FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■唯我独尊ガーディアン (森ゆきなつ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : コメディー・妹
・おまけ: 合間にイラスト。
・その他: 6話収録、現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森ゆきなつ(もり・ゆきなつ)」センセの「唯我独尊ガーディアン 1巻」です。

毎度のことながら、月末で時間がぜんぜん取れないため、ごく簡単に紹介させていただきます。
こちら「唯我独尊ガーディアン 1巻」は、「森ゆきなつ」センセの8冊目くらいな単行本。
センセは「さぶろう」というお名前でも活躍されているようですが、どちらにしろひでるさんは初見。

漫画は巻数をまたぐ長編で、ネタとしてはアクションコメディーという感じ。
↓表紙の感じから、ツインテールのメイドっぽい女の子(ガーディアン?)がバリバリと活躍する話…かと思いましたが、これがちょっと違うんですね。
オススメできる漫画です。たぶん。

好戦的な性格とそれに特化した肉体を持つ人が住む、惑星サバラン。
そちらの第126王子「ジン・シーグラム・サバラン」は次代の王となるため、”惑星をひとつ単身にて支配する”という、試練を与えられたのでした。
こうして、地球へ到着した「ジン王子」
さっそく制圧のため攻撃を開始しようとしたんですが…大気の影響によって、本来の力が出せない状態になっていたのです。
他の異星人も地球を狙っていることを知った「ジン王子」は、本来の力が回復するまで潜伏を決意。
記憶を操作し、最初に接触した地球人「天倉日向」の兄「天倉陣」として、彼女の家へ居候するのでした。
…だいたいそんな感じ。

まず、こちらの主人公は「陣(ジン王子)」ということで野郎なのです。
↓表紙の女の子ではないんですねー。
また、話数が進むにつれてじわじわヒロインの数を増やしておりましたが、実はこちらの正ヒロインは妹「日向ちゃん」なのでした。

そうなんです、この漫画はお兄ちゃんに構ってもらいたい、元気で純な妹「日向ちゃん」を堪能する”妹ラブコメ”なのです!

天倉日向
※妹「天倉日向ちゃん」
 今回、わざと画像を下の方に配置してみました(笑)

…当然、このブログにて紹介することの多い、成年漫画ちっくなものではありません。
普通の感じね。

丸く小さい容姿で、やたらロリロリとしていた「日向ちゃん」でしたが、漫画中にて中学生になっておりました。
あのちみっこいのがもう中学生だなんてナ
という台詞ありましたが、まさにその通り。
当然、制服を見せにくるという、お約束イベントもパンチラ込みであります。
「陣くん」にねだる際の真っ直ぐな目と、ピコピコいう尻尾表現が可愛らしい、犬ちっくな娘さん。
頻繁に「おにーちゃん」とか呼ばれておりましたんで、そっち系が刺さる方にはたまらない漫画と言えるでしょう(笑)

犬ちっく「日向ちゃん」
※おまけ:犬ちっく「日向ちゃん」

それだけに、あの↓表紙はややもったいないような気がしました。
なんで「日向ちゃん」持ってこなかったんでしょうねぇ…。
(※裏表紙には、「陣くん」、「日向ちゃん」のSD絵がありましたが)

違う目的だった者が交流するうちに~という基本展開や、小姑のようなサポートメカ、TVに影響されるネタなど、やや定番的。
今のところコレという目立つ特徴はありませんが、ポイントをしっかり押さえた、良い出来栄えな単行本でした。
これからは学校編が始まるようで、キャラも増えるなど違った展開が望めそうです。

誰だ??
※誰だ??
 髪型とかこのポーズとか、どっかの吸血姫みたいでお気に入りなカットです。

丁寧な線と、適度な濃淡のデジタル絵。
人物や背景などのバランス良く、安定感に優れておりました。
非常に綺麗で見やすいですね。
丸いくりくりとした目と幅広めな輪郭の女の子が特徴。
その愛らしさだけで押せるだろう、抜群の巧さがあります。
とりあえず判断は↓表紙で問題ありませんので、参考にどうぞ。

そう、↓表紙のゴスロリな女の子も後半にてちゃんと登場します。
彼女が何者かは…ぜひ単行本でご確認下さい。

唯我独尊ガーディアン(1) (GUM COMICS) (GUM COMICS)唯我独尊ガーディアン(1) (GUM COMICS) (GUM COMICS)
(2008/10/24)
森 ゆきなつ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー ツインテール アクション パンチラ ゴスロリ

■デキちゃったらどうしよ (杜拓哉)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・色々
・おまけ: あとがき・過去3冊単行本収録作品解説。
・その他: 短編×8。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「杜拓哉(もり・たくや)」センセの「デキちゃったらどうしよ」です。

知る人ぞ知る実力派
…という帯文句の「杜拓哉」センセ。
ひでるさんも名前(漢字ね)をどこかで目撃しているような気もしたんですが…よく分かんない。
まぁ、いいか。

そんな訳で、こちら「デキちゃったらどうしよ」は3冊目の単行本。
…ではなく、「松森ナヲヤ」という名前で、一般系でも活動しているみたいでした。
上の紹介文はそんなんを言っているのかなぁ。

こちらの収録は全て短編。
明るいエピソードが多く、特にほわーっとした展開の場合は、絵の雰囲気とかも合わせて「佐藤茶菓子」センセみたいです。
ただ、そちらよりも毒性は強めです。

Wヒロイン短編
※左から、「相澤夕紀」、「倉岡さやか」、「美穂」、「ケイ」
 Wヒロインたちです。華やかでいいですねー。

屋上にて2人の同級生と…という「びっくびく」
”でっちん”というあだ名を持つ「元原」くん。
由来はそのまま、彼のでかちんにあったのです。
噂を聞きつけた、クラスにて目立つ美少女「相澤夕紀」、「倉岡さやか」の両名は、それを見たいと彼を屋上へ連れて行くんですが…目の前にしたソレは”笑えないほどのモノだった”のです。
だいたいそんなお話。

裏表紙にて、屋上で全裸という魅惑なシチュエーションを見せる2人ですね。
漫画でも、そうした展開になっていて安心。
靴下だけ残しているのが変にマニアックな感覚ですが…手すりにかけているだけの服がひでるさん的には妙に気になってしまいました。
あれは間違いなく飛んでいっちゃうと思うのだけれど。
(※そうした後の展開があったなら、なお良かったですけどね。漫画中ではしっかり畳んでましたけど)
雰囲気とは裏腹に、えっちでは積極的になる「さやかさん」
別に…好きなように…
という、慣れきった台詞が素敵です。
一方、前半と後半で態度がガラリと変わる「夕紀さん」が逆にどんどん可愛らしくなるのでした。

かなえちゃん、ルルナさん
※左:かなえちゃん、右:ルルナさん
 これです、バニー姿。下は単行本にて(笑)

ドジなピザ宅配の女の子「かなえ」ちゃんの登場する短編「でりばりー」
何度も商品を忘れてきてしまい、そのお詫びに~というお約束コントみたいな流れでした。
慌てている「かなえちゃん」の表情がいいですね。
クビになるのを恐れ、言われるままえっちするんですが、ここで油売ってたら、結果的には同じ運命だと思うのだけれど。
…というか、ああした職業自体が彼女は合っていなさそうですね。
あの天然さを活かせる職業のが良いでしょう(笑)

もう一つ職業系、「ハニーズへようこそ!!」は暇なファミレス店でのエピソード。
あまりにお客さんが来ないため、来店したお客さんと話しているうち、途中から宴会のようになってしまうのでした…。
大雑把にはそんな感じ。

Wヒロイン「ケイ」「美穂」という、いかにもな制服の2人とのえっちです。
こちらは、先の「びっくびく」と違って当初の性格そのままでした。
特に、真面目な「美穂ちゃん」の、切っ掛けからラストまではよくそれを反映しておりました。
オチまでまとまり良く、コスプレあり、コメディーありと完成度の高い作品なのです

