FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恋するぱんつ (岡田コウ)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・妹
・おまけ: 描き下ろし「アフター①②③」、
      カバー裏にあとがき・作品について・イラスト。
・その他: 初単行本、カラー(10P)、短編×8
      (うち「もえちゃんシリーズ」×3、「りかちゃんシリーズ」×2、
      「藍子ちゃんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田コウ(おかだ・こう)」センセの「恋するぱんつ」です。

漫画好きな皆様、お疲れ様でした。
週末で発売日がごっちゃり重なるという忙しい日でしたが、なんと雪(雨)でやったら寒いという悪条件が。
傘片手に、さぞ大変だったことでしょう。
ひでるさんも何気なく本を積み重ねていったら、そりゃーもうエラいこととなりました(笑)
とにかく重いのなんのって…。

そうした本の中でコレとチョイスしたのが…「岡田コウ」センセの初単行本「恋するぱんつ」です。
察しの良い方、あるいはよくお越しいただく方はなんとなーく分かるでしょう。
そう、↓表紙のぱんつに釣られたので、早く読んだのです。

もえちゃん
※もえちゃん(右は成長後)
 なんとのーぱんです。しかも…。

当初は、ありがちなソッチ系単行本かなーと気軽な感覚でしたが…。
コメディーからハードっぽいネタなど話から演出面まで巧く、また絵柄も安定感あって実に可愛らしいヒロインを描かれる方でした
これはオススメです

カラー原稿のある冒頭話「ウチの妹がバカで困る」から続く、妹「たちばなもえ」ちゃんのシリーズ。
何気ない水遊びからえっちへと発展する、兄妹の近親エピソード。
日常シーンも楽しい「もえちゃん」がため、コメディー調が基本となっています。
いちおう頭では理性的にぐるぐる物事を考えていたものの、まるで行動が伴わないお兄さんが実に可笑しいですね。
先っぽだけ、じゃーないでしょーに!

続く「ソコに愛は?」は本シリーズのポイントというべき、重要な1話。
とりあえず「もえちゃん」はランドセルな年齢なんですね。
帰宅した彼女が、”寝ている兄にいろいろする”というよくあるネタの逆パターンな前半。
お、おっ、おおっ
…というあたりのコマが最高です。
「もえちゃん」可愛いなぁ。
親が帰ってきた中盤あたりのギリギリ描写は、手に汗握ること必至。
台詞にもありましたが、あれは寿命縮むでしょうねー。
後半は狭いトイレ内での変則えっちなんですが…親は帰宅したままなんですよ。
いくら扉閉めてるとは言え、普通だったらバレるよね。

収録ではラストの、「ウチの兄がバカで悩む」
単なる興味本位だった「もえちゃん」ですが、前話の後半あたりから感情が絡むようになっています
これまでの経緯がため、ラブコメちっくな描写にも説得力がありました。
珍しくスカートなのはいいとして、のーぱんなまま普通に外出してしまう「もえちゃん」です。
まだまだなんだろうなぁ。
たぶん描き下ろしである後日談「一日いっかい」では、より成長(精神的に)した姿を見せてくれました。
ぜひ続きを見たいシリーズですね。

小夜子さん、藍子ちゃん
※左:小夜子さん、右:藍子ちゃん
 当初はこんな感じの「小夜子さん」ですが…後半ドエラい事に。

一方、「目が離せない」は同じ兄妹の近親ネタなんですが、そちらと打って変わってヤバさ溢れるブラックな話です。
お兄ちゃんに恋する中学生の妹「小夜子」さん。
ある日、両親の外出がため2人っきりと喜ぶ「小夜子さん」でしたが、帰宅するとお兄ちゃんは連れてきた友人らと共にいたのでした。
兄にはどうやら彼女らしき人がいるらしく、会話を聞いて複雑な想いを巡らせる「小夜子さん」は…と、だいたいそんな感じ。

お兄ちゃんの同級生らに、おろおろとする「小夜子さん」
あの頃は学年が一つ上というだけで、もの凄く距離を感じるものですよね。
ひでるさんも経験あるので、彼女の心境はよく理解できます。
そんな様が、実に巧く表現されていました
しかし、まさか後半があんなことになるとは…予想をはるかに飛び越えられましたね。
巻末に収録された、たぶん描き下ろしの後日談「明日が来る前に」
ちょうど漫画直後のことらしく、異常に後味悪くていい感じ(笑)
カバー裏のイラストはさらにその後ですか。

「ソコに愛は?」と同じく、こちらもトイレが舞台です。
妹「りか」ちゃんと、「秋兄」、「秀兄」という2人の兄を描いた「やっぱかわいくねぇ!」から続くシリーズ。
2人の兄に妹というカップリングは、どうしても「関谷あさみ」センセの「かなちゃん」らを思い出しますね。
当初、キャラの雰囲気などが似てるので、先の「もえちゃん」らと勘違いしましたが…別人でした。
年長の「秀兄」は、終始穏やかな態度を崩さない大人として描かれています。
ただ、えろい事した後の「やれやれ」という笑顔は…さすがに「なんだコイツは?」と言う感じでしたが。
なお、解説では「最も古い原稿」と書いてありましたが、発表08年であるよう(※全体的に時期の開きが少ない)なので、特に違和感なく見れます。
初単行本と聞いて警戒した方、ご安心ください。

りかちゃん
※りかちゃん
 悩むようになってしまった左は描き下ろし部分。やっぱり並べると違いますね。

その続編「おにいちゃん専用」
じゃ見てみる?
…からの流れがなかなか秀逸。
やっぱりどうにも第三者的で、「秀兄」はよく分らん人ですね。
もやもやっとしたラストはいいと思います。
こちらにもあった、たぶん描き下ろしの後日談「ひとり」
漫画は「秋兄」と妹「りかちゃん」の会話シーンとなっていました。
年齢が近く、喧嘩相手という「秋兄」は逆にそのまんま。
3名の微妙な関係が垣間見え、シリーズ全体の完成度を底上げしたと思います。

小さく、カチューシャの可愛い「佐藤藍子」ちゃん。
クラスでは男子のスカートめくりが流行していたんですが、首謀者「山下」くんはなぜか「藍子ちゃん」だけはスルーしていたのでした。
その理由は…という、「恋するぱんつ」、続編となる「勝負シタギ?」

こちらだけ、妹ではなく同級生話です。
まぁ、「藍子ちゃん」は小さく、妹ちっくな娘さんですが。
しかし、「山下くん」はびっくりするわね
それ以降めくれませんね(笑)
これ、おもっていたよりずっと恥ずかしい…
とか言っていましたが、面と向かってほぼ同意の上であるから、それは当然のこと。
スカートめくりは不意にぱーっとやるものでしょう。
なにげに「藍子ちゃん」はシマパンでした。

カラー原稿のある続編「勝負シタギ?」
故あって押し入れの中でのえっちです。
冒頭のカラー部分にて…”何かつけないと…”なんて文言あったので、あるいはオメデタ・超ダークな展開~をふっと想像したひでるさん。
同級生「山下くん」があーだったので、「藍子ちゃん」も当然…ですよね?
あの年齢でデキればさすがにコメディーではすまないでしょうし、どうなることかと、はらはら見ていましたけど、まるでそんなことなく。
考え過ぎました(笑)
は、恥ずかしい…。

細い曲線のしっかりと丁寧な作画。
特にコマ割りの変化は目立ち、縦・横・斜め…と様々で飽きさせません。
トーン処理などなより、全体的にはやや濃い目。
コメディー崩しは楽しく・可愛らしく、えっちシーンは細かい描写で迫力もありました。
丸く幅広なロリちっく絵柄に違和感なければ、まず買って損しないと思います。
作風も固定されて安定感あり、これが初単行本とは思えないほど非常に巧い方でした

そんな訳で、今後は名前買い~と思ったんですが…。
センセのHPによるとショタ系も好んで描かれる方なようなので、うっかりすると大変なことになるかもしれません。

恋するぱんつ

恋するぱんつ (セラフィンコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ カチューシャ スカートめくり

■大正野球娘。 (伊藤伸平)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 大正・野球
・おまけ: あとがき。
・その他: 原作「神楽坂淳」、
       ナイン紹介、カラー(6P)、
       6話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「伊藤伸平(いとう・しんぺい)」センセの「大正野球娘。 1巻」です。

