FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ご褒美な夜 (優斗)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 倦怠期・アダルト
・おまけ: あとがき漫画、初単行本記念イラスト。
・その他: 初単行本、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「優斗(ゆうと)」センセの「ご褒美な夜」です。

アルコールより缶コーヒーのが好きなひでるです。
最近は涼しくなってきましたが…なんでふとっちょな缶コーヒーって夏場だけなんでしょうね?
売り上げがやっぱり落ちるのかな。
よくある、あの一般的な小さいサイズの缶はいまいち少ないんですよね…。

さて、缶コーヒーの話題はそれくらいにして、本日は「優斗」センセです。
昨日に引き続きまして、初単行本ですね。
こちらの「ご褒美な夜」は、大人な女性らのお話がぎゅっと詰まっておりました。

成年マークのない、一般系えっち漫画です。
癖の強くないリアル調な絵柄が最大の特徴で、こんなんはひでるさん好み。
あまり濃厚過ぎず、ラブコメのような軽さも絵の雰囲気そのままありません。
だいたい倦怠期を迎えたアダルトな女性らが、ふとした恋に心踊らせる…みたいな系統ね
なかなかお話は良いんですが、”良くある短編集”でもあります。
全然悪くはないものの、キャラがあっさりでやっぱり刹那的な話になるため、いまいち印象に残り辛いんですねー。
叶うのならば明暗どちらでもいいので、じっくりと練られた中編・長編が見たいです。

岡本美紀、神田さん
※左:岡本美紀、右:神田さん
 こんな感じの色っぽいヒロインが満載なのです。

主人公「山田修平」は水泳インストラクター。
たまたま元カノと店にいたところ、偶然現彼女である「美香」に目撃されてしまったのです。
怒った彼女によって禁欲生活となった彼ですが、クラブの終了時間にセクシーな水着の「美香」が顔を見せたのでした…。
そんな短編「プールサイド」が冒頭の漫画。
おデコの広い、知的そうな「美香さん」とのプール内えっちです。
終了まであと少し
という台詞そのまま、そこそこ規模のフィットネスクラブなので…たぶん数人は居残ってますよね。
おそらく、誰かしらにバレているでしょう。(※実際にオチ部分で建物内に1人いたことを確認)
こっそり精力剤なんて飲ませ、ちょっとじらしたりする「美香さん」が可愛いのでした。

新婚旅行の「岡本美紀」さん夫妻。
ツアーガイドの「小林」は、過去にサイトで知り合い、一度だけえっちした相手だったのでした。
「快感アイランド」はそんな短編。
なにげに、こちらもプール内えっちなのです。
抵抗感はほとんどなく、紐な水着はあっさり脱がされておりました。
後半はアイテム使用のえっちになったりして…新婚さんらしからぬプレイをされています。
知らずに寝てる旦那が気の毒ですよ。
複数種類のアイテムが確認でき、ガイド「小林」の言っていた”無理矢理買わされた”がいかにも嘘っぽいですねー。
趣味でしょ。

短編「もっと突いて!」は、憧れていた先輩が大量の大人なおもちゃを持っていた!というびっくりシチュエーション
さあ、貴方ならどうする(笑)
高額バイトの正体はアダルトグッズのモニターで、どうしようかと途方に暮れていた「神田」さん。
街中で飲んでいると、特に目をかけていた職場の後輩「山下」くんと偶然に再会。
その最中、うっかりカバンの中のソレを彼に見られてしまい…
……俺で良かったら…手伝いましょうか?
だって。
いやぁ、ひでるさん憧れなシチュエーションですねー。
「神田さん」の夫婦関係が当然ながら冷めきっているのはお約束。
モニターシーンでは、目前で使用するだけでなく、その感想まで言っておりました。
当然ながらその後はえっちに発展するんですが、ちゃんと相当数試したらしいところが可笑しいです。

旅館でのマッサージな短編「極上!回春トラベル」
風俗ではない、部屋に来るマトモなマッサージで、若い女性のマッサージ師が2人というのは…漫画ですよねー。
さらにえっちに発展するのだから、これはもう現代ファンタジー級。
ちなみに、こちらでもアダルトグッズの使用がありました。
センセ、お好きですね。

社長秘書「田中里美」
※社長秘書「田中里美」
 「里美さん」可愛いですね。このネタは良かったです。

社長秘書「田中里美」さんの「再会の後で…」もアイテム使用なお話です。
裏表紙の書かれているあらすじはこちら。
会社の廊下にて、ふらふらと歩く「田中さん」を発見した同期入社の「藤本」くん。
肩を貸して部屋まで連れていくと、「田中さん」はびっくりな告白をするのでした。

うんうん、社長秘書ともなればえろい事されて当然……って、ソレ自分でやったんかい!!
とか、思わず漫画に突っ込んでしまいそうな短編でした。
ただ、とある理由がため、どうにもならないところで身悶えすることとなっている「田中さん」はいい感じ。
ひでるさんはこんなんも大好物です。

「田中」くんと先輩「沙織」さんのこれまたビジネス短編「ご褒美な夜」
チーフのこと好きですから…
とか言っていながら、甘いムードにならないのはなんだかリアルな感じ。
現実はそんなもの。
車を止めて仮眠しようとした際に、隣の車内で始まっており、それを目撃した2人は…という展開で、「沙織さん」があーしなければえっちにまで至らなかったでしょう。
羨ましいですねー。
ありゃー仕事のヤリガイ出ますよ。ええ。

えっちの相性抜群という元カレ「真司」くんと再会した「市川加奈子」さんの「別れのタイミング」
「艶々」センセの漫画などでよく見られる、抜群な相性だった彼との再会で”焼けぼっくいに火がつく”パターンです。
我慢できず、職場で始めちゃうのが素敵です。
しかもわざわざ窓際でシテたりして(笑)

茶道教室に通う「修一」はそちらの娘「真理」が付き合っている何名かの彼氏の1人でした。
一方、異性には消極的で彼もいない「真理」の姉「真弓」
姉妹の部屋にある間仕切りが薄いこともあり、聞こえてきた2人のえっちを覗いてしまうのでした。
そんな行為が何度か続いていたある日、ひょんな偶然で家に泊まることとなった「修一」は…という「覗きの作法」
できれば和服な「真弓さん」で見たかったなー。
酔って寝てしまった妹「真理さん」のすぐ横でのえっちが刺激的です。
自分の部屋行こうよ。

先輩「沙織さん」、姉「真弓さん」
※左:先輩「沙織さん」、右:姉「真弓さん」
 着物がこれまたいいんだわ。えっちの際は普通の服でしたが…。

タイトルそのまま、”旦那が通っているかもしれない秘密クラブに潜入する”という短編「シークレット・パーティー」
うまく潜入に成功した「由紀」さん。
しかし、暗い室内のこと、もつれ合う男女の中で誰が旦那か分からず、またそれに当てられたため、付き添ってもらった「祐次」くんと…という展開です。
1回参加で1人2万円でした。
おお、結構安いじゃーないですか(笑)
(※メンバーもしくは紹介でないと参加できませんが)
いかがわしいアイマスクがやっぱりイイ感じです。

太めなきっちり線の絵柄。
大崩れすることなく安定しており、人物は無論のこと背景から小物まで巧い方でした
濃淡は適度なくらいなので、ページはすこぶる見易いです。
漫画の運びにも特に気になる箇所はありません。
人物絵はすらりとした、写実的な絵柄。
いわゆる劇画の一歩手前な感覚で、リアルさがありながらクドクドしさはありません
リアル系の代表である「八月薫」センセより漫画っぽく、昔の「北条司」センセの絵を可愛くえっちにした、というのがひでるさんの感覚。
そう、えっちシーンも同様にクドさはなく、逆にややすっきりし過ぎ。
単行本が一般系だからかな。
やはり消しが大きく、概ね問題はないんですが、漫画によっては”もったいない”と感じるコマがありました。
そちらの↓表紙はあまりセンセの良さが伝わっていないので、いくらかプラス判定でお願い致します。

そう、あの↓表紙は地味過ぎ
1冊単独で置かれるならばまだしも、書店で複数本と並ぶと非常にインパクトが弱いです。
これといった特徴のないタイトルも含めて、セールス的に不安。
まぁ、大きなお世話でしょうけど。
(※中扉のが全然いいですが…あれはNGですか)
ただ、こんなんは漫画家さんというより…おそらく出版社の意向が強いのかな。
何度も書いているように、モノが一般系ということもあるんでしょうね。
せっかく中身があれだけ良いのに、惜しい感じでしたよ

ご褒美な夜 (ネオコミックス)ご褒美な夜 (ネオコミックス)
(2009/09/15)
優斗

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ファンタジー

■処女だってば (浦辺克斗)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: 描き下ろし「おねぇさま++」、
      カバー裏に別絵・あとがき・作品解説。
・その他: 初単行本、短編×11(※描き下ろし除く)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「浦辺克斗(うらべ・かっと)」センセの「処女(オトメ)だってば」です。

時間がないため、前置きなくいきます。
単行本の読みでは「うらべ・かつと」でしたが、センセのブログで「」を小さくされていたので、そちらに合わせています。
そんな「浦辺克斗」センセは、こちら「処女(オトメ)だってば」が初単行本。
とりあえず、あのこゆい↓表紙絵に引かれてしまいました。

