FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ISUCA [イスカ] (高橋脩)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : アクションラブコメ
・おまけ: あとがき「おまけ…のようなもの」
・その他: 折り返しにコメント、
      7話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高橋脩(たかはし・おさむ)」センセの「ISUCA [イスカ] 1巻」です。

週末、ぐるぐると書店を巡っていたひでるさん。
確か…「いとうえい」センセの新刊「貴方を吸ってもイイですか?」が発売されていると思ったんですが…。
4店舗ほど回ったものの、どちらでも見当たりませんでした。
これは延期かな。
ちょっと残念。

さて、そんな訳で本日は「ISUCA [イスカ]」です。
描かれている「高橋脩」センセの漫画はこちらが初見。
一般系です。
巻数をまたぐ、長編漫画になっていました。

島津朔耶
※島津朔耶
 ツンデレです。弓矢を武器とするのがいいですね。

1人暮らしをする主人公「浅野真一郎」は高校生。
海外へ出た両親からの仕送りも最近は途絶えがちで、ついにバイトを余儀なくされました。
担任「相馬撫子」に相談すると、家事が得意で綺麗好きな面を認められた彼はその場でバイト先を紹介されたのです。
こうして向かった先は、”イイトコのお嬢さま”と評判の同級生「島津朔耶(しまづ・さくや)」の家だったんですが…彼はそこで驚くような事態に遭遇するのでした。
だいたいそんなん。

退魔アクションな漫画です。
表題のデザインに描かれている立ち絵にも表現されていますが、メインヒロインの武器が弓矢であるのはポイント。
”刀はありがちなので、何か別のものにしよう”ということで決定したみたい。
いいと思います。
「叢雨(むらさめ)」とか必殺技はあったものの、矢数の制限なども考えられますね。
ドキドキなピンチシーンが期待できそうです。

そう、こちらの漫画の特徴の1つ、あるいは最大の特徴というべきものが、”豊富なサービスシーン”でした。
お約束で、よくヒロインらは押し倒し、倒されています。
1話にあった、胸元を切り裂かれるというのはよくある感じ。
ただ、このあたりはあちこちので見られ、まだ大人しい程度なのです。
2話のラストでヒロイン「朔耶さん」をばっちり顔面で受け止めた後は…パンチラとか下着を飛び越え、胸から全裸までの露出が増えていました。
ちゃんとバストトップありです。
3から4話までは、いかにもサービス担当という猫又「タマ子」さんがちらほらサービスしてくれていました。
そんなんが5話でライバル・妹の「須世璃(すせり)」が登場すると、彼女は無論のこと「朔耶さん」までもが見開きになっています
「須世璃さん」、ナイスですよ。
さすがにショーツは着けてましたけどね。(←アングル的かな?)
なお、ネタにし易いためか「タマ子さん」・「須世璃さん」が巨乳(※特に後者はスタイルの割りに大きめ)なのに対し、「朔耶さん」は見事な貧乳で描かれていますので、お楽しみに。

「思い出すなぁ」って、それは無理でしょ。
※「思い出すなぁ」って、それは無理でしょ。
 あの体勢からなぜ?というのはあるものの、羨ましい展開です。

そうしたサービス部分のほかは、よくある感じに終始していました。
ツンデレな「朔耶さん」ほか、対象的に感情が表にでない「須世璃さん」、引っかき回す「タマ子さん」に遊び心ある年上の「撫子さん」などのヒロイン群。
事件に関わるうち、秘められた能力を発揮しつつある、平凡な高校生と思われた「真一郎くん」
「朔耶さん」とは冒頭で激突し、お互い口でやり合いながらも、似た境遇だけあってか共に過ごすうちに良いカップルになっています。
正直なところ1巻はそんな感じ。
それだけなら、あまり評価できないんですけど…ココで漫画のポイントであるのが「真名」ですね。
ほとんどの命令には従わないといけなくなる
というソレ。
最初の敵であった「タマ子さん」もそれがため「真一郎くん」に従属しており、3話の「鎧武者」相手でもその描写がありました。
特に1巻のクライマックスである5話以降はそれが前面に出ており、「真名」を持つのは”異界の住人ほか霊力を行使する者全てが持つ”という設定の真価が発揮されていました
あるいは、漫画のポイントである「真名」を7話ほど使って、丁寧に説明してくれたようにも感じます
2巻以降で、この設定をどう扱うかで面白さはガラリ変わると思います。

タマ子さん、須世璃さん
※左:タマ子さん、右:須世璃さん
 この2人も良いキャラでした。5話のお風呂シーンにご期待下さい。

すっきりな細線の絵柄。
濃淡は適度なくらいで、退魔漫画という割りには明るめ。
やはりサービス・ラブコメちっくな面のが前面ですからね。今のところ。
アクション的に弱さが多少あったものの、大きい崩れ・乱れもなく作画は良好。
各ヒロインらもバランス良く、可愛く描かれています。
ただ…2話後半の「タマ子さん」が持ってきたショーツ絵は、ちょっと気になってしまいました。
堅そうです。
大きな変化はないため、判断については↓表紙で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 全体的な作画はすっきりと良好です。サービス描写に期待しましょう。
・話4: スタンダードにまとまっているだけ、読み易いです。
・独3: 何処かで見たような感じでしたが…2巻への期待値を込めて。
合計:[11/15]

まさかここまでサービス満点だとは思いませんでした。
漫画のクライマックスはラスト部分。
この後「朔耶さん」がどうなってしまうのか、2巻に期待しましょう。

ISUCA (1) (角川コミックス・エース 148-11)ISUCA (1) (角川コミックス・エース 148-11)
(2010/05/26)
高橋 脩

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : アクション ラブコメ バストトップ パンチラ

■年刊中年チャンプ 合併号 (中年)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・コメディー
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×12。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中年(ちゅうねん)」センセの「年刊中年チャンプ 合併号」です。

前巻「年刊中年チャンプ」は2008年7月のこと。
そちらに続く「中年」センセの2冊目「年刊中年チャンプ 合併号」です。

巻末のあとがきには驚きました。
そちらに期間が空いていた理由まで書かれていたんですが、しばらくは休筆となるようです。
良いことも、悪いことも…たまに漫画を通じて、人生を垣間見ることがあります。
色々大変だったようでした。
お疲れさまでした。

篠崎茜、坂井まどか
※左:篠崎茜、右:坂井まどか
 なぜかブルマな「茜ちゃん」でした。性格でてますね。

そんな訳で、「年刊中年チャンプ 合併号」は全て短編での構成。
お休みの時期もあり、収録は06年から10年までと各話には開きがあります。
雰囲気はだいたい同じですが、差を感じるかと思います。
特に新しい原稿ですかねー。
「8月15日」はネタ・えっち的に好きな系統でしたが、もう1話「伊藤さん」はやや見辛い印象がありました。
いつもと順序逆になっていますが、このまま絵の話題を続けます。
さらりとした細線の絵柄。
濃淡ではすっきりとしているものの、小さく・細かいコマ割りで描き込み多く、またテキストも多め。
かなりごっちゃりとしています
冒頭の「田舎に泊まろう!」の集合部分とか、「うさぎとくま」のボードゲーム部分とか、背景・小物などもぽちぽちと描かれていました。
ああしたのはお好きそうですね。
分かり辛い箇所があるほか、テンポに影響している部分もあり、人を選ぶ作風です。
ちょっと注意。
「8月15日」の後日談となっている裏表紙に描かれた漫画は、そのまま判断に良いと思います。
↓表紙と共にその材料になるでしょう。

さて、その↓表紙を飾っている「篠崎茜」ちゃんの短編「田舎に泊まろう!」
出来た姉「藍」さんと比較され、
性格も顔も悪いで男もできん
とか言われていました。
大きなお世話ですね。
年末で田舎に親戚一同が集合しており、イイネタにされています。
ありがちな光景ですよ。ええ。
「茜ちゃん」が寝ているのは…隣の部屋かな。
何故か体操服(←ブルマね)なんですが、その理由はキャラの性格を見事に反映しており秀逸でした
うん、そんなんもありそうですねー。
そこでえっちに至っていましたが、バレてるのは「藍さん」だけかなぁ。

短編「美化委員長」はタイトルそのまま、潔癖症な美化委員長さんのお話。
バカ」を連発する、ツンデレな方でした。
他の男性に触れられると大騒ぎして手を洗う彼女ですが、「筒井」くんだと大丈夫。
実に分かりやすくて良いですね。
付き合う前からバカップルとか呼ばれていましたよ。
一般庶民ごときが生意気なのよ
とか言っていた、バリバリなお嬢さま「円城寺」さんの「屋上×欲情×お嬢さま」
頭脳明晰・容姿端麗で、先生も黙らせるという彼女。
ペット・所有物とか言っていた「高倉文男」くんに告白したのは、「円城寺さん」からなのでした。
ずっと高飛車だったのが、えっちで素直になってしまうのです。
あの極端なまでのギャップが素敵
屋上えっちをお楽しみください。

美化委員長
※美化委員長
 「ぶっちゃけ肉がダメっ」とか言ってました。ぶっちゃけ過ぎです。

”中身も外見もお嬢さまちっく”、という「坂井まどか」さん。
「高田」くんは正反対に地味で目立たない存在なんですが、なぜかそんな彼女から告白されて付き合うようになっていたのでした。
そんな短編が「うしろのメガネ太郎」
こちらもヒロインからの告白ですね。
公園で座っているだけで人垣ができるという、スペシャルな容姿の「まどかさん」
わざわざ彼に携帯をプレゼントするなど、実はかなりメロメロでした。
ツンデレですね。
待ち合わせに遅刻した「高田くん」は故あって尾行するみたいになるんですが、その際の彼女がまた実に良かったです。
最終的には泣いてましたよ。
そうまでラブラブになってしまう切っ掛け部分は、ラストページに描かれています。
なるほど。
冒頭の前フリが生きてますよ。
オチも実に良いです。

