FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■久枝さんの背徳日記 (艶々)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・先生
・おまけ: あとがき、アシスタントページ、
      カバー裏に別絵。
・その他: 短編×7(うち、表題作×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「艶々」センセの「久枝さんの背徳日記」です。

この「久枝さんの背徳日記」は初版2000年。
だいぶ古いですね。
他のコミックスの発売を見ると、これが初単行本なのかな?
あとがき、その他に「初」の文字が見当たらなかったので真相不明ですが、とりあえず初期頃であることは間違いない様子。

さて、最近は「たとえば母が」で人気な「艶々」センセ。
過去単行本はこんなんだよー、ということで「久枝さんの背徳日記」をご紹介します。
ちなみに、主婦の色々なんが好きな方(笑)は、1、2話が重なってしまうので、「主婦久枝の日記」のチョイスをオススメします。
そうなんです。
こちらの”久枝さんシリーズ”は4話収録されているんですが、3、4話はストーリー漫画となった「主婦久枝の日記」のそれと違うんですね。
(※ちなみに、「主婦久枝~」は1冊まるごと久枝さんシリーズなのです。でも未完なので気をつけて)
当単行本収録の話は、番外編みたいになってます。

さて、当然ながらひでるさんはどちらも持っているんですが、なぜこちらを選んだのか?
実はこちらに収録された短編「義姉・Sister-in-law」が好きなんですよ。ひでるさん熟女属性薄いので。

主人公「高崎祐」は高校生。
その担任である「暮内みづき」は学園ナンバーワンの美人教師であり、小さい頃に遊んでもらった隣のお姉さんであり、近頃父親の再婚で義理の姉にもなってしまったという…。
その「みづきさん」がやったら積極的でテンション高く、可愛らしいんですよ。

暮内みづき

※こんなん。左が講師姿で右が家での状況です。いいなぁ。
 みづきさんとしては、学校でもベタベタしたいらしい。(→祐くんの願いで二人の関係は秘密になってる)

うーん…なんてゆーか
 もっと甘えてほしいし、どっか遊びに行きたいし、外で食事なんかも……

 
そんなこと言っちゃってます。
みづきさんとしては完全に「弟」ができたって認識なのよ。
祐くん的には「憧れのお姉さん(しかも担任だ)」と同居なんですが…。
まぁ、男女の意識には差があるってーことですね。この場合は年の差もありますし。
それだけに、ラストは目出度く・可愛らしく、良かったです。

他短編は、水泳部コーチの「AQUA PARADISE」、えっち抜きな感動話「眠りの森」となってます。
先に紹介した久枝さんも非常勤講師なので、属性としては先生かなー、ということで↑上もそれにしました。
全体は明るく楽しい話が多い単行本となってます。

絵柄は現在よりもだいぶ古いです。
雰囲気はさして今と変わらなく、抵抗感はないと思います。ただ、ちょっと重たく雑な感じ。
↑添付した「義姉・Sister-in-law」と「眠りの森」が古い部類なので、ご確認下さい。
↓表紙は久枝さんメインですが、この雰囲気に期待した人はコメディー色が強い内容でがっかりするかも。
ちょっとご注意を。

何回か再販もされているようですが、いつ店頭からなくなってしまうか分かりません。
見つけたなら是非手にとって下さい!

久枝さんの背徳日記

久枝さんの背徳日記 / 艶々


★「艶々」センセの漫画紹介記事
 「ラブラブ巫女さん かすみの杜
 「たとえば母が
 「となりのとなりのお姉さん


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 美人教師 コメディー

■眠れる惑星 (陽気婢)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : えっち・不思議
・おまけ: あらすじ、登場人物紹介、
      番外編「山口順子」
・その他: 2巻まで発売。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陽気婢」センセの「眠れる惑星 2巻」です。

1巻のラストではあっと驚かされた「眠れる惑星」の最新単行本。
先日発売されたこちらがえらく面白かったので、さっそくご紹介してみようと思いました。
ちなみに、今回はまったく読んでいない人にはそのままネタバレになってしまうかもしれないので、ご注意下さい。
(※1巻レビューはこらからどうぞ ⇒ 眠れる惑星 1巻

