FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■森乃さんちの婿事情 (前田千石)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 親子・許婚
・おまけ: あとがき。
・その他: 全て表題作。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「前田千石(まえだ・せんごく)」センセの「森乃さんちの婿事情」です。

きました、人妻モノでは「艶々」センセと双璧でないか?
…と、ひでるが勝手に思っている、「前田千石」センセの最新単行本です。
色っぽい女性を素敵に見せるのがお得意なお二方ですが、「艶々」センセのがえっち色が強いのに対し、「前田千石」センセのは読みやすく、万人向けと言えるでしょう。
成年指定ではありませんから、買い易いってな利点もありますねぇ。

杏子さんと椿さん.jpg
※左:ひでるお気に入り「杏子さん」、右:「椿さん」です。
 毎回同じこと書いている気がしますが、お二人とも大きいですねー。

そんな訳で今回は「アクションピザッツ」にて連載された「森乃さんちの婿事情」です。
こちらはちょうど1冊におさまった、全て表題作という長編漫画なのでした。
「前田千石」センセの長期連載はこれが「初」ですから、注目ですよ!!

突然、”お見合いをする”と娘(次女)「森乃楓」ちゃんに言い出した、母「森乃杏子」さん。
その相手は、なんとお隣に住む幼馴染み「陽」くんでして、意識はしていたもののまだその考えでなかった「楓ちゃん」は大いに困惑。
しかし、「陽くん」と見合いをしていたのは、実は付き添いだと思っていた母「杏子さん」だったのです!
さらに、その話を聞きつけた長女「火野椿」さんも娘「梓」ちゃんを連れて現在の夫と離婚し、「陽くん」争奪戦に名乗りを上げたのでした。
大まかにはそんなお話。

「何それ!来る物は拒まず?据え膳?今どきエロゲーの主人公だってもーちょっとマシな自己主張してるわよっ!!」

…途中にありました、そんな「楓ちゃん」の台詞が楽しい、ハーレム状態ラブコメです。
↓表紙の”ややタイプの異なる3名を揃えましたよー”ってな雰囲気とか、これは本気で偶然なんですが、昨日紹介の「Sweet3Room/すめらぎ琥珀」と人物関係が異なるだけのよく似たタイプ。
こちらの漫画は描くのが「前田千石」センセということで、3名のうち2人が元人妻というドキドキ構成なんですね。

杏子さんと楓さん.jpg
左:ひでるお気に入り「杏子さん」、右:「楓さん」です。
 脱げなくなっちゃった、とのこと。そりゃ、そんだけ大きいですからねぇ。

とりあえず物語の発端であり、残る2名の母でもある「杏子さん」が素敵。
泣いたり笑ったり嫉妬したり、コロコロ変化する表情が楽しく、実年齢では最年長ながら最も精神年齢が低そうな天然系。
なにしろ、当時6歳の男の子(※これが「陽くん」)と結婚の約束をし、それがため旦那とあっさり離婚していたという、凄まじい経歴の持ち主なのです。
なかなか素直になれない突っ込み役で、それがため正ヒロインっぽい扱い(=えっち回数少ない)である、お話中で唯一の常識人、次女「楓ちゃん」がそんな事実にショックを受けるのも無理からぬこと(笑)

しかし、それに対する言葉、
…私は何もふざけてなんかいないわ
とか、珍しく真顔になった「杏子さん」に言われておりました。
そうなんです。
漫画は基本的にコメディーちっくで、夜這いしてみたり、見合い設定してみたりと母「杏子さん」の暴走っぷりが目立ちますが、それら行動は全て本気・本心からのことなんですね。
…アンタさぁ、杏子たちの言っていること、どっかで冗談か何かだと思ってんじゃない?
実母「水樹」さんもそう諭しておりましたが、何かしらの思惑あって、ではないんですね。
たまーにある真剣な会話が軽めなお話をよく引き締めておりました。
成年指定のないえっち漫画として、高ランクな出来栄えでしょう。

親子コスプレ.jpg
※おまけ:「椿さん」と娘「梓ちゃん」の親子コスプレです。

バニーとかナースとか、親子コスプレで街を普通に歩く「椿さん」もスゴかったですが、この漫画はやっぱり「杏子さん」ですかねー。
あーんな母親は見るに楽しいでしょうが、身内はさぞかし大変でしょう。
スクール水着とか、裸エプロンなんて格好もしてましたが…。

しっかりとした強い線のバランスが良い絵柄。
暗めの話ではやたら重厚なんですが、こうしたコメディーになると、実にポップでキュートな感じになります。
どちらのタイプも非常に巧い漫画家さんですね。
人物絵は可愛くも色っぽく、癖は弱いのであまり好き嫌いが出ない絵だと思います。
今回はえっちシーンがやや弱めでしたが、お話は楽しかったですし、コスプレとか色々シチュエーションも豊富だったのでいいでしょう。

さて、こちらのラストのお話はひでる的にやや意外な展開で、ちょっとびっくりしました。
「なるほど、そうきたかー」というモノですよ。
うん、いいんじゃないでしょうか。
オススメです。

森乃さんちの婿事情.jpg

森乃さんちの婿事情 / 前田 千石

★「前田千石」センセの漫画紹介記事
 [ミセスリンク] 
 [奥さんバレー
 [アネモエ 姉萌え

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : アクションピザッツ コスプレ ラブコメ コメディー スクール水着

■Sweet3Room (すめらぎ琥珀)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・三姉妹
・おまけ: あとがき、作品解説、ゲストページ、
      4コマ漫画「真実」、
      カバー裏に別絵「薫子」「こなみ」
・その他: カラー(8P)、全て表題作。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「すめらぎ琥珀(すめらぎ・こはく)」センセの「SweetRoom スイート3ルーム」です。

ゲーム原画やイラストなどでも活躍されている、「すめらぎ琥珀」センセ。
正直なところ単行本「MILK-ISM」はあまりピンとこなかったんですが、いかにも”タイプの違う3名を揃えましたよー”ってな↓表紙のこちらはどんなもんでしょう?
…そんなんが購入の動機でした。
実はショートカットが可愛らしい「結ちゃん」の直撃を受けた(笑)、ってのもありますが、それはそれ。

そんな訳で、単行本まるまる使った長編「Sweet3Room スイート3ルーム」です。
主人公「公彦」くんは小学生の頃に田舎の家で遊んでいた「七津薫子」「七津結」「七津こなみ」という三姉妹と結婚の約束をしていました。
ある日、突然に家まで押しかけてきたその3名と同居することとなるのでした。
ごくごく簡単ですが、そんなお話。

