FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■超昂閃忍ハルカ 刃の巻 (MISS BLACK)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ゲーム原作
・おまけ: あとがき、ゲストページ(監督・原画)、カバー裏に別絵。
・その他: 原作「アリスソフト」、登場人物紹介、8話収録、現在は1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「MISS BLACK(みす・ぶらっく)」センセの「超昂閃忍ハルカ 刃の巻」です。

ようやく手に入れました、「超昂閃忍ハルカ」ですよ。
わーい。

アリスソフト」好きなひでるさん。
しかし、最近は時間もなくなったことから、めっきりPCソフトより遠ざかっております。
(※前にも書きましたが、「戦国ランス」、「ぱすてるチャイムContinue」も買ったままで一度もやってません)
こちらの原作ソフト「超昂閃忍ハルカ」は、ひでるさん好きな「超昂天使エスカレイヤー」の流れをくむゲーム作品。
非常に魅力的だったんですが…やっぱりこちらも未プレイ。
ただ、どんなんか興味はあったので、コミックス化が嬉しかったんですよ。
きっちり成年系(※まぁ、一般には絶対にならないですよねー)で、しかもその作画が以前「Feuerig[フォイエリヒ]」を紹介していた「MISS BLACK」センセ。
そりゃーもう、期待していたんですが…なんとこちらが微妙
悪くはなかったんですが、どうにもその絵が納得できるものではありませんでした。
そんな訳で、いつもとは順序を入れ替えて作画から。

鷹守ハルカ
※鷹守ハルカ
 いきなりえぐい拘束をされてしまう「ハルカさん」なのでした。

細線のデジタル絵柄。
テカテカしない程度のくっきりトーン処理で、濃淡はやや濃い目です。
描き込みは細かく、ネタもあってごっちゃり。
基本的には巧い方ですが、勢いがあるだけやや乱れ気味
アクションシーンでも、ちらほらと微妙なコマがありました。
うーん、「Feuerigよりも全体的に弱いような気がするんですが…ひでるさんの期待が高かったせいかなぁ。
あの洗練された繊細・丁寧な絵は、こちらでは見られませんでした
確かに良く描けているところもあるんですが、原作モノでなければ厳しいです。
ついでに言えば、今のところでは明らかに原作絵のが勝っていました。
ごめんなさい、でも正直にはそんな感覚
とりあえずは続くようなので、次に期待しましょう。

そう、こちらは巻数表記ないものの、続くのです。
紹介帯によるとオリジナル要素もあるようですが、概ね原作ストーリーをなぞっていくみたい。
漫画版は、プロローグ部分を冒頭の数ページだけで済ませ、いきなり激しいシーンから始まっておりました。

突如、ノロイ党に襲われた十宝学園の学生「戦部鷹丸(いくさべ・たかまる)」、「四方堂ナリカ」
彼はもともと「想破上弦衆」という忍者集団の頭領であり、過去よりの仇敵であるノロイが狙ったのです。
そんな時、一目惚れをしていた相手「鷹守ハルカ」が彼を助けたのでした。
過去からやってきたという彼女は、「閃忍」という上級戦闘員の才を持った上弦衆の忍者だったのです。

悪鬼彷徨う現の闇を!払うは月影-我、上弦なり!

…大雑把にはそんな感じ。

四方堂ナリカ
※四方堂ナリカ
 漫画では最もイキイキと描かれていたかなぁ。

ヒロインが戦闘からえっちまでに活躍する、アクション成年漫画です。
ゲームでの主人公「鷹丸くん」は、えっち(※いちおう龍輪功(りゅうりんこう)という儀式)によって、力を与えられる存在。
さらに、ノロイ党との戦いに敗れた際にも、お約束でえっちな事をされるため、ゲームは無論のこと成年漫画にも実にぴったりな設定。
ゲームの場合はじっくり説明がされるかと思いますが、漫画はさらっとした程度でした。

ヒロイン「ハルカ」らは忍者という設定。
これが「超昂天使エスカレイヤー」と違って独自性が強く、ぱっとでは分かり辛さがあります。
バリバリの変身ヒロインであった「エスカレイヤー」は、えっちでエネルギー充電というのがストレートに分かり易いのです。
しかし、「ハルカ」ら閃忍がえっちで力を得るというのは…いまいちピンときません。
特に漫画版ではそうした傾向が顕著
また、いちおうは変身ヒロインでもある筈なんですが、忍者でほぼ服装が変わっているだけなので、その感覚も薄め。
なにしろ「ナリカさん」は、「その格好はっちゃけすぎ」とか言われてますし…。
さらに、ページの限られた漫画なため仕方ないと思うんですけど、出会い部分などがすっかり端折っており、過去から来たうんぬんから、閃忍の基本設定などまで、いまいち不鮮明なまま進むのでした
ややこしいお話ではないものの、あまり良くはないと思います。

いきなり戦闘シーンの1話目「新月・現之闇」
さして活躍することもなく、あっさり捕まっていました(笑)
原作にもあったえぐい拘束えっちです。
いかにも「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本という展開ですねー。
2話目「三日月・成香」、3話目「七日月・萌芽」は「ナリカさん」の主役回。
捕まって無理矢理にされるのと、「鷹丸くん」との愛あるえっちですね。
やっぱり恋する女の子は強い。
そんなこんなで、ようやく2人の閃忍が揃う、4話目「八日月・競演」
Wヒロインであることが売りであるこちら。
やっぱり揃うと絵になりますねー。
触手えっちからふたなり、男の子らを巻き込んでの乱交みたいな絡みにまで発展しておりました。

ナリカ
※ナリカ
 センセがお好きなだけ、後半はよく顔を見せていました。

ちらりと過去描写のある5話目「上弦・邂逅」
こちらからヒロインのもう1人、「スバル」さんが登場しております。
ただ、注目は何と言っても「ナリカさん」
あの描写はWヒロインというこちらのお話で最高潮というべき名シーンだと思います
いいなぁ、「ナリカさん」
忍者たる育ちであった「ハルカさん」とは違い、人間味に溢れておりました。
女の子だねぇ。

ただ、そんな訳でメインたる「ハルカさん」がインパクトに欠けていた印象があります。
携帯も満足に扱えないという彼女は日常シーンにこそ魅力があると思うんですが、漫画は戦闘続きで、かつ「鷹丸くん」とのえっち(龍輪功)も2・6・8話に少しだけのこと。
また後半は「スバルさん」まで顔を出してくるため、メインヒロインながらやたら扱いが弱いのでした。
全体では経緯がしっかり描かれていることもあり、「ナリカさん」のが目立っていたかなぁ。
(※あとがきには、スバル派と言ってました)
まぁ、まだ導入という1巻目なので、今後の巻き返しに期待したいと思います。
結構良い場面でばっさりと終わっているため、次が気になるところです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・差し引きで平均点くらいかと思います。ここがイマイチだったのが非常に残念。
・やや急いでいる印象です。龍輪功→戦闘という基本展開が欲しかったかなぁ。
・ほぼ原作での点数です。今のところ漫画版には目立つところありません。
合計:[10/15]
うーん、今のところは次回に期待としか書けません。
人気シリーズで紹介帯もついているからいいかとも思いますが、↓表紙はもっとポップなのか、逆に徹底的にえろえろしたモノのが良かったのでは。

超昂閃忍ハルカ 刃の巻 (二次元ドリームコミックス192) (二次元ドリームコミックス 193)超昂閃忍ハルカ 刃の巻 (二次元ドリームコミックス192) (二次元ドリームコミックス 193)
(2009/10/28)
MISS BLACK

商品詳細を見る


※こちらが原作
超昂閃忍ハルカ超昂閃忍ハルカ
(2008/02/29)
Windows Vista

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ゲーム原作 キルタイムコミュニケーション アリスソフト アクション

■グラマラスウィーツ (うーりん)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・聖職
・おまけ: なかがき、描き下ろし「LOVE DOLL+」
・その他: 小ポスター、短編×10(うち「LOVE DOLL」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「うーりん[U-ring]」センセの「グラマラスウィーツ」です。

久々な「うーりん」センセです。
過去に紹介しました「おおいりぶくろ。」の際に書きましたが、デジタル化でかなり全体が洗練され、ひでるさん好みな感じになった漫画家さんです。
いつも行く書店では(たぶん)見られませんでしたが、うっかり新刊が発売されていました。
ノーマークです。
これで4冊目くらいの単行本は「グラマラスウィーツ」ですね。

いわゆる「華陵コミックス」というくくりのこちら。
ただ、普通に想像されるようなロリ系ではありません。
いちおう無理矢理に教師を含め、聖職なヒロインが多く登場する単行本でした。
中編漫画と短編と言う組み合わせになっております。

御庄あすか
※御庄あすか
 なかなか刺激的な格好です。

いきなり告別式から始まる「LOVE DOLL」はファンタジー系な漫画。
純粋に慕われていた生徒「御庄あすか(みしょう・―)」の告別式から戻った主人公「志賀尚雪」
そんな彼のもとにドールマニアな兄から届いた巨大な荷物の中身は…亡くなった彼女と瓜二つという容姿の等身大人形だったのです。
しかも、外見だけでなく「あすか」の声に性格・記憶などまで、しっかり引き継いでいたのでした。
大雑把にはそんな導入部。

3話と描き下ろし「LOVE DOLL+」からの中編漫画ですね。
本来の役割(笑)がためか、変な気持になってしまった「あすかちゃん」にえっちで応える1話目。
うん、生徒・教師な恋愛の道徳的な逃げ道という漫画なんですかね。
(※しかも子供もできない)
まるで人形然としたところがない「あすかちゃん」
触り心地は人間そのものなようですが、肌は冷たく、感覚はあっても、身体機能は反応していない様子。
やっぱり人形なのね。
彼女的には恋愛感情を持っていたようですが、「尚雪くん」的にはあくまでもいい生徒の1人。
そう考えると、主人公の妄想ってオチではないのかなーとか思っていました。

