FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■桃色団地の日情 (はらざきたくま)

★まんがデーター [**/15]
・絵   :
・話   :  ※見送り
・独創性:
・属性 : 団地・パンスト
・おまけ: あとがき、描き下ろしおまけまんが[未完成]
・その他: 短編×9(うち「桃色団地シリーズ」×7)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「桃色団地の日情」です。

いきなりですが、ごめんなさい。
今回の単行本で1つどうしても納得できない部分があるので、そちらから。
正直に感想を書かせて頂きますので、そんなん得意でない人はここでご遠慮下さい。

人妻「亜季さん」・巫女さん
※左:人妻「亜季さん」、右:巫女さん
 巫女さんも登場する漫画です。



単行本の構成は中編のシリーズと短編。
このシリーズ、一見すると短編のような風情なんですが、同一団地内で実は各話の所々が繋がっているというもの。
てっちゃん」センセの漫画みたいなの。
これは、ひでるさん大好物なパターンで、非常に良いんですね。
ああ、面白いわー。
とか、わくわく読み進めていったら巻末

メインシリーズに関連する、「桃色団地の性春」というおまけ漫画が描き下ろしで収録されているんです。
6ページほど。
これが、未完成なままなのです。

なんだこれ。

雑誌とかでなく、単行本ですよね。
こんな中途半端なのを普通に掲載するというのは、お金を出して買った人間に対して失礼
いかに描き下ろしとはいえ。
プロフェッショナルではないですね。
まぁ、そこまで大げさなモノでなくとも、仕事には”最低限のレベル”というものがどちらにもあると思うのです。
はっきり言って、この漫画はそれ以下
酷い

どうにも止むを得ない事情というのはあるでしょう。
ただ、あとがきでの説明は「作業のおくれ」ということで、また扉絵には”お蔵出し没ネーム”なんて書いてありました。
言い訳されているみたい。
間に合わないのであれば、発売を延期するか、あるいは収録しない方がマシ
もくじにタイトル出ていないんだし。
あとがきで謝られても、後だしジャンケンみたいなもの。
困りますよ。

「はらざきたくま」センセにも原因あるかもしれませんが、もしかしたら編集さんほか出版社さんの問題かも。
合間に真っ白なページ差し込まれていることありますが、そんなんか、あるいは宣伝ページで良かったのでは。
漫画内の原稿と関連しているため、あのままの掲載を強行したんでしょうか?
うん、他に手段を取れなかった出版社さん側のが悪いのかな

読者にとって判断は様々あるかと思います。
ひでるさん的には、未完成原稿など見せられても嬉しくありません
(※制作過程を紹介する、完成したものの裏話というなら別ですが…)
あれはスープの入ってないラーメンみたいなものでしょう。

奈々美、睦美
※左:奈々美、右:睦美
 それぞれ登場キャラがとう関係しているのか、お楽しみ下さい。

だらだらと失礼しました。
そちら以外は、まったく問題ありません。

当然ながら、絵柄はいつもの「はらざきたくま」センセで、繊細・丁寧なもの。
収録のうち「女子アナ異常アリ!?」はちょっと時期古めなんですが、さして違和感なく見れると思います。
交互に比較しないと分かんないレベルね。
より綺麗になっていることに気付くでしょう。
ちなみに、そちらは若手・ベテランの女子アナ話で、何にせよ”体を張って頑張る”というもの。
もうひとつの短編「妄想事変」はサラリーマン憧れな話。
まさに現代ファンタジーみたいな世界で、ちょっとやってみたくなる(笑)ような展開。
ちゃんとしっぺ返しがあるのもいいですね。
彼にもうちょっと駆け引きの才があれば、また違った結果になったかも。

収録でのメイン「桃色団地シリーズ」は全7話。
最後の「桃色団地に屋上!?」はオマケみたいな風情ですね。
同じ団地内でのアレコレで、ヒロインは3名。
バラバラなお話があちこちで関連していく流れになっています。
並べ直してネタバレちゃうので、新鮮に読みたい方は注意して下さい。



2話目「桃色団地の秘密」は、玄関を開けたら、ちょうど女の子とはち合わせるパターン。
それを切っ掛けとして、ショートカットな女の子「高坂奈々美」さんは漫画家さんの部屋に入り浸るようになるのです。
漫画じゃないんだから…
とか言ってましたが、その通り。
当然、知ってのことですわね。
ただ、ああいった場面を覗き見るというのは、逆に良いかもしれません(笑)
(※あのチェーションだと犯罪ではない…と思う。わかんないけど)

その電話の内容から、前半部分と繋がっている3話目「桃色団地の愛欲」は、電話の相手・担当編集者の「高坂睦美」さん。
そのえっち相手が、1話でのヒロイン人妻「市瀬亜季さん」の旦那なのでした。
メインの「睦美さん」は、アップにした髪と眼鏡の凛々しい方。
どーでもいいですが、仕事電話のむこうでエロい事しないように。
同時・交互に2人を相手にしており…ちと羨ましいですね。
また、こちらの後半~ラストまでは、まるまる1話目と同時になっているのでした。

そんなこんなで、1話目「桃色団地の誘惑」は団地モノのセオリーそのまま、洗濯物を拾う切っ掛けです。
あれは…わざとか。
黒い下着で、本人が上から覗いているというのは憧れなシチュエーションですね。
意味もなく団地をブラつきたくなります(←やりませんが)
人妻「亜季さん」と、大学生「二川」くんのカップルです。
部屋へ招かれた彼。
旦那は不在でなく、”寝ちゃってる”というのは大きなポイント。
いつ起きてくるかもしれません。
ドキドキです。
好き嫌いある!?
とかなんとか、本来であれば食事してから~というものが、いきなりえっちに突入しておりました。
黒下着・パンストの絵をじっくり見たかったなぁ。

何故か知ってる「奈々美さん」
※何故か知ってる「奈々美さん」
 その理由は…

4話「桃色団地の情操」は、部屋から出た「睦美さん」、「奈々美さん」の鉢合わせしていた3話オチ部分からの直結。
なんと、この2人姉妹でした。
また、同一時間であった1話の直後で、「亜季さん」は「二川くん」の部屋を訪ねており…これがまたまたえっちに発展するのです。
前回は慌ただしく終わっていましたからね。
後半のアレは、さぞ肝を冷やしたでしょう。
大丈夫だから…
と言ってくれたからいいものの。
なお、こちらのオチ部分と、2話目オチ部分が同一時間になってます。

5話「桃色団地の相関」は「睦美さん」・「奈々美さん」の姉妹と漫画家さん。
優等生だから~というのは、分かるような、そうでないような…。
ただ、「睦美さん」はあーしたMちっくなものが良く似合うと思います。
途中から「奈々美さん」も参加し、複数えっちでした。
迫力があって良いですね。
6話「桃色団地のひとびと」はそちらと逆に、人妻「亜季さん」と男性2人の複数。
こちらの前半が、4話の後半からそのまま繋がっているのです。
「亜季さん」の旦那の正体もこちらのオチ部分で判明(←まぁ、そこまで大げさなものではないけれど)
なにゆえ「睦美さん」が彼と関係していたのか、ぼんやり分かると思います。

イマイチよく分からないのが、「桃色団地に屋上!?」
こちらは屋上に何故か存在した神社・巫女さんとのえっちで、5、6話のオチ部分で引っ越してきた「八千草」さんの旦那。
あの巫女さんは…漫画家さんの部屋から出てきたっぽく、また後半での台詞から「奈々美さん」のような気もするんですが、どうなんでしょう。
オチでは彼の奥様が巫女姿で登場していたんですが、こちらもいまいち不明。
6話にて、漫画家さんとはち合わせて驚く描写があり、なんらかの関わりあるようでしたが。

【 おまけ:桃色団地シリーズ時間軸まとめ 】

1話 冒頭→ 中盤~オチ ←直後
2話 冒頭→                    オチ
3話 冒頭→ 後半~後半 オチ
4話               冒頭→ 後半  オチ 
5話                          冒頭→ オチ
6話                     冒頭→      オチ
7話                               冒頭→


…以上です。
変則的な形で失礼しました
また、データでの評価点についても、今回は見送ることとしました。
通常漫画だけ、描き下ろしも加味して、という2パターンのどちらかにしようかと思いましたが、前者だと単行本全体ではなくなってしまい、後者では個人的な感情が大きく作用してしまいそうなので。
先に述べたそのまま、お話・絵柄ともよくまとまったものでした。
それだけに、がっかり感も大きかったと思います。

桃色団地の日情 (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)桃色団地の日情 (バンブー・コミックス NAMAIKI SELECT)
(2010/06/26)
はらざきたくま

商品詳細を見る



★はらざきたくまセンセの漫画紹介記事  [全て一般系]
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : サラリーマン ファンタジー ショートカット

■プラトニック50/50 (宮社惣恭)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、イラストページ、
      作品解説「短くあの頃をふり返るコーナー」、
      カバー裏にヒロイン集合漫画。
・その他: 初単行本、短編×11(うち「月下痴女妄妹記」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮社惣恭(みやしろ・そうすけ)」センセの「プラトニック50/50」です。

たしか、似た感じの絵を描かれる方がいたと思うんですが…忘れました。
戻れば分かるんですけどねー。
まだざっくりとした感じですが、味のある良い絵だと思います。

初単行本は「プラトニック50/50」です。
1本の連続話ほかは短編集という構成。
強めなラブコメ話ですね。
「宮社惣恭」センセ自身もあとがきで言っていたように、皆ラブラブではあるものの…ちょっとズレたところが魅力
甘さというより、濃さですね。
強いヒロインの個性をお楽しみ下さい。

依月さん、仄火さん
※左:依月さん、右:仄火さん
 こちらの「仄火さん」がお気に入りです。八重歯がいいよね。

「月下痴女妄妹記」、「俺の妹がこんなバカなわけがない…?~月下痴女妄妹記2~」は収録で唯一の連続話。
ツインテールな従妹「依月(いつき)」さんは↓表紙を飾っており、「宮社惣恭」センセ曰く”変態組”の1人なのです。
「真人」くんを”お兄ちゃん”と慕う「依月さん」
よく彼の部屋へこっそり侵入し、独りえっちをするのを日課としていたんですが…ある日、ばっちり見つかってしまったのでした。