ヘリで連れられた「永井淳平」「深町悦吏子」両名を迎えたのは、「吉野恵美」「尾美房江」ら見知った顔も混じった、多くの女性たちでした…。
単行本では15名という人数の女性が増えていきなり華やかになり、ある程度までの解明がなされています。
いまだ女性のみが目覚めている状況で、目覚めの鍵を握っているのも主人公「永井淳平」のみ。
しかし、その淳平くんは彼女である「深町悦吏子」に振り回され、ハーレムを満喫するどころではないのでした。

この2巻を読むと、1巻はプロローグ的な位置づけであったのでは、と思わせられます。
(…そういえば、あとがきで「お楽しみはこれからだ!」と締めくくってましたね)
人が大幅に増えたことで物語が広がり、眠った世界でのサバイバル生活。
そして状況と原因の究明が徐々に始まっています。
ようやく本編開始、という感じでした。

眠れる惑星

※こうして歓迎される、うらやましい淳平くんです。…実際にこの状況はしんどいようにも思いますけれど。
 ちなみに、第11話表紙には増えた女性たちの紹介があります。漫画を読むのに必須なページ(笑)


こうした個性豊かな女性たちに囲まれる環境としては、よくあるギャルゲーのようですよ。
そのトゥルールート(?)を見ているような感じ。現在のところでは。
それぞれのキャラにもちゃんとエピソードが用意されておるようで、こんなんは「陽気婢」センセの過去作品に通じる感覚でした。
もしかしたら、こちらの作品は最も長い話になるんでしょうかね。
(※単行本では「えっちーず」が5巻まで出てますが、あちらはオムニバスですし)

もちろん無理に私たちを連れて帰ることもできるけど……
 そうしないで選択を迫ってるんだって。
 仲間になるか、それとも -
 二人だけで生きていくのか。


ラスト付近では目覚めていた女性が再び眠ってしまうことが判明し、今後も波乱が予想される本作品。
3巻の発売が待ち遠しいですね。

二宮香

※表紙が寂しいのでオマケ。今回目立っていた「二宮香」さん。

絵柄はやさしい細線のあっさり素朴な青年漫画風です。
全体に悪意は少なく、安心して読めると思います。
えっちではありますが、ソフトに描かれているので女性の方にもオススメ。

なんとなく雰囲気とか「すえひろがり」センセを思い出しますね。
…まぁ、内容とかなんとか全然違うんですが。

眠れる惑星 2 (2) 眠れる惑星 2 (2)
陽気婢 (2006/10/19)
小学館

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : サバイバル トゥルールート ギャルゲー

■ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (鬼頭えん)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : サスペンス・恐怖
・おまけ: あとがき漫画(1巻、2巻)、キャラ紹介(1巻)、
      プロローグ(1巻)、原作・竜騎士07コメント(1巻、2巻)
・その他: 全2巻、カラー(1巻:6P、2巻:2P)、初単行本(?)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鬼頭えん」センセの「ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編」です。

えっと、とりあえず最終話も発売されて一段落ついた(ような気もする)ひぐらし。
解決編で多少落ち着きましたが、ひでるさんは「ひぐらしノイローゼ」でした。
やたら怖いと評判のゲーム版はまだやっていませんが、漫画を基本として、こないだ終わったアニメ、ネット情報、同人誌…などで知っているんですよ。
ちなみに「海野螢」センセのひぐらし同人誌を読んだ頃は単なるギャルゲーだと思っていましたが(笑)

まぁね、そりゃーもう、出題編を知った当初は色々・あれこれ犯人は誰だの、どこが怪しいだのって、ふとした拍子に考えてる自分がいるという、実にアブナイ症状でした。
まさに「ひぐらしノイローゼ」でしたよ。

その後にね、あれこれ知ってだいたい理解できました。たぶん。
ひぐらしのなく頃に」ってーのは恐怖面ばかり強調・宣伝されてますが、実は非常にいい話なんですね~。
泣きそうです…というか泣けます。「皆殺し編」とか。

