FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■年刊中年チャンプ (中年)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、もくじ部分にコメント、
      カバー裏に「ゴリラリラ(ゴリラゲーム)」
・その他: 初単行本、短編×12(未発表含む)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中年(ちゅうねん)」センセの「年刊中年チャンプ」です。

ああ、これまた検索し辛い、変わった名前ですねー。
どばーんと有名になった場合はどうするんでしょう?
変更したりするのかな。

そんな訳で、こちらは「中年」センセの初単行本「年刊中年チャンプ」です。
連続話はありませんが、バラエティに富んだ数多くの短編を収録しており、盛りだくさんな印象。
全体的にはどちらもコメディー色が強く、楽しい単行本になっておりました。

小取まゆ
※訪問営業「小取まゆ」です。
 はたから見ているのなら、楽しい娘さんです。 

すらりとした女性のイメージがありますが、ひでるさんが刺さったのはロリっぽい、可愛らしい女性らの短編です。
実は結構悲惨な背景を抱えている、「小取まゆ」ちゃんの「リフォームしようよ~花の香りを添えて~」
失踪した父が残した莫大な借金を返すため、リフォーム会社(※悪徳)にて営業を頑張る「まゆちゃん」
ハンマーを振り回して強度を調べるというハチャメチャさで、見積もり100万円とか言っているのでした…。

ブッ飛ばしたくなるような、とんでもない事されてますね(笑)
しかし、天然でかつ屈託ない「まゆちゃん」の可愛らしさがためか、そんなんがうまーく中和されて…ますよね。ね?
あんな流れなら、多少までは許せちゃいそうです。
しかし、契約を条件に触るのまでは許可してくれたものの、その先についてはしっかり拒んでおりました。
こんな所はしっかりしてます。
だぶだぶなツナギの下がノーブラという規則だったり、下着が透けたりする描写が素敵でした
オチの部分まで幸せそうでしたが…あの後は大変そうねぇ。

秋ちゃん、立間こまこ
※左:秋ちゃん、右:立間こまこ
 続いて「こまこちゃん」です。下部分がどんなんなっているのか、ぜひ単行本でどうぞ。

そちらと似た、天然系なヒロインのコメディー短編「こまこ性を学ぶ」
同年齢ですが、精神的にまるで成長ない幼馴染み「立間こまこ」
主人公「高木優介」はその保護者役。
ある日、ベット下の本を見た「こまこ」は余計な単語を覚え…と、だいたいそんなん。

先の「まゆちゃん」同様、抱きつき癖のある「こまこちゃん」は言葉が通じないような困った娘。
あちこち子供っぽい言動なんですが同年代ということで、年相応なスタイルなのでした。
「優介くん」は大変そうですねー。
”使いもしないのに大量に買っている”というエロアイテムたちは、そうした反動なのかなぁ。
こちらは、「こまこちゃん」のスパッツ姿が良かったです。
しかし、あーんなトコ全開で歩かないように(笑)

家庭教師先のひきこもり少女「秋」ちゃんの「わが家のオムツがはずれた日」
上記2話とは違いますが、彼女らとはまた異なる困った性質な「秋ちゃん」です。
タイトルそのまま、放尿シーンのある短編。
できるなら、そういった描写、あるいは妄想癖という特徴などをもう少し前面にして欲しかったです。
柄の下着がなかなかえっちですよ。

幼馴染み「美夏」さん、「正広」くんの関係が楽しい「なつのかんさつにっき」
周囲には優等生としてとおっている「美夏さん」が、「正広くん」だけに見せる「素」の部分が可愛いです。
途中、思わず泣いてしまうシーンとか、ラストでの台詞とは裏腹に喜んでいるあたりもいいですね。
そんな訳で、ラブラブ全開な爽やか漫画なのでした。

犬密度100%の女の子
※犬密度100%の女の子。
 うーん、でも犬とかの可愛さとは、また別モノですよねー。

ツインテールなヒロインの「犬密度100%」、「かくれん坊将軍」という短編2話。
前者は、言葉とは裏腹にやたら積極的な女の子。
犬というキーワードの短編なんですが、耳とか尻尾とかではなく、首輪を選択したところはなんだかマニアック。
後者は、密室えっちなプレイです。
そのためか、内臓描写が比較的頻繁に描かれておりました。

ほか、人付き合いが苦手なカップルの「空、空、空回り」
お互いそれぞれを気遣っているところが、うまく表現されていました。
半ば勘違いで進む展開などもあまり見られず、良かったですね。
表情変化の少ないクールなご主人様的な彼女「咲」さんの、「俺が犬で彼女が主で」、お嬢様のラブラブ短編「ご令嬢の過剰な愛情」、みつあみ眼鏡な「福田」さんとの図書館プレイな「としょいいんです」などが収録されておりました。
なお、投稿作品だったらしい未発表漫画「甘のじゃく」は…まぁ、おまけですね。

柔らかな細線でトーン処理が目立つ作画。
濃淡では薄く、ごっちゃりとした特徴もあるので、やや雑に感じる部分などがありました。
ただ、勢いと迫力に優れているため、あまり気にならないと思います。
さらに、下着の質感ほか、”成年系での肝心な描写”には、より一層の力が入っているようでした。
コメディー部分など、やったら小さいコマあるのも特徴のひとつですかね。
安定感はそれなり。
やはり新しい原稿になると乱れが少なく、しっかりとした印象でした。
おおむね↓表紙のとおりですから、そちらで判断するのがいいでしょう。

年刊ということですが…次巻もこんな感じの単行本になるんでしょうか。
今から楽しみです。

年刊中年チャンプ

年刊中年チャンプ (ポプリコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ツインテール スパッツ

■おそって・オオカミくん (ゆきやなぎ)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : アクションラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。
・その他: 折り返しにプロフィール、カラー(4P)、
      全て表題作(全5話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゆきやなぎ」センセの「おそって・オオカミくん」です。

うーん、こちらは結構期待したんですけどねぇ…。
「ゆきやなぎ」センセ12冊目「おそって・オオカミくん」は、一般系の単行本。
全て表題作の連続話で、1巻完結という漫画になっております。
なかなか目立つ↓表紙が素敵なんですが、漫画としてはいま一歩かなぁ。

白銀清美
※ヒロイン「白銀清美」です。
 彼女には、より関わってもらいたかったですね。

主人公「大神一狼」は平凡な高校生。
子犬に意味もなく吠えたてられるほか、学校では怖い先輩「真島」からパシリにされるなど、大変な毎日を送っておりました。
ある日、動物園へ行く途中で町中に逃げ込んだという、巨大な狼に噛まれてしまった「大神くん」
道端で目覚めた際には付近に狼の姿なく、また不思議なことに傷痕もなかったのです。
そんな頃、持ち前の正義感を発揮した「白銀清美」は、先輩「真島」にいじめをやめるよう訴えておりました。
しかし、当然ながらそれは聞き入れられず、あえなく捕まってしまうのです。
憧れの「清美さん」の危機を知った「大神くん」の脳裏に、奇妙な声が聞こえてきたのでした…。
だいたいそんな感じですかね。

