FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ももいろノイズ (Noise)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: アトガキ。、カバー裏に4コマ。
・その他: カラー(20P)、短編×12(うち「Election!」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Noise(のいず)」センセの「ももいろノイズ」です。

まだ読んでないんですけどね。
なかなか良い表紙だった「ぱんつぁープリンセス/鬼八頭かかし
”オビの下にはヒミツの紋所が!”
なんてギミックがあり、引っかけられたんですが…ふと横の山積みを見たところ、ダブっていました(本当)
あれー、いつの間に!
ひでるさん重症です。
ブログで取り上げるよう、脳内に住む小人さんらが指示を出したと思うので、順番を繰り上げて読もうと思います。
良かったらもう1冊は保存用にでもしましょうかね。

さて、本日は「Noise」センセです。
Loliplex!」に続く2冊目は「ももいろノイズ」でした。
ほぼ短編群という構成。
正直なところ前巻のようなパワーはあまり感じられず…無難にまとめられていた印象。
ごめんなさい。
期待が大きかったのもあるのかな。
ぜんぜん悪くないんですが、刺さり方が大きく違いました。
なお、↓表紙絵は前回の続きみたいな感覚。
正直なところえっちさよりも、”落ちる寸前みたいなパン上の具材”が気になりました。
小心者なので。
目立つので購入時に誤解されるかもしれませんが、あるいは裏表紙を前面にしても良かったのではないかなぁ。

小春ちゃん、早苗さん
※左:小春ちゃん、右:早苗さん
 起きた彼女はぜひ単行本にてご確認ください。

”寝顔が可愛い”という妹「小春」ちゃんの「ももいろ寝息」
こちらが冒頭話です。
カラー原稿部分は寝ている彼女にお兄ちゃんがえっちな悪戯をするもの。
緊張感あって、ドキドキすると思います。
その直後の起きている「小春ちゃん」との落差は激しく、コメディーになっていました。
成年漫画として正しいか分かりませんが、あの可愛くなさは見事(笑)
悪魔のようですね。
ただ、ちょっとしおらしいラストの彼女は良かったです。

「智紀」くんと付き合う「早苗」さん。
積極的な彼女に対して「大人になってから」と彼は身持ちが固く奥手。
そこで、「早苗さん」は彼のお姉さんに相談を持ちかけたのでした。
そんな短編「とある弟の彼女の話」
ヒロイン「早苗さん」は…眼鏡・釣りスカートなんてキャラな割に、かなりえっちな娘さん。
なんでエッチしてくれないのよー!!
とか、1人叫んでしまうほど。
「智紀くん」のモノを見た際には、目をキラキラさせていました。
見事に彼を操縦する、お姉ちゃんに注目。
なるほど。
「Solo Sex?」は姉「佐渡島智美」さんとのお話。
弱味を握られた弟「優希」くんは「智美さん」の独りえっちの道具として扱われていたんですが…という展開。
されてる最中、アイドルの写真を見ている「智美さん」
なかなか失礼ですが、単に弟とえっちするよりもアリな感じ。
後半の展開は期待通りでした。
この後が見たいですねー。

カラー原稿な短編「夏やすみ!」
こちらは妹「菜月」ちゃんと兄の近親ネタでした。
彼女よりも、お兄ちゃんの褐色肌に気を引かれていたら…ありました、短編「ステレオタイプ」
カバー裏を飾っているのが、こちらのヒロイン「ネフェル」こと「古代音経瑠(ふるしろ・ネフェル)」さんです。
褐色肌に眼鏡・お下げというエキゾチックな雰囲気の彼女
実は親が外国人というだけで、中身はバリバリの日本人なんですが、勝手にキャラクターが作られ、また「ネフェルさん」自身もそれに合わせて振舞っていたのでした。。
ある日、付き合う「健太」くんと家で勉強することとなったんですが…
ネフェルなんでそんなキャラ作ってんの?
そう、核心をついてきたのでした。

神秘的なキャラのため、わざわざタロット占いを覚えていた「ネフェルさん」
まぁ、あの容姿を生かさない手はないですもんね。
確かに的中率は高そう。
問題なのは外観とは裏腹に普通の女の子で、やや設定したキャラに疲れていたこと。
つとめて落ち着いた感じにしてました。
そんなだったので、本来の彼女に気付いていた「健太くん」は大したもの。
「ネフェルさん」も惚れ直したことでしょう。
大人っぽい顔立ちと成長中なスタイルのギャップもいい感じでした。
このキャラに撃墜される人いるだろうなぁ。

ネフェルさん、ほのかさん
※左:ネフェルさん、右:ほのかさん
 どちらもいいんですが、ちょっと各話での差が激しいです。

その直後の短編「ママは小学30年生」
薬の飲み合わせによって、若返る母親「珂南(かなん)」さんのお話です。
もうちょっと変化大きい方が良かったかな。
身体が縮んでいる前フリはあったものの、顔はあまり変化なく…微妙。
(※単に眼鏡外しただけにも感じる)
後半はバテバテになっていた息子「俊一」くん。
熱だったとはいえ、前半での行動はかなり突飛なものでした。
うーん、違うんですよねぇ…。

「Blind Love!」、「Birthday Party!」の2話はちょっとリアル気味なバランスのヒロインが特徴です。
うち「Blind Love!」は主人公「竜之介」くんにラブラブな「ほのか」さんのお話。
彼女を”しつこい”と嫌う「竜之介くん」は、気持ちを冷めさせるため無理難題をさせようとするんですが…という展開。
これはなかなか良い感じ
極端なほどにラブラブで、まるで抵抗しておりません。
なんだってするよ
とか言ってました。
目隠し・拘束して立たせるとか、羞恥プレイな感覚。
叩かれても喜んでいました。
…ありゃ、何やっても無駄ですね(笑)
後半の謝りながらのえっちもいい感じでした。
誕生日な「シュンジ」くんに「トモコ」さんがプレゼントになるお話「Birthday Party!」
んー、こっちはなんだか足りない感じ。

”何百年もの間生きてきた”というヒロインとのファンタジー短編「エリゼ」
地下室に住み、自らを”化け物”と称していましたが…明確にどうのとは言ってませんね。
ロリちっくですが、現在は大人な主人公「良太郎」くんが小学生の頃から変わらぬ姿。
「小僧」とか言われてました。
彼とのラブえっちになっており、「エリゼさん」は可愛く、静かな雰囲気もなかなか良い感じ。
どうせなら、もう2、3話追加したストーリーにしてほしかったなぁ。

英子さん・琴音ちゃん
※英子さん・琴音ちゃん
 「英子さん」はカラー部分よりもいいですね。

カラー8ページのショート「Election!」、続く白黒原稿な「2nd Election!~がんばれ琴音ちゃん!~」はクラス委員長の選挙戦なお話。
学級委員長とかでなく、あくまでもクラス委員長。
別にあーまでする必要あるのかな。
眼鏡・巨乳な「英子」さんと、「椎名琴音」ちゃん。
「Election!」は2人が身体をもって票を稼ぐというもの。
”いいペース”と「琴音ちゃん」が3票得たその横で、「英子さん」はもう5票に達していました。
おっぱいが委員長っぽいよね
とか言われてましたが、あのサイズ差は6年生にとって大きなものでしょう。
途中から2人入り乱れての複数に発展し、結果うやむやになってしまうのでした。
…どーでもいいですが、「琴音ちゃん」はなんで委員長になりたいんだろう。
「2nd Election!~がんばれ琴音ちゃん!~」では、手っ取り早く担任「松山」先生を籠絡しようとしていました。
元気な娘さんです。
一方、そばかすが特徴の「英子さん」
しれっと冷めた雰囲気あるキャラで、白黒絵な彼女のがいい感じ。
言葉巧みに先生をけしかけるほか、視線からその気持ちを察知するなど、ちょっと彼女とは格が違うようでした。

「となりのSさん」は巻末にわざわざ解説のあったお話。
はい、ひでるさんもおいてけぼりです。
独特な重い雰囲気で眼鏡・ふたなりという「Sさん」と、同じクラスになった「英子」さんのお話。(※「Election!」とは別人)
4重連結になってたりするハードなお話で、確かに収録では異質でした。
雑誌LOの元ネタを知っていれば、もっと楽しいかもしれません。

しっかり・丁寧な線の絵柄。
濃淡は適度なくらいで見易く、描き込みも丁度良いくらい。
綺麗にまとまっていました。
あとがきにも描かれていましたが、各話によって雰囲気の差が大きいです
絵的な安定感はあるものの、描かれているのはバラつきあって不安定。
画力があるだけ、思考錯誤が逆に損をしているように感じました
作風がカチっと決まればいいですね。
判断については、↓表紙・裏表紙のほか、紹介帯が参考になると思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 漫画も巧い方ですが、とにかくバラつきが目立ちました。
・話3: どちらも悪くないものの、カチと刺さる感覚がありません。
・独4: 「小春」、「ほのか」、「ネフェル」などのヒロインが個性的でした。 
合計:[11/15]

なお、LOの冠ですが、あまりロリっほい感じではありません。
キャラ的にも、お話的にも。
そっちを期待する場合は、ちょっと注意した方がいいかな。

ももいろノイズ (TENMAコミックス LO)ももいろノイズ (TENMAコミックス LO)
(2010/08/27)
Noise

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ファンタジー

■JK/JC(じぇいけー/じぇいしー) (岸里さとし)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・タイツ
・おまけ: 最後のご挨拶、あとがきとか作品解説とか、
      特別企画「エッセイJK/JC」
・その他: 短編×10(うち「ラブスケッチ!」×2、「妹がヘンだ!」×3、
      「絶対!あんだーふぃふてぃ~ん」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岸里さとし(きしのさと・さとし)」センセの「JK/JC(じぇいけー/じぇいしー)」です。

やっぱり気になるのが↓表紙。
やたら面積の小さいえっち水着で、それはそれで良いんですが…。
怖れながら「岸里さとし」センセ。
チョイスはあれでなかったのでは、と思います。
本編で目立つのは、やっぱりタイツ。
各話にてフェチっぽく、魅力的に描かれており、ぐーっと引き付けられるのはやっぱりそんなん。
どっちかと言うと、折り返しな感じでのアピールであったほうが、やっぱりセールス的に有効だろうと考えました。
成年系「テカ☆ピタッ!」のようなの。
何言われようが、それの一点突破でいいと思います。たぶん。