そんなこんなで今回は「ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編」をご紹介。
たぶん、現在発売の単行本の中で最もレビューされてないかなー、とか思ったので。わかんないけど。

話は原作ひぐらしの外伝。
雛見沢出身の祖母を持つ、主人公「公由夏美」のお話。
問題の雛見沢村が「雛見沢大災害」に遭ったことによってガラリと運命が変わってしまう、狂気と恐怖な物語でした。
ひでるさんはうっかり最後まで読み進んでしまいましたが、くわしーく見ると、こっそりではありますがちゃんとヒントが隠されていました。
隅々まで目を皿のようにして見れば、真相が究明できる…かも。

★ネタバレになるかもしれないので、レビュー途中は念のため伏せておきます。
 知っている方、問題ない方は↓下記【more...】を御参照下さい。

原作ひぐらしとは若干雰囲気異なりますが、全2巻でよくまとまっていました。
平凡な日常が瓦解する様をお楽しみ下さい。
ラストは一見だけハッピーエンドですが、物凄く重たいです。

公由夏美

※ちなみにオープニングはこんなん。このあたりはまるで少女漫画のようなんですが…。

絵柄は濃い線で、写実に近めな青年漫画風。掲載誌の関係もあるのかな。
トーン処理が少ないためか素朴な雰囲気。変な癖もなく、見やすい絵だと思います。
ひぐらし漫画の中で最も巧いのではないでしょうか。
ネタがこんなんなだけに画面はほぼ黒めです。まぁ、白かったら変ですけれど(笑)
1巻ラストにある「プロローグ」から見るとより盛り上がるかもしれません。


ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (1) ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (1)
鬼頭 えん、竜騎士07 他 (2006/04/07)
角川書店

この商品の詳細を見る


ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (2) ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (2)
鬼頭 えん (2006/09/21)
角川書店

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

more...

tag : ひぐらしノイローゼ 少女漫画 ギャルゲー ポートピア連続殺人事件 ひぐらしのなく頃に

■恋の涙と愛の蜜 (いとうえい)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・フェチ
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵(表紙絵とリンク)、
      おまけ漫画「ストッキング」、作品コメント・ラフ絵。
・その他: 短編×10、カラー(6P)、231Pで若干厚め。
      ※たぶん表紙の紙質はワンランク上だと思う。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いとうえい」センセの「恋の涙と愛の蜜」です。

今回もやや厚めでびっくりしました。
つい先日紹介の「かまってくれなくてもいいんだからねっ/稍日向」でも書きましたが、表紙の手触りはさらりと心地よく、なめらかな紙質です。
さらに、カバー裏も続いてカラーであるという、「コアマガジン」さんの贅沢仕様でした。
上にも色々書きましたが、おまけも多いですね。
「いとうえい」センセは大変でしょうけれど、ファンとしては嬉しい限りです。

さて「恋の涙と愛の蜜」は明るいコメディータッチの短編集となってます。
前後の漫画は連続もの。
トップの「恋のSlavery」・「メイドさんとボク」は「恋の~」がロリ女王様の登場する、過去ファンも納得できそな「いとうえい」センセらしい作品。冒頭はカラーですし、力が入っていますね。「メイドさん~」での台詞「ゴミ箱を妊娠させる気ですか…!?」は最高です!

アナタが私のために汚れたのなら 私もアナタと同じだけ汚れればいい

そんな言葉がぐっとくる、ラストを飾っている「蝶の羽」・「蝶のはばたき」はちょっと泣ける(かもしれない)百合漫画です。
ちなみに、どちらも連続ではありますが、一部キャラがちょろっと出演してるだけのことです。

「ぽわぽわ」・「雨音小唄」は姉弟・兄妹の違いがありますが、まっったく真逆な話。
あり得ないほど天然で裸エプロンなお姉ちゃんと、想いを吹っ切るため和服で会いに来る妹の「雪乃さん」
…どちらも現代ファンタジーな世界ですね。

