FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■大江戸せくすぽっぷ (中津賢也)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 江戸・ギャグ
・おまけ: ゲストページ「柴田昌弘」センセ、
      カバー裏に別絵(表紙とリンク絵)
・その他: カラー(4P)、現在は1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中津賢也」センセの「大江戸せくすぽっぷ 1巻」です。

昔から色々漫画を描かれている「中津賢也」センセですが、思い出すのはやっぱり「桃色サバス」ですね。
あちらはギャグとセクシー、たまに格闘と感動が良い比率でまざった、良質な漫画でした。
これはセンセ独特な毎度おなじみパターンでして、完成・確立されたものなのです。
先の「妖怪仕置人」もそうですが、今回の「大江戸せくすぽっぷ」もそれは同様。
良く言えばセオリー通り、悪く言えばマンネリなのでした。

お千鶴ちゃん.jpg
※こちらがミニな着物がセクシーなヒロイン「お千鶴ちゃん」ですよ。
 下では手が取れてますが、すぐ元通りになります。明るい娘ですね。

大江戸というタイトルが示す通り、センセお得意な歴史モノです。
舞台は江戸時代
魂の着脱が自由にできる”沁魂屋”の主人公「瓢馬」くん。
その妹「お千鶴」ちゃんは人形師「ジュンザブロー」が制作し、「瓢馬」が魂を入れた性交人形(ダッチワイフ)なのです。
若い頃の行いを反省する「瓢馬」くんは罪滅ぼしのため、奉行所の手伝いをするのでした。
だいたいこんなお話。

出来がいいとはよく言ったもので、ヒロイン「お千鶴」ちゃんは人形なんですが、表情豊かで綺麗な身体は人間そのもの。
逆に、彼女以外の魂を吹き込まれたカラクリたちは継ぎ目なども残り、脱いでもえっちと言うより不気味。
えー、こんなん見ると、ひでるさんはどうしても、「吸血姫美夕」の「爛佳」(※漫画は「爛火」です)を思い出してしまうのですよ。
こわい・こわい。
そんな訳で、旧漫画にあったようなセクシー度は激減していると言えるでしょう。
また、”顔から姿形まで自由自在に変化可能”という「お千鶴」ちゃんの設定は都合よすぎでなんでもありなため、やや話が平淡になっているように感じました。
なにしろ怪我は修理すれば完治しますし、戦闘仕様の人形相手に一歩も引かないなど、現在のところ弱点らしいものがないんですね。

残念だったのが、「瓢馬」くんらの過去が描かれた第五話。
ここは二人の大きな分岐点となる、物語として大変に重要なエピソードなのですよ。
それなのに、なんだかあっさりとして重くないんです。響かないんです。
駆け足気味に、1話だけで終わってしまうのは要因の一つかもしれません。
中津センセなら、もっと巧く描けると思うんですけれど……。

同じような人形モノ漫画では、「時計じかけのシズク/海野螢」とか「こはるびより/みづきたけひと」とか「てりぶるマシンツインズ納都花丸」などが記憶にありますが、この「大江戸せくすぽっぷ」は最も方向が定まっていない印象です。
2巻以降の巻き返しに期待しましょう。

しっかりとした強い線の安定した作画。
すらりと高く、輪郭含めて細長いのが特徴。コメディー時の崩れ方はセンセ独特です。
濃淡はやや白めですが、見やすい絵に仕上がっております。
ちなみに、非常に絵の巧い方には違いないですけれど、あまりえっちな雰囲気はないんですね。
(※まぁ、だいたいコレはそういった漫画でないですが)
何というか、たとえ全裸でもスポーツ的な感じがするんですよー。
逆に、女性ほか幅広い層でも抵抗感なく楽しめる、と言えるのかもしれません。

絵で言えば……ゲストページにて「柴田昌弘」センセが描かれた「お千鶴」ちゃんのがぐっときてしまいました(笑)
こりゃ、ごめんなさい。

大江戸せくすぽっぷ.jpg

大江戸せくすぽっぷ 1 (1) / 中津 賢也

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 江戸時代 コメディー

■あらいめんとゆーゆー (松本ドリル研究所)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ギャグ
・おまけ: 描き下ろし「トロピカル?編」、
      カバー裏にあとがき・水木しげるちっく漫画。
・その他: カラー(12P)、短編×8(全て表題作)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「松本ドリル研究所」センセの「あらいめんとゆーゆー」です。

いつだか忘れましたが、過去に書店で見かけたことありますよ、「松本ドリル研究所」センセ。
そりゃーおもろい名前だと思ったもんです。しみじみ。
しかし…なぜ研究所?

