FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■寮母さまご用心 (氷室カモメ)

★まんがデーター [6/15]
・絵   :■□□□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ラブコメ・女子寮
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9(うち「寮母さまご用心」×5)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「氷室カモメ」センセの「寮母さまご用心」です。

あとがき・帯、さらには発行してる「実業之日本社」のHPにも書いてなかったんですが…これがセンセの初単行本?
よくわかんなかったので、↑あちらでは外しておきましたけれど。
こちら「寮母さまご用心」は、はっきり言って↓表紙の感じに惹かれ、手をつけてしまいました。

えー過去にも書きましたが、ひでるさんは表紙・裏表紙の少ない情報から好みな漫画かどうか見極めれるべく、目を鍛えております。
よく知らない漫画家さんについては、その成果を試してみたくなるんですね。
(※ちなみに、これを”修行”と称しているわたくし)
そう考えると…まだまだ修行が足りません。
なんというか、↓表紙の雰囲気からちょっといいかなー、って思ったんですよ。
でも実際はいまひとつ。いや、ふたつ、みっつ?

色の強いはっきりとした線で、どちらかと言うと全体はすっきり。
ちょっと古めな空気漂う絵柄ですかね。
たまーに、良く・巧く描けているコマもあるんですが、全体的には不安定。
特にバランスの微妙さは致命的でした。
そのあたりが後々解消されてくれば、ありかもしれません。

笑鈴さんと若葉さん.jpg
※上:メイドの「若葉さん」、下:声優を目指す「笑鈴さん」です。
 メイドです。お好きな方はどうぞ。なお、こちらは比較的安定した絵ですね。

単行本はラブコメちっくな、コメディー色の強い短編集です。
帯には「感動ストーリー」という単語がありましたが、無視して頂いて構いません。
…というか、それに釣られないように。(ないか)

表題作「寮母さまご用心」はラブコメな中編漫画。
主人公「森崎まつり」は倒れた伯母のピンチヒッターとして女子寮の寮母となりました。
見た目がそのまんま女の子という特徴を活かして潜入したんですが、ある切っ掛けから寮生の「花穂」さんにバレてしまうのです。
憧れの存在で、同じ寮生であった「冴木笑鈴(さえき・えりん)」の助けで急場をしのいだ「まつりくん」でしたが、口止めをするため「花穂さん」の部屋をノックするのでした…。
だいたいそんな導入部。
脱がない限り、というか”直接その部分見せない限り”バレない男の子、という設定はこんなんでよく見かけます。
そんな、女の子そのものと言える男性の「まつりくん」
途中にあった、過去に好きになる女の子は皆レズっ気があった、になんだか納得(笑)
まぁ、現代ファンタジーですよね。
えっちシーンは「まつりくん」が妄想で女の子になっていることも多く、非常にソフト気味でした。

そちらの表題作から、収録された短編でも一部ありましたが、「氷室カモメ」センセの真面目な話は展開強引で、すーっと冷めるんですよ。
逆に、収録された短編では「愛の日替わり幕の内」、「働くメイドさん」のような、少々お馬鹿さんっぽいコメディー調のが弾けてて良く、合っているように思いました。
特に「春日若葉」さんの日替わり弁当購入付近、「串野つくね」さんの帰省した~ってあたりの2ページ分は滅多にない調子で、非常に面白かったです。
この路線で行くのが正解ではないでしょうか?

…と、全体的には批評が多めとなってしまいました。
センセ、およびファンの方、いらしたらごめんなさい。

寮母さまご用心 寮母さまご用心
氷室 カモメ (2007/01/29)
実業之日本社
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ファンタジー

■RPG ろーる・ぷれいんぐ・がーる(けんたろう)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・社会問題
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9(うち「RPG」×6)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「けんたろう」センセの「RPG ~ろーる・ぷれいんぐ・がーる~」です。

こちらの「けんたろう」センセの漫画は初見でしたが…なんだか一般青年誌で連載できそうですよ。
好き嫌いはあるでしょうけれど、絵・話のどちらも巧い方です。
ただ、ストーリー重視で比較的文字が多めに感じましたので、ややこしいのが面倒な人には合わないかもしれません。
ちょっと気をつけて下さいね。