桃宮さん、妹「真衣ちゃん」
※左:桃宮さん、右:妹「真衣ちゃん」
 学生バニーです。表紙はこんなんではないかなーって。

そんな訳で、ブログでは、一般系「女子♀の心得!」なども紹介ししている「岸里さとし」センセ。
記念すべき10冊目は「JK/JC(じぇいけー/じぇいしー)」です。
おめでとうございます!
2から3話くらいの中編での構成。
穴埋め的に短編がちらほら。
コメディー色ある、フェチ度の強いお話群になっています。

トップに位置する「ラブスケッチ!」は前後編。
漫画創作部の「想太郎」くん、「桃宮」さんのカップルです。
硬い口調はセンセ初めてとの事ですが、ロング・ストレートな黒髪で魅力的なキャラ。
縞パンでしたね。
2人きりな部活はいい感じです。
遊園地へデートに行く後編…かと思えば、ぐったりして反省会になってました。
いつも通りにすればいいのに。
雰囲気にのまれたって事なのかな。
後編はタイツな「桃宮さん」でしょう。
服を脱いでいくものの、それだけはぎりぎりまで脱がなかったのが偉い。

全3話の中編「妹がヘンだ!」
妹「真衣」ちゃんとお兄ちゃんの近親えっち。
冒頭から同じ部屋(たぶんお兄ちゃんの部屋)でくつろいでおり、兄妹の仲は良好。
いちおう目撃したのはありましたが、自らの妄想から暴走していました。
スパッツ・ホットパンツの組み合わせなままでも良かったですが、1話目は独りえっちの影響でスパッツ。
エスカレートしている2話目は冒頭スクール水着、メインはオリジナルの学生バニー
折り返しに描かれているソレです。
あれはえっちですが、普通に着ている「真衣ちゃん」が素敵。
しかも、穴開いてたりして。
大ゴマでガンガン押してます。
最終3話目も学生バニーでしたが、お尻プレイ。
1話目から「真衣ちゃん」すっかりえっちキャラになってしまいました。
ただ、精神的なものよりプレイを楽しんでいる感じですね。
なお、コメントに”ふつうにどうの~”と書かれていましたが、大丈夫。
「岸里さとし」センセはこれを維持すべきだと思います。

夏帆さん
※夏帆さん
 この娘の後編のがお話としては良かったかなぁ。

「絶対!あんだーふぃふてぃ~ん」はJC好きな「ササモト」の前後編。
解説部分の絵にて、「愛華」ちゃんが不安がってましたよー。
趣味的なものはとりあえず置いといて、真っ当に声をかけて付き合い始め、デート代を稼ぐためにバイトをしています。
まぁ、全然いいんじゃないですかね。
そんなためかヒロイン「愛華ちゃん」はラブラブで、スクール水着+タイツなんて格好を自らしておりました。
脚見せるの恥ずかしくて…
とか言ってましたが、これがバニーちっくでいい感じ。
続く後編は、なんと前編で悪態をついてた「夏帆」さん。
実は、↓表紙のえっち水着を着るのは「夏帆さん」で、「愛華ちゃん」のソレは回想シーンの1コマでした。
胸などに成長が見え、あれは進学後になってるのかな。
彼とはさして関わりない「夏帆さん」ですが、ちょっとした事情がため、えっちシーンはなかなか良い感じ。
詳細はここで書きませんが、泣いたりしてます。
ラストページが好きです。

凄いタイトルの「私、マワッてます」は短編
折り返しではギャグになってましたが、本編はだいたい響きそのまま。
陸上部マネージャーの「大森月美」さんが、クラスでの噂話の妄想がため、部活での何気ない会話からじわじわそっちへ流れる様が見事でした。
男の子的にはたまんないシチュエーションですね。
なお、「月美さん」はスパッツ着用です。

「Say! My Love」は教師「桜井」と生徒「剣崎声」の短編。
「声ちゃん」ツインテールで縞ニーソックスなツンデレキャラ。
女子高で生徒3名に囲まれ、普通にハレームを堪能している「桜井」がスゴイ。
しかも、「声ちゃん」に対してのえっち妄想を得意げに語って聞かせていました。
教師失格レベルだね!
その通りですね!
校内新聞のアンケートでは、”性犯罪しそうな先生”で1位に選ばれていました。
まぁ、変な話それだけオープンだと逆にやらんと思いますが
「声ちゃん」とはえっちしちゃうものの、いちおうラブラブですからね。
ブルマなんて着用していましたよ。

愛華ちゃん、声ちゃん
※左:愛華ちゃん、右:声ちゃん
 「声ちゃん」はスタンダードで可愛いキャラだと思います。

「ヒミツのテカピタ委員長」は「テカ☆ピタッ!」の宣伝用漫画。
風紀委員長「西野かのこ」さんのお話です。
ひでるさんがその昔学生だった頃は”風紀委員”なんて存在も不確かなくらいですが、漫画とかではよく登場しますね。
優等生な「かのこさん」ですが、競泳水着を着てから、ぴったりな感覚と光沢に魅せられてしまったのでした。
当初は独り楽しんでいたものの、しだいにエスカレートしていき、ついには愛好癖の集まりに参加し…と、そんなん。
かなり濃厚な描写あるお話になってます。
作品解説で書かれてるコメントはもっと凄いですねー。
人選びそうだ
なお、ヒロイン「かのこさん」はMちっくなので、こちらも好き嫌いで分かれると思います。
先のコメントから考えると、もうちょっとだけ普通寄りですが。

強い曲線な絵柄。
濃淡はやや濃いめ、タイツ・水着などのトーンでの光沢処理が見事でした。
むっちりテカテカで良い質感です。
変形なコマ割りで、比較的大きめ。
迫力がありました。
丸っこく可愛らしいキャラ絵で、幅広な輪郭が特徴。
コメディー描写巧く、テンション高め。
引っ掛かる部分もなく、漫画はサクサクと進みます。
ちょっと癖はあるので注意。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: フェチ描写が目立ち、強い作風もさして気にならないと思います。
・話4: お話は「絶対!~」の後編ですね。早めなえっち展開です。
・独5: タイツとかそんなんですね。
合計:[14/15]

腰あたりから足先までを堪能下さい
描写としても適度なくらいでまとまっていたと思います。

JK/JC (TENMAコミックス)JK/JC (TENMAコミックス)
(2010/08/27)
岸里 さとし

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スクール水着 コメディー ホットパンツ 競泳水着

■みるくぱぁとなーず! (あかざわRED)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・コメディー
・おまけ: あとがき、作品解説漫画、
      描き下ろしカラー「ないしょのついんてーるず! おにいちゃんのばあい」、
      カバー裏に登場キャラについてのあれこれ。
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、短編×11
      (うち「ないしょのついんてーるず!」×3、「Be-class」×4、
       「ぱけほーだい!」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あかざわRED(あかざわ・れっど)」センセの「みるくぱぁとなーず!」です。

ギミックス」さんのサイトへ行ってきました。
以前にチラと見たような記憶もありますが…まぁいいか。
ブログ書くために「あかざわRED」センセのHPを見ていたら、リンクあったのよ。
くぱぁりぞーと」に収録されてる中編「きゅーけつさぶじぇくと」が、”動いて喋るデジタルコミック”になっていたのです。
サンプル見て、ちょっとびっくり。
漫画絵を崩さない程度の動きでしたが、印象としてはまったくの別物。
(※声・音の効果も大きいでしょう)
アニメと違って原作絵そのままなので、崩れた、劣化したということもありません。
なかなか良いですね。
…ただ、正直なところ……あの金額はちと微妙な気がしましたが。
もうプラスなんちゃらが無いと厳しいのでは。

笹倉さな、妹「はるかさん」
※左:笹倉さな、右:妹「はるかさん」
 収録でのロリ担当です。…な割りに大きいんですが。

そんな訳で、あちこちに活躍の場を広げる「あかざわRED」センセです。
本日の「みるくぱぁとなーず!」は、「じぇらしっくぱぁく」以来の成年漫画。
成年・一般を含め、これで6冊目くらいです。
ほとんどが連続話という通常と逆な構成で、短編は1話のみ。
無論ロリキャラもいますが、意外に感じるほど胸サイズのあるヒロインがちらほら登場していました。
ロリ度合いはやや抑え目だと思います。
”酷い胃もたれを起こす”とかコメントされていましたが、大丈夫でしょうか(笑)

金髪ツインテールな双子のロリ漫画「ないしょのついんてーるず!」
姉「笹倉さな」、妹「笹倉かな」という双子の世話をする主人公というお話です。
こちらに登場する「さなちゃん」ですが、「あかざわRED」センセ曰く…
今回の本で一番気に入ってます
とのことでした。
それがためか、↓表紙から作品解説の漫画にも登場。
さらに、描き下ろしのカラー漫画「ないしょのついんてーるず! おにいちゃんのばあい」では、ほぼ「かなちゃん」に流れそうだったにも関わらず、えっちは「さなちゃん」なのでした。
凄い傾倒っぷりです
いつもの倍以上という驚異的な速度でネームが上がった~
…とは、伊達でありません。

本編の前半「ないしょのついんてーるず! おねえちゃんのばあい」は、そんな「さなちゃん」がメイン。
主人公とはラブラブなのな、なぜかえっちは許さない彼女。
その訳は~というものです。
中盤にあった、2ページ見開き部分、その直後がいいですね。
指指されましたよ!!
「あかざわRED」センセ面白いなぁ。
直接繋がる後半「ないしょのついんてーるず! いもうとのばあい」は「かなちゃん」
前話オチ部分から物凄いパワーで、”あまり描いた事のないタイプ”という「さなちゃん」と違ってはっちゃけてます。
くっつけっこ」って凄い単語ですね。
…とか、念のため検索してみると、あちこちヒット。
うわぁ。
センセの造語ではないんですね。
しかし、この単行本も大丈夫かな。