普通に描けば(…なんだ、フツウって)、落ち着いた穏やかーな漫画とかもいけそうな「松本ドリル研究所」センセ。
ですが、あとがきを見る感じでは、単純にこんなんが好きなのかもしれません。
こちら「あらいめんとゆーゆー」はギャグとえっち、そしてちょっとしたバイオレンスが折り重なった、とかく派手な作品に仕上がっております。

櫻子さん.jpg
※こちらが”トイレの花子さんの櫻子さん”です。
 下の絵は…まるでアルクェイドですね。

主人公「高橋」さんは死んでしまいましたが、成仏できずに告白できなかった彼のいる学校をさまよっておりました。
そんなある日、男子トイレで”トイレの花子さんの櫻子さん”に出会ってからというもの、奇妙奇天烈な幽霊ライフが始まるのです。
まぁ、だいたいそんなお話。

基本的にはなんでもアリな感じで、はっきり言って連続モノながらさしたる話でありません。
テンションの高いギャグが基本線なんですが、ややブラック気味なので好き嫌い分かれると思います。
ただ、バリエーションとしては露出だったり、多人数だったり、触手だったりと、いかにもえっち漫画なつくりでした。
そっち方面では、おおむね問題ないでしょう。

単行本では、第三話・教師「丸山裕子」さん登場回が傑出して良かったです。
もともと霊感が強い「裕子先生」は、一般では見えない、死んだ生徒が見えるのでした。
そんな訳で、幽霊「高橋さん」が校内でえっちしまくる姿がモロに見えてしまうのです。
(※ついでに、普通の人はすり抜けるのに、お互い触ることもできるのよ。なお、裕子先生、服はすり抜けれるのに、身体はすり抜けません)
こちらは幽霊という設定をなかなか巧く活用した回でして、授業中にそりゃー好き放題されています。
特に職員室での椅子に座る場面からの流れは「なるほど!」と思わず膝を叩いてしまうようなアイデアでした。
ここで細かく紹介すると…読んだときに面白さが半減してしまうのでこのくらいにしておきますが、オススメな1話です。

実は↓表紙をゲットしているのが、”トイレの花子さんの櫻子さん”なんですが、あーんな容姿の割りにやたら過激でやりたい放題。
この人(※人でないですね)の存在が、話を面白くしている反面、ややブッ飛び過ぎで読み手を選んでしまうだろう要因となっております。
ちょっと注意。
微妙に頭身も大きくなったり、小さくなったりしているような…まぁいいか。
ちなみに、ひでるさんは第5話で明らかになる、本当の姿がいいと思いました。てへ。
この回の「櫻子さん」は受け身で、ちょっとおとなしめですし(笑)

高橋さんと裕子先生.jpg
※おまけ:高橋さんと裕子先生です。
 この回、この後からがひでるオススメなんですよ。
 
えっちシーンは描写が細かく・濃く、やったら大仰。
ほら、泣き叫ぶような感じですよ。目もイッちゃってます。
こんなんが苦手な人はちょっと引くかもしれません。
そんなハードさとは裏腹な、しなやかな細線の可愛らしい絵柄です。
曲線がたわわとしており、↓表紙もそうですがお尻がステキです。えっちです。
仰向け・うつ伏せの違いはあるものの、お尻からのアングルが多いですね。
おそらく得意であり、センセも好きなんでしょう。
濃淡は濃いめで、ページ全体ごっちゃり描く方です。
疲れるタイプの漫画かな。

以上、話としては一冊まるまるの中編でページも豊富なんですが、薄くてやや肌寒い内容。
途中打ち切りだそうですから、仕方ない点もあるんでしょうけれど…続いていてもさして変わらないかなー、と。
最後の6ページとか、本当に余計だと思うんですよ。
まぁ、えっちまんがですから、広い心で読んで下さい。

あらいめんとゆーゆー あらいめんとゆーゆー
松本ドリル研究所 (2007/01/19)
コアマガジン
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 水木しげる バイオレンス アルクェイド

■煽情的家族 (ふうたまろ)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 家族愛・近親
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×10(全て表題作)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふうたまろ」センセの「煽情的家族」です。

↓表紙の目立つツーサイドアップ(…というんだよね?)な女の子で、一瞬嫌な予感がしたひでるさん。
これは…カメラマン「香我美薫子」、は目がもうすこしキツい感じで違うだろうから…もしかして「真冬ちゃん」ですかい?
そうなんです、彼女はいつかブログでやろうとしていた”人妻三連発”企画の一角、「愛・家族―ふうたまろセクシー短編集」登場の娘にそっくりだったのです。
あるいは単なる”新装版”であるとか、イヤーな単語も浮かびましたが、本あちこち見回してもよく分かんなかったので、とりあえず購入してみました。

で、結論としては予想通り「真冬ちゃん」で間違いなかったんですが、新装版ではなくて先の単行本に収録された前後編「愛・家族~僕のプライベートエンジェル」の続編だったのです。
こりゃすごい!
まさか続きモノとは思ってなかったので、ちょっとびっくり・どっきりしました。
いいぞ・いいぞ!!

