FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■琥珀ノ華 (中村卯月)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 色々・えっち
・おまけ: 
・その他: 短編×10(うち「琥珀ノ華」×4、
      「キャンパス性春CLUB」×5)
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中村卯月(なかむら・うずき)」センセの「琥珀ノ華 コハクノハナ」です。

うん、やっぱり見送った方がよかったですかねー。
こちらの「中村卯月」センセ、確か「カナリアは籠の中」だったっけな…ちょっと忘れましたが。
どうにも肌に合わなかった記憶があったのです。
今回はだいぶ久しぶりということと、↓表紙の和風な雰囲気に惹かれたので、手をのばしてみたのでした。

こちらの「琥珀ノ華 コハクノハナ」は表題作の中編、オムニバス「キャンパス性春CLUB」などに短編という構成。
せめてメイン「琥珀ノ華」の比率がもう少し多かったら良かったんですが、統一感の無い内容でコレという売りにも欠け、パラエティ豊かではあるものの、収録作品の時期も開きがあって、いかにも寄せ集めな単行本でした。
大きな絵柄の変化はありませんが、大半が昔のものでしたから、ちょっと気をつけた方がいいです。

小春・露久.jpg
※奉公人左:「小春さん」、右:「露久さん」です。
 こう見えて実はモノ凄い過去を持っている二人です。…それだけに残念。

元号が少し変わった頃の日本。
女主人「つくも」さんは「小春」ちゃん、金髪のロシア人「露久」さんという二人を奉公人として「珈琲商館」という、現代で言う喫茶店を経営しておりました。
大まかにはそんなん。…それだけ。

昨日も同じようなこと書いていましたが、もさもさっとした薄暗いお話。
設定とかノスタルジーな雰囲気は非常に良かったんですが、これは短すぎ。
まるで、長編の中のサブエピソードをブツ切りにして、抜き出したような感じでした。
個々はそれなりですが流れなく、全体通してみるとお寒い漫画
そんなんなので、何を描きたかったのか、さっぱりわかりません
うーん、これはセンセ自身が満足はしていないのではないでしょうか?
期待ハズレでした。

オムニバス「キャンパス性春CLUB」はタイトルそのまま学園モノなえっち漫画。
さしたるお話ではないですが、えっち目的の短編で無難な出来栄えでしょう。
成年系でないだけえっちシーンは少なく控えめですから、お話に頑張ってほしかったところですが。無理か。

なぎさちゃん・美沙さん.jpg
※左:水着の「なぎさちゃん」、右:弓道部の「美沙さん」です。
 中学生時代の水着だそうです。うーん、えろいなぁ。

弓道部の先輩「美沙」さんとの「一射必中」は袴姿でえっちするという、そうした趣味な方にはまさに必中なお話。
ちゃんと弓道のフリが最後に活かされているのがポイントですか。
路電同好会なーんていう、”キャンパス内で電車が走る”という、妙な設定の「桃色脱線電車」
どうせなら凛々しい車掌姿の「上田まりか」さんのえっちを期待したんですが、担当は可愛らしい「樹沙那」ちゃんでした。
ただ、シチュエーションは電車内痴漢なので、そんなん好みなら良いでしょう。
(※ちゃんと合意の上というオチですよ。現実でやらんように)
ぱっつん・ぱっつんなスクール水着を着る、ロリ大学生「なぎさ」ちゃんの「泳げないマーメイド」
ねぇ、このままプールサイドまで連れてって
だって。いいですよーどこへでも(笑)
顔はあんなんですが、胸が豊かな「なぎさちゃん」のスクール水着はやばいですね。
それがため、ラストでのビキニ姿がちょっとつまらなく見えてしまいました。

濃い線でややごっちゃりとした描き方。
ただ、ページでは白の比率が高く、すっきり・こざっぱりとした印象でした。
リアルな人物絵は、可愛らしさと色っぽさがあり、魅力的なもの。
多少バランス悪いコマもありましたが、妥協の範囲内でしょう。
なお、描かれた時期に差があるものの、さほど大きな変化ではありません。
そうですね…新しくなるにつれ、雰囲気がシャープになっているように見えました。

固定の絵は好きな部類の「中村卯月」センセなんですけれど、漫画はどうにも駄目。合わない。
お話が弱いこともあるんですが、”漫画の巧さ”がなんだかイマイチなんですよねぇ…。

…と、昨日に続いてやや厳しい批評となってしまいました。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
嘘・偽り無く、ひでるの正直な感想を書かせて頂いておりますので。

琥珀ノ華.jpg

琥珀ノ華 (アクションコミックス)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 喫茶店 ノスタルジー スクール水着

■憧れの女 (藤原俊一)

★まんがデーター [5/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■□□□□
・独創性:■□□□□
・属性 : 成年・漫画サークル
・おまけ: あとがき、加筆・修正。
・その他: 全て表題作(全11話)
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「藤原俊一(ふじわら・しゅんいち)」センセの「憧れの女【あこがれのひと】」です。

「藤原俊一」センセの漫画は以前紹介しました、「アフタースクール」に続く2冊目。
↓表紙はまだいいんですが、裏表紙や中扉などのカラー絵はぺたーっとして、まだ塗りかけみたいな風情。
購買意欲が削がれますね。
また、もくじ・折り返しは同一イラストだったりして、がっかりな出来栄え。
さらに、漫画は成年系では珍しい、まるまる1冊分の長編ということで期待したんですが……長編の必要はありません。
前回も似たようなこと書きましたが、ゆるーいお話
残念ながら、この程度なら短編のがまだマシかもしれません。

観崎さおり.jpg
※ヒロイン「観崎さおり」さんです。
 コスプレを二つほど。ちなみに、浮気がバレるシーンも肌寒いものでした。

大学生「小早川圭」は見学に立ち寄った「オタク文化研究会」にて、高校時代に陸上部での先輩「観崎さおり」さんと再会しました。
当時補欠だった「圭くん」にとって、インターハイで活躍する「さおりさん」は憧れの人。
しばらく見ないうちに大人っぽくなっていた「さおりさん」と、ちょっとした切っ掛けから告白、えっちしてしまうのでした。
とっかかりはそんなん。