ぽわぽわ・雨音小唄

※こちらが「ぽわぽわ」・「雨音小唄」ですよ。明・暗でもありますね。

ちなみに、「いとうえい」センセ自身が”今回はフェチ本”と言ってましたんで、↑属性でもそうしましたが…どうかなー。
色々ありますから、そういった意味ではフェチでいいのかもしれません。
ちなみに「お尻とか脚のラインが好き」との事。漫画中でもそんなん目立ちました。
好きな方はオススメ(笑)

絵柄は丁寧な細線での成年漫画絵。
あちこちそりゃーもう、よく描かれてます。
目が大きく、可愛いらしい人物絵が基本。大人っぽい女性も得意な方でして、本単行本にも1話そんなんがあります。
濃淡もバランス良く、コマ割りの変化も大きいので見飽きないでしょう。
ちなみに↓表紙の女性はこちらの表紙のみで、本編には登場しません。カラー用のキャラだそうです。
いとうセンセは白黒・カラーともにそれぞれ巧い方です。
表紙で判断して問題ないでしょう。

今回は色々盛りだくさんな内容で、逆を言えば統一感に欠ける作品集でした。
どちらか好きなネタがあるといいですね。
ちなみに、ひでるさんはいとうセンセのファンですんで、評価は甘々ですよ。

恋の涙と愛の蜜 恋の涙と愛の蜜
いとう えい (2006/10/19)
コアマガジン

この商品の詳細を見る


★いとうえいセンセの漫画紹介記事
 「秘密の関係」「少女図鑑」「少女図鑑DX」「LOVE!!恋の翼を探して

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ファンタジー コアマガジン コメディー

■KNIGHT GAME (楠見らんま)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : アンソロジー・ギャグ
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵(表紙絵とリンク)、
      描き下ろし4コマ漫画(3P)
・その他: 短編×17。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「楠見らんま」センセの「KNIGHT GAME」です。

久しぶりにアンソロジー漫画です。
「楠見らんま」センセと言えば、同じく月姫アンソロジーの「MOON TARTE」がありました。
ただね、こちらはデフォルメがきき過ぎというか、あまり刺さりませんでした。
(※猫要素が強かったからかもしれない)
ちなみに「かの缶」も買ったんですが、さして印象に残ってません。
それらアンソロジーで見知っていたので、オリジナル「猫が行く!!」も買ってみたんですが…。
これがイマイチだったんですね。(※以上、ファンの方すみません)
なんだか合わないのかなー、というところで「KNIGHT GAME」です。

原作知らないひでるさんはアンソロなど他から知識を組み立てていくので、こちらも手を出しました。
今までのことがあるんで、気分的には最後の勝負でしたけれど。

とりあえず、ネタ元「Fate」の単語があちこち出てきますんで、その知識が必須。
知らないとおそらく半分程度しか理解できないと思います。
ネタ元がややこしいですけどね。
漫画はほのぼのとしたゲーム内での日常話がメイン。
花嫁衣裳からブルマ姿にまでされてしまうセイバーがやたら可愛らしい位置づけで、そのためかギルガメッシュが多く登場しています。
また、1話だけですが、カレンも登場してます。

カレン魚つり

※やたら釣りのうまいカレンさん。実は…。

彼女の釣りの方法はなかなか見ものです。
この「釣りバカ日記」は描き下ろしを含めて3話あるんですが、どれも個性際立つ面白話でした。
人気あるキャラではアーチャーがちょっと少な目。
そのアーチャーが出る「終わらない時」は凛とのカップルでちょっとイイ話。
そちらを含め、後半はしんみりとしたいい話が続いています。
全体的に、優しく微笑ましい感じのする漫画ですね。

絵柄は太線であっさりとした4コマ漫画風。
ぽよんとした可愛らしい人物絵です。
コレ原作とはだいぶ違ってますが…そちらからの流れな方はどうなんでしょう?
…ちなみに、ひでるさんとしてはまた違った雰囲気でいいんですが。
色が付くと引き締まるようなので、↓表紙絵はなかなかいいですね。
判断するならば裏表紙のが近い感じです。