真冬ちゃん.jpg
※妹系が好きな方へ、正ヒロイン「真冬ちゃん」です。
 ツーサイドアップな髪型が可愛いですね。左絵の下がどうなっているのか…秘密(笑)

ポルノ監督から有名映画監督となった父親がいる主人公「志木広斗」くん。
父の再婚で、新しい母となった「美紗子」さんは若く綺麗で、また連れ子には1才違いの義妹「真冬」ちゃんがいたのでした。
昔からべったりだった「真冬ちゃん」は成長してからなにかと「広斗くん」を挑発するようになり、ひょんな事から母「美紗子さん」の秘密を知ると、その勢いもあって2人関係してしまうのでした。
…というお話なんですが……これは「愛・家族―ふうたまろセクシー短編集」に収録された部分。

今回の「煽情的家族」はモロにその続きとしていきなり始まり、これまでのあらすじも説明っぽいものもありませんでした。
ちょっと不親切ですね。
そんな訳で、いきなりこの単行本から入った人にはやや敷居が高めだと思います。
はっきり言って、ちゃんとしたストーリーのある漫画ですんで、しっかり話を追っかけて読みたい人は、センセの過去単行本「愛・家族―ふうたまろセクシー短編集」と「ボクのアダルトヴィーナス」をあらかじめ確認しておくことをオススメします。

いい話なので、さっくりでも書いてしまうと楽しさ半減してしまうので軽く触れる程度にしますが、3話目であっと驚く急展開を迎えると、4話目では懐かしのあの人が!!
…勘のいい方なら、なんとなく想像できちゃうとは思いますが、ここは結構イイ場面なのであえて誰かは書きません。
そりゃーひでるさんはこんなん大好きなんで、実に良かったです。
とかく先が見えないドキドキ展開で、あちこちえっち(笑)な良質漫画でした。

美紗子さん.jpg
※人妻系が好きな方へ、準ヒロイン「美紗子さん」です。
 今回単行本でも色々がんばっています。娘と義理の息子の場面に「あら楽しそう」って、ねぇ…。

帯の文句は、
肉欲にまみれたピュアな家族愛がここにある!
…だって。わははははは。

やや太めな線のすっきり絵柄。
濃淡は薄く、ページ全体としてはやや白め。
あまりえっちっぽくない人物絵な割に、全編えろえろな漫画です。えっちですよぉ。
ただ、最近のやたら濃い漫画に慣れた方には、やや物足りなく感じるかもしれません。
癖はありますが見やすい絵ですんで、問題ないでしょう。
そうですね、「陽気婢」センセとか、「すえひろがり」センセみたいな系統です。

とにかく3話「凌辱的契約」からは次々と驚かされる、のめり込み系な単行本でした。
ファンならば絶対に押さえておきたい一冊でしょう。
オススメですよ!

煽情的家族 煽情的家族
ふうたまろ (2007/01/29)
実業之日本社
この商品の詳細を見る

※↓こちらが事のおこりが描かれた単行本です。
愛・家族―ふうたまろセクシー短編集 愛・家族―ふうたまろセクシー短編集
ふうたまろ (2006/03/29)
実業之日本社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ツーサイドアップ

■チェリー・ボム (らっこ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・姉
・おまけ: 脱力系あとがき漫画「せきららっこ」、
      描き下ろし4コマ「ちなみに」、ゲストページ、
      カバー裏に別絵・あとがき・作品解説。
・その他: カラー(10P)、短編×9
       (うち「ミラクルメイド パメラ×ルイーザ」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「らっこ」センセの「チェリー・ボム」です。

あれれれれ?
そう言えば、確か今月25日発売予定の「ボクノアイジン【限定版】艶盤CD付録付き/艶々」も売ってなかったですよ。
実は昨日に引き続き、今日も本屋へ行ってたんですが(※ひぐらしコミックス購入のため)、見掛けませんでした。
……これは発売延期?それとも売り切れ??
辰巳出版HPには25日発売とそのままであるの気になります。限定版だし。
ちょっと不安。

さて、ないものに執着してても無意味なので、本日はこちら「らっこ」センセの「チェリー・ボム」です。
これもハシゴをしている間に、いつの間にか購入しておりました。
…おそらく、↓表紙のパンチラ(※漫画でもシマパン率高い)に誘われたんだと思います。
困ったもんですね。

昨日紹介した「鬼束直」センセの漫画とは打って変わって濃い絵柄なお姉さん系。
いかにもソレらしい、細部までこだわった表現と画面いっぱいで派手さのある、王道展開なえっち漫画となっております。