いじめられていた主人公が狼の力を借りて生活を一変させるという、実に王道展開なお話です。
まず、切っ掛けとなる1話「オオカミが来た!」
なんだか、某有名漫画パロディーのような風情もありました。
もの凄いスピードで走り、屋上まで跳躍するなど、超パワーを発揮する「大神くん」
憎き「真島」をぶっ飛ばした際には、もともとの体が弱々しいため、痛がる描写がありました。
そんなんはリアルだと思いますが…そしたら、走ったり跳んだりしたのはどうなんだ?、という感じも。
まぁ、そこまで細かいところを指摘するような漫画ではないのかもしれませんけどね。

ナナ、レオナ
※左:犬娘「ナナ」、右:魔狩人「レオナ」
 このように、全て隠すのかなーと思えば、露出しているところもあったりして。

続く2話「オオカミを狩れ!」
いきなりモテモテになる描写は安易ですねぇ。
こちらでは、最終話でも重要な役割を果たす、魔狩人「レオナ=レオニード」が登場しております。
彼女の薄いスーツはなかなか素敵でした。
しっかり破られるので、お楽しみに(笑)
3話「オオカミの寝てる間に…」ではメイドの犬娘「ナナ」ちゃん、4話「オオカミは犬じゃない」ではお嬢様「闇小路闇子」というヒロインがそれぞれ登場します。
なお、3話目では「清美さん」と穴に落ちるシーンがあるんですが、かなり無理やりな上、作画にしても微妙
ここは主役2人の転機となる重要な部分だけ、ちょっと残念でした。
他に色々とやりようがあると思うのだけど…。

そして、最終となる5話「さよならオオカミ」
彼に協力していた狼ですが”実は宿主を乗っ取る寄生虫のような存在”であると示されます。
どうするのか選択肢を迫られる、非常に興味深い場面なんですが…これではページが足りませんねー。
このあたりをもう少し掘り下げれていたなら、違った良さが出たかもしれないんですが。
駆け足で、描き切れていない印象でした

闇小路闇子
※魔力をもつお嬢様「闇小路闇子」
 この娘がお気に入り。なかなか良いキャラだと思うんですが…出番少なすぎ。

なお、アクション描写もある本作品ですが、最大の売りとしては↓表紙にあるようなサービスカット部分。
各ヒロインらは結構頻繁にパンチラしたり、服を破られたりしておりました。
たいていは隠されてますが、バストトップの露出した絵もあります。
ただ、アピールとしてはイマイチ弱かったですね。
ここは他を捨ててでも、ガンガン行って欲しかったですよ。

太めの硬い線で、どちらも強弱が一定なため賑やか。
全体は非常に濃い感じでした。
髪の毛、服の質感などごわごわとした風情で、やや古いタイプの作画です。
くっきりとしたまつ毛の鋭角的な目が特徴。
かなり癖が強い方で、人を選ぶと思われます。
下手ではありませんが、これで個性が確立しているので、気をつけて下さい。

そんな訳で、お話としても、アクション・サービスについても中途半端。
逆に極端に悪くもないため、こんなん好きな方なら楽しめるかもしれません。

おそって・オオカミくん (角川コミックス ドラゴンJr. 127-1)おそって・オオカミくん (角川コミックス ドラゴンJr. 127-1)
(2008/07/09)
ゆきやなぎ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : アクション ラブコメ パンチラ パロディー

■我妻姉弟 背徳編[完結] (艶々)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・近親
・おまけ: あとがき、カラーのあとがき、
      原作者コメント。
・その他: 原作「みなかみゆう」、カラー(26P)、全2巻、
      短編×14(うち「我妻姉弟」×8、
      「淫の生まれる部屋」×4、「人妻専科」×2)      
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「艶々(つやつや)」センセの「我妻姉弟 背徳編」です。

本当は他の単行本を紹介しようと思っていたんですが…こちらで完結だったので、変更しちゃいました。
当ブログではお馴染み、こうした漫画を描かせたら右にでる方はいない(かもしれない)、「艶々」センセの近親・成年漫画です。

成年単行本では珍しく、2巻目が発売された「我妻姉弟 背徳編」ですね。
若干タイプの似た「隣のみなの先生/MGジョー」は数値での巻数表記でしたが、こちらは古き良き時代を彷彿とさせる「~編」というタイプになっておりました。
ばっちり続いた話なので、ぜひ前巻 「我妻姉弟 純情編」からをオススメしておきます。
ちなみに、そちらは全て表題作でしたが、今回は6ページカラーのショート漫画「淫の生まれる部屋」、カラーの大イラストに文字の書かれたグラビア風「人妻専科」が共に収録されております。

母「一美さん」、同級生「直さん」
※左:母「一美さん」、右:同級生「直さん」
 2巻で大活躍な「一美さん」です。前巻でライバル宣言をしていた「直さん」は…。

とりあえずは表題作「我妻姉弟」から。
若い頃に両親を亡くした主人公、「我妻祐司(あがつま・ゆうじ)」は10歳も年の離れた姉「綾子」さんと二人家族。
晴れて大学生となった「祐司くん」は、学校の近所に住む姉夫婦の世話になって通学することとしたのでした。
そこで、夜に姉夫婦の営みを偶然に目撃してしまうのです。
初めて見る姉「綾子さん」の表情に魅せられた「祐司くん」は、よく似た同級生「脇坂直」さんと付き合うこととするんですが…どうにも今ひとつ物足りなさを感じていたのです。
そんな頃、「直さん」の家に呼ばれ、母「一美」さんと対面するんですが…。
だいたいそんな感じ。

前巻はサブタイトル「純情編」というそのまま、大学の同級生「脇坂直」さんが頑張っていたんですが、こちら「背徳編」では全編そうした感じになっておりました。
やっぱり、ここまで見なければどうにもなりませんね(笑)

姉「綾子さん」
※ヒロイン、姉「綾子さん」です。
 両バージョンですね。実に色っぽい方でした。

名作「たとえば母が」もそうでしたが、近親連続話というのはどうにも焦らされてしまうのがセオリー。
それが面倒くさい、じれったいという方もいるでしょうが、そんなんがイイ所なんですけどねぇ。
よくある近親モノと違って、堅実で深い展開になっておりました。
やっぱり禁断の関係。
あっさりとした漫画より読み応えあります。
なんというか、紆余曲折あった末にようやく二人が交る…みたいな、ある意味純愛モノみたいな感覚よ。ある意味ね。

前巻からの続きで、結構大変な体験をすることとなる主人公「祐司くん」
2巻冒頭の10話では、母「一美」さん、その娘「直さん」とのドえらいプレイがあります。
ここで書いていしまうともったいないので伏せておきますが、ここは必見!
「背徳編」という冠に相応しい、えろえろさです。

