FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ママに射精しちゃダメぇ~! (飛龍乱)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]近親・巨乳
・おまけ: あとがき・作品解説、描き下ろし「2010年のねこ」
・その他: カラー(8P)、短編×12(うち「ママごとアソビ」×2、
       「母子相・檻」×2、「極上の妻たち」×2、「お母さんといっしょー」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「飛龍乱(ひりゅう・らん)」センセの「ママに射精(だ)しちゃダメぇ~!」です。

こないだ思い出しました、年始の誓い
そんな訳で、人妻ネタな単行本を再度意識するようになっていたところ…ちょーど年明け1回目で前巻「ママの子宮にいらっしゃい」を紹介しておりました「飛龍乱」センセの新刊を発見。
「ママに射精(だ)しちゃダメぇ~!」ですね。
タイトル・カバーなど、慣れてない人はレジまで持ってくの大変そう(笑)

「飛龍乱」センセのHPによると、”専門店・ネット販売の増加がため、過激なタイトルでも良いとされるようになった”、そうです。
あ、なるほど。
これからはそうした目線でタイトルとか気にしてみましょうか。

「MAID IN MAMA」の母親
※「MAID IN MAMA」の母親
 メイド仕様ですが、こちらも母親です。

ちなみに、ひでるさんは↓表紙より「お母さんといっしょーVol.2」のタイトル扉絵(カラーでした)のが好き。
黒・花柄という、相反するようなデザインが良かったです。
どこのオマケか分かりませんが、またそれがイラストカードとして封入されていたのでラッキー。
こちらの方は、性格なども含めてちょっと垢抜けた、美人ぽい描き方ですよね。(たぶん)

さて、やっぱり母子近親モノと言ったら、「飛龍乱」センセでしょう。
今回はそうした定番ネタのほか、幼馴染み、お姉さんな漫画なども収録されていました。
2話の連続モノが多く、じっくり短編集みたいな感覚です。

まずは短編から。
「大きな恋のメロディ」、「姉も・ね」の2話は、珍しく人妻ネタではない作品です。
うち前者「大きな恋のメロディ」は「三倉夏希」さんと「健斗」くんの幼馴染みカップルです。
バスケ部でのエース「夏希さん」は、クラスで最も大きい女性。
一方の「健斗くん」はさほど背丈が伸びず、体力も相応にある彼女とは幼少期のイメージからあべこべな状態でした。
それがため、コンプレックスを感じる2人は微妙にすれ違っていたんですが…と、だいたいそんなん。
Theかぼちゃワイン」なパターンですね。
お互いだいぶ意識していたようなので、漫画では2人並ぶ描写がないんですが…やっぱり横並びの絵が欲しかったです。
”学校でも無視する”
とあったので、特に彼かな。
それでも、向かい合って座っている(正座)シーンではふたまわりくらい差がありましたけど(笑)
いつしか熟睡してしまう「夏希さん」
無防備でいいですね。
そりゃー「健斗くん」でなくても手を出して当然。
こちらがお互い初めてだったようなので、寝込み襲うシーンはもう1ページくらい追加してドキドキ感を味わいたかったです。
後者「姉も・ね」は姉「安奈」、弟「俊輔」の近親。
新婚生活を送っていたはずの姉「安奈さん」でしたが、喧嘩したという理由で実家に戻ってきたという流れ。
こんなん好き(笑)
お姉さんの結婚式での写真を部屋に飾っている「俊輔くん」
…なるほど、もともと関係してたのか。
具体的な部分は伏せますが、えっち最中に本音を言いつつも、現実的な結論を下す様がなかなか重いです。
まぁ、そうでしょうねぇ。
ただし、なかなかしたたたかな「安奈さん」なのでした。
続きが実に気になるお話です。
また、あとがきに書かれていた「飛龍乱」センセのコメントがその通り。
いつ母親が混ざるのか、って感じでしたよ。

三倉夏希、「母子相・檻」の母親
※三倉夏希、「母子相・檻」の母親
 「夏希さん」は若い割に落ち着いた感じですねー。

ほか短編「アマのイワト」は引き籠る「秋沢隆史」の母親と、そのクラスメイト・学級委員長「岡崎」くん。
母子は登場しますが、そちらは関係しません。
どこから演技なのか、どこまでする予定だったのか分かりませんが、漫画での雰囲気を覆すオチが見事
今度は彼が家から出られなくなりそうね(笑)
「MAID IN MAMA」は母親「絵理」さんにメイド衣装を着せるというプレイ。
本人が似合っていない、と照れながらもやむなく着ているところがポイントでしょう。
実際、あれだけ開いている胸元に相応しいバストサイズの持ち主で、良い感じなんですが。
かなりラブラブなまとまりでした。

カラー原稿からの「ママごとアソビ」は2話の母子ネタ。
成績で勝った方が10日間母親を自由にできる、そんな勝負をしている双子「卓也」・「拓巳」のお話です。
「あいちゃん(※「尾崎未来」センセ)」もびっくりな流されキャラでしたねー。
切っ掛けもそうでしたが、負けた方は”触ることすらできない”というルールがいちおうある筈。
しかし、漫画で描かれている2回の勝負のうち、どちらでもえっちまで許していました。
あのぅ、もうちょっと抵抗しましょうよ。
主人公的に描かれる「拓巳くん」も涙目でしたよ(笑)
ただ、そんなんが若さを保つ秘訣かもしれませんね。

1、2話目でガラリと雰囲気の変化する「母子相・檻」
地震からの停電により、マンションのエレベーター内に閉じ込められてしまった「祐太」とその母親。
成績・素行不良がため学校へ呼び出された帰りのことで、どちらかというと険悪なムードであった2人なんですが…そのまま4時間が経過しても、助けは来なかったのです。

極限状態えっちですね。
普通にラブラブするよりも説得力のあるシチュエーションだと思います。
4時間は長いですよー。
真っ暗かつ密閉空間に2人だけで、真面目そうな母親からパニックになるのもなんだかそうした感じ。
子供を守るよりも恐怖が勝ったのでしょう。
これが切っ掛けで、2話目。
単に外出・家内という違いかもしれませんが、アップだった髪を下ろしていました。
逆に女性度アップな感じ
前話からそこそこ時間が経過した後のお話となっており、厳格な父親がいる周辺でのえっちになってます。
すっかり可愛らしい母親に注目。

「極上の妻たち」の奥様、「お母さんといっしょー」の母親
※左:「極上の妻たち」の奥様、右:「お母さんといっしょー」の母親
 この2人がいい感じ。つり目傾向です。

前述したようにカラータイトル扉が良かった、「お母さんといっしょー」はソフトSMな感じ。
未熟な子が相手だと危険なのよ
そうした台詞が深い1話目。
次の「極上の妻たち」の母親もそうですが、どちらかというとタレ目気味なヒロインが多い中、こちらの母親は役どころがためかツリ目
髪をポニーテールにしているのもおさまり良く、美人な雰囲気です。
有無を言わさず、いきなりひっぱたくシーンがまた素敵。
熟練者な感じでした。
最終ページのSD「椎名」さんが可愛いです。
2話目は「貴史」くんが女装し、そのまま電車に乗り込むという羞恥プレイなネタ。
そうだ、母親がえっちから精神まで支配側というのも珍しいかもしれません。
新鮮味を守るため、詳細は伏せておきますね。

「極上の妻たち」、「極上の妻たち 仁義なき抗争編」は似たタイトルみたいな世界の漫画。
「飛龍乱」センセはあとがきにて見た事ない~と書かれていましたが、ひでるさんも同様です。
ヒロインの刺青については中止したそうですが、たぶん元ネタ映画が好きな方はそんなんがいいのではないかなぁ。
ただ、確かに漫画読者はそれを望んではいないと思いますが。
法学部の学生であった主人公。
仁義な組織の娘「梨花」ちゃんの家庭教師として、日々組に出入りしておりました。
ある日、強制捜査が行われようとした際に、間に割って入って追い返した実績から、恩人と格上げされた彼はその母親からお礼を受けることとなったのでした。
だいたいそんなん。
いい度胸してるのね
こちらの2話はその一言が全てでしょう。
確かに1話目のアレは格好良いです。
惚れて当然。
また、2話目では知識だけでなく、かなり大胆な作戦を即座に行動に移す行動力も見せておりました。
詳細を調整して、2時間映画としてもいい感じです。
いや、本当に。
オチ部分は非常に良い場面だったので、1ページにまとめてしまったのはちと残念。
面白かったです。

退魔師っぽい女の子
※退魔師っぽい女の子
 こんな漫画もいいのでは。

強めな線の絵柄。
濃淡は適度なくらいで、ページはややごっちゃり気味です。
大小・斜めなコマ割りがためかな。
絵的にはそう描き込みなく、すっきりしています。
縦長ながらもふっくらした輪郭で、小さめな顔パーツと厚めな唇が特徴。
胸もどかーとした大きめサイズになっております。
ぱっとした色気満載でなく、落ち着いた魅力のある人物絵で、やはり母親バランスなのかも。
(※収録では「夏希さん」とか、かなり年上に見えました)
色つきですが、裏表紙はカット絵のより抜きになっており、判断はそちらが最適です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 癖が強めです。バランス悪く見える時があるんですね。
・話4: 2話の連続はやや急ぎ気味だったかなぁ、と。
・独5: 収録は定番ネタほか、姉・幼馴染みと色々あって面白かったです。
合計:[12/15]

描き下ろし日常漫画の退魔師な女の子(↑それ)が可愛いです
もし機会あれば、そんなネタでも描いてほしいなぁ。

ママに射精しちゃダメぇ~! (TENMAコミックス)ママに射精しちゃダメぇ~! (TENMAコミックス)
(2010/11/26)
飛龍 乱

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ポニーテール

■LOVE LOOP (かたせなの)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメ・ビジネス
・おまけ: あとがき、加筆修正あり、
      カバー裏にラフ絵・作品解説。
・その他: 携帯待ち受けFLASHプレゼント、ブックマーク封入、
      折り返しにコメント、9話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かたせなの」センセの「LOVE LOOP ラブループ」です。