捨てられた用具庫を秘密基地としていた「イチローくん(仮)」
ある雨の日にそちらへ行くと、「ミア」と名乗るおねーさんがいたのでした。
そんな「2人の秘密基地」はちょっと懐かしげで、かつ楽しい漫画です。
ひでるさんもその昔、秘密基地っぽいのがありましたが……いつ行ってもおねーさんはいませんでした(笑)
こんなんあったら人生幸せですね。

チェリー・ボム・サンプル.jpg
※左:くまさんパンツな人妻「香澄」さん、右:「2人の秘密基地」の「ミア」おねーさん、です。
 「イチローくん(仮)」はいい体勢ですねー。うらやましいなぁ。

義理の妹「ナナセ」ちゃんとの近親話「ボーダーライン」
まぁ、よくありがちな兄・義妹のラブコメちっくなものですが、”これくらいは普通の兄妹でもやるよね”みたいなのが徐々にエスカレートしてしまう展開が良かったです。
こちらは単行本中で珍しい妹系な漫画。
妹「ナナセちゃん」は髪型で雰囲気がらりと変わる娘なんですが、お風呂後のが可愛らしいですね。
一緒に寝るまではいいですが、あの格好はいかんでしょうー、ナナセちゃん。

単行本のメインで中編「ミラクルメイド パメラ×ルイーザ」は母子が住む純和風な旧家(?)に2人のメイドが働きに来るお話。
詳しくは知りませんが、表現が甘いのか、単に説明しきれていないのか、あちこち変。
これが1話限りの短編ならいいですが、連続話となると正直キツイです。
ご主人様の性格も2話からいきなり変わっており、まるで別人のようでした。
…だいたい、なんで2人も雇用された(※パメラさん仕事してねーし)のかもよく分かりませんね。
えっち漫画なのでそこ突っ込むのは違うのかもしれませんが。
メイド服で癒されて下さい。

ミユ姉、コスプレするの図.jpg
※表紙絵をゲットした「Change as you Love」の「ミユ姉」です。
 この漫画はやたらギャグちっくでハイテンション。

全体的に明るい雰囲気な作風で、余計なこと考えずにすんなり読めるでしょう。
ちなみに、「ずっと恋人未満」のヒロイン「永田真琴」こと「ルカちゃん」は悩んでいる方もいると聞く陥没乳首な女性でした。
過去にこちらで紹介した「人妻乱交回覧板/伊沢慎壱」にもありましたが、こんなん流行?
あるいはそれ趣向の人がいるんでしょうかね?

濃く太めな輪郭線で、濃淡の強い絵柄。
ページはごっちゃり描かれる方で、忙しい作品です。
えっち漫画らしい描写(笑)が実に細かく、そんなんが好きな方にはぐっとくるでしょう。
ただ、内臓表現も多めなので、嫌いな人は注意。
カラーはパソゲーのような風情で巧く、白黒絵ともほぼ変わらないので、判断は↓裏表表紙でどうぞ。

ひでるさん的に刺さり方は昨日の「鬼束直」センセより浅かったんですけれど、流行としてはこっちのが主流なのでしょう。
あまり関係ないですが、擬音多く、種類も豊富なので、なんだか「漫画擬音図鑑」みたいでした。

チェリー・ボム.jpg

チェリー・ボム / らっこ

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

■ワンホットミニット (鬼束直)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・妹
・おまけ: あとがき、特別描き下ろし「鋏妹に天誅を」
     カバー裏にあとがき漫画「鬼束的堕落生活」
・その他: カラー(4P)、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鬼束直」センセの「ワンホットミニット」です。

あれー…。
確か今月中旬発売予定の「隣のみなの先生 2巻」は売っておりませんでした。
念のため本屋のハシゴをやってみたんですが、どこにもなかったです。
……これは発売延期なんですかね?
期待していたのに、残念なことです。

さて、ないもの追っかけていても仕方ないので、本日はこちら「鬼束直」センセの「ワンホットミニット」です。
ハシゴしている間に、いつの間にか購入していたようです。
困ったもんです。

表紙そのままにロリ傾向な漫画でして、収録では大部分が妹系。
よくある、単純に「お兄ちゃん好き、好き~」という具合なものはなく、皆したたかに「利」を考えて行動しているところがポイントです。

ワンホットミニット・サンプル
左:「アイドリングSTEP」の「よしの」さん、右:「最果ての兄妹」の「アヤノ」さんです。
 どちらも積極的なコですねぇ。特に「よしのさん」は。
  
