FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■くちゅくちゅママ (チョコぱへ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]アダルト・むちむち
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵
・その他: 初単行本、カラー(6P)、短編×8。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「チョコぱへ」センセの「くちゅくちゅママ」です。

2010年最終日です。
なんだか終始バタバタした年でしたが、皆さまはいかがだったでしょうか?
これからは大変な情勢のようですが…特に気にせず、続けれるところまで更新していこうと思います。
また、ちらほらお越し下さる方、コメント・メールしていただく方、情報提供して頂ける方、ありがとうございました。
ぜひ来年度も宜しくお願い致します。

さて、そんなこんなで、いつものお約束”年末を飾るに相応しい漫画”です。
2010年ラストを飾るタイトルとして…こちらの「くちゅくちゅママ」をチョイスしてみました。

どうですか、あの↓表紙は!!
やたらめったら濃い絵柄、おもろいお名前、インパクト抜群なタイトルなどなど、これ以外には考えられなかったですね
そのため、タイムリーな紹介を無理矢理に我慢し、熟成させていました。
ジャンルもアダルトなので、ぴったりだったのよ

ママさん教室の6名
※ママさん教室の6名
 だいたいこんな感じです。むちむちでいいよね。

そんな訳で「くちゅくちゅママ」です。
描かれている「チョコぱへ」センセは、これが初単行本のこと。
もの凄い存在感ある1冊ですけど、次は…どうするんでしょうね。
いまから楽しみですよ。
収録については、むっちりなアダルトヒロインらの短編集。
ブラックなお話もありましたが、キャラ・漫画の雰囲気から、こざっぱりとえっちに楽しく終わるのが合っていると思います。

冒頭話「夏の日の母の温もり」は2年振りに帰省した「達雄」くんのお話。
母親が再婚したことで、なんとなく実家に立ち寄り辛くなっていた彼。
赤ちゃんが生まれたことを切っ掛けとして、今年は久しぶりに帰省することとしたのでした。
そんな訳で、母子の近親モノ。
この漫画の凄いところは…まるで母子関係が揺らいでいないこと。
成年系なので当然えっちまでしているんです。
ただ、なんというか、あくまでもコミュニケーション手段の1つ程度に描かれているのでした。
ほら、”家族皆でお風呂入ってます”、みたいな感覚よ。
そのため、ラストは驚くほど爽やかなものです。
なお、えっち開始の際には、
久しぶりだもの
とか言ってました。
直接はなさそうでしたが、スキンシップはあったんでしょうねー。

バニーなママさん
※バニーなママさん
 いいですね、バニーさん。もう少しじっくり見たかったですが。

似たタイトル「誘惑・ママさんプール」、「誘惑・ママさんバニー」という2話は、コスチュームな複数人妻とのえっち漫画。
今回単行本を見ていて、「チョコぱへ」センセの良さが最も発揮されているのが、これらだと思います
うち前者「誘惑・ママさんプール」は競泳水着
モテたいがため、スイミングスクールに通っていた「健」・「望」の2人。
しかしなかなか泳げず、居残り練習をしていたところ、ママさん教室の6名が声を掛けてきたのでした。

だからね、キミ達くらいの歳の子と、私達くらいの年齢って実は一番相性がいいのよ

…だって。
な、なるほど、説得力ありますね。
そんな訳でお互いの利害が一致しており、皆さん楽しそうでいい感じ。
(※やや人妻らの思惑通りっぽいですが)
むちむちな身体を包む水着は、はち切れんばかりでした。
後者「誘惑・ママさんバニー」は、文化祭で望まぬ主役に抜擢された「功」くん。
クラス生徒の奥さまらにも気に入られていた彼は、劇「うさぎとかめ」になぞらえて、バニー衣装らのママさんらに声を掛けられたのでした。
まー、えっち展開が早いですね(笑)
こちらのエピソードには「功くん」の母親ほか4名のバニーさんが登場しているんですが、1名は生足、1名はタイツ、2名は網タイツと、それぞれ異なっているのです。
しかも、彼の母親だけ上着つきでゴージャスな感じでした。
お得です。
人数が多いため足・お尻のアピール度合いが低いのが残念ですが、複数のむちむちバニーさんが素敵なお話です。
ちょっと気になったのが、オチ部分。
女生徒らのあの反応って…今後モテモテになりそうね。

「エロ下着大作戦」は、お隣に住む幼馴染みの「まなみ」お姉ちゃん。
タイトル↑あんなんですが、他タイトルは人妻ですらありません
そのあたりを気にされる方はご注意ください。
最近やたら露出の大きい服を好んで着る「まなみさん」
彼女を密かに想っていた「健」ちゃんは、
最近好きな人のためにちょっと服の趣味変えてみたんだけど…
そんな台詞に凍りついたのでした。
まぁ、あんなんでは伝わらないですよ。
もう少し年上然とした誘い方をしてほしいところでしたが…「まなみさん」も経験浅そうだからなぁ。
えっちの際にも可愛いこと言ってましたわ。
あーんなエロ下着買わずとも、普通にキスすれば良いのに。
ちとレベル高くて無理か。
あるいは、窓伝いに行き来できるラブコメ距離だったので、もう少し彼に自信つけば勝手にどうにかなるでしょう。

「2人の密着レッスン」もお隣の幼馴染み「樹里」お姉ちゃん。
こちらは家庭教師を受ける主人公「亮輔」くんが積極的で、ごく素直に想いを口にしていました。
それに対し、条件を課した「樹里さん」なんですが…その結果はハチャメチャなものだったのです。
あれは酷い。
普段の点数が分からないものの、努力の欠片がまったく見えませんでした。
だ、ダメじゃん
ちょっとした切っ掛けから、結局えっちに展開していくんですが、もうちょっと頑張りなさいよ。
こちらのエピソードの注目は、「樹里さん」のパンストでしょう。
じっくり描かれていて良いものの、彼女下着を穿いていませんでした。
ここは好み分かれるかなー。

達雄くんの母、樹里さん
※左:達雄くんの母、右:樹里さん
 近所のお姉ちゃんなどもおりましたが…やっぱり母親かな。

ほか、カラー原稿もある「堕淫の媚薬」は研究室長の「大河内」さん。
真面目でキツい彼女が、研究員らによってえっちされるもの。
こちらもパンストですね。
何を失敗したのか知りませんが、もうちょっと上司らしい対応ないと指揮するのは無理でしょう。
「嬲られ夜勤」は新人ナース「西森あずさ」さん。
毎日のようにセクハラを仕掛けてくる患者「柴田」がため、えっちになってしまった「あずささん」
同室の「中原」はそれを止めてくれる救世主的存在だったんですが~という流れ。
まぁ、患者であってもなくても、あんな事してくる野郎はぶっ飛ばしてオッケーでしょう。
もっとも、よりヤラしい人間がいたんですが。
前話と違い、なぜか仕事的にも成長できたらしいのは良かった点ですね。
クッキングスクール講師「早川美砂」さんの「肉食凌辱の宴」
あんなん口だけというのはわざわざ本音を聞かずとも分かりますけれど、表裏あり過ぎて酷いです。
ただ、イケメンという彼も似たようなものか。
タイトルそのままの複数えっちで、舞台がため野菜などを使っていましたよ。

太めな線のしっかり曲線。
濃淡・描き込みのどちらも、イメージと違ってしつこくない程度です。
複雑なコマ割りでごっちゃり描かれるため、画面は賑やか。
また、詳細な局部描写とか内臓描写などがあったので、より濃い雰囲気がありました。
描いてるヒロインもむちむちに年上女性が多いですからね。
タレがちのアーチ目と、ぽってり厚い唇が最大の特徴。
各パーツは写実ちっくですが、組み合わさってより漫画っぽい感じ。
かなり個性的なまとまりなので、ご注意下さい
修正もされてるのかな。
初単行本ですが各話は安定しており、完成度は高め。
カラーでもそのままなので、↓表紙・裏表紙にてご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 個性的に安定しており、他では見ない絵柄です。
・話3: やっぱり母親・人妻系かな。特に複数の誘惑シリーズが光っていました。
・独4: 目立つキャラ絵が全てです。明るい話のが合ってるかな、と。
合計:[11/15]

派手さにはやや欠けますが、やはり冒頭話「夏の日の母の温もり」が印象的でした。
穏やかーな空気が凄いですよ。

くちゅくちゅママ (エンジェルコミックス)くちゅくちゅママ (エンジェルコミックス)
(2010/10/16)
チョコぱへ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ 競泳水着

■のむおんな (MGジョー)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]人妻・むちむち
・おまけ: あとがき、加筆修正。
・その他: 短編×13。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「MGジョー(えむじー・じょー)」センセの「のむおんな」です。

ひでるさんが脳内で勝手に設定していた”12月の注目作”
Sweet Lip/藤ます」、「らぶちゅーらいふ/左カゲトラ」と続いていた最後の1冊がコチラです。

やっぱり「MGジョー」センセですねー。
今年はアダルト押しだったので、年末紹介もピッタリということで期待しておりました。
こちら「のむおんな」は短編集。
相変わらずのむちっとした肉具合が良い感じ
ただ、収録の各話はうーん…。
ぶっちゃけ、「MGジョー」センセは連続話のがいいのではないかなぁ。
ぜんぜん悪いとは言いませんけど、[隣のみなの先生]の際に感じた、ぐさーと刺さる感じはありません

「芝くん」の母親、輪子さん
※左:「芝くん」の母親、右:輪子さん
 この豊かな肉付き加減はさすがです。むちむち。

表題作「のむ女」が冒頭話です。
人妻「春未」さんと親類の男の子「真木緒」くん。
もともと誘ったのが彼女からであったためか、しっかり足元を見られていました。
それほど調教ちっくではないですけどね。
前半、出張する旦那とのえっちを指示されているんですが…ああ、そう言うことか。
気兼ねもなくなり、ガンガンえっちしちゃってました。
血液型とか大丈夫でしょうね?

