FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■FIGHTING BEAUTY (ZOL)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・パロディー
・おまけ: あとがき・作品コメント、
      加筆・修正あり。
・その他: 12話収録
     (うち「シャーマニックセレブ祓江 涅槃電撃戦」×3、
      「ゆーわくワーク」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ZOL(ぞる)」センセの「FIGHTING BEAUTY[ファイティング・ビューティー]」です。

漫画好きな皆様、月末の買い物お疲れ様でした。
今回の紹介について、2冊同時発売だった「はらざきたくま」センセの漫画とどちらにしようか迷いましたが、とりあえず成年系の「ZOL」センセとしてみました。
なんと、6年ぶりという成年系は「FIGHTING BEAUTY[ファイティング・ビューティー]」です。

どこかで見たようなネタが続く、パロディーっぽい漫画集ですね。
短編と共に3話ほどの中編も収録されておりますが、お話としてはブツ切り気味な傾向でした。

やっぱり、↓表紙を飾るメイン漫画「超夢幻伝説レヴィアス」から。
突如、異世界「シェオーリア」に召喚されてしまった「朝霞涼子」はごく普通の女子高生。
秩序と平和をもたらすべく、レヴィアスの戦士となった「涼子」は、遂に世界を支配する魔王「バアル・ベオル」と対峙するんですが…と、まぁだいたいそんなお話。

レヴィアスの戦士「涼子」、警女番「堺屋タチ」
※左:レヴィアスの戦士「涼子」、右:警女番「堺屋タチ」
 ビキニ鎧好きな皆様、必見です。1話だけで終わっちゃうのが残念。

ちょっと昔に流行った、ビキニ鎧な女戦士のファンタジーです。
なんだか懐かしい感じですが、今でもやっぱり目を奪われますね。イイものですね~。
凛々しくも可愛らしく、清潔ながらもエロティックという、裏表一体みたいな感じが刺さるのでしょうか。たぶん。
できれば、カラー原稿で見たかったところでした。
鎧がゴムみたいにフニャフニャだ
…という台詞があったのだけれど、あの鎧はどんなんなっているんでしょう?
↓表紙の具合とか、割れる描写などはいかにも金属っぽいのですが、胸キュンな感じになっておりましたよ。
また、成年漫画の性質上、途中から完全に鎧が脱げてしまうんですが、全裸だとなんだか魅力は半減。
もうちょっと、じわじわしても良かったかなぁ。
さらに欲を言うならば、扉絵のあらすじ部分も漫画にしてほしいところでした。
別に描かれている「夢幻戦士ヴァリス」そのまんまですけどね(笑)

同じく”いきなりクライマックス”な漫画「警女番タチ」
日本で唯一の殺人許可証を持つ「堺屋タチ」は特務学生・警女番として、学園の悪と戦っておりました。
調査していた「私立極獄学園」の理事長「鈴木正一」は、なんと政府転覆を画策していたのです。
そんな計画を阻止するべく、彼の本拠地極獄島へ決戦に赴いた「タチ」ですが…。

「警女番」で「ぽりすけばん」と読むのですよ。
お話からヒロインまで先の漫画とよく似た感覚の短編でしたが、よりパロディーちっくなんですね。
オチ部分にはまた違った要素が含まれていたりして、元ネタが分かる方には懐かしさ溢れる漫画となっておりました。
こちらの「タチさん」は、”使い手の身体も壊しかねない危険な代物だ!”という「重合金ローター」が武器。
いかにも成年漫画というアイテムがため、持ったり、振りまわしたりする描写が実に格好よくないのです。
また、こちらもセーラー服を完全に脱がされてしまった後は、やっぱり魅力半減なんですねー。
ビキニ鎧とはモノが違うので、多少でも服を残してくれた方が良かったように思いました。
髪のリボンは可愛らしくて素敵でしたけど。
なお、こちらの短編では「キルタイムコミュニケーション」らしく触手っぽい描写もあったんですが、ちょっとだけなのが残念でした。
ぐるぐる巻きにされた姿とか見たかったですよ。

エレベーターガール「伸枝さん」、社長秘書「美影さん」
※左:エレベーターガール「伸枝さん」、右:社長秘書「美影さん」
 やっぱり「美影さん」は社長に色々されてほしかったかなぁ。

3話の中編「ゆーわくワーク」
こちらと「いもとも」、「あねもね」の短編は現代劇のごく普通(?)なお話。
やたら早いくせして、会社のあちこちの女性に手を出している社長さん。
そのため、社長のお気に入りな女性らは皆同じように欲求不満な表情なのでした…。

同じ会社が舞台の、連続性薄い中編。
社長秘書「美影」さん、エレベーターガール「伸枝」さん、受付の人型ロボット「セラフィータ x-69」というように、各話でそれぞれヒロインが変化しておりました。
だいたい、1ページ半くらいで終わっちゃう社長さんが気の毒ながらも可笑しいのです。
どうせなら、「セラフィーさん」にも「またイケなかった~…」を言ってほしいところでした。
あとがきにて、”社会人経験ないのでうまく描けないが、できればこだわってリアルに描きたい”ということが述べられておりました。
このブログでもよく書いておりますが、サラリーマンなひでるさんの感覚ではその意見に賛成。
読者によって、違うと思いますけどねー。
ちなみにこのお話では、社長と共に皆勤賞だった「杏奈」さん、あるいは「伸枝さん」などエレベーターガールの存在ですかね。
お客さんが来るような多数テナントの入ったオフィスビルとかでない限り、そんなところに人は置かないでしょう。
最近のエレベーターは性能いいですから…。
でも、登場ヒロイン3名の中では「伸枝さん」が最もお気に入りだったりして。
エレベーターガールもいいなぁ。

まるだしガンマン
※おまけ:まるだしガンマン。
 「ZOL」センセのコメディー部分はいいですねー。

ほか、凄腕退魔師「禊祓江(みそぎ・はらえ)」さんの連続話「シャーマニックセレブ祓江 涅槃電撃戦」
なんとなーく元ネタが想像できる(※知ってれば一目瞭然らしい)気もするんですが…よく分かんないですね。
タイトルそのまま、マントの下が全裸という「まるだしガンマン」
どっかの仮面ヒロインもびっくりな、キャラクターでした。
なんで裸なのか、と聞くコメディーシーンが非常に良かったです。

若干ですが一部原稿に古いモノがあり、全体としてはややバラついて不安定。
最近の絵がかなり洗練されているため、描き下ろし部分との落差が大きくなっているのです。
ぼってりした印象だった「ZOL」センセなんですが、くっきりとした線であるものの絵柄はどちらかと言うとソフトたっち。
頭身高く、適度な肉付きのキャラ絵はバランス感覚に優れておりました。
癖も気になるものではないので、万人に好まれるでしょう。たぶん。

あとがきによると、「4冊目のエロ単行本」って、このブログで紹介した「夢幻戦士ヴァリス」以外に3冊あるの?
センセの単行本は全て持っていると思いましたが……調べたら「Magnum Flesh!」に2巻なんてあったんですね!!
うっわー、ぼちぼち探してみますかー。

FIGHTING Beauty (二次元ドリームコミックス 142)FIGHTING Beauty (二次元ドリームコミックス 142)
(2008/05)
ZOL

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ファンタジー ビキニ鎧 パロディー キルタイムコミュニケーション サラリーマン

