FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■お乳屋百貨店 (八十八良)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・美乳
・おまけ: 4コマ「リアリズム劇場」、加筆修正あり、
      カバー裏に4コマ「リアリズム劇場」、カラーイラスト。
・その他: 紹介帯折り返しにコメント、カラー(12P)、短編×11。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八十八良(やそはち・りょう)」センセの「お乳屋百貨店」です。

実は今年の一発目にて初単行本「お乳屋本舗」を紹介している「八十八良」センセ。
そう、すっかり忘れてましたが、今年は「」だったんですねー。
2冊目の表題は「お乳屋百貨店」ということで、やっぱり胸な単行本です。
昨日紹介の「Gift ギフト/東山翔」が量・大きさ共に控え目(笑)であったので、こちらでバランスをとってみました。
全て短編という構成。
ラブコメちっくな話もありましたが、あまり感情の入らない、さっくりとした関係が多いように感じました。

先輩、泉美ちゃん
※左:「OFFLINE GAMERS」の先輩、右:泉美ちゃん
 構わず着替える「泉美ちゃん」なのでした。いけいけ!

ありがちな漫画…かと思ったら、実に意外な流れを見せる「SとMの法則」
仕事ができない、と評判の「小硯(こすずり)」くん。
その上司「寺沢」主任は眼鏡の美人なんですが、手のかかる「小硯くん」への指導はやや過ぎたところもあり、社内では「S」ではないかと言われていたのです。
プレゼンを明日に控えた「小硯くん」は資料作成に四苦八苦。
散々厭味を言っていた「寺沢」主任ですが、戦意喪失しても困るということで優しい言葉をかけるのでした。
すると…と、だいたいそんな流れ。

漫画中の「寺沢さん」もぽかーんとしてましたが、それは読者も同じこと。
現実味は薄いものの、はっちゃけた急展開に引き込まれてしまいました。
いや、あんな事実を知ったら、へこむでしょうねー。
期待通りの黒い下着とか、攻守逆転するえっちなどが嬉しい、良作品でした
ひでるさんはその属性ない…と思いますが、後半の「啖呵きられちゃった」の部分は確かにぞくぞくモノです。
パートナー見つけた、みたいなラストの2人の笑顔は印象的。
ぜひ、ビジネスマンな方に読んでほしい漫画です。

収録ヒロインでは年齢が高めかなー、という人妻モノ「奥さま鑑賞会」、「家庭内エロゲ規制法」
まず「奥さま鑑賞会」はお隣の「町田」さん宅に避難してきた、「井川」さんとえっちDVDを見るお話。
たしかに女性にはちょっと理解が…
とか言いながら、そうしたモノに興味を示している「町田さん」
可愛らしい容姿ながら、意外にノリ良く素敵な方ですね。
こんなんは男性憧れのシチュエーションで、えっち最中にお約束な台詞を言ってくれたのも気が利いてました。
(※本人はサービスのつもりでないかもしれないけど)

義姉との「家庭内エロゲ規制法」
引き籠もってえっちゲームをする義弟の売り言葉を買った義姉。
冗談じゃないわよ!これでも結婚前はブイブイいわしてたんだからねッ!
…と、服を脱いで見せつけるのでした。

あそこまでして、「おしまい!」なんて当然通用する訳もなく。
ただ、義姉とのえっちはずるずると後引きそうな雰囲気ない、明るい漫画に仕上がっておりました。
と、そのあたりは置いといて。
社会復帰すると決意して、彼は1週間で仕事を決めているんです。
大小規模など特に不明ですが、ちゃんと内定取ったのは大したものだと思いました。
しかし義姉さん、えっちゲーム会社だって立派な就職先ですよ。
それに、別に無理やり卒業することもないでしょう。
先程の「町田さん」みたいな寛容な心がほしいです。無理か。

町田さん
※人妻「町田さん」
 収録でのお気に入りです。この反応がいいですね。

さて、いきなり異なる角度から攻めてしまいましたが、表題のような胸が目立つ短編もいくつかありました。
収録中、もっともその傾向が強いのが「うっかりうかうかいずみちゃん」
喫茶店で働く「泉美」ちゃんは何かしらを忘れる、おっちょこちょいな女性。
当日もカチューシャを忘れていた「泉美ちゃん」ですが、なんとブラまでつけ忘れていたのでした。

そうした、一連のうっかり行動は天然であるように描かれています。
が。
ひょっとしてわざとじゃない?
…とか考えてしまう、純粋ではないひでるさん。
ノーブラ・シャツ透けほか、えっちシーンのあちこちでも胸が強調されておりました
大きいことはいいことだ。

電話ボックス漫画「びっしょりボックス」
詳細は置いといて、濡れた服と押しつぶされた胸にて牽引するような作品でした。
やっぱり透けというのはいいものなんですよ。
するする流れるようなテンポであった本編とは違い、静かーなラストがなんだか印象的です。

カラー原稿のある冒頭話「DoMyバスト」
幼馴染みの2人「あーちゃん」と「ムーコ」
好きになった先輩が胸大きいのがタイプということで、「あーちゃん」に揉んでもうらよう依頼したのでした。
2ページ目の「お願いします」と、その必要ないくらいの大きさが素敵ですね。
これは、なかなかいい作戦だったと思います。
先が読める展開ではありましたが、それが心地よい漫画でした。

素敵なエレベーターガールの「エレガ天国」
こちらも”揉ませることが切っ掛け”となる短編。
エレベーターガールのお話ってありそうですけど、あんまりないですよね。たぶん。
…というか、その職業自体が失われつつあるのか。
胸が目立つのはいいんですが、それがためストッキング描写が少なくなったのは残念。
まぁ、コスプレえっちを楽しめばいいのか。
ちなみに、3階指定して3回というのは分かるんですが、そこから5階であれば差し引き2回ではないの?

エレベーターガール、ムーコさん
※左:エレベーターガール、右:ムーコさん
 揉む、でなく揉ませるというのは似ていて非なるもの。ここ重要。

「OFFLINE GAMERS」は現代ファンタジーなお話。
ネットゲームで恋愛相談をしていた、男だと思っていた相手が付き合いたい彼女その人であったという、シチュエーション。
あれ、相手が本当にその人だったから良いものの、もし違ったらこっ恥ずかしいなぁ。
お手伝いロボ「タミ子」さんの「家政婦はロボ!」
旧式のポンコツとか、トンカツだけでメモリいっぱいとか言っているわりに、なかなか多機能っぽい「タミ子さん」
無限拳みたいなお仕置き技から、えっちの相手までしておりました。
えらくロボットらしからぬ喜怒哀楽の表情などもいいですよ
ほか、入院する教師「佐脇」さんと「正志」くんの「遠い教室」、「立花健一」くんと「葉月」さんのコインランドリー話「PAIN LAUNDRY」が収録されておりました。
それらは落ち着いた、シリアス系の短編ですね。もうひと捻り欲しい気もしましたが。

丁寧で強い、しっかりとした線。
濃淡はやや強めで、乱れない安定感のある作画でした。
キャラ絵は広く縦長な輪郭と、しっかり描かれた鼻が特徴。
表題そのまま胸の大きいヒロインが揃っており、各所にて強調されたようなコマがあります。
あまり極端すぎない適度な大きさが見事な、バランス感覚に優れた方
また、綺麗に描かれるんですねー。
カラーはそれでまたいいものですが、センセは白黒絵のが断然魅力的だと思います。
ただ、「エレガ天国」の337階描写、「PAIN LAUNDRY」のラストカットなど、ごくたまーに気になるところもありましたが、まぁ些細なことでしょう。
とりあえずキャラ絵についてはまったく問題ありません。

やっぱり胸ですよね~。
コメディーでもシリアスでもいいので、そろそろセンセの連続話が見てみたいです。

お乳屋百貨店 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)お乳屋百貨店 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/11/28)
八十八 良

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コスプレ ファンタジー ビジネスマン コメディー

■Gift ギフト (東山翔)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: 「Postscript(あとがき)」、「Explanation(作品解説)」、
      描き下ろし「Always There」「We Will Meet Again」、
      カバー裏に別絵、加筆修正あり。
・その他: カラー(4P)、短編×10(うち「Gift」×8)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東山翔(ひがしやま・しょう)」センセの「Gift All I know is the gift of LOVE is the greatest GIFT of all.」です。

漫画好きな皆さま、お疲れ様です。
今週末は月末ということで、そりゃーもう色々と発売されておりました。
何も考えず色々と手に取っていたら、エライこととなったひでるさんです。
今日はさすがに何冊か店頭で見送らせて頂きましたよ。
世間的なメインは…2冊発売されてる「甘詰留太」センセ?
それとも、やっぱり「チャーリー にしなか」センセなんですかねー。