タイトルそのままな、驚きの1話「おもらしママ!」
開始4ページくらいの切っ掛け部分は、ちょっと分かり辛くてマイナス
ただ、おもらしに始まり、個室・目前での脱いだり、ふいたりなど行為はかなりのエロス度合いです。
そりゃー、黙って見過ごす訳にはいきません(笑)
「芝」くんに外から声を掛けられる部分も、えっちの邪魔。
不要だったように思います。
ネタがいいだけ、あちこち勿体ない感じした。

「パンティマスクにされました」は…コメディー
下着ドロボーを捕えた人妻「由羽子」さん。
AV代わりにえっちのオモチャとすることを考え、ご近所のお友達「美厘(みりん)」さんを呼び出したのです。
その「美厘さん」こそ、捕まった彼「こうじ」くんが前々から気になっていた奥さまだったのでした。
いいって言うまでなめなさい
その直後の処理が甘く、非常に繋がり悪いです。
どさくさ紛れに告白し、いい感じにはなっていたものの…彼ってあちこち下着盗んでたヤロウなんですが。
まぁ、「美厘さん」可愛いからいいか。

誤字ではなく、「蜜」でオッケーという2話「秘蜜基痴」、「出産妻の秘蜜」
前者「秘蜜基痴」は「麻美」さんと近所の親戚の子たち。
実家に帰省した「麻美さん」
小さい頃から”秘密基地”にしていた離れにて、緊縛好きな旦那のプレイで拘束・放置されていたのです。
しかし、状況を勘違いした親戚「てるき」くんに発見されてしまい…という展開。
現実だったら、さぞ恥ずかしいでしょうねー(笑)
同じく親戚「まさと」・「えみ」の入れ知恵によって、「てるきくん」は前々から気になっていた「麻美さん」とそのままえっちしてしまうのでした。
いきなり拘束えっちです。
黒い下着もいいですね、セクシーですよ。
こうした流れで、途中から逆に「麻美さん」のスイッチが入ってしまうのはお約束。
ラスト付近ではエラいこととなっていましたが
後者「出産妻の秘蜜」は母親と息子「朋春」の友人「夕治」くん。
3日ほど泊まりがけで遊びにきた彼と、家のあちこちでえっちしていました。
あれは…いくらなんでも「朋春くん」気付くだろうなぁ。
赤ちゃんいるので、母乳もばっちりです。

義姉「弓子」・「鏡子」
※義姉「弓子」・「鏡子」
 結局お話・キャラ共にこちらが最も良かったです。長編で見たいなぁ。

連れていた犬の交尾に当てられる「ポチつま」
どーでもいいですが、「時郎」くん若いのにヤルねぇ(笑)
かなり積極的なアプローチで、ご無沙汰だったとはいえ、ごく普通の人妻「輪子」さんを見事にその気にさせていました
高架下での野外えっちで、目立つだろうなぁとか思っていたら案の定。
こうしたお話で、実際にバレバレになるというのは珍しいかも。

「ぎりぎりお姉さん」は、タイトルデザインにて”義理義理”と描かれていました。
わはは、なるほど。
Wヒロインもので、既に家庭を持っている「鏡子」・「弓子」という2人のお姉さんと、弟「優一郎」くんのえっちです。
キャラの設定・雰囲気を含め、「MGジョー」センセ版の「Kiss×sis/ぢたま某」という感覚。
1人暮らしした「優一郎くん」のため、家事をして訪れた2人。
仕事の邪魔、とお風呂へ追われた彼でしたが、そこに「弓子さん」、続いて「鏡子さん」まで入ってきて…というもの。
裏表紙の2人がこちらの彼女らです。
むちむちでお尻も迫力あり、透けたり連続だったり、至れり尽くせり
これは非常に良いと思います。
ぜひ連載してほしいですね(笑)
近所ではお金持ちだった右月家が突如離散し、昔馴染みなお姉ちゃん「南未(なみ)」さんを部屋へ招いた「護」くん。
年上・横柄な彼女のことはあまり好きでなかったものの、触れ合うたびに感情は変わっていたのでした。
そうしたお話「HOME SWEET HOME」も広義ではお姉ちゃんモノ。
軟禁状態のまま1週間だそうですが…。
冒頭の2ページ部分は、もっと簡潔に流してよかったのではないかなぁ。
えっちの際の台詞、
私に相応しい男になりなさい
が格好良いですね。
これは、オチ以降のが面白そうな気がしました。

講師と生徒の「剃淑な女教師」
赤点の補習で、クラス平均を下げている~という言葉から察するに…成績悪い生徒らを自宅に呼び出したという事かな。
成績優秀な「間締(まじめ)」くんと関係を持っており、集められた生徒には彼も入っていたのです。
まぁ、皆が感じていたように、監視かつ恋人を家へ招いたということでしょう。
それはいいんです。
ただ、問題集をさせる傍ら、「瀬田神ゆり子」先生はなんとお風呂へ入ってしまうのでした。
(※彼とのプレイがため)
補習していたのではないの?!
ちゃんと勉強教えてあげなさいよ。
しかもムダ毛処理まで始めており、なにを考えているのかよく分かんないです。
普通に彼とのえっちで良かったのではないかなぁ。
なにゆえ自宅(?)なのかも意味不明です。
「イノセンス」は家庭教師「小野木」さん。
引きこもりな「秋都」くんを教えていた彼女は、留守中の世話を頼まれたのでした。
年下の彼を気に入っており、これまでもえっちな悪戯をしていたんですが、その当日は何故か彼の友人らが授業を見学したいと何名かおり…という流れ。
そんな訳で、眼鏡な「小野木さん」との複数えっちです。
こちらも漫画以降が実に気になるラストでした。
もしかして女同士のバトル?
「秋都くん」のお母様が脱がなかったのが残念。

南未さん
※南未さん
 見事な腰回りですね。そりゃー連れて帰りたくなるわ。

ちょっと回りくどかったかしら…
そうした漫画中の台詞がぴったりな「GRASS EATING 愛しき性の捕食者」
小さい頃から、活発な「平泉円」さんの言いなりであった「葵」くん。
学園の寮は彼女と一緒になり、楽しい日々を過ごしていました。
そんな2人に注目していた、隣の部屋に住む「天野」さんは、「円さん」不在の「葵くん」に声を掛けて~という流れ。
短編では、ちとややこしい関係かな。
説明台詞も多く、正直めんどくさい印象でした。
なお、ヒロインのうち「天野さん」は眼鏡です。
ルームシェアをする4名の「いっかけさん 1×3=??」
男子3名とヒロイン「優奈」さんの話で、まぁ確かに彼女はイイ娘でしたがそれに付き合っていた彼らもなかなかのお人好し。
オチを含め、お話はあんまり好みでないです。
「疵~きず~」は「清斗(きよと)」・「康馬」という男子2人と、近所のお姉ちゃん「眞香奈(まかな)」さん。
分からんではないものの、短編ではこれが限界かなぁ。
もっと表現方法あると思うんですが…。
夢にうなされる「清斗くん」のあたりも軽いですね。
すみません、これは良くなかったです。

収録は最も古い「疵~きず~」を含め、08年代が4話ほど。
09年は3話、ほかは今年の漫画となっています。
もともと巧いというのもあるんでしょうけれど、加筆修正がためか絵の差はあまり感じません
相変わらずのむちむちヒロインが良かったです。
たまーにぼんやりした部分も目につきましたが、それは些細な程度。
ただ、前述しているように、表現・繋がりなどテンポに影響する部分に弱さを感じるところがあり、そちらのが大問題でしょう。
もっとページ数に余裕あった方がいいのかな、という訳で、”連続話のがいいのでは”という結論となりました。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: キャラはいいんですが、漫画部分が引っ掛かりました。
・話3: 全体的にいま一歩な感覚です。お姉ちゃん系短編のが良かったかも。
・独4: むちむち具合をお楽しみ下さい。
合計:[10/15]

なかなか良い↓表紙ですよね。
ただ、今回は紹介帯の幅が広く、せっかくの透けたお尻が隠れてしまっているのが残念。
カット絵がしっかり見れるのはいいんですけどねー。

のむおんな (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)のむおんな (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2010/12/25)
MGジョー

商品詳細を見る


★MGジョーセンセの漫画紹介記事  すべて成年系
はなまるびっち!
 人妻ほか、テニス部、シスターなどバラエティ豊かな短編集。
母乳~ははちち~
 人妻系短編集です。
隣のみなの先生 4巻[完結]
隣のみなの先生 3巻
隣のみなの先生 2巻
隣のみなの先生
 オススメな「隣のみなの先生」シリーズ。お隣の美人3姉妹とのえっち長編です。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■LOVE・DOG (RED-RUM)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]調教・巨乳
・おまけ: あとがき、ゲストページ、合間にキャラ紹介、
      カバー裏に表紙リンク絵・キャラ設定画、加筆修正あり。
・その他: カラー(16P)、11話収録(全て表題作・1巻完結)
       
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「RED-RUM(れっど・らむ)」センセの「LOVE・DOG [ラブ・ドッグ]」です。

”闇の調教部屋へようこそ…!!”
そんな紹介帯があった本作品。
あーした↓表紙とか、”凌辱請負い作家”とか書いてあると、いかにもハードな漫画だと思うかもしれませんが…まぁ、だいたいはその通り(笑)
ただ、それだけでばっさり判断してしまうのは、勿体ない単行本でした。
自分でも意外なほどに面白かったです。

桃園美冬、此ノ花桜
※左:桃園美冬、右:此ノ花桜
 プレイとしてはやっぱりハードめです。

過去に初単行本「LOVE・DOLL」を紹介している「RED-RUM」センセ。
2冊目は「LOVE・DOG [ラブ・ドッグ]」です。
似たタイトルですが、特に関連はしていません。

ぶっちゃけ、前巻は相当に不安定な絵が問題でした。
そのため厳しい評価をしていますが、今回はそちらと比べて全然良くなってます。
加筆修正がためか全体のバランスにも優れ、また収録話は全てシリーズものとなっていました。
調教ジャンルで個性の強い仕上がりでしたが、様々プレイを巧く利用されています。

冒頭話「A・LI・CE」はカラー原稿8ページの作品。
メインヒロイン(だと思う)「アリス」ちゃんが↓表紙のような、拘束えっちを受けるというもの。
表紙買いをした人も納得でしょう。
なお、ここはプロローグなので、イマイチよく分かんなくても大丈夫。
でかいツインテールと胸を持つ彼女のえっちをカラーでご堪能下さい。

各キャラの名前がタイトルになっている各話。
それぞれ秘めた欲望を持っており、独特な性癖を闇サイト「MY DOG HOUSE」の案内メールによって充足するというものです。
いちおう繋がり・流れのあるオムニバスで、バーのマスターが案内人みたいな感じになっています。