なお、魔法少女話「マジカルルルナ」も綺麗にオチまで流れていた、オススメな短編。
こちら、いちおう大人の姿でのえっちもあるんですが、魔法少女ということもあって全体的にはロリ系。
大きくなったり、小さくなったりが頻繁で、そうした設定をうまーく利用していたと思います。
なお、扉絵のバニー姿が良かったんですが…あの絵はそちらだけでした。

ちなつちゃん、清美さん
※左:ちなつちゃん、右:清美さん
 ロリとアダルトです。この後、「ちなつちゃん」はエラい事になります。

同じく、ツインテールのロリ少女「ちなつ」ちゃんの「酒と泪と男と女」
お相手「俊彦」くんはたぶん同年代なんですが…アルコールで豹変して、かなりエグイ性格になってしまうのです。
えらく現実味ないお話でしたが、これもオチが可笑しかったです。

それらと逆の、人妻「清美」さんとの「友達のお母さん」
これはアダルトな雰囲気漂う、羨ましいお話です。
大人らしい余裕と包容力のある、「清美さん」が実に素敵でした。

ほか、妹「美月」ちゃんとの兄妹近親話「あまえんぼ」、いじめられている「田村洋子」さんのちょいとハードめなえろえろ話「嬲られっ娘」などが収録されております。

基本は乱れること少ない、太線のすっきり絵柄。
濃淡薄めでのっぺり系なんですが、えっちシーンになると文字量が増えて慌ただしくなります。
人物絵は幅広・縦長で、丸くむちむちっとした感じ。
癖はあるものの、あまり好き嫌いが分かれなさそうな絵柄でした。
一部では内臓描写もあったので、苦手な方は注意して下さい。

ざーっと書いてきたように、ロリからアダルトまで幅広く、お話の種類も豊富。
大笑いするほどではないものの、あっけらかんとした明るい描写の漫画はぴったりだと思います。
ただ、全体的なインパクトは低めで、なんというか…器用貧乏な感じがしました
どんなになるのかを含め、長編を見たいですね。

なお、「杜拓哉」センセのHPには漫画画像が掲載されておりましたんで、確認には最適です。
気になった方は、ぜひ検索してみてください。

デキちゃったらどうしよ

デキちゃったらどうしよ



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー コスプレ 魔法少女 ツインテール

■シノブグサ~柑子忍形由緒~ (田中克樹)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : アクション・忍者
・おまけ: あとがき(漫画・原作)・ラフ絵、
      おまけ漫画「がんばれ!左さん」
・その他: 初単行本、原作「爲我井徹」
      5話収録、現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「田中克樹(たなか・よしき)」センセの「シノブグサ ~柑子忍形由緒~ 1巻」です。

えっちな単行本でないとは十二分に承知しておりますが…。
↓表紙に描かれた、忍者服の女の子、特に腰から太ももあたりに引っ張られてしまいました(笑)
そんな訳で、手元にあります「シノブグサ ~柑子忍形由緒~ 1巻」は「田中克樹」センセの初単行本。
似たような「乱飛乱外/田中ほさな」はお気に入りとなりましたが、こちらはどうでしょう?

前半の譲葉さん
※前半の「譲葉さん」
 比較も兼ねて、今回は単行本の前後半の絵としております。

兄の「左(ひだり)」にて、人里離れた山中まで呼び出された主人公「橘志信」
彼らの先祖は忍者だったのです。
それを鵜呑みに山中にて修行を続ける”忍者バカ”な兄と違い、現代に生きる「志信」にとって、先祖の生業は4百年も前の夢物語と同じことでした。
とは言え、兄の要請に嫌々ながら修行場まで来た「志信」を待っていたのは、奇妙な黒装束だったのです。
問ウ”柑子(こうじ)”ノ忍カ?
その突然、黒装束の者に襲われた「志信」は、転落した滝壺にて女の子の石像を発見。
いよいよ黒装束らに追い詰められたその時、石像であった「譲葉(ゆずりは)」が目覚めたのでした。
…かなり大雑把ですが、おおむねそんなん。

忍者アクション漫画ですね。
敵である”刃形(じんぎょう)”、およびヒロイン「譲葉」は”忍形(にんぎょう)”という、錬金術のようなもので生まれた存在。
そういったファンタジー要素が基本にあるものの、戦闘シーンにおいては忍術でどっかーんなる派手派手しいタイプでなく、リアルさそれなりの肉弾戦でした。…今のところは。
また、いちおう舞台としては現代なんですが、出会いを描いている1巻は山中シーンだけで、なんとなく時代劇ちっくなままでした。
ラスト部分にて山を降りていたため、今後は日常描写とか街中にての戦闘などがあると思われます。
そっちがどんな風に描かれるのか、が分かれ目かなぁ。

えっとね、申し訳ないですけどありきたり。
ぜんぜん悪くはないけど、特にコレという良さも見当たらない
うまく運べば深夜アニメとかになりそうな、無難に視聴を集めそうな題材でしょう。
ただ、今のところ目新しさはないですね。
普通に読める漫画でしたし、つまらなくはないですが、刺さりませんでした
大切な導入部分である1巻がこんな感じだと、2巻以降も似たり寄ったり、あまり期待できないかなー、というのがひでるさんの正直な感想。

えー、箇条書きのが伝わりやすいですかね。
感じた点について、ざっと書いてみます。

い) 現代に生きる忍者。
 今のところ、現代ちっくな描写はありません。

ろ) なぜか、いきなりラブラブ全開なヒロイン。
 いきなり「お慕い申し上げます」だって。
 話を聞いていると、惚れたのは「志信くん」という個人ではなく、その血統のような。

は) ヒロイン「譲葉さん」は”忍形(にんぎょう)”
 駄洒落?
 こういうの多いですよねー。

に) 毒を受けた「志信くん」の横で服を脱ぎ出す「譲葉さん」
 泳ぐため(滝壺だったので)に、上着を脱いだだけでした
 毒を吸い出すみたいな、エロティック描写でも良かったと思うんですが…。
 ちょっとだけ盛りあがりかかった、単純なひでるさん(笑)

ほ) 目覚めた「譲葉さん」は禍の元。
 後述します。
 まだ色々とありそうなんですが、封印されてたならほっといて解かなければよかったんじゃないかなぁ。

へ) 襲われ、秘められた能力を発揮する定番な主人公「志信くん」
 漫画中にて、がっかりした描写
 ベタベタな展開です。

と) 可愛い女の子、ということで庇う「志信くん」
 漫画中にて、がっかりした描写、その2
 美人は得ですね。

ち) いきなり頭領になる「志信くん」
 うーん、こういったのが話を軽くしている原因なように思うんだけど。

後半の譲葉さん
※後半の「譲葉さん」
 だいぶ洗練されてるでしょ?ちなみに、飛び越しているのが「右乃さん」

…そんな感じでした。
1巻のクライマックスである、”盲目的に「志信くん」を守る「譲葉さん」自体が禍の元”うんぬんという戦闘シーンは良かったと思います。
圧倒的な強さを有する「譲葉さん」に対して取った戦術、さらに最後の手段など、”必ず目的を達する”という緊張感がありました。
ただ、あのオチは…ねぇ。

ここで、兄「左」が「譲葉さん」にズタボロにされてしまうとか、あるいは兄弟のどっちかがいきなり命落とすみたいな、ハード展開ならびっくりしたんですが。
そりゃ、違う漫画になっちゃうか。

なお、ヒロイン「譲葉さん」は忍形という人外の生物。
心があるのが最大の特徴で、「志信くん」に一目惚れ(?)してるんですが、これが人間そのもの過ぎて面白味に欠けるの
石像となっていた登場部分、圧倒的な戦闘力以外、実に表情豊かで、喋り方・思考もごく普通でした。
このあたりも、ちょっと刺さりずらいポイントだと思います。
普通なら、頼りないながら一生懸命に頑張るとか、成長していくヒロインのが、応援したくなるものでしょう。
マジンガーZ」だって、ボコボコにされながら最後に勝利するから、楽しいのではないかなぁ。