個性あるヒロイン3名の中編「Be-class(ビーくらす)」
単純に話数ではこちらがトップでした。
1話目「あやか、行動する」では、産休の代理で赴任した教師「花見春樹」を、年上好きな「あやか」ちゃんがテイクアウトするお話。
ゆとり教育で脳を破壊されましたの?
とか「のどか」さんに言われてましたが、かなりのはっちゃけキャラ。
「春樹くん」の視線を都合よい勝手な解釈をしたあげく、後方から襲う形で持ち帰っていました。
気付いた彼の色々もまったく聞く耳もたず、えっちに突入しています。
ありゃダメだ(笑)
お風呂上がりで当初は全裸でしたが、わざわざスパッツなどを着直して再開してます。
いい展開ですね。
2話目「はるか、宣言する」は、背は低くても巨乳な妹「はるか」さん。
体育後の片付けで、当然のようにブルマ。
熱く語る「春樹くん」に注目下さい。
全部は書きませんが、「ブルマの締め付け、野暮ったさ~」という台詞に同意します。
野暮ったさ、ってなるほどそれだ。
「あやかちゃん」の暴走が目立った先のエピソードではイケメンっぽく(?)終わっていましたが、こちらでは本来のダメな感じを発揮しています。
「はるかさん」の”私でないと~”という感覚が可愛いですよ。

「あやかちゃん、のどかさん
※左:あやかちゃん、右:のどかさん
 この2人の3、4話は非常に良かったです。

3話「のどか、誘惑する」、4話「好きが、交差する」は「のどか」さん宅でのお話で、だいたい同一時間なお話。
弟「ゆーくん」を連れて、「のどかさん」ちへ遊びに来ていた「あやかちゃん」
「しょーご」くんとゲームで盛り上がる「あやかちゃん」らを横目に、ギャラリーだった「ゆーくん(ゆうすけ)」は「のどかさん」に~と、そんな展開です。

こちらのラストエピソード2話は、「Be-class」で最も良かったお話
まずは大人っぽい「のどかさん」
年下好きで、「ゆーくん」にぐいぐい迫っていました。
姉、弟がソファーの向こうにいる中でのえっちは刺激的。
黒のパンスト・下着もお姉さん然として素敵です。
「ゆーくん」はたまんないですね。
じっくりレクチャーされてました。
…で、すぐ隣でのえっちに気付かぬ訳もなく、最終話は「あやかちゃん」と「しょーごくん」
1話目での爆走っぷりが嘘のような「あやかちゃん」を堪能下さい。
慣れていない色気があり、”される側”のがお姉さんっぽかったですね。なんとなく。
中盤で元の元気さを取り戻すのも、彼女らしかったと思います。
ちなみに、やっぱりスパッツ着用でした。
また、「こくまろとククレ好きな方を選べ」の一言がお気に入り。
火傷するぞ。

なお、収録では唯一の短編「いつも、そこにいる」のヒロインは先のロリ巨乳な妹「はるかさん」
連続話よりも過去なお話で、彼女もひとまりくらい幼いんですが…この頃から大きかったんですね。
”バランスが難しく、苦労しました”、とかコメントされてました。
そうでしょうねぇ。
しっとりなオチ部分が好き。

携帯電話の擬人化ネタな「ぱけほーだい!」
こちらは、メインページ増加のため、即えっちを狙った作品でした。
1話目「しんきけーやく!」は”最新のすまーとふぉんWelcome03”こと「エステル」さん。
ツインテール・縞パンな彼女。
かなり好き勝手な言動で、自由に振舞っていました
こうしたキャラはセンセお上手ですね。
バッテリー切れでSD化するのが可愛いです。
DNA認証で、えっちする流れ。
精子1デシリットルで1パケット」…だって。
頑張れ(笑)
「省学静~」のコマは、作品解説後に再度ご確認下さい。
チャレンジ魂ですね!

エステル、アリエステル
※左:エステル、右:アリエステル
 女の子がパソコンあるなら、携帯電話でもアリだと思いました

2話目「ふくすうけーやく!」にて、”アッスルのマイフォン”こと「アリエステル」さん登場。
林檎の髪飾りがポイントです。
先の「エステルさん」とはガラリと違って、大人しく素直な感じ。
タッチパネルな感覚がなかなかえっちでした
この携帯いいなぁ(笑)
服の下には競泳水着を着用しているんですが、なるほどソレっぽいですね。
(※保護ジャケットカバーだそうですが)
そんな訳で、Wヒロインとなる3話目「つなぎほーだい!」
こうなると「エステルさん」のキャラが生きてきますね。
色々なアイテムでされていました。
オチ部分も面白いです。
どっちかでも機種に精通していれば、より楽しめるかもしれません。
もうちょっと色々と見たい漫画でした。

強い線でしっかりとした作画。
濃淡はそれほどでもないですが、ごっちゃり傾向です。
比較的コマ割りも大きめだと思います。
漫画が巧くテンポに優れ、どちらかというと勢いで押すタイプ。
癖のある、デフォルメが目立つキャラは人によって好みあるかもしれません。
内蔵描写も頻繁でした。
前述したように、サイズ大きな方もちらほらおり、ランドセルな↓表紙でしたがロリ傾向は抑え気味。
読み手によって評価変わるかもしれませんね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: はっちゃけてるためかな。心なしか、前巻の方がスッキリしていたような…。
・話4: 個性の目立つヒロイン群です。サクサク読めるでしょう。
・独5: フェチ感覚が強く、「ぱけほーだい!」が良かったです。
合計:[13/15]

なお、「あかざわRED」センセHPでも各話の解説、ヒロインのコメントが見れます。
ちゃんとカバー裏のソレとは違うのよ。
気に入った人、気になる人は、そちらも合わせてご確認下さい。

みるくぱぁとなーず! (ポプリコミックス)みるくぱぁとなーず! (ポプリコミックス)
(2010/08/26)
あかざわ RED

商品詳細を見る



★「あかざわRED」センセの漫画紹介記事
じぇらしっくぱぁく
 成年。睡魔「ハチミツさん」、悪魔長「ククレ様」などの全7話「でびっ娘との暮らし方」を収録。
半熟てんちょ!
 一般。同人ショップの店長「豪徳寺ゆたんぽ」さんとのコメディー
ぴんくぱんつぁー
 成年。織宮家3姉妹+母親とのえっち話「ろりあね」を収録。
くぱぁりぞーと
 成年。吸血鬼「イズちゃん」のドタバタ漫画「きゅーけつさぶじぇくと」の6話を収録。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール 競泳水着

■いい娘がいいの? (鶴山ミト)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: あとがき、カバー裏に「おまマン」、
      描き下ろし「いい娘がいいの?」
・その他: 初単行本、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鶴山ミト(つるやま・みと)」センセの「いい娘がいいの?」です。

ちょっぴり遠ざかっていましたが…。
久々に夏らしい↓表紙です。
(もう残暑ですけどね)
いい日焼け跡でした。
ワンピースでいいんですが、肩紐部分はあまり目立たず…最もイイ感じである足付け根部分は紹介帯に隠れてしまうのです。
下着も可愛いく、ちょっとセールス的に勿体ないように感じました。

まぁ、たとえそんなん隠されていても、↓表紙を飾る生意気そうな貧乳ヒロインはふと目を吸い寄せられるほど良い雰囲気なんですけどね。
ちなみに、中扉はそちらのモノクロ・バージョンになってます。
ほとんど変化なく、こうした場合は「ちょっとがっかり」みたいな事をよく書いたりするんですが、心なしかきゅっと引きしまったような白黒絵は魅力的でした。
ずれた短パンが全部見える(全体的にやや下にさがってる)のも個人的には嬉しい変化。
ありがとうございました。

しのちゃん、妖女「ネィピア」
※左:しのちゃん、右:妖女「ネィピア」
 比較サンプルを兼ねました。ちょっと悪戯っぽい可愛さです。

さて、本日の「いい娘がいいの?」は「鶴山ミト」センセの初単行本です。
LOシリーズそのままなロリ系で、世代的にはランドセルの中学年から高学年。
だいたい大人の2歩くらい手前な感覚でした。
収録は全て短編もの。
紹介帯に描かれている「いいこ」、「わるいこ」という単語そのまま、登場ヒロインらは可愛さと共に現代っ子っぽいしたたかさもありました。

電車に乗っていた、塾帰りのツインテールな女の子に声をかけるお話「少女をお持ち帰りしてみた」
いかにも大人しそう、清純そうな彼女でしたが、部屋までついてきた「しの」ちゃんはガラリと態度を変えたのでした。
お兄さんがおいしそうだったの
…だって。
おそらくは経験値もあるらしく、疲れ気味なサラリーマンを手玉に取っていました。
そもそもこんな時間についてくる娘が、清純なわけないじゃん
とは確かにその通り。
冒頭部分ではなんだか犯罪ちっくな空気もありましたけど、「しのちゃん」が慣れた態度であったため、全体では中和されたような感じでした。
変な話(笑)
生意気な彼女の言葉責めを楽しんで下さい。
”条件その5”に注目です。

表題作「いい娘がいいの?」は描き下ろしの短編。
旅の途中、ちょっと変わった女の子「小夜」ちゃんに出会いました。
自由研究「脈拍調べ」を手伝うこととなった主人公でしたが、なぜかベッドの上にいたのでした…。

こちらのヒロインが前述している↓表紙の娘ですね。
漫画途中にて、そちらの意味が分かるようになっていました。
なるほど、こんなエピソードが背景にあったんですねー。
さすがに感動…はしませんが、まるで探し物が見つかったようなスッキリ感覚。
実に良いアイデアでした
彼女に10ページでは足りません。
ぜひ、続編を描いてほしいです。

「小夜ちゃん」の核心部分
※「小夜ちゃん」の核心部分
 このあたり。実は1周目では気付きませんでした。

やや変化球ネタな「かみしょ!」
どっかのお話みたいに”神様な小学生”ではなく、意味は”噛み症”から。
妹「ななみ」ちゃんには噛みグセがありました。
TVリモコンほか、鉛筆、箸、果てはグラスもかじって割る始末。
そんな彼女を可愛く思う反面、それを心配した(…という名目)兄は、彼氏が出来た際の練習台になるのです。

ありがと、お兄ぃ!
など可愛い反応と共に、妹っぽい小癪な言動もありました。
あれは我慢ほか落ち着くというのもあるのかな。
えっち最中の「ななみちゃん」は、フーッ、フーッとか息を荒くしながら噛みついていました。
最終的には、お兄ちゃん血だらけになってしまうほど。
(※さほど強烈な描写ではないですが)
これは…人によってぐさー刺さるかも。
なお、途中で脱いでしまいましたが、スパッツなお尻も見どころです。

東京から赴任した教師「八木」
早く馴染むように、と学級委員長「皆倉」さんから土地の言葉を習っていたんですが、慣れていないため、ちらほら失敗していたのでした。
落ち込む彼を慰める「皆倉さん」は…と、だいたいそんなんが短編「ひめごぜ」です。