結ちゃんと薫子さん.jpg
※左:ひでるお気に入り「結ちゃん」、右:長女「薫子さん」です。
 か、「薫子さん」はでかいですねー。でも、なにげに「結ちゃん」も大きいのです。

あとがきでちゃんと確認できましたが、いかにも「短編が好評なため連載にしました」という雰囲気の1話目。
ちょっと雰囲気違ってましたね。
しかし、あーんな3姉妹に囲まれていながら、続く2話目でえっちするのがまっったく関係ない図書館司書の「瀬賀真澄」さんというところがポイント。
いかにも偶然という流れではありましたが、「公彦くん」やりちんなんだから…。

漫画としては↓表紙から想像できるそのまんまなハーレム状態ラブコメです。
それなりにストーリーはありましたが、まぁ…なんだ。
そう大したものではありません。
ただ、成年漫画としてはこれくらい軽い感覚の方がいいのかもしれません。
なにしろ、「結ちゃん」とはいきなりスクール水着でえっちしたり、電車内では「薫子さん」といたしてしまったり、「こなみちゃん」はしまパンだったり、ラストはお約束そのまま全員だったり…そんなんね。
(※ちなみに、ラスト付近の「結ちゃん」もしまパン、カバー裏の「こなみちゃん」もしまパンでした。お好きな方はぜひどうぞ)
ストーリーとか無視しても、もう少し様々なシチュエーションで各ヒロインとのえっちがあっても良かったように思います。
特にロリ属性な方は「こなみちゃん」の出番がやたら少ないので要注意。

結ちゃんとこなみちゃん.jpg
※左:ひでるお気に入り「結ちゃん」、右:三女「こなみちゃん」です。
 でました、スクール水着にしまパンです。こんなんはいかにも成年漫画ですねー。

ラブえっち系なので、えっちシーンも実に爽やか(?)
全体的に読みやすく、慣れていない方には最適な単行本かもしれません。
キャッツ・アイ」などで、三姉妹という単語にピンと反応してしまう方は特にオススメです。

丁寧繊細な線で、全体的にはすっきり系。
ページは白が強く、えっちが盛り上がってくるとややごっちゃりしていました。
全体の作画としては時期が異なるのかややバラツキありましたが、絵のバランスはしっかりしており、登場キャラは皆良い雰囲気です。
↓表紙などのカラー絵は微妙にクドめなんですが、白黒絵の方がスッキリしていますね。
これら微妙に違いますので、ここはちょっと気をつけて。

なんだか「逢魔刻壱」センセと絵が似てるかなー、とか見ていたら、何気にゲストページにお名前がありました(笑)
隣に並べると全然違いましたが、どうすか?結構似ているよね?よね?

Sweet3Room (Xコミックス)Sweet3Room (Xコミックス)
(2006/10/30)
すめらぎ 琥珀

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ゲーム原画 ラブコメ ショートカット スクール水着

■狐とアトリ-武田日向短編集-(武田日向)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 色々・感動
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(4P)、短編×10
      (うち「やえかのカルテ番外編」×6、
       「狐とアトリ」×2、
       「ドールズ・ガールズ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「武田日向(たけだ・ひなた)」センセの「狐とアトリ-武田日向短編集-」です。

ひでるさんが日向でスグに思い出すのはやっぱり「稍日向」センセ。
まぁ、全然関係ないんですが。
こちらの「武田日向」センセはどこだっけかな…忘れました。
どっかで名前聞いたことありましたが、今回が初見です。
こちらの単行本の↓表紙は神社の(※袴と鳥居ね)が映えていいですねー。
落ち着きつつも派手(←なんのこっちゃ)で、かつ凝った構図でよく目立っておりました。
そんな訳で、ひでるさん思わず表紙買いしてしまった「狐とアトリ-武田日向短編集-」なのです。

実と叶、そして狐.jpg
※左:「ドールズ・ガールズ」の二人、右:かわいい子狐、です。
 左の二人はこのまんま百合漫画になりそうです。

内容は連続の小ストーリーが2話とセンセの代表作「やえかのカルテ」の番外編を収録した構成です。
短編2話が非常に良い話なのでオススメしたいところなんですけれど…とりあえず↓そちら。

こちらが購入で最大のポイントかもしれません、という6話ほど収録された「やえかのカルテ番外編」
それぞれキャラのちょっとした場面を小出しにしたような漫画で、6話とは言いながらも全部で28ページ程度なものです。
また、番外編の番外編で大まかな説明がなされており、簡単ではありますが扉絵でキャラ紹介もされているという親切設定。
そんな訳で、敷居は高くなく、まったく知らない方でもそれなりには楽しめるようになっておりました。
…が。
やっぱりお話を知っている方向けですかねぇ。
雰囲気はだいたいつかめるので、これを切っ掛けに全巻揃えてみるのもいいかもしれません。

女の子二人の友情話「ドールズ・ガールズ」
入院している大人しい女の子、「実」ちゃん。
ある日、同年代の派手目な女の子「夏川叶」さんと相部屋となりました。
積極的な「叶さん」に次第に心をひらき、打ち解けて、友人となった「実ちゃん」は…。
だいたいそんな感じね。

もう少し色っぽく(?)すると、そのまんま百合姫コミックス状態な漫画です。
相反した性格の二人はこうしたエピソードでごく基本的なキャラ設定。
なんとなく先が読めるものの、これは期待通りなままで正解なのでしょう。
一気にテンションが上がり、思わず手に力が入るラストへの流れには誰もが引き込まれることでしょう。…たぶん。
番外編「叶の友達」も良かったです。
このまま二人幸せになってくれれば素敵ですねー。

姉上とアトリさん.jpg
※姉上とアトリさん、どっきりシーンです。
 あれだけ可愛らしい絵が、これだけ緊張感あるものになるのでした。すごいですね。

表題作「狐とアトリ」がこれまた非常に良い漫画。
これだけでも買う価値があるでしょう。
たとえ1話でも、いいもんはいい。
姉と共に山奥にある社を守る巫女の「アトリ」さん。
人に化け、幻術を擁する狐に対して良くない感情を持っているんですが、実は…。
ごく簡単ですが、そんなお話。