そうしたことを踏まえ(うそ)、本日の漫画は「Gift ギフト」にしてみました。
”LOで最も成長した新人大賞2008”にて、見事1位を獲得したらしい「東山翔」センセ2冊目の単行本です。
…どーでもいいですが、色々と賞あるんですね。
まぁ、めでたいからいいか。

玖江里亜紀
※玖江里亜紀
 両極端な表情にしてみました。右の下部分がどうなっているのかは秘密。 

ブログでは、初単行本「Stand By Me」を紹介しておりました。
そちらは全て短編でしたが、今回は描き下ろしも含む中編漫画「Gift」を中心とした単行本。
次は連続話とか~とか前回書いていたそのまま、ひでる期待の連続話なのです。

さて、メインの「Gift」は6話の構成。
「Gifted(ギフテッド)」と呼ばれる、”先天的に平均よりも優れた、高い能力を持って生まれる子供”たち。
「玖江里亜紀(くえり・あき)」は、そんなギフテッドの1人なのでした。
しかし、そうした性質がため周囲から浮いた存在となり、学校だけでなく家庭でもやや孤立気味だったのです。
親の死を切っ掛けに桐生家へ引き取られた「亜紀」は、屈託ない義兄「桐生俊介」との出会いから次第に彼に対しては心を開いていくのでした…。
大雑把にはそんな感じ。

こないだの「YOUR DOG/関谷あさみ」などもそうでしたが、こうしたジャンルの方は良い連続話を描かれますねー
ひでるさんはこの漫画で知りました、先天的な天才児「ギフテッド
漫画のヒロイン「亜紀ちゃん」も心を閉ざしておりましたが、実際にそうした子らも心理的・社会的な問題を抱えているんだとか。
出来過ぎるというのも、大変なのね。
解説にて書かれていましたが、なるほど心身の不一致というのは良いネタなのかもしれません。
…テキストはちと大変そうでしたけれど。

さて、「亜紀ちゃん」は年齢らしからぬ、硬いもの言いが特徴の女の子。
不登校でひきこもりなんですが、心を許せる義兄「俊介くん」との生活は彼女にとって幸せみたい。
あの、年下の子へ素直に教えを請うことのできる、さらに普通に「すごいなー」と頭を撫でることのできる「俊介くん」というのは、なかなか器の大きな人物ですね
本人にその自覚ないあたり、いかにもという感じでした。
そうした彼との距離が近くなってしまうのは、必然かもしれません。

勉強を教える「亜紀ちゃん」
※勉強を教える「亜紀ちゃん」
 眼鏡が可愛いです。ほとんど眼鏡かけてないのが残念。

漫画では、「俊介くん」の親御さんらが不在なため、えっちしまくっておりました。
だんだんプレイが発展しており、3話は「ちこちゃん」こと「みちこ」さんに続いてお尻、4話はトイレ裏で野外、さらに5話に至っては、目隠し放置というソフトSMっぽいことまでやっていました。
まだ小学生なのに…スゴイなぁ。
2話目のレギンス(※)プレイもいいですねー。
いきなり穴あけちゃったのは良し悪しかもしれませんが。
(※やっぱり後から切ってほしかったなぁ)

なお↓表紙では胸を全開(※たぶんあれは「はるか」さん?)にしていますが、こちら本編及び単行本全体では上半身服着たままが多く、ほぼ胸の露出がない、実に珍しい成年漫画
…要するに、ほとんど全裸にはなっていないのです。
平たい胸を眺めるのがお好きな方は要注意(笑)
そんな訳で、ラスト6話での全裸えっちは逆に印象的でした。
放尿描写もありますので、お楽しみに。
これもセンセの計算なのかな。

もともとのラストままでも良かったんですが…やっぱり後日談の描き下ろし部分入れたのは正解ですね。
あのエピソードが加わったことで、お話がより深い…じゃなく、「亜紀ちゃん」がより魅力的になったと思います
設定部分と、それを軽く・簡単に扱わなかったことの勝利。
オススメです。

優香、はるか
※左:優香、右:はるか
 こちらの「優香さん」はいかにもなヒロインですね。

ほか、同時収録の短編「Why Not?」、「Bewitched」
兄妹の近親系「Why Not?」
したたかな妹「ゆか」こと「優香」ちゃんのキャラが光っております。
えっち最中、不意にお父さんが入ってくるシーンは秀逸
先の「亜紀ちゃん」もトイレ裏にてバレないよう声を抑えるという、ひでるさん好きなシーンがありましたけれど、こちらは実父がすぐ目前にいる状態でのドキドキえっちがありました。
大丈夫?顔赤いよ
などと声をかけられていたりして。うはー。
優香ちゃん」にも好評だったようです。

もうひとつ「Bewitched」は”そんな感じかなぁ”という、近すぎる2人の短編。
セーラー服ですし、↓表紙はこちらのヒロイン「はるか」さん?
麻痺してしまった関係を発展させるには、第3者の存在が必要かも。
ちょっと切ない、良作品でした。
「まーくん」は早いとこ気付いてあげるように。

丁寧な細線のすっきり絵柄。
白比率高く濃淡は薄めなので、ページは見やすくなっています。
特に背景に関しては極端なほどの巧さがあり、またそれが強すぎないのも漫画としてはぴったり。
ただ、安定と言うにはまだ若干遠いかなぁ。
時期が違うのかもしれませんけど、特に「Gift」は連続話ということもあって、やや不安定。
前半は硬さがありましたけど、後半はだいぶ慣れて自然な雰囲気になっていました。
紹介帯のカット絵と、↓表紙にてご判断下さい。

念入りに準備されてたことが実った漫画・単行本だと思います。
ロリではなくなっちゃいますけど、成長した「亜紀ちゃん」の姿というのも見てみたい気がします。

Gift (TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス)Gift (TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス)
(2008/11/27)
東山 翔

商品詳細を見る


(※)レギンス
  もともとは足先まですっぽりおおうニット性の衣類なんだって。
  現在はほぼスパッツと同義。
  当初はメーカー名だと思っていた(本当)、物を知らないひでるさんです。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スパッツ ギフテッド

■しるバ. (爆天童)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 4コマ・悪の秘密結社
・おまけ: あとがき(1,2)、
     カバー裏「魔法少女イヅル26のひみつ・
     蔵出ししるバ」(1)・その後漫画(2)   
・その他: カラー(2P(1)、8P(2))、24話収録(1)、
      26話収録(2)、全2巻。
※括弧数値は巻数の意味。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「爆天童(ばくてんどう)」センセの「しるバ. 全2巻」です。

祝・完結巻ということで。
特に4コマ単行本の紹介というのはやり辛いので敬遠したいんですが…単独にこちらを紹介するブログは少ないかなーと思ったので、頑張ってやります。
(※もしいっぱいあったら…「爆天童」センセ、すみません)

さて、ひでるさんは「開運☆野望神社」でイラスト描かれている方、という印象の「爆天童」センセ。
記憶に残り易い、特徴的なお名前で覚えていたため、1巻から買っていたんですね。

安田ゼノスカール=シルバ
※安田ゼノスカール=シルバ
 左が1話、右は47話タイトル扉の「しるば」です。

「しるば」こと「安田ゼノスカール=シルバ」は背丈以上の巨大な鎌を片手にした転校生。
将来の夢は悪の組織の大幹部になる事です!
いきなりそんな自己紹介をした「しるば」は、悪の組織「ゼノスカール帝国」の戦闘員見習いなんですが、その母「安田ステラ」は過去に「ヘドリアンの魔女」と恐れられていた、大総統の娘。
要するに孫娘で、後々の組織を背負って立つ存在。
正義の味方から貧乏生活などと闘いつつ、世界征服を夢見るのでした。
…大雑把には、そんな雰囲気。

ほのぼの悪の組織経営、みたいな4コマ漫画です。
お話は最近の主流(←よくわかんないけど)である、ストーリー性のある4コマ形式。
それらしい活動をちゃんと(?)しているシーンもありましたが、大半はほわーんとした日常生活の描写でした。
主人公の「しるば」が学校へ通っているため、場面の大半はそちらになっています。
組織運営がぎりぎりで貧乏なためか、食に対してかなり貪欲で、彼女が関わるとたいてい食か貧乏どちらかのネタになっていました。

