FC2ブログ

■HOSOUDE ほそうで (千葉秀作)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : ギャグ・温泉
・おまけ: あとがき(2巻)
・その他: 全2巻。サイズ違う別タイプ単行本も発売。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「千葉秀作」センセの「HOSOUDE ほそうで」です。

漫画は温泉ラブコメというよくある設定です。
温泉漫画と聞いたひでるさんの記憶だと、「ぬくぬく温泉オアシスーズ/花村鳥郎」とか「歓迎!亀甲館/ねぐらなお」などが思い出されますが、こちらはそのどれとも違う、コメディー色が非常に強いタイプなのです。

お風呂とかシャワーのシーンはガンダムシリーズでもよくあるように、女性キャラを必然的に脱がす手段ですよね。上記の漫画らは舞台を温泉旅館としたことで、サービスシーンが入れやすくなっているのです。そんな訳でえっちがメインなの。
ところが、こちらはテンションの高い馬鹿馬鹿しいギャグが主体となっていて、そういう類のものはお笑いネタの延長か、あくまでもサービス的な位置づけなのです。気軽な気持ちで読める、良質な漫画となってます。

ただ、残念なのは、色々複線やらなにやらをそのままにして、あっさり終わってしまうことです。
あとがきによると、個人的な理由で早く連載を終了することとなったようなんですが、春菜さんは実にいいキャラだったんで惜しいですね。
できれば長く読みたかったんですが、仕方ないかー。

絵柄は濃くはっきりとした線の青年漫画風。人物絵は漫画っぽいんですが、皆すらりとした大人に描かれています。
↓表紙は作中の雰囲気をよく伝えていますんで、こちらで判断できるでしょう。
ギャグ絵が強いところはありますが、万人向けだと思います。

温泉、和服、コメディー、軽いサービスが好きな方はオススメな1冊です。
途中でばっさり切られて終わるのがイヤな方は見送りですね。

HOSOUDE (その1) HOSOUDE (その1)
千葉 秀作 (2003/07)
ワニブックス

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ガンダムシリーズ

■Glee Green Island (あづまゆき)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : ギャグ・学園
・おまけ: カバー裏に別絵、登場人物紹介、一部は描き下ろし。
       あとがき、設定ラフ。
・その他: 4コマあり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あづまゆき」センセの「Glee Green Island」です。

この漫画は「あづまゆき」センセ、ということで、名前の平仮名が「づ」なんですね。
話によってPNをいじる作者さんは多数おりますが、この方の場合は「あずまゆき」から「あづまゆき」になるだけなんで、見分けやすくていいです。まぁ、絵も非常に特徴のある、わかり易いものであるんですが。
ちなみに、ひでるさんとしては「ず」の漫画のが好みです。
いいよね、そっちのが。

話としては異世界の学園コメディーで、女の子の仲良し四人組のお話です。学園ですがラブコメちっくな色は薄く、お気楽な日常生活がメインとなっています。合間にある4コマはなかなか良い出来栄えで、こちら主体でもいいのではないか、と思いました。
(※ちょっと涼しく感じるものもある)

…でもねぇ。
重大な問題なんですが、キャラが定着して話が盛り上がってきた矢先に、コレぱったり終わってしまうんですよ。ええ。
とりあえず単行本を出すのが目標だった、とあとがきにありましたが、ラストもそれっぽい話ではなく、普通に終わります。
実に残念な限りです。
ちなみに、色々実験的な意味合いが強かったらしいことも書かれていました。別にそれを非難するつもりもありませんが、なるほどそういう位置付けな漫画なんですね。

絵柄はやわらかな線の成年漫画絵です。
一人ロリっぽい娘がでてきますが、あづまセンセはやはりこの手のキャラのがしっくりきますね。単純に描き慣れている、ってのもあるとは思いますけど。
ちょっと成年っぽい雰囲気が絵に残っているので、キライな方がいるかもしれません。
表紙絵↓で判断できますんで、裏表しっかり確認してみて下さい。

連載していた「まんがタイムきららMAX」ではセンセの新連載がやっているようなので、ファンでない方は正直そちらのがいいかもしれません。
ファンの方、のほほん・ほんわかしたギャグ漫画が好きな方なら、まぁ…楽しめるでしょう。
あとはお財布と相談して。


Glee Green Island Glee Green Island
あづま ゆき (2005/11/28)
芳文社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : まんがタイムきららMAX

■IZUMO 猛き剣の閃記 (山本和枝)

★まんがデーター [4/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■□□□□
・独創性:■□□□□
・属性 : 原作ゲーム・アクション
・おまけ: あとがき。
・その他: 全1巻。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「山本和枝」センセの「IZUMO 猛き剣の閃記」です。

