FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■催誘姫 (ドリル汁)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ふたなり
・おまけ: あとがき、
      カバー裏にラフ絵・作品解説。
・その他: カラー(6P)、全て表題作(全8話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ドリル汁(どりる・じる)」センセの「催誘姫 -生臭坊主は西へ西へ-」です。

発売表には「8/下 MGジョー短編作品集」と書いてあったので、期待して探していたんですが…。
延期なの?
なんだか9月下旬になったとかなんとか聞きました。

その代替という訳ではないですが、えろえろな↓表紙が目立ったこちら「催誘姫 -生臭坊主は西へ西へ-」をば。
「ドリル汁」センセの単行本はこちらが初見。
お名前にインパクトがあるためか記憶にあり、古くから活躍されている方だと勝手に考えていたんですが…なんとこれが2冊目でした。
ちょっと意外よね。
絵柄はともかく、お話・ネタとしてはもの凄く人を選ぶ漫画でしょう。

孫悟空
※「孫悟空」です。
 頭につけるもの…は果たしてドコについているんでしょう(笑)

旅をしながら妖怪討伐をして路銀を稼いでいる主人公「玄奘」
道々大妖怪「孫悟空」「猪悟能」などを討ち果たし、彼女らを配下、使役しながら西へと向かうのでした…。
ごくごく大雑把ですが、基本としてはそんな感じ。

こちら「催誘姫 -生臭坊主は西へ西へ-」は実は全て表題作という長編漫画です。
えっち度の強いコメディー調な漫画で、一部ではアクション描写もありました。
基本的な流れ、キャラとしては「西遊記」となっております。
当初、タイトルをなんと読むのかとかなんとか、まるで考えていなかったんですが…なるほどあれで「さいゆうき」なんですね。

うち、「孫悟空」「猪悟能」はまぁ、おなじみの猿と豚の化身なんですが、「沙悟浄」については河童でなく実際の原作イメージに近いワニ(蛇)のイメージで描かれていました
(※河童をあてたのは日本でのイメージなんだって)
主要3名のうち、容姿・性格的に最も普通の女性っぽい「沙悟浄」がメインの話がひでるさん好み。
特に「玄奘」の弱い部分まで露呈する5話は、彼女の母性も伺えたりして、なかなか良かったです。

沙悟浄
※「沙悟浄」です。
 こちらがお気に入り。教師となった部分も良かったです。

そちらに続く「火焔山学園」という、学園モノっぽくなる6話は、流れにひと変化あって正解
これを見ていると、普通の現代舞台な漫画を見てみたくなりました。
えろえろ教師となった「猪悟能」、「沙悟浄」と共に、スパッツ姿の「孫悟空」も素敵でしたよー。

さて、漫画の最大のポイントとなるのが、登場するヒロインらは”皆ふたなり”ということ。
この時点で、それが理解し難いひでるさんには厳しい内容でした。
そんな訳で、画面には頻繁に男性器が描かれており、この系統がお好きな方には大満足なことと思います。
しかし、そうでない場合はどこまで耐えられるかなぁ…。
おそらく、お腹一杯になると思われます(笑)

ふたなりジャンルではたいていハード気味なえっちが展開されるんですが、こちらもそれは同じこと。
お話はそこそこにえっち描写は濃く、ぬるぬる・ぐちゃぐちゃとしておりました。
ネタ的にだいぶ人を選ぶので、くれぐれもお気をつけ下さい。

強くくっきりとした絵柄。
トーン処理の絵柄は灰色で薄めなんですが、ごっちゃり描かれる方なので全体的にはこってり。
前述しているようにふたなりキャラが多く、ページは局部で溢れておりました(笑)
また、↓表紙そのまま液体描写もやたらめったら派手。
デフォルメが強いものの、バランスが取れた人物絵で基本的には絵の巧い方です。
色々と人を選ぶ要素があるので、それらを許容できるかどうか、ですかね。

↓表紙などのカラー絵ほか各キャラは良かったので、やっぱり普通な漫画を見たいかなぁ。
とりあえず、いろんな意味で迫力は満点でしたが。

催誘姫
催誘姫 (エンジェルコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : アクション コメディー スパッツ

■満開乙女 (めいびい)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき・あとがき占い、加筆・修正あり、
      カラー描き下ろし「なつおとめのつづき」・他、
      カバー裏に作品(キャラ?)解説。
・その他: カラー(16P)、短編×11
      (うち「なつおとめ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「めいびい」センセの「満開乙女」です。

月末で業務がかなり押したため、昨日は力尽きてしまいました。
新しい記事を期待された方、すみません。
本日もさして状況に変化なかったんですが、しっかり書店へは行ってきました(笑)
時間も遅かったので、あるいは完売になったのがあるかもしれませんが…新刊でメイン扱いされていたのがこちら「めいびい」センセの「満開乙女」なのでした。

楠本雪諸
※楠本雪諸さん。
 どうしてもこの絵を掲載したかったのです。こりゃ、ぎりぎりですね。

単行本は2冊目…でいいのかな?
こちらは全て短編という構成で、カラーの描き下ろし部分が連続話になっておりました。
各タイトルに「乙女」という単語のとっついている短編が多いんですが、なるほど登場ヒロインらは皆えろえろながらも、経験少ない方ばかりでした。
そういった、どっちつかずな(笑)のがお好きならば、より楽しめるでしょう。

よくあるメイドロボ漫画を逆手にとったような傑作「俺たちの手でつかむ22世紀」
時は22世紀。
理想のメイドロボを創るべく、毎日研究を続ける博士とその助手「ジェシカ吉岡」さん。
数多くの失敗に疲れ果て、博士はついに倒れてしまいました。
朦朧とした意識の中、助けた「吉岡さん」を自らが製作したメイドロボと勘違いしてしまうのです。
一方、勘違いされた「吉岡さん」ですが、彼を慰めるべくそのままロボットのふりを続けることとしたんですが…と、だいたいそんなお話。

実は収録で最も古い時期に描かれた短編。
最新のものと比べると、かなり雰囲気は異なってます。
しかし、この時点から作画は高レベルに位置しておりましたんで、まるで違和感なく見れました。

お話はコメディー色の強い短編です。
メイドロボを題材としていながら、まだ完成していないのでロボではない、というのがポイントでしょう。
最後の調整、”服を脱がして感度を確認する”というあたりなど、いかにもな感覚が楽しいですね。
特に、えっち途中にあった”キャラクター切り替え機能”の描写は秀逸でした。

ジェシカ吉岡、秋月秋乃
※左:ジェシカ吉岡、右:秋月秋乃
 どうですか、この背後に立つ「秋月秋乃さん」は。この後は絶対に事件起こりそうでしょ?