お尻えっち好きな「桃園美冬」さんのお話「桃園美冬の場合」
パソコンで独りえっちをしていた「美冬さん」の元に届いた、ブリーダーからのメール。
期待と共に指定された場所を訪れるのでした。

幼少期の体験から、お尻えっちの性癖を持っている彼女。
こちらでは目隠し・拘束でのプレイとなるんですが…非常にエグいですね。
細かくは書きませんが、いい展開です。
(ちょっとイメージが違うな…)
とか、なにげに考えてるのがリアルでした。
なお、「美冬さん」は幼いころの姿も描かれています。
当時は何歳か知りませんが、かなり立派に育ったのねぇ。

トップアイドルの3話目「此ノ花桜の場合」
こちらの「此ノ花桜」さんは露出好き
まぁ、アイドルなんて多かれ少なかれそうしたもんですよねー。
ただ、現在の地位でもwebカメラで中継してしまうなど、エロス方面にそれが強め。
大通りを背景にしたマジックミラーをバックに、複数えっちされてました。
衝撃的なラストもいいですが、途中にあったスクール水着姿の彼女がショートカットで可愛いです。

久住蓮秋音、アリス
※左:久住蓮秋音、右:アリス
 もう、どうなってるのか分からんくらいの巨乳です(笑)

いわゆる不良少女の「海堂ナツキの場合」が4話目。
ネット中に闇サイト「MY DOG HOUSE」までたどり着いた「ナツキさん」
欲望をさらけ出す同年代の女性を軽蔑・馬鹿にしていた彼女ですが、いつしか頻繁にサイトへ訪れるようになっていたのでした。

彼女は縛り好き
制服姿にて、がっちり縛られていました。
短い間にも色々な縛り方をされているので、そんなんお好きな方はより楽しめるでしょう。
彼女はオチ部分が注目です。
ちょっとイイお話ですね(←たぶん)

5話目「久住蓮秋音の場合」は前後編。
こちらの「久住蓮秋音(くじゅうれん・あきね)」さんは教師。
あのバストは…男子は授業どころではなさそうですねー。
なんと、理事長室にて「美冬さん」が再登場してます。
2話目ではエロい姿ばかりでしたが、こちらでは日常生活での明るい彼女が見れます。
例のバーへと足を運ぶ、「美冬さん」を尾行した「秋音さん」
なかなか真面目な方ですね。
しかし自らの欲望を無理矢理に抑え込んでおり、それを解放させる~というもの。
もともとターゲットは彼女自身だったんですね。
態度のわりに派手な下着、というキーワードが素敵です(笑)
こうしたお話のお約束で、後半では露出大きい格好にての授業風景が描かれます。
あの後ろ姿はいいなぁ。
複数えっちへ発展するんですが、「美冬さん」もチョイ役ではなくしっかり加わっていました。

そちらの後半でちらと顔を見せていた「アリスちゃん」
続く前後編「アリスの場合」がようやく彼女のエピソードです。
お待たせしました。
こちらが過去やらなにやらの解決話。
詳細は秘密ね。
目隠し・拘束ほかムチでしばくなど、よりSMちっくなプレイです。
めたくたえっちでしたが…オチがため、何気に心地よい読後感でした
ちょっと驚き。
ハードそうな雰囲気に懸念を示してる方も…想像より読めるかもしれません。
食わず嫌いは勿体ないですよ。

海堂ナツキ
※海堂ナツキ
 ヒロインの中でお気に入りです。実はもう1パターンあります。

再びアイドル「桜さん」が登場する「コノハナサクラ」
8ページのカラーショートですね。
本編は先のエピソードで決着しており、ここからは各キャラのモノローグ的な感覚になっています。
こちらも先のオチからの後日談となっており、マネージャーさんも登場していました。
「ナツキメランコリー」は「ナツキさん」
えー、ネタバレをしないように伏せつつ書くと…彼女の友達の危機を「ナツキさん」がその身をもって助けるというもの。
やってる事はえろいんですが、これまたイイ話
剃毛から複数えっちまでハードめなプレイが続くんですが…華麗な逆転劇が楽しめます。
「ナツキさん」いい娘ですね。
このエピソードが最も好き。
「アリスちゃん」の再登場「Welcome to my doghouse」はシリーズの完結話。
コメディーちっくな彼女の姿も見れます。
先の「ナツキさん」同様、エロス体験を利用して人助け…まぁ人助けをしており、良し悪しとかなんとかは置いといて、心地よいお話でした。

しなやかな極細線の絵柄。
版画のエッチングを彷彿とさせるタッチですね。
濃淡は適度なくらいですが、かなりごっちゃり。
コマ割りも大小などかなり複雑で、見辛さがあります。
幅広な輪郭で、横長の目、そして小さい鼻など、個性的なキャラ絵
やたらな巨乳も特徴です。
それがため、バランスに影響しているような部分もありました。
大コマなどには迫力あり、繊細さと大胆さが組み合わさったような感覚。
あちこち、調教ジャンルには合致していると思います。
カラーだとやや雰囲気は違いますが、だいたいそんなん。
裏表紙より、↓表紙のが近いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 4に近い3です。かなり個性的なので好き嫌い分かれるかな、と。
・話4: 解放する本編と、性癖を利用する後半のバランスが見事でした。
・独5: やはり1冊にきちっとまとまっていて、良かったです。
合計:[12/15]

この漫画はハードなえっちがありつつも、読後感が爽やかでいいですね。
前回イロイロ書いてすみません…とか、頭を下げたくなるような出来栄えです。
いいもんはいい。

LOVE・DOG (エンジェルコミックス)LOVE・DOG (エンジェルコミックス)
(2010/12/17)
RED-RUM

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール スクール水着 ショートカット

■それでもやっぱり恋をする。 (倉田嘘)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [百合]友情・コミュニケーションツール
・おまけ: 
・その他: 短編×5(全て同一世界)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「倉田嘘(くらた・うそ)」センセの「それでもやっぱり恋をする。」です。

ユニコーンを使いたくて。
アマゾンでの評価も上々な某無双が欲しいんですけど…ひでるさんは本体から持ってないんですよね。
やっぱやめるか。
どうせプレイする時間もないだろうしなぁ…。

さて、そうした前置きとはまったく関係なく、本日は「倉田嘘」センセです。
2冊目の単行本は「それでもやっぱり恋をする。」です。
百合姫コミックスがデビューの方で、初単行本「リンケージ」に続く作品。
今回も高い完成度でした。

そらちゃん、長谷川悦子さん
※左:そらちゃん、右:長谷川悦子さん
 こう並べると、別の漫画っぽいですね。いちおう同じ世界の住人ですが。

特に絵柄は凄い
細かい部分まできっちり丁寧で、綺麗。
濃淡も丁度良いくらい。
人物は無論のこと、背景や小物などにも手抜きはなく、描き込み細かいです。
ページも見易かったですね。
キャラ絵は漫画っぽくありながらリアルさもあり、適度なバランス感覚
コメディー時の丸っこい崩し方も可愛くまとまっています。
漫画としてもお上手で、引っ掛かる箇所はありません。
個性はあるものの強くなく、万人に好まれるだろうもの。
今回↓表紙はキャラ小さめですが、だいたいそんなんの判断で良いでしょう。

だいたいそんな感じよ。
絵柄部分では、特にマイナス点はありませんでした。
お話も良かったです。
ただ、各話の登場キャラは良くも悪くも幼いのです。
基本高校生、しかも、最近の高校生っぽくない雰囲気であるのが最大の要因。
恋愛というより、どちらも友情ちっくな感覚なのでした。
そのため、各エピソードは…当初仲良しだった2人が、何らかの要因でじわじわ関係がこじれ、やがてどかーんと激突。
本音を出し合った結果、お互いの誤解が解けてより深い間柄となる~みたいな展開になってます。
ガッツリとした百合漫画を見たい方は、ちと物足りないかも
良く描けてはいるんですけどね。

また、各話のタイトルそのまま、コミュニケーションツールがテーマになっています。
まとまっていて、単行本としての質を向上させている要因だと思いました。
これはこれでいいんですが、アナログ時代から生きる人間にとっては、なんだかやっぱりしっくりとはきません
ドライな感じでからねぇ。
(それがためか、漫画中でも対立してたりします)
便利ではあるんですけど。

まゆ・りえ、潤・和美
※左:まゆ・りえ、右:潤・和美
 彼女らが↓表紙の4名です。

1話目「WIRED」は「蒼(青山朱美)」さんと「そら」ちゃん。
オンラインゲームはやったことないですが、あんなんなんですかね。
これは中学生の「そらちゃん」が凄かった。
前半は年相応という感じで、天然のように見えていましたが…。
後半では優れた洞察力を発揮していたりして、この娘を主役とした探偵ドラマが見たいくらい
大学生とか偽っている「蒼さん」のアレコレもよく伝わってきます。
ああしたもんですよ。
お話としては、コレが最も良かったかな。
特に前半に描かれていた、「マスカラ」な話題にざーと流される3コマの処理は非常に好みでした。

2話目「BBS」は「郡山美佳」さんと「長谷川悦子」さん。
水泳部でのお話で、スポーツ推薦で学校へ入った「悦子さん」がそれを気にするあまり、孤立してしまうもの。
これもなんとなく理解できます。
真面目なんですね。
彼女に対して、現代でのいじめがさらりと描かれていて、ややぞっとしました。
まぁ、彼女にも多分に非はあるんですけど。
(※後にフォローあったので、ご安心ください)
この「悦子さん」は登場キャラでも群を抜いた美形で、過去描写から輝くような美少女。
あと10年すれば、非常に良い感じになりそうでした。
なお、これ以降は全て同級生カップルになります。

3話目「PICSEE」は「井沢りえ」さんと「山科まゆ」さん。
これはちょっと似た経験あるので、「りえさん」の気持ちがよく分かります。
嫉妬ですよねー。
どうにもなんないモノなのよ。
下手するとジャンルが変わってしまいそうな、中盤からの展開にはやや驚きました。
危険ですよね、気をつけましょう。
なにげに、先の水泳部3人組も冒頭から顔を見せていました。