まぁ、実妹じゃないからいいか。
どういう関係・環境で育ったのか、2人はお互い感情をぶつけられる程の仲良し。
確かにえっちに傾いてる「依月さん」は変ですが(笑)、いきなりあーさせる「真人くん」もどうかなぁ。
かなりあっさりとシテしてました。
いちおう初めてだったようですが。
オチの「依月さん」が可愛いですね。
あとがきによると、2話目までには1年もの間があるそうです。
バランス優れ、より丸っこくなっており、↓表紙に近いキュートさになってました。
紹介帯に書かれていた、
変態という名の淑女なんだよ!!
というのは「依月さん」の台詞。
名言ですね。(たぶん)
詳細は伏せますが相変わらずな行動を見せており、ちょっとおバカな所が彼女の魅力でしょう。
「真人くん」とのアレコレは、恋人同士のイチャイチャみたい。
単にあーしたプレイですよねー、お熱いことで。
ちなみに1話目では縞のニーソックスでしたが、こちらでは縞パンを着用してます。

↓表紙を飾る”変態組”のもう1人、「仄火(ほのか)」さん登場の短編「犬、はじめました。」
「仄火さん」は「聖」くんの幼馴染み。
いいじゃない。犬だよ?奴隷だよ?聖のものなんだから好きにしていいんだよ!?
小さい頃の彼の告白をストレートに受けた彼女は終始そんな感じで、忠犬な風情でした。
愛情表現も場所を選ばず、べったりくっついているのです。

これはまたラブラブですねー。
犬に例えられていた、八重歯の可愛い「仄火さん」
犬ちっくに、髪の毛をぴこぴこさせていましたが、確かに行動もやったら動物的ですね。
ぜひ続編には「聖くん」を狙うライバルキャラを登場させてほしいところ。
たぶん、「仄火さん」は全力をもって阻止しようとするでしょう。
女同士で揉めてほしいなー(笑)

百瀬さん
※百瀬さん
 非常に独特なヒロインでしょう。もうちょっと可愛くは描かれてますが。

タイトルそのまま、「ヒキコモリワーキング」は部屋に閉じ籠もっている「百瀬」さん。
うーん、これは珍しいヒロインですねー。
特に冒頭の布団かぶった姿は、”実際にあり得そうなくらいの極端さ”で見事。
色気ないジャージの上下にぼっさり伸びた髪、心なしかスタイルはむちむちとしてました。
「愁」くんは面倒見良く、彼女に仕事を提供しているほか、えっちの相手までしているのです。
彼女の母親公認(だと思う)のようなので、そのまま貰っちゃえば?
たぶんそれを期待されてると思うよ。

PN「美土泉」こと「唯」さんはファンタジー系の小説家。
何の因果か、そんな彼女に舞い込んだ仕事は官能小説でした。
彼女にファミレスまで呼び出された幼馴染みの「悠里」くんは、
脱げ、襲え
いきなりそんな事を言われてしまったのでした。
そんなんが短編「モノヅクリノススメ」
これは小説でしたが、実際に漫画とかでもそーまでジャンルの違う仕事って入るものなのかなぁ。
先の「百瀬さん」と似て、こちらの「唯さん」は眼鏡で色気のない格好。
ポニーテールにしてるのも、切るのが面倒だからではないかなぁ。
しかも、どうやらノーブラだったようです。
そこそこのサイズだと言うのに。
オチ部分の行動はそれっぽくて良いですね。
できれば、さらに感想とかメモ取ってほしかったですが。
ちなみに、「そして姉は考えるのをやめた」のヒロイン「風音(かざね)」さんも四角眼鏡な女性。
そちらの直後に位置し、雰囲気も似ていたので、一瞬連続話かと思いました。
義弟「尋」くんとのえっち話ですね。
ラブラブではあるんですが…やや倒錯してるっぽいところが素敵。
笑ってる部分はちと恐いですよ。

「ジェットコースター・サマーエンド」は姉「水月(みづき)」、妹「水灯(みづひ)」というタイプの異なるWヒロインな漫画。
プールへ遊びに行く展開で、「水灯さん」がスクール水着というのは完全に狙っているとして…「水月さん」の性格から、ビキニをチョイスした彼女もそうした感情なのかな。
えっちに流される部分があっさり過ぎたのが残念。
「パニックシスターズ!」もWヒロイン。
妹「深冬」と付き合う「昴」
しかし、彼女の姉「冬湖」からの猛アタックがためか、そちらとも関係をしていたのでした。
言いやすいのか、「冬湖さん」が責められてましたけど…「昴くん」でしょ。
ここで修羅場にならず、複数えっちに発展するというのはいかにも成年漫画でした。

妹「水灯」・姉「水月」、マーガレッタ・葎乃さん
※左:妹「水灯」・姉「水月」、右:マーガレッタ・葎乃さん
 こちらのお嬢さま「葎乃さん」も良かったです。また登場しないかなぁ。

ほか、「はずかしがりやの人たち」は珍しいオフィス話。
ヒロイン「絃鳥(いとり)」さんのスーツ姿がいいですね。
「past since present」は教師「黒峰」と研修生「春日澪」
学校でのアレは確かに問題ですが、高校時代からずっとというのは凄い。
もう観念しなさいな。
なにげに、この漫画以前の彼女が見たいですねー。色々やってそう。
「ちいさくて一途なお嬢様」はご令嬢「マーガレッタ・葎乃(りつの)」さんのお話。
容姿の割りには大人っぽい言動で、
主導権は私にあるんだから
とかなんとか、それっぽいところが素敵。
「公弥(こうや)」くんの部屋へ押し掛けるパターンで、この話は結構好きなネタ。
続きとか見たいですね。

やや強めな線の絵柄。
濃淡はさほどでもないですが、ページはややごっちゃり気味です。
勢いで押すタイプでしょう。
初単行本で古い原稿の収録もあり、”直視できない”とか「宮社惣恭」センセは書かれていましたが、そう極端ではありません。
新しい原稿については、漫画的な見せ方とかバランスが良くなっていると思います。なんとなく。
猫みたいな目、尖った顎が特徴のキャラ絵。
全体として鋭角的な感覚です。
非常に味がある反面、人を選ぶこともあるでしょう。
カラーはちと雰囲気が異なるので、うまく脳内で線画に変換して下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: まだちらほら気になる部分があります。今後に期待。
・話3: 楽しく読めました。キャラに助けられているかなぁ。
・独4: 単にラブラブというだけでなく、おる種の濃さがありました。
合計:[10/15]

魅力的なヒロインが揃っており、漫画を牽引していたと思います。
シリーズでも良さそうですね。

プラトニック50/50 (富士美コミックス)プラトニック50/50 (富士美コミックス)
(2010/06/25)
宮社 惣恭

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ニーソックス ツインテール ポニーテール ファンタジー スクール水着

■Candy boy (峠比呂)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : ラブコメ・百合
・おまけ: あとがき、ゲストページ・4コマ。
・その他: 原作「DRM/2008CP」、折り返しに著者近影、
      12話収録(うち本編×6、モバイル版×4、おまけ×2)、
      現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「峠比呂(とうげ・ひろ)」センセの「Candy boy 1巻」です。

アニメを原作とする作品の漫画版。
もともとはショートフィルムから展開していったものらしく、人気あるのかな。
毎度ながら、原作の知識ないひでるさんです。

そんなこんなで、「Candy boy」です。
描かれている「峠比呂」センセは、以前成年漫画の「リボラバ!」を紹介してます。
実は「ちょっとだけ未来学園にようこそ」も名前買いしていたんですが…まぁ、まあ(笑)

「雪乃」・「奏」
※「雪乃」・「奏」
 だいたいこんな感じの漫画ですが…ちらほらシリアスな描写もあります。

収録は全てそちら。
本編が6話収録されているほか、モバイルで配信されている番外編「Candy boy ~Young girls fall in love!~」も4話ほどありました。
その番外編は本編の進行と噛み合っており、ちらほらした繋がりが楽しいです
予告によると、どうやら2巻にも両エピソードが収録されるみたい。

北海道から進学のために上京した、双子「櫻井雪乃」・「櫻井奏」は高校生。
「奏」は「雪乃」に姉妹以上の感情を持っており、2人は終始べったり。
その「奏」は、後輩「神山咲夜」から猛烈に懐かれていたのでした。
だいたいそんな感じ。

ヒロインらの学生生活な漫画ですね。
部活シーンはあったものの授業風景はほとんどなく、学生寮などのが多めです。
日常漫画ですね。

通っているのは女子高なのかな?
作品内に男性キャラはおらず、ほぼ女性だけの世界になっていました。
そんな訳で、全体百合漫画ちっくな空気が流れています。
ただし、「峠比呂」センセのHPによると…
百合と恋愛という言葉を使ってはいけないという縛りがある
とのこと。
明らかにそっちジャンルだと思うんですが、難儀なことですねー。
なんでなんだろ。
なお、番外編はそのあたりがユルいそうでした。

ラブラブな2人
※ラブラブな2人
 仲良しです。「雪乃さん」のがはっちゃけた感じなのね。

本編「Candy boy」は「奏さん」が主人公。
二段ベットなのにわざわざ一緒に寝ているところがラブいです。
ラブラブでしばしば妄想世界に入ってしまう「奏さん」に対し、「雪乃さん」は天然でやや掴みどころがないため…うまーく振り回されていました。
もともと姉妹なので、ほっといても近しい存在であり、程度にイチャイチャしてます。
見事なさじ加減ですね。
相手が「咲夜さん」であれば手っ取り早いんでしょうけれど。

海水浴へ出掛ける2話目。
なにげにオリジナルなシャツを着ている「咲夜さん」が良い感じ。
浜辺でラブラブな2人を横目に、ぐるぐる巻きにされ、吊るされていました。
これが後の番外編でも影響してます。
生活費などがリアルな3話。
迷ったら買えって言うよ?
そんな台詞に納得。
一期一会ですからねー。
「雪乃さん」がコスプレしてるので、ご期待下さい。
抑え役のようで、結構はっちゃけてますね、彼女。
過去話の4話はなかなか良いお話。
ここで”二段ベットなのに一緒に寝てる”という理由までが描かれています。
結局のところ、どちらもそれぞれに依存しているのかな。
そうした、のろけ話を「雪乃さん」から聞き出している「咲夜さん」
全然かないません
2話でもそうしたシーンがありましたけど、色々ちゃんと理解をしてるんですね。
お金持ちなお嬢さまというわりに、出来た娘さんです。
5話はクリスマス話。
どちらかと言うとコメディーっぽく描かれていた「奏さん」の格好良いところが描かれてます。
お人好しです。
7話では2人の妹「櫻井雫」ちゃんが登場。
帰省前エピソードなんですが、3人揃ってああした感じなのねぇ。
それこそ川の字になって寝てましたよ。
ここでは「咲夜さん」との対決部分が見ものです。