セイバー

※おまけ。ひでるさんお気に入りのひとコマ。

そうですねー。
やや癖が強かった絵も落ち着き、話としては読後感良く楽しめました。
派手さは薄いですが、よくまとまっていると思います。

KNIGHT GAME

KNIGHT GAME / 楠見 らんま

★過去に紹介したアンソロジー漫画紹介記事
honey piece/染谷美帆
五月病症候群/仏さんじょ
MOON CHILD/荒井チェリー

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : アンソロジー 花嫁衣裳

■かまってくれなくてもいいんだからねっ (稍日向)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ツンデレ
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画(カラー)、
      一部修正、描き下ろしあり。
・その他: 「Perverseness」×5(1.5話が描き下ろし)、
      短編×4、203ページで若干厚め。
     ※たぶん表紙の紙質はワンランク上だと思う。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「稍日向」センセの「かまってくれなくてもいいんだからねっ」です。

まぁた、読みづらい漢字を使ってくれますねー。
「稍日向」で「ややひなた」となるようです。
ややこしいなぁ。

そんなこんなで、コチラ「かまってくれなくてもいいんだからねっ」です。
…これは……実に分かり易いタイトルでした。
まるで中身が透けて見えてきそうでGOOD。
ネットで調べたところ、人気も高いようです。
そのため単行本は「コアマガジン」さんの贅沢仕様となっており、カバー裏にまたカラーが出てくるという、嬉しい二段構え。
過去に紹介した「少女セクト2巻玄鉄絢」とか、先日発売した「恋の涙と愛の蜜/いとうえい」もそうでしたが、こちらはカラー漫画が収録されています。
「稍日向」センセの力の入り具合が伺えます。いいですね。

さて、収録の中編「Perverseness」と短編「キミと2人でsabotage」が単行本のメインであるツンデレ漫画です。
(※他の漫画はツンデレ仕様でないので、それ目的な人は注意のこと)
とにかく男性が清々しいほどのお馬鹿さん。
ヒロイン「天乃さん」が「バカ兄貴」を連呼してますが、さもありなんという感じ。(←そう、妹なんですよ)

天乃さん

※こんな感じ。好きな人はそりゃーたまらんでしょう(笑)

行動を見ていると彼女も似たようなもんですが。…あ、そんなところが盛り上がるのか。
これにもう一人、逆にラブラブで従順な”自称妹”の「亜紗子さん」が加わることで、話の幅が広がっています。
余談ですが、彼女髪が黄色でツインテールと外観はそのまんまなのに、ツンデレではないという(笑)
(※ちなみにWヒロインの「一之江天乃」・「船堀亜紗子」の両名は家に遊びに来るような親友同士です)
いきなりバットで撲殺(ひぐらし?)にかかる「亜紗子さん」登場の2話目、バカさ全開の最終話がストーリー的にもよかったです。
…が。
それらとは逆のラブラブ話、「手作りカップラーメン」がひでるさん的にはツボ。

…もう
 誰も帰ってこないなら
 空腹のまま餓死した方がいい……


ふと呟くその台詞以外がやたらテンション高く明るいので、実に重い一言となっています。いいなぁ。
たかがカップラーメンでここまで話を広げるのは凄い。

絵柄は目立つ濃い線の少年漫画風。
特徴ある、大きな目の描き方と、すとーんとした体型のロリっぽい人物絵です。
濃淡のバランスは良いですが、全体はごっちゃり気味。
あちこち巧い方ですけれど、癖が強いので人を選ぶと思います。
↓基本的には表紙絵そのままです。色がついてもほぼ変化ないので、こちらで判断できます。

そう言えば、初単行本の「隣の巫女さんは皆笑う」もタイトルそのまま巫女さんネタでした。
なんだか印象ないなー、と思ってたら、猫属性が強い漫画なんですね。
ひでるさんは理解できないんですが…猫耳の何がいいんでしょう?

