」くんに、半分餌付けされてるような感じでしたよ。

強めな線で濃淡も適度なくらい。
えっち時などクライマックスでは枠間なくなり、擬音なども乱れ飛ぶというごっちゃり系。
↓表紙・裏表紙などの雰囲気とは裏腹に、描き込みは細かめ。
背景とか小物などもしっかり描かれており、ちらほら遊んでいるっぽい感じもありました。
幅広の丸い輪郭のふっくらとしたキャラ絵です。
素朴な感じで、よりえっちに見えますね。
癖はかなり強めですがコメディー描写など漫画は巧く、乱れ・崩れもありません
↓表紙などのふんわりとした絵より、もうすこしえっち寄りだと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 安定した絵で漫画の巧い方ですが、極端な癖もあります。
・話4: キワモノなお話も普通に読めてしまう漫画群です。
・独5: 「うさくん」センセらしい、独特な雰囲気でした。
合計:[13/15]

100冊目で「うさくん」センセということで、なんらか限定版とかあるかと期待したんですが。
…なかったですね。
ちょっぴり残念。

初恋!りりかるえっち (TENMAコミックス LO)初恋!りりかるえっち (TENMAコミックス LO)
(2011/02/25)
うさくん

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット

■とびだせ!こあくま (上田裕)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ロリ・ラブコメ
・おまけ: あとがき、イラスト、
      カラー描き下ろし「どっちか選んで その後」、
      カバー裏に「Sさんについて」
・その他: カラー(24P)、短編×13(うち「どっちか選んで」×2)
※初回版はICカードステッカー付き。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田裕(うえだ・ゆう)」センセの「とびだせ!こあくま」です。

前巻「かちんこちんこあくま」では、初単行本ながらマイクロファイバー付きの限定版なんてありました。
今回は単行本のタイプは1つだけ。
そしたら何もないかなーって思っていたら、初回限定「ICカードステッカー付き」とか書いてありました。
改札でピッてする用のステッカーなんだって。
接着剤ではなく、貼って剥がせる仕様みたい。
チャージや駅員さんに見せるときは剥がしてね♪
…だって。
単行本巻末の注意書きにも同じ文面があって可笑しかったです。
なお、付いていたのはハガキサイズのイラストで、着衣であるものの上下は全開(笑)
(※貼り付けられる部分はいちおう上半身だけ)
ICカードなんてちらほら人の目につくものですから、そんなトコには貼りませんよぅ。
単行本と共にしっかり保管します。
ちなみに、↓表紙の娘さんでした。

由乃ちゃん、ハナちゃん・真央ちゃん
※左から、由乃ちゃん、ハナちゃん、真央ちゃん
 この「由乃ちゃん」がスゴイので、ご期待下さい。

そんな訳で、101番目のLOコミックスとなった「上田裕」センセ。
2冊目の単行本は「とびだせ!こあくま」です。
たっぷり236ページという内容で、描き下ろしを含めて13話ほどの収録。
片手に持つとじんわりとした重さがありますね。
カラーページも多く、お話も色々盛りだくさんでした。

抜群な安定感の作画で、ぷにぷにと丸っこいヒロインの可愛らしい王道ネタと共に…。
表題「とびだせ!こあくま」に合致する、変化球なお話も収録されていました。
そんな訳で注目したいのが、短編「ちんことおはなし」ですね。

塾帰りの子がたむろする、近所のバス停。
そのうち、有名なお嬢様学校の制服を着る、大人しそうな「由乃」ちゃんは一際目立つ綺麗な女の子。
俺の部屋でお人形遊びしない?
試しにそう声を掛けたところ、あっさりついてきたんですが…と、そんな導入部。
いきなり股間へと手を伸ばしていた「由乃ちゃん」
彼のそちらを「リリアーヌ」と命名し、手にしていたカエルのぬいぐるみと共に、誘い文句そのままお人形遊びを始めるのでした。
結構現実にありそうな気がして(←ないか)オソロシイですね。
あまり感情を表にせず、淡々と進行している彼女は容姿とは裏腹にかなりの熟練者。
自らのペースで、彼をオモチャにしていました。
~入りたいんだよ!
そんな感じに、スカートめくって見せる付近のやり取りが最高
…プレイですね(笑)
おねだりが下手ね
そう言った際の表情が素敵でした。
オモチャに成り下がってもいいか、とか思わせられる感じなのよ。
ラブラブのは無論良いですが、たまにはこんなんも何か、どこかを抉られるようで新鮮。
なお、裏表紙が「由乃ちゃん」です。

”えっちして”、というメールを送ってきた妹「のぞみ」さん。
注意しようと考えつつも、しっかり準備してしまった兄でしたが…帰宅した彼女は、彼氏だという「大樹」くんを伴っていたのでした。
そんな短編「えっちして」も似た雰囲気があり、妹カップルのが熟練者という内容。
ちらほら鋭い指摘をしてくる「大樹くん」にイラっとしますねー。
必死になったことで、兄妹でどうのという思いが吹っ飛んでいるのが悲しいです。
多少微妙な色はあったものの、いちおうこちらは悪くない終わり方だったんですが…↓次のお話。
両親再婚から妹となった「沙都子」ちゃん。
兄「智史」とはラブラブな関係でしたが、大切にされ過ぎた彼女は早く釣り合うような女性になりたいと願っていたのです。
そこで、その友人「秀彰」に相談をもちかけ、えっちしてもらうこととしたんですが…と、そんなんが「大人になりたい」
こちらは、いわゆるネトラレな漫画です。
主人公は見ているだけでえっちナシ。
で、実はコレが巻末話なのよ。
単行本のラストにて、がっちりイヤーな気分にさせられましたよ!わははは。
大人になるべくえっちをしてもらうのはいいんですが…あんなん目前でヤラレるのは拷問ですね。
たっはー。
こっちにも相手がいるスワッピングと違い、もどかしいだけで腹立たしいです。
そんなんが後を引くのかな。

木本さん、美々ちゃん
※左:木本さん、右:美々ちゃん
 キャラ的にお気に入りはこの2人。タイツとあみあみですわね。

いちおう、そのほかは極端な変化球ではなかったので、ご安心を。
「どっちか選んで」、描き下ろし「どっちか選んで その後」は冒頭話で、タイプ異なるWヒロインえっち。
お兄ちゃん争奪戦を繰り広げる、妹「真央」、「ハナ」の2人。
なかなか遠慮なく、その勝負による請求書も山積みという困った状況でした。
そんな訳で、最終手段での決着をつけることとなったのです。
ラブラブな割には生活費を浪費したり、辛辣な台詞があったり、まるで遠慮ないですね。
語尾を伸ばす特徴的な喋り方の「真央ちゃん」は、雰囲気そのまま落ち着いた物腰で冷静。
どこか余裕のある娘さんでした。
小悪魔ですよ。
そんな彼女に比べ、「ハナ」ちゃんはツンデレちっくな娘。
「真央ちゃん」に見透かされていましたが、言葉とは裏腹にえっちでは緊張しております。
途中では「バカじゃないの!?」とか言っており、普段の会話も楽しいのでひでるさん的には「ハナちゃん」かな。
用意していた朝食も洋食だったし。
描き下ろしの6ページなカラー漫画は、念願(?)叶って「ハナちゃん」とのえっち。
こちらのオチも良かったです。

「先生ずるい」は教師と生徒「木本」さんのお話で、収録ヒロインでのお気にいりは彼女。
彼女は中扉でカラーになっているんですが、ぶっちゃけ表紙めくった直後からヒットしていました。
状況から先生の引っ越しを見極め、顔を見せた「木本さん」
しかし、準備に忙しい先生はつれない態度で、がっかりしていたそんな時。
屈み込んだ拍子に胸が見えてしまい、それを切っ掛けとして~という展開です。
ガン見してましたねー。
「木本さん」はまだ完全に好きと認識できてないくらいで、あちこちの反応が可愛らしいです
キスされた際の反応から、抱えられる描写、なにより黒タイツであったことが素敵。
王道の可愛らしい娘さんですね。
中扉から刺さったのは、間違いではありませんでした。
ラストページでのやり取りもいいですね。
なお、前半での先生の台詞「長年の淘汰を~」というのは、よく分かります。
カラーのショート漫画「花火を見よう」は先生と「知佳」ちゃん。
花火大会を2人で屋上から見物するというお話で、彼女は浴衣姿でした。
着替えさせた途端にえっち開始で、こうした漫画のお約束で花火はそっちのけ。
キチンと下着をつけていなかった「知佳ちゃん」に拍手。

「うさぎさんと遊ぼう」はバニーガールな「美々」ちゃんとのえっち。
あみあみですね
彼女はカラーではなかったものの、あとがき部分にも大きく描かれていて、ちょっと幸せ。
とある事情から、自らの身体オークションした「美々ちゃん」は最高額を掲げた3名との複数えっちに展開していました。
最後まで服を完全に脱がさないままであったのが嬉しいです。
いいわ、まとめて来なさい!
とかなんとか、度胸ある点はさすがでした。
あれは両親の血かな。

取材のため、過疎な村の旅館に宿泊することとなった主人公。
女将の孫娘「美弥子」ちゃんも旅館を手伝っており、彼のお世話係となっていました。
その夜、なんとなく独りえっちをしようとした彼は、忘れ物をしたという彼女と鉢合わせしてしまったんですが…
どうしてそんなもったいないことするんですか!?
そう、詰め寄ってきたのでした。
短編「子種がほしい」はそうしたお話。
過疎地域で特に女性は余っているらしく、”お種様”とか言っていました。
アソコを目前に拝んだりしてますね(笑)
こんな村あるかなぁ。
登場時はオフでしたが、実は収録で唯一の眼鏡ヒロイン。
ある意味信仰対象で、興味津々な様が可笑しいです。
そりゃー、物凄いかぶり付きで見られていました。
一種のプレイみたいよ。