■神に叛きし天使 (たかねのはな)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・天使
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
       カラー描き下ろし「神に叛きし天使-outline-」、
       描き下ろし「神に叛きし天使-エピローグ-」、
       カバー裏に線画・作品解説。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×10
      (うち「神に叛きし天使」×5、「神を崇めし少女」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「たかねのはな」センセの「神に叛きし天使」です。

はい、今のところ一般漫画にコレというものがなかったので、成年漫画を連続させて頂きます。
手持ちに、いくつか無い訳でもないんですけどねー。
どれも紹介したいという気がおきないのです。

そんな訳で、”ブログにしたくなる単行本”というこちら、「神に叛きし天使」は「たかねのはな」センセの初単行本です。
発売されたあたりでは見逃してしまったようですが、後にアマゾンで見て↓表紙にひかれてので、探してゲットしました。
なかなか良い感じですよね?
↓表紙の絵やバランスも素敵ですし。
実際の白黒絵についても大まかにはそんなんで、またお話は表題の中編がメインという構成になっております。
連続話が好きなひでるさんとしては、こんなんも嬉しい誤算でした。

人間「安藤美紗」、悪魔「アザゼル」、堕天使「ルミエル」
※左から、人間「安藤美紗」、悪魔「アザゼル」、堕天使「ルミエル」
 「ルミエルさん」の堕天使モードはもう少し下まで入れたかったんですが…でちゃってるのよ。

さっそく、描き下ろしも含むメインの中編「神に叛きし天使」から。
東南アジア方面、第一特務小隊・第八階級の大天使「ルミエル」
”男性の精を魔力に変換・蓄積する特殊能力”を有する人間、「安藤美紗」を抹殺する命に背いたことで、罪に問われてしまうのでした。
天界での審問の結果、”無期蟲役”という、重い処分が下されてしまうのです。
昔馴染みで副隊長という、第八階級の大天使「アリエール」にも見放された「ルミエル」は、地下牢にて「堕蟲」の激しい責めを受け続けることとなったのです。
そこで、ある目的のため、「ルミエル」は神に叛くことを決意するのでした…。
大雑把には、だいたいそんなお話。

ちょっとしたファンタジー・バトルちっくな漫画に、エロス要素が追加された定番というべき作品です。
発売「キルタイムコミュニケーション」さんということで、↓表紙そのまま、触手がうねうねとするお話になっておりました。
なにしろ、「美紗さん」のえっちシーン以外は、ほぼ触手が絡まってくるような展開で、地下牢では天使「ルミエルさん」が。
覚醒した「美紗さん」と対峙した天使「アリエールさん」は、期待通りに敗北して低級妖魔に~。
さらに、堕天使となった「ルミエルさん」も、勇ましい登場とは裏腹にあっさり捕縛されておりました。
壁の中の天使/ここのき奈緒」の闘うヒロイン「相沢夏美」、「Feuerig/MISS BLACK」に登場する聖騎士「エルズ(イェルズベート)」などのように、本来えっちとは無縁そうなキャラが色々されてしまう~という基本設定、お話の展開など、こうした系の基本を忠実に守っておりますね

沙枝、大天使「ルミエル」
※左:魔法少女「沙枝」、右:大天使「ルミエル」
 なにげに比較絵です。どうですか、かなり良くなっているでしょう?

こちらのヒロイン「ルミエルさん」は人間を超越した存在である大天使。
外観としては女の子そのまんまなんですが、完全ファンタジー世界の身近でないキャラがため、あるいは好き嫌いが分かれるところかもしれません。
しかし、ゲーム「ランブルローズ」にある善悪キャラのような、”同人物の裏モード”というべき堕天使での顔をしっかり見せていたため、それだけで単純に幅は広がっておりました。

単に外観が変わっただけという堕天使「ルミエルさん」については、正直いま一歩というところ。
もっとギリギリ感があったなら、より良かったように思います。(※性感が増すということはあるみたい)
前述しております、触手えっちについても、だいぶ大人しい描写かなぁ…。
せっかく天使という設定なので、もっとズタボロされても…って、アブない考えですね(笑)
おへそあたりを貫通させられるシーンなどありましたが、それも控え目でした。

単行本後半に収録された前後編「神を崇めし少女」ですが、コレ実は「神に叛きし天使」の発端エピソードなのです。
なんと、収録のうち7話は全て天使「ルミエルさん」のお話なんですね。
こちら「神を崇めし少女」では、悪魔「アザゼル」との対決話で、複数のゾンビに次々されてしまうのでした。
描き慣れてきたというのもあるのか作画は良好で、派手な液体描写がために雰囲気はよりえっちっぽくなっております。
…触手ではないんですけどね。
読んでいる最中、ゾンビのアソコって~~とか、ひでるさん考えてましたが、作品解説を見たら「たかねのはな」センセも同様な考えでありました。
ちょっとびっくりです。
なるほど、却下だったんですか。

ほか、「堕天」は「淫獣聖戦」、「起死回生!?」は「魔法少女沙枝」という。それぞれアンソロジーもの。
これらは元ネタを知っているかどうかで楽しさが変わるでしょう。
ひでるさんは、「起死回生!?」の方がまるでわかりませんでした。
なお、そのどちらも初期頃の作品らしく、作画はそれなり。
短編「おいしい乳牛」は牛娘とのコメディー話で、収録では最も異質ながらもっとも一般的な漫画です(笑)
こうしたキャラの場合、胸~ミルクとなるところでしょうが、前半は”牛肉”とか言っていたのが、なんだか新鮮でした。
普通なら、とりあえず「胸」にいきますよねー。

しっかりとした太い線のかちかちっとした絵柄。
まだ若干の硬さがあり、触手えっち部分もそんな雰囲気でしたが、大崩れはありません。
頭が丸く可愛らしいキャラ絵はそれなりにバランスがとれておりました。
前述しているように、時期によって多少の差があります。
収録比率では表題の連続話が新しいものであったため、全体としておむね問題ない程度でしょう。
最近の原稿になるにつれて洗練され、巧くなっておりましたんで、次巻も楽しみな漫画家さんです。

神に叛きし天使 (アンリアルコミックス 10) (アンリアルコミックス 10)神に叛きし天使 (アンリアルコミックス 10) (アンリアルコミックス 10)
(2008/02/29)
たかねのはな

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ファンタジー キルタイムコミュニケーション 魔法少女

■妄想・極楽・夢気分 (由雅なおは)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、
       カラー描き下ろし「妄想・極楽・夢気分」、
       カバー裏に「天然天才少女作家 彩子先生」
・その他: カラー(4P)、折り返しにコメント、短編×11
       (うち「温泉~夢気分」×5)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「由雅なおは(ゆいが・なおは)」センセの「妄想・極楽・夢気分」です。

昨日に続いて、ふらふらと店頭を彷徨う悪癖がため、手に取った単行本です。
しかし、「なおは」ですか…これまた変わったお名前ですねー。
私は「ひでる」ですが。
そんな、「由雅なおは」センセ2冊目の単行本「妄想・極楽・夢気分」なのです。

こちらは表題作の中編をメインとした構成。
同時収録の短編は、動物メイドからロリな妹まで、バラエティに富んだ内容でした。
前述したように、なにげな~く手に取ったものですが、刺さる漫画もありましたよー。

かなえ、明美、りん
※左から、かなえ、明美、りん。
 温泉だけでなく、こんな制服姿もあったりします。

まず、↓表紙・裏表紙を飾っている表題作「夢気分シリーズ」
卒業旅行として、友人らと共に温泉旅館へ来ていた「一矢」くん。
なんと、朝の風呂入れ替えに気付かぬまま、間違えて女湯へ入ってしまうのでした。
朝風呂を楽しんでいた、学園長令嬢「明美」さん、爆乳「かなえ」さん、真面目な「りん」さんという3名とはち合わせし、大ピンチになってしまうのです。
筆下ろしさせてくれない?
しかし、見逃す条件として、リーダー格の「明美さん」が言ったのは、そんな意外な台詞だったのでした。
大雑把にはそんな導入部。