4話目「BLOG」は「今仲潤」さんと「遠田和美」さん。
「和美さん」の告白から始まるこちら。
修学旅行は…たぶん京都かな、夜の庭でのあれは良いシチュエーション。
そりゃー相手が同性であってもOKしちゃうでしょう。
背伸びしてる「潤さん」が可愛らしいです。
好きとは言っても、まだ友達のもう少し先くらいかなー。
さすがに「和美さん」のが大人でしたけど、雰囲気からして今後も苦労しそうです。

inter_mission
※inter mission での風景。
 集合した際の面白さは格別でした。必見。

「inter mission」はエピローグ漫画。
「潤」・「和美」に相談を持ちかけた「悦子さん」からの発展で、ネットを通じて知り合った皆が集合するお話です。
それぞれ各話のキャラが再登場していました。
こちらでも「そらちゃん」がいい感じ。
胸は「りえさん」よりあるそうですが…どっちもどっちでは(笑)
かしましくも温かく、単行本のラストを飾るに相応しいものでした

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: これというマイナス点は見当たりません。
・話4: 可愛らしい感じが合うかどうか。
・独5: テーマにそった5話など、単行本として優れた出来栄えです。
合計:[14/15]

短編集、同一世界オムニバス…なら、次は連続話が来るかな。
3冊目がどんなんになるのか、楽しみにしてます。

それでもやっぱり恋をする。 (IDコミックス 百合姫コミックス)それでもやっぱり恋をする。 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/12/18)
倉田 嘘

商品詳細を見る



★過去に紹介した百合姫コミックス


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー 百合姫コミックス 百合漫画

■らぶいちゃ☆ (SHIUN)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ラブコメ・足
・おまけ: あとがき、
      カバー裏に表紙ラフ絵・別絵(プレゼント有)
・その他: 折り返しに著者近影、カラー(4P)、短編×11。
       
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「SHIUN(しゆん)」センセの「らぶいちゃ☆」です。

もう~いくつ寝ると♪
そんな歌が聞こえてきそうな時期になりました。
休みたいですねー。
それが可能ならば楽なんですが…。
ただ、数年前までは年末年始関係ない仕事で、逆にそっちへ好んで出勤していたものでした。
なんかふわふわ独特な雰囲気で楽しいんですよ。

生徒会長さん、「ちかみち」の女の子
※左:生徒会長さん、右:「ちかみち」の女の子
 やっぱり黒ですね。実に良いグラデーションです。

さて、本日は”コミックシグマきっての美少女絵師”という「SHIUN」センセ。
こちらのブログでも紹介しました初単行本「妄想少女」に続く2冊目の単行本「らぶいちゃ☆」です。
前巻が今年の3月頃でしたから、早いリリースで良い感じです。

目の描き方に特徴あり、↓表紙はやや個性的に見えるかもしれません。
前もそんな感じでしたねー。
ただ、白黒絵は自然になっているので、さほど気になるほどではないです
ぜんぜん問題ないでしょう。
内容も
胸・お尻は無論のこと、黒タイツ(ストッキング)に代表される「」が目立っていたような気がしたので、↑属性はそっちにしてみました。

そんな訳で、黒タイツな漫画から。
冒頭のパンチラ場面が素敵な「脚とパンツと会長と♪」
階段で足を見ていたら、ふんわり風でスカートめくれるというシチュエーションは…現実にはほぼないだけ、いいですね(笑)
えっち展開もそちらから。
生徒会長さんはツンデレ・女王様ちっくで、「伊藤」くんをいじっていました。
胸をはだけさせつつも、下は脱いでいないのが有難いです
しっかり彼女の黒タイツ、それ越しの下着を堪能できました。
さっすが「SHIUN」センセ(笑)
こうした流れのお約束で、後半はだいぶ可愛らしくなっています。
オチの表情がまた良かったので、続きが見たいですよ。

そちらでは黒タイツを普通に脱がしていましたが…それに物足りなさを感じた方(笑)にはこちら、短編「ちかみち」
(※こちらの本編ではストッキングと言ってましたが)
私道ながら、近道であったためそこを通りぬけようとした女の子。
途中にあった金網を乗り越えようとしたところ、ストッキングを引っかけてしまったのでした。
さらに、おじさんにも見つかってしまい…と、だいたいそんなん。
こちらのヒロインも先の生徒会長と同じストレートロングな黒髪で、多少はっちゃけてはいたものの美人さん。
ちらほら破れたストッキングが、これはまたハートを射抜くようなエロスがありました
普通に脱がす「脚とパンツと会長と♪」とセットに収録されているのが嬉しいですねー。
どっちらもイイモノですから
足アピールのためか縦長ぶち抜き絵も多く、迫力のある作品に仕上がっていました。
これも非常に良かったです。

主任「杏子さん」、保健医さん
※左:主任「杏子さん」、右:保健医さん
 タレ目な2人。どっちもいじめたくなりますね。

駄洒落じゃーんという、「エン女医 保健委員」も黒ストッキング(←たぶんタイツではないでしょう)な漫画。
大きめな眼鏡など、ドジっ娘な保健医さんと生徒「多野」くん。
ミニスカートで高いところに手を伸ばす~という、見上げパンチラなパターンです。
落っこちてお尻の下敷きになる、お約束までしっかりありました。
ラブラブな2人のえっちで、女をアピールするためか、「多野くん」が若いためか、彼女が全裸になってしまうのがちと残念。
”誰かきちゃうかもしれないから”、とかなんとか、ずらしてのえっちが見たかったなぁ。
白衣なのだし。
ラスト前、髪の毛を戻す仕草がキュートでした。
「ボクの主任は天然さん。」のヒロイン主任「杏子」さんも眼鏡なドジっ娘。
保健医さんほど極端ではないですが、やはりこちらも可愛らしい方でした。
後輩「三浦」くんへのアピールで、空回りしているところが素敵。
ただし、こちらのエピソードに関してはパンストを”ただ穿いてただけ”になっていたのが残念です。

タイツ・パンストではないですが、「つ・ん・で・れ・シスター -デレ分30%-」はニーソックス。
やっぱり足なんですよ。
お兄ちゃんのデッサンモデルのため、メイド服を着た妹「さやか」さん。
本人恥ずかしがっていましたが、きっちり着こなしているのが可笑しいです。
下着も縞パンで、背中からのパンチラが良い感じ
最終的には縛られたりしていました。
タイトルそのままに典型的なツンデレで、厳しい口調でありつつもえっちへの展開はスムーズ。
ラストの彼女も可愛くまとまっています。
なんのかんの言いながら、お兄ちゃんの周囲をうろうろしつつえっちな事して(されて)そうね。
「ぷれぜんとっ」に登場する、ツインテールな「遙」さんもニーソックスです。
付き合う2人で、”智彦の好きなことしよう?”なーんて言ったならば…あれ、意外に普通なのね。
いままでしてくれなかった、というお口プレイです。
服を脱ごうとした彼女を止めた「智彦」くんはその通り。
巨乳に挟まるネクタイが良かったです。

収録のうち「ブルスパウォーズ」は唯一のカラー原稿ありな漫画。
ちらほら漫画などで見掛ける、ブルマ派とスパッツ派の対立コメディーになってます。
お話がそんなんなので、直接たっぷり楽しめるところはポイントでしょう。
カラー部分を飾ったのは赤ブルマなポニーテールの女の子。
赤ですか。
細かく分類すると、たぶん紺・赤・緑…など、色でも意見分かれるところだと思いますが(笑)
「SHIUN」センセはカラーもお上手なんですが、彩色あるのはこちらだけ。
むむ残念。
後半はハチマキが可愛い生徒会長。
こちらはスパッツですね。
先の娘と違って貧乳というのも確かに良かったかもしれません。

憧れな近所のお姉さん・人妻「七海」さんとのえっち話「Unplugged -あんぷらぐど-」
回覧板を届けに来た「晃一」くんは、独りえっち真っ最中だった「七海さん」と鉢合わせしてしまったのでした。
とりあえず………中に…入って
スイッチ・オンな「七海さん」
彼の行為(好意でもあるか)を知っていながら、さして気にせず接しています。
あの包容力はお姉さん然として素敵ですねー
ラストでもそんな感じでしたが、あれは何気に自分にも歯止めをかける意味もあるのではないかなぁ。
アイテムも使っており、お尻突き出した絵は必見です。

妹「さやかさん」、スパッツ派・生徒会長さん
※左:妹「さやかさん」、右:スパッツ派・生徒会長さん
 ツリ目な2人。やっぱりこっち系なヒロインのがいいなぁ。

ほか、「ぱぺっと部」は教師・生徒のカップル。
抜群の人形遣いで、パペット劇が上手な「操」さん。
ただ、普段の彼女は極度なあがり症で、特に対人ではまともに喋ることすらままならなかったのです。
それはパペット部・顧問教師にも同様だったんですが…という流れ。
喋りシーンはパペットにしてほしかったですね(笑)
彼女はいいとして、あっさりえっちに誘う教師はどうなんだろう。
「操さん」は胸押しで、陥没だったりしているため、お好きな方は小躍り下さい。
黒ニーソックスでもあります。
「こころのお仕事」は引き籠りな「拓也」くんとカウンセリングの先生。
いじけることで彼女をえっちに巻き込むパターンです。
途中からはもう好き勝手にしてました。
素股だったのが入ってしまうのはお約束。
困ったような表情が可愛らしいです
無理難題を押しつけたくなりますね。
収録ヒロインではロリっぽい「夕菜」ちゃんの「はぷえぷ」
ラブラブですねー。
裸エプロンで、雰囲気とは裏腹に立派な胸を横チラさせています。
「夕菜ちゃん」もいいんですが、これはオチの2人のが気になってしまいましたよ。

しなやか細線な絵柄。
丁寧でコテコテしないほどに描き込まれ、ページはすっきり。
優しいトーン処理で、濃淡はふんわりとした感覚です。
漫画の見せ場である黒タイツも、素敵なグラデーションを出していました。
フェチ度は高めでしょう
ヒロイン絵は縦長で適度にふっくら。
可愛さと色っぽさがありました。
全員ではないですが、くりっとしたツリ目に特徴。
ちょっと強めなヒロインがいい感じですね。
あちこちのバランスに優れており、見易い作画。
表現などにも引っ掛かるところはありません。
判断については、↓表紙ほか紹介帯のカット絵がいいと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 好きな絵柄です。そう癖は強くなく、安定感がありました。
・話4: 爽やかで心地よいラブコメ話です。
・独5: 胸・お尻も当然良かったんですが、やっぱり足ですね。
合計:[14/15]

なお、カバー裏には↓表紙のラフ絵と共に別絵もあり、秘密URLから高解像度版がダウンロードできます。
非常に綺麗なので必見ですよ!