咲夜さん、一茶子さん
※左:咲夜さん、右:一茶子さん・ほか
 双方にまんべんなく登場している「咲夜さん」この娘いいなぁ。

番外編「Candy boy ~Young girls fall in love!~」では後輩「神山咲夜さん」が主役。
彼女の日常・学園生活が基本に描かれており、話題にはなるものの「奏さん」らはほぼ顔を見せていません。
(※「咲夜さん」の部屋はグッズまみれなので、そういう意味で「奏さん」はよく登場してます)
仲良し同級生「眞澄」、「エリ」などのほか、ライバル「御巫一茶子(みかなぎ・いさこ)」らとのお話が展開されていました。
ぶっちゃけ、ひでるさんはこっちのが好き。

キャラを入れ替えた、本編と同じオープニングがいいですね。
フレンチですから!
などと言ってましたよ。
どこが優しいんだか(笑)
親譲りなのか図面が引けるほか、授業中にそんなんやっててもしっかり教師の質問には的確に答えていました。
扱い辛い生徒です。
”めんどくさい”、”うるさい”とか言われている「一茶子さん」とのやり取りが面白いですね。
似た雰囲気がありながら、家庭環境が正反対という面白い方。
こちらも、なかなか良いカップルだと思います。
彼女の真意に気付くことはあるのかなぁ。

こちらのエピソードでは「咲夜さん」が見せる別の顔ほか、第三者である「眞澄さん」らの会話から「雪乃」・「奏」という双子がどう見られているのかが分かるのがいいですね。
これがため、作品世界が広がっていました

丁寧な細線のすっきり絵柄。
濃淡から描き込みまで丁度よいくらいな按配で、爽やか仕上がりです。
テンポ良く、コメディー崩しも違和感なく、サクサクと読み進められると思います。
巧いです。
さきほど原作のアニメ絵を見てきましたが、もうちょっとスリムで大人っぽい印象。
漫画版は当然ながら”「峠比呂」センセの絵”となっており、ややふっくら。
動かし易いようになってるみたい。
絵だけだと、「咲夜さん」はかなり雰囲気違って見えましたが。
彼女に関しては、原作のがよりコメディーっぽいのね。
そう人を選ぶ絵柄でないので概ね問題ないと思いますが、だいたい↓表紙などの判断でいいでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: あちこち巧いです。綺麗にまとまってました。
・話5: 前述しましたが、本編・番外編の同時進行が非常に良かったです。
・独5: 非常に微妙なラインの設定を見事に処理されていたと思います。
合計:[15/15]

なお、紹介帯から接続するアンケートに応えると、携帯壁紙がもらえるプレゼントがあります。
試しにやってみましたが…やや手続きが面倒なうえ、イラストは表紙と同じもの。
しかも、何よりも問題なのは、余計な枠があって全身が見られないのです。
雑誌タイトルのロゴは分からんでもないですが、邪魔な筆頭格。
これでは壁紙にしようとは思いませんよぅ。


Candy boy 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)Candy boy 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2010/06/23)
峠 比呂

商品詳細を見る



※原作はこんなん。
Candy boy DVD vol.1Candy boy DVD vol.1
(2008/12/10)
生天目仁美柚木涼香

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー 百合漫画 コスプレ

■えろかわびっっっち (らっこ)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・コメディー
・おまけ: あとがき・作品解説、
      あとがきまんが「あっという間に2010!?」、
      描き下ろし4コマ「ちょっとだけ えろかわびっっっち」
・その他: カラー(12P)、短編×9
      (うち「~回目のデート」×2、「USO800」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「らっこ」センセの「えろかわびっっっち」です。

色々と発売されていた今週末。
ひでるさんのメインターゲットは、昨日の「澤野明」センセとこちらの「らっこ」センセでした。
どちらも甲乙つけがたい良さがあると思います。

今回の「えろかわびっっっち」で6冊目。
過去に「チェリー・ボム」などをを紹介してます。
ほか、ブログでも取り上げている4冊目「プラちな+」、5冊目「ブラックナース摩耶(一般)」などの連載は、はっちゃけたコメディー系。
それがためか、あとがきによると…
今回はちょっとそういうの自重する事にしてみました
と書かれていました。
わははー。
それでも、やっぱりブッ飛んではいるんですけどね。
相変わらずのコメディー調ではあったものの、全体的に適度なくらいのネタ(※先の2つと比べると)で、非常に良かったです。

山際えりん、姉「このはさん」
※左:山際えりん、右:姉「このはさん」
 いつの間にか着替えさせられているんですが…なかなか凝ってます。

収録「10000回目のデート」、「10001回目のデート」は連続話で、今回単行本の主役級エピソードです。
↓表紙を飾っているのは、ヒロインの「山際えりん」さん。
「らっこ」センセが”実はまだ描きたい”と書かれていた、お気に入りキャラ。
あとがきでのイラストも彼女でしたよー。

”このままだと処女のままババアになっちゃうじゃない!!”
という、女子大生「えりんさん」
幼馴染みの「田口光太郎」くんとはいちおう8年以上も付き合っているんですが…えっちの気配すらなかったのです。
猛烈にアピールする「えりんさん」に対し、薄いリアクションな彼。
そんな訳で、どうにか初えっちを果たすべく、様々な仕掛けをほどこした部屋へと案内したのです。

欲求不満な「えりんさん」が楽しい、コメディー漫画。
いちおうラブラブと思いますが…お互い性的な趣味はちとズレてる感じね。
今後が心配です。

「10000回目のデート」の冒頭では、エロ水着な「えりんさん」
それを軽くスルーされたほか、胸をモロ出しにしても無反応なのでした。
手強い相手ですねー。
成年漫画の男性キャラなのに(笑)
そんな訳で、えっちっぽいアイテムをあちこちに配した部屋へと案内するのでした。
あれは、”なんちゃらを探せ”みたいに、自分で探せるクイズ形式ならば楽しかったかも。
こけし、たてぶえが最高です。
なるほど。
お話は、熱を計る際のキス(←実はちょっと唇触れたくらい)で、「えりんさん」が気を失ってから。
目覚めた彼女は、自らがツインテールスクール水着ニーソックスという姿になっていることに気付くのです。
その年齢不相応なのがいい!
とか「光太郎くん」言ってました。
そっちか!
あー、でもわかる・わかる。
オチでの「えりんさん」はキュートでしたよ。
なお、もともと前半に位置していたカラーページが後半に収録されているんですが、ややバランス悪くなってしまった印象です。
彼の趣味がいきなり分からないようにするためなのかな。

2話目「10001回目のデート」はカラー原稿から。
なんと、そちらでのアレコレは嘘日記なのでした。
ああ、なかなか悲しいブログですねー。(←しかも、後の4コマでは炎上してたりする)
こちらでは、「光太郎くん」がメイド服をプレゼントするんですが…
大丈夫、大事な部分以外は見えてないよー?
そうした、過激なカットのあるメイド服だったのです。
そのまま外へデートするという、露出ネタになってます。
中盤のアレは、どこからあーなんだろう。
外へ出てから2ページ目の、「どこを見られてるの…」あたりかな。
こちらもラストページでの会話が面白いです。
ただこう見ると、「光太郎くん」がまったく手を出さなかったという8年間が気になりますよ。

妹「イツキ」、姉「マコト」
※左:妹「イツキ」、右:姉「マコト」
 普通にしてれば「マコトさん」は美人家庭教師なのに…。

同じく2話が収録された「イツキUSO800」、「マコトUSO800」なんですが…それぞれが同時期での雑誌掲載であった(※メガストアとホットミルク)らしく、
ザッピングなんかやってみました
との事でした。
雑誌でどちらも見た方は、おおっ!って、思っただろうなぁ。
実は2人とも処女というヒロイン、姉「マコト」、妹「イツキ」のえっち自慢対決みたいな風情。
馬鹿馬鹿しい姉妹の会話が良かったです
食事時で、しかも弟「ユウ」くんもいると言うのに…。

前者は「イツキさん」をメインにしたエピソードで、追い詰められて手近なモノにお手付きするパターン。
そう、「ユウくん」との近親なんですね。
前半は水着で風呂場へ侵入し、後半は練習とか言いながら、結局最後までシテしまうのでした。
後者は眼鏡な「マコトさん」
家庭教師をやっており、そちらの生徒「直太」くんをターゲットにしています。
自らの教え子ではあるものの、血縁でないだけまぁ良いかも。
家庭教師とのえっちは王道ネタですからね。
彼女はっちゃけてはいたものの、「直太くん」にとっては実に良い展開。
あのスタイルは目の毒だったでしょう。
ちゃんとスケジュールを立てているあたりは、「マコトさん」の性格が出ていたと思います。

お口ネタなお話「13cm自由形」
こちらの「とりの」さんが、裏表紙のヒロインです。
透ける白レオタードがいいですね。
本編でもああしたシーンがちゃんとあります。
スゴイ迫力でしたよ
彼女はいちおうマネージャーですが、あとがきにあったように若干筋肉質なところがポイントでしょう。
四六時中あんなんだったのに、これが初えっちというのは意外でした。
緊張すると元気になるという特異体質な「早瀬」くんは…別の仕事のが良さそう。

清楚で美しく、スタイルから性格まで良いという学園のアイドル、「宮森まどか」さんの「ちょっとだけ・ド・HENTAI!」
現在フリーという彼女に告白した、後輩「三原和馬」くん。
あっさり承諾されたものの…
ヘンタイなんです…私…
そう言った彼女は、ちょっとでは済まない倒錯っぷりだったのです。

宮森まどか
※宮森まどか
 この服の下がどんなんか、ぜひ単行本でご確認ください。

うるうるして、我を通してしまう「まどかさん」
確かに常識がズレてはいるものの、あれ多少分かってやっているのではないかなぁ。
収録のヒロインでは、「えりんさん」よりも面白い喋りをしています。
制服の下が凄い事になってました。
付き合い始めてから5分以内に捨てられてしまう~
とか言っていたのは、伊達でありません。
相当な傾きだったので、ちと「和馬くん」には荷が勝ち過ぎる相手だと思いますよー。
特にオチはそんな感じ。