個性の異なるヒロイン3名とのラブコメえっち話です。
特にコレという極端なオススメ要素には欠けるものの、華やか・ハーレムちっくな、読後感の良い作品に仕上がっておりました
舞台を温泉宿としたのは、浴衣などのビジュアルとしてもそうですが、お話として効果的であったと思います。
温泉シーンがあったのは、1話目「温泉気分夢気分」とカラー描き下ろし「妄想・極楽・夢気分」だけですね。
それらは、成年漫画らしい複数プレイ話です。

2話目「温泉前でも夢気分」は、貧乳・ツインテールな「りんさん」が主役。
車内にて運転する「明美さん」、誘った「かなえさん」を横目に、がっちり「一矢くん」を独占しておりました。
まぁ、そのように仕向けられていたんですけどね。
走っている道路は山道なんでしょうか?
あまり他の車はなく、天候も雪であったとはいえ、車内で疲れて寝てしまうほどシテしまうのは…あー見えて「りんさん」大胆ですね~。
真面目な性格がため、ツンデレちっくな「りんさん」なんですが、その不器用さがため……(一応伏せます)……なのでした。

かなえさん、明美さん
※左:かなえさん、右:明美さん。
 ごめんなさい、「りんさん」のアップ絵だけ、ぎりぎりで掲載できないものとなってしまいました。

3話目「温泉旅館で夢気分」では、丁寧な言葉使いとウエーブかかったロングヘアーが特徴の「かなえさん」です。
こちらでは、旅館エレベータ内えっちなのでした。
先の「りんさん」が車内えっちを満喫していた(笑)のに対し、「見られちゃうかも」という、ドキドキシチュエーションになっております。
オチも良く、最も派手な容姿と柔軟な性格である、「かなえさん」の魅力が満載された1話でした。
…そんな訳で、この「かなえさん」がお気に入りなひでるさんです。

4話目「この先ずっと夢気分」は、タイトルから”温泉”の二文字が外れたそのまま、日常・学園生活でのエピソードです。
こちらでは、3名の正体(…ってほど大袈裟なものでないですが)が判明すると同時に、決着をつけるお話になっております。
とりあえず、前半部分はだけはショートカットな「明美さん」がメインですね。
普段はその言動がため目立っているんですが、えっちシーンになると短い髪の毛、標準的な胸など中間的な要素がためか、もっとも地味な存在となってしまうのでした。
なんだろ、器用貧乏みたいな。…ちょっと違うか。
でも、4ページ目の台詞とか、なかなか格好良かったです。
ああもキッパリ言い切ってくれるのは男性として嬉しいですねー

以上、長々と書かせて頂きましたが、個性的なヒロインたちとのラブえっち話は素直に心地よいものでした。
よくまとまっていた良作品なので、さらなる続編を期待するのは欲張り過ぎでしょうけれど、もう少しあの4名を見たいです。

成年漫画家「彩子先生」
※成年漫画家「彩子先生」
 うーん、いいキャラです。今回はお気に入りだけにしてみました。

カバー裏の両面にて頑張っておりました、漫画家「彩子」先生が登場する「天然作家彩子先生」
憧れの成年漫画家「彩子先生」のもとにて、アシスタントをすることとなった「宮川裕」くん。
猫メイドなコスプレに眼鏡・巨乳という、可愛らしい「彩子先生」の出迎えにテンションは上昇。
漫画での話から、”きちんと男性の裸を見たことがない”とお願いされて~。

上記の連続話と並んで、コチラもなかなか捨て難い短編作品でした。
容姿そのままなドジっ娘キャラ「彩子先生」
コスプレ衣装のまま玄関へ対応に出てしまうほか、ポーズをつけて写真を撮らせてくれたりしてました。
小さいころからコンプレックスだという、立派な乳の持ち主なんですが、
こんな…大きいだけの胸…
とかなんとか、下手すると喧嘩売ってしまうような台詞もありました。
ううむ、同性には嫌われてそうですね。
残念ながら執筆シーンはなかったんですが、あれで「キャノン先生」みたいに一気に原稿仕上げるような描写とかあれば、より話が膨らんでいくと思います。
1話だけで終わらせるには勿体ないキャラでしたから、強く続編を希望します。

そんなにエッチでしたか?
※おまけ:「そ、そんなにエッチでしたか?」

あっさりシテしまう近親系、妹「葵」さんとお兄ちゃんの「はじめてのお勉強?」は収録で唯一のロリ系。
ほか、野外・露出えっち好きな「真哉」くんに振り回される「綾瀬」さんの「シチュエーション・ラブ」、「美空」ちゃんと「優」くんの幼馴染みなラブえっち「僕だって男の子!」、狸の化ける「狸花(りか)」ちゃん、狐の化ける「紀津音(きつね)」ちゃんというWヒロインな「こちらアニマルメイドカフェ」などが収録されております。
上で紹介しました「夢気分シリーズ」と「彩子先生」の出来が良かっただけ、他の短編はそれなりという印象でした。

店頭で見た際、↓表紙にて”たまにバランス悪いかなー”と思ったそのままな感じです。
細線のごっちゃり系。
トーン処理を多用する、艶々とした作風・原稿は好き嫌い分かれるでしょう。
大きめな作画で、基本的に巧い方なんですが、たまーに気が抜けたようなバランスの崩れがありました。
正直なところ、目にはつきましたが、全体的にそう問題はないだろう程度ですが
当然ながら、最近の絵の方がより洗練された感覚ですね。
なお、”お姉さん系はあまり描いたことない”とのことですが、収録作品を見た限りこの路線は正解だと思いました。
問題は「由雅なおは」センセ自身の好みとジャンルが合致しているかどうか、なのだけれども。

妄想・極楽・夢気分

妄想・極楽・夢気分 (ポプリコミックス 28号)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ツインテール ロングヘアー コスプレ

■帝都雪月花 昭和怪異始末記 (辻灯子)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 昭和・妖怪
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      カラー描き下ろし「はこの中」
・その他: 折り返しにコメント、人物紹介、
      カラー(8P)、10話収録。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「辻灯子(つじ・とうこ)」センセの「帝都雪月花 昭和怪異始末記」です。

とりあえず、月末で忙しいというのもあるんですが…文面が書きづらい漫画ということもあるので、本日はちょろっとだけでごめんなさい。
ふはー。

えー、先ほどまで6月発売表を眺めておりましたが…
次月は「ひぐらしのなく頃に罪滅ぼし編4巻(最終巻)」「初犬3巻」などお馴染みタイトルほか、「中山哲学」センセ、「フレッド・ケリー」センセ、「流星ひかる」センセ、などなどが掲載されておりました。
…ものスゴイこととなりそうです。
特に月末とかは大変そうね。

さて、先週末はというと微妙に時期が中途半端であったためか、「YOUR DOG/関谷あさみ」が目立っていた程度でした。(←ひでるさん的には)
買うべき本が少ないなら、それでやめればいいんですが、なんとなーくふらふらと探してしまう悪癖があるのです。
そんなこんなで発見したのが、「帝都雪月花 昭和怪異始末記」なんですね。