そんな彼女より目立っている、自由奔放な母「ステラ」さん。
引退しているため普段は特に仕事もなく、好き勝手に遊びまわっているうえ、給食目的で頻繁に学校へ顔を出すという子供のような母親。
”パンとおかずと牛乳まである食事が誕生日以来”という「しるば」の台詞から考えると、なるほど母親にとっても給食の献立というのは魅力的なものなんでしょう。
果ては給食費を請求されたりしてました(笑)
ファミレスとかでバイトでもすればいいと思うんですが…あの性格からして無理か。
自らの年齢を15歳とか言っている、お茶目な方です。
そしたら「しるば」は何歳で産んだんだ。

安田ステラ
※安田ステラ
 ひでるさんお気に入りです。かなり強いんですが。

しかし、もともと鎌の所有者であった「ステラさん」の戦闘力は現役時代は無論のこと、引退した現在でも相当に高い様子
6歳の時には豆まきで大総統である父親を病院送りにしたほか、現役では単独で部隊を壊滅させています。
(※当人は蟻を踏みつぶした程度の印象)
ふらふらと遊び歩いている現在でも、復讐のために登場した妖精を瞬殺、ロケット型のロボには最後のトドメをさし、街の危機を回避しておりました。
大幹部時代の「ステラさん」は、ほとんど暗い表情を変えておらず、
部下たちの手前やりたいこともできなかった
…との回想も、おそらく本当のことなのでしょう。

なお、旦那である戦闘員(※容姿はまったく同じ)とは恋愛結婚。
猛反対だった父親と大喧嘩し、組織を崩壊寸前にしているなど、今の彼女は”恋によって解放された姿”なのかもしれませんね。
そのあたりを真面目に描いても面白いかも。

日常描写と共に、たまに戦闘シーン……っぽいものある本単行本。
ゼノスカール帝国の面々は普段おちゃらけておりますが、ああ見えて意外に強力かつしたたかな組織なのです。
単純な戦闘力では先の「ステラさん」を筆頭に、ほとんどの戦闘にて勝利している改造・魔法少女の「八雲イヅル」、鎌を受け継いでいる勉強熱心な主人公「しるば」
さらに、商店街のアイドル「ハルミ」さんも組織経営に頭を抱える姿ばかりでしたが、闘った際にはさすがに支部長だけあって強かったです。
実は相当に手強い組織なのかなぁ。

ハルミさん
※ハルミさん
 貧乳に悩む、真面目な突っ込み役です。

その自信からか、付近に悪の組織があるというのは承知の事実。
(※堂々と戦闘員をポスターで勧誘してたりするからね)
戦闘員がそのままの姿で地域社会の様々な分野(コンビニから介護施設まで)に進出しており、商店街でも顔なじみとして完全に地域へ解け込んいました。
困っている人を助ける描写あり、不審者として警察が逮捕するのは正義(自称)の魔法少女でした。
仕事から草野球まで無くてはならない存在となりつつあり、これはまぁ、実質支配の第一段階を完了している、と同じようなものでしょう。
”抵抗する者には容赦しないが、従った者には優しい”という、「北条早雲」みたいなやり方なのです。(←ちと違いますが大雑把には)

丁寧な細線のすっきり絵柄。
いかにも4コマらしい、ぺたっとした平面絵で、強いデフォルメが特徴です。
ちょっとした背景や小物など巧く安定感もあり、あちこちバランスに優れた方。
コメディー崩しに違和感がないのは、そのためでしょう。
ただ、縦長・楕円な輪郭など癖があり、人を選ぶと思われます。
判断には、↓表紙と共に裏表紙が良いと思いました。

ひでるさんは好きなジャンルでしたが、ぶつ切り・コメディー一辺倒な4コマはあまり好きでないのです。
出来れば、2巻冒頭に収録されたカラー原稿のような、ストーリー漫画で見たかったところでした。
王道かもしれませんが、ラストエピソード、2巻カバー裏のその後漫画はまた良かったですよ。

しるバ. 1 (1) (角川コミックス・エース 193-1)しるバ. 1 (1) (角川コミックス・エース 193-1)
(2007/11)
爆天童

商品詳細を見る


しるバ. (2) (角川コミックス・エース 193-2)しるバ. (2) (角川コミックス・エース 193-2)
(2008/11/26)
爆天童

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー 魔法少女 北条早雲

■純愛サディスティック (じゅら)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ライトSM
・おまけ: あとがき、カラー描き下ろし「快感スイッチ♪」、
      描き下ろし「純愛サディスティック~その後~」
・その他: カラー(4P)、短編×13(うち「純愛サディスティック」×2、
      「お姉ちゃんはドS」×4、「甘いのがお好き♪」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「じゅら」センセの「純愛サディスティック」です。

こちらが初単行本ですね。
紹介帯がやたら縦に幅広く、「はは~ん」と勝手に期待しましたが。
そちら外しても、絵に変化はありませんでした。
がっかりね。
また、カバー裏もそのまんま(文字が無くなっているだけ)、折り返し部分は↓表紙の使い回しでした。
描き下ろし多かったので仕方ないかなぁ、という気もしますが、カラーは巧い方だったので、色々見たかったです。

そんな単行本「純愛サディスティック」は短編・連続話の混ざった構成。
タイトルそのまま、軽いSMちっくなネタがちらほらとありました。

葉田さわり、姉羽えすか
※左:葉田さわり、右:姉羽えすか
 SMちっく漫画のヒロインです。どちらもドぎついものではありません。

描き下ろしにてその後が描かれている表題作「純愛サディスティック」
主人公「葉田さわり」は粗暴な振る舞いがため、周囲から敬遠されておりました。
そんな「さわり」ですが、最近になってしつこく交際を求めてくる変人が現われたのです。
自らをドMと言う彼は暴力をものともせず、ついに千通目となるラブレターを渡してきたのでした。
…だいたいそんな感じ。

面白いネタではあったんですが、収録中で作画は弱い方でバランス微妙。
せっかくの描き下ろし部分もかなり雑で、同様に良くなかったのはがっかり。
また、最初のモノローグ部分「私、葉田さわりは不良だ」という部分にげんなり。
いやいや、直接文字で書いちゃーだめでしょ。
その部分はまるっきり削除でも良かったと思います。

踏みつける描写が何度かありましたけど、ちょっと「さわりさん」は可愛すぎたかなー…って、まぁタイトル通りなのか。
一言で終わらせていた、”周囲から怖がられている”描写がしっかり描かれていれば、もう少し良かったのではないかなぁ。
しかし、途中の台詞「殺されてもいいです」は確かにMっぽくあるんですが、なんだか格好いいですよ。ええ。

そちらと並び、今回単行本の代表的な作品「お姉ちゃんはドS」シリーズ。
「たーくん」こと「姉羽たくや」は姉「姉羽えすか」によって性的ないじめを受けておりました。
しかし、遂にキレた「たくや」に逆襲されると、眠っていた「えすか」のM部分が目覚めてしまい…と、大雑把にはそんな流れ。

軽いノリのSMちっく連続話。
いちおうドSとなっていますが、どちらかと言うと「えすかさん」はショタっぽい色かなぁ。
あまり過激な描写はなかったので、期待し過ぎに注意。
年下の男の子(弟ですが)を好きなようにオモチャとし、自らの性的快感を得ているみたいな感覚です。
そんな彼女が、ある切っ掛けによってMになるのでした。
SでもMでも、元々どちらかであった方が実は双方の嗜好を備えていた…というのは、実際にいるようです。
(※どっかで読んだ)
ただ、「えすかさん」の場合はドMの時にも、
調理中のお姉ちゃんをいじめなさい!
とか命令口調は変化なく、ドMというよりSプレイの発展系みたいね。
えー、その趣味ない人に無理やりプレイを要求するのは、SMルール違反ですよ、「えすかさん」
ややふらふらとしたお話で、途中からの追加キャラ「津院くくり」もあまり活かしきれていない印象がありました。

猪口甘美、綾華
※左:猪口甘美、右:綾華
 卑猥なケーキ職人「甘美さん」です。全商品を見たいですね。

連続話「甘いのがお好き♪」はお話・作画どちらもひでるさん好きな系統。
ケーキショップ「HiY」の店主「猪口甘美」さん。
大きな大会で優勝するほどの腕前を持つケーキ職人なんですが、その形が卑猥過ぎてまったく売れないのでした。
暇を持て余す「甘美さん」は、口やかましい従業員「加藤」くんに自らのケーキ哲学について身をもって教えるのです。