らぶいちゃ☆ (TENMAコミックス)らぶいちゃ☆ (TENMAコミックス)
(2010/12/24)
SHIUN

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー パンチラ ポニーテール ツインテール

■ゆめいろ半熟たまご (前島龍)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ロリ・ラブコメ
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
      カバー裏に表紙撮影前漫画・裏表紙撮影中漫画、
      裏表紙撮影中漫画・続き。
・その他: 初単行本、カラー(12P)、短編×12。
       
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「前島龍(まえしま・りょう)」センセの「ゆめいろ半熟たまご」です。

ロリマンガ新世代(ニュージェネレーション)だそうです。
なんだかよく分かりませんが、新しい感覚ですね。
デビューは09年とかなり最近ながら、なるほど完成度の高い1冊となっていました
”第2回LO漫画賞受賞・四人衆の1人”という肩書きは伊達ではありません。

夢ちゃん、岡部誠子
※左:夢ちゃん、右:岡部誠子
 この「誠子ちゃん」のエピソードはネタとお話の合致した良いものでした。

さて、そんな訳で本日は「前島龍」センセです。
こちらが初単行本でしたね。
その割に、絵・お話どちらにも安定感がありました。
さすがです。
シチュエーションも様々で極端さもなく、楽しめると思います。

雑誌モデルをしている「夢」ちゃんのお話「モデルのお仕事」
カラー原稿のみで8ページという冒頭話。
だいたいセオリーそのままの展開で、複数えっちになってます。
アイドルちっくな撮影衣装がキュートでした。
なお、↓表紙・裏表紙などを飾っていたのがこちらの「夢ちゃん」
カバー裏の漫画にも登場してますよ。

中頃収録の放尿漫画「保健室登校」にもカラー原稿がありました。
ネタとしてはおしっこですが、コレ実はなかなか良いお話
良かったです。
クセっ毛で、ちょっと大人びた雰囲気もあるヒロイン「岡部誠子(おかべ・せいこ)」ちゃん。
彼女のあんなんは…いちおう病気とも関係してるのかな?
あの世代で、あーした仕打ちになるのは想像し易いです。
(※「」、ばっかですみません)
そんな彼女に対し、保健医「林」の行為は確かにエロいものの、大変な救いだったでしょう
えっちでもいいじゃないか!
特に後半の彼女を見る限り、性癖がばっちハマっています。
保健室登校な現状を保健医「林」は悩んでいましたが、大丈夫。
そのうち外の世界にも慣れるでしょう。
なお、冒頭で「健太クン」とか呼んでいたので、相手が同級生かと勘違いしました。
ちょっと分かり辛かったかな。

短編「ちんげまんげ!!」ですが…スゲェタイトルですね。
ロリ漫画ながら毛が生えるという設定(←ちょろっとですが)
プールを控える「天音(あまね)」ちゃんは、それをお兄ちゃんに剃ってもらうという展開。
当然ながら、ぱっくりまる出しです。
年齢あるとはいえ、多少でも羞恥心ないものかなぁ。
電気カミソリの振動からのえっちでした。
途中からは剃るとかなんとか関係なかったですね。
「僕の妹がかわいすぎてやばい」も妹モノ。
妹「しおり」ちゃんはお兄ちゃんにラブラブ。
アピールに乗ってこない兄に対し、逆ギレした彼女は恋人同士のような痴話喧嘩をしていました。
もう、母親の前だと言うのに。
そんな訳で、兄の寝込みを襲う「しおりちゃん」なのでした。
特に中盤は必見。

姉「夏奈」、妹「美夏」のWヒロイン「おうちでプール」
子供用のビニールプールで遊ぶ2人に、お兄ちゃんが加わるという流れ。
だーって、お兄ちゃん混ざったら絶対……
そうした台詞そのまま、ごくあっさり、あたり前のようにえっちが始まっています。
3名での複数で、ヒロインはどちらもスクール水着
特に妹「美夏ちゃん」は日焼け跡が眩しい褐色肌で、健康的に描かれていました。
途中の来客シーンが必見です。

黒澤美深、久香ちゃん
※左:黒澤美深、右:久香ちゃん
 筆プレイをお楽しみください。えっちよね。

「楽しい書道教室」は「黒澤美深(くろさわ・みふか)」ちゃんとその先生。
書道教室なので…やっぱり筆使ってました。
お約束ですもんね(笑)
こちらにもえっち途中に来客というパターン。
ただし、先の「おうちでプール」と違って、来たのは生徒「紺野」さん。
そのため、机下に隠れた体勢のままえっちを続ける「美深ちゃん」という構図が長く、彼女と対する先生のリアクションを楽しむお話になっていました。
うんこだ
とか言われてましたね。
確かにそう見えるかも。

眼鏡な「蓬田美墨(よもぎだ・みすみ)」ちゃんの「美墨ちゃんのオトナ教室」も相手は教師。
しかし、こちらはそれらしく「美墨ちゃん」の告白をキッチリ断わっており、それがための流れ。
前半の処理はえっちへの結構重要な布石です。
これが小さくごちゃごちゃしており、見辛くテンポも悪め。
後半良かったのに、勿体なかったかな。

公園で1人宇宙人を呼ぶ「青井宙子(あおい・そらこ)」ちゃん。
彼女をチェックしていた男性らは宇宙人と偽り、彼女にえっちな事を仕掛けるのでした。
そんな短編「第四種接近遭遇」は不思議ちゃんなお話。
4年生でアレですか。
友達いなさそうだなぁ(笑)
ただ、名前からして両親の影響が察せられ、知識はなかなかのもの。
チップ埋め込まれることにドキドキ期待をしていました
えっちにも従順で、今後が物凄く心配。

理穂ちゃん
※理穂ちゃん
 こんなんです。20歳の男子にはしんどい遊びですが。

ほか、「まんin電車」はそのまま電車内えっち。
まぁ、普通ならば最初の座ってるシーンで絶対にバレてるよね。
後半の直接場面でも、周囲の雰囲気からして誤魔化しきれていないと思います。
タイホされたらゴメンネ
とか言われてましたよ。
「ハハは小学4年生」は「理穂」ちゃんとのままごと話。
年相応な感じで、細かいリアクションが可愛い「理穂ちゃん」
おそらく倍くらいの年齢だろう「正志」くんは子供役にさせられていましたが、それを逆に利用してのえっちです。
ママのおっぱいがのみたいな
その一言は、バカにならないほどの勇気が必要でしょうね(笑)
なかなか最低な展開でしたが、「理穂ちゃん」によって面白いオチとなってました。
似たような「スーパーヒーローごっこ」ですが、ネタがためハードです。
ヒーローになりきった「久香」ちゃんの電気アンマからの発展。
あっさり騙されて口に含むのもいいですが、
やっつけるなら殴った方が……
の部分が好き。
スパッツがえっちでした。
巻末収録のやたら直接的なタイトル「ちん×ちん」はふたなり漫画。
さすがにこれだけ毛色が違いますわね(笑)
2人ともそんなんで、特に先輩のはモノ凄いです。

大小コマ割りに特徴がありますね。
特に中コマと小コマの組み合わせ配置が独特でした。
双方見比べることで、細かい動きが見えるようで良いですね。
強めな線のすっきり絵柄。
濃淡はしっかりで、描き込みもそこそこというくらい。
描き方もあってやや乱れもありますが、些細な程度です。
ロリジャンルであるものの極端でなく、間口は広め。
多少の差はありますがさほど大きくはなく、単行本は安定していました。
そう変化はないので、判断は↓表紙などカラーで問題ないでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 表現なども良かったです。次が楽しみですね。
・話4: 短編「保健室登校」が巧かったです。
・独4: ふたなり話が余計に感じました。 
合計:[12/15]

カバー裏のおまけ漫画も良かったです。
ちゃんとオチもありましたよ。

ゆめいろ半熟たまご (TENMAコミックス LO)ゆめいろ半熟たまご (TENMAコミックス LO)
(2010/12/24)
前島 龍

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ スクール水着

■近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ? (椿十四郎)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]近親・ラブコメ
・おまけ: あとがき、ゲストページ、4コマ漫画。
・その他: カラー(8P)、短編×8。
       
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椿十四郎(つばき・じゅうしろう)」センセの「近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?」です。

某妹ものラノベなタイトルを参考にした~、というこちら。
「近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?」です。
さらにあとがきには、”間違って買ってくれないかな”とかありましたけど…↓表紙エロいし、間違えはしないでしょー(笑)
たぶん。

ちなみに、ひでるさんが幼少の頃…
「クワガタを取ってきてー」
山へ出掛ける(※ゴルフね)父親にそう頼んだところ、大量の「カミキリムシ」を渡された経験があります。
カゴの中できいきい言ってて、度肝を抜かれましたが。
ぜんぜん違うじゃない!って。
そう考えると、無知な父親に頼めば、あるいは間違えこともあるかもしれませんねー。
ついでに別の単行本まで持ってたりして…。

あゆか、従妹「摩有」
※左:あゆか、右:従妹「摩有」
 キャラ的に目立つのはやっぱり妹系かなー。

さて、年末までそろそろカウントダウンという本日は、「椿十四郎」センセです。
過去にブログは2冊目「姉妹みっくす」を紹介しておりました。
そちらに続き、今回も全て近親系の作品集。
妹押しだった前回とは逆で、姉が5話に対して妹は1話のみ(2話は従姉妹)
ただ、単行本の貴重なカラー部分はどちらも妹系(妹と従妹)が占めているなど、なぜかあべこべになってました。

まずはカラー原稿の作品から。
冒頭「スキだからおK!」は兄妹の近親モノ。
掴みに適したような、軽いラブコメちっくなものになっています。
地元に出来たカラオケ店はいつも満員御礼状態。
そこで、妹「あゆか」はその代わりにラブホでのカラオケシステムを利用することを思いついたのでした。
広いベッドなど、独特の雰囲気に彼女は…と、だいたいそんな展開。