黒姫真白、白井彩
※左:黒姫真白、右:白井彩
 収録ではやっぱりこの2人でしょう。良かったですよ。

とにかく、やったら特徴的な絵柄について。
なめらかな中太線の作画。
ぼんやりとした灰色のデジタル絵で、単純に濃淡では薄めな部類です。
ただ、むちむちとしたスタイルでページにごっちゃり描かれる方なので、全体的にはかなり濃厚な印象でした。
頻繁ではないものの、バランスが微妙なコマもありますね。
幅広の輪郭で、カクカクとした髪型。
ぽてっとした唇で鼻をしっかり描かれること多く、また幅広な目はキラキラとして実に個性的です。
写実っぽさと漫画っぽさの配合具合がスゴイですね
そんなところも、後引くこってりさの原因です。
現在はどちらが流行りなのか分かりませんけど、成年漫画では受ける感じの絵柄だと思います。
ひでるさんの感覚で最も近いのは「ゼロの者」センセ。
うーん、もう少し写実っぽいのかなぁ。
こちらが初単行本でしたが前述しているように個性はほぼ確立しており、各話に多少のバラつきはあったものの概ね安定しておりました。
カラーでも雰囲気そのままなので、判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。
今後の単行本は注目ですよ

続いてお話。
3名ほど眼鏡なヒロインが収録されておりました。
冒頭に位置する教師・生徒のラブえっち話「二人だけのシチュエーション」
↓表紙(下側の彼女ね)を飾っている教師「氷室いずみ」は生徒「速水」くんに嫉妬する役柄がためか、なんだか可愛らしいんですね。
オデコ広く頭も大きめなので、なんとなーくバランスが悪いような気がします。
せっかく巨乳で下着も黒という、色っぽい要素あるキャラなのに…ちょっと残念。
裏表紙にも登場していた「黒姫真白」さんの「スススス」
強い口調と性格で、かつ学年トップの優等生という彼女が成績下の「白神狗狼」くんによってメロメロにされるというお話。
ちょっとキツ目な感じが大変素敵です。
コレは、ラストページのための漫画でしょう。
タイトルの意味もそちらで判明します。
なおセンセは足フェチとのことで、漫画の前半、カバー裏からそんな傾向が伺えました。
「おそうじ大好きッ!」の「新居清美」さんは、眼鏡ヒロイン中で最も幼い感じのキャラ。
ただ、あれだけトロそうなのに、えっちへと至る場面は高速。
まぁ、ラブラブということですかね。

↓表紙を飾るもう1人「白井彩」さんの「白いキャンパス」
柔らかな黒髪の「彩さん」は典型的な美少女タイプ。
雰囲気は正反対ですがロングの黒髪、黒ストッキングと先の「真白さん」に近いキャラでした。
ひでるさん個人的には、彼女が最も美人に描かれていると思います
美術部の部長である「彩さん」が「高遠」くんを優しくえっちへ誘う展開もいいですね。
なにげに紐な下着で、自らストッキングを破いておりましたよー。

お嬢さま「新世院アリア」
※お嬢さま「新世院アリア」
 もうちょっと色々なシチュエーションを見たいのがこのお嬢さま。

お嬢さま「新世院アリア」と執事「士郎」の「どこへなりとも」
襲われたり漏らしたりと漫画で大忙しな「アリアさん」
見どころはやっぱり「見て…」のシーンでしょう。
「士郎くん」は役得ですねー。
リゾートなので水着だったんですけど、ドレス姿とか見てみたいですよ。

自分の口まで届く巨乳が見事な「みちる」さんの短編「面影」
「みちるさん」は…近所のお姉さんでいいのかな。
なんで母親とそっくりなんだろう。
それとも似てるから「かづき」くんが好きになった、という設定なんでしょうか。

「可愛い妹+1」のヒロインは裏表紙の2人。
妹「双葉」ちゃんと姉「一葉」さんのふたなり漫画です。
1ページ目からいきなりぶっ飛んでおり、勢いとしては抜群の出来栄え。
ただ、ひでるさんとしてはげんなり(笑)
おそらく、好みな方には嬉しいネタでしょう。
なお、「日向陽光」、「月ヶ瀬奈菜」の「おねぇさま+」もふたなりネタ。
こちらがデビュー作とのことでしたが、描き下ろしが「おねぇさま++」だったので…ちょうど絵の成長具合がよく分かる構成になっていました。

一葉・双葉、日向陽光
※左:一葉・双葉、右:日向陽光
 誤植ではありません(笑)さて、普通の女の子は誰でしょう?

兄・妹のラブラブ近親漫画「ふたごだもの」
ぽろぽろ胸をシャツからこぼしていた、妹「朝日ひなた」さんがいい感じ。
そりゃー兄「こかげ」くんも寝込みを襲いたくなりますよ。
なお双子でしたが感覚のリンクはなく、要素としては顔がそっくりという点のみ。
短編「狐の嫁入り」も兄・妹のラブ近親です。
妹の「稲穂」さんは貧乳キャラ。
タイトルにも関係している設定がため、可愛らしさが弱いですかね。
やっぱり「ひなたさん」のように、目をぱっちりとした方が良かったのでは。
女装ネタの「男前な私と可愛いアイツ」
百合趣味な「向井千暁」さんは幼馴染み「戸成晶」くんの似合いすぎな女装姿に…という流れ。
身近にぴったり趣味合いそうな彼がいて良かったですね(笑)
こちらの「千暁さん」も貧乳でしたが、これは性格を反映してのことでしょう。

絵はこってりとしたものですが、ストーリーは概ねラブえっち。
ふたなりがあったものの、他に際立って特殊なプレイはなく、ネタとしては意外に適度なモノでした。
ひでるさんとしては、ぜひ足で押してほしいかなぁ。
展開を急いでいるのかコマ間の繋がりがやや弱く、心情描写はもう2、3歩というところ。
ここはもうちょっと頑張ってほしいです。

処女だってば (富士美コミックス)処女だってば (富士美コミックス)
(2009/09/26)
浦辺 克斗

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ストッキング

■悪魔と俺 特盛り (吉川英朗)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ファンタジーコメディー
・おまけ: あとがき、おまけ×2、描き下ろしあり。
・その他: 初単行本、4話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「吉川英朗(よしかわ・ひであき)」センセの「悪魔と俺 特盛り」です。

”発売が遅れてしまいご迷惑おかけしました。”
…という、こちらの単行本。
なにやらタイトル帯に色々と書かれていました。
しかし、事情を知らないひでるさんには何のことかちんぷんかんぷん。

ネットで調べたところ、どうやら単行本は一度発売禁止掲載されていたwebからも削除となっていた模様でした。
ひでぇことするなぁ。
うーん、でも1冊読んだ感想としては、そこまでする理由が見当たりません
なんでなんだろ。
…えっち描写?
それほど極端な描写はなかったと思うんですが。
(※まぁ、この点についてはひでるさん常識からズレてますけど)
まぁ、いいか。
何はともあれ、ちゃんと発売されてなによりです
次は「キルタイムコミュニケーション」さんとかのがいいのでは(笑)

悪魔と俺・ヒロインズ
※悪魔と俺・ヒロインズ
 ノリとしてはこんな感じの楽しい漫画です。


さて、「悪魔と俺 特盛り」はたぶん「吉川英朗」センセの初単行本。
描き下ろし50ページ以上なのだとか。
タイトルの”特盛り”はその意味ですかね。
中扉は発禁となった際の表紙画。
そっちのが全然良いと思うんですが、これも何らかの事情かな。

主人公「倉科健太郎」は街中で男に絡まれていた女の子を助けました。
しかし、その彼女は人間世界の征服を望む悪魔「シフォン・バーンシュタイン」だったのです。
天然で「カワイイ」と言われたことで大いに取り乱した「シフォン」は”人間と深い関わりを禁ずる”という掟に抵触。
それを回避するため、世界征服の駒とするべく「健太郎」は改造されてしまうのでした。
こうして彼は増幅器でパワーアップする改造人間「ケンタロー」となったのです。
力を得た「ケンタロー」はそれもって「シフォン」に反撃。
従者の悪魔から彼女が造り出した改造悪魔をも倒し、人間界へと復帰するんですが…”弱点を探す”という名目で「シフォン」も無理矢理同居することとなったのでした。
…だいたいこんな感じ。

可愛らしい悪魔っ娘とのファンタジーラブコメ
頻繁なサービスシーンが漫画の売りで、後半は…描き下ろしなのかな?
心なしか回が進むごとに描写は過激なものになっておりました。
まぁ、確かに一般系だと問題になっちゃうか。

シフォン・バーンシュタイン
※シフォン・バーンシュタイン
 かなり悪魔っぽくない「シフォンさん」なのでした。

2人の出会いが描かれた1話。
ベタな絡まれ方」とか言っていましたが、その通り。
この「シフォンさん」ほか人間形態の悪魔は背中の羽以外、ほぼ人と変化ありません。
魔法使ったりする描写もなかったですね。
あんな人間たち私が本気出してたらね…
という発言もあり、あるいはドラクエの竜王が如く普段は隠しているのかも。
一応、”悪魔の頂点に君臨する血族の末裔”らしいですから。
天然要素の高い「シフォンさん」は言動面白く、「カワイイ」という発言にどぎまぎしてしまうのがまた可愛らしい娘でした。
どんな育ち方してきたんでしょうかね。
3話では妄想小説を書いていることが判明。
なかなか恥ずかしい感じですよ。