方言がメインネタなお話です(←ちょっと調べましたが、どこか分かりませんでした)
眼鏡・お下げ・おデコと三拍子揃った、”いかにも委員長”というヒロイン「皆倉さん」が魅力的です。
見事な貧乳と共に、黒タイツが素敵
腰から尻にかけての曲線たまんないな
という台詞がありましたが、まったくもってその通り。
上半身はきっちり脱がしているのに、下はミニスカートからそのままにしていましたよ。

ななみちゃん、学級委員長「皆倉さん」
※左:ななみちゃん、右:学級委員長「皆倉さん」
 この2人にも注目。「かじっていいですか?」

「my sweet Honey」も生徒「汐見果穂」ちゃんと教師のバレンタイン・エピソード。
学校内なのに、裸エプロンなのでした。
ラブラブですね。
この前みたく~
といった台詞から、こちらが初めての事ではない様子。
まったく躊躇してないのはそのためかな。
最後まで「果穂ちゃん」は徹底的に可愛らしく描かれており、ハチミツからから放尿まで、あちこちの甘い描写を堪能下さい。
「ペニフリ」も教師と生徒なんですが…前の2話と違って、ラブい雰囲気はありません。
6年生「皇ちこ」から、とある”係”を引き継ぐこととなった、5年生「周(あまね)まこ」のお話です。
心身ともにオープンになれる~
とかなんとか。
教師の言い訳は置いといて、無気力・無関心だったらしい「ちこちゃん」があーも変わっているところを考えると、完全に間違いとは言えないかも。(良くはないだろうけど)
特に無理矢理でも、強要しているのでもないですからね。いちおう。
先の「皆倉さん」と同じタイツな「ちこちゃん」、胸の大きい「まこちゃん」というWヒロインをお楽しみ下さい。

「郁斗」・「ちなみ」という同級生カップルの「うらはら☆はぁと」
えっちな本を見ていた「郁斗」くんの現場を押さえた「ちなみちゃん」
優位に立った彼女は、呆れ・怒る態度を取りつつ、好きな彼がどんな風にしているのか、実演させることとしたのでした。

特殊なシチュエーションが切っ掛け。
そのため、彼には告白させたものの、自らの想いは口にしておりません。
結果として、なんとなくツンデレっぽい振舞いになってました。
漫画は「ちなみちゃん」視点になっており、台詞とは裏腹に興味津々でドキドキする様が描かれています。
中盤の教壇机に隠れるのはお約束ですが、いいモノですね。

「まみ」・「ふみ」・「綾」
※「まみ」・「ふみ」・「綾」
 可愛い応援団です。学ラン女子はいいなぁ。 

体育祭が舞台の「チアと団長と男子たち」は学ランな応援団長「金浦綾」と、「まみ」・「ふみ」というチアガールの2人。
とある理由がため、複数えっちになるお話。
こうした漫画は、あっさり攻守逆転するところが素敵です。
注目はやっぱり「綾さん」
体操服(ブルマね)の上に羽織る学ラン姿が可愛く、ちゃんと着たままになっていました。
あまり応援団長っぽくない雰囲気であったのも、逆に良い感じ。

なお、「美幼女戦士はるなちゃん」、「ネィピア」という2話は古い原稿。
ちょっと差を感じますね。
前者は妹「春菜」ちゃんとお兄ちゃんのお話で、はっちゃけた感じ。
メイド姿な妖女「ネィピア」さんの後者。
男性陣なかなか最低な感じだったので、アレで良いのでしょう。

さらりとした線の絵柄。
全体的にはすっきりとした感じ。
途中からデジタルに変わったらしく、最新原稿の3話は洗練されて綺麗です。
それ以前のアナログ原稿は一撃必殺みたいな、ぱっと目に飛び込む黒の良さがありました。
勢いはそっちのが感じるかなぁ。
そこそこ身長あり、丸っこさのあるヒロイン絵は、”華奢でない程度な細さ”というバランスが見事。
際立つ幼さはなく、キャラクター的なことも考えれば貧乳というくくりでいいかも。
だいたい↓表紙の判断で問題ありませんが、紹介帯のカット絵は参考になると思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: いちおうバラつきあったので。バランスが見事ですね。
・話4: キャラに力がありました。次巻が楽しみです。
・独4: 「かみしょ!」、「ひめごぜ」のネタほか、やっぱり表題作が好き。
合計:[11/15]

なお、カバー裏の「おまマン」はヒロインの総登場話。
バカバカしい展開ながら、それぞれの個性がちゃんと示されていました。
あのクラスの漫画でもいいなぁ。

いい娘がいいの? (TENMAコミックス LO)いい娘がいいの? (TENMAコミックス LO)
(2010/08/27)
鶴山 ミト

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ツインテール サラリーマン

■いちゃ×2 らぶ×2 コスプレ乙女 (肉そうきゅー。)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・コスプレ
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説・4コマ・表紙ボツ案、
      描き下ろし「メイドイン・シスター~ご奉仕ぷらす~」
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×11(うち「メイドイン・シスター」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「肉そうきゅー。(にくそうきゅー。)」センセの「いちゃ×2 らぶ×2 コスプレ乙女」です。

今回紹介する、単行本「いちゃ×2 らぶ×2 コスプレ乙女」なんですが…。
好みというのは不確かで厄介なものですね。

さらりとした、綺麗な絵柄。
カラーでも大きな変化はなく、ほぼ↓表紙の判断で問題ありません。
お話についても、コスプレ色の強い、甘いラブコメ漫画群でした。
なにしろ「肉そうきゅー。」センセはこれが初単行本ですから。
それを考えると、非常に良い仕上がりであることは間違いありません。

従妹「奏さん」
※従妹「奏さん」
 メイドがやたら似合う一般人です。

そんな訳で、「いちゃ×2 らぶ×2 コスプレ乙女」について。
描き下ろしで連続があったものの、収録は全て短編。
初と言うわりに単行本は安定感があり、旧原稿みたいなものも存在しませんでした。

…とか思っていたら、「肉そうきゅー。」センセのHPに……

ここ1ヶ月ほどひたすら加筆修正加筆修正…(※そのまま抜粋)」

そう書いてありました。
うわぁ、お疲れさまです。
ただ、その頑張りがために、全体レベルの底上げがされていたと思います。

いつもと順序違いますが、このまま絵関連の話題を続けますね。
絵柄は前述しているように良好です。
丁寧な線のしっかり絵柄で、適度な濃淡。
極端な癖も見られず、特に目立つような崩れもありません
雰囲気としては、「木工用ボンド」センセが近いと思いました。
カラーもさっぱりとしてて綺麗ですね。
良いと思います。

ただ…すみません、個人的にはちらほら気になる部分がありました。
その最たるものが、”おっぱい”描写
ここはもう、微妙な、ミクロ・マクロ単位みたいな、趣味志向の世界でしょう。
なんだろ。
”とりあえず胸が描かれている”ような感じ。
細かく指摘するのであれば、バストトップ・その付近の表現がどうにも気になります。
ひでるさん的には。

そんなんがためか、なんだか器用にさっぱりとまとめられた感じがあり、あまり刺さりませんでした。
これは完全に好みの問題なので、ひでるさんの言葉は特に気にしなくて良いと思いますが。

彩さん、沙耶さん
※左:彩さん、右:沙耶さん
 コスプレな2人。鬼コスは珍しいと思います。

収録各話のうち、描き下ろしで連続になっていた「メイドイン・シスター」、「メイドイン・シスター ~ご奉仕ぷらす~」の2話。
こちらが冒頭話で、カラー原稿もありました。
↓表紙ほか、カバー裏までこちらのヒロイン「奏(かなで)」さんですね。

「碧(あおい)」が教師として勤務する学校へ進学した、従妹「奏さん」
”身の回りの世話をするように”
そう彼の両親から頼まれたという「奏さん」と同居することとなるんですが、言葉そのまま彼女はメイド衣装になっていたのです。
わざと嫌がられて、寮へ住んでもらおうとえっちな事を申し出たものの~と、だいたいそんな流れ。

ラブラブ漫画で、もう好きにしてーという感じよ。
ほぼ盲目的なまでに彼を好いており、言葉づかいは丁寧でやたら従順。
従妹っぽくないなぁ。
オチの一言がなかなかえっちでしたよ。
なお、カラー原稿は本編とそう大差のないメイド服えっち、描き下ろしは寝起きを「奏さん」に襲われる展開で、より露出の大きいメイド服でした。
あれは夏仕様かな。

「頑張る君にプレゼント★」はクリスマス話。
当然のように、ミニスカサンタです。
主人公の「津崎陽平」は受験生。
姉のような年上の幼馴染み「彩」さんが家庭教師をしてくれており、嬉しい半面真面目な性格なので勉強漬けな毎日を送っていました。
クリスマスの今日もやっぱり部屋での勉強会でしたが、問題を解き終えた「陽平くん」の前に登場した「彩さん」は、ミニスカサンタなコスプレをしていたのです。

ううむ、頑張った「陽平くん」へのご褒美という漫画ですね。
昔からの流れで頭上がらないでしょうし、彼女の性格を考えると、途中で押し倒したりしたらダメだったかもしれません。
オチもそんな感じ。
我慢してるのはお互い様でした。

「節分前夜に鬼っ娘と」は、タイトルそのまま節分・虎縞な鬼コスプレです。
なんか中途半端なデザインで残念。
かぶっても、セオリー通りビキニで良かったのでは。なんか権利関係あったりするのかな。
なんなのよこの衣装はー!!
とか、怒りつつもしっかり角まで身につけている「市村沙耶」さん。
漫画内でも指摘されていましたが、お約束ですね。
引き寄せられるように、顔を胸に埋めていた「純平」くんがいい感じ。

新婚カップルの短編「ただいまの後は…」は、裸エプロンです。
連日連夜仕事に振り回されていた、「宮野涼一」
休日の呼び出しに対応した彼が帰宅すると、妻「栞」は裸エプロン姿で待っていたのでした。

休みの日に突然呼び出されるのはしんどいですね。
身体にはくれぐれも気をつけて
若いのかな。
漫画では元気でしたが、実際にあんな状況だと疲れ果てていると想像され…えっちはほどほどに。
前向きなオチが爽やかです。