小遣いほしさに「1時間さわり放題2万円ポッキリ」と持ち掛け、なんやーかんやーと最終的には10万円をゲットした妹「知花」ちゃんのお話。
「愛だけじゃ生きていけないの」はヒロイン「知花ちゃん」のアクティブさがコメディーで描かれており、実に楽しげな作品となっております。
ちょっと文字多めですけどね。
中盤のえっちシーンは置いといて、導入部とラストが非常に良かった「小さな彼女とある晴れた寒い日」がひでるさんオススメ。
もうすぐ中学生な「青山皐月」ちゃんはその先生と良い仲なのでした。
しかし、自分の異動を控えた先生は「皐月ちゃん」が中学へ上がる頃合も見計らって、その関係を終わらせるのです。
青山は忘れていいよ、俺が忘れないでおくから
そんな台詞がぐっときます。
こちらの漫画は台詞の端々に背景が垣間見えるので、なんというか色々想像できるんですよ。
二十歳半ば以降くらいの人には、楽しい漫画でしょう。
オチも可愛いですね。

…と、ほとんどが穏やか・合意である中、「Fire cracker」だけは兄と妹「茗子」ちゃんの関係が実に微妙。
一般的な兄妹とも違う屈折した愛情表現となっており、読み手には新鮮な感覚でした。
単行本ラストという位置であるため、そのまま特別描き下ろし「鋏妹に天誅を」に繋がるんですが、ここの配置も絶妙です。
なにげに、冒頭の「愛だけじゃ生きていけないの」へリンクする構成も良かったです。

皐月ちゃん
※こちらが「小さな彼女とある晴れた寒い日」の「青山皐月」ちゃん。
 無事中学生になりました、の図。ちょっと女の子っぽくなりましたかね。

そして、センセの独特な絵柄について。
変な話ですが、「鬼束直」センセの描く女の子は中性的で、はっきり言ってよくあるロリ漫画のような極端な可愛さはありません。
…でも、こんなんがほんわりと幸せな気持ちにしてくれる要因だと思います。
こんなんもいいんじゃないでしょうか。

あまり大きくない目と微妙にひらいた口が特徴。
白黒絵はカラー絵とはやや違った風情なので、↓表紙での判断はちょっと難しいでしょう。
うまく脳内で線画に修正してみて下さい。
白黒絵は強い線で、いい意味でのっぺりとした絵柄です。
基本的にはロリ系ですが、ドギつい描き方ではないので抵抗感ないと思います。たぶん、おそらく。
似たところですと、「嶺本八美」センセの”最近の絵柄”と近いように見えました。

正直なところ、↓表紙の段階では博打っぽかったですが、飽きさせない話とソフトな絵柄で良かったです。
一冊目の「Life Is Peachy?」も探したくなりました。
あとは…センセの挨拶「どんなに濁っていても底が見える浅い人間」ってのは、なんというか心に響きました(笑)
こりゃーいい文句ですわ。

ワン ホット ミニット ワン ホット ミニット
鬼束 直 (2007/01/24)
茜新社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー

■天使のマシュマロ (ポン貴花田)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : ラブコメ・アイドル
・おまけ: あとがきまんが、カバー裏にボツラフ。
・その他: カラー(4P)、全て表題作、
       現在は1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ポン貴花田」センセの「天使のマシュマロ 1巻」です。

えー、いきなりですが、紋切り型なアイドル漫画でした。
直球なので、新鮮味はゼロでしょう。
まぁ、こんなんは下手に変化球にしない方がいいのかもしれませんが。

会社広報部に所属する「高見光太郎」は己の立場を使って必死にプレゼンした結果、憧れのグラビアアイドル「星野みさき」を広告で起用することとなりました。
画面では強気なキャラの彼女ですが、その素顔はまったく逆で内気な性格だったのです。
そんなお話。

こちらは一般指定なんですが、毎回えっちシーンが入る”ぎりぎり漫画”でして、細かい点を指摘するのは読み方として違うのでしょう。
それは分かっているんですが…それにしても「粗」が多い。
とりあえず1話からツッコミどころ満載なので、引き込まれることなく、妙に冷めてしまうのですよ。

出会いから決して良い印象でなかった主人公「高見光太郎」は、二度目は着替え中に乱入しております。
下手すりゃこの時点で逮捕ですよ(笑)
また、素顔の「星野美咲(本名)」は恥ずかしがりで消極的な設定のはずなんですが…「光太郎くん」といきなりえっちしちゃいます。
「美咲ちゃん」は全裸のまま普通に会話してますし。(※おまけに呼び止めたりしてる)
しかも、場所はTV局の楽屋、おまけに見た感じでは鍵もかかっていないようなんですが、そんな所でいたしちゃうのですよ。
こんなん目立ってしょうがないでしょう?
…だいたい仕事前ですからね、コレは。

星野みさきちゃん
※左:素顔の「星野美咲」、右:アイドル「星野みさき」です。
 趣味な人には眼鏡もポイントですね。まぁ、どちらにしろ胸はデカいですよ。

以後も似たようなものなので、広い心で読むことが大切です。
オフにデート行ったり、水泳大会でライバルに狙われたり、ロケに追っかけていったり……と、よくある王道展開。
ただ、人気アイドルなのにファンの存在が見えません。
そうですね、こちらでは過去に「トキメキ☆とらいあんぐる/永野あかね」という同系統な漫画を紹介しておりますが、そちらがアイドルとのラブコメにファンをちらつかせるスタンダードなものに対し、こちらはお互いのラブコメに主眼を置いているようです。
そんな所はちょっと特殊なのかもしれません。
…まぁ、えっちメインですから(笑)