突発的な盛り上がりからのえっちで、目覚めたものの「あすかちゃん」はあまり状況を把握していません。
そんな彼女が、香典返しを見つけてしまうところで2話目。
どきどき展開です!
…が。
いきなり場面転換し、「尚雪くん」は呑気に彼女の服なんて買いに行っているんですね
えー、確かに前回場面の際には彼寝ていましたが…
①その場で起こしてどんなんか聞く?
 →彼女の性格から、安眠を妨害することはないでしょう。えっちした相手とはいえ、相手は教師。
②起きるまで待ってから聞く?
 →普通、彼の目覚めを朝食作ったりしながら待ち、そこで恐る恐る聞くのがもっとも自然だと思います。
③とりあえず外出してみる?
 →服装は先生の借りればいいとして、こちらもあり得そう。ただし、目覚めた「尚雪くん」が彼女の存在を確認していないこととなり、こちらも結果としては変。
…こう考えていくと、
④目覚めた彼と朝を共にしていた。
というのが実は正解。
なぜ自分が死んだこととなっているのか、突然先生の部屋でエロい格好をしていた理由など、面白そうな場面が期待できるところなんですが、全てすっ飛ばしているんですねー
まぁ、えっち系でどこまでページを使えるかという問題があるというのも理解してますが、この繋ぎというべき2話目が違和感多く、お話としては非常に微妙
ネットであっさり場所が判明してしまう「あすかちゃん」の危機も同様です。
意識あるのに動けないのはまだいいとして、あれだけ普通に喋っていた彼女が今度はまったく声でないというのもなんだか辻褄合わないなぁ。

行く宛てないままやむなく同居が始まり、自らの意思とは裏腹に恥ずかしながらもえっちへ走ってしまう…みたいなパターンでも、可愛らしかったのではないでしょうか。
3話目の「尚雪くん」もやや都合良過ぎる感じでした
(…まぁ、言っていたことが全て本心かどうか、定かではないですが)
なお、描き下ろし「LOVE DOLL+」はその後の2人が描かれておりました。
そう、こんな感じのがいいと思いますよ。

アイドル「ゆみかちゃん」、シスター「アンジェラ」
※左:アイドル「ゆみかちゃん」、右:シスター「アンジェラ」
 小さい頃と比較すると…「ゆみかちゃん」だいぶ大人っぽくなりましたね!

「おかわり」は幼馴染みカップルの短編。
「成実」さんが原因で、骨折してしまった「未樹春」くん。
責任を感じた彼女は不自由だろうお風呂で背中を洗うべく入ってくるんですが…という流れ。
風呂場で目隠しは危ないなぁ。
当然、転んで抱き合うパターンに流れていました。
お約束ですね。
透けてるブラがいいですよ。

アイドル「ゆみか」ちゃんとマネージャー「里見圭太郎」くんの「Idol Talk」
弱味を握られてしまった「里見くん」は、彼女のわがままに逆らえなくなっていました。
”ストレス解消のために仕方ない”と考える彼に対し、今日はマッサージと称して足を舐めさせるのでした。
…と、だいたいそんな感じ。
アイドルでツインテールということで…やっぱりツンデレちっくな「ゆみかちゃん」
なんと、マネージャーとは10歳以上の年齢差があるという2人です。
またなにげに、幼馴染みという関係でもありました。
漫画にはまだ可愛かった(笑)、小さい頃の彼女も描かれていたので注目ですね。
なお、彼には”純情なお兄ちゃん子で、かわいい妹「可奈実」ちゃん”がいるそうですが…過去漫画とかに出てたりするのかな。
もし未登場だったら、ぜひ続編で描いてほしいですね。
(※わざわざ画像を送って先制しようとする「ゆみかちゃん」から察するに、「可奈実ちゃん」は近親であるものの危険な相手という認識なのでしょう)
2人で争奪戦をしてほしいです。

「wish」は注目な巫女さん漫画です。
教師「藤間」の実家は神社で、初詣の繁忙期に手伝いをしておりました。
ひょんなことで倒れた生徒「樹」くんを看病をしていた彼女は、目覚めた彼に告白をされるのでした。
どうにも分からない、「樹くん」が倒れた原因。
…賽銭箱に頭ぶつけたのかなぁ。
白目剥くほどというのは変ですし、そんな彼が子供を保護したということで感謝されるのもこれまた変。
告白後の先生も外れてはいないものの、ちょっと変かなぁ。
ただ、先生の巫女さん姿は良かったです。

教師「涼子さん」、巫女「藤間さん」
※左:教師「涼子さん」、右:巫女「藤間さん」
 教師でかつ巫女という「藤間さん」はいいですねー。

こちらも女教師・生徒というラブコメ話「MILK&BITTER」
えー、お話は置いといて、これは何と言ってもチョコバナナでしょう。
漫画では完成後の姿でしたけど、あれ作っている姿もまたかなーり間抜けな感じではないかなぁ。
一度は無視するクールさが素敵なんですが…なぜかチョコレートで酔っ払う教師「涼子」さん。
なんだ、この設定。
…「ガンモ?」(※「細野不二彦」センセ。あれはコーヒーでしたか)
普通にアルコールで、生徒同士でイチャイチャしている「藤森」くんに嫉妬する「涼子さん」という構図で良かったかなぁ。
真面目な彼女がため、試しにこっそりアルコール飲ませたら絡まれた、みたいな。
なお、短編「私のご主人様。」も女教師・生徒というカップルでした。
清楚と評判だった先生が~という展開ですね。

実は他エピソードのキャラも登場する、ちょっとしたお祭り話「懺悔室におけるシスターの衝動」
こちらがシスターの登場エピソードです。
アイドル「ゆみかちゃん」、教師「涼子さん」らそれぞれの後日談が面白いですね。
そうした、えっちな懺悔話を聞かされたシスター「アンジェラ」が思わず独りでシテしまう展開です。
あべこべになる流れから、オチに至るまで、よくまとまった秀作だと思います

柔らかで薄めな線のデジタル絵。
濃淡ではぺっとりとした黒はなく、白比率もそこそこある淡い雰囲気になっています。
制服、髪の毛、シスターまで厳密に言うところの黒ではありませんでした。
多少微妙に感じるところもありましたが、洗練された綺麗な絵です。
重箱の隅をつつくようで申し訳ないですけど、漫画としては2、3ほど分かり辛い繋がり・表現がありました。
幅広な輪郭と大き過ぎない目・口という特徴のキャラ絵。
横顔も独特で、髪の毛にはボリュームあるのも特徴でしょう。
判断は↓表紙でいいですが、裏表紙と小ポスターはなにゆえ同系色ばかりなのかちと疑問。
折り返しに配置されていた巫女さんを裏にした方がセールス的に良かったのではないでしょうか。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・綺麗で洗練されたデジタル絵です。ただ、ちょっと気になる点も残っているので満点ではないかと。
・ページ数の関係か、強引さが目立ちました。前述したように漫画も引っ掛かる部分があります。
・あまりコレという感じはなかったですが、巫女、シスターなどはセンセの今後に光を与えそうな気が…。
合計:[9/15]
色々と書かせては頂きましたが、絵的な問題はあまりないと思います。
可愛いお姉さん、的で好きな系統でした。
お話か、あるいは細かい事を霞ませるくらいのネタがあればいいかもしれません。
いわゆる神職系な2話とか、アイドル「ゆみかちゃん」などは刺さったので、次単行本にもぜひ期待します。

グラマラスウィーツ

グラマラスウィーツ (華陵COMICS)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 華陵コミックス ファンタジー ツインテール

■ずっとつながったまま (佐波サトル)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・色々
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(4P)、短編×11(うち「とりぷりゃ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐波サトル(さば・さとる)」センセの「ずっとつながったまま」です。

よくよく考えると、あと数日で11月ですね。
もうじき今年も終わりですよ。
そういえば、今年は「お尻」とか言ってましたけど…すっっかり忘れてましたね。

ツはツンデレのツ」、「いいなり委員長」などを紹介しております「佐波サトル」センセ。
5冊目の単行本は「ずっとつながったまま」でした。
短編と1本の連続話による構成。
成年漫画らしいえっち系で、色々なシチュエーションが収録されています。
変化球というほどではないですが、直球でもないかな。
収録では、連続話となっているお話に登場していたお嬢さまに撃墜されてしまいました

ご令嬢「高城・マーガリット・沙姫」
※ご令嬢「高城・マーガリット・沙姫」
 お嬢さま、この娘ですね。詳しくは↓下を。

幼馴染みである隣の「朋」ちゃんに毎朝起こされていた「弘」くん。
小学校から大学まで一緒だった、非常に近しい存在である彼女。
なんとなく、以前とは異なる感覚を覚えていた「弘くん」でしたけれど…なんと、いきなりキスをしてきたのでした。
「朋ちゃん」曰く、昨日酔っ払った自分が散々えっちな事をしたというのですが…。
だいたいそんなお話がカラーで始まる冒頭話「朝、目覚めると…」
彼のイメージでは、”真面目”という「朋ちゃん」
どんだけエロい事をしたんだか(笑)
彼女の言っているのが、おそらくはカラー部分。
ただ、一晩で刷り込まれたというのは、なんとなく疑問でした。
もしかして…「弘くん」が酔っ払ったのをいいことに嘘ついてたりして、とか思いましたよ。
(※その場合、カラーシーンは全て彼女の妄想ね)

最後まで進む前にいきなり読み返した「とりぷりゃ」は今回収録で最も刺さった作品。
ストーリーはともかく、お嬢さまなヒロイン「高城・マーガリット・沙姫」が非常に特徴的で可愛かったです。
えっちうんぬんよりも、なんだか目からウロコなくらいの衝撃でしたよ。

さて、こちらは2話の連続話。
転入したての主人公。
ふと見た大財閥のご令嬢「高城・マーガリット・沙姫」に一目惚れしたのです。
とりあえず、1人でいた彼女になんとなく声をかけようとしたところ、いきなり取り巻きに捕まり、屋敷まで連れられてしまったのです。
「沙姫さん」曰く、
私、あなたに一目惚れしましたの

そんな訳で、お嬢さまとのラブラブ話ですね。
いきなり屋敷を用意させていたほか、両親の説得まで済ませていた彼女。
相当に浮世離れしておりましたけど、それほどの彼女と平凡そうな主人公がなにゆえ同じ学校だったのかちょっぴり謎。
まぁ、些細な事です。
一目惚れのあたりもかなり唐突でしたからねー。
そんなんはともかく、愛情表現も独特で、えっちでは”自分よりも技術が上”という理由から選抜した女性らを揃え、絡まる様を普通に眺めておりました。
自ら加わりたいとか、嫉妬するような感情がないんですね。
沙姫さんがいいっ
…という、至極真っ当な彼の要求についても、「わざわざ劣る方を選ぶだなんて、よくわかりませんわ」とか本気で言っておりました。