そちらとは逆に、「仮初乙女」はちょっと恐怖を感じる短編。
虚構の日記をつけ続けるヒロイン「秋月秋乃」さん。
音もなく、いつの間にか背中に立っていたり、普段からはギャップの大きい、やや強引さもあるえっち最中まで、微かな狂気を滲ませておりました
うはー、こんなん背中がぞくぞくっとしますよ。
舞台が田舎町、さらに時間が夜ということも手伝って全体的に暗く、収録ではかなり異質なものとなっておりました。

ちなみに、「処女椿」は明治・大正っぽい、レトロさ漂う短編。
こちらでは怖さはないもののしっとり甘い空気で、やはり収録では特殊な漫画です。
やっぱり和服はいいですよねー。
ラスト部分など、全体のまとまりも良かったです。

冒頭の「なつおとめ」はカラー描き下ろしもある短編。
人一倍汗っかきな「吉沢春香」さんと、その彼「優斗」くんのラブラブ話ですね。
一度は痛さがために拒否してしまった「春香さん」ですが、落ち着いていたためか、頑張ったがためか、2度目ではめでたくえっちできていました。
うまくいって何より。
ちゃんと事前に用意してあったり、終わった後にうっとりした表情で「記念にとっておこうかなぁ…」とか呟いてみたり、なかなか素質をお持ちなようでした。
描き下ろしで続編が収録されているんですけど、案の定パワーアップしていた「春香さん」が素敵。
なお、汗っかきという設定もあるんですが、服がやんわり透けているカラー原稿以外はちょっと分かり辛いかなぁ…。
白黒原稿では、「ゼロの者」センセくらい派手でドロドロにしないと、なかなか伝わらないと思います。

吉沢春香、柊さつき
※左:吉沢春香、右:柊さつき
 スカート上げて風にあたる光景はいいもんです(笑)

眼鏡の塾講師「柊さつき」先生の「乙女塾講師 柊さつき」
最も年長さんで、いかにもえっちっぽい容姿なんですが…乙女という冠そのまま、ウブな女性なのでした。
2人きりに堪え切れず、酒を飲んでしまうのはいかにも年長さんの行動でしたね(笑)
なお、カラー原稿から始まる「盲目乙女ハート」
実はこちらの「楠本雪諸」さんも眼鏡な女の子で、カラー扉を含めて3コマだけ描かれたその顔が良かったんです。
漫画内でほとんどかけていないのには、とある理由があるのでした。
まぁ、よくある王道ネタですけどね~。
他に乗車客がいないからと言って電車内でがつがつ迫るだけでなく、結局その場でしてしまう「雪諸さん」
寝ている先輩のを触ってみたり、ノーブラだったり、絆創膏だったり…と、嬉しい娘さんです。
似ているのが、裏表紙を飾るツインテールな「立原晶」さんの「乙女心オーバーフロー!」
こちらの「晶さん」も告白されただけで、いきなりがつがつと迫ってきておりました。
言った「忠義」くんの台詞「エロ漫画じゃあるまいし」が妙に可笑しいですね。

ほか、みつあみとオデコの可愛い「城下菫子」さんと家庭教師のカップル「桃色みかん」、デート前に全裸で独りプレイをしていた「真理恵」ちゃんは当日風邪をひいてしまい…という「ドキッ・オトメの微熱大作戦」などがありました。
特に「ドキッ・オトメの微熱大作戦」のお見舞いパターンはありがちなものですけれど、じっくり描かれた座薬シーンが見ごたえアリです。
「真理恵ちゃん」の最後の台詞もいいですねー。

濃い線でベタ・トーンのどちらも強く、こってり風味な作画。
大きめの絵に小さいコマが重なるような処理をよくされております。
特に、同構図で3つくらいコマの連続した部分は、まるでアニメーションのように流れて見えました。
スラリとしたスタイルで、リアル寄りな人物絵。
それでいて顔バランス程度が絶妙なため、可愛く描かれております。
各キャラの動きや表情、服装から小物、さらに背景に至るまで、非常に絵の巧い方でした
カラーも白黒絵のいい部分を残したようなもので、良かったです。
↓表紙で問題なければ、間違いなくオススメと言えるでしょう。
なんだか誰かの絵柄と似ているように思って見ていたんですが…それが誰なのかまっったく浮かばず(笑)
まぁ、いいか。

今回収録はラブコメばかりでしたが、全体的に色が暗めなこともあり、サスペンスちっくなネタもよく合うと思います。
「仮初乙女」みたいなのですね。
ヒロインの目が白目とかになると、途端に恐怖感が出るんですよー。


満開乙女 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)満開乙女 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/08/29)
めいびい

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール コメディー アニメーション サスペンス

■受精狂 (ペイントロボ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: 
・その他: カラー(4P)、短編×9、
      ほか「お蔵入り作品集」を収録。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ペイントロボ」センセの「受精狂」です。

あれれ、こんなんだっけか…。
そんなんが単行本全体の感想というこちら、「ペイントロボ」センセの「受精狂」です。
忘れましたが結構古くから活躍されており、ひでるさんは過去にどちらかの単行本、確か「秘密戦隊アワレンジャー」だったかなぁ…を読ませて頂き、その際も「合わないなー」と思った記憶があります。
それからは避けていたので、だーいぶ空白期間があるんですね。

お姉ちゃんと安菜ちゃん
※左:お姉ちゃん、右:安菜ちゃん
 お姉ちゃんは収録で最年長ヒロインかな。上は寄せてるだけで、実際は小さいです。

…で、先日。
週末にコレという本が少なかったこともあり、ふらふらと彷徨った挙句久し振りで手にしてみたのです。

さて、今回の「受精狂」は収録全て短編という構成。
もっとも意味不明なのが、巻末に収録されたおまけ(?)「お蔵入り作品集」
漫画の一部が切り取られ、そちらにコメントが差し込まれているというもの。
そんなんで6ページ。
タイトルそのままで考えると、並んでいるのは未発表か、単行本未収録のまま流れてしまった原稿なんでしょうか。
ある程度のあらすじが分かる訳でなく、詳細に思い出が語られている訳でもなく、ごく簡単なのが淡々と続いているんですね。
こりゃ、完全にファン向けページ
そうでない場合、単に穴埋めのような印象を持つと思います。
たまーに、こういったページの使い方を見受けますが、あまり気分の良いものではありません。
どちらか普通にまるまる収録するか、ある程度縮小して複数を掲載するとかのがいいかなぁ。

漁師らと娘「海堂安菜」ちゃんの短編「潮騒のヴィーナス」
夏休みの期間を利用して、パパと一緒に漁へ出ることとした「安菜ちゃん」
好きなだけできるということで、お互い盛り上がっていたんですが…なんと初潮がきてしまうのでした。
どうにも諦めきれない漁師らは…。

馬鹿馬鹿しくブッ飛んだ短編。
5ページ目のコメディー部分、それ以降の適度な壊れっぷりが楽しいですね。
24時間営業だ!!」…じゃないでしょー!
しかし、なんでか仕事効率をアップさせているなど、単にえっち描写へ流れなかったのが意外でした。
ラスト付近の流れは個人的に駄目。
そうした突拍子もないのを許容できるかどうかが、ポイントになると思います