他に言うなら、「光太郎くん」の口癖「~っス」が連発されていて読みづらく鬱陶しいとか、主人公の特殊な体質が1話以降ほぼ無視されているとか、無関係なのにマネージャー代理させられたりとか、普通の仕事はどうなったとか…。
そんなんが気になる人は避けた方がいいかも。
とりあえず2巻へ続くようなので、頑張れる人は最後まで確認してみましょう。
こうなったらひでるさんも頑張るつもりです。

すっとした細線な絵柄で、どちらかと言えばすっきり見やすいです。
顔から全体まで縦に細長く、小さい口が特徴。
グラビアアイドルだけあってヒロイン「みさきちゃん」のスタイル良く、えっちシーンも頻繁でイイ感じ。
ただ、欲を言えばコスプレっぽい要素が薄いのが残念でした。

天使のマシュマロ

天使のマシュマロ 1 (1) / ポン貴花田

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コスプレ グラビアアイドル

■ナイロン100% (ナイロン)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・色々
・おまけ: あとがき、ゲストページ。
      カバー裏に4コマ。
・その他: 初単行本、カラー(32P)、短編×15。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ナイロン」センセの「ナイロン100% NYLON100%」です。

アマゾンで見た↓表紙の水彩画みたいな感じでちょっと期待したんですが…。
悪くないけど良くもない、かな。
正直な感想としては「次回作に期待!」という単行本でした。
…と、導入からいきなり批評になってしまいました。
すみません。

そんなこんなで、今回は「ナイロン」センセの初単行本、お名前そのまま「ナイロン100% NYLON100%」です。
さて、なにゆえ上のような感じになっているのか。
その最大要因は絵柄なんですが、やったらコロコロ変わるんですよ。
極端に言うと、3人くらいの漫画家さんが参加した、アンソロジー作品集みたいです。
ちょっと驚きました。
それくらいに違うんですよ、安定していないんですよ。
…あ、でも逆に言うと……芸達者と言えるかもしれませんね。
全て計算づくでやっているのかもしれないですし。

お話はえっち漫画らしく、とりあえず事が始まっちゃう系統。
やや強引ながらも、えっち漫画の王道展開です。
全体的に、女性がやたら積極的に描かれているのが特徴でしょう。
そんな訳で、暗かったり不幸だったりという、重いものはありません。
(※逆にコメディーはないので、明るく楽しい話もないです)
また、コレという属性・方向性に欠けるため、幅広い反面で特徴がないのです。

ナイロン100%サンプル
※そんなこんなで、サンプルにいくつか並べてみました。
 ちょっとわかりづらいですかね。左上が最も古く、右上が最新となっています。

冒頭の「ヌルい関係」は前に紹介した「ろーぷれ」みたいなローションえっち漫画。
単にえっちするだけの話なのでなんもありませんが、カラーでえっち度は高めです。

ちょっと懐かしい雰囲気が漂う「6月の教室」がひでるさんのオススメ。
主人公「直樹」くんは廃校になった学校へふと立ち寄りますが、そこで同級生の「牧野」さんと偶然再開するのでした。
…そんな感じのお話。
社会人な方はぼんやりと昔の光景が脳裏に浮かぶことでしょう(笑)
こちらは絵も話も落ち着いていて良く、ノスタルジーに溢れています。
ラストの切り方が実に巧いですね。

それと似た「バットと少年」はサスペンスちっくな良作。
ひでるさんはひぐらしノイローゼなので、「ひぐらしのなく頃に」とダブらせて読んでしまいました。
ちょっと展開が読める漫画なんですが、これでいいと思います。

ちょっとロリっぽい女の子が登場する「満個室」
こちらはラストの1ページで評価急上昇な作品でした。
あんな告白しちゃう女の子もスゴイですが、えっち漫画なのに普通に答えている男子も地味に凄い。
まぁ、ページ数の関係なんですけどね。

牧野さん
※ひでるお気に入り「6月の教室」のヒロイン「牧野さん」です。
 こう見えて、小学生の昔からかなり積極的な娘さんです。いいなぁ。

カラーページが多い単行本でして、カラー漫画が4作品も収録されています。
わざとなのかな、どれも塗り方が違い、別人の作品なようでした。
どれも絵柄と合っているんですが…やっぱり不安定。
線は濃く目立つ感じで、やや荒れ気味。
全体ごっちゃり描かれる方で、ページはやや黒めです。
すっきりとしてる時もあれば、雑な感じがする時もあるんですね。
時期が一番古いもので2003年5月、最新は2006年9月でした。
だいたいは2005年、2006年の作品なんですが、そういう時期的なものが影響していると思います。