学園で人気のあった男子生徒に告白するも、酷い言葉と共にフラれてしまった主人公「朝霧灰美(あさぎり・はいび)」
その噂が広まると陰湿ないじめを受けるようになり、そこから逃避した結果、ネットゲームの住人となってしまうのでした。
恩義を感じていた後輩「綾美」は引きこもってしまった「灰美さん」を現実世界に戻すため一計を案じるのですが…。

表題作で単行本のほとんどを占める「RPG ~ろーる・ぷれいんぐ・がーる~」はだいたいそんなお話。
扱っているテーマが社会問題ちっくなため、話はずっしりと重め。
成年漫画らしくえっちはあるんですが、愉快ではないのでそうした印象も自然と薄いですね。
やや急な展開でして、最後が適当なハッピーエンドになってしまうのがちょっと陳腐に思えました。
…でも、あれ以上堕ちてしまったら、そりゃーもう、取り返しつかなくなるかもしれませんけど。
仕方ないか。

朝霧灰美.jpg
※主人公「灰美さん」です。左が初期。右が”ある意味で経験値をためた”お姿です。
 なお、…今の日本はえっちな女性にもっと寛容な国であると思う。

ちなみに、ひでるさんは過去にオンラインゲームの弊害が書かれた記事を読んだことがあります。
(※そんな訳で一度もやった経験ないの)
この漫画でも、ネットゲームで引きこもってしまう描写がありますが、こんなんも実際にあるのかもしれないなぁ、と思いました。
お好きな方、くれぐれもほどほどに。

短編の3話はどれも「青い星-地球」で始まる、お題漫画みたいなもの。
その中でも、国際宇宙ステーションを題材にした「Sky Lovers」は誰もがちらりと考えるようなえっち話で良かったです。
秀逸なアイデア、とまで言うと大げさなんですが、どちらからかクレームきそうなものをそのまま取り上げた勇気に花丸。
こんなん読むと、ガンダムとか違った視点で見れるかもしれませんよ(笑)

濃い線で、黒が目立つ絵柄。
人物絵は写実に近く、ややごっちゃりめに描かれる方でした。
そこらの青年雑誌に掲載されているような、レベルの高い絵で、話と共に完成度高い単行本に仕上がっております。
ただ、同時に個性が強く、万人向けではないようなので、この点は気をつけて下さい。
カラーでは雰囲気が若干異なりますが、↓表紙で判断していいと思います。

RPG.jpg

RPG~ろーるぷれいんぐがーる / けんたろう

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 社会問題 ガンダム

■ピクシーゲイル (宮下未紀)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 魔法使い・アクション
・おまけ: あとがき(2)、カバー裏にイラスト(1,2)、
      おまけ4コマ漫画(2)。
・その他: カラー(1:12P,2:8P)、現在2巻まで発売。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮下未紀」センセの「ピクシーゲイル pixy gale」です。

こちらは生原稿プレゼントの関係から、連続で2巻発売されたんですが…びっくりするくらいに薄い!
まるで「茜虎徹」センセの単行本みたいに薄いの(笑)
2巻合わせて、ようやく”ひぐらし2巻”と同じくらいなのね。
ちょっと酷くない?

そう言えば、この「宮下未紀」センセも「シトロン・ヴェール」以降は一般本ばかりになってしまいましたね。
えっち系統だと同人誌しかないんですが、あんまり買いたくないし…。
(※高いしからね。でも、美夕のは良かったなぁ…って、持ってたりして)

孤児でもともと心臓の悪かった「渡会りかの」は”生きて出られない”という病院におりました。
しかし、神の末裔と言われる魔法使いの心臓を移植され、無事完治するのでした。
退院した「りかの」はその直後に接してきた正体不明な眼鏡の女の子に襲われてしまいますが、移植された心臓自身の弟子であった「楊雷震(やん・ろーれい)」に助けられます。
心臓の持ち主「ゲイル」の相続人となった「りかの」はその仕事をも引き継ぎ、魔女狩りをすることとなってしまうのでした。
ほぼそんな感じ。

基本的に魔法使いの登場するアクションですが、とりあえずどかーんというような魔法は今のところ発揮されておりません。
そうねぇ…例えば「リリカルなのは」のような、ゲームみたいな派手さはないので注意。
男性がまったくいない世界ではないようなんですが、漫画に登場するのは女性ばかり。
そんな訳で、主人公「りかの」と「ローレイ」の間には微妙に百合姫コミックスちっくな雰囲気が漂っております。
あんなにわかりやすく捨てられた動物みたいにされると、すげなく扱う自分が悪いことをしているようでやりにくい
…そんなことを考えている「ローレイ」さん。
大切にしたい気持ちはあるものの、「りかの」ではなく「心臓」が大切だと言わんばかりなのでそうできない、葛藤があるところがポイントです。
こんなんはいいですね。

危機一髪!.jpg
※こーんな危機一髪シーンもあります。
 今後はもっと戦闘シーンが増えるんでしょうか?