店はガラガラでしたが…いや、あれは案外面白いと思うのだけど。
ショートケーキはともかく、おっぱいゼリーなど女性にも買いやすく、人気が出そうな気がしました。
ゼリーオナホとか、トコロテンを利用したプレイはなかなかえっちです。
試してみたい方も多いことと思います。
…たぶん。
2話登場の「佐藤みるく」もツンデレちっくで良く、さまざまなお菓子ネタと共に今後も続けてほしいお話ですね。

「色葉」さんと付き合う「赤木」くんに無理やり迫る「春奈」さんの短編「誘惑」
女性の怖さが見られる、おっかないお話です。
2番でいい」とか言っていたのでえっちしたら…というお約束な破滅パターン。
まぁ、言葉では拒否していながら、まったく抵抗する素振りもなかった「赤木くん」は自業自得かな。

他の男と別れた「撫子」さんと付き合う「山徒」くんの妄想話「ハツコイ」
もしかしたら、前の男にさんざんえっちなことさせられてたのではないか?
という、誰しもがちょっと疑うだろう部分を、やや過剰な妄想と共に膨らませ、壊れだす「山徒くん」
ここはトコトンまでぶっ壊れてくれたのが面白かったかなぁ
あるいは、よりしたたかな「撫子さん」を描けば、かなりブラックな、後味わる~い(笑)短編に仕上がったと思いますが。
いちおう漫画はすっきりとした終わり方でしたが、はてさて「撫子さん」は笑顔の裏に何を考えていたのかな?

ほか、カラー描き下ろし「快感スイッチ♪」
4ページのショートでお話としてさしたるものではないものの、作画的には安定していました。
逆に収録中で最も作画の弱い女子プロレス短編「優越感スープレックス」
リングコスチュームのままえっちですね。
主人公「綾華」さんはどっかのゲームみたいなキャラ。
人気ある、闘うアイドルな彼女をラブラブえっちによって服属させる…みたいに考えると、大雑把には表題に近いと言えるかも。

強めな線のくっきり絵。
作画・雰囲気のどちらも安定しておらず、各話バラバラでした。
まだ御自身の作風が決まっていない感じです。
どちらかと言うとよく描けていますが、一部乱れの目立つところもあって、全体的には不安定。
紹介帯にあった、”驚異の画力で紡ぎだす”はさすがに大げさ過ぎでしょう。
判断としては、実際の白黒絵に近い裏表紙がおすすめ。
↓表紙からは、いくらかマイナスするのがいいでしょう。

純愛サディスティック(仮) (富士美コミックス)純愛サディスティック(仮) (富士美コミックス)
(2008/11/25)
じゅら

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


■戦場のヴァルキュリア (鬼頭えん)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 原作ゲーム・軍記
・おまけ: 
・その他: 原作「セガ」、カラー(4P)、4話収録、現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鬼頭えん(きとう・えん)」センセの「戦場のヴァルキュリア 1巻」です。

人気…かどうかは知りませんが、お馴染みゲーム原作の漫画版。
原作ゲームものは久し振りですね。
ひでるさんはPS3持ってないため未プレイ。
宣伝CMをちらと見た時はけっこう興味のひかれた1本でしたが、そういった理由に加え、どうせやる時間もないだろう、ということでするーしておりました。

今回、漫画版を手に取ったのは、ゲームやれなかったから…ではなく、「鬼頭えん」センセの漫画だからですね。
ぼけーっと書店を回るひでるさんですが、こちらは見逃しませんでした。
たぶん、通産4冊目となる単行本。
ブログでは「ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編」を紹介しております。
これは良かった。
ラブコメから狂気まで表現でき、また絵的にも高レベルに安定している方なので、こちらも大ハズレはしないだろうなぁ、とか思ったのです。

アリシア・メルキオット
※アリシア・メルキオット
 闘う世話焼きヒロインです。「ウェルキン」との仲は発展していくのかな。

ヨーロッパが舞台…のようですが、地名その他は架空世界。
抗争を続ける東ヨーロッパ帝国連合(帝国)・大西洋連邦機構(連邦)の戦火は「ガリア公国」にまで及びました。
もともと中立国であった「ガリア公国」は、豊富なラグナイト資源の産地であったため、帝国より宣戦布告されてしまったのです。
国境の町「ブルール」にて、突如その争いに巻き込まれてしまった大学生「ウェルキン・ギュンター」、ブルール自警団の隊長「アリシア・メルキオット」
圧倒的な帝国軍に蹂躙された「ウェルキン」らは実父であり前大戦の英雄「ベルゲン・ギュンター」将軍が残した戦車・エーデルワイス号に乗り込み、故郷を脱出しました。
その後、義勇軍に参加した「ウェルキン」、「アリシア」はガリア第3中隊第7小隊に配属され、危険な作戦に参加していくのでした…。
だいたいそんなんですかね。

これは軍記もの?
あるいは戦争の悲哀、ヒロインとのあれこれを描くの??
今のところ、適度なシリアス具合のお話です。
呑気でマイペースな、隊長らしくない主人公「ウェルキン」が”動植物好き”という知識を活かし、奇策をもって小隊を統率・勝利していく、みたいな感じですかね。
正規兵・義勇軍の区別から人種差別など暗い部分にもスポットが当てられており、重厚な部分もありました。

1巻では迫害を受ける妹「イサラ・ギュンター」を守るべく、また「ウェルキン」自身が隊長として認められるべく、危険な任務を遂行するというもの。
結論から言えば、いかにも彼らしい作戦で見事成功を収め、信頼に応えていました。
作中の会話など、ざーっとした説明で進んでおりましたが、状況などゲームにあるような平面図で示してくれれば、より「ウェルキン」の凄さが分かったかも。
負傷者もほとんどいなかったらしい大勝でしたけど、今後はそのあたりをどう描いていくか、で評価は変わるかなぁ
旧式ながら水準以上の火力と機動力に優れるという戦車・エーデルワイス号をバリバリ活躍させなかったのは良かったです。

イサラ、セルベリア
※左:イサラ、右:セルベリア
 他の女性キャラも魅力的です。「イサラちゃん」は強い娘さんですね。

ひでるさんの薄い記憶から思い出すのは、「ガンダム第08MS小隊」とか、「キャッスル・ファンタジア聖魔大戦」など。
とりあえず、そういった系統がお好きなら、楽しめると思います。
原作ゲームがお気に入りの方は…実際どんなんか詳しくは知りませんけど、人間関係・作戦あたりを特に重視しているようなので、概ね問題なく入れるでしょう。たぶん。

全体的な印象として、かなりゆっくりめな1巻でした。
このくらいのペースで続けば期待できますが、そこそこ長期連載でないと厳しいなぁ。
どこまで続くのか、駆け足・省略されたりしないことを祈ります。
変な部分でブチ切られたりしなければいいですねー。

かなり独特なタッチの原作絵は縦長でスリムでした。
漫画版はというと、そちらと比較して横にふっくらと広がり、可愛らしくなっています。
えー、もうちょっと突っ込むと、ゲーム画面で動かすに都合良いものを、絵的に違和感なく動き易くしたような感覚ね。
強めな線の、こてっとした感じ。
適度な濃淡具合で、あちこちのバランスに優れた、絵から漫画まで巧い方。
↓表紙に違和感なければ、問題ないでしょう。

どーでもいいことですが(←だったら書くな)、「アリシア」以下主要女性はスカートなんですね。
女性の軍服はズボンのタイプもあるんですけど。
無論、ちらとかそんなんはありません(笑)

戦場のヴァルキュリア (1) (角川コミックス・エース 149-4)戦場のヴァルキュリア (1) (角川コミックス・エース 149-4)
(2008/11/26)
セガ鬼頭 えん

商品詳細を見る



※こちらがゲーム版の絵。
戦場のヴァルキュリア(通常版)戦場のヴァルキュリア(通常版)
(2008/04/24)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 原作ゲーム ラブコメ

■ネイキッド☆ガール (小林王桂)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: アトガキ、描き下ろし(?)「灰島部長最後の聖戦」、
      カバー裏に「灰島部長の作品紹介!!」
・その他: 短編×10(うち「灰島部長の~」×3ほか)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小林王桂(こばやし・おうけい)」センセの「ネイキッド☆ガール」です。

本当は「世棄犬廃品集2 /世棄犬」をやろうかと思っていたんですが…。
色々な意味で敷居もレベルも高いようなのでパスしました(笑)
好きな絵柄なんですけどね。

そんな訳で、「小林王桂」センセ3冊目の単行本「ネイキッド☆ガール」です。
ひでるさんはこちらが初見。
連続話を中心に短編の散りばめられた構成で、全体的にはコメディー調。
ちょろっと静かなエピソードもあり、読むにも楽しい巧い単行本であると思います。

