FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ほった。ん! (ほた。)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、あとがき漫画、もくじ部分に4コマ、
     イラスト、ゲストページ、本邦初公開「これがほた。の正体だ!!」、
     カバー裏に漫画「妄想ナビゲーター日名子ちゃん」
・その他: 初単行本、カバーは特殊仕様、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほた。」センセの「ほった。ん!」です。

ずらりと登場キャラが並ぶ、1枚絵なカバーが非常に良いですねー。
購入した方は、ぜひ広げて見てみて
ちゃんと背表紙のところには、折っても違和感のないよう配置されていました。
ほかにも、折り返しを含めた5面分に、うまーくキャラが割り振られてます。
こんなん好き。
額に入れて飾っておきたくなりますね。
また、タイトルロゴだけつやっとした別素材になっているので、必見です。

いきなりざーっと失礼しました。
こちら「ほった。ん!」は「ほた。」センセの初単行本です。
ヒロインが集合した賑やかな↓表紙とは違い、単行本は全て短編という構成でした。

各話で差があったものの、絵柄としてはだいたい↓表紙の風情です。
そっちはいいんですが、問題はお話
コレが、非常に独特なものでした。
どちらか言うと、人を選ぶポイントはそっちかと思います。
スタンダードなラブコメえっちが好きな人は、考えた方が良いかもしれません。
正直なところ、ひでるさんは刺さりませんでした。

花火さん、蜜柑さん
※左:花火さん、右:蜜柑さん
 今回は比較絵としました。こちらは可愛くまとまってます。

傷心旅行で山中を彷徨っていたところを、兎耳の女の子「花火」さんに助けられる短編「白兎」
着物でウサ耳な「花火さん」
年中発情期、ということで、即えっちなのでした。
ファンタジーなお話ということもあってか、流れすっ飛ばしたようになってます。
復活したアレに喜ぶ様がやたらキュートですね。

眼鏡の「蜜柑」さんは無類のゲーム好き。
付き合う「早雄」くんはほったらかされており、思わずゲーム機を叩き壊してしまったのです。
その後、ピンチにタイミング良く駆け付けた「早雄くん」を「蜜柑さん」は受け入れるのでした。
「アケステ」は仲直りえっち話ですね。
ゲーセンでの、”負け続ける同じ奴”ってのは「早雄くん」だろうと思ったんですが…違うのね。
故あって、公園でのえっちがコンビニに舞台を移してからが本番。
ここはもっと早くても良かったかなぁ。

「旨い物は宵に食え」は、大食いタレント「井上」さんとマネージャー「賢介」くん。
↓表紙を飾る、ニット帽の彼女が「井上さん」です。
いわゆるアイドルではないところが、「ほた。」センセらしさかな。
ソーセージのネタがためか、あるいは欲望に素直という表現か…わかんないですが。
ちなみに、前半での台詞
ちゃんと見ててくれなかったのね
…は、記憶・注意力のテストみたいになりますので、ぜひチャレンジしてみて。

姉「みゆきさん」
※姉「みゆきさん」
 収録のうち、こちらのお話が良かったです。

ホステスの姉「みゆき」さんは、酒もタバコも駄目な体質。
しかし、お客さんとの話に夢中だった彼女はうっかりお酒を飲んで倒れてしまったのでした。
そんな訳で、弟「勇太くんに引き取られた「みゆきさん」は…と、短編「いんしすたー」はだいたいそんなん。

姉弟の近親漫画です。
必要以上なことは描かれていませんが、彼の学費・生活費をがんばって工面しているんだろうなぁ。
家事については「勇太くん」がきっちり担当しており、見ていて温かな気持ちにさせられる姉弟でした
そこそこ好きな事言っているようで、お互い気を使っています。
慣れた会話が良かったですよ。

眼鏡な「田之上」さんとの「Bibliophile」
図書室えっちですね。
脚立でパンチラ、落ちて顔面キャッチなど、お約束が再現されています。
ドストレートだったお話は、逆に驚き。
うーん、これはもう一歩足りないような感じがします。

カバーのイラストで背表紙部分を担当していた、喫茶店・店長さんの「眼鏡CAFE」
こちらも眼鏡ですね。
”可愛いけど眼鏡の趣味が致命的に悪い”
そんな店長さんの眼鏡は、旧漫画ちっくなぐるぐる模様。
ほら、「同級生2」の「加藤みのり」みたいな感じよ。
ああいったものは、漫符みたいなものだと思うんですが…そこをピックアップするんだ。
すげぇ。
当然ながら素顔は可愛らしく、故あって好みの眼鏡をかけさせると我慢できずにえっちへ突入していました。

春日部苺、書道筆絵
※左:春日部苺、右:書道筆絵
 後半です。ちょっと差があるのが難点。

ほか、「婚約者以上、恋人未満」は宮司「正史」くんと婚約者で巫女「明美」さんのラブコメ
子供っぽさを気にする「明美さん」でしたが…この2人はどれくらい年齢差があるのかな。
神社で普通に仕事している「正史くん」は逆ナンパされていましたが、実に変な光景ですね。
普通、ああいう風に宮司へ声をかけないのでは。
さほど美形でもないですし、格好良かったとしても場所と職業がそんなんですから。

「倒れるときはまえのめり」は、行き倒れ(※性格には空腹で座ってた)の「麻里」さんを拾った「慎吾」くんのお話。
こちらはユニットバスがポイントになってます。
漫画でそんなんをネタにしたというのは、記憶にないですね。
なお、こちらの2人はもくじの4コマにもなっているので必見。
余談ですが、ひでるさんの部屋選びで絶対に外せないところは、ユニットバスでないこと。
たまのビジネスホテルなら仕方ないですが、日常生活であれは絶対に嫌。
「苺と鼻血」は教師と眼鏡の「春日部苺」さんというカップル。
イチゴ好きという設定は…もしかして、ラストページのネタがためですかね。
書道部の武闘派「書道筆絵(かきみち・ひつえ)」さんの「LAZY FOOLS」
これは…なんだかよく分かんないですね。
このあたりの短編4話は時期が古いのか、ちょっと作画は厳しいです。

柔らかで濃い目な線の絵柄。
濃淡は適度~やや濃い目で、さほどコテコテとした描き込みはありません。
ただ、コマ割りが小さく、ページを目一杯使っておられ、かなりごっちゃりとしていました。
はみ出る、ぶち抜く、すき間なくなる…など、複雑です。
個性にもなっているんですが、ちょっと人を選ぶかもしれないほど
たゆんとした、コメディー向けなキャラ絵も同様。
素朴であまりえっちっぽくなく、一般漫画のような雰囲気があります。
ひでるさんは結構好みの絵なんですが、前述したように時期には差があるらしく、各話でバラバラとしてました。
不安定ですね。
巧さより”味わい深さ”のある絵柄は昔からのもの。
しかし、↓表紙から最近の原稿(たぶん)を経由してしまうと…やっぱり違いが目につきます。
迷った方は、次回単行本狙いのが良いかもしれません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 後半収録のためマイナスしましたが、可愛らしいものです。
・話2: 独特であるだけ、刺さり辛いと思います。
・独3: 非常に個性的でした。期待されるものか、疑問ですが。
合計:[8/15]

分からなくもないですが、これはちょっと違うかなぁ。
まだ1冊目なので、次に期待します。

ほった。ん! (富士美コミックス)ほった。ん! (富士美コミックス)
(2010/03/25)
ほた。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ファンタジー パンチラ

■かみのみっ (吉川英朗)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : ファンタジーコメディー
・おまけ: あとがき、おまけ漫画「オシオキ部屋」
・その他: 8話+「悪魔と俺特盛り・出張版」収録、
      現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「吉川英朗(よしかわ・ひであき)」センセの「かみのみっ 1巻」です。

携帯電話で配信されていたものの、単行本だそうです。
ちょっと見てきましたが、ジャンル的に合っていると思いました。
ただ、スクロールで進むのは良し悪し。
やっぱり…紙媒体のがいいかなぁ。

そんな訳で「かみのみっ 1巻」です。
こちらのブログでは、「悪魔と俺 特盛り」を紹介している「吉川英朗」センセの新刊。
前回は悪魔メインでしたが、今回はいちおう神様側。
ただし、ほぼ変化はありません。
頻繁にバストトップまでが露出するのは無論のこと、えっち描写もちらほらありました。
はっちゃけ漫画ですね
1巻はまとまりもあったため、ここで終わってもいいように思います。
まだ続くんですね。

神白沢榧
※神白沢榧
 まぁ、あっさり助けに行かないのは当然ですね。

主人公「神白沢榧(かみしろさわ・かや)」は普通の女子高生。
偶然食べてしまった12個の神の実によって、12倍相当という神の力を得ていたのです。
…そもそも、天使たちの住む”天界”と悪魔らの住む”悪魔界”は激しく争っていました。
その決戦は、”悪魔界”の完全勝利にて終結していたのです。
天界の主である神様は捕えられる寸前に、”1粒で神様と同等の力を得ることができる”という秘宝「神の実」を12個用意。
それをもって人間界に赴き、力を得た12名の救世主と共に事態を打開するという、奇策を考えたのでした。
しかし、託された天使「クリス」のうっかりミスによって、その作戦は失敗。
全てを腹の中におさめ、強大な力を得てしまった「榧」は異世界の争いよりも現実的な受験勉強が大事であり、その協力を得るべく四苦八苦していた天使側に対し、悪魔側も「アンネリーゼ=ブライトクロイツ」という刺客を送って…と、大雑把ですがだいたいそんな感じ。

ドタバタえっちコメディーです。
悪魔や天使などのファンタジーちっくなお話で、悪魔ネタだった前巻のキャラもゲスト出演するなど、ほぼ「悪魔と俺 特盛り」そのまんまな感覚です。
また、そちらの主人公「倉科健太郎」が改造によって強くなっていたのに対し、今回の「榧さん」は神の実を大量に食べたことによって強化されていました。
要するに、どっちも登場キャラ中ではハンパなく強い設定も同じこと。
前回の単行本が好きだった方には、いいと思います
逆に言うと、変化なさ過ぎな感じ。
主役が女の子となり、華やかさ増したくらいかな。