なお、収録では「瑠璃」ちゃんが散々酷い目に遭ってしまう短編「罰」も同様。
これのオチ部分はまるまる不要かなぁ。
カラー原稿の冒頭話「海の王者わかめ」は逆に最初のインパクトで牽引し、ラストで軽く突っ込まれるというネタになっておりました。
個人的にはこうした流れのが好きですね。

主役の女の子、アイドル「秋穂ちゃん」
※左:主役の女の子、右:アイドル「秋穂ちゃん」
 芸能人2人です。…こう並べるとそっくりね。

アイドルとお父さんの「ストレスケアは中出しで」
記者が四六時中はりつくような、トップアイドル「秋穂」ちゃん。
唯一の盲点が自宅よね
という台詞は、なんだか納得(笑)
ややツンデレちっくな雰囲気で、こちらはオチ部分まで綺麗にまとまった短編でした。
コスプレ要素のあるトンデモ話「キッズワーク」も、こちらと似た雰囲気ですね。

ほか、「○学生の母」は似たタイトルのドラマだっけか、見てませんがそちらのパロディみたいなもの。
そのまんまですが、たぶん想像通りの展開になるでしょう。
非常にコメディー色の強い「テストプレイ」、ラブラブではない姉弟の近親話「放課後情事」
なお、タイトル「幸せ監禁生活」という脱力なものですが、こちらの短編はなかなかよく出来たストーリーだと思います。

くっきりとした濃い線のやや重ためな作画。
原稿は良い意味でも悪い意味でも、昭和っぽい雰囲気が漂っております。
描き込みのゆるい劇画タッチなんですが、あえてそれをコメディーっぽくしているのかな?
非常に癖のある方なので、人を選びます。
丸っこい幅広な輪郭と小さい黒眼、丸く短めな黒髪が特徴。
ややパターンなんですが、相変わらず女の子は可愛らしく描く方ですね
それだけに、インパクト強めな男性が邪魔に感じると思います。
ヒロインはともかく、そっちの絵がために脱落する方もいるでしょう。

台詞などブラック気味な単行本。
悪くない短編もあるんですが、やっぱり合わないなぁ…。

受精狂

受精狂 (いずみコミックス 18)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー コスプレ

■暴れん坊少納言3 【山吹の巻】 (かかし朝浩)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 平安時代コメディー
・おまけ: 描き下ろし「平安高校課外補習」1~5。
・その他: あらすじ、6話収録、現在は3巻まで発売中。
           
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かかし朝浩(かかし・あさひろ)」センセの「暴れん坊少納言Ⅲ  【山吹の巻】」です。

はい、待っておりました。
ひでる待望の3巻です。
ちょろちょろと発売されている(チェックしている)歴史関連の単行本では、「伊達政宗」を題材とした「姫武将政宗伝 ぼんたん!!/阿部川キネコ」、戦国時代を舞台とした「乱飛乱外/田中ほさな」…らと共に、直撃されている漫画なのでした。
そんな訳で、こちらのブログでは「暴れん坊少納言」、「暴れん坊少納言2 【葵の巻】」という、既刊どちらも紹介してるんですね。
ラブコメ(※コメディー強め)、あるいは時代モノが好き方には、刺さる単行本だと思います
未読であるなら、ぜひオススメしておきます。

台風のような諾子さん
※ヒロイン特集1:台風のような諾子さん。
 やりたい放題ですね。中央が「伊周さま」です。

時は平安時代
「清少納言」こと主人公「清原諾子(きよはら・なぎこ)」は才媛(※さいえん:高い教養や才能のある女性)でしたが同時に大変なお転婆でもあり、周囲を困惑させておりました。
試しに縁談をさせたものの言動はまるで改まらず、その相手「橘則光」との関係もさして進展なくという具合。
そんな頃、なにかと目立つ「諾子さん」の評判を聞きつけた時の中宮「定子(ていし)」は彼女を女房として出仕させることとしたのでした。
あちこちで騒動を巻き起こすものの、ようやく生活に慣れてきた頃。
入内を目指す中宮「定子」の従姉妹、「藤原道長」の娘「彰子(しょうし)」とその教育係「紫式部」らが頻繁にちょっかいをかけてくるようになり、特に「諾子さん」はその対象として目されていたのでした。
…まぁ、だいたい前巻まではそんなん。

多少のアレンジを加え、史実を読みやすくしたコメディー漫画です。
主要な登場人物は実在した方々で、3巻では「安倍晴明」、「藤原伊周(ふじわらの・これちか)」などが登場しております。

お話の中でも4コマ部分でも散々に突っ込まれておりましたが、特に注目なのは現代の女の子らもキャーキャーと言っている(らしい)陰陽師安倍晴明」ですね。
普通のイメージとしてあるような、スリムで美形な描かれ方ではなく、老年期でのんきな趣味人のような風情なのでした。
(※「花山天皇」の信頼をうけ、記録に登場するようになるのは59歳あたりからなんだって)
念のため調べちゃいました(←信用してない訳ではないんですが…)が、実際にはそんな感じだったようなのです。
ちょっと驚き!
源頼光」などと同様に、死後になってから「今昔物語」などの記録によって神秘化・伝説化され、果てはヒーローっぽくされた方みたい。

ラブラブシーンの諾子さん
※ヒロイン特集2:ラブラブシーンの諾子さん。
 もうちょっとこんな描写をほしいです。中央の方が「晴明さま」わざと見にくくしました。

ほか、お話は実際に「枕草子」にもあるらしい雪のエピソードから、「定子」の妊娠騒動。
前巻から引き続き登場する「彰子」が仕掛けた、ちょっと政治ちっくなものまでありました。
さらに収録のラスト6話目では、ついに「彰子」が入内し、”二后並立”の様相となるのです
こりゃ、次巻はより盛り上がりそうで、今から楽しみですよ。

なお、漫画帯には「清少納言VS紫式部 ガチバトル!?」とか実に興味深い単語が書かれていましたが、この巻にはそういったお話はほとんどないので要注意
(※2巻につける帯ならそれでいいでしょうけれど、ちょっとだけな3巻では明らかな誤りだと思いますけど)
「紫式部」の出番はちょろっとだけでしたので、ファンの方は残念賞。

せまる「和泉式部さん」
※おまけ:せまる「和泉式部さん」
 大人っぽくせまると思いきや、実に動物的(笑)

ちなみに、1巻の時点ではツンデレという単語を冠としておりました。
なんとなーくラブコメちっくなお話が目立っていた印象なんですが、今回についてはちょっとだけ。
まぁ、これは仕方ないかなぁ…。
もうちょっとそんな描写がほしいトコロですけどね
ただ、ひでるさんお気に入りの「和泉式部」が1話、5話などでなにげに活躍しており、その点では満足でした。
番外編で主役話とか描いてほしいですよー。

もともと絵柄は安定していたこともあり、前巻とほぼ変化ありません。
1巻と比べてみると、主要キャラについてはだいぶ描き慣れてきているようでした。
なんというか、丸くなった感覚ね。
しっかりとした線は乱れることなく、きっちりとしています。
やや平べったく、デフォルメも強い特徴ある描き方なので、人を選ぶでしょう。
解説部分なども含めて漫画の運びが巧い方なので、極端に苦手でなければ問題ないと思います。