こりゃ、本気でお嬢さまですね。

よくあるツンデレちっくなものでなく、ほわほわ何も考えていないのでもなく、適度な大らかさと合理的な面を持ち合わせている彼女。
彼がなおも自分を求めることから、なんと自ら調教師にかかろうとまでしていました
これも凄い
なにがそこまで気に入ったのか知りませんが、ラブラブです。
ひでるさんの驚き具合が伝わっているかどうか分かりませんけど、新鮮なお嬢さまっぷりの漫画表現でした。
ちなみに、2話目はその続き。
その後の生活が描かれていましたけど、逃げ出さなかった彼はえらい
多少の変化はあったものの、独特な感覚が変わらない「沙姫さん」が非常に良かったです。
もうちょっと日常シーンとかも見たいですねー。
お嬢さま好きな人はぜひどうぞ。

沙姫さん、伊藤さん
※左:沙姫さん、右:伊藤さん
 お嬢さまっぽい2人です。「伊藤さん」は「沙姫さん」よりモテるだろうなぁ。

続く短編「知りたい同士」もお嬢さまっぽいヒロインでした。わーい。
探し当てた父親の秘蔵えっちDVDを、友人らと学校で見ていた「松野」くん。
ちょっとした切っ掛けから、それを「伊藤」さんに見られてしまうのです。
クラス内で男女ともに人気のある彼女は、容姿・性格共に”箱入りなお嬢さま”で、別格という感じでした。
バツ悪く、タイミングを見て謝ろうとした「松野くん」は、人気のない教室で彼女の意外な姿を目撃するのです。
だいたいそんな感じ。
こちらは儚げな感じのお嬢さま
えっち画像に腰を抜かすような描写がいいですねー。
特に注目なのが、「松野くん」が持ってきた先のえっちDVDを見ていた現場を押さえられてしまった「伊藤さん」
ここでは”勝手に彼のDVDを見ていたこと”に対して謝罪しているんですね。
しまっておきたいくらいの箱入りですよ。
なお、オチ部分にて冒頭の説明されております。羨ましいなぁ。

なんで自分ちで着こまなきゃいけないのよ
とか言っている従姉「梢」さんは、日常生活を半裸状態で過ごす変わった人。
どうにも目のやり場に困る思春期な「直哉」くん。
”服を着せてくれるなら従う”と言う彼女に、頑張るものの、なぜかある服はぎりぎりな小さい服ばかり。
そんな事をしているうちに…という「泊まっていってね」
お姉さん(年上女性)の魅力満載というべき短編。
単に服を着せようとしているだけなのに、すっかり(お互いに)テンションを上げていました。
”脱がす”じゃなくて”着せる”なのに…なるほど、この漫画も凄いなぁ。
眼鏡美人という容姿で、どうにも服に収まらないむちむちなスタイルが素敵な「梢さん」なのです。
ラスト付近のお嫁さん~、も良い響きでした。

義姉「霞」さんと「一也」くんの「長い春休み」
こちらの「霞さん」も年上女性なんですが、先の余裕たっぷりだった「梢さん」と違って、やたら初々しい方です。
勉強を見てもらうという名目で訪れる彼にえっちな事をさせられていました。
えー、ここで直接書いてしまうのはもったいないですね。
漫画中にある「霞さん」のモノローグがえっちなのです。
インモラルな雰囲気よ。
声を抑えるため、わざわざ窓を開けてしまう後半も盛り上がりました。

Wヒロインな短編「さんかく」
教師の姉「美奈」さん、同級生の妹「都」さんといった姉妹と「学」くんですね。
余裕を見せながら、要所をしっかり押さえていた「美奈さん」が素敵。
どうにも「都さん」に子供っぽい部分が残っているため、まともに勝負したら絶対お姉さんには叶わないと思います。
とりあえず「美奈さん」は譲る気なさそうでしたよ。

教師「美奈さん」、従姉「梢さん」
※左:教師「美奈さん」、右:従姉「梢さん」
 こちらはお姉さん系な2人。「梢さん」のネタも非常に良かったです。

ほか、冒頭でびっくりな短編「プロポーズ」
「崇」くんの彼女である「菫(すみれ)」ちゃん。
部活に出掛けている間、家で待つことを勧めてきた彼の父親は…なんと、「菫ちゃん」にお手付きをしていたのでした。
こちらは収録でも異質な、ブラック漫画でした。
つい手を出してしまった」とか言ってましたけど、オヤジがエグいです。
途中でびっくりする「フタになれ」は、ふたなり漫画。
表向きは優等生な姉「ミサ」に、様々なモノを奪われ続けていた妹「ユキ」
いきなり生えてきたアレによって、立場を逆転させるのでした…。
どーでもいいですが、「ユキちゃん」前向きですね。
ある意味ファンタジーなお話ですよ。

あなたに告白しちゃった時から…ずっと…私の負けです…
という生徒会長の言葉が良かった「勝つも負けるも」は学校内えっち話。
書記「平」くんと付き合いながらも主導権を握るため頑張る、、眼鏡の生徒会長さんの姿が花丸。
めろめろな様がこれまたいいんですよー。
「棗」さんと後輩「椎名」くんのえっち短編は「野望の図書室」
年上な余裕を見せたかった彼女が…自らの策に溺れ、すっかりえっちになってしまったというお話。
こちらもめろめろでした。
必死に我慢していたところも看破されており、素直に受け入れた後が可愛いです。

やや太めな強い線の絵柄。
適度な描き込みですっきりした印象ですが、線や髪の毛の黒などは強め。
また、変形コマや枠線のぶち抜き、液体描写などき賑やかなごっちゃり系です。
どちらかというと濃い目だと思います。
キャラはゆったりな曲線。
正方形っぽくややタレ気味な目とさらさらとした恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴ですかね。
やや引き絵が弱く感じましたが、些細な程度。
全体は安定しております。
カラーよりやや濃い印象はあるものの、大まかには↓表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・基本的に好みな絵柄で、複数が乱れる「とりぷりゃ×2」も良かったんですけど…引き絵でちらほら気になる点がありました。
・成年漫画っぽい、必要最低限なお話です。
・前述しているように、お嬢さまな描写が刺さりました。”着せるえっち”も非常に良かったです。
合計:[11/15]
1つ刺さると、どうにもなりません(笑)
続きとか他シチュエーションが見たいんですけど…もう描かないだろうなぁ。

ずっとつながったまま

ずっとつながったまま (いずみコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ファンタジー

■AD BOY (にわのまこと)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 業界・コメディー
・おまけ: 
・その他: 5話+短編「Zeke」収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「にわのまこと」センセの「AD BOY 1巻」です。

わざわざ説明する必要はないですが…。
某格闘漫画で有名な「にわのまこと」センセ。
ちらほらとセクシー漫画も描かれていましたが、こちらの「AD BOY 1巻」は久しぶりなそっち系。
TV業界を題材とした、長編漫画となっています。
えー、ごめんなさい。
正直なところ、ひでるさんはあまりセンセの絵が合いません。
ついでにTV業界にもほとんど興味はなく、そもそも基本的な部分からして漫画と合致しておりません
そんな訳で、より外側からの視点になっているかも。

永島樹里
※永島樹里
 看板女子アナです。こりゃーハードル高そうだ。

TV業界に流れる1つの噂。
アシストするよ、あんたのドリームを…
そんな台詞を言う、ある裏方の男と一夜を共にした女性はかならずブレイクする…、というもの。

主人公「桜田子童」はプニTVの下請け番組制作会社”べくとるまん”の下っ端AD。
プニTV看板女子アナ「永島樹里」に憧れており、彼女のため童貞を守り続ける変わり者でした。
しかし、そんな業界最下層にいる彼こそが、”伝説のAD”だったのです。
ごく簡単ですが、だいたいそんなお話。

熱血業界話のような風情です
各話はぶつ切りで、それぞれヒロインの悩み・問題を主役たるAD「子童くん」が解決するような展開。
この”下請けテレビ会社”という設定は、”ある程度なんでもありで次々にヒロインを出しても違和感が無い”という、非常に都合良いものです。
そんな訳で、連続話ではあるものの毎回顔を見せるのは一部の主要キャラ、ヒロイン「樹里さん」ほかディレクター「毒島」程度で、たとえば前回ヒロインがゲスト的に顔を出すようなことも今のところありません
ここは個人的にはちょっと残念。
まぁ、ややこしくはなるかな。雑誌側にも都合良さそうですし。
いちおう、最終目標として「樹里さん」とのえっち・番組制作がありましたが、どのタイミングでも差し込めるもの。
設定の妙を感じます。さすがです。

諸岡サチコ、葉山優菜
※左:諸岡サチコ、右:葉山優菜
 色々なタイプのヒロインが登場しています。

1話「バラドルの女」は「諸岡サチコ」
色々と説明が必須な掴み話だけあって、非常にスタンダートな展開。
バラドル、というどっちつかずのキャラを持ってきたところも正解でしょう。
お話はめでたく終わっていましたが…”朝までに完パケ”がどうなったのか、非常に心配です。
ADって仕事は大変ですねー。

2話「アナウンサーの女」は「佐々本千春」
歴代アナを蹴落とし、”看板殺し”という疑惑のある彼女。
ここでは憧れの「樹里さん」に嫌疑がかかる展開でした。
1話もそうでしたが、彼女はしっかり「子童くん」を認識しており、まったく脈がないという訳でもないみたい。
下手すれば最終話付近でもいけるかもしれないネタかと思いますが、ヒロインという位置を固めるお話になっています。
正義感ある彼が、決定的な場面を見聞きしながらも自分の都合(笑)を優先させるところが可笑しいですね。
それもあってか、続く場面ではあっさり流されそうになっていました。

3話「アイドルの女」は「宮前留宇香」
自らおもちゃとなって、場を和ませている「子童くん」が描かれております。
失敗も多いようですが積極的で小回りが利き、なるほど「樹里さん」が気をかけているのも納得な感じがしました。
あるいはスイッチ入った後のことだけかもしれませんが、相当なテクニックもある様子。
うーん、彼実は裏で相当モテモテではないかなぁ
(※少なくとも、皆さん噂を聞いてましたねー)
とりあえず、ここまでの単発ヒロイン3名は彼にラブラブとなってもおかしくないように思います。

4話「お笑いの女」は「アサミ」・「クルミ」という2人。
初めてのWヒロインですね。
ちょっと分かるような、分からんような展開でした。
なお、地方ロケというネタであったため、「樹里さん」は想像シーンだけでの登場となっています。