いきなりなんなんですが…ひでるさんは「伊藤伸平」センセの絵があまり好きではありません。
合わないんです
確か、どちらかでじっくり見た記憶があったんですよねー、と調べてみたら…タイトルも懐かしい「モルダイバー」の漫画版でしたよ。

そんなこんなで、「伊藤伸平」センセの最新刊「大正野球娘。」です。
店頭ではどうしようか迷ったんですが、”大正時代と女子野球”という組み合わせが面白く感じたので、思い切って手に取ってみました。
女子野球漫画と聞いて、真っ先に思い出すのはやっぱり「無敵のビーナス/池田恵」ですねー。
あれは良かったなぁ。(※後半びっくりしましたが)
ほか、こちらのブログで紹介した、成年系「Throwing Heart/昭嶋しゅん」、4コマ「しらたま!/あづまゆき」などがありますが…全て現代モノだったのです。

小笠原晶子、鈴川小梅、宗谷雪、川島乃絵
※だいたい左から、小笠原晶子、鈴川小梅、宗谷雪、川島乃絵
 些細な「晶子お嬢様」の変化を看破した「小梅さん」は本当に仲良しなんでしょう。

大正14年。
見合い相手(許嫁)である「岩崎荘介」の言葉・態度に腹を立てた、「お嬢」こと「小笠原晶子」さん。
どうにも納得できない「晶子さん」は、”同じ野球という舞台にて彼を打ち負かそう”と考えたのです。
とりあえずは対抗すべき野球チームを結成するため、最初の賛同者として仲の良い「鈴川小梅」に声をかけるのでした。
さて、メンバーは揃うんでしょうか?…というのが、だいたい1巻です。

ジャンルとしてはコメディー
野球漫画ながら、1巻ではまだ野球をしていないところが最大のポイントでしょう。
していない、というより、”まだ野球がどんなんだか分かっていない”のが正確です。
ひでるさん的にはもの凄く刺さったんですが、アマゾンに投稿されていたコメントでは、そうでない方もいるようでした。
やっぱり漫画というのは難しいもんですね(笑)

全員集合していた1話から、時間を戻して「なにゆえ野球なのか?」という切っ掛けが描かれた2話。
このちょっとした捻りがいいですね。
まぁ、その1話目は単なる日常風景でバリバリ野球をしていた訳でなく、ずどーんと衝撃を与えるものではなかったんですが。
ある意味、この漫画らしいお話かな。
そこから、チーム結成のためメンバー集めを始める3話以降という展開になっていました。
1巻のほとんどはそれにページを割かれています。

菊坂胡蝶、桜見鏡子、月映巴、月映静、石垣環
※だいたい左から、菊坂胡蝶、桜見鏡子、月映巴、月映静、石垣環
 後輩の2人は色仕掛け(笑)

「じれったい、早く野球してるとこ見せてよー」という意見もあるでしょう。
しかし、時代的に女子が野球をやるのが異質であったことを考えれば、当然だと思います
投手の投球フォーム(高く足あげる)、捕手の構え(足開いてしゃがむ)にて、驚きと恥ずかしさの表情が新鮮
そう、そんな時代なんですよ。
セーラー服でくるりと回った「小梅さん」が母親に怒られたり、走っただけで「はしたない」とか言われていました。
こうした部分をしっかり描かれているのが非常に良かったです。
先ほど↑上であげた他の野球漫画とは、完全に一線を画する存在ですね。

ラブコメちっくな6話は、ぎこちなさのタネ明かしなどオチまでよくまとまっています。
本来なら、いかにもライバルになりそうなお嬢様「晶子さん」と庶民の主人公「小梅さん」が仲良しというのも珍しいかな。
自動車通学なんてしている彼女に対して偏見や嫉妬みたいな感情なく、また「晶子さん」自身も驕ることなく、皆と自然に接しておりました。
段取りや細かい部分をサクサクと進める「川島乃絵」、うまくメンバーの間に立つ「宗谷雪」、人を的確に見極めるブレーン的な存在の「石垣環」…など、個性強いメンバーについてもしっかりと描かれています。
いきなり複数メンバーの登場した1話では誰が誰やら、という感じでしたけれど、すぐに見分けつくようになりました

話は独特なもので、登場キャラも個性的。
この話がアニメ化されるというのも、納得です。

東邦星華女学院・野球チーム
※東邦星華女学院・野球チーム
 いちおう全員出せましたが、見栄えの良い集合絵を。

はっきり言って、絵に関しては以前のひでるさんイメージと変化ありません。
強めな線のあっさり絵は、非常に癖があります。
ちと野暮ったく、昭和的なんですね。
ただ、漫画の面白さというのはそれと必ずしもイコールではなく、センセ独特な間とテンポは好きです
こうしたコメディー部分は、巧く描かれていると思います。
好き嫌いあるんでしょうけどね。
なおどーでもいいですが、全裸やバストトップがごく普通に描かれていたのがものすごく意外。
ぜんぜんえっち感なく自然だったのは、逆の意味でスゴイです。

なお、原作小説の挿絵は「小池定路」センセでした。
ううむ、あの可愛らしさでは分が悪い
小説を読んでいた方は…絵の変化が気になるだろうなぁ。
そちらでは4コマを描いているそうなんで、ファンはより複雑でしょう。

大正野球娘。 (1) (リュウコミックス) (リュウコミックス)大正野球娘。 (1) (リュウコミックス) (リュウコミックス)
(2009/02/20)
神楽坂 淳伊藤 伸平

商品詳細を見る


※ちなみに…これが挿絵「小池定路」センセという小説版。
大正野球娘。―土と埃にまみれます (トクマ・ノベルズEdge)大正野球娘。―土と埃にまみれます (トクマ・ノベルズEdge)
(2008/08)
神楽坂 淳

商品詳細を見る

大正野球娘。 (トクマ・ノベルズedge)大正野球娘。 (トクマ・ノベルズedge)
(2007/04/17)
神楽坂 淳

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー 野球漫画 ラブコメ バストトップ 小池定路

■らぶ・りな (我無)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・探偵
・おまけ: あとがきまんが、
      描き下ろし「その後の探偵事務所」
・その他: 初単行本、とじ込みポスター、短編×9
      (うち「三千世界の剣士を殺し」×3、「ヤリ探」×6)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「我無(がむ)」センセの「らぶ・りな LOVE RInA」です。

こちらは「こいこく/陵こえり」とか「汗萌え!/猫守麻里鈴」などそっち系と同じ、”華陵コミックス”なんですが…。
華陵学園」は初等部だけじゃーないんですね(笑)

「我無」センセの漫画は初見。
今回の「らぶ・りな」が初単行本でいいのかな?
あとがきまんがの雰囲気にそんな感じはなかったんですが、帯文句から判断して↑データーに入れました。
なにしろ検索にひっかかり辛いお名前だったので、途中で調査を断念したんですねー。
どうなのかなぁ。
なんだか短編集っぽい色がありますが、実は中編「三千世界の剣士を殺し」と「ヤリ探-日野原探偵事件ファイル-」だけの構成。
また、「三千世界の~」に登場するキャラは「ヤリ探」でも成長した姿で出演しており、1冊まるまるという感覚もありました。

河本里奈
※河本里奈
 右が「ヤリ探」での姿です。…あんまり変わりませんね。

剣道部の先輩「河本里奈」に恋をしたラグビー選手の「村仲賢治」
彼の告白に対して”氷の女王”という彼女のガードは固く、
勝負して勝ったら付き合う
…という条件を出されてしまうのです。
十数年も剣道に打ち込んできた「里奈」に素人同然の「賢治」では勝負にすらならず、相手にしてもらえない状況に…と、だいたいそんなんが「三千世界の剣士を殺し」
なぜか単行本の表題にもなっている番外編「らぶ・りな」を含めた、計3話の中編なのです。

番外編で主役だった「丸子聡美」を含めた、3名によるラブコメ漫画。
まず、「里奈さん」が婦警の格好で「聡美ちゃん」にエロい事されている↓表紙ですが、こんなシーンはありません
なにしろ、単行本中で「里奈さん」は一度もあの格好をしておりませんでした。
ちと残念ですねー。
紹介帯の文言「女剣士に婦警さんに探偵助手がヤリまくりっ!」もはっきり言って”婦警さんに~”のトコは大嘘なので、お好きな方は注意が必要です。