また、いきなりベタ惚れというのもマイナス要因。
当初は血統で守っていたのが、「志信くん」が格好いいところを見せるとかイベントあって、それが恋愛感情へ変わるほうが自然では?
これもベタ展開なんですけどね。

ちなみに、「譲葉さん」はスリムな娘さんですが、「柚木右乃」さんという色っぽい方もおります。
その「右乃さん」のタンクトップはいいんですが、下半身のコスチュームがいまいちで残念。

強い線のこってり絵柄。
ベタ、トーン処理がため、ページ全体は暗めで濃厚でした。
アクション描写に迫力あり、背景なども巧い方。
…以上のような要素にて作品の雰囲気出しには成功しており、またストーリーとよく合っている絵柄だと思います。
後半はかなり洗練されておりましたが、前半についてはややぼってり気味。
ちょっと個性がある作画だったので、人を選ぶでしょう。

いちおう、ミニな忍者衣装でのあれこれ…は、頻繁ではないものの購入時に期待した通りでした。
パンチラっぽいやつですね。
そんなんが好きな方は、あるいは刺さるかもしれません。(えっちっぽくはないですが)

シノブグサ ~柑子忍形由緒~(1) (GUM COMICS) (GUM COMICS)シノブグサ ~柑子忍形由緒~(1) (GUM COMICS) (GUM COMICS)
(2008/10/24)
爲我井 徹田中 克樹

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : パンチラ アクション ファンタジー

■ツはツンデレのツ (佐波サトル)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・学園
・おまけ: あとがき、描き下ろし「好きにはなれないafetr」
・その他: カラー(4P)、短編×9
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐波サトル(さば・さとる)」センセの「ツはツンデレのツ」です。

えーっと、これはどう書いたらいいのかなぁ…。
過去に「いいなり委員長」を紹介している、「佐波サトル」センセの最新刊です。
とりあえず、絵は好きな系統ですし、お話としても良かったです。
それぞれ様々に好き嫌いはあるでしょうけれど、”多くの方は買っても損しないだろう内容”だと思いました。たぶん。

…ただ、どうにも納得できない部分があったため、今回は敢えて苦言をば
いーじゃん、細かいことぐちぐち書くなよー、って感じる人は、ここら辺でご遠慮下さいませ。

恵ちゃん、志乃ちゃん
※左:恵ちゃん、右:志乃ちゃん
 オデコと水着です(笑)最もタイトルに近い2人。

そんな訳で、いつもと構成違ってごめんなさい。
収録作品とヒロイン属性・コメントをざっと並べましたんで、↓以下をご覧ください。

■「好きにはなれない」
・ヒロイン: 「恵」ちゃん (属性:眼鏡・オデコ)
・舞台・設定: 大学サークルのコンパにてお持ち帰り。
※素直でない、という意味ではツンデレの範疇かも。
 カラーあり、描き下ろしで後日談もあり、扱いとしてはメインっぽい短編です。

■「マジメなおつきあい」
・ヒロイン: 「葉子」ちゃん (属性:まじめ・制服)
・舞台・設定: 健気で真面目な彼女を自宅へ誘って…。
※ツンデレではないです。
 前半のパンチラ(モロ)描写が良かったです。

■「呼び出し受け付け中」
・ヒロイン: 「志乃」ちゃん (属性:ツンデレ・スクール水着
・舞台・設定: えろい自分を人のせいにする「志乃ちゃん」と、ところ構わず。
※この娘は明確なツンデレですね。
「~なんだから」、「~してあげたわよ」という台詞もありますよ。

■「長いつきあい」
・ヒロイン: 「渚」ちゃん (属性:幼馴染み・一人称「ボク」・ブルマ・ボーイッシュ)
・舞台・設定: 初えっちで目覚めちゃった「渚ちゃん」と用具室にて。
※ひでるさんお気に入りな短編。この娘好きです。
 虚勢を張っていて素直でないあたりはツンデレの範疇なのかな。

■「お詫びといっては」
・ヒロイン: 「奈々」ちゃん (属性:半開き目・ミニマム・無表情・みつあみ)
・舞台・設定: 実はかなりえろいクラスのマスコット「奈々ちゃん」と校内。
※これは…広義に解釈すればぎりぎりツンデレ?いや、違うか。
 台詞「ゴミ追加」後の、人前でぐいぐいするトコロが秀逸。
 なんだか、「みなみけ」の「千秋ちゃん」みたいで、こちらも素敵なキャラでした。

■「まっすぐ愛して」
・ヒロイン: 「彩」ちゃん (属性:お風呂・ローション)
・舞台・設定: 直球な「彩ちゃん」とお風呂にてマットプレイ。
※ツンデレではないです。
 いちおう、ラストページの1コマだけニーソックスでした。
 
■「もう一杯」
・ヒロイン: 「玲香」さん (属性:甘え)
・舞台・設定: 大学の女王様と言われる「玲香さん」が酔っぱらうと…。
※近いけど、これはツンデレではない…と思います。たぶん。

■「フーキ!」
・ヒロイン: 風紀委員長さん (属性:委員長・制服・まじめ)
・舞台・設定: 取り締まるべき風紀委員長と学校にて。
※ツンデレではありません。
 どーでもいいですが、ここ凄い学校ですねー。

■「みんなもらっちゃう」
・ヒロイン: 「美佐緒」さん (属性:お嬢様・お尻)
・舞台・設定: えっちに貪欲な「美佐緒さん」と、自宅で初お尻ブレイ。
※ツンデレではありません。

…以上です、お疲れ様でした。
ここからが本題ですね。

奈々ちゃん、渚ちゃん
※左:奈々ちゃん、右:渚ちゃん
 ひでるさんお気に入りの2人です。違うシチュエーションで見たいのは「奈々ちゃん」ですね。

まず、タイトル「ツはツンデレのツ」のお話。
そんな表題の漫画がある、あるいは目立つ漫画がそんな感じなのかなー、って思えばそうではなく。
違うのであれば、やっぱり”収録作品を総括したようなタイトル”にすべきだった、と考えるのです。
(※あるいは、対象を固定しないようなモノにした方がいいと思うの)
こちらの単行本、確かにツンデレちっくなキャラはちらほらとおりましたが、単語を聞いて誰もが想像するような…ほら、「釘宮理恵」さんが声をあてそうなキャラ(笑)はごくわずかなのです。

続いて、↓表紙・裏表紙のお話。
とりあえず、カバーに描かれているような、あーしたキャラはおりませんでした。
表裏どちらも眼鏡っ娘なんですが、作品で眼鏡はひとりだけ。
どちらもニーソックスなんですが、そんなキャラは皆無。
↓表紙の娘はツインテールですが、そうした髪型はありません。
裏表紙の娘はみつあみですが、そうした髪型はひとりだけ。
…そうなんです、彼女らは完全に”カバーだけのヒロイン”なんですね。

これらは、ちょっと酷い
直感で本をチョイスするひでるさんは置いといて、普通の読者というのはカバーやタイトルにて内容を判断すると思うのよ。
今の本屋さんはたいていシュリンクしてますから、中身を見れないことのが多いのです。
漫画家さんにも色々思惑とか考えがあるでしょうけれど、ちょっと気をつかってほしいなぁ。
(※そうした意味で、作中カットを裏表紙に掲載する「ティーアイネット」さん、あらすじを裏表紙に掲載する「富士美出版」さん、などは親切)

さらに、全150ページというのは…ちと薄いかな。
まぁ、単純に厚ければいいってものではないですが、例えば…最近だと「いとうえい」センセとかのブ厚い単行本と比較すると、いかにも寂しげなのです。
これは、出版社とか、色々嫌らし~い、大人の事情があるんでしょうけれど……がっかりするのは事実。
「好きにはなれないafetr」を描き下ろしされていたり、「みんなもらっちゃう」にて4ページ追加されていたりするので、この点で「佐波サトル」センセは悪くないと思います。