美弥子ちゃん、有紀ちゃん
※左:美弥子ちゃん、右:有紀ちゃん
 こちらのお風呂話は”湯浴み着”が新鮮なエロスでした。

ほか、「お外で撮ろう」はえっちなホームビデオ撮影話。
「柴田ななみ」ちゃんを撮影するのは父親。
オモチャを忍ばせ、街中にて羞恥プレイをしていました。
爽やかな顔して、いい趣味してるなぁ。
街中でお漏らしとかもありましたよ。
「ムリじゃないもん」は年上な「長野」くんに合わせようと頑張る「杏奈」ちゃん。
”見えないオシャレで大人の雰囲気”
そんな雑誌の文言を鵜呑みにし、大人な下着を穿いてきたのでした。
前半の、どんな下着履いてきたか見せるやり取りがお気に入り。
台詞から、アレは店頭で買ったみたいなんですが…「杏奈ちゃん」の容姿であの下着を持ってきたそちらはかなり問題あるような。
お風呂好きな隣の娘「有紀」ちゃんとの「気持ちいいの好き」
浴槽をリフォームした彼は、それをエサにして一緒のお風呂を承諾させていました
ううん、ヤルねぇ。
機会があればチャレンジしてみようと思います。ないですが。
ここで「有紀ちゃん」は”湯浴み着”という、混浴用の衣装を着ているんですが…あれは逆に全裸よりもいいですね(笑)
透けてたりして。
カラーのショート漫画「クリスマスはセックス」
こちらはホームステイ中の「エマ」ちゃんで、外国人という設定。
そのため言葉はカタカナ表記で、”クリスマスにはえっちするもの”とか文化を曲解していました。
だいたいは合ってますけどね。
なかなかオモロイ娘さんなので、普通のページ数でも見たいですよ。
なお、サンタコスプレしていたので、で塗れれたのは漫画的に大きい点かと思います。

絵柄については前巻から高いレベルありましたが、こちらも同様。
洗練された美麗なものです。
適度なくらいの描き込み・濃淡で、スッキリとしたまとまり。
乱れや崩れも見られず、表現から構図まで違和感のあるコマはありませんでした。
ふんわりとした可愛らしいヒロイン絵で、ロリとは言ってもそこそこ年齢。
ジャンルは貧乳と言ってもいいかもしれません。
個性はあるもののそう強くはなく、間口も広め
カラーもお上手でそう差はないので、判断はどちらでもOKです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 安定感抜群で、がんばって探しても欠点は見当たりません。
・話5: 一本調子でなく、えっちさと読み応えのあるお話群です。
・独5: 直球の王道話と共に、散りばめられていた変化球がサックリきました。
合計:[15/15]

あちこち突っ込みトコロを考えましたが、隙ありません。
まぁ、こんな絵柄は好みな系統なんですね。

とびだせ!こあくま (TENMAコミックス LO)とびだせ!こあくま (TENMAコミックス LO)
(2011/02/25)
上田 裕

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コスプレ スワッピング

■コイバナ診察室 (永野あかね)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメ・医療
・おまけ: あとがき、おまけ・コイバナ4コマ、カバー裏にリンク絵。
・その他: 10話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「永野あかね(ながの・あかね)」センセの「コイバナ診察室 1巻」です。

こないだ「絶対領域プリンセス スイートホーリー」の2巻が発売されていましたが…。
またまた「永野あかね」センセです。
まだ2月ですが、既に今年で3冊目。
いやー、仕事早くて羨ましいですねー。
紹介帯では、いつの間にやら”ラブコメ界のカリスマ”なんて冠を付けられていました。
うん、まぁ…そんな感じなのかなぁ。
軽々しくカリスマって単語を使うのは嫌いですが。

さて、そんな訳でラブコメ漫画がお得意な「永野あかね」センセ。
最新刊は、巻数またぐ単行本「コイバナ診察室」でした。
こちらは一般系のえっちラブコメ
毎回まともに直接えっちシーンがあり…って、こんなん久しぶりな気が
パンチラとかもそれはそれでいいんです。
しかし、「永野あかね」センセの描かれる可愛く・健康的なヒロインらのえっち描写というのは、やっぱりなかなか捨てがたいもの
そっち方面では満足でしたが、ごめんなさい。
オールオッケーとはならないんですよねー。

院長「小春恋華」、元カノ「冬月かんな」
※左:院長「小春恋華」、右:元カノ「冬月かんな」
 ほかヒロインはバンバン脱いで、えっちしてます。

大学・人間福祉学部3年生という、主人公「秋月大」
自らの入院で実習先を探すのが遅れた彼は、教授に頼み込んで歌舞伎町の”小春クリニック”を紹介されたのでした。
そちらの院長「小春恋華(こはる・れんか)」は若く魅力的な女性。
しかし、彼女の提唱する方法は、えっちをメインとした独特なもの。
曰く”性神経内科”という治療によって、悩める女性らを救おうとしていたのでした。
「恋華」に憧れる「大」は体をもって協力するものの、ナース「夏木葉音(なつき・はね)」、元彼女「冬月かんな」らとのえっちも頻繁になってしまったのです。
…だいたいそんなお話。

下手なAV男優より、えっち回数が多いかもしれない「大くん」
果たして、体力は持つのか!?
みたいな感覚でした。

えー、真面目には、医療系なラブコメ漫画。
いちおうぺかぺかと軽い描かれ方ですが、専門用語やそれっぽい診断描写などもありました。
(※あくまでも漫画の演出なので、鵜呑みにはできませんが)
業界話、と言えるようなネタはなく、あくまでもラブコメ、えっちが基本になっています。
この点はややこしさなく、読み易いと思われます。

漫画の舞台は”小春クリニック”
その設定がため、自然と悩める女性が訪ねて来る。
治療方法が独自なため、毎回えっちが発生する。
そうした、非常に漫画にし易い環境が整えられていました。
ここは下手な温泉旅館ネタよりも堅実。
さすがに巧いですね。

医師「恋華さん」、元カノ「かんなさん」、ナース「夏木葉音さん」
※左から医師「恋華さん」、元カノ「かんなさん」、ナース「夏木葉音さん」
 なかなか刺激的な服装の「恋華さん」なのでした。

そんな訳で、典型的な問題解決系。
各話に登場するゲスト・ヒロイン(患者さん)らとのえっちになっています。
その裏で、謎の多い医師「恋華さん」への恋愛成就がいちおうのメインストーリー。
「大くん」の恋路を邪魔するべく、ナース「葉音さん」、元カノ「かんなさん」らがお約束な邪魔をしておりました。
女医ヒロインの長編漫画と言えば、思い出すのが「ひとみのカルテ/梅谷ケンヂ」です。
そちらは、女医「香坂瞳」が主人公。
当然、最も目立って魅力的に描かれており、そんな彼女が(いちおう)恥ずかしがりつつも、次々に流されてえっちをしてしまうところが大きなポイントになっていました。
その点、こちらの主人公は見習い「大くん」
メインたる医師「恋華さん」とのえっちは温存され、悩み相談に来たゲストとのえっちになってしまうのです。
コレも別に悪いとは思いませんが…。
ぶっちゃけ、↓表紙の全裸・白衣に釣り上げられた方には肩すかしな内容
1巻では「恋華さん」との直接えっちなく、彼女のサービスシーンも扉絵ほか少しだけでした。
ここは好みの問題かなー。

いきなり「大くん」がえっち要員となる1話。
「恋華さん」は白衣とパンストがいいですね。
クセっ毛なようです。
えっちはいちおう医療行為で、最中もアドバイスをしたりするため、すぐ隣で見ている「恋華さん」
考えようによっては、ドキドキシチュエーションなんですが(笑)
ただ、えっちを目の当たりにしても素を保ち続けられるキャラクター(←いちおう現在のところは)なので、いまいち面白味がないのが非常に残念。
まぁ、いちいち反応してる訳にもいかないでしょうけど。
焼肉弁当を渡されていた2話。
あんなんなので、ひょっとして昼飯は出る職場なのかな。いいですね。
1話はバタバタ終わりましたが、こちらでは治療について「恋華さん」の考えが語られていました。
結構マトもな事言ってます。
ここでは「大くん」が女装をしているんですが、キッチリ可愛くないところが好印象。
スネ毛まで剃ったと書かれていましたけど、そんな時間あったかなぁ。
ちなみに今思いましたが、「大くん」が来る前は…ひょっとして「恋華さん」とかがレズってたのかな。
ナース「葉音さん」登場の3話。
こちらの初登場ネタの流れは、「恋華さん」の台詞で想像できました。
はっちゃけ・えっち要員ですね。
クリニック外での「恋華さん」が見られる4話。
なかなかおせっかいで、良い感じ。
これで身をもって治療してくれればベストだったんですが。
ここは「大くん」がえっち(治療)に関わらない、珍しい展開になってます。
ラストでの「恋華さん」の台詞が悲しいですよ。

