FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ろりるれろ (姫野蜜柑)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ロリ・コメディー
・おまけ: 描き下ろし漫画「おまけのページ」、カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「姫野蜜柑(ひめの・みかん)」センセの「ろりるれろ」です。

アホの娘ほどかわいい、ということで、”アホかわ”だそうです。
へー。
それがためか、紹介帯裏面には「アホ」の文字が多く散らばっていました。
なんだか酷いなぁ。

描かれている「姫野蜜柑」センセはこちら「ろりるれろ」が初単行本。
収録は全て短編です。
”アホの子マンガ職人”
なんて冠をお持ちでした。
…なるほど。
ロリな娘がなんとなく、あまり躊躇なく、ぺかぺかとえっちに展開していく様を一言で表現すると、”アホ”になるんでしょう。
現代ファンタジーですねー。

燕ちゃん
※燕ちゃん
 飲まれることは恥ずかしくないようです(笑)

”父親の隠し子”という「彩」ちゃんの「あるある!」
普通に横に座ってテレビを見る彼女に、
えっ、誰?
そう聞く冒頭部分が実に良い間でした。
「姫野蜜柑」センセはこうした空振りな感じのコメディーが上手ですね
そんな訳で、突然できた妹との同居話。
ぱたぱた慌てる様など、大きいリアクションが可愛い「彩ちゃん」
仲良くなるため~、という父親から聞いた色々をすっかり誤解した彼は、えっちしてしまうのでした。
多少紛らわしい部分はあったものの、深読みし過ぎ。
あれは父親の手紙もややこしさの原因か。
(あるいは、そんな感じの人だったのかな)
ラスト1ページまで楽しい仕上がりでした
こんなんが”アホ”と形容されるゆえんなんでしょうねー。

懐かしいゲームなタイトルの「エレベーターあくしょん」
壁にガンガン撃つと敵がやたら強くなるんですよね。
こちらは関西弁ヒロインシリーズです。
エレベーター内に閉じ込められるパターンで、「燕」ちゃんは尿意ぎりぎりなのでした。
お約束です。
どうしようという場面。
この際の3つほどの提案のうち、
俺が飲むか?
という最もあり得ない部分にて承知してました。
飲んだ方が燕が外でおしっこしたことバレへんねんで?
そんな訳でえっち展開になるんですが、びしょ濡れにもされています。
うっわー。
最中に故障から回復したため、そのまま部屋までダッシュする場面が素敵でした。

桜ちゃん、鶉ちゃん
※左:桜ちゃん、右:鶉ちゃん
 この関西弁シリーズはセンセの漫画と合っているように感じました。

「小さな八百屋さん」も関西弁ヒロインシリーズ。
店番をする「桜」ちゃんと、ボンクラ・ニートなおっちゃんの話。
2人でボケとツッコミが出来上がっており、会話部分から楽しいです。
芸人や
とか言われてました。
そんなんからえっち展開になり、途端に可愛らしくなってしまう「桜ちゃん」が素敵です。
こんなんいいですね。
巻末4コマも良かったです。
若干タッチが違うかなー、という短編「赤ちゃんの穴は…」
こちらも関西弁なヒロインでした。
ちょっとした切っ掛けから、従兄妹の「鶉(うずら)」ちゃんへ性教育するもの。
まぁ、タイトルそのままですよ。
小さい子には難しいだろうなぁ。
(※年齢から、彼女はやや幼すぎる感じでしたが)
個人的にはラストページの髪解いた方が好き。

”ちょっとしたロリコンをなんとかしたい”

そう縁結びの神様に願った主人公。
彼女でもできれば改善するかもという考えだったんですが、その帰り道にて猫と遊ぶ「結」ちゃんに出会ったのでした。
そうした短編「えんむすび」
貰った魚肉ソーセージを自分で食べちゃう「結ちゃん」が可笑しいです。
こうした際の、やんわりとした突っ込みがいいですね。
故あってそんな「結ちゃん」と野外でのえっちになります。
かなぁ?」と言葉を続けるなど、あちこちのリアクションが可愛いです。
色々あったので、オチ部分では漫画の設定忘れてましたが、神頼みというのはそういったことね。

「ひみつのドリル」のヒロイン「茜」ちゃんが↓表紙の女の子。
こちらの彼女は、
おおおおお
という、恥ずかしい場面でのぞくぞくする反応がいいですね。
家庭教師とのお話。
疲れていた彼は、作ってきた問題集をさせようとしたんですが…カバンから間違った本を取りだしてしまった「茜ちゃん」は、言われるまま6ページから試してみるのでした。
いちおう、どんなんか理解はしているのね。
えっちまで至る流れは見事で、お互いキッチリ誤解したまま最後までシテしまうのでした。
これは続きがみたいなぁ。

茜ちゃん、彩ちゃん
※左:茜ちゃん、右:彩ちゃん
 だいたいこんなテンション・リアクションです。

寝ている「蘭」ちゃんとのえっち話「ろりるれろ」
普段は人見知りの激しい彼女。
吹き出しも比較的小さめでした。
そんな彼女が、甘酒一口で酔っ払う様が楽しい漫画になってます。
暑さを感じて服を脱ぎ出し、さらにはお兄ちゃん(隣の)の膝の上で眠ってしまうのでした。
準備万端ですね。
実はしっかり起きてる「蘭ちゃん」が可愛いです。
冒頭の髪型を変更する部分がやや分かり辛い感じでした。

ほか、「おしうり注意報」は「桃」ちゃん。
やたら人懐っこく、初対面である訪問販売の彼にやたらベタベタしておりました。
どこまで分かっているのか微妙ですが、子供の特権を最大限に利用している感じ。
成長したらトンデモない事になりそうです
「まお」・「まや」の双子話「そーせーじ!」
「まやちゃん」のがお姉さんで、お風呂が舞台。
こちらのみ、同年代男女のえっちになってました。
双子な成年漫画で、よく小さいころから~と、1コマで処理されてしまう部分の拡大版みたいなお話でした。
2人の今後が心配です(笑)
「パパの宝物」は「遙」ちゃん。
誤解するパターンで、再婚した父親が暴走しておりました。
結果的に「遙ちゃん」は身体を張って、家庭を守って(?)おります。
母親登場の場面はかなり近いところまで接近しており、普通はバレるよねー。

絵柄はだいたい↓表紙な感じ。
簡単には、そちらでの判断で大丈夫です。
しっかりとした曲線のすっきり絵柄。
濃淡から描き込みまでは適度な感じ。
ふんわりとした輪郭で、くりくりとした丸い目・ごく小さい鼻が特徴。
やや強めなロリ絵ですね。
初単行本という割に安定感あり、全体的に良く描かれていました。
独特な間のやんわりとしたコメディーが良かったです

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 安定して巧いです。ジャンルから人を選ぶかなぁ。
・話4: 極端さないロリジャンルで、良かったです。
・独4: 独特なテンションの楽しいコメディー短編群でした。
合計:[12/15]

表紙・裏表紙の続きがカバー裏にあるので注目。
ぶっちゃけ「茜ちゃん」は漫画で見たかったなぁ。

ろりるれろ (TENMAコミックス LO)ろりるれろ (TENMAコミックス LO)
(2010/09/25)
姫野 蜜柑

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ファンタジー

■理系彼女 (備前泥舟)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]理系・眼鏡
・おまけ: あとがき、作品解説という名の蛇足、
      カバー裏に漫画「ちっともエロくない寸劇」・表紙リンク絵。
・その他: 初単行本、短編×11(うち「足裏精(子)摩擦係数」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「備前泥舟(びぜん・どろぶね)」センセの「理系彼女」です。

”恋愛論理武装”

なんて文字が躍っていた単行本。
ああ、こちらのタイトル、紹介帯を考えた方はスゴイ。
拍手。ぱちぱち。
そういったキャラは、ほか成年漫画にてもちらほら顔を見せていました。
ただ、こうして大々的に1冊とされたのは、これが初めて…ではないかなぁ。たぶん。
よく知りませんが。
「理系彼女」というのは、もしかしたら今後1ジャンルになっていくかもしれませんね。
あるいは、成年漫画史の分岐点を見ているのかもしれません。

そんな訳で「理系彼女」です。
眼鏡・オデコ・ツリ目~とイメージの固まっている(たぶん)委員長とも異なる、理系キャラ。
まだ漠然とした単語ですが、「こんなんだよねー」って、なんとなく思わせる↓表紙が素敵。
ちなみに、眼鏡でないのか、って思ったら、裏表紙はやはり眼鏡でした。
タイトルなど寒色で揃ったのも、なるほどそんな感覚。
ちなみに、↓表紙は”本編に登場する生徒会長さんがモデル”とのこと。
カバー裏にて、ネタになってました。
ややセールス的には落ちてしまうかもしれませんけど、個人的には生徒会長さんのサイズで見たかったです。
その方がより「理系彼女」な感じだと思うんですが…ちがうかなぁ。

天川出海
※天川出海
 やっぱりお話はこうした短編のが読み易いです。
 
長くなりましたが、こちらが「備前泥舟」センセの初単行本です。
ペンクラの新星
そんな通り名をお持ちでした。
格好良いですね(笑)
あちこちで名乗れそうなトコが良いです。
ペンクラ、って略されていると、普通の人はなんなんだか分かんないだろうしねー。
1エピソード以外は全て短編での収録。
やや引っ掛かるものの独特なテキストと洗練された絵柄で、理系味の単行本に仕上がっていました。

やはり理系な匂いのする短編「地球思春期の始まり」、「理論武装はエアフローに難がある」から。
前者「地球思春期の始まり」はお祭りが舞台。
”解剖用の金魚を調達に参りました”
という「夏恋(かれん)」さんと「秋人」くんのカップルです。
地球温暖化~という話題からえっちに至るまで、約4ページほど使っていました。
普通はこういう描き方しませんよねー。
解説に「コレが通ると思っていなかった」と書かれていましたが、それも納得。
良し悪しは分かりませんが、編集さんがスゴイ。
後半の浴衣えっちとなんだか両極端な感じでした
胸が大きい(Gカップ)という「夏恋さん」はサラシなんて巻いているので、注目です。
やっぱりお祭りだと野外なのねぇ。
後者「理論武装はエアフローに難がある」は研究室でのえっち。
ホントに理屈っぽいですね
とか言われている先輩「理香」さん。
なかなかにややこしい方でしたが、えっちへ至る照れ隠しでつらつらと言葉を並べていました
ああした女性が、実は匂いフェチというのが素敵。
なお、続く「前っていったいどっちですか?」のヒロインは眼鏡・髪型が「理香さん」とよく似ていましたが、別人です。
実は弟がいたのかと思いましたけど。