のこり、絵柄について簡単に。
よーく見ると若干バラつきあるものの、全体的に安定しております。
濃淡では白が目立つすっきり系ですが、盛り上がってくると液体描写とかでごっちゃり。
些細な点ですけれど、背景が弱めなのが残念でした。
どちらのヒロインもむちむちとした、肉付き良いスタイルです。
小さくはないですが、あまり胸が強調されてはいないので、巨乳とは違うと思います。
むちむち、という単語がぴったりかと。
多少の癖はありますが極端でないので、こちらも問題ないでしょう。

最後にもう一度、”漫画は決して悪くない”ので、勘違いとか変に期待しなければ大丈夫です。
ながながとお付き合いありがとうございました。

ツはツンデレのツ

ツはツンデレのツ (いずみコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ツインテール パンチラ スクール水着 ニーソックス 釘宮理恵 ティーアイネット 富士美出版

■ラブユメ・みっくす (カイシンシ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメ・ベタ展開
・おまけ: あとがき、巻末おまけ集、
      カバー裏に別絵・コメント。
・その他: 折り返しにコメント、カラー(6P)、9話収録、
     現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「カイシンシ」センセの「ラブユメ・みっくす 1巻」です。

週末にて、ひでるさんがメインと考えていた単行本がコレですね。
「カイシンシ」センセの4冊目は「ラブユメ・みっくす 1巻」です。
ブログでは、「ボクの家のクルリ様」、「こいのいろ」などを紹介しておりますが、どちらも成年系。
こちらは初の一般系にして、初の巻数表記ある単行本なのでした。たぶん。

ラブユメ・みっくす・ヒロインズ
※ラブユメ・みっくす・ヒロインズ
 右は幼馴染みの「璃里さん」です。

地味で平凡な日常を送っていた主人公「謙介」
ある朝、可愛い妹「みもる」が起こしに現われ、さらに幼馴染みの美少女「璃里」が家事を行っているという、まさにラブコメのような世界が広がっていたのです。
さらに日常でも、猫耳「ミア」、魔法少女「ルマ」、メイドロボ「メード」…など、お約束ちっくな新キャラが次々と登場・居候してくるのでした。
魔法危機管理局の「ルマ」は、”神様に願ったことが実現している結果”と判断し、特別な事柄から世界を守るため、「謙介」に魔法をかけるのです。
不安定要素に対応するその魔法とは…”イベントっぽい事に選択肢が出るもの”だったのでした。
…まぁ、だいたいそんなん。

ラブコメをそのままそれとして描いた、珍しいアプローチの漫画です
とりあえず妹「みもるちゃん」はもともと居たようですが、幼馴染み「璃里さん」に至っては”記憶ない”という「謙介くん」
…あのー、記憶ない女の子って幼馴染みなのかなぁ(笑)

妹「みもる」
※妹「みもるちゃん」
 実に危険な妹です。気を許すと、即成年指定です。

また、漫画では簡単に処理されていましたが、学校でモテモテだった様子。
そうした、願ったままの理想的な世界というのは確かに魅力的なものでしょうけれど、周囲の状況が劇的に一変しているのにあっさり受け入れている「謙介くん」は大物なのか、バカなのか…。
普通なら、何らかを疑っても当然の状況だと思うのだけれど。

「謙介くん」の考えた、”神様が叶えてくれた”という結論がそのまま公式設定でいいのかな?
実は全てバーチャル世界の出来事だった(※選択肢とか出るしね)とか、実は昏睡状態であったとか、妄想が続いていたみたいなオチで、いつか現実へ引き戻されそう。
あまりに出来過ぎなため、なんというか…彼を堕落させるために仕組まれた、みたいな感じがするんですよねー。
まあ、ラブコメ主人公らしく”全てを受け入れ、特定の女の子に絞ってはいけない”というのはしんどい事ですが。

最もガツガツと迫ってくる、危険な妹「みもるちゃん」
近親とかなんとかいう、ややこしい考えはないんですね。
全裸で風呂へ侵入してくるほか、抱きつく、キスするなど、当人が宣言しているようにメインポジションを死守しておりました。
おまけになかなかしたたかな面もあり、妹という立場を最大限に利用する1話ほか、下着を見せる7話「ランジェリーパニック」のシーンでは、目前で全開させております。
登場キャラでは最も感情の起伏が激しく、嫉妬される描写が多かったです。
人によっては、逆に心地よいものでしょう。
9話では大事なところまで触られてしまう「謙介くん」ですが、ありゃーほとんど成年漫画な世界でしたね。
…今後は大丈夫なんでしょうか。

魔法少女「ルマ」
※魔法少女「ルマ」
 普段(左)は眼鏡の「ルマさん」です。彼女もラブコメの餌食に…。

ほか、猫耳「ミアちゃん」は登場ヒロイン中で早くも番外。
メイドロボ「メード」は今のところ一本調子で地味、幼馴染み「璃里さん」は性格的な押しが弱いだけ「みもるちゃん」と重なること多く、やっぱり弱め。
そうした中、ツインテールの魔法少女「ルマさん」だけ事情をよく知るため、「謙介くん」をどつくなど立ち位置が異なり、目立っておりました。
特に6話「空からロボがやって来た」のお風呂はち合わせは良かったです。
普通は気付くでしょう…ってのは置いといて、色々あってお互い全裸のまま狭いトイレへ閉じ込められるシチュエーションがあるんですね。
そちらでの「下向かないでよという台詞が妙に刺さりました(笑)
いいなぁ、こんなんは。

こうした漫画に最適な雰囲気を持つ「カイシンシ」センセ。
中太線はきっちりと乱れず安定しており、作画はよくまとまっております。
濃淡では色が強くこってり気味でした。
幅広な輪郭と大きい目、小さい鼻という、可愛らしい人物絵です。
作風が固定しておりますが、癖のあるため人を選ぶでしょう。
カラーでも変化しないので、判断は↓表紙にてどうぞ。
なお、なかなか頻繁に服を脱ぐ本単行本ですが、バストトップ描写は避けておりました
期待した方は残念。

ラブコメというネタから次々登場する女の子まで、「カイシンシ」センセとぴったり合った1冊。
ベタなパターンが当然という設定にしたのは、なかなか良いアイデアだったと思います
とりあえずはこのお話をどう決着するか、で評価が真っ二つになりそうな感じでした。
個人的には谷底へ転落させるような、ブラックなオチだといいなぁ(笑)

ラブユメ・みっくす

ラブユメ・みっくす 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール

■極上ドロップス (三国ハヂメ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■□□
・属性 : 百合・えっち
・おまけ: カバー裏に別絵・あとがき。
・その他: 折り返しにコメント、9話収録、現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「三国ハヂメ(みくに・はぢめ)」センセの「極上・ドロップス 1巻」です。

よく書いておりますが、書店では基本”反射的に本を手に取っていく”ひでるさん。
こちら「極上ドロップス 1巻」は、”yh (百合姫コミックス)”の文字が視界に入ったので、購入しました。
「三国ハヂメ」センセといえば、こちらでも以前「百合色螺旋」という単行本を紹介している方。
お名前としては、「あまり刺さっていなかったなー」というぼんやりとした記憶があったのです。

そんな訳で、おそるおそる読んだんですが……

うん、こりゃー面白い!

オススメですよ!!