相変わらず淡々とした微妙な間と、コメディ時の異常なまでの軽さが宮下センセ流。
逆に言えば激しいタイプではないので、人を選ぶ漫画です。
ちょっとよくわからん導入部な1巻に対し、2巻からは各キャラの個性が見え始め、楽しくなってきました。
ため、未見な人は2巻からの購入をオススメしておきます。

りかのさん.jpg
※各話表紙の「りかのさん」です。この娘もショートカットですよ。
 色々な服に着せ替えられていて、可愛らしいですね。

丁寧でやわらかな線の絵柄。
丸い目とおすまし顔な閉じた口が特徴で、全体はやや白めです。
絵は巧い方に違いないんですが、漫画同様に個性が強いため人を選ぶでしょう。
なお、2巻からはネコ耳メイド(↓表紙の「エリス」さん)も登場しました。
好きな方にはこんなんがまたいいんでしょうねぇ…。

ピクシーゲイル (2) ピクシーゲイル (2)
宮下 未紀 (2006/12)
富士見書房

この商品の詳細を見る

ピクシーゲイル (1) ピクシーゲイル (1)
宮下 未紀 (2006/12/01)
富士見書房

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー ショートカット 百合姫コミックス

■AQUA BLESS (大和川)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・色々
・おまけ: あとがき、
      カバー裏に漫画「-その後のみなさん-」、
      描き下ろしカラー「てれぱsweet☆1.5」
・その他: 初単行本、カラー(8P)、短編×10
      (うち「てれぱsweet☆」×2、「TWINS」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大和川」センセの「AQUA BLESS」です。

「大和川」センセはこちらが初単行本とのことですが、帯の文句”コミック天魔が誇る”という立派な冠を頂いているだけあって、いきなり完成度の高い作品集となっております。
ひでるさんはあの↓表紙に釣り上げられてしまいました。
透明なビーチボールってのは…いいもんですね(笑)

さて、「AQUA BLESS」は連続話を含んだ短編集です。
お嬢様からアイドル、果てはヒーローまで登場するだけでなく、その舞台も南国から温泉、そして電車内までとバラエティ豊かな構成となっております。
逆に言えば、成年漫画にありがちな統一感に欠ける内容。

こちらで秀逸なのは、冒頭カラーをゲットし、キャラが総出演する描き下ろし漫画でもメインを務めた「てれぱsweet☆」
女子高生「京野真理」ちゃんには、テレパシーによって他人と感覚が共有されてしまう厄介な能力があるのでした…。
ごく簡単にまとめるとそんなお話。
なぜか共有されるのはえっちなもの(※お約束)だけで、しかも本人の意思とは無関係にソレは襲ってくるのです。
そりゃー、女の子には過酷な体質ですよ。ええ。
そんなんでも日々学校へ通う「真理ちゃん」は実に立派ですね。
ないでしょうけれど、実際にあったら街中歩けないだろうなー、とか思いますよ。
最終的には共通の悩みを持つ仲間と彼氏が同時に出来るという、ラブコメちっくな爽やか仕上がりでした。
この設定でまだ色々できそうですし、ぜひ続きが読みたい漫画です。
いいんじゃないでしょうか!