漫画の売りであるサービス描写は、ほとんど彼女が造り出している”改造悪魔”によるもの。
改造はいいですが、「あまり好きじゃない」という”脳改造”を施さない「シフォンさん」
それがため、高価なレアパーツなどで特別仕様という「ケンタローくん」にはあっさり反撃されて以降は勝つ事叶わず、また改造悪魔にはえっちな事(※彼曰く”自爆ポルノ”)をされてしまうのでした。
ちらほら気になる点はありますが、お話としては見どころがはっきりしているだけ問題はありません
1話目では「タコール男爵」ということで、さすがに大事な部分(笑)は描かれていなかったものの、触手えっちが繰り広げられていました。
果たしてどこまでされんでしょうね。

そんな訳で、「仮面ライダー」のような設定という「ケンタローくん」
どう改造されたのか彼は相当に強く、作品中ではまるでピンチになっていないほか、改造悪魔も軽く撃退しておりました。
2話目でも冒頭の「デビル千手」、後半の「スライム軍曹」なども一撃にしております。
「リリー・バーンシュタイン」の登場はそちらから。
妹である「シフォンさん」と違って穏やかな物腰の美人で、雰囲気としては彼女のが悪魔っぽいですね。
「ケンタローくん」もあっさり陥落しておりました。
どーでもいいですが、ひでるさんも彼女のが好きです。
いいなぁ、「リリーさん」
服の露出が普段抑えられているだけ、乱れるサービスシーンがいい感じです(笑)

リリー・バーンシュタイン
※リリー・バーンシュタイン
 貧乳の姉。キャラとしては彼女のが良かった。眼鏡も似合ってましたよ。

まともにバストトップが描かれるようになるのは3話から。
それまではギリギリな描写でしたが、ここからキッチリと描かれるようになります
こちらでは透明な蟲「シノビワーム」の大群でえろえろしていました。
見開きで6ページほど続くんですが、「リリーさん」も加わっていい感じ。
彼女のが年上なんですが、びっくり、コレがまた見事なまでの貧乳なんですねー。
正面絵は一瞬誰だか理解するのに時間かかりましたよ。
続く4話は温泉旅行話。
「シフォンさん」のタイプは一度認めてしまうとメロメロになりそうなんですが…ここで天然という設定が生き、やる事はどこかズレているのでした
そんな訳で、ドタバタした2人の仲は相変わらず
胸が大きいため、”タオルで前が閉まらない”という温泉での彼女が秀逸でした。
単に1コマだけのものなんですが、妙にえっちでいいですね。
(※普通なら前だけは隠そうとするものでしょう。別に巻く必要もないのだし)
お話が温泉メインだけあって最後に相応しいサービスシーンっぷりでした。
おまけでの「リリーさん」がまた良かったですよ。

強めな細線での作画。
濃淡はやや薄いくらいでしたがネタ的に画面ごっちゃりなること多く、全体としては濃厚。
鋭角な髪と小さい鼻が特徴の人物絵は、あっさりとしています。
少し気になるコマもありましたが、問題ない程度。
コメディーのテンポ良く、サービスシーンもえっちでした。
癖はあるので、↓表紙、あるいは紹介帯のカット絵でご判断ください。

キャラが良く、サービスも頻繁で、もうちょっと3名のやり取りを見たいところ。
どうせなら成年系でトコトンやってほしい気もします
次にも期待しましょう。

悪魔と俺 特盛り (MFコミックス)悪魔と俺 特盛り (MFコミックス)
(2009/09/23)
吉川 英朗

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ファンタジー ラブコメ キルタイムコミュニケーション バストトップ

■せめ・ちち (エレクトさわる)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・メイド
・おまけ: あとがき、ゲストページ、設定画、作品解説、
      カバー裏に別絵(裏表紙とリンク)
・その他: カラー(14P)、
      短編×10(うち「無題 -no title-」×6)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「エレクトさわる」センセの「せめ・ちち」です。

このブログを書く際に知りましたが…。
茜新社」さんの通販、一部専門店(ダンジョンブックス?)のみ、限定版の販売があるそうです
大小のタオル付きで、絵柄は描き下ろしだそうですが…どんなんかは掲載されていませんでした。

・小サイズ(60×30) 1,980円
・大サイズ(140×70) 4,980円

特に大サイズの方は…どっちがオマケなのか分かりませんね(笑)
まぁ、ファンの方はうっかり通常書店などで普通のを買わないよう、ご注意下さい。
漫画自体はカバーの色が異なるだけで、変化ないようです。

ナナリー、レンカ
※左:ナナリー、右:レンカ
 こんな2人が活躍する単行本です。特に「レンカさん」は必見。

以前ブログでは「淫術の館」を紹介している「エレクトさわる」センセ。
しかし、あの↓表紙はやたらめったらデカイですねー。
いちおうモロ出しにされているんですが大き過ぎるためどうなっているのか分からず結果さしてえっちでない(ような気がする)ところが可笑しいです。
漫画としては連続話「無題 -no title-」を中心とした構成。
特にカラー原稿の「新年のごあいさつ。」、「π乙王国の逆襲」がショート漫画だったため、普通に短編は「スメル☆コンプレックス」、「W.C.-ホワイトキャンバス-」の2話という感覚でした。

6話の中編漫画「無題 -no title-」
画家を目指す主人公「キース」
貿易を行う父の事業は成功しており、いつも跡を継ぐよう言われておりました。
実家に戻った「キース」はメイド「ナナリー」と出会います。
どことなく母の面影を持った彼女に惹かれたんですが…その夜、父と乱れる彼女の姿を目撃してしまうのでした。
専属としてつけられたメイド「レンカ」の言葉もあり、気持ちに踏ん切りをつけた「キース」でしたが…と、だいたいそんなお話。

メイドとお坊ちゃんの恋愛ストーリーですね。
軽過ぎず、重過ぎず、という感覚
評価はそれぞれでしょうけれど、えっちメインの中編としては適度なくらいのお話かと思います。

爆乳なメインヒロイン「ナナリーさん」
普段の服が小さめなのか、なんだか…脱ぐとより大きくなるみたい(笑)
あれは肩こりそう。
過去エピソードに至るまで、典型的なメイドさんでした。
もう一方のメイド「レンカさん」は、ツンデレ・貧乳なキャラ。
そうしたスタイルから性格に至るまで「ナナリーさん」の正反対という感じで、歯に衣着せぬ物言いが素敵です
立ち方から振る舞いまで、メイド然とした「ナナリーさん」と違ってやたら自由。
ご主人様を「スケベじじい」、主人公に対してはデフォルト「アンタ」、他にも「ガキ」、「バカ」、「ヘタレ」など散々なのでした(笑)
うじうじ心情を抑えてしまう主人公・ヒロインらと違って行動力に溢れ、物語を牽引しております。
とにかく言動が面白く、影の主役という感じでした
この娘は良かったなぁー。

メイドの2人
※「無題 -no title-」ヒロインズ
 なかなか良いコンビだと思います。バニー姿が素敵だー。

1話目は「ナナリーさん」の裏表という感じ。
首輪をつけられたり、目隠しされたりしてますねー。
お約束のように「キースくん」に好意を持ち、”彼が家に戻っている”という理由でえっちを回避しようとしていました。
最中にスイッチ・オンされ、めろめろになってしまう様をご堪能下さい。
Wヒロインのもう1人「レンカさん」が登場する2話目。
あの落ち着いた世界の中にて、好き勝手な感覚あり、唯一異彩を放っておりました。
少女らしい普段着(※彼女はいわゆるメイド服でなく、可愛いエプロンドレス風)と誘う際のえっち下着に注目。

ひと区切りとなる3話は、ついに「ナナリーさん」との初えっちなお話。
無論、ちゃんとした流れである筈もなく、セッティングしたであろう「レンカさん」もやや引いてるような感じです。わはは。
見どころは、やっぱり「ナナリーさん」が目隠しを外した場面でしょう。
ここは期待通りな展開でした。
また、こっそり「キースくん」の様子をうかがっていた「レンカさん」が可愛いのです。
そうした流れもあり、壊れかけた彼の描写がある4話。
こちらが初の3人プレイですね。
なぜか髪をツインテールにしてえっちな下着の「ナナリーさん」は相変わらずの爆乳っぷりでいいですが、やっぱり”ノリ気でない”という「レンカさん」のぶすったれている感じが好き。
なんやーかんやー言いながらも「ナナリーさん」と絡んでしまう彼。
とある切っ掛けで正気(?)に戻るんですが、その際にも「レンカさん」が活躍し、2人の関係を修復しておりました。

レンカは勝手についてきた
という冒頭の台詞がいかにもという感じである5話は、バニー衣装の2人ですね。
カバー裏の絵(裏表紙)のような風情で、パーティーにて複数えっちが展開されていました。
あくまでも健気な「ナナリーさん」と比べ、「チップもらえる」という発言から「最悪」・「カンベンしなさいよ」…とか最中に考えている、「レンカさん」がこれまたいいですね。
彼女なかなか面倒見の良い娘なので、ああは言っていながらも本当は「ナナリーさん」が心配だったのかな。
さて、次の6話がラストなんですが、こんな3名がどのような結末を迎えるのか、ぜひ単行本でどうぞ。
…そうですね。
これまでの流れを崩すほど、ちょっとはっちゃけ過ぎだったかなーというのが、ひでるさんの正直な感想です。
かといってバットエンドは嫌なものですし、漫画は難しいですね。