書き辛いのでこちらにて。
「誰にも言えない/シギサワカヤ」を読みました。
今回もらしい単行本に仕上がっていましたよー。
紹介するとネタバレ満載になりそうなので、やめ。
表題シリーズと百合漫画なお話が収録されており、どちらも”誰にも言えない”という感じ。
シリーズの方はメインタイトルの主人公「美鳥」さんではなく、全体的に妹「美苗」さんのお話っぽかったですねー。
たったそれだけの事
…が印象的でしたよ。

誰にも言えない誰にも言えない
(2010/11/30)
シギサワ カヤ

商品詳細を見る



さて、本日は成年系「初恋lesson」、連載モノ「げーむ部!」を紹介している「かたせなの」センセです。
今回の「LOVE LOOP」は軽くホットなラブコメ話。
各話カップルの変わる同世界のオムニバスで、キャラが重なるため連続モノっぽい仕上がりになっています。
紹介帯にあった、
”恋が恋を呼ぶ新感覚[連鎖システム]採用”
…とは、ちょっと大げさ。
要するに、前話ヒロインがちょろっとゲスト出演するくらいのもの。
前話ヒロインが次の恋愛にて大きな影響を及ぼす…ってことでもありません。
これはちと「JARO(日本広告審査機構)」レベルですねー。

課長「並河優理」、藤沢日菜
※左:課長「並河優理」、右:藤沢日菜
 この会社、いちおう制服ちっくなものも(右)あるようなんですが…。

1話「ラブ・マジック」 上司
やり手の課長「並河優理」さんとその部下「窪野」くん。
この「優理さん」は中扉のカラー絵にも登場していましたが…露出満点な服装ですねー。
しっかりノーブラでしたし、あれは目の毒。
あんなんで彼氏がいない(※「仕事しか取りえない」という台詞があります)というのは意外ですね。
…あ、だからそうした服装なのか。
「窪野くん」の”好きな人くらいいますよ”、という言葉で怒るのが可愛いです。
2話「誘惑しちゃうぞっ!?」 同僚
先の課長「優理さん」の部下「藤沢日菜」さんです。
そのため「優理さん」のまた違った姿も見れます。
やっぱりあの服装なんですね。
いかにも天然ぽい「日菜さん」ですが、こっそり「優理さん」の権力を利用するほか、実は結構したたか。
なお、多くのヒロインを押しのけて↓表紙を飾ったのは「日菜さん」です。
「かたせなの」センセもお気に入りなようでした。
(※ブックマークは↓表紙のデザインなので、やはり彼女)

3話「トラブルの活かし方。」 ナース
冒頭で登場した「日菜さん」は救急車を呼んだだけ。
こちらのカップル、ナース「美桜」さんと「文哉」くんは現在同棲中。
思わず涙を見せる本音がいいですね。
実際にナースさんではほとんどいないのでしょうけど、「美桜さん」は黒下着でした。
服…汚れないように…その…
という台詞が好き。
4話「初恋ノ、キミ」 女医
同じ病院内にて、今度は女医「若菜」さん。
単に見舞いに来た女の子かと思いましたが… じょ、女医!?
まー、あんなふわふわした女医さんは現実にいないでしょうねー(笑)
こりゃファンタジーですよ。
学生時代の恋人同士カップル。
パンストがえっちでした。
なお、冒頭では「美桜さん」と「花音」ちゃんが妙な歌で盛り上がっていましたよ。

女医「若菜」、店長「天音」
※左:女医「若菜」、右:店長「天音」
 こんな女医さんいたら、さぞ病院流行るだろうなぁ。

5話「浮気注意報!?」 恋人
こちらは女医「若菜さん」の弟、「篤」くんと恋人「結衣」さん。
「若菜さん」の出演は電話のみでした。
チェックのパジャマが可愛いんですが、包丁持っている時に余計なことはしない方がいいですね。
前半のやりとりが可笑しいです。
6話「すいーつ ぱらだいす!」 パティシェ
そちらとはケーキ繋がりで、洋菓子店・店長「天音」さんと、バイトくんのカップル。
彼女の着る服装を見立てたのも彼のようですが、なかなかえろくていい感じ(笑)
「天音さん」にはかなり経営感覚がないようなので、実は見えない部分で縁の下の力持ちな存在であるようでした。
なお、1コマ顔を見せていた「花音ちゃん」は、3話(4話も)で病院にいた娘。
無事退院できたようで、なにより。

7話「元気のミナモト 配達します」 訪問販売員
会社への訪問販売員「大宮愛里」さん。
会社秘書の妄想を筆頭に、彼女と喋ったアレコレはセクハラちっくでしたが。
まぁ、うまく誤解してくれてラッキーですね。
えっち直前で、なにげにセールスしていた(半分冗談とはいえ)のがエグいですよ。
なお、先の店長「天音さん」らは珍しくオチ部分での出演です。
8話「アイドル[秘]プロジェクト」 アイドル
前話ヒロイン「愛里さん」について、おっちゃんらは”我らのアイドル”とか言ってましたが。
…こちらの人気アイドル「愛歌」さんは、彼女の妹ということで、納得。
バイトくんも「女優さんですか?」とか声を掛けていましたね。
アイドルのお相手とくれば、マネージャーが定番。
姉「愛里さん」の成功に続けとばかりに、猛アピールをしています。
どうせなら、もうちょっとアイドルちっくな格好のがソレっぽくなったかな。

大宮愛里、さくら
※左:大宮愛里、右:さくら
 ショートもロングもいいですね。

9話「桜色のウエディング」 新妻
最終話は結婚式話。
確かにベタですが、やっぱり心情的にはひと区切り。
いいんじゃないでしょうか。
男性「永澤のぞみ」くんは、ぐるりと戻って課長「優理」さん、「日菜さん」らと同じ会社の社員。
ショートカットなヒロイン「さくら」さんは裏表紙の娘さん。
彼女とはお風呂えっちでした。
シャワーとか使っていましたよー。
なお、うまーく・アイドル「愛歌さん」も出演していましたが、さすがに他キャラまでは厳しいか。
ちらほら顔出ししてほしかったけれど。

トーンも重なり、柔らか・ふんわりな線の絵柄。
強くはないものの全体的には濃い目な色で、描き込みもそこそこ。
全体安定して乱れ・崩れがないため、見易くまとまっています。
前も書きましたが、ヒロインの可愛さは一級品。
ちょっとえっちな、こうしたラブコメ漫画はぴったりだと思います。
判断は↓表紙ほか全ヒロインの顔が見れる紹介帯がいいでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 女の子の可愛さは完璧だと思います。
・話4: ちと強引な部分もありましたが、楽しいラブコメでした。
・独3: 連鎖システムに期待したんですれどねー。
合計:[11/15]

「かたせなの」センセはこうした漫画でしょう。
もうちょっとキャラ同士の交流あった方が良かったかなぁ。

LOVE LOOP (ヤングコミックコミックス)LOVE LOOP (ヤングコミックコミックス)
(2010/11/26)
かたせ なの

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 百合漫画 ラブコメ コメディー ショートカット ファンタジー

■モザイク×三姉妹【限定版】 (上乃龍也)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・姉妹
・おまけ: 描き下ろし・加筆修正あり、
      カバー裏に漫画「おまけのあとがき」・「ほんとのあとがき」
・その他: 11話収録(全て表題作・1巻完結)
※限定版はドラマCDつき。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上乃龍也(かみの・りゅーや)」センセの「モザイク×三姉妹 【限定版】」です。

限定版はドラマCDつきです。
なんだかこんなん久しぶりですね!

プロローグ部分はドラマCDオリジナル。
お話は5話途中「また4人で一緒に…」から、最終話までが収録されています。
けっこうたっぷりです。
ほぼ漫画と忠実に進むので、見ながら聞くといいかも。
(※多少説明台詞が追加・変更されてるくらい)
姉妹のキャラ設定がごくごくスタンダードなためか、声優さんもそうした感じの方がキッチリ揃ってます。
どなたがチョイスしたのか知りませんが、見事に3姉妹してました

長女「サクラさん」
※長女「サクラさん」
 いいお姉さんです。あまり暗躍する感じがないのもいいところ。

そんな訳で、本日は「モザイク×三姉妹 【限定版】」です。
こちらが「上乃龍也」センセ初の長編とのこと。
8冊目でいいのかな。
成年漫画らしい、ごくセオリーなラブコメになっており、軽い気持ちで楽しめると思います

親の再婚によって、主人公「吉澤アキラ」は隣に住んでいた幼馴染み・高井3姉妹と家族になりました。
”新婚生活を楽しみたい”
そうした親の希望によって、親子分かれて暮らすこととなったのです。
…故に、「アキラ」はいきなり長女「サクラ」・次女「ヒマワリ」・三女「ユキ」という幼馴染みらと、同居生活をすることになったのでした。
だいたいそんな感じ。

前述したように、姉妹とのセオリーなラブコメです。
いちおう、メインヒロインは同学年の次女「ヒマワリさん」
幼馴染みらしく、ツンデレっぽいヒロインに設定されてます。
柔らかい物腰ながら姉妹の頂点に君臨する長女「サクラさん」、雰囲気とは裏腹にしたたかな顔を見せる3女「ユキちゃん」など、ほかヒロインも基本的な設定・配置。
適度なくらいの心理描写で軽過ぎず・ややこしくなく、読み易い仕上がりでした

そんな訳で、あっさり状況の語られる1話「いきなり×家族」
子供らいい年齢であるとはいえ、”新婚生活を楽しむ”とか言ってる親たち。
この漫画、舞台は家(元高井家)内だけで進み、学校とか何とかどころか外に出る描写すらありません。
映画になった場合は、だいぶ予算おさえられそうですね(笑)
そのため、登場人物は先の4名だけ。
お互いの親すらモブ扱いで、1話冒頭にて背中が確認できる程度でした。
ひでるさんは、「ヒマワリさん」らの母親が見たかったなぁ。
たぶん、気さくで「サクラさん」よりも上手な感じなのでは。