ほか、「BrokenWidow 美奈美さん」は人妻モノ。
欲求不満な母「美奈美」さんが、娘「芽衣」さんの彼氏である「耀(よう)」くんをちょっと拝借するという展開です。
「芽衣さん」を外出させて入れ替わるんですが…気付かない「耀くん」
あ、アホだ。
胸のサイズだって全然違うでしょー。
(※爆乳な「美奈美さん」に対し、「芽衣さん」はやったらな貧乳でした)
こちらは、巻末収録の4コマにあった母娘の会話がまた楽しいです。
”友達みたいな親子”という単語は仲良しなイメージありますが、この2人にも当てはまりますかね。
今後も「芽衣さん」は苦労しそうです。
褐色肌・日焼け跡なヒロイン「ミオ」ちゃんの「帰ってきたウルトラガール」
冒頭のカラー原稿部分は前半の抜き出しですね。
独特ではあったものの、他漫画と比べるとけっこうマトもな部類です。
「BACK TO THE SISTER」は収録で最も古い原稿(08年)
まったく同じでは無論ないですが、もともと巧い方なので何の問題もありません。
こんな姉ちゃんより可愛い妹がほしかったよ、僕は!!
そうした弟「一太」くん(中学生)の言葉を真に受け、今年社会人という姉「このは」さんは…
今日から妹に転職したのです
そんなお話。
「このはさん」が着ているのは、小学校での服装だそうです。
全方向パンチラとか言ってましたが、ぱっつん・ぱっつんでした。
そのまま外へ出てしまうところがまた凄いですよ。

しっかりとした丁寧な線の絵柄。
強い濃淡でこってりな感じなのに加え、複雑なコマ割りで画面いっぱいに描かれるため、かなり濃厚です。
液体描写がまた派手なのに加え、もさもさなアンダーヘアから、ぼてっとした肉厚な局部がそれに輪を掛けていました。
崩し絵もちらほらな、コメディー漫画。
はっちゃけ話を楽しく適切に処理されていました。
あちこちのバランスにも優れています。
巧いですね。
ただ、お話を含めて癖は強いので、人を選ぶと思います。
カラーでも大きな変化なく、↓表紙の判断で問題ありません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: いかにも成年漫画という、えっちさがあります。
・話4: 人を選ぶかなぁ…。短編はセンセに合っていると思います。
・独5: 各ヒロインの暴走っぷりを堪能下さい。
合計:[14/15]

凄かったです
どちらでも見たことないようなお話群でした。

えろかわびっっっち (メガストアコミックスシリーズ No. 268)えろかわびっっっち (メガストアコミックスシリーズ No. 268)
(2010/06/25)
らっこ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール パンチラ スクール水着 アンダーヘア ニーソックス

■妹と付き合う11の方法 (澤野明)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・妹
・おまけ: あとがき、ゲストページ、カバー裏に別絵、
      合間にネタQ&A「妹と付き合う方法を教えて下さい」
・その他: 折り返しにコメント、カラー(2P)、
      短編×10(うち「ほたるレポート」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「澤野明(さわの・あきら)」センセの「妹と付き合う11の方法」です。

さすがにやっぱり↓表紙は巧いですねー。
正面で置かれていると、ばちっとアピールしてくるようです。
なんとなく背景が前巻と似ていたので、
”ひょっとして絵が繋がったりするのでは!?”
…と、思って合わせてみましたが、くっつきませんでした。
そりゃそうか。

さて、そんなこんなで「澤野明」センセ2冊目の単行本です。
「妹と付き合う11の方法」ということで、タイトルそのまま11話が収録されていました。
うち、3話は前巻「兄+妹=LOVE?」に収録されていた「ほたるレポート」の続き漫画です。
ごく簡単ではありましたが、”おさらいタイム”なんてあらすじ書かれており、見ていなくてもなんとかなると思います。
それほどややこしいお話ではないし。

「蛍ちゃん」と「静ちゃん」
※「蛍ちゃん」と「静ちゃん」
 今回は「蛍ちゃん」に余裕がなくなってしまうんですねー。

話題に出たので、おかっぱ頭な妹「蛍」ちゃんの登場する連続話「ほたるレポート」から。
続きとなる3話が収録されており、今回のラスト5話はひと区切りっぽい感じ。

学校の課題で、センスあるレポートの提出を言われていた「長瀬蛍」
そうしたフリーのお題で彼女が選んだのは、”思春期の兄「長瀬猛」を誘惑するとどうなるか”というモノでした。
担任教師「百合」にも支持され、そのアドバイスを受けた「蛍」はスクール水着や巫女服などでアピール。
すっかりえっちな関係になってしまっていたのです。
とりあえず彼女のレポートを抹消するため、「猛」はその部屋に忍び込んだんですが…というのが3話目で、今回の始まり。

いつの間にか、お友達の「静」ちゃんもレポート対象としていた「蛍ちゃん」
この冒頭部分は面白いですねー。
まんまと作戦にひっかかった「猛くん」に対し、
そこが面白いのよ、愚かしくて
とか言ってました。
スルーされる「静ちゃん」がこれまた良いコメディーになってます。
1話目からそうした役回りな彼女でしたが、なんとここでヒロインに大昇格
やっぱりお兄ちゃんは愚かでした(笑)

そんなんが切っ掛けで、4話では2人すっかりカップルになっています。
まだレポートを続けていた「蛍ちゃん」ですが、なんだか引っ掛かる感じ。
ちょっぴりシリアス
淡々とした妹「蛍ちゃん」に弄ばれる兄の図が良質なコメディーであっただけ、この流れは人によって良し悪しだと思います。
ラブラブな「静ちゃん」が可愛いですね。
思わず、だばーって泣いてしまう5話冒頭は良かったです。
イイ娘でした。

↓表紙を飾っているのが、「恋愛哲学乙女式」の”クイーン・オブ・エロス”こと「江ノ島乙女」さん、「うさぎとわんこ」の暴君な妹「ヒメ」さんです。
前者「恋愛哲学乙女式」は、他人のエロス相談を華麗に解決していた「乙女さん」のえっち話。
過激な言動で、学園内では圧倒的に支持されている彼女ですが、実は処女だったのです。
彼女はまた良いキャラですねー。
兄さん以外の男の人とまともに話せないし…
とか言っておりました。
こうして兄とのえっち展開になるんですが、中盤に描かれていた彼の一言が素敵。わはは。
あのオチは期待通りでしょう。
「乙女さん」は、ぜひずっとあの感じでいてほしいです。
やたら重いオープニングの後者「うさぎとわんこ」
”明るさ”をモットーに掲げる「澤野明」センセなので、当然ながら、そちらからガクーと落してきました。
バカ犬!」とか怒っている彼女のが魅力的。
なんのかんの言ってましたが、あれはプレイですよねー。
良いカップルだと思いました。

江ノ島乙女さん、棗さん
※左:江ノ島乙女さん、右:棗さん
 収録ではこの2人がお気に入りです。「棗さん」はえっちよね。

「ひまりと夏の過ごし方」、「ばつゲーム」の2話はどちらもビキニ話。
前者は、妹「ひまり」さんと家庭用ビニールプールで遊ぶ展開。
兄妹というより、もう恋人同士みたいなイチャイチャっぷりです。
(※えっちはこれが初めてのようでしたが)
同じ夏場エピソードである後者は、ちゃんと海まで出向いてました。
カナヅチ克服のため兄と海へ出掛けているんですが、なぜか浜辺に人影なく、2人きりみたいな状態。
穴場なのか、実はシーズンオフなのか、こちらのヒロイン「谷川琴海」さんにとっては絶好のシチュエーションになっています。
そう、彼女はすでにお兄ちゃんラブな状態。
わざわざ溺れたフリしてキスを狙ったり、「なんでも命令できる」というゲームの提案では、思わず鼻血をたらかしていました。
どんな妹だ。
なお、そちらでは気合いとは裏腹に、残念ながら負けてしまう「琴海さん」
あまりな言動に引き気味なお兄ちゃんを、自らえっちへ誘っています。
どっちにしろ同じなんですね(笑)

「妹は猫である」は動物ちっくな「棗(なつめ)」さん。
もそもそ、ごろごろとお兄ちゃんに甘えているんですが、兄「巧」くんから触るのはNGなのでした。
まだえっちとかそんなんに至っていない状態ね。
ここでは勘違いから、もう1歩進んでしまうという展開。
その切っ掛けになっているのが、前巻登場していた「雨野しずく」なのでした。
もしかして、他にもゲスト出演してる方がいるかもしれませんね。
ざーと見たところでは気付きませんでしたけど。
嫉妬した「棗さん」が暴走したかのように噛みついてくるのが可愛いです
たまに見かけますが、ああしたプレイも、”漫画での愛情表現として有効である”と感じました。
ちなみに、「棗さん」はツーサイドアップにしているんですが、ものすごい髪の毛量でしたよ。

谷川琴海さん
※谷川琴海さん
 こうした暴走っぷりが楽しいのです。

ほか、クリスマス短編「ホントノキモチ」はセオリー通りにミニスカサンタです。
しかも「ひじり」さんは、縞パン、縞ニーソックスでした。
故あって寝込みを襲われる流れで、言われていた”変態ツンデレさん”という漫画になってます。
日常描写も面白そうでしたよ。
「強気なふたり」は双子の妹「月夜」さん。
シンクロ的な描写は特になく、学校から家まで一緒という空気みたいな存在で描かれています。
特に冒頭の月夜さん」はそんなんでした。
容姿的に好みなんですが、もうワンパンチほしいかなぁ。
「ハリキリすぎて!」は、はっちゃけ妹の「鈴」ちゃん。
スパッツ着用してます。
実はシリアスな部類に入るエピソードなのでした。
ああしたオチはこの短編だけですね。
また、合間に描かれていたネタQ&A「妹と付き合う方法を教えて下さい」が面白いです。
イケそう(←なにが?)なのは、「大混乱」と「服従」だと思います。

丁寧で強い線の絵柄。
描き込み・濃淡はそこそこという程度ですが、細かいコマ割りではみ出し・ブチ抜きが多くごっちゃり目です。
崩れ・乱れから分かりにくい表現もなく、見辛さはありません。
丸く大きい目とふっくらまんじゅうのような輪郭の可愛いキャラ絵。
雰囲気と違って皆さん迫力ある胸をお持ちでした。
バランスにも優れ、あちこち安定してよくまとまっていたと思います。
特にコメディー崩し・描写は巧いです。
今回も特設ページがあったので、そちらへ繋がる応援バナーを↓下に設置してみました。
購入特典などが分かるので、興味ある方はどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: やや濃い目ではっちゃけてます。もっと巧く描けるかなぁって思うので…。
・話4: 楽しいラブコメ話でした。今回は「乙女さん」ほか短編のが良かったです。
・独4: 妹系でまとまってます。噛む「棗さん」が印象的。
合計:[12/15]

前回5話ほど収録されていた「あさぎの日々」は、次巻でまた登場するようです。
そちらも楽しみですね。
ただ…あまりトビトビでやり過ぎると、”一見さんお断り”みたいになっちゃいそう。
できるならば、まとめた方がいいのでは?