センセが解説部分に書かれていたそのまま、短編「W.C.-ホワイトキャンバス-」は中編「無題 -no title-」のまさしくバットエンドのような風情。
(※収録順ではこちらのが先)
美術部の先輩「峯崎優香」に翻弄される「桜井」くん。
あれは…ちょっとレベルが段違いだと思いますよ。
もう1つの短編「スメル☆コンプレックス」は、タイトルそのまま匂いフェチな幼馴染み「遠藤奈緒」さん。
あの場面を目撃され、吹っ切れて思うようにする彼女が可愛いのです。
匂いというのは当然あるものの、まぁラブラブ漫画ですよ。
運動部ということで、スパッツ姿なのでした。

遠藤奈緒
※おまけ:遠藤奈緒
 陸上部なんですが…あの胸は邪魔そうね。

カラー原稿のショート、「新年のごあいさつ。」は複数えっちな新年会もの。
おせち、ということで「カズノコに限る」とか言っていました。わはは。
「π乙王国の逆襲」は予告編のような漫画。
実際にやると単行本1冊分ということでしたが…どっかで描いてほしいなぁ。
「π乙王国」・「ペドリアン帝国」のどちらも捨て難いです。

ゆるやかな線の絵柄。
色としては薄めで、キャラもどちらかというとすっきり目。
しかし、ページ全体賑やかに描かれる方で、派手な液体描写もあってコテコテとしております。
色がつくことで見易くなるのかな。
濃い目な塗り方がひでるさん好みなこともあり、カラー原稿のが良く見えました。
タレ目で縦に長く、ぼってりと圧巻な巨乳がポイント。
基本はそうした大きい胸ですが、「レンカさん」ほか貧乳キャラもバランスが取れて巧く、こっち方面でも問題なし。
ただ、癖があるので人を選ぶと思います。
カラーではやや判断し辛いですが、↓表紙・裏表紙の雰囲気でどうぞ。

巧い方なんですけど、個人的にはもう少しキッチリとした安定感が欲しいところでした。
まぁ、こちらを含めてまだ3冊目。
次の単行本も期待しましょう。

せめ・ちち (TENMAコミックス)せめ・ちち (TENMAコミックス)
(2009/09/26)
エレクトさわる

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 茜新社 エプロンドレス ツインテール バットエンド スパッツ

■裏山のひみつ基地 (嶺本八美)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: あとがき、描き下ろし「最後の猫の集会」、
      ゲストページ(「浦井民」センセ)、合間にイラスト・4コマ。
・その他: 短編×11(うち「猫の集会」×5、「依子ちゃんシリーズ」×2、
      「宇宙ポリスシャバン」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「嶺本八美(りょうもと・はつみ)」センセの「裏山のひみつ基地」です。

一般えっち系「恋愛かがく実験」をブログで紹介したのが…7年3月なので、久しぶりの単行本という「嶺本八美」センセ。
ちなみに、あとがきに書かれていましたけど、なかなかセンセ大変そうでした。
こうして無事に新刊がリリースされたことを喜びましょう。
さて、完全版をカウントしないと、だいたい8冊目くらいの単行本は「裏山のひみつ基地」です。
中編・短編などバラエティ豊かなお話群になっていました。

依子ちゃん、エリー
※左:依子ちゃん、右:エリー
 この姿の「エリーちゃん」をもっと見たかったです。これはタイトル扉ですね。

表題作「裏山のひみつ基地」は、別タイトル「あんくるともの家」から続く連続話です。
養護施設にて育った「依子」ちゃん。
物心つく頃に引き取り手がつき、叔父さんの子となったんですが…という「あんくるともの家」
あるいは現実に似たようなことがありそうな、大変取り扱い注意な漫画
当初はよく分からないまま従順に従っていた彼女が、成長すると共にそれを理解していくのです。
頑張って、どうにか話を逸らそうとする「依子ちゃん」
しかし、なおも構わず続ける叔父さんがため、本音が飛び出し言動がガラリと変化するんですが…このあたりが非常にリアルですね。
重いですよ。
続く「裏山のひみつ基地」は、その後の「依子ちゃん」が見れる作品。
裏山に秘密基地を持っていた「拓海」くんとのお話です。
読んだ際に新鮮味を残すため、この詳細については伏せさせて頂きます。
可愛らしく流れていた前半部分が、ある事を切っ掛けにガラリと変化する中盤からがポイント
「依子ちゃん」は…過去の爪痕がしっかり残っている感じ
物悲しいです。
男子にとっては良いシチュエーションなんですが、「拓海くん」はまだ幼過ぎ。
思わずああいった行動を取ってしまうのも納得でした。
収録されている他の漫画と比べ、ずーんとした暗さのある2話です。
読後感はともかく、「嶺本八美」センセの巧さがキラリと光っております

いきなり37話とか書いてあるのが可笑しい「宇宙ポリスシャバン 第37話」、「宇宙ポリスシャバン 第38話(増補版)」の連続話。
悪の組織ゲローと戦う宇宙ポリス「シャバン」こと「白鳥剛」
そのアジトをつきとめたものの、罠と判断した彼は突撃を希望する相棒「エリー」と対立。
結果、単独乗り込んだ「エリー」はやはり敵の手におち、捕えられてしまったのでした。
シャバンの空母にはそんな彼女の姿が映し出され…と、だいたいそんな感じ。
わざわざ言うまでもなく、某特撮を彷彿とさせる漫画
ひでるさん好きなネタなので、ぶっちゃけこれで1冊描いてほしいくらいです。
ヒロインの「エリーちゃん」は、ツインテールも似合う12歳。
前述の流れでばっちり捕まり、敵の女幹部「ファンタスティック・フォー」ほか触手持ちの蟲などにえっちされる展開でした。
敵対しているヒーローの相棒が捕まったなら…という妄想そのままな感じ
複数の女幹部の百合えっち、幻覚えっちなどもいいですが、やっぱりメインは蟲でしょう。
いわゆる触手でぐるぐる巻きというタイプではありません(ロリなので)が、うねうねしたのを大事なところにとっつけられ、しかも目隠しされてしまうという、良いシチュエーションでした。
やっぱりこうしたヒロインというのは、ピンチになってナンボですよね
できれば「エリーちゃん」のアクションとか、オペレーターロボ(?)「アシスタン」のえっちなども見たかったです。

牧野さん
※牧野さん
 えっちな「牧野さん」です。おもろい娘でした。

「猫の集会」を筆頭に、「続猫の集会」、「新猫の集会」、「猫の集会・制服」、描き下ろし「最後の猫の集会」と続く5話の中編。
スカートめくりの常連で、クラスで”エロい”と評判の「山田」くん。
いつも口うるさく注意する「牧野」さんなんですが…裏では彼と付き合っていたのでした。
ごく簡単ですが、だいたいそんなえっちコメディー話。
タイトルは…「猿の惑星」からの引用ですかね。
表面では対立しているような2人が実は付き合っていた、というなかなかに良い設定。
うまくだませたかな…
とか言ってました。
騙されましたよ!
続く「続猫の集会」
こちらは新キャラ「土屋」さんがブチ切れ、彼を追いかけるんですが…実はこの2人も付き合っていたのでした。
びっくりです。
しかも…次の場面でまた驚き
うお、また騙された!!
えっちはともかく、そうした仕掛けがため、実に新鮮な漫画に仕上がっておりました

「新猫の集会」は打って変わって修学旅行でのエピソード。
こちらはスタンダードに「牧野さん」とのえっち。
初めて眼鏡オフな彼女が見れるんですが…なかなか可愛い素顔でした。
ネタ要素の強かった前2話と比べてページ数増え、「牧野さん」とのえっちシーンが存分に堪能できます。
「猫の集会・制服」は中学に進学した「牧野さん」の漫画。
タイトルそのまま初めて制服姿となり、「山田くん」に見せつけておりました。
当然、その姿のままえっちになるんですけど、
なんで自分こんなエッチなんだろうって、ちょっと情けなくなる
とか言っていました。
「牧野さん」いいなぁ(笑)
オチ部分では学ランプレイなんてやっており、そちらもじっくり見たかったです。
描き下ろし「最後の猫の集会」はまんまパロディー
その後の4コマ・イラストを含めて面白いです。
こんなラストかー!

三条瑠里
※三条瑠里
 こうしたキャラは巧いですね。

「あゆの友釣り0」は、妹「篠原歩実」とお兄ちゃんの屈折した関係と共に、彼女をいじめていた「遥華」、「ゆき」ら同級生を描いた短編。
登場する2人の同級生は、言動から自業自得という雰囲気でしたが…最も悪しきはお兄ちゃん。
妹「歩実ちゃん」に対して愛情を持っているようでしたが、かなり振り切った感じ。
本気で事を起こしかねないので、アレは逆らい難いですよ(笑)
唯一、「歩実ちゃん」だけが可愛らしく描かれていたので、なんだか気の毒に思えました。

眼鏡とお下げな「三条瑠里」ちゃんの「いれない!ルリ5年生」
ラブコメな風情で、彼女が憧れる「宮岡」先生とのえっちでした。
体育(バスケ)の補習なので、ブルマ姿ですね。
運動後のマッサージを「瑠里ちゃん」がくすぐったがり、そちらから発展する流れ。
いかに相手ロリ少女とはいえ、あの光景はなかなかえっちです。
また、「瑠里ちゃん」自身がもともと先生とのマンツーマンな練習を喜んでいたこともあって、すんなり展開しておりました。
注目はラスト部分。
あの、微妙に感覚の異なっている2人ですかね。
あんなんが、回数を重ねると変化していくのかなぁ、って。
長編の切っ掛けみたいでした。