3女「ユキちゃん」
※3女「ユキちゃん」
 しっかり彼女の胸はこじんまりとしたサイズです。

そんな訳で、こちらは長女「サクラさん」
いまいち素直になれない「ヒマワリさん」に対し、やっぱり最初にお手出しするのは彼女ですね。
料理や掃除だって上手なんだもん
という発言から、彼はおそらく女性だけの城にて家事をやっていた様子。
(※住んで1週間なのに、そんな状態ですね)
まぁ、手に職を持つ「サクラさん」曰く、「かわいー」というのも当然のことでしょう。
彼女にとっても、昔馴染みの弟的存在でしょうし。
妹との事もそこそこに気にしつつ、キッチリ楽しんでいました。
なお、2話「初体験×AVごっこ」がえっちのメイン。
AVライターということで、やっぱり電マとか持ってましたよ。

3話「経験×スケッチ」からは、3女「ユキちゃん」
眼鏡・ショートカットの、大人しい娘。
前話にてちらと顔を見せていましたが、その模様をキッチリとスケッチしていた彼女はエロ漫画家。
これまたセオリーで、実物を見たいというお願いからのえっち展開になっていました。
「サクラさん」との経験がためか、あまり躊躇せずにあっさりシテますね、彼。

なんか仲よすぎない?
そんな一言から始まる4話「どこでも×大胆」
食事時にテーブル下の左右から、さわさわ触られていました。
ちょっと羨ましいですよ。
”毎日相手をしている”
ということで、さすがに慣れたもの。
「サクラさん」とは食卓からトイレにて、「ユキちゃん」とはお風呂のえっちです。
前話でも言ってましたが、「ユキちゃん」がお尻~というのはさすがに漫画家。
やっぱり自分で経験してみないとねー。

続く5話「エッチ×好き?」は、唯一残った次女「ヒマワリさん」
おそらくは後始末をしていただろう「アキラくん」が、脱衣所で彼女と鉢合わせするというもの。
えっ…なんで?ユキが入ってたのに…
そうした、軽い疑問を持つドキドキ場面だったんですが、案外あっさりと流れていました。
まぁ、目前の「アキラくん」は全裸状態だし、2人のえっちで度胸ついたのか、隠そうともしてませんからね。
最も彼は積極的でしたが、ここであっさりえっち展開にならないのは、さすが正ヒロインという感じ。

次女「ヒマワリさん」
※次女「ヒマワリさん」
 胸元もそうですが、しっかりおへそ部分も露出あることに注目。

6話「全裸×3P」、7話「敏感に電マ×おしりに射精」は「サクラさん」・「ユキちゃん」の2人同時。
「サクラさん」が「ユキちゃん」との事情を知らなかったのは意外でした。
6話オチでの描写も含め、もうちょっと可愛らしい認識でいたのかなぁ。
単に知識レベルでは、「ユキちゃん」のが上かも。
しかし、「ヒマワリさん」についてはその性格をキッチリと把握しており、次の話にて仲を取り持っていました。
えっち系から薬まで、「サクラさん」の持っていたオモチャ色々というのは、仕事というより性格によるものみたいですね。

8話「ありがと×かわいい」は、お待たせしました「ヒマワリさん」とのえっちです。
これまでのアレコレはともかく、彼女に対してはかなりストレートに告白しておりました。
ツンデレな彼女ですが、さすがにアレでは逃げようもないですね。
だいぶ「アキラくん」は経験値高くなっているだろうし、初めてな「ヒマワリさん」には最適かも。
身悶えたくなるような、可愛らしい言動をちらほらしてます。
続く9話「汚さないなら×してもいいよ」は、コスプレイヤーな「ヒマワリさん」とのえっち。
どちらかで見たような雰囲気の、ミニスカ巫女服です。
彼女が髪型ツインテールにしているのは、コスと合わせるためなのかな。
また、途中では八重歯の描写があります。
負けずにちらほら刺激していけば、そのうちよくなってくるかも。
えー、とにかくがんばれ(笑)

10話「エッチ…×じゃないもんっ」、最終11話「三姉妹×独り占め」が最終エピソード。
そう、あんな姉・妹を持ちながら、なにゆえ「ヒマワリさん」だけえっちに積極的ではないのか。
はたまた、幼馴染み「アキラくん」に対して素直でなかったのか。
そうした謎、ってほど大げさではないけれど、疑問点が解決するお話です
なるほど。
あー、あの年代には厳しい一言かもしれませんねー。
逆ならばまだしも。
こちらでは、えっち漫画主人公ながら、なかなか格好良い事を言う「アキラくん」に注目下さい。
まぁ、なんのかんの「サクラさん」・「ユキちゃん」も参加することにはなるんですが。
最終決戦は、「サクラさん」がナース服、「ヒマワリさん」がメイド服、「ユキちゃん」がセーラー服・スクール水着というもの。
10話のオチページが好きです。

強くしっかりとした線の絵柄。
目立つ乱れや崩れなく安定しており、賑やかでも見易いもの。
濃淡はやや濃いめですが、クドいほどではありません。
心なしか、えっち描写もさほどしつこくなく、良い感じ。
また、いつもよりも癖を感じませんでした。
お話といい、絵柄といい、間口はかなり広く、万人に好かれるだろうもの。
特に、初めて成年漫画買う~みたいな方には最適な1冊だと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: ちょっと気になるコマもありますが、些細な程度です。
・話5: 優れたラブコメ漫画でした。別展開も見たい気はありますが。
・独4: ごくセオリーでした。他を頼らず、家・3名だけでまとめています。 
合計:[13/15]

お話はこちらで終わってしまうんですが、前述したように全て家内でのエピソードでした。
おそらくは今後もえっち関係続くと思うので、野外とか別シチュエーションでの3名も見たいところ
短編とかで描いてほしいなぁ。

モザイク×三姉妹 [限定版] ドラマCD付(仮) (富士美コミックス)モザイク×三姉妹 [限定版] ドラマCD付(仮) (富士美コミックス)
(2010/11/25)
上乃 龍也

商品詳細を見る


★「上乃龍也」センセの漫画紹介記事  すべて成年系
 [イッちゃう?×イッちゃう
 中編「泥酔シリーズ」、「いもうと×ゴコロシリーズ」を収録してます。
 [身体中、ヌルヌルです。
 センセもお気に入りらしい「アカリちゃん」のシリーズを収録。
 [××××まみれ] 
 2話の連続が多いラブコメちっくな作品集。
 [えっちぃカンジ] 3冊目。年上女性の目立つ作品集です。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール ショートカット スクール水着 コスプレ 八重歯

■ちょいおま!(朝木貴行)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]貧乳・ローレグ
・おまけ: あとがき、合間にラフ絵・「よりぬき打瀬さんの巻ィ」
・その他: カバーは立体仕様、カラー(4P)、短編×13(うち「妄想少女」×5)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「朝木貴行(あさき・たかゆき)」センセの「ちょいおま!」です。

ちょいと馬鹿馬鹿しいお話から。
こちらの単行本、カバーは立体仕様になっています。
ほら、たまーに見掛ける、文字とかが若干だけ浮き上がっているタイプよ。
(※「ぶっ★かけ/松山せいじ」とか「メイド嫁/鬼月あるちゅ」みたいなの)
こちらも、タイトルとか眼鏡とか持っているアイテムなどが浮き上がっているんですが…実はもう1箇所。

バストトップも浮き上がっているんですよ、そこのお兄さん

ちょろっとだけね。
表紙を触って驚きました。
しかし、微かに触れるような突起がなかなかイイ感じ(笑)
また「朝木貴行」センセの描かれるヒロインが貧乳なので、なんとなーくソレっぽいのです。

立体です
※おまけ:立体です
 頑張ったんですが、わかるかなー。笛とバストトップ部分です。

これを考えたのはセンセかな、編集さんかな。
座布団2枚くらいの価値あるだろう(?)アイデアでした。
二遊間を真っ二つにしたタイムリーヒット、みたいな感じよ。
ひでるさんの僅かな記憶ですが、過去にこんなんなかったと思います。
…たぶん。
わかんないけど。


さて、カバーに感動(うそ)した話はそれくらいに、本日は新刊「ちょいおま!」です。
こちらが4冊目の単行本。
センセのHPには2年振りってありましたが…あ、「しょーぱん!! SHO-PAN!!」は08年の発売でしたか。(※2008年9月)
そんな前なのかー!

今回は中編と短編による構成です。
その中編ヒロイン、そして短編でも3名が眼鏡だったので、やはり眼鏡率は高め。
また、LOシリーズで紹介帯にも少女~とかなっていますが、年齢的には高学年から中学生。
描かれているヒロインもそうロリロリとはしていないので、どっちかというと「貧乳」という方が合っていると思います。

「校則やぶっちゃいました♪ ~ギリギリ校則範囲内2~」は前巻では冒頭話だった、”身だしなみ検査”のお話です。
校則違反だ、ってな大義名分によって、さも当然の如くえっちされちゃうのでした。
いけませんよ、下着の乱れは心の乱れですよ、気をつけてくださいね
とかなんとか言ってます。
わはは。
眼鏡の「久遠頼子」さん、違反の常習犯という「中瀬ライム」さんのえっちになります。
うち、「ライムさん」は珍しく胸大きめでした。
設定良く、8ページという短さを感じさせない漫画です

凛子、ゆかり
※左:凛子、右:ゆかり
 妹ですね。この2人は可愛く仕上がっていました。

兄妹の近親ネタ「急にそんなのずるいよっ」も8ページ。
こちらは、帰宅するなりお兄ちゃんに飛びこむ「凛子」ちゃんが可愛いです。
星をまき散らしていましたよ。
馬乗りになって、ぐりぐりしているうちに~というお約束なパターン。
こんなん好き(笑)
ラストページのやり取りがラブラブです。

同様に兄妹ネタの「Hな気分って?」は妹「ゆかり」ちゃん。
エロいってどういう意味?
学校に可愛い格好をしていくと、クラスの男子が”エロい・エロい”とか言うらしく、同じ男性である兄に質問したことが切っ掛けでした。
当然ながら、どんなファッションなのかと着替えさせたところ…相当に短いスカートに両端紐のローレグって、これは確かにエロい。
ただ、お兄ちゃんはブレーキ利かなすぎよ。

カラー原稿もある冒頭話「せっくす☆ダイエット!」は、やっぱり1ページ目でしょう。
ヒロイン「陽菜」さんはちょっと太めということで、ダイエット(←当然ですがえろい事です)しようと決意するんですが…緑のしましま水着に、お腹の肉が軽く乗ってる様が可愛いのです。
うーん、確かにそのくらいのがいいなぁ。
ちなみに、こちらの「陽菜さん」、先の「ゆかりちゃん」はランドセル背負ったままのえっちになってます。