「覚悟のスズメ」の「滝沢雀」さんもお嬢さま。
家を赤い紙に占拠されてしまった「只男」くんは、彼女の家へ丁稚奉公に行くこととなったのです。
わ、私…っ、正直残念な出来の主で…っ
とか言っていましたが、ヒロイン「雀さん」いじめて系なドシッ娘。
生来内気な性格で、よく泣いていました。
なるほど、お嬢さま=高飛車というのが一般的でしたけど、こんなんもアリかもしれませんね
必死に気を引こうとする様が実に良かったです。
メイドの皆さんはちゃんとしたアドバイスを送るように。

「うさぎとくま」はツインテールな「みすず」ちゃん。
ツンデレではないですが、目一杯甘えてくるわがまま娘として描かれています。
お子ちゃまですね。
そんなんなのに、えっちは知識あって可愛いので、始末に悪いのです。
あの感じでは受験諦めた方が良いかも。
小さい文字で書かれていた”みすずのおばかがうつる”が最高。

姉弟の近親モノ「ゴッドオネイチャン GOD-SISTER」
ドSというお姉ちゃんに使いっ走りにされていた弟「勇太」くん。
さすがに耐えられなくなった彼は姉の部屋へ飛び込むと…という展開。
実はかなりお似合いのカップルですね。
…血縁ではありますが。
本来の性癖が露見した後は、家から学校までなかなか充実した感じになっていました。
クライマックスは「勇太くん」の仕掛けた放置プレイ。
あれは可愛かったです。

春乃さん、亜衣ちゃん
※左:春乃さん、右:亜衣ちゃん
 こうしている間も、入ったままなのでした。

「おまえにチェックアウト」は「春乃」さんと「慶太」くん。
とある理由で、”慣れるまで3日間入れっぱなし”という漫画です。
ラブラブカップルですね。
ごちそうさまです、勝手にやっててー。
合間にコスプレとかオモチャ使用してましたが、日常生活部分のが気になります。
「二人は進行中」のカップル「あや」・「たかゆき」も初えっち話。
あまり感情を表に出さない「あやさん」がキュートでした。
そうした娘の独りえっち告白は実に良いですね(笑)

ほか、「よろしくジャンバラヤ」は漫画喫茶の店員と不思議なお客さん。
なかなか強引な展開です。
短編「伊藤さん」は背の低い巨乳教師「伊藤」さんのお話。
彼女もお嬢さまでしたが、単なるソレでないのがポイントでした。
コスプレえっちな「8月15日」
普通ならばアニメキャラとか、えっちなコスプレをさせるものですが…こちらは着ぐるみ、その後は3倍の水陸両用なものを着せられていました。
…これってコスプレ
えっちなんを期待していた「亜衣」ちゃんの期待をものの見事に裏切っています。
これは面白いですね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 悪くはないものの、癖が強く不安定でした。
・話4: えっちで楽しい短編が揃ってます。
・独4: お嬢さま・ツンデレが巧く、印象にのこるヒロインでした。
合計:[11/15]

↓表紙→折り返し→中表紙がショートストーリーになっているほか、後ろの折り返しはヒロインが集合していました。
誰がどこにいるのか、探してみるのもまた面白いと思います。

年刊中年チャンプ 合併号 (ポプリコミックス71)年刊中年チャンプ 合併号 (ポプリコミックス71)
(2010/05/27)
中年

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ツインテール コスプレ コメディー バカップル

■シス☆ブラっ (ゼロの者)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・妄想
・おまけ: あとがき、描き下ろし「はにー・ほりっく」、
・その他: カラー(4P)、短編×9話(うち「シス☆ブラっ」×6+番外編1話、
      「親子羊おおかみ」×2)、現在は1巻まで発売中(※続巻あり)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゼロの者」センセの「シス☆ブラっ SISTER☆BROTHER」です。

ほぼ1年ぶりという「ゼロの者」センセ。
新刊は「シス☆ブラっ SISTER☆BROTHER」でした。
ハイグレード版まで発売されていた、全2巻の「わすれな」に続く、巻数をまたぐ長編漫画です。
…そう、巻数表記はありませんが、2巻まで続いちゃいます
こちらの時点では、まだ完結しておりません。
そういったのがめんどくさい方は、ちょっと注意ね。
なお、単行本後半には前後編の別漫画「親子羊おおかみ」も収録されています。
表題作だけでもありません。

ヒロイン特集1:「八重ちゃん」お仕事中
※ヒロイン特集1:「八重ちゃん」お仕事中
 右は仕事でないですが…。このように髪型の変化も楽しめます。

主人公「八重」は女の子ながら成年系の漫画家さん。
えっち同人誌を出していた彼女は、ついに商業誌デビューすることとなりました。
アンソロジーにて近親相姦ネタを描くこととなったものの、実兄のいる「八重」にはあまりピンと来ないジャンル。
しかし漫画のためとあって、日々兄を相手に得意の妄想を働かせていました。
無事に原稿が終わった「八重」は、上がったテンションと強烈な眠気に普段のそんなんが混ざり合って…現実と妄想の区別がつかないまま、お兄ちゃんを誘ってえっちしてしまうのでした。
…だいたいそんな感じ。

またまた兄妹の近親長編漫画ですね。
ジャンルとしては同じでしたが、ヒロイン「八重ちゃん」がために、また大きく雰囲気の異なる漫画になっています。
前巻「わすれな」は背徳的なドキドキえっちが前面で、シリアスさが強調されていたのに対し、こちらはややコメディー寄り。

ぱっと見の「八重ちゃん」は、ストレート・ロングな髪型から、なんとなく”清楚な美人”という感じ。
カラーでは明るい色彩のブルーで髪の毛塗られてましたねー。
しかし、漫画の彼女はちょっとアブないくらいの妄想癖の持ち主として描かれております。
家でも外でも、はたまた周囲に誰かいたとしても、すぐさま妄想世界に飛び込んでしまうのでした。
困った娘さんです。
突っ込みを受け、現実に引き戻されるという描写も何度かありました。
漫画開始時はいちおう未通でしたが、職業柄かえっち度高め。
そんな妄想癖を逆手にとって仕事に利用しており、設定には説得力があります。

ヒロイン特集2:「八重ちゃん」妄想中
※ヒロイン特集2:「八重ちゃん」妄想中
 所構わず妄想してしまうのでした。なかなかの重症っぷりが楽しいです。

そんな訳で、漫画の大半は妄想えっちなのです。
主人公に位置付けられているのはヒロイン「八重ちゃん」で、漫画の一人称は彼女。
ジャンル同じでも、前連載とはまったく異なって見える要因です。
妄想中は枠間や背景が変化するエフェクトがあったりなかったりという感じで、また話途中にガッツリと割りこんでくるため、正直なところややこしさもあります
しかし、お話は「八重ちゃん」視点ですから、それも当然のこと。
日常での彼女は、漫画そのまま現実と妄想を頻繁・交互に入れ替えているのでしょう
↑上のあらすじにも書きましたが、1巻でのクライマックスというべき”お兄ちゃんとの初えっち”などは、まさにそうした境界線の曖昧さが招いているのですから。
面白く描かれています。

うっかりなソレは別にして、お兄ちゃんとのえっち過程はかなり丁寧に描かれていました。
当初は、
パッとしないのよね
とか言っていた「八重ちゃん」
共に生活してきて、それまで意識もしていなかったから当然でしょう。
しかし、頻繁に妄想していくうちに、ちらほらツボにはまるようになっていました。
悩む、逡巡する、他人の意見を聞く…など、勘違いでえっちしてしまった後の描写はまた見事
「好き好きー」ってなものとは、一線を画しております。
それも、さほどシリアスにならず、コメディーというほど軽くもなく…という、絶妙な具合でした。
さすがは「ゼロの者」センセ。

喫茶店でバイトしていた1話「妄想と現実」
なかなか可愛らしい衣装で、またその最中は髪をポニーテールにしていた「八重ちゃん」
残念ながら今回はその姿でのアレコレはなかったです。
今後のえっち展開に期待しましょう。
冒頭カラー原稿部分から妄想大爆発させており、夜道でのソレは周囲から見てかなり変な人
あんなんでは…ちと近寄りがたいわね(笑)
黙っていれば可愛いのに。
お風呂後の照れるあたりはいいですね。

初えっちとなる2話「近親相姦」
あのアパートには基本1人暮らししてるのかな。
(※母親がどうのという発言は妄想内なので、そっち設定だと思う)
食事を作るため訪ねてくるお兄ちゃん(1話)ほか、
今日はこっちに泊まっていくから
という発言がありました。
そう、この人はかなり面倒見良く、商業デビューして頑張る彼女をやんわりとサポートしてました。
わざわざ妹のために食事を作るほか、2話では終わり頃を見計らって周囲のお手伝いを当然のようにしています。
まるで文句も言わず、大したものですよ。
性別逆みたい。

後半はそんなお兄ちゃんとのえっち描写です。
ちなみに、「八重ちゃん」は基本的に下着(ブラ)は着けない娘さんなのね。
外出時は無論のこと、過去の学生時代(妄想ですが)でもノーブラっぽいのです。
かなり無防備で、家ではゆるゆるとシャツを着ており、よくバストトップを露出させていました。
わざわざアピールするシーンもあったりして、お兄ちゃんはえっち以前からちらほら胸を見てます。
妹いないので詳しく分かりませんが、例え目撃していても、ああしたもの(→まともにそれとして見ようとしない)でしょうねー。
そのため、漫画のように「八重ちゃん」からバッチリ誘う必要があったと思います。

ヒロイン特集3:「八重ちゃん」甘え中
※ヒロイン特集3:「八重ちゃん」甘え中
 お兄ちゃんはかなり面倒見の良い人でしたよ。

3話「水着少女プリン」、4話「気持ちの導火線」は眼鏡のアシスタント「ゆあ」ちゃんの活躍するお話。
こちらで「八重ちゃん」はコスプレをしているんですが…連続話の後に収録されている漫画「水着少女プリン 第8話」が元ネタです。(※2ページのショートで、おまけ風情)
こちらは「ゆあちゃん」との百合えっちです。
妄想のみでネタを作る「八重ちゃん」と違って、かなりの経験者であるみたい。
その前後にあった、お兄ちゃんとの会話も秀逸です。
「ゆあちゃん」としたコトによって、意識が変化しているのに注目下さい。