「雨の日だって大丈夫!」はスクール水着な「樹雨(きさめ)」さん。
海へデートに行く予定だったのが、突然の大雨によって中止になってしまいました。
せっかく着てきたという水着は、なんとスクール水着だったのです。
どこで調達してきたのか、彼氏「景也」くんの趣味に合わせていたのでした。
彼としては大満足で、「樹雨さん」としてもさしてそれに恥ずかしい感覚ないようでしたが…もしあの格好で海へ行ったなら、周囲からの目は「はは~ん」という感じだったでしょう(笑)

日奈さん、鷹見崎綺更
※左:日奈さん、右:鷹見崎綺更
 Mなお嬢さま「綺更さん」をチョイスしてしまいました。

これまたタイトル通り、ブルマな「日奈」さんの短編「ブルマでダイエッチ」
ダイエットで運動を決意した「日奈さん」は、なぜか体操着(ブルマ)なのでした。
こちらは彼の趣味とかでなく、完全に自主的。
それを考えると、あのブルマって過去に着用していたものかな。
いちおう室内での筋トレ的な運動だけでしたが、あんなんで外に出ていたらAVの撮影と勘違いされそうね。
なお、お話は”えっちでダイエット(※だからダイエッチね)”という、よくある展開になってます。

ほか、「限定スマイル」は喫茶店話。
特にコスプレっぽくはありません。
ポニーテールなヒロイン「水無月」さんは普段のずけずけとした物言いが可愛いです。
ちなみに、「大里」くん。
男性のウェイターは変に笑顔でなくてもいいと思いますよ。
「For you.」、「つんえむっ」、「お願いされちゃう」という3話は学校の制服。
まず「For you.」は「月菜」さん。
ラブラブですね。
あの感じならば、そこそこのプレイまで承諾してくれそうです。
今がチャンス!
「つんえむっ」は学園長の娘というツーサイドアップな「鷹見崎綺更」さん。
お嬢さまなツンデレで、実は隠れM属性。
わたくし…初めて叱られましたわ
とか言ってました。
ぜひ前半からの豹変っぷりを堪能下さい。
「お願いされちゃう」は年下の幼馴染み「愛衣」さん。
俺はもはや愛衣がいないと生きていけない体なんだよ…
という台詞が前半にありましたが、コレってほぼプロポーズみたいなもの。
本人の意識薄いまま、けっこうそーした言葉を彼女に使っていたのでしょうねー。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 好みはともかく、ここまで描かれていれば問題ないでしょう。
・話3: ”よくある成年漫画”かなぁ。ちと皆さんラブラブ過ぎる気がします。
・独3: タイトル通りな仕上がりです。もう少しパンチが欲しいです。
合計:[10/15]

あとがき部分に書かれていましたが、漫画内にちらほら描かれている「うさちゅー」さんを探せ、みたいなのがお気に入り。
けっこう頑張って探したりしてました。
いちおう全てのエピソードにて発見しましたよー。
こういうのは2周目が楽しくなるので、ぜひ続けてほしいです。

いちゃ×2らぶ×2コスプレ乙女 (ポプリコミックス74)いちゃ×2らぶ×2コスプレ乙女 (ポプリコミックス74)
(2010/06/24)
肉そうきゅー。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ポニーテール スクール水着 ラブコメ コスプレ ツーサイドアップ バストトップ

■姦詰~お義父様の雌~ (英田舞)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・人妻
・おまけ: あとがき。
・その他: 初単行本、短編×8。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「英田舞(あいだ・まい)」センセの「姦詰~お義父様の雌~」です。

最近妙にバタついているので…。
だんだんと積んでいる山が高くなってきました。危険です。
”とっとと読みなさいよ!”とばかりに、吸血な姫が今もこちらを見てます。
ごめんね、ごめんね。
なお、「FlexComix」のHPでは彼女の音声つきコミックスが公開されており、さっそく見て来ました(←時間あるじゃん)
わくわく期待していたんですが…ごめんなさい、なんだか違う。
個人的に2人とも合わない。
まぁ、前に書いたように、「渡辺菜生子」さんでカチーと時間止まっているので、誰がやられてもそう感じるのでしょうけど。
ちなみに、「次郎さん」は渋い声で良かったです。
女性の方は必聴。

これで「貴方を吸ってもイイですか?」の紹介ならば、ヴァンパイア繋がりでイイ流れなんですが、本日は「英田舞」センセです。
初単行本「姦詰~お義父様の雌~」ですね。
「英田舞」センセは小説などの挿絵でも活躍されてるようで、↓表紙・裏表紙ほか、カラーイラストは綺麗な色使い。
ちょっとむっちり傾向(笑)
ちなみに、ひでるさんは中表紙のイラストのが好き。
あの鎖は…肉とか毛とかを巻き込みそうで、痛そうに感じるのよ。
ただ、収録にカラー原稿がなかったのは、ちょっと残念。
折り返し部分は使い回し。
また、あとがき以外はおまけ要素も非常に薄く、初単行本というにはやや寂しい感じでした。
(↑よく知りませんが、こういったのは出版社さんの考えですかね)
収録は全て短編によるもの。
人妻系が多めです。

あづささん
※あづささん
 右側は加工済み。どうしてもこのカットを入れたかったのです。

サブタイトルになっているメイン短編「お父様の雌」
高校時代に付き合っていた「貴彦」とめでたく結婚した「あづさ」
3年になった彼女は、同居することとなった舅の妙にべたべたした様に悩んでいました。
「貴彦」は取り合ってくれず、そのうち3週間という出張に出てしまい…と、そんなお話。

どこぞの相談電話のようなお話ですねー。
まぁ、ヒロインの「あづささん」はちょっとトロそうな外見ながら実に立派な胸の持ち主でした。
天然でああなのか、はたまた寄せて上げているのか、普段着から見事な谷間です。
そりゃー、顔を近づけたくもなりますわ。
こうしたシチュエーションでは、やっぱりお風呂に間違って(わざとね)入る部分が秀逸
アレいいなぁ。
その影響もあって、思わず独りでシテしまう「あづささん」が目撃されて~というシチュエーションなんですが、この危機的状況にやや無防備過ぎ。
もうちょっと引っ張って、じわじわ攻めて(いじめて)ほしかったなぁ。
あるいは、2回目の際にもっと紆余曲折あったりして、ってページが足らないか。
短編だったのが、ちと残念。

「えっちなお呼ばれ」は会社先輩の奥様「さおり」さん。
こちらは同じ巨乳でも、服装はやたらソレを強調するようなデザインで…自ら誘っていました。
しかも、旦那公認で、調教話になってます。
漫画なので、あーした感じですけど、実際には引くかなぁ。
会社でも落ち着かなくなりますわ。
また、冒頭2コマ目など先輩・主人公の並んだ絵がやたら幼く、ソレっぽくないため、
妻のさおりです
という挨拶から、一瞬違和感がありました。
やっぱり野郎キャラも重要ですね。

保健医、課長さん
※左:保健医、右:課長さん
 眼鏡ヒロインなんですが…どっちも外しちゃうのでした。

「保健室~エッチなカウンセリング~」は、色っぽい保健医なお話。
幼少期の体験から、コンプレックスを持つ生徒「ワタナベ」くん。
彼の悩み相談を受けた保健医が、セクシーに解決する~という、王道ネタでした。

ちょっと問題アリでしょうけれど、ぶっちゃけ最も手っ取り早く確実な解決方法。たぶん。
間違いなく、「ワタナベくん」は自信をつけるでしょう。
先生的にも趣味と実益を兼ねてそうで、漫画はイイ事づくめですわね。
ちなみに、先生はえっち前に眼鏡を外してしまうんですが、ここは読み手によって大きくリアクションが変わるでしょう。
ラストページのマラソンしている女の子の1カットが意味不明。
どちらかに出演しているキャラなのかな。

「公然の秘密 女上司催眠調教」も眼鏡な上司(課長)なんですが…やっぱり外しちゃうのね。
この短編では、おそらく”裏の顔”を強調するための小道具なんだと思いますけれど、「英田舞」センセはあまり関心ないのかなぁ。
ヒステリックさにうんざりしていた主人公。
しかし、”美人で色っぽい”という印象も同時にありました。
贅沢です
ひでるさんは現実に女性上司のいるサラリーマンですが、ああした”美人で色っぽい”上司はカケらも見た事ありません
漫画前半に描かれていたような、キツイ方は多いですけどねー。はぁ。
スーツ下の黒下着は良かったです。
なお、前半の急に真横になってるコマがなんだか妙に違和感ありました。

天草さん、義母「彩香さん」
※左:天草さん、右:義母「彩香さん」
 後半ではバニーコスプレする「天草さん」です。

ほか、タイトルそのまま、「公衆精液便所」はトイレで次々にされてしまうヒロイン「川西美保」のお話。
ストーリー性は弱く、単にえっちシーンが描かれている印象です。
まぁ、ハード系な成年漫画にありがちなパターンかな。
住所まで知られてしまうというのは危険ですね。
「老人ホーム肉欲奉仕」は複数えっち。
やむなく~ではあったものの、いちおう「天草」さんから受け入れてます。
老人らも無理矢理感はなく、結果としては良い方向に進んでいました。いちおう。
「義母子のヒミツ」は義母「彩香」さん。
再婚してできた母は、6つ違いの20代で若々しい~というネタなんですが、それにしては容姿色っぽい感じ。それっぽくありません。
あの髪型は、この漫画では失敗だったのでは。
酔っ払ってのえっちパターンですが、彼に拒絶された後の「彩香さん」が良い感じ。
「午後の奥様マーキング」は人妻「清水由紀」さんとセールスマン。
ベタベタですね(笑)
どーでもいいですが、窓辺でえろい事しないように。
窓の外から、しかも壁越しだというのに、音声までやたら鮮明な動画が撮られてましたよ。
さらに玄関には鍵かかってなく、あっさり侵入を許していました。
とりあえず…玄関先のシールを探してみましょうか(笑)

強めな線の絵柄。
黒がちょっと目立ち、どちらかと言うと濃い目ですかね。
コマ割りとか構図、漫符・擬音などなど、漫画的な細かい部分、表現などについては、正直なところこれからという感じ。
乱れ・崩れなど、引っ掛かる部分も散見されました。
原稿時期の違いによる差もあります。
年上多く、アンダーヘアはもっさり。
むっちりなスタイルで、色気たっぷりと言うより、可愛らしい印象です。
いじめたくなるような感じでしたよ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: ぎりぎり平均くらい。安定したら全然違って見えそうです。
・話2: もう2、3歩という印象でした。
・独3: ヒロイン可愛いので、「天草さん」なパターンとか合ってると思いました。
合計:[8/15]