なお、「センセイと密教室」もカップル相手が先生となっています。
クラス委員という「春花」さんは、眼鏡でツインテール
2人きりで先にスイッチ・オンしたのは彼女から。
学校・授業中に誘う「春花さん」に対し、先生が逆襲するような展開です。
まさかオチがあーなるとは思いませんでしたが。

単行本のメイン「妄想少女」は全5話の中編。
眼鏡の主人公「打瀬優香(うたせ・ゆうか)」には、意中の彼「真砂尚人(まさご・なおと)」がいました。
友人「高浜歩」の助けを借りて告白しようとするものの、失敗ばかり。
というのも、「優香」にはかなり重症な妄想癖があったのです。
だいたいそんなお話。

打瀬優香
※打瀬優香
 妄想爆走娘です。もっと妄想させてあけたかったなぁ。

ラブコメですね。
場所・状況を選ばず、ガンガンえっち妄想をしてしまう「優香さん」
正直かなりの難題だと思うよ、ホントに
幼馴染みで友人の「歩さん」にそう忠告される、アブない人でした。
思春期の男子より重症ですねー。
特に2話では、どぱーって派手に漏らしています。
真面目そうな容姿とのギャップが可愛いです。
なかなか面白いので、もうちょっと妄想し続けてほしかったですよ。

告白しようとした次の瞬間から妄想へ突入していた1話目。
多くのクラスメイトが見守る中とは、なかなか大胆なことしますねー。
でもたまに暴走してくれると見てて楽しいかな
とは、「歩さん」の発言でした。
楽しいでしょうねー(笑)
わざわざ保健室まで来てくれた「真砂くん」を前に、またまた妄想へ突入していました。
シチュエーションがためか、相当にエロい事考えてましたよ。

ラブレター作戦の2話目。
なるほど、それならいいか…って、「優香さん」は書いている最中に妄想へ突入しています。
手紙書いてたはずなのにまたしちゃったよ…
だって。
そんな訳で、きっちり寝不足になっていました。
結構成功率は高いように思っていたんですが、テンパった「優香さん」の訳分からん行動によって、うやむやになってしまうのです。
この話、後半の妄想、それに突っ込む「歩さん」が秀逸。

「歩さん」とその彼氏「検見川智」くんのえっちが描かれる3話目。
前半のファーストフード店での「優香さん」が素敵。
目前に「真砂くん」がいないためか妄想には突入していないんですが、調子はそんな感じで大暴走してます。
あー、あんなんだと、勉強はできそうね。

4名で海へ出掛ける4話目。
結果的には先のエピソードで実際を目の当たりにしたのが良かったらしく、だいぶ冷静になっていました。
釣りデートだったのに、スクール水着なんて着ていた「優香さん」
「真砂くん」との会話でも「カワイイ」をプロポーズだと勝手な解釈をしたり、「濡れる」とか「竿」とか、軽い暴走状態ではありますね。
勢いそのまま、尿意を切っ掛けとしてかなり大胆なことをしています。
そこそこ近くに「歩さん」らもいるんですけどね。
熟練者(妄想では)らしく、彼をリードしておりました。
次が最終話です。
こちらでも実に独特な感覚の「優香さん」が見られるので必見。
面白い娘さんでした。

春花、としあき・母
※左:春花、右:としあき・母
 初期と言っても、高いレベルです。ジャンル的のが問題かも。

なお、こちらの単行本には、初期作品が3話ほど収録されています。
現在の絵柄と確かに差はありましたが、もともと巧い方なのでさして問題ないと思います。
ただ、ネタはいつもの「朝木貴行」センセっぽくなく、新鮮な半面、期待していたものとズレてしまうかもしれません。
まず、「フォーンブース」は電話ボックスにてヒロイン「ヒカル」ちゃんがいきなりえっちされるというもの。
昔「唯登詩樹」センセが似たようなシチュエーションで描かれていましたが、こちらは強迫・凌辱になっています。
貧乳でしたが、ローレグではありません。
「おっぱいまま」は母子の近親で、タイトルそのまま巨乳です。
母乳とか乱れる「♀」マークとか凄いですね。
「朝木貴行」センセ、こっちネタでも全然良いのではないでしょうか。
「だいおーくる」は美少女魔法戦士「ぐりんぐりん」のコメディー
ロリキャラで眼鏡・ローレグなど、ネタとしては問題ないでしょう。
なお、確かに魔法は使っていたものの、現代劇でファンタジーちっくではありません。

柔らかな極細線の絵柄。
濃淡はデジタルの濃い目で、コマ・吹き出しなどが入り乱れるごっちゃり系です。
描き込みはそこそこ。
背景などメリハリがあり、またあちこち丁寧でもあるので、そう見辛くはありません。
綺麗な絵ですね。
縦長な輪郭で頭は大きめ。
顔パーツとのバランスから、人物絵はそうロリっぽくないと思います。
やっぱり癖はあるものの、心なしかそう極端ではないような気がしてしました。
紹介帯の裏面にカット絵があるので、そちらが参考になるでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 癖はあります。また、今回は旧作品もあったので。
・話4: 中編・短編とも優れた作品群でした。特に8ページは見事。
・独5: 色々とキーワードのある作品です。合致するならいいですね。
合計:[13/15]

カバーのギミックほか、漫画も良かったです。
個人的には初期作品も楽しく読めましたが、ファンの方のが逆に微妙かも。

ちょいおま! (TENMAコミックス LO)ちょいおま! (TENMAコミックス LO)
(2010/11/26)
朝木 貴行

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ローレグ バストトップ コメディー ラブコメ スクール水着 ファンタジー ツインテール

■ちいさなおててにやわらかほっぺ (大山田満月)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ロリ・近親
・おまけ: あとがき、イラスト、カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、カラー(20P)、短編×13。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大山田満月(おおやまだ・まんげつ)」センセの「ちいさなおててにやわらかほっぺ」です。

”様々な理由により単行本化されなかった”、と書かれていました。
10年待たれていたという「大山田満月」センセ。
これが初単行本だそうです。
ファンの方はさぞ待ちくたびれたでしょうねー。
良いか悪いか、”伝説”とか冠をつけられていましたよ。

”ロリ漫画家の中でも群を抜いて高い画力”

そうした紹介もありました。
茜新社」さんのHPをぱっと見て、その↓表紙に驚き。
なんだろ。
ぜんぜん漫画っぽくない絵なのよ。
下手すると、普通の本で挿絵とか書いてそうなんですね。
生半可な感じでは太刀打ちできないと思います。
…ええ、できませんでした。

「ちっちゃなまおちゃん」・まおちゃん、「幼女狩り」・ゆみちゃん
※左:「ちっちゃなまおちゃん」・まおちゃん、右:「幼女狩り」・ゆみちゃん
 だいたいこんな感じの絵柄です。

とりあえず、最も特徴的な絵柄の話題から。
しっかりと乱れることのない、強い線。
黒が目立つものの、全体の濃淡はさほどでもありません。
比較的コマ枠内におさまっているため、見易いと思います。
ごっちゃりもしていません。
ただ、描き込みは細かめ。
それによる背景などは、リアル寄りな人物絵に負けないもの。
白黒・トーンなどによる陰影が見事でした。

キャラは見た目そのまま、濃いタイプのロリ絵です。
漫画っぽくはあるものの、各顔パーツのバランスがためかリアル寄り。(な感じ)
各話によって、多少タッチは変わっています。
良く描けていますが、耐性のない方にはしんどいかもしれません。
キッチリと人を選ぶと思います。
カラーだと、少し軽くなりますかね。
判断については問題ないので、↓表紙・裏表紙にてどうぞ。
紹介帯のカット絵も参考になるでしょう。

お話も絵柄そのまま。
結構、がっつりえっちされていました。
…実際にはくれぐれもやらんようにね。

収録は全て短編で、後半に収録されていたカラー原稿の「無題#1」・「無題#2」など、ショート漫画もあります。
ぶっちゃけ、ひでるさんは絵・お話どちらも合いません。
先に予想はついていたのだけれど。
えっちメインのストーリーで読み物っぽいきっちりしたものは少なく、どちらもヤバさは満点。
なんだか書き辛いですよ。

「ヒロイン」・野口ユミコ
※「ヒロイン」・野口ユミコ
 絵だけでなく、漫画としての表現も巧い方です。

カラー原稿からの「妹スク水る」は兄妹モノ。
妹に隠し撮り(しかも不意打ち気味)なんてしてる兄の前で、スクール水着なんて着てはダメ。
よくよく見てみると、これ直接はシテないんですね。
ヤバいお兄ちゃんでしたが信頼は得ているらしく、ラストでもあーんな感じになっていました。
素直な返答が可愛らしいです。

「ぷっく しぷにぷにぱっくんちょ」、も同じくカラー原稿から。
妹を含む複数女の子とのえっちが先に一通り描かれ、後にその事情が示されるというパターン。
よく成年漫画ではありがちな展開です。
妙に爽やかな顔のお兄ちゃんが可笑しいですね。
「えっちな妹」も明確にお兄ちゃんが関わっているんですが…まさか家まで来ているとは意外。
中途半端にしちゃってるのが最大の原因かなぁ。
オチは可愛らしいものなんですけど。

「パパのあさごはん」は父親とのえっち。
彼はずいぶん時間に余裕ある感じでしたが…主夫か?
あのくらいの時期だと、がっつり言葉を鵜呑みにしちゃうだろうなぁ。
くれぐれも子供に変な事を教え込まないように。
一方、「ちっちゃなまおちゃん」は叔父とのえっち。
マセた面白い娘さんでした
彼女が巨乳好き~というのは、想い人「コータ先生」の趣味がうつったものですかね。
おそらく、そうした素地を作り上げたのが叔父なんでしょう。
あのテンションだと、学校でも色々としてそう。
「夏の終わりに」は姉妹と叔母。
収録の中でも最低な部類のお話で、かなりのブラック展開
これは漫画ですけど、実際にありそうなのが怖ろしいですよ。
ラストページの処理が見事。