ねぎらう「恋華さん」
※ねぎらう「恋華さん」
 1巻のクライマックスなんですが…白衣脱いじゃダメよ。

元カノ「かんなさん」登場の5話。
自由奔放という言葉がピッタリな彼女が、続く6話にも登場して雰囲気の変わった「大くん」に執着を見せています。
手元から離れようとする彼を追いかけるというのは、なんとなく納得ですね。
単に快楽目的な「葉音さん」と違い、今後も話に絡んできそう。
「恋華さん」と初対面後の表情に注目です。
そう、たぶんその通りよ。
7話は「かんなさん」・「葉音さん」の直接対決。
サービスキャラとしての役割をキッチリ果たしております。
4コマでもネタにされてましたが、「葉音さん」は可笑しい言動の娘さんでしたよ。
あんな事してるうちは「大くん」の本命になり得ないだろうなぁ。
歓迎会の8話は、主要キャラが飲み屋に集合。
どうなるかなーって思っていたら、こちらも4話に続いてゲスト(患者)と遭遇。
探偵が歩けば事件にぶつかる、みたいなのの医師版ですわね。
そちらから続く9話は、ようやく「恋華さん」のサービス描写。
下着にてお口でしたね。
ここは1巻も後半なので、もう一息欲しかった
前話での寸止めから「大くん」の気持ちが大きく揺らいでおり、集中できなくなるのは当然。
ただ、仕掛けはちょっと遅いかな。
この漫画どこまで続くんでしょうね。

柔らかな線の作画。
描き込みはそこそこ程度で、濃淡も適度で丁度良いくらい。
下着ほか細かい部分なども良く描かれておりました。
コメディーなどの描写に優れ、テンポもサクサクとした感じ。
キャラもむちむちとしたスタイルの健康的な可愛さがあります。
個人的には、やはり崩れ気味なコマが気になりました。
そう目立つほどではなかったですが。
カラーでも基本的に大きな変化はないため、↓表紙・裏表紙にてご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: むちっとしたスタイルで、好きな絵柄です。
・話3: やっぱり女医さんを主人公にしてほしかったなぁ。
・独3: 今のところコレというポイントありません。えっち相手も普通だし。
合計:[10/15]

ちなみに、裏表紙のカバー裏は変化なかったものの、↓表紙側では白衣を脱いでおりました。
ひでるさんは裏から外して見たので、ちょっと幸せ(笑)
彼女がせめて半分の話数くらいえっちしてくれればなぁ。

コイバナ診察室  NAMAIKI SELECT ? (バンブーコミックス NAMAIKI SELECT)コイバナ診察室  NAMAIKI SELECT ? (バンブーコミックス NAMAIKI SELECT)
(2011/02/17)
永野 あかね

商品詳細を見る



★「永野あかね」センセの漫画紹介記事
 [絶対領域プリンセス スイートホーリー
  魔法少女ちっくなコメディー漫画。サービス低め。
 [パーペキ!お姉さん
  OL「早苗さん」のコメディー。サービス低め。パンストなお色気。
 [セイギクラブ
  学園・正義の味方話の長編。パンチラ・全裸もあり。
 [カナ式!ラジオスター
 ラジオ・アイドル。1巻完結。豊富なサービスシーンあり。
 [おとミヤ!
 アパート系ラブコメの長編。パンチラ程度。
 [ラブケア~永野あかね作品集
 軽いえっち・ラブコメ。いちおう全裸もあるんですが…。
 [トキメキ☆とらいあんぐる
 アイドル・ラブコメ。パンチラが豊富。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ

■100人ヌイても大丈夫。 (りょう)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]積極的・コメディー
・おまけ: 合間にネタ絵、
      カバー裏に「りょう」センセの大好物、
      巻末おまけ漫画「茂七の野望」。
・その他: 初単行本、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「りょう」センセの「100人ヌイても大丈夫。」です。

他の単行本とかなんとか、ネタ探しを含めてHPとかブログとかあるか検索するんですね。
ブログを書く際には。
よく冒頭部分ではネタにしますが、この平仮名3文字のお名前は、まーこれまた見事なまでに検索には引っ掛からなかったですね。
こうしたケースでは、よく「漫画家」というキーワードを足してみるんですが、それもダメ。
漢字・平仮名など含め、「りょう」という文字のくっつく漫画家さんは結構おられることを知りました。
直接それがセールスに結びつくかどうか判断はできませんが、3文字の平仮名は再考の余地あるのでは。
機会損失になると思います。
実際、今回は途中で断念しているので…。

楠若菜、水谷めい
※左:楠若菜、右:水谷めい
 基本的なヒロインはこうした感じ。それっぽくないでしょ。

さて、本日は「100人ヌイても大丈夫。」です。
…どっかの物置みたいなタイトルですね。
描かれている「りょう」センセは、これが初単行本である様子。
直接の言葉が少なかったので詳しくは分かりませんが、なかなか面白い方であるみたい。
イラスト+文言という、なんだか「相田みつを」さんみたいな折り返しが良かったです。
特に気になったのは、もくじ絵部分。
AV機器やらゲームやらがあったので、たぶん男性の部屋。
(※ぬいぐるみもありますね)
そのあちこちに、全裸な収録ヒロイン(たぶん←うつ伏せで顔見えない)が、無造作に横たわっているのです。
非常にシュールな光景
微妙に恐怖も感じますよ。
うわわ、なんなんだろ、コレは。

また、あとがきはなかったものの、カバー裏のにはギッシリと思いの込められたテキストがありました。
なるほどなぁ。
先にそっちを読んでいたひでるさんは、収録の各話を見ているうち、そう感じましたよ。

そんな訳で、「若菜ちゃんのほとばしる性欲」は収録の冒頭話。
眼鏡な「楠若菜」さんは、「光明」くんと付き合って春満開という毎日でした。
家に誘われた「若菜さん」その後の展開を期待して鼻血をたらかしておりましたが、そこには土下座をするクラスメイト、「光明くん」の友人「茂七」の姿が。
曰く、「若菜さん」に失恋した彼は、完全に諦めるため2人のえっちを見せてほしいとの事だったんですが…と、だいたいそんな導入部。

雰囲気とは裏腹に、えっち好きな「若菜さん」
髪の毛切ったことを気付かれて下着を濡らし、彼に誘われて鼻血をたらし、えっちのためギャラリーありのシチュエーションを承諾しておりました。
どっちかと言うと垢抜けない、野暮ったい雰囲気な「若菜さん」
それが、えっち開始から”加速度的にエロく”なっていくのです。
↑上のキーワードでは”積極的”としましたが、えっちスイッチ後はまさに新幹線のよう。
…細かいスピードとかは知りませんけどね。
「りょう」センセはこんなんがお好きなようで、表現の違いはあっても他の漫画でも共通した空気がありました
対する相手が「光明くん」、「茂七」でガラリと態度が豹変しており、Sちっくな面を開花させています。
同じく眼鏡で似た雰囲気であった「伊庭響子」さんの「こあつ~Duo」は友人「相原希」さんほかとの複数系。
こちらの「響子さん」は優等生で、”男子はちょっと苦手”とか言っておりました。
そんな割りに、オヤジとのねっとりえっちを妄想しているなど、素質は十分。
放課後、冗談だと思っていた複数えっちを「希さん」は実際に行っており、それに触発されて参加する展開。
あっさり馴染み、お尻とかでもされていましたよ。

「勘違いお姉ちゃん」は姉「向郁美」と弟「晃平」の近親系。
小さい頃より「晃平くん」が大好きなまま成長した彼女は、彼の部屋へと潜入。
帰宅前に机とティシュのつまったゴミ箱にて激しい独りえっちをしていたところ…「晃平くん」にばっちり現場を押さえられてしまったのでした。
…好き過ぎて変態ちっくになってるのが素敵
(※後のネタ絵がまた良いので必見)
相当に依存度も高いようで、万が一「晃平くん」に彼女とかできたら、たまんないでしょうね。
ちょっと怖いよ。
家でえっちするため、2人してお風呂に入っておりました。
これは良いシチュエーションですねー。
「郁美さん」の性格から、極端な愛情が漏れ出ていると思われ…仲直りしたと無邪気に喜ぶ母親がオメデたいですよ。

「姉カノサンド」も同じく姉弟の近親描写がありましたが、ラブラブではありません。
弟「神坂秋人」には同じ図書委員という彼女「水谷めい」がいたんですが…エロくお馬鹿な姉「神坂天夏(かんざか・てんか)」は、日々彼をえっちなオモチャとして性欲解消に扱っていたのでした。
家へ招いた「めいちゃん」となかなか良いムードであったところ、姉「天夏さん」が乱入してきたことで、えっち講座となってしまうのです。
よくありがちな、年上近親者が彼女とのえっちをサポートする漫画。
お姉さんとは毎朝して(されて)おり、楽しむ「天夏さん」と違って「秋人くん」はドライ。
先の「郁美さん」と違って愛がないですねー。(※どっちも)
おそらく近親とかなんとかの疑問は置いといて、「めいちゃん」は普通にお姉さんにヘルプを求めていました。
収録では珍しく、エロ過ぎない純粋な娘さんですよ(笑)
今後どうなってしまうのか知りませんが。
なにしろ先生役があんなだからなぁ。

姪「皆川つかさ」、上杉珠子
※左:姪「皆川つかさ」、右:上杉珠子
 基本的にはお姉さんちっくなヒロインのが多めです。

兄夫婦の旅行から、姪「皆川つかさ」ちゃんを居候させる小説家「秋山ノボル」
家事全般をしてくれる彼女に、”嫁に欲しい”とか冗談半分に言ったところ、なかなか満更でもない様子なのでした。
そんな訳で、収録では唯一の貧乳キャラ、「つかさちゃん」の「兄の娘と俺の場合」
意外なでっかい胸も捨てがたいですが、素朴な雰囲気そのままというこのサイズも絵的におさまり良く素敵。
今年は貧乳ですからね。
えっちに至るまでの直前数ページが緊張感ありました。
あの年齢な娘さんに、嫁とかなんとかの発言というのは心揺さぶるでしょうねー。(←今どきな娘さんは違うのか)
年相応という、あちこちの大きいリアクションが可愛らしかったです。