ちょっと水がこぼれた程度のことで、いきなり「憧れの人」に襲い掛かってしまう、ある意味積極的、ある意味動物的(笑)な「圭くん」
そうして、いままで憧れていた人と何の障害もなく、あっさり恋人関係になってしまうのでした。
こうした漫画では実に珍しい展開ですね。
そのため、タイトルとは裏腹に正ヒロインを追っかけ、ラブラブになるのは目的でありませんでした。
うーん…えっちが必須な成年漫画ですが、いきなり二人を恋人関係にまでしなくても色々やり方があると思うんだけれど……。
なお、眼鏡の先輩「優」さん、デビューしている同人誌仲間の「大嶋朝霞」さんなど、こうした漫画のセオリー通り周囲には不思議と女の子が集まり、しっかり浮気もしていました。

また、所属するサークルが↑そんなん、二人ともそういう趣味なので、漫画描いたり同人誌売ったりという描写がありますが、業界ネタという訳でなく、漫画で身を立てようという話でもありません
(※同人誌をそれなりに売っており、ラストで”絵が巧くなった”と評価される「さおりさん」に対し、主人公の「圭くん」は物語中盤になってようやく「シナリオ入門」を読み、後半に書いたシナリオもどきは大笑いされてしまう始末)
要するに、作り手の苦労とか、成長話でもないのです。
付け加えるなら、コメディーでもえっちに傾倒していくものでもありませんでした。

前述した”ゆるーいお話”というのはそういったことで、その場しのぎみたいな弱いエピソードな集大成。
何をしたいのかまったく伝わってきません。
まるまる1冊使っている割にお話は曖昧で薄っぺら、キャラもぼやぼやしたもので、魅力ありませんでした。

大嶋朝霞.jpg
※ひでるさんのお気に入り「大嶋朝霞」さんです。
 参考にするため、服を脱ぎだす娘さんです。ぜひアシスタントしたいですね(笑)

だいたい、えっちっぽいコスプレのまま拉致され、見知らぬ男らに囲まれた「さおりさん」が聞かれた自分の名前を普通に答えているところが物凄く変。
後半でのシーンもそうですが、そういった関係にまっったく抵抗しない娘さんなの。
(※1話目での「圭くん」の時のがよっぽど抵抗していました。…かと言って、彼に開発されてしまった風でもないですし)
なんだかよく分かりませんね。
ひでるさんとしては、”漫画の参考のため”単に近くにいた「圭くん」をえっち相手としている「朝霞さん」の方がよっぽどキャラとしてしっかりしていると思いました。
そーんな娘が、だんだん感情を持ってしまうというのが、パターンとしては好きなんですが…。これはベタですけれどね。

やや強い線のあっさり絵。
たまに乱れたり、バランスが悪くなる箇所が見受けられました。
ある程度期間があるのか、全体的に作画は不安定気味。
白黒絵のが味ありますけれど、おおむね↓表紙での判断で問題ないでしょう。

とりあえず、これだけ単行本が発売されている現在ではオススメするような内容でありません。
絵柄が好みであれば、見てみるのもいいでしょう。
…以上、感じたそのままを書かせて頂きました。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。

憧れの女 (富士美コミックス)憧れの女 (富士美コミックス)
(2007/08/25)
藤原 俊一

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コスプレ コメディー ラブコメ

■ようこそ。若葉荘へ (阿倍野ちゃこ)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : コメディーラブコメ
・おまけ: あとがき漫画、カバー裏に別絵。
・その他: カラー(8P)、現在は1巻まで発売。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「阿倍野ちゃこ(あべの・ちゃこ)」センセの「ようこそ。若葉荘へ 1巻」です。

ちょっと変わった、可愛らしいお名前の「阿倍野ちゃこ」センセ。
ひでるさんはつい先ほどまで初見だと思っていましたが、先ほどアマゾンで検索してみたら、実は読んでいました。
日に日に脳が衰えております(笑)
まぁ、だいぶ昔のことでしたしね。
天原魔法骨董店」って、確か…おばあちゃんが若くて骨董品店でどうのって漫画でしたが、だいぶ昔のこと。
こちら「ようこそ。若葉荘へ 1巻」はだいたい5冊目くらいの単行本。
別の「sola」って漫画と同時発売で、そちらは原作があるみたいなので見送りました。
…ごめんなさい、なんか失敗しそうな予感がしたので。

東宮院華憐と若葉荘3美少女.jpg
※左:お嬢様「東宮院華憐さん」、右:若葉荘3美少女、です。
 こうした漫画のセオリーですが、皆で海にいくエピソードもありました。

そんな訳で、「ようこそ。若葉荘へ 1巻」です。
センセ自らあとがきで書かれててましたが、「めぞん一刻/高橋留美子」に代表される、集団共同生活漫画。
似た傾向のものは多く、「木漏れ日の並木道/結城みつる」、「すとれんじマンション/影崎由那」、「ワンダフルデイズ/荒井チェリー」など、こちらで紹介した単行本だけでも結構な数がありますね。

主人公「沢井健太郎」はこの春から高校一年生。
去年の文化祭で見かけた「東宮院華憐(とうぐういん・かれん)」ちゃんに会うため、わざわざ学校を選び、無事同じクラスにまでなったんですが…なんと、彼女は”休学中”だったのです。
初登校でがっかりしたのも束の間、住むアパート「若葉荘」では学院の女子らによって管理人代理とさせられ、奴隷のようにコキ使われていたのでした。
耐えかねて飛び出した「健太郎くん」ですが、なんとそのアパート管理人として、憧れの「華憐ちゃん」が着任したのです。
だいたいそんなん。

七夕シーン.jpg
※おまけ:七夕エピソードでの「華憐ちゃん」
 なんか良かったので掲載。

ラブコメ、というよりコメディー色の強い本単行本。
登場するキャラはタイプの異なる女の子ばかりで、絵柄の雰囲気もあってどこぞのゲームみたいでした。
お話としては、どう流れていくのか、方向性をもう少ししっかりした方がいいと思いましたけれど…コメディーだからいいのか。

ややボロそうですが、フロ・トイレが共同で、住人(同クラス女子)の下着の洗濯まで頼まれるというのは、趣向が合う方なら夢のような生活でしょう(笑)
これが成年漫画ならまた違った展開にもっていけそうなんですが、残念ながらこちらは一般モノ。
だいたい、現実ってーのはお話にあったように辛いものなんですよねぇ。