「好きな理由は字数制限解除済み」は幼馴染みの「天川出海(あまかわ・いづみ)」さんと「圭太」くん。
「出海さん」へのラブレターを渡してもらうよう、メッセンジャーを頼まれた「圭太くん」
家がお隣同士の「圭太くん」は、
渡すものがあるからあとで部屋へ行くね
そう彼女に伝えたんですが…何年振りという彼の発言で、「出海さん」は大いに期待してしまったのです。
しかし、他人のそんなんを仲介してきた彼に納得がいかない彼女は~という展開。

こちらは逆にタイトルだけそんな感じ。
内容は完全にラブコメで、するりと読めるでしょう。
ツインテールな「出海さん」は普段クールらしく、ミステリアスと評されていました。
この漫画内では要素薄めでしたが、ツンデレですかね。
好きになるのに理由は必要ない
とか言っていた彼女が、ざーっと述べた”圭太くんの好きなところ”がラブい。
あれを言われた男子はたまんないでしょう
いいなぁ、「圭太くん」
放尿描写がありましたが、直後の「出海さん」の台詞は注目。
可愛いこと言いますね。
なお、この後に収録の短編「ユウダチ」は雨の日に出会った人妻とのえっち。
作品解説で驚きましたが、当初は「圭太くん」のソレだろうなぁと思って読んでました(本当)
前話ではかなりインパクトある台詞でしたからねー。
ページを戻って、それぞれの顔を確認して別人だと認識しましたが。
(※彼女の写真が出てくるまで気付かなかった)
やっぱり人妻には雨が似合います。

「ユウダチ」の人妻、生徒会長「白川冴」
※左:「ユウダチ」の人妻、右:生徒会長「白川冴」
 巨乳お好きなようですが、貧乳な「冴さん」は良かったです。

生徒会長「白川冴」さんの「足裏精(子)摩擦係数」は描き下ろし「続・足裏精(子)摩擦係数」もあって、いちおう連続話。
理系というより、モロに生徒会長ですね。
成績優秀、スポーツ万能な優等生で、良家の1人娘という「冴さん」
ファンクラブまで存在するという彼女の本性は、腹黒ドSだったのでした。

そんな訳で、生徒会長「冴さん」とその相棒である書記くんのカップル話。
本編は、予算会議の様を”摩擦”と評した「冴さん」が、彼自身をコスるという流れ。
なるほど。
「備前泥舟」センセはこうした言葉からの流れがお好きですね。
収録のうち最もコメディータッチで委員長のキャラも良く、読み易い仕上がりでした。
会長にも足りないところあったんですね
とか言われていた、圧倒的なまでの貧乳っぷりが素敵
ラストページでの「人間的に大きくなる前に~」の一言も良かったです。
描き下ろしはえっち部分のより抜きみたいな風情。
こちらでのオチのコマも好き。

ブラコンな委員長の短編「熱素の澱」
周囲からブラコンと言われるほどの弟好きな委員長。
熱を出した弟「鈴村航一」のため、仕事もそこそこに帰宅したんですが…お見舞いに来ていたクラスの女の子と鉢合わせしてしまったのでした。

冒頭話なんですが、こっちは委員長ですね。
しかも、漫画は委員長でもなく姉弟の近親ネタがメインです。
眼鏡とカチューシャが特徴のお姉ちゃん。
ちょっとした嫉妬心が弟「航一くん」にやんわり火をつけてしまい、そのまま組み伏せられるという流れ。
体調悪いのに。
こちらはモノローグを多用した構成で、彼女の心情が丁寧に描かれてます。
テキストが多めな弊害あるものの、初めてなドキドキ感が文学的に表現されていました。

「初穂と初芽の境界条件」は双子の姉妹、姉「沖島初芽(おきしま・はつめ)」・妹「初穂(はつほ)」
「南鳥了(なとり・りょう)」くんを挟み、争奪戦が繰り広げられてました。
なお、実際に付き合っていたのは「初穂さん」
メイドなコスプレで頑張っていたので注目です。
Wヒロインな漫画で双子の感覚共有もあり、収録では比較的軽めな作品
もう少し色々なシチュエーションでも見たい感じでした。
「初芽さん」の冒頭台詞は、いかにも「備前泥舟」センセちっく。
普通はあんな聞き方しないよねー。

沖島初穂、しのぶさん
※左:沖島初穂、右:しのぶさん
 安定するだろう次の単行本は期待大です。

言霊・言葉遊び・語呂合わせ~ということで、あちこちそんな要素のある「しのぶマジック」
えっちシーンより、前後会話シーンでのそんなんを考える方が楽しいですね。
仕掛けもあるため、詳細については秘密。
ぜひ単行本を参照下さい。
ヒロインの彼女は、黒下着・ショートカットの可愛い娘でした。
大変だった、というバーの描写は…ちと微妙。
短編「ダイヤモンド トゥ ダイヤモンド」がデビュー作品だそうです。
他と比較して差が大きいですが、この頃から雰囲気ありますね。

細線のサラリとした絵柄。
濃淡はどちらかと言うと薄めですが、描き込みはしっかり。
今風に洗練された仕上がりです。
リアルさのあるキャラ絵で、良いコマについては非常に美麗なまとまり。
ただ、それがためバランス悪い箇所、引き絵などの弱いコマは、必要以上に目立っていました
お話によって原稿時期の差があり、全体としては不安定。
また、知識あるためか、お好きなのか、テキストは多めです。
これが理系を際立たせているんですが、成年漫画(えっち)との相性は正直なところ微妙。
今後どのように漫画を描かれるのか、楽しみにしたいと思います。
なお、「S2COMIX」にてサンプルが見れますんで、気になった方は参考にどうぞ。
短編「熱素の澱」の前半が立ち読めます。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 全体的には不安定さがあります。新しい原稿はいい感じです。
・話3: もうちょっとプラスなんちゃらが欲しい感じ。漫画も読み辛い方が強いです。
・独4: 新ジャンルを想像させる、気になる単行本だと思います。
合計:[10/15]

もしかしたら、ひでるさんの心を捕えて離してくれない某学者風キャラのさらに上を行く可能性もあり、なんとなく今から期待。
今回収録には、残念ながらおりませんでしたが。

理系彼女 (富士美コミックス)理系彼女 (富士美コミックス)
(2010/09/25)
備前 泥舟

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ツインテール コメディー コスプレ ショートカット

■僕のアイドロイド (瀬口たかひろ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]コメディー・アイドル
・おまけ: 
・その他: 7話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「瀬口たかひろ(せぐち・たかひろ)」センセの「僕のアイドロイド 1巻」です。

「瀬口たかひろ」センセです。
有名なので名前は記憶にありましたが、漫画としてしっかり見るのはこちらが初見。
…とか思ってたら。
今回ブログを書くのに検索したら、「まついもとき」という名前が…。
同じ方だったんですね!
名義「まついもとき」センセの漫画なら、過去に何冊か読んでいました。
でも漫画こんな感じだったか、まるで記憶残っていませんけど。

さて、本日は新刊「僕のアイドロイド 1巻」です。
アイドルを目指すアンドロイド、ゆえに”アイドロイド”です。
コメディー色が強く、えっち度も高め。
↓表紙もいい感じですねー。
ああ処理された下がどうなっているのか、中扉で確認できます。
しっかり水着でしたが(笑)
本編は直接シーンはないものの、バストトップ程度は頻繁。
期待に応える単行本(たぶん)に仕上がっておりました。

アイドロイド1号機
※アイドロイド1号機
 首が外れるのはアンドロイドのお約束ですね。

国内有数の大企業「秩父崎重工」
世界に君臨するという野望を持つ同グループは、高性能アンドロイドを開発。
次期主力商品として販売するため、ある壮大な事業展開を計画しておりました。
主人公「秩父崎莱智(ちちぶざき・らいち)」はその跡取り。
とある切っ掛けで、部屋からちょうど研究所へ落下してしまったのです。
そこで彼が出会ったのが、”アイドロイド1号機”
起動してしまった彼女に、父親(所有者)として認識されてしまったのでした。
こうして「莱智」はプロジェクトを遂行すべく、彼女をアイドルとして育て上げることとなってしまったのです。
だいたいそんなお話。

えっちラブコメですね。
2巻以降に続く長編漫画。
基本的にはアイドル世界について描かれています。
お約束で水泳大会があるなど、お話はよく見られるアイドル漫画でしたが、ここで”アンドロイド”という彼女の設定が味付けとなっていました。

ヒロインの「イチゴ」ちゃん。
”アイドロイド1号機”であるため、そのまま「イチゴ」という名前になってます。
おっぱいを膨らます処理の前に起動してしまったことから、貧乳な彼女。
開発にも携わっていた(らしい)「莱智くん」の父親は、
あれさえなければイチゴの完成度はもっと高かったハズ!
とか言ってましたが…容姿・雰囲気的には良いサイズであるかと。
実際にプロデューサー「万郷」にヒットしてましたし。
アイドルとして売り出される彼女。
”ドーム公演を実現させ、その場でアンドロイドだと公表する戦略”は相当に凄いですね。
現実ならば、タイミング的にはそれ以上ないくらいのインパクトでしょう。
問題は、実際にアイドルとして売れるのか、途中で秘密が漏れないか、ライバル企業に先越されないか…などありますが。
さらに、彼女の世話を任された「莱智くん」は単なる素人。
漫画を見る限り他にサポートはおらず、開発で相当にお金掛かっていると思われる割りにはほったらかし。
”芸能界最大手”という「ハニープロダクション」をわざわざ買収までしているのに、さしてプッシュとして売り出そうという戦略もなく、行き当たりばったりな事をやっていました
いちおうトップアイドル「栗林まろん」の踊りを初見からコピーしていただけでなく、”癒しボイス”なんて歌声にも特殊能力がありました。
妙なサービス要員みたいな売り方でなくてもイケると思うんですけどね。
このあたりが中途半端に感じましたが、コメディー色の強い漫画ですから。
軽くさらりと流しましょう。