「前園小鞠」、「姫宮雪諸」
※「前園小鞠」、「姫宮雪諸」
 やっぱり百合漫画はキスシーン、ということでこちら。

同性同士の微妙な恋愛・あれコレという心理戦についてはやや弱いものの、百合姫コミックスとしてはトップクラスにえっち度が高く、どっちかと言うと成年系のソフトな感じでした。
どちらを重視するか、で評価が大幅に変化するでしょうけれど、ひでるさん的には花丸。
適度なえっち具合でして、男性の方が読む百合漫画の入門編として最適かもしれません
たぶん…普段からよくこのブログへ来て頂いている方には、刺さり易い単行本だと思いました。たぶん。

全寮制のお嬢様学校「鵬女子学院」へ転校してきた主人公「前園小鞠」ちゃん。
しかし、ちょっとした手違いで、空き室はいっぱいになっていたのでした。
そこで「小鞠ちゃん」は、いわくつきの第三寮「はらいそ館」を紹介されるのです。
実はそちら、生徒会メンバーの寮長「藤家」さん、文化部会トップの「柳エリカ」さんなど、校内の有名人が揃っている寮。
私の下僕になるならこの部屋に住まわせてあげるわ
なぜか、学園にて「姫」と呼ばれている住人「姫宮雪諸」さんに気に入られた「小鞠ちゃん」は、住処を確保するためその下僕となったのでした。
…だいたいそんな感じ。

ロングな黒髪のクールな美少女「雪諸さん」と、巻き込まれ系な主人公「小鞠ちゃん」というカップル。
さらに、アクティブな次期会長候補「藤家先輩」、ぽわーっとした「柳先輩」、言い争いの絶えない双子など、メインから脇を固めるキャラまで非常にスタンダードな、どちらかで見たような布陣です。

小鞠ちゃん、あぶない!
※小鞠ちゃん、あぶない!
 頻繁に脱がされる「小鞠ちゃん」 ちなみに、バストトップもキチンと描かれています。

人気はあるものの、やや孤立気味である「雪諸さん」
そんな彼女とつるむよう(※当然ながら、お昼は2人で食べてます)になって、「小鞠ちゃん」は彼女のファンにいぢめられてしまう、お約束なパターンもしっかりありました。
だからウロウロするなって言ったでしょ
とか言われてましたが…なるほど。
あれはよく考えての言葉だったんですね。

ほかにも、皆お嬢様育ちで生活力のない住人ばかりの中、家事能力を認められて入寮となる冒頭部分とか、再び囲まれた「小鞠ちゃん」を「雪諸さん」が救出するなど、基本フォーマット多く、さして目新しさはありませんでした。
逆に、期待そのまま運ぶストーリーはそれだけで読みやすく、雑に描かれてもいないため、読み手にとっては心地よいものでしょう。
それに、この漫画のポイントは別にあるため、変に捻るよりもこれで良いのだと思います。

そう、この漫画のポイントとは…
 ずばり、えっち描写なのです!

藤家先輩、柳先輩
※左:藤家先輩、右:柳先輩
 喰う気満々な2人です。あちこち触られたりもしてます(笑)

1話に出ていた「小鞠ちゃん」の父親以外、男性不在の百合ワールド。
そんなんなのに、寮「はらいそ館」は言うならば”狼らの狩場”と化しており、ガチで「小鞠ちゃん」が狙われ、喰われかかっておりました(笑)
抱きつかれる、キスされるのは無論のこと、あちこち揉まれたり、隙を見せると服を脱がされております。
また、普段は会うと喧嘩ばかりしている双子「国木田真夜」「国木田美夜」が実は…というのもお約束。
そうした2人の行為を覗き見した「小鞠ちゃん」が思わず取った行動は、まさに成年漫画という感じでしたね。
しかし、それによって”好きな人を自覚する”流れは秀逸でした
うーむ、こんなんは女の子らしくていいなぁ。

顔見せ・キャラ紹介という1巻は、後半にて「小鞠ちゃん」が「雪諸さん」に告白、その後の展開までが収録されておりました。
告白の結果がどうなってしまうのか…ぜひ単行本にてどうぞ。

丁寧な線のすっきり絵柄。
濃淡では白が目立つ平たいもので、コマに人が増えたりすると線だらけな感じもありました。
…とは言え、丁寧で抜群の安定感ある、見やすい漫画です。
縦横に大きい目と、すらっとした縦長なキャラ絵。
癖は薄く、幅広く支持されると思います。
白黒絵は↓表紙などより、もう少し落ち着いた感じですね。

まだ顔を見せていない、図書館の主「芳川」先輩はどんな人なのか?
「小鞠ちゃん」が大事にしているお守りはなんなのか?
2巻を期待して待ちましょう。

極上ドロップス 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)極上ドロップス 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2008/10/18)
三国 ハヂメ

商品詳細を見る



★過去に紹介した百合姫コミックス
ストロベリーシェイクSweet/林家志弦
voiceful/ナヲコ
くちびるためいきさくらいろ/森永みるく
絶対×浪漫/むっちりむうにい
SIMOUN シムーン/速瀬羽柴
少女美学/CHI-RAN
初恋姉妹/東雲水生
初恋姉妹 3巻[完結]/東雲水生
春夏秋冬[限定版]/蔵王大志
乙女ケーキ/タカハシマコ
夜空の王子と朝焼けの姫/袴田めら
かわいいあなた/乙ひより
秘蜜少女/CHI-RAN
楽園の条件/森島明子
マーメイドライン/金田一蓮十郎
EPITAPH エピタフ/硝音あや
アオイシロ-青い城の円舞曲-/江戸屋ぽち
紅蓮紀/武若丸
GIRL FRIENDS/森永みるく[おまけ]



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : 百合姫コミックス 百合漫画

■ギュッてしてね (みやもとゆう)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、描き下ろし「ウタヒメ」
・の他: カラー(4P)、短編×12(うち「癒しのマドンナ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みやもとゆう」センセの「ギュッてしてね」です。

今日のひでるさん的なメインは「カイシンシ」センセの単行本でした。
そちらは巻数表記があったので、明日くらいにやる予定です。

さて、今回は以前「おいしくたべてね」を紹介している、「みやもとゆう」センセです。
なぜかお名前は鮮明にひでる脳へ記憶されており、こちらの単行本も手に取ったという訳。
安さ、ではなく甘さ爆発したような、めろめろなラブコメになっておりました
あまいですよぉー……「今井市郎」の整備なみに。(※逆転イッパツマン

収録にて、唯一同キャラが登場する連続話「癒しのマドンナ」
喫茶店を経営する「麻美」さん。
まだ開店から3ヶ月というのにも関わらず、そのほわ~んとした癒しの笑顔によって、多くの男性客を集めておりました。
彼氏である「鉄也」くんは、放課後から店の手伝いをしているんですが、モテモテな「麻美さん」にやきもきとしていたのです。
しかし、最近は「鉄也くん」目当てな女性客も増えており、それを見た「麻美さん」は…という流れ。

麻美さん、高峰先輩
※左:麻美さん、右:高峰先輩
 この「麻美さん」はいいですねー。あんなことしても動じません。

眼鏡でタレ目。
ポニーテールで大きめな胸を持ち、ちょっと天然が入った「麻美さん」
完璧なまでのお姉ちゃんキャラですね(笑)
収録ではもう一つの年上系、「悩んだ時はお勉強」の先生もそうでしたが、”豊富な経験で色々教えてあげる”というタイプでなく、”年下な男子のなすがままになってしまう”パターン。
そちらの先生は強めな外観とは裏腹に~という方でしたが、こちらの「麻美さん」は雰囲気そのまんまでしたね。
1話目は閉店後のえっちでエプロン姿もいいんですけど、なにげに脱がしやすい下着(ひも)だった「麻美さん」
大事なトコが強調されておりました。

そうした「麻美さん」と温泉旅行へ行ってしまう、なんとも羨ましい2話目。
”水着で混浴できる宿”をチョイスした「鉄也くん」
ちゃっかり、えっちっぽいデザインな水着まで持ってきておりました。
うん、家族風呂とかあんまり直接的なのだと、彼女は嫌がって入らなそうですからねー。
なかなかの策士です。
水着のカットがきびしく、しっかり処理してきた「麻美さん」が可愛らしいんですが…なんでそのシーン描かないかなぁ(笑)
折り返しのカラー部分がソレなんですけど。惜しいなぁ。
なお、浴衣姿もよく似合っておりました。
どうせならもう1話増やして、浴衣えっちとか見たかったですね。

ふりふりなゴスロリ話「彼女がホントに好きなもの」
美人で優秀な先輩「高峰」さんを彼女とする主人公「沢木」くん。
放課後は一緒に過ごしていたものの、まだ休日にデートをしたことなかったのです。
デートの誘いに、なにやら微妙な態度だった「高峰さん」
偶然に街中で出会ったことで、その理由を知ることとなるのでした…。