瓜生和佳
※ヒロイン「瓜生和佳」
 なかなか面白い娘さんでしたが…。

「辻灯子」センセの漫画はこれが初見です。
過去に書いたことありますが、4コマ漫画の単行本は知ってる漫画家さん以外は故意に避けております
こちらの単行本も4コマ系のコーナーにあったのでちょっと警戒しましたが、そうではなさそうなので購入しました。
この手の妖怪ちっくな漫画というのは好きなんですね。

元飼い猫の猫又「寅吉」ほか、何かと妖怪に縁がある主人公「瓜生和佳」さん。
居候の妖怪退治屋「神代秀真(かみしろ・ほつま)」と共に不思議な事象に巻き込まれていくのでした。
かなーり大雑把ですが、そんなんでしょう。

「和佳さん」「秀真くん」らと、異世界の住人たちの交流・日常話ですね。
基本的に各話完結タイプな漫画で、ほのぼのとしたテンションのコメディーちっくな漫画です。
退治っぽいこともしてましたが、いわゆる霊界バトルみたいな風情はほとんどありません。
また、2人並ぶとなかなかお似合いなんですが、残念ながら恋愛ちっくな要素もありませんでした。

当初、ぺらぺらっと見た際には、当たりだと思ったんですけどねー。
こざっぱりとした見栄えの良い作画とか、どことなく「陸乃家鴨」センセっぽい人物絵とか、昭和を舞台としたノスタルジーで落ち着くような雰囲気とか~。
癖はありましたが厭味なく、万人に受けいられるだろうものでした。

ただ、如何せんお話が非常に分かりづらい

ところどころ、大体の感覚は伝わるんですね。
しかし、あちこちが何だかよく分からないのでした。

「和佳さん」と「秀真くん」
※「和佳さん」と「秀真くん」
 なかなかお似合いな2人。

真っ先に考えられることと言えば、本作品が4コマ漫画の単行本「帝都雪月花 昭和余録」の続編であるということ。
冒頭のカラー描き下ろし「はこの中」は前作からの連続話だそうですが、未読な読者には当然ながら意味不明。
前巻のあらすじがあるわけでなく、普通に始まっておりました。
いちおう、人物紹介のページはあるんですが、書いてあるコメントは一言程度。
ううむ、微妙な親切具合です。

はっきり言って、ひでるさんの読解力のなさも原因としてあると思います。
恥ずかしながら。(※言い訳:1冊に時間をかけていられない現状のせいであるかも)

でも、ちょっと漫画としても巧くない部分があるのではないかなー。
1から10までコト細かに説明をしては台無しというのも理解できますが、ややすっ飛ばし過ぎな気がしました。
点と線な、ぷつりと途切れるような感覚です

ゆっくり・じっくり、何度も読み返したりするタイプの漫画なんですかねぇ。
あるいは現代劇でないため、細かな単語などが頭に入りづらいこともマイナス要素となっているかもしれません。
(※注釈くらいはあって良いと思うのだけれど)

そんなこんなで、「帝都雪月花 昭和余録」を未読な方には敷居の高い単行本になっておりました。
雰囲気などは良かったので、そちらが気に入っていれば問題ないかもしれません。
なお、ひでるさん的には逆に前巻を買い直すほどの魅力は感じませんでした。

帝都雪月花~昭和怪異始末記 (まんがタイムKRコミックス)帝都雪月花~昭和怪異始末記 (まんがタイムKRコミックス)
(2008/04/26)
辻 灯子

商品詳細を見る


※間違いなく、こちらもあった方が良いでしょう。
帝都雪月花―昭和余録 (まんがタイムKRコミックス)帝都雪月花―昭和余録 (まんがタイムKRコミックス)
(2005/10/27)
辻 灯子

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ノスタルジー

■おっぱいパ~ティ~ (オノメシン)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
       カラー描き下ろし「パイズリパーティー」、
       カバー裏にカラー別絵。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×13
       (うち「ホントノワタシ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「オノメシン」センセの「おっぱいパ~ティ~」です。

巨乳…というか、これは爆乳漫画ですね。
年明けでの誓いを素直に順守するひでるさんです(笑)

さて、今回の「おっぱいパ~ティ~」は「オノメシン」センセの初単行本です。
…さっそく、お名前が「カイシンシ」センセと脳内でごっちゃになりそうなのですよ。

部長さん、母親
※左:漫画研究部・部長さん、右:聡史くん母親。
 今回出ずっぱりな部長さんなんですが…名前ないのよね。

タイトルそのまま、非常に豊かな胸の目立つ単行本に仕上がっておりました。
紹介帯がメジャーになっているアイデアも、素直に良いですね。
これは「オノメシン」センセ?それとも「コアマガジン」さん考案なのかな?
どのヒロインも上下左右にやたらめったらな巨乳っぷりなのですが、なにげに眼鏡キャラが多く収録された一冊です
ただ、お話は成年漫画の王道という流れで、無難なだけ目新しさはあまりませんでした。

冒頭のカラー描き下ろし「パイズリパーティー」は、ちょっと後に収録された「なりきりメイドスケッチ」と同一話です。
漫画研究部に所属する「大竹」くん。
上手いもののぐうたらで、いつも原稿は締切りぎりぎりなのでした。
巻頭を割り当てられていた今回の部誌でも、まだ下描きすら終わっていないという状況。
業を煮やした部長は、部室へ居残りとさせるんですが…なんのかんのと漫画の手助けをするため、メイドのコスプレをさせられてしまうのです…。
だいたいそんなん。

いろいろなポーズをとっているうちに~という、お約束な漫画です。
とりあえず、眼鏡で巨乳で流され系な部長さんが可愛らしいですね。
ただ、あんなんだと次の締切りもぎりぎりになってしまいそうでしたけれど。
なお、単行本の花形である↓表紙・冒頭カラー(※描き下ろし部分)を飾っているのがこちらの部長さんで、「大事なところが丸見えじゃない」という台詞そのままな、エロ・コスプレで頑張っておりました。
あんな格好をしてるところから、あれは後日談なのかな。
別の違ったシチュエーションでも、いじってほしいところでした。

いま流行り…まだ流行り?なビーチバレー漫画「ビーチシスター」
”超高校級”、”ビーチエンジェル”とか言われている、褐色の肌とショートカットが健康的な魅力の「星野美優」さん。
実は、お兄ちゃん大好き娘なのでした。
キーワード豊富な漫画でしたが、その中心は兄妹の近親話なんですね。
お兄ちゃんは色々言っておりましたが、まるで躊躇なく始まってしまう、ラブラブ系。
大きな妹と違って小さい兄という設定もあったんですが、あまり活かされていない印象ですね。
掴みとしては最適なキャラなので、こちらも別エピソードなどほしいなぁ。

星野美優、大宮なぎさ
※左:星野美優、右:大宮なぎさ。
 褐色ヒロインズです。思わず、「美優さん」は後姿にしちゃいました(笑)

なお、同じく褐色の肌がまぶしい、「大宮なぎさ」さんが登場する「ウォーターガール」
こちらは水泳部のエースにして、女子水泳界のホープとして期待される存在。
着ているのが競泳水着(※スクール水着みたいでしたが)なので、当然ながら水着の面積が大きく、脱いだ際の日焼け跡はこちらの彼女のがよく目立っておりました
そんな訳で、ひでるさんは「なぎささん」のが良かったです(笑)