トップアイドル「栗林まろん」
※トップアイドル「栗林まろん」
 色々な武器を持つ、えろい方でした。

主人公「莱智くん」の憧れである、トップアイドル「栗林まろん」さん。
…クドイ名前ですね。
実はえろい方で、マネージャー「柿本」も手を焼いているようでした。
(※しかも、たぶんお手付きしてる)
初対面の「莱智くん」に愛想振りまく、ドジを装って近づく、最終的には脅すなど、手を変え品を変えしてえっちに持ち込もうとしてます。
いいキャラですね
実際にスキャンダルは多いらしいんですが、それに対する彼女のスタンスが素敵。
ここは収録のラスト7話をお楽しみに。

男の子が空から落ちるという、ある意味逆パターンな1話「イチゴとパンツ」
培養液(?)に全裸でいるのはお約束。
結構簡単に首が外れるのはコメディーですね。
冗談する知識あるものの常識は微妙。
意味分からぬまま言葉を繰り返す、何らかの反応にちらほら興味を持つなど、起動したてらしい言動もあります
コマの隅に描かれた姿にも注目。
「まろんさん」のゲリラライブが見られる2話「イチゴとおっぱい」
乱入者である「イチゴちゃん」に対して、落ち着いた余裕の対応をしていました。
あれはトップアイドル然とした感じですね。
3話「イチゴと歌声」に直接続いており、「イチゴちゃん」の危機もそうでしたが、ここは「まろんさん」でしょう。
ガチガチな「莱智くん」に対し、えっち直前までしていました。

水泳大会の4話「イチゴとポロリ」
いきなりTV出演でしたが、役どころはポロリ要員。
これからアイドルとして売り出そうというのに、それはないでしょー。
放送されないとはいえ。
TVに映さないということで出演していましたが、着ているビキニはそのためのものだったのでしょう。
結局、それがためにチャンスを掴むこととなるんですが。
ここでの反応はやたら可愛いので注目です
なお、騎馬戦にて、頭を外して危機回避していた「イチゴちゃん」
どーでもいいですけど、そうした基本的な教育はしてないのね。

イチゴちゃん
※イチゴちゃん
 ”ぽロリっ娘アイドル”とか言われてました。

再びTV出演となる5話「イチゴとぶっかけ」
本来「イチゴちゃん」は”恥ずかしい”という感情は持ち合わせていません。
指示されたそのままを演じているのに、違うと察知していたプロデューサーは大したもの(変な人ですが)
彼女を見抜いて対応した「莱智くん」も偉いですが、セリフ違ってもOKを出す彼も凄いです。
プライベートでのお話6話「イチゴと苺」、そちらのオチから続く7話「イチゴと謝罪会見」
ここでも「まろんさん」の魅力が爆発してます。
そもそも、謝罪会見となってしまう切っ掛けを作ったのが彼女。
相変わらずの強引さとエロさで、こちらでもまたえっち直前まで持ち込んでいました
謝罪会見にて飛び出そうとした「莱智くん」を止めた際の行動も素敵。
どんなアイドルだ。
結構危機的な状況でしたが、どう乗り越えるのか本編を御期待下さい。

細線のすっきり絵柄。
デジタルな感じで色は淡く、濃淡は薄めです。
しっかりした描き込みでしたが、丁寧で柔らかなタッチであるためか、見辛さはありませんでした。
コメディー崩しはやや大きめ。
表現などに引っ掛かる部分なく、漫画の巧い方です。
全体的に丸っこく、キャラ絵は可愛らしいもの。
ちょっと癖はありますが、人を選ぶほどのものではないでしょう。
カラーでも大きく変化はないため、判断は↓表紙・裏表紙にてどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 綺麗で見易く安定しておりました。
・話4: はっちゃけコメディーです。細かいことはいいでしょう。
・独4: アイドル漫画にアンドロイド要素を加えたことで、独特な感じになってます。
合計:[13/15]

サービスカットも多く、1巻として掴みは十分。
今後どう展開していくのか、楽しみにしてます。

僕のアイドロイド(1) (ヤングガンガンコミックス)僕のアイドロイド(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2010/09/25)
瀬口 たかひろ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ バストトップ

■My Sisters (唯登詩樹)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]近親・野外
・おまけ: あとがき、加筆修正あり。
・その他: カラー(4P)、短編×14(うち「あね my sister」×6、
       「妹 my sister」×2、「inmate 一人暮らしの同居人」×5)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「唯登詩樹(ゆい・としき)」センセの「My Sisters」です。

なんとびっくり、「唯登詩樹」センセの成年系単行本が発売されました。
あとがきによると14年ぶりだそうです。
(※白黒原稿のもの)
いやぁ、長かったですねー。
茜新社」さんのHPに掲載されていた時から期待していましたが、さすがというべき出来栄えでした。

そんな訳で新刊「My Sisters」です。
1話カラーのショート短編がある以外は、全て連続話。
「my sister」のつく漫画は、「あね my sister」が本編で、「妹 my sister」は番外編的なもの。
もう1つ「inmate 一人暮らしの同居人」はセンセが得意とする(たぶん)、幽霊漫画でした。

姉「小塚美姫」
※姉「小塚美姫」
 えろいお姉ちゃんです。近くにいたら、たまんないでしょうねー。
 
メインの中編「あね my sister」から。
高校生「尭斗(あきと)」の姉「小塚美姫」はAV女優。
半年前にそれを知った彼は、密かに出演作品を揃えていたんですが…観賞現場を本人に目撃されてしまったのです。
それと同時期、父親に出演がバレてしまった「美姫」は、家を出て1人暮らしを始めたんですが…と、だいたいそんなお話。

えっちなお姉さんとの近親モノ。
まぁ、あれだけの容姿を持ったお姉ちゃんがAVなんて出演してたら、揃えたくなるのが心情。
…ではないんだろうなぁ、現実には。

こちらの家庭は母を亡くしており、いつからか「美姫さん」がその替わりを務めていた様子でした。
「尭斗くん」もうっすら理解していたみたい。
そう考えると、彼が言っていたように”姉”ではなく、”女性”として見ていたことに説得力があります

1話目はお姉ちゃんとの初えっち。
父親に出演がバレたという「美姫さん」は勘当され、頬を腫らしていました。
その際、彼女超ミニスカートな割にノーパンだったんですが…後の会話で納得。
あれは直後ですかね?
本人を目の前にしてのビデオはなかなかいい感じでした。

2話目は「桃井春奈」さんの登場話です。
伝説のAV女優で姉の友人。
お風呂に誘われ、そちらでのえっちになっていました。
こちらにて「私の彼も妹と~」という台詞がありましたが、それが「妹 my sister」のお話になります。
直接続く3話は、えっちタイミングで「美姫さん」が帰宅するというもの。
さすがにノリは良いですね。
吸い出している(何を?とか聞かないように)シーンとその後の一言が好き。
たぶん、”それも本心”なんでしょう。
いいですね。
こちらでは撮影用のボディストッキングを着用したまま帰宅しており、えっちに混ざっていました。
仕事の話を聞き、思わず嫉妬してしまう彼が若いです。
お姉ちゃんとの差を感じました。

こちらのメインは父親登場場面。
2人の会話は親子のソレではないですね。
その向こうでのえっちが素敵でした。
冒頭での父親・「美姫さん」がえっちな4話目。
お姉ちゃん、家では裸族と言ってましたから。
あの姿で玄関開けるのはすごい。
なお、ここでは先の続きもちょっとありましたので注目です。

桃井春奈・チマちゃん
※桃井春奈・チマちゃん
 制服姿が可愛い「チマちゃん」ですが…。

5、6話が最終エピソードになります。
もやもやっとした不安を抱く「尭斗くん」
これは当然ですね。
そんな訳で、「美姫さん」を尾行するのでした。
詳細については伏せます。
電車でのプレイは詳細な描写でゆったりしており、クライマックスに相応しいものです。
微妙にイヤーな感覚になるオチにご期待下さい。

「春奈さん」も登場する「妹 my sister」は前述したように番外編的なもの。
彼女の付き合う「彰司」くんとその妹「チマ」ちゃんです。
「美姫さん」らの顔見せはありませんでした。
彼氏が出来たという「チマちゃん」が、えっちについてお兄ちゃんの指南を請うという展開。
そこにちょうど「春奈さん」が居合わせたため、その手助けをすることとなるのです。
先ほどの「美姫さん」とは違い、可愛さ溢れるお話。
…だいたいはそんなんですが、ある意味より凶悪でした。
どんなんかは内緒。
続きどうなるのか見たいですよ。
なお、妹とのえっちで、より大きくする「彰司くん」がコメディー
「春奈さん」の機嫌が悪くなってましたよ(笑)

中編「inmate 一人暮らしの同居人」の「カンナ」ちゃんは、そんな「チマちゃん」と似た雰囲気の可愛らしさあるヒロインです。
1人暮らしをする「カンナ」
その部屋には男子の幽霊が住み着いていました。
実体ないものの姿が見え、会話もできる「カンナ」は、彼の未練が女性経験であると推理。
成仏の手伝いをするべく独りえっちを見せていたところ、下半身に感覚があったのでした。

そんな訳で幽霊とのえっちパターンです。
5話ほどの連続話で、読み応えとしては十分。
さして怖さもないためか、ごく普通に接している「カンナちゃん」
イイ娘ですね。
1話では、気になっていた先輩に憑依して~とか、ちゃっかりしたところを見せていました。
後に軽く説明ありますが、こちらのポイントは”なぜかえっちだけは出来てしまう”という点。
それが遺憾なく発揮される2話目が注目です
ひでるさんは、このえっちパターンが大好き(笑)
「カンナちゃん」とのえっちが出来ることを知った幽霊さんは、所構わず・頻繁に彼女を襲うのでした。
彼は他に姿が見えないため、完全に変な人。
街中では声掛けられたりしてますね。
木陰とか電車とか、そんなんもできればじっくり見たいシチュエーションでした。

カンナちゃん
※カンナちゃん
 ドロドロです。2話の街中シーンは必見。

巫女の家系という、霊視のできる「東崎芽衣子」・「比芽子」さんの登場する3話。
こうしたキャラもお約束ですね。
なかなか良い雰囲気だったので、幽霊くんには彼女らに逆襲してほしかったですが…2人にサービスカットはありません。
残念。
特に眼鏡の「比芽子さん」は惜しかったー。
なにげにえっちテク(霊術?)の上がっている幽霊くんにも注目です。
なお、こちらで姉妹の除霊から逃亡した彼は、未練の原因である女性と出会うのでした。
4、5話からがクライマックス。
えー、いちおう伏せておきますね。
どっちかというと2話のが好きなんですが、これはこれで(笑)
あのまま同居が続くというんでも良かったかなぁ。