小さい姉「中松ナホミ」
※小さい姉「中松ナホミ」
 両手で抱え上げることができるくらいの大きさ・軽さです。

「中松姉弟の確執」は姉弟、「お兄ちゃんのばか」は兄妹の近親ラブコメ
まず「中松姉弟の確執」から。
こんな小っちゃく成長して…いや…えーと、成長しなくって…!?
という台詞の楽しい、小さい姉「中松ナホミ」と弟「トモゾー」の教室内えっちでした。
「お兄ちゃんのばか」はツインテールな妹「いつき」と生活力ない兄「ヒロシ」のお話。
↓表紙とかカラー部分は全て「いつきちゃん」でいいのかな?
ほとんどが同級生・先輩・姉…とロリキャラでないのに対し、妹という彼女は比較的それっぽいですね。
他には「僕の禁煙月間」の家出少女「しおり」ちゃんくらいでしたから、ちょっと紛らわしいかもしれません。気を付けて。
まぁ、絵的には貧乳・未成熟でロリロリとしているのに違いないんですが、明確なロリ漫画集ではないのです

3話ほどの連続で、さらにカバー裏からおまけまで収録された”灰島部長シリーズ”
生徒会長「橋幸代」に阻まれながら「部」を目指す”超常現象研究会”の部長「灰島りりか」
言動はちょっと変で天然さんなんですが、発明もする天才だったのです。
そんな彼女を崇拝する「安田」と共に、様々な事柄に挑むのでした…。
…大ざっぱにはそんな感じ。

テンションの高いコメディーえっち漫画。
面白い漫画ではあるんですが、ややはっちゃけ過ぎな気もしました。
とにかく眼鏡でロリちっくな部長「りりかさん」が楽しく、えっちと無縁そうな存在ながらそれに巻き込まれてしまうのです。

部長「灰島りりか」
※部長「灰島りりか」
 どっちかと言うと、ほぼ右のようなテンションです。

1話目「灰島部長のファーストコンタクト」
明らかな嘘をあっさりと信じる、「りりかさん」の天然っぷりが堪能できるお話。
なお、500万で光線銃を発明している「りりかさん」なんですが…前借したお小遣いという金の出所から普段の言動までを考えると、家は結構お金持ちなのかなぁ。
前話オチ部分にて判明した、「りりかさん」の好みがちゃんと反映されているの2話目「灰島部長のゴーストハント」
お化けを捕まえるとか言っていた、仮にも超常現象研究会の部長が夜の校舎を怖がっているのよ。
変なのーって、まぁ変な娘なんですが。
失神した彼女をいいことにえっちしちゃう「安田くん」がなかなか最低な感じでしたが、
二度も引っ掛かると思うてか!?
とか言っていたにも関わらず、夢と簡単に信じてしまう「りりかさん」はやっぱり変。
この2人、こうして付き合ってもいないのにえっち回数だけは増えていきそうです。
なお、2度ほど失禁描写があったので、そんなんお好きな方はいいでしょう。
毎回下着が可愛らしいのは、趣味であるみたいでした。
ちょろちょろと顔を見せていた生徒会長「橋幸代」の主役回、「灰島部長のあやしい薬」
収録ではこれがラストなんですが、それっぽくないですね。
3話目にして初めて”発明品によってパニックとなるエピソード”でした。
なお、ここで「りりかさん」は完全にサブキャラ扱いなんですけど、どうせならずっと彼女メインのがまとまったかなぁ。

小島渚、しおり
※左:小島渚、右:しおり
 今回のお気に入りがこちらの「渚ちゃん」です。頭ユルユル。

同じく失禁描写のあるラブコメ漫画「ユルユルキツキツ」
こちらのヒロイン「小島渚」ちゃんも天然ですが、先の「りりかさん」よりは普通。
なんというか、あわあわとうろたえる様が可愛らしい、いじめて系な女の子です
そのため、おもらしなシチュエーションというのはぴったりだと思いました。
前後ページのキツいだの、ユルユルだのという掛け合いも見所でしょう。
この2人はなかなか良いカップルだと思います。
続きが見たいですね。

ほか、不思議系「麻生エリ」さんの「生殖のススメ」
見えてるんじゃないよ、見せてるの
そんな発言が嬉しい、積極的な娘さんでした。
ゲームで対戦して勝者の命令を何でもきく、という「勝負の掟!」
断然優勢だった「マコ」ちゃんなんですが、そうした約束をした対戦では「ナナ」ちゃんに負けてしまうのです。
お約束ではない展開でしたね。
しかし、ちゃっかり”えっちな命令”とすり替えたことにより、結局は「マコちゃん」が望んだ流れになっておりました。

太めで強い線のこってり絵柄。
濃淡のバランスは適度ですが、ページを目いっぱい使っているため賑やか。
小コマも多く、細かいコマ割りでの表現が得意な方だと思います。
逆に「旬感オートマータ」、「僕の禁煙月間」という一部エピソードはそのあたりを抑えて描かれているため、趣の異なる静かな雰囲気になっておりました。
目から輪郭までの丸さに特徴あり、特にコメディー崩し部分には勢いがあります。
そちらの個性が強いため、↓表紙・帯イラストなどのキャラ絵より、崩し絵を許容できるかどうかがカギだと思いました。
他については安定しており、バランスも良かったので、問題ないでしょう。

ネイキッドガール (メガストアコミックスシリーズ No. 194)ネイキッドガール (メガストアコミックスシリーズ No. 194)
(2008/11/21)
小林 王桂

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ツインテール

■Second Virgin (ここのき奈緒)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・お姉さん
・おまけ: あとがき、描き下ろし「あねかた。2.5」、
      カバー裏にカラー別絵・解説。
・その他: カラー(4P)、短編×10(うち「あねかた」×2.5ほか)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ここのき奈緒(ここのき・なお)」センセの「Second Virgin」です。

アダルト、ロリと流れてきたので、本日はお姉さん系なこちら。
ブログでは2冊目「壁の中の天使」を紹介しております、「ここのき奈緒」センセ。
3冊目の単行本「Second Virgin」は初単行本「Virgin」に続くようなタイトルなんですが、実際に連続するエピソードも収録されておりました。
毎回↑上に書いている属性なんですが、実姉・年上の女性・先輩など、だいたい”お姉さん”というくくりが当てはまるかなー、ということでそうしております。
ちょっと大きいくくりですけどね。
お話はラブコメからハードなネタまで収録された、幅広いものになっています。

高城早苗、北原あかり
※左:高城早苗、右:北原あかり
 当初はこんな感じなんですが…特に「あかりさん」のは凄いですよ。

とりあえずは↓表紙絵や紹介帯に誘われただろう方が納得の、ハード目作品から。
同タイトルで2話ほど収録されている「Lucky Lookin’for Blind Men Circus Show」
自らの名前とえっち体験の書かれているサイト、DVDによって、夢とも現実ともつかない世界へ堕ちていく同設定のオムニバス話
ぼんやりと不確かな感じが、いかにも成年漫画ですね。
1話目は眼鏡の家庭教師「高城早苗」とその生徒「青木翔」という2人。
高校生の「早苗さん」は落ち着いた雰囲気の美人。
そんな彼女が、体験文と共にお尻えっちへと展開するパターンです。
途中までの揉んだりなんだりするじわじわとした描写は実にえっちでした。
2話目の「北原あかり」は、なぜか本人の出演しているDVDから。
これは映像、妄想?
冒頭ではいかにも可愛らしい感じだった「あかりさん」なんですが、いつしか複数のモノに囲まれて~という、迫力満点な展開を迎えております

↓表紙を飾る2人の短編「永瀬ひとたび」、「breakfast club」
どちらも複数プレイが展開されます。
まず、「永瀬ひとたび」は男子バレー部のマネージャー「永瀬」さんと部員たち。
服が透けて見えるネタなんですが…皆さんがんばりましたねーという感想(笑)
これは漫画だと十分理解した上で、”実際にやったらどんな反応になるのか実験してみたい”気もする、良いシチュエーションでした。
…とはいえ、大人な皆様は現実にやらぬように
電車内を舞台とする「breakfast club」はカチューシャやブレザーの可愛い「斉藤詩織」さん。
複数には違いないんですが、タイトルそのまま(?)飲んだりかけられたりだけで直接描写のない、意外な作品でした。
十分えっちには違いないんですけどね。
両作品ともあまり暗さがないだけ、読み易く仕上がっていたと思います。