時代・史実などと”ある程度”合わせる必要があるためか、そんなんがお話の幅を制限しているかなぁ。
心なしか、3巻は読んでいてそんなん感じました。

暴れん坊少納言3

暴れん坊少納言(3) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


            

tag : 平安時代 ラブコメ コメディー 戦国時代 伊達政宗 安倍晴明 陰陽師

■ちんかも! (伊佐美ノゾミ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(6P)、短編×9。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「伊佐美ノゾミ(いさみ・のぞみ)」センセの「ちんかも!」です。

買ったその際は「なんちゅータイトルだ」と思った、こちらの単行本「ちんかも!」
「伊佐美ノゾミ」センセのHPに、それが「ちんちんかもかも」っていう言葉の略であると書かれてましたが…なるほど、確かに辞書に掲載されてました。
びっくりです!
試しに「goo辞書」で叩いたら、ちゃんと出てきましたねー。

ちんちん-かもかも
男女が仲むつまじくしているさま。いちゃいちゃしていること。ちんちんかも。
「誰憚(はば)からず―、ええ畜生め/歌舞伎・升鯉滝白旗」
(※goo辞書より、そのまま掲載)

…凄いなぁ。
そんなこんなで、「ちんかも!」は収録全て短編という「伊佐美ノゾミ」センセ4冊目の単行本です。
なかなかいい↓表紙だなーと思っていましたが、センセのHPによると後方2名は描き直したいとのこと。
…あ、確かにそうかも(笑)
でも、前方2名、特にジーンズの女の子は下着なども含めて良いと思いましたよ。ええ。
(※白黒ですが、あとがき背景には穿いてないバージョンもあります)
さてはて、その4名が登場している短編が「恥験」です。

麻美ちゃん、カオリちゃん、沙代子ちゃん
※左から麻美ちゃん、カオリちゃん、沙代子ちゃん。
 うーん、「カオリちゃん」はカラーのがいいなぁ…。

借金で困っている家を助けるため、主人公「麻美」ちゃんは自分の年齢でもできるバイト(ボランティア)にて働くこととしました。
その内容は”治験”という、開発薬品の臨床試験だったのです。
「カオリ」ちゃんほか2名と共に、「麻美ちゃん」は薬を口にするんですが…と、だいたいそんなお話。

↓表紙を飾っている割に、ごくごくあっさりとしたお話。
まぁ、だいたい想像そのままという、王道展開なのです。
できれば、その後どーなったかを描いてほしいところでしたけれど。
名前ない2人は置いといて、ツインテールな「麻美ちゃん」、外人っぽい「カオリちゃん」の両名はなかなか目立つキャラクター。
舞台設定的には正しいんでしょうが、患者服というのかな?着ている服そんなんだったのが地味で残念
だいたいのーぱんで、すぐ全裸になっちゃうし。
ひでるさんと同じ、ジーンズとかチェック柄のスカートが刺さっていた方は要注意(笑)
ただ、こんなんは実際にある話かもしれませんねー。

収録でぽっと印象に残ったのが、「変態さん」という短編。
仲の良いお隣のお兄さん「カズ」くんは「沙代子」ちゃんに告白し、付き合うこととなりました。
明らかな年の差がため大事に扱う「カズくん」でしたが、そんな普通の扱いに「沙代子ちゃん」は不満たらたらなのでした。
変態さんのカズ君なら、話や本でしか知らない事も体験させてくれるって思ってたのに!
挙句の果て”別れる”と言いだした彼女に、ついに本気を見せるのです。
大雑把にはそんな感じ。

同じパターンで飽きただの、退屈だのとか言っている「沙代子ちゃん」
どんなんを期待していたんだろう。
それに対し、「カズくん」がそのまま突っ走るという展開ですね。
ラスト部分ではかなりトンデモなこととなっているんですが、ちゃんと描写されているのは比較的軽いものだけでした
前半にページを使い過ぎたかなぁ…。
なお、短編「春に桜」のヒロイン「桜」ちゃんも、えっちに積極的なキャラ。
メイン部分よりも、冒頭のお花見、後半の電車内、試着室、映画館…などのシチュエーションのが良かったです。
それらがちょろっとだけだったのが、非常に残念。

有紀さん、しおりさん
※左:有紀さん、右:しおりさん。
 「有紀さん」はもっといい絵があるんですけど…まぁ、このくらいで。

ひでるさんお気に入りが「2P(二人対戦)」
…あ、こちらもジーンズですね。
お話は「友晴」くんの家に、格闘ゲームをしに「有紀」さんが遊びに来るというもの。
勝ち続けていた「有紀さん」は「勝ったら何でもしてやる」という約束をしてしまい~という流れ。
後述する「女神降臨」と共に珍しく同年代カップルで、「友晴くん」の要求は”お医者さんゴッコ”でした。
わはは、切っ掛けとしては幼く聞こえるので、なかなかいい手段かもしれません。
容姿・言動がいかにも男の子っぽい「有紀さん」なんですが、迫られると途端に女の子になってしまう様がポイントですね
可愛らしいです。
なにげに過去シーンではスカートめくりをされている描写もあり、そういった服装に特に抵抗感はないみたい。
性別どっちつかずな感覚で、ぜひ成長した後が見たい娘さんでした。
どんなんなるんだろう。
また、どんな下着だったのか、しっかり見たかったなぁ。

ネットに自らの画像をアップしている、「鮎川しおり」さんの「女神降臨」
手のアザで判明するという流れはいいんですが…なんか形が一定していないようなのが気になりました。
ちなみに、カバー裏がこの娘さんですね。
あれはアップする写真を撮っているところかな?
ほか、酔っ払った「あかり」ちゃんがどうのという「よっぱ」、喫茶店でサービスする「千恵」ちゃんの「喫茶店CaitSith」
兄妹の「イーチタイム」、従妹「美鈴」ちゃんの「私のお兄ちゃん」は多少展開が異なるものの、どちらもラブラブ短編でした。

強い黒の、しっかりとした絵柄。
基本カチカチっとまとまって大きく乱れないため、線の濃さと調和がとれておりました。
こうしたジャンルでは、色の薄い作画だと思います。
だいたい最近の作品だけで構成されており、単行本全体では安定しておりました。
幅広な大きい目と、縦長な輪郭が特徴。
ロリキャラがためか、たまにバランスが崩れて見えました。
大まかにはカラー絵と変化ないので、↓表紙でご判断下さい。

ほぼ女の子から仕掛けており、雰囲気そのまま全体的に明るい短編集でした。
智沢渚優」センセ描かれるようなのと、どっちが刺さるかですかねー。

ちんかも!