短編「wake up」はカラー原稿のショート。
妹キャラだったので、あるいは「チマちゃん」かなーって思いましたが、違いましたよ。

絵柄は相変わらずの高いクオリティでした。
洗練された綺麗な線ですっきり系。
濃淡・描き込みのバランス良く、あちこち丁寧です。
特にひっかかる部分もなく、えっち時のテンポ良さは健在でした
可愛さ・色っぽさあるヒロインは魅力的。
カラーの素敵さは無論ですが、濃厚えっちがさっぱりと展開される白黒原稿はやっぱり捨てがたいモノ。
ベテランさんらしい巧さを感じる1冊です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: やっぱり「唯登詩樹」センセの白黒原稿はいいですねー。
・話5: メインの中編2話が非常に良かったです。
・独5: 様々なシチュエーションがスピーディーに展開されていました。
合計:[15/15]

久しぶりに堪能しました。
次はぜひ早めなタイミングでお願いしたいですね。

My Sisters (TENMAコミックス)My Sisters (TENMAコミックス)
(2010/09/25)
唯 登詩樹

商品詳細を見る


★「唯登詩樹」センセの漫画紹介記事
・[シテ…ほしいの
 …「内田美咲」先生のシリーズを含む、フルカラー漫画集。[成年]
・[My doll house
 …女装ラブコメな長編。サクサク進む楽しい漫画です。
・[Hな…
 …フルカラーのショート漫画集。[成年]
・[SWing-style 2巻 1巻
 …スワッピングを題材にした、長編漫画。オススメ。
・[MAIの部屋
 …フルカラーのちょっぴりえっちでセクシーな日常コメディー。全3巻。
・[いけないよゆう子さん
 …オフィスを舞台にしたビジネスえっち長編。全2巻。これもオススメ[成年]


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■恋愛スタンピード! (Dr.P)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ラブコメ・お尻
・おまけ: カバー裏に別絵・あとがき、描き下ろし(?)「おまけ漫画(1~5)」
・その他: 短編×11(※同一世界漫画あり)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Dr.P(どくたー・ぴぃ)」センセの「恋愛スタンピード!」です。

やっぱりラブコメですねー。
しかも「Dr.P」センセの新刊ということで、安定感も抜群。
この直前に読んだのがぐーっと考えさせられるようなものだった(悪い意味でなく)ので、なんだか清涼剤のような単行本でした。
お尻重視な感じも個人的にはストレート。
良かったです!

そんな訳で、新刊は「恋愛スタンピード!」です。
描かれている「Dr.P」センセは、初単行本「あなたが触れるたびに」、2冊目「侵略的恋愛主義」と紹介しており、こちらが3冊目。
やはり漫画は世界観を同じにしており、こちらの一部は「侵略的恋愛主義シリーズの漫画も収録されています。
1話は完全に単独っぽいので、だいたい2系統シリーズと短編という仕上がりでした。
どちらも心地よい、テンポ良いラブコメなので、さっくり楽しめることと思います。

小宵さん、まひるさん
※左:小宵さん、右:まひるさん
 なにげに「まひるさん」は面白いキャラでした。

今回多くのキャラから↓表紙を勝ち取ったのが、冒頭話「ワガママすいーつ」の「万理」ちゃん。
彼女はこちらのほか姿見えず(たぶん)、舞台も「浩志」くんのアパートになっており、単独話な感じです。
帰宅した「浩志くん」を出迎えたのは、いいトコ学校のお嬢様「万理ちゃん」でした。
勝手に部屋へ上がり込んでおり、ケーキを買っていたんですが…その意味をうっかり忘れていた「浩志くん」はいままで蔑ろにしていた埋め合わせをさせられることとなったのです。

つり目でツンデレちっくな「万理ちゃん」がいいですねー。
”ケーキを指で食べさせてもらう”
そんな、甘いプレイが展開されていました。
同じ事を父親がやっていたらしく、ややファザコン気味なのかな。
途中での、エロいしゃぶり方が良かったです。
言葉巧みに「浩志くん」をえっちに導いていましたが、あれ「万理ちゃん」視点でも見てみたいなぁ。
結構いっぱい・いっぱいだったのでは。

ヒロイン名・カタカナというタイトル組み合わせになっている、「こよいレボリューション」、「まひるフルスピード」、「明乃ポートレート」、「夕映ネガティブ」…という4話が今回収録のシリーズモノです。
あまりの男嫌いで、レズなんて噂まである男性恐怖症の「小宵(こよい)」さん。
そんな彼女でしたが、家庭教師「直人」は唯一平気な男性。
男嫌いを克服するため~と友人「まひる」に勧められた「小宵」は、彼にお願いをするのでした。
不躾なお願いなのですが、直人さんの男性器を見せてはいただけないでしょうか?
そんなんが、「こよいレボリューション」です。

落ち着いた物腰、丁寧な喋りで、お嬢様っぽい「小宵さん」
中扉を飾ってますね。
ちょっとトボけたような、ワンテンポずれるみたいな感じがキュートです。
よく中学生と言われる(実際には大学生)という「直人くん」
”あまり男性的な感じがしない”ということで、「小宵さん」とのえっちに至っておりました。
彼は気にしていたようですが、容姿が役立ちましたよ。
彼女の発言を逆手に、いきなり後背位ですね。
続く「まひるフルスピード」は、前話の切っ掛けとなった張本人「辻まひる」さん。
裏表紙の彼女です。
褐色肌とショートカットの健康的なヒロインです。
彼女は先輩「榎本」とのえっちで、雰囲気とは裏腹に積極的。
ジャージをちらとめくってアピールする絵が妙なまでにセクシーでした。
なお、下に着ていたのは陸上ユニフォームです。
(※ビーチバレーで着るような感じのもの)
過去描写でのスパッツも大変良いですねー。
きっちり日焼け跡もありました。
たぶん、カバー裏の背中絵も「まひるさん」だと思います。
あっけらかんとした雰囲気の爽やかえっちでしたが、まさかあんなオチが描かれるとは驚き。
ラブいですよ。

前話で2コマだけ出演していた、教師「大樟明乃」さんの「明乃ポートレート」
えっち本所持で問い詰めている「井口行宏」くんとは、従姉弟な関係。
試験期間中であったため、
5教科平均80点以上
というハードルを用意したところ、見事「行宏くん」はそれを達成してしまったのでした。
御褒美えっちなパターンです。
先生で眼鏡キャラな「明乃さん」
もくじ横のカラー絵にてセーラー服なんて着ているんですが、本編もそのまま。
部分的にキツイ、ということで、胸とかスカート丈がぱっつん・ぱっつんです
恥ずかしながらも、写真撮られる際にちゃんとポーズを取るなど、妥協しない真面目な性格が面白く発揮されていました。
ノーブラも素敵。
えっちへの展開はストレートでなく、捻りあって良かったです。
幼馴染み「純一」を逆に襲うシーンから始まる「夕映ネガティブ」
彼を完全に拘束しており、体育用具室で暴挙に及んでいました。
いちおう行動的ではありますね(笑)
目が隠れるくらいのぼっさりな長髪である「夕映(ゆえ)」さん。
自分自身のそうした行動がため、引き籠ってしまうのでした。
布団かぶっている様が可愛いです。
第3者的には(笑)
そんな彼女に対し、「純一くん」はなかなかイイ男ですね。
付き合ってなお、影からこっそりついてくるのが巻末後日談のオチへと繋がっていました。

明乃さん、夕映さん
※左:明乃さん、右:夕映さん
 キャラ的に「明乃さん」は好き。学校でもお願いしたいです。

後半収録の5話は、2冊目「侵略的恋愛主義」の続きになってます。
そちら紹介した際にエクセルでキャラクター関係図を作ってましたが、またここで役立ちましたよ!
わーい。
いきなり「恋愛スタンピード!」から購入した方は、手前味噌ながら「侵略的恋愛主義」のリンク先を参照頂ければ、より関係が見えてくるかと思います。たぶん。
どの名前が誰だか分かんないか。
まぁ、そちらも優れた単行本なので、いっそのこと買ってしまうのが最もオススメです
逆に言うと、初見の方にはややハードルが上がってしまっているのも事実です。
ここは良し悪しですかね。
(※いちおう、ぱっと見る分には問題ない程度です)

「拓馬」・「静」の幼馴染みカップルな「今更なセイヘキ」
いきなりアンダースコート(サイズ小さく、雰囲気としてはほぼ下着)を渡される、テニスウェアな漫画になってます。
前回は「拓馬くん」が現場を目撃したことで「静さん」は可愛い感じでしたが、こちらは普段の独特な様を発揮していました。
わざわざテニスウェアを着てくれる「静さん」
……何よ…いいトコなんだから邪魔しないでよ
その台詞コマ付近が最高。
あんなんどーしよーもないってば。

風紀委員「南城麗」さんはゲスト出演でしたが、前巻表紙の3人組も登場します。
「おネダリ彼女」はおデコな生徒会長「長谷部輝」さんと「隆」くん。
こちらも結果を出したら~という、ご褒美な展開です。
いつものポーズ
ということで、お尻重点な描かれ方でした。
やっぱり、下着を脱がさないのがいいですねー。
ここは「Dr.P」センセと心のヴォルガード(※)です。
やっぱり、ああいう真面目な娘には意地悪したくなるもんですよね。
(※ひでるさんはファミコンの「ヴォルガード2」が大好きでした。ネタは「べーしっ君」ですが)
「坂田愛」さんとその舎弟「葉山陽太」くんの「カワイイなんて言わないで」
こちらは、”微妙に似合わない服装を恥ずかしそうに着る彼女”を楽しむ漫画です。
彼に謝るため、絶対に喜ぶというメイド服を着用するのでした。
髪をポニーテールにしており、某格闘ゲームっぽい雰囲気です。
目付き悪いんですが、ちょっとした表情は可愛く描かれております。
しかも、ノーブラだったのよ。
あのまま外に連れ出したくなります。
なお、冒頭の猫が面白いんですが、なにげに「愛さん」の下着も猫柄でした。

万理ちゃん、静さん
※左:万理ちゃん、右:静さん
 「万理ちゃん」の流し目が色っぽいですよ。

飲み仲間な教師グループも登場しておりました。
うち、「巴」先生のみゲスト出演だったのは、ちと残念。
司書「小鳥遊翠」さんと「山倉」くんの「俺のミドリさん」
こちらは、インドアな彼女の水着姿を堪能する話
ビキニでしたねー。
ちらと書かれていた購入理由は、なるほど思わず納得なもの。
水着売り場自体が不釣り合いですが、それこそ「巴先生」とかの付き添いかな。
腰回りがヤバイです。
直接えっちより、ローション塗りたくっているほうがなんだかえっちな感じ。
心なしか作画にも力が入ってました。
なお、過去キャラにて唯一カラー絵(折り返し部分)を勝ち取っていたのが「翠さん」
あれは、「夕映さん」との比較みたいな感じかなぁ。