ほか、追い込まれた「祐司くん」の行動、その直後に姉「綾子さん」が見せた優しさ…。
ラストにて「間違いないわ」と断言する「綾子さん」など、見所も満載でした。
欲を言えば、もう1話くらい後半にほしかったかなぁ。

叔母「京美さん」
※おまけ:叔母「京美さん」
 ほぼ全編全裸という「京美さん」なのです。こちらはぎりぎり(笑)

なかなか良かったのが、冒頭から収録されたショート漫画「淫の生まれる部屋」
こちらは官能小説家の叔母「京美」さんとのお話で、コメディータッチ。
本編とは違って、軽いノリの明るい短編になっております。
短いながらも、いや短いだけに…かな。
肩の力が抜けた、楽しく描かれたような雰囲気にあふれる良作品でした。
めずらしくパンツなんて履いちゃって
…とか言われている、えっちな「京美さん」をご堪能下さい。

カラーページも豊富で、作画の安定感は抜群です。
濃すぎず、かと言って薄くもないという、適度なえっち描写。
特に胸から太ももくらいまでの肉付き加減は絶妙なのです。
また、成年系ということで、あちこちしっかり描かれているのも特徴ですね。
(※あえてドコとは言わんですよ)
だいたい↓表紙・裏表紙で判断できますんで、そちらにてご確認下さい。
癖というか、お話ともども個性を確立された方なので、単純にそんなんが刺さるかどうかだと思います。

「艶々」センセ、 および原作の「みなかみゆう」センセというお二人にて、「安住君と一緒!」という新連載をしているそうです。
ペンギンクラブ」のサイトにてサンプル見ましたが、そちらもなかなか良さげでした。
今から楽しみです。

我妻姉弟 背徳編 (富士美コミックス) (富士美コミックス)我妻姉弟 背徳編 (富士美コミックス) (富士美コミックス)
(2008/07/25)
艶々

商品詳細を見る



★「艶々」センセの漫画紹介記事
 「ラブラブ巫女さん かすみの杜
 「たとえば母が
 「たとえば母が 6巻[完結]
 「となりのとなりのお姉さん
 「久枝さんの背徳日記
 「ボクノアイジン[限定版]
 「我妻姉弟 純情編


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ペンギンクラブ コメディー 官能小説家

■紅蓮紀 (武若丸)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 百合・ファンタジー
・おまけ: 描き下ろし4.5話、合間に1コマネタ、
      カバー裏に漫画「乙女のゆーうつ」・あとがき。
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、
      カラー(8P)、5話+0.5収録、現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「武若丸(たけわかまる)」センセの「紅蓮紀 1巻」です。

なんだか久し振りの百合姫コミックスです。
こちら、「ののるみあ」というお名前で男性向けも描かれているという、「武若丸」センセ。
そっちの漫画もぜひ見てみたいですね(笑)
念のため「武若丸」センセのサイトで確認しましたが、こちら「紅蓮紀 1巻」が初単行本で良いようでした。

美阿蘇芳
※主人公「美阿蘇芳」
 中性的で犬ちっくな「蘇芳さん」です。なにげに男子にモテそうね。

中性的で可愛らしい容姿と優しい性格がため、クラスのマスコット的な存在である主人公「美阿蘇芳(よしあ・すおう)」
最近頭痛に悩まされていた「蘇芳」は、その日も朝から体調が優れず、保健室へ行こうとした途中…。
さぁ、共に契りを交わそう
突然池から現れた「クレオ・レヴィジスター」に、そう言われるのでした。
赤い髪の「クレオ」は魔界を統治するレヴィジスター帝国の第三皇女。
契約の証として首輪を渡された「蘇芳」は、主人の半身とも言える大事なパートナー「シェリヴィ」となったのです。
…だいたいそんな感じ。

当然かもしれませんが、主要キャラに男性不在な百合ワールド。
魔界の皇女「クレオさん」ほか、鬼娘「季鬼」というファンタジー、4話では2人が激突するアクションの要素までありましたが、全体的にはコメディー色の強いお話なのです。

契約の首輪
※契約の首輪、な描写。
 ちなみに右下が「桃乃木うらら」です。

「蘇芳さん」にラブラブな同級生「桃乃木うらら」は表情の変化も大きく、もっともその特徴を持ったキャラクター。
抱きついたりキスを迫ったり、果ては「クレオさん」に激しい敵意を向けたりなど、唯一の一般人ながらも非常識な存在ですね。
器用に両手で2人分のノートをとる、食事をつくって帰るなど、なかなか献身的に尽くしておりましたが…悲しいかな伝わってないなぁ。
積極的なところはいい勝負なんですけどね。
かわいそうに(笑)

病弱そうに伏せっていながら、ハリセンでばしばしと叩く「蘇芳さん」の姉「茜」なども楽しいです。
ただ「茜さん」については、もともと「クレオさん」とは知り合いらしく、また5話では実に気になるシーン満載となっておりました。
ストーリー的な鍵を握る方らしく、ど゜うやら2巻以降に大きな動きがありそうです。

「クレオ・レヴィジスター」、「茜さん」
※左:「クレオ・レヴィジスター」、右:「茜さん」
 一方、女性受けしそうな「クレオさん」なのでした。かっこイイですね。

ちなみに、漫画の核である百合要素なんですが…。
なんらか過去事情があるらしい「クレオさん」は基本的に契約、前述している「うららさん」は既にラブラブ全開。
唯一経緯の描かれている「季鬼さん」は、イベントとしてはあっさりし過ぎて弱め。
それぞれの想いは一方通行っぽくあるものの、現在のところ同性の恋愛について否定的な要素はなく、比較的関係は安定しておりました
(※ほぼ受け入れかかっていた主人公「蘇芳さん」のせいであると思います)
まだラブコメの導入部、という雰囲気ですかね。
こちらについても、色々ありそうな今後に期待という感じでした。

描き込み細かい、強い線のごっちゃり絵柄。
多用されたトーン処理とベタがため濃淡は非常に濃く、コテコテとした雰囲気です。
こちらが始まりとあってが、やや文字量も多めでした。
流れ乱れる髪と力強い目が特徴。
全体的にはアニメっぽい作画ですよね。
コメディーの崩れ、引き絵や小物・背景まで、自然にバランスよく描かれております。
安定感も抜群でオススメなんですが、癖が非常に強い方なので人を選ぶでしょう。
ごっちゃり感を含め、↓表紙の判断で問題ありません。

百合漫画というより、ファンタジーコメディーという色が強かった1巻。
ちなみに、「クレオさん」の胸がちゃんと見えるよう、紹介帯の幅をわざわざ短くしているそうです
芸が細かいですね(笑)

紅蓮紀 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)紅蓮紀 1 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2008/07/18)
武若丸