乱れないしっかりとした線のすっきりな絵柄。
適度なくらいの濃淡で、抜群のバランスと安定感があります
洗練された作画は非常に見易く、テンポも適度。
キャラの表情から小物・背景、構図に至るまで、気になるコマはなかったですね。
前回も書いておりますが、昔は強かった癖は落ち着き、万人に好まれるだろうものになっています。
マイナスはありません。
ただ、↓表紙などカラーではあまりセンセの良い部分が発揮されていないので、プラス評価でお願いします。
白黒のが断然巧い方ですよ。
紹介帯には、ひでるさんお気に入りな「あんくるともの家」のあらすじと共にカット絵があったので、参考に良いでしょう。

いちおうくくりは「コミックLO」なんですが、さほどロリ具合は強くなかったです。
(※これはひでるさんの感覚が異常かもしれませんけど)
どちらかというと、貧乳漫画な風情でした。

裏山のひみつ基地 (TENMAコミックス LO)裏山のひみつ基地 (TENMAコミックス LO)
(2009/09/26)
嶺本 八美

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コミックLO ラブコメ ツインテール アクション パロディー

■乙女王子~女子高漫研ホストクラブ~ (888)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : コメディー・ホスト
・おまけ: 描き下ろし「エピローグ(おまけ漫画)」、
      カバー裏に”一番最初に描いた登場人物設定”・予告カット。
・その他: 9話+おまけ収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「888(はちはちはち)」センセの「乙女王子~女子高漫研ホストクラブ~」です。

あそびにいくヨ!」の漫画版でお馴染み「888」センセの新刊。
7冊目の単行本は「乙女王子~女子高漫研ホストクラブ~」でした。
でました、最近流行り(?)なホストの漫画。
1巻完結の一般コメディーとなっており、読んでの感覚として長さはこんなものかなぁ。

漫研(ホストクラブ)ヒロインズ
※漫研(ホストクラブ)ヒロインズ
 …あ、主人公を↓下の固有絵に出し忘れました。左の娘が「ひよなちゃん」

漫画好きな主人公「小形ひよな」
桜花女子校へ入学した彼女は当然、漫画研究部を目指しました。
しかし、そこで彼女が見たものは、酷い部室と漫画知識のない先輩達だったのです。
唯一経験のあった「ひよな」は部で指導をすることとなったんですが、なにしろ道具を揃えると共に部室修繕の必要もあり、”とにかくお金が必要”だったのです。
さらに悪い事は重なり、部員が不足していたことで漫画研究部同好会に降格されることとなってしまうのです。
降格を告げにきた生徒会副会長「比田井」の弱点を掴んだ漫研部長「金堂」は、皆でホストクラブをして彼女を接待することを提案したのでした…。
だいたいそんな流れ。

部活コメディーというこちら。
女子校の漫研ながら、ホストに流れてしまうというお話の妙がポイントでしょう

漫画研究部で…廃部とかなんとかって……こないだ紹介の「げーむ部!/かたせなの」と同じ流れですね。
つい最近読んだそちらと基本部分が同じだったので、どうしても脳内で比較してしまうのです。

部長「金堂さん」、副会長「比田井さん」
※左:部長「金堂さん」、右:副会長「比田井さん」
 なにげに準主役というべき「比田井さん」です。後半は出ずっぱり。

先輩が一斉に抜けてしまったため、まったく活動していなかったこちらの漫研。
ただし、部長「金堂さん」を始め皆やる気はあり、目的は違えども部の存続を願っています。
それに比べ、手芸部なのに楽しく漫画活動をしており、廃部と決まってから急に仲間だのなんだのとシリアスになってしまう「げーむ部!」はやっぱり変。

また、降格されてあれこれという部分について、徹底的にコメディーしていました
うん、中途半端にシリアスを入れるより、これのが正解だと思います。
(※人それぞれですが)
…まぁ、あっちは女の子の可愛らしさが最大の売りなので、基本的に意味が違うのでしょうけれど。

降格(廃部)となってから、まったく別のことを始めるのも同様な展開。
勢いだけでゲーム部と言っていたのに対し、こちらは副会長「比田井さん」を篭絡する目的でホストを決めておりました。
この部分については、今回の「乙女王子」のがちゃんとした流れですよね。
しかも前述しているように、ココが漫画の売りなのです。
女の子オンリー世界でのホストということで、基本コメディーながら百合漫画ちっくなところもありました。

ちなみに、ホスト宣言をする段階までで2話ほど経過しております。
続く3話はそうした勢いのまま手探りでやったものが、見事に失敗するネタ。
相当に酷く、マニアな「比田井さん」が怒るのも無理ないですが、格好はともかく実はあれ結構リアルだと思いました。
学校でホストとか言っても、普通はあんなものでしょうからねー。
そんな失敗から立ち直り、本格的にホスト活動の始まる4話以降がまた非常に面白いのです

宇田川さん、昌さん
※左:宇田川さん、右:昌さん
 ホスト実力発揮、な2人。後半はこの2人によって「ひよな」の出番を減らしていました。

部長になりたかったがため、漫画部にいるという漫研部長「金堂さん」
行動・決断早くノリが良いという、リーダー素質のある方でしょう。
ただし勢いだけの部分多く、そんな彼女をうまくサポートしているのが部活掛け持ちをしている「宇田川さん」
彼女は顔が広く、成績優秀(教師にも顔がきく)で運動も(掛け持ちするほどに)出来るという、まさに万能キャラです。
背丈あって話が巧く、また演劇部もやっていることで、最もホストとして安定感がありました
もともと学校で人気があるというのも納得。
たぶん1番人気ではないかなぁ。

無口ながら身長は最も高く、形だけで言えば最も似合っているのが「昌さん」
↓表紙も彼女ですよね。
いちおう「ひよなさん」の入部前からやる気あったらしく、ノートマンガなんて描いておりました。
うわ、懐かしいですねー。
ひでるさんも過去にあんなんやってましたよ。
昌先輩ってなんなんだろう…
という台詞がありましたけど、登場キャラでは最もいじくられていたのも彼女。
普段ぼーっとして目立たない割に、エスコートを巧く担当するほか、叩かれそうになった「ひよな」を守るシーンなど、随所で格好いいところを見せておりました

おデコ、みつ編み、眼鏡という典型的な容姿の生徒会副会長「比田井さん」
そもそもの発端は、彼女がアイドル・美男子が好きだということを知られたため。
そんな訳で、漫画の半分は彼女の物語と言っても過言でありません
後半では、ついに漫研ホストクラブのある方とデートになるんですが…どうなるかは秘密。

柔らかな線のすっきり絵柄。
適度な濃淡具合でバランスも良いです。
ただ、コメディーなジャンルがため崩し絵は多く、勢いはあるもののセンセの描かれる女の子が好きな方には微妙かもしれません。
(※しかもホストですからねー)
テンポにも優れ、漫画力(※漫画力[まんがぢから]:絵とかネタとか漫画に必要な要素の総合力みたいなイメージ)のある方だと思います。
全体として、絵的には↓表紙・裏表紙の判断で良いものの、ジャンル・ネタ的に癖が強いため、人を選ぶと思います。
紹介帯・裏面のあらすじなどで判断して下さい。

”女子だけのホストクラブ”というネタがなかなかおもしろかったので、もうちょっと色々なパターンを見たいような気もするんですが…本来は漫画研究部な訳ですし、このくらいが適度かな。
そう、あれだけ脱線していながら、ちゃんと売り上げを漫画部の部費としていたのは凄いですね。
こんな漫画研究部、そして部費目的のホスト活動がどうなってしまうか、ぜひ単行本にてどうぞ。

乙女王子~女子高漫研ホストクラブ~ (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)乙女王子~女子高漫研ホストクラブ~ (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2009/09/11)
888

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー 百合漫画

■黒薔薇の騎士 聖帝ローザ (助三郎)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ファンタジー
・おまけ: あとがき、修正あり。
・その他: 初単行本、原作「筑摩十幸」、キャラクター紹介、
      8話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「助三郎(すけさぶろう)」センセの「黒薔薇の騎士 聖帝ローザ」です。

直接関係の無いお話から、すみません。
たぶん…ひでるさんと同世代の方には大変懐かしい、「ランス2」がリニューアルされるそうです。
わーわーぱちぱちぱち。
アリスソフト」さん恒例のバラエティーパック「アリス2010」に入るそうです。
なにげに、「ままにょにょ」のパワーアップ版「わいどにょ」もやりたいので…
こりゃ、久しぶりにソフト買いますか!
(※12/18発売予定。まだアマゾンに登録なかったので、詳細は「アリスソフト」さんのHPでどうぞ)

シュバルト神聖帝国・女皇帝「ローザ・フリージンガー」
※シュバルト神聖帝国・女皇帝「ローザ・フリージンガー」
 凛々しい「ローザさん」 なかなかえっちなコスチュームが嬉しいです。

さて、ソフトを紹介するブログではないので本編。
「助三郎」センセの新刊「黒薔薇の騎士 聖帝ローザ」です。
同社の小説「黒薔薇の騎士」からの展開モノ。
原作はゲームでないんですね。
さらに折り返しの紹介部分によると、分岐小説集「淫虐の黒騎士ローザ」が原点らしく、かなり人気あるお話のようでした。
分岐小説って…察するところ、ゲームブックの小説寄りみたいなものかな?
それら小説の挿絵は全て「助三郎」センセだったので、まさにファン待望の単行本化というところでしょう。
(※表紙絵で小説を買う人も多かったと思うので)
さて、絵師「助三郎」センセはこちらが初単行本。
小説の挿絵は頻繁に描かれているようで、アマゾンなどで見てみるとずらーっと本が並びました。
センセのHPにも”イラストレーター”と書かれているため、意識としても本業はそちらみたい。