順調にお付き合いを続ける英語教師「瀬野縁」さん・「柚木千博」くんの「センセイが止まらない」
「縁さん」は個人的に脱いでほしくなかった。
冒頭絵そのままでのえっちシーンが見たかったですよ。
お話は、”誰のジャマも入らない空間”ということで、「縁さん」のマンションへお邪魔する「千博くん」です。
むしろ大変に興奮します
そんな一言がやたら可愛いです。
オチの1ページは、ちょっと本気で羨ましいものでしたよ
なお、1カットだけでしたが、校長先生も登場してました。
ここは前巻のカバー裏ネタを参照。ファンには嬉しい仕様ですね。

丁寧で安定感のある作画。
描き込みから濃淡、あちこちのバランスまで適度なもの。
乱れ・崩れはなく、表現なども引っ掛かる部分ありません。
ページは賑やかでもしっかりしていて見易く、テンポも良いです
ふっくらと丸めながら、可愛過ぎないくらいの人物絵が見事。
ぜひ、絶妙な丸いお尻と下着の質感を堪能下さい。
カラーでもあまり雰囲気変わらない方なので、判断は↓表紙・裏表紙を参照のこと。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: コメディー描写など見せ方も優れてます。好みな作画です。
・話4: 個人的には「+1」ですが。
・独5: 魅力的なキャラが揃ってます。やっぱりお尻でしょう。
合計:[14/15]

前巻との繋がりあった5話分について、フォローがあとがきでの一言だけだったので、減点しました。
個人的には大歓迎なんですけど、初見の方にはやや不親切かも。


恋愛スタンピード! (富士美コミックス)恋愛スタンピード! (富士美コミックス)
(2010/09/25)
Dr.P

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ショートカット ポニーテール アンダースコート

■イマコシステム (緑のルーペ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]眼鏡・寝取られ
・おまけ: 後書き、描き下ろし「イマコシステム」
・その他: 初単行本、カラー(6P)、短編×10
      (うち「イマコさんシリーズ」×8)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「緑のルーペ(みどりのるーぺ)」センセの「イマコシステム」です。

読みました。
ううん、難しいですねー

この単行本について、これから可能な限り読んだ感想を書いていきますが、ぶっちゃけどこまでキチンと理解できているのか自分でも良く分かりません。

とりあえず、ハッキリ言って巧い方です。
絵もお話も。
事前に”出版社さんもかなり力が入っている様子”とかひでるさんブログに掲載してますが、そんなんも納得。
初単行本でいきなり”リバーシブルカバー仕様”でしたし。

ただ、”サイトについて”でも書いているそのまま、
絵・お話が優れている=面白い
…とはなりません。
漫画ブログをやってきてよく感じますが、楽しめるかどうかのポイントは、人によって様々ですし、ちょっとした事柄でガラリと変化するものです。

クロミツ・イマコ
※クロミツ・イマコ
 ズレ気味な眼鏡がキュートな「イマコちゃん」なんですが…

なにゆえ、こんなことをつらつら書いているのか。
それだけ、今回の単行本「イマコシステム」について、難しく感じているのです。
描かれている「緑のルーペ」センセは絵もお話もお上手でしたが、同時に”やたらめったら癖の強い方”でもありました。
収録には表題シリーズと2本の短編がありますが、どちらもそんなんです。
ぐわー考えてしまうかもしれません。
精神にガッツリ負荷を加えられるため、読む際にはくれぐれも注意下さい。

そんな訳で、表題になっている中編「イマコさんシリーズ」から。
収録は描き下ろしを含めて8話ほど。
文にしたら見辛かったので、箇条書きにしてみました。
だいたいこんな感じ。

1話目「イマコさんと猫かぶり」
 ちょっと番外編ちっくな雰囲気の冒頭話(ちゃんと繋がってますが)
2話目「イマコさんとイチナくん1」
 序章のような感じのお話。
3話目「イマコさんと薬物学1」
4話目「イマコさんと薬物学2」
 …という2話は、メインにぐっと近づくお話。
5話目「イマコさんと肝試し」
6話目「イマコさんとイチナくん2」
 …このあたりがストーリーのメイン部分でしょう。
7話目「イマコさんとイチナくん3」
 結末エピソード。
8話目「イマコシステム」
 描き下ろしで、エピローグになってました。

当然ながら、今回の↓表紙を飾っているのが、ヒロインの「イマコ」ちゃんですね。
クライムエッジ”な感覚の黒い長髪と、ズレ気味な眼鏡が特徴の小さい娘さん。
お友達の「ミカゲ」さん曰く、
いきがってるクセにか弱いっていう、超面倒くさい女の子
…がピッタリですね。
246ページという大ポリューム単行本の、ほぼ8割を彼女が占有していました。
それだけの魅力溢れるヒロインです。

主人公「イチナ」と「イマコ」は異母兄妹の間柄で、なんと同学年。
現在は別居してますが、一時期同じ家に住んでおり、子供の悪戯心で、えっちなお遊びをしていたこともありました。
離れても仲の良い2人。
しかし、「イマコ」とその友人「ミカゲ」が図書館から同じ本を続けて借りていたことを切っ掛けとして、「イチナ」の周囲は慌ただしいものになっていくのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。(…で、良い筈)

ジャンルとしては、いわゆる「寝取られ」な漫画です。
まぁ、実際には色々あるんですが…ここではどうにも書けません。
ややサスペンスちっくでもあります。
紹介帯にあった、”先が気になるストーリー”というのはまさにその通り。
こちらは完結話まで単行本でひとまとめになっているから良いものの、連載時に時間あけて各話見せられたら、かなりストレス蓄積されることと思います。

詳しく書けませんが、だいたいそうしたお話。
非常に良いですが、キッチリ人を選ばれます
悶え苦しみながら読んでください(笑)

笑顔のイマコちゃん
※笑顔のイマコちゃん
 実に良い表情をする娘さんです。お話は複雑なものでしたが。

書ける程度の範囲で各話について。
「イマコちゃん」が猫に扮してえっちするという「イマコさんと猫かぶり」
よくあそこまで付き合ったなぁ、という感じ。
なんでこんな馬鹿に付き合ってやんなきゃなんねーんだろ…
とかモノローグはありましたけど、やっぱラブですかね。
なお、ここで猫になりきる「イマコちゃん」は眼鏡を外しているんですが、なにげに貴重な姿なので注目。
前述したように、こちらの話はやや番外編ちっくですが、後々にちゃんとフォローあります。
実際のところ1話目っぽい雰囲気な「イマコさんとイチナくん1」
この後ちらほら設定・過去描写が差し込まれているんですが、漫画のポイントなのでお見逃しなく。
長い黒髪、黒い制服、タイツ…と、黒ずくめな「イマコちゃん」
ここではカラー原稿もあり、色つきの場合は制服の上着が紺色だと分かります。
白黒原稿だと黒になるため、やや見辛さあって勿体ない感じもありました。
嫌いではないんですが(笑)

続く「イマコさんと薬物学1」、「イマコさんと薬物学2」あたりから本領発揮。
とにかく、くるくると表情を変え、動く「イマコちゃん」が可愛らしいです。
初回は見逃してましたけど、2周目だとちらほら気付くコマはありますね
えー、ヒント的な?
まさかこんな展開になるとは予想外で驚き。
詳細は単行本でどうぞ。
ただ、えっちシーンにて違和感は感じてました。いや、本当に。
「イマコさんと肝試し」、「イマコさんとイチナくん2」は相当ですね。
ここまで来ると、「イマコさんと猫かぶり」にあったコメディーっぽさはなくなります。
前者の注目は、昔と同じ着物な「イマコちゃん」
これが実にいいんですが、またまたあーんな事に…。
息苦しさありますね。
なお、「ミカゲさん」のえっちシーンもちょっとだけでしたが、ありました。
後者は過去描写から始まってます。
まだはっきりとしたことまでは描かれず、より息苦しさを感じるでしょう。

解決編というべき「イマコさんとイチナくん3」
「イマコさんと肝試し」でもありましたが、「イマコちゃん」は素敵な笑顔をしますね。
こちらと描き下ろし「イマコシステム」では、彼女の魅力が発揮されています。
ぜひ、ここでいままでの鬱憤を晴らして頂ければ。

同僚の女の子、久美ちゃん
※左:同僚の女の子、右:久美ちゃん
 ヒロイン特集でも良かったんですが、いちおう他の絵を

続いて短編。
現在職場で一緒の女の子は、高校の頃の友人。
しかし、なんとなく声をかけるのは躊躇われていたのです。
そんな2人でしたが、廃校となった校舎にて毎月会うこととしており…という「カーテン」が冒頭話。
ごめんなさい、これは意味がよく分かりません。
いちおうある程度は理解しているつもりなのだけれど(←たぶん合ってると思うんですが…)
昔馴染みな「くみ(久美)」ちゃんとのえっち話「アスペルガァ」
成年漫画で幼馴染みというと、ラブい桃色な感じを想像しますが、こちらはだいぶブラックな感じ。
こっちはよく理解できます。
だいぶ打ち辛そうな変化球でしたが。
彼女が優しいですね。

しなやかな細線の絵柄。
濃淡は適度からやや濃い目で、よく描き込まれてます。
枠外へはみ出す、ぶち抜くなども多く、ページはかなりごっちゃり気味。
擬音・台詞などの文字も乱れ飛んでいました。
あちこち丁寧でバランスにも優れています。
ややコメディー崩しは過剰でしたが、漫画の核であろう心理描写は見事なもの
技術あって的確に伝わるため、読み手によってはしんどい漫画になるでしょう。
個人的には3段変化みたいなコマ割りが好き。
だいたいは↓表紙絵の判断でいいんですが、もし時間あるならばセンセのHPでがオススメです。
(※最終話のサンプルがありました)

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 多少ですが原稿に差があり、癖もかなり強めなので。
・話4: 優れてはいるもののずっしり重たく、人と精神状態を選びます。
・独5: ここまでの漫画はそうお目にかかれません。
合計:[13/15]