京野真理ちゃん.jpg
※ひでるオススメ「京野真理ちゃん」です。ショートカットの可愛い娘ですよ。

前後編収録された、タイトルそのままな双子姉妹のお話「TWINS」
双子と言えば、先日こちらで紹介した全編双子漫画の「ふたごえっち/雅舞罹-L」ですね。
そちらは幸せな感じでしたが、こちらは姉妹「かつみ」「たづな」の二人がややえげつない感じ。
お隣さんの「岬」くんがちょっと変だったことが救いで、暗い方面へは行きませんでしたけど。

基本的にセンセの漫画は女性が積極的で、男性が受け身であることが多いように感じました。
それが最も顕著であるのが、どっかで見たようなタイトルの「電車女」
助けられたのも束の間、女性専用車両へ連れ込まれて色々されてしまうのは悲劇的ですが、なんやーかんやーと最終的には結果オーライで終わり、ほっとしました。
そんな具合に、どの漫画も不幸に終わらないタイプですから、安心して読んで下さい。

有坂さんとゆらさん.jpg
※左:悪の女幹部・女帝ルビアな「有坂さん」、
 右:「赤根ゆらさん」です。しかし、どちらもモノ凄い格好ですね。サイズは両極端なようですが。

初単行本らしく、若干絵にバラツキが見られるものの大幅な崩れはありません。
ご安心下さい。
乱れない細線で、濃淡バランスも適度な絵柄。
可愛くも色っぽい、写実と漫画のちょうど中間あたりに位置するような人物絵となっています。
ちょっと違いますが、↓表紙で判断して大丈夫だと思います。
際立った感じではありませんが、巧い方でした。

あちこち、各キャラを描かれるのが好きであるらしい「大和川」センセ。
表紙とかあとがきでは、どこに誰がいるのか、過去に流行った”某探せ”ゲームみたいに楽しむのもいいでしょう。
表紙から折り返し、そしてあとがきへと続く「とらべるとLOVEる」の「赤根ゆら」さんネタはちょっとですが楽しいですね。
表紙映えしない」と切り捨てられておりますが、なるほどその通りかと。
カバー裏のその後漫画も良かったです。

AQUABLESS.jpg

AQUA BLESS / 大和川

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コミック天魔 ショートカット テレパシー

◆「月刊少年ジャンプ」休刊へ(asahi.com)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
ちょっと漫画に関するニュースを見つけましたんで、こちらで紹介させて頂きます。
やっぱり、国内から世界の動きまで、知っておくのはいいことでしょう。たとえそれが漫画でも…。

なんだか休刊するそうですよ。
たかが、と言っては失礼ですが、”漫画雑誌の休刊”がニュースで流布されるってのはなんだかいいことに思います。
↓こちらご覧下さい。

「月刊少年ジャンプ」休刊へ (asahi.com)2007年2月23日

 漫画雑誌「月刊少年ジャンプ」が6月発売の7月号をもって休刊することを23日、発行元の集英社が明らかにした。
 同誌は「週刊少年ジャンプ」の兄弟誌として69年に創刊された。ピークの91年9月号の発行部数は約150万部だったが、最近は平均39万部程度に落ち込んでいた。同社は「秋に新しい漫画誌を創刊する予定で、発展的解消だ」としている。
---------------------------------- 。。。

毎週やたらな量の漫画を購入しているひでるさん。
…ですが、よくよく調べたら「月刊少年ジャンプ」掲載の漫画で所持しているのは、「Mr.Clice/秋本治」だけでした(笑)
そんな訳で、休刊になってもまっったく何とも思いません。
もともと雑誌は買わないですし。
(※それでも単行本が出なくなるのは嫌ですね)
まぁ、リニューアルしますよーってことみたいなんで、どんなんなるのか楽しみに待ちましょう。

ちなみに、発展的解消ってのはなんだか負け惜しみみたいに聞こえるんですが。
気のせい?


Mr.Clice (Part1) Mr.Clice (Part1)
秋本 治 (1989/04)
集英社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 少年ジャンプ

■弟になんか感じない! (狩野蒼穹)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・姉×弟
・おまけ: あとがき、ゲストページ、キャラ紹介ページ、
      カバー裏に「単行本に入らなかった妹マンガ」、
      描き下ろし「アンサンブル・いんさーと Nessun Dorma!」
・その他: カラー(4P)、短編×10
    (うち「弟になんか感じない!」×2、「おねぃちゃん計画」×2、
      「アンサンブル・いんさーと」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「狩野蒼穹」センセの「弟になんか感じない!」です。

本日のメインと言ったら…やっぱりこちら「狩野蒼穹」センセの「弟になんか感じない!」ですかね。
いつも行かない本屋だったので、まともに何が発売したんだかわかんないのがやや不安なんですけれど。
ちなみに、ひでる期待の「あまいくちびる/森永みるく」は3月10日発売となっていました。
ハァ、やっぱり延期してたのねぇ。