妹と付き合う11の方法 (富士美コミックス)妹と付き合う11の方法 (富士美コミックス)
(2010/06/25)
澤野 明

商品詳細を見る


※今回もセンセのHPに応援バナーがあったので。
「妹と付き合う11の方法」6/25発売です!


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ツーサイドアップ ラブコメ コメディー スクール水着

■マシュマロペット (鮭)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・アイテム
・おまけ: あとがき・作品解説、
      描き下ろし「マシュマロペット」
・その他: カラー(8P)、短編×11(うち「狼のつくりかた」×3、
      「幼なじみ」×5)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鮭(さけ)」センセの「マシュマロペット」です。

最近またどんどん遅くなってきてます。
仕事終わりもそうですが、書くのにも時間かかってますね。
なんか…気が逸れるので。
単に眠いだけかもしれませんが。

さて、本日は成年系の「は~ふ&ハーフ」、コメディーちっくな「サリーによろしく」を紹介しております「鮭」センセです。
最新刊「マシュマロペット」ですね。

こちらは、2本の連続話を中心に、短編を加えた構成。
ふんわりとした可愛いヒロインたちの、過激なえっちシーンが見どころ。
電動なアレコレや首輪などのアイテムほか、縛りに複数という感じ。
いちおう、ぎゃーぎゃー泣き叫ぶようなほどではありません。
ソフトで、愛もあります。たぶん。
詳しい設定などは不明ですが、たぶん描き下ろし漫画が最もノーマルなえっちでしたかね。

ただ、全体的にお話にはあまり力が入っていない印象でした。
プレイのほうに注力してるみたい。
そんな訳で、ひでるさん的にはちと微妙です。

美緒・千鶴
※美緒・千鶴
 比較サンプルです。多くないですが、前半は右のような感じ。

全5話と最もページ数のある「幼なじみ」
もともと小説の挿絵から誕生した漫画である様子です。
”そちらに沿った内容”という1話目は、大人なオモチャ屋での露出・複数えっちでした。
グッズのモデルをさせましょう
そんな訳で、色々なアイテムを試されていました。
購入前提とのことでしたけど、この方法は儲かりそうですねー。

男性の顔がガラリと変わる2話目(※時間を遡ったとのこと)
ここから全員の名前が出ています。
姉「堀北美緒」、妹「堀北千鶴」という姉妹がヒロインで、男性は「翔」くん。
3名はタイトルそのまま、幼馴染みな関係なのかな。
あたしたちは翔ちゃんの奴隷なんだから
そうした台詞があり、前半は緊縛、後半は公園でのえっちです。
基本的に彼女らがベタ惚れでしたが、ちゃんと気遣う描写もありますね。
調教ちっくでしたが、深い信頼関係があるみたい。
3話では、それぞれの周辺が描かれています。
いままでは3名(+まったく関係ない人)という、単純えっちな感じでしたが。
大学に通っていることが判明するほか、「美緒さん」がテニスサークルに所属し、かつなかなかの選手であることが分かります。
(※「千鶴さん」は別のサークルに所属している様子)
前半は電車内、後半はサークルの更衣室となっていました。
更衣室のアレは…迷惑ですね。
濡れワイシャツ・ブルマでのイチャイチャから、とある理由から病室えっちになる4話目。
描き慣れてくるうち、だんだんコメディーっぽさが強くなっています
特にこちらのオチはそんな感じでした。
幅は広がっていましたが、1話と比べるとだいぶ軽くなった印象です。
そこら他人との集団えっちも、いつしかなくなってますね。
最終となる5話目は、冒頭の犬ネタから…犬耳・首輪で夜の散歩というシチュエーション。
当然のように、放尿描写がありました。
足上げるのはオスですけどね(笑)
これまたコメディーなオチになっていました。
全体的に、Wヒロインの即えっちなお話。
アイテムとか緊縛とか偏ったえっち描写のある、いかにも成年漫画という風情です。
悪くはないと思いますが、個人的には刺さりませんでした。
途中からのコメディーちっくな感じも、評価真っ二つになるのでは。

↓表紙を飾っている、眼鏡・みつ編みな「前原ともこ」さんの全3話「狼のつくりかた」
解説によると、”先の「幼なじみ」と似た内容でもう一度描き直してみた”という漫画だそうです。
先のエピソードに比べてお話がちゃんとしている印象で、ひでるさんはコチラのが好き。

「中川俊之」くんと付き合う、主人公の「ともこさん」
彼の兄「中川和章」、同級生「みき」のカップルは奔放で派手なえっちをしており…「ともこさん」もより過激なプレイをしたくなってしまうのでした。

そんな訳で、じわじわえっちになっていく「ともこさん」を描いた漫画です
先行えっち担当な「みきさん」は…兄「和章くん」にあーされたのかな。
なんと、「俊之くん」とも普通にシテおりました。
(※「みきさん」は、後に「悪いと思ったけど」と、言ってますが)
意外に彼も拒まないんですね。
また、その光景は「ともこさん」にばっちり目撃されるんですが、プレイがためか問題には発展しておりませんでした。
彼女も良い反応です(笑)
漫画での「みきさん」は、彼女の目指すべき姿(?)なのかもしれません。

前原ともこ、シズルさん
※左:前原ともこ、右:シズルさん
 ↓下で言ってるのは左です。このコマは大好き。

2話目は放課後の学校が舞台。
野外えっちですね。
後ろからいきなり「ともこさん」の下着を脱がしにかかっていた「みきさん」が素敵
もうその辺でやっちゃえばいいじゃん!
とか言ってました。
エロい人ですね。
基本的に所構わずな彼女に触発され、えっちに至っておりました。
今回はかなり直接絡んでいましたが、「ともこさん」がえっちになっていくのは、完全に兄「和章くん」の仕業ですよね。
あ、「俊之くん」にしてもそうか。
冒頭では、「ともこさん」の巨乳にほわわーとなっていましたよ。
そう、なぜだか前回よりも彼女の胸が強調されてますね。

そんなこんなで、すっかりエロくなっている3話目。
こちらは冒頭からいきなりえっちシーンです。
普通の恋人同士を望む「俊之くん」は、兄「和章くん」の駆け引きに乗せられて屋上での目隠しプレイをすることとなるのでした。
…こりゃ、彼の術中ですよ。
こんなノリノリな2人がどうなってしまうのか、楽しい結末にご期待下さい。

「大好きっSugerBabe」はやたら大人しい「シズル」さんのお話。
クラスメイト「大谷」くんに目を付けられ、呼び出された彼女は待ち構えていた複数の男にえっちされてしまうのです。
あたしが嫌がったら、みんなも嫌な気持ちになっちゃうから
しかし、「シズルさん」はそんな事を言って微笑むのでした。
その際の違和感から、「大谷くん」は何度も彼女を呼び出すようになり…と、だいたいそんな流れ。

分からんでもないですが、ちょっと彼女は現実味ないですねー。
従順な彼女に、もやもやとさせられる彼の描写はいいんですが。
また、しっとり静かに終わればいいものの、あのオチは酷い
最後の1ページはまるまる不要だと思いました。

無邪気に胸をぽよぽよさせている、子供らしい感じで始まる「やらしいようちえん」
全てカラー原稿のショート漫画でした。
タイトルそのまま、幼稚園でのえっちなんですが…相手は園児の「純」くん。
うっわー。
ショートカットな「夏木」先生、ロングな「冬馬」先生という2人を相手にしておりました。
しかも、
昨日は春日先生と秋本先生…
そんな台詞もあったりして、なかなか羨ましい感じ。
トンデモな設定です。
吹き出しの無い表題作「マシュマロペット」は描き下ろし。
4ページのショートで単にえっちしているだけの内容でした。
こっちのがカラー原稿っぽいですね。(←白黒漫画でしたけど)
ツインテールな女の子のえっちで、なぜか裏表紙のようにネクタイを残していました。
他はセンセ自身が解説で述べている通り
まぁ、ここは描き下ろしなのでOKでしょう。

すっきりな細線の絵柄。
薄めな色使いで、あまり詳細に描き込まないタイプです。
大きな乱れ・崩れはありません。
お話によって多少の差はあるものの、概ね安定。
ただ、やっぱり洗練された絵は小奇麗にまとまっていました。
細かいですが、分かり辛い表現も散見されます。
「狼のつくりかた」などのコマは目立つ部分でもあったので、ちょっと引っ掛かりました
ふんわりと丸い輪郭、スタイルの絵柄。
ロリではなく、”可愛いお姉さん”というバランスですね。
カラーでも大きく変化はしないため、↓表紙の判断で良いでしょう。
裏表紙のが白黒絵に近いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 良いモノも多くあったんですが、ちらほら気になったので。
・話2: 「狼のつくりかた」くらいかなぁ。短編とか他は微妙な印象です。
・独3: ソフト調教みたいな感じですね。ダークなの嫌いな方にはいいかも。
合計:[8/15]

絵柄はともかく、お話は完全に好みではありませんでした。
すみません。
5話ほど続く「幼なじみ」も、非常に勿体ないような。

マシュマロペット (メガストアコミックスシリーズ No. 264)マシュマロペット (メガストアコミックスシリーズ No. 264)
(2010/05/31)