さて、漫画は「賢治くん」、「聡美ちゃん」の2人が、「里奈さん」を取りあうネタ。
ヒロインである剣道部主将「里奈さん」は極端でない程度の凛々しい方で、確かに魅力的。
2話目は、2人にされてしまうお約束な展開でした。
でも、毎回道着の下にシャツもブラも着ていないところは漫画ですよねー。
やっぱり、ばっと引き下ろして胸が飛び出す演出のためかなぁ。
ちなみに、「聡美ちゃん」も何も着ていませんでした。
この部はそんな方針なのかな。

一ノ瀬絢華
※一ノ瀬絢華
 彼女は後半が良かったですねー。

描き下ろし「その後の探偵事務所」もある全6話「ヤリ探-日野原探偵事件ファイル-」
日野原探偵事務所の探偵「日野原仁」
優秀ながら好みの女性を喰う悪癖があり、とある浮気調査から知りあった「一ノ瀬絢華(いちのせ・あやか)」は、そうした流れから強引に助手として居着いておりました。
周囲で正体不明な連続殺人事件が起こっている頃、”ストーカーに狙われている”という「近藤あゆみ」より身辺警護を依頼されたのですが…と、大雑把にはそんなお話。

各話で事件が変わるブツ切り展開ではなく、基本的に「あゆみさん」の依頼で進む連続ストーリー。
先ほどの漫画に出演していた「里奈さん」、「賢治くん」は華陵署の警官として登場しております。
不確かな依頼が「里奈さん」らの追いかけていた事件と繋がるお約束な展開で、なかなか読み応えあるお話になっていました。
逆に成年漫画としてはやや微妙。
正直なところ「あゆみさん」のえっちシーンはさして見たいものはでなく、もう1人は…秘密。
当初、”随分ハデな人”と称されていた「絢華さん」は回を重ねる毎に角が取れ、後半では”女性ならでは”という包容力を見せておりました
特に、中盤あたり4話での台詞、「あたり前じゃない」のシーンは非常にいい感じでした。
なかなか魅力的なコンビだったと思います。
欲を言えば、華陵署の2人がもう少しお話に絡んでほしかったですね。
…完全にサブキャラ扱いで、えっちシーンもなかった「里奈さん」は……次に期待しましょう。

読んでいて気になったのが、ふと極端に乱れる作画について。
何故なんだろう?
初出との関係は見られないため、時期的なものではない様子。
処理が異なっているのか、はたまた元々の原稿に修正が入っているのか、よく分かんないですね。
すらりとしたアダルトなキャラ絵で、一般系えっち漫画とかで見かけるような風情でした。
とにかく安定しないため非常に癖は強く、読み手を選ぶだろう漫画になっています。

大まかには↓表紙・裏表紙の判断で問題ありません。
迷った方は、次巻まで様子見というのが安全かも。

らぶ・りな

らぶ・りな (華陵COMICS)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 華陵コミックス 華陵学園 連続殺人事件

■まんがの作り方 (平尾アウリ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 漫画家・百合
・おまけ: あとがき。
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、
       平尾アウリさんに12の質問、
       7話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「平尾アウリ(ひらお・あうり)」センセの「まんがの作り方 1巻」です。

第2回「龍神賞」にて”銀龍賞”という輝かしい冠をもつ、「平尾アウリ」センセ。
まぁ、ぶっちゃけ「龍神賞」というのがどれだけのものか、ひでる分かっていないんですけどね。
…うーん、これはまた文書くのが難しいタイプだなぁ……。

そちらの受賞作品から続いた連載が、初単行本「まんがの作り方」なのでした。
おまけとして、合間に”センセへの質問”が収録されていましたけど…なんというか、そのまんま漫画描いている方なのかなぁ。

川口さんと森下さん「デート」
※カップル画像1:川口さんと森下さん「デート」
 こう並ぶと、なかなかおさまりイイ感じです。

13歳で漫画家デビューした実績を持つ主人公「川口あすか」さん。
しかし、当時は若さがため話題となったようなところがあり、すっかり仕事のなくなった現在は普通に学業・バイトをする毎日なのでした。
私漫画家になる
19歳で学校を卒業していた「川口さん」は、お気に入りの漫画家「さち」に影響されたこともあって、そんな決意をするのです。
漫画をリアルに描くには、実体験しかない。
世間ではガールズラブが流行していることを知っていた「川口さん」は、自らを慕うバイト先の後輩「森下」さんと付き合うこととしたのでした。
実は、その「森下さん」こそ、漫画家「さち」だったのです。
だいたいそんな感じ。

紹介帯にもあったように、一応そんなんが題材となってはいますが、いわゆる百合漫画ではありません。
…今のところは。
単語にうっかり釣られないよう、注意して下さい。

そこらに転がるありがちなタイプの漫画ではなく、センセの独特な世界が広がっておりました
いかにも玄人好みっぽく、漫画賞受賞というのもなんだか納得。
ただ、賞がそのまま広範囲の読者に刺さるかと言えば…それはちと疑問ですね
読者によって、評価は完全に割れるのではないかなぁ。
ほら、よく映画とかで「評論家の評価は高いけどよくわかんない」、みたいな作品あるじゃーないですか。
雰囲気としてはそんな感じなのよ。

漫画家である後輩「森下さん」
学校から漫画、そしてバイトという、多忙な毎日を送る彼女。
デートの時間をむりやり空けるなど、本気で「川口さん」を好いているのでした。
5話の結婚という言葉に反応する描写、4話での敵愾心剥き出しな様などがいいですね。
もっとあちこちで揉めたり、爆発してくれればいいんですが、あちこちで気持ちを前面にしながらも「川口さん」が同好の士でないこともちゃんと理解しており、一途に従うだけなのでした。

一方の「川口さん」は、描きたい漫画すら特に見つかっていないという現状。
再デビューそこそこで雑誌に載るなど実力はある様子でしたが、気がついてこないタイプです。
あちこちの言動からも、漫画で成功するとは到底思えませんねぇ。
ネタ探しもあって「森下さん」と一緒にいるというのに、そんなんもまるで生かされておりません。
メモ取るとかしなさいよ。
そんなこんなで、恋愛(これは一方的なものですが)にしろ漫画にしろ、その気がないのです。

川口さんと森下さん「好き?」
※カップル画像2:川口さんと森下さん「好き?」
 いちおう、こんなんはありました。

主要キャラである2人がそうした感じなので、実にゆったりな展開
一応、漫画面では前進が見られましたから、恋愛面についてもそのうち関係は変わっていくのかなぁ…。
今のところ登場キャラは「川口さん」の弟「政人」くんを含めた3名のみです。
それぞれじっくりは描かれていましたが、鋭く心理を抉るという風情でもありません。
ひでるさん程度では先が読めませんねー。

ちなみに、弟「政人くん」はクラスメイトである「森下さん」のことが好きなんですが…まるで相手にされないのがトコトン気の毒。
3話にあった、昼での出来事にどすーんと落ち込む彼に対して、「森下さん」は意にも介していないという…ああ……。
しっかりネタにされていたほか、野球観戦でも途中で帰られたりしていました。
…まぁ、がんばって(笑)

柔らかくすっきりとした作画。
濃淡は薄く白比率も高いので、なんとなく少女漫画ちっくな空気がありました。
独特なタッチとテンポのある方で、昔の白黒・無声映画のような感覚
派手なアクションとは無縁ですね。
そんなため、ちょろっとあった擬音の処理が微妙でした。
ほぼ↓表紙・裏表紙そのままという感覚なので、そちらで判断下さい。

前述しているように、センセの感性がそのまま漫画となったみたいです。
正直なところ、ひでるさんとしては面白くはあるものの、刺さるほどではありませんでした。
(※普通のラブコメのがいいなぁ、と思う)
こちらは受賞から続く漫画でしたから、次の漫画をどう処理されるのかが気になります

まんがの作り方 (1) (リュウコミックス) (リュウコミックス)まんがの作り方 (1) (リュウコミックス) (リュウコミックス)
(2009/02/20)
平尾 アウリ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 百合漫画 少女漫画 ラブコメ アクション

■聖ペナルティ学園 獄 (小柳ロイヤル)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・複数
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「おまけ」
・その他: 初単行本、短編×8(うち「ミルキーショットッ!」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小柳ロイヤル(こやなぎ・ろいやる)」センセの「聖ペナルティ学園 獄」です。

これはまた凄いなぁ…。
紹介帯の文言「大・乱・交作品集!」などが、そのまんまでした。
あれは的確でいい紹介帯でしたねー。

そんな訳で、↓表紙の雰囲気よりもハードちょいプラスという感じの単行本「聖ペナルティ学園 獄」です。
描かれる「小柳ロイヤル」センセの初ですね。
1話ほど前後編がありましたが、他は表題作を含め全て短編でした。
それら収録の各話には、例外なく複数での描写があります。
意外にブラックな展開はありませんでしたが、人を選ぶ単行本です
苦手な方は…おそらく↓表紙段階で手を出さないでしょうけれど、ちょっと注意ね。

宮瀬あかり、北見香穂、榊勇子
※左から、宮瀬あかり、北見香穂、榊勇子
 彼女らのが目立っていたような印象が…。

表題作の短編「聖ペナルティ学園“獄”」
”他人のために尽くすこと…それが魂の救済となるのです”
校則を3度破ると、「懲罰室」という部屋に入れられ、あるペナルティを科せられるという学園。
眼鏡の「姫崎杏」さんは、悪友「火野あやめ」によって懲罰室行きとなってしまうのでした。
さて、そこで繰り広げられるペナルティとは??