清純派アイドル「早乙女仁美」が実の姉であるという「おね・コン」は姉弟、「ママ・カウンセリング」、「アカるい家族の計画」の2話は母子というように、近親系も多い単行本。
母子モノでは、
こ…こんなこといけないわ、親子なのに…!
とか、お約束な台詞があるものの、言葉とは裏腹にまるで抵抗しない素振りが素敵でした。
ただ、どちらの母親もあれだけ大きな子供がいるというのに、ちょっと絵が若過ぎるかなぁ…。
「ママ・カウンセリング」はエプロンしていたので相応っぽく見えました(※ちなみに、ブラはしてない)が、全裸でお風呂に侵入する「アカるい家族の計画」は他のキャラと大差ないですね~。
あれは、お姉さんでも十分通用すると思います。

眼鏡の委員長「月島」さんの「ツンドレ委員長」
…デレ、ではないんですね。ひでるさんのタイプミスでも、誤植でもありません。
これが何を意味するのかは、単行本にてどうぞ。
ほか、前後編の連続話「ホントノワタシ」は優等生で眼鏡の「折笠まゆ」さん、「うさぎ男の恐怖」での天才科学者「安藤玲子」さんも眼鏡なのでした。
1話だけですが、落ちこぼれな新人サキュバス「マリア」さんの登場するファンタジー、「悪魔少女マリア★ショコラ」なんてのもあります。

太い線のしっかりとした絵柄。
どこぞのカードゲームとかにありそうな雰囲気ですね。
濃淡は適度なバランスだと思いますが、トーン処理がため、つやつやとしておりました。
大きい頭と小さい顔、横長の目、やたら伸びたり、振られたりする胸が特徴です。
センセ自身の個性がほぼ確立されており、全体的には安定感もありました。
その反面、癖は非常に強くなっております。
そこそこ内臓描写も見られたので、嫌いな方はくれぐれも気をつけて。
おおむね↓表紙そのまま変化ないので、よくよく確認して下さい。
例によって「コアマガジン」さんのHPではサンプル絵が見れますんで、そちらを参考にするのもいいでしょう。

おっぱいパ~ティ~ (メガストアコミックスシリーズ No. 168)おっぱいパ~ティ~ (メガストアコミックスシリーズ No. 168)
(2008/05/19)
オノメシン

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コスプレ ショートカット ファンタジー スクール水着 ビーチバレー 清純派 カードゲーム

■あきば浪漫ス! (貴島煉瓦)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ラブコメ・秋葉原
・おまけ: あとがき。
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
      6話収録、現在は1巻まで発売。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「貴島煉瓦(きじま・れんが)」センセの「あきば浪漫ス! 1巻」です。

イラストでも活動があったりして、結構有名な方なんですかね?
いくつか単行本も発売しているらしい「貴島煉瓦」センセですが、ひでるさんはこちらが初見なのです。
Kanonアナザーストーリー」なんて描かれてるんですねー。
まるで知りませんでした。(※なんだかだいぶ絵が違っていたので、気付かなかったのかも)

「司七海」、「濱良歌乃」
※左:「司七海」、右:「濱良歌乃」
 こちらの「司七海さん」がいいですよ。

学園アイドルと言われる主人公「相羽日菜(あいば・ひな)」さん。
実はヲタク趣味があり、秋葉原へ行った際にクラスメイト「高山庵太(たかやま・いおた)」に目撃されてしまうのでした。
その秘密を守るべく策を練る「日菜さん」に対し、友人「司七海」は…
むしろカレシにしちゃうとか?
という提案をしてあおるのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな導入部。

最近よく見かけるようになった、そっち系を題材とした漫画です。
お話としてはラブコメっぽい味付けとなっていましたが、勝手に暴走する「日菜さん」に対し、”個性がないのが個性”という「庵太くん」がため二人が絡むこと少なく、今のところ恋愛要素は薄いです。

ヒロイン「相羽日菜」
※ヒロイン「相羽日菜さん」
 だいたい、こんだけ違うの。…いちいちその相手する「七海さん」はスゴイ人ですねー。

1巻では、特に「日菜さん」のハチャメチャっぷりが目立っておりました。
漫画だからコメディーで済みますが、こんなん現実にいたらさぞかしウザいでしょうねー。
ほとんど巻き込まれただけという、モブキャラ寸前な「庵太くん」に対し、いきなり怒鳴りつけたり、突き飛ばしたり、果ては踏みつけるわ、首絞めるわまでしておりました。
あのコにしたら悪気はないと思うんだけど
…って、悪気とかなんとかのレベルではないと思うのだけれど。
しかも、そうフォローをしていた「七海さん」も、3話後半では「日菜さん」に突き飛ばされ、事故一歩手前にされたりしてました。
なお、この場面は次の4話にて、新聞記事になってます。
桃色サバス中津賢也」でもありましたが、”ギャグ漫画での事件・事故は通常ほったらかされる”という基本概念を覆しておりますね
いいんじゃないでしょうか。
(※しかし、新聞紙であんなアングルの写真は使わないよねぇ)

お約束なライバルキャラ「濱良歌乃(はまら・うたの)」さんも登場し、変な二人に囲まれる「七海さん」は必要以上の苦労をしていそうでした。
こうした漫画では必要不可欠な存在の突っ込みキャラなんですが、なぜ友達関係続いているのか、よくわかんないですね(笑)
そんな三名がぎゃーぎゃーいがみ合っている様(※いちおう学園美少女三名と言われている)が、他人から見ると華やかに映るってのは、なんだか納得です。
なお、”学園アイドル”とか言われている「日菜さん」ですが、周囲の目を極端に気にして地をひた隠しにしているという、ものすごい二重人格っぷり。
…ただ、あそこまで極端な感じでは、とっくに本性バレると思うのだけれど。
また、彼女がよく言う「さべつ発言?!」という台詞ですが、変装して秋葉原へ行ったり、学校でその素振りを隠していたり、最もそれをしているのは当人ですねー。

変身「相羽日菜さん」
※おまけ:変身「相羽日菜さん」
 しっかり「七海さん」が下で突っ込み入れてますねー。

漫画では「背景にも力を入れている」とのことで、各場面にてそんな感じがありました。
ほとんど秋葉原に行ったことないので、よくわかりませんが。
あちこちご存じな方なら、場所などが分かってより楽しいでしょう。
直線でざーっと描かれたような、こざっぱりとした絵柄。
勢いあるコメディーなので、テンポ良く読めると思います。
ただ、そうしたタイプの漫画というのもあるのか、やや雑気味に感じるコマもありました。
ちょっと人を選ぶかもしれませんね。
…あまり合わないかなぁ。
なお、いかにもサービスシーンとかありそうな雰囲気ですが、たまのパンチラとかそんなんくらいです。
過度な期待はしないように(笑)

とりあえず、どう決着がつけるのか興味ありますんで、次を期待します。
関係ないですが、ひでるさんは「日菜さん」が通学中にも見ていた「魔法家政婦市原エツ子」が読んでみたいです。

あきば浪漫ス! (1) (角川コミックス・エース 204-1)あきば浪漫ス! (1) (角川コミックス・エース 204-1)
(2008/05/26)
貴島 煉瓦

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ

■テカ☆ピタッ! (岸里さとし)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・眼鏡
・おまけ: あとがき、修正あり。
・その他: 短編×10(うち「奴隷バニー」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岸里さとし(きしのさと・さとし)」センセの「テカ☆ピタッ!」です。

いっやー、派手な↓表紙でしたねー。
なんだか、目がチカチカしますよ。
そちらに誤魔化されて絵が見えにくいんですが、折り返し部分には↓表紙の別角度がありました。
スクール水着の上にまたバニーガールの衣装なんて着てるんですね。
なにげにこちらの絵は、大まかな単行本の内容を反映していたのでした。