荒井アラシ.jpg
※実は幼馴染み「荒井アラシ」さん眼鏡なしバージョンです。
 いや、眼鏡でも十分かわいいと思いますが…。

学院を選んだ理由もそうですが、ラブレターやプレゼントなど、かなり積極的に動く主人公の「健太郎くん」
どうにもタイミングが悪かったりして失敗するものの、これなら彼女もいつかできるでしょう。
なにしろ、”若葉荘3美少女”なんて冠をもつ、スポーツ少女「加藤ひなた」、エッセイ漫画家「仲本樹」、眼鏡の優等生「荒井アラシ」らが同居してますからね。
ぽやぽやっと独特なテンポの本命ヒロイン「華憐ちゃん」はともかく、そのうち誰かしらには引っかかると思います。
とりあえずカラーページにて、”眼鏡外すと美少女”という、いかにも漫画っぽい設定だけでなく、実は「健太郎くん」と幼馴染み(※ついでに初恋相手)らしい「アラシさん」が出ずっぱりでした。
1,2話の雰囲気ではそれら後付けっぽい気もしましたが、性格的にはその「アラシさん」のがいじり甲斐あってお話になりやすく、魅力的でした。
逆に「華憐ちゃん」は正統派で目立つ欠点がないだけ、やや没個性かな。
もう少し掘り下げてあげた方がいいかもしれませんねー。

すっきり丁寧な細線での綺麗な絵柄。
比較的かっちり気味な髪の毛と縦長な人物絵が特徴です。
さきほど「ゲームみたい」とか書きましたが、いかにもそんな雰囲気のある、清楚な美少女キャラ絵。
全体安定感があり、コメディーでの崩し絵も自然でした。
カラーでも雰囲気変化しませんので、↓表紙の判断で問題ありません。
そう、「七瀬葵」センセとか近いですかね。
そんな系統がお好みなら、オススメです。

ようこそ。若葉荘へ.jpg

ようこそ。若葉荘へ 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー ラブコメ 骨董品 ラブレター

■ナマイキ盛り! (神楽雄隆丸)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・女性主導
・おまけ: 巻末あとがき漫画「惰性天国」、
      カバー裏にまえがき。
・その他: 短編×9。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「神楽雄隆丸(かぐら・ゆたかまる)」センセの「ナマイキ盛り!」です。

「神楽雄隆丸」で「かぐらゆたかまる」ですか…どういった理由か知りませんが、硬いお名前ですね。
この「神楽雄隆丸」センセはざっと調べたところ、活躍が長期になりつつある中堅漫画家さん。
とりあえずひでるさんは初見で名前も記憶ありませんでした。

おそらくは7冊目の単行本となる、「ナマイキ盛り!」
あまり得意でない(←わかんないけど)のかカラー原稿の収録はなく、ぼんやりとした雰囲気のイマイチな↓表紙。
実際の白黒絵のが断然巧い方なので、そちらで判断してしまうのは早計でしょう。

お姉ちゃんと有賀さん.jpg
※左:お姉さん、右:有賀さん、です。
 うっわーこれまたスゴい水着です。なにげに「有賀さん」の台詞もまた…。

まえがきにもありましたが、単行本の方向性を示すような「2面性症候群」
優等生でクラスの中心的存在の「有賀」さん。
同クラスで悪いほうに目立つ「浜岸」くんは無人の更衣室に進入するんですが、なんと憧れの「有賀さん」に見つかってしまうのです。
しかし、「有賀さん」の反応に驚かされることとなるのでした。

いわゆる女の子の逆襲パターン漫画です。
外面良いほうが何かと効率的でしょ
そんなことを言うヒロイン「有賀さん」は現実的で、実にしたたかなイマドキの娘さん。
終始彼女にリードされてしまう「浜岸くん」がなんだか気の毒なくらいでした。
ラストページでも、ちょっと夢見たような彼を思い切りボコっており、ある程度パターンではありましたが、えっちで単純にラブラブ発展しないところなど、納得なお話でした。
だいたい、全体的にも単行本はこんなんで、女性が先導するえっち単行本なのね。

森永さん.jpg
※おまけ:森永さん。
 この話は…↓そういった感じで、受け取り方によってはちょっと心温まるお話なの。

表紙を飾る「森永」さんの登場話「グリコと森永」
お菓子メーカーみたいなタイトルですが、そういったものは一切関係なく。
のぞきと独りプレイが趣味な「グリコ」こと「古栗」くん。
そして、援助交際が学校で噂となっている「森永さん」の両者は学校内で孤立しているがため、いつしか体育館裏での顔なじみとなっていました。
今では生々しいことまで話すようになったその二人は、ひょんな流れでえっちすることとなったのでした…。

…うん、これは結構深い漫画ですね。
具体的な言葉はありませんがこっそりラブコメちっくなお話で、ひでるさん好きな「活線挿抜/鬼ノ仁」と似た雰囲気。
この二人が近づくこととなった切っ掛け、えっちまでのお互いの関係などの設定が非常に良かったです。
「森永さん」の目前でも平気でしてしまう「古栗くん」はある意味スゴイ人。
そりゃー、一度は「どんなもんか?」って思うもんでしょう。ええ。
…………たぶん(笑)
こちらの漫画はラストも素敵で、期待通りの終わり方でした。
とりあえずは彼ぶっとばされ続けるんでしょうが、ゆっくり関係も変わっていくのでしょう。お幸せに。
ひでるさん的には前述したように好きなパターンで、今回収録された漫画での秀逸。

月山先生と看護婦さん.jpg
※左:月山先生、右:看護婦さん、です。
 この二人もお気に入り。お二人ともよいものをお持ちでした。

ほか、父親と息子を相手にする義母「法子」さんの「COOK IN」
こちらは微妙な義理の関係でのえっちで、やっぱり「法子さん」が家庭を含めて主導権を握るお話。
眼鏡で独特な言い回しが可愛い、担任「月山」先生の「誤解訪問」
よくある流れのラブコメちっく話ですが、「月山先生」のキャラが良かったです。
無表情で独特なテンションの看護婦さんでの「めでぃコミュ」
仕事ですから」という言葉で機械的に処理しようとするものの、途中から感情が混じってしまう展開なの。その際の看護婦さんがちょっと恥ずかしそうにするあたりがイイですねー。
…と、だいたいそんなんで、連続話のない短編集でした。
お話とえっちのバランスがなかなか良く、次はちょっとした連続話とか中編なども見てみたいですね。