剣と魔法のファンタジー世界。
魔を祓うとされる御子「ヨハン」を擁する、「シュバルト神聖帝国」
こちらを統べるのは、大陸全土に名を轟かせる女皇帝「ローザ・フリージンガー」でした。
一時は混乱していた帝国は、御子「ヨハン」と皇帝「ローザ」の指導によって復興していたのです。
しかし、神聖帝国の教皇にして叔父「アルベルト」は魔を操る少女「メリル」と結び、彼女を罠に掛けるのでした。
…だいたいそんな感じ。

毎度お馴染み「キルタイムコミュニケーション」さんらしい、ファンタジー・えっち漫画です。
凛々しい女皇帝「ローザさん」が徹底的にイヤらしいことされる(笑)パターンね
HPなどによると、設定は原作そのままで展開オリジナルとのこと。
既に小説を読んでいる方も安心です。
ちなみに、いつものことながらひでるさんは原作未読。

掴みとなる、1話「辺境の聖帝」、2話「教皇の罠」
やはり格好良さをアピールしておかなければ、ということで、ヒロイン「ローザさん」の強さが堪能できるお話になっています。
彼女、こうした漫画史上・最強クラスではないでしょうか。たぶん。

強いぞ!「ローザさま」
※強いぞ!「ローザさま」
 かなりの使い手という「ローザさま」なのです。

親衛隊「聖薔薇騎士団」の騎士「リズ」があっさり陥落した、辺境の魔物。
これに真っ向から勝負を挑みながら、圧倒的な剣さばきを見せておりました。
お約束で仲間に足を引っ張られ、触手に捕縛されてしまうんですが…余裕で反撃するんですね。
わざと捕まった方がお前を斬るのに都合が良かっただけだ
とか言ったりして。きゃー。
魔を操る少女「メリル」が直接攻撃を仕掛ける2話目。
罠によって身体が自由にならないまま、やっぱり捕まってしまう「ローザさん」
1話と同じ作戦も失敗し、これは万事休すかと思ったら…わずか一瞬の隙にて撃退しております。
たった一瞬で周囲の魔物を斬り伏せ、さらに首謀者「メリル」をも追い詰めているのです。
強いぞー!!
触手にぐるぐるにされたら普通はえっちシーンになるのがお約束なんですけど、”2度にわたってセオリー破りをするほど強い”んですねー、この方。
すごいなぁ。

ただ、相手がそれを見極めた上で策を練っており、結局は敵の手に堕ちてしまうのでした。
教皇「アルベルト」は叔父だそうなんですが、まるで似てない上に典型的な悪役顔が可笑しいです。
2話後半では、眼鏡のシスター「マリア」も陥落。
彼女、唯一まともな味方になりそうだったんですが…。

聖薔薇騎士団「リズ」、魔を操る少女「メリル」
※左:聖薔薇騎士団「リズ」、右:魔を操る少女「メリル」
 「メリルちゃん」のえっちはありませんでした。

えっち開始となる3話「地獄の拷問」でも、呪術によってぎりぎりで回避。
ただ、あの最終手段は出すの早かったか。
(※そうそう意思によって左右できなさそうですが)
続く4話「魔女裁判」は、途中からがやや違和感。
浣腸はいいとして、その後のアレは裁判中なのに変だよー。
この後はタイトルそのままなシチュエーションが続きます。
「肛虐調教」、「処刑台の牝豚」というのが5、6話。
特に民衆が見守る中で豚を相手とする6話「処刑台の牝豚」がスゴイ。
濃厚には描かれていませんでしたが、人によってはこんなん嫌だろうなぁ。
そんなこんなで、えっちされつつも逆転の一手を狙う「ローザさん」ですが…彼女がどうなってしまうのか、ぜひ単行本でどうぞ。

獣姦はありましたが、ファンタジーらしい触手とのえっちなどはごくわずか。
特殊なものは他にお尻くらいなもので、明確な肉体改造とか極端な描写はありませんでした。
どっちかというと軽い方だと思います

前述したように、原作から作画に変化がないのはファンにとって有難いことでしょう。
細線のデジタル絵。
ロング黒髪というキャラがメインでなく、服装にも黒はそこそこ程度です。
また暗いシーンも少ないためか、ああいったお話の割に濃淡は薄く、すっきりとしています。
いかにも、というコテコテ・こってりしたのがお好きな方には、やや物足りないかもしれません。
コマは変形多く枠線をはみ出すことも多々あり、ページは賑やかな印象。
ただし、バランスが取れ、乱れることもないためか、さほど見辛い感じはありませんでした。
さすがに多くの挿絵をされているだけあって、巧いです
分かり易いネタがためか漫画としてひっかかるところなく、イラストを本業とされている方にありがちな絵の強弱もありませんでした。
いいんじゃないでしょうか。
判断には↓表紙・裏表紙でどうぞ。

センセは他にもイラストを手掛けている小説が多くあったので、これに続く単行本がまたあるかもしれません。
次も期待しております。

黒薔薇の騎士 聖帝ローザ (二次元ドリームコミックス 189)黒薔薇の騎士 聖帝ローザ (二次元ドリームコミックス 189)
(2009/09/16)
助三郎筑摩十幸

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : アリスソフ ファンタジー キルタイムコミュニケーション

■わたしたちのかえりみち (みなすきぽぷり)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: 合間に「コーヒーブレイク(※作品解説)」、
カバー裏に「その後のかえりみち。(※カラー)」、
      描き下ろし「わたしのドキドキかえりみち198X」
・その他: 短編×10(うち「わたしたちのかえりみち」×3、描き下ろしのぞく)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みなすきぽぷり」センセの「わたしたちのかえりみち」です。

久しぶりに厳しい体験をしてきました。
足がバキバキに痛むので、現在まともに階段下りれません(本当)
ただ、実に良い石仏でしたよー。
このあたりのお話はそのうち別ブログで描きますが…私も気をつけないといけないなぁ、と。

さて、今回の「みなすきぽぷり」センセはこちらが初見。
新刊「わたしたちのかえりみち」は3冊目の単行本でした。
センセには「椎木冊也」という別名義もありましたが、そちらでの単行本はないみたい。たぶん。
こちらは表題作をメインとした、↓表紙そのままロリ系単行本。
収録は穏やかでないロリ系で、”蜜色なんちゃら”でお馴染み「智沢渚優」センセらの系統。
ネタが強いため、軽いのがお好きな方は注意

マコ・杏奈・めぐみ、利央ちゃん
※左:マコ・杏奈・めぐみ、右:利央ちゃん
 なんだか足蹴にしてるみたい。最近の絵ですね。「利央ちゃん」は可愛いんですが…。

今回単行本のメイン「わたしたちのかえりみち」は3話の連続話。
近所の本屋さんにて、よくえっちな本を立ち読みしていた仲良し3人組。
付き合っている彼がいる「めぐポン」こと「めぐみ」ちゃん、本屋のお兄さんが好きな「アナちゃん」こと「杏奈」ちゃん、そして大人しい「まこぴ」こと「マコ」ちゃん。
うち、「マコちゃん」は初めて見た本にて”いままでやっていた行為が独りえっちだった”と知り、興味を刺激された彼女は皆に内緒で再び本屋へと1人出かけるのでした…。
だいたいそんな導入部。

1話目は最も知識のなかった「マコちゃん」がターゲット。
とにかく、本棚の後ろから声をかけるコマが気色悪さ全開
たった1コマで、見事に変態性をアピールしてくれました(笑)
まぁ、そんな野郎に奥へ連れて行かれたら…あーなるでしょうねー。
彼女はまた3人の中で最も大人しい雰囲気で、いかにも支配し易そうでした。
(※親に言えないでしょ)
わざと狙ったのなら、大したものでしょう
飲み物を運んできた時から、ビンビンになっていた彼が凶悪です。(わざと見せてるのね)
”こども110番の店”のステッカーが悲しいですよ。
2話目はそんな本屋のお兄さんに好意を抱いていた「杏奈ちゃん」
ちゃんと彼女を刺激し、対抗心を持たせるように仕向けているのが凄いですね。
タイプ別攻略できてます。
そんな訳で「マコちゃん」は無理矢理でしたが、こちらは自らの意思なのでした。
名前からか、なぜだか彼女のみ毎回お尻です。

そうした訳で、「めぐみちゃん」を除いて共通の秘密を持つようになった2人。
思わず怒鳴っていましたが…「マコちゃん」が打ち明けたのは意外でした。
友達だからかな。
ただ、受けた「めぐみちゃん」の解決方法はお子さま。
空手だかなんだか知りませんが、殴り飛ばしたってどーにもならんでしょ。
とある流れにて結局「めぐみちゃん」まで加わってしまうんですけど、ああした展開になるとは驚き。
また、ラスト前の「マコちゃん」、そして続くオチにはこれまたびっくりでした
なんというか、凄いお話ね。
また、描き下ろし「わたしのドキドキかえりみち198X」は本編と直接関係がありません。
なぜかブルマ姿の「美茄子木ぽぷこ」ちゃん(笑)が登場します。