そんなこんなで、計算づくで絵柄を変えていたとしても、「不安定な単行本」という印象。
冒頭で”次回作に期待”と書きましたが、次は安定するかなー、という期待を込めております。
悪くはない単行本ですから、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

ナイロン100% ナイロン100%
ナイロン (2006/11/28)
ワニマガジン社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー アンソロジー サスペンス ひぐらしノイローゼ

■ヘブンズゲイトPINK (門井亜矢)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : コメディ・日常
・おまけ: あとがき、おまけ漫画「今さら聞けない!」、
      作品解説、他おまけページ、
      カバー裏に4コマ。
・その他: カラー(104P)、ショートストーリー(4P)×25、
      日常漫画(1P)×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「門井亜矢」センセの「ヘブンズゲイトPINK」です。

こちら、発売は去年の3月頃だったんですが、同時に「ヘブンズゲイトBLUE」ってーのが発売されてました。
これがひっかけ。
BLUEはだーいぶ昔に出ていた、記念すべき門井センセの初単行本「ヘブンズゲイト」の新装版なんですね。
(※描き下ろし漫画が追加されているらしいですが)
新しいのはこちら「ヘブンズゲイトPINK」なのでした。

ヘブンズゲイトPINK・サンプル
※とりあえず単行本中でのセクシーシーン(笑)を選んでみました。
 …実は……どちらも人間ではなかったりして。

前に「天然女子高物語」を紹介した時も書きましたが、「門井亜矢」センセと言えば…やっぱりエルフの名作「下級生」ですか。
やったことありませんが。
絵柄はそーんな感じの、ふんわり優しげな女性絵です。
ちなみに、漫画は「天然女子高物語」とあんまり雰囲気変わりません。
話は4ページの短編…と言うよりもショートストーリーです。
ラブコメが多いですが、女の子の本音的なものや、お得意の不思議ちっくなものもありました。
どれもコメディ調の暖かなもので、ドロドロとした感じはありません。
各話短いこともあり、さくさくと楽しめるでしょう。
女性ならでは、という視点も「門井亜矢」センセの味付けで嫌味なく、すっと受け入れやすいように仕上がっています。
帯の文句「爆笑エッセイコミック」の”爆笑”はおいといて、エッセイコミックという表現はぴったりだと思いました。
後半にちょろっとある、センセの日常漫画はおまけっぽいものが好きな人には嬉しいでしょう。

長谷川京子先生
※おまけ。ひでるさんお気に入り「煩悩少年団」の「長谷川京子」先生。
 普段は瓶底眼鏡で髪無造作に束ねてる別人なのよ。ベタですが…こんなんいいよね。

一部を除いて全てカラーな贅沢仕様。
CGではない塗り方はセンセの優しい絵柄と合ってイイ感じ。
計算されたような正確さはありませんが、可愛らしく非常に巧い絵です。
さすがにゲーム原画を担当されていただけのことはありますね。
ぱっちり目の大きい、いかにも漫画な人物絵は癖が強いですが、人を選ばないと思います。

いいとこづくしな単行本ですが、なにしろ短い。
下手すると数分で読み終わってしまうのが難点です。
ちょっと物足りなさがありますかねぇ。

ヘブンズゲイトPINK ヘブンズゲイトPINK
門井 亜矢 (2006/03/25)
ワニブックス

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー ゲーム原画 ラブコメ エッセイ

■こ・う・そ・く (チャーリーにしなか)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 成年・拘束
・おまけ: あとがき、描き下ろし漫画「おまけ」、
      描き下ろしカラー「こ・う・そ・く」
・その他: カラー(4P)、短編×13
      (うち「たとえば僕が…」×8)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「チャーリー にしなか」センセの「こ・う・そ・く」です。

最近はチアリーダー漫画「Cheers!」が人気な「チャーリーにしなか」センセ。
どっちかと言うと一般漫画のが多めなんですよね。
ひでるさんとしては「Cheers!」もいいんですが、あまり例がない車掌漫画の「出発シンコー」がオススメ。
現場のネタなども書かれておりますんで、鉄道ファンは頑張ってゲットして下さい。
よりえっちなんをお求めな方は、今回紹介の「こ・う・そ・く」なんてどうでしょう?