タイトルそのまま実の姉弟ではないですが、「おさ×こん ~幼なじみコンプレックス~」はヒロイン「上杉珠子」さんのが「直江景太」くんよりも年上という、広義ではお姉ちゃん系。
日頃の他愛ない売り言葉に買い言葉の流れから、実はフラれていた彼女の傷を直撃してしまった「景太くん」
籠城する「珠子さん」に対し、なかなか言い出せなかった一言を伝えたのでした。
こちらもラブラブです。
女の子っぽくなくて~
そんな台詞があった彼女は、普段の言動とショートカットがボーイッシュな感じ。
うーん、あえて大本命は避けたか、むりやり考えようとしてなかったか…。
そんな彼女とは裏腹に、ヘッドロックの場面とか「景太くん」はドキドキしていたんでしょうね。
雰囲気とは別に、なかなかいい胸でしたよ。
(※「りょう」センセの描かれるヒロインらは、それっぽくないもののドスンというほどの巨乳が多め
ベタベタになってしまうラストページも良かったです。

カタイ言動のヒロイン「日下いろは」さんは、風紀に厳しい女性。
日々クラスメイトの「高梨祐二」くんを注意と共にボコボコにしていたんですが…実は、触っただけでメロメロになってしまうほど、彼にラブラブだったのです。
体育授業で髪留めを忘れた彼女は、「祐二くん」の着替えを発見。
つい欲望そのままにしてしまったところ、その当人に目撃されてしまったのでした。
そんな短編「武士スイッチ」は、先の「郁美さん」に負けないほどの暴走娘。
腕っぷしも強いだけタチ悪く、テレ隠しと状況打破のため、「祐二くん」をノックアウトしていました
気絶した彼に対する直後のコメディー4コマが楽しい。
添い寝して記念撮影、とか(笑)
当然そんな程度では満足できず、この絶好の場面にて彼を襲っています。
オチまでまとまりの良いお話でした。

日下いろは
※日下いろは
 こうした強い態度で接する「いろはさん」ですが、実は…。

先行して見れるネタ絵が注目の「リバーシ」
昔馴染みな「北河柊子」さんは、「山神」くんにとって口煩い存在。
教師からの信頼も厚く、現在は委員長という彼女でしたが…実は日々オモチャを忍ばせている、えっちな女性だったのです。
ただ、それが強過ぎたため、駆け込もうとした女子トイレが掃除中であったため、男子トイレへ入ったんですが…そこにはタバコを吸う「山神くん」がいたのでした。
先のお話と似た空気な漫画ですが、こちらはラブラブでないですね。
お互い気になる存在だったと思いますけど。
しっかりタバコを注意しつつも、いきなりぱっくりいっていました。
まー、この娘もエロいなぁ。
色々と眼鏡女性が登場しますが、彼女は凛々しいタイプですね。

人妻「はるか」さんの「壁に耳アリ!」
収録では最も年齢高いだろうヒロインです。
旦那とのえっちが合わず、欲求不満だった「はるかさん」
日中にて自らを慰める日々が続いていたところ、回覧板片手に訪ねてきた隣の学生「藤本卓也」は…。
レイプなら不倫じゃないし
そんなつぶやき程度から、隣に聞かれておりました。
発言も凄いですが、こちらの超安アパートっぷりも見事ですね。
「卓也くん」は中盤での駆け引きも見事で、「残念だなー」という台詞からの3コマも見事。

強めな細線の絵柄。
さらりとしたタッチで、濃淡は薄めなため、わさわさと線が賑やか。
コマ割りも細かめでした。
縦長な輪郭で、ごく小さい鼻が特徴。
独特な雰囲気の、ゆったりとした素朴なヒロイン絵です。
最大の特徴である、加速度的なえっち描写からコメディー部分まで漫画の巧い方。
修正もされてるのかな、初単行本という割には乱れなく、全体は安定しておりました。
どっちかと言うと、判断は↓表紙よりも裏表紙ですかね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 独特な雰囲気で、安定するに従って未知の領域に手が届くかも。
・話4: えっち女性の暴走っぷりが見事でした。
・独5: そうした加速度的な感じと、絵のタッチが独特です。
合計:[13/15]

ちらほら気付いた方がいるかもしれませんが、眼鏡率も高め
ハマる方にはガッチリ合うでしょう。
次巻も期待しております。

100人ヌイても大丈夫。 (TENMAコミックス)100人ヌイても大丈夫。 (TENMAコミックス)
(2011/01/28)
りょう

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ショートカット

■うちハメ! (小林由高)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]むちむち・お尻
・おまけ: あとがき、ゲストページ。
・その他: カラー(6P)、短編×8。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小林由高(こばやし・ようこう)」センセの「うちハメ!」です。

いきなりすみません、違う漫画を少しだけ。
こちらのブログでは、成年系「処女単行本」などを紹介している「真田鈴」センセ。
発売されている一般向け単行本「それが彼女のセイギなら」を買ったんですよ。

これが…不思議と全然刺さらない

内容はちょっとえっちなラブコメもの。
成年系のは別に普通だったんですが、ぶっちゃけこちらは最後まで読めないほど。
なんでだろう。
それがため、続いて発売された「うららちゃんのナカの人」も、なんとなく手を引っ込めてしまいました。
ちょっぴり~程度ではダメなんですかねぇ。
ごめんなさい。

さて、本日は「小林由高」センセです。
その読み仮名は…検索をすると、「こばやし・ゆたか」のが多いです。
ただ、単行本の英字は「こばやし・ようこう」だったので、そっちに合わせました。
どちらが正しいのかなぁ。
今回の「うちハメ!」が2冊目の単行本。
ひでるさんはこちらが初見です。
むちむちしたスタイルな女性とのえっちで、お尻プレイもちらほら散見されました。

妹「香奈ちゃん」、妻「葵さん」
※左:妹「香奈ちゃん」、右:妻「葵さん」
 全てのヒロインがこんな服装でも良かったのでは(笑)

就職で東京に住む「祥一」くんの帰省話「ダイエットがんばる!」
こちらが収録での冒頭話。
ウチでそんなコロコロしてるのは~
そんな台詞がありましたが、妹「香奈」ちゃんはかなりふっくらなスタイル。
過去に20キロの減量に成功していた「祥一くん」にダイエットの秘訣を教えてもらうようお願いしたのでした。

まあ、成年漫画でダイエットとくれば…えっちですわね。
とりあえず、体操着(ブルマ)へと着替えさせている「祥一くん」
機能的な服装とかなんとか言っており、やむなくブルマ姿で登場するんですが…これがヤバい
確かに太くもあるんですが、同時にエロい。
大変なコトになってますねー、「香奈ちゃん」
顔がそうパンパンでなく、可愛さを保っているところが強いですか。
そんなこんなで、マッサージと称してあっさりエロい行為をしていました。
実妹なんですけど、あんなん見せられたら仕方ないか(笑)
脱いでも、大変なことになっていますよ
お話は家でお兄ちゃんとという展開でしたが、学校での「香奈ちゃん」が見たいです。
体育教師とか、部活顧問とか、絶対にエロい行為してる(されてる)と思いました。
クラスの男性陣もたまんないでしょうし。

ちなみに、短編「たいそーふく るんるん♪」もブルマです。
こちらは「高橋」くんとその妻「葵」さん。
喧嘩中の2人でしたが、会社同僚に預けられた体操着(ブルマ)から仲直りの切っ掛けを得るというもの。
(※偶然にですけどね)
先の「香奈ちゃん」ほどではないものの、こちらもむちむち。
胸もそうですが腰回りもどっかりしております。
ピチピチになってるブルマの描写がもう少し多めのが良かったかなぁ。
なんのかんの怒りつつもしっかり着てしまう「葵さん」がキュート。

「そうよ私はイケないオ・ン・ナ」は、妻「さつき」さんのお尻えっち。
えっちシーンを見る限り決して感じていない訳ではないようでしたが、まだ、達したことがないという「さつきさん」
人によってパターン様々、体調とかにも左右されることがあるそうで、色々と試してみるのは間違いでないでしょうね。
…たぶん。
もともと真面目だったためかえっち方面でもノリは良く、楽しんでいるところが可愛いです。
まぁ、このカップルであれば、些細な問題だったかと。
ちなみに、実際の描写ではお尻に刺激していた程度なので、そんなん苦手な方も安心…かな。わかんない。
なお、「せんせい大好き」に登場の「夏目由真」さんは、昔の「さつきさん」みたいな眼鏡で地味目な容姿の娘。
担任教師「高田」が相手で、オモチャなども使用する、やや調教ちっくなえっちでした。
いちおう”初めての~”とか言っていましたが、それまでに色々とされているのか、ガッツリされています。
顔とは裏腹な巨乳・巨尻がエロスでしたよ。

「中野」・「ゆきみ」、橘さん
※左:「中野」・「ゆきみ」、右:橘さん
 ドリンクサービスとかありましたよー。

なお、「実録! 我が社のタチバナさん」の「橘」さんも、”旦那とのえっちがうまくいかない”と悩んでいました。
会社同僚「大島」くんに相談したところ、冗談で言った「手取り足取り~」を鵜呑みにしたのです。
容姿から言動まで、かなりボーイッシュな方ですね。
旦那が作っているというお弁当もなんだか納得。
そんなんがため、えっち後半が可愛らしいです。
いちおう指南願っただけのことで浮気でもなんでもなく、その後普通にしているのが凄い。
オチのお弁当の部分は不要かなぁ。
「射内姦計」もビジネス短編です。
厳しい上司「凛子」さんは部長の彼女。
彼女にヘキヘキとしていた「田中」・「加藤」のため、部長は彼女の知られざる素顔を公開するのでした。
複数えっちですね。
お尻なども使っていましたが、本編でも言っていたそのまま可愛らしい台詞があるので注目。