よく男子が妄想するような(笑)、学校のエロいお仕置き漫画です
「懲罰室」へ呼ばれたのは「杏」、「あやめ」の他にも数名おり、その他大勢という扱いでなく、ちょっとしたバックストーリーと共にキチンと描かれていたのがポイント高いです。
バイトがバレたという中等部「北見香穂」は雰囲気的に止むを得ない事情があるようですし、早弁が理由の高等部「坂曽根愛子」はここ頻繁で完全に慣れきっている様子。
水泳部のホープという高等部「榊勇子」は彼氏と授業をサボったのが原因なようですが、終始彼氏ネタで言葉攻めにされていました。
(※ちなみに男子用の「懲罰室」もあり、そちらでは彼がシスターにお仕置きされているのだとか…)
さらに、もっとも幼いだろう初等部「宮瀬あかり」がやたら馴染んでノリノリだというギャップもいいですね。
…ただ、やっぱり主要2人の存在が霞む原因になっていたかなぁ。
もう少しページあれば良かったんですけど。
後半の見開きにてお尻がずらりと並ぶ絵は圧巻でした。

短編ではあるものの、単行本を代表するようなお話でした。
↓表紙・中表紙・カバー裏などに登場しているのも納得で、冒頭話に相応しい内容でしょう。
先生まで加わっていたのが面白いですよね。
…罰じゃないじゃん。

姫崎杏、火野あやめ、藤沢京香、雨宮さん
※左から、姫崎杏、火野あやめ、藤沢京香、雨宮さん
 …ね、眼鏡率がなにげに高いのですよ。

同じく学園話「神田原さん御乱心!!MAX」は名物風紀委員、「ピンクチャイム after5」はえろえろな「五十嵐蘭子」先生、「空色夏娘 Deep」は転校してきた「雨宮」さんというお話でした。

前から調査していた、”男女の出会いを斡旋”するという裏サークルをつきとめた風紀委員「神田原桜子」先輩ほか、外人「エリン」、「悟」という3名は、潜入して実態調査をするんですが…という「神田原さん御乱心!!MAX」
まぁ、当然ながら捕まりますわね。
前振りあったものの、あの場面で「桜子さん」をえろえろにしない方が良かったかなぁ。

担任「五十嵐蘭子」の性欲を満たすだけのために存在するという「処理係」
当初は支持していた男子連中でしたが、「淫獣」と称されるほどのモンスターばりな欲求に、今ではそれも嫌がる始末なのでした。
助けを求められたクラス委員「武田」さんは一計を案じるんですが…という「ピンクチャイム after5」
あの流れは想像できるものでしたが、読者の期待を反映していたと思います。
やっぱりエロ教師はあーでなければねー。

まだクラスに馴染めない「雨宮さん」を、林間学校にて「藤沢京香」さんが手助けする「空色夏娘 Deep」
方法は成年漫画ですから確かにトンデモなものでしたが、いや、コレはいい話に感じましたよ。
そのままほっとくより、ナンボかいいでしょう。
巨乳をサラシで隠していたという「雨宮さん」のコンプレックスも結果的に解消してました。
ただ、もうちょっとサラシな描写が欲しかったです。

収録では唯一の連続話「ミルキーショットッ!」
校内にて盗撮したネタを売りさばいて活動資金としている、写真部の部長「和泉」さんとその手下というべき「平井ケータ」くん。
ちょくちょく「和泉さん」に処理してもらっていたんですが、ある日複数の男に絡む彼女を目撃してしまったのです。
それを切っ掛けとして、2人の関係に疑問を感じた「ケータくん」は感情そのままを口に出してしまうのでした…。

収録では最も変化球なアプローチですかね。
やっぱり複数があったものの、メインの2人がためかラブコメちっくないい話となっておりました
裏表紙・折り返し部分・カバー裏などに登場していた「和泉さん」
前半のロッカー内えっちがいいですねー。シマパンでしたし。
寸前でかわしたのは見事なんですが、これも「ケータくん」を不安にさせる材料となっておりました。
後半にあった、顧問「小林雛子」先生との際に、「和泉さん」を思い出す描写も効果的。
派手なえっちがありながら、2人の関係を中心としたお話もよくまとまっていました

和泉さん、一ノ瀬葵
※左:和泉さん、右:一ノ瀬葵
 「葵さん」はあの後学校で会った際の描写もほしかったです。
 
ほか、ピザ屋宅配の「PM03:40 宅配日和。」
「行けば分かる」と言われて届けた先には…なぜかメイド服を着た同級生「一ノ瀬葵」がいたのでした。
片目の隠れる髪型が可愛いです。
またクラスメイトであるためちょっとした緊張感があり、「学校の人は言わないで…」という台詞が実に良かったです。
兄「利樹」、妹「紗恵」の近親系「Sokan’s diary」
相手が近親者というタブーを破るための空間って…これまたモノ凄い発想。
録画もそうですが…あれ場所提供と二重で儲けてるって事ですよね?
うわ、彼ら最低だぁ。

強い線の濃い目な絵柄。
各処理もそうなんですが、とにかくネタ的にも人がいっぱい描かれており、ごっちゃりとして濃厚
センセ大変でしたねー…というか、本気でこんなん好きなんでしょうねー。
日常・コメディー部分は、それとは逆にあっさりとしています。
落差があり、人によって評価分かれるところでしょう。
リアル気味なキャラ絵で、しっかりと描かれた鼻、厚い唇が特徴。
時期に差があって変化もあるんですが、さほど気にならない程度だと思います。
書店では、↓表紙にて判断下さい。

人物ほか背景も良く、絵柄・お話どちらもこの感じで安定すれば、新たなステージ(?)なども見えそうな感じでした。
今後が楽しみですね。
また、ざーと見て男女とも眼鏡キャラが多かったかなぁ。
そんなん好きな方も注目ですよ。

聖ペナルティ学園 獄 (メガストアコミックスシリーズ No. 207)聖ペナルティ学園 獄 (メガストアコミックスシリーズ No. 207)
(2009/02/19)
小柳ロイヤル

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■Piaキャロットへようこそ!!G.P. (宇佐美渉)

★まんがデーター [6/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■□□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 原作ゲームラブコメ
・おまけ: あとがき、原作者コメント、イラスト、
      カバー裏に別絵・コメント3コマ。
・その他: 原作「みささぎらん」・「FC-G/G.P.製作委員会」、
      折り返しにコメント、折り込み小ポスター、
      6話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宇佐美渉(うさみ・わたる)」センセの「Piaキャロットへようこそ!!G.P.」です。

うわ、ゲームは発売されたばっかなんだ…。
発売時期としては、実にタイムリーと言えるでしょう。

そんなこんなで、「Piaキャロットへようこそ!!G.P.」です。
「Piaキャロット~」ですが、実は珍しくプレイしたことあります。
もっとも最初のやつね。
試しに調べてみたら、1996年が発売でした。
うひゃー、懐かしいなぁ。
当時は98でMSDOSでしたよ
あの頃は良かったなぁ……………。

とまぁ、余談はそれくらいにして、今回の漫画「Piaキャロットへようこそ!!G.P.」について。
この手のモノは合わないだろう、と知っているんです。
知っているんですが…描いていたのが「宇佐美渉」センセだったので、手にとりました。
いちおう、どんなんか見届けたかったのです。
しかし、ついこないだ「最終試験くじら」を取り上げましたが、センセ最近はこんなんばっかですねー。
えっちでなくてもいいので、ぜひオリジナルを描いてほしいですよ。