「せんせいきもい」は、うっかり交換日誌を見てしまった家庭教師の先生が生徒「利央」ちゃんに脅迫されるお話。
散々悪態つかれていたので、逆襲する場面は家庭教師側を応援したくなります。
自業自得かな。
あのくらいの年齢の子供が大人を脅すという妙な構図はマスコミの伝えるそのままで、げんなりしますよ。
しかし、最後の1ページでなんとなく救われたような気持ちになっちゃうんですけれど…。
ちなみに、中扉ではカラーの「利央ちゃん」を見ることができます。
あれってその後の2人かな。
「樋口リコ」ちゃんの受難話「つくろう!たんけんちず!!」
無論、最も悪いのは男連中ですが、先の短編同様やや自業自得な感じ。
くだらん理由で地図作成をサボらないように。
ひでるさんの学校では授業であんなんなかったですけど、単独で調べるものなの?
なんだか相当危険なことさせていると思うんですが。
(※まあ、ああして顔モロ見せでそのまま襲ったりするリスクは普通やらないでしょうけど)
また、下着に名前を書くのはいいんですが…名字かなぁ。
普通なら「りこ」とするのでは。

コーヒーブレイクの2人
※おまけ:コーヒーブレイクの2人
 この2人がお気に入り

短編「くまがでるよ」は…収録中でトップクラスに読後感のやたらめったら悪い作品
ただ、描かれている女の子2人は非常にリアルでした。
危機に陥った際の人間性が出ますねー
いいと思います。
詳細についてはぜひ単行本でどうぞ。

合間の作品解説「コーヒーブレイク」より、だんだん原稿が古いものになっていきます。
「巴ちゃんよくきたね」は教師とのえっち短編。
まず、生徒を家に呼ぶ時点で彼ダメね。
部屋には”先生の恋人”を自称する「乃原」さんが既におり、ほぼ無理矢理メインヒロイン「小野巴」ちゃんがされてしまう流れです。
確かに「巴ちゃん」は好意を持っていたでしょうけれど…漫画中の台詞を引用すると「センセってやっぱりサイテーだよ」、かな。
ひでるさんは冒頭の塀越し会話部分が好きです
探偵(と言っている)「芝草みのも」ちゃんの「ひみつ探偵?みのもちゃん」
コメディーっぽい色が強く、えっちはタイトルになっている「みのもちゃん」ではなく「園川やよい」ちゃんです。
こちらも教師とのえっちでした。

巴ちゃん・乃原さん、やよいちゃん・みのもちゃん
※左:巴ちゃん・乃原さん、右:やよいちゃん・みのもちゃん
 古い絵はこんな感じ。「やよいちゃん」のがヒロインしてるんですね。

植物と会話をする「織葉」ちゃんの短編「か・だ・ん」
あれは…いちおう受け入れたと見ていいのかな。
「慧子」ちゃんと近所のお兄ちゃんの短編「部屋を明るくして…画面から離れて観ようね!」
こちらの彼も穏やかな顔から一転して暴走するタイプ
収録の男性ってこんなんばかりですね(笑)
「か・だ・ん」と違って同意はなく、コスプレえっちされていました。

強い線のすっきり絵柄。
黒は目立つものの、濃淡はさほどでもありません。
ただし、かなーりごっちゃりと描かれる方なので、結果としてページは濃厚。
大小・変形コマも多めです。
また、かなり原稿時期には差があり、全体は不安定。
1999年の「みのもちゃん」を筆頭に、「部屋を明るくして」と「か・だ・ん」は2000年、01年「巴ちゃん」、05年「くまがでるよ」など。(※その他は最近です)
約半分くらいが古い原稿になっています
やはり最近の洗練されたものと比べてしまうともっさり重く、バランスも良くありません。
ロリ系で傾き具合の大きいネタですが、絵にもそんなんが反映されています
かなり人を選ぶと思います。
軽いロリ好きな方はちょっと慎重になった方がいいかもしれません。

どーでもいいですが、「コーヒーブレイク」の2人が可愛いです。
たった2コマだけなんですが、妙なまで印象に残りました。

わたしたちのかえりみち (メガストアコミックスシリーズ No. 231)わたしたちのかえりみち (メガストアコミックスシリーズ No. 231)
(2009/09/19)
みなすきぽぷり

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コスプレ コメディー

■おたくのメガミさん (彩画堂)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 眼鏡・即えっち
・おまけ: あとがき。
・その他: 9話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「彩画堂(さいがどう)」センセの「おたくのメガミさん 1巻」です。

ちょっとスペースをお借りして。
2巻の発売された「おとまりHONEY/みづきたけひと」について少々。
センセ独特なほんわり感覚で、今回も(いい意味で)ゆるゆるとした展開でした。
ドラマCDも出るそうですし、この分だとそのうちアニメ化されそうですね。
ただ、確かに面白いんですが、ひでるさん的にはやや寸止めが長くなってきた印象。
3巻も大きく変化はないでしょうけれど、まったく同じ調子だと微妙かなぁ。

おとまりHONEY 2 (チャンピオンREDコミックス)おとまりHONEY 2 (チャンピオンREDコミックス)
(2009/08/20)
みづき たけひと

商品詳細を見る


さて、本日は「ハナさんの休日」、「派遣のむうこさん」、「ボクの成年貢献人」などを紹介しております「彩画堂」センセです。
新刊「おたくのメガミさん」はたぶん7冊目くらいの単行本。
一般系のえっち漫画で、やはり巻数をまたぐ長編ストーリーになっていました。

眼鏡の地味目な女性「大宅メガミ」さんは「早瀬大学」の1年生。
田舎から東京に出て、念願のアパート暮らしとなりました。
部屋探しのためルームシェアに登録していた彼女は、月2万という格安物件を発見。
そちらに引っ越すこととしたんですが…同居人は立ち会った女性ではなく、彼女の弟「小笠原夏海」だったのです。
大雑把にはそんな感じ。

相変わらずの即えっちテイストでした
えー、ファンの方、お好きな方はごめんなさい。
絵柄はともかく、ストーリーについてはひでるさんあまり相性が良くありません。
コメディーとも違う、軽いお話の漫画。
良く言えば、おそらく読者がセンセに求めているそのままを形にしたようなもの。
個人的には「ハナさんの休日」、「派遣のむうこさん」などの過去作品とほぼ同じ。
キャラが異なるだけ
色々なシチュエーションにて、「メガミさん」がえっち体験していくというもの。
コレというジャンルがない、特定し辛いというのも、変化のなさに繋がっていると思います
もっとコスプレとかさせてもいいのではないかなぁ。

比較用「メガミさん」
※比較用「メガミさん」
 左が普通の原稿、右がカラーの白黒ページです。

そんなんはセンセの意思というより、”大人の事情”が大きく影響しているのかもしれません。
雑誌連載なので、ぱっと1話だけ見られても概ね大丈夫、という想定なのかな。
そんな訳で、1冊の単行本になってしまうと弱い。
短編とは違う、連続話ならではという長所があまり見えません。
それぞれエピソードは普通なんですけどねー。

いきなり色々と書きましたが、決して悪い訳ではありません
正直、前シリーズ「派遣のむうこさん」より冒頭・漫画部分の落差も少なく、読み易く感じました。
えっち目的で、ぺらぺらと読むのが最適なのかも。
(※そう考えると、一般えっち漫画としての役割は十二分に果たしてる)
ひでるさんはお話も重視したいので、合致しないんですねー。

発端となる1話目は独りえっち~同居人「夏海くん」とのえっち。
初めて独り暮らしをしたら…やっぱりあんなものでしょう(笑)
「夏海くん」の乱入部分はやや強引。
(※異性の同居人が隣でえっちしているような状況なのだから、覗いたまましちゃうのでなければ普通はしっかり確認する筈)
ただ、ページ数もないので仕方ないと思います。
電車内での2話目。
うん、「メガミさん」はいかにも狙われそうな容姿ですね。
助けられたのもつかの間、続きを「夏海くん」が行ってしまうという、”ミイラ取りがミイラ”なパターン。
よくありがちな、絶対に気付かれているだろう電車内えっちが展開されていました。
しかし…「メガミさん」両手そこそこ自由だったのに、まるで抵抗してませんね(笑)

3話目は飲み会後の野外えっち。
気になるのは、1コマあった、学生時代の描写
後半8話でも同級生に胸を狙われて(触られて)いましたが、見逃しがたい感覚です。
じっくり見てみたいですねー。
えっち相手は、どこにでも登場する「夏海くん」
ちょっとびっくり。
ここまでは、全て「夏海くん」とのえっちでした。
今回はカップル固定するのかなー、と思っていましたが…ソレに慣れたのか、お話進むうち「メガミさん」は誰彼構わずえっちするようになってしまいました。
今まで通り、即えっちです。
もともと興味津々だったようなので、彼に扉を開かれたという感じですかね。

巨乳な「メガミさん」
※巨乳な「メガミさん」
 地味な割に素敵な大きさなのでした。

そんな訳で、えっち店にて出会った男の子の筆おろしな4話目、エロ水着な5話目は「ヒガシ」くん。
彼とは6話目冒頭部分でもしておりました。
(※メインはやっぱり神出鬼没な「夏海くん」です。これまた意外なトコにいます)
7話目は本屋にて出会った男性で、完全に見ず知らず。
なるほど、タイトル通りモテない男性のえっち相手となっていくのかなぁ…とか思いましたが、8話目は田舎の同級生が相手だったので、その予想も破綻。
収録のラスト9話目は基本に戻ってまたまた「夏海くん」
性格に関しては、当初よりだいぶこざっぱりになっていました。