「学淫ぱらだいす!」は学園祭を控えた演劇部のお話。
存続の危機に立たされた伝統ある演劇部にて、部長「片瀬」さんが出したアイデアはエロいメイド喫茶だったのです。
カラー原稿もあるお話で、部員「中野」、眼鏡「ゆきみ」も参加する複数えっち系。
うち「中野さん」はちゃんと「松山」くんという彼氏がいるんですけどね。
その「松山くん」も噂を聞きつけて顔を見せており、飲尿描写があったりしました。
あちこちのメニューがバカバカしいです。
これどんな学園祭だ。

桜井理律子
※桜井理律子
 落ち着いた淫靡な空気だったので、巨乳が合わないなぁ、と。

名門女子校に通う「桜井理律子」は自らのえっち画像を投稿することでストレスの発散をしていました。
しかし、そのサイトの常連であった教頭は画像の主が学園の優等生「理律子」であると見抜いていたのです。
そんなんが「学艶の園」
容姿に合致した、黒セーラー服がいいですね。
タイトルそのまま、どことなく淫靡な空気が流れています
「小林由高」センセなので当然「理律子さん」も巨乳なんですが…展開などを含めて、個人的には貧乳のが良かったなぁ。
こちらもお尻にアイテム使ったりしていましたよ。

黒がくっきりと目立つベタと線。
濃淡は全体的に強く、全体的にごっちゃり描かれる方でした。
これにヒロインの豊満なスタイルもあり、画面はコテコテと濃厚
比較的大きめなコマ割りで迫力があります。
キャラはどっちかと言うとリアル寄り。
ただ、しつこく描いているように過度なむちむち具合で、独特な雰囲気でした。
女性がそんななのでバランスは微妙。
目立つ乱れはなかったものの、むちむちと崩れを誘発しているような感覚がありますね。
えっち描写に勢いはあったので、それで中和されるかどうか。
きっちり人を選ぶ漫画だと思います。
だいたいカラーで判断できますので、↓表紙と共に裏表紙もご覧下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: かなり極端です。むちむち好きな人も、しっかり確認したほうがいいかも。
・話3: あまり読ませる系統ではないものの、成年漫画として過不足はない感じ。
・独4: スタイルあんなんなので、逆にぎりぎりまで服着せてたのが目立つかな。
合計:[10/15]

ちなみに。
描かれる男性の縦長な輪郭と広めな顎が、なんだか妙に引っ掛かりました。
「HAHAHAHA!」
…とか笑いそうな感じよね。
ヒロインはともかく、ひでるさんはコッチのが鼻について合わないかなぁ。

うちハメ! (エンジェルコミックス)うちハメ! (エンジェルコミックス)
(2011/02/17)
小林 由高

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ

■天使のKATTE (水兵きき)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]ラブコメファンタジー
・おまけ: カバー裏に表紙リンク絵、合間にネタ絵、
      たぶん描き下ろし・おまけ漫画「その後…」
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
       5話+読みきり収録(全て表題作・1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「水兵きき(すいへい・きき)」センセの「天使のKATTE」です。

毎度の如くアマゾンをぼけーっと見ていたところ…
機神幻想ルーンマスカー フルカラー2(リュウコミックス)
こんな文字を発見。

うぉ、ついに出るか?!
1巻については「機神幻想ルーンマスカー(出渕裕)」、さらに復刻版を「少女革命計画(鬼邪太郎)/機神幻想ルーンマスカー(出渕裕)」にて紹介しています。
”2巻が出るまでもう少し待ちましょうか”
そんなことを書いていたのは、09年3月のこと。
まー、えらく待たせる単行本ですわねー。

…とか思っていたら。
ふと、「機神幻想ルーンマスカー フルカラー1」という文字を発見。

機神幻想ルーンマスカーフルカラー 1 (リュウコミックス)機神幻想ルーンマスカーフルカラー 1 (リュウコミックス)
(2011/03/03)
出渕 裕、大本 海図 他

商品詳細を見る


そちらの説明によると、
第1巻を3分冊にして3月3日にフルカラー第1巻を発売します
だって。
あのぅ、既に1巻については2冊ほど所持しているんですが…
なんなんでしょうね。
コレはひでぇなぁ。

まぁ、いいか。
そんなこんなで、本日は「水兵きき」センセの新刊「天使のKATTE」です。
ぶっちゃけ、
”天使だから着衣NG!?”
そんな紹介帯の文言に引っ張られました。
全裸いいですね。
「水兵きき」センセの漫画は過去に紹介した「おまかせ!さやなのもえろ部」ほか、ちらほら見ております。
軽いお話とサービスシーンが特徴ですね。

熾天使「アルセラ」
※熾天使「アルセラ」
 前半はほとんど全裸な「アルセラさん」でした。

はるか上空にある、天使たちが暮らす天界。
地上を眺めていた天使の1人・熾天使「アルセラ」はうっかりそこから転げ落ち、「新沼康介」のもとにやってきたのでした。
初の人間界を堪能する「アルセラ」
興味のあった”恋愛”について学ぶため彼と同居することとしたんですが…全裸が当たり前という天界の常識で行動する彼女に「康介」は振り回されることとなるのです。
大雑把にはそんな感じ。

サービス豊富な天使とのラブコメ話です
基本的にはコメディー色が強く、ぺかぺかとした空気に包まれていました。
この漫画の最大の特徴が”着衣”ですね。
紆余曲折ありながら、同居するうち次第に人間界の常識を身につけていく「アルセラさん」
こうした漫画のお約束で、後半にはお約束の連れ戻しネタがあるんですが…そちらで効果的に作用していました。
ああ、これは巧い。

お約束な初対面の1話。
このシチュエーション…覚えがある
とか「康介くん」も言っておりました。
彼はなかなか真面目な純情青年で、「アルセラさん」に服を着せようと窓から飛び出した彼女をわざわざ追いかけています。
全裸が常識であった「アルセラさん」は、”服を着ると恥ずかしがる”というオモロイ特徴があります。
連れて帰る際の、全裸コートの描写が色っぽくてえっちでした。
家の中での着衣は諦めたようでしたが、いい景色で羨ましいです。

そんな訳で、2話の扉絵がまた良い感じ(笑)
「康介くん」は彼女を「アルセラさん」を見ないよう、頑張っていました。
相手は気にしていないのだから、せめて眺めるくらいはしても良いのに。
こちらから、眼鏡の「紗奈」さんが登場。
「アルセラさん」の常識を押しつけられ、照れる「紗奈さん」が堪能できるお話になっていました。
なぜかシーソーやってるのが面白いですね。
下着の締め付けを”拘束具”と言って悶える様を堪能下さい

服を着てることのが恥ずかしい「アルセラさん」
※服を着てることのが恥ずかしい「アルセラさん」
 この表情がイイですね。プレイみたいですよ。

恋愛について知るため、「アルセラさん」が学校行くという3話。
ファンタジーな力で無理矢理なのかなーって思いましたが、なんと「紗奈さん」の母が理事長とのこと。
いちおう正攻法なんですね。
制服を着せられて照れまくっている彼女が可愛いです。
すっかりタイヤキで釣られるようになっている点にも注目。
「康介くん」との対立から、一時的に学園を天界の常識にしたことで、女子全員が全裸にされていました。
男子は関係ないのか(笑)
肩をかしてくれた貧乳の子が気になりました。

4話は「アルセラさん」と出会って1週間後のこと。
前回のオチ部分の宣言がためか、すっかり着衣に馴染んでいました。
落ち込む「紗奈さん」がまた分かり易いです。
こちらでは、「アルセラさん」の姉「ソリアーノ」が登場。
アブノーマルだと勘違いされた「康介くん」がため、その力によって様々なことをされています。
ここ、ネタとしては収録で最も盛り上がっている(ような気がする)回でした
ロリに放尿、男の娘(フタナリかな)から、首輪ほかSMちっくな描写まで盛りだくさんです。

最終5話は天使「ミール」などが故あって「アルセラさん」を連れ戻しに来る定番なお話。
久しぶりに服を着て照れる非常識な連中が登場したことで、”着衣”・”全裸”の最終決着みたいな感じになってます。
1話限定っぽかった「ソリアーノさん」も目立つ場面で顔を見せ、この漫画らしいラストとなっていました。

紗奈さん・ソリアーノさん
※「紗奈さん」とか「ソリアーノさん」
 顔に抱きついている、ロリな「アルセラさん」が可愛いです。

もう1話収録されているのは「あくまなマナ」という悪魔っ娘とのファンタジー
「天使のKATTE」との繋がりはないようでしたが、似た空気の短編なので単行本としてのまとまりを崩していません
人間と悪魔のハーフ「春川マナ」と付き合う「ケンタ」
彼女は人が興奮すると出る魔力の源”カミングパール”を1日1回は吸収しないといけないんですが、「ケンタ」はえっち関係に弱く、いつも気絶してしまうのでした。
…だいたいそんなお話。
悪魔「マナさん」とのラブコメです。
”カミングパール”がためにサービス描写が発生し、気絶してしまうことで寸止めになっていました。
また、既にカップルとなっている2人をより盛り上がらせる効果があるなど、なかなか良い出来栄え。
おまけ漫画「その後…」はたぶん描き下ろしだと思うんですが、この「マナさん」をも混ぜてほしかったですね。
そんなページ数ないでしょうけど。

こざっぱりとした細線の絵柄。
濃淡はそこそこでしたが白比率大きく、また描き込みはすっきり傾向です。
やや平面的で漫画ちっく。
やや崩れ・乱れを感じますが、そう気になるほどではありません。
軽いタッチで、そんなように見えやすい作風なのでしょう。
幅広な輪郭と大きい目が特徴。
はっちゃけ感強いもののコメディーはお上手でした。
特に引っ掛かるような描写もありません。
癖の強さはあるため、↓表紙・裏表紙などでご確認下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 個人的に不安定に見えるんですね。
・話4: ”着衣”・”全裸”というネタが良いです。
・独5: 安易にファンタジーに走らなかったのは正解だと思いました。
合計:[12/15]