アンネリーゼさん、榧さん
※左:アンネリーゼさん、右:榧さん
 えっち担当ですね。いいおっぱいでした。

そんな訳で「神白沢榧さん」
戦いについてなんらスキル・経験なく、また目前に受験を控えることもあって、彼女がほいほい救出作戦に乗らないのは至極真っ当。
例えば「ヴァリス」みたいに、無理矢理夢幻界へと召喚されたり、戦闘に巻き込まれたりしてないですから。
(※ちょっとはある)
12倍は強過ぎるのか日常生活で力の制御ができておらず、また変な連中が周囲に付きまとうようになるなど、彼女にとっては全てにおいて迷惑そのものという感じに描かれていました。
天使「クリス」をはじめとしてボケ倒すキャラが多く、結構荒っぽく、ブラコンではあったものの常識人という立ち位置です。
突っ込み役ですね。
こうした、えっちコメディーの主役にしては意外とサービス描写は少なめ。
たまに脱がされてはいたものの、パンチラ程度からして稀でした。

一方、悪魔「アンネリーゼ」は彼女と逆にほぼ脱ぎっぱなし。
いきなり全裸になっていたほか、2話目では露出・ドMな性癖を自ら語っていたほか、4話目では試験中にトンデモなエロ妄想をしていました。
3話ほか5~7話では直接えっちされており、妄想そのまま触手プレイまであったりします。
…要するに、彼女にとっては願ったり叶ったりなんですけどね。
(※望み通りなので、悲劇的な色はほとんどありません)
ちなみに巻末収録のおまけ漫画では、本編では1コマで処理されていた7話「ドキッ☆公開ミルク漬けの刑」の詳細が描かれており、ここはほぼ成年漫画ちっくでした

なお、「榧さん」がごく控えめなサイズであったのに対し、彼女はかなり豊か。
性格も良く可愛らしく、6話では天使「クリス」を差し置いて「榧さん」と仲良くなっています。
ぜんぜん悪魔っぽくありませんね。
こんなアホみたいな乳と頭して
とか言われてました。

なお、1巻のクライマックス部分を担当していたのが、そんな「アンネリーゼさん」の母親です。
ぼいん・ぼいんな彼女と違ってロリ容姿。
”悪魔界のナンバー2”という肩書きそのまま、漫画にちょっとした緊張感をもたらせていました。
そんな訳で、”悪魔の頂点に君臨する血族の末裔”という、前回の設定をひっさげて登場した「リリー・バーンシュタイン」が登場するのです。
結局のところ、お2人ともいい人なんですけどね。
4話に登場の天使長「アンジェラ」のがよっぽど黒く見えます。

ブライトクロイツ領主(母)、リリーさん
※左:ブライトクロイツ領主(母)、右:リリーさん
 前半もいいですが、後半の感じは結構好きです。

派手にえっち・コメディーしていた導入1話から、新キャラが加わる3~5話目。
「ブライトクロイツ家」との対決になる6話では、「榧さん」が敗北、「アンネリーゼさん」と共に捕えられるという衝撃展開になっています。
いままでのほわほわした感じとは、やや異なってます。
前巻に続いて「リリーさん」も格好良く登場し、うまーく1巻までに混乱を収拾していました。
なかなか盛り上がっており、ここで終わっても良かったかもしれません。
次巻からどうなっていくのか、楽しみです。

強めな線のすっきり絵柄。
濃淡では白のが目立ち、描き込みもそこそこ。
ページ全体を目一杯使われる方で、コマ個別ではそれほどでもありませんが、全体では濃い仕上がりになってます。
人物絵は鋭角的で、ぐるぐる目と小さい鼻が特徴。
基本コメディーではっちゃけ描写も多いため、勢いでガンガン押すタイプです
サービス描写多く、直接から触手えっちもあったので、そんなん望む方には特に良いでしょう。
ちょっと癖はあると思います。
カラーだとやや雰囲気異なりますが、だいたい↓表紙にて判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 心なしか、前巻よりさっぱりした印象です。
・話4: ちょっとシリアスちっくになる後半が良かったです。
・独3: 前巻の続編ですね。ちょっと変化がなさすぎかも。
合計:[10/15]

大きな変化がないだけ、前巻のファンがそのまま移行できる単行本です。
このネタをどこまで引っ張るのか、どこまで続けるのかなぁ。

かみのみっ 1 (MFコミックス)かみのみっ 1 (MFコミックス)
(2010/03/23)
吉川 英朗

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ファンタジー パンチラ バストトップ

■乙女に白濁デコレーション (不二河聡)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき漫画、作品コメント、4コマ漫画。
・その他: 短編×9(うち「HNK」×5、「お嬢さま姉妹シリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「不二河聡(ふじかわ・さとし)」センセの「乙女に白濁デコレーション」です。

タイトルもそうですが、↓表紙・裏表紙からぶっ飛んでますねー。
ランドセル背負ったりしてるのに。
この時代では、ぎりぎりか、あるいはアウトっぽいかもしれません。
発売延期になってましたが、カバーとか本編内容がためですかね。
(※あるいは、「締め切りブッチ」と書いてあったので、そっちかな)

そんなこんなで、「不二河聡」センセの2冊目は「乙女に白濁デコレーション」です。
センセの漫画はこちらが初見。
中編の連続話をメインとして、ちらほら短編が収録された内容でした。
はっちゃけたコメディーもいいですが、注目なのはメイン中編でしょう。
凄かったですよ。

魔法少女「シャルロッタ」
※魔法少女「シャルロッタ」
 実は、出番は短編だけではありませんでした。

故あって、短編「マジカルナイト」から。
天が呼ぶ、地が呼ぶ、ロリ呼ぶ。ロリコン撲滅魔法少女シャルロッタ参上!!
…と、名乗っていたのは当人ではないですが、そうした魔法少女モノのお話。
こちらの「シャルロッタ」さんは普段はクールらしく、現在の格好を恥ずかしがってるところがいいですね。
日常シーンも見てみたいです。
本編ではいきなり戦闘シーンから始まっており、本来はサポートするべき「魔法のステッキ」があっさり寝返るのが最大のポイント
魔法によって、逆に相手を強化しており、触手えっちとなってしまうのです。
コスチュームの下がスクール水着であるなど、良いこだわりでした。
ぜひシリーズで見たいですね。

今回単行本のメイン「HNK」は全部で5話の中編。
「たっくん」こと「拓也」くんとツインテールの「かなみ」は幼馴染み。
気軽な会話をする近しい関係でしたが、それだけ素直になれないでいました。
2人の間で話題になっていたのは、”エロい事を書くと実際に叶う”という、魔法の日記の存在。
そんな頃、「かなみ」は学校からの帰りに、エロい内容で埋め尽くされていた日記帳を拾いました。
ひょっとして…と、後輩「康崎恵(こうさき・めぐ)」と仲良くする「拓也」への嫉妬から、勢いにまかせて書いた日記。
途中から冷静に戻った「かなみ」は文を消したんですが、完全に消し切れていなかったのです。

ファンタジーちっくな描写もある、なかなか凄い展開となる中編漫画。
まさか、あーまでなるとは驚きでした。
これは良いと思います。

かなみ、明
※左:かなみ、右:明
 実は物語の最も発端となっているのは、「明さん」なのでした。

導入部分の「HNK ページ1.ある日かなみちゃんはHな日記を拾っちゃいました」
冗談っぽくはあるものの、よくよく見ると「俺達の愛は永遠」とか「妬くんじゃねーぞ」とか、普通の男子から考えれば「拓也くん」はかなり直接的な好意を口にしています
単に「かなみちゃん」が素直でないだけですね。
照れ隠しに主従関係とか言ってましたよ。
切っ掛けもつまらない嫉妬心からで、「拓也くん」が浮気した訳でもなく、あれは自業自得。
1文だけ消し切れていなく、害が自らに及ぶ展開は良かったです。

いきなり電車内えっちから始まる、「HNK ページ2.かなみちゃんはノートの力に溺れちゃいました」
あちゃー、ハマっちゃったかー。
まぁ、成年漫画ですからね。
より「拓也くん」に対して頑なになっていましたが、現状からしてそれも当然のこと。
ただ、当初はどうでもない感じだった後輩「恵ちゃん」の、意外なほどの黒さには驚き
「かなみ」・「拓也」を応援する友人「明(あきら)」さんもあって、より複雑になっていきます。

「HNK ページ3.あーちゃんとめぐちゃんの回想日記」
そんな訳で、含みある発言をしていた「明さん」・「恵ちゃん」の過去が語られる1話。
えー、詳細は本編にてどうぞ(笑)
サブキャラだと思っていたその2人が、意外なほど超重要キャラに浮上する1話になっていました。
収録順では後述する短編「ザーメンプール」の後がこの「HNK」5話で、前述した短編「マジカルナイト」と続きます。
そのため、こちらで登場していた「シャルロッタさん」が当初は何だか分からなかったんですが…なるほど、そういうコトだったんですね。

回想から復帰する「HNK ページ4.かなみちゃんが大変なことになってしまいました」
時間的には、2話から直接続くのはこっちです。
「かなみちゃん」が看破していましたが、「恵ちゃん」はまさしくそうした感じなのでしょう。
ハタ迷惑ですねー。
この時点で日記を所持しているのが「恵ちゃん」だったので、好き勝手に場を操っていました。
「かなみちゃん」としても、「拓也くん」に対して引け目があるためか、頑張って強がる様が素敵です。
ストーリー的に大きく動く部分で、非常に良く描かれています
こちらも必見。

最終話「HNK ページ5.かなみちゃんとたくやくん」
ハードなえっち描写と、やや重たいストーリーが絶妙に絡まったこの中編もついに完結です。
ヒロインは「かなみちゃん」でしたが、友人「明さん」、黒い後輩「恵ちゃん」などサブヒロインの2人が非常に良く、最後まで抜群の存在感を発揮していました
「拓也くん」も格好良いですね。
なお、この後日談をコメディーにしていた巻末の4コマが面白いので、ぜひそちらもご覧下さい。

