FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■”めがもり”みるき~ぱい (あべもりおか)

★まんがデーター  [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・複数
・おまけ: あとがき・作品解説、修正あり、
      カバー裏に別カット絵。
・その他: カラー(6P)、短編×7。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あべもりおか」センセの「”めがもり”みるき~ぱい」です。

あの↓表紙で、なんとなく名作「バトルスキンパニック」を思い出していたひでるさん。
…知ってる人だけ伝わればいいです(笑)

さて、こちらは「あべもりおか」センセの2冊目くらいの単行本。
センセの漫画はこの「”めがもり”みるき~ぱい」が初見でしたが、おおむね↓表紙・裏表紙そのまま。
タイトルは可愛らしいものでしたが、内容はなかなかハード目なのです。

神原あやね、弁財天
※左:神原あやね、右:弁財天
 こんな雰囲気から…「あやねさん」は想像もできないような展開をむかえるのです。

幼馴染み「カズヤ」くんを照れ隠しで”下僕で奴隷”と言っている「神原あやね」さん。
誕生日プレゼントを渡したことを切っ掛けに告白され、めでたく付き合うこととなったのです。
さっそく初デート…と、連れて行かれた先はなんと夜の学校。
そこには「ひろみ」先生ほか、友人の「登喜子」、「珠稀」までおり…という「御主人様は雌奴隷」

カラー原稿のある、複数プレイ話。
結果的に受け入れたから良いものの、あんな特殊な趣味があるなら先に言わないとー。
何も知らされぬまま連れてこられた、「あやねさん」がいきなり前後でされてしまう前半部分は非常にえっちでした。
センセの濃い絵柄もあって、その際の「カズヤくん」がヤバい。
コイツ変態だ(笑)
豊かなスタイルとエロ下着な「ひろみ」先生ほか、眼鏡で優等生っぽい「登喜子」さん、ツインテールでロリロリな「珠稀さん」など、メイン「あやねさん」を囲むヒロインらも魅力的です。
特に、クライマックス付近の見開き・ぶち抜きの縦絵は迫力満点。
これは凄い。
横の見開きは何度も見ますが、縦に使うアイデアに驚きました。
複数プレイが映えますね。

売れない漫画家「木島健」
ネットオークションにて、”願いを聞き届ける権利”という怪しい商品を落札したのです。
「0円即決早い者勝ち。落札された方からはかわりに縁を頂きます」
気軽にクリックしてしまったものの、そんな怪しい文句にキャンセルしようとしていると…。
勝手に動いたプリンタ出力した絵から、出品者である「弁財天」が姿を現したのでした。
だいたいそんな感じが「縁は異なもの?」という短編。

神様な漫画ですね。
弁財天は確かに技芸も対応するんですが、漫画も描けるようになるのか。いいなぁ。
そんな彼女とえっちするのは当然の流れと思いますが、オチも非常に良かったです。
江ノ島弁天とか嫉妬することで有名ですからねー。
(※カップルで立ち寄ると、弁天さまが嫉妬して別れさせるんだって)
そんなん思い出しました。
また、画面から直接ではなく、印刷された絵から登場する演出がなかなか良かったです。

美紀、由美、茜
※左から、美紀、由美、茜
 実はどちらも近親系なのです。

田舎の川へ水遊びにきた、「啓太」とその姉「由美」、「英一」とその妹「美紀」という4名。
妖怪の狐「つきちゃん」と狸「ぽんちゃん」は彼らを追い出すべく、「由美さん」「美紀ちゃん」に憑依するのでした。
そんなんが短編「とりつき・ゴメン」

狐とか狸が目立ちますが、なにげに近親系な漫画でした。
最も難しい切っ掛け部分を他に求めることで、自然にえっちへと展開しております。
身体が戻った際のそれぞれリアクションが異なるのが可笑しいですね。
しかもあれは…「マッハバロン」じゃーないですか。懐かしいなぁ。
なお、属性的にはなんちゃら耳という色もありました。
2人で裏表紙を飾っているので、そちらを参考にどうぞ。

↓表紙を飾る「アオイ」、「モモコ」、「ミドリ」という3名の「せめ☆どり」
こちらはライダースーツ・コスプレのえっち話。
センセの予想以上にアンケート良かったそうですが、これは女の子のスーツ姿が刺さった結果でしょうね。
ラストで放尿があるなど、メインの「アオイさん」が終始良い感じでした。

モモコ、ミドリ、アオイ
※左からモモコ、ミドリ、アオイ
 こんなんですよ。センセはバイクがお好きなんでしょうねー。

両親を亡くした姉「由紀江」、弟「ケンスケ」の2人。
従姉で教師の「茜」は何かと気にかけていたのでした。
しかし、学校をサボルようになった「ケンスケくん」を心配して、家を訪ねてみると…という「しぇいく・ひっぷ」
なかなか大変なことになる調教話。
むちむちなパンスト描写から拘束に各種アイテムなど、なかなかエグい絵が描かれております
タイトルそのまま「茜さん」のお尻がいい感じでした。

探偵事務所の所長「佐倉美咲」はちょっとした隙をつかれ、刑事時代からの逆恨みがあった「薔薇のマリィ」に捕まってしまったのでした…という「Wake up call」
1コマだけあった、必要以上な「マリィ」の拷問描写が実に痛そうです。
目を背けたくなりますねー。
本編のハードさを、穏やかなオチ部分で中和しておりました
ラストがあんなんなるとは、ちとびっくり。

強い線の濃い絵柄。
色としてはそれほどでもないですが、ごっちゃり賑やかな描き方と擬音がため、コテコテしているのです。
野郎の顔も濃い目なら、アンダーヘアも濃い目なのでした。
うふふ、好き嫌い分かれるだろうなぁ(笑)
絵柄・お話どちらも、「80年代の雰囲気」とセンセ自身が言っているそのままですね。
言葉にし辛いんですが…大袈裟というか派手というか、パタパタと独特なものがありました。
前述した「御主人様は雌奴隷」の見開き縦ほか、見開きではないものの「とりつき・ゴメン」・「せめ☆どり」・「Wake up call」などの縦(横)ぶちぬき1ページなど、大ゴマが良かったです。
勢いを感じます。
↑上にも色々と書いてきましたが、ちょっとネタが偏っていると思います。
個性的でいいんですけど、得意でない方もいるでしょう。
そんな点でも注意が必要。
なお、収録では「もう一度好きと言わせて」だけ05年と極端に時期の古い原稿でした。

めがもりみるき~ぱい

めがもりみるき~ぱい (セラフィンコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : バトルスキンパニック アンダーヘア コスプレ

■恋降る夜の物語 (みつや)

★まんがデーター  [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 物語・むっちり
・おまけ: あとがき。
・その他: オリジナルポートレート封入、カラー(4P)、
      短編×8(うち「炎蝶」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みつや」センセの「恋降る夜の物語  ~Tales of Love falls Night~」です。

えー、いろいろあって時間がないので、早速はじめます。

過去に「萌乳☆」を紹介している「みつや」センセ。
こちら「恋降る夜の物語」は、一般えっち系の単行本です。
通算3冊目のこちら。
収録は1話が前後編、他は短編という構成になっておりました。

本条あすか、谷木まり
※左:本条あすか、右:谷木まり
 実に踊り辛そうな大きさです。…いいですね。

戦国時代から続く、旧家の藤代家と本条家。
毎年一人づつ踊り手を輩出し、舞を奉納しておりました。
男役と女役のある「結びの舞」
小さい頃から覚えが早かった「本条あすか」は「藤代清十郎」の相手になると確信しておりましたが…後継者として選ばれたのは弟「本条七雲」だったのです。
…という、前後編の連続話「炎蝶」