「楽園」・サリ
※「楽園」・サリ
 こうした人外キャラも登場します。

ちょっと深い展開の「ヒロイン」
冒頭にて示されている事情から、電車にて顔を合わせただけという、初対面男子らとの複数がメインです。
なかなか最低な教師が登場。
あれ分からんでもないですが、「野口ユミコ」ちゃんはあー考えるものかなぁ。
なお、電車の3名は、なんだかドラえもんの主要男子3名みたいでした。
「ひみつのお遊戯」はそちらよりまた年齢下がって保育園。
中盤からはカラー原稿になっていました。
コメディーなオチが可笑しいです。

ほか、「おててつないで」は「なな」・「もえ」という2人。
トラウマとして語られる過去描写みたいなお話ですね。
ほら、ちゃんと注意してないから、悪化してるじゃない。
「幼女狩り」はモノローグで示されたそのまま、犯罪ちっくなエピソード。
どうなるのかなー、って見ていたところ、そのまま終わってしまいました。
ちなみに、お尻えっちです。
「楽園」はどっかの惑星・種族との宇宙ファンタジー
オチではあーなってましたが、彼はどうするんだろう。
あのまま帰っても、ロクなことにならなそうね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 巧いですが、癖が相当に強いので。
・話3: どちらもショートエピソードっぽいです。好きな方にはいいでしょう。
・独5: 稀有な存在だと思います。
合計:[12/15]

良い悪いはともかく、お話は絵柄に合致したようなもの。
人を選びますが、ドンピシャで合う人には抜群にいいんだろうなぁ。

ちいさなおててにやわらかほっぺ (TENMAコミックス LO)ちいさなおててにやわらかほっぺ (TENMAコミックス LO)
(2010/11/26)
大山田 満月

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スクール水着 ファンタジー コメディー

■さよならフォークロア (かずまこを)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [百合]寄宿舎・噂
・おまけ: あとがき漫画、
       描き下ろし「far from a fairy tale」、「whiff of fairy tale」
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
       5話+番外編3話+別1話収録(1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かずまこを」センセの「さよならフォークロア」です。

「コミック百合姫」が隔月刊化だそうで。
おめでとうございます!
次月には「倉田嘘」センセの新刊が出るようですが、やっぱり単行本のサイクルも…早まるかな。
時間が欲しいですねー。

そんなこんなで、本日は毎度お馴染み百合姫コミックスです。
1冊目「純水アドレッセンス」は見送っていた「かずまこを」センセ。
そちらの表紙には覚えがあり、どうやら気にはなっていたみたい。
買わなかったのは、本当になんとなく…だったと思うんですけどね。

今回の「さよならフォークロア」は、たぶん2冊目となる単行本。
こちらは、ぶっちゃけ黒の背景に引かれて手に取りました(本当)
書店で目を引っぱられました。
「かずまこを」センセはHPにて「表紙運強い~」と書かれていましたが、そんな感じね。
たぶん、白い背景だったら手に取ってはいないと思います。

高瀬愛
※高瀬愛
 噂話はこうして日常でも囁かれています


漫画は、初の連続ストーリーとのことでした。
後半には番外編的なショート短編が収録されているほか、まったく別のショート話もあります
ほとんどは表題作ですね。


お許しください、不惑を誓います

月曜日、誰かに触れると呪われる。
もし、うっかり触れてしまった場合は、おまじないを唱えること。
…昔、学園であったという恋人同士の心中は、そうした噂話として伝わっていました。
学校を辞めたい
裏庭で泣いていた1年生のことが気になっていた、主人公「高瀬愛」
寄宿舎でルームメイトとなった「真白純鳥(ましろ・すみか)」こそが、その女の子だったのです。
学園に伝わる噂話を逆に利用し、問題を起こそうと考えた「真白」は、
”恋人のふりをしてほしい”
そう「高瀬」にお願いをしてくるのでした。

学園百合恋愛モノ。
ラブコメという軽さはなく、恋愛話ですね。
カップルのどちらかが否定する同性恋愛を成就する~、というセオリーなタイプではありません。
お話としては変化球ですね。
「かずまこを」センセ曰く、
我が侭後輩×流され先輩のつもり
とのことでした。
なるほど。

真白純鳥
※真白純鳥
 キャラとして目立つのは彼女ですねー。

この漫画のポイントは、見た目と実際の心情があべこべであること。
後輩「真白さん」は、先輩「高瀬さん」へ積極的にイチャついています。
そちらがラブラブに見えるんですが、実際のところ「真白さん」は↑上でも書いたように、”学校を辞める”ための手段でした。
一方、学園では生徒らの噂に晒され、教師「滝沢可奈子」からは度々注意を受けているなど、基本的にメリットないのが「高瀬さん」
そうですね。
なにゆえそうした損な役回りを彼女が引き受けるかと言うと、そこがラブなのですよ。
出会った際に一目惚れをしたのは、「高瀬さん」なのです。
しかも、協力して願いを叶えるというのは、「真白さん」が学園から去ることを意味しているのでした。

そのようにメインカップル2人の時点でなかなかにややこしいためか、登場人物は「高瀬さん」の友人「あっちゃん」くらい。
余計なキャラを出さず、彼女らに集中した描き方です。
なにげに「あっちゃん」も、じんわりとした想いがあるだろうのはお約束ですね。
ひでるさんは1周目ざらりと読んでしまったのであちこち気付きませんでしたが、1コマずつじっくり追いかけていくと、「かずまこを」センセの仕掛けた細かい部分まで見えてくると思います。
あるいは、2周目とかより楽しいかもしれません。

申し開き
※申し開き
 中盤のクライマックスです。度胸ありますよ。

巻末に収録のショート「触れ合わなくても。」は、本編中盤あたりの別エピソードかな。
描き下ろしのうち、「far from a fairy tale」は後日談。
表現としてはソフトですが、この漫画では比較的強いラブラブ描写です。
もう1つ「whiff of fairy tale」は、この漫画で示されている、もう1組カップルのお話。
もやもや、っとしたモノが解消されます。
百合姫S創刊時に寄稿したという「博士の子猫と雨の朝」は、猫耳ヒロインな4ページのショートでした。

強い線のすっきり絵柄。
それがため濃淡はやや濃い目、描き込みはそう細かくはありません。
また、コマを広めに使っているのでごっちゃり感もないです。
どちらかと言うと、勢いで押すタイプ。
細かく見ると…ちらほらバランスの気になるコマがあります。
ただ、普通に読むにはさして問題を感じませんでした。
漫画的な部分はいいものの、癖もある作画は人によって好み分かれるかもしれません。
ちょっと判断には難しめですが、だいたいは↓表紙で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: もう少し繊細・丁寧さがあればより良いかと。
・話4: 丁寧にメインカップルを追いかけていました。
・独5: あまり見られないタイプで仕掛けも良く、最後まで目が離せない作品です。
合計:[12/15]

今回は各話追っかけると読む際の新鮮さがなくなってしまうので、避けてみました。
「高瀬さん」の友人「あっちゃん」はちらほら可愛く、お気に入りです。

さよならフォークロア (IDコミックス 百合姫コミックス)さよならフォークロア (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/11/18)
かずま こを

商品詳細を見る




★過去に紹介した百合姫コミックス

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 百合姫コミックス ラブコメ

■みのりスキャンダル (速野悠二)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]退治・学園
・おまけ: おまけ宣伝まんが、カバー裏に漫画。
・その他: 折り返しにコメント、6話+おまけ収録、
      現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「速野悠二(すみの・ゆうじ)」センセの「みのりスキャンダル 1巻」です。

天気予報が雨だったんですよ。
ただ、まだ外は雨でなかったので傘を差さずに持って自転車へ乗ったのね。
すーって進んだ、次の瞬間!
がくん。
そうした、強い衝撃と共に前へつんのめりました。
ぎりぎり転ばずに済み、なんだろう、って確認してみると…

傘が前輪に絡まってました。

幸い怪我なく、他の人を巻き込むこともなく、自転車が一部破損、傘は全壊だけですみました。
前ハンドルに引っ掛けたまま走りだしたのが原因ですね。
皆さんもご用心。

桜北条みのり
※桜北条みのり
 とかく脱がされている「みのりちゃん」です。

…と、自らネタを提供した注意散漫なひでるさんは置いといて。
本日は「みのりスキャンダル 1巻」です。
なんだかえっちくさいタイトルですねー。
ぶっちゃけ、巻末収録のおまけ宣伝まんがを見るまで気付きませんでしたが…過去にこちらでも紹介した、「バージン・ロープ」の「速野悠二」センセなんですね。
あー、なるほど、なるほど。
良くも悪くもそんな感じよ
(※ちなみに、これまでのセンセの漫画キャラが集合するおまけ漫画は、短いながらなかなか見応えありました。必見です。本編でも共演してくれたらいいなぁ)
逆に言えば、一般系のアクション・えっち漫画としては、今回も優れた出来栄え
主人公は前の「天野叉絵夢(あまの・さえむ)」さんよりややソフト(な感じ)で、間口は広がっていると思います。
↓表紙はピンとこないもの(個人的に)でしたが、気にせず手に取ることをオススメ。

人間の欲望によって成長する、「魔淫夢(マイム)」の卵。
それを霊体の「斎里子(ゆりこ)」と共に回収するのが、主人公「桜北条みのり(さくらほうじょう・みのり)」でした。
勉強ができ、オリンピックを狙えるほどの身体能力と抜群のスタイルを持つ、アイドル的な人気者。
しかし、その体には、ある呪いがかけられていたのです。
解呪の知識を持ち、生殺与奪を握る存在「斎里子」には逆らえず、言われるがまま学園内で起こる様々な怪事件に関わっていくのでした…。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

そんな訳で、ひたすらえっちに流れる、退魔アクション漫画です。
明確にバトる、退治するのではなく、基本処理を施す~みたいなの。
ちょっと設定はややこしいものの、1巻はほぼ基本フォーマットに忠実で進むため、さほど敷居の高さは感じません
特にややこしい事は考えず、”ああ、そんなモンね”という軽い感覚が必要。
エロスなシーンを毎回差し込むため、色々がんばっているんだなぁ(みつを
そんな風に、肩の力を抜いて「みのりちゃん」の活躍を楽しむのが良いでしょう。