さて、そんな「岸里さとし」センセ。
昔は「火野聡司」というお名前であったらしく、そちら名義でも何冊かの単行本を出されております。
とりあえず、通算では7冊目となる最新刊「テカ☆ピタッ!」です。

清水あびる、有栖川栗香
※左:清水あびる、右:有栖川栗香
 当番な二人なのです。

紹介帯には、「すごく濃い。それがイイ。」とか、”フェチの探究者”と書かれておりました。
濃厚な描写はえっちというよりもエロく、フェチという単語は聞こえいいですが、要するに若干変態ちっく。
ドギつい描写は、最近の爽やか系(?)な成年漫画とは一線を画した存在と言えるでしょう。
ちなみに↑上の属性部分は、連続話・短編に登場するバニーさんとか、むちむちでも良かったんですが…なにげに眼鏡率が高かったので、それにしてみました。

収録ではメインの連続話「奴隷バニー」シリーズ。
「刈谷沢」先生のお花教室に通う、ショートカットに眼鏡が似あう人妻「小夜子」さん。
ある日、ぜひにと頼まれ、「小説家の先生のお手伝い」というバイトを引きうけるのでした。
その仕事とは、”執筆の数時間、バニーガールの格好で立ち続ける”というだけのもの。
しかし、相手は官能小説家「姦りんのすけ」ということで、衣装には玩具が仕込まれており、立つことすらままならない状態だったのです。
…だいたいそんな導入。

こちらを含め、ほとんどのエピソードが、女性がソレに目覚めていくお話、となっております。
シチュエーションやプレイに凝ってますね。
まず、「奴隷バニー~書斎にて~」は、人妻「小夜子さん」の開眼話。
うわぁ、実際にこんなんありそうですねー(←ないか)
こちらの先生が偉いのは、どれだけ「小夜子さん」が目前で乱れようとも手を出さない、さらには途中であっさり手放してしまうところなのです。
”ひとたび堕落しきってしまった肉体”には、もうそれ以上の魅力を見出すことはできない
…だって。
ははー、このあたりは特に普通の成年漫画と異なっていると思います。
(※普通なら、我慢できなくなってえっちが始まってしまうところでしょうが…)

続く「奴隷バニー~社交場にて~」はオークションなお話。
なんだか、「小夜子さん」の胸がどんどん大きくなっているような気がします。
ラストの「奴隷バニー~バスルームにて~」は、前話にて見事落札された「小夜子さん」の後日談。
代議士「山岡拓」の特別秘書になっているのですが…このお話はどこかで見たような、いかにもモデルがいそうなキャラ(笑)が楽しいですね。
女性の「佐藤キヨコ」ではなく、代議士「山岡拓」ですよ。
この方は「社交場にて~」のエピソードから登場しており、その際の台詞、
私は政治家じゃなければマニアAVの男優になってるってほどの変態でねェ♪
あちゃー、実際もこんなんやってそうです。
やばい・やばい。

小夜子さん、小西さん
※左:小夜子さん、右:小西さん
 バニーガールな二人です。後方のバニーさんとのギャップがスゴイでしょ。

もう一つバニーさんな短編「バニーな事務員さん」
岸里建設の慰安旅行にて、台風の影響で来れなくなったというコンパニオンの代わりに、「小西」さん以下女子事務員がバニー姿になるのでした…。
怖い会社ですねー。
野獣のような上司もそうですが、数コマで乱交が始まっている描写とか。この会社大丈夫か?
あれが、社外のコンパニオンだったなら、トンデモない事態に発展してしまいそうです。
そんな意味でも、幹事の新米社員「冬間」くんは正解だったでしょう。(まぁ、漫画なのだけれど)
明らかに容姿で優れている「小西さん」がほったらかしで、他の事務員さんらが受け入れられている描写がなんだか意外でした。
ちなみに、「小西さん」はいつもの仕事姿とのギャップが良かったです。

そちらと同様な感覚を覚えたのが、収録で最も印象に残った短編「熟れし恥ずかし…」
登場する文系女子な「石塚」さんは、なかなか肉付きの良いスタイルな女性。
漫画の正ヒロインにて、ここまで太った方を配置するというのは珍しいですね
(※記憶あるのは「雅舞罹-L」センセの漫画くらい…しかないかなぁ)
しかも、途中で痩せてどうの~という変身描写もないまま、というのはスゴイことです。
そうですね、漫画中でも語られているとおり、案外太めなスタイルでも、男子には好かれるものだと思います。
スクール水着でのシーンは、お腹まわりの肉描写がえっちでした。
これはそうそう見られない漫画でしょう。
こちらのお話だけでも、オススメなのです。…まぁ、だいぶ人を選ぶモノでしょうけれど。

石塚さん、乙部さん
※左:石塚さん、右:乙部さん
 ね、太いでしょう?気になる水着姿は、ぜひ単行本にてどうぞ。

タイトルそのまんまな内容の「手コキ当番」
山奥の全寮制という学園のため、男子の処理を女子が助ける~という「手コキ当番制」があったのです。
何ソレ!?わけわかんない
とか言ってましたが、その通り(笑)
当番である、眼鏡・黒髪な「有栖川栗香」さんの積極性に促され、当初は否定的だった「清水あびる」さんがおずおずと始めた結果、その虜になってしまうという、お決まりなパターン。
裏表紙に顔を見せている、星形の髪留めとツインテールが特徴の「あびるさん」がツンデレっぽくていいですね。
実は直接のないお話(後ろはある)なんですが、着ているレオタードのような衣装とかがまたえっちでした。

ほか、冒頭のスーツ姿と、ラスト立ち絵の違いが楽しい「セールスレディー」
凛々しい「乙部」さんが、金の力によって堕落するお話ですね。
「~ふたり~」はふたり…というかふたなりな漫画。
めでたし・めでたしな感じだったんですが、最後の1ページは……あれでいいの?
教師モノ「お願い!(><)春花先生」
もくじ・裏表紙の収録作品部分が、「春香先生」になっちゃってましたよー。

太めな線のごっちゃり系。
絵柄自体は安定してすっきりとしたものですが、描いてる事やモノがためか濃い感覚です。
むちむちと匂うようなキャラ絵も、濃厚さの手助けをしておりました。
ちなみに絵については巧い方だと思いますが、「岸里さとし」センセご自身はまだ納得されていない様子でした。
空間ですかー、素人目にはそこまで分かりませんねぇ。
漫画家さんは大変です。

絵柄はともかく、お話などだいぶどっちかに振り切れたタイプなので、明確に人を選ぶでしょう。
とりあえず、↓表紙は判断材料となるので、そちらで判断下さい。

テカ☆ピタッ! (TENMAコミックス)テカ☆ピタッ! (TENMAコミックス)
(2008/05/23)
岸里 さとし

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スクール水着 ショートカット ツインテール コンパニオン レオタード

■YOUR DOG (関谷あさみ)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: あとがき、カバー裏にゲスト絵・別絵、
      イラストページ、加筆・修正あり。
・その他: 全て表題作(全9話)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「関谷あさみ(せきや・あさみ)」センセの「YOUR DOG」です。

やっときました、「関谷あさみ」センセの最新刊です。
こちらのブログで紹介した記憶ありましたが…あれは2冊目「おとなになるまえに」発売後でしたか。
なんと、2006年10月だって。長かった~。
そんなこんなで、注目の3冊目「YOUR DOG」です。
できれば長編も読みたいですねー」とかブログ文末を結んでおりましたが、今回はそれが実現した単行本なのでした。

ヒロイン特集1:撮影中の「歩ちゃん」
※ヒロイン特集1:撮影中の「歩ちゃん」
 おどおどしてます。うーん、DVD売れるでしょーねー(笑)

ひょんな偶然で「マキムラ」と出会った、中学2年生13歳の「吉井歩」ちゃん。
彼が撮影、特定の顧客へのみ販売しているアダルトDVDへの出演を快諾するのです。
しかし、撮影1回目の時がはじめてだったり、普通のメールを送ってきたりと、普通の同世代な娘らとは明らかに違うの反応なのでした。
ちょっとした違和感を覚えつつも「歩ちゃん」と接していた「マキムラ」は、後に意外な事実を知ることとなるのです…。

それ…私のDVD、もらえないですか?