宮前留宇香
※宮前留宇香
 設定がため、えっちは直前までで寸止めなのでした。

5話「刑事役の女」は「葉山優菜」
ここは女優とくくらないんですね。
誰もが実際はあるのではと妄想する枕営業なお話です。
珍しく、かなりの積極策を取った「子童くん」に驚き。
まぁ、相手側も公表できないでしょうけれどね。
ちなみに舞台が撮影現場であり、「樹里さん」の登場は雑誌のみ。
看板アナである彼女はお話と絡め辛く、また2人の関係を縮め辛いというのは、ちょっとこれから大変かもしれません。
素人目にはバタバタとした急展開になってしまいそうですが、ここはセンセの腕に期待しましょう。

強い線の絵柄。
細かく描き込まれることもあって濃淡は強く、こってりです。
あらためてじーっと見ましたが、コマ間がかなり太めなんですね。
それもあってか各コマは小さく、より濃厚な感じでした。
派手でテンポも良く、コメディーの巧い方。
漫画もそんな感じで面白いんですが…えっち的にはややはっちゃけ過ぎで微妙。
あまりひでるさんが合わないというのも、あるかと思います。
↓表紙のようにやたら肉感的な女性を描かれるんですけどね。
あちこちのデフォルメも大きめです。
カラーだとやや雰囲気は異なりますが、おおむね↓表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・巧い方ですが、独特なタッチで癖もあります。前述しているように、個人的には合いません。
・えっち的には微妙ですが、漫画としては楽しく・熱く、楽しめるものだと思います。
・ある程度王道な業界漫画ですが、センセらしく派手にはっちゃけています。
合計:[11/15]
1つだけ問題点。
巻末には短編「Zeke ジーク」という、プロレス漫画が収録されているんですが…ジャンル的に相応しくありません
この単行本が短編集という位置づけならば良いかもしれませんけど、読者が見たいのは「にわのまこと」センセの描かれるセクシーなヒロインである筈。
少なくとも野郎ではないでしょう。

AD BOY 1巻 (ニチブンコミックス)AD BOY 1巻 (ニチブンコミックス)
(2009/10/19)
にわの まこと

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■ろり☆がぶぅ (オオカミうお)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「オフで即がぶぅ」
・その他: 初単行本、カラー(12P)、短編×12。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「オオカミうお」センセの「ろり☆がぶぅ」です。

すっかり寒くなりました。
その感覚ないまま過ごしたためか、すっかり体調を悪くしてしまいました。
こりゃ自業自得ですねー。
頭がクラクラします。
誤字・脱字あったらすみません。

さて、本日は「オオカミうお」センセの初単行本「ろり☆がぶぅ」です。
ずっと成年系が続いているのは、こないだ書いた理由がためね。
こちらは同世界っぽいお話もありましたが…まぁ、はっきりとはしていないので短編な構成。
えっちにハマってしまうか、もともと慣れているか、というヒロインたちで、切っ掛け様々でも暗さのないお話群でした。
ちょっと癖はあるものの、単行本の完成度は高めだと思います。

七夏美ちゃん
※七夏美ちゃん
 あの↓表紙はどう見てもえっちですねー。

収録でひでるさんが最もオススメな短編「帰郷」
こちらは、島へ帰ってきた「真田めぐみ」さんです。
もしかして収録で最年長かな。
こちらは、お祭りということで…きました、ふんどし姿です。
うっはー。
胸元もだいぶ空いており、前後どちらもいい感じ(笑)
年齢そこそこなので、となりの娘と違ってあれは結構ヤバイですね。
(※ちなみに、隣のコはラストまで女の子と気付きませんでした)
過去に色々していたらしい、エロい教師とのえっちも背徳的です。
雰囲気もたっぷりで、おそらく…これ1話だけで、”買って良かったー”と思えるほど、出来の良い短編だと思います
人によってはね。

「夏美ちゃんのお仕事GET大作戦」は8ページのカラー原稿。
ジュニアアイドル「日高夏美」ちゃんのビキニえっちです。
オチが楽しいんですが、ちょいと顔を見せていた人気急上昇という「清水真白」ちゃんと絡ませると面白そうでした。
2人いかにも性格違いそうなので。

描き下ろし「オフで即がぶぅ」は↓表紙の娘。
ホットパンツ姿が可愛い、「ななみん」こと「七夏美」ちゃん。
ゲームのアイテムを貰うための取り引きですね。
直接は無論のこと、チャットでもやっていたようです。この娘すげえ。
いかにも最近の娘という感じでした。

”自然ふれ合い教室”ということで、ボランティアの大学生を引率として、小学生らを連れて山へ入りました。
面倒くさいとぶーたれていた主人公のもとに、トイレを我慢していた女の子が…という短編「きつね山」
どーでもいいですが、デジカメで変なことしないように。
捕まるぞ。
こちらもホットパンツが良いです。

真田めぐみ、、委員長「園川さん」
※左:真田めぐみ、右:委員長「園川さん」
 収録ではこちらの「真田めぐみさん」でしょう。いちおう前後見える部分をチョイスしてみました。

兄妹の近親「イモウトノニオイ」
収録の中では「めぐみさん」と並んで年齢高めな感じの妹「姫子」さん。
もうすぐ中学生でしたから、「姫子さん」のがちょっと年下かな。
アップで描かれるスパッツ姿がえっちでした。
そりゃー色々したくなりますね。
こういった漫画では珍しく、それっぽい事を突っ込んでいる母親にびっくり
冗談にしてはプラック過ぎるし、何かしら想像できるというなら、それはまた問題。
兄「隆」くんとしては、心臓飛び出しそうな場面でしょう。
そうした中で、ぐっとくるオチに注目。

「まいんど・こんとろーる」はえっちシーンでの鼻汁が気になりますね(笑)
「オオカミうお」センセはちょくちょくそんな表現を使っていましたが、ずるーっとなっているためかなり目立ってます。
眼鏡にタイツというヒロイン「藤宮」さん。
そしてネタが催眠術ということで…やっぱり名作「独蛾/月吉ヒロキ」を思い出しますね。
こちらの相手は同級生「伏見」くんということで、果たしてどんな効果になるのか、ご期待下さい。
ちなみに、素人の催眠術はかなり危険だと聞きました。
真似しないように。しかもえっち目的だし。
なお、舞台が図書館なんですが、脚立にて見上げパンチラ、そして落下というお約束もあります

「沢城」さんが最近ハマっている”ゆーわくゴッコ”
下に水着を着ていた彼女はちらちらとスカートの中を見せていたんですが、うっかり教師に見つかってしまうのでした。
そんな短編「わたしのナイショ」
ツインテールな「沢城さん」は、なるほどちょうど意識するくらいの年頃なのかな。
なんとなーくではありますが、あの気持ちが分かるような気がします。たぶん。
相手が同級生「青木」くんであれば可愛くまとまったんでしょうけれど…教師なので当然みっちり教えられてしまうのでした。
チラチラするスクール水着がいい感じです。

こちら「憑きもの」もスクール水着なお話。
占いを得意とする「六月露葉(むつき・つゆは)」さん。
”取り憑いている悪い霊の仕業”ということで、教室で独り静めているところ…その現場を担任「権藤」に見つかってしまったのでした…。
半開きな目と大きめなリボンとドリルなツインテールが可愛い、「六月さん」です。
流れとしては先の「わたしのナイショ」と似ているんですが、”ヒロインが不思議少女”というのがこちらの大きなポイント。
ぽやーと冷静だった彼女が、えっちによって乱れるのは良いですねー。
空想と現実の区別があいまいになる~」
そんな教師の言葉は、そう判断するだろうなぁ、というものでしたが…果たして、こちらがどんな結末を迎えるか、ぜひ単行本でご確認下さい。

六月露葉、沢城さん
※左:六月露葉、右:沢城さん
 漫画が異なると、けっこう雰囲気変わるのも特徴。

クラスでかなり大人びている、委員長「園川」さん。
目線があったものの、コスプレ投稿雑誌に出ていた写真はどうにも彼女とそっくりだったのです。
そんな訳で、発見した「緑山」くんは直接聞いてみると…という「園川さんのひみつ」
裏表紙の彼女が「園川さん」です。
単純に容姿では「めぐみさん」・「姫子さん」よりも大人っぽく、「緑山くん」と同級生には見えません。
彼の兄を中心とした複数なえっち展開なんですが、雰囲気そのまましっかり経験もあった彼女。
うん、あーした娘は何歩か先を行くものですねー。

「つよデコっ!」はおデコが特徴の「八千代」ちゃんによる、お尻えっち短編。
しかも野外でした(笑)
キャラとか名前を見る限り…「園川さんのひみつ」と同じクラスのお話でいいのかな。
(※描かれたのはこちらが先)
同級生からも子供扱いされてしまう彼女。
よくある、そうした外観とは裏腹に…というパターンでなく、こちらはストレート。
まぁ、チャットで知り合った男とうんぬんという時点でだいぶ先取りはしてるのかな。
オチが面白いです。

ほか、「マッド・ハニィ」は体操教室でのレオタードな短編。
ハーフだか、クォーターだか、ということで、もこもこな髪と色の薄いツリ目が特徴の「ミカ」ちゃん。
容姿そのままというしたたかな性格で、なかなか大人の思い通りにならないところは…人によって深く刺さりそうです。
わはは。
いくつか知りませんがえっちも相当慣れており、にやーと微笑む流し目が小悪魔的でした。
カラー原稿もある「仔兎ちゃんのいる店」
こちらは、バニーな「みかん」ちゃん。
先の「八千代ちゃん」とはまた異なる子供っぽい娘で、かなりアクティブなキャラ。
えっち後のラストページでもそれに変化はなく、彼女がため明るいお話に仕上がっております。

乱れの無い、強めな線の絵柄。
大小なコマ割りで、ごっちゃり目です。
ただ、濃淡では淡く、大崩れもないため、賑やかでしたが見辛さはあまり感じません。
↓表紙そのまま、ゆったり丸めなキャラ。
バランスに優れており、クドクドしさのないすっきりな感じです。
微妙に各話の雰囲気が異なるため、単行本で考えた場合はやや不安定。
とはいえ、基本は変わらずさほど極端な差もないので、概ね問題というほどではないでしょう
裏表紙の背景にちらほらカット絵が見えるので、判断はそちらがベスト。
カラーでも大きな違いなく、↓表紙の判断でもオッケーです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・癖はありますが、あちこち巧かったです。ややバラついているので「-1」にしてます。
・キャラがよく動き表情も豊かで、お話も楽しく仕上がっています。
・鼻水描写に何かしらキーワードのある短編など、独特な感じでした。
合計:[12/15]
クドさのないロリ絵柄で、楽しくもえっちな短編群です。
個人的には、あまりロリロリしていないキャラのが良かったですね。
やっぱり「帰郷」かなぁ…。
次も楽しみにしております。