ちんかも! (セラフィンコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール スカートめくり

■百目姫捕物絵巻 (湯浅みき)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 妖怪・アクション
・おまけ: 各話解説・4コマ。
      カバー裏にお色気漫画・心の声漫画。
・その他: 折り返しにコメント・4コマ、4話収録、
      現在は1巻まで発売中。
             
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「湯浅みき(ゆあさ・みき)」センセの「百目姫捕物絵巻(ももひめとりものえまき) 1巻」です。

週末は特にコレという一般漫画はありませんでした。
こちらの「百目姫捕物絵巻 1巻」は店頭で見かけてどうしようか迷いましたが、結局手にしてしまいました。
えっちっぽくないだろうとは理解していましたが、妖怪モノに和服な女の子というのが手に取った最大の理由(笑)
いいですよね、こうした「和」っぽい雰囲気は。

がしゃどくろ
※おまけ:妖怪「がしゃどくろ」です。
 でかいですよ。手前が「隼人くん」と「五十鈴さん」ね。

そんなこんなで、「湯浅みき」センセ2冊目の単行本「百目姫捕物絵巻 1巻」です。
和モノが大好きな主人公「藤原隼人」くん。
ある日、神社掃除のバイトをする「隼人くん」は鏡から飛び出してきた無数の妖怪、さらに着物姿の女性「五十鈴」さんと遭遇しました。
初恋の人「鈴香」お姉ちゃんと似た彼女は、魔物を捕らえるため江戸時代から現代まで追いかけてきたというのです。
そのうちの一体、妖怪「見越し入道」を発見した「五十鈴さん」の手には、無数の目玉が浮かんでいたのでした。
果たして、「五十鈴さん」は人間なのか、はたまた妖怪なのか?
現代の世に飛び出し魔物らを捕らえることができるのか?!
…とまぁ、大雑把にはそんなお話。

冒頭は江戸時代の場面で始まったので、そちらの妖怪退治漫画かと思いましたが、舞台は結局現代でした。
(※そっちでもよかったかなぁ)
よくありがちな、妖怪退治モノ。
それに、ラブコメアクションなどの要素がちょろっと加わっている、と言う感じですかね。
「湯浅みき」センセ御自身が昔話や伝承系に詳しいようで、あちこちには解説・注釈も書かれていました。
基本的にはコメディー調の楽しいものですが、そんな訳でお話の根本は適当なものでなく、しっかりしています。

この漫画最大の特徴が、ヒロイン「五十鈴さん」ですね。
↓表紙そのまま清楚な和服美人なんですが、腕には無数の目が…うわあああ。
蟻とかアブラムシのような、細かいうぞうぞしたものが大の苦手なひでるさん。
いやー、正直こんなんはキツいですよー。
きーもーちー悪いー!

「五十鈴さん」の手
※「五十鈴さん」の手。
 こんなんは背中がうぞうぞとなるのですよ。

ただ、その気色悪さは漫画内でも基本テーマとなっており、作品中でも度々そうした描写がありました
受け入れた「隼人くん」は偉いですね。
そのあたりの経緯も、「可愛いからどんなんでもいーやー」みたいな軽いものではなく、一度は拒絶し、ちゃんと事情を踏まえた上でのこととなっておりました

さらに、「五十鈴さん」はどうやら魔物退治に役立つ特殊能力とか、必殺技などは特に持ち合わせていない様子
(※封印することはできる)
協力する「隼人くん」も単なる人間で、マニアなだけ知識が豊富という程度だけなのです。
そのため、各魔物との対決にはパターン的な展開なく、ぎりぎりな勝利なのでした。
4話では「がしゃどくろ」なんて大物が登場してましたが、2人ともほぼその身一つで挑んでおります。
無謀とも言えるその姿勢に他が影響され、協力していくという流れは、素直に感動できますね

「五十鈴さん」の危機
※「五十鈴さん」の危機。
 度々ピンチを迎える「五十鈴さん」、右のようなサービスカットは少なめですが(笑)

絵師「画楽」ほかラストでは怪しげなキャラも登場しており、今後が楽しみな感じでした。
うんちく細かく、単に派手なだけではない展開など、感覚的には「もっけ/熊倉隆敏」と同系列な漫画ですかね。
あくまでも感覚的によ。

濃い線の、ややこってりした絵柄。
キャラ絵などは基本すっきりとしているんですが、ジャンル的か黒が強くなっております。
小さめのコマ割りですが、漫画巧く安定感もあり、集中して読めました。
線の少ないキャラ絵は素朴なもの。
メインとなる妖怪らは、日本画っぽい感じに描かれていました。
多少の癖はあるものの弱いので、万人に好まれると思います。

ちなみに、センセのHPにて↓表紙の全景が見られるんですが、…なるほど、あれは雪景色だったんですね。
なかなか素敵な絵になっているので、ぜひそちらで全体図も見てみて下さい。

百目姫捕物絵巻 (1) (怪COMIC)百目姫捕物絵巻 (1) (怪COMIC)
(2008/08/18)
湯浅 みき

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : アクション ラブコメ コメディー 江戸時代

■誘惑はあかね色 (URAN)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・恋愛
・おまけ: あとがき、加筆・修正あり、
      なかがき(「誘惑はあかね色」解説)、
      カバー裏に別絵・作品解説。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、
      短編×10(うち「誘惑はあかね色」×6)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「URAN(うらん?)」センセの「誘惑はあかね色」です。

なんだかあくびばかりです。
このブログ作業は基本的に座っているだけなんですが、なにげに消耗しますねー。
これが書き終わった後は、続いて「お寺さんぽ」のネタを書かなければ…。
こんなんしていると、あっという間に土日は過ぎ去るのですよ。

まぁ、くだらん話はそれくらいに。
今回取り上げました「誘惑はあかね色」は、「URAN」センセの初単行本なのです。
この方も初めてなのです。
漫画家さんというのは、いっぱいおりますね。
…大変です。

さて、こちらの「誘惑はあかね色」は表題作の中編をメインに、各短編も収録した構成になっておりました。
なんといってもそちらが非常にオススメなのです。

英語教師「静さん」
※英語教師「静さん」
 もしかしたら、漫画の後はえっち度が増したかもしれませんね。

美術教師「井ノ上本樹」はもともと幼馴染みという英語教師、「静」と15年もの付き合いをしておりました。
そろそろお互いに結婚を意識するような間柄であり、その関係は安定していたのです。
そんなある日、下校時間を過ぎて油絵に取り組んでいた「本樹」はつい居眠りをしてしまうんですが…目を覚ますと、顧問をしている美術部員の部長「北村あかね」が目前にて咥えていたのでした。
…だいたいそんな感じ。

よくまとまった連続話ですね。
ラブコメというよりも恋愛漫画という風情で、主人公「本樹くん」、生徒「あかねさん」、彼女「静さん」という”微妙にうまくいかない関係”がしっかりと描かれておりました。
そんなん系統が好きな方には刺さるだろう単行本です。
ひでるさんは直撃でしたよー。

幼馴染みで、付き合い長い彼女「静さん」
長く近すぎる関係がためか、あるいは「静さん」が元来より淡泊な質であるためか、「本樹くん」はイマイチ欲求不満な様子。
結婚相手としては申し分ないでしょうけど、このすれ違いは今後じわじわとしんどいかもしれません。
思い切って、お願いしてみたほうがいいかもしれませんね。
漫画では完全に脇役で、出番も少なめ。
ただ、可愛らしさを残した大人っぽい女性で、いかにも生徒が憧れそうな先生でした
色々あって、5話では生徒「永山くん」としてしまうんですが…それがため、自らの想いを再確認しております。
このあたりは、シチュエーション的にも、お話的にも、非常に盛り上がる部分ですよ。