明・恵、ひとは
※左:明・恵、右:明・恵、ひとは
 2人並んでいたので、3話扉絵をチョイスしました(左)こう見ると普通ですね。

収録では、その他3話ほどの短編がありました。
白鳥家お嬢さまの「ひとは(一羽)」さんが妹「ふたば」さんに案内された、”特別な女性が集まる秘密の花園”でのお話。
「ふたばさん」に捕えられた使用人「有希」を助けるべく、プールに足を踏み出すんですが…と、だいたいそんなん。
タイトルからトンデモな短編「ザーメンプール」ですね。
そのまんまで、ちょっと引く(笑)ような描写を楽しむ作品。
泳ぐとか言ってますね。
…うわぁ。
こちらのヒロイン「ひとはさん」は裏表紙を飾っていましたが、そんな感じかそれ以上です。
複数で超乱交が展開されてます。
なんのかんのと、巧くまとまっていたラストも良かったです。
ショート「お嬢さまの休日」もそちらの2人。
またまた妹「ふたばさん」によって、えっちされる「ひとはさん」なのでした。
まったくの別シチュエーションです。
オチ部分が面白く、短い割に完成度の高い作品でしょう。

「レム睡眠シスター」は妹「まゆら」ちゃんとの近親。
あれはずっと寝てるのかな?
食事からお風呂までずっと目を閉じたままでしたが、どんなんだろ。
とりあえず「まゆらちゃん」が可愛かったので、細かい事はスルーでいいのでしょう。

強い線の絵柄。
濃淡も強めでコマ割りが比較的小さく、ごっちゃーとした感じ。
人物絵は幅広な輪郭に大きな目。
丸い頬・顎と恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴です。
そうした可愛い絵柄とは裏腹にハードなプレイが展開され、派手な液体描写から内蔵カットまでがありました
ちょっと人を選ぶでしょうねー。
大きな崩れ・乱れはなく、各話によってバラつきは感じましたが大きな問題ではありません。
判断は↓表紙の感じで良いと思います。
あるいは、ヒット出版社さんのHPにて「ザーメンプール」が読めるので、余裕ある方はそちらを確認するのがオススメです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: これでもう少し安定すれば良いでしょう。人は選ぶかな。
・話4: 中編「HNK」ですね。凄かったです。
・独5: はっちゃけたコメディーから重めな中編など、なかなか見られない1冊でしょう。
合計:[12/15]

ハード寄りなノリで大変な目に遭うなど、描写としては人を選ぶと思います。
ただし、単にエロエロなだけでなく、しっかり組まれていたお話は非常にインパクトのあるものでした。
次の単行本にも期待したいと思います。

乙女に白濁デコレーション (セラフィンコミックス)乙女に白濁デコレーション (セラフィンコミックス)
(2010/03/26)
不二河 聡

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール スクール水着 ファンタジー ヒット出版社

■放課後ストロベリーバイブ (ゆりかわ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・お姉さん
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵。
・その他: 初単行本、カラー(10P)、短編×10
     (うち「いじめていいんちょ」×2、「おきがえのじかん」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゆりかわ」センセの「放課後ストロベリーバイブ」です。

寝不足です。
頭の中がふらふらしてますね。
ブログに書く漫画をたいてい寝る前に読んでいるんですが、最近はまた本を片手に力尽きること多くなりました。
まさに昨夜(今朝)はそんな状況。
仕事休めたらいいんですけどねー。
まぁ、無理ですが。

さて、ひでるさんのいっぱい・いっぱいな状況は置いといて、本日は「ゆりかわ」センセです。
↓表紙が素敵ですね。
2人の女性が白の背景に並び、適度なお色気と共にファッション性(なんとなくね)がありました。
エロ過ぎることもなくすっきりで、店頭でも目立っていましたよ。
中身のクオリティの高さをじんわりと感じさせるものなんですが、なんとコレ初単行本だそうです。
すごい・すごいー。
実際に絵のレベルはすこぶる高く、全体でも安定しています
だいたい白黒絵も↓表紙から差なく、そちらを参考にしてまったく問題ありません。

お話は、ちょろっと同キャラもあったものの、だいたい短編での構成。
お姉ちゃんジャンル(血縁と違って雰囲気的なものね)な漫画集でした。
だいたい女性側が主導権を握っており、男性のが受け身で可愛らしく描かれています
眼鏡比率も高く、そっちが好きな人にも合致するでしょう。

委員長「凛子さん」、先輩「九段さん」
※左:先輩「九段さん」、右:委員長「凛子さん」
  「凛子さん」のあの視線がいいですね。ショートの短編はオチ部分が必見。

でかいお尻で悪かったわね
…という一言がクリティカルに直撃した、「いじめていいんちょ」、「いじめていいんちょ reversal」の2話。
女装趣味のあった「八代」くん。
ふとすれ違った委員長こと「相田凛子」に看破され、口止め代わりに逆らえない状況となってしまいました。
さっそくファーストフード店で奢る羽目となり、さらに…と、だいたいそんなん。

ヒロイン「凛子さん」はショートカットに眼鏡という知的な雰囲気の女性。
こちらを見る、鋭く冷えた視線が怖いですよ。
Mっぽい「八代くん」とはなかなか相性良さそうです。
ラスト部分まで面白いので、最後まで必見です。
なお、単行本の中頃に位置したこちらはカラー原稿から始まっており、もう1話の「いじめていいんちょ reversal」はカラーショート短編で冒頭を飾っていました。
なかなか優遇されてます。
裏表紙のパンストな「凛子さん」も好みなんですが、本編では比較的あっさり脱いじゃうんですよね。

「おきがえのじかん」、「おきがえのじかん:もーいっかい!」という2話も、女装男子と眼鏡ヒロインなお話。
服飾研究会に所属する、「御子柴準」くんと先輩「九段」さんです。
1ページ目、後ろ姿で描かれた「御子柴くん」が…やばい
ぶっちゃけ、ヒロイン「九段さん」より、間違いなくひでるさんの好みな感じ。
片目隠れそうな髪型とか(笑)
先ほどの「八代くん」もそうですが、性別が残念でなりませんね。

先輩が作ってた、制服のレプリカを「御子柴くん」が着るという1話目。
先の「凛子さん」とは違い、彼の女の子的な可愛さが刺さっているんだろうなぁ。
(※かつ、えっちを楽しめるというのはポイントかも)
2話目では、なんとバニーコスチュームなんて作ってました。
凄い技術です。
こちらでは「九段さん」もバニーとなっていましたので、お好きな方は必見。
オチがまた面白いんですが、おそらくああしたモノだろうねー。
もう後戻りできないでしょう。
収録のうち「ごっどぶれすゆー」も、幼馴染み「千尋」くんの”女の子的な可愛さ”が、ヒロインのお姉ちゃんに刺さっているというお話。
ややファンタジーな展開で、2人の性別があべこべになってしまうのでした。
胸は立派なのがそのまま残っており、「千尋くん」は性別変わる前から女の子っぽかったので、ふたなりネタのような風情。
変化した性別に驚くよりも、理想通りになった彼の姿にはっちゃけていました
タフですね。

出海さん、まこさん
※左:出海さん、右:まこさん
 言動が可愛らしい「出海さん」です。競泳水着が素敵。

「彼女が(競泳)水着に着替えたら」は水泳部「出海(いずみ)」さん。
やや独特なテンションではあったものの、後輩な彼氏「竹井」くんとの関係はラブラブそのもの。
素をさらけ出し、べったり甘える「出海さん」が可愛かったです。
リクエストに応えて、試合で使う競泳水着になってくれました。
そんなんでしたが、収録ではかなりマトモ(?)なカップルと言えるでしょう。

「季節が君だけを変える」は同じ水着でも海水浴な漫画。
ビキニな水着でのえっちになっています
ヒロインの変貌っぷりに、登場キャラ「ゆみちゃん(※男性ね)」と共に驚くと思います。
夏休み、海に誘われた「ゆみちゃん」
学校じゃネコかぶってるから
と言っていた先輩は、髪の色から長さ、眼鏡の有無に至るまで、想像できないほどの雰囲気で登場したのでした。
細かい疑問はほっといて、あの別人のような変身っぷりはドキッとするでしょうね。
できれば2パターンで見たかったなぁ。

ほか、「ハメだよこれ金返せ」は「江藤」くんと眼鏡の先輩「杏璃」さん。
見事に弄ばれてましたが…あーしたプレイなのでしょう。
幼馴染みカップル眼鏡な「まこ」さんと「ハル」くんの「負ける要素は無い」
八重歯な「まこさん」はかなりむちむちとしたスタイルなんですが、無防備な服装が良い感じです。
多くのヒロインを押さえて↓表紙(右側)をゲットしていました。
こないだの「ネガティブ・ツインタワー!/けものの★」が思い出される短編「うちにきて妹とファックしていいぞ」
身長高く目付きも悪く、ぶきっちょな「三島」さん。
かなり怖い(あるいは格好良いという評判)感じなんですが、それは恥ずかしさの裏返し。
慣れてる「一丸」くんの前では、もじもじした可愛らしい女の子の素顔を見せているのでした。
「三島さん」より、幼い雰囲気のお姉さんが良いキャラ。
特訓したりしてましたよ。
これはもう1話見たい良作品ですねー。

三島さん
※三島さん
 ほとんどの原因はお姉ちゃんなのでした。

丁寧な線のすっきり絵柄。
全体的にシャープな印象で、非常に仕上がりは綺麗です
大崩れなく、各話での落差も目立たず、初単行本ながらやたら完成度の高い1冊。
すらりとした高い身長のヒロインは、いかにもお姉ちゃんというバランス。
強い設定が多いため、男性のが目が大きく、可愛い感じで描かれていました。
好き嫌いがはっきり分かれるポイントですかね。
判断にはキャラが並んでいた、紹介帯の裏面がオススメ。
だいたいあーんな感じのヒロイン群です。
白黒絵と共にカラーも巧く、塗り方はひでるさん好み。
ちなみに、中表紙は先輩「九段さん」のバニー絵でした。
光沢あるコスチュームが素敵ですよ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・気になる点、ひっかかるコマはありません。抜群の安定感がありました。
・成年漫画としては十分でしょう。個性の強いキャラが牽引してます。
・普段は強いヒロインの可愛い表情~みたいなのが好みであれば問題ないでしょう。
合計:[13/15]