斎里子さん
※斎里子さん
 片目隠れる髪型でしたが…刺さりませんね。キャラが違うかなぁ。

前述した基本フォーマット。
ちょっと箇条書きにしてみました。
だいたい↓こんな感じです。

い) なんらか欲望を持つゲストヒロインが、「魔淫夢の卵」を孕む。
ろ) 卵の存在を「みのりちゃん」が察知。その股間に立派な鍵が生える。
は) 鍵をヌク事が出来るのは、霊体「斎里子さん」のみ。
に) 取り出した鍵を母体の股間にある鍵穴へ合わせると、卵を吸い出すことができる。
ほ) 吸い出した卵の影響(えっち妄想)は「みのりちゃん」にも及ぶ。
へ) 「みのりちゃん」から卵を取り出せるのは「斎里子さん」だけ。

かなり頻繁にサービスシーンのある単行本でしたが、直接えっちはありません。
あー見えて、「みのりちゃん」は経験ないかも。
ただし、「鍵」を筆頭にそれらしい暗示・描写があちこちにされ、一般でのぎりぎりを狙った感じでした。
シチュエーションは異なるものの、各話は流れに忠実。
「みのりちゃん」とゲストヒロインを堪能して下さい。

基本設定が語られる1話「アイドルのヒ・ミ・ツ」
苦手は克服しようと努力しているが、それでもダメな事はあるさ
とか言ってました。
髪型はツーサイドアップなんて可愛らしいチョイスでしたが、口調はけっこう女の子っぽくないですね。
そんなんが刺さるのかな。
戦う相手は”先輩が好きな女の子”で、無数の手が「みのりちゃん」を襲っていました。
いきなり卑猥な感じで花丸(笑)

鍵を抜く、「みのりちゃん」から卵を取り出す…という、後半は省略されたりもする部分までしっかり・丁寧に描写がされており、前者はモロに男性的、後者は女性的な快楽が同時にあるみたいでした。
パートナーながら「みのりちゃん」を支配している、いつもセーラー服な「斎里子さん」
彼女が見える・触れれるのは「みのりちゃん」だけの様子。
霊体っぽく壁をすり抜けるかと思えば、ロッカー開けるなどモノに触れるシーンもありました。
まぁ、些細なことだしいいか。

2話「豊かなる双丘」は巨乳に憧れる保健医「名倉」さん。
「魔淫夢の卵」の影響で、バツゲームの風船みたいに大きくなってます。
前話は体育の続きでブルマでしたが、こちらは制服。
鍵が立ち上がると、自然とスカートまくれて下着丸出しになるのがえっちです。
また、「速野悠二」センセがショーツを細かく描いてくれるのが嬉しいですね。
真面目な風紀委員長「神田」さんの3話「黒衣の通り魔」
セオリーなキャラですが、1話のゲストだけで終わらせるには勿体ない感じね。
パンチラ、下着姿、全裸と段階で脱がされていくのが良かったです。
ここではうまーく「みのりちゃん」が捕まえているんですが、「神田さん」がため、やっぱりえっち展開になります。
詳細は伏せますが、隠れるシーンも好みです。

「みのりちゃん」VS「魔淫夢の卵」感染者
※「みのりちゃん」VS「魔淫夢の卵」感染者
 右の絵を掲載したかった(笑)えっちですね。

4話「愛犬家と魔法の神束」はタイトルそのまま、犬ネタ。
「斎里子さん」が苦手だというのは…オバQから続くお約束がためかな?
対犬ということで、「みのりちゃん」も犬耳になってます。
前半にあった、皆が集まる教室にて机下で鍵を抜くシーンが秀逸。
コーフンしたでしょ
とか言われてましたよ。
小人さんな5話「Queen of fairy」はガリバーな感覚。
むちむちなスタイルに紐が食い込み、ハムのようになっていました
そっち趣味な方必見です(笑)
あれは恥ずかしいですねー。
なお、冒頭で「みのりちゃん」は文化祭準備にてアンケート集計を手伝っていました。
なるほど、人気あるのも納得ですよ。
6話「Like a stream」はスクール水着
彼女胸大きいので、水着もぱんぱんでしたよ。
ぜひゲストヒロインの部長「函南(かんなみ)」さんと比較してみて。
また、その姿で鍵が立ちあがるのがなんだかえっちです
鍵を抜くまでたっぷり描写あったほか、「斎里子さん」のズブ濡れシーンもあるので必見。

強い線の絵柄。
濃淡も同様でページごっちゃりなるので、全体では濃い目です。
ややメリハリには欠けるかな。
バランスよく動きも違和感なく、アクティブな漫画。
どっちかというと、勢いで猛進する感じ。
それでいて目立つような乱れ・崩れもなく、一般えっち系として良い出来栄え。
癖はありますがサービスシーン多く、読者の期待を裏切らない完成度でした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 濃い目ですが、よくまとまっています。
・話4: 一般えっち長編として高い完成度でした。2巻はどうなるかなぁ。
・独4: 設定の妙ですね。あちこちえっちです。
合計:[12/15]

いかにして「みのりちゃん」の”えっちっぽい描写を差し込むか”、な漫画ですね。
当初はややこしく感じた設定なども繰り返しで慣れるので、そう気にするものではありません。
あとはアイデア次第かなぁ。

みのりスキャンダル 1 (チャンピオンREDコミックス)みのりスキャンダル 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2010/11/19)
速野 悠二

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ツーサイドアップ パンチラ スクール水着 アクション

■らぶれす (あまゆみ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]ラブコメ・ビジネス
・おまけ: あとがき、描き下ろし「らぶ・れす お口なおし」
・その他: 短編×10(うち「らぶ・れす」×5)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あまゆみ」センセの「らぶれす」です。

すみません。
緊急対応などがため、まるで時間がありません。
今回はちょろっとでごめんなさい。

本日は「あまゆみ」センセです。
確かどちらかの単行本を読んだ気がするんですけど、どれだろう。忘れました。
ブログで取り上げるのは、これが初めて。
今回の「らぶれす」は一般えっち系な単行本。
メインの中編とほか短編で、だいたい半分ずつという収録になっていました。
だいたいお仕事絡みなので、サラリーマンほか働いてる方向けな内容ですね。

小西沙夕美、沢谷伊織
※左:小西沙夕美、右:沢谷伊織
 だいたいこんな感じのファミレス漫画です。

表題作「らぶ・れす」は冒頭からの中編。
主人公「岡崎」はファミレス店の店長。
人手不足がため、昔馴染みの「小西沙夕美(こにし・さゆみ)」に短期バイトとしてシフトに入ってもらっていました。
彼女はご近所さんの娘で、”お兄ちゃん”と呼んでくる妹的な存在。
そのため、可愛くは感じていたものの、あえて子供扱いをしていたんですが…と、だいたいそんなん。

本編4話と描き下ろし「らぶ・れす お口なおし」という構成で、計5話のストーリー。
そこそこ歳の差あるだろう、妹ちっくなヒロインとのラブコメです。
正直なところ目新しさはないものの、お話は丁寧に描かれていました

ファミレス店なので、1話目はやっぱり店内・制服ですよね。
店頭で「お兄ちゃん」と呼ぶのを「店長」と修正するのもお約束。
ヒロイン「沙夕美ちゃん」は髪をツーサイドアップにした、ふわふわ制服の似合う可愛い娘です。
閉店まで通しという、かなり無理なシフトを組んでいたため、帰りがけに立ちくらんでしまうのでした。
その、無理をしていた理由がまた可愛らしいんですね。
ひでるさんはてっきり、閉店後の2人っきりを狙っているんだろうと予想してましたが、もっとマジメなものでした。
「沙夕美ちゃん」、ごめんなさい。

クリスマスケーキ販売中の2話目。
ひでるさんも経験ありますが、サンタ服は普段より逆に暖かかった印象なんですが…そうか、女の子のソレは露出大きいですもんね。
コスプレも手伝っているとはいえ、「沙夕美ちゃん」の可愛さは漫画内で相当なレベル。
店でも目当ての客を集めていたようですが、こちらクリスマスケーキの販売では男性客が列を成していました。
ご近所アイドルな感じ。
売り上げ38%アップというのは尋常でないですねー。
そうした貢献度合いとは裏腹に、イマイチ機嫌の悪い彼の気持ちがよく分かります。
まー、面白くはないわね(笑)
大学の友人とコンパに誘われてるとかなんとか言って”先に上がっていた彼女が、外で待っていた”というのが染みる。
ベタですが、やはりこんなんは心地良いですわね。
後半の彼女の一言がまた実にキュートなので、お楽しみに。
うわー、この娘は性格もイイですよ。

このストーリーのうち、大きなポイント(だと思う)3話目。
前回のオチを引っ張っていたので、ちょっと驚き。
単なるネタではなかったのね。
こちらから、本部広報課長という新キャラ「沢谷伊織」さんが登場です。
ムダにエラソーな態度と胸
そんな台詞があり、なかなか親しい感じの彼女は…1話目から顔を見せていた主任「川辺」とのえっち。
まぁ、店長さんのキャラから、彼とえっち展開はないでしょうからねー。
「沙夕美ちゃん」がそんなんを目撃するんですが、接点薄かった2人をうまく相談レベルまで持ち込んでいます
直接続いている、最終の4話。
「伊織さん」が良いお姉さんしてますね。
まったく知らない仲でなく、年上で経験もありそうな彼女は、相談相手としてうってつけでした。
描き下ろし「らぶ・れす お口なおし」は後日談。
王道展開なので先が読めますが、4話目のオチを考えればここまで描いて正解かと。

基本「お兄ちゃん」と呼ばれます
※基本「お兄ちゃん」と呼ばれます
 表情などはよく描けていると思います。

ナース「八重樫つぐみ」さんの「恋ノおクスリ」
もともとの真面目な性格と、主任という指導すべき立場がため、おカタイと評判の彼女。
新鮮な反応で初々しく、可愛いです。
ちゃんと勤務外であったのは、彼女らしいですね。
いい奥さんになりそうです。

「松之宮姫子」さんの「ひめ・の手習い」は剣道ネタ。
主人公「聡士」くんとは昔馴染みというお姉ちゃん。
練習で1本も取れなかった彼女は、
また……お仕置きして…欲しい…な
とか言っていました。
剣道えっちなプレイが卑猥です
”また”という台詞から、これは何度目かの事のようですから、切っ掛けを知りたいですよ。
あの、えっちっぽくない彼が如何にして幼馴染みの年上をあーしたのか(笑)