商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ショートカット ツインテール

■ぷにまつり (徳田しんのすけ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・放尿
・おまけ: おまけまんが「カバー撮影後のみなさん…と言う感じで。」、
      合間に解説、カバー裏に「そこだけ特に、特別に…」後日談、
      描き下ろし(一部)「ワン娘と遊ぼう!わんぱ~く♪」
・その他: 短編×8(うち「日米友好・豊年祭」×2、「そこだけ特に、特別に…」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「徳田しんのすけ(とくだ・しんのすけ)」センセの「ぷにまつり」です。

なんだかずいぶん濃くなったなぁ、という印象でしたが…
買う際から読んでいる最中まで、ずっと「たこりーな画伯」センセとまるまる勘違いしてました。
たった今気付きました。
たぶん、むちむちっとした↓表紙と、タイトルの”まつり”からの発想でしょう。
失礼しました。
なんかダメですねー。
すみません、すみません…。

さて、勘違いなひでるさんはそのままに、本日は過去に「ぷにようび」を紹介している「徳田しんのすけ」センセです。
たぶん2冊目の単行本は「ぷにまつり」でした。
まず、こちらの注目は、あちこちのカラー絵。
↓表紙でいきなりふんどし絵を並べているほか、前後折り返しでは日焼け跡だったりしました
いいんじゃないでしょうか。
収録は連続話と短編で半々くらい。
いちおうジャンル的にはロリなんですが…あちこちのプレイはちょっぴり濃厚な感じ。
だいたいどちらもラブラブではあるものの、爽やかさには欠けると思います。
…なんとなく予想はつくかな。

ジェニー・亜美、ほのか・えりか
※左:ジェニー・亜美、右:ほのか・えりか
 ↓表紙がふんどしだったので、あえて制服姿にしてみました。

全2話の冒頭話「日米友好・豊年祭」が↓表紙のふんどしな2人。
ヒロイン「ジェニー」、「亜美」はどちらも妹で、それぞれの兄とカップルになっています。
日本好きな「マシュー」は同じゼミの「小太郎(コタロー)」に頼み、地元の豊作祭りへ妹「ジェニー」を連れて参加していました。
そんな「ジェニー」は妹「亜美」と同い年ながら成長著しく、祭り衣装はもう大変な状態になっており…と、そんなんが1話目。

祭りでテンション上がっているとはいえ、あれは酷いなぁ。
容姿から、確かに年齢よりも大人っぽく見られてしまうのかもしれませんけどね。
とりあえず、「ジェニーさん」が無事でなにより。
日本の恥をさらさないように
会ったばかりな「小太郎くん」とのえっちは、ちょっと無理矢理な気もしますが…お兄ちゃん(※「マシュー」です)から色々と聞いていたのかな。
そちらでも良い雰囲気でしたが、2話目は「マシュー」と「亜美ちゃん」
制服・ツインテールにした髪型がいい感じ。
彼女ツンデレちっくなところがあるので、ああして好意を前面にする「マシュー」との相性はいいのでしょう。
制服ほか、後半では先の祭り衣装でのえっちになっています。
ぶっちゃけ、髪型はポニーテールでも良かったなぁ。

「そこだけ特に、特別に…」は全3話の連続話でした。
バイト先にて、援交直前みたいな場面に出くわした主人公「大河」くん。
その場に忘れられていた携帯電話を見たところ、トンデモな画像の数々が残されていたのです。
後に携帯を返すため、落とし主である「ほのか」と出会ったところ…
私とっ…おっお付き合いして下さいっ!!
だいたいそんなんが切っ掛け。

えりかちゃん
※えりかちゃん
 そんな訳で「えりかちゃん」です。たぶん、この娘のが好意を持っていると思うんですが。

なかなか都合良い感じに展開する、Wヒロインな漫画です。
男性器好きな2人。
なかなか危険な場面もあったかと思われるので、とっとと相手を決めようというのは良い手段。
それが彼である必要はちと薄いですけどね。
フランクを食べる「ほのかちゃん」がえろい感じでした。
大好き…
とかありましたが、それって何が対象かな。
そんな訳で、彼女と付き合うようになっている2話目。
こちらでは、「ほのかちゃん」のお友達である「えりか」ちゃんが登場しています。
黒髪ストレートなお嬢さまっぽい雰囲気です。
放尿シーンもあったトイレでのえっちで、最中に「ほのかちゃん」とメールでやり取りしているんですが…着信音から、”同じ空間のトイレ内にいると気付く”部分がなかなか見事
3話目はその直後から。
えー、ここはセオリー通り3名でのえっちになってます。
あの「ほのかちゃん」の感じから察するに、「大河くん」をちゃんと見ているのは「えりかちゃん」ではないかなぁ。
個人的にはそちらの「えりかちゃん」のが好き。

モデル「山内あおい」、副会長「本城由姫」
※左:モデル「山内あおい」、右:副会長「本城由姫」
 短編はこんなん。あのパンチラ(チラでないけど)はちと不自然かなぁ。

ほか、犬耳短編「ワン娘と遊ぼう!わんぱ~く♪」
こちらは加筆ページがあるんですが、解説を読んでいてなんだか納得。
担当さんの指摘であるようですが、やっぱり漫画は1人で作るものではないですねー
ちょっと感動。
「あまえて!副会長」は教師「村上」と副会長「本城由姫」さん。
眼鏡そのまま真面目な彼女は、ひょいって抱きあげられるくらいのミニマムサイズ。
こちらにも放尿シーンがあり、いちおう切っ掛けはそんなん。
わざわざ服を着せてのえっちに至っておりました。
モデルをやっていて、写真集からDVDまで発売されている「山内あおい」ちゃんの短編「いびりたりっ!あおいちゃん」
早く言う事聞いてくれないと、大声出しちゃおっかなー
とかなんとか、大人相手に駆け引きをしているしたたかな娘さんでした。
料理を作っているなど、女の子らしい可愛い面もあるんですけどね。
解説のイラストがなかなかヤバい感じです。
巻末のおまけまんがも…いわゆる放尿話。
トンデモないですね。
たった5ページなんですが、収録ヒロイン総出の物凄いインパクトでしたよ。

強めな線の絵柄。
収録で古めな漫画はコテコテしてますが、最新原稿の「そこだけ特に、特別に…」のシリーズはかなり洗練されてます。
全てこの感じだと、油っこいプレイ(※イメージね)も中和されるかもしれません。
コテコテしたのも、それはそれで味があるんですが。
このあたりは、好みで真っ二つになるかも。
丸く幅広なロリちっくなキャラ絵で、ぽてっとしたお腹回りが特徴。
貧乳でもむちむちしてます。
やたら男性器に力が入ってますね。
カラーでもそう雰囲気は変化しないので、↓表紙・裏表紙でご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 平均すると普通くらい。新しい原稿は綺麗になってました。
・話3: やや強引さを感じますが、そう悪くはないです。 
・独5: 放尿で綺麗に(?)まとめられていました。
合計:[11/15]

お話から作画までかなり偏っているので注意。
なお、「徳田しんのすけ」センセのHPでは↓表紙の大きい絵が見られるんですが、また全然違うように感じるのが不思議
ぜひ一度見てみて。

ぷにまつり (メガストアコミックスシリーズ No. 267)ぷにまつり (メガストアコミックスシリーズ No. 267)
(2010/06/19)
徳田 しんのすけ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : パンチラ ツインテール ポニーテール

■彼女の鍵を開ける方法 (中田ゆみ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : ラブコメ・フェチ
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵。
・その他: 7話収録、現在1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中田ゆみ(なかた・ゆみ)」センセの「彼女の鍵を開ける方法 1巻」です。

前巻「言いなり☆プリンセス」を紹介したばかりの「中田ゆみ」センセ。
その時も書いていますが、すぐさま最新刊「彼女の鍵を開ける方法 1巻」が発売されました。

何やら硬いタイトルで、シンプルにまとめられた↓表紙。
真っ白でどことなく緊張感があり、冷たい印象でした。
紹介帯は賑やかしに一役買っていたものの、左手に持っている縞パンを隠してしまっているので、↓表紙のえっちさが伝わり辛いのです。
彼女ノーパンなんですよ。
そんな訳で、中身としてはいつもの「中田ゆみ」センセでした。
ファンの方はご安心下さい。
本編の雰囲気としては、裏表紙のが掴み易いと思います。

ヒロイン特集:出会った頃の「ちとせさん」
※ヒロイン特集1:出会った頃の「ちとせさん」
 かなりスカート短いんですねー。

巻数表記そのまま続くようですが、2巻完結くらいかなぁ。
ぶっちゃけ、ひでるさんは前巻よりもこちらのが好きです。
直接行為のない、一般えっち系漫画。
ただし、近いあたりまでは描かれており、毎度の如く頻繁なパンチラほか、バストトップもちらほらという感じでした。
サービスについてはばっちりでしょう。

転校生「早嶺ちとせ」と廊下で激突した主人公「広瀬春馬」
その際に見えた”しましまパンツ”が次のタイミングでは見えなくなる、いきなり「春馬」の名前を知っているなど、なにやら不思議なこと多く、どうにも気になる相手なのでした。
むりやり隣に座らせたほか、学校を案内しようとするなど接近を試みる彼に対し、つれない態度の彼女でしたが…彼の住むアパート「広瀬荘」に、
”借金のカタに住み込んで働くこととなった新しい管理人”
というその人こそ、転校生の「ちとせ」だったのです。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

転校生とのドキドキ・ラブコメ漫画です。
こちらのヒロイン「ちとせさん」は、生徒会長な奥さま「若菜羽衣」、無意識にえろい「如月真琴」などの系統である、ショートカットで小さく可愛い娘。
適度にツンデレていて結構えっちと、2人の要素を足して2で割ったような感覚です。
1巻の後半では、なかなか可愛らしいところも見せていました。
また、本人がお好きなのか、単なる読者サービスなのか、ほぼ縞パンを着用。
「中田ゆみ」センセお得意のパンチラが生きてます。
自身でコメントされていたそのまま、確かにふらふらとした感じもありましたが、逆に思春期な女の子らしさが表現されていたかもしれません。
いいんじゃないでしょうか。

ヒロイン特集:冷めてる「ちとせさん」
※ヒロイン特集2:冷めてる「ちとせさん」
 この冷たさがいい感じでした。

いきなり縞パンが全開になっている、1話「しましまの方程式」
セオリーで激突・出会いパターンな漫画なんですね。
ただ、ここでのボイントは「ちとせさん」が限界であったこと。
何かはいちおう伏せますが。
その切っ掛けがため、1日ノーパンで過ごさなければならなくなり、また機嫌を大いに損ねる原因になるのでした。
あのスカート丈で、下着脱ぐというのは相当に大胆。
しかも転校初日ですからねー。
階段場面はなかなか危険な感じでしたけど、どうやら本人的には満更でもない様子でした。
どこで覚えたのか、そのうち過去描写とかあるかな。
なお、1コマだけでしたが、巨乳・メガネな委員長さんが妄想されるシーンが好きです。
本人の目前でエロ妄想しないように。
(※しかし、何故妄想に突っ込める!?)