なお、こちらのカバー裏は↓表紙とリンクしたカラー絵なんですが…”なぜか隠された絵のが露出減る”という、逆転現象でした。
外した際に、やたら意外に感じましたよ。
なんでだろう。

(成)放課後ストロベリーバイブ (メガストアコミックス)(成)放課後ストロベリーバイブ (メガストアコミックス)
(2010/03/25)
ゆりかわ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 競泳水着 ラブコメ ファンタジー ショートカット

■Japanese Preteen Suite (東山翔)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: 「Postscript(あとがき)」、作品解説、
     描き下ろし(たぶん)4コマ漫画「Daily Living of JPS」、
      カバー裏にカラー別絵、加筆修正あり。
・その他: カラー(6P)、短編×7(※全て同一世界)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東山翔(ひがしやま・しょう)」センセの「Japanese Preteen Suite(ジャパニーズ・プリティーン・スイート)」です。

これが、日本の、少女。」(※紹介帯より)

そうなのかー、ってな訳で、「東山翔」センセの最新刊。
ブログで紹介した2冊目「Gift ギフト」の印象がやたらに強く、やっぱり連続話だよなーとかなんとか思っていたのです。
そこで3冊目「Japanese Preteen Suite」
もくじ部分に、なんだか初単行本「Stand By Me」と同じ短編ちっくな雰囲気があって…正直なところ、ちょっとがっかりしていました。
やっぱ、長い方がじっくり描き込まれていく気がするじゃない。
 ↑
そうした考えが、完全に間違いだったと気付いたのは、読み始めてからそう遅いコトではありませんでした。

コレは良い!

たぶん、現時点ではセンセの最高傑作というべき単行本に仕上がっております
いや、これが決して大袈裟なものでなく、本当にそんな感じなの。

常識的に考えて
※常識的に考えて
 この直後、見事に裏切られることとなるのでした(笑)

前回「Gift ギフト」では、メイン中編のヒロイン「亜紀ちゃん」が頑張って牽引していました。
(※短編もあるけれどね)
今回「Japanese Preteen Suite」は、6名の女の子になっています。
ヒロインのタイプは様々で、当然ながらシチュエーションは豊富。
それぞれのお話はオムニバスでしたが、全て同一世界でのお話なのです。
統一された時間の流れもあって、普通に読んで長編な風情でした。

前回の単行本より、また大きく門が開かれた感じ。
あまねく、広範囲なソレに、ばきゅーん★と直撃される方も多いことでしょう

さて、前述したように、共通世界での短編集。
各話でヒロインが変わり、その娘を中心としたストーリーが展開されます。
他キャラはゲスト的に顔見せをしてますね。
最終話では、こうした漫画のお約束で総出演エピソードになるんですが…複数で乱れたりすることなく、それぞれの相手と楽しんでいます。
そうした先人達にある意味教えられて~というのが、前後編の最終話「The Garden of Earthly Delights」の大雑把なところです。

冒頭話「The Three Question Marks」は「はづ」こと「葉月」ちゃん。
彼女が「お兄ちゃん」と呼んでいる、「裕樹」を含めた3名の男子とのえっちです。
実兄っぽくなく、一緒に登校していた描写などから察するに、近所のお兄ちゃんなのかな。
ちゃんとルールがあり、4名でえっちを楽しんでいました。
こちらのヒロイン「葉月ちゃん」は、髪を後ろで止めて、ポニーテールっぽくしてる娘。
媚薬プレイから続く、オモチャを装着してのでお買いものシーンが最高です。
必死に耐えつつ、じれったい周囲に毒づくあたり、「葉月ちゃん」の評価が急上昇でした。
3名の年上の男と付き合っているだけの感じが表現されていますね。
後半の複数えっちでは、”痴女”とか呼ばれていた実力(?)を発揮し、小さいながら前後でシテいました。
彼女はどういった切っ掛けで、こーなってしまったんでしょう。

雪乃さん、千里ちゃん
※左:雪乃さん、右:千里ちゃん
 「雪乃さん」がお気に入りです。↑上の右側も彼女ですね。

「Leucocyte」は「さなちゃん」こと委員長「真田雪乃」
ヘアピンが特徴の娘さんね。
多くのヒロインを押しのけ、彼女がカラーページをゲットしていました。
担任教師「照(あきら)」(従兄でもある)と付き合う「雪乃さん」
腕組んでいたところをクラスメイトに発見された際には、焦る彼に対して冷静に対処していました。
(※4名の中に「葉月ちゃん」の姿があります)
なかなか度胸もありますね。
そんな彼女への御褒美となる、路チュー場面が秀逸
チェック柄のスカートと色気ない下着もいいですね。
カラー原稿部分が゛初えっち、後半は2度め。
独りえっちからお口など、急速に経験値を上げてます。
寝起きのラストページではごく穏やかに女の子しているところが描かれています。

そちらに続く「Addiction」
前回ゲストだった「葉月ちゃん」ほかお友達の会話から始まってます。
…まるで誤魔化せてなかったですよ、「雪乃さん」・「照くん」
なにげにグループ内では”ウブ”と称されていた「葉月ちゃん」が可笑しいです。
今回のヒロインは、同じく知識ないとされていた「たけちん」こと「武智麻衣(たけち・まい)」さん。
みつ編み・の娘さんで、どうやら良家の子女である様子。
(※図書室では眼鏡をかけるほか、髪を下ろしているパターンもあります)
実は登場ヒロインの中でも群を抜くえっちさがあり、聞いた噂話をすぐネタにして、独りでシテいました。
…せめて、解散した後でやって下さい(笑)
いろいろと細かな計算をしてそんなんを隠しているため、仲間内では「葉月ちゃん」と同じく、えっち知識に乏しいと認識されてたみたい。
お嬢さまらしく、なかなかしたたかですよ。
またまた噂となっていた、”リコーダーを舐める”という行為に開眼。
教室へ一番乗りした彼女は間接キスどころかトンデもない事をしており、その後の出来事を妄想してさらにネタにするなど、なかなかレベルの高いことをしてました
頭良さそうですもんねー。
持ってきている膝かけは、授業中にするためのアイテムみたい。
たいした変態っぷりです。
この娘の将来がちょっと心配。
クラスメイト「高橋啓太」くんに朝の行為を目撃されていた、というのがこちらのメイン。
ポーカーフェイスだった「武智さん」のくるくる変わる表情をご堪能下さい。
ちょっと引くくらいにえっちな娘です。

スポーツ少女「和泉楓花(いずみ・ふうか)」ちゃんとお兄ちゃんという近親モノ「Pooka」
弟と勘違いされるボーイッシュな娘さんなんですが…基本としては、ひでるさん好きな短編「こんな感じで、いく?(※「鬼束直」センセ)」と同じく、
”酔った勢いで妹とえっちしちゃった”
という後日談なストーリー。
都合良い事に、両親が出掛けて2人っきりとなった「楓花ちゃん」と一緒にお風呂へ入るのでした。
久しぶり~だそうですが、色々と考えてるお兄ちゃんがいい感じ。
果ては、
一回も二回も同じだろ
ってな具合にばっちりシテしまうのでした。
この話、単にそれで終わらなかったのが、ひでるさん的には絶妙
な、なるほどー!
そんなえっちっぽくない印象だったのに、冒頭のバスケシーンからひっかけに感じますよ。
なお、冒頭に「葉月ちゃん」・「武智さん」の姿がありましたが、「楓花ちゃん」とはお友達ですが別の学校(茜北)みたい。

葉月ちゃん、武智さん
※左:葉月ちゃん、右:武智さん
 ヒロイン中・トップ2というべきエロい2人です。「武智さん」はやや重症(笑)

いきなりぱっくり咥えてるシーンから始まる「Flim」
ツインテールの「千里」ちゃんです。まつおかちさと
前回の「楓花ちゃん」ほか、次のお話にてメインとなる「大原紀子」さんが登場しています。
あっさり兄との関係をぶっちゃけていた彼女にびっくり。
そりゃ、「紀子さん」も倒れるわね。
彼女のお兄ちゃん「悠太」は今回ヒロインの「千里ちゃん」と付き合っており、倒れる直接原因は舐めてるとか、お尻とかそんなんでしたが(笑)
舐めてはいたものの、「千里ちゃん」らはいちおう健全(?)なカップル。
しかし、「楓花ちゃん」のお尻情報にときめいた彼女は、”それならいいのではないか”、ということで、方法を模索するのでした。
ネット検索を目撃されるのは恥ずかしいなー
そんなんでも当人としては真剣そのもので、思わず泣いちゃうあたりが可愛いですよ。
下着履いたままのお尻えっちも良かったです。
絶対おかしい!!
とか言ってましたが。

前後編という最終話「The Garden of Earthly Delights」は「紀子さん」
6名のヒロイン+男性陣(※8名)で、「武智さん」の別荘へ滞在するというもの。
(※8名のうちわけ:「葉月ちゃん」トコ3名・「楓花ちゃん」の兄、「紀子さん」の兄ほか、それぞれカップル、もう1人が今回の相手「真治」くんですね)
簡単には、「紀子さん」の初恋話ですね。
もっとも安心して見ていられる、普通の娘さんでした。
後日談の4コマも良い感じです。

そうしたメイン部分もいいですが、やっぱりこちらはそれぞれのキャラの再登場・交流部分
2週目が楽しい漫画ですね
じっくり読んで、隅々まで見てみて。
彼氏がためか、別人のようにはっちゃけている「武智さん」がちょっと意外。
おもろいですが。
個人的には、ばっちり日焼けして跡が残っていた「葉月ちゃん」、「楓花ちゃん」らが良かったです。

しつこさのない、すっきりとした絵柄。
線は強く丁寧で、濃淡は適度なくらいだと思います。
白のがやや目立つかな。
そこそこごっちゃりしていたものの、乱れ・崩れはなく見やすく綺麗。
安定感がありました。
漫画・コメディーっぽさが前面にありながら、人間心理の機微についても的確に表現されてます。
人物絵はふんわりとしたバランスの肉付き加減。
過剰ではない、素朴な可愛らしさがありました。
「東山翔」センセはカラーでなくて白黒絵かなぁ。
判断は、紹介帯裏のカット絵が良いでしょう。(※やたら小さいですが)
ちなみに、今回のカバーはえっちっぽさなく、店頭でなかなか手の出し辛かった方にも優しいつくり。
あ、未成年の方は買わないように。