そうした訳で、これから正直な感想を書かせて頂きます。
毎度のことですが、そんなん得意でない方はご退出下さいませ。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
だって全然刺さらなかったんだもん。


諸見里葵、黒須美羽
※左:諸見里葵、右:黒須美羽
 両極端な接客の図。キレた時点でサービス業は失格。

生まれて不幸続きという主人公「鴨下大翔(かもした・ひろと)」
両親にも先立たれ、天涯孤独の身であった「大翔」は、「Piaキャロット8号店」のバイトに採用されていたんですが…なんと初日に爆発事故があり、仕事どころか賠償問題を抱えてしまったのでした。
自暴自棄になっていた「大翔」ですが、謎の仮面ウェイトレスの助けもあり、学生のみで運営される街に完成した「Piaキャロット学園特区店」の店長として働くこととなったのです。
…だいたいそんな導入部。

各話それぞれメインヒロインが変わるタイプでそれぞれの連続性は薄く、同キャラ・ブツ切りという感覚。
複数ヒロインに囲まれるゲームをそのまま割り振ってネタとしており、非常にユルユルとした漫画に仕上がっておりました
こりゃー、だめだ。

冒頭に収録されたプロローグ部分。
掴みとなる大事な部分だと思うんですが、これがガチャガチャして先行き不安になるだけでした。
もう少し長くページを割いてちゃんとスタッフ集める描写を描くとか、あるいはキャラ紹介ページだけで軽くさらっと流した方が良かったのでは?

だいたい、”学園特区店”という設定が疑問。
わざわざ店舗スタッフを学生だけにしたい理由はなんなんだろう??
”学生のみで運営される街”、というのもひでるさんの想像を超えているんですねー。
よっく分かんないです。
実績ゼロな「大翔くん」が店長として抜擢されたのも意味不明。
リアリティないなぁ。

1話は小さいながら暴力的という先輩「黒須美羽」がメイン。
いきなり客に怒鳴る場面があってげんなり
こんなウェイトレスいるかいな。
後半のトラブルとなる客も同様ですね。
だいたい、隣に座って接客したら風俗になっちゃいますよ。
届け出必要なのですよ。(→それに学生でしょーが)

無理やりお見合いさせられる「汐月さくら」の3話。
見合い場所をファミレスとするのは仕方ないとしても、あの後半はなんだかなぁ。
女子供にやられるヤクザってなに?
最も酷いのが4話
地味な「黒須美咲」をイメチェンさせるというお話なんですが…ウェイトレス目立たせる理由って?
わざわざ皆で示し合わせたのも意味不明。
彼女はキチンと仕事できており、どうにかすべきは姉の「美羽さん」の方でしょう?

紗東陽菜、汐月さくら
※左:紗東陽菜、右:汐月さくら
 同居中は何もなかったのかなぁ。

幼馴染み「紗東陽菜(さとう・ひな)」とのエピソードは、メインヒロインというだけあって最終の5話でした。
逆に言うと、それまでほとんどほったらかし
だらだらと↑上に書いてきた、色々ユルかったのはまーいいとしても、ここに最大のポイントがあるんです

街に来た主人公「大翔くん」は住むところなく、1年ぶりに再会した「陽菜さん」の女子寮にてこっそり同居することとなるんですが…はっきり言ってこっちのが気になりませんか??
幼馴染みな女の子と同居ですよ?
しかも、女子寮にこっそりなんでしょ??

そりゃー、普通に生活するだけで色々なイベントがありそうなもんです。
5話の不意な事故で2人急接近していましたが、日常でもあーした場面は多くありそうで…。
だいたい、「大翔くん」の不幸がどーのこーのというのは、「陽菜さん」向け設定なの?
やっぱりよく分かんない。

相変わらずの可愛らしい絵柄です。
実際のゲームと比較すると、だいぶ「宇佐美渉」センセちっくにデフォルメされておりました。
やや癖が強いので、評価は分かれるところでしょう。
ちなみに、漫画中ではちょくちょくパンチラあったほか、妄想部分ですがバストトップまで描かれておりました。
こうした単行本では、珍しくサービス良好でしたね。
どうせなら、もう一歩踏み込んでギリギリを狙ってくれれば、また違った魅力が出たかもしれないのに…。

”題材を漫画とした際、どう見せたら面白いのか”という部分をまったく考えないまま、ストーリー・構成を組んだような印象。
原作の「みささぎらん」さんは実際のゲームにてシナリオ書いていた方らしいので、その流れだったのでしょう。
完全にゲームをやった人向けで、各キャラ別エピソードの紹介という感じなのかな
残念ながら、こちらだけではゲームの面白さ伝わりませんし、単行本として評価できたものではありません。
安易に漫画とするのはやめた方がいいのではないかなぁ。
WILD ARMS XF/鈴羅木かりん」、「キラ☆キラ/上田キク」などよく練られて仕上がり良かったのもあるというのに、これでは漫画家さんが気の毒ですよ。

なんだか3月にも「宇佐美渉」センセ描いたゲーム原作の単行本が発売されるようでしたが…。
やっぱり昔のようなオリジナルを描いてほしいなぁ。

Piaキャロットへようこそ!!G.P.

Pia・キャロットへようこそ!!G.P. (チャンピオンREDコミックス)

※こちらが原作。
Piaキャロットへようこそ!! G.P. ~学園プリンセス~ デラックスパックPiaキャロットへようこそ!! G.P. ~学園プリンセス~ デラックスパック
(2009/01/22)
PlayStation2

商品詳細を見る



★「宇佐美渉」センセの漫画紹介記事
メイプル・フール・デイズ
We/Are -Cruel Angel's
最終試験くじら Progressive C‐side



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 原作ゲーム ラブコメ パンチラ バストトップ

■ヒロイック・マニア (ウメ吉)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ファンタジー
・おまけ: あとがき、
      描き下ろし「淫辱剣士七緒」
・その他: 短編×9(うち「剣士七緒さんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ウメ吉(うめきち)」センセの「ヒロイック・マニア」です。

今日は何を紹介しようかぎりぎりまで迷いましたが…最後に読んだこちらの漫画に一発決定しました。
毎度おなじみ、「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本です。
正直なところ、買った際は何気なく。
読んだのもなんとな~く、というところだったんですけど、ページを開いて評価一転。
こりゃ、好きな絵柄ですよ。

そんな「ヒロイック・マニア」は「ウメ吉」センセ2冊目の単行本。
心なしか、和風なネタが目立っているように感じました。
センセの描かれるヒロインは凛々しさあって黒髪もよく映えていたので、その傾向もぴったりだと思います
そんな訳で和風ちっくなお話から。

大河七緒
※大河七緒
 凛々しい「七緒さん」です。格好いいですよ。

↓表紙を飾る「大河七緒」さんの「白濁剣士 七緒」
”討伐隊”とか呼ばれている、「大河七緒」は風紀委員なヒロイン。
剣術に秀でる彼女は木刀を持てば男子でも敵なしで、学園の不良らも恐れる存在でした。
ある日、いじめられているところを助けたことのある「中江」くんから、
稽古をつけてほしい
と、依頼されました。
快くそれに応じた「七緒さん」でしたが…。
大まかにはそんなお話。

制服と剣、ついでにポニーテールという組み合わせはあちこちで見られますが、何故かしっくりと合うものですねー。
そう言えば、「夢幻戦士ヴァリス 2巻」も今月発売です。こっちも楽しみですね。
さて、そんな余談は置いといて。
↓表紙は真剣でしたが、学園モノという訳で本編では木刀。
稽古を受けた際のふとした微笑が素敵でしたが…実は不良らよりもタチの悪かった彼が、いやーな後味を醸し出しておりました。
その後日談、「淫辱剣士 七緒」は嬉しい描き下ろし短編。
あっさり流されていましたが、数々のエグい行為が最低な感じです。うわわー。
どーでもいいですが、昨日の漫画にもあった”視界がいきなりパンチラ(モロか)となる初登場1コマ目”が素敵でした。

「傀儡の巫女」は鬼たちを退ける巫女「紗月」さまの短編。
てっきり鬼に色々とされるのかと思いましたが…この後にもありますが、”もっとも悪しきのは人間”というパターン。
相手が化け物でなかっただけマシか。どうかな?
作中の陰陽師「葛門」に注目。
たった髪の毛1本で、彼女を完全に支配していました。
あー見えて、なかなか実力ありそうです。
途中でわざわざ術を解除するあたりも、嫌らしさ満点でいい感じ(笑)