かまってくれなくてもいいんだからねっ かまってくれなくてもいいんだからねっ
稍 日向 (2006/09/19)
コアマガジン

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ツンデレ コアマガジン ツインテール カップラーメン

■好色制服図鑑 (はらざきたくま)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 制服・フェチ
・おまけ: あとがき、雑誌掲載時から手直しあり、
      カバー裏の文字位置が若干違う(表紙と中表紙はリンクしてる)
・その他: 短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「好色制服図鑑」です。

ひでるさんは昔から図鑑・百科の類が好きでした。
全怪人怪獣大百科」とか、「水木しげる妖怪図鑑」とか…。
……どちらにしろそんなんですけどね(笑)

そんな訳でこちらは「好色制服図鑑」
いいですよね、制服って。
ちなみに、「こうしょく」と読むのかと思ったら、「すきいろ」なのでした。
まぁ、どうでもいいですけれど。

さて、「はらざきたくま」センセと言えば「黄金色舞台」ですね。
こちらは全5巻の成年漫画なんですが、そこそこの話がありつつもえっちであるという、大変良いものです。
ただ、今日は「好色制服図鑑」なんで。

話は制服でのえっちに主眼が置かれた短編漫画。
はらざきセンセはあっさり事が始まってしまう特徴がありますが、こちらでもそんなん。
短編・えっち系であるので、あまり期待しない方がいいでしょう。
ちょっとミステリアスな巫女さんの登場する「悪戯」、メイドのお嬢様でオチも良くまとまった「夢ときどき妄想」の2本が読むにも楽しかったです。
それ以外は王道路線でした。

好色制服図鑑

※こんな感じです。OLさんと和服ですね。

細線で濃淡バランスのいい、成年漫画絵。
等身の高い、すらりとしたスタイルの大人っぽい人物絵が基本ですが、目がまんまるになると、漫画っぽい可愛らしいさが引き立ちます。
(※収録作品だと、サンタとウエイトレス)
トーンの使い方がいやらしく、色っぽい絵を描かれる方です。
特にストッキングの描写は見事。
足をすらりと細長く描かれる方なんで、そんなん好きな人には堪らないでしょう(笑)
ちなみにコス種類の残りは、バスガイド、キャンペーン、ナース、スチュワーデス、喫茶店ウエイトレスです。
どちらか思い入れある服装があるならよりいいでしょう。

さて、恒例の表紙についてですが、下手な方です。
これは今回単行本に限らず、毎回思ってます。
色塗りされると、本来の良さが一切なくなってしまうんですよねー。
↓そんな訳で、こちら表紙は判断材料になりません。そんな訳で、↑上記画像にてご確認下さいませ。

絵は非常に巧い方です。
コスプレとかちょっとフェチっぽいのが好みの方はコチラ、あるいははらざきセンセの過去単行本をどうぞ。

好色制服図鑑 好色制服図鑑
はらざき たくま (2006/03/29)
実業之日本社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コスプレ 全怪人怪獣大百科 妖怪 ストッキング

■こんいろ (あずまゆき)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・コスプレ
・おまけ: あとがき。
・その他: 「こんいろ」×7、短編×3、カラー(10P)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あずまゆき」センセの「こんいろ Dark blue」です。

あずまセンセの代表作「こんいろ Dark blue」
なぜ今になって紹介するのか?というと。
なんとこちら、リニューアル・再発売が決定したそうなのです。
「あずまゆき」センセのHPによると、カバーの描き下ろしとショート漫画等が増え、今月28日発売なんだって。

ここで問題点が2つ。
カバーの描き下ろしは、まぁ…再発売するならやって当然でしょう。
ショート漫画?等?
うわ、「ショート」って単語が微妙ですよ。ここが知った内容の再発本を買うかどうか、判断する鍵なんですが…。
それに、「等」って言葉はどこまで?どんなん??
……まぁ、スルーでいいかなー、とか今は思っています。今は。
ちなみに、この再発本には「成年マーク」がなくなっているようです。
当ブログでは何度もこの問題を指摘していますが…曖昧ですね。