なかなか見られない演舞話です。
カラーページもあって、良い感じでした。
お話の詳細については伏せますが、実際にもああいった裏っぽい、闇に包まれた真実みたいなものはあるのかなーって思います。
もともと踊る資格ない「あすかさん」に稽古をつけていたのがちと疑問ですが…まぁいいか。
和風テイスト溢れる話で、和服と彼女のむちむちと豊かなスタイルがいい感じ。
踊るのに邪魔そうです(笑)
親族の目前で~という流れも良かったんですが…ただ、あの蝶のマスクは…どうよ。
ちなみに、もくじに「あすかさん」のイラストがあったんですけど、小さいサイズがもったいないくらい良かったです。

人気マジシャン「谷木まり」は三年前の失敗により、灼熱地獄マジックがトラウマになっていました。
アシスタント「リョウ」はそれを克服することにこだわり、彼女に再挑戦をもちかけるのでした。
だいたいそんなんが「二人のステージ」

いちおう他のマジックは問題ないようだったので…わざわざそれやらなくてもいいのでは?
なお、脱出自体は失敗していなかったので、ショーをやる人間ならあの程度のトラブルは巧く誤魔化してほしいところでした。
そういった意味では、「リョウくん」の言うようにやる意味あるかも。
またどーでもいいですが、スタッフ待たせたままえろい事しないように(笑)
失礼でしょう。

ユニークな作戦とセクシーな衣装で”盗めない物はない”という怪盗「キャッチ・ミー」
高額の宝石を狙う彼女は、数千億という”クリオパトラの冠”を予告してきたのです。
名探偵「ホリコシ」はそれを阻止するべく現場へ向かうんですが…という「怪盗キャッチ・ミー!」

怪盗キャッチ・ミー、篠原あや
※左:怪盗キャッチ・ミー、右:篠原あや
 「キャッチ・ミー」はいいんですが…「ホリコシ」はもっと普通の格好のが良くないかな。

まぁね、頭脳・推理勝負がメインでないというのは分かっているんですが…もうちょっと何とかしてほしかったというのが正直な感想
だいたい、「ホリコシ」も名探偵とか言いながら、あっさり色気に騙されてたりして(笑)
えっちに持ち込む展開も、他にもっと良いパターンがあったと思います。
設定としては「キャッツアイ」的で好きなので、もうちょっとじっくり描いてくれたら、面白くなったかなぁ。
非常に惜しいです。
闘技場で闘う「エリーナ」さんの「グラディエーター」もそんな感じ。
もうちょっと重々しさがほしいですね。

14歳でデビューした恋愛小説家「水藤恋」の担当になった新入社員「鮎川真人」というカップリングの「恋愛小説家」
こちらも展開が早いです。
流れからオチまで、うーん…という感じ。
コメディーになっているのならいいんですけどねー。
お手伝い「都」さんもちゃんと脱いでいたのは良かったですが。

収録でコメディーは、「ラブラブ・サプリ」、「ゴールドフィンガー」ですね。
「ラブラブ・サプリ」は店員「篠原あや」と客「五郎」のラブラブ。
「あやさん」は誤って1000個注文してしまったラブナミンXをさばくべく、身体を張るのでした…。
えー、そんな危うい店員に発注を任せる責任者がダメ。
偶然売れたのはいいですが…えろいことしてないでレジ手伝いなさいよ。
ホームステイ「サンディー」と「コタロウ」の「ゴールドフィンガー」
こちらはよりテンションのより高い、おバカ話でした。
収録中ではもっとも軽く、はっちゃけてるかなぁ。

しっかりとした曲線の絵柄。
色は濃くなく、全体的にはすっきり目です。
ゆったりとした曲線とトーン処理などもあって、かなりむっちりとした感じでした。
くりくりっとした目とぽってり唇の可愛らしいキャラ絵。
軽い雰囲気はラブコメにはいいですが、ストーリーが真面目な場合はやや厳しいです。

あとがきによると、物語風としてまとめた単行本とのこと。
ページ制限もあるんでしょうけれど、肝心のお話面がイマイチなのは…。
とりあえずセンセのHPには詳細な紹介があったので、参考に良いでしょう。

恋降る夜の物語

恋降る夜の物語 (ヤングコミックコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 戦国時代 コメディー ラブコメ

■ちっちゃな秘穴 (にゃんこMIC)

★まんがデーター  [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: カバー裏は文言変化、
      描き下ろし漫画「ちっちゃな秘穴」
・その他: カラー(4P)、
      短編×12(うち「はじめての制服」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「にゃんこMIC」センセの「ちっちゃな秘穴」です。

たぶん、どこかで見たような気もしますが、単行本には心当たりなく。
まぁ、いいか。
たぶん9冊目くらいの単行本は「ちっちゃな秘穴」です。
いちおうくくりとしてはロリの短編集になるんでしょうけれど、ほとんどのヒロインが大人の階段のぼるぎりぎりくらい。
瀬戸際なんですね
そうした、寸前あたりが好みな場合は直撃コースでしょう。
属性としても、貧乳で考えた方が良いかもしれません。

モモちゃん、紗奈ちゃん
※左:モモちゃん、右:紗奈ちゃん
 いかにも美少女という容姿な「紗奈ちゃん」です。この扉絵はいいですね。

「吉宏」くんはちょっとした好奇心から、従妹「モモ」ちゃんとえっちなことをしようとしたんですが…初めてのことで果たせず、し損なっていたのです。
それから4年後、一族総出の温泉旅行で再会した2人は…という「4年越しの想いは…」

まぁ、ギクシャクするでしょうね。
貸し切り岩風呂でのえっちで、4年経過しているにもかかわらずロリロリしたままの「モモちゃん」が素敵。
いちおう、大きくなっているそうですが。
ところで、気になったことがひとつ。
ちょうど20ページのところですが、えっち開始で…「モモっ!!」とか言って押し倒すシーンがあるんですけど…ダン!という擬音が付くくらいの勢いなんですね
…岩風呂で
痛いよ、吉兄ちゃん(笑)

最近大人っぽくなったって言われるの」という、オマせな従妹「紗奈」ちゃんと「進」くんの「こたつむりん」
積極的で「紗奈ちゃん」はいいですねー。
実はのーぱんで驚くコマがあるんですが、大コマの割に微妙な絵でした。
…あれは前半のメイン部分なので、丸見え状態にするとか、もっと分かり良くしてほしかったなぁ
(※出版社的にNGとかかな?)
また、タイトルにもなっている、こたつの活用がほとんどなかったのもやや肩透かしでした。
あれは中でごそごそするところが刺さるのに。

収録カップルで目立っていたのは、教師・生徒という学園モノ。
唯一の連続話「はじめての制服」もそっち系。
隣に住む「みおな」ちゃんは春から中学生となり、慕う「奥井」くんに制服を見せびらかしに来ました。
しかし、午後なのにまだ寝たままで…という、寝起きを襲われる1話目。
制服見せに来るというお約束イベントです。
寝起き時としたことで、ある程度自然(?)にえっちへ流れていました。
起きたてにずりずりと密着されたら、そりゃ…ねぇ…。
いつの間にか下着がズレているなど突っ込み所もありましたが、まぁ気にせずいきましょう。
終始ラブラブでいいんですが…春からは教師・生徒という関係の2人だったのです
そんな訳で、2話目は入学後のエピソード。
同じ学校というだけでなく、なんと「みおなちゃん」の担任になってしまった「奥井くん」
変わらず関係は続いているんですが、教師・生徒のどちらからも人気あり、いつでも取り巻きがいる彼に嫉妬した「みおなちゃん」は…という流れ。
脅してましたねー。
上半身だけ脱いだ制服姿がポイント。
控え目な胸とツーサイドアップな髪型が目立っておりました。
ラストは可愛く終わっていましたが、これからもやきもきさせられる毎日が続くんだろうなぁ
なお、担任教師「向井」と生徒「ひな」ちゃんの「ひなはご機嫌ナナメ!!」もそちらと似た感じ。
ちょっとしたアプローチの違いを楽しんでください。