しっかり濃い目の線とスッキリ見やすい絵柄。
可愛らしくもデフォルメされすぎない適度な人物絵と、大きく弾力ありそな胸が特徴です。
ここだけの話、消しも弱めでした…大丈夫かなぁ。
作画の安定感は抜群。
特にキャラに関しては表情豊かで、魅力的に描かれていました。
反面、背景などはあっさりでしたけれど。
見分けについては前述しましたが、↓表紙にいくらかプラス判断で大丈夫です。
なんだろ、”えっち漫画の巧い方”という印象でした。
いいんではないでしょうか。

ナマイキ盛り! (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)ナマイキ盛り! (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
(2007/08/25)
神楽 雄隆丸

商品詳細を見る


※アマゾンさんの画像がよくなかったので、別に用意してみました。
ナマイキ盛り!.jpg


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 援助交際 ラブコメ

■ハミ+コン! (ほんだありま)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ゲーム・コメディー
・おまけ: あとがき「あり+まん!通信」、
      カバー裏に「ゲーテク攻略」、
      加筆・修正あり。
・その他: 全7話。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほんだありま」センセの「ハミ+コン!」です。

うーん、悪くはないんですが…どうせ「ほんだありま」センセが描かれるなら、色っぽい系統のが読者のニーズに合っていると思うんですけれど。
まぁ、そういったのはたまに描かれているらしい「ヤングコミック」とかに期待しましょう。
そんな訳で、今回は「ほんだありま」センセのおそらく3冊目となる単行本「ハミ+コン!」です。

ヴァリスネタ.jpg
※おまけ・某夢幻戦士ネタです。

ごく簡単にはゲームパロディー漫画で…なんだっけなー、ちょっと似た漫画があったんですが、結局ソレがなんだったか思い出せませんでした。
(※描いた方もうっかり忘れてしまいました。たしか「吉崎観音」センセだと記憶していたんですが…)
そちらはシリアスでしたが、こちらはコメディー
とりあえず、ファミコン時代のゲームネタが基本ですが、パソコンゲーム・アニメなどのパロディーも含まれておりますので、楽しむには幅広い知識が必要です。
(※しっかりネタについて記述されているところもあれば、そっと流されているのもあります)
そのため、敷居は高めな漫画となっております。

★余談:
 ちなみに、↓表紙のヒロイン「任常示らら」の着るビキニ鎧は懐かしい「マドゥーラの翼」の「ルシア」さんかと思いましたが…さきほど検索したら全然違っておりました。あはは、ここまでえろくはなかったですね~(笑)

任常示ららと夢川すずめ.jpg
※左:「任常示ららさん」、右:「夢川すずめさん」です。
 パンチラ程度ですが、けっこう頻繁にこうしたシーンがある本作品でした。

自らのことを”総オタ”と言う主人公「天堂総一郎」はゲームから漫画までのマニア。
幼馴染み「任常示らら」とは親同士の決めた許婚なんですが、そうした趣味のため関係はイマイチなの。
そんなある日、「滅びの刻印」と自分で勝手に名づけていた左手のあざが反応し、ゲ界のカリスマ機神・ハミコン神「ハミ」が出現したのでした。
あざは機神の力を引き出す者の証だったのです。
と、大雑把にはそんなお話。

「ゲー魂」を消費して神通力「ゲーテク」を使うことができる「ハミさん」
ですが、それがイマイチ役に立たないということで、こうした漫画のセオリーに反して彼女と契約しない「総一郎くん」
バカっぽく見えますが頭は決して悪くなく、契約を迫る「ハミさん」を目前にして多機種の存在を巧みに聞き出したりしていました。
そんな訳で、他に最新機「ウィ」とか、ドリドリキャストの機神「リーマン」なんてのも登場してます。
もう少し長く続いたなら、他にも色々キャラが登場したのかもしれませんねー。

全体では、ごちゃごちゃっとした、テンション高めなコメディー漫画でした。
隠された各ネタの元タイトルを読み解いて懐かしむというのが、楽しみ方として最も正解でしょう。

任常示ららさんはツンデレ.jpg
※ツンデレ属性「任常示ららさん」です。
 「ばかぁ!」という台詞で「総一郎くん」ぞくぞくしてますが、その気持ちわかるなぁ。

また、描かれているのが「ほんだありま」センセということで、帯にもあったようにちょっぴりえっち
ツインテールでツンデレ(※声は「田村ゆかり」似らしい)、そして幼馴染みでお嬢様という、色々要素の詰め込まれたヒロイン「ららさん」は脱がされたりパンチラしたりと大活躍しております。
ほか、眼鏡の教師「佐藤米子」、ツンデレ好きな任常示家のメイド「忍野シノビ」、ロングヘアの転校生「夢川すずめ」など、お色気要因は多く、色気皆無な「ハミさん」を補って、画面を華やかにしていました。
もう少しそっち方面に傾倒していたのがひでるさんとしては良かったんですが…残念ながら非常にソフト(←当たり前か)
一応、掲載時よりもパンチラが増えているそうです

極細線での丁寧な絵柄。
トーン処理が多く、大きめの目が特徴。
コメディーということもあってページはごっちゃりと忙しく、比較的文字も多め。
濃淡バランスは良く、全体的な安定感もありました。
ほぼカラーでも変化ありませんので、↓表紙で判断していいでしょう。
たまのセクシーシーンはさすがに「ほんだありま」センセというレベル高いもの。
こういうのも悪くないですが、やっぱりそちらをメインとした漫画を見たいです。

ハミ+コン!.jpg

ハミ+コン! (電撃コミックス)

★「ほんだありま」センセの漫画紹介記事
運んでニャンコ!
オトメ御開帳] ※成年

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー パンチラ ツインテール パロディー 田村ゆかり 吉崎観音 ファミコン ロングヘア

■乙女の恋愛情事 (木谷椎)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・少女
・おまけ: あとがき。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×8。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木谷椎(きや・しい)」センセの「乙女の恋愛情事」です。

いやぁ、なんだかそれ系雑誌の表紙みたいですねー。
こちらの「木谷椎」センセ、昔は「CSY」という名乗りで、一部ではまだその名前で活動しているそうでした。
今回の「乙女の恋愛情事」は初単行本で、イラストのみでの仕事もされているだけあって白黒・カラーともに巧く、漫画も短編ながらしっかりとしたお話でなかなか良かったです。