【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・たまにぺったり平たくなり、気になる人がいるかもしれません。個人的には十分でした。
・楽しく読み応えのある1冊です。長編みたいな風情ですよ。
・お話・えっちのバランス良く、シチュエーション豊富でした。6名にしたのは正解だと思います。
合計:[14/15]

あくまでも漫画のキャラクターで、アンリアル(だよね)ではあったものの、あちこちの描写がやたらリアルです
こんな漫画はそう滅多に見れません。

あ、漫画の紹介文に、
絶対に現実じゃないけど、圧倒的にリアルな6人の少女たちが今、ここに居る
…とかなんとか、そっくり同じような事が書かれていましたよ。
やっぱりそう思いますよねー。

Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)
(2010/03/26)
東山 翔

商品詳細を見る

 

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール ポニーテール

■メガネっ娘恋愛指導 (emily)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ラブコメ・眼鏡
・おまけ: あとがき、キャラクターコメント(作品解説)、
      カバー裏に別絵、
      たぶん描き下ろし「その後の由香里ちゃん」
・その他: 初単行本、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「emily(えみりー)」センセの「メガネっ娘恋愛指導」です。

こちらも初単行本です。
多いですねぇ…。

今回描かれている「emily」センセは、ゲーム原画などもされている様子。
なるほど、↓表紙とかカラーイラストがイイ感じなのは、それがためですかね。
あとがきによると、
「雑誌にマンガを描くことも初めて~」
など、イラストがメインな方のようでした。

初単行本「メガネっ娘恋愛指導」は、全て短編での構成です。
一般えっちで、ソフトな味付けのラブコメ
そんな訳で、はっきり言って漫画としてはあまり冒険なく無難なまとまり
眼鏡とか絵柄がばっちり好みかどうか、が判断基準になるでしょう。

いずみちゃん、先輩「かすみさん」
※左:いずみちゃん、右:先輩「かすみさん」
 こうした眼鏡押しな1冊でした。こういった柔らかな感じが好きならオススメ。

登場キャラの中で、唯一描き下ろし漫画を射止めた「由香里」ちゃんの短編「えっちな女の子でもいいですか!?」
些細な切っ掛けから、露出ぎりぎりな緊張感にハマってしまった「由香里ちゃん」
彼氏「高志」くんとのデートでも、実はこっそりのーぱんだったのでした。
なかなか面白い娘さんですね
彼と食事の最中だというのに、テーブル下でこっそり独りでシテおりました。
食事の時くらい、食べること(あるいは喋るか)に集中しなさいよ。
またソフトクリームのあたりでは、なんと漏らしたりして…「高志くん」はさぞびっくりしただろうなぁ。
当然、そんな性癖の彼女を受け入れるという、王道パターン。
隠してたことを言えてよかったねー、という感じなんですが、こうした漫画で気になるのは今後の話。
ぶっちゃける「由香里ちゃん」についていけるかな、「高志くん」
描き下ろし「その後の由香里ちゃん」ではコメディーにまとまっていたものの、あれだと快感は得られなくなると思います。
さらに過激なプレイをしたくなった際に、彼はどうするかなぁ。

「スク水狂想曲」、「スク水狂想曲~かすみの章~」はタイトル同じですがまったくの別話。
前者は素っ気ない彼「浩二」くんの趣味が、スクール水着だったというもの。
こちらの「遙」さんは、収録で珍しいツリ目キャラ。
おまけに、裸眼なので注意(何を)
彼の趣味が分かると、海に誘ってさっそくスクール水着で登場するのでした。
「遙さん」は何歳か知りませんが…海で恥ずかしいだろうなぁ。
(※男性は喜ぶ人多いでしょうけど)
しかも、海中でのえっち行為はバレかかっていました。
かなり近くに子供もいたんですけどね
その前のコスプレをさんざんスルーしていた「浩二くん」がようやくその気になっていましたが、「遙さん」はアレでいいのか!?
ひでるさんはオチ部分のがだんぜん好きですが。
後者は元高校時代の水泳部な先輩「かすみ」さんと、そのマネージャーだった「高瀬」くん。
「emily」センセ自身で突っ込んでいましたけど、これは競泳水着ですね。
看板に偽りありです。
雨宿りのため、再会した彼女の家に上がるんですが…
あの頃の水着まだ持ってるんだ、せっかくだから見せてあげるね
だって。
これはもうOKサインでしょう。
当時よりもボリュームの増したスタイルを堪能下さい。

「ひ・と・り・じ・め」は可愛く、やたら懐いてくる従妹「美奈」ちゃん。
あそこまでしていながら、理性でストップした彼も凄いですが、なにげに冷静だった「美奈ちゃん」も只者ではありませんね。
期待していたとはいえ、寸止めした彼に鋭く斬り込んでいました。
そうだ、この娘も眼鏡ではないですね。

「詩織」、「麻美」というWヒロインの「濃密トライアングル」
来月に結婚が決まり、ラブラブな「麻美」さん。
3人での飲み会の後、「詩織」さんは彼女らの新居にお邪魔したのです。
もともと「孝」くんと付き合っていた「詩織さん」は、「麻美さん」が出掛けた隙に…という展開。
甘さたっぷりな漫画集だったので、こちらにはややびっくり。
(※この漫画は収録順では最後から2番目です)
ラブラブ後の修羅場が良い感じだったんですが…普通にえっち勝負みたいなコメディー展開になったのがやたら残念でした
それぞれの間がギスギスしたり、罵り合いとかなんとかがあれば面白かったんですが。
ただ、「詩織さん」が仕掛け、「麻美さん」帰宅して現場目撃~という描写はなかなか良かったので、機会があれば三角関係な男女のドロドロしたものを描いてほしいところです。
編集の意向で難しいかな。

詩織さん、従妹「美奈ちゃん」
※左:詩織さん、右:従妹「美奈ちゃん」
 こちらは最近の絵柄になります。「詩織さん」くらいのバランスがいいなぁ。

「おねだりがとまらない!!」はデヒュー作品です。
成績優秀で格好良い「春也」くんは高校時代のクラスメイト。
彼に憧れる「いずみ」ちゃんはがんばって同じ大学に入っていました。
しかし、当時から取り巻き多く、また告白を全て断わっているという噂から、近寄ることすらできなかったのです。
大学生活でも2年間も接触なかったんですが、偶然会った彼から声をかけられたのでした。
メチャ甘なラブコメですね
まるで妄想世界のようにトントン拍子で事が進んでおりました。
正直なところ、邪悪なひでるさんにはこっ恥ずかしいです。
まるで接触なかった筈の彼が、やたら慣れた感じだったので”騙されたりするのかなぁ”とか勘ぐってしまいました。
まぁ、絵柄そのまま、ふわふわと展開し、ほわほわとしたラストを迎えます。

「巫女さんは参拝客が好き?」は眼鏡の巫女さんです。
…珍し……くはないか。
ちらほらいますね。
「大村崑」さんばりのデカイ眼鏡とズレっぷりで、独特な雰囲気を醸し出していました。
あの…突然なんでまたそんな展開に?
とは漫画内の台詞ですが、まんまそんな感じ
こちらもハテナマークですよ。
キャラの個性があっただけ、やたら都合よく流れてしまったお話が残念でした。
これは勿体ない。

ほか、巨乳・眼鏡なウェイトレス「美野里」さんの「看板娘育成計画」
あんな客いないよねぇ。
店長さんとの閉店後えっちという王道で、なにげにシマパンでもありました。
「Runners High」は幼馴染み「奈緒」さんと「秋彦」くん。
朝起こしに来る、強く当たるなど、定番メニューをこなしていました。
あんなまるまる眼鏡でスポーツ少女というのが、脳内でいまいち合致しませんが、ショートカットが可愛いからいいか。
初めてながら、早朝公園での野外えっちとなります。

柔らかな曲線のすっきり絵柄。
キャラはすっっきりでしたが、濃淡ではページの賑やかさも手伝ってだいたい適度なくらい。
イラストメインな方にしてはコテコテ感なく、それがためコマによる落差も感じません。
描き慣れてきた雰囲気はありますが、全体は比較的安定しておりました。
縦長のタレ目で幅広な輪郭という、特徴な可愛らしいキャラ絵です。
いかにもラブコメちっくなバランスであったものの、「濃密トライアングル」ではちゃんと大人っぽいキャラに描かれていました。
次の単行本あたりは注目です
判断にカラー絵はちょっと良い雰囲気。
ただ、概ねあんな感じが好きかどうかでいいでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・落差も大きくなく、個性は強いもののさほどマイナスは感じません。
・だいぶ濃い甘さのあるお話です。後半になるにつれて良くなってきたような。
・眼鏡で統一されているのはいいですが、ちょっと変化に乏しいかも。
合計:[9/15]

眼鏡なヒロインがずらーっと登場しているのは、お好きな方に刺さるでしょう。
ただ、だいたい丸眼鏡で似た雰囲気なのが残念なところ。

メガネっ娘恋愛指導 (バンブーコミックス)メガネっ娘恋愛指導 (バンブーコミックス)
(2010/03/17)
emily

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ゲーム原画 コメディー 競泳水着 ショートカット スクール水着

■家族でイこうよ! (神保ひとで)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・近親
・おまけ: あとがき、
     カラー描き下ろし「姉妹でイこうよ!」
・その他: カラー(8P)、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「神保ひとで(じんぼ・ひとで)」センセの「家族でイこうよ!」です。

アマゾンに表紙画像が掲載されてました。

Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)
(2010/03/26)
東山 翔

商品詳細を見る


あの「東山翔」センセの新刊がもうスグに出るみたいですね。
小さい画像ながら、ぐっと目を引かれました。
なぜか(笑)、おすすめ商品でトップに位置してたりして……見透かされてるみたいで嫌よね。
まぁ、買うんですが。