大屋さん、紗奈ちゃん
※左:大屋さん、右:紗奈ちゃん
 なんと、立ちションのある「大屋さん」です。

男子に交じって遊び、対等に喧嘩もする女の子「大屋」さん。
ある日、男子トイレで彼女を見かけ…という「男の子だもん!」
思春期で性別の違いに戸惑う女の子の短編ですね。
これから女になっていくんだなぁ…と、しみじみする(かもしれない)良作品。
無防備にがばっと開いたりして、色々と素敵なシチュエーションでした
ただ…あの場面でえろい事するのは最低。
だめじゃん先生(笑)
とけそ~」じゃないでしょーに。

そちらの教師もそうでしたが、意志弱いなーという印象が強い「居残り+居残りレッスン」
記録会の代表に選出された「内村紗絵」ちゃん。
しかし、まだ10メートルしか泳げず、居残りで特訓することとなったのでした。
こちらは競泳水着と放尿ネタ。
先の短編と同じく、間近でモロに見てしまった教師が流れで…というパターン。
ちゃんと普通の対処をしてあげて下さい。

ほか、あの誘い方はヤバいなぁ…といういちおう優等生な「亜子」さんの「少女の上手な飼い方」
近所で声掛けるというのも、「亜子さん」どうかと思いますよー。
酔っ払った「唯ちゃん」との「お股のチンコでえっちしよ」、収録ではかなり異質な魔法漫画「魔法少年×魔法少女」は触手モノ、2ページの描き下ろし「ちっちゃな秘穴」は座薬ネタでした。

強い線のすっきりとした絵柄。
画面の白比率が高く、濃淡は適度なくらい。
たまに差し込まれている、枠の隙間がない連続コマが特徴です。
キャラ絵は縦横大きな目と極端でない程度のスタイルです。
こちらは基本的にロリで集められた単行本ですが、あまりその傾向が強い訳ではありません。
そんな訳で前述したように、どちらかというと貧乳なのでした。
収録では「THE Last Birthday」の原稿だけ極端に古いようですが、他は06~08年と安定傾向。
ちなみに、収録ではそちらだけブラックネタでした。
なんとなーく「影乃いりす」センセと雰囲気似てるかなー、とか読んでいる時に思いました。
並べると全然違うんですけどね。

癖は強めだと思います。
↓表紙・裏表紙のカラーはまた雰囲気違っているので、紹介帯裏面のわずかに見えるカット絵が参考になるでしょう。

ちっちゃな秘穴

ちっちゃな秘穴 (SANWA COMICS No.)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツーサイドアップ 競泳水着

■むちプリ (有馬侭)

★まんがデーター  [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・むちむち
・おまけ: あとがき。
・その他: 初単行本、カラー(10P)、
      短編×10(うち「アキラさんシリーズ」×5、
      「H!の後にはI、NG!?」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「有馬侭(ありま・じん)」センセの「むちプリ」です。

漫画好きな皆様、月末の購入お疲れ様でした。
ひでるさんは…温泉ガイド本「混浴温泉」がえろいと聞き、思わず通販してしまいました(笑)
なるほど、確かにちゃんとしたカイドも書かれているんですが、写真モデルが異常なまでに良い感じ。
タオルが透けている方から、手だけで隠している方。
さらにはお尻・バストトップがしっかり見えている方までおりました。
へーこんなんもあるんだなーと、目から鱗です。
温泉・女性の組み合わせが刺さる人は注目かもしれません。

トキメキ混浴温泉―関東周辺・東日本編 究極の極楽湯!トキメキ混浴温泉―関東周辺・東日本編 究極の極楽湯!
(2009/02)
大黒 敬太

商品詳細を見る

※こんなん。

…以上、漫画とはまっったく関係ない話を書いてしまいました。ごめんなさい。
だって感動(うそ)したんだもん。

えー、本題は「有馬侭」センセの初単行本「むちプリ」です。
タイトルそのまま、むちむちなヒロインとのラブラブえっちですね。
こちらも非常に好み路線です。
さっそくいきましょう。

冒頭からの「どしゃぶりデイドリーム」「スタディすてでぃ」「スキップステップえすけーぷ」「ビーストらいくスイートらいふ」「エンカウントれあきゃっと」…という5話はタイトル異なる連続話。
こちらが単行本のメインで、収録では代表的な漫画です。
「アキラ」さん、「ナオト」くんのベタベタ・あまあまなラブコメです。

中心となるストーリーは特になく、オムニバス・様々なシチュエーションにてラブえっちが展開される流れ
登場人物も2人だけに絞っております。
基本的な設定は特に提示されてはおりませんが、各話で少しづつ2人の背景が見えてきます。
有名大学生の「ナオトくん」
家庭教師のバイトをしてるもののあまり金回りは良くない様子。
その彼女「アキラさん」は受験を控えた高校生です。
彼の合鍵を所持するくらいの仲で、なんのかんの言いながら惚れた弱みでえっちな要求に従っていました。
ややツンデレっぽい娘さんで、現在はほぼデレデレ状態。
AVに嫉妬したりしております。
…そんなカップルの漫画なんですね。

アキラさん
※アキラさん、2パターン。
 むちむちです。眼鏡もいいですねー。

冒頭話「どしゃぶりデイドリーム」はいきなり濡れた制服で、むちむち具合が堪能できます
突然の雨によって、びしょ濡れにされた「アキラさん」が彼の家を訪ねるんです。
タオルを探す際にもお尻突き出したりなんかしており、「ナオトくん」の反応は至極真っ当。
いじわる、じゃーないのですよ。
眼鏡な「アキラさん」が可愛い2話目「スタディすてでぃ」
実はおりこうさんだった「ナオトくん」に勉強を教えてもらうんですが…その指導料として、胸を揉むことを要求されたのでした。
最初からラストまで、2人のラブラブっぷりにお腹いっぱいです。
”服は着たままでも~ブラは外してね”の台詞がいいですねー。
その案に賛成です。
素直に従ってしまう「アキラさん」なのでした。
1ページ目に、ブラだけをごそごそと脱ぐシーンがあるんですが…ひでるさん、こんなんも大好きです。

これまたあまーい短編「スキップステップえすけーぷ」
夏季講習中であった「アキラさん」を無理やり遊びへ連れ出す流れ。
うん、「ナオトくん」は色々と気が利いてますね。
強めな性格っぽい「アキラさん」が、あそこまでメロメロになっているのも納得です。
途中の笑顔のコマは大きくないものの、妙なまでに印象的でした。
ちゃっかりHな下着も購入しており、えっちはそんな姿でのプレイ。
ラストの一言もいいなぁ
カラー原稿のある「ビーストらいくスイートらいふ」
そちら部分では制服えっち、中盤からはとある理由で全裸・Yシャツという姿になってしまう「アキラさん」なのでした。
後述しますが、「彼と彼女の方程式」に出演の「亮」くん同様、「狼メーター」が発動しております。
女の子のYシャツ姿はなにゆえあそこまで魅力的なんでしょうかねぇ。
収録ではラストとなる「エンカウントれあきゃっと」
眼鏡にスクール水着で頭は猫耳という「アキラさん」に首輪をつけ、さらに拘束までしてしまう、キーワード盛りだくさんな短編。
途中からはアイテムまで使っていました。
いつ揃えたのか知りませんが、レアDVDと言い「ナオトくん」はタダ者ではありません。
…と、そんな感じで特にきっちり終わってはいなかったので、今後もあると思います。たぶん。
ぜひ次の単行本にもシリーズを収録してほしいですね。