織原マコト
※織原マコト
 ぜひ、教師をやっている姿も見てみたいですねー。

それらとはやや趣の異なる連続話「あねかた。」
教師「織原マコト」にはある悩みがありました。
両親の取材旅行によって、弟「織原ミユキ」と2人きりとなっている家庭内。
学校ではファンがつくくらい人気ある「ミユキくん」なんですが、彼の好意は姉「マコトさん」に向けられていたのでした。
旅行から帰宅する報告を耳にして、”今のうちに”と迫る「ミユキくん」と、”今晩だけ凌げれば”と考えた「マコトさん」は…と、だいたいそんな話。

良質の姉弟・近親系ラブコメ
ひでるさんを直撃した、収録中では最もお気に入りなお話です


2人はいちおう教師・生徒という関係でもあるんですが、学園での描写は少しだけ。
とっとと終わらせて、一晩だけ…というのが、結局えっちまでいってしまうお約束パターンという、切っ掛けを描いた1話目。
そして2話目は、眼鏡の教師「源エリカ」が加わったことでより加速してしまうお話です。
てっきり「エリカさん」の挑発に屈伏するのかなーと思いましたが、あの際の「ミユキくん」はスゴイ。格好いい。
あんなんを目前で見せられれば、「マコトさん」は姉弟とか関係なく惚れちゃうでしょうねー
普通の成年漫画なら3名で~と複数へ流れそうなところ、しっかり2人だけの世界になっておりました。

また、2話冒頭からの「エリカさん」を交えた数ページは、倫理とえっちの狭間みたいな言い合いがコメディーになっていました。
「あねかた。2.5」もそうなんですけど、この「マコト」・「エリカ」という女教師2人の掛け合いは最高に楽しいです
ぜひ今後も描き続けてほしいキャラでした。
なお、「エリカさん」は白い下着なんですが、「マコトさん」は対象的に黒い下着。
なんとGカップらしいボリュームあるスタイルで、裸エプロン姿も披露しておりました。
カバー裏の「マコトさん」は、実は本編から続くオチ部分なのですよ。

源エリカ
※源エリカ
 授業シーンも楽しい「エリカさん」です。

連続話で強い存在感を見せていた、「源エリカ」さんの主役話「源エリカの憂鬱」
前単行本、及びこちらにも収録されている「トはあいかわらず友達のト」という「水原トモミさんシリーズ」に登場している先輩「ハルカ」さんは「エリカさん」の妹なのです。
そんな訳で、先の「あねかた。」と「トモミさんシリーズ」を結ぶキャラがこの「エリカさん」なんですね。
それぞれ今後も活躍してくれそうなので、ぜひ覚えておきましょう。
お話は「結城」さんとの百合えっちなんですが、色々あって「結城さん」はふたなり状態。
とかく、生徒と接する「エリカさん」のそのまんまな態度が可笑しく、えっち直前までのコメディーを盛り上げておりました。
容姿は知的で真面目そうなのにねぇ…。
出番は少ないものの、こちらでは逆に「マコトさん」が存在感を示しており、世界観が広がっております。

細線でごっちゃり系の作画。
色としては濃くありませんが、文字から液体までが派手で賑やか。
特にえっちシーンが盛りあがってくると、ほぼ枠線は関係なくなるという、迫力ある演出になっております。
身長の高い、すらっとした美人キャラ絵。
意外、と言っては失礼ですがコメディー崩しも巧く、ハードなものからラブコメまで幅広い対応のできる方でした。
安定感にも優れ、癖はありますが個性の強いタイプではないので、万人に受け入れられると思います。
紹介帯があれば、裏側にカット絵があるので参考にどうぞ。

なお、カバー裏はカラーになっている豪華仕様なんですが…文字だけの作品解説な裏面はもったいないような…。
カバー裏表面は、におって来そうなくらいリアルさがありましたけどねぇ。

Second Virgin (メガストアコミックスシリーズ No. 191)Second Virgin (メガストアコミックスシリーズ No. 191)
(2008/11/19)
ここのき奈緒

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■奥サマは小学生 (松山せいじ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 小学生・妄想
・おまけ: あとがき、各種イラスト。
・その他: 折込両面ポスター、折り返しにコメント、
      9話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「松山せいじ(まつやま・せいじ)」センセの「奥サマは小学生」です。

詳細は明かせませんが…色々あって現在はあちこち異なる環境でのアップです。
普段と違ってやり辛いのですよ。

さて、「奥サマは小学生」は「松山せいじ」センセの最新刊。
こちらでは「ぶっ★かけ」を紹介しているんですが、初見だったこともあるのか1巻は新鮮で楽しかったのです。
しかし、こないだ発売されていた2巻はさほど刺さらなかったんですねー。
そうした流れで、どうしようか判断迷った単行本。
結局手に取った決め手は、いかにもなタイトルもそうですが、↓表紙に惹かれました。
このカバーイラストだけで大まかにどんな漫画なのか判断でき、かつインパクトもあるという良いものに仕上がっていたと思います
なお、折込ポスターには同じ絵がありましたんで、気に入った方は飾るとかなんとかができますよー。

ヒロイン特集1:「一ノ瀬春」.jpg
※ヒロイン特集1:若奥様で生徒の「一ノ瀬春さん」
 普段はツインテールなのです。

”女性の結婚できる年齢を16歳からお赤飯くらいまで引き下げる”という少子化対策プログラム。
政府は小学校教師「安住直人」とその生徒「一ノ瀬春」を被験者として選んだのでした。
こうして、某総理大臣より正式に認められた2人は、新婚夫婦となったのです。
だいたいそんな感じ。

タイトルそのまま、ロリラブコメな漫画ですね。
学校では教師と生徒、家では夫婦という、よく見かける王道設定でした。
政府のお墨付きではあるものの、極秘プログラムであるため当然学校では内緒。
どういった経緯で被験者となったのかは不明ですが、いきなり2人がラブラブというのはポイントでしょう。
第3者の決定で無理やり夫婦とされ、反発しつつも愛を育むという展開ではないんですね。
年相応に純粋な気持ち(ある程度)をぶつける「春ちゃん」と、えろい妄想で満々なヤル気を抑えるのに必死な「直人くん」というあたりが、コメディーかつ、シリアスに描かれておりました。

ヒロイン特集2:「一ノ瀬春」.jpg
※ヒロイン特集2:ラブラブな「一ノ瀬春さん」
 たいていえっち描写なんですが、たまにいいシーンもあります。

そう、コメディー以上にこの漫画の売りとなっているのは、妄想・現実が交差するロリえっち描写なの。
当然直接えっちから肝心なトコロの描写はないものの、「春ちゃん」を筆頭にお嬢様「五十嵐」さん、巨乳小学生「夏町」さんなど、パンチラ(モロ)は無論、頻繁に全裸となっておりました。
その大抵は「直人くん」の妄想によるものなんですが…
 バナナをくわえさせ、練乳(ホワイトチョコ)まみれにされるという、キワドイもの(笑)
だーいぶ色々溜まってそうでしたけど、「直人くん」大丈夫か??
小学校教師という職種が非常に危うく見えました。
2話の裸エプロン、ラストの温泉など、ぎりぎりで我慢できているのがものすごく意外よ。

さて、そうした欲望の目を持ったアブない教師「直人くん」なんですが、何故かクラスではモテモテ。
主要キャラ「五十嵐さん」、「夏町さん」を筆頭に、水泳授業の3話では人工呼吸として次々にキスされ、バレンタインの6話では(義理を含めて)箱いっぱいにチョコを受け取っておりました。
そんな訳で、やきもきとさせられている「春ちゃん」も見所でしょう。
とりあえず教科書通りに行動しようとするほか、妄想を膨らませて「だんなさまに似てきたような…」と呟く8話のシーンも良かったです。

ヒロイン特集3:「一ノ瀬春」.jpg
※ヒロイン特集3:やきもち「一ノ瀬春さん」
 こんなんですね。わざと怒らせてみたい感じです。

細線のコテコテとした絵柄。
トーン処理が目立って、テカテカとしたデジタルな感覚がありました。
濃淡は薄めなんですが小さいコマ多く、比較的ごっちゃりと描かれる方です。
丸の重なるぐるぐる目と幅広な輪郭が特徴。
太字の擬音も相変わらずで癖が強く、人を選びます。
おおまかには↓表紙・裏表紙にてご判断下さい。
個性を確立されており、安定感は抜群にあるので、そちらで違和感なければ楽しめると思います。

派手な妄想描写が実に楽しい漫画でした。
なお、今でこそ普通の感覚で読めましたが、あの方連載当時はまだ総理大臣でなかったようです。
(※漫画中で明確に名前は出ていません)
そんな意味でも、時期ぴったりな漫画だと思います。

奥サマは小学生.jpg

奥サマは小学生 (チャンピオンREDコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ツインテール パンチラ ラブコメ コメディー

■母乳~ははちち~ (MGジョー)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・人妻
・おまけ: あとがき。
・その他: カバーは特殊仕様、短編×11、
      「隣のみなの先生」単行本紹介。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「MGジョー」センセの「母乳~ははちち~」です。

何度か予定日付を変更していたようですが…ようやく発売されていました。
発売表から気にはなっていたんですが、とりあえず無事に入手できてひと安心。

さて、4巻まで続いた長編「隣のみなの先生」でお馴染み、「MGジョー」センセの最新刊。
こちらは短編集という「母乳~ははちち~」です。

とりあえず、シュリンクを破ってびっくり。
なんと、↓表紙・裏表紙は凸凹のある特殊仕様でした。
すごいなー、力入ってるなー。
つるっとした紙部分に比べてぺっとりとしており、なんだか微妙にえっちっぽいので注目(笑)

若葉さん、あやなさん
※左:若葉さん、右:あやなさん
 画像比較も兼ねております。この「あやなさん」が最高!