2話「彼女とお風呂とあれこれと」はアパートが舞台。
ちゃんと管理人してますね。
前回のオチがため、ばっさり嫌われている「春馬くん」
軽い感じはするものの前向きかつ行動的で、初期から彼女に対する好意を見せていただけでなく、無視されつつもかなり積極的でした。
あれはモテそうだなぁ。
じわじわ彼女の心を開いていくんですが、なかなか良いカップルだと思います。
漫画のメインお風呂掃除。
なぜか「ちとせさん」は、また下着を脱いでしまうのでした。
いい展開でしたよー。

…ついてこないで。てゆうか横に並ばないで?むしろ息しないで
とかなんとか、かなりキツい事を言っている「ちとせさん」の3話「今さら歓迎会ですが何か?」
前回のオチから彼女も強く意識するようになっている筈で、ツンデレていて可愛いです。
住人「蝶野さゆり」さんがためアルコールが持ち込まれ、泥酔な歓迎会になるのでした。
酔っ払った委員長もエロくていいんですが、やっぱり正ヒロイン「ちとせさん」
しっかり嫉妬していたほか、やっぱり下着を脱いでしまうのでした。
ううむ、こうも頻繁というのは…なんかあったのかねぇ。
気付くと、「春馬くん」を枕に小さく寝ているあたり、ラブラブな感じです。

積極性が実ってか、4話「党首宣言的な前編」、5話「党首宣言的な後編」ではほぼカップル状態。
化学準備室で2人っきりになったアレは、恋人同士のイチャイチャですね。
前編では胸が話題になっており、「春馬くん」が胸元に集中する描写がありました。
あれは男性なら皆同じでしょう。
また、こちらでもはっきりと好意を口にしており、対する「ちとせさん」の行動が実に可愛らしいものでした。

前編での前フリが生かされた後編。
「ちとせさん」の大ピンチ話になっています。
ここはぜひ、漫画にてどうぞ
前述したように直接のえっちでなく、また「ちとせさん」はこれまでと違って服は脱いでいないんですが…

成年漫画もびっくりなプレイ 

…が、展開されていました。
これには驚き!
あれは好きとかなんとかを超越したような行為だと思います。

ヒロイン特集:ラブラブ「ちとせさん」
※ヒロイン特集3:ラブラブ「ちとせさん」
 単にツンデレというだけでなく、かなりえっちな娘さんなのでした。

「ちとせさん」の寝起きシーンが描かれる6話「メイドあるいは冥土の日常」
日曜の朝ってけだるいもんね。…わかるわあ
とか、唯一見抜いていた「さゆりさん」がいい感じ。
アパートの掃除エピソードで、委員長も参加。
故あってメイド服を着ることとなるんですが、はっきりタイプの異なる委員長・「ちとせさん」のコスプレに注目下さい。
2人とも別の意味で胸元が危険でしたよ。
収録での最終7話「危険Kitchen!」はお料理話。
彼の部屋で食事を作ったりしてました。
こちらでは裸エプロンなんて自主的にやっており、もし成年漫画なら確実にえっちへ流れるパターンです。
まぁ、寸止めなんですけどね。
「春馬くん」としては、えろい本が欠かせないところでしょう。

こないだ書いたばかりなので、絵柄については省略します。
安定した「中田ゆみ」センセのバランスでした。
ヒロイン「ちとせさん」は髪・制服・靴下など黒で統一され、画面はやや引き締まった印象。
軽い感じで、サクサク読み進められると思います。
個人的には、↓表紙のような凛々しい表情をもっと見たいですね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 作風なので仕方ないですが、もうちょっと落ち着いた絵がほしいです。
・話4: えっちな「ちとせさん」が可愛かったです。次巻ではよりラブラブになっちゃうかな。
・独5: かなりフェチ度の強い作品。好みと合致すれば完璧だと思います。
合計:[12/15]

これは予想外に良かったです。
点数以上に支持します。

※紹介帯の有無をご確認ください。
彼女の鍵を開ける方法

彼女の鍵を開ける方法 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)


★「中田ゆみ」センセの漫画紹介記事
言いなり☆プリンセス
 お姫様「レナレナさま」とのラブコメ長編。1巻完結。
まこちゃんと遊ぼう!
 「おさわがせ弁天寮」に収録されたシリーズの続き。「奥さまは生徒会長」の後日談も。
奥さまは生徒会長
 生徒会長な奥さま「若菜羽衣さん」との甘いえっちラブコメ。1巻完結。
ちゅーぶら!!
 センセの代表作となった下着コメディー漫画。続巻。
女神さまの言うとおり
 田舎の神様ラブコメ。全2巻。
おさわがせ弁天寮
 女子寮に住む女の子たちの恋愛話。「まこちゃんと遊ぼう!」シリーズも3話ほど収録。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ パンチラ バストトップ ショートカット コスプレ

■マカレル☆ちっきん (さばのにわとり)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき・作品解説。
・その他: 初単行本、カラー(6P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さばのにわとり」センセの「マカレル☆ちっきん」です。

「小林徹郎」という、一般での名義がありました。
どんなか分かりませんでしたが、「SUNNY SIDE UP」という連載もあるようです。

そんな訳で、本日の「マカレル☆ちっきん」は成年名義で「さばのにわとり」センセ。
こちらが初単行本です。
収録は全て短編。
↓表紙から紹介帯までロリちっくな色が強めになっていますが、収録では色々。
これが、”新しい絵の方が刺さらなかった”という、珍しいパターンなのでした。

レイナさん、このみさん
※左:レイナさん、右:このみさん
 メイドロボットの2人です。今回サンプルは色々な感じが分かるようにしてみました。

ロリキャラがためか頭が縦長に大きく、小さく華奢な身体というバランスがどうにも違和感。
…慣れません。
ただ、中盤以降の各話はヒロインの年齢が上がっているためかそうした感じなく、こちらについては良好でした。
このまま絵柄の話題を続けますね。
原稿時期は07年から10年まで。
仕上げなどが異なるのか、各話でけっこう雰囲気が変わっております
「かいちょーデッサン教室(0711)」はスラリとした身長の大人っぽいキャラで、シャープなタッチ。
「ちんまい先パイ(0901)」、「ばんぱいあ・ミュールカ!(0810)」、「このみ1号突貫します!(0804)」の3話は濃い線でごっちゃり気味。
「コーチと私(0712)」はそれらの中間みたいでした。
最近はすっきりと丁寧でロリちっくに描かれています。
紆余曲折を経て、そんなんに落ち着いたのかな。
個人的には、「かいちょーデッサン教室」、「しーなちゃんとたかのぶくん(0903)」くらいが好きです。
器用で巧い方だと思いますが、そうした感じでバラついてるため不安定。
今後どう落ち着くかでしょうね。
前述したように、新しい原稿のヒロインは↓表紙を含めて極端に感じましたが、あとがきのラフ絵などは良い感じ。
どうなるのか、見守りたいと思います。

続いてお話について。
「レイナさん熱暴走?」、「このみ1号突貫します!」という2話は同じ世界観であるメイドロボット(女性型人造人間)な短編。
2人して裏表紙を飾っております。
うち、前者はカラーページからの冒頭話で「レイナ」さん。
カラー部分はオプションというネコ耳をつけてのえっち。
それによって不具合が生じ、記憶データのほとんどが破損してしまうのでした。
同じく性格データも壊れており、
ややこしい人ねアナタ……
とか、いわゆるメイドロボット然とした感じでなくなっているのがポイントです。
ぶっちゃけ、壊れた「レイナさん」の性格のが好き
さんざんエロい事をやってきたと思うので…あのオチはどうかなぁ。
後者は開発元である矢田研究所が舞台。
開発者「矢田」博士に尽くすべく、夜のお勤めをしようとする「このみ」さんでしたが…女嫌いなのか、ホモ趣味なのか、電源をオフされてしまうのでした。
「さばのにわとり」センセは”関節線が萌える!”と書かれており、そんなんお好きな様子。
メンテナンス場面では「このみさん」の全裸が描かれていましたが、先の「レイナさん」よりも極端でした。
そのためか、袖の長いメイド服で、えっちシーンでは着たままになっています。

姉「藤田三枝」、赤城千秋
※左:姉「藤田三枝」、右:赤城千秋
 ロリちっくな年上さんが良い感じです。

多くのヒロインから↓表紙を飾ったのが、短編「しーなちゃんとたかのぶくん」の「椎名」さん。
デザインが気に入っている、との事でした。
小さい委員長で、普段は眉毛上がり気味なツンデレちっく。
ひょいって、持ち上げられるくらいです
いーなー、あれ。
なんのかんの言ってても「三田」くんにラブラブでした。
こちらの短編はオチが好き。
ギザギザ歯のコメディー崩れしている「椎名さん」も良かったです。
「ちんまい先パイ」は1つ上の大学生「水原知子」さん。
幼い容姿のため、寄って来るのが変態ばかりという、なかなか不幸な彼女。
いーじゃん、ランドセルくらい背負ってあげれば。
本編はサークルの後輩「ただちゃん」とのえっち。
やけ酒にも付き合う親しい友人の彼がチャンスを逃すことなく告白するというもの。
見事な貧乳っぷりで、オチの続きが解説のラフ絵にありました。

えっちに興味津々な妹「桜子」ちゃんとのお話「妹は欲求不満!」
八重歯が可愛いですね。
ちんちくりんな容姿でしたが、実は収録ヒロインで上位に位置するというなかなかな巨乳の持ち主でした。
そりゃー、欲求不満にもなるでしょう。
近親ネタであったものの、あっさりえっちに至っております。
そんな「桜子ちゃん」と同じく、アホ毛の目立つ姉「藤田三枝(ふじた・みえ)」の「ぶらこんおねーちゃん」
弟「たけちゃん」は…「三枝」って呼び捨てなのね
まぁ、確かに年上っぽくない感じでしたが。
彼を溺愛しており、ちょっと女の子と喋っていただけで不満顔になっていました。
かなり可愛く描かれており、特に”お口ゆすぐ”際のやりとりが良好。
三枝が1番なんだから
そんな台詞に喜んでいました。
やっぱり1番なんです、2番でいいわけがありませんね。