社の光景などもしっかりと描かれ、まるでどこぞの有名アニメ映画のような幻想的な雰囲気です。
こちらは先がまったく読めないミステリアスなお話でした。
物語の鍵である「狐」は恐ろしくも可愛らしく、また一癖ある登場人物らの真実には驚かされることでしょう。
詳細を書いてしまうともったいないのでこれまでにしますが、ラストはぐっときますよ。
…泣くかも。
(※実際泣いている、涙腺「徳光和夫」状態のひでるさん。てへ☆)
番外編のショート漫画、「嘘と小判」がこれまたちょっとイイ話。
これって後日談ですよね?
とりあえずお二人変わらず仲良さそうで安心しました。

くっきりとした細線の丁寧な絵柄。
人物から背景まであちこちしっかり描き込まれており、全体黒が強いながらも見栄え良く、疲れません。
クドくない程度の可愛らしいバランスが絶妙で、万人に好まれると思います。
イラストでも仕事をされている非常に絵の巧い方なので、↓表紙が気に入れば問題ないでしょう。
本編カラーページ部分も絶妙でしたよー。

こりゃー次は長編が見たい…って、「やえかのカルテ」を買い揃えたくなるような良作品群でした。
関係ないですが、カバーもいい肌触りです。

狐とアトリ.jpg

狐とアトリ―武田日向短編集 / 武田 日向

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 百合姫コミックス 百合漫画 徳光和夫

■淫凛女教師 (天乃一水)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・教師
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
      カバー裏にゲストイラスト。
・その他: カラー(10P)、短編×9(うち「堕天師」×6)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「天乃一水(あまの・かずみ)」センセの「淫凛女教師」です。

いやいや、こりゃーいい↓表紙ですね。
ひでるさんは懐かしのPCゲームELYSION~永遠のサンクチュアリ~」の「クリス」かと思いましたよ!
まぁ、「横田守」さんでないのは知っているんですけれど。
そんな訳で、ほとんど確認もせず表紙買いした「天乃一水」センセ2冊目の単行本「淫凛女教師」です。

絵里姉ちゃんと柚原先生.jpg
※左:「絵里姉ちゃん」、右:「柚原先生」です。
 あれ、「柚原先生」はなにゆえセーラー服なんでしょう(笑)

こちらは中編の連続ストーリー「堕天師」をメインとした構成で、ほか3話の短編が収録されております。
とりあえず、短編の「ラフレシア」から。
教師「柚原綾音」は同僚教師「三間坂」と結婚を控えておりました。
しかし、写真部だった頃に撮影した過去の写真を発見され、それをネタにえっちなことをされてしまうのです。
当初は困惑し、嫌がっていた「柚原先生」なんですが…。
と、まぁだいたいそんなお話。

におい、が一つのポイントになった話。
正直、そういった趣味のないひでるさん的にはあまり参加したくないプレイですねー。…いや、本当に。
話の基本としてはスタンダードなえっち漫画なんですが、↑それがため、フェチっぽい、めたくたえっちなものとなっておりました。
私は脅されて命令に従っているに過ぎないんだから
なーんて、お約束な定番台詞もありましたよ。
登場する「柚原先生」は横長の細い眼鏡が素敵な、いかにもという女教師キャラでした。
ビジュアルとしては最高です。
若干髪型は違ってますが、ひでるさんを釣り上げた↓表紙の方が「柚原先生」ですよね。
(※余談ですが、中表紙はより過激さが増した、リンク絵でした。ひゃっほー)
内容がためか、えっちシーンでは胸よりも下半身に集中しておりました。

明川先生と中森先生.jpg
※左:「明川和」、右:「中森秋穂」、両先生です。
 実は合気道三段でやたらめったら強い「明川先生」なのでした。いいなぁ。

単行本のメイン「堕天師」は全六話の中編。
タイトルそのまま、教師だけでなくシスターまで登場する、コスプレちっくな要素もあるお話です。
女なんて所詮道具だ
主人公「菱川師童」くんはそんなことを言うお兄さん「菱川義宣」に逆らい、まっとうな人生を歩むため国内屈指の超名門男子校「晃星学園」へ無事入学を果たしました。
入学式当日、ひょんなことから生活指導の教師「中森秋穂」に注意され、懺悔室へ二人で入ります。
すると、そこで得体の知れない何かが目覚めてしまうのでした。
…かなり大雑把ですが、そんな導入部。

あのねぇ、そちらは人里離れた山奥にある男子校でしょ?
そんなとこで、シスター姿の「中森先生」とか、「明川和」先生(※こちらは合気道なので、巫女さんみたいな服着てたりします)みたいな人を働かせてはダメだってば。
これこそ、”狼の群れに羊を一匹投げ入れる”みたいなもんでしょーに(笑)
…まぁ、実際には「師童くん」以外の男子生徒は関係なく、ほとんど登場しないんですけどね。

閉鎖された学園という舞台とか、「シーズウェア」の昔発売していたアドベンチャーゲームみたいな雰囲気です。
主人公の「師童くん」はその優しい性格もあって、えっち暴走してしまう初号機状態。
ストーリーものの成年漫画として、実に都合いい設定だと思いました。
でも、普段は大人しくて真面目っていう子のが爆発力はスゴイものですよねー、なんて。

途中まではあちこちえっちなえろえろ展開で、「この先どーなるんだ!?」ってなお話だったものが、ラスト付近から急転直下し、驚くくらい綺麗におさまっておりました。
やや駆け足でしたから、巧いかどうかは別にして。
最終的に正ヒロインの座を射止めるのが、「明川先生」ではなく「中森先生」だったことがひでるさん的には最も驚愕な事柄でした。
なお、それぞれの後日談を描いた巻中マンガ「その後の堕天使たち」は本編とは違ってコメディーちっくで、なかなか良いものでした。
うん、いいんじゃないでしょうか。

ちょっと太めで黒が強い線。
気持ち雑だったり、力が抜けたようなバランス悪い箇所もありましたが、さして問題ない程度。
線が多く、濃い目なごっちゃり系ですね。
えっちシーンは大ゴマで迫力ありますが、雰囲気から想像されるほど過激ではないと思います。
(※かと言って、爽やか系でもないんですが…)
すらりと高いお姉さん系統な人物絵です。
だいたいはその通りですが、あの↓表紙はちょっと良すぎるかもしれません。
ちょっと小さいですが、判断には裏表紙のカット絵がいいでしょう。

淫凛女教師.jpg

淫凛女教師 / 天乃 一水

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : PCゲーム セーラー服 コスプレ アドベンチャー コメディー

■乙女ケーキ (タカハシマコ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 百合・学園
・おまけ: あとがきまんが、
      描き下ろし「乙女ケーキ」
・その他: 短編×10、表紙は凸凹ある特殊仕様。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「タカハシマコ」センセの「乙女ケーキ」です。