裏表紙が「あゆかちゃん」ですね。
ラブホで遊ぶはまだいいとして、お兄ちゃんと2人きりで~という時点で既にラブいですよ。
どっちにしろ、えっち展開になりそう(笑)
彼女から誘っており、あるいは入る前からドキドキだったかもしれませんね。
(※お兄ちゃんは、からかわれたと思っていた)
ガンガンしちゃってます。
なお、カラー部分はその後日談。
”週一くらいで通っている”とか言ってましたが…前日くらいの2人を見たいですね。
お互いやたら気になるだろうなぁ、って。
また、巻末収録の描き下ろし4コマでは、新婚ちっくな2人が見れます。
避妊しなさいよー。

だいたい真ん中くらいのカラー原稿あり漫画「いとこと」
タイトルそのまま従妹「摩有」ちゃんとのえっちになります。
憧れていた従姉の結婚式で、げんなりしていた「良晴」くん。
そこで1年振りに会った「摩有ちゃん」は、傷心の彼を慰めつつ、自らの成長っぷりをアピールしてきたのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。
可愛い正装の、ツインテールな「摩有ちゃん」
冒頭のやり取りは、久しぶりって感じではないですよね。
彼と同じで追っかけてたのかな。
そんな彼女に従姉を重ねた挙句、「最後までHできるか」って条件は、「良晴くん」ひでえなぁ。
まぁ、巻末4コマなど「摩有ちゃん」も言われっ放しでなく、ちょうど良いカップルなのかも。
手であちこち触らせるシーンが好き。
そりゃ指動かすってば。

比那、「アパートRUN」のお姉ちゃん
※左:比那、右:「アパートRUN」のお姉ちゃん
 可愛いお姉さんでした。特にあの巨乳は必見です。

これ以降は姉系です。
収録のうち、5話は姉弟という近親になっています。
だいたいは軽いラブコメちっくなものでしたが…タイトルからして危険そうな「家庭崩壊淫子(かていほうかい・いんし)」は群を抜いたブラック系
姉「由香」に、長年秘めた想いを告白した「あっくん」こと「篤」
父親の登場で一時はうやむやになったものの、夜にベッドへ潜り込んできた「由香」と、そのままえっちしてしまったのです。
こうして2人は深い関係になったんですが、学校から帰った「篤」は驚くべき光景を目の当たりにしたのでした。
いつからあーだったんでしょうね。
あるいは…ソレによって、急速に女性っぽくなった「由香さん」に惹かれたのかも。
「篤くん」に対する非常識な行動とか、もう壊させているのかもしれません。
中盤からの怒涛な展開と、さらなる悲劇を感じさせるオチが秀逸なものでした。
後味わるいぞー。

短編「キセキレイ」も明るい話ではないものの、そちらと比べるといくらかマシ。
夫「和人」との間に子がない「麻衣」
そこである考えと共に帰郷し、弟「コウ」くんの部屋を夜に訪ねたのでした。
もこもこセミロングな髪が可愛いお姉さんです。
…なにげに母親も同じ髪型でした。
あれならお母様でも全然オッケーですよ!(←なにが)
避けるような態度の「コウくん」に対し、積極的な様が素敵です。
下着もまたキュートなデザインなので必見。
穏やかなラスト付近が逆に怖ろしいですね。

麻衣、「汚してあげる」のお姉ちゃん
※左:麻衣、右:「汚してあげる」のお姉ちゃん
 お気に入りなのは、右のお姉ちゃんです。自然な感じよ。

離れていた3年ぶりの再会を果たした姉弟の「おもいめぐり」
入学式での弟「あきと」くんを、まるで拉致するように連れさった姉「比那」さん。
ページに限りあるとは分かっていますが、あの場面はぜひ周囲のリアクションが欲しかったなぁ。
”3年ぶり”ということは、それ以前は共に暮らしていたと想像され…ちょっと期間短いかな。
「お姉ちゃん」と呼ばせないほどにラブラブとなっていました。
なにがあったんだろう
だいぶいっぱい・いっぱいだったのか、屋上えっちほかお漏らしまでしていました。
お姉ちゃん凄いなぁ。
そんな彼女を相手に「あきとくん」は落ち着いていて、年下っぽくないイイ男でしたよ。

その格好のままドロドロにHしてみたいんだけど
そうした台詞が刺さる「汚してあげる」
衣替えを控え、最後の制服となったお姉ちゃん。
弟さんの言葉はよく分かりますね。
直接部分より、裸で抱きつく~という方がえっちくさいです。
ラブラブでありつつも、お互い適当に好き勝手なことを言い合っているのが肉親っぽく、非常に良い空気。
また、こちらのお姉ちゃんは全体的に普通っぽいデザイン(←誉めてる)
リアルっぽくていいですねー。

「アパートRUN(乱)」はもっとも軽いコメディー系。
会社で酷い目に遭ったと、弟「まーくん」のアパートにかけ込んできた姉。
…子供か。
言動可愛いお姉ちゃんで、胸の事でからかわれたという彼女はやや暴走気味でした。
やたらめったら立派なサイズなんですけどねー。
そんな訳でプレイも巨乳押しになってます。
眼鏡な上にパンストだったり、キーワードも多めでした。

しなやかな細線の絵柄。
濃淡・描き込みはそこそこですが、丁寧で乱れなくスッキリ。
さらりとしていて、手触り良さげな感覚がありました。
あちこちのバランスに優れ、姉妹どちらも爽やかなキャラ絵です
収録のほとんどは09~10年でしたが、従姉「アキ」・「シュン」の短編「約束」だけ07年と古め。
さすがに差は大きく、絵柄もそれなり。
バランスも弱かったですね。
判断には「コミックプラム」さんのHPか、単行本裏表紙の背景カット絵が参考になるでしょう。
白黒とはまったくイコールでないものの、カラーでもだいたいの雰囲気が伝わります。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: ちらほら各話にて異なる感覚もありました。
・話4: 極端なのより「汚してあげる」の自然な方が良かったです。
・独4: 姉妹で突っ走ってほしいですね。中編とか見たいなぁ。
合計:[12/15]

「椿十四郎」センセのHPでは単行本紹介ページがあり、ヒロインの顔が見られます。
また、「家庭崩壊淫子」はサンプルが5ページくらい読めましたので、ぜひ参考にどうぞ。

近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ? (ムーグコミックス)近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ? (ムーグコミックス)
(2010/12/24)
椿十四郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■好きスキkiss (Rico)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・リボン
・おまけ: なかがき、あとがき、あしっどへっど番外地、ゲストページ。
・その他: ピンナップ、カラー(16P)、
       短編×11(うち「可愛く全部愛してね」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Rico(りこ)」センセの「好きスキkiss」です。

ちょっとスペースをお借りして。
ぱっと見たイラストから気になっていた「絶対不発アトミックガール/中山ユキジ」が発売されました。
もの凄い期待していたので、しっかり限定版で買ったんですが…これがまったく合いませんでした。
”総理”という単語から、セクシー政治ラブコメちっくなものを勝手に想像していたんですが、内容は過激シュールギャグ(HPによる)というもの。
そうかー、こんなんかー。
はっちゃけたのが好きな人はいいと思いますが。
また、漫画的な表現もいまいち不足してるかなぁ。
中扉などのカラー絵は非常に良いんですけどね。

絶対不発アトミックガール 1 ボイスドラマ+テーマソング付き限定版 (ヴァルキリーコミックス)絶対不発アトミックガール 1 ボイスドラマ+テーマソング付き限定版 (ヴァルキリーコミックス)
(2010/12/21)
中山ユキジ

商品詳細を見る



さて、例によって前書きとは関係なく、本日は「好きスキkiss」です。
こちらは「Rico」センセの3冊目。
ブログでは、2冊目の「はちゅ・えち」を紹介しております。
その際にも”甘いラブコメ漫画集”と書いてますが、今回もまたベタベタに甘いですねー
前回に続いて今回も↓表紙・裏表紙は大人しいイラスト。
なんだか、成年漫画ではないみたい。
黄色い背景もスッキリで、柑橘系のような爽やかさがありました。
内容を含め、初めて成年漫画を体験しようという方には特にいいと思います。

美香ちゃん、ランジェリーデザイナー「美樹ちゃん」
※左:美香ちゃん、右:ランジェリーデザイナー「美樹ちゃん」
 こうした徹底的に可愛らしいヒロインたちです。

表題作「好き・スキ・kiss」は「優弥」くんと「美香」ちゃん。
↓表紙は「美香ちゃん」ですね。
キスまではしているものの、それ以降がない2人。
ある日彼の部屋で女性モノの服を発見した「美香ちゃん」は、彼の浮気を疑うのでした。
自らの部屋で、2人きりにあーんなキスしていながら…その後がないというのはある意味凄いですね、彼。
そりゃー「美香ちゃん」でなくても不満いっぱいで当然。
逆にプレイにも見えますが(笑)
似たタイトルの「kiss・kiss・kiss」ですが、まったくの別話。
「ケイ」くんと「なるみ」ちゃんで、こちらは逆に所構わずキスを求めるなど、男子が積極的。
ため、思わず怒っちゃう「なるみちゃん」が可愛いです。
同じくキス関係な「しあわせキッス」
ふっくら厚めな唇の「ゆき」ちゃん。
「Rico」センセの絵柄で、不自然にならない程度に厚く描かれていました
あれは大人っぽく見えるので、コンプレックスに感じているのも納得。
前半での隠すような服、仕草がまたキュートでした。

カラー原稿もある「2人のゼロ距離恋愛」
「まり」ちゃん、「たつや」くんのカップル漫画で、ほぼ全編がえっちシーン。
冒頭で”遠距離恋愛”とあったので、そんなんもまぁ当然かもしれませんが…オチにてネタばらしがありました。
うっわー、これはまたドロリとした甘さですね。
驚きますよ。