タッチが大人っぽい「かいちょーデッサン教室」
活動不透明な美術部と、部の存続と共にヌードモデルを賭けたんですが…見事絵画コンクールにて入賞を果たし、生徒会長はヌードモデルをすることとなってしまったのです。
彼女はまたいいなぁ。
プライド高く、律儀に約束を守っていました。
3名との複数えっちが展開されています。
そんなえっちシーンもいいですが、冒頭のやりとり部分が好き。
他シチュエーションで見たいんですけど…”絵が変わって描けなくなりました”とかあとがきに…。

生徒会長さん
※生徒会長さん
 こちらが最もお気に入りだったんですが…。

「KAMAって☆KAMAって」は家庭教師「飯塚」と「有紗」ちゃん。
手のかからない優等生なので、彼女のラブラブな想いとは逆に接触が少なくなっており…という感じ。
皮肉なことですねー。
ラストのアレを見る限りでは、なるほど家庭教師なんていらないじゃない。
えっちでもそうした傾向が表れており、
頑張ります!大丈夫ですっ!!
とか言ってました。

「コーチと私」は特訓話です。
大会が近いため、特別特訓するというものなんですが…1年間見続けて”何をやらせてもダメ”という「赤城千秋」さん。
他はともかく、平均台での失敗は素人よりも酷いですね。
柔軟シーンでもカチカチでしたし…やめれば?
犬耳・首輪・尻尾にレオタード姿。
俺の趣味だバカモンッ!!!
などと言っておりましたが、実際に結果を出していたのがコーチ凄まじいですね。
もっと早くやればいいのに。

ほか、「いつも二人で」はデビュー作品。
枠線がやたら濃いですね。
幼馴染み「真希」ちゃんとのお話で、彼女のデザインは良かったと思います。
「ばんぱいあ・ミュールカ!」はロリなばんぱいあ(←本編でも喋りがほぼ平仮名)の「ミュールカ」さん。
こうした受難話がよく似合ってます。
同パターンで、あちこちなシチュエーションでえっちされてほしいですね。
全体でややバラバラとはしていたものの、どちらも明るく楽しいお話群でした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 絵柄が大きく変わってきており、人を選ぶと思います。
・話3: どちらも可愛く仕上がっていました。 
・独3: 年上ロリなヒロインがいい感じ。収録はちょっとバラついてました。
合計:[9/15]

方向性がばちっと定まればいいかなぁ。
前述しておりますが、絵柄の癖が大きくなっていたのが気になります。

マカレル☆ちっきん (TENMAコミックス RiN)マカレル☆ちっきん (TENMAコミックス RiN)
(2010/06/18)
さばのにわとり

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー

■たまふり (十神真)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメ・お祓い
・おまけ: あとがき。
・その他: 10話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「十神真(とがみ・しん)」センセの「たまふり」です。

ブログを書くため、あちこち見ていたら…
”登場人物は全て18歳以上です”
なーんて文がもくじ部分にありました。
こんなん他にもあったっけ!?
しかし、そうか、そんな時代なんですねー。
また、こうした漫画がためか”掲載されている作品は犯罪を教唆するものではありません。真似をしないでください。”という文までありましたよ。

さて、そんな訳で描かれているのは「十神真」センセ。
漫画はこちらが初見でした。
別に「荻晴彦」という名義もある様子。
HPを見たところ、スポーツからパチンコ、麻雀など各ジャンルの漫画から、ゲーム原画まで幅広い活動がありました。
こちら「たまふり」は一般えっち系。
1巻完結の長編で、↓表紙・裏表紙に描かれているそのまま、ミニスカートな巫女さんや金髪シスターの登場するお話です。

色神「舞香さん」
※色神「舞香さん」
 袴がミニなので、座るとパンチラしてしまうのでした。

主人公「タケル」は人に悪さをする淫霊を祓う専門家。
えっちして直接対象に霊力を注ぎ込むことで、それらを浄化するのでした。
また、共に戦う色神「舞香」
彼女の霊力を上げるためにも、またえっちする必要があったのです。
近所で多発していた”男性通り魔事件”ほか、成年漫画家「東上チン」の異常性欲などを次々に解決していくのでした。
…かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

和風ファンタジーですね。
相手が”淫霊”ということで実態無く、基本として人に取り憑くため、対象は普通の人。
化け物・怪物的なキャラはおりません。
また、除霊もえっちになっているので、アクション描写というのもほぼありませんでした

ちなみに、漫画で取り憑かれていたのはほぼ女性。
「タケルくん」、あるいは漫画として非常に都合良いですね。
(※後の台詞から察するに、両刀とかでない限りは淫霊家・色神で別々の性別であるペアが必須なのかも)
いちおう7話では男性が取り憑かれているパターンがあるんですが…ここで出張っていたのは、ツインテールな従妹「涼」ちゃん。
これがひでるさん的には結構な衝撃(笑)
うぉ、彼女も同じようにえっちで浄化するんですね!!
そうすると、連れている色神「比呂」は無論のこと、持っていた封印の札(使役する色神が封じられている)など、過去にえっちしてきた結果なのでしょう。
これはいいですね!
色神が女の子というパターンは今回やったので、次回は「涼ちゃん」を主役にしてはどうでしょうか?
あの真面目で妹キャラみたいな娘が、次々にえっちしていく様はなかなか良いと思うんですが。
(しかも、いちおう好きな相手が別にいたりするので)

また、金髪巨乳なエクソシスト「瀧川・クリス・輝美」は意外に出番少なかったものの、こちらも目立つ方。
ミニスカートなシスター服で、拳銃をぶっ放すというのはなんだかありがちな気もしますが、見栄えとしては最高。
この2人をメインに、別の漫画を描いてほしいです。
受けると思うんですけどねぇ。

従妹「涼ちゃん」
※従妹「涼ちゃん」
 彼女の除霊シーンがなかなか衝撃的でしたよー。

あらすじ部分でも書きましたが、1話は”男性通り魔事件”、2話は漫画家「東上チン」をそれぞれ解決するもの。
こちらの「タケルくん」は成年漫画好き。
読めばわかる!読まずにエロ漫画を語るなかれ!
という台詞は同感。
…間違えると、より邪だと思われるかもしれませんが(笑)
見せられた「舞香さん」が、かなり真剣に読んでいたのが印象的でした。
ミニの巫女服も可愛いです。
2話目の「東上さん」は眼鏡でMちっくな雰囲気のある女性。
ベレー帽でしたが…あれだけで漫画家っぽく見えるから不思議。
手塚治虫」センセの影響は相当にデカイですね。
発売と同時に売り切れ、プレミアついた~」
とか、彼女の描く漫画は相当な人気のようだったので、もうちょっと表紙には凝ってほしかったです。
特にオチのあれは酷い。

「涼ちゃん」登場の3話、色神「舞香さん」との過去が語られる4話。
「涼ちゃん」はいわゆるツンデレですね。
「兄様」とか呼んでいたものの、血の繋がりないというのは大きなポイント。
ちょっとドキドキ(笑)
「タケルくん」は冗談であったもののヌードモデルとか頼んでいたほか、写真なども撮らせていました。
こうした行動をしているうちは、逆に大丈夫かな。
実際に漫画でも、彼女を救うためえっちしてしまうのです。
ここは「涼ちゃん」視点で見たかったですねー。
たぶん、後で思い出して反芻したりするんだろうなぁ。
「舞香さん」との出会いエピソードはなかなか良い感じ。
欲を言えば、もうひとウラ話があれば最高だったんですけどね。
(※ひでるさんが勝手にイメージ重ねていた「いぬかみっ!」みたいなの)

「クリスさん」登場の5話、「涼ちゃん」の色神「比呂」の6話。
前述したように、「クリスさん」が目立つ容姿でいい感じ。
弾込めにあせって、バラバラこぼすあたりが最高です。
なお、途中に説明役で差し込まれていた「涼ちゃん」のコマは不要だったかも。
それぞれ別の色神と行動を共にする6話には、「涼ちゃん」と「舞香さん」のお風呂シーンがありました。
「タケルくん」に誤った知識を植えつけられている「舞香さん」と、真面目な「涼ちゃん」というコンビもなかなか。
たぶん想う人は同じでしょうし、この2人でのエピソードとかも見たかったですね。

エクソシスト「瀧川・クリス・輝美」
※エクソシスト「瀧川・クリス・輝美」
 彼女の出番を増やしてほしかったです。

どちらかというと第三者的な位置である7話、「舞香さん」のメイド服が堪能できる8話、ラストの9話。
こちらから、ちらほら最終話へと続く感じになってました。
「十神真」センセのHPによると、
”最終回は大幅に変更されておりまして、雑誌掲載時とは異なります”
との事でした。
雑誌で見た方も見逃せません。
なかなか良いエンディングでしたよ。
「タケルくん」はお兄ちゃんらしいところも見せており、格好良く描かれていました。

やわらかな線の絵柄。
あっさりとした描き込み・適度な濃淡で、ページ全体としてはすっきり気味です。
目立つ乱れ・崩れもありませんでした。
良くまとまっていたと思います。
一般系がためか、えっちシーンはソフトで万人向け。
女の子は可愛く描かれておりました。
特に巫女服(かなり変形してますが)がお好きな方にはいいでしょう。
だいたい↓表紙・裏表紙の判断で問題ありません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 適度にまとまっていました。いちおう「4」との中間くらいな考えです。
・話4: 主要キャラは魅力的で、大幅変更したというラストも良いモノでした。
・独4: ありがち感はあるものの、えっちに都合よいなど冴えた設定だと思います。
合計:[11/15]

はい、これはやっぱり「涼ちゃん」が刺さったんですねー。
ぜひ彼女の主役漫画が見たいですよ。

たまふり (バンブー・コミックス DOKI SELECT)たまふり (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
(2010/06/17)
十神 真

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ パンチラ ミニスカート ファンタジー アクション ツインテール

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。