さて、本日は名作モノっぽい雰囲気だった「花の中のラニ」を紹介している「神保ひとで」センセの新刊です。
こちらの「家族でイこうよ!」は6冊目。
タイトルそのまま、近親ネタがずらりと並んだ単行本でした。
背徳感は薄く、多少の迷いはあったものの、たいてい欲望にざーっと押し流されてます
結果オーライな感じよ。

美代さん、滝先生
※左:美代さん、右:滝先生
 お姉ちゃんな2人です。弟から友人まで、「美代さん」は苦労してそうね。

登場キャラが全裸でずらりと勢揃いした↓表紙・裏表紙がはっちゃけてますね。
折り返しも含めてべらーっと広げてみると、また違った趣が(笑)
あの点線は…ひょっとして携帯の画像保存みたいな表現なのかな。
というのも、こちらの単行本で最も驚かされたのが、実はもくじ部分

冒頭に位置する「姉妹でイこうよ!」は、カラーの描き下ろしです。
「柊」、「梢」という2人を姉にえっちなことされる弟みたいな感じだったんですが…まさか、あーなるとは予想外。
しかも、当然のように効果なかったりして。
この漫画が、ちょっとした仕掛けでもくじに直接結びついているんですね。
これはなかなか面白いアプローチだと思いました。

さて、色々な近親系が収録された漫画ですが、まずは姉系から。
「ねーちゃんおめカラ!」、「お姉ちゃんせんせい」の2話です。
前者は「美代」さんと、2人の弟「ジュン」・「カイ」で複数。
だいたいカラー部分とは逆の立場になっており、面倒見の良いお姉ちゃんがえっちされるパターン。
2人はどのくらいの年齢なんだろう。
ローションやアイテムを使用していたんですが、レクチャーもされていた様子。
バレバレなんですが、これ実は黒幕がいるのでした。
そちらの存在があり、彼ら弟の感覚としてはごく純粋なモノ。
変にラブラブとしていない事を考えると、そこそこまともなお話なのかも。
後者は「孝士」くんと、その姉で体育教師という「滝」さん。
こちらは弟にベタ惚れなパターンです。
”えこひいきするといじめられる可能性がある”ということで、表面上はキツく当たるものの、裏でオロオロと心配しているのでした。
年上の彼女がそうしたメロメロな感じがため、流れはスムーズです。
切っ掛け待ちですよね
むちむちとしたジャージ(※下はスパッツです)が非常に良い感じ。
ただ、えっちシーンではあっさり脱いでしまうのでした。

同じく姉でも、巻末収録の「らぶらぶ奴隷さん」は友人のお姉さんなので、唯一血縁と違ったネタ。
…あ、カップルで言えば、唯一マトもなのか。
感覚おかしくなりますね。
携帯を突っ込んだりして、プレイ的にはなかなかハード。
ラストの描写を見る限り、ちゃんとした信頼関係が成り立っているらしく、さして問題はないのでしょう。

京子ちゃん、愛ちゃん
※左:京子ちゃん、右:愛ちゃん
 眼鏡で巨乳なのです。…枠ハミ出してますね。

妹ネタの「ヒメコイ」はいちおうロリ担当。
お風呂上がりでタオルを巻いているヒロイン「裕美」ちゃん。
その丈が短く、大事な部分がほぼ丸見えなところが素敵でした。
また彼女チェック柄のリボンをしているんですが、なんとコレ下着とお揃い(笑)
…ひょっとして、見せる目的?
お兄ちゃんには”貧相な身体”とか言われていたものの、幼い顔にしてはそこそこな成長具合でした。
もっとロリロリした感じでも良かったかなぁ。

父娘近親系は「アンバランス・イレブン」、「ごほうび」という2話。
うち「アンバランス・イレブン」は先の「ヒメコイ」から直接の繋がりがあり、「裕美ちゃん」のえっち報告から始まってます。
(※クラス女子にばっちり近親えっちが伝わってましたけど、アレはいいのかな)
こちらのヒロイン「京子」ちゃんは、丸眼鏡でみつ編み・お下げな女の子。
「好き」とはばかりなく言っていた、お父さんとのお風呂えっちです。
「裕美ちゃん」の報告を受けての行動で、実際のところよく分かっていないままなんですが…お父さん、あれに流されちゃーダメよ。
なお、立派なバストの持ち主でしたので、そこも注目。
「ごほうび」はお嬢さまの「四条美紀」さんと父親。
信賞必罰が我が家の家訓
とか言ってました。
先のお話とは違って、えっち慣れした父娘です。
漫画ではご褒美を求めた彼女をエスコートする流れ。
お金持ちだろう家柄なんですが、「美紀さん」の希望によってなぜか公園トイレが舞台なのでした。
いきなりのーぱんだったり、男性用小便器で「アレ」をしたり…家訓によって、立派な変態に育った様子
こんな彼女がまた家庭を持ったなら、おそらくこの教育が繰り返されるのでしょう。
四条家では普通の事かもしれませんね。

「あい love アイ」は双子の兄妹「優」くんと「愛」ちゃん。
「ヒメコイ」、それ続く「アンバランス・イレブン」らとキャラが共通しており、同一世界話となってます。
時系列で言うと、こちらが最終話みたい。
仲良し双子という設定。
特に双子の感覚共有みたいな描写なく、単に趣味趣向が合致するという描かれ方でした。
お昼時間の屋上で、手すり側でシテいるんですが…あれは目立つだろうなぁ。
雨かな?
とか言ってましたが。
他のヒロイン「裕美ちゃん」、「京子ちゃん」らと違って、こちらの「愛ちゃん」はバランス良く、ショートカットが可愛い娘さんでした。

「卓也くん」の母親
※「卓也くん」の母親
 義理の母ならば分かるんですけど…ちょっと漫画過ぎるかなぁ。

「おべんとうパニック」は「卓也」くんとその母親。
義理の母ではなく、彼の雰囲気から察するに相当な年齢だと思うんですが…ほぼ姉と言っても良いくらいの容姿です
あまりにそれっぽくない点は、人によって良し悪しでしょう。
父親ともまるで新婚さんのようにラブラブしているんですねー。
そんな訳で、母とは言えうっかり目前で全開にされたりしたら、そりゃーたまりません。
お弁当もだいぶ若い感じでした。
こんな母親いるかいな。

太めな濃い線の絵柄。
その線も含めて非常に黒は強く、全体はこってり風味でした。
比較的キャラは大きめで描かれ、賑やかではあったもののコテコテとした感じはありません。
乱れはなく安定傾向。
些細な部分ですけど、バランス崩れるというか、たまーにあやしいコマもあります。
これは画風からのものかな。
特に大人なキャラは、もうあとわずか程度でも縦長にした方がいいのでは…。
わかりませんが。
幅広い輪郭とくりくりした目の目立つ、可愛らしいものです。
カラーでも大きな変化はないので、判断については↓表紙・裏表紙でどうぞ。
各ヒロインの全裸絵が並ぶ裏表紙のがいいと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・概ね問題はないんですが…もうちょっと、という感じです。
・はっちゃけた近親漫画でした。お話的には…もう少し。
・近親でずらり並べたほか、やっぱりもくじ部分の印象が強いかな。
合計:[10/15]

花の中のラニ」が刺さった方には、微妙なラインかもしれません。
あの褐色肌で金髪な彼女は相当に強いキャラでしたからねぇ…。


家族でイこうよ! (メガストアコミックス)家族でイこうよ! (メガストアコミックス)
(2010/03/19)
神保 ひとで

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スパッツ ショートカット

■れすきゅーME! (巻田佳春)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメコメディー
・おまけ: あとがき、おまけ漫画、
      書店配布用ペーパーイラスト。
・その他: 両面カラー小ポスター、10話収録、
      現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「巻田佳春(まきた・よしはる)」センセの「れすきゅーME! 1巻」です。

漫画についてた雑誌紹介にて見ました。
北河トウタ」センセの連載「青春ポップ!」がなにげに良い感じ。
巨乳図書委員の小島さんとドキドキ初デート!
だって。
「小島さん」はいいなぁ。
4月20日には単行本の1巻が出るようなので、楽しみに待ちたいと思います。

さて、本日は「巻田佳春」センセです。
こちらのブログでは成年系「とらぶる・すくらんぶる!」を紹介しておりました。
今回の「れすきゅーME! 1巻」は、たぶん3冊目という単行本。
初の一般系でしたが、いきなり巻数をまたぐ長編です。
すごいですね、おめでとうございます!
これを機に、漫画界で大きく羽ばたいていただければ、こちらも嬉しいです。
ただ…成年系も忘れずにお願いしたいところですが。

だいたいこんな漫画です
※だいたいこんな漫画です
 彼女の台詞にご注目下さい。

両親の出張によって、家に残ることとなった主人公「水谷正行」
1人の生活で家事を心配した両親は家政婦を雇っていたんですが…
旦那様に嫌われたら奥さん失格ですからね
裸エプロンで出迎えた彼女「清水さやか」は同級生な女の子。
しかも彼女は、そうした風に人の話を聞かない、えっち暴走娘なのでした。
混乱する日常生活は、1つ年下な叔母「結花」が加わったことで更にエスカレート。
果たして「正行」は正気でいられるんでしょうか?
だいたいそんな感じ。

ベタベタなラブコメ漫画です。
超ド直球ネタですね
良し悪しは人によって千差万別でしょうけど、やっぱり「巻田佳春」センセの絵柄はこうした王道展開がよく合ってます
ヒロインの魅力全開でしたねー。
もともと読み切りだったものが連載になったらしく、やはりお約束ネタが広く支持されたみたい。
単に言葉だけでなくサービスシーンも豊富で、バストトップも頻繁に露出していました
成年漫画からのファンな方も楽しめる内容です。

清水さやか
※清水さやか
 やたらオモロイ娘さん。やたら自由にしてました。

メインヒロインの「さやかさん」
しかし人の話聞きませんねー。(←いや、ある意味ではちゃんと聞いてるのか)
自分の思い通りに、ひたすら・徹底的にボケ倒すという、なかなか困った娘。
「正行くん」の言動を勝手にエロ変換する、妄想と現実をごっちゃにする、果てはえっち暴走するなど、自由自在にしています。
”吹き出しの中の記号を読み取る”なーんて、特殊能力もありましたね(笑)
当初はいじめて系な感じにえっち方面へ流していましたが、ライバルが増えたためか中盤あたりから強いアプローチをするようになってます。
「仲良く~」みたいな発言などには、確実に複数えっちの想像をしていました。
凄まじいパワーですね。
だいたい、両親が雇ったのは家政婦の筈なんですが…ここは1話目の段階から、「奥さん」とか都合良く脳内変換してます。

男子の前でそんなえっちな格好しちゃいけません!!