紗月さま、霧沢つばき
※左:巫女「紗月さま」、右:忍者「霧沢つばき」
 いきなり登場の「つばきさん」です。片手で押さえてるとこも可愛いです。

ありがちな時代錯誤の忍者「いいなりコンプレックス」は、収録では異質のラブコメ風。
主人公「将己(まさき)」くんの家とは戦国の世から主従関係であったという幼馴染み「霧沢つばき」さん。
きっちり「くのいち」として教育され、「将己くん」を主と仰ぐ見事なズレっぷりなのでした。
常に従い、守ってくれるのは嬉しいものの、複雑な心境の「将己くん」はふとした切っ掛けで…。

授業中も屋根裏(←そんなんあるのか?)に潜んでいるなど、常に傍で控える「つばきさん」
任務外の感情も強いのでしょう、お互いラブラブでえっち付近のやたらな乙女ちっく顔に撃沈
いやいや、可愛い娘さんでしたねー
あの着ているのは鎖帷子でないのかな。
あみあみな胸とか、超ミニな丈の割に小さい下着もセクシーで良かったです
続きとかなんとか言うより、まるまるこの娘で1冊見たいですよ。
描いてくれないかなぁ。

同じくあみあみなストッキングがいい感じであった、「服従ブレイン~淫堕の秘書捜査官~」は現代の潜入捜査モノ。
裏世界で話題になっている”電子ドラック”
視覚から直接脳を蝕む…だって、おっかなー。
そんなんと関わりがあるとされる社長「成松秀人」、そしてヒロイン「雨宮理紗」さんは秘書として潜入しているのでした。
ネタにたどり着いた時点で捕縛されるお約束だったので…当然オチはあーなりますわね。

エクソシスト「アーシェさん」
※エクソシスト「アーシェさん」
 なんでこんな格好してるんだろう。

「セイントビッチ」は、いかにも動き辛そうなゴスロリ服のエクソシスト「アーシェ」さん。
ちょっとしたミスがため、祓うべき悪魔がパートナーであった「ランス」先生に憑依してしまう展開。
もともと師弟関係だったらしく、「アーシェさん」は先生のことが好きだった、というのが物語のポイントになっておりました。
ただ、まーさかオチがあんなんなるとは思わず、ややびっくり。

キルタイムコミュニケーション」さんということで、やっぱりあった触手モノ2話。
「恥辱の罠」は洋風(?)な剣士と触手、「生贄皇女エーテル」はお姫様に触手という超定番モノでした。
賞金稼ぎなA級ハンター「リノ」さん。
たいがい戦闘からなんとなーくえっちが始まるパターンなんですが、こちらのモンスターはもともとそのつもりであったので、ある意味自然な展開です。
一方、魔物の進軍に対して民を城へ入れて皆を励ますという、良い姫様な「エーテルさん」
そんな方があーなってしまうというのは、こうした漫画のお約束。
ここでも人間の醜さが描かれており、結局は~というオチになっていました。

エーテル姫様、ミオ姉、ナオ姉
※左からエーテル姫様、ミオ姉、ナオ姉。
 普通な感じの漫画も良かったです。中編とかが見たいなぁ。

「ナオ」、「ミオ」というお姉さん2人とのラブ系「しすたー・らいふ」
これは最もらしくない、普通の漫画でしたねー
憧れていたお姉ちゃんらと、「トモ」くんの嬉し恥ずかしな同居ライフ。
あそこで言い返すのは大人げないなぁ…とか思いましたが、なんとこれが功を奏す流れ。
まぁ、もともとラブラブでしたけどね。
ノリノリで確実に学業はおろそかになりそうでした。

強い黒線の絵柄。
あちこち無駄なく丁寧で、バランスにも優れております。
お話もあってかやや濃い目であるものの、トーン・ベタの処理も適度でした。
可愛くも色っぽい、極端でないキャラも心地よい感覚
判断は↓表紙のカラー絵ではなく、裏表紙のカットを参考にしてください。
白黒絵のが巧い方です。

前述しておりますが、この手のタイプはひでるさん好きなんですねー。
初単行本「愛玩マゾヒスト」も探してみようと思いました。
…たぶん作者の方は関係ないと思いますが、「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本はあちこち絵を使いまわす(※もくじ、折り返し、カバー裏など)こと多いのはちと残念。
いろいろ都合があるのだろうとは思うんですが…。

ヒロイック・マニア (二次元ドリームコミックス) (二次元ドリームコミックス 165)ヒロイック・マニア (二次元ドリームコミックス) (二次元ドリームコミックス 165)
(2009/02/19)
ウメ吉

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ ファンタジー ポニーテール ラブコメ キルタイムコミュニケーション ストッキング

■チアリズム (ED)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵、
      未公開スケッチ(8P)、
      描き下ろし「teach me Love」(たぶん)
・その他: カラー(8P)、短編×10(うち「カンナさんシリーズ」×3、
      「浅田さんシリーズ」×2、「瑞希さんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ED(いーでぃー)」センセの「チアリズム」です。

たぶん、1冊目は見たような気がするんですが……忘れました。
まぁ、いいか。
そんな訳で「ED」センセ2冊目の単行本、「チアリズム」です。
各話それぞれタイトルが異なっており、一見すると短編集という風情ですが、収録には連続話も混じっておりました。
なんだか久しぶりな気する、正統派なラブコメ
非常に読後感の良い、甘いラブラブえっちでした
それだけに、↓表紙はもっと楽しい感じのが良かったと思うのだけれども…どうでしょう?

柳生カンナ
※柳生カンナさん
 せっかくなので、両コス用意してみました。でか過ぎです。

表題にもかかっている、単行本のメイン「チアーでV!!」
チアリーディングの部長「柳生カンナ」さん。
部活中、毎日のように弁当をたかりにくる「浩紀」くんとは幼馴染みの間柄。
その度に罵ってボコボコにしていたものの、ちゃんとお弁当を2つ持ってきているなど満更ではない様子なのでした。
ある日、友人らの勧めもあって新しいユニフォーム片手に「浩紀くん」の家を訪ねるんですが…。
だいたいそんなお話。

↓表紙、裏表紙などのカバーから中扉まで顔を見せている、ヒロイン「カンナさん」
金髪なツインテールで巨乳、しかもチアリーダーということから、異様に目立つ容姿をしておりました。
心とは裏腹にすぐ言葉・手が出てしまう、ツンデレちっくな娘さんというキャラ設定も素敵です
えっちシーンは露出の多い新コスチュームでしたが、スタンダードな旧コスも捨て難いなぁ…。
それに続く「cheers of LOVE」
前話にもあった、お弁当が切っ掛けとなっているのは良い流れ。
ただ、チアコスチュームでなく制服だったのは、好きな人には良し悪しかなぁ。
前半同様、照れ隠しみたいにえっちが始まるパターンはキャラと合っており、刺さる方多いことでしょう。たぶん。
なお、授業中に眼鏡をかけているところを発見しました。
数コマだけでしたが、そんなんもいいですね。

エロい顧問の「柊」先生が僅かの出演ながらいい味を出していましたが、「teach me Love」は彼女の主役話。
わかんないですが、ページ数がぴったりだったのでおそらくコレが描き下ろしかと。
太い眉毛が特徴な、テンション高い「柊先生」です。
できればどんな下着なのかじっくり見たかったんですが…あっさり脱いだのがなにげに残念(笑)

春本姉妹、浅田さん
※左:春本姉妹、右:浅田さん
 この「浅田さん」がやたら可愛いのです。カラー漫画のオチも。
 
どっかの双子が使った必殺技みたいなタイトルの「ツインラブハリケーン」
瓜二つなツインテールの双子、春本姉妹「椛(もみじ)」、「楓(かえで)」と「恭之」くんのラブコメですね。
不器用な2人の実験台とされる毎日で、「何でオレなんだ…」という問に対する双子の台詞。
そんなの、あんた好きだからに決まってんじゃない
ここがいいですねー。
蜜色おとぎ話/智沢渚優」に収録されていたひでるのお気に入り「決まってんじゃない!!」を思い出します。
なかなか素直になれない先の「カンナさん」とは逆で、ド直球な様が実にいい感じでした。
(※しかも声揃ってる)
その理由(→いちおう伏せます:姉妹をキチンと見分けているのが彼だけだった)はベタですが、短編ですし分かり易くていいですね。
あとは…冒頭のブルマでない体操着は最近だとリアルなのかなぁ、とか思いました。