こちら「弟になんか感じない!」はタイトルそのまま、姉×弟のシチュエーションでまとめられた短編集です。
お姉ちゃんネタが得意なセンセの描き方は、血縁を感じさせないほどの明るいラブコメ調。
ちらほらと連続話が収録されているのが特徴ですね。

表題作の「弟になんか感じない!」
こちらは末っ子「秋」くんを二人の姉、次女「さや」、長女「亜希」が取り合う微妙な三角関係のお話。
はっちゃけて積極的な「さや姉」と、真面目な「亜希姉」の対比がなかなか面白いです。
漫画中で「亜希姉」が言っている台詞は実に正論。
皆さまもお気をつけ下さい(←なにをだ)
ちなみに、あとでキャラ紹介のページがあるんですが、ここでさらりと書いてあることは何気に深いの。
はー、なるほどなぁ…とか関心しましたよ。

亜希姉と葉子さん.jpg
※左:真面目な「亜希姉」、右:「葉子さん」です。
 どちらも妹のような姉です。いいですねぇ、練習させてほしいですよ。

弟「幹」くんのためにがんばる姉「葉子」さんのお話「おねぃちゃん計画」
練習相手になってあげる、というのはセンセもお得意とする王道パターンなんですが、こちらの「葉子さん」はそのためだけにわざわざモノ借りてきて試してみるほどの努力家。
恋人じゃないんだからキス禁止!
…の理由が不意にぐっときました。
ラブコメ好きなひでるさんは、こんなんがお好みなんですね~。

楽器持ったりして、クラッシックな雰囲気漂う今流行りな漫画みたいな「アンサンブル・いんさーと」
こちらの注目は「真二」くんのお姉ちゃんの台詞。
キスの上手い人はフルートも上手い
…ってのは本当?
その逆で、”キスが上手いからフルートも吹ける”と考えるお姉ちゃんはちょっぴりお馬鹿さん(笑)
ゆるいだ、ゆるくないだって……姉弟で何を言っているんだか。

クラッシックな雰囲気.jpg
※おまけ:クラッシックな雰囲気です。

太めな濃い線で、白が目立つあっさり絵。
センセの描くお姉さんはショートカット率高く、ぷにっとした可愛らしい人物絵です。
そんなんなので、色っぽいのが好みな方には納得いかんと思います。
なお、1話だけですが、だいぶ古い漫画がありました。
ちょっと注意。

ああああ↓表紙は前単行本「シスブラ」のが良かったですねー。
どうやら「狩野蒼穹」センセは下絵だけで、色塗りは「破軍星」センセなど別な方がやられたようなんですが…そのぼんやりとした中途半端な色使いはひでるさんの好みではないんですよ。
あんまりパッとしないと思うんですが、他の人はどうなんでしょう?
これでだーいぶ損をしているのでは??
白黒のが味あって巧い方ですから、いくらかプラスして考えてください。

ちなみに「狩野蒼穹」センセは春からコミックXOにて長期連載をされるそうで。
いまから単行本が楽しみです。

弟になんか感じない!.jpg

弟になんか感じない! / 狩野 蒼穹


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ 三角関係 ショートカット

■彼女の飼い方 (ゆずぽん)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ラブコメ・同棲
・おまけ: あとがき(1,2)、
      カバー裏に別絵(1,2)
・その他: 全て表題作、全2巻。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゆずぽん」センセの「彼女の飼い方」です。

当サイトでは過去に成年単行本「ちまちまっ」を紹介しました「ゆずぽん」センセ。
こちら「彼女の飼い方」は一般単行本でして、2巻まで続くセンセ初の長編漫画となっております。
絵はともかく、お話はひでるさん的に毎回微妙な方なんですが…ふとした切っ掛けで1巻を買ってしまったので、やむなく2巻までチャレンジしてみたのでした。
(※実は全単行本あったりする。…ファンか!?)