ろり☆がぶぅ (TENMAコミックス LO)ろり☆がぶぅ (TENMAコミックス LO)
(2009/10/27)
オオカミうお

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ホットパンツ ツインテール コスプレ スクール水着 スパッツ パンチラ

■お口のちおっぱい (みたくるみ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: このプレイだ~い好き(7P)・あとがき、合間にネタ絵。
・その他: カラー(4P)、短編×9(うち「機械じかけのキュリア☆」×3、
      「サッキュバスのは・じ・め・て」×4+4.1話)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みたくるみ」センセの「お口☆のち☆おっぱい」です。

本日は「お口☆のち☆おっぱい」です。
察しの良い方、その通り。
昨日が「デレのちトラレ」だったので、”~のち~”のこちらをチョイスしました。
タイトルだけです。
近い発売で、偶然重なっちゃったんですねー。

さて、一般系「ディスバニッシュ」、初単行本の成年系「誘惑したいカラダ」などを紹介しております、「みたくるみ」センセの3冊目。
↓表紙・裏表紙を飾るメイン中編と、もう1つ中編、そして短編という構成です。
サッキュバスにアンドロイドと、中編のヒロインが揃って人外だったので、そんなんお好きな方はより良いでしょう。
なお、あまりそっち系に強い描写もないため、好きでない方でもいいと思います。

サキュバス「ナーザ」、幼馴染み「奈緒香さん」
※左:サキュバス「ナーザ」、右:幼馴染み「奈緒香さん」
 もうちょっとこの2人を絡ませてほしかったですねー。

全4話+4.1話というメイン「サッキュバスのは・じ・め・て」
処女にしか興味が持てない「倉田修平」
幼馴染み「名取奈緒香」より紹介された娘にもそれを尋ねたためにあっさりと振られ、部屋で1人悶々としていたところ…突然、サキュバスを名乗る「ナーザ」が出現したのでした。
初めてサキュバスとして活動する彼女はそれっぽくなく、えっち経験もないという彼女に惹かれた「修平」は…というお話。

ラブコメちっくなお話ですね。
全体悪くはないものの、あまり周辺まで描かれていない印象があり、4話がやや勿体ない印象。
実は漫画のメインヒロインは幼馴染みの「奈緒香さん」
サキュバス「ナーザ」との対決話は4話なんですが…ちょっと遅かったかな。
特に2話から登場している、ふたなりなインキュバス「フェミィ」は余計。
やや、お話のテンポを崩しているように感じました。
うーん、そもそも1話ラストの場面にはち合わせた「奈緒香さん」にはもっと頑張ってほしかったなぁ。
美大がどうのと言っている場合ではないでしょーに。
そう、漫画では準主役という「修平くん」の存在がやたらおざなりで、こちらの個性が弱め
処女願望が強いというのもさして説明はなく、目指す美大については完全に余計な設定。
2人のヒロインを中心に描けばまた違ったと思うんですが…。
サキュバスという「ナーザ」の最大の特徴もあまり生かされておらず、ほとんどコスチュームだけのこと。
ごくあっさりした出現シーンもイマイチ。
カラー原稿の4.1話のがいい感じであったため、ちゃっかり「ナーザ」がえっちしてるパターンをもっと早く出した方が良かったように思いました。

Hなのはダメ
※おまけ:Hなのはダメ
 ダメなんだそうです(笑)

全3話のアンドロイド話「機械じかけのキュリア☆」
日常から夜までをサポートするアンドロイドが普及している世界。
主人公「竜也」はメーカーの息子。
幼少期のトラウマがため、やや屈折している彼の扱いは荒っぽく、実家から送られていた「シェナ」を壊してしまうのです。
アンドロイドを取り扱う「雅音」は一計を案じ、”ちょっと古いタイプ”という「キュリア」を修理中のサポートとして預けるのでした。
”ご主人の命令には絶対服従の人形”というのが普通でしたが、豊かな表情を見せる「キュリア」は色々と注文をつけてくる、変わったアンドロイドだったのです。
だいたいそんな感じ。

王道展開なラブコメ風漫画。
漫画は「キュリア」がメインなんですが、3話より復帰の「シェナ」が加わったWヒロインな様が非常に良く、このまま完結するのが惜しい感じでした

本編ヒロイン「キュリア」
アンドロイド然とはしておらず、なかなか魅力的な娘。
やっぱりHなのはダメぇっ
という、初期登録からの言動が非常に良いですねー。
真っ赤になって突き飛ばす様など、ほぼ人間そのもの。
ご主人様の好みを自己学習し、スタイルを変化させるという特殊機能によって、彼女から誘うのが1話目です。

メンテナンスという言葉に喜ぶ様が、なかなか面白い反応であった2話。
冒頭にて”扱い荒っぽい”と言われていたのが分かるような感じですね。
さすが、メーカーの息子さんというところでしょう。
”Hは駄目”というスタンスだった彼女が、システムを無理矢理いじくられたことで意識とは裏腹に変化する様が良かったです。
こんなんはアンドロイドならではというネタでしょう。

修理の終わった「シェナ」が登場する3話。
前話からの流れがあるため、逆にアンドロイド然とした「シェナ」が際立っています。
ここでの「キュリア」がまたいい言動なんですねー。
まったく無駄のない3話で、前述しているように「キュリア」・「シェナ」の揃うラストが最高潮
漫画後のネタ絵も良く、ぜひ後日談が見たいお話でした。
カバーなどカラー部分を飾れなかったのも残念です。

キュリア、シェナ
※左:キュリア、右:シェナ
 こちらは続編が見たいお話でした。いいトコで終わっちゃうんですよねー。

学校では”上品な美人”として振舞っている眼鏡の「愛恵香(あえか)」さん。
幼馴染みの「昇平」くんとはえっちし合うような仲で、それがため彼女はすっかりえろえろな女性となっていました。
そんな訳で普段とのギャップが激しい「愛恵香さん」は振られ続けており、えっち特訓のため「昇平くん」の協力するよう持ちかけるのでした。
そんな短編「敏感なのはアナタのせい」
うん、センセの絵が綺麗で上品なため、どうしても振られるほどの感じがありません
もしかして…それもはったりなのかな。
いちおう台詞では比較するような発言ありましたが。
また、付き合いの長い彼は”性悪”と称していましたが、描かれているのも可愛らしいレベル。
ちょっと物足りないかなぁ、という感じでした。
もう1、2話ほしいかな。

陥没乳首なナース「香穂」さんと包茎な「圭」くんの「おねえさんが治しちゃう」
コンプレックス克服な明るい短編。
職業柄、扱いが巧いらしい「香穂さん」
…あ、なんかいいかも(笑)
勢いをつけるため、酔っ払ってる「香穂さん」が年上ながら可愛らしく、
ちゃんと見てるぅ?
も非常に良い感じでした。

柔らかな線の絵柄。
輪郭線はや太めですが、ほかは細め。
濃過ぎず、かと言って薄くもない程度な濃淡で、コマ割りは小さくややごっちゃり。
崩れがなくしっかり安定しているので、見易い作画でした。
高い身長とボリュームあるスタイルというお姉さん系な人物絵。
表情から動きまで巧く、バランスに優れております。
綺麗な絵を描かれるためか全体的に爽やかな感覚で、間口は広めだと思います。
カラーでも大きな差はないので、↓表紙の判断で良いでしょう。
こちらの単行本で「みたくるみ」センセを紹介するのも3冊目ですが…こと絵に関しては、1段飛ばしくらいのペースで良くなっている印象です
ネタ的なものが好みであれば、間違いなく楽しめる1冊でしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・バランス良い、綺麗な作画です。漫画も巧く、万人向けな感じでした。
・メインのお話がイマイチだったのが非常に残念です。他は良かったんですが…。
・タイトル通りでしたが、良くも悪くも強い傾倒まではありません。
合計:[11/15]
メインの「サッキュバスのは・じ・め・て」ほか、ちょっとお話が残念でした。
良さそうな要素も多くあるだけに惜しいです。
ただ、巻末の”このプレイだ~い好き”は非常に良かったですよ。

お口 のち おっぱい (富士美コミックス)お口 のち おっぱい (富士美コミックス)
(2009/10/24)
みた くるみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ

■デレのちトラレ (夏庵)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏にイラスト”生徒会長「玲子さん」”
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×
      (うち「メス○と呼んでっ!!」×2、「ネトラセエトランゼ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「夏庵(かーん)」センセの「デレのちトラレ」です。

今週の書店は成年系が目立っていたような印象でした。
ひでるさんには、なんとなく。
…と言うのも、いつものように瞬時の判断でざーっと手に取っていたんですが、気付くと持っていたほとんどがそっち系。
自分でびっくり(笑)
偏ってますね。

さて、本日は「夏庵」センセの初単行本という「デレのちトラレ」です。
オレンジな↓表紙がぱーっと目立っていたので、こちらをチョイスしてみました。
紹介帯によると、”ツンデレとネトラレ(寝取られ)”な漫画家さんの様子。
そうか、NTRって、その意味だったのね。
ネットで調べたところ、ひとジャンルとして好きな方も多いみたい。
うーん、スワッピングみたいなものかなー。
分かるような、分からんような…。
成年漫画ってーのは、広く奥が深いものですね。
ただ、そうした漫画もあったものの、今回の単行本を見る限りでは紹介帯で大々的に宣伝するほどでもありません
特にお好きな方は、ちょっと注意
ラブコメが多いかなー、ということで↑上でもそうしてみました。

生徒会長「玲子さん」、七瀬唯乃
※左:生徒会長「玲子さん」、右:七瀬唯乃
 だいたいむちむちとしたスタイルなのです。

↓表紙を担当し、魅力を振りまいていた生徒会長「玲子」さんのお話「メス○と呼んでっ!!」
こちらが冒頭話になっており、カラー原稿の「メス○と呼んでっ!!EXver.」もありました。
それは描き下ろしかな。
巨乳の書記「美咲」ちゃん、不思議系な会計「エリス」さんなど、レベルの高い女子が集まっている生徒会。
中でも凛とした美人である生徒会長「玲子さん」は人気があり、”取り柄の無い”と言われる「シンタロー」くんが副会長を務めていることは、周囲の疑問だったのでした。
そう、彼にはとある秘密があったのです。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