商品詳細を見る


★過去に紹介した百合姫コミックス
ストロベリーシェイクSweet/林家志弦
voiceful/ナヲコ
くちびるためいきさくらいろ/森永みるく
絶対×浪漫/むっちりむうにい
SIMOUN シムーン/速瀬羽柴
少女美学/CHI-RAN
初恋姉妹/東雲水生
初恋姉妹 3巻[完結]/東雲水生
春夏秋冬[限定版]/蔵王大志
乙女ケーキ/タカハシマコ
夜空の王子と朝焼けの姫/袴田めら
かわいいあなた/乙ひより
秘蜜少女/CHI-RAN
楽園の条件/森島明子
マーメイドライン/金田一蓮十郎
EPITAPH エピタフ/硝音あや
アオイシロ-青い城の円舞曲-/江戸屋ぽち
GIRL FRIENDS/森永みるく[おまけ]


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー 百合姫コミックス 百合漫画 アクション

■都合のいい少女 (猫玄)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき漫画、
      カバー裏に「あとがき続き」
・その他: カラー(10P)、短編×11。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「猫玄(ねこげん)」センセの「都合のいい少女」です。

多くの単行本を出されている「猫玄」センセの新刊ですね。
最近は記憶が飛んでいるひでるさんですが、センセの漫画はたぶんこちら「都合のいい少女」が初見です。
収録は続いても良さそうなお話ばかりでしたけれど、全て短編という構成。
またロリ系ジャンルでは、たいてい男性年齢の高いこと多いんですが、こちらは年齢差の近い男女カップルばかりという特徴があります。
ほとんどが”角砂糖に蜂蜜つけて食べる”ような甘いラブコメ漫画なんですね。

舞ちゃん
※モデル「舞ちゃん」です。
 水着姿はあちこちハミ出ていた(笑)ので、ここに載せられません(笑)

カラー原稿もある短編「発売中止!?とっておきの舞」、「大逆転彼女」
個人的には、こっち表紙のが良かったかなぁ、という「発売中止!?とっておきの舞」
偶然ですが、昨日の「しゃるうぃーげーむ?/佐々原憂樹」に登場していた「上条あかね」と水着や日焼け跡といったキーワードがカブっている、ヒロインの「舞」ちゃん。
清楚な雰囲気漂うモデルっぽい彼女と、ポニーテールにした活動的なイメージという両方が楽しめる短編です。
やたら面積の狭い水着に怒りながらも、お兄さんの前では自ら着てしまう、ラブラブなお話でした。
「大逆転彼女」はお酒で酔っぱらう女の子「花梨」ちゃんの話。
2杯程度であそこまで豹変してしまうのは、いろいろ日常生活とかで鬱屈してることあるのかなぁ…。
どちらにしろ、「花梨ちゃん」は今後飲まないほうがいいようです。
お酒は20歳になってから」、という最後の文句までよくまとまっておりました。

表題作の短編「都合のいい少女」
↓表紙はこちらのヒロイン「出白マキ」だと思いますが、スクール水着な描写はありません。
年下の幼馴染み「マキちゃん」とのラブラブ短編です。
漫画中でも語られておりますが、言動から考え方まで、落ち着いた大人っぽい娘。
お兄ちゃんの友人らへの対応も適切で、また事情についてもよく把握しているようでした。
そんな「マキちゃん」が最後の1ページで、やたら気になるような事を言っていましたが…すっぱり終わっているんですねー。
あれは、なんかあるんでしょうか?あるいは単なる独り言?
まぁ、とにかく、”制服エプロンなロリ少女の後ろから抱きつく”というシチュエーションが嬉しい漫画です。
袖が長めなのか、手が出きっていないところがキュートでした。

出白マキ
※表題作のヒロイン「出白マキ」
 からかう余地のない娘です。

ちなみに「Unexpected girl」に登場している真面目な「小泉さくら」さん。
先の「マキちゃん」とタイプは違いますが、やっぱり容姿とは裏腹の落ち着いた方。
告白からえっちに至るまで、終始彼をリードしておりました。

常にひとだまを背負っている、幽霊娘「まや」ちゃんの「旅先ゆ~れい」、妖怪との交流漫画「狐の嫁入り前」という人外な短編2話。
幽霊なのに、褐色な肌とスポーツ感あふれる服装が印象的な「まやちゃん」
うーん、これはもうひと捻りほしかったかなぁ…。
もともとそれっぽくないキャラなのだから、ふよふよ浮いてたりするだけというのは寂しいです。
一方、「狐の嫁入り前」はごくスタンダードな展開ながらも、あとがき、カバー裏まで続いていることもあって、目立っておりました。
本編では子供だった「鈴」さんですが、あとがき以降では娘「こすず」を連れた母親になっているんですね。
そんな訳で、喋りもそれっぽくなっているんですが…なんかどこぞのキャラみたいでしたよ。

小泉さくら、鈴さん
※左:小泉さくら、右:鈴さん。
 ちなみに、本編では耳と尻尾はぎりぎりまで出ておりません。そういったのはあとがきにて。

ほか、予想外に経験豊富な「小梅」ちゃんと、お風呂でどうのという短編「明るい子供計画」
冒頭の落とし穴シーンが分かり辛かったです。
それぞれ承知なまま、眠っている間に~という「退屈な時間の過ごし方」、収録でキャラの色がちがっていたロリなご主人様「香奈」ちゃんの「保健室にて調教中」などがありました。
なお、花粉症の妹「奈緒」ちゃんの「花粉症の症状に対する考察とその対処法」
こちらは過去に同じネタを扱った強い漫画が印象的なため、どうしてもアイデア負けな感じでした。

乱れない、くっきりとした線の絵柄。
さすがに安定感は抜群で、絵から濃淡など各バランスに優れております。
それだけに、漫画の顔である↓表紙、裏表紙絵なんですが…。
色具合がためか、目などの配置がためか、白黒絵よりもだいぶもっさりとした感じに仕上がっておりました。
判断には、いくらかプラス評価でどうぞ。
縦横に広く黒目勝ちな目、むちっと健康的な肉付きが特徴です。
癖はありますが、一般的に、また特にこうしたジャンルでは弱い方だと思います。
漫画っぽいキャラ絵が好みなら、たぶん問題ないでしょう。

都合のいい少女 (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)都合のいい少女 (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)
(2008/07/26)
猫玄

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー スクール水着 ポニーテール

■しゃるうぃーげーむ? (佐々原憂樹)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき・作品解説、キャラ設定絵、
      イラスト・カラーイラスト、
      カバー裏にカラー・リンク絵。
・その他: カラー(16P)、短編×12(うち「しゃるうぃーげーむ?」×8)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐々原憂樹(ささはら・ゆうき)」センセの「しゃるうぃーげーむ? ~Shall we game?~」です。