和美・成美姉妹と白河梨香.jpg
※左:「和美・成美姉妹」、右:「白河梨香さん」です。
 右の「梨香さん」が表紙の娘さんなんですが…はじめはこーんな表情。

成績は優秀ながら、どことなく寂しい瞳のヒロイン「白河梨香」さん。
ある日、彼女が襲われていたところを主人公の教師は間一髪で助けることに成功しました。
せっかく助けていただいたんですが。私、あのままで良かったんですよ
がしかし、そんなことを言った「梨香さん」の見せた袋の中には!!
と、そんなお話が「憂等生」

↓表紙・裏表紙を飾っているのが、こちらの「梨香さん」ですね。
この表情を見る限り、漫画の後日談というところなのでしょう。
可愛らしい絵柄ながら、なにげに重たい話。
途中での「優しくしないで…」という「梨香さん」の台詞が全てを物語っているのです。
切っ掛けはあんなんでしたが、ラスト1ページを見る限り幸せそうで、なんだか変にホッとしました。
良かったですね、「梨香さん」……と同時に…先生、羨ましいですよっ!

範囲のやたら小さい水着が嬉しい「真夏の好奇心!」
叔父さんらの旅行がため、一人残った従妹の「有紗」ちゃんの面倒を見ることとなった主人公。
電車で5時間かけ、海が近い田舎へと来たのでした。
そこで6年ぶりに会った「有紗ちゃん」は想像と違って成長著しく…。

有紗ちゃん.jpg
※おまけ:「有紗ちゃん」です。
 どーしてもこの絵を隣で比較したかったんですよー。

「木谷椎」センセはカラーイラストが非常に巧く、冒頭カラーページから続く本作は王道えっち展開でさしたる話でないものの、ツインテールとビキニな「有紗ちゃん」のビジュアル楽しい漫画です。
先頭に収録されているだけあって、単行本世界へ引き込むにぴったりな漫画でした。
「有紗ちゃん」の6年前から変化した、むちむちな外観をご堪能くださいませ。

いかにも「智沢渚優」センセが得意そうな展開の「禁親初夜」
仕事に、家族に頑張ってきたものの、結局離婚して一人となってしまった父親。
ある夜、成長して元妻「沙耶香」さんに似てきた娘、「彩香」さんが訪ねてきました。
久しぶり親子の時間を満喫する二人。
しかし、父は鞄からあるモノを発見し、これまでの想いを爆発させてしまうのでした。

うーん、そうした立場ではないですが、なにげにこのお父さんの気持ちがわかるなー、なんて。
また、この時に娘「彩香さん」の真意を計れないというのが、いかにも父親ですね。
近親モノは他に兄妹の「ふたりの境界」というのも収録されていましたが、どちらも静かな雰囲気で良い出来栄えでした。
なにせ、ひでるさんこんなん好きなのでー。
うふふ…。

彩香さんとつぐみちゃん.jpg
※左:娘「彩香さん」、右:妹「つぐみちゃん」です。
 近親キャラ2名ですね。どちらも機嫌悪そうですが…シマパンが眩しいですよ。

年齢が違っても顔はそっくりという「和美」さん、「成美」ちゃん姉妹の「はじめて★バイト体験」
…まぁ、現実にはぜっったいに有り得ないお話なんですが、正体バレていながらもお仕事頑張る「成美ちゃん」がイイ娘でなんだかほんわか(笑)
さて、「成美ちゃん」はいくつだったのでしょう?
ほか、コスプレイヤー「絵美」さんの色々なコスプレが堪能できる「レイヤーcomplex」、お団子髪の「詩穂」ちゃんが図書室でされてしまう「妄想小説」、ちょっと特殊なところで、夢魔のアクション漫画「EMPIREO」などがありました。

緩やかな細線のメリハリ強い、若干濃い目な絵柄。
描き込みされたページは特にえっちシーンでごっちゃり気味でした。
乱れ広がる髪と、かまぼこのようなぽかんとした口、素朴な雰囲気のある、優しい人物絵ですね。
ややタッチの違う漫画もありましたが、初単行本にしては安定しております。
先ほども書きましたが、綺麗な色使いのカラー絵も非常に巧い方で、白黒絵とさほど変化しないので↓表紙での判断で問題ありません。

全体的にシリアスな話が多いものの、アクション描写からコメディーの崩しまで巧みな「木谷椎」センセ。
こりゃー次回作も楽しみです。要チェックですよ!

乙女の恋愛情事.jpg

乙女の恋愛情事 (いずみコミックス)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ツインテール コスプレイヤー コスプレ アクション コメディー

■リトル・マイ・メイド 初回限定版 (ちゃたろー)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・メイド
・おまけ: あとがき。
・その他: 収録「リトル・マイ・メイド」
     「ビキニの玲奈先生プラス文宏くんの夢」、
     カラー(4P)、
     初回限定版はドラマCD「奈美SOS!景子編」つき。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ちゃたろー」センセの「リトル・マイ・メイド 初回限定版」です。

当初は購入する気なかったんですが…店頭にてふと見かけると、なにやら見慣れた文字が……。
不朽の名作『奈美SOS!景子編』をドラマCD化!
うお、やばっ!!そりゃー買わないと!…ってな感じ。
みごと、おまけに釣り上げられてしまいました。
こちらの「奈美SOS!」シリーズが人気あるのは知っていましたが、ついにドラマCDですか。
すごいなぁ、おめでとうございます。

しかし、単行本は「リトル・マイ・メイド」だったりして、「奈美SOS!」とは全然関係ないのです(笑)
またもう一つ面白いのが、内容は単行本の「奈美SOS!景子&千里編」から「景子さん」エピソードの抜粋なのでした。
そのため、タイトルにもなっているメイン主人公「奈美さん」はまるで登場しないという、これまた可笑しなパターン。
…まぁ、登場キャラではこちらの眼鏡・姉属性な「景子さん」がイチオシなので、ひでるさんは願ったり叶ったりなんですけれど。

奈美SOS! 景子&千里編 奈美SOS! 景子&千里編
ちゃたろー (2003/06/25)
富士美出版
この商品の詳細を見る
※漫画はコレです。オススメですよ!