…と、いう訳で、「関谷あさみ」センセがいかにも得意そうな、ショートカットロリ少女とのえっち漫画です。
じれったいほどにゆったりした描き方で、なんと1話目では中盤くらいに始まったえっちが、直接へ至る前で終わってました。
ちなみに、続く2話目はラスト2ページ以外が全編えっちシーン、という感じ。
じわじわと侵食するよな非常に丁寧な描写で、しっかり描かれております
(※余談ですが、6話から7話もそんな感じなのよ)
特に目立つプレイとか際立ったシチュエーションはないものの、おずおずとしたキュートな「歩ちゃん」と、ふんわり漂う重い雰囲気がため、飽きることありません。

ヒロイン特集2:プライベートの「歩ちゃん」
※ヒロイン特集2:プライベートの「歩ちゃん」
 泣いてしまう「歩ちゃん」なのでした。その理由は…。

ひでるさんはごっちゃーと華やかなものより深く掘り下げる系統が好きなんですが、こちらは登場キャラをほぼ2人だけに絞っておりました。
心理部分についても、必要最低限の情報にて深い部分までしっかり伝わってきます
さすがに巧い方ですねー。
そう、裏表紙・中表紙には「歩ちゃん」と仲良さそうにポニーテールの娘が並んでいたんですが、彼女1話限りで名前すらないのでした。
「歩ちゃん」との対比キャラですかね。
お話にもっと絡んでくるキャラだと予想していたので、意外でした。
(※カバー裏でも2人で登場してるの)
また、相談相手として登場が多かった「ハルキ」さんのえっちシーンがなかったのは…お話的には正解でしょうけれど、成年漫画的には残念なところ。
おすそわけのドーナツとか、ラストシーン前でのやりとりとか、なかなか可愛らしい方でしたが。

なお、先のえっち部分が「歩ちゃん」の逆視点にて展開されていた8話がお気に入りです。
マルチサイトなのですよ。
ひでるさんはこんなんがまた大好きなんですねー。
ストーリーは7話後半にて、大きく動いております。
果たして、虚無的な「マキムラ」と周囲に溶け込めない「歩ちゃん」がどんな結末を迎えることとなるのか、単行本にてぜひご確認下さい。
これは書いていいのかな…とりあえず、ハッピーエンドなので読後感は良いものです。(←反転表示にしておきました。問題ない方だけどうぞ)

ヒロイン特集3:数少ない、笑顔の「歩ちゃん」
※ヒロイン特集3:笑顔の「歩ちゃん」
 数少ない笑顔です。ちなみに、その男性が「マキムラ」です。

乱れない、丁寧な細線でのあっさり絵柄。
いつもの短編集とは違って同ネタの長編であるためか、雰囲気一定でなんとなく安定感がありました。
丸い目と丸い輪郭が特徴なロリ絵なんですが、今回は貧乳という感じです。
それぞれ単行本に必ず収録されていた、”なんちゃら耳”というプチ・ファンタジー漫画がないだけ、万人向けと言えるでしょう。
逆にセンセのそんなんが好きだった方は、がっかりするかもしれません。
なお、お話がためか崩し絵は控え目です。
センセのコメディーな崩し絵は好きなんですが…。

やっぱり「関谷あさみ」センセはお話巧いだけあって、長編も良かったです。
ただ「かなちゃん」ら3名の続きも見たいので、短編でもいいかなぁ。
ふと気付きましたが、前回単行本「おとなになるまえに」の64ページには、なにげに「マキ&歩」とか、ちゃっかり顔見せがありましたよー。

YOUR DOG (TENMAコミックスRiN) (TENMAコミックス RiN)YOUR DOG (TENMAコミックスRiN) (TENMAコミックス RiN)
(2008/05/23)
関谷 あさみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ショートカット コメディー ファンタジー ポニーテール

■胎内温度 (おおとりりゅうじ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・コメディー
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・コメント、
      加筆・修正あり。
・その他: 短編×7
      (うち「オニのパンツは…」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おおとりりゅうじ」センセの「胎内温度」です。

こちらが3冊目くらいな単行本です。
なにげに当ブログでは、2冊目「インクリメントRO」、初単行本「The BLACK MAGES」と、どちらも紹介しております。
これでコンプリートなのですよ。

さて、今回の「胎内温度」は、鬼娘とか巫女さんに溢れた作品です。
前回もそうでしたが、人外な女の子がお好きですね~。

「雷花(ライカ)」さん
※単行本のメインヒロイン「雷花(ライカ)」さん。
 鬼の服(上)をしっかり見たかった…ちなみに、どこぞの有名キャラのように電撃もあります(笑)

メインとなる連続話「オニのパンツは…」
彼女のいない「高木」くんは、窓の外からふわりと飛んできたパンツを手にしました。
その持ち主「雷花(ライカ)」さんは節分の季節ながらコスプレではなく、正真正銘の「鬼」だったのです。
奪われた、”空を飛ぶことができるパンツ”の争奪戦から、ひょんな偶然もあってえっちをしてしまう2人。
結果、「雷花ちゃん」は「高木くん」の家に居つくこととなるのでした…。
だいたいそんな導入部。

話数としては全4話と少ないですが、それぞれページ数が多いため読み応えはあります。
がしかし、どうにも詰め込み過ぎ、急ぎ過ぎな印象なのです。

↑その後のお話をざーっと書きますと、姉「雷音(リオン)」登場、学校へ潜入した「雷花ちゃん」襲われる、”鬼祓いの一族”である「小角破ティラ」さんらが登場、操られたクラスメイト「小港」さんとえっち、全員で絡む~という、非常に忙しい流れ。
特にラストとなる最終話では、その傾向が顕著に出ておりました

小港さん
※クラスメイト「小港さん」
 この娘が↓表紙です。

コメディー色の強いえっちストーリーなので、そんなんでいいのかもしれませんが…全体的には中途半端。
それぞれ、倍くらいのページがあればまた違ったかもしれませんが…”鬼祓いの一族”とかは必要なかったかなー。
キャラとしては「ティラさん」好きなんですけどねぇ。

地上に降りたオニは昔からいつも、すぐに退治されちゃうんだから~

という台詞をそのまま活かしてシリアス展開へ持ち込むか、あるいは単純に鬼娘とのラブコメだけで良かったと思います。
なお、カメラメーカーな名前のヒロイン「雷花ちゃん」ですが、なぜか表紙を飾っているのは長い髪の毛によって普段は目が隠れている「小港さん」→間違いでした。詳しくはコメント参照のこと080627。
(※カバー裏とあとがきには登場してましたが、中表紙とか折り返しなどカラー部分は別の方だったりして)
あちらが、本編とは異なる雰囲気だったので、期待して購入した方は肩透かしをくらうかもしれません
単行本の表題も「胎内温度」ですし、いかにも勘違いされそうですね。
ちょっと注意が必要です。