こちらは、「チャーリーにしなか」センセの3冊目の成年系単行本(たぶん)です。
タイトルそのまま、精神的・肉体的な意味で拘束される話となっています。
連続話「たとえば僕が…」は単行本の大部分を占めている作品。
主人公「藤原智」は女学園の新米教師。
押しに弱い性格から生徒たちと関係する一方で、実の妹「翠」ちゃんとも関係を続けていたのでした。
普段はお堅い生徒会長、その実態は”極端なほどのお兄ちゃん好き”な「翠ちゃん」は、眼鏡と整った髪型が特徴。
単行本では彼女の登場が最も多く、描き下ろしのおまけから、表紙まで出ずっぱり。
当初はその暴走がチャーリーセンセお得意なコメディーっぽく楽しいんですが、兄妹どちらも普段からの行いがたたったのか、最後は結構トンでもない結末となります。
まぁ、それも自業自得なんですが、はっきり言って読後感はあまり良くありません。
他の短編もだいたい似たり寄ったりですね。

こうそく・サンプル
※左:テニス部「笠井」さん、右:生徒会長「翠」ちゃんです。
 どちらも「たとえば僕が…」のキャラなんですが、「笠井さん」は意外なほど重要キャラ。

明るい話が好きなひでるさんとしては、好きな後輩「高山」くんに厳しく当たってしまう「榊原」先輩の「リフラクション -refraction-」が良かったです。
剣道部で「榊原先輩」に毎度メッタ打ちにされる「高山くん」はある日、部室で「榊原先輩」を目撃するのでした。
そんなお話。…勘のいい人なら、どんなんかだいたい想像できるかも。
こちらはラストでの「榊原先輩」の笑顔が非常に良かったです。
結果オーライってやつですね。
二人には幸せになってほしいものです(笑)
剣道着えっちでなかったのが唯一残念。無理ですか。

テニスウェアとか体操着、さらにスクール水着など、学園ならではのコスプレっぽい要素もあり、そんなん好きならよりいいでしょう。
ただ、話としてはとりあえずえっちへ流れる展開でして、中編の「たとえば僕が…」も話数こそありますがさほどでもないモノでした。
ちょっと注意。

等身が低めな、ぽてっとした人物絵です。
横に長い目と幅広い輪郭、恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴。
非常に癖が強い絵柄なので、人を選ぶと思います。
なんとなくですが、「Choice!」ほか一般漫画の絵のが安定しているように感じました。

一般漫画からの人は、多少毛色が違っておりますんで内容に注意して下さい。
成年漫画に慣れた(?)人でセンセの絵柄に違和感無ければ、まぁ…おおむね問題ないでしょう。

こ・う・そ・く こ・う・そ・く
チャーリー にしなか (2006/02/20)
コアマガジン

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コスプレ コメディー 鉄道ファン テニスウェア

■ごめんね、マリア様 (玉越博幸)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■□□□□
・属性 : 学園・オムニバス
・おまけ: あとがき、おまけ4コマ漫画、
      折込ポスター(両面)。
・その他: カラー(4P)、短編×13
      (表題作×11)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「玉越博幸」センセの「ごめんね、マリア様」です。

へぇ、「玉越博幸」センセは「BOYS BE」描いてた人なんですね。
実はそっちほぼ読んでないので、詳しくは知りませんが。

こちらは、「ごめんね、マリア様」なーんてタイトルと、↓表紙のシスターに誘導されてしまいました。
…なんかいいかな、って思ったのよ。

シスター
※こちらはトビラ絵のシスターです。↓表紙より全然イイでしょ?

あとがきによると、当初は短編の予定だったらしく、連続話とはいえそれぞれの関連性ありません。
毎回違うキャラが出てきて、自らのえっち話を”懺悔する”という形で告白・回想するという漫画です。

なお、表紙扉を飾り、ラストでオチをつけるシスターのみが唯一の皆勤賞。
ありえないほどのミニスカートで可愛くていいんですが…まともに活躍するのが最後の話だけ。
それまでは、まるで話に絡んでくることもなく、シスターに買わされてしまったひでるさんとしては非常に残念でした。
また、それぞれキャラ同士の交流もありません。
(※ラストだけ各キャラが再登場しますが、こちらもほとんど顔見せ程度)
各話の出来がさほど悪くないだけ、ちょっとがっかり。
共に収録された短編も似たようなもので、話としては記憶に残らない薄っぺらいモノでした。
そんなん嫌いな人は注意。

シスター2
※そんな訳でシスターです。…やっぱいいよね。
 なんでこの人が主役じゃないかなー。

先ほど↓表紙について触れましたが、これって中途半端で地味ですよね。
こういう塗り方もあるんでしょうけれど、ひと昔前の絵みたいでした。
わかりませんが、セールス的にも損しているように思うんですよ。
しかし、白黒絵になるとこりゃー段違いに巧く、濃くはっきりとした線とベタがよく映えております。
目と口に特長ある人物絵で、通常・えっちシーンどちらも安定して見やすかったです。
できるなら、次は一般でなく成年指定で描いてほしいですね。

ごめんね、マリア様 ごめんね、マリア様
玉越 博幸 (2006/04/28)
白泉社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ミニスカート

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。