スイッチのある「シンタローくん」
普段は温厚な大人しい彼でしたが、ひとたび発動すると暴力的な言動で激しいえっちをするようになるのです。
そんなんが良いのか、「玲子さん」は彼にメロメロな状態。
彼を見る眼差しが、やたら色っぽいんですよね
ただ、甘いひとときは2人の邪魔者によって終わってしまうんですが、ノーパンをアピールした「エリスさん」によって「シンタローくん」はあっさり暴走。
生徒会の3名を次々と相手にしておりました。
発散しているらしい2人に比べ、ちょっと抵抗してみる「玲子さん」はヒロイン然としたキャラクター。
彼が冷静に戻った後のラブラブな空気もいいんですが…まだその辺に「美咲ちゃん」らがいると思いますが。
なお、台詞から察するに「メス○と呼んでっ!!EXver.」は本編の後日談、カバー裏のアレはさらにその後という感じなようでした。

そちらと並ぶ単行本のメイン(たぶん)というべきお話「ネトラセエトランゼ」、「続!ネトラセエトランゼ」
ヒロイン「七瀬唯乃(ななせ・ゆの)」さんは裏表紙の担当でした。
成長と共に、豊かなスタイルとなっていた「唯乃さん」
当然、男子から好奇な目で見られることばかりなんですが、片想いの相手「坂野」くんだけはそういった雰囲気なかったのです。
しかし、電車内での痴漢から教師「八木」などに狙われた彼女は、気持ちと裏腹に…という感じ。
とりあえず、【痴漢は犯罪】です。いいですね。
成年漫画ではお馴染み、”たぶん絶対にバレるだろう、電車内えっち”なのです。
あそこまでだと完全にプレイの一環で、痴漢という範疇を飛び越えてますねー。
満員電車でしたが「坂野くん」とは会話ができる程度の距離に立っており、「大丈夫?」と声をかけていたところから、表情もしっかり伺える筈なの。
そんな彼の目前で痴漢されてしまう「唯乃さん」は、知られまいと必死に我慢しているんですが…いや、あれは絶対に周囲バレバレだって。
スルーしていた「坂野くん」はずいぶん鈍くさい野郎だと思っていたんですが…。

会計「エリスさん」
※おまけ:会計「エリスさん」
 サブキャラでしたが、この娘は印象的でした。可愛いですね。

その影響から保健室で休んでた彼女に、今度は教師「八木」が登場。
電車内の行為を写真に撮っていた彼によって、脅されてのえっちです。
ほら、気付かれてたじゃーん。
まだ付き合ってもいない「坂野くん」までしっかり脅迫のネタにされ、漫画後半では複数を相手にしていた「唯乃さん」
あの結末は意外なような、そうでもないような…という感覚。
また、タイトルからしてこちらが寝取られ漫画だと思いますが、2人の関係がはっきりとしておらず、悶え苦しむような感覚もないことから、そうした趣味の方に合うのか疑問。
…そうか、だから「ネトラ”セ”エトランゼ」なのか。
これでいいのかな。

幼馴染み「鞠菜(まりな)」と女友達「チカ」というWヒロインなラブ短編「ツイン彼女」
仲良しだった主人公「浩平」、「鞠菜」、「チカ」という3人組。
ある日、同時に2人から告白された「浩平」はどちらを選ぶか決断できず、ただ逃げ出すような始末でした。
煮え切らない彼に、「チカ」と「鞠菜」は最終手段をとるのです。
いきなりラブラブ状態で始まっているため、彼が言うところの「急にそんな風に見ろって言われてもなぁ…」があまり生きておりません。
幼馴染みという「鞠菜さん」はともかく、高校で友人となった「チカさん」も普通に可愛い感じでしたからねー。
(※もっとボーイッシュで、異性と感じさせない気さくさがあるとかだったら別ですが)
裸エプロンな2人を目前にしても、腰が引けていました。
どうにも成年漫画の主人公らしからぬ対応で、違う趣味を疑いたくなります。
また、途中にあった肝心の変化部分が表現的に弱く、驚く「鞠菜さん」・「チカさん」らには違和感。
敬遠気味であった彼がため、先ほどの「メス○と呼んでっ!!」くらいに極端であっても良かったように思います。

「不器用なカンケイ」は1つ上の幼馴染み「柊華美」さんと「光秀」くん。
両親の不在で、Hアニメを独り楽しんでいた「光秀くん」
そこに、何かと世話を焼いてくる「華美さん」が登場し、ばっちり目撃されてしまったのです。
焦って2次元の素晴らしさを説く彼にイラついた彼女は、下着を脱いで挑発してみるのでした…。
すいません、大いに興味あります
という一言が可笑しいですね。
こちらの「華美さん」は、年上ながらややツンデレちっくな可愛らしい女性。
幼馴染みらしい、ラブなえっちが展開されているんですが…これはオチが良かったです。
やっぱり彼はあーした趣味でしょう。
ただ…なんのかんの言いながら「華美さん」サービスしてくれそうな感じもあったので、ちょっと続きが見たいお話でした。

天野メグ、柊華美
※左:天野メグ、右:柊華美
 この2人のがお話としては楽しめました。

ほか、教師「里見」と生徒「天野メグ」によるラブラブカップルな短編「黒猫は懐かない?」
ツインテール八重歯、そしてニーソックスという、いかにもなヒロイン「メグちゃん」
こちらはロリ系ですね。
(※ちなみに、先の「華美さん」もツインテール八重歯でしたが…)
漫画中でも猫耳表現がありましたけど、コロコロと表情変化ある「メグちゃん」が可愛く、楽しい仕上がりでした。
ストレートで良い漫画だと思います
なお、短編「STUDY ROOM」も教師と生徒ネタ。
最も古い原稿のため、こちらのみ絵が大きく異なっていました。
「日替わりミルクセー○キ」は、ヒロイン「桃野」さんが次々と色々な場面・シチュエーションにてえっちされる漫画。
ショート漫画が連続されているような風情ですね。
可愛い割にむちむちな女の子でした。

すっきりとした線のデジタルな絵柄。
コマ割り広く、それに合せて各キャラも大きめで、迫力がありました。
ゆったり描かれていることもあるのか、ページを目一杯に使っていても賑しい感じは受けませんでした。
濃淡については、おおむね適度なくらいだと思います。
太いまつ毛と幅広な輪郭で、やや頭が大きめというキャラ絵。
強く癖の出る作画でしょう。
最近の原稿は緩和されていましたが人物バランスにまで影響しており、構図なども微妙なところがありました。
多くはないものの、ちらほらと分かり辛い部分もあります。
カラーは巧く、特に↓表紙は明るい配色にて店頭で目立っておりました。
その感じが続けばいいんですが、初単行本らしく全体では不安定
極端な落差でなく、いちおう許容できる程度だとは思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・目に力のある、良いキャラ絵なんですが…全体的に不安定であり、ちらほら気になるところもあったので平均くらいかと。 
・単行本で考えると、平均くらいですかねぇ。
・紹介帯にあった割りにジャンル様々で、センセの真価が発揮されていない印象でした。
合計:[9/15]
絵については良く描かれているところも多く、キャラも可愛かったです。
安定するだろう次に期待ですね。
「夏庵」センセならでは、というネタにも注目しましょう。

デレのちトラレ (メガストアコミックスシリーズ No.)デレのちトラレ (メガストアコミックスシリーズ No.)
(2009/10/24)
夏庵

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール ニーソックス 八重歯 ラブコメ スワッピング

■縄士―NAWASHI― (井上よしひさ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・緊縛
・おまけ: あとがき、
      カバー裏に漫画「本当にあった怖い話コーナー」
・その他: 折り返しにコメント、
      カラー(4P)、8話収録(全て表題作・1巻完結)
※ちゃんと完結しますが、第2部に続くようです。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井上よしひさ(いのうえ・よしひさ)」センセの「縄士―NAWASHI― 玄武の巫女編」です。

きました、「おじいちゃんは少年探偵」ですっかりメジャーな「井上よしひさ」センセの新刊です。
1年ぶりくらいの単行本は「縄士―NAWASHI― 玄武の巫女編」でした。
最初から、ちらほらとこうした傾向がありましたが、こないだの「Escape Creator」などと同じく緊縛をメインとした単行本。
しかも、今回は1冊丸々という長編漫画になっているのです。
こりゃーいいんじゃないでしょうか。
↓表紙そのまま、巫女さんが縛られたりするお話になっています。
どちらかのキーワードにピンときた方は、注目な1冊でしょう。

蓮比奈、蓮真名
※左:蓮比奈、右:蓮真名
 巫女姉妹です。こうした正統派アクション描写はちょこっとだけね。

主人公「蓮比奈(はちす・ひな)」は女子校生。
家は代々退魔の血統であり、彼女は引退した姉「蓮真名(はちす・まな)」の後を継いで、”姫巫女”となっていました。
昼間は年齢そのまま学生として学校に通う傍ら、夜は姫巫女としての勤めである「妖(あやかし)」を狩る毎日で、常に寝不足なのでした。
そんな頃、友人「大野理恵子」にただならぬ気配を感じた「比奈」は、深夜彼女のマンションに急行。
そこで同業者という「天ケ瀬鳴鹿(あまがせ・なるか)」に遭遇するのです。
”縄をもって魔を封じる使い手”という「縄師」であった彼の除霊法「魔僧調法(まぞ・ちょうほう)」によって「理恵子」は無事助かるんですが…「比奈」は何度も夢に見ていたとあるイメージを連想するのでした。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

巫女と縄による退魔ストーリーです。
退魔と言っても明確に妖怪・怪物という類は登場しておりません。
雰囲気としては、人が欲望にのまれて狂う感じ。
そんな訳で、いわゆる「キルタイムコミュニケーション」さんちっくな描写はありませんでした。
これは話の核である、縛りの関係なのでしょう。
妖怪を縛ったところで、見た目に面白くないですからね(笑)
弱い心を「妖」につけ込まれた人間、すなわち”呪縛”された彼らを救うのが目的なのです。

”姫巫女”を継いだ、巫女ヒロインな「比奈さん」
当然ながらポニーテールです。
学校では”校内1のクールビューティー”と称される、カタイ物言いの娘さんでした。
妖刀「紅蓮」によって、対象をそのままぶった斬るというダイナミックな除霊法。
絵では、直接にばっさーという感じでしたが、効果があるのは「妖」のみで、人間は無事。
(※ひょっとして、↓表紙で大事な部分に刃があっても大丈夫なのは、そんな理由なのかな)
そんな刀と彼女の能力がため、実は相当強いみたいなんですが、漫画ではほぼ苦戦続き。
実際に刀を振るうことですら、数える程度でした