ビジネス短編「できる女」は秘書「笹崎奈々」さん。
てっきり社長とのえっちかと思いましたが…その有能っぷりを発揮し、あっさり自宅へと帰していました。
その相手をつとめるのは、意外な男性です。
どんなんかは内緒ね。
中盤からの彼女が良いです。
おそらく、アレは彼女にとってストレス発散なのでしょう。
鉢合わせと見せかけて~の流れは見事でした。

ナース「八重樫つぐみ」、秘書「笹崎奈々」
※左:ナース「八重樫つぐみ」、右:秘書「笹崎奈々」
 やっぱり秘書ってーのはいいですね。

「秋の日ノ夢」は旅館話。
「操」・「孝一」という幼馴染みカップルです。
「操さん」の父親が倒れたと聞き、急遽手伝いに駆け付けた「孝一くん」
彼のが5つも年下で、確かに戦力として役には立たないかもしれませんけど、この行動力は立派なもの。
そりゃー、「操さん」からしてみれば、背中流したくもなりますわね
めでたし・めでたし…って、オチ部分の決意はどうかと思いますが。
そんな簡単ではないだろうなぁ。

小学生からの付き合いから夫婦となった「知恵」・「晋作」の短編「ぶらっしゅ しぇる」
まぁ、分からんでもないですが…ちょっと極端過ぎるかなぁ。
設定は結婚前のが良かったのでは。

強い線の絵柄。
しっかりとしていて、目立つ乱れはないものの、ややバランスの悪い箇所がちらほらありました。
そうした線と、ごっちゃり気味なページがため、全体は濃い目。
単純に色としては、さほどでもないですが。
コマ同士の隙間がなくなることも多いですね。
くりっとした横長の目、通った鼻筋、大量の恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴の人物絵。
各ヒロインの表情は良いんですが…ううむ。
個人的な感覚で申し訳ないですけど、肝心のスタイルについてはいまいち、いまに、いまさん…くらい。
特に胸が際立ってダメ
バストトップから全体まで、魅力ありません。
単純な形とか立体感、ほか身体との組み合わせが弱く、お尻や太ももについても同様。
変に細かったりしていて、正直なところ服を着たままのが逆に良く見えました。
また、カラーも色が薄めでパンチ軽め。
↓表紙はまだいいものの、特に裏表紙は”えっちが売りな単行本とは思えない”ようなもの。
ここは、本編の白黒絵のが優れていると思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵2: えっち系で、ヒロインの裸が刺さりませんでした。表情はいいんですが。
・話4: 中編・短編のどちらも、しっかり描かれています。 
・独4: 1話描き下ろしの収録もあり、一般えっち系としては良い構成かと。
合計:[10/15]

漫画として読むに問題なく、そういった意味で絵柄は悪くないです。
ただ、ヒロイン絵は何とかした方がいいかなぁ。

らぶれす (バンブーコミックス)らぶれす (バンブーコミックス)
(2010/11/17)
あまゆみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : サラリーマン ラブコメ ツーサイドアップ コスプレ バストトップ

■帝都たこ焼き娘。 大正野球娘。番外編 (よねやませつこ)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]大正・コメディー
・おまけ: あとがき・おまけ(原作小説場面イラスト)、カラーイラスト、
      描き下ろし短編小説「いつまでも、いつまでも/神楽坂淳」、
      カバー裏に洋装娘・和装先生。
・その他: 原作「神楽坂淳」、折り返しにプロフィール、カラー(4P)、
       5話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「よねやませつこ」センセの「帝都たこ焼き娘。 大正野球娘。番外編」です。

月末の書店は人がまばら。
発売にしても、そうした感じでしたね。
あちこちHPを見ていると、どうやら来週にどっかー集中しているみたいでした。
ひでるさんの狙い目は、限定版があるらしい「上乃龍也」センセの「モザイク×三姉妹」です。
表紙良く、内容を期待させられます。(※アマゾンで表示されてない時は「S2COMIX」サイトを参照のこと)

モザイク×三姉妹 [限定版] ドラマCD付(仮) (富士美コミックス)モザイク×三姉妹 [限定版] ドラマCD付(仮) (富士美コミックス)
(2010/11/25)
上乃 龍也

商品詳細を見る



さて、本日は「帝都たこ焼き娘。 大正野球娘。番外編」です。
タイトルそのままの番外編で、もともとは小説のコミカライズ。
本編についてはアニメや漫画などで展開されており、こちらのブログでも「伊藤伸平」センセの漫画版「大正野球娘。」を紹介しております。
番外編までコミックスになるというのは、それだけ人気なんですかねー。
女子校・野球の組み合わせだけで珍しかったですが、舞台となっている大正時代とがなかなかにそれっぽく、確かに面白いものでした。
まぁ、さして大正に詳しくはないのだけれど。

今回の漫画を描かれているのは、「よねやませつこ」センセです。
なんだか聞き覚えあるかなー、って思っていたら、「ロードス島戦記 ディードリット物語」を読んでいました。
やや少女漫画ちっくな絵柄ですが、お話(ネタ)的にこれで良いかも。

東邦星華女学院・桜花会_集合絵
※東邦星華女学院・桜花会 集合絵
 とりあえず全員はこんな感じです。

「小笠原晶子」の呼びかけから、野球チームとして結成された”桜花会”
練習に打ち込んだメンバーは、目標としていた朝香中学・野球部との試合を行ったのでした。
こちらは、その試合の後、秋頃のこと。
メンバーの1人「川島乃枝(かわしま・のえ)」から、
”公園楽団を応援するため、弁当を差し入れる”
皆にそう提案をするよう頼まれた「鈴川小梅」
それには「乃枝」のとある思惑があったんですが…その従姉妹「長滝紅葉」が「アーミナ女学院」からの手紙を持って「東邦星華学園」に顔を見せると、なぜか学園同士の屋台勝負へと発展するのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

青春学園コメディーです。
もともとは”大正野球娘。”ですが、まるで野球描写は登場しません。
女学園での日常生活、プラスして学園対抗イベントといったところ。
もともとの舞台設定、キャラクター、それぞれの関係などが丁寧にあるため、まぁ何をやっても面白くまとまりますわね。

ただ、番外編ということで、基本的には”原作を知っていてあたり前”というスタンス。
それでいて、あらすじページがあったのはなかなか親切です。
あれは、単に物語の時間軸をハッキリさせる目的かもしれませんが。
カラーイラストに各メディアの紹介、おまけまで内容盛りだくさんでしたけど、各話の間にはぺらりと空きページもありました。
どうせなら、主要キャラの紹介があれば良かったかなぁ
それがあれば、いきなりこの単行本から”大正野球娘。”の世界に触れることもギリギリできたと思うんですけどね。
わっと多くのキャラが登場する作品なので、いきなり読むのは難しいです。
 
鈴川小梅、アンナ先生
※左:鈴川小梅、右:アンナ先生
 なるたけ多くの顔が見られるようなものをチョイスしてみました。

やっぱり登校シーンから始まる1話「何を企んでいるのかしら?」
「小梅さん」、走る車に飛び乗ってましたね。
冒頭から顔を見せた「小笠原晶子」さんですが、意外と出番は少な目。
今回の漫画は、そもそもの切っ掛けである「乃枝さん」、その対極で「月映巴(つくばえ・ともえ)」さんが目立ってました。
2人もそうですが、「小梅さん」を取り巻く人々は何らか思惑あるのが楽しいです。
(…だから彼女がモテるんだろうけど)
その筆頭たる「宗谷雪」さんに対する「乃枝さん」がいい感じです。
2話「では、行きましょう。」は「小梅さん」・「巴さん」の新宿デート話。
当時の新宿という土地、また屋台についての考え方が語られています。
ここは「巴さん」の魅力爆発な回ですね。
ドレスアップした姿はまるで宝塚のようで、作画「よねやませつこ」センセで正解だと思いました。

実は、ここまでがプロローグ。
お話のメインは、3話「わたしにいい考えがあります。」からです。
提案者は教師「アンナ」さんでした。
彼女ああした役回りですよね。
雰囲気とは裏腹にちゃんと教師をしているのがスゴイです。
「紅葉さん」の言っていた、「一銭洋食」
便利な世の中です
ネットで検索すると、これがビシバシ引っ掛かります。
ウィキペディア」によると、
”一銭洋食(いっせんようしょく)は、水に溶いた小麦粉を鉄板で焼き、ネギなど乗せて焼いた鉄板焼き料理。 「一銭定食」、「壱銭焼き」、「キャベツ焼き」とも呼ばれる”(※そのまま抜粋)
…だって。
この漫画までは聞いたこともありませんでしたよ。
事が食べ物、しかも洋食ということで、物語の主人公・洋食「すず川」の娘「小梅さん」が自然とピックアップされていました。
この流れは巧い。
(当然、原作もそうした考えで書かれているのだろうけど)
また、メンバーでは唯一彼女だけが屋台の経験があり、そこで言っていたのが”支那蕎麦”、って、要するにラーメンでした。
それに対する皆の反応が新鮮でいいですね。

月映巴、宗谷雪
※左:月映巴、右:宗谷雪
 ギャラリー集合するのも納得な彼女です。違う漫画みたい。

桜花会が集合し、それぞれの魅力が発揮される4話「なにがあっても、ずっと。」
支那蕎麦、一銭洋食…と試食し、試行錯誤する中で…ようやく表題”たこ焼き”へとたどり着きます。
こんなんは野球の時と似て、非常に面白いです。
最終5話「ありがとうございます!」が直接対決回。
このお話がどう決着するのか、最後までお楽しみ下さい。

「小梅さん」が主役らしい活躍をしていたほか、「乃枝さん」・「巴さん」の準主役という2人もポイントを押さえていました
おまけ部分をみる限り、単行本はかなり抜粋した内容である様子。
ただ、お話的に違和感ないまとまりで、原作からこちらでも楽しめる…と思います。たぶん。
うまく1冊分になっていたのでは。
なお、巻末には原作「神楽坂淳」さんの描き下ろし短編小説「いつまでも、いつまでも」が収録されていました。
長さ適度(読むにめんどくさくないくらい)なので、漫画を切っ掛けに原作へ流れる人も出そうですね。