さとみさんと苺ちゃん.jpg
※左:奥さま「さとみさん」、右:幼馴染みの「苺ちゃん」です。
 あえてサブキャラから掲載しました。両極端な二人ですが、無論どちらとも…。

美術学校へ通う主人公「坂井啓介」は彼女もいて一人暮らしする羨ましい身分なんですが、何か満たされない日々を過ごしておりました。
そんなある日、理想として描いていた絵と容姿そっくりな女の子と出会うのです。
記憶喪失であった彼女は「私を…飼ってください……!」と告げ、唯一所持していた「菜の花畑」の写真から「菜花」と名付けた「啓介くん」は共に暮らすこととするのでした。
大まかにはそんな導入。

だらーっと他愛ないえっちなエピソードが続いて、ラスト数話で急展開する漫画ですね。
特に1巻ではさして話が進みません。
極端な話、いきなり2巻から読んでもなんとかなりそうですよ。
(※2巻裏表紙の3行だけで、前巻の内容がほぼ理解できます)
とりあえず…最後のネタばらしはある意味驚愕の内容で、色々楽しめると思いますよ(笑)
まぁ、えっちなんがメインの漫画ですからそこを考慮して下さい。

菜花さん.jpg
※お待たせしました、こちらがヒロイン「菜花さん」です。
 でかいです。左絵のアングルはちょっといいよね。

そうなんですよ、なにがいいのか主人公「啓介くん」は漫画内でやったらモテるんですよ。
同棲してることもあって、あらゆる場面でえっちされまくるヒロイン「菜花さん」以下、彼女「白石りん」さん、下宿先の奥さま「さとみ」さん、学園理事長で以外に重要キャラの「雪絵」さん、旅館の女将、同窓会で再会した「秋野」さん、そして幼馴染みの「苺」ちゃんなどなど。
あれだけやっておいて、皆とイイ関係のまま終わるのがちょっと意外、というか残念。
なんつーか、幸せな漫画よね。
ラストでの「啓介くん」の台詞、
すごくさみしかった
…って、テメェ馬鹿言ってんじゃねー!!

最後に辿り着くまで2年ほどの長期連載だったらしく、後半の絵柄は洗練されてきてちょっと綺麗。
相変わらずな可愛らしい絵柄で、豊かな曲線が特徴です。
ちょっとつやつやして、ページ全体はもっさり灰色。
好き嫌いがはっきり分かれる絵柄ですから、よくよく↓表紙をご確認下さい。
裏表紙には漫画カットもありますんで、判断材料が多くイイと思います。
一般単行本なのでさすがに細かいところまでの描写はありませんが、これは問題ないでしょう。

ちなみに、「声出すなよ」と言われていながら「」マークがつくほどの台詞を発している「菜花」さん。
あれー、確か身動きとれんような満員電車でしたよね。
こんなん有り得ないって(笑)
なお、呼び方は「ご主人様」ですが、過激な展開はありません。
そんな言葉で違ったどえっち世界を想像してしまう人は注意。

彼女の飼い方 2 (2) 彼女の飼い方 2 (2)
ゆずぽん (2006/06/12)
双葉社
この商品の詳細を見る

彼女の飼い方 1 (1) / ゆずぽん

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ 満員電車

■卑猥な家族 (東雲龍)

★まんがデーター [3/15]
・絵   :■□□□□
・話   :■□□□□
・独創性:■□□□□
・属性 : 成年・近親
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×10。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東雲龍」センセの「卑猥な家族」です。

さて、過去に紹介した「東雲太郎」センセと同じ、「東雲」を冠にした漫画家さんです。
「東雲」で「しののめ」ですね、読めましたか?
今本棚見て気付きましたが、そう言えば百合姫コミックス初恋姉妹」の「東雲水生」センセも同じ冠ですね。
結構おられるんですねー。
綺麗なイメージと物珍しげな漢字がいいんでしょうか?
まぁ、とりあえず本日は「東雲龍」センセです。

こちらの「卑猥な家族」は初出がなかったので詳細不明ですが、やや古い漫画がちらほらあるようです。
前半に古めな漫画を持ってきているようなんですが…構成としては失敗では?
下手すると、前半の印象そのままで読み進んじゃうのですよ。

卑猥な家族・サンプル.jpg
※左:「境界線」の「嶺岸母」、右:「内緒の彼女」の姉です。
 背は小さいくせにデカいんだって。あえて↓下の紹介キャラをはずしてみました。