ゆきちゃん
※ゆきちゃん
 この唇ですね。絵柄に自然な程度が巧いです。

同じくカラー原稿から続く冒頭話「エッチなマンガは好きですか?」
ペンネーム「桃美」こと「ともみ」さんはえっち漫画家。
彼氏「誠」くんにその事実は言えず、少女漫画家として振舞っていたのでした。
しかし、彼女の部屋で単行本を見つけられてしまい…と、そんなん。
まぁ、男子でえっちな事嫌いというのはないでしょうね。
無理矢理されてもいい~とか妄想しているのは、いかにも漫画家さん
そのため、バレた後は彼女から半ば強引にえっちへと誘っていました。
これからはプレイをネタにされたりするんでしょうけれど、たぶん「ともみさん」のがえっち度高いと思うので、「誠くん」が合わせられるかちと心配。
なお、最初は彼女の漫画原稿という設定で、白メイドが楽しめます。

なお、続く「Princess Maid」はメイド「真由」さん登場のお話。
國城家の主人「優」くんにラブラブな「真由さん」
使用人にも優しい彼に、酔っ払った勢いで普段からの想いを口にしたのでした。
あの感じだと、先輩メイドでも好きな人はいそうですね。
服を自ら脱いでしまったのは、ちと残念でしたが。

番外編と合わせ、「可愛く全部愛してね」は連続話。
ランジェリーデザイナーの「美樹」ちゃんと、その彼氏「和斗」くん。
…え…下着ももう脱がしちゃうの?
そんな台詞ありましたが、その通り。
「Rico」センセはリボンとか下着とか、ふわふわした感じがお上手な方。
あっさり脱がしてしまうのは、勿体ないですよ。
また、「美樹ちゃん」自身がそのデザインを手がけていることもあって、よりそれにこだわる理由にもなっています。
”体を隠す邪魔なもの”
「和斗くん」の意見には同意できませんねー。
隠されているからこそいいと思うのだけれど。
どちらもセクシー下着という依頼なようでしたが、番外編よりも本編のほうがいいなぁ。

ともみさん、メイド「真由さん」
※左:ともみさん、右:メイド「真由さん」
 「ともみさん」はぜひ続きが見たいですね。

ほか、「かまってほしいっ?」は共働き夫婦のすれ違い漫画。
疲れてるというのはよく分かります。
ただ、やはり新婚さんなので、「奈央」さんにはえっちに積極的であってほしいですね
このブログを見ている女性で新婚な方(←そんなんいないよ)
男性の1人として、そこはぜひお願いします。
「いーぱいあいちてる」は彼氏「ゆう」くんのダイエット話。
対象が男性というのは珍しいですね。
えっちで痩せようというのは成年漫画のお約束です。
「片想い×片想い」は昔馴染みな妹的存在である「美紗」ちゃん。
あ…あたしが彼女になったげよっか?
定番な、そうした台詞が可愛いです。
お祭りに出かけるため、浴衣な彼女。
その2つがセットになれば、やはり野外えっちですよねー。
呼び方は「お兄ちゃん」なままのが背徳的でいいと思うのだけれど(笑)

やや太めで強い線。
トーン処理と絡んで、ふんわりとした感覚があります。
濃淡・描き込みは適度なくらいで、丁寧でしっかり。
コマ割りはそこそこ複雑でしたが、見易くまとまっていました。
漫画は巧く、キャラ、服や小物なども含めて可愛らしいもの
特に下着には力が入っていて、良いですね。
ラブコメというジャンルがぴったりです。
絵柄の糖分も高め。
カラー原稿もふんわりとした色使いで、絵によく合ってます。
基本的には白黒と変化ないので、↓表紙・裏表紙にてご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 徹底的に可愛らしく描かれていました。
・話3: ひたすら甘い作品群です。もう少し仕掛けがほしいかな。
・独4: リボンなどアイテムを含め、ふわふわした感じがいいですね。
合計:[12/15]

コアマガジン」さんの年末・年史発売な単行本3冊を買うと、同人誌プレゼントだそうなんですが…。
抽選で100名は少ないなぁ。
全員プレゼントならば応募する気が起こるんですけど。

好きスキkiss (ホットミルクコミックス 336)好きスキkiss (ホットミルクコミックス 336)
(2010/12/24)
Rico

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コアマガジン

■らぶちゅーらいふ (左カゲトラ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]貧乳・お尻
・おまけ: あとがき、イラスト、カバー裏に「作品解説とか妄想とか」
・その他: 初単行本、カラー(8P)、短編×10
     (うち「We Wanna be HAPPY」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「左カゲトラ(ひだり・かげとら)」センセの「らぶちゅーらいふ」です。

ひでるさんが脳内で勝手に設定していた”12月の注目作”
1冊目は、こないだ紹介した「Sweet Lip/藤ます」でした。
表紙のメイドさんほか、お嬢様らが良かったですね。
その2冊目が…こちらの「らぶちゅーらいふ」です。

もう、なにはなくとも、注目はあの↓表紙部分
アマゾンで初めて見た際の感激を前書き部分にのせましたが、ようやくイロイロと書けます(笑)

いやぁ、実に素敵な↓表紙ですね!!


らぶちゅーらいふ (TENMAコミックス LO)らぶちゅーらいふ (TENMAコミックス LO)
(2010/12/24)
左 カゲトラ

商品詳細を見る


個人的には、こうして手元に落ち着いただけで、なんだか満足(笑)
やっぱりタイツはこうですよねー。(←パンストでなくタイツですよね、たぶん)

シチュエーションとして、直穿きというのもあるんですが、やっぱり白下着とのセットに限るでしょう。
黒のタイツに包まれ、やや色を落としたグラデーションな白い下着が目に眩しいです。
また、イラストのちょっとしたリボンが、大変結構なアクセントになっていますよね!
紹介帯が掛かっているとその肝心な部分が見辛い、また制服と髪が同色…という2点は、個人的に勿体なかったと思います。
ただし、服をペロリとめくって胸が露出している、しかも見事な貧乳という部分は素敵。
本気で、ずーっと眺めていても飽きません。
とりあえず、携帯の待ち受け、PCの壁紙に設定してみました(←本当)
欲を言えば、もうちょっと太ももが見たかったなぁ、と。
「左カゲトラ」センセ、次の単行本・表紙もぜひ宜しくお願い致します。

仁奈森早奈子、みずきちゃん
※左:仁奈森早奈子、右:みずきちゃん
 透明感と素朴さのあるヒロインたちです。

さて、そんなこんなで「らぶちゅーらいふ」
こちらが初単行本。
某専門サイトでは、”泣く子も黙る”とか紹介されていました。
…本当かな。
構成は短編と1つ3話の連続モノ。
くくりは「LO」ですが、登場ヒロインはだいたいティーン世代。
ロリというよりは貧乳ですね。
登場ヒロインは、皆さん見事なまでに控え目サイズでした。
また、「左カゲトラ」センセはお尻がだいぶお好きらしく、そんなプレイが多めです。
ちょっと傾き大きいかと(笑)

絵柄・お話の安定した、収録のメイン「We Wanna be HAPPY」は3話ほどの連続話。
学校では優等生として知られる「仁奈森早奈子(になもり・さなこ)」ちゃん。
わざわざ家庭教師の先生宅で授業を受けるのは、えっちなことも教わるためでした。
しかし、特別授業はお尻ばっかりで、すっかりそれにハマってしまったのです。
そんな「早奈子ちゃん」には気になる先輩がおり…と、だいたいそんなお話。

全3話でまとまり良く、なるほどお尻えっちだった1、2話も納得です。
自然にプレイへ持ち込むため、色々と試行錯誤してるのかな。
結末は綺麗に落ち着いていましたよ。

1話目「We Wanna be HAPPY」は家庭教師と。
尻尾くっつけられたりしてました。
がくがくな「早奈子ちゃん」が可愛いです。
わざわざ鏡で見せるのはまたいい趣味でした。
2話目「We Wanna be HAPPY…?」は学校が舞台。
やっぱり制服姿ですよね!
しっかりタイツも穿いているんですが…↓表紙みたいな絵がなく、がっかり。
1コマでもいいから、タイツ越しの下着姿が見たかったー。残念。
ただし、制服にずらされたタイツ・下着というのもなかなかの光景で、完全には脱がすことなく足に引っかけていました
これはセンセのこだわりかな。
声を出さないように頑張る姿が素敵でした。
14歳の誕生日という3話目「We Wanna be HAPPY!」
あるお願いをされた家庭教師は…というもの。
もやもやっとした微妙な空気を完全にかき消すようなお話です。
あれだけエロいことしておいて、いいトコあるじゃない。
ちょっと、いやかなり意外でした。

「Be Together Tonight」は、おかっぱ頭な「みずき」ちゃんと「アキヒロ」くんのカップル。
どうやら、彼女が収録で最年少みたい。
そう考えると、年上男性と付き合っているためか、年代の割りに落ち着いた娘ですね。
クラスでは抜きん出て大人びた雰囲気なんだろうなぁ。
なにせ、彼女お尻でしちゃってましたから。
手が袖に隠れてるパジャマ姿が良かったですよ。

久里原詩央、五藤羊子
※左:久里原詩央、右:五藤羊子
 天然コメディーなヒロインはもっとはっちゃけてても良かったかなぁ。

冒頭に収録された「サヨナラCOLOR」は8ページのカラー漫画。
ページも少ないためかお尻いじられてるとこから始まっており、既にタイツはずらされていました
…あああ、「左カゲトラ」センセ、これも仕掛けが早いですよぅ。
漫画は教師と生徒「鳩子」さん。
あの一言は…もっとも言ってはダメなこと。
それがため、空気の重量感がちと増してしまいます。
彼女の最後の台詞はいいですね。

教師と生徒「久里原詩央」がアダルトショップで鉢合わせするという「熱烈歓迎あだるとぱらだいす」
憧れる”大人のオモチャ”を購入するべく、変装して出掛けた「詩央ちゃん」
店内・レジにいた教師に驚き、思わず声を上げたことで、あっさりバレてしまったのでした。
真顔でオモチャが欲しいと言う彼女に対し、
ここで実際に使って見ること~
そう、諦めさせるための無理難題を真に受けた「詩央ちゃん」はえっちなことを始めてしまうのです。

バツ印な髪止めが特徴の「詩央ちゃん」
言動そのままえっちの開眼は早く、小学校2年生くらいと告白してます。
…あ、でもそれって普通くらい?
ひでるさんも小学校低学年くらいだったような…まぁ、それはいいか。
なかなかトボけた感じで、教師とのやりとりはコメディーちっくになってました。
たぶん、学校でもえっちをせがんできそうなので…この漫画後のが気になりますね。
なお、教師が店番をやっていたのは、ここが実家であるためです。
いいのかな。