なんだか”漫画酔い”しそうな単行本でした。
もう少し軽い方が読み易いですが、次もこんな感じだろうなぁ。

イマコシステム (TENMAコミックス)イマコシステム (TENMAコミックス)
(2010/09/25)
緑のルーペ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー サスペンス

■美姉の雫 (秋乃秀文)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]お姉ちゃん・むちむち
・おまけ: あとがき、加筆・修正あり。
・その他: カラー(4P)、短編×8。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「秋乃秀文(あきの・ひでふみ)」センセの「美姉の雫」です。

ちょっとスペース借りまして。
ようやく2巻を読めました、「ゴルフ13
伊達に、
「ゴルフの皮をかぶった夢と希望のゴキゲン・ルンルンファンタジー」
…とか言っているだけあって、今回はスイングシーンですらほとんどありませんでした。
結構ゴルフ勝負的な展開も好きなんですけどね。

ゴルフ13(2) (KCデラックス)ゴルフ13(2) (KCデラックス)
(2010/09/09)
赤衣 丸歩郎

商品詳細を見る



さて、本日は「秋乃秀文」センセの「美姉の雫」です。
一般漫画を前置きにした場合は、やっぱり成年系なんですね。
過去にこちらのブログでは「牝姉」を紹介しておりますが、そちらと同じく「姉」を表題とする単行本。
道徳的な配慮か、いちおう実姉は1人だけ。
広義での色々な”お姉さん”が登場していました。
(※あるいは年上女性)

小さいお姉ちゃん、メイドコスプレな「レイコさん」
※左:小さいお姉ちゃん、右:メイドコスプレな「レイコさん」
 ごめんなさい、似たような絵ばかりチョイスしてしまいました。

そんな訳で、いちおう実姉の登場する唯一の短編「My Little Big Sister」
主人公の「友喜」くんとは、身長差30センチあまりという小さいお姉ちゃん。
高いものを取るため、抱っこされるシーンがあるんですが…ちと違和感が。
あれなら、脚立を押さえるくらいだったのが自然ではないかなぁ。
また、”サイズ小さい姉”というのは設定として好きなんですが、「秋乃秀文」センセのお姉さん絵がどうにも小さく見えないところが痛い。
強調のため、彼女1人くらいは貧乳キャラでも良かったのでは。
また、この漫画での”サイズの小ささ”は、実は背丈うんぬんよりもえっち部分にあるんですが…あれってやや太すぎやしませんかね?
ちょっと見せ方的に問題があったかと思います

友人宅へ行った「学」くん。
あいにく彼は不在で、出迎えたのは美人で色っぽいお姉さんだったのです。
そんな切っ掛けの短編「甘い視線」は友人の姉。
当初は楚々とした雰囲気の美人さん。
誘っているような素振りを見せながら、一度はお預けさせるところが策士でした。
中盤あたりからが本領発揮ですね。
まさかあーまでのオチが待っているとは思いませんでしたが…。

「メイドが家にやってきた」は眼鏡なメイドさん。
友人から紹介された”お姉さん専門というデリヘル”に電話した「光一」くん。
派遣されてきたメイドコスプレな「レイコ」は、何だか覚えのある感じだったのです。
収録作品ではかなりラブ度の強い作品。
細かい特徴をしっかり記憶されていたところから察するに、多少でも気になる所はあったのかな。
いちおう詳細については伏せておきますが、非常に可愛らしい方でした。
ちょっと「光一くん」が羨ましいですよ。
短編「兄嫁の秘密」も眼鏡です。
去年結婚した兄の嫁「あかり」さんは色白な美人。
家事もそつなくこなす彼女でしたが、新婚というのに兄は仕事ばかり。
”3日の間留守にする”という連絡に、「右京」くんは想いをぶちまけるのでした。
もくじでは「秘蜜」になってますね。
「秋乃秀文」センセのヒロインは強いエロスな色っぽい方が多いんですが、こちらの「あかりさん」はソフト風味。
眼鏡効果かなぁ
調理時に長い髪をポニーテールにしていたのが可愛らしいです。
ボリュームある身体を持てあます「あかりさん」に、真っ直ぐな若さをぶつける「右京くん」
当初は抵抗していたものの、途中からは優しく受け入れてくれました。
まぁ、御無沙汰だったこともあるでしょうけどね。

あかりさん、ヒサ姉
※左:あかりさん、右:ヒサ姉
 けっこうパンチラしてました。

短編「わるい悪戯(あそび)」も欲求不満な奥さまパターン。
「志穂」ちゃんの家庭教師「矢野」くん。
彼女のえっちな悪戯に、彼はいつもどぎまぎさせられていました。
それを察した彼女の母「美沙子」さんは、トイレに入った「矢野くん」を追ったのです。
せ…先生…?人のウチで一体何をして……!?
とか言いながら、背中で鍵をかける「美沙子さん」でした。
当初の、しれっとした感じからは想像できないようなエロさでしたねー。
「美沙子さん」いいなぁ。
かなりの巨乳で、ぶっちゃけ「志穂ちゃん」よりも魅力的だったので、願ったり叶ったり。
ごめんなさい。
やっぱりセンセのヒロイン絵は、どうにもツインテールが似合わないんです。

巻頭カラーな作品「ご近所注意報!」は、窓から行き来できる恋愛距離な漫画です。
突然窓から入ってきた「ヒサ姉」に、独りえっちな現場を目撃された主人公。
挑発された彼は…と、そんな展開。
実はかなりラブ色のある漫画ですね。
ちょっと強めな雰囲気でしたけど。
触ってはダメということで、彼は舌を使っていましたした。
えー、「近づいてもダメ」と言っていたんですが…。
まぁ、嬉しそうだしいいのか。
手出し待ちですからね。

職業モデルな「アヤ姉」の様子を見に部屋を訪ねた「純」くん。
相変わらずのゴミ屋敷な部屋で、片付ける彼は今まで通りえっちに流されるのでした。
そんな短編「ウチにおいで!」も完全に手出し待ち。
バカねぇ、私が純以外の男とするわけないじゃない
という一言がラブラブです。
なかなかの策士で、彼の嫉妬心をあおってえっちに持ち込んでいるほか、見事に同居まで承諾させております。
えっちも完全に「アヤ姉」主導でした。
御愁傷様(←綺麗だからいいか)
なお、こちらはタッチがやや柔らかい感じでした。
原稿時期が異なるのかな。

アヤ姉
※アヤ姉
 絵柄はこの感じのが好きです。

義姉、先輩に翻弄される「ハル」くんのお話「どっちにするの!」
Wヒロインですね。
積極的な先輩に対し、義姉は調教・ツンデレちっく。
正しい男女交際を教えてあげますっ!
とか言っていた先輩さん。
基本的に彼女のが優しい雰囲気でしたが、どうやら「ハルくん」は義姉寄り。
ぶっちゃけ、単にえっちアイテムのようにされていましたが。

強い線の絵柄。
描き込みはそこそこで、雰囲気濃い目なえっちシーンなどでページは賑やか。
線は乱れずしっかりと安定しているため、見辛さはあまり感じませんでした。
切れ長な目とすらりとしたスタイルの美人系キャラ絵柄。
特に口に特徴があり、舌がだらりと出るあたりがえっち度高めな要因でしょう。
大きな胸もそうですが、腰回りの豊かさも素敵ですね。
むちっとしております。
細かいですが、たまに崩れ気味なところも見えました。
癖は強めなので、好き嫌いあるでしょう。
判断は↓表紙よりも裏表紙のが近いように思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 正直あまり好みではないんですが。
・話3: 単にエロいだけでなく、良かったと思います。
・独4: 個人的にはやや丸まったような、ソフトな話のが好みです。
合計:[11/15]

絵柄的には「ウチにおいで!」・「メイドが家にやってきた」くらいの大人しいタッチのが、個人的には好みでした。
設定では「My Little Big Sister」とか。
この絵柄で小さいお姉ちゃんは、凄く魅力的に思うんですね。
好きなんですが、表現的にもう一歩、二歩かなぁ。

美姉の雫 (エンジェルコミックス)美姉の雫 (エンジェルコミックス)
(2010/09/17)
秋乃 秀文

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コスプレ パンチラ ポニーテール ツインテール

■彼女にシよう!! (usi)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ビジネス・出会い系
・おまけ: カバー裏にあとがき。
・その他: 短編×11(うち「彼女にシよう!!」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「usi(うし)」センセの「彼女にシよう!!」です。

ちらほらブログでも話題にするお名前の件。
漫画家さんって、同名の方がいた場合はどうするんでしょうね?

今回のブログを書くにあたり、アマゾンで検索してみたところ…「エソラゴト」なんてタイトルを発見。
ああ、新たなジャンルへ進出したんですねー、って思ったら、これが別人でした。
ちょっと驚き。
「usi」センセのHPにて、
「心のポジション的に区切り~」
とか意味深な文言が書いてあったので、あるいはえっち系から撤退するのかと早合点しましたが。

絵柄から活躍の場まで異なるため当面は問題ないかと思いますけど、やっぱりややこしさはあるかな。
正確な活躍時期は知りませんが、やはり後からの方が変更するべきではないかなぁ。
「usi」センセは07年から商業で利用されてますもんね。

そんなこんなで、「彼女にシよう!!」は「usi」センセの最新単行本です。
ブログでは1巻まるまるのシリーズ「おまかせナースフォース」や、初単行本「さ~ち」、成年系「ほっとすぽっと」などを紹介しております。
こちらは表題作「彼女にシよう!!」の連続話ほか短編という構成。
その中編シリーズはかなり初期頃のもの、短編は個人的に得意でない出会い系漫画ということで、正直なところ前巻「おまかせナースフォース」より後退した印象です。

望月、葉月
※左:望月、右:葉月
 こんな2人です。もう数話長さがほしかったかな。

全4話の表題作「彼女にシよう!!」
職場の同僚「葉月」に想いを寄せる主人公「鶴巻幸一」
同じ学校の出身である「望月美穂」は、その情報を教えるということで、彼を飲みに誘いました。
故あって、そのまま一夜を共にした2人。
それが後に彼を窮地に立たされることとなるんですが、「幸一」呼び出した上司「内村」部長は、なんと「葉月」の実父であったのです。
大雑把ですが、だいたいそんな流れ。

ビジネスえっち漫画ですね。
設定などは悪くなく、たぶん今の「usi」センセが描けばこうはならないかなぁ、って印象。
絵はともかく、あちこちに雑な部分(お話的に)があり、悪くはないけど良くもないというのが正直なところ
まず、ブログを書くにあたって気付いたのが本社の「内村」
当初の説明では課長と言っておりましたが、後の説明では部長になっていました。
まぁ、会社によって異なるでしょうけど、人事権をいち課長が握っているというのは違和感。
(役員になっても不思議でないとはいえ)
まぁ、些細な事ですが。
冒頭のやり取りなど、「望月さん」のがヒロイン然としてましたね。
特に違和感あるのは2話目
取引先の会社はキチガイですね。
あれは恥の上塗りをしているみたい。
こんなくだらんことで、わざわざ呼び出される「幸一くん」もいい迷惑です。
そりゃー、怒って当然
こちらでは「望月さん」と屋上えっちになってます。
漫画中でも「あまりに事の進行が早い」と言ってましたが、憧れる「葉月さん」とデート・ホテルへ直行となっている3話目。
前回と話が繋がらず、かなり驚き。
ページを見逃したかと思いましたよ。
ここで「葉月さん」は問題ある感じ(どんなんかは秘密)で描かれていましたが、普通の娘でも良かったのでは。
最終話はセオリーな展開でしたが、オチ部分にびっくり
不法侵入??