月末でいっぱい・いっぱいでしたー。
へろへろなんですが、できるうちはなんとか…はぁ。

さて、こちらのブログでは初単行本「遠い日の欠片」を紹介している「佐々原憂樹」センセの2冊目。
皆ランドセルを背負っているカラーの女の子ら(※表題作「しゃるうぃーげーむ?」のキャラなの)が印象的な、「しゃるうぃーげーむ? ~Shall we game?~」です。
タイトルそのまま、懐かしい影がちらほら見える背景が楽しいのでした。
…漫画本編とは全然関係ないんですけどね。

「えれな」「きみか」「あかね」「スミカ」
※左から「えれな」「きみか」「あかね」「スミカ」です。
 さてはて、この4名の争奪戦の勝者はいかに!?…「あかねちゃん」えろいなぁ。

表題の連続話「しゃるうぃーげーむ?」
全8話という長く続いているお話ですが、しっかりとしたストーリーは薄いです。
主人公「樋上かずき」は学校教師。
↓表紙を飾る彼の実妹「樋上えれな」ほか、「~なの」という口癖があるツインテールな「氷川きみか」、3名ではリーダー格である、ショートカットでのカチューシャが似合う「上条あかね」
父子家庭でよく不在であるため、父親の要請で週何日かのペースで面倒を見ているハーフ「浦澤スミカ」などなど、それぞれ生徒らに強い好意を向けられていたのでした。
…まぁ、こんな感じなの。

性格の違いがため対応に差はあるものの、甘いえっちが次々に繰り広げられるラブコメです。
1~3話までは、「えれな」「きみか」「あかね」という3名とのえっち、4話は風呂場で複数。
これらは同一時間の流れで描かれており、メイン扱いではない娘らのリアクションまで見どころ多い漫画です。
特に、妹「えれなちゃん」が見せる、髪の毛を逆立てるほどの激しい嫉妬ぶりは必見でしょう。
カラー原稿部分を占領した「きみかちゃん」もいいんですが、やっぱり日焼け跡がえっちな「あかねちゃん」ですね。
激しい争奪戦を繰り広げる2人の間で、「あたしはセフレでいいわ」とか言っておりました。
2話目冒頭のコメディー部分といい、”お前はいくつだ?”という感じよ。
そう、名前紹介の脇には、わざわざ年齢(らしきもの)が書いてあるんですが…彼女らやっと2桁になったばかりでした。
そういった単行本ではあるんですが、こんなん大丈夫なのかな。

まともに複数となる4話は猫耳で裸エプロンというコスプレ
残念ながら、ひでるお気に入りな「あかねちゃん」は先の言葉通りに盛り上げ役となっておりました。
目隠しで対応しているのが誰かを判断シーンがあるんですが…まったく当たらないのが面白いです。

5、6話は先の3名お休みで、新キャラ「スミカ」との銭湯エピソード。
ずっとお風呂なので、当然ながら終始全裸な「スミカさん」です。
お話としては性格豹変があるため、同設定ながらも別シチュエーションという雰囲気でした。
7話は、これまで登場したキャラ4名がナースコスプレする短編。
流れはざっくりで、えっち場面が次々に繰り広げられる手法でした。
お話としては最も薄いものの、コマが大きめで迫力あります。
そして、最終となる8話。
こちらが収録では最も新しい原稿です。
この乱戦ロリえっち中編が果たしてどんな結末を迎えるのかは、ぜひ単行本でご確認下さい。

「るり」「りえ」「みなと」
※左から「るり」「りえ」「みなと」
 かるく紹介しましたが、この「みなとちゃん」のお話も好きです。

「佐々原憂樹」センセ曰く”遊具シリーズ”という短編「てつぼう。」、「のぼりぼう。」
鉄棒、登り棒をネタの中心とした漫画は…ちょっとならあるかもしれませんが、ほとんど見かけない珍しいものですね。
ひでるさんの怪しい記憶をたどると…「おさわがせ弁天寮/中田ゆみ」収録の「まこちゃんと遊ぼう」とかかなぁ…。
うち、「のぼりぼう。」はブルマが眩しい体育シチュエーション。
教師「坂下さとる」とその妹「坂下るり」、友人「松本りえ」という3名で、お話が膨らみそうな雰囲気がありました。
触覚のような細いツインテールの「るりちゃん」はだいぶ慣れた空気を漂わせておりましたが、えっちはありません。
期待した方は残念賞。
冒頭話「てつぼう。」は、カラー原稿の6ページ短編。
くっきりとした日焼け跡と横チチがキュートな「千夏」さん。
あんなゆるゆるした服装で鉄棒なんてしないように(笑)
1コマ目のパンチラ部分は、もう少し大きめなコマでほしかったなぁ。

千鶴子さん
※猫耳キャラ「千鶴子さん」
 甘噛みなのです。…あれ、耳が4つありますね!

ほか、「ひざうえ姫」は義母の連れ子「みなと」ちゃんと「圭一」くんという、義理な兄妹の短編。
性の目覚め、みたいなシチュエーションで、じわじわした描写が素敵なのです。
「みなとちゃん」の”はわはわ”とした表情がいいですね。
イラストから漫画になったらしい、ネコ少女の短編「甘噛み姫」
言動が動物ちっくな「チコ」こと「千鶴子」さん。
「~耳」というのはほぼ刺さらないひでるさんですが、こちらの「千鶴子さん」は別格でした。
大和撫子な「小夜子」さんに対して敵意剥き出しにするほか、冒頭の甘えるシーンはえっち本番より可愛らしいのです。

強い線のこってり絵柄。
キャラ絵はすっきりとした感じなんですが、色は深く、全体はごっちゃり気味です。
幅広い輪郭と細めながらもぽってりとしたスタイルのロリ絵柄。
えっちシーンで乱れ飛ぶ小さいフキダシ、だらりとした文字が特徴です。
巧い方なんですが癖は強く、また内臓描写もあるので、嫌いな方はご注意下さい。
紹介帯がある場合は、そちらを判断にするのがいいでしょう。
前巻は古い原稿も多くかなり不安定でしたが、今回単行本は大幅に安定しておりました。
そのうちでも、「しゃるうぃーげーむ?」後半2話、「のぼりぼう。」という新しい原稿は、より線が綺麗で繊細な感じになっております。
次の単行本が今から楽しみですよ。

しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)
(2008/07/26)
佐々原 憂樹

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール ショートカット パンチラ ラブコメ コメディー コスプレ カチューシャ

■空を飛ぶ、3つの方法。 (霜月絹鯊)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 原作ゲームラブコメ
・おまけ: あとがき、脚本「神夜優コメント」、
      原画「大場陽炎イラスト」
・その他: 原作「La’cryma」、折り返しにコメント、
      カラー(4P)、7話収録、現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「霜月絹鯊(しもつき・きぬさ)」センセの「空を飛ぶ、3つの方法。 1巻」です。