一方、縄師の「鳴鹿くん」は、”魔僧調法”によって縄で縛りあげ、除霊するというもの。
男を縛る気はない
そう言い放つ彼が対象とするのは、当然ながら女性のみ。
とある理由がため、中盤からは”呪縛”されかかった「比奈さん」を救う名目から、彼女を縛ることとなるんですが…実は漫画での鍵を握る重要人物なのでした。
ダークヒーローという感じで、敵か味方か疑わしいのがポイントですね。

魔僧調法亀甲の形!
※「鳴鹿くん」の必殺!魔僧調法亀甲の形!
 彼を目標に、縄師を目指す人が増えるかも(笑)

1話目は友人「大野理恵子」が対象。
こちらが「鳴鹿くん」との初対面。
兄妹で近親関係となっていた友人の姿に「比奈さん」は魅せられてしまい、こちらではただ見ているだけでした。
そんな訳で「鳴鹿くん」の縛技が炸裂するんですが、
魔僧調法亀甲の形!
…だって。
おお、なんだか格好いいですよ!
子供が真似しそう(←しない、というか読ませないように)

同じ学校に通っていた事が判明する、続く2話目。
冒頭からの4ページ目は一瞬本気で落丁を疑いました。
別空間なようでしたけど、やや唐突な繋がりと設定
「妖」は昼夜問わず出現して、欲望満たそうとしてるのかな。
こちらはジャージ姿の教師が複数生徒らに~という状態。
学校ということで刀を持っていない「比奈さん」
それでも強かったんですが…こちらでは対象を見誤っていました。
だめじゃーん。
幸か不幸か、ピンチな「比奈さん」のシマパンが素敵なんですけど、「鳴鹿くん」助けるの早過ぎ!
もっとギリギリまで粘ってほしかったんですが

姉「真名さん」がメインとなる3話。
「比奈さん」と違ってはっちゃけた性格で、なんと巫女服を着て合コンへ参加していました(笑)
しかもお持ち帰りしてるし。
ここで「厳木弥栄(きゅうらぎ・やさか)」を誘ったのはある程度知ってのことなのかな、どうかな。
詳細は伏せますが、捕縛された「真名さん」を助けるべく敵地に乗り込む4話。
実はココ中盤のクライマックスというべき部分でした
成年漫画のヒロインというべき活躍を見せてくれるので、必見です。
ただし、単行本は縛りがネタ。
そういう点で考えると、これまではプロローグで、5話からが本格的なお話と言えるかもしれません

そして縛られる「比奈さん」なのでした
※そして縛られる「比奈さん」なのでした。
 うん、こんなんが遅れてしまったのも、原因の1つかも。

呪縛されてしまった「比奈さん」
失った”姫巫女”の力を復活させるべく、「鳴鹿くん」の力を借りることとするのです。
そんな訳で、常に縛られたままとなったの彼女の学校描写が6話。
調教ちっくでしたねー。
こんなんが続けばまた良かったんですが、すぐにラスト・エピソードである7、8話へと続くのでした。
その7話への繋がりも、ちょっと急いだような印象がありました。
4話でもそうでしたが、「比奈さん」は真面目な性格がためか、無防備すぎますねー。
いちおう、疑問に感じてはいたものの、あの場面は臭ってくるほどのクサさですよ。

巫女さんと縛りの相性は良い組み合わせ
お話とえっちを巧いこと絡めていたと思いますが…。
ただ、なんなんだろ。
どうにも、もうひとパンチ足りないような印象
全体的に急いだ感覚がためか、設定にやや弱さがあるのか、いかにも刺さりそうな題材の割りにしっくりとはきませんでした。
前単行本「Escape Creator」がやたら良く感じたためかなぁ…。
とりあえずは触手もあるらしい第2部「縛姫編(仮)」へ続くようなので、そちらを期待しましょう。

若干太めで、強い線の絵柄。
濃淡はどちらかと言うと濃い目で、ページには賑やかに描かれる方です。
ただ、コマ内におさまって乱れることもなく、バランスに優れているため、さほど見辛さはありません。
ネタの中心である縄描写は無論のこと、小物から背景まで良い感じでした。
きっちり描かれる鼻とやや鋭角気味な特徴のあるキャラ絵。
今回はあまりないですが、お得意なコメディーは無論のことシリアスまではさすがの巧さ
癖はありますが、絵的にはさほど人を選ばないものだと思います。
…どっちかというとネタのが好き嫌いあるでしょうね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵もそうですが漫画の巧い方だと思います。そういえば、キャラもいつの間にか万人向けな感じになってますね。
・どんでん返しなお話で悪くはないんですが…前述したように、何か不足しているような印象でした。
・退魔モノの長編に、巫女さん・縛りという組み合わせが面白いんですけど…こちらも満点ではないかと。
合計:[12/15]
期待が高かっただけ、厳しい評価かもしれません。
ちなみに、↓表紙と中扉のカラーイラストに変化なかったのも非常に残念でした。
どっちかと言うと、ひでるさんは裏表紙のが好きです(笑)

縄士-NAWASHI (セラフィンコミックス)縄士-NAWASHI (セラフィンコミックス)
(2009/10/23)
井上 よしひさ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー アクション ポニーテール キルタイムコミュニケーション

■この願いが叶うなら (袴田めら)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 百合・三角関係
・おまけ: あとがき漫画、描き下ろし「魔法の呪文」
・その他: 折り返しにコメント、短編×9(うち「この願いが叶うなら」×5)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「袴田めら(はかまだ・めら)」センセの「この願いが叶うなら」です。

バタバタしてます。
やろうと思っていた単行本があるんですが、ちょっとした事情がためにできなくなってしまいました。
今週は枯渇傾向なので、1つのズレが大きいです。たはー。
ともかく、急遽差し替えたこともあって、ちょろっとですみません。

本日は「袴田めら」センセです。
こないだの「わたしの大切なともだち」ほか何冊かセンセの漫画を取り上げていますが、こちらは百合姫コミックス
「この願いが叶うなら」で早くも2冊目ですねー。
前の「夜空の王子と朝焼けの姫」は全て短編でしたが、メインの中編と短編による構成。
全4話ほどの「この願いが叶うなら」は、いかにもセンセらしい”甘いだけではない恋愛話”で、さすがに表題となっているだけの漫画でした。

月子、陽、海
※月子、陽、海
 こんな3名の中編漫画です。

「陽」、「海」、「月子」という、とても仲良しな3人組。
うち「陽」の家だけが離れているため、岐路の途中で「海」・「月子」らとは道が分かれることとなるのです。
貸すCDを渡し忘れていた彼女は、戻ってその後を追いかけるんですが…なんと、2人がキスしている現場にはち合わせてしまったのでした…。
そんなんが切っ掛けとなる中編です。

三角関係百合漫画でした。
1話目は2人の現場を目の当たりにした「陽さん」視点。
ジャンルがために当然恋愛が絡んでいましたが、軽い事柄程度ならああした事は誰しも経験があるでしょう。
むこうの友人同士で、いつの間にか知らぬ話題ができてしまうようなこと。
あれって、ひどく置いてかれたような気分になるものですよね。
2話は一言も台詞がなかった「月子さん」にメインが変更。
そして、ここで明かされるびっくりな真実
うわ、そっちか(笑)
自らもそうした感情を持っていただけ、やたら冷静な目で見ている彼女が印象的でした。
その後、喋るうちにじわじわと想いを巡らせ、どちらかというと感情を表に出さなかった彼女が崩れてしまう後半が重い
ついでに、それを受けた「海さん」もずしーっとした重量感があったんですが…続く3話はそんな彼女の主役話。
ひでるさんはココが好き(笑)
気持ちそのまま醜い感情がむき出しになると共に、残っていた冷静さが良心の呵責を生み出し、ぐるぐると悩み・苦しむ様が実に見事でした
うーん、そう簡単に割り切れるものではないですからねー。
凄い漫画だなぁ。

コメディーでは済まない、海さんと月子さん
コメディーでは済まない、海さんと月子さん
 この漫画は「海さん」が良かったです。

表面とは裏腹に、いまいち合致しない3名のラストが果たしてどうなってしまうのか、ぜひ単行本でご確認下さい。
どちらかというと第3者的だった「陽さん」が、きゅっと漫画を締めくくっていました。
ちなみに、描き下ろし「魔法の呪文」はダークさが素敵な「海さん」視点。
どんどん深みにハマっていくこの娘の性格がいいですね
止めてくれて…ありがと
なにげにその台詞は半端ないです。
センセはこうした漫画が本当に巧い方です。
甘さだけでない百合ストーリーもぜひ堪能下さい。

ボケと突っ込みのような関係の2人による短編「雨と初恋」
ぱたぱたと騒がしい「えび」さんと冷静な「ゆかり」さん。
冒頭からの一言二言で返答する「ゆかりさん」が面白いです。
まるで表情を変えなかった彼女が、とある場面で”必要以上に冷静だった普段の顔が崩れる”様が最大のポイント。
先の「月子さん」もそうでしたが、こんな展開大好き。

ほか、小説を書く「久子」さんの恋愛話「ラブレター」
いいところで漫画は終わってしまいますが、ほんわり温かな流れだったので…良い結果になりそうでした。
わかんないけど。
あれでばっさり落とすというのも、逆にアリかもしれませんが。
(※「サヤコ」さんの表情を見る限り、大丈夫そぅな感じでしたけどね)
なお、手紙が飛ぶ、犬がキャッチする描写はやったらコメディーちっくでした。
読まずに食べるのかと思いましたよ。

えびさん・ゆかりさん、蜜・綾音
※左:えびさん・ゆかりさん、右:蜜・綾音
 右の2人が「黒づくめの女の子」です。なぜ真っ黒なんでしょう。

”可愛い絵柄の割にブラック描写”という、いかにもセンセらしい短編「うつくしいもの」
こちらは中盤の展開ですね。
甘い空気を一瞬にして凍りつかせておりました。
これもすごいなぁ。
オチについても、他の百合漫画とは一味違ったものなので必見です。
「黒づくめの女の子」もオチが命ですね。
そうか、よく見るとヒントがあちこちにあるんだ。
もしこれから読む方は、どんな話なのかじっくり読むのをオススメします。
まさかこのジャンルでああいったネタがあるとは意外でした。