短編「お隣のセンセ」は、学生時代の憧れ「舞原」先生とお隣同士になるというお話。
眼鏡で凛とした雰囲気の教師「舞原」
学生時代は手の届かないような存在でしたが、お隣に引っ越して偶然の再会を果たした「伊藤信彦」は、その実態を知ることとなるのでした。

ああ、これは良いシチュエーションですね。
近寄りがたいようなオーラあった学校時と違い、生活だらけているというのは実際にもありそう。
教師なんて職業を真面目にやったら、彼氏とかできないだろうからなぁ。
「伊藤くん」がしっかり覚えられてもいなかったのもありがち。
彼普通そうだし。
あの場面で、えろい事せずに部屋を片付けたのは好印象。
いい主夫になりそうです。

「占いおねえさん」は隣のお姉さん「田中節子」さん。
海外赴任で不在となった両親に替わり、「節子さん」が同居することとなったのです。
彼女は占い師を職業としており、「敏明」くんもその手伝いを言われるんですが…と、だいたいそんなん。
えっち占いですね。
隣のお姉さんとドキドキ~みたいな風情ありません。
また、彼女とのえっちはお風呂場なので、占いコスチュームでもありませんでした。
また、メイン部分は依頼主になり、ふわふわしたまま結末になってます。
ページ数の限界もあるでしょうが、色々と勿体ない感じですね

舞原先生、田中節子
※左:舞原先生、右:田中節子
 短編ではこの2人。「舞原先生」はもうちょっと見たいなぁ。

「こんたくと」、「バチ恋」、「おとなのおもちゃの作り方」、「すぱいす」、「ぷりーず」という5話は全て出会い系ネタ。
こうしたお話を描くのは、スポンサーとかの関係なのかな。
個人的に好みではないです。
「美夏」ちゃんとの「こんたくと」
登録後に即届くメールはアタッカーだと思いますが、こちらは「美夏ちゃん」でした。
てっきり、出会い系とみせて同僚が遠まわしに紹介したのかと思いましたが、違うみたいね。
「バチ恋」は普段ちんちくりんな娘が夜でガラリと変わるところがポイント。
静電気体質ってのがよく分かりませんが。
「おとなのおもちゃの作り方」は「友紀奈」さん。
タイトルそのままオモチャ好きな女性で、自分に合うモノを探していたのでした。
もともと独りがお好きなため、1回シタ後は連絡無くなるというのはなんだかリアル。
選ばれるというのは、ちょっと誇らしい気がしますねー。
待ち合わせ場所に2人登場する「すぱいす」
パートナーという、もう1人がポイントですね。
完全に道具扱いですよ。
いきなり会った娘に彼氏の代役を頼まれるという「ぷりーず」
まぁ、こんなんないだろうなぁ。
居酒屋で妙なこと始めないように。

強い線の絵柄。
濃淡は強めでややこってり風味。
丁寧で線の乱れはないものの、バランスは崩れて見える部分もありました。
原稿時期に開きがあり、ここは正直なところそれなりの影響。
ただ、落差はそう大きなものではありません。
幅の広い楕円な輪郭と、艶やかな髪。
大人っぽいような、可愛いような、ちょっとした描き方で雰囲気の変化するキャラ絵でした。
頑張って↓表紙のクオリティを維持してほしいですね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 良い悪いの目立つ絵柄だと思います。
・話3: メインの連続話は弱め、短編も特に目立つものはありませんでした。
・独3: 平均して普通くらいかと。
合計:[9/15]

短編よりも連続話のが良い感じがします。
HPを見たところ連載もしていたので、次の単行本に期待しましょう。

彼女にシよう!! (アクションコミックス(ピザッツ))彼女にシよう!! (アクションコミックス(ピザッツ))
(2010/09/11)
usi

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

■レンアイ・女子課 (森島明子)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]百合・OL
・おまけ: あとがき漫画「メイキング・オブ レンアイ・女子課」、
      描き下ろし「可愛いひと」
・その他: 折り返しにコメント、4話+おまけ収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森島明子(もりしま・あきこ)」センセの「レンアイ・女子課 1巻」です。

ちょっと場所をお借りします。
なんとなく「茜新社」さんのHPを眺めていたところ…。
新刊の「イマコシステム」って良さそうですねー。
描かれてる「緑のルーペ」センセはこれが初単行本なのかな。
あちこちでオマケがつく、単行本は246ページでリバーシブルカバーなど、出版社さんもかなり力が入っている様子でした。
発売が25日と、またごっそり集中しそうな日ですよ。
うはー。

イマコシステム (TENMAコミックス)イマコシステム (TENMAコミックス)
(2010/09/25)
緑のルーペ

商品詳細を見る



さて、本日は「百合姫コミックス」です。
やっぱり前置きとまったく関連性ないですね(←成年漫画ですらありませんから)
タイミングがなんとなくズレるのよ。
こないだの「ふたりとふたり」と同時発売であった、新刊「レンアイ・女子課 1巻」です。
巻数表記そのままの続きモノです。
描かれている「森島明子」センセは、「楽園の条件」、「半熟女子」、「瑠璃色の夢」などを紹介している方。
センセ曰く、
そんな漫画を描きたい以上に読みたいから~
…ということで、ちょっと珍しい働く女性の百合漫画になっていました。
なるほど、だいたいは学生同士のそんなんですもんね。
なかなか珍しい角度です。
前の「瑠璃色の夢」にもそうしたネタがありましたけど、「森島明子」センセはOLさんが憧れであるようでした。
ちなみに、そちら収録のキャラも再登場するため、持っている方は要チェックです。

「姫乃アリス」・「白羽咲」
※「姫乃アリス」・「白羽咲」
 1巻は「アリスさん」のがこうした感じでしたが…

恋愛体質と言われる、肉食女子な主人公「姫乃アリス」
3ヶ月ほど彼氏のいない期間を過ごしていた彼女がぶりにときめいた相手は、四ツ谷支社から転属となった「白羽咲(しらは・さき)」でした。
”綺麗でカッコイイ”という王子様な外観。
しかし、そんな「咲」も女子だったのです。
そのため、「アリス」はごく親しい友人として接していたんですが、「付き合っている人がいる」という発言に自分でも驚くほどにショックを受けていたのでした。
その後、なんとなく「咲」の住所を調べていた「アリス」は、いつの間にやら「咲」のマンションへと足を向けていました。
そこで偶然に「咲」の付き合う相手が女性であると知ったのです。
…大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

百合ラブコメなお話です。
主人公「アリスさん」の勤める、ブライダル・プロデュース会社「ローズアブソリュート」
こちらは女性ばかりという職場なんですね。
そのため、メインである「アリス」・「咲」の他にも百合カップルが存在し、メイン以外のエピソードもあります。
今回収録のうち、2話「ラブ&ハートケア」、3話「ハニー&マスタード2」という2話は、同じ世界ではあるものの完全に番外編。
漫画はいちおう長編なんですが、短編っぽい雰囲気もあります

1話「プリンセス・ハンター」は、だいたい↑上に書いたあらすじそのまま。
前半にちょろっと顔を見せるサブキャラたちの個性強く、彼女らもそのうち主要エピソード描かれるのかな。
硬い喋りでボーイッシュな「咲さん」に対し、「アリスさん」ははっちゃけた娘さん。
ラブはバトル、好きになったら手に入れる
とか言ってる(※本人はいちおう否定していた)だけあって、かなり積極的。
無意識に「咲さん」のマンションまで行ってしまうほか、あの場面で声を掛けるのは大したもの。
さらに凄いのは、自分の気持ちに気付いてから告白までの早さと、フラれた後の言動
なるほど。
彼氏いない3ヶ月という期間を、「もう3ヶ月~」と言っていたのは伊達ではありません。

「根角文」、「芥菜香」、「亜麻井蜜姫」
※左:「根角文」、右:「芥菜香」、「亜麻井蜜姫」
 「香」・「蜜姫」の2人は主役を霞ませるようなキャラです。

2話目は、前話の1ページ目から顔を見せていた「根角文(ねすみ・ふみ)」さん。
彼女の相手は、化粧カウンターの「紅原」さんでした。
こちらは実話をぷうぷうと膨らませたお話である様子。
巻末のあとがき漫画で、へーって思いました。
なんとなく分かるような、そうでないような…。
お客さんに対して、ズケズケと辛辣な言葉を投げ掛ける「紅原さん」が凄い。
人によっては怒られそうでしたが、ぎりぎりですかね。
(※もし、客に応じて接客を変えてるなら、相当にスゴイですが)
なにしろその後のトークは的確で、たぶん良い成績を残していそうでした。
ただ、やっぱり店員・客のカップルというのは、お話的に無理があるかと思いましたが。

3話目は長年のくされ縁という、「芥菜香(からしな・かおり)」、「亜麻井蜜姫(あまい・みつき)」
こちらは、単行本「瑠璃色の夢」収録の「ハニー&マスタード」に登場していたカップルの続編です。
前のイベント会社から、2人揃って転職したようでした。
仲良いですね。
店員の2人は…「マイ」・「知穂」でいいのかな。
ちゃんとした店を持てたようでなにより。
前半のキスは「森島明子」センセ自身も驚いたようでしたが、2人は相変わらずな感じで楽しいです。
軽い感じですが、いかにも仕事できそうなところが羨ましいですよ。
特に「蜜姫さん」は面白いなぁ。
こちらのメインは、他エピソードにも多大な影響を与えることとなる、北海道出張のくだり。
人手不足の手伝いということで、「蜜姫」・「香」と共に「咲」・「アリス」の2人も同行しておりました。
そこで、ひょんな偶然から「蜜姫」・「咲」の2人がモデルの代理を行うんですが…センセのツボにはまったらしく、作画にも力が入っています。
カバー裏のイラストもこの際の2人(作品中での広告素材)でしたよ。