乱れない線の絵柄。
雰囲気(以前)と違い、かなりすっきりとした印象です。
前述したように、冒頭4ページ(※カラーの白黒ページとしたもの)から、普通の白黒絵という落差もさほど気になりません。
全体的なバランスも良く、作画面ではこれまでの単行本でもっとも優れていると思います
多少癖があるのは相変わらずですが、昔と比べてかなりソフト。
現在のが万人受けするでしょう。
漫画中には他作品キャラも登場しているので、ずっと読んできた方には嬉しい仕様です。

あとがきによると、”地味で大きな女の子”という設定があるようです。
”地味”はともかく、”大きな”は極端でない限り見た目に分かり辛いです。
あるいは「かぼちゃワイン」方式で、隣にやたら小さいキャラを並べるとか…。
1巻を見ましたが、あまり生かされてはいないようでした。

おたくのメガミさん 1 (アクションコミックス)おたくのメガミさん 1 (アクションコミックス)
(2009/09/12)
彩画堂

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー コスプレ

■ふにぷにデイズ (歌麿)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・陵辱
・おまけ: あとがき・作品解説、カバー裏に別絵・4コマ、
      折り返しに4コマ、描き下ろし「rape of the しょくしゅ」
・その他: 短編×9(うち「部長さんシリーズ」×3、「日和さんシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「歌麿(うたまろ)」センセの「ふにぷにデイズ」です。



少しこの場をお借りします。
ニュースなどで衝撃を受けた方も多いでしょう、山中の遺体が「臼井儀人」センセと確認されてしまいました。

◆遺体は「クレヨンしんちゃん」作者の臼井さん
[2009.9.20] 産経ニュースより抜粋

群馬県警が20日、群馬・長野県境の荒船山(1422・5メートル)から収容した遺体は、行方不明となっていた漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さん(51)=本名・臼井義人=と判明した。同県警下仁田署で歯型から確認された。
---------------------------------------------------- 。。。

ひでるさんは頻繁に見ていた訳ではないですが、何度か漫画を読んでいました。
アニメなどから人気も出ていただけに、残念です。
ご冥福をお祈りいたします。




本来の文に戻ります。
毎度お馴染み「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本。
「ふにぷにデイズ」です。
「歌麿」センセ2冊目ですね。
同時発売の「黒薔薇の騎士」もゲットしているんですが、HPでチェックしてから気になっていたのはこちらでした。
↓表紙ほかサンプル原稿が好みな感じだったのよ。
ああした定番の触手ネタほか魔法少女もありましたが、現代劇が多く全体的にはそれっぽくない漫画集
どこに期待するかで、評価は変わってしまうかもしれません。

部長、柳瀬日和
※左:「部長さん」、右:「柳瀬日和」お姉ちゃん
 この「部長さん」シリーズがなかなか良かったです。

↓表紙の彼女が登場する単行本のメイン、「rape of the dead」、「rape of the survival」の2話。
描き下ろし「rape of the しょくしゅ」を含めたシリーズとなっています。
基本的には、制服姿のヒロイン”部長さん”とその相棒”メガネくん”が極限状態で戦い、えっちされちゃうお話。
特に細かな説明なく、また同キャラであるもののそれぞれに繋がりはありません
キルタイムコミュニケーション」さんの漫画では王道である、いわゆる剣と魔法のファンタジー系統の変形パターンですね。
「rape of the dead」は学園内でゾンビの群れに襲われるパターン。
よく普通の漫画だと、ゾンビは知り合いの生徒だったりして殺すのをためらうものですが、こちらは某ゲームのようにバタバタとなぎ倒しておりました。
どさくさ紛れなメガネくんがいい感じ。
(※その行動がため、ピンチになってました)
ラストのアレはお約束でしたけど、オチが今一つだったのが非常に残念。

「rape of the survival」は南の孤島(※どうやら夏休み中)で原住民とその守護神が相手。
前回は巨大な剣でしたが、こちらはナイフ。
襲ってくるとはいえ単なる人間なんですが、部長さんは躊躇なく撃退しておりました。
やっぱり捕まるのは前回と同様。
ただしえっちシーンとなると別で、ある意味本能だけのゾンビとは一味違った動きを見せています
後半に出てくる守護神(男性器のバケモノ)がまたいい感じで、ハードでこゆい描写が展開されていました。
しかし、またメガネくんと2人だけなんですねー。
普段はなにげに良い関係なのかも。
描き下ろし「rape of the しょくしゅ」は、洞窟探検でのタコ型怪物(ヘプタパス)でした。
やっぱり1話くらいは欲しかった、念願(?)の触手ネタです
口からお尻、果ては乳腺に産卵と、8ページにしてやたら濃厚なシチュエーションでした。
パターン同一の単純な話ではあったものの王道で勢いもあったため、なかなか良い漫画に仕上がっていました
強調はされていませんが、ぼってりお腹な絵は人を選ぶので注意。
逆にお好きな方は、もうちょっと見たいと感じるかもしれません。

「諏訪辰巳」くんと近所のお姉ちゃん「柳瀬日和」さんのコメディーえっち話「日和デイズ」と続編「日和デイズ アンビバレンツ!」
キルタイムさんっぽい描写はなく、収録では人妻・お祭りえっち話「Kiss in the Clouds」と共に普通な感じ。…まぁ、普通っぽいということで。
カニを食べるため、自転車で北海道まで向かう「日和さん」
そんな彼女に毎度の如く付き合わされた「辰巳くん」
せっかく北海道ということでプールのある温泉に誘ったんですが、なぜか慌てた感じの彼女に拒否されてしまいました。
実は水着姿を恥ずかしがっていた「日和さん」
普段はサラシで隠しているという胸は、水着が意味のないほどの巨乳だったのです。

確かに大きさはありましたが…あれは着てる水着がエロっちーためでしょ。
はっきり言って全裸よりもいやらしく、家の敷地内とはいえ野外えっちをしておりました。
実際、ちらほらと親にちょっかいを出され、そんなんがコメディーしております。
また、「日和さん」はパイパンだったので、お好きな方にはいいでしょう。
(※「歌麿」センセは基本アンダーヘアを描かれる方なんですが)
2話目は打って変わって学園話。
自転車で北海道の次は、思い付きから「辰巳くん」の臨時教師となっていました。
学園内でも好き勝手に振舞っており、異なる科目を1~3限まで1人で担当したほか、授業では彼ばっかり指していました。
この人なんなんだろ(笑)
漫画はおカタイ教師「氷室さつき」さんとのWヒロインっぽくなっており、授業中ほか屋上でのえっちです。
やはり彼女の豹変っぷりが見どころでしょう。
もくじ担当が「日和さん」なんですけど、背景の黒板にも注目下さい。
冒頭のコマにて見破っていた母親もなにげに凄い。

「ヴィクセン」・「コメット」、魔法処女「チェスティリア」
※左:「ヴィクセン」・「コメット」、右:魔法処女「チェスティリア」
 このサンタ殺し屋な2人のコンビは再登場してほしいです。

魔法少女モノ「魔法処女チェスティリア」もコメディーちっく。
”魔法”を冠としたキャラが肉弾戦を挑むのは、こうした漫画のお約束。
タイトルになっているように処女がポイントで、変身後の豊満な「チェスティリア」とのえっちから、それが解けた後には流れのまま「美沙緒」さんとのえっちもありました。
こちらは貧乳で、服装の変化がないのが嬉しいですね。
オチまでよくまとまっております。

「ジギタリス」、「RING A KILL!」はどちらも現代・殺し屋なネタ。
うち「ジギタリス」は有能な主人公「ギフト」さんが裏切られてしまう流れ。
黒い下着がセクシーな彼女は裏表紙にSDで描かれています。
そのお隣にいる「パフューム」さんは漫画内でもほぼあんな感じで可愛いんですが、お話の展開からえっちなし。
しかし、「シュネル」は…ちょっと迂闊でしたね。
ある程度彼女の手法は知っていた筈なのに。
(※それが2流たるゆえんかもしれませんが)
お仕置きをする黒いサンタ「ヴィクセン」、「コメット」のWヒロイン「RING A KILL!」
お話としてはやや中途半端でぼんやりした感じ。
もしかして続きとかあるのかな。
女性サンタの暗殺集団とか、登場の2人はなかなかいい感じだったので、細かく設定つけて中編くらいで描いてほしいですね
的良みらん」センセの漫画みたいになりそうでした。

綺麗な細線の絵柄。
濃淡は適度なくらい…か、やや薄め。
コマ割りは大きめで、やや変形コマが多めでした。
ジャンルもあってかなりごっちゃりと描かれていましたが、線が大きく乱れることのないためさほど見辛さはありません。
バランスも良く、安定感があります。
巧い方でした。
収録では「Kiss in the Clouds」が最も古いらしく、センセ曰く「目をおおいたい」とのことでしたが、それほど落差はありません。
縦長な輪郭で、鼻・横顔に特徴があります。
キャラの感じ(顔)は、なんとなく「中島零」センセちっく。
…なんとなくねー。
読んでいる際にふとそう思いました。

成年漫画必須のえっちシーンがためかばっさりとしたストーリーで、練られていないのがやや残念なところ。
良質な絵柄と個性を感じる独特な設定などは目立っていたので、しっかりとした連続話が見たいです。

ふにぷにデイズ (二次元ドリームコミックス 188)ふにぷにデイズ (二次元ドリームコミックス 188)
(2009/09/16)
歌麿

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : キルタイムコミュニケーション コメディー ファンタジー 魔法少女 アンダーヘア

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。