濃くしっかりとした線の絵柄です。
あちこちバランス崩れる箇所が見受けられ、古い・新しい問わず不安定。
背景もだいぶ簡素で、これも全体のレベルを引き下げているように感じます。
失礼な表現しますが、”微妙に巧くない方”ですね。
センセ、ファンの方、いらしたらごめんなさい。
単行本では母から妹まで幅広く登場しておりますが、目が大きい漫画絵はロリっぽい方が合っていると思いました。
ついでに…細かい点をもう一つ。
「なつまつり」の話にて登場したヒロイン「愛」ちゃんの友達、「美穂」ちゃんはここで単なるサブキャラなんですが、髪の毛ドリルのツインテールで、やったら目立つ髪形でした。
これが余計。
他のエピソードで主役だった子が特別出演しているなら話は別なんですが…。
(※別単行本とかだったら、持っていないのでわからんです)

漫画は近親モノでまとめられた短編集。
ちなみにその内訳は、母×5、姉×2、妹×3、という構成で母系統がトップ。
肝心の話なんですが、さしたるものではありません。
母や姉は多少の抵抗あってもほぼ全許容でして、妹はこれまた揃ってラブラブ。
そんな訳で、緊張感はまったくありません。
多少変化つけても良さげなもんですが、いい意味でユルい系統が好きなのかな。
ちょっと注意。

そうですね、「深夜の秘め事」の妹「千草」ちゃんは”本人そのものがプレゼント”っぽい容姿で可愛かったです。
見たところ、この娘は寝る時もあのでっかいリボンしたままなんですかねぇ。

卑猥な家族.jpg

卑猥な家族 / 東雲 龍

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ツインテール 百合姫コミックス

■ネジマキ (しかげなぎ)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■□□□
・属性 : ラブコメ・人形
・おまけ: あとがき、折り返しにプロフィール、
      カバー裏におまけまんが「ゆかりんであそぼう」
・その他: カラー(4P)、短編×12(全て表題作)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しかげなぎ」センセの「ネジマキ」です。

わすれましたが、ゲームの原画とかよくやってる方ですよね、「しかげなぎ」センセ。
特徴ある絵なので、記憶にある方も多いことと思います。
こちら「ネジマキ」はそんなセンセの長編漫画となっています。

大正時代っぽい頃で人形がさして珍しくない世界。
「機巧士」の父に憧れる主人公「羽車マキ」はその仕事を手伝うため、東京へ上京するのでした。
そこで出会った、からくり式の自動人形「ネジコ」は「マキ」くんに触れると、なぜか感情表現をするようになり、また喋れるようにもなっていたのでした。
だいたいはそんなお話。

ネジコさん.jpg
※こちらがヒロイン「ネジコさん」です。ひらひらです。
 なんで表情がついて喋るのか、曖昧にせず一応説明したところは立派。

そう言えば、こないだ紹介しました同じ人形話「大江戸せくすぽっぷ/中津賢也」は江戸時代でしたが、こちらは大正風。
とぼけたラブコメちっくな漫画が基本ですが、後半「ネジコ」の秘密に触れるあたりでは、ちょっとイイ話になります。
若干の意外性はありましたが、こんなんはロボ娘ラブコメ(?)の基本フォーマットかもしれません。
とりあえず、単行本1冊によくまとまっていると思いました。
(※ココ、ちょっとネタばらしなので注意 ⇒ ネットで出回ってるドラえもんの最終回と同じですね。やや泣けます

こちらのヒロイン「ネジコさん」。
名前といい、でっかいネジを頭につけた容姿といい、まるでゲーマーズな感じです。
特に書かれてはいませんでしたが、デザインとかで関係してるんでしょーか。
とにかく豊かな表情と天性のドジっぷりが楽しく、ガチガチな言い回しと、ネジを巻かないと機能停止(※ネジは何故かおしり付近にある)してしまう以外はまさに人間そのもの。
一人称を「小生」って言うところがポイントですかね。…流行るかな(←はやらん)

ちなみに、この世界の通念では、からくり式は時代遅れで、蒸気機関が最新式なんだって。
蒸気って…煙とか出るんですかね。
ちなみに、隣のお姉さん「宮島紅葉」に注目。
この人、カフェー(喫茶店)を経営しているんですが…6話で見せたお客様への対応はなかなかのクセ者でした。
その1コマだけで「紅葉さん」、ひでる的に株急上昇です(笑)

紅葉さん.jpg
※そんでもって、こちらがひでるオススメ「宮島紅葉」さん。
 …こちらで言ってる台詞も、なんだか成年漫画への一歩手前です。なんで片仮名?