普段は”格好いい”として知られる「高峰さん」の、恥ずかしゴスロリ姿を堪能する短編。
あれほどの身長ある女性の可愛らしい格好というのは、なんだかそれだけでプレイみたいですね。
(※ひときわ大きい「高峰さん」でした。「沢木くん」は彼女の肩くらいまで、という身長差があるのです)
できれば、下着がもう少しふりふり・キュートなものだったら良かったですね。

アイドル「杏ちゃん」
※アイドル「杏ちゃん」
 この娘です。なにげに仕事に役立ってたりして。

描き下ろしの短編「ウタヒメ」も、そんなんに近い服装です。
アイドル「杏」ちゃんと、マネージャー「敏」くんという2人。
実は従妹というだけでなく、恋人同士だったりもするため、撮影の合間にて…という流れ。
6ページという長さながら、キャラが印象的で、よい出来栄えの漫画でした。
なにげに表紙↓を飾っているのが「杏ちゃん」です。
ぜひ普通のページ数にて、別シチュエーションを見たいなぁ。

兄妹の近親話「お仕事させてっ」、「Hypnotism★」
そのどちらも兄妹という関係ながら、まるで躊躇することもなく、ごく普通にえっちしておりました。
うち「お仕事させてっ」、は妹「瑞樹」さんのメイドコスプレな短編。
眼鏡な「瑞樹さん」は落ち着いた物腰の女性。
そんな彼女の胸を、挨拶もそこそこにいきなり揉んでいるお兄ちゃんがスゴイ。
”しょっちゅうHな事をしてる”という2人。
お仕置きも「バイブ2本挿しで1日放置」とか、エグいことを言っておりました。
敏感に反応していた「瑞樹さん」ですが…近いことは経験済みでしょーね(笑)

「Hypnotism★」はカラー原稿もある冒頭話。
猫耳なコスプレえっちをしている妹「智」ちゃん。
こちらは、ちまちまと動く活動的かつ単純なタイプで、お兄ちゃんの策略にまんまと引っ掛かっておりました。
騙したなー、っていう分かり易い女の子なのですよ。
一人称は「ボク」だったりして…いぢわるしたくなるでしょ?どうすか?
なお、収録では「ラップタイム」のヒロイン「麻奈」ちゃんも、「ボク」という一人称のキャラでした。
コロコロと変化する表情が可愛い、妹ちっくな娘さんなのです。
ちなみに、「乙女ゴコロ」に登場するツインテールな「志保」ちゃんと並ぶ貧乳でもあります。
そう、先の「智ちゃん」は「いつもボクにスケベな事ばっかしてる~」というお兄ちゃん(笑)がためか、意外にもなかなか豊かなものをお持ちなのでした。

妹「瑞樹さん」、妹「智ちゃん」
※左:妹「瑞樹さん」、右:妹「智ちゃん」
 タイプの異なる妹キャラです。泣かせちゃダメ。

ほか、ツンデレ「琴乃」さんの短編「女王様と下僕の日常」、ツリ目が素敵な「河内」さんを縛ったりなんだりする「僕の恋人」、「ヒロインしない?」は故あって彼女「一葉」さんをAV撮影するというものでした。
映像とナマは違うんだって!!
とは、「一葉さん」にレアDVDを破壊された、彼氏「昌平」くんの言葉でした。
うーむ、まさしくその通りなんですが……女性はそんなん理解し難いんだろうなぁ…。

柔らかな線のすっきり系絵柄。
濃淡は薄めで全体的に見やすく、絵のバランスが適度なため、引っ掛かるところはありませんでした。
コメディーでの崩しも自然で、成年漫画っぽくない爽やかさがありました。
そんなんなのに、しっかりえっちされちゃう(しちゃう)のがポイントでしょう。
間隔の広い恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)と、大きめな口が特徴です。
ちょっと癖が強めなので、ご注意ください。
判断には、裏表紙のが近いと思います。

なんだか前回は厳しいレビューをしておりましたが、今回は刺さりました。
(※もしかしたら、その頃と好み変わっているのかも)
良い買い物できました。
作画の雰囲気的に、お姉ちゃん系は合っているのではないかなぁ。

ギュッてしてね

ギュッてしてね (ポプリコミックス 38)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ツインテール ポニーテール ゴスロリ コスプレ

■あれふぇち (北河トウタ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、合間にイラスト、加筆修正あり、
      カバー裏に別絵・作品解説。
・その他: カラー(24P)、短編×18(うち「いろふぇち」×3、
      「あれふぇち」×12、「フェロモン」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「北河トウタ(きたかわ・とうた)」センセの「あれふぇち」です。

なんか久々な感じですねー、「北河トウタ」センセ。
こちらのブログでも何度か紹介しているんですが…びっくり、ラストが07年01月の「快盗ブルマー」でした。
なんだかもっと単行本をリリースされてる印象があったんですが、毎度の如くそれは気のせいだったようです(笑)

さて、一般も多く描かれている「北河トウタ」センセですが、最新単行本「あれふぇち」は成年系。
メインとなる連続話のほか、繋がりはないものの同くくりなお話が多く、全体的にはまとまった雰囲気です。
暗くならないラブコメですね。

宮月香恵、ポニテ子さん
※左:宮月香恵、右:ポニテ子さん
 今回単行本でメインの2人です。とかく目立つのはポニテ子さん(笑)

今回単行本のメインとなる、やや実験的な連続話「あれふぇち」
数で言えば全部で12話ほどありますが、それぞれ8ページくらいのショート漫画なのです。
(※10ページを超えるのもあります)
注目を集める美男美女カップル、「宮月香恵」「真田誠司」の2人。
しかし、実はどちらも経験なく、見栄え良いそれぞれを”百戦錬磨の強者”と勘違いしていたのでした。
そんな訳で、勉強しつつの行為は探り探りなので、なかなか前進しないのです。
そうしているうち、「誠司くん」は電車内にて”ポニテ子さん”に襲われてしまい…と、だいたいそんなお話。

うーん、センセの苦悩・苦労が見える漫画ですね。
あとがきにも、そんなんが書かれていました。

成年漫画では珍しく、なかなかメインカップルが直接えっちをしてくれない、じれったい系ラブコメです。
(※複数登場人物がいて、本命な娘となかなかできない…っていうのなら多く見掛けますが)
もうちょっと描写が大人しいのなら、一般系でもいけそうな感じ
ただし、各話のページ制限が厳しいため、ストーリーそこそこにひと行為だけで終わってしまうのです。
普通にえっちしてるのであれば、色々シチュエーションとかなんとかやりようもあったのでしょうけれど…こりゃ厳しいですねー。
旅館に2人っきりで一泊して、さらにあーんなことまでしていながら、何もなかった(ちょっとはあった)というのは奇跡的。
どうせなら、こうしたままギリギリなプレイだけで押し続けても良かったかなぁ。
ちょっと、中途半端だと思います

未亡人「美由さん」、娘「由希ちゃん」
※左:未亡人「美由さん」、右:娘「由希ちゃん」
 こんな親子です。やっぱり「美由さん」かなぁ。

メインとなるカップルが↑そんなんであるためか、「あれふぇち」の5~9話はまったく別のお話が描かれていました。
叔父の家に下宿をする「弘史」くん。
初恋の女性「美由」さんとの同居生活にどきどきすると共に、その娘であるツインテールな「由希」ちゃんが積極的に迫っていたのです。

ロリ・アダルトという両極端なヒロインを堪能できる、非常に分かり易い三角関係ですね。
娘「由希ちゃん」を育てている、未亡人な「美由さん」
ぐいぐい押してくる「由希ちゃん」とえっちな事をしていながら、「弘史くん」の目は「美由さん」に向いたままでブレていないんですね。
さすがに初恋の相手というのは強い
実は、5話から7話までは先のカップルと同じく直接えっちはしていないんですが、キャラがためか、設定がためか、そうと感じないのは不思議ですね。
やっぱり、下着が黒という「美由さん」が素敵でした。
布団のシチュエーションは現実的でないですが、えっちでしたよぅ。
…下から丸見えだと思いますけど(笑)
また、カバー裏に描かれていた、成長した「由希ちゃん」が良かったですね。
あの感じで、追加エピソードが描けそうですよ。