ツインテール、お下げなど、異なる髪型が見れる5話「快楽の天秤」
冒頭のツインテールは「水着少女プリン」そのもので、察するに「ゆあちゃん」のリクエストでしょう。
こちらでは、眼鏡を掛けていた学生時代の「八重ちゃん」も登場するので注目。
妄想癖は当時からだったのね(笑)
後半のアレも…まさかのオチでした。
うわわ、「八重ちゃん」は相当に重症ですねー。

収録でのラスト6話「不可侵行為」は、色々と考え、経験(?)をした上で「八重ちゃん」の出したいちおう結論みたいなもの。
エロ漫画家としてっっ
とか、誤魔化してもいました。
うん、建前としてはベストでしょう。
念のため詳細は伏せておきますが、
そんなに嫌がられると余計に見たくなるっ
その前後は、非常に良かったですよ。

そろそろ歯止め利かなくなりそうでしたが、1巻はこれにて終了。
新キャラらしき顔も見え、これからどうなるのか次を期待して待ちたいと思います。

なお、前後編「親子羊おおかみ」は若妻「堀田綾」さん。
まだ子供はおらず、いつも1人で留守番をしていたお隣の子「ろう」くんの面倒を見ていた「綾さん」でしたが…という、なかなか驚く展開な漫画。
ちと現実離れしてましたけどね。
どっぷりとしたえっち展開ですよ。
先の連続話が適度な軽さで面白かったので、ちとカップリングにはどうかなぁ。
できれば表題作のみにしてほしかったー。

絵柄は毎度の如くコテコテしてます。
こってりなんですが…今回は心なしか、あちこち適度なバランスでまとまっているように感じました。
単に「八重ちゃん」が気に入っただけかもしれませんが。
胸から太ももまでのぽってり、むちむちとした肉感は絶妙。
例え服を着ていてもそんなんは変わらず、うっすら胸が透けていたり、やたらパンチラしてるのもいつも通り。
まさしく成年漫画という、えっちな絵です。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ありません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: より洗練されたように感じました。見易かったです。
・話4: 妄想によってごちゃごちゃしてる、表題作だけでない、という理由から。個人的には満点。
・独5: ヒロイン「八重ちゃん」を成年漫画家に設定したのは大成功だと思います。
合計:[14/15]

容姿・性格どちらも、「真央ちゃん」より刺さりました。
前述したように、軽々しくも、重々しくもない漫画が、ひでるさん的には非常に良かったです。

シス☆ブラっ

シス☆ブラっ (いずみコミックス)

★「ゼロの者」センセの漫画紹介記事。
 「エロメスのつくり方
 吸血鬼な母親「さなえさん」との近親えっち「ちぃまま」、2話の「女子能力開発部+」などを収録。
 「絶頂スイッチ
 猫耳「山田さん」ほか、むちむち姉妹との3話連続「ねえさんP」を収録。
 「わすれな 2巻[完結]
 「わすれな
 兄妹の近親モノ長編。緊張感たっぷりな描写がポイント。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール パンチラ コスプレ ポニーテール バストトップ

■会長のいいなり! (シャチカマボコ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・コメディー
・おまけ: あとがき、作品解説。
・その他: カラー(10P)、短編×9(うち「会長のいいなり!」×4、
      「えんまさばき☆」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シャチカマボコ」センセの「会長のいいなり!」です。

最近出ずっぱりで体調は悪化し続けていましたが、昨日1日でなんとか回復しました。
やっぱり休日はゴロゴロするに限ります。
二度寝というのは、なんとも幸せなコトですねー。
やらんといかんことは山ほどあるんですが。

さて、ダレるひでるさんは置いといて、以前「月と太陽」を紹介している「シャチカマボコ」センセです。
2冊目の単行本「会長のいいなり!」でした。
表題の連続話ほか、もう1つ連続話、そして短編という構成で、2本のメインが牽引する単行本。
うち、魅力的なヒロインが君臨する表題の漫画はオススメです
…好み合えばですが(笑)

エンマさん、鬼さん
※左:エンマさん、右:鬼さん
 もう1歩、2歩なんらかあれば良かったんですが。

「えんまさばき☆」、「続・えんまさばき☆」、「続々・えんまさばき☆」と続く、もう1つの連続話。
解説によると、表題作よりも「シャチカマボコ」センセ的にはお気に入りな様子でした。
なお、「続々・えんまさばき☆」はショート漫画でしたが、8ページは全てカラー原稿だったりします。

主人公「中野京也」は、気付いた時には全裸で横たわっていました。
目前にいた娘曰く、
あなたは死んじゃったんですよ?
とのこと。
そう、その女性こそが、彼を裁く「エンマ」さまだったのです。
情けない死因で、また特に良いでも悪いでもない彼をどうするか決めかねた「エンマ」は…”画期的な裁き”を思いついたのでした。
だいたいそんな感じ。

コメディーちっくなお話です。
各話は軽い繋がりになっており、1話目はショートカット・巨乳の「エンマさん」、2話目はそのオチ部分に登場していたツインテール・貧乳の「鬼」さん、カラーの3話目は複数という感じ。
たぶん、「逝く」、「ハメられる」という語呂合わせな漫画ではないかなぁ。

「エンマさん」とは天国か地獄かの裁きに関わって、「鬼さん」とは(いちおう)拷問からのえっちでした。
キャラ的に可愛らしい、後者のが面白いですね。
饅頭こわい”みたいなパターンになってます。
悪くはないんですが…せっかく地獄という題材なのに捻りなく、すっかーと終わってしまったのは残念。
ちなみに、この漫画を読んでいたひでるさんは、「はっちゃけあやよさん3 私、逝っちゃったんです」を思い出しました。
懐かしいなぁ。
果たして、知ってる人はどれだけいるんだろう。

生徒会会長「美里さん」
※生徒会会長「美里さん」
 美人ではあると思いますが…ちょっと近寄りがたいオーラがありますね。

表題作の「会長のいいなり!」は全4話。
生徒会の会長「美里」さんのことが好きで、生徒会に入った「浅田」くん。
会長と同じ部屋で作業をしているうち…無意識にそれを口にしていたのでした。
それならばと、「浅田くん」は思い切って告白したところ…
なら、今から私の言うこと、ちゃんと聞けたら付き合ってあげる
そうして、「美里さん」は妖しげな笑みを浮かべたのです。

先ほどの「えんまさばき☆」とは逆で、「シャチカマボコ」センセ的には描きづらかったらしい連続話。
ただ、ツリ目でSちっくなこちらのヒロイン「美里さん」は、気高さと妖艶な魅力のある方
これが非常に良いんですね。
いちおう↓表紙は彼女なんですが…そちらは構図もあってデフォルメ強く、本来ある「美里さん」の魅力が伝わりません。
こちらが非常に残念。
正直なところ、ひでるさんは最初スルーしてしまいましたから…。

告白から発展する1話目。
ぶっちゃけ、もっとも「美里さん」が魅力的なのがこちらのエピソード
コスプレとか、コメディー描写は違うような。(←まぁ、お話を続けるには仕方ないかもしれませんが)
実は○○ながら、そうと感じさせない、余裕たっぷりな態度・雰囲気が素敵でした。
勢いあったとはいえ、あんな「美里さん」に告白した「浅田くん」もなかなか大したもの。
ちょっとおっかないですよね(笑)
くすくす笑うような、にんまりとした笑顔もいいです。
彼女自ら「恋人」とか言っているのも意外でした。

「美里さん」がお弁当を作って教室まで来るというオープニングの2話目。
自らの人気を自覚しており、前話での台詞そのまま「浅田くん」をイジメるためというのがまた最高でした。
そう、これでこそ「美里さん」です!
注目なのはこちらのえっちシーン。
実はラブラブなのは彼女の方で、かなり彼に傾倒しているみたいなんですよ。
あのSちっくな顔に隠された心情が垣間見えるようでした。

彼女の「美里さん」
※彼女の「美里さん」
 わざわざお弁当を作って持ってくるという茶目っ気は、いかにも彼女だと思います。

「美里さん」のナースコスプレが楽しめる3話目。
台詞から察するに、前話から直接繋がっているみたい。
ここは縛る描写かな。
彼が病気であるためか、ちょっと雰囲気違っていた「美里さん」でしたけど、その部分については間違いなくいつもの彼女であったと思います。
4話は、逆に「美里さん」が体調を崩してしまうお話。
個人的に最も刺さらなかったのがこちら。
うーん、なんだか期待していた彼女ではありませんでしたよ。
描き慣れたためか、お話の関係か、絵柄もちょっと可愛らしい雰囲気がありました。
…とはいえ、「美里さん」が見逃しがたい魅力を持つキャラであるのには違いなく、個人的に刺さったストーリーでした。

ほか、短編は”バニーが描きたかった”という「ばにーハウス」
自宅ではバニー衣装が当たり前という「宇佐美楓」さんのお話。
ぶっちゃけそんなん大好きで、彼女の母親のバニー姿とかやっぱりなオチとか良いんですが…問題はあのファスナー
ちょっとコワくないですか?
はさみそう。
「サキたん・リフレッシュ!」は職場と自宅で豹変する姉「相田沙希」さんのお話。
かなり極端に性格が変わってます。
それはそれとして…やっぱり凛々しいお姉ちゃんのがいいなぁ。

すっきり丁寧な線の絵柄。
強い色使いでしたがあまりコテコテ描き込むことなく、全体では見易い感覚です。
小さいコマも目立ち、コマ割りは結構複雑でした。
人物絵は広い輪郭と、横に長い目が特徴で、デフォルメのある表情まで描かれています。
ちょっと癖を感じますかね。
前巻と同じくバランスに崩れるところがあったものの、さほど気にするほどではありません。
安定感がありました。
判断には、↓表紙よりも裏表紙のが良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 全体的に悪くはなかったです。ただ、もうひと押し欲しいかなー。
・話3: 「美里さん」は好きですが、短編などのがまとまってたかも。
・独4: 連続の2本はどちらもあまり見られない漫画だと思います。
合計:[10/15]

こないだの「あまみさん」な単行本に対し、こちらは「美里さん」につきる単行本でした
また描いてほしいですが…「シャチカマボコ」センセ、どうでしょう?