柔らか線のあっさり絵柄。
白比率が大きく、濃淡も薄めでさらりとした印象です。
ぺったり平面的で、描き込みそこそこという素朴な感覚なのです。
幅広な輪郭と丸い目という独特な人物絵。
バランスが取れているため変な箇所はありませんが、非常に癖が強いタイプなので、好き嫌いが分かれるでしょう
↓表紙は彩色によってちょっと雰囲気が異なるため、うまーく脳内で線画に変換して判断するのがオススメです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・かなり癖ある絵柄で、好みはきっちり分かれるでしょう。慣れると気にはならないんですが…。
・可愛らしい絵と裏腹に、甘さのないお話です。それでいてやったらコメディーな部分もあるんですけどね。
・独特なセンスの漫画を描かれる方です。
合計:[12/15]
ほわほわした絵ですが、百合漫画の中ではラブコメ的でないストーリー展開です。
絵・話どちらも人を選ぶものですが、刺さる人には直撃コースな単行本でしょう。

この願いが叶うなら (IDコミックス 百合姫コミックス)この願いが叶うなら (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/07/18)
袴田 めら

商品詳細を見る


★過去に紹介した百合姫コミックス (※作者名あいうえお順)
flower*flower ふらわーふらわー/石見翔子
アオイシロ-青い城の円舞曲-/江戸屋ぽち
かわいいあなた/乙ひより
クローバー/乙ひより
マーメイドライン/金田一蓮十郎
リンケージ/倉田嘘
春夏秋冬[限定版]/蔵王大志
・初恋姉妹1巻 3巻[完結] /東雲水生
百合心中 猫目堂ココロ譚/東雲水生
EPITAPH エピタフ/硝音あや
乙女ケーキ/タカハシマコ
紅蓮紀/武若丸
少女美学 秘蜜少女 /CHI-RAN 
ゆるゆり/なもり
voiceful/ナヲコ
ときめき☆もののけ女学園/南国ばなな
夜空の王子と朝焼けの姫/袴田めら
SIMOUN シムーン/速瀬羽柴
・ストロベリーシェイクSweet1巻  2巻[完結] /林家志弦
飴色紅茶館歓談 限定版/藤枝雅
極上ドロップス/三国ハヂメ
マイナスりてらしー/宮下未紀
絶対×浪漫/むっちりむうにい
楽園の条件/森島明子
半熟女子・瑠璃色の夢/森島明子
くちびるためいきさくらいろ/森永みるく
・GIRL FRIENDS1巻 2巻 /森永みるく[おまけ] 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 三角関係 百合姫コミックス コメディー 百合漫画 ラブコメ

■人妻生態図鑑 (THE SEIJI)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 人妻・コメディー
・おまけ: あとがき・人妻の魅力、ゲストページ、カバー裏に別絵。
・その他: 携帯待ち受けFLASH、ブックマーク封入、
       折り返しにコメント、短編×8
      (うち「人妻生態図鑑」×6、「ご先祖様はキューピッド」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「THE SEIJI(ざ・せいじ)」センセの「人妻生態図鑑」です。

こちらのブログでも紹介しました、「内村かなめ」センセ祭り。
2冊購入でのサービス小冊子が、ようやく到着しました。
なんだか相当に応募があったみたいですね。
さすがだー。
オレとメイドと時々オカン」のエピローグ4コマもいいんですが、やっぱり「もっと!委員長」、「限定彼女」というそれぞれ単行本のキャラが交わるお話が良かったです。
ああしてヒロイン3名が集まると…中身オカンという「みちこさん」の意外なほどのマトモっぷりと共に、委員長「松浦ちよさん」の変っぷりが際立っていました。
さすがに「みちこさん」は年長者ですね。

さて、ここで「内村かなめ」センセの漫画紹介であればいい流れなんですが、本日は「THE SEIJI」センセです。
前に成年系の「THE白むち -柔肌調教マニュアル-」を紹介していますが、この「人妻生態図鑑」は一般系。
大まかに2タイトルが収録されており、メインの「人妻生態図鑑」がオムニバス形式だったので、前後編の漫画と短編集という風情でした。

桃子さん、ひなさん
※左:桃子さん、右:ひなさん
 こうしたむちむちな人妻らが登場するお話群ですね。

そんな訳で全6話という「人妻生態図鑑」
1話「優しすぎる奥様」はリフォーム詐欺な男性とほわほわした人妻という組み合わせ。
ノルマを達成できずに焦る主人公。
マスコミの呼びかけによって各奥様のガードは堅く、契約を取れずにいたのです。
そんな時、とある若妻「山川桃子」に試したインチキ話はあっさり受け入れられ、信じられないほどトントン拍子に進んだのです。
調子に乗った彼は、その身体を堪能すべくさらに適当な事を言い立てるのでした…。

自責の念にかられるパターンですね。
あそこまで素直・無防備だと、案外こうなってしまうかもしれません。
「三方ヶ原合戦」で家康が用いた計略のようですよ。
そうした流れでのラスト付近は、前半のアレが嘘みたいなほど非常に心温まる展開でした。
この奥様はどこまで本気なのか分かりませんが、素敵な方ですねー。

係長に出世した旦那「山下」は、お世話になった部長を連れて帰宅。
自宅で飲みの続きとなったんですが…旦那が酔い潰れた後、妻「ひな」の社員旅行での失敗と彼の昇進をネタに、部長は服を脱ぐよう持ちかけてきたのでした。
そんなお話が2話「倦怠期」

こちらはオチでびっくりするパターン
社員旅行の際、酔っ払った「ひな」は皆の前で全裸になったこととなっていたんですが、なんとこれが嘘。
人事権を握る上司がため逆らえず、寝ている旦那の目前でイヤらしい部長と~というパターンかと思えば…実に意外な展開を見せていました
ある意味、えっち的にはそのまま王道の方が良かったかなぁ。
ただ、この漫画はオチでもう1ネタ残っているので、どんなんになるかわくわく読んで下さい。
先の「桃子さん」もそうでしたが、「THE SEIJI」センセの描かれる女性は皆ぷにぷと柔らかそうな肌具合が絶妙ですね。

3話「最高級アイランドキッチン」は眼鏡な人妻。
近所の奥様らを招いて楽しくお料理教室~という筈が、予想外なほどムサ苦しい男子3名が来てしまう展開です。
これは徹底的にコメディーですね。
キッチンに乗せているほか、宮崎地鶏に乗っちゃうコマが可笑しいです。
もったいないなー。
当然プレイ中にも食材が使われるほか、味の例えがなんだかリアルでげんなり。
やたら面白いんですけどね。
某芸術家に良く似たキャラの登場する、4話「赤貝区文化セミナー塚本現代美術教室」も彼がためコメディー調。
冒頭に登場していた旦那も含めて変なキャラばかり。
ヒロイン「恵子」さんは普通の女性かと思いましたが…「ないんですけどー」のあたりから雲行きが怪しくなっていました。
まさか、あーした展開になるとは予想外でした。
あまりの馬鹿馬鹿しさっぷりに脱帽です。(←当然ですが、いい意味で)
5話「主婦・麻理の選択」もやっぱりコメディーちっく。
学生時代の仲良し3人組のうち、「城之内」と結婚した「城之内(松井)麻理」
偶然に再会したもう1人「水田」は当時を彷彿とさせるスタイルで変わらぬイケメンでしたが、旦那に選んだ「城之内」は見る影もないほどぶくぶくの肥満体
なんとかしたいと考えた「麻理」は「水田」を誘うべく、気合いを入れた格好にて出掛けるんですが…。
先の芸術家もそうですが、男性キャラは酷いですね(笑)
そりゃー浮気もしたくなるって。
気合いを入れた後の「麻理さん」もいいんですが、冒頭での主婦している彼女。
前後に子供と大量の荷物を乗せ、大雨の中で自転車を走らせているんですけど、ここがやたらリアルでした
漫画なので大事には至ってないものの、危ないなぁ。

主婦「麻理さん」、七代前の先祖
※左:主婦「麻理さん」、右:七代前の先祖
 こちらのご先祖様がお気に入り。

隣に住むムチムチな人妻との6話「隣のスパンキング奥様」
隣の壁から頻繁に聞こえてくる、DVまがいの怒声。
その奥様は、聞こえてくるようなほどの肥満でなく、逆にむちむちとした主人公好みな女性だったのです。
奥様の視線から”助けを求められている”と感じた主人公は、勉強している司法試験を生かすべく、声をかけるのでした。
簡単に言うなら不倫話なんですが…これまた色々な意味で意外なラストを迎える漫画でした。
あのオチは誰も予想できないでしょうね。

確かに全て人妻漫画なんですが、全体的にはっちゃけているのが特徴
面白いことは間違いないんですが、エロス的には微妙かもしれません。
どちらを重視するかで評価が分かれてしまいそうでした。

前後編の「ご先祖様はキューピッド」はストーリーもの。
主人公「高田真一郎」の枕元に現れた、”七代前の先祖”を名乗る、着物姿の女性。
これより2日以内に…8人の女とセックスしないとお前は死ぬ
いきなり、彼女からそんなことを告げられてしまうのでした。
映画の約束をしていた想い人「まなみ」にはどうしても言い出せず、必死に他を探す彼でしたが…という流れ。
怒涛の48時間というコメディー漫画ですね。
「真一郎くん」は元々童貞だったため、1日目ではどうにか2人を達成。
プロは駄目という縛りがある中、大した成果だと思います。
死ぬ気になればなんでもできる、という事ですか。
そんな訳で、残る24時間で6人もの相手にしなければならないんですが…その後の展開にご期待下さい。
後半の描写は凄かったです
さらに驚くのが、こちらのオチ部分。
ちょっとホロリときますね
詳細は伏せさせて頂きますが…うわぁ「まなみちゃん」いい娘だー。
サービスシーンはありませんが、和服なご先祖様も良かったです。
個人的には、こちらの話のが好きですね。

強く太めで、柔らかな線の絵柄。
濃淡は適度なくらいですが、小さいコマ割りで比較的賑やかなため、濃厚気味です。
背景・小物などバランス良く的確な作画で、非常に絵の巧い方。
ただ、人物絵などは特にデフォルメされているため、人を選ぶと思われます
特にこちらはコメディーっぽい色があり、その傾向を顕著でした。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙・裏表紙でご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・巧い方でしたが、デフォルメが大きく人を選ぶと思います。
・コメディーは良質でした。一般えっち系としてはちょっと面白過ぎるかなぁ。
・王道でないだけ、非常に独特な人妻短編集となっていました。
合計:[13/15]
どちらを重視するか、によって評価は大きく変化するでしょう。
面白い漫画なんですが、やっぱりあまり合わないかなぁ。

人妻生態図鑑 (ヤングコミックコミックス)人妻生態図鑑 (ヤングコミックコミックス)
(2009/09/28)
THE SEIJI

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。