「恋もよう雨のち晴れ」は金髪でブルーな瞳というハーフな「浅田」さんと、いつも黙々と土手を走っている「高城」くんのラブラブ漫画。
ひでるさんお気に入りなカバー裏が…この「浅田さん」ですよね、たぶん。
実は両想いであった2人が、天候を切っ掛けに告白する流れ。
それまでぐるぐると思考を巡らせるだけだった2人が、ぶち抜きページのソレからいきなりジェットコースターのように展開する様が見事
促されてから自分の気持ちに気付くのも自然で、まとまりの良いお話でした。
うーん、ぜひ「浅田さん」はカラーで見たかったなぁ。
…とか思っていたら、次の「恋愛H模様」がカラー原稿のショートなのです。
うーん、「浅田さん」可愛いなぁ。

瑞希さん、皐月さん
※左:瑞希さん、右:皐月さん
 結構身長差がありそうです。逆転する日はあるのかなぁ。

ほか、生徒会長「瑞希」さんと年下で身長も小さい「翔」くんのカップル「トシウエの彼女」、続く「とししたリベンジ!」は連続話です。
いかにも素敵なお姉さんという「瑞希さん」
ちゃんとした彼氏ではあるものの、お手伝いだのペットだのと周囲から見られてしまう「翔くん」がやきもきと奮戦するんですが…あの気持ちは分かるなぁ。
短編「スマイル・ジェラシー!!」も、人当たりの良い彼女「阿部槙」さんに、彼氏「せーじ」くんがやきもきする”男の嫉妬話”
上の「瑞希さん」と同じく、あんなんでは主導権を握れそうにないですねー
ポニーテールな「奥野皐月(おくの・さつき)」さんと学級委員「雄介」くんの「HEART to HEART」
席替えで隣になった、憧れの人とのドキドキ話。
”女らしくない”とか言ってましたが、ヒロイン「皐月さん」は教師にも指摘されるほど、大きな胸の持ち主なのでした。
ナイス・アシストな「小野田」さんもいいキャラです。
あの後は恰好のネタとしてからかわれそうね。

しなやかな細線の絵柄。
トーン処理が目立ち、濃淡としてはやや薄め。
ただ、コマ割りは結構細かめで線も多いので、ページ全体はごっちゃりと賑やかでした。
えっちシーンには1ページまるまる使うなどの大ゴマあり、メリハリとなっています。
すっと通った鼻と、ツンとしたまつ毛に特徴のあるキャラ絵。
高いすらりとした背丈でリアル寄りながら、未公開スケッチの女の子とか「皐月さん」など、目の大きい女性もバランス良く可愛らしく描かれておりました
巧いですね。
ただ、強めであったコメディー崩し部分については、人によって良し悪しかもしれません。
紹介帯裏のカット絵が判断にはいいでしょう。

いかにもハードっぽい雰囲気ありましたが、見ていて心地よいラブコメ集でした。
前述しておりますが、カバー裏にはカラーな別絵があったんですが…↓表紙よりもそちらの色のが好みです。

チアリズム (メガストアコミックスシリーズ No. 206)チアリズム (メガストアコミックスシリーズ No. 206)
(2009/02/19)
ED

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ポニーテール ジェットコースター

■召しませ♪ハニー (bee)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : むちむち・放尿
・おまけ: なかがき、あとがき、ゲストページ。
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、
      オリジナルポートレート封入、カラー(4P)、
      短編×10(うち「派遣サンタ ユリカ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「bee(びー)」センセの「召しませ♪ハニー」です。

どうにか持ち直しました。
やっぱ「葛根湯」はいいわー。
色々と試しましたが、コレが最も効くのではないでしょうか。わかんないけど。
サラリーマンの必須アイテムですね。

ふらふらとして、読むのがすっかり遅くなってしまいました。
当初はぶっちゃけ「どうかなー」と思っていたんですが、コレが予想に反してなかなか良かったです。
やっぱり漫画は読んでみなければわかりません。

サンタ見習い「ユリカさん」、「最羞バス」のヒロイン
※左:サンタ見習い「ユリカさん」、右:「最羞バス」のヒロイン
 短いです。このコスチュームはいいなぁ。

前後編ある冒頭収録の漫画「派遣サンタ ユリカ」
伝説のサンタ(所長)が立ち上げたサンタ組織。
その実動部隊に所属している、サンタ見習い「ユリカ」さんのお話です。

プレゼントを配る訪問先でえっちされる、お決まりなパターン。
収録のカラー原稿もこちらです。
多少の繋がりあるものの、基本的にはブツ切りなお話なのでした。
普通に立ってるだけでパンチラしている、ミニスカサンタ「ユリカさん」が流れのままえっちされるのが前編。
大人のプレゼントは5万円が上限。
各プレイ毎に「なんちゃら~円」と値段が設定されており、じわじわ金額が減っていくという、「まじかるNAVYティル☆ピッツ/藤村知樹」みたいなお約束漫画です。
まぁ、オチは当然あーなりますわね(笑)
「ユリカさん」が泣いてましたが、リーズナブルな価格が素敵でした。

後編はちょっと流れが変わって、「ユリカさん」のが積極的。
とある理由により、ワイシャツ・ブルマな服装になっていました。
サイズ大きく、手が完全に出ないハカセ風(※オバQ)な様が可愛いですね。
ちなみに、所長さんとえっちしていたお姉さんキャラも好みでした。

漫画では電車のが圧倒的に多い(たぶん)だろう痴漢ネタ「最羞バス」
【痴漢は犯罪です】…分かっているでしょうけれど、いちおう念のため。
色々と迷惑するので、くれぐれも漫画だけのこととして下さいね。
さて、こちらのヒロインはトイレを我慢していたので…なんと放尿シーンまであるのでした
いやいや、ありゃバレるでしょー。
音とか…匂いとか…。
前半に出ていた、容姿よさげな男性が後に助けるのかと思っていましたが、そんなこともなく。
ばっちり最後までえっちされておりました。
ラストページの服から髪型まで派手になっていたのは細かく、なにげにいいと思います。

よし子ちゃん
※よし子ちゃん
 オチはともかく、ネタとしては最も良かったです。

さて、そちらの放尿描写から気にすると、実は収録ではそんなネタが多いことに気付きました。
顔のそっくりな3名の弟に携帯ゲーム機を買ってあげるため、路上でローションを売る女の子の話「バイトのよし子ちゃん」
…名前とかなんとか、元ネタは某懐かしアニメですよね。
何と言っても、この漫画は雨降った後が最高
濡れたシャツからタイヤにお尻がはまる描写、さらに放尿へと続くスペシャルな展開となっていました
あれは恥ずかしいなー。
上下ともびしょ濡れなのですよ(笑)
ただ、オチがよくない。
家庭の内情がどうのというのは…いらなかったのでは?

お話し中で何度も漏らす描写のあった「変態同視」
「一倉」さんはユルいのかな。いやぁねぇ…。
いわゆる机角プレイもある短編。
このネタになると、ひでるさんは「聖なる行水/ぢたま某」を思い出すんですが…他の漫画からAVなどでも、結構あちこち(?)で見かけるのね。
こんなんお好きな方は小躍り下さい。
さて、そんなんを目撃してしまったのはいいとして、わざわざ後日呼び出して問い詰める「健二」くんが訳わかんない。
変態とか酷い事言ってましたね。
うーん、コイツのどこがいいんだろう。
あんなんは逆に可愛いと思うんですが…これは慣れ過ぎか(笑)
いちおうプレイの後に告白し返しているんですが、タイミング悪いです。すぐ言ってあげなさい。
だいたい、モノを盗んでいる時点で「健二くん」は変態というだけでなく、犯罪まで追加されてますよー。
なお、前半の一人部分はブルマ。
後半は制服なんですが、屋上でフェンスとくれば当然後ろからですね。

旅に出た新人魔法使いのファンタジー「C.slave」も放尿ネタがありました。
どうせ捕まっているところから始まるのだから、そのままえっちで良かったのではないかなぁ。
いきなり登場していた尿に弱いスライムはいいとして、途中でふたなりとなって褐色な肌の女の子とえっちする流れが中途半端でまとまり悪いです。
なお、昨日紹介の漫画と違い、成年系ではないのでしっかりと描かれてはいませんが。