会長のいいなり!(TENMAコミックス)会長のいいなり!(TENMAコミックス)
(2010/05/21)
シャチカマボコ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー コスプレ ショートカット ツインテール

■ひまわり the Door into Summer (森崎くるみ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 原作ゲームコメディー
・おまけ: あとがき、カバー裏にまちがい探し・別絵・コメント。
・その他: 原作「ぶらんくのーと」、折り返しにコメント、カラー(4P)、
      4話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森崎くるみ(もりさき・くるみ)」センセの「ひまわり -the Door into Summer- 1巻」です。

なんだか”原作ゲーム”が続いたので、本日もそんなんにしてみました。

こちらは、よく分からぬまま購入しました。
何気なく見た↓表紙に、「森崎くるみ」センセのお名前を発見したんですね。
まったくノーマークでしたが、無事ゲットできました。
そういった一瞬のみ、能力解放されるひでるさん。
こうして、また本が積まれていくのですが…。

そんな訳で、一般系では「死神とチョコレート・パフェ」、「やみ憑きマリス」、成年系では「Precious」など、このブログではちらほら取り上げている「森崎くるみ」センセです。
新刊「ひまわり -the Door into Summer-」は、「ノストラダムスに聞いてみろ♪」と同じく原作ゲームな漫画でした。

アクア
※アクアさん
 漫画版・外伝での主人公は彼女。

毎度のことながら、ひでるさんは未プレイ。
まっったく知識のない状態ですね。

原作「ぶらんくのーと」さんは同人サークルのようですが、ゲーム本編はシナリオがスゴくかなりの人気があった様子。
今回の漫画版では、その原作者である「ごぉ」さんが、直接参加しておりました。
最近流行りな傾向ですね
お話は外伝という位置付けになっており、書き下ろし・オリジナルストーリーになっています。
ファンの方には嬉しい仕様でしょう。

”単体でも1つの物語として楽しめるように~”
そう書いておられましたが、正直知識ゼロなひでるさんにはやや難解
ちょっと敷居は高めです。
本編の方は「檜山大輔」センセの手で漫画化されており、そちらはほぼ原作通りみたい。
気になった方は、とりあえず見てみるのが良いかもしれません。
(※「ガンガンJOKER」のHPで、1話が立ち読みできましたよー)

4ヶ月ぶりに宮浦へ戻った「アクア」、「アリエス」
「アリエス」の希望でふらりと立ち寄った公園にて、旧知の仲である「日向陽一」と再会しました。
続いて部長「雨宮銀河」、「西園寺明香」ら宇宙部の面々とも再会を果たし、相変わらずなそれぞれに喜ぶ2人。
そうしたほっとした空気の流れるなか、実は「アクア」らにはとある目的があったのでした。
…こんなんかなぁ。

さきほど原作ゲームのHPを見て驚きました。
ゲームは”ロリっ娘宇宙人同棲ADV”なんですね!
あちこち登場する女の子らは華やかで、一見するとよくあるラブコメちっくな漫画。
(※百合な雰囲気でしたが)
しかしその一方で、2人に与えられている任務とか、戦闘シーンとか、過去の事故とか…時々シリアスな描写も差し込まれていました。
読んでいる際には訳分かりませんでしたけど、そうした方面の要素もあるんですね。

原作には登場するのかな?
2話から顔を見せていた、宇宙部顧問・教師「登場楓」が1巻でのポイントになっています。
なかなか重要な役回りみたい。
ラスト部分を考えると、あるいは2巻からがメインとなるストーリーが展開されていくのかもしれません。
1巻の時点でアレコレ言うのは違うのかも。
ただ、そうとした場合は仕掛けが遅すぎです。
説明も全体的に不足しており、漫画で何が起こっているのかいまいち理解できません
なんというか、知らぬ言語のテレビ番組を見ているような感覚
(※ところどころ分かる、という感じね)

「森崎くるみ」センセのお力によって、コメディーほかサービスカット(ちょっとだけ)は良いモノありました。
「アクア」、「アリエス」のやり取りも面白いです。
ただ、終始うっすらとした霧に包まれてるみたいで、漫画に集中できませんでした。
原作のファン向けでしょう
もともと全体ページは薄い上に宣伝あったので、それならばキャラ紹介とか、あらすじとか、一見さんにも優しい配慮が欲しかったです。

あやしい2人
※「アリエス」・「アクア」、あやしい2人
 この2人の関係もイマイチ分かりませんでした。

そう、こちらは手に優しい重量の、極薄単行本なんですね。
まるで絵本みたい。
全148ページでした。
(※ついこないだの「どっちもLOVE!?/木谷椎」は150ページ)
前述していますが、巻数表記から察せられるそのまま、お話は続くみたい。
そう考えると…全体話数との兼ね合いとか、はたまたPSP版の宣伝目的兼ねるとか、この時点での発売は大人の事情によるものかな。
どうせなら、もう5割増しくらい収録が欲しかったです。

原作のメインヒロインは、「アリエス」の方なんですね。
こちらの漫画版では、もう1人の主人公らしい「アクア」の視点で進んでいました。
時間的には最も後のお話になっているみたい。
はっちゃけて可愛らしい「アリエス」に対し、ちらほら影のある「アクア」
ミステリアスな言動と、ツインテールに黒の服装など、何かと目立つキャラです。

皆で海へ向かう2話での、「陽一くん」に跨って海へ入る彼女が好き。
わっ、ヨーイチ型のうきわですっ!
とか言われていました。
ちょっとえっちで羨ましいシチュエーションですね(笑)
彼女は泳げないようですし。

また、カバー裏で描かれていたように、「雑誌ではエロすぎてダメ」という部分ほか、雑誌上ではNGだった部分が単行本化にあたって差し替えられていました
2話での着替え・温泉シーンにての全裸も、そういった差し替え部分なのかな。
軽くですが、しっかりバストトップまで描かれています。
個人的には、4話の「アリエス」が可愛いです。

相変わらずコメディー描写の巧い方。
バランス・濃淡など作画も安定しており、可愛らしい人物絵です。
原作よりも漫画ちっくですね。
先の「檜山大輔」センセ版がすらりと縦長なのに対し、こちらは丸っこい印象。
「アリエス」は完全に「森崎くるみ」センセっぽくなっていたと思います。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙での判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: キュートな絵柄で個性は強いものの、コメディー描写など巧い方です。
・話3: おそらく原作のファン向けだと思います。
・独3: 現時点では際立つモノなく、判断し辛いです。
合計:[11/15]

普通のヒロイン漫画とは違うのかな。
しかし、原作を知った前提っぽく不親切な構成であり、よく分からない印象のが強く、またサービスシーンも頻繁でなく…。
イマイチ刺さりませんでした。
2巻以降は面白くなる、もやもやが解消されるかもしれませんが…どうしよう。


ひまわり ―the Door into Summer― (1) (角川コミックス・エース 205-2)ひまわり ―the Door into Summer― (1) (角川コミックス・エース 205-2)
(2010/04/22)
森崎 くるみ

商品詳細を見る


※参考1: PSPゲーム版
ひまわり -Pebble in the Sky - ポータブル(通常版)ひまわり -Pebble in the Sky - ポータブル(通常版)
(2010/04/22)
Sony PSP

商品詳細を見る


※参考2: 「檜山大輔」センセ版
ひまわり 2 (ガンガンコミックスJOKER)ひまわり 2 (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/02/22)
ごぉ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール 原作ゲーム ラブコメ バストトップ

■真説猟奇の檻 第2章 (香月りお)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・原作ゲーム
・おまけ: カバー裏にあとがき・キャララフ・原作者コメント。
・その他: 原作「佐野一馬」、原作ゲーム紹介ページ、
      カラー(6P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「香月りお(こうづき・りお)」センセの「真説猟奇の檻第2章 Remains of the darkness」です。

ちらほら見かける、原作ゲームのコミカライズ。
こちらでも何度か取り上げていますが、ひでるさんはやってないゲームがほとんどです。
もう、そんな時間ないんですねー。

そんな時、発売表でふと見かけたのがこちら。
「真説猟奇の檻第2章 Remains of the darkness」でした。
何年前ですかね。
(⇒発売1996年ということなので、14年ぶりでした。うそーん)
思い出します、「猟奇の檻 第2章」
あれは良かったー。
ぶっちゃけはっちゃけた感じもありましたが、「横田守」さんの描かれる魅力的なヒロインからサスペンス描写、タイミング(時間)のあるゲーム性や深いシナリオなどなど、非常に良く出来ていたんですよ。
ばちーとハマってしまった当時のひでるさんは、ほぼ全ヒロインを攻略したほか、勢いそのまま原画集とか、OVAも買ってました。
あの作品に合った重厚な音楽も好きで、それを聞くためだけに起動したりもしてましたよ。

…は。
このままだと”懐かしゲーム回顧録”みたいなブログになってしまうので、元に戻します。

島本和子、日泉ひかる
※左:島本和子、右:日泉ひかる
 相変わらず良いお尻でした。やはりジェットコースターが必見。

いつの間にかリニューアル版が発売されていたようで、今回の「真説猟奇の檻第2章 Remains of the darkness」はそちらの発売に合わせて連載されたものみたい。
まるまる単行本1冊を使った全10話はかなりのボリュームで、262ページというブ厚さ
成年漫画なのでえっちシーンを交えつつも丁寧に描かれている印象で、きっちりエンディングまで収録されていました。
読み応えあります。
お話については…このままひでるさん普通に書くと多分ネタバレになってしまうので、当たり障りない絵柄の話題からにします。