さらりと流れるような線の絵柄。
濃淡・描き込み具合は適度なくらいでまとまっており、見易い漫画です。
特に色々とキャラが多く登場するので、強過ぎず・軽過ぎない程度のバランスがいい感じ。
少女漫画っぽい人物絵ですが、描き方としてはそう偏ってはいません。
カバーなどのカラーイラストよりも白黒絵は大人しい感覚。
癖はあるものの、そう気になるほどではないと思います。
表現としても同様。
原作小説・挿絵の「小池定路」センセと比べると、やや鋭角的…というか、大人っぽい風情です。
前述しましたが、「巴さん」の見せ場が映えるので、これはコレで良かったと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 綺麗な絵ですが癖はあるので。
・話5: 原作も優れていると思いますが、漫画チョイスも巧いと思います。
・独5: 設定から独特ですよね。歴史とか好きな人は楽しいのでは。
合計:[14/15]

ぶっちゃけ、当初の予想以上に面白い漫画でした。
野球でなくても全然問題ないですね。

帝都たこ焼き娘。―大正野球娘。番外編 (リュウコミックス)帝都たこ焼き娘。―大正野球娘。番外編 (リュウコミックス)
(2010/11/13)
神楽坂 淳、よねやま せつこ 他

商品詳細を見る


※こちらが原作巻。
大正野球娘。―帝都たこ焼き娘。 (トクマ・ノベルズEdge)大正野球娘。―帝都たこ焼き娘。 (トクマ・ノベルズEdge)
(2009/06)
神楽坂 淳

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー 大正時代 少女漫画

■あねかん (おかのはじめ)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]年上・カラー原稿
・おまけ: おかのはじめまして。、あとがき「作品のこと、ここ10年の僕について」、
      おくづけにかえて。、カバー裏にラフ絵、
      リバーシブルカバー(裏面はカラー漫画「白百合の園」)
・その他: カラー(64P)、短編×18(うち「蜜壺」×2、「らぶほdeでぇと」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おかのはじめ」センセの「あねかん」です。

お買い得本です
自身のHPにそう紹介されていました。
全226ページ、うち美麗なカラー原稿が64ページもあり、カバーは両面カラーでのリバーシブル仕様。
さらに、前書き・後書き・奥付けなど、あちこちにメッセージが書かれていました。
ラーメン屋で言えば”大盛り”、という表現も納得。
熱意がひしひしと伝わってきます。

そんな訳で、前巻「お姉さんがしてあげる」からは6年ぶり、別名義「乱満」の「秘密の基地で×××」からは5年ぶりという単行本「あねかん」です。
ブログ紹介するのもこれが初めてですが、たぶん単行本は全て揃っていると思います。
…すぐ手元にないけれど。

姉「杏子さん」
※姉「杏子さん」
 このコマがお気に入りです。

前述したように、とかく盛りだくさんな内容。
なんだか「おかのはじめ」センセの気持ちが伝わってくるよう。
見ているこちらも楽しい気分にさせられます。
特に絵柄については、↓表紙以下見事なもの。
デジタルを駆使した綺麗な絵が並んでおり、さすがという出来栄えでした
おそらく、↓表紙から想像される以上だと思います。
こうした漫画にしては4ページ程度のショートも少なく、比較的お話もしっかりしています。

ただ、基本として即えっち系で、あっさり行為に及ぶ事がほとんど。
読んでいて楽しめましたし、全然・まったく悪くはないんですが…個人的にはぐっさりと直撃コースで刺さるものではないかなぁ。

収録の短編「スプリング ハズ カム マイ シスター」
こちらは都会に出ていた姉「杏子」さんが突然自宅へ戻ってきた、というもの。
弟「大地」くん視点で、昔の記憶とは異なる垢抜けた彼女について書かれています。

実はなかなか良いお話。
こんなん好き。
姉弟の近親でしたが温かみあり、しっかり経緯が描かれている深いものでした。
特に、前半の酔い潰れてるシーンが個人的には最高。
じわじわ、ゆっくり染みていくような展開が好みなのよ。
「おかのはじめ」センセの漫画は、やっぱり脱ぐまで早いかも。

大学院生「河井ひとみ」、倉科比奈
※左:大学院生「河井ひとみ」、右:倉科比奈
 ↓表紙などで確認できるので、サンプルは白黒にしました。

収録での続きモノ「蜜壺」は前後編、タイトル異なりますが「らぶほdeでぇと」、「いっしょniかえろ~よ♪」も同キャラのお話です。
まず前者「蜜壺」から。
大学院生「河井ひとみ」は、教授と不倫関係にありました。
引き籠りの息子「真」の家庭教師をする名目から、その家に出入りすることができるようになっていたのです。
しかし、肝心の教授は長く留守にしており、またその妻には見透かされているような態度で、じらされた「ひとみ」は…と、そうした流れ。

これは後編・クライマックス部分の漫画ですね。
前編はそちらへ繋ぐまでのタネまき。
「ひとみさん」はスタイル良いので、服着ているほうがえっちに見えます。
こんな家庭教師いいなぁ。
ガラリと豹変する「真くん」もお楽しみ下さい。
なお、こちら前半はカラー原稿が収録され、切っ掛けとなる教授とのえっちが描かれています。

後者「らぶほdeでぇと」、「いっしょniかえろ~よ♪」は、タイトルそのまま軽めの連続話。
ツインテールな「倉科比奈(ヒナ)」と「入江俊(シュン)」のカップルです。
まず「らぶほdeでぇと」は、ラブホ初体験話。
すでに部屋へ入っているため、即えっちになっています。
楽しそうで何よりという感じなんですが、なかなかビターなオチ部分に注目。
その後のエピソード「いっしょniかえろ~よ♪」は、もうちょっと周辺について描かれています。
はっちゃけて描かれている「ヒナちゃん」
前話よりもラブラブになっており、ハワイ出身力士を彷彿とさせる押し出し相撲な感覚。
「シュンくん」も言ってましたが、主導権を握られてますね。
前半のそうした提示がため、後半に描かれている素の「ヒナちゃん」がじんわり重いです
オチはコメディーでしたが(笑)

「くちゅくちゅ2」、「満員電車で×××2」は前単行本「お姉さんがしてあげる」からのシリーズもの。
いちおう、そっちがなくても楽しめるようになっているのでご安心下さい。
うち前者は10ページのカラー原稿で、位置的には単行本の冒頭。
全編に姉弟の近親えっちが描かれています。
モノローグに注目。
後者は「お姉さんがしてあげる」での表紙にもなっていたので、明確な記憶がありました。
(※ちらほらそちらのカットもあります)
”秘密の女性専用車両”という電車内で、集団のお姉さんにえっちされる男の子の続編です。
確か…前回は即えっちでお話っぽくなかったですが、こちらは中盤からの展開から。
もうちょっと背徳感あった方が好みですが、ネタ的にそんなんじゃーないですもんね。
やたらまとまりの良いオチがなんだか可笑しいです

表題作「あねかん」はカラー原稿なんですが、これが4ページのショート。
姉弟の近親えっちで、モノローグで進むタイプ。
これは文がエロいですね(笑)
なお、巻末に収録の「どっちのオナニーShow」も、同じく4ページの漫画。
ただ、こちらは細かいコマ割りで、お話としてもあとがき漫画な風情でした。

「あねもえ」は、いじめたくなるよな可愛い姉「萌」さんのエピソード。
似てますが、先の「あねかん」とは無関係です。
会社でもダメダメでしたが、家では弟「亮」くんに好き勝手されてる「萌さん」
貞操帯とかつけさせられていましたよ。
「萌さん」があーした感じなので、プレイはソフトSMちっく。
ただし、あちこちラブラブな所が垣間見え、嫌な感じはありません。
カップルがイチャついているだけですね。

満員電車~のお姉さん、姉「萌さん」
※左:満員電車~のお姉さん、右:姉「萌さん」
 両極端な感じを並べてみました。おどおどしてます。

ほか、カラー原稿の各話をそろりと。
「ぼくだけのなつやすみ」は脈略もなく、出会ったお姉さんからえっちに持ち込まれるもの。
釣りな設定はオチで生かされていました。
似た感じの短編「ヌレヌレ」ですが、こちらは雨宿り。
先客のお姉さんが、独りえっちをしていた場面にはち合わせるというパターン。
ラストのアレはやや唐突かなぁ。
ノラな猫耳の女の子を拾う「ふたりぼっち」
これは実にお約束なオチですね。
白いパンストが眩しい「ナースの姫事」
患者との複数えっちです。
裏であーしたバイトをしている、って王道なネタになってました。
「ママハハ わがままなかあさん」は義母「恵」さん。
酔っ払っている勢いから、えっちに展開しています。
スキンシップというのもよくありますね。
枠外に”まにあっくぷれいだ”と書いてありましたが、確かにその通り。
彼トラウマになるぞ。
ローションな漫画「あわあわ  -東京泡夢ものがたり-」
オチでがっかりするかもしれませんけど、見事なぬるぬる描写をお楽しみください。
百合漫画「白百合の園」
単行本はリバーシブルカバーなんですが、こちらはその裏面にありました。
カバー外して(←ひでるさんはいきなりカバー外します)驚きましたよ。

洗練されたデジタル画です。
柔らかで艶やか。
肌のキメ細かさまで表現されているようで、カラーでも白黒でも非常に綺麗なまとまり。
丁寧でバランスにも優れ、お話によって写実・漫画を描き分けております。
表現的に引っ掛かる部分なく、絵は無論のこと漫画としても高いレベルでした。
コメディー、シリアスどちらも巧い方。
やや内蔵表現が多いので、ココは読み手にとって気になるかもしれませんね。
癖はありますが強くはなく、絵的なマイナス点はないでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: カラー・白黒とも差はなく、デジタルの良さを引き出しています。
・話4: 即えっちが多めですが、成年漫画としてはこれで十分。
・独5: おまけ多く、豪華な構成だったので。色々楽しめるでしょう。
合計:[14/15]

たっぷりでした。
後はもうちょっとリリースが早ければねぇ。

あねかん (メガストアコミックス)あねかん (メガストアコミックス)
(2010/11/19)
おかのはじめ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール 百合漫画

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。