なお、「あれふぇち」にて、電車内で「誠司くん」を恥女っていた”ポニテ子さん”は、3話くくりりのカラー原稿短編「いろふぇち」にも登場しています。
番外編という位置づけで、時系列ではラストとの間にくるお話。
一度接触した後であるためか過激さがより増しており、ミニのワンピースだと言うのに、ノーパン・ノーブラになっておりました。
そんな格好なので、当人の期待そのまま即えっちされているんですが、弾けた馬鹿馬鹿しいオチにちょっと驚き。
ほか、みつ編み眼鏡な女の子が書店店頭にてえっちされるもの、ツンデレ巨乳な「麻奈」さんとの短編がありました。
揉み放題、ってのはいいですね。

内田美晴
※内田美晴さん。
 地味な格好はわざとなんですが…センセがこんなんお好きなのだそうです。

原稿としては最新となる巻末の2話「フェロモン」は、「性フェロモン多量分泌症」という、”異性を発情させるフェロモンを大量に出してしまう体質”な短編。
収録された2話にて、そうした体質に悩んでいる男女がそれぞれ登場しておりました。
なるほど、性別逆転させて異なる視点にしたんですねー、とか思っていたら、この2人は姉弟でした。
姉「内田美晴」さんはめでたく彼ができ、弟さんは占い師の女の子といい感じで終わっています。
…しかし、ちょっと考えたんですが……そんな姉弟が一緒にいたら、果たしてどうなるんでしょうね??
そうした、家庭内でのえろえろ近親話も見たかったなぁ。

強い線にて、ごっちゃりと描かれる方。
コマ割りは比較的細かく、斜めだったり、ブチ抜かれたりしているため、ページ全体は賑やか。
黒ベタな髪の毛が多く、濃い目な系統となります。
安定はしているものの、適度に荒れているのが「北河トウタ」センセの持ち味。
そのあたりは癖となっているため、人を選ぶ漫画でしょう。
判断には、↓表紙で問題ないと思います。
 
前述しているように、メインの連続話があまり強くないのは良し悪しです。
悪くはないんですが、もうひと押しほしかったかなぁ。 

あれふぇち (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)あれふぇち (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/10/17)
北河トウタ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール 三角関係

■あるころじっく (大富寺航)

★まんがデーター [6/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■□□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : コメディー・家庭
・おまけ: あとがき・4コマ「あるころ放送局」、合間にイラスト、
      カバー裏に”横から見た図”・4コマ「お父さんからの届けもの」
・その他: 1巻完結(全10話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大富寺航(おおふじ・わたる)」センセの「あるころじっく」です。

当初、まるで購入の予定がなかったこちら。
店頭にて、うっかり”金髪グラマー美女”という魅力的な帯文句を目に入れてしまったんですねー。
現在手元にあったりするのは、そんなわけなのでした(笑)

こちら「あるころじっく」は、「大富寺航」センセの初単行本。
ちょうど1冊分の長編で、色々なことがあるもののふんわりとした感じを崩さない、優しいコメディーになっておりました。

妹「緒川真芽」、姉「緒川奈菜葉」
※左:妹「緒川真芽」、右:姉「緒川奈菜葉」
 お掃除番長と、お料理大統領(裁判長)という2人。

考古学者を親にもつ、姉「緒川奈菜葉」、妹「緒川真芽」の姉妹。
それぞれ異なる得意分野を持つ2人は、学業に家事にと、研究のため海外へ出かけた両親の留守をしっかり守っていたのでした。
たびたび宅急便にて送られてくる、様々な荷物にも慣れた頃。
届いた荷物の中から、突如”キャサリン”と名乗る金髪女性が現れたのでした。
驚く「真芽ちゃん」に対し、姉「奈菜葉さん」はその正体が両親の助手の1人「神田千代」さんだと看破したのです。
果たして、「千代さん」はなにゆえそんなんなってしまったのか?
その目的は??
…と、だいたいそんな感じ。

緒川姉妹と居候になった通称「キャサリン」、本当は「神田千代さん」などの日常風景漫画ですね。
呪いによって、外人の姿となっている「千代さん」
実は両親らもまとめて外人の姿になっており、日本へ帰るためのパスポートが使えないという、なかなか深刻な事態に陥っているのです。
しかし、良い方向へ変化した容姿を喜んでいたり、記念にポストカードまで作っていました。
いやぁ、前向きですねー。
ほか、次々と送られてくる遺品たちは、微妙に役立たない、騒がせアイテムばかりなのでした。
そうした、宅急便で届いた物が何らか事件を巻き起こすというのが、基本的な流れです。

が。

すみません、この漫画は合いませんでした。

ここから↓下は、ひでるさんが感じたそのまま・正直な感想を書いております。
人によっては不快感を持たれるかもしれませんので、毎度ながらそういった文面が苦手な方はここで御遠慮下さい。
(※センセ、およびファンの方、ごめんなさい)

 ・
 ・
 ・
 ・
そろそろ大丈夫ですか。
行きます。

えー、悪くはないと思います。
ところどころ楽しめたことは事実です。
ただ、圧倒的にパンチが弱く、インパクトも薄く、残念ながらひでるさんに合わない内容。
まぁ、もともと”金髪グラマー美女”に釣り上げられてますからねぇ…。

金髪ヒロイン「キャサリン」こと「神田千代」
※金髪ヒロイン「キャサリン」こと「神田千代」
 右みたいな感じが多ければ、また違ったかもしれませんが。

漫画ではメインというべき、金髪ヒロイン「キャサリン」こと「千代さん」
もともとが”地味でドジっ子、貧乳で幼児体型”というためか、容姿とは裏腹にやたら色気に欠けたキャラクターなのです。
これは「大富寺航」センセの絵自体が、そっち方向ではないですからねぇ…。
(※それっぽくない絵でのセクシー描写を期待していた、おばかさんのひでるさんです)
だいたい、巨乳アピールなど無いに等しく、またサービスシーンというべき描写もほとんどありませんでした

呪いの影響として怪力になっている設定もあるんですが、日常描写の多い漫画中ではそれも無意味。
なにより、初登場シーンの、”いない”というギャグの流れ悪く、「奈菜葉さん」が見破ったあたりもイマイチでした。
この掴み部分の微妙さは痛いですね

分担して家事と学業を普通にこなしている緒川姉妹。
呪いによって、両親はいつ帰れるか分からない状況であったとはいえ、わざわざ「千代さん」が宅急便で来る意味がよく分からない
よくある有能執事・メイドというならば納得できますが、家事能力は明らかに姉妹よりも低く、”面倒見る”とは言っているものの、役にたっておりません。
特に7話では、立てた仮説が次々と打ち破られるなど、情けないところを披露しておりました。
家庭では金銭面に困った感もなく、問題解決には冷静沈着で頭も良い、いとこ「響」ちゃんもいるため、単なるお騒がせ要員なのです。

例えば本当に外人で、日本の常識がない(そしたらつまんないか)とか、実はもともとは男性であるとか、何らかの受け入れ難い要素があれば、仮の姿「キャサリン」として皆と解け込むまでを描くということになるんですが…。
また、呪いによる不都合さはなく、なによりも本人らが現状に満足しているため、”元に戻る”という意義も薄いのです。
考古学とか、謎とかいうネタも、まるでありませんでした。

そんなんなので、だらーっとした、メリハリに欠けた内容が延々と続いている感じでした
(※そんなんが持ち味なんでしょうけれど)
コメディーについても際立ったものはなく、厳しく言うと「何をしたいのだかよく分からない」ですか。
単純なセクシー・コメディーにした方が、刺さり易かったと思うのだけれど。
センセ、そんなんは嫌いなのかなぁ…。

安定した太線の平面絵柄。
濃淡比率は適度で見易く、安定感に優れておりました。
ひでるさんが欲するえっちっぽさは皆無でしたが、よく反応して動く、可愛らしいキャラ絵です。
癖もあまり強くなく、万人に受け入れられるだろう作画については、まったく問題ありません。
ただ、ブログでよく書いております”漫画の巧さ”
こちらの「大富寺航」センセは、その部分が非常に弱いのです。
以下、気になったところを箇条書きにしてみます。