3話ではそんな台詞があった「正行くん」
”お前は「まほろさん」か!?”という感じ。
まともな会話ができないくらい、ひたすらボケ倒していた「さやかさん」に対して、いちいちツッコミをしています。
あれは疲れるだろうなぁ。
いい加減に慣れたのか、9話では先読みする描写もありました。

こうした漫画の場合、「さやかさん」が望むようなラブラブ関係にはできません。
「正行くん」の極端(異常)なほどの真面目さはそのためでしょう。
しかし、自ら脱いでいく、押し倒してくるなど直接行為のほか、偶然転んだチャンスを最大限に生かす(※何故かスカートと下着が脱げてる)など、あー見えて「さやかさん」はなかなかの策士。
あのまま2人っきりだったなら、5話くらいで「正行くん」は陥落していたかもしれません。

叔母「結花」
※叔母「結花」
 1巻では「さやかさん」に押されっぱなしでしたねー。

そのため、強敵「さやかさん」とがっぷり四つに組める、妹ちっくキャラ「結花ちゃん」の存在が大きいのです。
年下な叔母ということで、「大悪司」の「さっちゃん(岳画殺)」みたいなもの。
「正行くん」を呼ぶ際には、当然のように「お兄ちゃん」なのでした。
こちらもベタベタです。
八重歯と貧乳っぷりが良いキャラなんですが、彼女の登場がためか「さやかさん」はいつの間にやら巨乳に!(笑)
(※中扉のカラーイラストは1話の裸エプロンを再現したものですが、↓表紙とは別人というべき胸サイズが違います。ここは大目に見てあげて下さい)
なお、「結花ちゃん」もえっち暴走する娘でしたが、1巻では「さやかさん」に対しては終始劣勢。
もし単独で登場していたなら、けっこう目立つと思うんですが…どれだけ「さやかさん」がはっちゃけてるのか、というところでしょう。
ストーカー被害に遭っているという8話は、「巻田佳春」センセに完敗。
なるほど、そっちかー。

丁寧な細線のすっきり絵柄。
適度な濃淡具合で、見易く綺麗なものでした。
概ね問題はないんですが…特に後半はコメディー描写などで置きにいったようなコマがちらほら散見されます。
繊細・美麗なイメージが強いからでしょうか?
ひでるさんはちょっと気になりました。
深い黒の目とふっくらな輪郭が特徴の、可愛らしい人物絵です。
一般系ながら、そうしたヒロインらがバンバン脱ぎます。
前述したようにバストトップから直接えっちシーン(未遂・妄想)まで多く、↓表紙に釣り上げられた方も納得するだろう仕上がりでした。
判断はそのままで問題ないでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・後半で目につく絵があったものの、テンポ良く、極端に引っ掛かる部分もなく、全体的には良好です。
・ボケっぱなしの「さやかさん」がぐいぐい牽引する漫画でした。
・寸止め・はっちゃけコメディーです。「巻田佳春」センセの良さが発揮されてます。
合計:[12/15]

初の一般系な単行本として、非常に良いチョイスでした
これを引っ張るのには限界があるような気がしますけど、2巻はどうなるのか楽しみに待ちたいと思います。

れすきゅーME! 1 (チャンピオンREDコミックス)れすきゅーME! 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2010/03/19)
巻田 佳春

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー スクール水着 バストトップ

■素肌的美少女 (野原ひろみ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・複数
・おまけ: あとがき(全、私)・あとがきまんが(全)、
・その他: 初単行本、カラー(4P:全、私)、短編×10(全、私)
※見かた[全:全部脱がしちゃいや編、私:私の秘密…みたい?編]です。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「野原ひろみ(のはら・ひろみ)」センセの「素肌的美少女 ~全部脱がしちゃいや編」、「素肌的美少女 ~私の秘密…みたい?編」です。

初単行本でいきなり2冊同時発売です。
凄いですね。
↓表紙の絵も良い感じで、期待していたんですが…これがまったく合いませんでした
とかく漫画というのは不思議なモノですね。

保健医・立花さん、プレゼンの女性
※左:保健医・立花さん、右:プレゼンの女性
 眼鏡・ショートカットの女性を実に魅力的に描かれていました。

さて、「野原ひろみ」センセの漫画はこれが初見。
2冊に収録された合計20話は全て短編でした。(※キャラ重なるのもあります)
絵の巧い方です
↓表紙の判断で全く問題なく、カラーでの柔らかな雰囲気がそのまま白黒絵になっています。
修正もしているのかなぁ。
初単行本でありがちな各原稿での差も少なく、ひでるさん一気に読みましたが特に落差は感じませんでした。
絵の話題になっているので、そのまま続けますね。

細線のすっきり丁寧な絵柄。
濃淡は柔らかく適度かちょっと薄めなくらい。
よく描き込まれており、服のしわ具合、下着の質感、極端でないくらいのスタイルなどなど、ここは非常に良好
カラーも透け具合がイイ感じでしたが、本編・白黒絵は”絶妙”と言っても過言でないくらい
そりゃー、いきなり2冊も発売される訳ですわ。
ヒロインも可愛い~セクシー、ロリ~アダルトまで描き分けされており、魅力的。
縦に大きくない目がクリクリと悪戯っぽく、ここに撃沈される方も多いと思われます。
やや男性キャラがウザく目立つ時がありましたが、それは些細なこと。
ちなみに、絵だけが巧い訳でもありません。
違和感あるようなコマもなく、構図に変化あってアクションも良く、あちこちのバランスに問題はありません。
漫画としても、冷静に見て特に欠点はないと思うんですが…もしかして、ひでるさん合わない原因はココかも。

読んでいて、ちらほら頭に浮かんだのが「世徒ゆうき」センセ。
個人的な事で申し訳ないですが、ひでるさんが合わない代表格な方です。
女の子可愛く、お話も悪くはないと思うんですが。
(※何よりもセールス好調ですからねー)
こちらも、まんま同じ感想。

客観的に問題(←それどころか良い部類)はないんだろうなぁ、と理解しつつも、何故か刺さりません
はっきり言って、自分でもよく分かってません。
絵柄は好きな感じですから。
しかし、どうにもお話には全然入り込めませんでした
不思議ですねー。
ただ、こんな感覚はどうにもなりません。
あくまでも意見の1つとして読んで頂ければ幸いです。
当初は2冊バラバラにやるつもりで見ていましたが、そうした理由がため、ざーっと2冊を書きます。
どうにもレビューがし辛いので。

前述したように、これら2冊に収録された漫画は全て短編。
表題は同じで「編~」とかありますが、それは特に気にしなくてOK。
いちおう初出によると、若干ではありますが「素肌的美少女 ~全部脱がしちゃいや編」のが原稿は新しめな様子でした。

お嬢さま「みのりさん」、ギター弾きな女の子
※左:お嬢さま「みのりさん」、右:ギター弾きな女の子
 この2人がお気に入り。「全部脱がしちゃいや編」のがいいかなぁ。

【 素肌的美少女 ~私の秘密…みたい?編 収録漫画】
※冒頭カラーは↓表紙のような1枚イラストです。

「天使のはばたくとき」
 弱小プロダクションのモデル「玲香」さんに映画の主演が決まったんですが、身体で接待させられるお話。
 いろいろアイテム使われてます。
「劇団事情」
 劇団の座長「さつき」が歓迎と称して、「茜」にえっちなことをするんですが…というもの。
 しっかり「さつきさん」もえっちされてました。ここは「立花」くんがポイントです。
「代償」
 眼鏡の「立花」さん、保健医が逃走中の犯人にえっちされるもの。
 コメディーちっくなオチはどうかなぁと思いますが、事情が分かるラストの1コマは良かったです。
「好色母娘劇場」
 飲み屋で酔っ払いに絡まれる母娘の図。
 こちらはオチでびっくり。
「ぺったんこ」
 カップルのうち、彼氏がアイドルという珍しいパターン。
 「野原ひろみ」センセはショートカットの女の子を可愛く描かれますね。
「おもちゃ」
 えっちアイテムプレゼンなお話。
 プレゼンターの眼鏡な女性が良かったんですが、結局彼女はえっち間に合いませんでした。 
「うさぎを抱いてっ」
 幼馴染み「うさぎ」こと「宇崎」さんとのラブラブ…とか思ったら、中盤でびっくり。
 ちょっと色々詰め込み過ぎな気がします。
「晴れ 時々…」
 可愛いお天気おねえさん「愛」ちゃんの裏の顔という漫画。
 物凄い2面性でしたが、オチは弱いかな。
「鍵穴」
 いきなり拉致監禁されてる(?)という、突飛な舞台設定。
 「高崎」・「牧野」という女性陣が縛られてるなか、フリーな「岡山」くんは…あー行動するのは違和感。
「看護させていただきます」
 見習いかな?
 修道女なヒロイン「はるか」が助けた行き倒れな男にえっちされるパターン。