カバーイラストな感じが漫画で発揮されるだろう、次巻に期待します。
裏表紙みたいなネタがあったらいいなぁ。

姦詰 (エンジェルコミックス)姦詰 (エンジェルコミックス)
(2010/08/17)
英田 舞

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 渡辺菜生子 コスプレ アンダーヘア サラリーマン

■シテ…ほしいの (唯登詩樹)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・フルカラー
・おまけ: あとがき、カバー裏は表紙リンクのカラー別絵。
・その他: オールカラー(152P)36話収録。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「唯登詩樹(ゆい・としき)」センセの「シテ…ほしいの」です。

本日はベテラン「唯登詩樹」センセです。
最新刊「シテ…ほしいの」ですね。
Hな…」などど同じ、フルカラーな単行本でした。
約4年という年月の集大成だそうです。
お疲れさまでした。

各話は4ページ程度のショート漫画。
紙質がためか、全152ページにしては正直なところ値段は高め。
ただ、今回はちらほら2~4話ほど続くもの、長い「センセイの知らないコト」などは8話ほど続き、こうしたフルカラーな単行本で”薄くなりがちな読み応えもカバー”しております。
収録の冒頭が「センセイの知らないコト」であったため、ひでるさん的には”久しぶりに「唯登詩樹」センセの成年漫画が読めた”という感覚。
ファンならば必見、成年漫画好きならば好みに応じて、どちらでもない方は予算と相談の上でご検討下さいませ。

副担任「内田美咲」先生
※副担任「内田美咲」先生
 今回はやっぱり「美咲先生」でしょう。水着姿も良かったです。

収録で読みごたえのあるお話「センセイの知らないコト」
↓表紙も飾っている、クラスの副担任「内田美咲」先生のお話です。
明るく元気で、生徒受けも良いという学校ナンバーワンな「美咲先生」
好意を抱く「西野」くんは、追いかけるうち彼女の秘密を知ることとなったのでした。

美人教師とアレコレな漫画です。
注目は2話のスクール水着姿。
女子水泳部の顧問ということで、水着になるんですが…なぜか紺色系(笑)
コーチはちゃんとした(?)競泳水着なんですけどね。
さすがの質感でした。
3、4話はもうちょっと直接的・積極的な眼鏡の生徒が登場。
こちらのポイントは電車の4話でしょう。
無意識に手が…
とか、謝りつつも言っていました。
なんのかんの抵抗していないほか、「早くしまいなさいっ」くらいで終わる様が素敵。
特別授業の6、7話を経て、「美咲先生」視点になる8話は授業風景です。
最後にコレを持ってくるのは、さすが「唯登詩樹」センセ。
ラストページの流し目な表情が可愛いです。

「放課後…」は全4話。
複数えっちに始まり、「美優」・「百合」のそれぞ別れた後のエピソード、そして百合えっちでシメる展開。
冒頭の複数より、2話目の制服「美優さん」と「彰彦」くん、スパッツな「百合さん」と2人組のがイイ感じ。
それぞれオチ部分はコメディー調になっているので、読後感も良いです。
結局2人に落ち着く最終の4話も好き。

「女の子どうしの…」は2話。
イベント服を選んでいた「亜衣」・「真紀」がじわじわ服を脱ぎ出すというもの。
「真紀ちゃん」の紐な下着がスゴイです。
2話目では、そこに「由美」も加わっていました。
慣れた感じでお尻に突っ込む彼女が素敵。
普段どんなことしてるんだろう。
スポーツ的な空中えっち(無重力ルーム)が描かれる「zero-G」も2話。
途中から登場する教官な方が好き。
あっさり彼のモノを奪ってました。
あなたもいらっしゃい
とか言ってます。
おいおい(笑)
洗練された「唯登詩樹」センセのセンスが爆発する「天辺」も全2話。
とある理由がため、世界の頂上まで登ってきた主人公。
そこに神様が出現し…というお話です。
ふたなりさんなんですけど、ネタ的に女の子でも良かったのでは。
なお後述しますが、今回収録ではやたらふたなり人数多かったです。

「亜衣」・「真紀」
※「亜衣」・「真紀」
 なかなか大変な事になるエピソードです。

表題作に最も近いタイトル「シテほしいの…」は短編。
「アーヤ」、「ユン」の百合えっちでした。
オチ部分での2人が可愛いです。
えっちな勝負下着な短編「whitted again」
大事な部分がまったく隠れていない下着を身につけてました。
しかも、スカート丈もぎりぎりなのです。
いいですね、アレ。
デートでは彼氏「俊明」くんと何もない彼女が、帰りの電車で~という展開がえろいです。
「am6:45」は、彼氏の寝起きを襲う短編。
独白な進行になっており、たっぷりな気だるさがイイ感じ。
こちらの女性は色っぽく描かれてますね。
格好もめたくたえっちなものでした。

そのほか、「XXXX-01」・「XXXX-02」の2話はもうちょっとページが欲しい感じ。
少しづつ絵の変化する「今は…」はお手軽系。
続く「通販で買いました」はそのパロディみたいな感覚で、どちらも扉開けたら~というえっち展開になっていました。
なお、兄妹の近親で、台詞から察するに頻繁なコトであるみたい。
「3P」、「prisonwitch」は複数ネタ。
後者の彼女はふたなりなのかな。
実際の魔女狩りみたいなのは、もっと凄惨なものだったようですが。
「osioki」はツインテールなメイドなお話。
ここに登場の3名もふたなりみたい。
ふりふりなメイド服が可愛いんですが。
2話の「SEASON」は、なんちゃら耳のふたなり。
今年もこの時がやってきたのね
という台詞は、懐かしい「Misty Girl」にもあったネタ。
こちらは2人してラブラブしていましたが。
同じく2話の「特訓中なの」にも、またまたふたなりキャラ登場。
近未来な雰囲気で、なんだかよく分かりませんがアクロバティックな格好で特訓されていました。
「Onanie」も…ってもういいか。
ヒロイン「沙亜矢」さんはツーサイドアップの可愛いキャラなんですけどねー。
「LEAD ~紐~」は調教な短編。
完全にお仕置きを楽しんでしまうのはお約束でしょう。
「海が見えたので…」は爽やかな白水着話。
やっぱ透けるよねーって思っていたら、なるほどソッチか。
ラストに収録の「パラダイスへ行こう」は描かれた時期は大きな開きあるものの、髪型・シチュエーションが似ているため連続話のような感じでした。

「美優」・「百合」、白水着な娘
※左:「美優」・「百合」、右:白水着な娘さん
 実は水着ではないんですけどね。こんなんもいいなぁ。

絵柄については…わざわざ書くことないですね。
毎度ながら、お上手です。
おそらく、漫画好きな方ならどちらかで一度は目にした事あるでしょう。
色気と可愛さあるキャラクターらの、濃密なえっちが楽しめます。
それでいて綺麗に描かれているため、エロス度合いは適度なくらい。
場合によっては、白黒漫画よりソフトに馴染めるかも(←たぶん)
華やかで良いです。
女性でもとっつき易いかと思います。
なお、どちらかと言うと「Hな…」はアニメっぽい塗り方でしたが、こちらの「シテ…ほしいの」はCG風。
微妙な色使いが楽しめるでしょう。
裏表紙が直接中身になっているので、気になった方はそちらを確認するのがベストです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: まぁ、フルカラー本を出すのは巧い方ですよね。
・話3: 長いエピソードがもう1話くらい欲しかったなぁ。
・独3: なんだか、ふたなりがやたら多く感じました。
合計:[11/15]

なおカバーの寸法が漫画本体より若干小さく作ってあったんですが…あれは、カバー裏まで見てねってアピールなのかな。
そんなことしなくてもちゃんと確認しますよー。

シテ・・・ほしいの (富士美コミックス)シテ・・・ほしいの (富士美コミックス)
(2010/08/10)
唯 登詩樹

商品詳細を見る


★「唯登詩樹」センセの漫画紹介記事
・[My doll house
 …女装ラブコメな長編。サクサク進む楽しい漫画です。
・[Hな…
 …フルカラーのショート漫画集。[成年]
・[SWing-style 2巻 1巻
 …スワッピングを題材にした、長編漫画。オススメ。
・[MAIの部屋
 …フルカラーのちょっぴりえっちでセクシーな日常コメディー。全3巻。
・[いけないよゆう子さん
 …オフィスを舞台にしたビジネスえっち長編。全2巻。これもオススメ[成年]


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スクール水着 競泳水着 コメディー ツインテール ツーサイドアップ

■四姉妹エンカウント (大島永遠)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : コメディー・ゲーム
・おまけ: あとがき、登場人物設定、描き下ろし(?)「おまけ4コマ・コメント」
・その他: 折り返しにコメント、16話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大島永遠(おおしま・とわ)」センセの「四姉妹エンカウント 1巻」です。

これって逆開きなんですね!
掲載雑誌の関係かな。
普通にぺらぺらめくっていたら、
2巻をお楽しみにね
とか出てきて、ちょっとびっくり。

そんな訳で、今回の「四姉妹エンカウント 1巻」は「ファミ通クリアコミックス」からの単行本。
久しぶりな「大島永遠」センセです。
えー、「同棲レシピ」は好みと違い、「メルカノ。」は2巻以降が刺さらず…ちょっと御無沙汰でした。
今回の「四姉妹エンカウント」は↓表紙につられてます。
タイプ異なる姉妹のコメディーかなー、って思ったの。
だいたいは期待通りでした。
やっぱり、女性のリアルっぽさあるコメディーは、センセ抜群ですね

「四姉妹エンカウント」ヒロインズ
※「四姉妹エンカウント」ヒロインズ
 まだ可愛らしいです。ここだけ見ると、別の漫画みたいですね(1話)

ただ、こちらはゲーム要素も比重が高いのです。
自分でも驚きましたが、はっきり言ってちらほらネタがわかりません。
昔は定期購読していたゲーム雑誌もまったく見ることなく、だいたいゲーム自体からほぼプレイする機会がなくなってます。
せいぜい、移動中に携帯で「信長の野望」やるくらい。
ドラクエとか基本的なものは分かるんですけどねー。
知識あればより楽しいでしょう。