教育実習生「加藤歩美」、先輩「真奈美さん」
※左:教育実習生「加藤歩美」、右:先輩「真奈美さん」
 本当はパンツ姿の「真奈美さん」なのでした。この差は反則級。

可愛らしい教育実習生「加藤歩美」ちゃんと付き合う「菊池耕平」くん。
実習期間も終わるという頃、彼女が生徒より多くの告白を受けていた事実を眼鏡の幼馴染み「山崎遥」さんより聞いたのです。
なんとなく嫉妬した「耕平くん」は、初めて学校内でのえっちを迫るんですが…という唯一のWヒロインな前後編「H!の後にはI、NG!?」

こちらもカラー原稿がありました。
むちむちな「歩美ちゃん」に対して、収録では唯一控え目な胸の「遥さん」という2人。
あの場面に遭遇して、ずかずかと乗り込む「遥さん」は…うーん、どうよ?
本人の想いは蓄積されていたんでしょうけれど、「耕平くん」にとっては単なる幼馴染みですから。
ずうずうしいなぁ、という印象でした。
そんな彼女の想いを尊重した、「歩美ちゃん」が株を上げていたと思います。
容姿同様、包容力ありますね
ただ、現場を目撃してキレた「遥さん」はなかなか面白かったです。
胸を突かれた「歩美ちゃん」の「ふみゃぁぁあ!!」というリアクションもいいですね。

硬い言い回しの先輩「真奈美」さんと「亮くん」のラブ短編「彼と彼女の方程式」
男心を理解できないという姉「真奈美さん」に、妹さんが色々と策を立てるのでした。
”スカートはき慣れていない女の子のミニスカート”というのはいいですねー。
しかも超がつくほどの丈(※店頭では裏表紙参照です。マイクロミニかなぁ)だったりして。
イメージの差が相当にあり、「狼メーター」の発動も納得。

里見さん、瑞希さん
※左:友人の母「里見さん」、右:姉:「瑞希さん」
 何歳違いか知りませんが…こんだけ可愛らしかったらいいなぁ。

友人の母「里見」さんに恋した「佑介」くんの短編「友母」
結婚式後なので、「里見さん」は和服なんですが…アップにした髪型を含めて素敵でした。
ずっと憧れの存在だったらしく、途中に差し込まれた出会い部分が刺さります(笑)
あんなんいいなぁ…。
かなり年上である筈なのに童顔で、大きいリボンのついた下着も可愛らしかったです。

弟「勇」くんにラブラブな姉「瑞希」さんの近親「アップ!UP!Sister」
親が不在でヤル気満々な「瑞希さん」でしたが…危険を察知した「勇くん」は友人の家へ泊まるべく、家を後にしたのでした。
あれだけ気持ちを前面にしている割に、「勇くん」を止められない「瑞希さん」がなんだか意外。
弟の部屋で酒をあおり、布団の匂いから独りでしてしまうのでした。
黒パンストがえっちです
帰宅した「勇くん」が、そんな流れでめろめろになっていた「瑞希さん」を見たら…ねぇ。
”色々用意していた”とのことでしたが、何を準備していたのやら…。

くっきり強い線の絵柄。
目立つ黒とトーン処理がため、やや濃い目です。
大きめなコマ割りで迫力があり、勢いと丁寧さを兼ね備えておりました。
幅広な輪郭で、太いまつげと横に広めな目というキャラ絵。
くっきりな恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)などが特徴です。
しかしなんと言っても、弾けるほどに健康的なむちむちなスタイルがセンセ最大の魅力。
ぜひこの路線を極めてほしいですね。
下着のデザインも凝っており、そんなんも好みでした。
なんとなーくパラパラとはしているものの、個性がまとまっているためか比較的安定感はあります。

↓表紙は「アキラさん」だと思いますが、やや表情が見辛く、構図・配置なども微妙に感じます。
せっかくのパンチラ(モロ)も紹介帯で隠れちゃってましたからねー。
あれはセールス的にマイナスではないかなぁ。
カラーも悪くはないですが、やっぱりこってりさの伝わり安い白黒絵のが断然オススメ。
店頭ではプラス評価でどうぞ。

むちむち具合とか、なんだか「小暮マリコジェームスほたて)」センセを思い出しました。
癖が異なっているので、別人でいいんですよね?

むちプリ (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)むちプリ (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)
(2009/03/27)
有馬 侭

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スクール水着 コメディー ラブコメ パンチラ バストトップ マイクロミニ

■アンバランスな制服たち (海野螢)

★まんがデーター  [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・貧乳ショートカット
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説。
・その他: 短編×11。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「海野螢(うみのうんの・ほたる)」センセの「アンバランスな制服たち」です。(※Genさま、ご指摘ありがとうございました:090327)

これ成年単行本なんですが…なんというか、もったいないくらいの出来栄えでした。
やっぱり、「海野螢」センセはすごい
レベルが段違いです

9冊目の最新刊「アンバランスな制服たち」は短編集です。
一見すると、いつもの雰囲気なえっち漫画ですが、実は”仕掛け満載なからくり屋敷のような単行本”なのでした。
(※ちと大袈裟かもしれませんが、だいたいそんなん)
1回読んだ後、あとがき・作品解説を経て確実に2度以上は楽しめます

とりあえず↑そんな感じだったので、まだ読んでいない方は↓この先に進まないことをお勧めしておきます
色々とあるので、先に単行本見た方が絶対に新鮮な感動を味わえますよ。

こよみ、千夏
※左:「風花ごよみ」のこよみ、右:千夏
 ↓表紙もそうですが、スカートを自らまくり上げるシーンはいいですねー。


 ・
 ・
 ・

いいですか?
いきますよ。

相変わらず貧乳、ショートカットな女の子群の漫画。
全て制服少女にてまとめられておりました。
各話は掲載時バラバラだったようですけど、収録タイトルとそれぞれ出演しているヒロインの名前をキチンと重ねているなど、非常にまとまりの良い単行本です。
連載時からこちらを想定していたんですねー。

表題にもあるように、テーマが”思春期の不安定さ”ということで、「デザインにアンバランス感を生かしております」とのこと。
…おお、センセの名前からなんと成年マークまで傾いてますよ!
これはすげえ!!
ここで裏面バーコード部分まで傾いていたら最高だったんですが…それはさすがに無理か。

そんな感じで、単なる短編集とは思えないほどのこだわりがあるのです。
また、絵柄についても巧いとかそんなレベルを通り越し、”いかにして見せるのか”という演出面を考えられているという、相変わらずな完成度でした。

よく雰囲気を伝えてくる背景と、変化に富んだ構図
お得意のウィンドゥのように重なるコマから、ぴっちりと隙間なくコマがおさめられたページ、不確かなシーンは枠線がゆらゆらする…などなど、センセ独特のコマ割りは相変わらず
後述しますが、配置・字体を配慮された擬音文字も見事なものでした
そうした、普段は気にもしない部分から、自然とキャラの心理が伝わってきます。

亜里亜、渚
※左:亜里亜、右:渚
 ふらふら枠線と変形コマです。コマ割りの妙をお楽しみ下さい。

ヒロインのジャンルが固定されているなど、こだわっているだけ癖があります。
おそらく、成年漫画では↑そんなん不必要だと言う方もいるでしょう。
そんな意味では人を選ぶと思います。

ただ、間違いないく非常に漫画が巧い方です。

続いて収録の各話をちょろっとだけ。
”くされ縁”と称した、幼馴染み3名の関係を描いた「桜の花咲く頃」
「さくら」、「わかば」という女の子の関係がなかなか良い感じでした。
こんなんは抜群に巧いですねー。