うわうわ、何気に取ったんですが、これって「百合姫コミックス」だったんですね?!
ほぼ無意識的、一部は意識的にひでるさんが集めている、というか集まってくるという百合漫画…。
そちらに呼ばれていないでしょーけれど、完全に(※勝手に)百合世界の住人になってしまいました。
ひでるさん、より頭おかしくなっております(笑)
(※ちなみに、紹介はしてませんが「女の子は特別教」も持っていたりします)

女の子って好きなんだ.jpg
※収録「あかいかさ、しろいかさ」です。
 「女の子って好きなんだ」だって。だいぶストレートですねー。

そんなこんなで、ついこないだ「水色ノート」を紹介しましたばかりの「タカハシマコ」センセの「乙女ケーキ」です。
学校を舞台とした短編が多く、連続話は残念ながらありませんでした。
また、実にあまーいタイトルですが、漫画は結構シビアなものだったりします。

見ているこちらもイラっとくる「ショートカット
黒髪ロングな髪だった「沢ちゃん」こと「沢木」さんはある日ばっさりと髪の毛を切ってショートカットにしてしまいました。
しかし、それを見ていた「ゆかり」さんも同じように伸ばしていた髪をばっさり切ってしまったのです。
タイプの全然違う二人ですが、こうして後ろからではどちらか分からないほど似てしまうのでした。
だいたいそんなお話。

沢ちゃんと一緒にしたくてのばしていたんだからいいんだもん
そんな理由で髪の毛を切ってしまった「ゆかりさん」ですが、その後がこれまたスゴイ。
「沢木さん」が買おうと思っていた新刊を「ゆかりさん」は既に持っており、もう読み終わったということで貸そうとするんです。
口に出した訳でもなさそうですし、びっくりしたどころの騒ぎではないですよね。
そういう流れで、「沢ちゃん」の苛立つ経緯がしっかりと描かれておりました。
また、ああして一度溜めていた感情を爆発させると、話ってのは案外進むものなのかもしれません。
こないだの「春夏秋冬/蔵王大志」とか、「かしまし/桂遊生丸」でもそうでした。
結局はうまくいったようなので、まぁ結果オーライですかね。

桜の木の下の女の子と小枝子さん.jpg
※左:桜の木の下の女の子、右:「小枝子さん」です。
 サンダル間違えた、って普通気付くでしょー。

コメディータッチながら微妙な二人を描いた「サンダル」
うっかり父のサンダルにて登校した「小枝子」さん。
それをなじる「絹絵」さんですが、憧れの「吉井先生」にその一部始終を聞かれてしまうのでした。
ごく簡単ですが、そんな導入。

気軽にそんなこと言っちゃダメなのよ。
…と言うことで、表題にもなっているサンダルは漫画で気軽さの象徴。
対照的な二人の関係は優しくも切ない感覚でした。
結局あれが幸せなのかどうかは分かりませんが、最後の笑顔はいいですね。

幼稚園から続く二人の微妙な心理を描いた「みちくさ」
一見仲のいい、幼馴染みの二人。
こちらはそれぞれが抱えている内側がなんだかリアルで、ぞーっとしました。
こりゃーいい話だと思います。

表題作「乙女ケーキ」.jpg
※おまけ。表題作「乙女ケーキ」です。

あんまりしっかり書いてしまう訳にもいかないので、こんなところで。
いつもの「タカハシマコ」センセが得意なコメディーっぽさは全体的に薄く、どちらのエピソードでもちょっと張り詰めたような緊張感が漂っておりました。
こうした漫画のセオリーですが、だいたいが片想いで一方通行。
切ない感じですよ。
よくあるものとは違い、”手を出してしまいそうでやっぱり出さない”みたいな、静かなお話でした。
とりあえず、簡単に結末を想像できるような漫画とは違うので、読み手もドキドキしながら読み進められるでしょう。
逆に言えば定形フォーマットの見慣れた百合漫画(←見慣れたって…)ではありませんから、期待を裏切られる可能性もあります。
ちょっと注意ね。

ふんわりとした優しい素朴な絵柄。
全体的に白っぽいので、黒髪や制服の黒がよく目立っていい感じです。
お話と同じで絵柄も個性が非常に強いものですから、こちらも気をつけて下さい。
安定感は抜群で、こうした話との相性はなかなか良さそうです。
できれば「タカハシマコ」センセの長編とかも見てみたいですねー。


乙女ケーキ (IDコミックス 百合姫コミックス)乙女ケーキ (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2007/06/18)
タカハシ マコ

商品詳細を見る


★過去に紹介した百合姫コミックス
ストロベリーシェイクSweet/林家志弦
voiceful/ナヲコ
くちびるためいきさくらいろ/森永みるく
絶対×浪漫/むっちりむうにい
SIMOUN シムーン/速瀬羽柴
少女美学/CHI-RAN
初恋姉妹/東雲水生
春夏秋冬[限定版]/蔵王大志

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 百合姫コミックス コメディー ショートカット 百合漫画

■学校のヒミツ (いるまかみり)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・学園
・おまけ: あとがき、ゲストページ、途中に作品解説、
      カバー裏に「嗚呼!素晴らしき~」、
      コンシューマー版おくづけくん。
・その他: 初単行本、カラー(20P)、短編×9。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いるまかみり」センセの「学校のヒミツ」です。

絵はあちらこちらで何度か拝見しておりましたが、漫画はこれが初めてです。
昨日は購入する本がやたらめったら多く、実はこちら、手に取らなかったならおそらく買わなかった単行本なのでした。
…そんなんが何故手元にあるのかというと、裏表紙が原因。
是非店頭ではひっくり返して見て見て下さい。
いやぁ、あの黒ストッキング越しの下着ってのは、なにゆえあんなにえろいのか…。
困ったもんですね(笑)

こちらの「学校のヒミツ」は「いるまかみり」センセの初単行本です。
あとがきでは”10周年”とのことなので、ずいぶん時間かかりましたね。
ファンの方々にはまさに待望の1冊なのでしょう。
構成としては連続話のない短編集で、収録作品に時期の開きが大きいところがポイント。
購入を迷っている方のために全部記述してみますと、
07年 1話、06年 2話、05年 1話、99年 4話、98年 1話(※成年系のデビュー作とのこと)
…で、合計9話。
残念ながら、古い方が比率高く設定されているのです。
それらがテーマ性あるならばいいんですが、表題に影響していると思われる「ヒミツの生徒会室」、「ヒミツの美術室」、「ヒミツのお悩み相談」、「ヒミツの進路指導室」の4話以外の短編はまるで関係ない、寄せ集め収録でした。
うーん、もう少しなんとかしてほしかったですが。