構成は大部分が人妻関係という単行本です。
しかし、キーワードは”人妻”に加えて”子供”というのもあり、それがためか独特なアプローチの漫画もありました

表題に最も近いタイトル「淫・母・乳」
父親の再婚によって義姉となった「若葉」さんは、「勇」くんの憧れでした。
しかし「若葉さん」の結婚が決まると、いたたまれなくなった「勇くん」は独り暮らしを決意。
ちょうど大学受験だったことを利用して、実家を飛び出したのです。
…それから三年。
その間は一度も帰郷しなかった「勇くん」のアパートに、子供も連れた「若葉さん」が不意に訪ねてきたのでした。
だいたいそんな感じ。

義姉で人妻というパターンですね。
途中から、まるで子供の存在を無視したようにえっちしまくっていたのが気になりました。
1週間何度も~とか書かれておりましたよ。
えーっと、あの頃の子はけっこう手がかかるのではないかなーって思うんですが…。
まぁ、どーでもいいか(笑)
そんなんリアルに描いても困るし。
実は色々な要素がきゅっと詰め込まれた作品で、義理姉・弟のカップリング、子持ちの人妻、授乳描写、母乳によるシャツ透け、電話中のえっち、裸エプロン…という具合。
透けるのは非常に好きなネタなんですが、収録中ではかなり古い原稿で、作画がいっぱい・いっぱいなのは残念なところでした。
お話も、だいぶ駆け足な印象です。

眼鏡の人妻「あやな」さんは、「秋文」くんの乳母。
そんな2人のカップリング「乳母~ちちはは~」です。
こちらも表題と似たタイトルで、冒頭に位置しているなど、単行本を代表するような漫画になっていました。
通常の母子とはまた微妙に異なる、なんとも言えないエグさがあります
こりゃーいいですねー。
はじめて子供に授乳する際の、「あやなさん」のなんとも言えない表情が全てを物語っていると思いました。
(※おそらくあれが初の授乳体験である筈)
また「秋文くん」にとって、母親のようでそうではない、母性に溢れる異性の「あやなさん」には、かなり複雑な感情を抱いているのではないかなぁ
あーんな行為を続けていたのなら、それは尚更のことでしょう。
また、実際にあれだけ可愛らしいのであれば、完全に守備範囲。
この後もドロドロにはまってしまいそうで、ぜひ続きが見たい短編でした。

乳母漫画というのは、これが初めて。…たぶん初めてな認識。
よくある母子近親ネタのそれとはまた趣の異なる、新鮮なドキドキ感覚がありました
なるほど、こんなんもいいのではないかーとか、素直に思いましたよ(笑)
良かったです!

舞琴さん、美希さん
※左:舞琴さん、右:美希さん
 代理出産の2人です。こうしたのも、簡単な問題ではないですからねぇ…。

代理出産を描いた「サロゲート・マザー」、そして元は別タイトルだったらしい「サロゲート・マザー2」
主人公「織田」は女性に対して歪んだ考えを持っていました。
”女は不要だが子供は必要である”ということで、代理出産の女性を募集したのです。
そうして出会ったのが「有間舞琴」さんなんですが…ちょっとした因縁がある娘さんだったのでした。
…という、「サロゲート・マザー」
いきなり、可愛らしい下着のアップから始まる本作品。
妊娠するヒロイン「舞琴さん」は、その割にだいぶロリちっくな容姿でした。
大き過ぎず、それでいて小さくもなくという、弾けそうなむちむちとした肌が素敵です。

続く「サロゲート・マザー2」は、そちらとはまったく異なるお話。
600年の歴史をもつ、地元の名士「母利(もり)」家。
しかし男子に恵まれず、主人公「圭護」は妹「真由」の婿として一族から選ばれ、小さい頃から同居しておりました。
義兄には精子異常が発見され、また妻となった「真由」が妊娠を拒んでいるため、義姉「美希」が代理出産することとなったのです…。
ちょっと重たい短編ですね。
小さい頃の描写を見る限り、「圭護くん」が「美希さん」に惹かれてしまうのは至極真っ当なこと
一方、「真由さん」はだいぶキツい感じで描かれていましたが、あれはおそらく小さい頃に、必要以上に仲良くなってしまった2人に対する反発心かなー、とか。
色々と裏が想像されるような、良作品でした。

これら成年系ではあまり見られないネタでしたが、なかなかドラマチックですよね。
先の乳母漫画ほど刺さってはおりませんが、今後も色々なシチュエーションを試してほしいものでした

母娘、玲菜さん
※左:隣のみな…じゃなくて母娘、右:コスプレ「玲菜さん」
 人妻系はむちむちが命です。 

ほか。未婚の母「ミユリ」さんとのお風呂場・野外えっちが展開される短編「いぬまに」
さすがに「ミユリさん」は若く、お姉さんちっくな容姿でした。
叔母「レナ」さんも好みな感じでしたが、完全にサブキャラ扱いだったのが残念。
お隣さんとの「隣人事変」
SMちっくなプレイをしている母娘なんですが…どんな家族だ。
太めな容姿はえっちでいいんですが、ちょっとお話ががちゃがちゃとしてたかなぁ。
コインランドリーで出会う謎の人妻「渕佳織」さんの「かおり」、「みほさんの秘めごと」は母「弓月みほ」さんの黒下着が色っぽかったです。

人妻シリーズでない短編「専従看護」は金持ちしか相手の「X病院」が舞台。
しかし、ナース「雛野希美」さんとのラブラブえっちなのでした。
野外大コスプレイベントの「のぞキミ~望むのがキミならば~」は、ツンデレちっくな「玲菜」さんのコスプレ・放尿プレイがあるお話です。
こんな所撮ったら殺すからね
とか言ってましたが、それ「押すなよ」と同じフリなように聞こえますよぅ。

強い黒線でのこってり絵柄です。
トーン処理が多く、灰色のごっちゃり系。
前述しておりますが、今回収録は原稿時期に差があり、後半に位置している4話は古めな原稿でもっさりとしてます。
順に読んでいくとやや気になるかなー程度なんですが、前半と交互に見比べてしまうと、かなり違ってました。
人物絵のバランスとか、見せ方などですね。
お話もそうですが、キャラ絵にも強い癖があるため、ご注意下さい。
カバー絵そのままの判断で良いでしょう。

人妻系には違いないんですが、前述している通り、普通のソレとは異なる新鮮さがありました
絵柄もネタと合致した魅力的なもので、そういった系統がお好みな方には特にオススメな1冊です。

母乳~ははちち~ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)母乳~ははちち~ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/11/21)
MGジョー

商品詳細を見る


★MGジョーセンセの漫画紹介記事 ~隣のみなの先生シリーズ~
隣のみなの先生 4巻[完結]
隣のみなの先生 3巻
隣のみなの先生 2巻
隣のみなの先生



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コスプレ

■クローバー (乙ひより)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 百合・姉妹
・おまけ: あとがき、描き下ろし「Happy Days」
・その他: 折り返しにコメント、5話収録(全て表題作・1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「乙ひより(おつ・ひより)」センセの「クローバー」です。

ちょっと本文が長めになってしまったので、前置きは省略して、さっそく。
「乙ひより」センセの2冊目の単行本ですね。
前回の「かわいいあなた」も傑作揃いな単行本でしたが、こちらの「クローバー」は実に印象深いものとなりました。

四女「橘卯月」、三女「橘美鳥」
※左:四女「橘卯月」、右:三女「橘美鳥」
 年少組です。「美鳥さん」はまさに運命の一言です(笑)

橘さんちの4姉妹それぞれを描いたオムニバス漫画。
基本いち家庭なので、同キャラの出演することもある、ひでるさん好きなタイプなんですが…加えて、”それぞれの青春時代が舞台となるため、各話ごとに時代が違っている”のです。
(※単行本的に、話数が進む毎に古い時代になっていきます)
それがため、あのキャラが昔はこんなだった~という、ちょっとしたタイムスリップ感覚の味わえる単行本なのです!