こんな再発が近い「こんいろ Dark blue」
主人公「新宮奈々緒」・「新宮奈々子」の二人は自らの写真を公開した、ちょっとえっちなサイトを運営する双子です。
住む家はメイドさんもいたりして結構裕福なんですが、単純にそれだけで終わらないのがポイント。
設定やストーリーは結構深刻なもので、怪我人や死者まで出たりします。(※ちょっとだけどね)
途中から急転直下でラストへと続く流れは、いかにも成年漫画でした。


新宮奈々子

※しまった、バレた!!というシーンです。
 この後、奈々子ちゃんがどう回避するのか考えてみましょー。

えっとね、正直あずまセンセのシリアス話は現在連載の「ボクの番台さん」を含め、あまりよくないんです。
これは絵柄のせいもあろうと思います。
なんだろ、薄べったいというか…深刻になればそれだけこちらが冷める。
収録された短編「女子のアナ」は逆に内容のない、単純えっちで軽い漫画なんですが、こんなののが花丸。
なんのかんの言いながら、ぺかーと明るくえっちになだれ込む、ってのが合っていると思います。

また、「サイト運営」という設定もイマイチ活かしきれていないような気もしました。
とりあえず、服着たままが多い、コスプレちっく漫画です。
そんなん好きな人にはオススメ。
タイトルで「あっ!」と思いましたが……なるほど、みな 紺色 ですよね(笑)

絵柄は濃い線で、輪郭がやや太めな成年漫画絵。
ばちっと目が大きく、可愛らしい人物絵はクセが強い部類に入るので、好みが分かれると思います。
また、こちらはちょっと古い漫画ですから、最近のセンセの絵からは若干やぼったい印象を受けるかもしれません(2002年初版)
注意して下さい。
白黒でもカラーでもさして印象変わらない人です。
↓表紙絵で判断してください。

ちなみに、『ぷれい★ステーショナリー』ってお馬鹿グッズの原画もあずまセンセでした。
……こ、これって…………なんか、もう人としてどうよ、って感じですね。
あずまセンセの絵がぴったりだとは思いますが。

こんいろ こんいろ
あずま ゆき (2003/05)
リイド社

この商品の詳細を見る


※まだ画像ありませんでしたが、↓こちらが新コミックス。
 (表紙絵はセンセのHPトップの絵になるのかもしれない)
こんいろ / あずま ゆき

★過去に紹介したあずまゆきセンセの漫画紹介記事
Glee Green Island


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コスプレ リニューアル

■快感温度n℃ (むつきつとむ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 温泉・ラブコメ
・おまけ: あとがき。
・その他: 現在1巻まで発売。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「むつきつとむ」センセの「快感温度n℃(かいかんおんど・えぬどしー)」です。

恋愛系H漫画の「むつきつとむ」センセ。
こちらでは以前に短編集「オンラインな彼女
を紹介してますが、今回は長編でした。
むつきセンセは2巻くらいまで続くプチ長編が多い方ですが、今回もとりあえず2冊目までは続くようですね。
さて、こちらの「快感温度n℃」はタイトルに”温度”とあるように、温泉宿が舞台のラブコメです。
ちなみに、単行本裏表紙には「Hで和風でドタバタな物語」とありました。

主人公「篠山(田丸)玲児」は「篠山旅館」の息子でしたが、家を飛び出していました。
しかし、経営者であった父の死によって、彼を迎えに来た「温子ちゃん」とひと騒動ありながら連れ戻され、なんやかんやとその後を継ぐよう仕向けられてしまうのでした。
だいたいそんな話。

「温子は今自分の出来る事で、
 どれだけあんたの事が好きなのかってのをアピールしてるんだよ」


温子ちゃん写真


自分に気を向けるため、自作のセクシー写真(↑それね)を渡したりする、ヒロインの「温子ちゃん」
ぽわぽわした独特の”むつきテイスト”で、ちょっとお馬鹿っぽくも可愛らしい娘です。
明るくテンション高く、何度か落ち込みつつも、めげずにぐいぐいと前に出る様は好感が持てます。