さて、CDはおまけながらなかなか豪華なキャストで、「目白景子:さくらはづき」、「目白毅(弟ね):山口勝平」、「少年淫魔:大花どん」という顔ぶれでした。
すごいですね、「山口勝平」さん参加ですよ。こんな(←失礼)ドラマCDに。
お話の流れは、戦闘1→弟とお風呂→朝弟を起こす→淫魔と会話→戦闘2→淫魔と温泉→えっち→戦闘3→弟とお風呂、というように、単行本とほぼ同じ。
ドラマCDということで状況説明的な台詞(←これがベタなのがやや気になりました)が付加され、時間の関係で多少端折っているところがありました。
単行本お持ちの方は、ぜひ見ながら聞いてみて下さい。
出来栄えは…まぁ、こんなもんでしょうか。
際立って良くも悪くもなく。
うーん、「景子さん」はもう少し知的な声のが良かったかも、というのがひでるの感想でした。

ロボ子さんと藤波しずかさん.jpg
※左:「ロボ子さん」、右:「藤波しずかさん」です。
 お約束でしっかりパンチラしてますね。

…と、このままだと”ドラマCD紹介ブログ”になってしまうので、本編をば。
収録は表題の「リトル・マイ・メイド」全編と、「ビキニの玲奈先生プラス文宏くんの夢」が1話という長編構成。
とりあえず↓表紙が問題なければ、楽しめるでしょう。

憧れの「藤波しずか」さんに告白した主人公「小林」くん。
残念ながらフラれてしまうんですが、傷心の彼に生物教師「佐々尾」が声をかけてくるのです。
”人型ロボットの研究開発”を進めていた彼はメイドタイプな人型アンドロイドの世話を「小林」くんに頼むのですが…。
その姿は、モデルにしたという「藤波しずか」さんに瓜二つなのでした。
だいたいそんなお話。

「藤波しずか」さんとそっくりなアンドロイドの正体はなんなのか!?

ロボ子さんです.jpg
※正体不明なアンドロイドの「ロボ子さん」なの。
 …うーん、こうして見ると人間そのものにしか考えられないのですが…。

ややありがちなドンデン返しパターンではありましたが、後半で衝撃の展開を見せる良作品。
(※るるる、ひでるさんは想像的中してしまいましたよー)
アンドロイド(※漫画中では「ロボ子」と呼ばれていました)の彼女にはわざわざ羞恥心が設定されているということで、従順に従うものの反応はほぼ人間のよう。
毎度のことながら、9割近くがえろえろページです。
これだけえっちシーンがありながら、お話もそれなりにちゃーんとしているのは、さすがに「ちゃたろー」センセ。
あまり後味が良い話ではありませんが、非常に読み応えのある長編でした。
お楽しみ下さいませ。

どうした!?.jpg
※おまけ:どうしたんだ?!

また、玲奈先生シリーズの短編「ビキニの玲奈先生プラス文宏くんの夢」が短編として収録されています。
こちらはさしたるストーリーではないですが、同タイトルの単行本を揃えている方は見逃せない1話でしょう。

濃い線のごっちゃり、もっさりとした絵柄。
とかく迫力のある描写が特徴です。
服を着ていてもえろいという、やたらと肉感的でありながらも可愛らしい、目立つ女性キャラが素敵なの。
ちなみに男性キャラも色々な意味で目につく描き方をされている(笑)ので、こちらは逆にややウザめ。
(↑そこがイイのかもしれませんが)
男女どちらも癖が非常に強く、好き嫌いがはっきり分裂するタイプですね。
とりあえず↓表紙、裏表紙での判断で問題ありません。
なお、時期は「リトル・マイ・メイド」が2003年頃、「ビキニの玲奈先生プラス文宏くんの夢」が2000年頃。
ちょっと昔ですが修正もされているらしく、またもともと絵はえっちで巧い方なので、問題ないでしょう。

特に下着などの服、胸からお尻までのむちむち感はベテラン「ちゃたろー」センセの真骨頂。
今回は、久しぶりにこの文言で終わりたいと思います。

えろいっ。


リトル・マイ・メイド 初回限定版 (TENMAコミックス)リトル・マイ・メイド 初回限定版 (TENMAコミックス)
(2007/08/25)
ちゃたろー

商品詳細を見る


★玲奈先生シリーズ
ビキニの玲奈先生 (富士美コミックス) / ちゃたろー

ぼくの玲奈先生 (ベルコミックス)ぼくの玲奈先生 (ベルコミックス)
(2005/10/25)
ちゃたろー

商品詳細を見る


ぼくの玲奈先生 また会おうね編 (ベルコミックス)ぼくの玲奈先生 また会おうね編 (ベルコミックス)
(2006/04/27)
ちゃたろー

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 山口勝平 さくらはづき パンチラ アンドロイド

■看護師早乙女綾子の日常 (こがわまさよし)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ナース・巨乳
・おまけ: 
・その他: 初単行本(?)、全て表題作(10話+特別編)、
      現在は1巻まで発売。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「こがわまさよし」センセの「看護師早乙女綾子の日常」です。

こちらは↓表紙…ではなく、裏表紙に釣り上げられてしまいました。
いやー、ああいう図はたまんなくいいですね。
着ているユニフォームがコレまた縦じまのストライプなため、大きさが視覚化されていて素敵なの。
下の状況が微妙にわかんないのが残念ですが、こちらもナマ足全開。
いやぁ、こういうのは本当にいいもんですねぇ。

これだ!.jpg
※これだ!

さて、そんな訳でヒロイン「早乙女綾子」さんの胸が切っ掛けとなった「こがわまさよし」センセの初単行本(たぶん)
巨乳ナースな漫画「看護師早乙女綾子の日常」です。

初出を見てみると、1話目は「漫画アクションピザッツ増刊梅谷ケンヂ傑作集」となっていました。
想像ですが、そちらで「看護師早乙女綾子の日常」を短編として描かれ、好評だったのでこうして連載となった…のかな?
その「梅谷ケンヂ」センセと言えば、こちらのブログでも2度ほど紹介しました「ひとみのカルテ」がありますね。
あちらは女医でしたが、こちらは看護師(←この単語は「フライトアテンダント」と同じでなんだか盛り上がりませんねぇ)ということで、立場が違いますが、基本的には同じ病院系えっち漫画。
お話・絵柄のどちらも、「ひとみのカルテ」とか好きな方にはそれなりにハマると思います。