太めで強い線な絵柄の「香月りお」センセ。
作品の雰囲気もあってか黒が目立ち、またトーン処理の多さもあって、全体は濃厚です。
背景もしっかりしてました。
重要な原作絵との比較ですが、そちらより漫画っぽい印象。
基本的に大味で、崩れたっぽいコマも見られます。
しかし、良く描けているコマもあり、だいたいは許容範囲だと思います。
このあたりは人によって大きく違うでしょうけどねー。
雰囲気たっぷりで綺麗にまとまっている↓表紙とは、やや差を感じるかもしれません。
見辛いですが、裏表紙のが判断に良いでしょう。

北沢牧子
※北沢牧子
 この娘もいいんですよねー。ちょっと出番は少な目でしたよ。

そんな訳で、これからお話について記述していきます。
前述したように、ネタバレを避けて書くのは…好きな作品ということもあって、たぶん無理(笑)

なので、未プレイ・未読な方はこれ以下に進まないことをオススメしておきます。
また、ゲームプレイ済みという方も、漫画版がどんなシナリオで描かれるのか知らない方が絶対に楽しめると思いますので、同様に進まない方が良いかと。
もろもろ大丈夫そうな方のみ、続いて下さい

 ・
 ・
 ・
 ・

そろそろ良いですか?
いきます。

ストーリーは原作そのまま、単行本では紹介帯裏面から冒頭のゲーム紹介ページにも書かれていました。
そう、この単行本の冒頭数ページはゲーム・登場人物紹介になっているんです。
色々と原作ゲームな漫画を見てきましたが、こちらはかなり親切・丁寧
ややこしい話なので、良い構成だと思います。
他も見習うべきではないかなぁ。

コンピューター制御のハイテク・テーマパーク「ファンタージェン」に警備員として出向してきた「斉藤剛史」
華やかな世界で多くの美女に囲まれ、またエンジニアの「島本和子」、パレードのダンサー「日泉ひかる」など、気になる相手もちらほらという楽しい職場。
しかし、同僚スタッフの1人「梶原まこと」の死を切っ掛けに犠牲者は増え、さらには失踪していた開発者「草加部総一郎」から犯行声明が届いたのでした…。
だいたいそんなん。

前述したように、ほぼ原作ストーリーそのまま
漫画は事件の鍵を握る人物の1人、「財前瑠璃子」のえっちシーンとその死から始まっています。
2話までがキャラ・舞台紹介という感じ。
ある程度端折っているので、知識がないとやや厳しいかもしれません。
2話の後半が飲み会、「和子さん」とのえっちでした。
眼鏡が素敵な彼女ですが、こちらは取っている上に髪も下ろしているので…なんとなく別人ちっく。
ひでるさんのお気に入り、「神崎志津子」さんの決め台詞、
馬鹿ッ、大馬鹿ッ特上馬鹿ァッ!!!
が見られるのが3話。
なんだか懐かしいですねー。
梯子の「和子さん」も描かれており、あいかわらず良いお尻でした。
こちらのヒロインは「ひかるちゃん」
あっさりえっちしてましたが、成年漫画ですからねぇ。

またまたひでるさんのお気に入り、「宮下たまみ」が顔を見せている4話。
ぶっちゃけ、彼女の出番はここだけ
”覇皇天砕流柔術”の披露もありません。(←まぁ、余計なページ使う余裕はないか)
そうした「たまみちゃん」ほか、オペレーター「佐久間由佳里」、責任者「天野美雪」、刑事「胡桃沢裕子」などはいちおう出番のあったものの、えっちシーンはありません
店員「緑川さくら」は見当たらなかった(たぶん)ですね。
そのほか、実は「北沢牧子」さんのえっちシーンもありません。
お話の流れ的に仕方ないところでしょうねー。
ここでのえっち担当は、原作通りに「笹塚京」でした。
大きいコマ割りで見開きページがあったり、なかなか力が入ってました。

神崎志津子、宮下たまみ
※左:神崎志津子、右:宮下たまみ
 ゲームでお気に入りな2人です。「たまみちゃん」の出番少ないのが残念。

「まこと」の死体発見後の5話は、「和子さん」とのジェットコースターえっちが再現されてます。
こちらは眼鏡で髪も束ねたままですよ。
相変わらずムチムチしてていいなぁ、とか油断して見ていたら、原作そのままの展開になってしまいました。
犯行声明と「志津子さん」とのお出かけが描かれる6話。
彼女は冒頭1話でも下着姿を披露するなどなかなか出番が多かったですが…ぶっちゃけ、こちらの漫画は「志津子さん」ルートです
ひでるさん的には万々歳(笑)
ただ、後半のシーンは逆に見ていて非常にしんどかったですが…。
7話は「志津子さん」とのラブえっち。
前回からの続きで、縞模様な下着が素敵でした。
本編正ヒロインとされているだけあって、ページ数多く、丁寧に描かれています。

「佐渡島慈吾郎」など、警察が登場するのは8話から。
いちおう伏せますが、7話からの間でもう1人犠牲者が出ております。
あれはちょっとしんどい描写でした
また、この付近は「森本弘美」、「志津子さん」らの伏線が描かれている重要な回で、クライマックスの9話へと繋がってます。

ひでるさんはバッドエンドが苦手なので、ゲームでは救出展開ばかりにしてましたが…そう、タイトルは”猟奇の檻”ですもんね。
単行本の後半は、そんな感じに展開します
さほど極端ではなかったものの、苦手な方は気をつけて
逆に、最後で登場する眼鏡の彼は、もっとグロテスクな描写でも良かったかも。

とにかく、8話からはがっつりでしたよ。
(※ただ、逆にそんなんがお好きな方には、描写としてやや物足りないかもしれません)
最終的には、いちおうそう悪くない感じで終わっていました。
ひでるさんもひと安心です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: あちこちしんどい描写があるので、そっちの耐性があるかどうか。
・話4: やや駆け足の部分もありましたが、お話・えっちと、頑張っていました。
・独4: すみません、あちこち好きなので。
合計:[11/15]

個人的には、久しぶりに「猟奇の檻 第2章」の雰囲気を味わえて大満足でした。
今回はあちこち懐かしさも手伝っているので、宜しくお願いします。

真説猟奇の檻第2章

真説猟奇の檻第2章Remains of the darkne (OKS COMIX)

※こちらがリニューアルの原作ゲームです。
真説 猟奇の檻 第2章真説 猟奇の檻 第2章
(2009/05/01)
Windows

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 原作ゲーム バッドエンド ジェットコースター サスペンス

■ソルフェージュ~Sweet harmony~ (さわななお)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 原作ゲーム・百合
・おまけ: あとがき、描き下ろし「Symphonie:5~希望のコンチェルト~」、
      描き下ろし4コマ「Symphonie:6~allegramente~」
・その他: 原作「工画堂スタジオ・くろねこさんちーむ」、
       初単行本、5話+4コマ集収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さわななお」センセの「ソルフェージュ ~Sweet harmony~」です。

今月は「百合姫コミックス」いっぱいです。
単行本「クローバー」が刺さった、「乙ひより」センセの最新刊「オレンジイエロー」がまた良かったんですよ。
ただ、同時に「水色シネマ」も発売されており…表紙イラストが似た感じだったので、双方の関連性を探すためにも単独ではできません。
まだそっち読んでないんですね。

宮藤かぐら、高屋すくね
※左:宮藤かぐら、右:高屋すくね
 こんな感じです。可愛く仕上がっていました。

そんな訳で、本日は原作ゲームという「ソルフェージュ ~Sweet harmony~」です。
えー、長編モノでキャラクターとか名前を引っ張りやすいかなー、ということでチョイス(笑)
今日のひでるさんは、長時間の移動でへとへとになっているんですね。
今も強烈な睡魔がぐるぐると頭を回っています。
ねむいですよ。

伝統のある女子校「桜立舎学苑(おうりつしゃ・がくえん)」の高等部へ入学した、主人公「宮藤かぐら」
もともとそちらの中等部に在籍しておりましたが、両親の都合で3年ほど海外で暮らしていたのです。
そんな「かぐら」がわがままを言って再びそちらへ通うこととしたのは、”チューターの契り”を結んだ「高屋すくね」と会うためでした。
より大人っぽく、美しく、気品あるようになっていた、生徒会長「すくね」と学園で無事再会を果たした「かぐら」
彼女の奏でていたフォルテールに、蘇ってきた昔の感覚でぴったりと歌を合わせたんですが…
「宮藤さんは歌がお上手なのね。初めてのセッションでこれだけ合わせられることはそうないわ」
そうした、初めて会う一般生徒と変わらぬ対応だったのです。
だいたいそんな感じ。

紹介帯によると…”話題の百合ミュージックADV”だそうです。
うっはー。
今のゲームって、そんなスキ間ちっくなジャンルがあるんですね!
すごいなぁ。
さらに驚いたのが、その原作が「工画堂スタジオ」さんということ。
PCゲームからすっかり離れたひでるさんには懐かしいお名前。
まだ健在であることが嬉しいです。
そう、「シークエンス・パラディウム」とか買いましたが、あれ結局良く分かんなかったんですねー。
ほか「シュヴァルツシルト」もまるで合いませんでしたよ。
基本的には相性の悪いメーカーさんでした(笑)

ストレス描写です
※ストレス描写ですね。
 右の先輩「天野まり」さんの4話は陰湿でしたねー。あれは泣く。 

ゲームはともかく、漫画ならばまた別の話。
こちらの「ソルフェージュ ~Sweet harmony~」は、ほぼ原作通り(たぶん)な単行本です。
描き下ろしを含めて5話で終わっているんですが、完結はしておりません
2巻とか発売されませんよね?
巻数表記はなく、続きあるような文言も見当たりませんでしたから。

いちおう、ある程度の区切りで終わっていたものの、
なぜ「すくね姉様」の記憶がないのか?
…という、メインな疑問を筆頭に、全てについてほったらかしです。
あれー、終わりかよー、って思うでしょう。
「続きはゲームにて」
みたいな文言もなく、ばっさり終わってました。
ちょっと不親切よね