地面のぐにゃ、という感じが印象的な「38度線上の亜里亜」
これは熱描写が絶妙でした。
お話は姉「亜里亜」と弟「拓人」の近親で、やや無理やり感が。
心残りは…倒れた「亜里亜さん」をパジャマに着替えさせるシーンがなかったことかなぁ(笑)
そちらは調子悪いため枠線がふらふらしておりましたが、ややミステリアスな短編「千夏の夜の夢」は夢での不確かさをふらふら枠線で表現しておりました。
夢のシーンの「逆らえない…」は、なんだかいいですねー。えっちですねー。

かぐや、奈々
※左:かぐや、右:奈々
 背景も巧いです。「かぐやさん」の回は面白いですねー。
 
同じく、ちょっとミステリアスな短編「鏡の国の亜梨沙」
双子の近親系。
あちこちの鏡描写に注目して下さい。
とくに合わせ鏡のシーンは…なんというか、お疲れ様という感じでした。
ミステリアスというよりサスペンスちっくな「聡美のさとり」
まさかオチがあんなんとは予想外。
読み返して納得です。
なるほど、ちゃんと~~でしたね。

近親系では、兄と妹「浅葱」さんの「浅葱の野辺送り」
実は相当ブラックな漫画なんですが…センセの漫画は優しいですね。
ネタ的には、またまた「ぢたま某」センセの名作「nothing but…」を思い出しました。

大人の手がまだ触れない」にもあったような、背景の妙が感じられる「奈々と迷路と秘密基地」
吸い込まれそうな背景もいいんですが、隙間ないコマ割りがまた独特でした。
同じく、美術教師・生徒というカップルの「絵美里の肖像」
こちらは枠の隙間が黒で塗りつぶされております。
あれはどこまでが本当だったのかなぁ。

変形した四角形コマと擬音が素晴らしい「渚の分岐線」
お話は珍しく電車痴漢モノ。
非常にテンポ良く、わらわらとしたコマ配置と縦に走る「がたんごとん」の擬音がクライマックス部分を盛り上げておりました。
月に関係したキーワードで徹底的にまとめられた「月夜のかぐや」
こうしたのも面白いですね。

以上、えっち度低めなのは…まぁ、いつも通り。
センセも書かれていましたが、SFちっくな色は薄くなっておりました。
そんなんが好きな方は、やや物足りないかなぁ。
ただ、ぶっちゃけこの程度のが分かりやすく、万人向けだと思います。

そんなこんなで、「アンバランスな制服たち」は様々な面において、センセの総決算・最高傑作みたいな雰囲気を感じました
普段は成年漫画を読まないよー、という方にもオススメしたい単行本です

アンバランスな制服たち (姫盗人コミックス)アンバランスな制服たち (姫盗人コミックス)
(2009/03/28)
海野 螢

商品詳細を見る


★海野螢センセの漫画紹介記事
 [マは小悪魔のマ] 一般
 [大人の手がまだ触れない] 成年
 [思春期の終り] 成年
 [時計じかけのシズク] 成年
 [少女の異常な愛情] 成年
 [めもり星人] 一般



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ショートカット サスペンス

■おと×まほ (すえみつぢっか)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 魔法少女コメディー
・おまけ: 原作・原案コメント、合間・折り返しに4コマ、ラフ絵・コメント、描き下ろし(?)「Other side.”モエル”」、カバー裏に別絵、
・その他: 初単行本(?)、原作「白瀬修」、折り返しにコメント、
      5話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「すえみつぢっか」センセの「おと×まほ 1巻」です。

例によって、よく確認せずに買いました。
魔法少女で…スパッツが見えて……なんだか非常に特徴ある絵だったので、試しに手に取ってみたのです。

さて、こちらの「おと×まほ」は原作が小説という単行本。
最近こんなん多いですねー。
当然のように原作は未読。
えー、設定に裏切られてびっくりしましたが、コレはなかなか面白かったです。

平凡な田舎町「大枝町」に住む普通の中学生「白姫彼方(しらひめ・かなた)」
今日から母様の代わりに、かなちゃんが魔法少女になってね♪
ある日の朝食時、母親よりそんなことを言われたのです。
軽くスルーしようとした「彼方」に対し、変身から空中散歩まで、魔法少女であった事実を見せつけ、さらにペットの「モエル」も二本の足で立って喋るという始末。
続いて魔法少女の敵である「ノイズ」の出現に、強引に契約を結ばれて魔法少女になったんですが…「彼方」は男の子だったのです。
大雑把にはそんな感じ。

「白姫彼方」魔法少女バージョン
※「白姫彼方」魔法少女バージョン
 …女の子だと思って見ましょう(笑)

基本的には、魔法少女のバトル漫画。
それが少女ではなく男の子であることが、独特な雰囲気と良質のコメディーになっておりました

掴み部分となる1話目に注目。
魔法少女を告げられた際、いままで可愛がっていた(※4コマにそんな描写がありました)ペット「モエル」が喋った際などのリアクションがなんだかリアル
変身した母親の姿にも、まだ半信半疑でしたね。
メインである変身までの場面に、ほぼ1話まるまる使ってじっくり描いたのは正解だと思います。
ちなみに、お母さんは変身とか関係なく可愛らしかったですねー
旦那はどうしたんだろう。

突っ込み役である、主人公「彼方くん」
母親とか「モエル」とか、ボケるキャラがいるといい感じでしたね。
いちおう完全に男の子で間違いないんですが、なかなか可愛らしい容姿な彼。
足までの長髪に細身なスタイル、言葉使いは丁寧で、ほぼ女の子。
(※実際に、友人「明日野丈」は初対面で女の子だと思っていた)
漫画ですよね。
まぁ、見た目に優しいのは有難いことですが。

服も用意されていたみたいですし、あのお母さんの影響・教育が強いのではないかなぁ
いい・悪いはともかく目立つ容姿で足も長く、好みは分かれるでしょうけれど…実は結構女子にモテそうな感じもありました。
とりあえず、漫画では委員長が直球にアプローチし続けていましたが…彼タンパクなのね。

彼方くんの母、樋野留真
※左:彼方くんの母、右:樋野留真
 お母さんいいですねー、もっと出番があればよかったのに。

そして、遂に変身することとなる「彼方くん」
服が消えて一瞬全裸になるのはお約束。
その対象が男であるため、嬉しくありません(笑)
魔法少女後は、ツインテールな髪にワイシャツ・ミニスカ、そしてスパッツという格好でした。
…あれれ、またスパッツだ。
こないだから、目の前にスパッツがちらつきますねー。
BLOOD CROSS/天道まさえ」と違い、そのあたりのアップはほぼありませんでした。
当然か。
かなり「彼方くん」はスパッツに抵抗を感じていましたが、あれは恥ずかしいでしょう。
だって中学生でしょ?恥ずかしい年頃だわね。
スカートで隠したりする描写がえっちなんですが…ううーん、女の子なら良かったのに…。

男の子らしく魔法そっちのけなまま肉弾戦するとか、掛け合いが楽しい「モエル」、ライバルの魔法少女「グレイス・チャペル(樋野留真)」など、基本をしっかり押さえていながら、対応するのが男の子という性別違いな妙が生かされていたと思います
ラストの5話では学校での戦闘であったため、クラスの皆に変身後を見られておりました。
今後の展開に注目です。

ひでるさん購入の切っ掛けとなった絵柄について。
適度な濃淡具合の丁寧な作画。
白比率あり、全体的にすっきりとした感じなんですが、ページ全体は賑やか。
枠線が太めであるためか、落ち着いた印象がありました。
作風が完成しており、演出・構図などを含めて全体的に安定感があります
よくまとまっていましたね。
漫画巧い方ではないでしょうか。
ただ、縦長・楕円形で、のぺーとしたキャラ絵は癖があり、人を選ぶと思われます。
ちょっと注意。
カラーでも変化しないので、↓表紙・裏表紙で判断下さい。