新旧比較・綾子さん.jpg
※ヒロイン「早乙女綾子さん」です。
 新旧比較です。左が1話目、右が8話目の「綾子さん」なの。 

ヒロイン「早乙女綾子」さんは真面目で優しい巨乳のナース。
事故で利き腕を痛め、プロへの道が閉ざされて自暴自棄になっていた「一文字要」を立ち直らせたことから、二人は付き合うようになっていたのでした。
ある日、その「要くん」がプロ野球のドラフトで指名され…。
だいたいそんなん。
さて、先ほどから上げている「ひとみのカルテ梅谷ケンヂ」とは明らかに異なる点が二つ。

 1)漫画は時間の流れがはっきりとした連続話。

 2)ヒロイン「早乙女綾子さん」は「要くん」と付き合っている。
   「要くん」がプロ野球選手で記者会見の際にマスコミに取り囲まれ、大々的に報道されている。

特にポイントとなるのは「2」の方で、「瞳先生」は女医という立場であちこち出かける機会が多く、また当初は特定の彼氏がいなかったこともあって、色々なシチュエーションで様々な男性とえっちしている、されているのです。
一方、こちらの「綾子さん」は1話目から特定の彼氏がいる設定で、えっち相手は「要くん」のみ。
しかも、「綾子さん」・「要くん」のどちらも他人とほいほいえっちするような軽い性格でなく、またマスコミ報道がされている二人の関係は周知の事実。
浮気は無論のこと、他の男女が近寄る隙間がないんですね。
それがため、どうしてもえっちシーンの変化が乏しく、単調になりがちなのでした。
一応、1、2話は白衣姿、3話は裸エプロン、5,6話はメイド・コスプレと色々がんばっておりましたけれど。
そんな訳で、唐突に後半から登場する眼鏡で巨乳な後輩「葛城綾子」さんの存在は、お話に変化をつけるためでしょうねぇ…。
こちらは宜しくない男性と付き合っており、”伝説のLカップ”と言われる胸を駆使してややハード目なえっちを繰り広げておりました。

大きさ比較・W綾子さん.jpg
※左:伝説のLカップ「葛城綾子」、右:Iカップ「早乙女綾子」
 大きさ比較ですよ。…どちらがお好みですか?

うーん、色っぽい系統を主眼とするなら、ヒロイン「綾子さん」の性格とラブラブな関係はえっちバリエーションを狭める余計なもの。
それならストーリーはどうかと言うと、成年指定でないもののえっち重視のお話はさしたる内容でもなく。
やや微妙な漫画ですね(笑)
とりあえずは続くようなので続きを見守りたいと思いますが、定期連載ではない様子ですから次巻はいつになることやら…。

強い線で濃い目な絵柄。
写実に近いながらも漫画っぽい可愛らしさのあるキャラで、比較対象としている「梅谷ケンヂ」センセよりも癖が弱く万人向け。
なお、収録されている10話なんですが、冒頭1話が2003年1月で、収録ラストの10話目が2007年5月でした。
時期としてはものすごーく離れているんですが、さらさらっと読んでも気になりません。
交互に見比べてみると、そうですね…線がシャープですっきりとし、キャラもすっと大人っぽさが増したような印象。
全体的に作画は安定していると思います。

読者の期待通りに進むにしろ、裏切るにしろ、広げずらい話に見えます。
ため、「こちらは1巻で完結したほうが良いかなー」というのがひでるさんの正直な感想。
成年指定で違う話とか見てみたいです。

看護師早乙女綾子の日常.jpg

看護師早乙女綾子の日常 (アクションコミックス) / こがわ まさよし

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コスプレ アクションピザッツ フライトアテンダント プロ野球

■えっちぃカンジ (上乃龍也)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・年上女性
・おまけ: あとがき漫画、描き下ろし・4コマ、
      カバー裏に作品解説・表紙ボツ絵。
・その他: カラー(4P)、短編×8
     (うち「絡まるキオク」×2、「いいわけ~シリーズ」×2)
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上乃龍也(かみの・りゅーや)」センセの「えっちぃカンジ」です。

いやー、なんとなく購入した「上乃龍也」センセ通算3冊目の単行本なんですが…コレはなにげにオススメな漫画でした。
昨日の漫画では表紙買いで失敗しましたが、今回のは正解。
系統としては、高校教師、家庭教師、そして近所のお姉さんという、年上女性が目立つ構成。
そんな中…実はこっそり↓表紙を飾っている「チカ」ちゃんの「いいわけ電車」、「いいわけエレベーター」が単行本中で秀逸なのでした。
(※ちなみに、本編の彼女は↓表紙よりも幼い感じです。↓そんなん)

チカちゃんとタエちゃん.jpg
左:眼鏡の「チカちゃん」、右:新体操の「タエちゃん」です。
 そうなんだ、ガラス張りなんだ!!どうする!?

通学の電車にて小説を読むのが趣味という大人しめな「チカちゃん」はある日電車で痴漢に遭ってしまいます。
どうにも堪らなくなり、思わず電車を降りた「チカちゃん」はそこでお金を受け取っていたことに気付くのでした。
そして、次の日も同じ車両の同じ場所に乗ってしまうのです…。

えー、とりあえず書いておきますが”痴漢は犯罪”です。これはあくまでも漫画だっちゅー前提でお願いします。
いい年齢した大人がくだらんことで迷惑かけないように。

と、そんな訳で、いかにも文学系優等生ちっくなメガネっ娘「チカちゃん」がえっちの虜となるお話。
だんだんとエスカレートしていく内容なんですが、途中友達「タエ」ちゃんの目前でされてしまう描写のところが良かったです。
なにげにシマパンでしたし。(※車内なので完全には脱がさないのよ)
でも、本貸し合うような近しい友人関係なのに、まるで察せない「タエちゃん」はどうかなー。
次の漫画での反応を見る限り、まだそういった判断ができないほど純粋なのかもしれませんけどね。
そんな「タエちゃん」は部活で新体操をやっている、ショートカットスポーツ少女
この娘が全面ガラス張りなエレベーター内にてえっちされてしまうお話が、続く「いいわけエレベーター」なのでした。
こーれが、またイイ!!(笑)
下にギャラリーが集まっているという中で、貧乳・関西弁な彼女が”新体操経験者ならでは”というプレイを見せてくれておりました。
電車モノが続かなかったこともあり、冒頭時点では「あーどうかなー」ってな思いを払拭してくれます。
なにげに「タエちゃん」もシマパン着用で、制服ともども完全に脱がさないところ、続く4コマの出来栄えなど、非常に良いものでした。
いやー、ぜひこの二人で続きが見たいですね。
いいもんはいい。