琴美さんと七瀬さん.jpg
※新旧比較、07年の「琴美さん」と98年の「七瀬さん」です。
 実は「ヌードモデル」という単語で関連する両作品なのでした。でした。

ひでるさんを撃ち落した、裏表紙を飾っている「大野琴美」さんの「ヒミツの美術室」
女の子ばかりの美術部へ入部した「広瀬」くん。
部長「大野琴美さん」は集まっていた他の部員を帰すと、自らをモデルとして絵を描かせるのでした…。
だいたいそんなお話。

期待を裏切らない展開の良作品です。
丸い眼鏡とボリューム抜群である肉感的なスタイルの「琴美さん」がいかにもえっちでぐー。
ついでに、裏表紙そのまま黒ストッキングなのですよ。
服着てると隠れちゃうものね。ヌードの方がいいかしら?
とか、自ら言ってくれました。
いい先輩です。
ついでに書けば、↑ヌードとか言ってますがそれは上半身だけのことで、ストッキングと下着は着たそのままであるという、実に男性心理をよく理解していらっしゃる脱ぎ方なのでした。
いいぞ・いいぞ!!
ちなみに、そちらは最後まで脱がないままなの。
いやー、「いるまかみり」センセ最高です!
そんなこんなで、ひでるさん的にはこれだけで買ってよかったと思える1話なのでした(笑)
いいもんはいい。
(※ちなみに、絵柄も最近のものでしたよー)

カラーページもあって迫力満点な「ヒミツの生徒会室」
こちらが冒頭にチョイスされた漫画で、タイプからスタイルまで異なる、4名のカラーえっちシーンから始まる作品です。
生徒会役員の「工藤ちはや」、「橘理佳子」、「三井葵」、「高田真奈」という4名は生徒会業務の疲れを癒すため、身の回りの手伝い(※えっち含む、というかそっちがメイン)をしていたのでした。
ごく簡単にそんなお話。

”なんの躊躇もなく集団でえっちする”というのは、なんだか「あずまゆき」センセの漫画みたいですね。
それぞれ微妙に性格の違いなども感じられ、もう少し掘り下げて続けても良かったかなー、という作品。
1話だけなのが残念です。
この世界では異質ながら、実に常識的な「ちはやさん」の存在は物語のポイント。
本人は「騙された」とか言ってましたが、別に強制されたり、拘束されたりしている訳ではないですからねぇ…。
やだもう、えっちなんだからー。

杜野さんとるかちゃん.jpg
※左:ミステリアスな「杜野さん」、右:楽しい「るかちゃん」です。
 明暗両極端ですが、明らかに年下っぽい「杜野さん」のが大人っぽいという…。

ほか、ちょっとコメディー色が強い「ヒミツのお悩み相談」はあちこちで騙されている「るかちゃん」が可愛らしい作品。
切っ掛けとなる、風でスカート捲れる描写が素敵です。
確信犯な先輩と天然で明るい「るかちゃん」のキャラが楽しい漫画でした。
収録作品ではかなり異質な「Smells Like Teen Spirit」
黒が強く緊張感ある雰囲気で、こういったのもなかなか巧い漫画家さんだと思いました。
とりあえず「ひぐらしのなく頃に」好きなひでるさんとしては、登場するロリ少女の「杜野」さんがひぐらしの「梨花ちゃん」とダブって見えるんですよ。黒ワンピースとか、長めの黒髪とか、ミステリアスな感じとか。
なんかいいよね。
全体的にはややこしくなく、明るめな話の多い単行本でした。

いかにも初単行本らしく、ごく新旧収録され、作画は非常に不安定。
その頃の漫画も決して下手な訳ではないんですが、スタイル確立された最近のものと比べてしまうと、大きな落差がありました。
豊かな曲線の暖かみのある絵。
線は結構太めで、顔が広めに描かれているのが特徴でしょうか。
現在の絵であれば、↓表紙での判断で問題ありません。
時期の古い漫画については、成年単行本のお約束なのですっぱり諦めて下さい。
ちなみに、並べると全然違いますが、雰囲気としては「北原亜希」センセと似ていると思います。
なんとなくですが。

学校のヒミツ?学校のヒミツ?
(2007/06/19)
いるまかみり

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ストッキング コメディー ワンピース ミステリアス

■わすれな 2巻[完結] (ゼロの者)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・近親
・おまけ: あとがき、途中にイラスト。
・その他: 全2巻、カラー(4P)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゼロの者」センセの「わすれな 2巻[完結]」です。

前回(⇒わすれな1巻)はうっかり通常版を買ってしまいましたが…やりました、初回限定のハイグレード版をゲットしましたよ。
通常版との違いは、高画質印刷・高級用紙みたいです。
てかてかっとコートされたような、あるいはムック本のカラーページ(※カラーじゃないけど)みたいな、明らかに良い紙を使用しているので、しっかり保存しておきたい方には嬉しい仕様でしょう。
(※ちなみに、全158ページなのに持つとずっしりきます。…なんだか超合金みたい)
しかし、今回は特別に描き下ろしとかないようなので、ちょっとがっかり。
値段それなりに高いので、お財布と相談するのがいいでしょう。
今回同時ではないですが、そのうち安価な通常版が発売されると思うので。

そんなこんなで、「ゼロの者」センセ初の連続長編漫画「わすれな」は2巻で完結です。
あー、さすがに3巻までは続けられませんでしたか。
ちょっと残念な気もしますが、「もう少し見たい」ってなこのあたりが丁度いいのかもしれませんね。
そんな訳で、

えろいっ!!

…ということで。
兄「和久」くんとその妹「真央」ちゃんはなんとなく二人でえっちなことをするようになっていました。
それは「真央ちゃん」に彼氏が出来てからも、結婚してからも変わらず続いていたのです。
兄妹という関係があるものの、お互い強く惹かれあってしまった二人はどうなってしまうんでしょうか?
ごく簡単ですが、大まかにはそんなお話。

真央ちゃん、学生時代と妊婦時代.jpg
※ヒロイン「真央ちゃん」の学生時代と妊婦時代です。
 こう並べてみると、さして変わってないですね(笑)…そのお腹以外は。

二人の過去エピソードにて、”お風呂へ一緒に入っていたら母親が帰宅した”という、ドキドキシチュエーションの続きからですね。
とりあえず1巻を所持している方は、この危機にどうなってしまうのか気になっていたところでしょう。
そのあたり、冒頭カラー部分4ページほどは1巻ラスト付近のページとカブる内容で一瞬同じ使い回しみたいなんですが、比べてみるとちゃーんと構図などが変化していました
そのまま使用してる訳ではないですよ~。
さすが「エロの神」とまで書かれているだけのことはありますね!