以上、あちこちのギリギリっぽい描写が嬉しくない漫画でした(笑)
そっち系は置いといて、漫画としては相当に面白かったので、次巻も期待しております。

おと×まほ 1 (Flex Comix)おと×まほ 1 (Flex Comix)
(2009/03/11)
白瀬 修(原作)、すえみつぢっか 他

商品詳細を見る


※こちらが小説版になります。
おと×まほ (GA文庫)おと×まほ (GA文庫)
(2007/05/12)
白瀬 修

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スパッツ コメディー ツインテール 魔法少女

■チューべろーず (フエタキシ)

★まんがデーター  [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵、
      描き下ろし漫画「フエタのBOIN暴食」
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×9
      (うち「お嬢様?シリーズ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「フエタキシ」センセの「チューべろーず」です。

ついに手にしました、先日ネット購入した「チューべろーず」です。
こちらは「フエタキシ」センセの初単行本。
ざーっと見て…なるほど、あちこち書店になかったのは”売り切れたため”かなぁ、とか想像するくらいに完成された作品集でした

福山さん、金園リン
※左:福山さん、右:金園リン
 細い割に、やたら巨乳なヒロインたちです。

席替えにて、憧れる「福山」さんの後ろをゲットした「鈴木」くん。
せめてブラの線でも見たい!、とか必死に念じる毎日でした。
ある日、「鈴木くん」は彼女の襟首あたりに、1万円と書かれた値札を発見しました。
すると、いきなり「福山さん」から教員便所へと誘われ、外したてのブラジャーを渡されたのです。
…という冒頭短編「福山さん。」

↓表紙・中表紙はこちらの「福山さん」ですよね。たぶん。
巨乳・ストレート黒髪のちょっとツリ目な美人で、不意にブラを渡される・積極的にえっちへと誘われるインパクト、ちらほらとした放尿描写なども手伝って、1話だけの登場ながら非常に印象深いヒロインとなっておりました
女性のブラというのはいいもんですね(笑)
それを彼女の手によって押し付けられた揚句、「乳臭い?」と聞かれるシーンが最高。
なにゆえ「福山さん」が積極的であったのか、ネタばらし部分も面白かったです
そちらを見る限り、「鈴木くん」が頭良かった事実も納得。
なんとなーく、ではありますが。
ぜひ勉強会の漫画も描いてほしいなぁ。

唯一の連続話「来訪者はお嬢様?」、「襲撃者はお嬢様?」
主人公「平田民生」のアパートに、遠い親戚にあたる、元お金持ち「金園リン」さんが訪ねてくるというお話。
家庭が崩壊し、その原因がため行く先々で冷たくされている「リンさん」
境遇的には最悪ながら、そういった雰囲気をまるで見せない明るさ・軽さが凄い。
世間知らず、というより幸せな性格ですね。
裸について羞恥心がなかった割に、えっちな行為にはなんとなく恥ずかしさを感じるという微妙な描写が素敵でした。
凝ったデザインの下着で、そうした独特な性格と清潔感ある容姿から、”お嬢様”をうまく表現されていたと思います

リンさん
※おまけ:楽しい「リンさん」
 この絵がお気に入りでした。

続く「襲撃者はお嬢様?」はその半年後に妹「金園エアロ」さんが来訪する話。
日常・えっち場面のどちらとも、ほとんど変化ない「リンさん」が相変わらず可愛いです。
何事も幸せに感じられるような性格なのかなぁ
新キャラ「エアロさん」が完全に引き立て役であったのは、読者にとって良し悪しでしょう。
なお、彼女が気に入った方は、主役だったあとがき・描き下ろし漫画「フエタのBOIN暴食」をお楽しみ下さい。
7ページのえっちコメディーですよ。

スキーにて、コースを外れた「恋」さん、「護」くんの2人が吹雪のため洞窟に閉じ込められる…という黄金パターンの短編「熱い吹雪」
男言葉の「ボク」少女である「恋さん」
スキーウェアの下がいきなり下着というのはいいですねー。
また、先の「リンさん」とは逆に、まるで色気のない下着がいかにも彼女らしいです。
そんなんが、なんだか妙にえっちっぽく見えたのは気のせいでしょうか?

住み込みで花屋のバイトをする「広樹」くんと、そちらの主人で未亡人の「奈緒」さんによる「蘭と一匹の羽虫」
1ページ目ではジーンズでお尻を向けていたんですが…以外にスレンダーでがっくり。
もっとむちむちだったら楽しかったのに…。
お客の目前というのにいつの間に脱いだのか、パンモロでサービスをしてくれた「奈緒さん」がちょっと意味不明。
えろくていいんですが。

恋さん、つばめさん
※左:恋さん、右:つばめさん
 「つばめさん」、パジャマ小さすぎですよ!

ほか、「スワローテイル」は「佑介」くんと義母「つばめ」さん。
とりあえず色々なこと置いといて…ぱっつん・ぱっつんだったパジャマ姿が刺さりました
あれはえろい。
誘う気満々でしたよねー。
また、オチがあーなるとは思わず、やや意外でした。
赤毛でそばかすがコンプレックスだった「山本夏子」さんの「そばかす姫」
これはいい話でした
ひでるさんは涙腺弱いので、なんだかぐっとこみ上げるものがありました(←実際はそこまでではないと思うけど)
裏方として彼女を支える「カズユキ」くんが格好良かったです。

告白を断り続ける、難攻不落な「ローザ」さんをこっそり尾行して秘密を探る短編「ぼくらのローザさん。」
公園の蛇口、鉄棒、すべり台などで独りえっちをしており、群がる少年らを受け入れている「ローザさん」
なるほど、単に年下好きなんですね(笑)
「奇妙人類学」は留年を免れるため、「大宮梨絵」さんが教授に色仕掛けをする話。
実に意外なものが刺さっていた、というプチコメディーですね。
陥没乳首がハマるというのもマニアックでした。

しっかりとした強い線の絵柄。
全体的にはごっちゃり系で濃淡も濃く、コテコテとした感覚です。
それでももたれないのは、センセの丁寧・綺麗な絵柄によるものでしょう
実際のところ、何カ所か怪しい箇所ありましたが…ここまで描けているならば些細な程度。
大した問題ではありません。
縦長ですらりとした細身ながら、巨大な胸のヒロインたち。
細く横長の目は綺麗に、くりくりっとした目が可愛らしく描かれておりました。
単行本化が早かったんでしょうか?
収録の短編は最近の原稿(08年)ばかりで、初単行本ながら非常に安定しておりました。
しかも高いレベルです
いいんじゃないでしょうか~。

ちなみに…見てないとは思いますが「コアマガジン」さん。
HPの単行本紹介ページにて、こちらの収録作品が「蘭と一匹のお嬢様?」になってますよー。
(※正しくは「蘭と一匹の羽虫」、「来訪者はお嬢様?」です)

チューべろーず (メガストアコミックスシリーズ No. 208)チューべろーず (メガストアコミックスシリーズ No. 208)
(2009/03)
フエタキシ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コアマガジン コメディー

■どみなのド! (目黒三吉)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : SM・コメディー
・おまけ: 4コマ(3P)
・その他: 原作「雑破業」、折り返しにコメント、
      5話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「目黒三吉(めぐろ・さんきち)」センセの「どみなのド! 1巻」です。

いやー、これは面白かった!
さっすが「目黒三吉」センセ、という感じでしたよ。


さて、「どみなのド!」は「低俗霊DAYDREAM」のイメージが強い、「目黒三吉」センセの最新刊。
紹介帯には「セレブでドS!?」とか書かれていました。
ジャンルとしては、こないだの「えむえむっ!/氷樹一世」と似た感じなんですね。
SMっぽいテイストをコメディーとした、ぎりぎりちっくな一般漫画なのでした