北村あかね
※美術部員・部長「北村あかね」
 漫画では出ずっぱりでした。右の笑顔はいいですね。

一方、若く色々なプレイで楽しませてくれる「あかねさん」
キスだけは誰にもさせないの
本気か冗談か、そんな可愛らしいことを言っておりましたが、「本樹くん」とはキスをしちゃうんですね。
また「三浦葵」ちゃんを連れて部屋へ行った際も、流れでキスしようと近づいた2人を阻止しておりました
思わず動いてしまった「あかねさん」は無論、そこですぐに気付いていた「葵ちゃん」もやっぱり女の子。
一見奔放な感じなんですが、非常に良い娘さんです。
後ろを捧げた際に思わず泣いてしまったほか、「本樹くん」と「静さん」の関係にはあちこちで気を使っていました。
5話冒頭の描写はなにげに切ないですねー。
「あかねさん」は、三角関係に持ち込みたいとか、奪ってやろうという考えはなかったでしょうから。

誤魔化す「あかねさん」
※おまけ:誤魔化す「あかねさん」

そうした積み重ねがため、最終話は非常に良い、結末に相応しいものになっておりました
ちょっと泣けると思いますよ
…こんなんひでるさんだけかなぁ?
登場人物それぞれがイイキャラばかりで、あちこち優しかったのです。
ラストもそうですね。
えっちシーンとのバランスも適度で、完成度の高いお話になっておりました。

なお、カラーのショート漫画「カノジョ↑にしなさいッ!!」
実は「誘惑はあかね色」の番外編というべきお話で、ちょろっとだけ登場していた「永山くん」と幼馴染みな娘の短編。
ややツンデレちっくの王道なヒロインで、いろいろ言い訳(笑)をしてくれているため、行為最中でも分かり易くなっておりました。
限定されたページ数に合った、なにげに完成度高い作品です。

ユイさん、かえで先生
※左:ユイさん、右:かえで先生。
 ブラチラな2人です。生徒会長、なかなか大きいですねー。

ほか、定食屋の看板娘「姫子」ちゃんと工事現場で働く「高田」の 「注文の多い定食屋」
これはおっちゃんの夢というべき短編ですね。
裏表紙を飾る、色っぽい保健の先生「松下かえで」、体育教師「坂東元」の 「保体のせんせい」、生徒会長「近城ユイ」、書記「山田」くんの 「僕とネットと女神さま」などが収録されておりました。
それら短編はどちらも読後感の良いものでしたよー。

強い線のくっきり絵柄。
ベタやトーン処理などで若干こってりとした感じです。
やや大きめなコマ割りで人物も大きめ。
あちこちの作画については、しっかり安定しておりました。
(※落差はありませんが、各話によって若干違いは感じます)
くりくりとした目と豊かな身体が特徴の人物絵はやや癖があったので、ご注意下さい。
だいたい↓表紙・裏表紙の判断で問題ありません。
特に紹介帯がある場合には、裏にあらすじも書いてあるため、参考になるでしょう。

作画は比較的安定しており、えっち・お話も含めて高レベルな単行本でした。
オススメしておきます。
次回も中編か長編がいいですね。

誘惑はあかね色

誘惑はあかね色 (富士美コミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ブラチラ

■女王の温室 (稲荷金蔵)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■□□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・女装
・おまけ: あとがき。
・その他: 全て表題作(12話:番外編含む)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「稲荷金蔵(いなり・きんぞう)」センセの「女王の温室」です。

眠いです、もうぎりぎりです。
時期として月末前なので、さして漫画の発売はないかなーって思ってましたが、それなりに購入してしまいました。
疲れた体に本はずっしりと重く、帰りもしんどかったです。

さて本日は、なにやら芸術点の高そうな↓表紙で目立っていた、「稲荷金蔵」センセの長編漫画「女王の温室」です。
こちらが3冊目の単行本だということですが、ひでるさんは初見…ではありませんでした。
ネットで検索してみたら、なんと「御国紗帆」センセだったんですね。
こちらのお名前では8冊ほどの単行本を出されており、結構前から活動されている漫画家さんなのです。
たぶん「プラザコミックス」のどちらかを買ったと思うんですが…忘れました。
まぁ、いいか。

叔母「志保さん」、「愛くん」、「智香さん」
※左から叔母「志保さん」、「愛くん」、「智香さん」
 結局「愛くん」が最も目立ってましたねー。さすが主人公。

家主で”姐さん”と呼ばれている叔母「志保」さん。
都内の学校を受験するため、主人公「高永愛(たかなが・めぐむ)」くんは彼女の経営するアパートに下宿することとなりました。
女性が多く住まうそこは昼間こそ普通のアパートでしたが、夜になると代々営んできたという娼館に姿を変えるのです。
幼馴染み「梨央」さんも働くそちらにて、半ば強引に女装させられた「愛くん」は給仕係とされてしまったのでした。
…大雑把にはそんな感じ。

単行本1冊まるまる使った長編話です。
お話は多少の繋がりありますが、それぞれはほぼ独立しておりました。
うーん、決して悪くない漫画なのだけれど、読後感は微妙
オススメし辛いです。

夜に娼館となるアパートには、当然ながら多くの女性が住んでいます。
成年漫画では必ず必要となる、えっちシーンの差し込みを困らなくしたのかなー、って思いましたが…さにあらず。
主に登場するのは、髪をツインテールにしている「智香」さん、「吉野」さんという2人だけ。
背景のように名前ない女性らがちらほらと顔を見せておりましたけれど、様々なタイプの女性が次々に登場することなく、また複数でのえっちが頻繁に展開されるのでもありませんでした。
成年漫画っぽさを強調するのなら、多少話を壊してでも「愛くん」をえっちに巻き込むべきだったと思います。

雰囲気的に、叔母「志保」さんの妹「梨央さん」が正ヒロインでいいのかな?
久し振りに会った昔馴染みな彼女も、娼館で働いているというのは「空のイノセント秋葉凪樹」ちっくで、なかなか衝撃的だったんです。
また、1話、3話にて描かれておりますが、お客さんに対応する「梨央さん」は、なんと後ろのみでしていたのでした。
こんなんはちょっと盛り上がりますね。
なぜかっていう理由は、4話で描かれております。
モノローグもいい感じで、後半への期待が高まっていたんです…が。

梨央さん
※正ヒロイン「梨央さん」
 この娘が前面へ出てこないのも、原因であったと思います。

一度えっちを経験した「愛くん」が、さんざん狙っていた「智香さん」、「吉野さん」らに逆らえぬまま、されてしまう5話。
しかし、その場に遭遇した「梨央さん」は、さしたる反応を見せておりませんでした。
…あれ、嫉妬したりはしないのね
さらに6話、7話はサブストーリー的なのでとりあえず置いといて、続く8話では唐突に「愛くん」の想いが描かれているのです。
いやいや、そんな流れはなかったでしょう?