これが、実に新鮮

お話・絵柄がどうのこうのあるでしょうけれど、とりあえずこの時点だけでひでる脳内評価が急上昇。
なるほど、同世界・時代のオムニバスならたまに見かけますが、時代まで異なっているというのは、これが初めてです。
…………たぶん、初めてで…いいと思う(笑)

また、お話は4姉妹が全員揃っていないまま、普通に進みます。
話数が進むごとに、姉妹らの情報量が増えていくのですよ
「誰が何番目のお姉さんで、どういった性格で…」
とか、脳内で情報をまとめながら読むと、また楽しいと思われます。
ひでるさんはそんな遊びをしましたが…どう?
↓以下より、読んだ感覚のまま、情報をまとめつつ書いていきますんで、そういったぷち推理な楽しみ方をしたい人は、「★」部分まですっ飛ばして下さい。


四女「橘卯月」さんの「彼女の隣」
百合というより、青春・学園漫画な風情です。
真面目でおカタイ優等生が、奔放な転校生に戸惑いながらも友情を深める~みたいな感じね。
引っ越してきた「桜井志穂」さん側としては、あるいは恋愛感情があったかもしれませんが、「卯月さん」としては”気を許せる友人ができた”、くらいだと思います。たぶん。

学級委員をやっている、優等生な「卯月さん」
下着はカワいく水玉だったらしいんですが、残念ながらそれは描かれていません(笑)

なお、こちらのエピソードでは、姉「みーちゃん」が登場。
雰囲気とは裏腹にT大生で頭良く、「卯月さん」にとってはうるさい存在らしい。
学校が同じなのは長女・次女のお姉さんたち。
その説明に先の「みーちゃん」が出てこなかったため、おそらく彼女は三女であると想像。
次女「ふーちゃん」の制服を借りる場面がありますが、「お金に困ったら売る」とか言っていたらしく、「卯月さん」に比べてだいぶ軽いイメージ。
2コマだけ顔を見せていた、黒髪女性の正体はこの時点で不明。

三女「橘美鳥」さんの「bitter girl」
ケーキ屋のバイトをしていた「美鳥さん」は、繁忙期前に辞めたバイトの穴埋めをするため、よくケーキを買いに来るお客さんに「バイトしない?」と声をかけたのでした。
その女性が、スレンダーな「杉浦聖子」さん。
彼氏のいなかった2人は、お試しで付き合うこととしたのでした。

1話に出ていた、「みーちゃん」ですね。
試しにだって全力で付き合うよ!!
そんな発言もあった「美鳥さん」は、先の「卯月さん」とはかなり性格の異なる、自由でアクティブな方
(※T大生で頭良いというのは、そうした性格と付き合った人が”学年首席で頭良い”ということからでしょう)
こんなに可愛いのに」とか、自分自身で言っていました。
容姿は別にしても、結構モテそうですね。
(※好みかどうかは置いといて、実際に漫画内でもモテている)
収録では唯一まともなカップルができるお話で、もっとも百合漫画しておりました。

次女「橘風香」、長女「橘一花」
※左:次女「橘風香」、右:長女「橘一花」
 年長組です。魔女の笑顔ですね。

次女「橘風香」さん登場。
ここで、1話にて名前だけ出ていた「ふーちゃん」が判明。
注目は、その「風香さん」の後ろに隠れるようにしていた、小さい「卯月さん」でしょう
漫画中でも言われてましたが、この頃はずいぶんと可愛らしかったんですねー。
なお、小さいコマではありますが、初めて4姉妹が揃う絵も描かれています。

次女「橘風香さん」の「春よ恋」
下級生にモテモテな橘先輩ってーのが…「風香さん」なんだ。
おお、前話と髪型が微妙に違って若いのです。
芸が細かいですね!
”ゆるゆる生徒会長”とか言われている、「風香さん」は大らかな性格。
お金に困ったら制服を売ろうと考えていた
という、1話での台詞通りで嬉しいですね。

内容としては超・失恋漫画。
どこまでが本気か掴みどころのない性格もあって、立ち位置は第三者的。
サブキャラ「橋本」さん、眼鏡の「加藤彩子」さんという幼馴染み2人のが百合漫画っぽいですね。
そういった意味で変化球なお話で、ちょいと挟むには良いエピソードだと思います。

ここで、過去に3コマだけ出ていた「いっちゃん」がまともに登場しております。
姉の胸で泣くかい?
の台詞によって、長女が確定。
その、姉妹の会話はそれぞれ性格もあって独特な間があり、非常に面白かったです
容姿から、1話に出ていたのが彼女であろうと結び付き。

長女「橘一花(たちばな・いちげ)」さんの「夢心」
なかなか顔を見せなかった、「いっちゃん」こと「一花さん」の名前が判明しました。

隣に引っ越してきた「正木和代」さんとの対面から描かれている本作品。
「一花さん」と初対面だった「和代さん」は、”お姫様”と評しております。
小さい頃から長めの黒髪(髪型に変化あるものの)で、清楚で綺麗な「一花さん」
本人もそれを自覚しており、実は容姿を武器に世間をうまーく、賢く生きている”魔女”なのでした
「風香さん」もそんな感じがありましたが、年上である姉2人の影響が「美鳥さん」の可愛い発言に繋がっているのかなぁ。

なお、「一花さん」は年下組の妹らを気遣う描写あり、「和代さん」にはシスコンと言われるほど面倒見の良いお姉さん。
しかし、すぐ下の「風香さん」については年が近いためか、接し方が違いますね。
彼女があんな感じに育っているのが、なんとなく理解できます。

なお、こちらでも出番が多かった、より小さい「卯月さん」に注目。
やっぱり、お姉さんらに守られて育ったから…あんな感じ↑になったのかなぁ。


★★ このへんまで ★★

一花さんはBカップ
※おまけ:一花さんはBカップ
 ここがひでるさんのお気に入り。

ラストの描き下ろし「Happy Days」は、三女「橘美鳥さん」らの後日談でした。
あとがきに、「薄くなった百合度を補充するため」みたいに描かれていましたが、これで正解だと思います。
ひでるさんとしては、4姉妹揃った日常会話シーンが見たかったんですけどねー。
そこだけが唯一残念な点。

軽い線のこざっぱりとした絵柄。
濃淡は薄く、白比率の大きい見やすいものでした。
バランスの取れた平面絵で、安定感は抜群。
長めの輪郭とぽてっと開いた口が特徴です。
独特の間がある、個性の強いタイプなので、人は選ぶと思われます。
↓表紙・裏表紙の判断で問題ありません。

好き好き描写が弱くリアルな感覚ですが、百合姫コミックスとしてはかなり地味目な印象です。
しかし、時代逆行するオムニバスという手法が非常に新鮮で、刺さりました
オススメします。

クローバー (IDコミックス)クローバー (IDコミックス)
(2008/10/18)
乙 ひより

商品詳細を見る



★過去に紹介した百合姫コミックス
ストロベリーシェイクSweet/林家志弦
voiceful/ナヲコ
くちびるためいきさくらいろ/森永みるく
絶対×浪漫/むっちりむうにい
SIMOUN シムーン/速瀬羽柴
少女美学/CHI-RAN
初恋姉妹/東雲水生
初恋姉妹 3巻[完結]/東雲水生
春夏秋冬[限定版]/蔵王大志
乙女ケーキ/タカハシマコ
夜空の王子と朝焼けの姫/袴田めら
かわいいあなた/乙ひより
秘蜜少女/CHI-RAN
楽園の条件/森島明子
マーメイドライン/金田一蓮十郎
EPITAPH エピタフ/硝音あや
アオイシロ-青い城の円舞曲-/江戸屋ぽち
紅蓮紀/武若丸
極上ドロップス/三国ハヂメ
GIRL FRIENDS/森永みるく[おまけ]
GIRL FRIENDS 2巻/森永みるく[おまけ]



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 百合姫コミックス 百合漫画

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。