怒皆ひかり
※怒皆ひかり
 良く見ていると、けっこう可愛い娘さんなのです。

平凡な高校生「土江武(つちえ・たけし)」
学校からの帰り道、不意に声を掛けられた彼は薬で眠らされ、拉致されてしまったのです。
到着した先は驚くほどの豪邸。
土江武!!アンタは今日から私のモノになるのよ!!
目の前にいたのは、超お嬢様の幼馴染み「怒皆ひかり(どみな・ひかり)」だったのです。
彼女曰く、「武くん」がプロポーズしたということなんですが…本人はまったく記憶にありません。
突然の許嫁話に驚いた両親も、それぞれ足下を見られたことによって、言われるがまま彼を預けてしまったのでした。
ドSなツンデレお嬢様「ひかり」を筆頭に、えろくしたたかな妹「怒皆あかり」、暴力的な眼帯メイド「桐井音瀬(きりい・おとせ)」など、屋敷内は息つく暇がなかったのです。
さらに、「ひかり」と同じ学校へ無理やり転校させられるんですが…なんと、そちらは女子高だったのです。
大雑把ですが、だいたいそんなお話。

SMちっくなコメディー
色々と不幸な目にあう主人公「武くん」ほか、個性的な面々らが非常に楽しい漫画となっております

桐井音瀬、砂戸璃瑠
※左:桐井音瀬、右:砂戸璃瑠
 強い女性のオンパレードです。

なにげに目立っていた眼帯メイド「桐井音瀬さん」
メイドという単語に期待した「武くん」を、イイ意味で裏切る・ぶち壊す「音瀬さん」初登場シーンが素敵。
あの人は怖いなぁ…軍隊みたいですよ。
他にも内容寂しい弁当とか、馬の生首とか地図とか、各所で笑わせてくれました。
寸止めした筈のナイフでしっかり切れているお約束も良かったです。

漫画の正ヒロイン、二重眉毛な許嫁「ひかりさん」
確かにハチャメチャではありましたが、あの両親を見て育ったのならば仕方ないかなー、と。
小さい頃は可愛い雰囲気だったようなので、周囲の環境が成長する彼女を歪めてしまった原因だと思います。
(…というか、あれほどのお嬢様となにゆえ遊べる間柄だったのか疑問)
1話でのご褒美など象徴的で、あれは「ひかりさん」にとってごく当たり前な日常シーンであった筈なのです。
ほか、メイド「大杉鸚哥(おおすぎ・いんこ)」の突っ込みとか、2話でのキスシーンなど、よく照れて真っ赤になっていました。
それらを隠そうとするあまり暴力的に振る舞うあたり、頑張ればツンデレとして許容範囲(笑)
…かな?
どうですか??
特にお風呂上がりの彼女は可愛かったです。
あちこちで酷い目にあいながら、幼馴染み・許嫁というキーワードにほわーんとなる「武くん」も馬鹿でいいなぁ。

怒皆あかり
※怒皆あかり
 凶悪な妹です。もっといいコマあるんですが、そっちは単行本でどうぞ。

最も注目したいの、妹「あかりさん」
本編を読む前に、一部書店にて配布されていたメッセージペーパーを見たんですが…いやー、この娘は凶悪
一見すると、ツインテールの可愛らしい女の子。
ベタな妹キャラちっく。
しかしその本性は、えっちキーワードを湯水のように溢れさせる、悪魔のような娘だったのです
「ひかりさん」に目撃された途端、手の平を返したように泣いて助けを求める様もスゴイですねー。
たぶん、そっち方面の知識は姉「ひかりさん」よりも豊富なのでしょう。
いったいどこで覚えたのやら…。
ひでるさん大好きな、「ぢたま某」センセの名作・単行本「nothing but…」収録の「break」を思い出しました。
他のキャラと比べ、そうした性悪さが目立たないのもポイント。
ただ、ある程度マトモに話ができる数少ない人物というのも事実で、食事シーンがえろい2話の中ごろでは、ちゃんとしたアドバイスを「武くん」に送っておりました。
今後の活躍に期待しましょう。

学園内でも、4話でテニス対決のある、ロール髪のライバルキャラ「砂戸璃瑠(すなど・りる)」、登場ヒロインで最もマトモな「実輪彩子」など、濃いキャラが目白押しでした。
屋敷から学園まで、振り回され続ける「武くん」を楽しみましょう。

強い線のすっきり絵柄。
濃淡は強くなく、どちらかと言うと全体的には白め。
ややごっちゃり。
「目黒三吉」センセ独特の乾いた感じの絵(…としか表現できません。よく分からん人はごめんなさい)が、非常に良く作用しておりました。
ちょっぴりえっちながら、エロ過ぎないあたりも、作品と合致していたと思います。
癖はあるので人を選びますが、漫画・コメディーの巧い方です。
お話が好みっぽいのならば、おおむね問題ないでしょう。

巻末の4コマも面白かったです。
ひでるさん的には、「低俗霊~」よりも断然好みでした。
2巻も期待しております。

どみなのド!

どみなのド! 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール

■母さんは発情期 (白石なぎさ)

★まんがデーター  [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・母子近親
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説。
・その他: カラー(4P)、短編×9
      (うち「図書室は放課後の娼館~」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「白石なぎさ(しらいし・なぎさ)」センセの「母さんは発情期」です。

いきなり別の話題から。
あちこち本屋へ行っておりますが、「チューべろーず/フエタキシ」が見当たりません。
確かに発売されてはいるようなんですが。
発売「コアマガジン」さんということで期待していた1冊だったんですけど…人気があって売り切りなのかなぁ。
そんな訳で、諦めて通販に頼ってしまいました。
こうした際には、実に便利な世の中ですね。

ちあき、武田春子さん
※右:ちあき、右:武田春子さん
 前巻に続いて登場の「春子さん」です。いくら稼いでいるんだろう。

さて、こちら「母さんは発情期」は前巻「ママに溺れて」に続く「白石なぎさ」センセの2冊目。
タイトルはそんなんですが、母子近親は5話だけです。
それ以外は図書館シリーズほかの短編。
あとがきなどより、なかなか大変そうな印象を受けました。
心なしか、漫画にもそうした感じがしたのは気のせいかな、どうかな。

カラー原稿から続く冒頭話「母の恋人」
正直なところ、お話はいかにも成年漫画という感じ。都合良過ぎ。
逆にああはならないと思うんですけれど。
お話以外では、スパッツ漫画でした。
…なんだか昨日もそんなこと書いていましたが、収録では母「礼子」さんとの「おかえりなさい。」、従妹「千夏」さんとの「夏の残り華」も同様にヒロインのスパッツ姿に注目
前者は”背景だけ劇画調”というコメントそのまま、いきなり描き込まれたそれに驚かされます。
お話はいまいち分かり辛いかなぁ。
重たい作画も逆に作用していたように思いました。
後者は声優という設定はいいとしても、旅人ちっくな描写は不要だったのでは?
裏表紙の日焼け跡が可愛かったので、そんなんがほしかったですけどねー。

智子さん、「あのバカは母をさがす」の母親
※左:智子さん、右:「あのバカは母をさがす」の母親
 パンストな2人です。右のがいいんですが…適度な絵がありませんでした。

「景太」くんと母の近親「あのバカは母をさがす」
これは完全に黒パンストな描写でしょう
収録では「二十七歳の地図」の「智子」さんもパンストでしたが、腰のあたりの黒と縦に伸びる線の部分がしっかり描かれているため、こちらのが刺さりました
最後まで脱がさないままだったのもいいですね。
ちなみに、「二十七歳の地図」はパンスト漫画というよりもセンセの好みをそのまま反映したような作品。
言いたいことはよく分かります。
思い入れがあるのは理解できますが、それがない人間が見ると…うーん。
ラストもげんなりでした。