代理モデルの結果
※黒髪なのが「蜜姫さん」です。”女装”とか言われてますね。

メインカップルに戻る4話目は、主要2人のうち「咲さん」の主役回。
前半は北海道出張の3話と重なってます。
彼女が付き合っている相手とのアレコレが描かれておりました。
なにげに「アリスさん」の真意を見抜いているなど、後半部分に注目下さい
バリバリ本音を喋っていた彼女は、また凄いですね。
なお、描き下ろし漫画「可愛いひと」は、ポスター撮影時の「咲さん」エピソード。
短いながらも、カチッとまとまったお話でした。

強めな線の絵柄。
描き込みは軽く、白比率もあってすっきり傾向でした。
単行本は全体的にコメディーっぽさがあり、作画もそれに合わせてはっちゃけ気味。
(※たぶん、大部分は「アリスさん」の影響かと)
ちょっと癖が強調されてたかなぁ。
漫画は巧く、良いテンポでトントン読み進められると思います。
カラーではやや白黒の良さが失われているように感じましたが、雰囲気はだいたいあんなん。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: コメディー部分など、たまにデフォルメ強く感じました。
・話4: 長編・短編みたいな組み合わせは人によって良し悪しかも。
・独4: OLさん百合漫画でした。どれだけのカップルが出来上がるのかな。
合計:[12/15]

面白いキャラなので、「蜜姫」・「香」の両名が参加したのは個人的に大歓迎。
ラスト4話で大きく話が動いていたので、2巻どうなるのか期待して待ちましょう。

レンアイ・女子課 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)レンアイ・女子課 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/09/18)
森島 明子

商品詳細を見る



★過去に紹介した百合姫コミックス


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 百合姫コミックス コメディー ラブコメ 百合漫画

■汗萌え!2ex-STREAM (猫守麻里鈴)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]水着・局部
・おまけ: 描き下ろし「華苗先生の一日」
・その他: 折り込み小ポスター(表紙のリンク絵)、
       10話収録(全て表題作・1巻完結[たぶん])

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「猫守麻里鈴(ねこのもり・まりりん)」センセの「汗萌え!2 ex-STREAM」です。

読みました。
えー、成年漫画ってジャンルも色々な種類ありますが…

ココまではっちゃけた漫画は久々です。

そうか、カバー部分では処理で微妙に分かり辛くなっているのねー。
残念ながら、そちらと紹介帯では、漫画の良さが完全に伝わりません
もし、なんとなくでも興味を持った方は、ぜひ手にとってみて。
なんだか罰に当てられそうな気分になると思います(笑)

さて、毎度”いつのまにか発売されている印象”の「華陵シリーズ」です。
「猫守麻里鈴」センセの、たぶん11冊目の単行本。
「汗萌え!2 ex-STREAM」でした。
こちらのブログでも紹介している「汗萌え!」とタイトルは同じですが、全て水泳部でのお話。
いちおうキャラなど再登場あったものの、特に気にしなくても大丈夫です。

顧問「早瀬香苗」、本庄カガリ
※左:顧問「早瀬香苗」、右:本庄カガリ
 本当なら水着絵なんでしょうけど…あんなん入れれません。

コンマ1秒を競う競泳の世界。
先の世界大会で脚光を浴びた、進化した最新の水着「ex-STREAM」は、
”新素材面積を限定値まで抑えつつ、大きくカットしたウェア形状”
…という、大事な部分が丸出しになったトンデモなものでした。
水泳部の顧問「早瀬香苗」がそれを着て部活に出ると、あっと言う間に部員たちにも浸透していったのでした。
だいたいそんな感じ。

水泳部のえっちコメディーですね。
”いかにして局部を見せるか”に重点を置いたような感じ。
もう、エロスというよりコメディーの域。
1冊まるまる読み終わると、疲労するかもしれません。

水着披露の1話目。
いちおう水着にはいくつか種類があり、「香苗先生」の着ているソレは比較的大人しめ。
(※後半になると、いつの間にかより過激なデザインの水着になってる)
局部丸出しでしたが、バストトップはぎりぎり隠れていましたから。
男子ってスケベ丸出し
とか言われてましたが、あれは仕方ないでしょー。
注目集める先生に、なんとなく不機嫌になる女子部員らが可愛いです。
後半は故あって男子とのメドレー勝負になっており、男子チームにリードされてしまうんですが…その逆転手段に注目。
ラストはちゃんと(?)集団えっちに発展しております。

そんな訳で、部員「沖田沙英」ちゃんが水着を買いに行くお話が2話目。
冒頭では水泳大会の模様がTVで放送されているんですが、
パックリとさらけ出してますよ
とか言ってました。
そんなアナウンスないってば(笑)
店はもはやアダルトショップのような感覚で、買い物ではち合わせた男子「渥美浩次」くんの反応もあれは正常。
栓もえっちですねー。
背泳選手である「沙英ちゃん」の水着は生地を後ろに集中しているため、前は完全に丸出し状態
(※↓表紙の右側です)
そりゃー、店だろうがえっち始まっても当然です。
「香苗先生」も偶然鉢合わせ、参加しておりました。
しょうがない子達ねぇ
という部分が好き。
なお、この漫画水泳であるため「バサロ」という単語があちこちにありましたが、どこぞからクレームつきそう。

沖田沙英、瀬川泉
※左:沖田沙英、右:瀬川泉
 色々と問題もあるようでした。わはは。

3話目は平泳ぎの「瀬川泉」さん。
前話でも妙に気になった、”栓”についてのお話。
衛生保護のため、水の侵入を防ぐ器具~って、分かるような、分からんような。
サイズが色々とあるんですね。わはは。
途中の水泳シーンが凄いですが、隣で泳ぐ男子「太司」くんは…
あんまりこっちに向けて脚広げるなよな、気が散るだろ
そう言ってますね。散るだろうなぁ。
1話でもそんなんでしたが、彼女らは男子部員とだいぶ慣れているようなので、見えても平気なんでしょう。
漫画のメインは、栓に悩む「泉さん」が「香苗先生」に詳しく調査してもらうというもの。
なかなか恥ずかしいですわ。
他部員らの興味津々な様が面白いです。
いちおう途中のネタがオチに繋がっていました。

新入部員歓迎の4話目”度胸試し”は「深谷潤」さんがメイン。
観客からの視線で精神的に委縮しないよう~とか言ってましたが、各部の度胸試しはスゴイですね。
水泳部は、プールサイドでの独りえっち。
新人「まりん」・「さんご」に先輩として「潤」さんが指導しておりました。
チュルルル、じゃないでしょー!
やっている事はトンデモでしたけど、お話の流れとしてはスポーツマンらしきもの。
…たぶん。
男子もちゃんと拍手してたりして、妙な爽やかさもありました。

5話は水泳部4人組のラスト・バタフライの「岬静香」さん。
ターンが不得意な彼女の特訓話です。
「香苗先生」の妙にエロスなマッサージにも興味ありますが、ターンのヒントをえっち最中に思い付くところは成年漫画。
お風呂での特訓、実際に試してみるあたりが、えっちというよりコメディーです。
この漫画大丈夫でしょうか(笑)

深谷潤、岬静香
※左:深谷潤、右:岬静香
 さて、「静香さん」はなぜ驚かれているんでしょう?

ヒロインがひと回りした後の6話目は、ドーピング検査という名を借りた放尿ネタ。
採尿のトレーニングというのがいまいちよく分かりません(笑)が、「香苗先生」を筆頭に、男子部員から主要ヒロイン4名までそんなん。
いつも男子に見せつけてるように~
そんな台詞が怖ろしいですよ。
7話目は外人選手らの「黒船学園」との対決話。
こちらのヒロイン4名が皆さん貧乳揃いなのに対し、あちらは巨乳が揃っていました。
途中まで普通の水泳だったのが、いつの間にか大きく脱線しているのが見事。
黒船学園ということで、幕末ネタに引っかけています。
新人タレント「本庄カガリ」の突撃レポートという8話。
アポなしの突撃取材なんて、この水泳部にしちゃダメ。
生着替えを撮影させるのという、トンデモ展開でしたが、
ガンバッテ!自分たちを全国に向かってアピールするチャンスよ
だって。
いったい何をアピールするつもりだ(笑)
しっかり、「カガリちゃん」も水着に着替えさせられる場面まで撮影されていました。
あんなの放送できないって。
番外編は各部登場での競技話。
いままで異常な水着ばかり目にしていたので、他部のコスチュームはなんだか逆に安定して見えます。
(それでも十分にエロいんですが)
ぜひ、泳ぐシーンにて、「泉さん」がバトンをどうしているかを見てみて。
途中には股縄なんて障害物までありました。
描き下ろしは「香苗先生」
やっぱり普通に全裸であるより、水着着ていたほうがえっちに見えますね。
えー、お疲れ様でした(笑)

柔らかな曲線での絵柄。
色の濃くないデジタル塗りで、タッチもあってふんわりとした感覚です。
描き込みはあっさりですが、基本的に複数でイチャイチャすること多く、画面は賑やか。
前述したように、”如何にして局部を見せるか”に比重があり、そんなんばっかり
リアルな描かれ方ではないものの、卑猥さは相当なもので、振り切れてコメディーちっくになってます。
丸い幅広な輪郭に対し、比率的に小さめな目鼻。
ややバランスが微妙なコマもありましたが、独走状態のようなほどの勢いがためか、さして気にならないです
…たぶん。
カラーでも雰囲気はそのままなので、判断については↓表紙・裏表紙でどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 細かいことは勢いでカバー。あまり引っ掛かるコトは無いと思います。
・話3: 成年漫画としては期待通りの展開でしょう。
・独5: 1話だけでなく、水着ネタ(局部)での1冊は凄まじいものがありました。
合計:[11/15]

なお、折り込み小ポスターは、カバーイラストのロゴとボカシを外したものです。
こうカラーで見ると、また違った趣があると思います。

汗萌え!2

汗萌え! 2 (華陵COMICS)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー バストトップ

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。