描かれていない訳ではないものの、バストトップ描写は微妙に控え目です。
これはなんでだろう。

天使のKATTE (チャンピオンREDコミックス)天使のKATTE (チャンピオンREDコミックス)
(2011/02/18)
水兵 きき

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ファンタジー バストトップ

■シスマン (ういろう)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]近親・妹
・おまけ: あとがき、おまけイラスト、
      カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、短編×7。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ういろう」センセの「シスマン SIS-MAN」です。

まぁ、”雰囲気からして好みではないのだろう”、と。
そう判断して、当初は店頭にてスルーしていたこちらの作品。
(※こないだ紹介した、「ちょいえむっ/秋元カルマ」だけにしてたのよ)
ブログを書く際にふらっと「ヒット出版社」さんのサイトにお邪魔し、こちら「シスマン SIS-MAN」のサンプルを見て購入してみました。

なお、サイトにて立ち読みできるのは、収録でもダントツに衝撃作品である「新聞紙」
これはちょっと凄い
大まかには理解できていると思いますけど、ぶっちゃけあまり自信ありません。

新聞紙ちゃん、美樹さん
※左:新聞紙ちゃん、右:美樹さん
 とかくこのビジュアルが印象的でした。

「本田」と同居する女の子は全裸に新聞紙をまとう、そのまま”新聞紙”という存在。
彼に記事を読み聞かせるほか、鍋敷きから窓ふきまで、それが使われるあらゆることをしておりました。
生活は辛いことが多かったものの、時折見せる別の表情に困惑をしていたそんな頃。
彼を探す男らが部屋へと入ってきて…と、「新聞紙」はだいたいそんなん。

ハードちっくなお話です。
裏表紙にも描かれていますが、とにかく全裸+新聞紙という「新聞紙ちゃん(←勝手に命名)」のビジュアルが凄い
近所の女性が絶句し、彼を探しに来た1人「町田」は「なんすかこの女!」とか驚いていました。
実際にやったら文字が写りそうね。
新聞を読ませるのは想像するに生活のためだと思いますが、鍋敷きに使ったりするのはプレイの一環?
カタギではないんだろう「本田くん」の愛情表現なのかな。
えっち時のアレも、あるいは彼女を気遣ってのことかもしれません。
中盤の複数えっちからの流れるような展開にご期待下さい。
お話としてはそう目立つ感じはありませんが、「新聞紙ちゃん」のインパクトが全てですね。
バックスクリーンへ打ち返されたような感覚よ。

…とか、流れそのままにいきなり短編を紹介してみました。
「ういろう」センセの新刊「シスマン SIS-MAN」です。
ひでるさんも一度は撤退しました、あの↓表紙。
黒を基調としており、ドア越しに覗く目がダークな雰囲気です。
描かれている「ういろう」センセのタッチが重めなので、実際にもラブコメと言える明るさはありません
ここは想像通り。
ただ、先の「新聞紙」みたいな、”いかにもそんなん”というハード目な漫画ばかりではなく、初単行本という割に全体も安定。
絵柄・お話など、優れた短編集に仕上がっていました。
なんとなく引いてしまった方も、再考してみても良いかと。

↓表紙を飾るツインテールなヒロイン「ナナ」ちゃんとの「血の味」
(※ちなみに、彼女の名前はところどころで「ネネ」となっていましたが…誤植かな?)
妹「ナナ」よりも早く帰宅した兄「吉紀」
彼女を驚かせようと隠れていたところ、帰宅するなりパソコンを立ち上げた彼女はいきなり独りえっちを始めてしまったのでした。
うっかり物音を立てて気付かれてしまうんですが、泣きだした彼女は…
ぷーま君との初めてのエッチだったのに…
とか言っていたのです。

「ナナちゃん」がやってたのはネットゲーム。
そこでゲーム内結婚をしていたというお話になってます。
はー、時代はそんなんですか。
いわゆるテレフォン~みたいなチャットえっちで、経験なく気持ち良くなれない彼女は、兄「吉紀くん」に彼と同じ行為をさせるのでした。
目撃するシチュエーションから近親えっちに至る経緯まで、ラブラブなのより”もしかしたらあるかもしない”という感じにさせられますね。(←ないか)
ゲーム内結婚という建前をつくり、兄との行為に溺れていく様が良い短編です。
しかし、えっちされながら、あるいはしながらチャットしていましたが、あんな器用に文章打てるものなの?
なお、「ういろう」センセのサイトによると、”軽い続編が載ります”とのこと。
刺さった方はお楽しみに。

妹「ナナちゃん」
※妹「ナナちゃん」
 全身の良い絵がなかったですが。可愛い娘でしたよ。

同じく鉄分な感じのタイトル「ぢ hemorrhoids」
簡単には、痔で苦しむ「美樹」を、医者となった「健史」が診察するというお話。
オチはコメディーちっくでしたよ。
おそらくは昔馴染みな女の子を、治療と称して四つん這いにさせる、大変に羨ましい展開(笑)
あの可愛らしい服で、こっちにお尻向けてる構図はえっちですねー。
いちおう治療っぽいこともしていたようですが、中盤からのアレは関係ないか。
すっかりお尻調教されておりました。
ひょっとして、痔になった切っ掛けもアンタではないのか?

「2段ベッド」は妹「咲(サキ)」ちゃんとの近親もの。
寝床として新たに2段ベッドを購入された、兄妹のお話。
面白いのが冒頭部分ですね。
兄「さとし」と同じ部屋が嫌だという妹「咲ちゃん」は、”父親と兄、母親と自分”という部屋割りを提案しております。
それに対する両親のリアクションがリアルで可笑しい。
もう、いやぁねぇ。
言い合い、小競り合いを繰り広げる兄妹で、冗談が過ぎて腰を抜かしてしまった「咲ちゃん」を気遣うという流れ。
小学生時代とは言え、実兄を”さとしくん”と呼び、デートをしていたという彼女。
言動からお兄ちゃんはなんのかんの格好良い感じで、世間一般の兄妹像から困惑している様が巧く描かれていました。
あの乱暴な言葉づかいもわざとですね。

扉絵のウェア姿が良かった「雨のテニスコート」も兄妹。
こちらの兄「ヒロム」と妹「シホ」は既にえっち関係。
ただ、狭い家のこと、普段は声を押し殺してのえっちで邪魔が入ることも多く、スッキリするため「ヒロム」は夜の学校へ「シホ」を誘ったのでした。
タイトルそのまま、かなりの雨が降る野外(テニスコート)でのえっちです。
めいっぱい声も出していたようですが、その光景などを察するに盛り上がって当然。(たぶん)
レインコートを羽織っていたため、テニスウェア姿がしっかり見れなかったのが残念でした。
ノーブラだったし、ちゃんとアンダースコートだったし(笑)

なかなか深刻な環境にある「菜津美」さんの「オトナになる理由」
主人公「菜津美」に対してあからさまな嫌悪を示す義母。
そんな彼女の味方は、同居する祖父でした。
胸を大きくしたい、という彼女からの懇願で、夜のマッサージを日課としていた2人。
そろそろ本来の関係に戻ろうとした祖父に対し、「菜津美」は…と、そんな導入部。
シテる事は決して良いとは言えないでしょう。
ただ、あれは「菜津美さん」にとって救いになっていたのは事実。
義母とのやりとりは陰湿で可哀想でしたから。
いちおう、ぎりぎり直接えっちまではしなかった祖父ですが…まぁ、アレですっぱり終わりというのもどうかと。
せめて「菜津美さん」が独り暮らしできるまで、健在であることを祈ります。

三本木雪絵さん、妹「シホちゃん」
※左:三本木雪絵さん、右:妹「シホちゃん」
 コレね。ちと盛り上がりません。右は透け具合が素敵でしょ。

眼鏡な「三本木雪絵」さんとの「夕焼けの図書館」
ノーパンだった「雪絵さん」曰く、ウォッシュレットに失敗した、とのこと。
しかし、彼女を狙っていた図書委員「黒田」くんは、彼女がほぼ毎日履いていなかった事実を撮影していたのです。
友人の勧めから、”体操着”を着ていた「雪絵さん」
これが…いわゆる短パンなのでした。
最近は壊滅したらしいので、そんなんもリアルかと思いますが…拘束され、脱がした場面がやはり刺さらない
トランクスみたいなんだもん。
せめてスパッツとか、やはりブルマであってほしかった。
いじめて系な可愛らしい娘で、控え目な胸もそれっぽくて可愛いですよ。

黒の目立つ濃い濃淡の作画。
線は枠線からして太めで描き込みもあり、ページはごっちゃり目です。
漫画には暗い空気が流れており、淫靡な雰囲気。
そんなところが、購入前ひでるさんが察した”好みでない”に繋がっていると思います。
実際にはそうハードでもない…まぁ、ソフトでもないですが、極端ではないよね。
イメージよりは読み易いかと。
ややバランスが悪く感じるコマもありましたが、そう大きな問題ではなく。
背景や小物などは的確で、漫画世界を盛り上げていました
可愛いだけでない、ちょっぴり影のあるヒロインらも良かったです。
だいたいは↓表紙・裏表紙でいいんですが、ひでるさんも心変わりした「ヒット出版社」さんのサイトを確認するのがオススメですよ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 癖もありましたが、あちこち巧かったです。
・話4: 軽過ぎず・重過ぎずというお話群でした。
・独5: 雰囲気たっぷりです。
合計:[13/15]