・流れが飛ぶような、分かり辛い場面がある。
・肝心なオチ部分の構図が弱く、”笑劇”度が低い。
・絵柄が優しすぎるため、毒素が薄い。
・メリハリに欠けたお話に引っ張られてか、各話ラストもゆるい。

そんなところですね。
ひでるさんは刺さっておりませんが、絵は巧くほのぼのとしており、好み次第でまったく逆の評価もあり得ると思われます。
くれぐれも、参考程度にして頂ければ幸いです。

あるころじっく (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)あるころじっく (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2008/09/27)
大富寺 航

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■誘惑トライアングル (舞原マツゲ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・アイテム
・おまけ: あとがき、合間にラフ絵、加筆修正あり、
      カバー裏に「逆襲?の楓姉」前後編。
・その他: カラー(12P)、短編×8(うち「悶々姉妹」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「舞原マツゲ(まいはら・まつげ)」センセの「誘惑トライアングル」です。

あまり時間がないので、前置きそこそこに始めさせて頂きます。
こちら「誘惑トライアングル」は、「舞原マツゲ」センセの通算で3冊目という単行本です。
末下まつげ」という別名義でも、1冊出しているんですね。
どっちも”まつげ”なんですが、なにかこだわりあるのかなぁ。

さて、単行本はメインである中編のほか、いくつか短編が収録されております。
男女3名揃うエピソードが多く、タイトルはそんな所を総括したのかもしれません。

姉「楓さん」、妹「晶さん」
※左:姉「楓さん」、右:妹「晶さん」
 えろえろ姉妹です。その原因になったのが…。

えろい姉妹のお話「悶々姉妹」は、収録で唯一の連続エピソードです。
主人公「若月悠太」は小さい頃に住んでいた町へ再び引っ越してきました。
お隣に住んでいた藤堂姉妹とは、昔馴染みな間柄。
その2人と無事に再会したんですが、前日に大人のおもちゃを扱うお店にて目撃していた、”局部を丸出しにしていた女性”こそがそちらの妹「晶」さんだったのです。
一方、「悠太くん」を誘った姉「楓」さんが服を脱ぐと…と、だいたいそんな感じ。

えっちな姉妹とのラブコメですね
↓表紙を飾っているのが、こちらの藤堂姉妹なのでした。

昔の記憶が曖昧という「悠太くん」
実は、2人があんなんになってしまった直接原因が彼にあるのです。
この設定は、なかなか面白かったですね。
ただ、それらをまるっきり忘れていた原因が特に説明ないのは残念
ついでに、思い出す際も同様にあっさりとしてます。
ここは結構重要な部分だと思うので、お話となんらか絡めてほしいところでした。

また、妹「晶さん」との回想は”いかにも”という微笑ましい(?)感じでしたけれど、お姉ちゃんとの縄跳び回想はあまりに出来過ぎで今一歩。
偶然絡まってしまった、とかでもいいんじゃないかなぁ。
しかも、その後には「楓さん」と初体験まで済ませている「悠太くん」なのです。
そうした強烈な体験なのに、”確か美人のお姉さんがいたような…”程度の記憶になっているのはやっぱり不自然
驚いて逃げ出している描写があったので、強制的に記憶を消失させたとか、女性に対してトラウマを持つようになった、というなら納得できるんですけど。
まぁ、色々書いてきましたが、そういったモノだと割り切って読むのがいいのでしょう。
(※ひでるさんのように、気になってしまう方は微妙かもしれません)

こういったWヒロインな漫画であれば、通常2人の間でふらふらと男性は揺れ動くものですが、こちらの「悠太くん」は最初からブレていませんでした。
当然、気持ちとは裏腹にえっちはしっかりしちゃうんですが、ちょっと斬新です。
今後も次々と新たな性癖が目覚めそうな「楓さん」と、人気ヒロイン「藤乃紫音」のように”アイチムに名前をつけて愛でている”「晶さん」の、ちょっとヤバめなえっち行為をご堪能下さい。
冒頭にあったH店での「晶さん」が刺さったんですが、それを超える描写がないまま終わったのが心のこりでした。
わたし馬鹿よね~、お馬鹿さんよね~♪

「佐久間由香」「藤沢沙織」「涼香さん」
※左から「佐久間由香」「藤沢沙織」「涼香さん」
 こちらの2話は良い出来栄えでした。水中は疲れそうね。

変わった展開を見せる、ファミレスでのエピソード「乙女心は複雑怪奇?」
ウェイトレスをする「佐久間由香」「藤沢沙織」という両名。
常連客の1人を「由香ちゃん」狙いだと考えた「沙織さん」は、奥手な彼女に色っぽいアピールさせるべく、おもちゃを仕込んで接客させるのでした。
しかし、実はそこには大きな勘違いがあったのです…。

こちらは短編ながら、ネタ・えっちが適度に融合し、なかなか良い出来栄えでした。
前半は「沙織さん」によって、「由香ちゃん」が色々とえっちなことをされるというもの。
いじめて系っぽいヒロイン「由香ちゃん」とよく合っており、このまま終わる短編もよく見掛けられます。
ただ、それだけで終わらないところが、こちらの秀逸な点。
なぜ、ちょっと無理やりな要求にも唯々諾々と従っているのかきっちり説明されると同時に、後半の複数プレイへ発展する流れまでスムーズに運んでおりました
「由香ちゃん」と男性客がえっちする理由も、納得できるものです。
これはいいですね!
逆にめろめろになってしまう「沙織さん」と、一転して積極的になる「由香ちゃん」らの変わり様も見所でしょう。

「ハイドロ・パニック」はプールが舞台な、カラー原稿もある短編です。
ロリっぽい容姿ながら、なかなか良いスタイルの「涼香」さん。
ビキニ姿で浮き輪に座っているんですが…これがいわゆるM字状態。
そこに、透明アイテムでの中身丸見え状態から、水中えっちへと発展していく、見事な流れになっておりました(笑)
途中にあった、1ページ・3コマぶち抜きにて、全身の描かれた「涼香さん」が素敵です。
ちなみに、最終的にはそれが露見するんですが、ここは「きぶんきぶん/ぢたま某」にあった、”他のお客さんにもバレてるみたい”な描写のが正解かと思います。

ほか、ポニーテールな「あやせ」さんが自らを緊縛する「隠蔽拘束」、サンタコスプレな「真里亜」さんの「聖なる首輪」などがありました。
自ら縛ったり、アイテムを用いたりと、女の子のえっち暴走が目立つ、楽しい単行本に仕上がっております。

サンプル山本真奈美
※山本真奈美。
 ↓下で書いているあたりのサンプル絵です。

くっくりとした強い線の、トーン処理が多いデジタル絵柄。
灰色でテカテカ…じゃなく、つやつやとした感覚ですね。
絵は巧く、癖があるもののヒロインらの顔は可愛らしく描けておりました。
ただ、手足からスタイルまで、微妙にバランスの悪いところが見受けられます。
…まぁ、重箱の隅をつっつく程度ですが。
それより問題なのが、やや不自然な服のシワなど
特に「真奈美カウンターアタック」、「悶々姉妹」などの、体操着(ブルマ)描写には興を削がれました。
だって、「晶さん」の胸部分とかびしょ濡れみたいな感じなんだもの。
成年漫画なのでこれでいいのかもしれませんが、ひでるさん的にはちょっと刺さりませんでした。
逆に”そんなんがイイ”という方もいると思うので、良し悪しか。

カラー絵は巧く、ぱっと見で問題ない(じっくり見ると粗がある)タイプで、あちこちは十分にいやらしかったです。
概ね問題ないでしょう。
なお、紹介帯の着脱にて絵が変化するので、ぜひそちらで遊んでみてください。
特に裏表紙・後ろ折り返し部分の「山本真奈美」ちゃんは必見です。

誘惑トライアングル

誘惑トライアングル (エンジェルコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コスプレ ポニーテール

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。