恥ずかしながら、また同じ導入部なのです。
こちらは”絵が巧い方だなー”っていう理由で購入しました。
読んでいる間も、内容はともかく「絵が巧い」という印象だったんですが…ああ、「Kanon ホントの想いは笑顔の向こう側に」の漫画を描いた「霜月絹鯊」センセだったんですね!
昔の名義(石本理沙)の単行本も持っているというのに、あれれ。

さてはて、こちらは失敗する確率も高い、原作ゲームコミカライズ
前述しているように、↓表紙絵が気に入ったので手に取りました。
原作となるPCゲームは7月25日発売ということで、漫画を先行したんですね。
そんなんにアンソロジー慣れした「霜月絹鯊」センセを起用したのは正解だと思いましたが……ううむ、むにゃむにゃ。

そらみつ・ヒロインズ
※そらみつ・ヒロインズ、です。
 左から2番目が「鳥井かりん」です。あとは下の説明だけでだいたい区別つくかなぁ。

主人公「天野翔」は瑞鳳学園の2年生。
幼馴染み「嵩立静香(かさだて・しずか)」、ロリで天才な「相楽麻衣子」などの友人らと共に、平凡な日々を送っておりました。
彼女を欲してはいるものの、淡泊な「翔くん」は、好みなタイプの「雲呑深空(くものみ・みそら)」と出会います。
偶然困っている彼女を助けた「翔くん」は暇つぶしの相手を頼み、”素敵な明日が来る”という魔法をかけてもらうのでした。
しかし、次の日に起こったことは…

すみません、この学園は占拠しちゃいました。
 死にたくなければ、1ヶ月以内に空を飛んでください


…そんなことを言って学園を占拠した、「鳥井かりん」だったのです。
集められたメンバーは、主人公と先の友人2人、ほかツンデレお嬢様「姫野王寺花蓮(ひめのおうじ・かれん)」に先輩「鈴白灯」、そして、昨日出会った「雲呑深空」など7名だったのでした。
だいたいこんな感じ。

よくありがちな、女の子多いハーレム系ラブコメ
サブタイトルに「雲呑深空」とあるのは、彼女のシナリオということかなぁ。
メインヒロインなようですし、無難に主要ストーリーを漫画化したのかな?
よくわかんない。

対決・「嵩立静香」「雲呑深空」
※対決! 正ヒロイン「雲呑深空」 幼馴染み「嵩立静香」の図。
 なにげに、えろい妄想をしている「深空さん」に注目!

そのお話なんですが、頑張ってオリジナリティを出そうとしているのは伝わってくるものの、肝心な部分が意味不明
たった1人で学園を占拠したという「かりんさん」
”その身ひとつで空を飛ぶ方法を探す”ということなんですが、いきなりコンビニへ行ったかと思えば、親睦パーティーが始まったりして。
「静香さん」が”状況が掴めない”ということを言っておりましたが、それはこっちの話。
ここは普通に夏休みの部活動とかなんとかでも良かったと思うのだけれど…。
よっぽど後半に斬新な展開とかなんとかで取り返さない限り、厳しいかなぁ
とにかく、この掴み部分がゆるゆるとした設定なので、作中では結束されてもこちらは寒いだけ。

その後は、いつの間にか「翔くん」の自宅に押し寄せる、看病する、皆で祭りに出掛ける、海に出掛けるなど、ごくごくありきたりなお話が続いておりました。
収録後半になって正ヒロイン「深空さん」と打ち解け、「静香さん」がライバル宣言するなど、ようやくラブコメっぽい色も出始めてましたが…元々の”空飛ぶ方法”、”学園占拠”などほったらかしなままで、どうにも迷走気味。
あちこち伏線らしき描写があり、もしかしたらこれから面白くなるのかもしれませんが、こんなんでは次に期待するの無理ですね。

冒頭にあった、お約束のような寝ぼける主人公を起こすイベント。
こないだの「ノストラダムスに聞いてみろ♪」は”ヒロインが寝ぼけて主人公が起こす”という逆転ネタでしたが、こちらは妄想ネタでした。
そうした、ちょろちょろっとした部分は良かったんですけど。

「霜月絹鯊」センセ、コメディー描写
※「霜月絹鯊」センセ、コメディー描写・サンプル。
 収録では前半の方のコマですが、こちらお気に入り。

丁寧な細線のすっきりとした絵柄。
やや白が強いものの濃淡バランスは優れ、全体は安定しておりました。
丸い目と小さい鼻、横に幅広い輪郭という、こうした漫画にぴったりな可愛らしさ溢れる美少女絵です。
シリアス部分も実にキュートなんですが、コメディー崩れは絶妙。
↓表紙・裏表紙のカラー絵は白黒より濃い感じでしたが、判断はおおむねそちらで問題ないでしょう。

しかし、ゲームは成年指定なのに、漫画はやっぱり一般なんですねー。
そんな訳で、えっちについては無論のこと、サービスシーンもうっすらした程度。
(※そうした売りの漫画家さんではないでしょうけれど)
今は成年単行本だって売れる世の中だと(なんとなく)思うんですが、流通とかなんとかを考えると一般ですか?
あるいは、単に掲載紙とか出版社の関係なのかな?どうかな?
まぁ、いいか(笑)

ちなみに、ネット検索して原作の絵柄も拝見してきましたが…何度も書きますが、やっぱり「霜月絹鯊」センセはいいですねー。
より漫画っぽくなってましたけど、そちらよりも素敵に見えました。
また、ゲームの初回特典には色々な方の参加したカレンダーがついてくるようなんですが、その中でも際立って巧かったです。
お名前を忘れていたのになんなんですが、センセのオリジナルとか読みたいですよ。

空を飛ぶ、3つの方法。 (1) (角川コミックス・エース 207-1)空を飛ぶ、3つの方法。 (1) (角川コミックス・エース 207-1)
(2008/06/26)
霜月 絹鯊La’cryma

商品詳細を見る



※こちらが原作ゲームです。
空を飛ぶ、3つの方法。 初回限定版空を飛ぶ、3つの方法。 初回限定版
(2008/07/25)
Windows Vista

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 原作ゲーム ラブコメ コメディー コミカライズ アンソロジー

■姦通学園~悶える女教師~ (ゆうきつむぎ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・教師
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×10(うち「別所先生・保健室シリーズ」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゆうきつむぎ」センセの「姦通学園~悶える女教師~」です。

ついこないだもあったばかりでしたが…。
このブログを書くにあたって調べたところ、ひでるさん前単行本「教えて姉てぃ~」を持っていましたね。
まるで気付きませんでした。
(※読んでいるうち、「魳田先生」のキャラにはなんとなーく見覚え感じてましたが)
ちなみに、前回紹介の際に「初単行本~」とか書いてしまいましたが、「ゆうきつむぎ」名義で「初」とのことです。
前ブログも訂正しておきました、すみません。
ちなみに、今回は同名義では2冊目、トータルでは6冊目の単行本だそうです。