1巻もそうでしたが、かなり積極的に誘ってくる「真央ちゃん」が可愛くもえっちでした。
母親の背中でキスしてきたりして。いやん。
その逆で、一応彼氏の「狩野」くん(※良く考えたら、名前もそんなんですねー)とのえっち後に「真央ちゃん」が見せた微妙な表情は秀逸です。
また、その後の笑顔がこれまた表面的で、ぞっとしましたよ。

なお、お兄ちゃん「和久くん」が引っ越して一人暮らしを始めてからは、二人1年半もの間接触しなかったという設定なのね。
しかし、その均衡を破って久しぶりに「真央ちゃん」がひょっこりアパートへ顔を出してくるんです。
その際に描かれた、妙なまでの緊張感が非常に良かったです。手に汗握ります。
実際そんなんないので分かんないんですけど、ああ分かるぅ、みたいな(笑)

真央ちゃん.jpg
※シリアスシーンの「真央ちゃん」です。
 心理描写も多い本作品です。ああ、泣いちゃってますよぅ。
 
そのお兄ちゃん引っ越し時、おそらく勇気を振り絞ったであろう「一緒に住まない…?」の会話シーンなど、それぞれターニングポイントでの描写は実に切なくていいですね。
そっ…かぁ………しょうがない…よ…ね…
だってー。
あー「真央ちゃん」泣かないでー。

成年漫画独特のやたらめったらえっちする兄妹漫画ではあるんですが、よくあるラブコメっぽさを排除しているため、心にずしっと重く響きます。
余計なキャラを徹底的に排除し、お兄ちゃん「和久くん」と妹「真央ちゃん」に重点を置いたのも成功の要因でしょう。
ほぼ全編がえっちシーンでして、下手すると1、2話でまとめられそうな内容を目いっぱいに引き伸ばしたような漫画です。
お話としては正直薄いですが、成年漫画としては色々なシチュエーションとか、しつこいくらいの心理描写などが逆に心地よいでしょう。

あちこちやたらパンチラしてたり、胸が透けているところが「ゼロの者」センセの特徴。
なんだか匂ってきそうな濃厚えっちが相変わらず素敵です。
えろいですねー。
細く濃いめな線で、トーンを使ったたゆんとした肉表現が巧いです。
心なしか、安定感も2巻になって増しているように感じました。
いかにもえっち系な↓表紙をそのまま判断に使って下さい。
特に裏表紙のえっち度は高いので、慣れていない方はバーコードスキャンされる時にドキドキすることでしょう。
ぜひ女性がレジ係の書店を目指して下さい(笑)
…すみません、こりゃーセクハラですか。

おまけ。
なにげに眼鏡のお母さんもちょっとイイ感じに見えたりして。
…とか思っていたら、途中のイラストページで全裸になっておられました。
なんだか「ゼロの者」センセに見透かされたみたい。るるる。

わすれな2.jpg

わすれな 2 ハイグレード版 限定版 (2) / ゼロの者

※なんの説明もないので、1巻は必須ですよん。
わすれな / ゼロの者

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 超合金 ラブコメ パンチラ バーコード

■秘密の体育用具室  (岡田正尚)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・複数
・おまけ: 描き下ろし漫画。
・その他: 短編×11。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田正尚(おかだ・まさなお)」センセの「秘密の体育用具室 」です。

ああ、「岡田正尚」センセって「出動ミニスカポリス」を連載していた方なんですね。
存在は知っていましたが、センセの漫画はこれが初見です。
アマゾンで見た感じ、成年指定の単行本としてはこちらが初なようでした。
こちら「秘密の体育用具室 」はいくつかの短編が収録された、いかにも成年系な単行本です。

綾乃さんと千秋さん.jpg
※左:学生「綾乃さん」、右:義姉「千秋さん」です。
 ちなみに、「千秋さん」は途中からちゃんと水着着てくれます。

表題の元になっているらしい、「まどか先生と秘密の体育用具室」
全校生徒憧れの「まどか」先生。
しかし、校内で一人いたしているところを盗撮され、まじめな「敬太」くんに脅されてしまうのですが…。
と、これ以上書くと、読んだ時の面白さが半減してしまうのでここまでに(笑)
ネタ的にはあちこち成年系でよくある感じなんですけれど、どう流れるのかまったく予測できない傑作。
攻める「敬太くん」から受ける「まどか先生」まで、際立った個性がために通常とは大きく異なった展開を見せておりました。
えっちながらコメディー色も強く、携帯で一気に人数を集める描写などが秀逸です。
これで終わりなワケー!?
という、途中の「まどか先生」の台詞ですが、コレ実は読者の代弁ですね。
わはははは。
その前に描かれた、目が点になった先生の顔が妙に可愛らしかったです。

同じ教師でも、こちらは家庭教師漫画の「あやねえ」
近所に住む女子大生の幼馴染み「綾音」さん。
入試を目前に控えた「健斗」くんの家庭教師として勉強を見てくれているんですが、やや天然で無防備なため、勉強どころではなくなってしまうのでした。
…ごく簡単ですが、だいたいそんなお話。
たゆんとしたスタイルの「綾音さん」は”最高の教育者”となることを夢みていながら、えろい雰囲気がためにことごとくクビになっているのでした。
どーでもいいことですが、スゴイ経歴。
家庭教師えっち系と言えば「家庭教師Miki梅谷ケンヂ」などが有名なんですが、当人が↑そこまで真剣に考えているのはなかなか珍しいですね。
王道パターンになっちゃいますが、どうせならそれを逆手に取って勉強させればいいのに…。
そうすれば案外手早く理想像に近づくかもしれません。
あるいは、女の子教えれば良かったかもしれませんねぇ。