「放課後キンダン倶楽部」も教師・生徒のカップル。
援助交際の噂がある「五藤羊子」さん。
放課後、教師に呼び出された彼女はその噂をきっぱり否定したんですが、ちょっとした拍子に下着を穿いてなかったことを知られてしまったのでした。

彼女の興味・好意・同情(使命感?)からのえっち展開です。
「羊子さん」はみつ編みの可愛い、真面目そうな娘。
放課後呼び出しですごいドキドキしてた~
とかなんとか、もともと好意はあったのね。
転んだのわざとだったりして。
(※直後の「見ました…?」の台詞はやや余裕も感じます)
縞パンは再度穿かせてからえっちしてほしかったなぁ。
また、解説にもありましたが、1コマだけ顔を見せていた眼鏡の娘も気になります。
困ったような表情が可愛いです。

なずな、由麻
※左:なずな、右:由麻
 制服いいですね。センセは黒で勝負すべきかと思いました。

ほか、「やっぱり!? Aが好き」はタイトルそのままお尻えっち話。
自然にプレイへと持ち込むため、冒頭では普通にしてますね。
なるほど、これは納得な展開です。
ヒロイン「なずな」ちゃんはあらかじめ自分でお試しをしたらしく、メロメロになっていました。
引っ越しする、近所のお兄ちゃんとの最後の逢瀬を描いた「Sign of L・O・V・E」
前半のもじもじする付近とか、後半は良かったんですが、オチは弱いかなぁ。
いちばんかわいいぱんつはいてきた
そんな感じにめくって見せるのが、「朋花」ちゃんキュートです。
せっかく制服着てたので、もっと普通のデザインのが刺さるかもしれませんよ。

やわらかな細線のすっきり絵柄。
描き込みそこそこで、濃淡はやや濃いめ。
漫画はゆったりしたテンションであり、ゴチャゴチャはしていません。
あまりえっちっぽくない、人物絵。
素朴な雰囲気で透明感があり、中性的なヒロインらとよく合致しています
綺麗とも可愛いとも違う、すらりとした魅力ですね。
HPでのイラストを見ていて思ったんですが…なんとなく「わんぱく」センセに近いかなぁ。

初単行本ということで収録の前半・後半には差があり、全体としては不安定。
なお、「13 growing up」が08年11月と、収録のうち最も古い原稿。
デビュー作とのことでした。
確かに線・表現には不安あるものの、この時点から”制服・タイツなどの黒関係は高いクオリティ”がありました。
ヒロイン「由麻」ちゃんはおデコも可愛いです。
お尻はこの際からなんですね(笑)
ただし、↓表紙・裏表紙のレベルから考えると、正直なところ全体はやや落ちます
ここは絵柄が安定するだろう次巻に期待ですね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 単行本全体で考えると、このくらいでしょう。
・話3: 天然な娘はもっとはっちゃけてて良いかも。 
・独4: 貧乳・お尻でカチッとまとまっていました。
合計:[10/15]

上でひでる大騒ぎしてますが、「オータムリーフ」さんで購入すると、↓表紙イラストの複製原画がついてるそうです。
文字のないやつよ。
通販しようか…本気で迷ってます。

らぶちゅーらいふ (TENMAコミックス LO)らぶちゅーらいふ (TENMAコミックス LO)
(2010/12/24)
左 カゲトラ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■Lovely Colors (木谷椎)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■□□□□
・独創性:■□□□□
・属性 : [成年]再録・イラスト集
・おまけ: ※↓本文参照。
・その他: ※↓本文参照。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木谷椎(きや・しい)」センセの「Lovely Colors [ラブリーカラーズ]」です。

ちょっとコレは酷いなぁ
前巻「どっちもLOVE!?」は4月末の発売で、一般系も合わせると今年は3冊目の単行本。
わーい、って買ったんですが、かなりファン向けな内容になっていました。
薄いのは毎度のことなので置いといて、特に内容(構成)が微妙なので、ご注意下さい

さて、「木谷椎」センセは通算で6冊目となる「Lovely Colors [ラブリーカラーズ]」
良い紙質で、薄いながらも重量感ある仕上がりです。
木谷椎のカラー作品がこの1冊に!」とかありましたが、フルカラー本ではありません
カラーページが多いには違いないんですが。
(※全部カラーだったら、この内容でも良かったかなぁ)

白水着の女の子、柚子ちゃん
※左:白水着の女の子、右:柚子ちゃん
 初登場のヒロインたちです。どちらも良い感じでしたが…。

紹介帯の文言にはさらに、
”コミックス未収録作品+極秘資料集初掲載!”
…とか、書いてありました。
極秘資料集、というのは…2ページあった「キャラクター表」のことかな。
いちおうコメントはあったものの細かな説明がある訳でなく、普通に単行本のおまけとされそうな程度のもの
ジャロな感じに大げさですね。

また、コミックス未収録作品もない訳ではないですが、ページのほとんどは再録漫画
その再録も、「どっちもLOVE!?」、「Mind of Sisters」からになっているんですが、連続話なのに途中でばっさり終わる始末でした。
コミックス~[タイトル]~に続く。
だって。
そう、再録なので未読の方にはまぁいいかもしれませんが、結局のところ”こちら買っただけでは最後まで読めない”のでした。
だいたい、再録漫画があるのに、しっかり明記していないのは不親切です。

そのほか、単行本の30ページほどを占めているのは、雑誌表紙に描かれていたイラスト集。
雑誌の際にあった文字は当然なく、カラーのまま収録されていて、いっちゃ、いいんですけど、これは漫画ではないですよね。
無理矢理1冊にまとめた感が強く、カラーが多いためか価格も通常より高め
あまりな構成に、見ていて目が点になりました。
”コレはテラお買い得♪”とかなんとかも書いてありましたが。
…どこが??
「木谷椎」センセが悪いのではないかもしれませんが、今回のはイメージダウンな感じです。

それでは、順に1つずつ確認しながら書いていきますね。
なお、左の半角数字はページ数です。

003「スプラッシュ娘」 カラー
こちらはカラー4ページのショート。
白ビキニな女の子とのえっちです。

007「どっちがお好き?」 カラー
こちらもカラー4ページのショート。
「柚子」、「花梨」というWヒロインになっています。

011「かわらないもの」 カラー
収録には”イベント限定本の再録”もあるそうですが、コレがそうなのかな。
またまたカラー4ページのショートで、「かんな」ちゃんとのえっち。
先の2話と比べて最もお話ちっくでしたが、このページ数ではいまいち伝わりません。

015「木谷椎イラストコレクション」 カラー
イベント限定イラスト集「ポリクローム」・「ポリクローム2」、雑誌「純愛果実」からの表紙・イラストが収録されています。
まぁ、カラーはお上手ですね。
季節毎のシチュエーションえっち、みたいな感じ。

043「真夏の好奇心!」 カラー+白黒
こちらは初単行本「乙女の恋愛情事」からの再録。
前回もカラーで収録されており、ビミョーな色の違いくらいかなぁ。
白黒原稿部分は、異なる紙質でよりクリアな感覚でした。
プロの方は、見本として役立つかも。

063「Mind of Sisters 1話」 カラー+白黒
同タイトルな漫画からの再録。
まったく同じ…かと思ったら、「To Be Continued…」が「続く」となってました。

083「Mind of Sisters 2話」 カラー+白黒
前巻ではモノクロ収録でしたが、こらちはカラーのまま収録です。
「琴美」お姉さんがお好きな方は、ボンテージ姿が色つきで楽しめます。
白黒部分は同じ…と思いましたが、ひでるさん持っている本はラストページ前の原稿があべこべになっていました。
(※「入ってきちゃう」のページと「あッあッとけちゃうッ」が間違って逆になってました。乱丁ですね。お取り換えになるのかな)

なお、その後101、102ページには「Mind of Sisters」、「どっちもLOVE!?」のキャラクター表があるんですが…これが「極秘?設定資料」では?
もしかして、これも乱丁なんでしょうか。
なお、こちらは白黒原稿です。

かんな、有紗
※左:かんな、右:有紗
 白黒原稿だった原稿もカラーになってはいましたが…。

103「Mind of Sisters 4話」 カラー+白黒
そうきっちり繋がった話ではないですが、3話をすっ飛ばして4話です。
「るみ」ちゃんが気になっていた人は残念賞。
こちらも、前巻モノクロだったものが、カラーにて収録されています。

123「どっちもLOVE!? 1話」 カラー+白黒
そんな訳で、コレも同タイトルな漫画からの再録で、カラー部分は前回から変化ありません。

143「極秘?設定資料」 カラー
前述したように、明らかに設定資料っぽいのは既に収録されており…こちらの143、144ページにあるのは「ふたなりっ娘らばーず」、「ふたなりっ娘プリティ!」のカラーイラストが収録されてます。

145「妄想小説」 カラー+白黒
初単行本「乙女の恋愛情事」からの再録。
前回白黒だった原稿は、ちゃんとカラーにて収録されてます。
タイトルあるページと、「詩穂くんの文章は」で始まるページがあべこべになっていました。
よくよく前後を見てみると、今回の順序のが正しいみたい。
うわー、前巻が乱丁かー。

161「あとがき」
こちらと奥付けはたぶん描き下ろしな筈。
「真夏の好奇心!」の「有紗」ちゃん、「妄想小説」の「詩穂」さんという初単行本コンビですね。

…以上です。
新たにカラーで~、というのもありましたが、ほぼ再収録。
少ない未収録ショート漫画と、イラスト集だけで考えると、コストパフォーマンスは悪め。
この構成は酷い。
ファンの方以外は見送った方が良さそうですね

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: カラーも白黒も巧いです。
・話1: ただし漫画再録ばかりで、途中で終わるなど中途半端。
・独1: 個人的に納得できないので、低くしてみました。
合計:[7/15]

ついでに言えぱ、カバー裏は↓表紙・裏表紙の白黒。
折り返しは裏表紙そのまま、いきなり漫画に入るため中扉もありませんでした。
某漫画専門店では8ページ小冊子がつくそうなので、ファンの方はせめてそっちかなぁ。

Lovely Colors (いずみコミックス)Lovely Colors (いずみコミックス)
(2010/12/22)
木谷 椎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ボンテージ

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。