また、漫画に出てくるキーワードの数々。
「ソルフェージュ」、「チューター」、「フォルテール」、「セッション」など、カタカナ用語がぼんやり不確かでした。
音楽知識がばっさりと欠落しているひでるさん。
ミュージックADVということなので、「まぁ、仕方ないんだろうなぁ」って思ってましたが…。
このブログを書くのにあちこち検索していて判明。
「フォルテール」って、楽器を指していたので想像と合っていたんですが、一般的な音楽用語ではありませんでした。
そうなのかー。
原作の紹介を兼ねるでもいいので、巻末とかに説明がほしかったなぁ
ページぎりぎりでなく、それも不可能ではなかったと思います。
ちょっと敷居は高めでしょう

ゆうなさん
※ゆうなさん
 お助けキャラですね。いい人でした。結構深い関わりがあるのではないかなぁ。

また、気になったのがキャラ配置。
主人公はちょっとドジで頑張り屋、その相手は皆の憧れという大人っぽい美人。
年上な彼女に冷たくされたり、先輩に意地悪されたり、悩みつつも仲の良い友人らの励まし、持ち前のガッツによって、関係を深めていく…というようなの。
百合ちっくな学園ジャンルの基本というべきもので、はっきり言って目新しさはありません。
逆に”王道をしっかり押さえている”とも言えますが、前述しているようにストーリーは中途半端なままでした。
原作はどうか知りませんが、これでは漫画としてあまり評価できません

要するにファン向けなのかな。
ゲーム紹介漫画としても、ヒット性の打球ではないかと。
この漫画を読み終わったとして…果たして続きが読みたくなるかなぁ、って感覚。
個人的に微妙でした。

ブログで何度か紹介してますが、最近のコミカライズでは原作に関わった方が積極的に漫画にも関わる姿勢が見えます。
ヒロインを絞って余計な要素を省いていた「キスよりさきに恋よりはやく/唐辛子ひでゆ」、ストーリーをふっ飛ばしてヒロインとのイチャイチャに終始していた「Canvas3/宇佐美渉」、漫画媒体向けでアレンジされていた「スマガRE/廣瀬周」、「凛~COCORO NAVI Another View~/しんやそうきち」など、良くなるように色々と考えられていた作品らと比べると、数段低いと思います
極端に悪いのではありませんが、なんとなくオススメし易い単行本ではありません。

すっきりした線の丸っこい絵柄。
濃淡も同様で、白比率は多めです。
多少ごっちゃりしてますかね。
やや乱れたような部分もありましたが、さして気にはならない程度。
可愛く安定しておりました。
そう、実にキュートな絵柄なんですね。
先ほど原作を見てきましたが、そちらよりもだーいぶ漫画っぽくなってます
原作「椋本夏夜」さんの絵はスマートな綺麗さがあったので、↓表紙の時点で許容できるかどうかがカギになるでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 漫画の上で動かし易くデフォルメされた感じです。
・話2: 続きが発売されるなら別ですが…中途半端ですね。
・独2: 音楽要素が独特な原作と違い、普通の百合漫画でした。
合計:[7/15]

すみません。
ばっさり書かせて頂きましたが、個人的に納得してない・合わないだけのことで、そう悪い漫画ではないと思います。
よくよく吟味してみて下さい。
絵柄、ジャンルが合うなら、手を出してみても良いかと。

ソルフェージュ~Sweet harmony~ (IDコミックス 百合姫コミックス)ソルフェージュ~Sweet harmony~ (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2010/05/18)
工画堂スタジオくろねこさんちーむガンホー・オンライン・エンターテイメント

商品詳細を見る


※こちらが原作。
ソルフェージュ ~La finale~【Amazon.co.jp オリジナル特典ドラマCD付】ソルフェージュ ~La finale~【Amazon.co.jp オリジナル特典ドラマCD付】
(2009/11/05)
Windows

商品詳細を見る


★過去に紹介した百合姫コミックス (※作者名あいうえお順)
此花亭奇譚/天乃咲哉
flower*flower ふらわーふらわー/石見翔子
アオイシロ-青い城の円舞曲-/江戸屋ぽち
かわいいあなた/乙ひより
クローバー/乙ひより
マーメイドライン/金田一蓮十郎
リンケージ/倉田嘘
春夏秋冬[限定版]/蔵王大志
・初恋姉妹1巻 3巻[完結] /東雲水生
百合心中 猫目堂ココロ譚/東雲水生
EPITAPH エピタフ/硝音あや
乙女戦士ラブリー5!/城之内寧々
ラブフラッグ★Girls!!/高橋依摘
乙女ケーキ/タカハシマコ
紅蓮紀/武若丸
少女美学 秘蜜少女 /CHI-RAN 
ゆるゆり/なもり
voiceful/ナヲコ
ときめき☆もののけ女学園/南国ばなな
この願いが叶うなら 夜空の王子と朝焼けの姫/袴田めら
SIMOUN シムーン/速瀬羽柴
・ストロベリーシェイクSweet1巻  2巻[完結] /林家志弦
飴色紅茶館歓談 限定版/藤枝雅
極上ドロップス/三国ハヂメ
マイナスりてらしー/宮下未紀
絶対×浪漫/むっちりむうにい
楽園の条件/森島明子
半熟女子・瑠璃色の夢/森島明子
くちびるためいきさくらいろ/森永みるく
・GIRL FRIENDS1巻 2巻/森永みるく[おまけ] 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 原作ゲーム 百合漫画 百合姫コミックス 工画堂スタジオ

■つよカノ (なるさわ景)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・強気
・おまけ: あとがき、イラスト、カバー裏に作品解説①②、
      描き下ろし「いじめっこな彼女 そのご」、
      合間にキャラ設定ラフ集。
・その他: 初単行本、短編×12(うち「いじめっこな彼女」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「なるさわ景(なるさわ・けい)」センセの「つよカノ」です。

…どっかで聞いたようなタイトルですね。
響きから想像されるように、強気な女の子が多い漫画集「つよカノ」です。

こちらは「なるさわ景」センセの初単行本。
収録の各話は短編で、当然そうでない娘さんもおりました。
描き下ろしで連続になっているお話もあります。
強気でもそうでなくとも、基本的にラブラブカップルばかりな漫画集です。

杏子さん、根津さん
※左:杏子さん、右:根津さん
 強いのもいいですが、実は「根津さん」も結構お気に入りです。
 
「なるさわ景」センセ曰く”本誌最強キャラ”という「杏子(あんこ)」さんの「いじめっこな彼女」
勉強から体力、果ては身長までも「直巳」くんに差をつけている「杏子さん」
昔から負けず嫌いな「直巳くん」はしばしば抵抗してたものの、ことごとく返り討ちにされていたのでした。

↓表紙はこちらの「杏子さん」です。
そちらでは可愛らしいポーズをとってましたが、確かに最強ですね。
冒頭で「直巳くん」が”凶悪な暴漢3名に襲われる”というシナリオをたてていた際には、てっきり逆のパターンを想像しましたが…。
それでこの後直巳は何をしようと思ったのかな?
作戦が筒抜けではあったものの、男子3名を相手に余裕の表情でした。
代わりに「直巳くん」が首輪つけられたりして(笑)
結局のところ、ラブラブな「杏子さん」は自ら首輪をつけたりして、えっちに展開するものの、「いじめっこな彼女 そのご」でも描かれていたように優劣はまるで変化していないのです。
まぁ、そうだろうなぁ。
ちなみに細かいですが、「杏子さん」の喋り口調がなんだか一定でないような感覚を受けました。

「放課後ごっくん」も幼馴染みの2人。
先のカップルとはちと関係が変わっています。
当時えっち関係の知識がなかった「桃香」さんは、「実彦」くんの言うがまま色々されていたんですが…
幼なじみの私にいたずらしていたことバラすから
ということで、委員長にもなっていた「桃香さん」はすっかりキャラが変わっていたのでした。
「実彦くん」の自業自得ですね。
そんな彼にああした態度を取っているものの、やっぱりラブラブな「桃香さん」
なんのかんの言いながら、自らえっちに流しておりました。
後半の「桃香さん」がまた可愛いですねー。
いいんじゃないでしょうか。

桃香さん
※桃香さん
 過去描写の彼女に人気あったようですが、個人的にはこの感じのがイイと思います。

ヒロイン「三ヶ日鈴菜」さんの丸出し・放尿で、それをひっかぶる「平山」くん。
…そんないきなりの冒頭から始まる「偶発スレイブ」はお嬢さまパターン。
自らの親衛隊を組織し、校内に専用部屋まであるお嬢さまなんですが…ああした趣味は実行するだけでも大変そうですね。
取り巻き多いだろうし。
私がちょっと悲鳴あげれば平山ただじゃ済まないよ?
そうした台詞もありましたが、確かに彼女が本気を出したら「平山くん」は消し飛ぶでしょうねー。
性癖を知る人物として、実は「鈴菜さん」の欲求不満解消の役に立っております。
脅されているようなもの、プレイの一環。
口調とは裏腹に期待している「鈴菜さん」が可愛いです。
もうちょっとふくらまして、色々なシチュエーションで見たいですね。

「いいなりオートフォーカス」は、裏表紙を担当している生徒会長「夏目桂帆」さん。
没収した本でこっそり独りでシテいた「桂帆さん」は、役員「柳沢」くんに盗撮されてしまったのでした。
まぁ、ビデオ仕掛ける「柳沢くん」も大きな問題ですが、生徒会室でしちゃう「桂帆さん」では反論できないなぁ。
八重歯ほか、反応も良く、くるくると表情を変化させていた「桂帆さん」は実にキュート。
そんなわけあるかー!!
とかなんとか、強い言動が逆に可愛い娘さんでした。
ありゃー、健全な男子はいじめたくなるわね。
もともと知り合いだった「杏子さん」・「桃香さん」らより、個人的にはこちらの「桂帆さん」、「鈴菜さん」ら2人のが良かったです。
なんでだろ。
生徒会長な「桂帆さん」と学園で強い影響のあるお嬢さま「鈴菜さん」のコラボとか面白そうですね。

強気とはちと異なりますが、「妹ラブハート」はえっち好きな妹「真由」さんが兄をほぼ支配している漫画。
あれは照れ隠しみたいな要素があるのかな。
前半の余裕な「真由さん」が、ある切っ掛けからガラリと一変する様をお楽しみください。