当初の感覚よりも読み易く、巧い漫画群でした。
次の単行本にも期待しましょう。

シスマン (セラフィンコミックス)シスマン (セラフィンコミックス)
(2011/02/18)
うぃろう

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール ラブコメ

■淫靡テンプテーション (inkey)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]イラスト・美乳
・おまけ: あとがき、作品解説。
・その他: 初単行本、カラー(6P)、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「inkey(いんきー)」センセの「淫靡テンプテーション」です。

書店にて、一際目立っていたこちらの単行本。
…だって、B5判なんだもん。
まぁ、どかーんとひと回り大きいのがあれば、目立って当然。
その雰囲気からイラスト集ちっくにも見え、金額もあってなかなか手の出し辛い印象を受けるかもしれませんが。

…これはこっそりオススメな1冊です

なんでこっそりなのかは知りませんが。
紹介帯には”全てのエロマンガが嫉妬する才能を目撃せよ”とかなんとか、ドえらい文言が書かれていましたが、それも納得。
ああ、これは実に巧い方でしたよ。

麻薬捜査官「リナちゃん」、クラス委員「柏木杏奈」
※左:麻薬捜査官「リナちゃん」、右:クラス委員「柏木杏奈」
 カラー・白黒比較です。「リナちゃん」のぴったりスーツ姿がいいでしょ。

そんな訳で、”情念の絵師”とか冠をつけられていた「inkey」センセ。
ちゃんと読み仮名があった、安心。
なんだか「パックマン」に登場するモンスターみたいな名前ですね。
初単行本となるこちら「淫靡テンプテーション」ですが、前述したようにB5判の大型サイズで、イラストもカラー収録されていることもあってか、紙質は上等。
1ページがつるっとしてて厚いんですわ。
独特な紙の匂いも高級でした(笑)
そんな訳で、白黒漫画でもじつにクリアーです。
とりあえず、正確に内容をお伝えするため、もくじを書き出してみますね。
(※ページ数・内容、となってます。「」は漫画の意味)

005・イラストギャラリー1
035・「寝取られ村」
047・「潜入捜査官リナ&涼子~快楽に堕ちる女捜査官達~」
055・「星に願いを」
077・「秘密の資料室」
097・「春色テンプテーション」
113・「嫁かないでMy Sister…」
125・「援交少女 美香」
141・「ナツコイ」
149・「マンキツ!」
155・「feel good time」
159・イラストギャラリー2

…だいたいこんな感じ。
続いて、それぞれの内容について軽く書いていきます。

【005・イラストギャラリー1 (カラー:28ページ)】
こちらは「エンジェル倶楽部」の表紙、ピンナップに使用されたイラスト群です。
前半のイラストは4ページくらい同じ娘が登場しており、ややストーリーちっくなので見応えあるかと思います。
「inkey」センセの描かれる女性は、どことなく影がある感じの美人で素敵ですね。
なんちゃら耳みたいなファンタジーちっくなイラストもありましたが、やっぱり舞台現代のが合っているかなぁ。
後の漫画で登場するヒロインらの姿も見えました。

【035・「寝取られ村」 (カラー漫画:12ページ)】
村から出ようとしたものの捕えらてしまった「隼人」・「エリ」のカップル。
長老は5日間「エリ」に奉仕をさせ、それでもお互いの気持ちが変わらなければ2人の交際を認める、と条件をだしたのでした。
忍者…とかではないんですよね。
舞台は時代劇ちっくなんですが、「エリちゃん」の服がどことなくメイドっぽいのに注目。
お話はスタンダードなもので、オチはだいたい想像したそのまま。
身分が低いという「エリちゃん」がいいおっぱいでした。

【047・「潜入捜査官リナ&涼子~快楽に堕ちる女捜査官達~」 (カラー:8ページ)】
2ヶ月前に消息をたった先輩「涼子」を探す「リナ」でしたが、不意をつかれて彼女も捕まってしまったのでした。
ショート短編です。
こちらも捕まる漫画なんですね(笑)
いちおう麻薬捜査官という「リナちゃん」は、ブルーで身体にぴったりなスーツを着用していました。
あとがきにも書かれていましたが、ひでるさん想像したのは「サムス(メトロイド)」ですね。
なかなか素敵なんですが、彼女スーツの下が全裸であったのがまた凄い。エロい。
もうちょっとスーツ越しに見たかったですが、ページ少ないんですよねー。

【055・「星に願いを」 (カラー:4ページ、白黒:17ページ)】
教師「保坂貴司」はクラス委員という生徒「柏木杏奈」と付き合っていました。
人目があるため、デートはいつも彼の家。
歳の差、環境の違いなどもあり、不安を感じていた「貴司」は「星が綺麗な場所へ旅行がしたい」という彼女の願いをほんの少しだけども叶えるのでした。
こちらが初の白黒漫画とのことでしたが…いきなりお上手ですね。
ラブラブなカップルです。
ポニーテールな「杏奈ちゃん」が可愛く・えっちでいい感じ。
先のイラストギャラリーでは1ページだけ顔を見せているんですが、それでも存在感を発揮していました。
後半はセーラー服でのえっちなんですが…確かに、なにゆえ前半のカラー原稿部分が裸エプロンだったのか、よく分かんないですね(笑)
あれは「貴司くん」の趣味なんでしょうけど。

新入社員「橘美咲」
※新入社員「橘美咲」
 これは趣味の1枚(笑)

【077・「秘密の資料室」 (白黒:19ページ)】
営業部の新入社員「橘美咲」
そんな彼女が資料室の整理係に立候補してきたため、課長は男子社員から人気を集める彼女と2人きりというシチュエーションになったのでした。
収録でお気に入りはこちらの漫画。
むちむちしたスタイルとカチューシャが可愛く、棚の上を整理していた「美咲さん」は…
課長下押さえて下さいっ
…とか言っていました。
これはまた大変に素敵な場面ですね。
いいんですか!?、みたいな感じよ。
言われるまでもなく、下を押さえててあげたいですが。
そんな彼女が脚立から落ち、その下敷きになるという図書館モノではセオリーなネタになっていました。
少しですがパンストも楽しめます。

【097・「春色テンプテーション」 (白黒:16ページ)】
保健室「レイコ」先生と、幼馴染み「三浦」さんというWヒロインな漫画。
色気たっぶりな「レイコ先生」は、いいお姉さんちっくな方。
こうした女性は、何かと接近してくるのがいいですねー。
エロいよ。
自分も楽しみつつ、2人の仲を取り持ったような感じでした。
それに対し、幼馴染みという「三浦さん」はショートカットの活発な娘。
えっちする2人にたまらず参戦し、後半は3名の複数に発展しておりました。
「小川」くん羨ましいなぁ。

【113・「嫁かないで My Sister…」 (カラー:12ページ)】
明日結婚式を控えた妹「沙耶」とお兄ちゃんのお話。
両親が他界していたため、実質兄が育ててきた「沙耶」に…という展開。
まぁ、現実でこんな展開には間違いなくならないでしょうけど、幸いなことにこちらは漫画です。
賛否両論あったというオチは確かにその通りかもしれません。
いちおう静かなラストを迎えてるんですが、先のイラストギャラリーになんとなくあったように、2人は結婚式直前とか、その後顔を会わすたびにシテると思うもの。
「沙耶さん」の台詞が嘘でないのならば。

【125・「援交少女 美香」前後編 (カラー:16ページ)】
今日で最後に…
そう考えつつも援交をやめられない「美香」
様々な男と色々なえっちしていた彼女は、やがて自らが欲していたモノを知るのでした。
…だいたいそんな感じの前後編。
それがためか、先のイラストギャラリーでも彼女っぽい(たぶん)姿は多く見られました。
ショートカットに猫目ちっくで、心なしか華奢な印象です。
胸は大きかったですけどね。
前編ではアイテム併用で、後編では目隠しえっちが展開されていました。
なお先の拘束漫画もそうですが、さほどハードではないため間口は広いと思います。

美香さん、アヤちゃん
※左:美香さん、右:アヤちゃん
 原稿時期比較です。「美香さん」は09年、「アヤちゃん」は07年。

【141・「ナツコイ」 (カラー:8ページ)】
初出によると、こちら以下の3話は原稿時期が古いみたい。
先までのお話とは、やや差を感じますね。
漫画はカナヅチだった「真鍋」くんを水泳特訓する「アヤ」ちゃんというカップル。
スクール水着を描きたかったということですが…それならえっち時にも着用してほしかったなぁ。

【149・「マンキツ!」 (カラー:6ページ)】
こちらは漫画喫茶の裏サービスというネタ。
新入りという「松田」さんとのえっちです。
あれは周囲に音ダダ洩れだろうかと。

【155・「feel good time」 (カラー:4ページ)】
もっとも原稿時期が古く、やはり差はあるんですけど、この時期から平均レベルはゆうに飛び超えていると思います。
他が良すぎるので目立ってしまいますが。
先生・生徒のえっちで、どうやら眼鏡の女教師に生徒が襲いかかったシチュエーション。
”今日はダメ”ということで、えっち自体は大歓迎な様子でした。
イラストを含めで眼鏡女性は彼女だけ…だよね。
なかなか可愛かったので、再設定してまた登場してほしいです。

【159・イラストギャラリー2 (カラー:18ページ)】
こちらは商業誌、同人誌、グッズなどに描かれたイラスト。
やはり漫画で描かれていたキャラもちらほら散見され、「嫁かないで My Sister…」の「沙耶ちゃん」ぽい絵が見えます。
制服とかウェディングドレスとか…なかなか結構(笑)