メインの女教師
※左:「別所沙夜子」先生、右:表紙の女教師。
 こうして並べてみると、やっぱり「沙夜子先生」はいいなぁ、

さて、そんな訳で購入時には名前を覚えていなかったひでるさん。
こちらの単行本「姦通学園~悶える女教師~」は↓表紙・裏表紙の絵柄から、なんとなーく「陸乃家鴨」センセを想像して手に取りました。
前の紹介では、”強く素朴なタッチは「海野螢」センセっぽい”とか書いていましたが、どっちも全然違いますね(笑)
本単行本は、前巻から続くシリーズの連続話、そして他短編という構成でした。

表題・メイン扱いという、学園・教師モノ。
「別所先生の事情」、「魳田先生の優雅な生活」、「保健室淫媚日記 Final」という3話はそれぞれタイトル違うものの、前単行本「教えて姉てぃ~」より続く同キャラの連続話です。
収録で2話目「魳田先生の優雅な生活」には一応あらすじがありましたが、単純えっち話なので特に知らなくても問題ありません。
巨乳・眼鏡という学園のマドンナ的存在「別所沙夜子」先生、そして同校に勤務する、女生徒を次々に籠絡する保健医「魳田」先生という、別ルートにて展開していたそれぞれお話がついに重なるという流れ。
えっちスイッチのある教師「沙夜子先生」は授業途中でも抜け出してしまう、困った方。ちゃんと授業して下さい。
この人はタレ目とロングヘアーが素敵でいいんですが、もう一方の「魳田先生」はやや鬱陶しく目立つ容姿。
えっちシーンでは控え目でしたけど、あんなん成年漫画ではマイナスかなぁ…。
また、色々事情があるのでしょうけれど、ぜひこれらは同一単行本に収録してほしかったですねー。

日和ちゃん、母親
※左:日和ちゃん、右:短編「母親想い」の母親。
 なんとなーく並べてみましたが…親子みたいですね(笑)

同じく教師モノとしては、登場ヒロインが↓表紙・裏表紙を飾っている「コワレカケ女教師」、無抵抗なまま受け入れてしまう「日和」ちゃんの「家庭教師嫌悪」、小さい生徒と女教師の「男の子の園」という3話ですね。
うち、「コワレカケ女教師」は先の「沙夜子先生」とは違って、ツリ目の可愛い女教師。
なお、先のシリーズとは無関係です。
生徒の父親と恋仲になった女教師が、その息子(生徒)に色々されてしまう~というネタは悪くないですが、絵のバランスなどが微妙であまり刺さりませんでした。
「家庭教師嫌悪」は、大惨事まであと一歩という短編。
ロリな「日和ちゃん」はお話と合致した、実に良いキャラクター。
終始冴えない雰囲気を漂わせており、途中の「敵意と羞恥が入り混じった表情」など、その心情がひしひしと伝わってくる短編でした。
家庭教師の男性は強く邪魔ですが、嫌悪感たっぷりに感じたので、お話としては正解ですかね。
もう一つ「男の子の園」は「真由」先生の複数プレイ。
相手が子供であるためか、明るいラストがためか、どこか爽やかさもありました。

ほか、兄妹のラブラブ短編「妹愛」、母子の「母親想い」、義母「ユキノ」さんの「再婚さんいらっさ~い」という近親系。
うち「再婚さんいらっさ~い」は例によって息子となった「タカシ」くんとも関係してしまう展開でしたが、「ユキノさん」の雰囲気よく、あの後も旦那・「タカシくん」のどちらともうまくいきそうでした。
そんなんがちょっと珍しかったですね。

さらりと流すような細線と黒ベタの強い絵柄。
柔らかく繊細なタッチが独特で、キャラとしてはあっさり気味。
しかし、文字まで乱れ飛ぶ全体としては、ごっちゃりとしておりました。
縦長・細身なスタイルで、平たく横長の目が特徴です。
バランス微妙なコマもあり、とかく癖が非常に強い方なので、人を選ぶでしょう。
前巻もそうでしたが、↓表紙などのカラー絵があまり参考になりませんので気をつけて下さい。

姦通学園

姦通学園~悶える女教師 (ワールドコミックススペシャル)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ロングヘアー

■メイドいんジャパン (おりもとみまな)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : メイド・女装
・おまけ: あとがき漫画「変態マンガのできるまで」、
      カバー裏に別絵、折込ポスター(両面)
・その他: 6話収録、現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おりもとみまな」センセの「メイドいんジャパン 1巻」です。

”女装メイド”という帯文句がため、とりあえず放置していたこちら。
ようやく昨日読みましたが…
ああ、いかにも「おりもとみまな」センセらしいなぁ…という単行本でした。

井上成美※主人公「井上成美」
 このブログでは、原則女性絵を掲載するんですが…。

こちらが5冊目くらいという「おりもとみまな」センセ。
当ブログでは、ようやく発売された成年系「みさお MY LOVE」を紹介しております。
規制が弱まる成年系がいいかなぁ~とか思っていましたが、今回の「メイドいんジャパン 1巻」を読んで強く感じたこと。

「おりもとみまな」センセは、あのぎりぎり感が絶妙で良い

まぁ、そんなんは読み手によって変わることでしょうけれど。
一般漫画の限界をコメディーにしてしまう、逆にパワーとしているような感覚は、他ではそう簡単に味わえるものではありません
漫画好きであれば、一度は体験してほしい世界です。
やや変態ちっく(笑)に傾いているので、好き嫌いが大きく分かれるとは思いますけれど。

女子だけが通う「九段下メイド学園」に通う1年生、主人公「井上成美(いのうえ・男:しげよし、女装時:なるみ)」
彼は大富豪の雇われメイドになることを目指し、「男」を隠して日々”おもてなしの心”を学んでいたのです。
週末実習先に「宇垣家」へ派遣された「成美くん」は、その娘「宇垣まとめ」のお世話をすることとなりました。
当初はメイドを拒否していた「まとめさん」ですが…。
大まかにはそんな話。

宇垣まとめ※ヒロイン「宇垣まとめ」
 こうして見ると、普通のラブコメみたいですね(笑)

非常にテンションの高いコメディー
相変わらずぎりぎり描写が冴えており、えっちというよりも変態ちっくなネタが満載なのでした。
特にページ間(※本の中央凹み部分ね)の使い方は絶妙です。
おもしろ半分な感覚の「成美くん」母親とか、レズと豪語するメイド学園教師「近衛文」など、はちゃめちゃなキャラが物語を大いに引っかき回しておりました。
そうした一方で、「まとめさん」がメイドを嫌う理由、ある意味複雑(笑)な家庭の事情、「成美くん」との関係などなど、基本となる流れもしっかり描かれてます。
読める漫画なのですよ。