家庭教師「綾音さん」.jpg
※家庭教師「綾音さん」です。
 ああ、こりゃー勉強してる場合じゃないですね。

ほか、「7時43分の王子様」は電車が舞台の団体えっち。
憧れの彼によって解放されたのにも関わらず、結局は続いてしまうところがポイントです。作品中に名前はなかったですが、この方いい人ですね。
プロの企業スパイ「裕香」さんが活躍する「FMX-6000」
スイッチ一つで意中の異性からモテモテになる”発明品によって、色々されてしまうお話。
これ、たまたま女性がスイッチ入れたため作品のようなヤラれ装置となっていましたが、逆に考えると男性が使っていたら触れ込み通りな感じですよね。
効果は6時間も持続するんですが、途中解除は不可なんだって。
…なんで??フツーなら解除機能くらいつけるもんでしょーに!
兄夫婦とその妹による「兄嫁シスターズ」も通常とはやや違ったえっち展開の漫画でした。
そんなこんなで、全体的にお姉さん系の単行本。
王道展開っぽくも微妙にズレた「岡田正尚」センセのやや突飛な発想によって、ラストが想像できない良作品群となっております。
ちょっと慣れた人のが楽しめるかもしれませんね。

太めの黒が強い線でごっちゃり濃い目の絵柄。
男女どちらも色気のあるべっとりとしたキャラで、必要以上にえろく見えます。
ただ、それがため、人を選ぶ絵となっておりました。
↓表紙などのカラーは若干雰囲気違います。これをうまく脳内で線画に変換して判断下さい。
かなり表情がつくので、たまに別人に見えることがあったのが気になるところでした。
センセは複数人数でのえっちがお得意なようなので、そんなん好きな方はぜひどうぞ。

秘密の体育用具室 秘密の体育用具室
岡田 正尚 (2007/05/25)
富士美出版
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー 企業スパイ

■ガラスの女神 (朝森瑞季)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 三角関係ラブコメ
・おまけ: 
・その他: 現在は1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「朝森瑞季(あさもり・みずき)」センセの「ガラスの女神 1巻」です。

いきなりですが、びっくりです。
こちらは先日書店をハシゴしているうちに購入してたんですが、家に帰ったらなんと2冊ありました(笑)
えー、当ブログへよくお越しの方はご存知でしょうけれど、ひでるさんは書店店頭で結構何も考えぬまま、すぱーっと本をチョイスしていくんですね。
なんというか…フィーリングが合うというか、そんなん。
お、なんだか↑そう書くと格好いいっぽいですよ!(←んなことない)

それぞれ違う書店で購入している(当たり前)みたいなんですが、つい数分前に買った本すら記憶しておりませんね。
印象薄かったのか、はたまたひでるさんが重症なのか。…たぶん後者でしょう。
どっちか保存版にでもしましょうか。

そんな訳で、ひでるさんは現在2冊も所持している、「朝森瑞季」センセの長編漫画「ガラスの女神 1巻」です。
いわゆる三角関係を描いた、ものすごくベタな恋愛モノ。
なんだか懐かしい感じさえしましたので、ひでるさんと同世代くらいのサラリーマンな皆さまには最適ですよ。

栗宮ほのか・穂波彩.jpg
※左:「栗宮ほのか」、右:「穂波彩」、両ヒロインです。
 お話で「彩ちゃん」が活躍しているだけ、各話扉は「ほのかさん」が担当しておりました。

お人よしな大学生「佐倉圭太」はひょんな偶然から、落ち着いた雰囲気の同級生「栗宮ほのか」と知り合い、すぐに意気投合。
ちょっとしたアクシデントも手伝って、えっちするのでした。
その後、「ほのかさん」とはいい雰囲気なんですが、お互い時間が合わないこともあって挨拶する程度。
ちゃんと会ってから告白しようと機会を伺っていた「圭太くん」ですが、過去に困っているところを助けた下級生「穂波彩」と偶然再会。
明るくアクティブな彼女の強引な誘いに流され、結局こちらと付き合うこととなってしまうのです。
さらに偶然は重なり、「彩ちゃん」が先輩と慕うその人は「圭太くん」が告白しようとしていた「ほのかさん」その人だったのでした…。
だいたいそんなお話です。

先ほども書きましたが、ざっと想像して、いくつか同パターンの漫画が思い出される基本的な三角関係ラブコメですね。
単行本は成年指定ではありませんが、えっち系なので正式な彼女となった「彩ちゃん」とはほぼ毎回のようにそのシーンがあります。
逆に、憧れの「ほのかさん」ですが、想像では何度か脱ぐものの、冒頭以外は基本的にはおあずけ。
いかにも”正ヒロイン”という扱いです(笑)
↓表紙を飾る「ほのかさん」を期待して買った方は、ちょっと肩透かしかもしれませんね。
気をつけて下さい。
ただ、ショートカットの「彩ちゃん」は食事心配してくれたり、おニューな下着を買って見せてくれたり、お風呂へ一緒に入ってきたり、裸エプロンだったり…と、色々な意味で非常に良い娘さん
電車が事故で止まった際も、
どこかで飲めって神様が言ってるんですよ
とか、言っておりました。
その、前向きな考え方は見習うべき点ですね。なにしろ、電車ってーのは数分遅れた程度でもイラってしますから。
と、まぁそんな訳で、1巻単行本は裏表紙の「彩ちゃん」がメインで活躍しておりました。

憧れの「ほのかさん」とは微妙な距離になってしまいましたが、「彩ちゃん」のおかげで接触する機会は確実に増えており、ちょっと危険な兆候もちらほらとありました。
何気に次巻の前フリっぽいキャラも顔を見せていましたんで、今後も波乱含みですね。
ちなみに1巻ではドロドロとしたものなく、爽やかな青春えっちラブコメを維持しておりました。

彩ちゃん.jpg
※おまけ。ひでるお気に入りはこの「彩ちゃん」なのです。
 ありがちですが、こんな台詞もいいですね。不幸になってほしくない娘さんです。

しなやかな細線の淡い絵柄。
すっきりと見やすく、擬音とか漫符までポップな雰囲気です。
成年指定のないえっち漫画として、スタンダードな出来栄えでしょう。
ちょっと細かいですが、背景などに力が抜けているようなところがあったのが気になる点。
漫画っぽく、さらに実写っぽさも残した人物絵は見栄え良く、広範囲の方に支持されそうなものです。
カラーでもだいたいそのままなので、こちらは↓表紙にて判断して下さい。

とりあえず「圭太くん」と「ほのかさん」はお互い強く意識しながらも、「彩ちゃん」に気を使っている状態なので、まだ3名に問題はありません。
ただ、何かの切っ掛けで崩れてしまいそうですよ。どきどき。
これからどう展開していくか、「朝森瑞季」センセの腕の見せ所でしょう
2巻が楽しみです。
セオリー通りだと、「彩ちゃん」フラれてしまうんでしょうか?
おっちゃん、ちょっと心配です(笑)