柔らかな細線と暖かみのある絵柄。
おまんじゅうのような輪郭と丸いガラス玉のような目が特徴です。
可愛らしい絵柄ではあるんですがなにしろ極端個性なので、人を選びます。
カラーでもさして変化ありませんので、↓表紙でよく吟味して下さい。
全体的によく安定していると思います。

全体的に期待通りな出来栄え。
絵柄そのまま優しい漫画なので、素直な心で読むのがいいでしょう。
あちこちのパンチラを追っかけてはいけませんよぉ!

ネジマキ ネジマキ
しかげ なぎ (2006/02/10)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ パンチラ 大正時代 江戸時代 ゲーマーズ

■机上の空論 (真海)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき、ゲストページ。
・その他: カラー(6P)、短編×8。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「真海」センセの「机上の空論」です。

来月3月14日に新刊「SWEET☆JUM」を予定している「真海」センセ。
正直、絵柄はさほど好きでないんですが…なんだか全巻揃えてたりするのでした。
こちらの「机上の空論」は学問的なタイトルと、↓表紙があんなんなので、いかにも教師が登場するえっち系漫画に見えるんですね。
しかし、実際は教師モノ一つもありません。
表紙に惹かれた貴方、残念でしたー。
(※家庭教師や、学校ネタならあります。いちおう)

そんな訳で、女教師ではありませんが、保健教師「本間」先生と優等生「藤咲」さんの話「アドバンテージ」
才女で優等生として知られる「藤咲さん」はまともに登校しないんですが、なぜか保健室には頻繁に顔を出すのでした。
先生の事が好き
…という言葉のはしに見られた、からかうような台詞が”実は本心だった”という、ラブコメっぽい展開。
こんなんちょっとイイですね。
ぐっときますよ。
余裕な態度の「藤咲さん」に職員会議で吊るし上げをくらっていた「本間先生」はキレてしまうんですが…先生、怒っちゃ駄目よ(笑)

瀬戸響子と娘さん.jpg
※左:「スカイハイ」の巨乳ランキング1位「瀬戸響子」さん。
 右:「崩壊家族」の娘さんです。あのね、こんな格好でふらふらしちゃ駄目よ。

話で良かったのがもう一つ、「崩壊家族」
母と死別した父はそのショックで記憶後退となり、それを紛らわすため重度のアルコール依存症になってしまうのでした。
こちらは成年漫画ではお馴染み、父と心配する娘さんの近親モノ。
現実には有り得ない、お互い好き合ってるとか、どちらかが「まぁいいか」とかあっさり許すのではありません。
場合によっては…?とかなんとなく思わせる運びが秀逸。
そしてラストは落ち着いた雰囲気でありながらも、黒くじっとりとした終わり方でドキドキ。
真相に気付いたその時がこそが、もうひと波乱あるのでしょう。

全体的にはえっちに到るまでの流れが早い、即えっち系な漫画でした。
そんな訳で、シーンはたっぷりです。
細かいとこですが…もくじ・あとがきにあった野球の女の子がなかなか良い雰囲気でした。
センセ野球漫画は「性恋」で描かれてましたが、この二人の漫画も見てみたいですね。
(※ソフトバンクとロッテらしい。いつぞやのプレーオフ?)

マリーンズ?.jpg
※ちょっと掲載。こりゃマリーンズですかね?

太く濃い線で色の強い絵柄。
硬めでざっくりとした髪の毛と、横に長い長方形な目が特徴。
内臓描写もちらほら見られますね。
安定はしているんですが、黒が目立つこってり気味で、個性ある絵となっています。
そんな訳で好き嫌いが分かれてしまう絵柄ですね。注意。
擬音も目立つ描き方です。
センセの単行本は裏表紙に漫画カットがありますんで、そちらを参考にするのが良いでしょう。

前述したようにひでるさんはあまり好きな感じではないんですが、読むと結構楽しい漫画なんですね。
失礼な書き方かもしれませんが、あちこち無難にまとまっていると思います。

机上の空論.jpg

机上の空論 / 真海

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ プレーオフ

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。