お嬢さま「三ヶ日鈴菜」、生徒会長「夏目桂帆」
※左:お嬢さま「三ヶ日鈴菜」、右:生徒会長「夏目桂帆」
 収録で刺さったのはこの2人。「桂帆さん」のコメディー顔が好きです。

タイトルそのまま、お互いに見せ合う間柄なカップルの「みせっこ」
ちらほら見かけるネタでしたが、”見せる”から”触る”に発展した段階で、あーなるでしょう。
その切っ掛けとなるのが、「町田」くんではなく「根津」さんであるのが大きなポイント。
えっちな娘さんです。
本でこういうことしていたからやってみたくて…
とか言ってました。
似た者同士なオチ部分も良いですが、彼よりもディープな品ぞろえになっているのに注目。
「お花見パラダイス」のヒロイン「瀬奈」さんは、オープンにえろい娘さん。
弱っている彼を横目に、その友人をえっちに誘っていました。
ああしたオチになったのは意外でしたよ。

ほか、深夜バイト「音々」ちゃんの「暴走ウエイトレス」
仕事の合間でエロい事している「音々ちゃん」がいいですね。
どうでもない用で呼ぶな、バカァ!!
とか言ってました。…どっちが仕事だ。
オチが良かったですね。
「かけこみ姉」は旦那と喧嘩した義姉「知佳」さん。
お話はいいんですが…「見にきたに決まってるじゃないのー!!」という不自然な抱きつき方が気になってしまいました。
胸に顔を押し当てたいのは分かりますが、結構目立つコマなんですよね。
「おとなりのお時間」はえろい人妻ネタ。
言動とは裏腹に、とかくえっちに動いていました。
分かっているような、そうでないようなというあたりが素敵です。
「にゃんにゃんスパイラル」は喋らないヒロイン「藤森奈月」さん。
キャラとしては悪くないものの、お話はちと微妙。
猫との絡みもぼんやりした感じがしました。

強い線の絵柄。
すっきりとした描き込みで、さらりとした画面でした。
ページはそこそこ賑やかで線の強さはあったものの、濃淡は適度から薄めという感じ。
漫画によって多少の差はあるものの、大勢では問題ありません。
大崩れなく、バランスも悪くないと思います。
どちらかというとコメディーのが合っているかな。
色々考えてイイ言葉が浮かばないのでそのまま描きますが、”ぱっと見の絵柄よりも面白くえっちな感覚”です。
漫画が巧いのか、ヒロインのちょっとした表情が巧いのか、よく分かりませんでしたが。
カラーより、白黒絵のが味ある方です。
だいたいは↓表紙・裏表紙での判断良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 各話で多少の差はありましたが…見た目以上の何かがあると思います。
・話3: 収録各話で平均するとこのくらいかと。次に期待します。
・独3: 強気なヒロインを増やしてほしいなぁ。
合計:[10/15]

ジャンル的に、「なるさわ景」センセの漫画と合っているように思いました。
コメディー描写から、タイプの異なる「杏子」・「桃香」・「鈴菜」・「桂帆」というそれぞれの反応も良かったです。

つよカノ(TENMAコミックス RiN)つよカノ(TENMAコミックス RiN)
(2010/05/21)
なるさわ 景

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■あまみドコロ (睦茸)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき、カバー裏に「あまみドコロ4」、
      描き下ろし「あまみドコロS」
・その他: カラー(8P)、短編×10(うち「あまみドコロ」×5、
      「いやしまい」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「睦茸(むつたけ)」センセの「あまみドコロ」です。

順序は違いますが、とりあえずお知らせから。
こちらの単行本「あまみドコロ」は、某書店での購入が絶対にオススメです
「睦茸」センセのHPによると、購入特典として12ページの小冊子がついてくるのはそちらだけみたい。
ちょっとでも気になった方は、数に限りもあると思うので、書店までお急ぎ下さい。
1話分お得になります

体術に優れる「あまみさん」
※体術に優れる「あまみさん」
 簡単にはこんな感じの漫画です。

いきなり失礼しました。
本日はブログでは「ちちこき」を紹介していました「睦茸」センセです。
「あまみドコロ」は2冊目でいいのかな。
とにかく、表題作のヒロイン「小岩甘美(こいわ・あまみ)」につきる単行本だと思います。

この娘はイイ!!

後半の短編群も良いんですが、それらを霞ませるほどの魅力ある娘さんでした。
ひでるさん、冒頭のカラー原稿「あまみドコロR」の2ページで、早々と撃沈されてます。

似た感じのヒロインでは「ストレンジカインドオブウーマン」の「藤乃紫音さん」がいますが、それ以上の衝撃。
(※また「紫音さん」は2巻目からがちと違ったのよ)
抜群に良いですね

単行本にはカバー裏の漫画「あまみドコロ4」を含めると、6話分が読めます。
前述しました小冊子は「にゃまみドコロ」ということで、猫耳な「あまみさん(※漫画中では平仮名表記が圧倒的に多い)」の漫画がもう1話読めるんですよ。
猫耳がお好きな方は無論のこと、そうでない方にも、
浮気か、シンイチ
…から始まる「あまみさん」がやたらめったら良いので、必見な漫画になっています。

昔馴染みの「小岩甘美」はキス魔でした。
場所が家や通学電車、学校でもお構いなく、また授業中からトイレ中まで、「上田新一」はむやみやたらにキスを受け続けていたのです。
あまりの頻繁さに、困っていた「シンイチ」
説得を試みたもののあっさり失敗、抵抗してみたところするりと抜けられ、”下劣な行為”という嘘についてはまったく効果がありません。
こんなにドキドキして心地良い行為が下劣なわけないだろう?
そんな調子の「あまみ」でしたが、逆に首筋へキスをしてみると…顔を真っ赤にして身悶えるという、意外な反応だったのです。
だいたいそんな感じ。

キス魔な「あまみさん」
※キス魔な「あまみさん」
 ラブラブな漫画は多くありましたが、こちらはまた独特でした。

特定ヒロインとの、ドロリと甘いラブラブな様が描かれる漫画です
「睦茸」センセの絵はどちらかと言うと個性あるものでしたが、そんなんに彼女の独特なキャラクターがぴたりと合致して、非常に魅力的なヒロインに仕上がっていました
完全に「あまみさん」の魅力で牽引していますね。

可憐かつ、ちっこくてかわいい
そんなんが、クラス男子の「あまみさん」評でした。
半開きな目と小さい口が特徴。
髪型は左右のみつ編みを頭後ろにてリボンで束ねるという独特なもの。
硬い独特な言い回しをしており、あまり表情を変えないような印象ですが、実は結構くるくると変化させていました。
かなりでかいな
そう自ら言っていた、巨乳の持ち主でもあります。
甘いのは苦手(※逆に「シンイチくん」は甘党のよう)らしく、よくぽりぽりと煎餅を食べてましたよ。

実際に付き合うこととなるのは、1話「あまみドコロ」から。
こちらはえっちでメロメロになってしまう「あまみさん」を堪能下さい。
キスについてはそれ以前から頻繁にしており、周囲ではほぼ公認カップルなようでした。
カラー原稿の「あまみドコロR」は、体育授業後に用具室でえっちする流れ(※「あまみさん」はブルマ姿)
ぎりぎりでクラスメイトが入ってくるという展開になっているんですが、いつもべったりとしたキスをしていたためか、軽く流されてました。
まぁ、あんなんラブラブにしか見えないですもんね。

Hなキスと「あまみさん」
※Hなキスと「あまみさん」
 こうなった際の彼女がまた魅力的なんですよねー。

2話目「あまみドコロ2」でも、相変わらずべたべたしている2人。
前回、えっち(唇ではないキス)で、メロメロになってしまう「あまみさん」の弱点を発見した「シンイチくん」
それがもう面白くて、かわいくて
という台詞ありましたが、納得です。
されることに慣れていないのか”Hなほうのキス”を禁止したため、こちらでは「あまみさん」からのえっちパターンになってます。
胸使ったりしてましたよ。

風紀を乱す(笑)ということで停学処分を検討されてしまう「あまみドコロ3」
…まぁ、当然よね。
そんな訳で、キス禁止とされてしまった「あまみさん」です。
日の経過と共に、おかしくなっていく彼女が堪能できます。
視界がもやもやする…
とか言ってました。
こちらでは「あまみさん」が一人称になっているので注目。
やりたい放題、とか言われていた彼女の想いが描かれており、実に可愛いです。
この1話があるとないとでは大違いでしょう。
なお、「あまみさん」の執着っぷりに「シンイチくん」は女子から噂にされていたそうですが、そんなんいかにもありそうね。

そのほか、「あまみドコロ4」は「あまみさん」の妄想ネタ。
普段からあんな夢見てるのかな。
描き下ろし「あまみドコロS」は2人でお風呂に入るという羨ましいシチュエーションなんですが…髪を下ろした「あまみさん」が見られます
これがまた新鮮で、ぐさーと刺さります
後半の「あまみさん」はまた可愛いこと言ってましたねー。
なお、小冊子「にゃまみドコロ」は前述したように猫耳ネタなんですが、「あまみドコロ3」に続いて嫉妬する様がポイントです

品川あかり、まゆ・お姉ちゃん
※左:品川あかり、右:まゆ・お姉ちゃん
 どうしても左のコマを入れたかったので。うん、生きていけます。

ほか、「いやしまい」は2話の連続話。
巨乳な妹「まゆ」を中心に、兄・姉という3人の近親ものになっていました。
2話目の制服えっちがいいんですが、「まゆちゃん」とは逆に貧乳なお姉さんも見逃しがたいですね。
こんな身体じゃタイムどころじゃないよう!
とか言っていた、やたらな巨乳の水泳部「宮川」さんの「たぷとろすいむ」
シェイプアップのため、教師「本田」にオイルマッサージを依頼する…って、ずいぶん羨ましいな、それ。
「MAXあかり」は、眼鏡の「品川あかり」さん。
学年トップという秀才なようでしたけど、なかなかの非常識さん。
なかなか良いキャラになりそうで、1話だけなのがちと残念。
「やわらかアンリミテッド」は”会員特典の備品”という「ユキ」さん。
一発ネタですね。
オッパイ専用の道具」とか言ってる「ユキさん」がこれまた独特で、素敵でした。