ソープへ行った「雄一」くん。
そちらでセレブ風な美女「ちあき」を選んだんですが…登場したのは彼の母親だったのです。
そんな、もしかしたらあるかもしれない(…ないか)、短編「大都会のアダムとイヴ」

「雄一くん」は大学生。
口喧嘩では、まだ親には勝てないですよね(笑)
いかにも最後の文目的という感じでしたが、なかなか面白いお話でした。
「真人」くんと母親の「さくら散っちゃえ」
収録では最もコメディー色のある短編。
前半のぎゃーぎゃー泣く描写と、冷静に計算して返事をしているラストの様が素敵でした

ギャーギャー泣く母親
※ギャーギャー泣く母親・サンプル
 このお母様は面白かった。

前巻「ママに溺れて」にも収録されていた、「図書室は放課後の娼館」のシリーズ。
図書室にて相変わらずあんなんを続けている、「武田春子」さんのオムニバスですね。
教師「東郷」が相手の「図書室は放課後の娼館~かえらざる はる~」、勉強だけ続けてきた「岩清水」くんが相手の「図書室は放課後の娼館~黄昏の童貞君~」という2話が収録されていました。
どちらのラストも良かったです。
みつ編みな「春子さん」もいいんですが…背景に「春日先生」、「杜山貴咲」がいましたねー。
やっぱり「春日先生」のエピソードをもう一度見たいなぁ。

やわらかな線のすっきり絵柄。
大きく乱れること少なく安定しており、濃淡も適度なくらいでした。
たまーに気になるコマがありましたが、ごっちゃりすることなく、見易い漫画でした。
ふんわりとした肉付きのヒロインで、年上女性を可愛らしく表現されています。
スパッツだのパンストだのとフェチっぽい描写がいいですね
大きな変化はないので、↓表紙・裏表紙の判断で問題ありません。

なんというか…もう少し軽い感覚のがいいのではないかなぁ。
収録では「さくら散っちゃえ」みたいな、コメディーラブコメちっくなお話ね。

母さんは発情期

母さんは発情期 (いずみコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コアマガジン コメディー ラブコメ スパッツ

■BLOOD CROSS (天道まさえ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : アクション・SF
・おまけ: あとがき。
・その他: 折り返しにコメント、
      5話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「天道まさえ(てんどう・まさえ)」センセの「BLOOD CROSS[ブラッドクロス] 1巻」です。

はい、とにかく疲労困憊なので、前置きそこそこに始めますね。

なにかと縁がある、「キルタイムコミュニケーション」さんの一般向け。
たぶんこれが「天道まさえ」センセの3冊目くらいな「BLOOD CROSS[ブラッドクロス] 1巻」です。

人外の能力を有する「ハーフエイリアン」は政府の実験によって産み出されました。
しかし、困難を極めたそれは失敗続きで、エイリアンの血に負けて暴走してしまった”失敗作”も多かったのです。
そんな彼らを、力の制御ができるようになった次世代のハーフエイリアンたちが世間に悟られぬよう、秘密裏に始末していたのです。
政府に所属するコンビ、感知能力を持つ「ミズハ」、肉弾戦を得意とする「あい」という両名は彼らを狩るため、今日も街角に立つのでした…。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

ミズハさん
※えっち担当「ミズハさん」
 露出ある服装もポイントです。いいよねー。

タイプの異なる女性コンビが活躍するアクション漫画
「ヴァルキリーコミックス」の王道ネタですね。
相手となる敵が失敗作な同族であり、主人公らもエイリアンの血に支配される可能性があるという紙一重な描写。
お互い組織化して激しくなる戦闘、実験をした政府の真意(※そこまでは描かれていませんでしたが)…など、あまりややこしくなく、すんなり受け入れられる程度の設定も適度だと思いました。

そこそこで複雑ではないくらい、という微妙な力加減は、ひでるさんにとって良かったです。
ここは人によって物足りない・もっと簡素でいい、という双方の考えがあるかもしれませんけどね。

物語の始まりである1話「ハーフエイリアン」
たっぷりなアクションと「ミズハさん」のシャワーシーン、触手に襲われる2人など、軽いえっち描写もありました。
必殺技というべき”ブラッドプリズン”、”ブラッドショット”も披露された、基本となるエピソードです。
「あいさん」の過去描写がある2話「初恋」
いきなり相棒「ミズハさん」が拉致されてしまうほか、格闘では敵を圧倒していた「あいさん」に勝るキャラが出現するという、先の基本を覆す展開になっておりました。

あいさん
※格闘担当「あいさん」
 とにかく彼女のスパッツがポイントではないでしょうか?

学園編というべき、3話「隠れた敵」は舞台がガラりと変わります。
2人のリラックスした表情が多く、制服姿も堪能できます。
途中のスクール水着パンチラ描写がいいですね。
いままでとは毛色の異なる敵が出現する、アクションシーンも見どころです。
最強クラスのハーフエイリアン「十血神(じっけっしん)」である「キリカ」ほか、2人以外のキャラが多く登場し、政府組織も描かれた4話「感情のない戦士」、続く5話「新たな戦い」
実はそこそこ常識人であった2人(※実は組織では「遊撃隊」という、能力の高さからある程度自由もある立場であったと判明)に対し、感情が希薄であった部隊長「No.588 ひな」の成長話ですね。
第3者からの目があるため、より2人のキャラを深く感じることができました。

新キャラ「ひなさん」も興味深く、もっと続くのかなーと思いましたが…既刊紹介でも記述がなかったので、いちおう1巻完結なのかな?
なかなか面白かったんですけどねー。
ちょっと後引くラストだったので、ぜひ続きが見たいです
どこかでやるのかなぁ。

3話の描写サンプル
※3話「水」「スライム」の描写サンプル。
 とかく「あいさん」はこのアングルで描かれてしまうのでした(笑)

さて、この系統で一般向けの場合、”えっち描写はどの程度なのか!?”というあたりが漫画のポイント。
こちらの「BLOOD CROSS」は直接の描写なかったものの、ちらほらとしたアピールが刺戟的でした(笑)
街頭で誘う、基本えっち担当「ミズハさん」はスタイルの良い女性。
大きい胸はよく揉まれていたほか、よく触手にうねうねされておりました。
だいたい、必殺技”ブラッディプリズン”はえっち暴走するモードですからねー。
格闘戦の「あいさん」は、チェックのミニスカートスパッツという出で立ち。
頻繁に、やや強引なまでにそのあたりのアップがあり、実はコレが漫画をえっちくさくしている要因なのです
特にスパッツ好きな方は、彼女のアクションシーンにドキドキすることでしょう。

強めなくっきり線の絵柄。
ジャンル的なこともあって色は濃く、ごっちゃりとしています。
コマによる差は大きめで、しっかり力が入ってるところもあれば、ぺたーと平たいのもあります。
学園編の3話には水とかスライムなシーンが何度かあるんですが…ここは非常に良い仕上がりでした
えっちよね(笑)
やや作画の癖があるので、人を選ぶと思われます。
店頭では紹介帯の裏、事前であれば「コミック ヴァルキリー」のサイトにて1話立ち読みできるので、判断にはオススメでした。

↓表紙の、服がボロボロで肌が露出した感じもいいんですが…注目は裏表紙の「ミズハさん」
細かいですが、ふとした仕草が実に素敵でした。
さすが、基本えっち担当!

BLOOD CROSS (ヴァルキリーコミックス) (ヴァルキリーコミックス)BLOOD CROSS (ヴァルキリーコミックス) (ヴァルキリーコミックス)
(2009/03/18)
天道まさえ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スクール水着 アクション ミニスカート スパッツ キルタイムコミュニケーション パンチラ

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。