長谷川さん、宮田さん
※左:長谷川さん、右:宮田さん。
 やっぱり巫女さんはいいですねー。注目は「宮田さん」の変わりっぷり。

注目の巫女漫画「神様アリガトォ!!」
タイプの異なる複数の巫女さんと次々にえっちする、趣味である方にはたまらない作品です。
アルバイト巫女班長の「長谷川」さん、外人「アニタ」ちゃん、「豊島」さん、そして一応正ヒロインであるらしい眼鏡の「宮田」さん…と、こちらもページの割にキャラが多く、描ききれていない印象でした。
ただ逆に考えれば、短編であるにも関わらず、個性的な面々など長編漫画の1エピソードのような風情であり、贅沢な感じとも言えるでしょう。
どうせ連続にするなら、「オニのパンツは…」よりもこちらの方が良かったなぁ…。

西園寺お嬢様
※おまけ:西園寺お嬢様。

ほか、途中までのブラックさが一瞬でコメディーになってしまう「西園寺」お嬢様、「未来」さんの短編「リング。」、姉弟の近親モノ「親しき仲にも…」などが収録されております。

強い線・曲線のごっちゃりとした絵柄。
ページ全体は黒が目立ち、こってり濃い目であるため、現在の流行りな漫画とはやや異なっております。
頬の付近がぽってりして、腰回りなどスタイルがふっくらとしたキャラ絵です。
安定しておりますが癖もあるので、好みはきっちり分かれると思います。
幸いなことに、裏表紙にも漫画カットがありますんで、そちらを参考にするのが良いでしょう。

以上、「おおとりりゅうじ」センセは絵も漫画も巧い方ですが、お話についてはもう少し軽くした方が良いように感じました。
頭の中で世界がぱーっと広がり過ぎて、ページが追い付かなくなっているのかもしれませんね。

胎内温度

胎内温度 (セラフィンコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ コスプレ

■のぼせてみてよ! (天崎かんな)

★まんがデーター [5/15]
・絵   :■■□□□
・話   :□□□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 銭湯・ラブコメ
・おまけ: あとがき。
・その他: 9話収録(全て表題作)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「天崎かんな(てんざき・かんな)」センセの「のぼせてみてよ!」です。

ブログを書くにあたって、名前を検索してみました。
ざーっとしか確認してませんが、センセの漫画はおおむね評価が高く、やや驚きました。
よくこちらのブログでは、合う・合わないというのを書きますが、まさに今回もそんなんを感じた次第です。
世間の評価はともかく、ひでるさんは完全にだめな部類でした。
だいたい、絵柄が好きな感じでなかったんですが、これは↓表紙・裏表紙の段階で見抜けなかった自分が悪い。

面接の3名
※面接の3名です。
 主要キャラより、1話だけの「小梅」さんのが良かったなぁ。

最近こんなんを多く書いているような気がしますが、合わないひでるさんが正直な感想を書かせて頂きます。
きっと、好ましくない文面になるでしょう。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
またまた例によって、そういった文がお嫌いな方はこちらにて御遠慮くださいませ。



…いきますよ?

「天崎かんな」センセの最新刊「のぼせてみてよ!」は一般系なえっち漫画です。
全て表題作の長編漫画になっておりました。

祖父「辰ジイ」こと「辰雄」さんの経営する老舗銭湯「さくら湯」
創業70年という年代そのままにさびれ、経営も荒れた状態なのでした。
それを手伝っていた主人公にして孫の「佐倉タカマサ」は、いきなり旅に出てしまった「辰ジイ」に代わり、「さくら湯」を続けることとなったのです。
しかも、”祖父に誘われてバイトの面接に来た”という三名の女性、前職フードルな「トモ」さん、美大生「檜ヒナコ」ちゃん、経理を担当していた元OL「葛西千夏」さん…らが、玄関に集合していたのでした…。
だいたいそんなお話。

まー、お約束満載なゆるゆる話ですねー。
銭湯という舞台設定、突如現れた女子三人と同居する流れに至るまで、何の捻りなくそのまんまな描かれ方。
それを悪いとは言いませんが、食傷気味なこともあって冒頭からげんなり。
また、そうした流れは最後に至るまで変わらず、えっちエピソードを交ぜただけの、だらーっと流したような漫画でした。
果たして長編にする意味があったのか、疑問ですね。

さらに、最終的に結ばれる相手が当初から決まっているのはいいですが、まるで揉めたりなんだりもしない、ゆるーい展開なの。
他の女性とも普通にえっちしてしまう「タカマサくん」は、さして怒られたりもせず、誘惑されたりもせず…まぁ、変にモテるよりは現実的か。
とにかく、センセ自身に関係を散らかす気がないのでしょう、1話の段階で結末が透けて見えるような、薄っぺらぺらなストーリーでした。
こうした漫画では正ヒロインとなかなか結ばれないのがセオリーなんですが、こちらでは「千夏さん」とあっさり1話目からえっちしてます。
しかも、素振りだけは恥ずかしそうでありながら、しっかり回数はトップなのでした。
そういう、好きな娘とうんぬん~という達成感もないのです。

元OL「葛西千夏」、美大生「檜ヒナコ」
※左:元OL「葛西千夏」、右:美大生「檜ヒナコ」
 うーん、「千夏さん」ねぇ……、一応「ヒナコちゃん」はロリ担当らしいんですが……。

ひでるさんほかサラリーマンな方々は、おそらく漫画中に描かれている、ヌルい仕事っぷりがこれまた気になることでしょう。
面接ということで、三名が訪れた際に「タカマサくん」は…
誰を選んでもカドが立つしな~~~
…とか悩んでおりました。
こいつ、どんな感覚で仕事してるんでしょうか?
下手をすれば祖父の後を受けて即経営をする立場でありながら、しかもいい大人が「何を訳の分からんこと言っているんだ」とか思いました
だいたい、それぞれが自己紹介した時点で”やっと普通の人”という言葉もありました。
どう見ても、選ぶべき人材は決定しているでしょう?分かっているでしょう?
カドとか言っている経営状態じゃーないでしょうに。

祖父「辰ジイ」は「全員採用」とか言っておりましたが、とりあえずでも3名のバイトを雇い続ける余裕はあるんでしょうか?
この方、消耗品の価格で大赤字になっていたりするハチャメチャ経営らしいので、仕方ないのか。
(※バイト3名については、若い夫婦に後を継がせたいという目的で、「辰ジイ」が結婚相手を見つくろってきた、と考えるのでいいのかな)
マッサージでちょっと客増えたという描写はあったものの、”いきなり話題になって人が次々と押し寄せる”みたいな、読む気がなくなるような超・脱力展開がなかったのは幸いでした。

強い線でのもっさりとした絵柄。
ページ全体については、ごっちゃりと濃厚気味です。
ながーい頭部・輪郭のキャラ絵はデフォルメ具合が目立ち、巨大な胸を支える身体が細い、微妙なバランス。
そんな感じに癖がありましたが、逆に言えばしっかりと個性が確立され、安定感がありました
↓表紙・裏表紙を比べ、うまく判断して下さい。

絵柄からお話まで、合わない漫画というのはどうにもなりません。
良く言えば、”何も考えずに楽しめる漫画”というところかな。

のぼせてみてよ!

のぼせてみてよ! (アクションコミックス) (アクションコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ サラリーマン

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。