柔らかな線の絵柄。
収録の一部は、前巻「ちちこき」のようなすっきりとしたトーン処理です。
しかし、最近の絵柄(たぶん)は洗練されており、なんというか立体的な色彩になっていました。
斜めのコマ割りが多く、ごっちゃりと賑やかです。
幅広で曲線な輪郭、横長な目と小さい鼻・口という人物絵。
↓表紙・裏表紙に描かれているような、ふんわり・ぽよぽよとした巨乳も大きな特徴です。
かなりデフォルメが強く、「睦茸」センセ独自のバランス感覚でした
ひでるさんは大丈夫でしたが、人は選ぶかもしれません。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 個人的には5でいいんですが…。癖が強く、後半収録との差があるのでいちおう。
・話5: 連続話な「あまみドコロ1~3」ほか、番外編、他短編など高い完成度でした。
・独5: とにかく「あまみさん」な単行本でしょう。
合計:[14/15]

ここまで強く印象に残ったキャラは久しぶりでした
これで終わりというのは、どうにも勿体ないです。
シチュエーションで描き続けることができそうなので、ぜひシリーズ展開してほしいですよ。

あまみドコロ (メガストアコミックスシリーズ No. 262)あまみドコロ (メガストアコミックスシリーズ No. 262)
(2010/05/25)
睦茸

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : オイルマッサージ

■放課後つーしんぼ!! (ほかまみつり)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「Milky Magic るるか」
・その他: 短編×12(うち「ただいみゃ!!」×2、
      「Milky Magic るるか」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほかまみつり」センセの「放課後つーしんぼ!!」です。

こちらの紹介帯、
もはや全方位向け!
とか書いておりました。

…全方位ですか。
そうかなぁ。
限りなーく特定なひと方位だけだと思うんですが。
そんな訳で、一応念のため調べてみました、「全方位」

ぜんほうい 【全方位】 全部の方位。あらゆる方向。 (※goo辞書より引用)

うん、あってますよね。
あの紹介は大袈裟だと思います。
ジャンル・お話は無論のこと、絵柄もきっちり人を選ぶと思います。

妹「しずくさん」
※妹「しずくさん」
 意外に大きめな方が多いのは特徴だと思います。

前置き長くなりましたが、本日の紹介は「放課後つーしんぼ!!」です。
こちらは「ほかまみつり」センセの最新刊。
6冊目でした。
以前ブログで紹介しました3冊目「発育っちゃうぞ」の際にも書いてますが、やっぱり合わないですね。
それは分かっていたものの、洗練された↓表紙に釣り上げられてしまいました。
前後編の漫画も含めた、短編集という構成。
強いタイプのロリ漫画で、前述したように傾きは大きいです。

冒頭に収録された「看病(まも)ってあげマス!-So you don’t have to coldness-」は、教師と生徒。
風邪をひいた先生のお見舞いに、クラスを代表して部屋を訪ねた「野辺山望」
見事・無事に、しっかりとしたおかゆを作った彼女には、もう1つの目的があったのでした…。

もともと告白をしたのは「望ちゃん」から。
こちらの先生はぱっちりストライクゾーンだったので、思わず暴走してしまったんですね。
ひでえなぁ。
キ…スしてください
という彼女はまだ良いとして、いきなりあんなエロいキスを仕掛けないように。
だいたい、アンタ風邪ひいてるでしょー。
告白した際に「望ちゃん」は思わず逃げ出していたようですが、こちらでもそんな感じ。
わざわざランドセルを背負わせてえっちしていましたよ。
まぁ、確かに料理つくる前後のアレコレは可愛かったですけどねー。

連続話ヒロインなどを押しのけ、見事↓表紙を飾ったのは「ちっちゃなお願い おっきな約束」の「しずく」さん(←たぶん)
膨らみかけた胸が痛いと泣いていた、妹「しずくさん」のマッサージをしていたお兄ちゃん。
そのためか、まだランドセルな年齢ながら立派に育っていたのです。
単行本の特徴というべきロリ巨乳ですね
それなりに知識はあり、ああした場面にて年上を相手に駆け引きをしておりました。
眼鏡は伊達ではありません。
(※そんな計算高いキャラではないけど)
えっちは実兄との近親で、ラブラブです。
兄の短パンを着用しているところがキュートでした。
「Milky Magic るるか+-初級編-」のヒロインも眼鏡でロリ巨乳。
アニメキャラ「るるか」のコスプレをする彼女「まるか」さんは同人ショップでの立ち読みで、メロメロになってしまったのでした。
もう救いようのないエロさですね。
前半は、ほぼ1人で勝手にえっちへと展開させていました。
コートの下でコスプレしてる、ってのもえっちでしたよー。
なお、描き下ろし「Milky Magic るるか」は、彼女が見ていた同人誌の内容になってます。
魔法少女ネタでしたが、お好きな方にはページ数がちと少ないかも(4Pです)

短編「ミステリーハンター亜美の不思議発見っ!!」に登場する「東野亜美(つおの・つぐみ)」さんも眼鏡キャラ。
彼女は理事長の孫娘というお嬢さまで、クラス担任すら呼び捨てにするというワガママ娘です。
前の2人と比較すると、バストサイズは控え目。
ミステリースポットの調査と称して、学校でえっちできるスペースを探していました。
なぜかブルマ(体操着)姿でしたが、あれは「亜美さん」のサービスかな。
えっち直前でランドセルを背負わせるんですけど…こちらの教師って、前述した「看病ってあげマス!」の教師と同一人物じゃない?

野辺山望、まるかさん
※左:野辺山望、右:まるかさん
 眼鏡ヒロインもちらほらと。

ヒロイン「佐山葉津美」さんと、「大野」兄弟との三角関係を描いた「放課後プリズナー」
クラス委員の「葉津美さん」に憧れる「大野くん」
彼女を手伝うこととした放課後、教師であり、兄でもある「大野」先生と彼女のえっち関係を知ることとなるのです。
「葉津美さん」らは中学2年生ということで、収録ヒロイン中では年齢の高い娘さん。
スタイルもむちっとした感じがあり、セーラー服が良い感じ。
いちおう複数えっちでしたが、「大野くん」は終始圧倒されていましたよ。

「Noppo≒Chibi」はお隣に住む同級生「タイチ」くんとの漫画。
スカートめくりで皆を困らせていた彼に対し、幼馴染み「かれん」さんは、
着替える間だけ…
ということで、下着を間近で見せることとなったのです。
同年代ではふたまわまりくらい大柄なヒロイン。
胸も大きめ。
どちらかと言うと凛々しさのある彼女でしたが、えっちに従って可愛らしくなっていくところに注目。

収録では唯一前後編「ただいみゃ!!」
原因不明な難病で長期の入院をしていた妹「涼子」
病状は悪化しており、自らの足で立つことはできないうえ、最近では両腕も不自由なほどでした。
そんな彼女に名付けられた黒猫「コムギ」
珍しく尻尾が2つに割れていたんですが、なんとお兄ちゃんの目前で「涼子」の意思を持ったまま擬人化したのです。

ファンタジーちっくなお話。
ロリ猫耳なヒロインとのえっちで、黒猫だけあって褐色肌になっていました。
姿は「涼子ちゃん」の猫耳コスプレっぽいですね。
意思は「コムギ」と2人分が同居した感じだったんですが、ページ数の関係かお兄ちゃんの理解は素早く・説明的。
ちょっと駆け足過ぎるところがあり、お話を軽くしていました。
後編があーした展開だったので、とっかかり部分はもっと丁寧な描写がほしかったですね。
例ええっちページを減らしたとしても。(大人な事情で難しいのでしょうけれど)
まぁ、安易なハッピー展開でなかったのは個人的に良かったです。

ふたばさん、みなこさん
※左:ふたばさん、右:みなこさん
 各ヒロインは可愛く描かれていました。癖はありますが。

ほか、「おくじょうてんごく」は「藤川清音」さん。
先生を学校の屋上にて待つ「清音さん」
その間、プレゼントされたアイテムで1人楽しむこととしたのです。
もともとえっちなパターンですね。
同じくアイテムネタな「磨いてっ!! mysister」は、電動歯ブラシ。
あっけらかんとお兄ちゃんをえっちに誘う「みなこ」さん。
えろい事に使わないように(笑)
雪国での「Snow Dust Memories」は「数馬」くんと「ふたば」さんの同年代カップル。
ここは何と言っても、「ふたばさん」のタイツ姿でしょう
黒のシャツもなんだかえっちっぽかったですね。
こちらのヒロイン3名は、皆さん年相応なバストサイズでした。

細くしなやかな線の絵柄。
濃淡は適度なくらいですっきり洗練されており、綺麗です。
全体的に乱れはなかったものの、頭が大きめなロリバランスが基本で年齢の割に巨乳な娘もおり、崩れたようなコマも散見されました。
大小コマなど細かいコマ割りで、ハミ出る、ぶち抜くなども多い、ごっちゃり系。
漫画としては濃い目になるでしょう。
それらもひっくるめての個性ですね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: かなり癖がありますが、この作風で洗練されていました。
・話3: ややはっちゃけ感がありましたが、成年漫画としては普通でしょう。
・独4: ロリ巨乳ですね。どちらのヒロインも積極的で、可愛くえっちに描かれています。
合計:[11/15]

前述しているように人を選ぶもので、判断は↓表紙・裏表紙双方がいいでしょう。
あるいは、見辛いですが紹介帯の裏とか。
ひでるさんはやっぱり合いませんでしたが、そのあたりで違和感なければ楽しめると思います。

放課後つーしんぼ!!(TENMAコミックス LO)放課後つーしんぼ!!(TENMAコミックス LO)
(2010/05/21)
ほかま みつり

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コスプレ 魔法少女 スカートめくり ファンタジー

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。