9話、10話を挟み、最終となる11話では想いを打ち明け、積極的になった「梨央さん」の姿が見られましたが、そこでお話はバッサリと終了。
ラストの部分もやたらゆるゆるとしたどーでもないもので、中途半端な結末でした
てっきりまだ続くのかと思いましたが、裏表紙のあらすじ、あとがきなどを読んでみると、これで完結な様子。
この結末はあまりに酷いなぁ…。

なんらか大人な事情などもありそうですが、それなら単行本化にあたって再編集してほしかったところです。
作業が大変だというのも重々承知しておりますけど、せっかく1冊にまとまるのだから、ねぇ。
(※巻末に「倒錯恋愛」が収録されてありましたが、単に番外編という内容)
うーん、重い空気が流れてラブコメっぽさはないので、揉めたりくっついたりする恋愛モノにしてくれた方が良かったと思うのだけれど。

ただし、”商品に手を出した”ということで制裁を受ける9話は、いかにも娼館っぽいシチュエーションでありました。
ここは収録中で最高峰と言える、実にオススメなエピソードなのです

終始こんな感じに緊張感ある空気のまま進めてもらえれば、また違った風情の漫画になったのに。残念。

ラブコメのような可愛らしさなく、恋愛モノとしては中途半端。
えっち描写にも大きな特徴なく、印象に残ったのはやたら女装の似合う「愛くん」だけ。
(※どこぞのツンデレ魔法使いのような風情でした)
ストーリーはふらふらとした感じで、全て表題作の単行本という割にそれを活かしきれていない印象でした。

しっかりと乱れなく引かれた、すっきりとした線の絵柄。
やや白が目立つものの濃淡は適度で、ページ全体も無理ない程度にまとまった見やすいものでした。
すらりと縦長な人物絵は清潔感があり、どこか一般漫画のような風情です。
癖はあるものの可愛くも色っぽく、あまり好き嫌いが出ないタイプでしょうね。
お話はともかく、作画には問題ありません。

中扉のカラー絵がどちらも使い回しであったのにも、がっかりしました。
カバー裏もそのままコピーだったし…。
おまけをゴタゴタと付ければ良いということでもありませんが、色々趣向を凝らした「コアマガジン」さんなどの単行本と比べると、どうしても完成度が低く感じてしまいます。

女王の温室

女王の温室 (富士美コミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール プラザコミックス コアマガジン

■百目の騎士 弐之巻[完結] (村崎久都)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : ファンタジー・騎士
・おまけ: 作画・原作あとがき、巻末おまけシナリオ、
       解説「百目のつけどころ。」、武装騎ラフ・解説、
      カバー裏にラフ絵。
・その他: 原作「小池倫太郎」、8話収録、全2巻。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「村崎久都(むらさき・ひさと)」センセの「百目の騎士 弐之巻[完結]」です。

昨日に引き続き寝不足気味なので、本日もちょろっとですみません。
なにせ明日は金曜日ですからねー。
余力を残しておかなければ(笑)

そんなこんなで、過去に1巻を紹介しております単行本「百目の騎士
今回の2巻では、おしいところで終わっていた小姓組とのいざこざ、「武装騎(ぶそうき)」について、さらに各国家間の話など、物語が一層広がり、楽しんでわくわくと読んでいたところなんですが…これにて完結
ええーっ!!

ヒロイン特集1:策士な「チヅルさん」
※ヒロイン特集1:策士な「チヅルさん」
 漫画の雰囲気が分かるよう、コマ絵にしてみました。

あとがきによると、これは「掲載誌の休刊」によるものだそうで、また形を変えてリスタートするとのことでした
とりあえず続きが読めるようなので、ひと安心です。

黒騎士との異名を持つ剛勇の祖父と父を持つ「クルハ・チヅル」
憧れだった騎士になったものの理想とのギャップ大きく、今後に絶望した「チヅル」は昇進試験にもわざと落ち続けておりました。
一方、編入されてきた新米騎士「エイクス・ロッカ」は素行不良の問題児。
「チヅル」は、噂に違わぬ奔放さでトラブルを巻き起こす彼の教導役に推挙されてしまうのです。
他の者とは違って自分のことを理解しようとする「チヅル」に対し、「ロッカ」は次第に心を許すようになっておりました。
そんなある日、彼は小姓組とのいざこざを起こしてしまいます。
制裁されんと呼びだされた「ロッカ」ですが、その決定に疑問を持つ「チヅル」は、ある計略を胸に秘めるのでした…。
だいたいそんなお話。

ファンタジーっぽい軍記モノ…というまで大げさではないか。
でもまぁ、軍隊に所属する、実力あるものの世渡りが微妙なコンビを描いたような感じですね。
原作「小池倫太郎」さんのあとがきでは、「複雑に倒錯した関係で危ういバランスの”ふたり”が成長する、ちょっとブラックでラブなコメディとして企画」したのだとか。
あれ、これってラブコメなんですかい!?
びっくりですよ!
…ただ、前巻はともかく今回はすらーっと見たところ、なるほど確かにラブコメっぽさも出始めておりましたかね。
一般的な「好き好きー」っていう系統とは全然異なりますけれど。

地味目でどうなるのか掴みずらかった1巻とは異なり、騎士が乗り込む「武装騎」や戦場などまで描かれているため、かなり世界が見えてきました。
「チヅル」を凌駕する巨大な存在、十歳年上の従姉妹にして大目付の「クリミヤ・クラウカ守・ツバキ」など、政治臭のある嫌らしいキャラも登場し、お話を盛り上げております。
あのあたりは、まさに軍記モノっぽいですね。
また、「ロッカ」の背景についても描かれており、問題児と言われる彼の真実が見える構成になっておりました。
物語としては完結していないものの、きちんと区切りがついていたところは良かったです。

ヒロイン特集2:ふっきれた「チヅルさん」
※ヒロイン特集2:ふっきれた「チヅルさん」
 いい表情です。右は過去の出来事。…この頃のショートカット姿は可愛らしかったですね。

細かいところでは、やっぱり前巻から続く小姓組との決着。
隙をついて逆手にとってやる…
そんな、見事な「チヅルさん」の策士っぷりと、彼女に従ってこれまでの鬱憤を晴らす「ロッカ」の様が実に爽快でした。
前回も書きましたが、やっぱり”社会に出て、いろいろと理不尽な思いをしているサラリーマンな皆さま”のが、より楽しめる漫画でしょう。

また実際に合戦シーンはありませんでしたが、行軍や演習の描写もあり、そちらにてタイトルの意味も分かるようになっておりました。
「チヅルさん」図書寮に入り浸っていた甲斐がありましたねー。
そのあたりから、お話が非常に面白くなってくるんですが…ここで書くとつまんないので、伏せておきます。
ぜひ、単行本にてご確認下さい。
歴史モノとかが好きなサラリーマンの方には、刺さると思います。たぶん。