新人魔法使いさん、新婚「清水みさとさん」
※左:新人魔法使いさん、右:新婚「清水みさとさん」
 キャラとしては、「みさとさん」が最高。可愛い奥様でした。

結婚1ヵ月目な「清水みさと」さんの「ちゃれんじ奥ちゃま」
頑張って裸エプロンで出迎えるんですが…季節が冬なので、どうにも寒そうでした。
さすがに新婚さんだけあって初々しさあり、こちらを見つめているコマが絶妙です
コタツ内シーンもえっちで良く、実に可愛らしい奥様でした。

ほか、「アメリカ最新式ダイエット!?」は痩せるという名目で中途半端な外人に色々とされるお話。
やっぱり女の子はスレンダーな娘がいいよな」…という言葉を切っ掛けとしているんですが、あのむちむち感がなくなるというのは罪悪ですねー。
冒頭のスパッツ姿がいいんですが、残念ながらすぐ着替えてしまいました。
深夜に営業している完全個室な海の家「ミッドナイト海の家」
ラスト部分が…うーん、これでいいのかなぁ……という感じ。
1杯目はサービスとのことでしたが、あれで1晩いくら取られたかの方が気になりますよ。
短編「河童のおもてなし」も、ラストに何かあるかなーと思いましたが、そのまま終わってしまいました。

強い線のくっきり絵柄。
トーン処理のデジタル絵で、濃淡は適度です。
”少々古い漫画も入ってる”という初単行本の割には安定感あり、しっかり描かれたキャラなども良かったです。
背景とか小物については、いま2、3歩というところでしたけど。
幅広な輪郭ながら比較的小さい目というのが特徴。
そんな訳で、やや下ぶくれ気味。
↓表紙のバランスは微妙な感じがしておりましたが、実際の白黒絵では普通でした
そっちのが全然良いですね。
むちむちとしたキャラが好きなら、まず問題ないでしょう。

そんな訳で、↓表紙はあまり判断に相応しくありません。
ちょっと小さいですが、紹介帯の女の子のがいいかなぁ。
ひでるさんとしてはなかなか楽しめたので、今後も注目していきたいと思います。

召しませハニー

召しませ・ハニー (ヤングコミックコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ ファンタジー サラリーマン スパッツ

■ふたなリッチ!ぷれみあむ (パルコ長嶋)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ふたなり
・おまけ: あとがき、イラスト、
      カラー原稿部分は描き下ろし?
・その他: カラー(4P)、短編×9。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「パルコ長嶋(ぱるこ・ながしま)」センセの「ふたなリッチ!ぷれみあむ」です。

最近の寒暖の差は異常ですね。
何度か書いているように、普段と違ったことをしてるうえ気温も不安定だったので…すっかり体調を崩してしまいました。
しんどいです。
そんな訳で、本日はちょろっとだけでごめんなさい。
皆さまも気をつけて下さいね。

さて、そんな朦朧としたままの意識で紹介するのは、「ふたなリッチ!ぷれみあむ」なのでした。
こちらは「パルコ長嶋」センセ3冊目の単行本。
いくつか紹介記事を読んでいる方はご存じだと思いますが、ふたなりというジャンルはひでるさん理解できません
何がいいのか、まっったく分かりませんね。
こちらの単行本はいつもの”うっかり”ではなく、手に取った際に”ふたなり系”としっかり認識していました。
その瞬間、どういった考えだったか覚えてはいませんが、あえて買ってみることとしたのです。
たぶん……「ブログで紹介する人は少ないだろう」…と考えたのではないかなぁ。

そんな訳で、タイトルからカバーイラストまで全開な単行本「ふたなリッチ!ぷれみあむ」です。
タイトルとは裏腹に、そっち系ジャンルはちょっとだけしか収録されていない~という単行本もありますよね。
しかし、この「ふたなリッチ!ぷれみあむ」は、ほぼふたなり漫画だけで統一されておりました
はっきり言って主要キャラで普通の男女が登場するのは「パズルのカケラ」くらいなもので、他の皆さんは股間にて太く存在感を見せつけておりました。
うわわ、やだなぁ(笑)

安田さん、ウェイトレスさん
※左:安田さん、右:ウェイトレスさん
 はい、ぎりぎりを狙ってみました。

カラー原稿の冒頭話「キレイが大好き!」
ふたなりなOL2人のプリクラ内えっちです。
見ると「なつき」さんは必ず受け側の役割なんですね。
「アフターは下剋上!」も会社OL話。
登場は「沢田」さん、「ユキ」さん、「珠子」ちゃんというタイプ異なる3名いるんですが…全員ふたなり。
この会社やだなー。
ちなみに、短編「昼休みはドキドキ」も登場キャラ3名が揃ってふたなり。
プレイ中の2人に3人目が絡む流れも同様でした。(※絡み方が違ってます)
タイトルそのまんまな「楽しい残業の仕方」も当然ながらOLモノ。
眼鏡の「安田」さんとバイトの娘ですが、当然どちらもふたなり。
黒タイツの描写はいいんですが…。

中華飲食店での「チャイナシンドローム」
これはチャイナ服とふたなりの組み合わせを楽しむ漫画なのかな。
意識して振る舞う~みたいな話はなんとなく理解できますが…あれは不自然に目立ちそうですね。
ちなみに、オーナーさん・ウェイトレスどちらもふたなりです。

才色兼備なお嬢様とメイド「麻由子」さんの「アソビの時間」
またまたふたなりなんですが、お嬢様…でいいのか??
メイドさんは複数描かれておりましたが、ひょっとしてアレは皆さんがそうなのかなぁ。

シスター2人の「あの世で罰を受けるほど」
1人はふたなりでしたが、こちらの先輩シスターは普通の女の子でした。
なんだか妙に新鮮な感じがしましたけど、普通は“どっちもふたなり”というより、“ふたなり+女の子”というこちらの形式のが多いのではないかなぁ。

先生と委員長のラブラブ漫画「委員長の憂鬱」
スカート丈の短さが気になりました。
あれは…なんらかの切っ掛けですぐバレそうですね。

麻由子さん、シスター2人
※左:麻由子さん、右:シスター2人
 最も右にいる先輩シスターのみ、普通の女性です。

ざっと読んで気付きましたが…この”ふたなり”というジャンルは、外見ほぼ女性として描かれていますよね。
野郎なんて見たくも書きたくもない、というのはなんとなく理解できます(笑)
上でも書きましたが、収録されている「あの世で罰を受けるほど」にあった“ふたなり+女の子”という組み合わせ。
あれは、“男子はできれば描きたくないけれど、えっちシーンでは不可欠”というジレンマの回避手段の1つであると考えています。
ただ、収録のほとんどである“ふたなり+ふたなり”になると、もう理解の範疇外
単純に男性器が好きなのかね。
可愛らしい外観なのに実はグロテスクなものが生えてる…というギャップが刺さるのか?
確かに、小さな下着からどかーんとはみ出している絵は、エロい(えぐい)感じがありましたけど…。

なお、前述しているように「パズルのカケラ」だけ普通の男女でした。
男子ヌードモデルとされた「島崎」くんと、「藤村」さんほか美術部3名のえっち短編。
もしかして女性の中にふたなりが混じっているのでは…とか警戒しちゃいました。
下着脱ぐ際の描写にドキドキです(笑)

すっきりとした線の絵柄。
トーン処理が適度で、濃淡はやや薄いくらい。
小さく崩れることがあった人物バランス、非常に弱いのっぺり背景などマイナス点もありますが、安定して大崩れもしていないためか、全体的にはそう悪く感じませんでした。
リアル寄りなキャラがクドくなく、清潔に描かれているのが良いところではないでしょうか。
…まぁ、ふたなりなんですけどね。
その、ひでるさんも気になるつけ根部分はやっぱり不自然。
どなたか忘れましたが、やたらリアルちっくであるのも不気味で嫌なんですが…もともと得意ではないので、このあたりはよく分かりません。
判断は↓表紙・裏表紙で問題ないので、こうしたジャンルに興味あれば、買ってみるのがいいでしょう。
そうでない方は…(まぁ、手にしないでしょうけど)避けるべき単行本ですね。

ふたなリッチ

ふたなリッチ!ぷれみあむ (いずみコミックス 38)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ヌードモデル

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。