ミツバちゃんとアカネさん.jpg
※左:彼女「ミツバちゃん」、右:家庭教師「アカネさん」です。
 こちらの「ミツバちゃん」、可愛らしい顔してなかなか立派なのでした。

現在彼女と過去の女性が静かな対立を見せる緊張感ある良作品「絡まるキオク」は前編、後編の連続話。
可愛らしい「ミツバ」ちゃんと付き合う「ヨシト」くん。
もう2ヵ月にもなって頻繁にえっちするような間柄なのですが、どことなく満たされない「ヨシトくん」と必要以上の満足を感じている「ミツバちゃん」には微妙な感覚のズレが生じていたのでした。
そしてある日、その原因であろう女性「島谷アカネ」がデート中の二人の前に顔を見せたのです。

単行本にてあちこち出番がある「ミツバちゃん」はカラー部分を占めているものの、実際のメインヒロインは家庭教師だった「アカネさん」
現在のえっちシーンから、家庭教師時代のやや若い頃でのえっち、そして「ミツバちゃん」目前にてテーブル下での攻防など、終始出ずっぱりなのでした。
この漫画での最大のヤマ場が、そちらのテーブル下攻防シーン付近。
普段ぽやぽやーっとした「ミツバちゃん」なんですが、明らかに挑発されていることを悟って「ヨシトくん」のシャツをきゅっと掴む描写があるんですね
あー、この行動はいいなー、可愛いなぁ。
そうした、女同士の静かな対決に妙なくらいハマりました。素敵でした(笑)
こちらも、続く4コマで「ミツバちゃん」のフォローがありましたが、天然・純粋な彼女がいいなぁ。いぢめたくなりますね。
作品解説によると続きもありそうなので、期待して待つこととしましょう。
次は複数に発展しそうですよー

兄妹でHはしちゃいけないんだよ
…に対する返答がタイトルとなっている、「よそはよそ うちはうち」
いや、それとは違うと思うのだけれど。
お話はラブえっちな近親モノで目新しさはありませんが、こちらのヒロイン「ハルカ」ちゃんの思考が独特なの。
そんなんが見所でした。

ミツバちゃん・パニック!.jpg
※おまけ:ミツバちゃん・パニック!

強い細線での、洗練された今風のデジタル絵。
(※描き下ろしの4コマはアナログだと思いますが、こちらだともう少し大人しい雰囲気でした)
黒と灰色のぽってりとした色使いでやや濃い目です。
ややざっくりな印象で、バランス悪く見えるコマもありました。
縦長な楕円が重なっているような目と流したような鼻、そしてぽってりとした唇が特徴。
ロリっぽさと色っぽさの加減が実に微妙な、独特の人物絵でした。
癖は強い方なので、ちょっと気をつけて下さい。
↓表紙は…やや違うので判断には難しいんですよねー。
白黒絵はもう少しこってりしていると思います。

えっちぃカンジ (いずみコミックス)えっちぃカンジ (いずみコミックス)
(2007/08/18)
上乃 龍也

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スポーツ少女 ショートカット

■人妻裸エプロン (つくしの真琴)

★まんがデーター [1/15]
・絵   :■□□□□
・話   :□□□□□
・独創性:□□□□□
・属性 : 成年・えっち
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9(うち「ひかるさんにピュッ!」×6)
     ※すみません、最後まで読んでおりません。
     
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「つくしの真琴(つくしのまこと)」センセの「人妻裸エプロン」です。

昨日は表紙がいかんと書きましたが、今回は表紙のが良かったというお話です。
…えーこのブログでは気をつけて下さいとかなんとか、よく絵柄との相性について書かせて頂いておりますが、まさに今回がソレ。
ひでるさん、だいたい合わない絵でも無理やりに読み進めるんですが、ここまで駄目なのは久しぶりです。
えー、「ふらっとらいん♪/ででん♪」以来かもしれません。

とりあえず……こりゃあ 詐欺 ちっくですね。

↓表紙カラー絵は別人が描いたのか、塗った方がやたら巧いのか知りませんが、本編とは似ても似つかないもの。
「つくしの真琴」センセは長年活躍されていたベテランさんなんですが、カタイ表情と古い絵柄が悪い意味での昭和ちっくなの。
特に単行本のほとんどを占めている連続話「ひかるさんにピュッ!」は描かれた時期もだいぶ前らしく、ただでさえ合わなかったひでるさんはその途中から放棄してしまいました。
ああ、やっちまいました。

沙織さんと里美さん.jpg
※左:裸エプロンの「沙織さん」、右:コスプレの「里美さん」です。
 こちらの絵はまだいいんですが…。

また、こちらの単行本は「人妻裸エプロン」なんてタイトルなんですが、↑上記ご覧の通り女子高生「牧瀬ひかる」さんの中編ががメインで、裸エプロンなお話は2話のみ。
だいたい「ひかるさん」はエプロン姿がないどころか人妻ですらありませんからね。
…そんな内容でこのタイトルはどうですか?

それぞれのストーリーはどこぞのAVみたいな展開。
そうですねぇ…裸エプロンではなかったですが、欲求不満な人妻「里美」さんがイメクラのバイトで開眼するという、「いめちぇんパートタイマー」がそれなりな出来栄え。
ナースやバニーなコスプレで登場し、本来はイカンのになんやーかんやーとえっちしてしまう、成年漫画なお話です。
結果的に夫婦関係は良い方向へ進み(…今後バレなければね)、小遣いもらえて欲求不満も解消と、イイコトづくめなのでした。
あとは先の中編を含め、大したものではなかったかなー。
裸エプロンで出迎えたのが旦那でなく宅配ピザ屋で、そのままえっちというパターンとか…うわあ(笑)
途中からどーでも良くなってしまいましたよ。

牧瀬ひかる.jpg
※「牧瀬ひかる」さん。
 こちらが…ねぇ。

とりあえず、ひでるさんみたいに、↓表紙に釣られるのはくれぐれもご用心。
あとは、↑上に掲載した画像とか、ネットで調べてからの判断をおすすめします。
(※センセ、およびファンの方、ごめんなさい。正直な感想を書かせて頂きました)

人妻 裸エプロン (プラザコミックス) 人妻 裸エプロン (プラザコミックス)
つくしの真琴 (2007/07/20)
蒼竜社
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コスプレ

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。