昔住んでいた土地に10年振りで引っ越してきた、主人公「今野未来」
到着した早々に激突・彼を踏み潰していった相手は、昔馴染みな橘家の4姉妹でした。
こうして、「柚香」・「伊予」・「比良実」・「蜜柑」ら姉妹と旧交を温めた「未来」
引っ越し先はちょうど隣で、彼の部屋もほぼ直結しているように近く…はっちゃけた彼女らに弄ばれるような日々になってしまったのでした。
大雑把には、だいたいそんな感じ。

ゲームなネタをメインとしたコメディーです。
基本的には、個性的な4姉妹に弄ばれる「未来くん」という構図。
はっちゃけ感が強く、ヒロインは美形揃い・年齢的にも丁度良いくらいであるのに、まるで恋愛っぽさはありません
また、彼の部屋の窓は姉妹の家とごく近く。
跨いで向こうへ行ける程度。
普通の漫画なら、絶好なシチュエーションですよね。
しかし、こちらでは突然踏み込まれて恥ずかしい場面を目撃されるなどプライベートなく、損するばかり。
当然ながら、色っぽい、ドキドキ展開も皆無
いちおう下着姿程度なら「未来くん」は何度か目撃しているものの、さして喜んでなく、またセクシーっぽくも描かれてはいません。
そりゃー、好き勝手にいじられてました。
なかなか気の毒です。

四女「蜜柑ちゃん」、次女「伊予さん」
※左:四女「蜜柑ちゃん」、右:次女「伊予さん」
 この2人は…まだ普通。

あるいは、長女「柚香さん」、三女「比良実さん」という自由人な2人が大きくボケ倒し、「未来くん」が突っ込むパターン。
女性に慣れてなくて
とかなんとか、冒頭話では赤くなっていた彼。
次女「伊予さん」の下乳、四女「蜜柑ちゃん」のパンチラなどで鼻血噴いてましたが…皆さんソレっぽくない(笑)ためか、すぐに慣れていました。
まぁ、照れるような相手ではないですよねー。
長女「柚香さん」は、バレンタイン・ホワイトデーなどのネタから、途中にあった年下同僚との会話ネタが最高。
ああした会話は、ちらほらひでるさんも…。
三女「比良実さん」はまた「大島永遠」センセの代表作「女子高生」を彷彿とさせる、ぶっ飛んだキャラ。
カオスの中心ですね。
彼女の主役回である”キャバクラ”なエピソードは終始そんなんで、体験入店という4コマでも独特なセンスを発揮してました。
オムライスのケチャップは凄いですよ。

なお、「トモダチコレクション」のネタでは、四姉妹と結婚イベントを起こす展開になるんですが、「未来くん」は泣き叫ぶほど嫌がっておりました。
思わず「柚香さん」に突っ込まれてます。
あのまま「蜜柑ちゃん」が成長することを祈りましょうか。

三女「比良実さん」、長女「柚香さん」
※左:三女「比良実さん」、右:長女「柚香さん」
 やっぱりこの漫画は「比良実さん」でしょう。「未来くん」とも良いコンビです。

幼いだけ最も純粋なのが「蜜柑ちゃん」
良くも悪くも年相応…でもないか。
16歳にしてはやや幼いくらいで、「柚香さん」・「比良実さん」という悪いお手本がいるもののまだ毒されていないという稀有な存在。
ちなみに先の結婚イベントにて、「未来くん」がふと想像した結婚相手が「蜜柑ちゃん」です。
まぁ、当然よね。
クリスマスの回でも、彼と同調していました。
なお、そちらはちょっぴり良いお話。
”やや幼いくらい”と書きましたが、なんのかんのと大事にされて育っているんだろうなぁ。
後半の数話は、ライバル「森林檎」ちゃんと「蜜柑ちゃん」の対決話。
名前の中に”木”の字はいくつ入ってるの?
という一言が可笑しいです。

次女「伊予さん」は…家事ができるうえ、無口キャラなため、目立ちません。
後半では男役なんてやって個性を発揮してましたが、ほぼ喋らぬまま終わっていました。
否定された時もフテ寝でしたからねぇ。
なんらかホラーゲームのネタになったら挽回できるかな。

細線のすっきり絵柄。
適度なくらいな濃淡で、そこそこ白比率もあるため見易いです。
あちこち丁寧で、クドくない程度に描き込まれていました。
バランスにも優れ、安定感がありました。
漫画も巧く、コメディー描写はさすがの出来栄え。
強い癖もないので、万人に好まれると思います。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙・裏表紙にて判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: コメディーではっちゃけているのは良し悪しかも。
・話4: 安定した面白さがありました。
・独4: ゲームネタばかりでなかったののは…読み手によって割れるかな。
合計:[12/15]

当然ながら、作中で取り上げられているゲームの情報がある・ないでは大違いでしょう。
ただ、ほとんど知らないひでるさんでも十分に楽しめました。

四姉妹エンカウント (1) (ファミ通クリアコミックス)四姉妹エンカウント (1) (ファミ通クリアコミックス)
(2010/08/11)
大島 永遠

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ファミ通クリアコミックス パンチラ

■ミルクタンク症候群 (清水清)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「清水清(しみず・きよし)」センセの「ミルクタンク症候群」です。

健康診断行ってきました。
いちおう、現在検査部分は問題なし…ということで、ひと安心。
しかし、眼鏡かけた視力に左右の差が大きいことが発覚。
そろそろ眼鏡をかえないとダメですね。

さて本日は「清水清」センセの最新刊です。
「ミルクタンク症候群」は6冊目くらいかな。
実は全て単行本持っているんですが、ブログでは「三国志艶義」しか紹介してないですね。

↓表紙、中表紙と同じヒロインだったので、長編かなーって見てましたが、実は短編集。
お話ジャンルとしては、結構バラついている印象。
ただ、どちらも「清水清」センセらしい作品に仕上がってます。
絵もそうですが、お話には強い個性があり、キッチリ読み手を選ぶ方
正直なところ、ひでるさんも全てを理解して読んではいません。
ちらほら、分かんないところがあるんですよね。
たぶん、元ネタみたいなのが存在するんだろうと思ってますが。

逆井さん
※逆井さん
 そんな訳で、わざわざ服を着せていました(笑)

↓表紙を飾るヒロイン「逆井」さん登場の「世田谷の中華料理屋でアイジョージとさけを飲む」
科学技術部の「逆井さん」が主人公。
”不世出の天才”と呼ばれる、先輩「船堀橋」くんの発明品で楽しくも災難な日々を送っていました。
思う存分研究をさせてやってほしい
ある日、校長室に呼び出された「逆井さん」は、彼の余命があと僅かであることを聞かされます。
そこで彼女は…と、だいたいそんな感じ。

よくある発明家と助手なコメディー
↓表紙などで頭に装着しているのは”自己暗示を確固たるものにする”という発明機械。
彼女がロボットとかではありません。
えっちの際にも使っていましたよ。
大変な目に遭いつつも実験台になってる彼女ほか、「船堀橋くん」、校長先生という脇キャラがイイ味を出しております。
ネタ的に「清水清」センセの漫画とぴったり合致しており、発明品を変えたりして、もう何話か見たい感じ。
ひでるさんは、次の「ハナからはじめよう」の途中まで長編漫画と信じて読んでました。
その「ハナからはじめよう」は…なるほど、オチがタイトルなのね。
会社内でえっちするカップルが見つからないよう逃げ回るというネタ。
ずっと入れっぱなし、抱えっぱなしでしたが、彼凄いなぁ。
なお、同じ名前「逆井さん」という別ヒロインが登場している「萌える野獣」
こちらは営業2課に勤務する大人しいOLさん。
前半部分との繋がりがよく分かんないですが…同僚「伊達」によって変わるというネタなのかな。

「リアリズムの来訪者」は「ウルトラQ」か、はたまた「トワイライト・ゾーン(←見た事ないですが)」みたいな感覚の話。
姉が道玄坂で買ってきた”魔法の強壮キノコ”
それをつまみ食いした「ヒロミ」さんは…というお話。
漫画はコメディーちっくに描かれてましたが、ちょっとおっかなさもありますね。
触手えっちっぽい風情があり、できれば実写で見たい感覚(笑)

ヒロミさん、大神源子さん
※左:ヒロミさん、右:大神源子さん
 男子キャラのが良い個性を発揮してます。

日本の実業家で女優という「大神源子」さんの「無礼者 OF THE SUN」
伝説のお茶でひと儲けを考える「源子さん」
山奥で現地の国軍に追われてしまった彼女は、逃げるうちに潜伏していた帝国軍人に出会ったのでした。
祖国がこんなハレンチで恥知らずな娘ばかりの国に成り下がって~
そんな事を言っていました。
私も謝っておきます、ごめんなさい。
「源子さん」はなぜか半裸で、ランチャーなどを持つ現地軍人さん相手に日本刀で闘っていました。
細かい事は気にしちゃダメか。
やはり帝国軍人さんがイイ味を見せており、
遊郭で只の一度致して以来幾星…
という台詞ありましたが、実際にそうだろうなぁ。
コメディー調に描かれてましたが、ちょっと真剣になっちゃいますね。

「high teen 未亡人」は未亡人学生「月極みしを」さん。
ちょっとした偶然から、「みしをさん」と出会った「太蒸(たいむす)」くん。
彼女には、夫となった3名が次々に亡くなっている、付き合った上級生全員が腰を抜かされて病院送りになっているなど、色々な噂話があったのです。
えっちでの3コマ連続のリアクションが良いコメディー
彼女呑気な感じでしたが、実際にそんなもんでしょうね。

月極みしを、ノイ・ヴァンダービルト
※左:月極みしを、右:ノイ・ヴァンダービルト
 この「ノイさん」のお話は面白かったです。

ほか、ノーパンなウェイトレスさんの「タンベ カプチーノ」
”えっちさせてくれる”という噂を聞いた「吉田亨」くんが主人公でしたが、お話のメインはウェイトレスさんの込み入った事情。
身を呈して危機回避した、後半の「亨くん」はなかなか格好良いです。
ただ、他にも張り込みしている人間居そうですが。
8ページのショート「ハイスクールアンダーワールド」
眼鏡えっちなんですが…ごめんなさい、イマイチよく分かんないので省略します。
「COLD ACTION」は近未来のバトルもの。
反乱した人工知能は次々に殺戮ロボットを送り出すという末期的な世界。
それに対抗する、アンドロイドの女の子「ノイ・ヴァンダービルト」さんのお話なんですが…短編であるわりに、なかなか密度の濃いものでした
見応えあります。
とある理由で、くしゃみする「ノイさん」が可愛いです。