温子ちゃん

※こんなん。小動物のようで見ていて気持ちいいですね。

普段は↑そちら、↓表紙絵のようにツインテール(※でもツンデレじゃないよ)で、行動なども手伝って子供っぽいですが、髪を下ろした姿はちょっと大人っぽく見えてドキドキ(笑)
なんだか伏線にもなっているようで。、今後も楽しみです。
とにかく出番が多く目立っており、完全に話を牽引するキャラとなっています。

絵柄は優しく素朴な青年漫画絵。
濃淡のバランスは良く、ページはすっきり見やすいです。
変なクセも少ないので、人を選ばない漫画でしょう。
パタパタ動く機械仕掛けな人形のような、可愛らしいロリ絵が得意。でも、登場するのは普通に大人な女性のが多めです。
だいたい、センセのジャンルとしては絵柄に似合わぬ青年ラブコメなので、年齢としては総じて高いんですね。
↓だいたい表紙のイメージですが、むつきセンセは固定絵よりも作品中の動きがある絵の方が可愛く見えます。
これにいくらかプラスの判断でいいかと思います。

男女間のいざこざが得意な、話の巧い「むつきつとむ」センセ。
全体的に優しい漫画ですから、男女問わず満足できるでしょう。

快感温泉

快感温度n℃ 1 (1) / むつき つとむ

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール

■おとなになるまえに (関谷あさみ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・おまけまんがDX、
      おまけのページに漫画(6P)
・その他: 短編×11、カラー(6P)。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「関谷あさみ」センセの「おとなになるまえに」です。

こちらは「関谷あさみ」センセの先日(19日)発売したての単行本です。
これで2冊目。
あっさりとした、深刻さの薄いロリ漫画ですね。

2話とか、ちょっと続く短編が多い関谷センセ。
「放課後恋愛」、「bitter black」は、そんな関谷センセのスタンダード。
…悪く言えば、変化乏しいほぼ同じようなもの。
明るくほんわかとしたラブえっち系漫画ですね。ちなみにこれらは近親でなく、先輩と先生が相手。
また、「大上さんが来た!」・「八木家の食卓」は動物の擬人化モノ。
通常ならヤギが女の子、狼が男の子で表現されるところなんですが、性別逆であるところがちょっと新鮮。
時計に隠れるのは、確か童話のパロディーですよね。(←タイトル忘れたけど)

異彩を放つ「壁の向こう側」はある意味でリアル。
好き合う兄妹の関係を、部屋を遮っている「壁」とかけています。
おそらく、万が一どちらか好きになったとしても、普通はこんなんでしょうねー。
こちらは単行本中、数少ないシリアス話です。
ちょっとだけ切ない系の良い漫画でした。ラストも素敵にまとまっています。

「いっしょにいてね」は前単行本「ガールズシャワー」より続いている、「お兄ちゃん」「淳ちゃん」「かなちゃん」の3名が登場する近親ラブコメ
まさに関谷センセの漫画要素全てが込められたような、ほのぼの・ラブラブとした、えっち漫画です。

いっしょにいてね

※こんなん。学校では秘密にしている(当たり前か)「かなちゃん」です。

彼らは空いたページなどでもよく登場する固定キャラです。
今回単行本では1話だけですが、おまけまんがは彼らの過去話(淳ちゃん主役)になっていました。これは関係前ですかね。
先に書いた「壁の向こう側」とは対極に位置する話です。
…まぁ、成年漫画としてはこっちのが正しいでしょうけれど。

絵柄は丁寧な細線の成年漫画絵。
内容から人物まで、目と顔の丸いロリ系。コメディー時の”あわて顔”が可愛らしいです。
濃淡はやわらかく、全体は白めで見やすくなってます。
↓表紙絵はソフトでいい感じです。これは「放課後恋愛」の「八重ちゃん」ですか?
だいたい雰囲気はそのまま変わらないので、判断材料になると思います。

誰もが不幸にならない、軽いロリえっちな漫画でした。
コメディーが得意なようですが、シリアスな心理描写も実に巧い方です。
そんな訳で、絵柄が問題なければオススメ。
できれば長編も読みたいですねー。

おとなになるまえに

おとなになるまえに / 関谷 あさみ

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー パロディー

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。