【 素肌的美少女 ~全部脱がしちゃいや編 収録漫画】
※冒頭カラーは「人妻が止まらない」のオープニングです。

「人妻が止まらない」
 旦那との性生活に不満をもつ人妻「静香」さんが近所の男性を誘う短編。
 オチはまた違う家を訪問してましたが…リスク高いことするなぁ。 
「保健のてほどき」
 えっちな保健医が「かえで」さんカップルの悩み相談を受けるという、王道ネタ。
 冒頭は眼鏡・みつ編みという「藤崎」さんをえっちしてました。
「晩夏に実る」
 お嬢さま「みのり」さんと「公一」くんの庭えっち。水浸しになります。
 なわとび検定とか…実は容姿よりも幼い娘なのかもしれませんね。
「かごのなか」
 親の借金を身体で返済する「かごめ」ちゃん。
 バイト先でのえっちがいいんですが…オチにて最大の秘密が明かされます。
「MANIAC」
 ロボット工学倶楽部の部長、「美香」、「今日子」という複数えっち。
 タコの足を再現したというロボットは凄いなぁ。
「堕天使の誘惑」
 新聞配達の「公一」が寝ていた女の子に誘われる流れ。 
 「晩夏に実る」のお嬢さま「みのりさん」も登場するなど、実はそちらの後日談みたいなお話。
「あしたの私は…」
 眼鏡・リボンが目立つ、流しのギター弾きな女の子が、えっちな店で演奏させられる短編。
 お金を積まれ、本人も参加してしまうのでした。
「2人の内緒話」
 一時的に預かった、親戚の娘「このみ」とのえっち。
 元彼女の形見というアイテムを次々に見つけてくるのでした。
「看病してっ!!」
 風邪をひいていた「如月」さんに、看病のため無理やり連れ込まれた「勝己」くん(←仕事中)
 これはラストページがいいですね。
「漫画浪漫」
 漫画家な「ひろみ」さんが、原稿を持ち込んだ編集長にえっちなことされるもの。
 編集部の女の子を交えておりました。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵柄は特にマイナス点はありません。良好です。
・うーん、ココがちょっと癖あるのかなぁ。
・可愛い絵柄ですが、複数・アイテム・拘束など、そこそこハードです。
合計:[12/15]

オチ部分の弱さと説明不足はあるかも。
もしかしたら連続話のがいいのではないかなぁ。

素肌的美少女 私の秘密・・・見たい?編 (エンジェルコミックス)素肌的美少女 私の秘密・・・見たい?編 (エンジェルコミックス)
(2010/03/17)
野原ひろみ

商品詳細を見る


素肌的美少女 全部脱がしちゃいや編 (エンジェルコミックス)素肌的美少女 全部脱がしちゃいや編 (エンジェルコミックス)
(2010/03/17)
野原ひろみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : アクション コメディー ショートカット

■司法畑でつかまえて (陸乃家鴨)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : ラブコメ・司法研修
・おまけ: あとがきプラス・漫画「その後の~」、あとがき絵。
・その他: 短編×9(うち「司法畑でつかまえて」×7)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陸乃家鴨(おかの・あひる)」センセの「司法畑でつかまえて」です。

番組とかゲームとか、果ては「裁判員制度」なんものが導入され、じわじわと身近になったソッチ関係。
なんと、あの「陸乃家鴨」センセが漫画にしてくれました。

「司法畑でつかまえて」

…だって。
↓表紙の半裸な女性で(たぶん)大丈夫とは思ったものの、いちおう裏面みたりなんかして。
”司法について、可愛く漫画で紹介”、みたいな勉強寄りの本だったらヤダなぁ、と。
あらかじめ、本編はいつもの「陸乃家鴨」センセでした
とりあえずはご安心ください。

弁護士「樋口美咲」、検事「西島彩子」
※左:弁護士「樋口美咲」、右:検事「西島彩子」
 こうした法関係とえっち描写が適度にドッキングした、素晴らしい漫画です(笑)

さて「司法畑でつかまえて」は表題の中編と2話の短編という構成。
「普段はもっとテキトーな~」
とか謙遜されていましたが、なるほど収録の短編2話は、ややこしい司法漫画とのセットが合わない感じ。
あ、息抜きみたいで逆にいいのか。

司法研修所(※司法試験合格後にうける教育所…だって)に通う司法研修生の「小林」くん。
弁護修習にて出会った弁護士「樋口美咲」さんに一目惚れをし、その後良い関係になったんですが…
私達の関係も、今日で最後だもの
検察修習となる直前、そんなことを言われてしまったのでした。
だいたいそんな導入部。

そんな訳で、司法ラブコメ漫画です。
これは実に珍しい!!
えっち系(一般ですが)の司法漫画って、もしかしてこれが初めてではないでしょうか。
いや…この世界だいぶ広いからなぁ。
さほど詳しい訳ではないで、ちょっと訂正。
とにかく、あんまり無い系統だと思います。
ややこしいですもんね。
「陸乃家鴨」センセ自身も連載前はあまり詳しくはなかったらしく、調べ物やら取材やらで毎回ギリギリだった様子でした。

そうなんです。
漫画としてはラブコメでしたが、主人公が”司法研修生”であったため、そういった用語・描写がちらほら登場しているのです。
なるほど、司法試験に合格した人ってのは、弁護士・検察・裁判官…と、ひととおり学んでいくものなんですね。
ある程度のシステムを理解することができました。
ちょっと勉強になります

ただ、そこそこキッチリ研修生について描かれているだけ、反面読み辛さは当然のようにありました
刑法とか法律用語とか。
ぺかぺかーっとしたえっち漫画を望む場合は、ややハードルが高めな設定でしょう。
非常に面白く、巧く描かれていると思いますけどね。

すっかり可愛い「美咲さん」
※すっかり可愛い「美咲さん」
 本来はこうした感じなんですね。実は、登場ヒロインで最も普通なのでした。

物語のメインヒロイン、弁護士「樋口美咲さん」
樋口法律事務所の娘で、彼女自身も優秀な弁護士。
テンパると法律用語が飛び出すらしく、可愛く賢いながらも恋愛についてはだーいぶ不得手な様子。
…というか、この漫画に登場するヒロインらは皆さん頭が良いためか、変わった方が揃ってます。

導入の1話目。
「美咲さん」は黒い下着でしたねー。
アップにした髪(↓表紙参照)と共にセクシーです。
冒頭では、寝込みを襲おうとした彼に対して淡々と法律用語をかましており、手強そうに見えたんですが…なるほど、あれこそがテンパっていた状態なんですね。
ただし、直接の接触にすこぶる弱いらしく、キスだけでかなり可愛らしくなっていました。
これはいいなぁ。
さすがは「陸乃家鴨」センセという感じのキャラです。

次に登場するのは、なんと4話目。
だいぶご無沙汰になっているんですが、その間こそ「小林くん」がフラれたと思ったそのままですね。
ここでは、偶然に見かけた彼を”いきなり強奪する”という、法律家らしからぬ大胆な行動を取っていました。
そのまま付近の木陰にてのえっちです。
弁護士然とした冷静な彼女からは想像もできないほどに可愛らしい、女の子している所がいいですねー。
最終話にも無論登場していますが、こちらも必見。
同期2人との絡みは面白そうだったんですが…そうしたシーンは少なく、ちと残念でした。

検察修習の2話目は検事「西島彩子」さん。
同じく司法にどっぷり浸かっているような方なんですが、「美咲さん」と比べると段違いに大人な女性。
こちらは同じく司法研修生である「田垣」くんで、えっちレクチャーなパターン。
それっぽくない方の乱れる姿を堪能下さい。
「小林くん」も冒頭から顔を見せていましたが、こちらのお話のみゲスト的な扱いです。

司法研修生「志村亜沙」、判事補「比良井さん」
※左:司法研修生「志村亜沙」、右:判事補「比良井さん」
 魅力的なサブヒロインです。2人ともこうしていると可愛いんですが…。

3話目はトップクラスの成績という、やはり司法研修生「志村亜沙」さん。
常に冷静沈着で、「田垣くん」が取り乱した2話目でもまるで表情変えずにしっかり勉強していました。
容姿を含めて非常に良いですが…おそらく、登場ヒロインでは最も付き合い辛そうですね、彼女。
出来過ぎ…かな
切っ掛けは「彩子さん」のそうした評価の一言で、「小林くん」をラブホへと引き込んでいました。
初めてということでえっちシーンではだいぶ可愛らしかったんですが…あのすっぱりと割りきる事後はなんだかリアルで嫌(笑)
5話からは裁判修習。
こちらより登場する判事補「比良井」さんは、最もややこしい娘さん
冒頭から裁判長席で 「小林くん」を相手に[※他の修習生でした(100322訂正)] エロい事していました。
普通にしていれば、なかなかの美人なんですけどね。
M寄りの法廷フェチ
とか言われてます。
この方の暴走によって最終話へと繋がるんですが、どんなんなるかは漫画にて。
揉める当事者らとは裏腹に、第三者がわいわいと法律談義をしている様が可笑しいです。

その連続話が面白かっただけ、収録の短編も番外編みたいな感じのがまとまって良かったかなぁ。
どちらもペットがポイントのお話で、褐色肌な男女が搭乗しています。
「アクアリウム」に登場の褐色肌なヒロインが可愛かったです。

わざわざ書く必要がないくらい、安定感抜群の絵柄。
あちこちのバランスに優れ、読んでいてストレスを感じさせません。
本来であればややこしいネタでしたが、うまーく漫画に変換していたと思います。
多少の癖はあるものの、すっきり・嫌味のない絵で間口の広いタイプ。
↓表紙・裏表紙に違和感なければ、大丈夫でしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・ここは問題ないでしょう。今回は↓表紙も良いまとまりです。
・個人的には満点ですが、番外編っぽい2話が惜しいところ。
・難解なネタに挑んだ「陸乃家鴨」センセに敬意を敬意を表して。
合計:[14/15]

ゆくゆくは、この漫画で弁護士となになる若人が登場するかもしれません。
「”司法畑でつかまえて”を読んで、弁護士になろうと思いました!」
…とか、言ってほしいなぁ(笑)

司法畑でつかまえて (バンブーコミックス)司法畑でつかまえて (バンブーコミックス)
(2010/03/17)
陸乃家鴨

商品詳細を見る



★「陸乃家鴨」センセの漫画紹介記事
 「ピンクペッパー・陸乃家鴨短編集
  「ツンデレ~シリーズ」を収録した短編集。
 「未確認幼なじみ 上・下巻
  ノスタルジー感たっぷりの、ちょっと不思議なラブコメ長編。
 「少年少女は××する
  エロ漫画家を目指す文学少女「加納瑞希」のお話。
 「少女の妄想はいつひらく?
 「少年少女は××する」の続編。コスプレイヤー「水森夢子」が主人公。
 「大正ヲトメ花壇
  「おとめ塾」の外伝を含む短編集。
 「花咲け!おとめ塾
  上下巻の大正コメディー。
 「彼女の残り香
  連続話・描き下ろしもあります。こちらは成年指定なので注意。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ 裁判員制度

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。