なお、ページまるまる使った説明や、漫画中のあちこちにも解説枠が設けられておりました。
正直なところ、読むのはちょっと面倒。
ただ、そちらまでしっかり確認すれば、より世界を楽しむことができます。
とりあえずざーっと読んで、読み直しの際に見れば、二度楽しめて良いかもしれません。

細線のあっさり絵柄。
さらっと流したような独特の作画で、絵の系統がために強弱を感じます。
ただ、意外に(←失礼しました)もバランスは優れ、全体的に安定しておりました。
癖が非常に強いので好き嫌いが分かれるでしょうけれど、お話と合致していると思います。
↓表紙に違和感なければ、おおむね問題ないでしょう。

なお、今後の情報については、原作「小池倫太郎」さんサイト「Telescope」に書かれるそうです。
現在、特設ページは近日公開予定とのことで、まだ工事中でしたけれど…。

百目の騎士・弐之巻
百目の騎士 2 (2) (電撃コミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ファンタジー サラリーマン

■Hな… (唯登詩樹)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・フルカラー
・おまけ: あとがき、
      カバー裏は表紙リンクのより過激な絵。
・その他: オールカラー(128P)、30話収録。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「唯登詩樹(ゆい・としき)」センセの「Hな…」です。

いっぱい・いっぱいです。
いろいろあって昨日の睡眠時間がやたら少なかったので、目を瞑るとそのまま意識がなくなりそうで…。
…と、いうわけで、本日はちょっぴりですみません。

そんなこんなで、本日は「唯登詩樹」センセのオールカラーな単行本「Hな…」なのです。
書きやすそうな気がしました(笑)
なんとなく。

ひでるさんが初めて購入した成年漫画が「唯登詩樹」センセの「Misty Girl」でした。
いやぁ、なっつかしいですねー。
勝手ではありますが、ひでるさん的にお付き合いが長いので、非常に思い入れのある漫画家さんなのです。
(※お名前「加藤雅基」のSF漫画も所持しております)

センセの漫画は、スワッピングを題材にしたオススメ系「SWing-style」「SWing-style2巻」、逆にゆるーい感じだった「MAIの部屋」などをこちらのブログでも紹介しております。
…が、それらは全て一般系だったんですねー。
今回の「Hな…」は久し振りの成年系ということで、発売前から期待大だったのです。

瑠佳さん、ペットを飼う女の子
※左:瑠佳さん、右:ペットを飼う女の子。
 そちらの「Hなpet」はなかなかオススメです。右端にちょっと見えてますね。

さて、「Hな…」は全てカラーページという、4ページのショート漫画集です。
いくつかは連続があったりしましたが、その第一印象は…

「薄っ!」

収録の30話全てがショート短編ということで、扉絵など入れても128ページ程度。
価格的には普通ですから、なんとなーく損した気分なんですよね。
(※髪質などがいいのかもしれませんが)

お話としてもさしたるものではなく、タイプ的には「YUI SHOP」、あるいは「MAIの部屋」というざっくりした感じ。
簡単には、「唯登詩樹」センセの美麗なカラーイラストを漫画付きで楽しむような単行本になっておりました。
成年系なので、先に例としたものよりもえっち度は当然ながら高め
キャラクター性は弱いんですが、色々なタイプの女の子が様々なシチュエーションで登場しますので、どちらかは確実にヒットする短編があると思われます。…たぶん。

ぱらぱらっと簡単に紹介しますね。
「Hな瑠佳」は電車舞台の痴漢されちゃう「瑠佳」さんの2話。
カチューシャとミニなフレアスカートが可愛らしいですね。
ページも少ないのであっと言う間に始まっちゃいますが、センセらしい明るいイメージの短編でした。
<痴漢は犯罪です。された女性は無論のこと、まるで無関係な男性にまで被害がおよぶ事件もありました。くれぐれも実際にやらないように>

収録でひでるのオススメが「Hなpet」
こちらも3話ほどある連続話で、いわゆる触手が活躍する漫画なのです。
ダンボールに捨てられていた、”犬でも猫でもないよーわからん生物”をペットにする、というストーリー。
あれは、ヘタするとホラーっぽくもできますね。
触手系はハードなものが多いんですが、こちらもセンセらしい、ぺかーと明るいコメディーになっておりました。
ちゃんとラスト3話目で綺麗なオチがついているところもポイントです。

「Hなおもちゃ」の3話は、ぱっと思いつくネタを含めた、それぞれ違ったおもちゃが登場する短編。
1話目はその”ぱっと思いつくネタ”そのまんまなんですが、2話目はそれを逆手に、ちょっと捻ったネタでした。
なるほど、という感じなのよ。
細かいですが、ひでるさんはその次3話目ラストページの2コマ部分が最もお気に入りです。
あの状態はえっちですよねー。
プレイしているのを外から眺めたいですよ。ええ。
さてはて、その3話目がどんなんか、ぜひ単行本にてご確認下さい。

美貴さん、みよこちゃん
※左:美貴さん、右:みよこちゃん。
 あのぬいぐるみ群は…「みよこちゃん」の将来が心配です。

「Hなjuice」の2話も、それぞれがまったく違う内容です。
オススメは、まんま成年漫画という2話目。
しっかり放尿絵もあるので、その趣味な方は小躍りして下さい(笑)
1話目は逆に、ほぼ脱いだ絵のない、読ませるタイプのえっちになっておりました。

ロリ系な妹「のん」ちゃんの「Hな午後…」
ほとんど脱いでいないのに、シチュエーションがため、なかなかえっちなお話でした。
登場ヒロイン「のんちゃん」がなかなか可愛らしいので、1話だけというのが実に残念です。
また「Hな贈り物」に登場する「みよこ」ちゃんは、さらにロリちっくな女の子。
ただ、ネタとしてはぬいぐるみがどうのこうのという、実にマニアックなネタになっておりました。

ほか、ドア越しに~という「Hなdoor」、なんと言ってもチラりなシーンが素敵な「Hなboots」、5話ほど収録されているドタバタ系「Hなmagic」、なにげに恋愛ちっくな4話の連続話「Hな有紀と遥」などがありました。

絵については、言うことありません。
さすがに巧い方です。
ヒロインについても、ロリっぽい娘からセクシー系までずらりと揃っておりました。
全編カラーなので、判断も↓表紙そのままで問題ありません。
まぁ、白黒絵のがお好きな方もいるでしょうけどね。
多少癖があるので、気をつけて下さい。

実際、楽しんで読ませて頂いたことは事実なんですが…。
うーん、昔に比べてだいぶこうしたジャンルが盛り上がってきているので、ぜひ昔から活躍されている「唯登詩樹」センセには普通の成年漫画を描いてほしいところでした
短編集でも、連続話でも構いませんので。
ひでるさんとしては、「いけないよゆう子さん」みたいなやつを見たいんですけどねー。

Hな… (富士美コミックス) (富士美コミックス)Hな… (富士美コミックス) (富士美コミックス)
(2008/08/09)
唯 登詩樹

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スワッピング カチューシャ フレアスカート コメディー

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。