※また適当にネタつくってー、と疑う方のために↓証拠画像。
 …ね、悲しいくらい2冊あるでしょ?
ガラスの女神.jpg

ガラスの女神 1 (1) / 朝森 瑞季

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 三角関係 ラブコメ コメディー ショートカット サラリーマン

■エロイネコ (野良黒ネロ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・コスプレ
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー漫画、
      描き下ろし「目指せアイドル日記!?」
・その他: 初単行本、短編×9(※収録4話は同一世界の連続話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「野良黒ネロ」センセの「エロイネコ」です。

ひでるさんが釣られたのは…単行本お持ちで、勘の良い方ならお分かりでしょう。
そうです、裏表紙なんですねー。
いやぁ、日焼け跡ってーのはいつ見てもいいもんです。

さて、馬鹿馬鹿しい話は置いといて、こちらの「エロイネコ」は「野良黒ネロ」センセの初単行本。
タイトルは↑そんなんですが、特にネコ耳とかそんなんではありません。
(※お名前からつけたタイトルですかね)
短編が収録された基本的な成年単行本で、特にシリーズとはしていないものの連続話もありました。
全体的にはスパッツだのメイド服だのテニスウェアだのと、コスプレちっくな単行本となっております。

ここな・静・のど香.jpg
※左から順に、ここなさん、静さん、のど香さんです。
 左右の方はどちらも大きいですねー。そんなん好きならばオススメ。

冒頭のはちゃめちゃメイド漫画「メイドマスター!?のど香」は収録作品で最も新しいもの。
新米ヘルパー「青木のど香」はやや気難しそうなシナリオライター「西森孝弘」のもとで一週間ハウスキーパーをすることとなりました。
田舎から出たてで、初心者でもあった「のど香」は「孝弘」の訳の分からない強引な理論そのまま、その指導に従ってしまうのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

「孝弘」はシナリオライターということで、独自の理論ながら微妙な説得力があります。
主人公のヒロイン「のど香さん」は天然っぽいおとぼけ娘なので騙されやすいようですが、漫画のように一気に言われれば普通の人でも誤魔化されてしまいそう。
機会がある方はちょっと試してみるのもいいでしょう。
えろいメイド服を渡されてやや疑問を持つものの、「似合っているぞ」の一言で単純に喜んでしまう「のど香さん」が素敵。
さらに、ハウスキーパーながら家事全般が全然ダメというドジっ娘で、これは話の中でも語られておりましたが”そういった属性を持つ方”にとっては逆に天職なのでした。
胸も大きめですし、いい娘です。
基本的によくありがちな流れの現代メイド漫画なんですが、そういったコメディーから非常に前向きなラストなど、元気を得れる爽やか作品。
本格メイド漫画である「エマ/森薫」を前後に読むと、また違った意味で楽しめるでしょう(笑)

収録された「デスパレート・ボーイ」、「ガールズラプソディー」、「メガネっ娘クライシス」そして描き下ろし「目指せアイドル日記!?」の4話はシリーズ表記などありませんが、同一世界の連続話です。
主人公、「吉川洋一」くんは父の再婚相手の連れ子、要するに血の繋がりない妹「吉川琴乃」ちゃんと関係しておりました。
義理とはいえ、妹に手を出していたことを反省し、関係ほ断ち切るため「夢菜」さんという彼女をつくるんですが…。

妹との関係を断ち切る意味も含めて、他の女の子と付き合う”、っていうのは成年漫画でよくある話。
展開によっては非常にシリアスな、重たい話にもできる好設定だと思います。
こちらでは、全体の作風そのまま明るいえっちへと流れていました。
後にひょんな偶然から、生徒会風紀委員「鈴木妃織」さんも加わり、4名での派手なえっちが繰り広げられます。
うん、こりゃいいんじゃないでしょうか。

妃織・琴乃・夢菜.jpg
※3名のヒロイン、妃織さん・琴乃さん・夢菜さんです。
 それぞれタイプが違うのはお約束。もう少し続きを見たいですね。

妹の「琴乃さん」はヒロイン3名で最も年下なんですが、なかなかの人物。
お兄ちゃんは琴乃が他の男の子のモノになってもいいの?
…など、序盤での駆け引きが絶妙でした。
これは逆らえませんね~。
また、後の話ではニオイを切っ掛けにあっさり浮気を看破するなど、さすがに女の子というところも見せておりました。
「琴乃さん」、どちらもいい攻め方です。
後には立派な奥さまになるでしょう。

また、登場した頃は清楚な雰囲気だったヒロイン「夢菜さん」
映画館でいたしてしまったり、旧タイプのスクール水着を着てきたり、果てはダブルディルドを持参したりと結局のところ最もえっちな娘。
清純なイメージは2ページ程度しかもちませんでしたねー。
そんな訳で、妹「琴乃さん」とあちこちで迫ってくる彼女「夢菜さん」を両立しなければならなくなった「洋一くん」は…
お前日が経つにつれてやつれていくよな
とか、友人に言われてしまうのでした。
帰宅した玄関にて、コスプレした「琴乃ちゃん」と顔を合わせ、無言で扉閉めてしまう描写が良かったです。
このままだと死んでしまうかも(笑)

実娘の親友と密かに付き合っているという「ここなと」はいかにもおっちゃん向け現代ファンタジー漫画。
主人公のことを「おじさま」なんて呼ぶ、どっかの有名アニメ映画のようなヒロイン「ここな」ちゃんは娘の「静」ちゃんと同級生ながら胸の成長著しく、嬉しい外観です。
(※なお、ひでるさんを釣り上げた裏表紙の日焼けした娘が「ここなちゃん」なのです)
着てる水着もいいですね。
実際あんなんなら、そりゃー気を使うことと思いますが。

太めな線で濃淡はや濃いめ。
大きい目と太めな身体で、ぽわぽした優しい人物絵です。
コメディー時の埴輪のような崩れ絵が独特ですね。
(※帯がなければ、裏表紙で見れます)
初単行本ながら安定した作画で、その点は問題ありません。
↓表紙・裏表紙で判断できます。

…そんな絵柄がため、今後お話がある程度限定されてしまいそうなところがちょっと気になりました。
これできっちりしたシリアス話も描けるなら、正直スゴイ方だと思います。
とりあえず帯文句の「プニ系新鋭」そのまま、単行本は明るくえっち話でオススメですよー。

エロイネコ (メガストアコミックスシリーズ No. 128)エロイネコ (メガストアコミックスシリーズ No. 128)
(2007/06/19)
野良黒ネロ

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー コスプレ スパッツ スクール水着

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。