太線のすっきり絵柄。
濃淡は適度なくらいで、そう見辛さはありません。
ざっくりに見えますが、結構細かく描き込まれてもいます。
丸く大きな胸と、くびれある腰が特徴のヒロイン絵柄。
動きなどもデフォルメは強め
また、どちらかというと、男性陣のが個性強いように思いました。
うわわーって流れるようなえっちシーンも独特な感じ
シリアスよりもやはりコメディーのが巧いですね。
だいたいは↓表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 個性強いので人を選ぶと思いますが、こんなん好きです。
・話4: もうちょっと統一感はほしいものの、面白い短編群でした。
・独4: どこか淡々とした雰囲気ある、独特な単行本です。
合計:[12/15]

えっち部分よりも前後のお話部分ですね。
いかにも「清水清」センセらしくまとまっていました。

ミルクタンク症候群


ミルクタンク症候群 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■制服エロチカ (春風大樹)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、登場人物設定&裏設定、
     カバー裏に別絵・ENDINGおまけマンガ(4コマ)
・その他: 初単行本、11話収録、現在1巻まで発売中(※たぶん)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「春風大樹(はるかぜ・だいき)」センセの「制服エロチカ」です。

漫画好きな皆さん、暑い中での書店回りお疲れ様です。
週末の店頭は、どことなくお盆・夏休みムード。
嵐の前の静けさ~という感じで、(個人的に)落ち着いてる感覚でした。
ぐるり回りましたが、自分でも驚くほど冊数は伸びませんでしたよ。
今月のラッシュは来月末ですかねー。
注目は、「Noise」センセほか「茜新社」さんからの3冊。
あかざわRED」センセの単行本もそろそろかな。
一般でも、「華房乙女さん」が刺さった「唐傘の才媛/緋鍵龍彦」、「暴れん坊少納言/かかし朝浩」、「我が家のお稲荷さま。/松風水蓮」…など、続きが気になるものばかり。
ずっしりですね。
多少でも時期をずらしてくれれば、特に重量的には楽なんですが…。

いい娘がいいの? (TENMAコミックス LO)いい娘がいいの? (TENMAコミックス LO)
(2010/08/27)
鶴山 ミト

商品詳細を見る



さて、本日は「春風大樹」センセの「制服エロチカ」です。
こちらが初単行本だそうです。
なお、先ほどHPを見て来ましたが、センセはBL系も描かれる様子でしたよ。
(※ちなみに、結構クドい感じでびっくり。うわぁ)

制服エロチカ・ヒロインズ
※制服エロチカ・ヒロインズ
 並んだイイ絵がなかったので、扉絵(2話)から。

収録されている11話は、全て同じ世界観
↓表紙などを飾っている仲良し3名を中心とした、学園ラブコメになっていました。
各話の繋がりはさして強くなく、同キャラが顔を見せるオムニバス調。
いちおう漫画世界の時間は流れているものの、特に中心になるような基本ストーリー・目的はありません
単行本に収録された最終話も、特にそうした雰囲気はありませんでした。
なお、「春風大樹」センセのHPによると、どうやら彼女らのお話はまだ続いて描かれている様子
そんな訳で、基本情報(↑)には”現在1巻まで発売中”としてみました。
次巻は同じタイトルにならないかもしれませんが、いちおうそんな感じです。

既に1話の段階からお相手が決まっており、カップルは固定。
タイトル「~コンプレックス」というそのまま何らかの要素が設定され、それに対応するようなヒロインらがメインとして登場していました。
4話とか、複数になるのかなーって雰囲気な話もありましたが、入り乱れたりはしません。
そう言った面では、かなり真っ当ですね。
基本の3名ほか、新キャラが加入することによって、じわじわと漫画世界が広がっています。
成年漫画なんですが、日常シーンにもしっかりページが割かれている印象でした。
”えっち要素もある”、学園ラブコメですね。
それでは、軽く各話を順に追っていきます。

1話「Aカップコンプレックス」は、メイン3人娘の1人「月森メイ」ちゃん。
ツインテールな彼女ですね。
最も小さく、貧乳・縞パンなど、キーワード多い彼女と彼氏の「速川修司」くん。
お約束で、”揉んで大きくしてみよう”というネタです。
いままで頑なに胸を触らせてくれなかった~
とか、感動していた「修司くん」
ここに至ってもアイマスクなどを着けさせていましたが…小さいのはまた違った風情があるので、もっと堂々と、誇りを持っていただければ(笑)
か…勘違いしないでよね
そんな、ツンデレのお約束台詞も頂きました。
色々させたくなるような、可愛さです。

月森メイ、日向アキ
※左:月森メイ、右:日向アキ
 シマでまとめてみました。中央がお姉ちゃん。

2話目「イケメンコンプレックス」はメイン3人娘の1人「日向アキ」さんと「宮原悠一」くん。
タイトルそのまま、ネタとしては”読者モデル”という「悠一くん」です。
モテる彼氏にやきもきするというお話ですね。
女生徒らの陰口を一撃で黙らせる「山岡さゆり」さんが実に素敵でした
(※ひでるさんの興味は、そのコマから「さゆりさん」一直線)
×印の髪止めが特徴の「アキさん」
3名で並ぶ際は「メイちゃん」と中心を争ってます。
11話にて”比較的ノーマル”と称されていました(カップルまるごと)が、強い個性のある他ヒロインに比べると特徴は弱く、地味かなぁ
なお、ここでは屋上えっちになってます。

3話「カタブツコンプレックス」はひでるさんのお気に入り「さゆりさん」
今回収録で最も刺さったのが、こちらのエピソードです
”お務めから帰ってくる婚約者”という、年齢差大きい「東城隆生」が彼女のお相手。
強面なおっちゃんで、お務めというのは…そう、そんなん。
彼女も「お嬢」とか呼ばれていました。
色々な要素がため、相応しくないと考える彼に対し、ラブラブな「さゆりさん」がキュート
私…他の方と一緒になるなんて嫌ですからね
そんなことを言っていました。
ここでは一緒にお風呂へ入ったりするんですが、困惑する彼を黙らせています。
2話で女生徒を圧倒していたのも納得(笑)

4話「シスターコンプレックス」は「アキさん」の姉「まつり」さん登場回。
(※本編では「ナツキ」と呼ばれていましたが…どっち?)
彼女の運転で、「アキさん」・「メイちゃん」らカップルと5名で海へ行くお話です。
ここでのメインは縞ビキニを着た「アキさん」たち。
「修司くん」の策略によって、スクール水着になっていた「メイちゃん」らを見たかったなぁ。

新キャラ、眼鏡な「君島みゆき」さんの登場する5話「ムラムラコンプレックス」
容姿そのままな優等生なので、一匹狼っぽい「伊藤謙」がお相手というのはセオリー。
2人でいると、意外なほどにコメディーちっくな「みゆきさん」がいい感じ。
切っ掛けがどんなんか見てみたいですね。
6話「としうえコンプレックス」も、新キャラ・後輩「皆本まゆ」ちゃんの登場話。
お下げのはっちゃけヒロインですね。
彼女も貧乳でしたが、「アキさん」と違って犬ちっく。
ちと騒がしく、彼氏「君島宗也」くんの大らかさが伺えます。

山岡さゆり
※山岡さゆり
 穏やかそうなキャラが、実はおっかないというのはお約束でしょう。

7話「♂♀入れ替えコンプレックス」は「アキさん」の早くも3度目。
やっぱりメインは彼女なのかな。
学園祭風景で、メイン3人娘の執事・メイドコスプレほか、「みゆきさん」・「まゆちゃん」らも顔を見せており、賑やか。
それぞれのお相手男子らのメイドコスプレも見られます。
「アキさん」・「悠一くん」のあべこべな服装でのえっちをお楽しみ下さい。

8話「ランジェリーコンプレックス」は「メイちゃん」
お詫びにえっちな下着を着用するという流れなんですが…うん、あれは「修司くん」の言うとおり。
キャラ的なこともありますが、ああしたガッツリな下着は案外男性喜ばないと思いますよ。
9話「真性お嬢さまコンプレックス」は新キャラ「華岡ゆみ」さん。
「さゆりさん」のことをライバル視する、お嬢様キャラでした。
冒頭にて、その悪意に気付いたような「さゆりさん」がスゴイ。
この漫画世界では、彼女最強ではないかなぁ。
ああした性格なのに、自ら身体を張る「ゆみさん」はちょっと意外。

10話「通飲→悪酔いコンプレックス」はようやく「さゆりさん」のメイン2回目。
酔っ払った「さゆりさん」が可愛いです
だいぶはっちゃけてましたが、あれは普段抑えてる本心でしょうねー。
布団をふっ飛ばしたSD絵が良いです。
つまらなくないですか…
とか言ってましたが、いやいや実に面白いですよ。(そういう意味ではないけどね)
収録ではラストの12話「Hテクニックコンプレックス」はまたまた「アキさん」
「まゆちゃん」の依頼でえっちを見せるというお話でした。
あ、彼氏「悠一くん」は提供していないものの、「まゆちゃん」も後半に参加しており、ちょっと入り乱れてるか。

柔らかな線のすっきり絵柄。
細かいコマ割りながら丁寧でごっちゃり感もあまりなく、見易いです。
描き込みそこそこという風情でした。
大きな乱れ・崩れはないものの、コメディー調でキャラも頭身低めなこと多く、SDちっく。
ラブコメというジャンルはぴったりですね
一般漫画っぽい雰囲気があり、多少の癖はあるものの万人向け。
初単行本ながら安定もしていました。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 可愛くまとまって良いと思います。後は好みの問題かな。
・話4: 同一世界での楽しいラブコメえっちが展開されます。
・独3: 個人的にはもうワンパンチほしい感覚です。
合計:[11/15]

気軽に楽しめるタイプの漫画でした。
皆出来上がったカップルであったのが、ちと勿体ない気がします。

制服エロチカ (ウォー!コミックス)制服エロチカ (ウォー!コミックス)
(2010/08/21)
春風 大樹

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ コスプレ ツインテール スクール水着

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。