そのほか、あとがき・作品解説も3ページのカラーで、イラストつき。
折り返しはカラーイラストと同じ。
カバー裏は↓表紙のモノトーンになっていました。
収録の漫画はぶっちゃけショート話が多いんですが、前後のイラストとも繋がりあることもあり、そう薄い印象はありません
大判で迫力もあり、カラーも多く、値段と比較してもオススメできる仕上がりでした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 前述したように古い原稿もレベルは高いです。
・話3: やはりショートばかりなので、読み物としてはそれなり。
・独4: ずしっとくる重量感と綺麗なイラストを堪能できます。
合計:[12/15]

ANGEL倶楽部」のサイトでは、漫画原稿のサンプルがあったので参考にどうぞ。
まぁ、次は普通の単行本形式のがいいかなぁ。

淫靡テンプテーション (エンジェルコミックス)淫靡テンプテーション (エンジェルコミックス)
(2011/02/17)
inkey

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : エンジェル倶楽部 スクール水着 ファンタジー ポニーテール ショートカット

■ちょいえむっ (秋元カルマ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年]ラブコメ・積極的
・おまけ: あとがき、おまけの4コマ(7話)
・その他: 初単行本、短編×8(うち「一緒シリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「秋元カルマ(あきもと・かるま)」センセの「ちょいえむっ [CHOI M]」です。

こちらはしっかり確認して買いました。
”comic阿吽新人漫画賞・大賞”
そうした冠をお持ちの「秋元カルマ」センセ。
成年漫画のこんなんは鵜呑みにして大丈夫
無論こちらもそうでした。

そんな訳で「ちょいえむっ」が初単行本という「秋元カルマ」センセですね。
多少癖はあるものの絵柄、お話など高いレベルで、安定感もありました。
タイトルからすると、いかにもMちっくな男女が登場しそうですが…そう極端なキャラとか描写はありません。
…ない、よね。
まぁ、そちらはあまり気にしなくて良いでしょう。

お義姉さん、姪「由夏ちゃん」
※左:お義姉さん、右:姪「由夏ちゃん」
 なかなかエロい「由夏ちゃん」に注目です。

冒頭「お義姉さんと一緒」は、続く「姪ちゃんと一緒」との連続話になっています。
大学へ進学した「豊」は、歳の離れた兄の家に居候することとなりました。
憧れな義姉、可愛い姪「由夏」のいる家庭での生活は楽しいものになると思っていたんですが…というお話。

Wヒロインですが、メインは姪「由夏ちゃん」
「お義姉さんと一緒」の冒頭では、いちおう家庭教師もする「豊くん」のアレを呪文唱えるようにつぶやきながら触っておりました。
あらまー、可愛らしい容姿とは裏腹にエロい女の子ですねー。
どこで覚えたんだろう。
あ、母親か。
いちおう、そちらの誘惑には耐えていた「豊くん」でしたが、出張の多い兄がため色々と持て余している義姉には経験値の差からか流されていました。
基本的に風間家(←「豊くん」の家系ね)の顔は好みなんだって。
そんな2人のえっち最中に割り込む「由夏ちゃん」の膨れっ面がいい感じ
まぁ、あのタイミングで始めてたら、そりゃー気付くわね。
義姉も彼女の参加を否定せず、逆に主導しておりました。
中盤からは「由夏ちゃん」とのえっちです。
続く「姪ちゃんと一緒」では、そんな家を出た(←わはは)「豊くん」のアパートに、「由夏ちゃん」が訪ねてくるお話。
弁当を持ってきたほか、彼のためにスクール水着なんて用意していました。
若い割に気の利いた娘さんですね
さらにそのまま放尿などもしており、その際の「豊くん」を見る限り、すっかり彼の好みを看破したみたい
心なしか、ちょっと胸も大きくなってました。
義姉はオチ部分でお約束な登場をするので、お楽しみに。

造り酒屋の娘「九条かえで」さんと女子高・講師「小迎森政孝」の「ツンツンとお弁当」
ロリ・ツンデレなヒロインですね。
先の「由夏ちゃん」もそうでしたが、雰囲気とは裏腹にロリちっくなキャラもお上手です
こちらの「かえでさん」は”ふくらみかけ”、とか言われていた彼女よりもさらに貧乳で、父親曰く「チビのチンチクリン
久しぶりにあったいちおう許嫁っぽい「政孝くん」も、
ずいぶんと…成長して…ない…ね
とか、トーンダウンしておりました。
ただ、自らを「ロリコン教師」と言っており、学校ではモテモテでしたがそれに構わず、「かえでさん」とのえっちに至ります。
嫉妬する「かえでさん」が可愛く、オチ部分で公表はしていたものの誘惑は多そう。
続きとかあればいいですね!
ちなみに…気になっているのが「小迎森」の読み方。
ネットで叩いたところ、そのまま「こむかえもり」か、あるいは「こけもり」という読みもあるようなんですが…。

九条かえで
※九条かえで
 今年は貧乳なので、やっぱり「かえでさん」だと思いますよ。ええ。

成績は3年間トップで、おまけに美人という生徒会長さんの「Urinal Bitch!」
完璧であるということは…性格に問題あるとか、えっち好きというのが成年漫画でのセオリー。
こちらの生徒会長さんは、どっちの要素もありました
わはは。
憧れて生徒会に入った「高谷」くんも、日々罵声を浴びせられるような毎日でした。
そんな彼女も男子トイレで独りえっちなんぞをしています。
派手な放尿描写とかお尻えっちなどもありましたよ。
攻守がくるくる変わっているのは面白いです
なお、今回の↓表紙はこちらの生徒会長さんでしたが、なるほど表題「ちょいえむっ」に合致するのはこのカップルですかね。
後半の描写とか4コマとか、なかなか良いカップルになりそう。

「暴走!ちゃいるどふっど」は「葉月」さん・「シンちゃん」という2人。
お互い実は気になっている幼馴染み同士で、小さい頃に約束していたパターン。
その時に”お仕事をするようになったら~”と言っていたため、ずっと待っていた「葉月さん」なんですが…独りえっちで10年間も我慢していた彼女は、もう限界に達していたのでした。
もう嫌われてもいいから…1回ヤラせてよっ
そんな台詞が可笑しい、「葉月さん」は超・肉食女子。
いきなり上でガツガツしておりました。
切り出しを恋愛相談っぽくしており、彼に勘違いされたことで猫耳メイドにされています。
胸とかパツパツながらあーした格好を素直にしたのがラブですね。

「優しいは正義」は、やや不良っぽい強いヒロイン「武田舞」さんがアニメ好きで大人しい男性「星正巳」くんにベタ惚れなお話。
ちらほら見られるパターンですね。
告白までの3ページくらいは盛り上がる場面なんですけど、ややモタモタして分かり辛かったかなぁ。
勿体ない感じ。
彼の趣味に合わせ、ツインテール・縞パンにしていた「舞さん」
後に”気持ち悪い”とか言われてましたが、なるほど見事に髪型が似合ってなかったです。
どっちも初体験でしたが、流れそのまま「舞さん」がいちおう主導権。
これも、もう少しいっぱい・いっぱいだった方がより良かったかもしれません。

妹「千夏ちゃん」、体育教師「鈴村唯」
※左:妹「千夏ちゃん」、右:体育教師「鈴村唯」
 比較も兼ねてこちらにしてみました。手前のメイドは男性です。

「リバ☆ティー」は初期頃の作品なのかな。
心なしか、収録の作品群でやや落ちる雰囲気がありました。
…と、「秋元カルマ」センセのHPを見たところ、デビュー作「こすしす」と並ぶ08年の原稿でした。
そのうち、まずは前者「リバ☆ティー」から。
特別進学クラス「忍」くんに好意をもつ体育教師「鈴村唯」
しかし、彼は補習に参加しないなど、なかなか懐いてくれず、寂しい思いをしていました。
そうした頃、「みっちゃん」・「静香」という友人らと入った”女装メイド居酒屋”にて、その「忍くん」を発見したのでした。
コメディーちっくなお話です。
複数えっちで友人らも参加しているんですが、漫画では「唯さん」中心に描かれていました。
友人らとの遠慮ないやりとりが面白かったんですが、注目は後日談となる4コマですね。
後者「こすしす」は引き籠る兄と、裏表紙をゲットしているツインテールな妹「千夏」ちゃん。
社会から逃避する彼に勇気づけるため、コスプレえっちするというもの。
「コスプレはっ、脱いだら意味無いだろ!!
うん、その通りだ。
回想に出てきた「千夏ちゃん」は可愛いかったですねー。
成長した彼女は口より先に手が出る、ツンデレちっくな女性。
着替えた後は覚悟も決まり、だいぶ可愛らしくなっていましたが。
ただ、あのラストページは展開が唐突で、蛇足な感じがしました。

くっきり強い線の絵柄。
濃淡は濃い目で、ページもかなりごっちゃりしていました。
けっこうコマ割りも細かい感じね。
髪の毛・顎・目など全体的に鋭角的な人物絵。
そのため、お姉さん系な大人っぽいキャラはおさまり良いです。
かと言って可愛い娘も不得意ではなさそうで、幅の広さを感じました。
ちょっと癖はあるものの、大きな崩れや乱れはなく、バランスも優秀
何より、初単行本だというのに安定感があったのがいいですね。
オススメし易い1冊です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 癖はありましたが、そう気になる点もなく安定してます。
・話3: ロリちっくなヒロインとの漫画のが面白いですね。
・独3: まだ定まっていないかなぁ。今後に期待。
合計:[10/15]

見ての通り↓表紙などカラーも上手な方でした。
それだけに、表紙・裏表紙の使い回しが、ちと残念。
カバー裏にあったボツ・ラフ絵もかなりざっくりしたものなんですよねー。

ちょいえむっ (セラフィンコミックス)ちょいえむっ (セラフィンコミックス)
(2011/02/18)
秋元 カルマ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ツインテール コスプレ スクール水着

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。