ツインテールでツンデレなヒロイン「まとめさん」
2話「女装メイド再び」でのノーパン描写に始まり、5話「秋葉原メイド喫茶事情」ではもらす、6話「女装メイドのカタチ」では座薬だのバナナだの…と、かなり恥ずかしいことさせられておりました。
介護事業立ち上げからおむつプレイに発展してしまう3話「介護しちゃうぞ!」は、収録のネタでは最高峰。
なんというか、スゴイんですね。
パンチラというより「モロ」という、下着の露出っぷり。
いちおう隠しているようでバストトップまで微妙に伺える全裸シーンなど、サービスも満点なのでした。

また、それは「成美くん」にしても同じで、パンチラほかぎりぎりなシーンまでかなり頻繁なんですが…嬉しくないのが不思議。
(※普段はちゃんと女性用下着着用)
ほぼ女の子という容姿なんですけどねー。
単語ではよく登場してましたが、当然モノは描かれておりません。

校長「田中絵馬」
※校長「田中絵馬」
 エマ、ですよ。すごいなぁ。

そんな感じで、「成美くん」が女装をバレないよう、メイドとして大成するよう奮闘する姿をお楽しみ下さい。
この漫画が、はたして今後どう展開していくのか、次巻が待ち遠しいですね。
ちなみに、メイド学園・校長「田中絵馬」のネタには驚きました。

強い線のごっちゃりとした絵柄。
しっかり安定感あって見やすく、またテンポも良いため、さくさく読み進められると思います。
繊細ながらも力強く、絵から漫画に至るまで非常に巧い方です。
変化に富んだ構図も必見でしょう。
ラブコメ調の可愛らしいキャラ絵ながら、あちこちの描写は強く人を選びます。
慣れていない方は気をつけて。

ここまでブッ飛んでいながら、お話がしっかり(…まぁ、しっかりでしょ?)している漫画はそうそうお目にかかれません。
あの独特な感覚が問題なければ、間違いなく楽しめるでしょう。
名作「魔法少女猫X」が徹底的に非現実だったのに対し、あるいは…という感覚もある現代劇なので、ひでるさんはこちらのが好きです。

メイドいんジャパン
メイドいんジャパン 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール パンチラ ラブコメ バストトップ

■性援隊 (たかねのはな)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・チアガール
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
      折り返しにプロフィール、
      カバー裏に別絵・作品解説。
・その他: カバーはきらきら仕様、カラー(8P)、
       短編×8(うち「マドンナ抗争」×2、
      「性援隊」×5)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「たかねのはな」センセの「性援隊」です。

同じ方ですよね??
「たかねのはな」センセは、初単行本「神に叛きし天使」を紹介していたんですが、そちらより安定して良かったです。
…と言うか、はっきりこれ書くまで、まっったく気付きませんでした(笑)
購入の際も、どこかで見た名前だなーって程度。
ひでるさんの記憶力なんてそんなもんです。(←うっすらでも記憶していた方が意外ですか)

これが性援隊だ!
※これが性援隊だ!
 どうですか、この華やかさは!

さて、そんなこんなで2冊目の単行本「性援隊」です。
表題にもなっている連続話「性援隊」を中心とした構成ですね。

やっぱり表題作となっている「性援隊」
私立エンジェル学園には、女の子だけで構成される「性援隊」という部隊がありました。
運動部などの試合前後に”性援”するほか、個人的に頑張っている人、悩んでいる人などにも”性援”を贈っているのです。
チア部と兼任で「性援隊」に入った新入生、主人公「小野千尋」は厳しい研修を経て、その隊員として活動するのでした。
…大雑把には、だいたいそんな感じ。

千尋さん、卯月さん
※左:千尋さん、右:卯月さん。
 ほとんどチアガールという二人です。ちなみに、練習の際はブルマでした。

もともと短編だったものが、シリーズ化されたもの。
好評で続いたというだけあって、表題に相応しい、迫力あるお話でした。
まんまチアガールという「性援隊」はやっぱり見栄え良く、応援ということであちこちに出向く・関わることが出来、えっちへの流れもスムーズ
似た漫画で「Cheers!/チャーリーにしなか」、「Cheer up!/あずまゆき」などがありますが、成年漫画のネタとして、やっぱりよく見かける温泉旅館モノよりも適切だと思いました。
単行本に収録されているのは5話でしたが、完結した様子はないので今後も続くと思われます。
この良い基本フォーマットを「たかねのはな」センセがどう活かしていくのか、今後も期待ですね。

なお、1話目でメインだった「千尋さん」が目立つツインテールもあってか、なんとなく主人公という位置付けですが、収録で3話「大きな、声で…」は眼鏡巨乳の「卯月」さん、4話「そのままの君が好き」では貧乳「三宅忍」などサブキャラが主役抜擢されておりました。
ちなみに、4話は妙な生物から母乳、ゴスロリ衣装まで、収録中でもかなり特殊なお話です。
そうした単独ヒロインの話も悪くはないですが、1話目での放課後場面の1ページ、5話「白銀のエンジェル」での複数入り乱れるシチュエーションは素敵でした。
性援隊隊長「宮本聡美」、保健医でもある顧問「京極彩」など、他キャラを掘り下げることによって、より世界が広がると思われます。
(※そう言えば「柊小学校恋愛くらぶ/あづまゆき」も保健医が顧問でしたねー)
ただ、年末用であったとはいえ、5話目のラストはどうかなぁ…。
単行本収録の際には、描き下ろした方が良かったかも。

藤本夏美、水前寺恵理子、恭子さん
※左から藤本夏美、水前寺恵理子、恭子さん。
 できれば「恭子さん」はこの状態でのえっちが見たかったですねー。
 
ほか、2話の連続話「マドンナ抗争」
お嬢様「水前寺恵理子」とロリ巨乳「藤本夏美」という、クラス内でタイプの違うそれぞれ女子の派閥ができているという短編。
えろえろさにひでるさんが直撃された、「少女品評会/くりつよしひろ」でも似たネタがありました。
ここで特徴的なのが、視点が第三者である委員長ということ。
それだけに、暗躍していた動機が弱いのが残念。
また、作品解説部分にも書かれていましたが、オチ部分の失敗は痛いですね。
後半の「他人に無理に合わせて楽しいか?」が全てだという気がする「キャラ変え」
センセお好きな言葉遊びです。
こちらのヒロイン「恭子」さんは本来眼鏡でみつあみなんですが、早々に解いてしまったのはもったいなかったかなぁ。

細いながらも強めな線の絵柄。
どちらかというと、さっぱり印象のキャラ絵ですが、ページ全体としては変形コマも多く、ごっちゃり派手め。
ややバランスが微妙なコマもあり、特に引き絵は厳しい感覚。
ただし、↓表紙・裏表紙のように各ヒロインらは可愛くえっちに描かれておりました。
全体的に安定感もあり、普通に見るには平均点を大きくクリアしております。
あまりカラーと雰囲気の変化はないので、↓表紙での判断で良いでしょう。
チアガール漫画が刺さる方なら、問題ないと思われます。たぶん。

性援隊
性援隊 (エンジェルコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : チアガール ツインテール

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。