人気ゲームの漫画化、しかも製作に携わった方が直接漫画を描くパターンは、前に紹介しました「木漏れ日の並木道」と同じパターン。
違う点は、「山本和枝」センセはあくまでもイラストな方で、後者の「結城みつる」センセは漫画が本業(※だよね。あるいは経験があり、慣れているでもいーや)というところでしょう。

ちなみにひでるさんは原作「IZUMO」未プレイです。これアニメとかになってましたっけ?
まぁ、どちらにしろまったく知りません。
お話は、なんというか別世界に転生してどーのこーのなるアクションもの。残念ながら読み終わって特に原作が気になることはなく、また最悪なことに漫画自体が実に酷い。

本来なら、もっと盛りだくさんであろう内容を漫画1冊分に圧縮しているので、なんだか訳わからないうちに進み、終わる。
(※外伝入れる余裕があるんなら、本編を充実させた方がいいのでは?とか思いました)
紙面で盛り上がっているだけ、こちらが冷めるという状態でした。

とりあえず不満点を箇条書きにすると、

・キャラの描き分けがきびしく、誰が誰やらわからない。
・ゲーム原画の時からそうでしたが、山本センセはバランス悪い時が見られる。
・デジタル処理の影響か、本来カラー原稿を白黒としているためか、色が全体的にぼってりと黒目で、重い印象を受ける。

…などです。
漫画で手を抜かれるところは少なくていいんですが、もう少し長く続けないとまるで伝わってきません。
スケジュールなどが影響して単行本1冊分となったのかもしれませんが、消化不良な感じですよ。
そーんな訳で散々悪口書きましたが、原作が知らないならばオススメしません。
山本センセのファンで、設定とかなんとか理解している方なら…面白く感じるんでしょうか?

IZUMO猛き剣の閃記 IZUMO猛き剣の閃記
山本 和枝、スタジオ・エゴ 他 (2006/05/10)
角川書店

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

■ダブルバースデイ (東鉄神)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■□□□
・属性 : ラブコメ・えっち
・おまけ: あとがき、おまけ漫画、アシスタントページ
・その他: 表題作×8話、大学生編×1、短編×1

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東鉄神」センセの「ダブルバースデイ」です。

「東鉄神」でそのまま「あずまてっしん」と読むそうですが、ややこしい名前なこの人の名で検索されてブログにたどり着く方が多いようなので、デビュー2冊目のひでるさんが好きな漫画をば。

こちらは表紙と裏表紙にひかれて購入したんですが、今からみるとちょっと絵柄がかわいい感じになっています。…微妙にですが。
※前のレビューで掲載した「もとかの」の表紙と比べてみてくださいな。
…どう?

お話としては主人公「小川真黄」が性格正反対な双子の女の子(一応、妹とは許婚とされている)が住む家に同居するという…あれあれ?
一方はまじめな優等生で、一方は自由奔放なって、そのまま「もとかの」のネタとあんまり変わんないですね(笑)
おおまかな設定としては。

ただ、こちらは女性二人が姉妹であることと、主人公が仲良くなるのが許婚とされている妹ではなく、姉のほうであるというところがミソ。
なんだーかんだーとありますが、さわやかラブコメとなっています。
えっちシーンもソフトですし。
番外編の「大学生活編」はヒロイン「あおいちゃん」の髪の毛が伸びて、また雰囲気もちょっと大人っぽく描かれており、実にイイ感じでした。
しかし、冬の寒空に氷入りの冷水ぶっかけるのは物凄いですね。
このシーン好きなんで画像でのっけることとしました。
こんなんよ。

氷入り


絵柄ははっきりと濃い線の青年漫画絵。先にも書きましたが、漫画の設定(高校生)なのか、描き慣れる前だったのか、ちょっと可愛らしい絵です。
↓表紙は極端ですね。裏表紙のが作中の雰囲気とよく似てます。
宜しければ、ひでるさんに手を伸ばさせたこの絵をみてみて下さい。

ただね、発売がもう4年前のことなんですよ。
店頭では…もうあまり見かけることないでしょうねぇ…。

ダブルバースデイ

Double Birthday / 東鉄神


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

■TOGETHER! (中垣慶)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 犬・ラブコメ
・おまけ: 2巻に短編「小さな天使」
       …これも動物題材の漫画。本編とちょっとリンクしてます。
      2巻にアシスタント4コマ。あとがき。
      どちらにもページ途中にちょこちょこラフ画とコメント。
・その他: 全2巻。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中垣慶」センセの「TOGETHER!」です。

こちらもかなり古い漫画ですね。
ひでるさんはプロフィールに犬の写真を使うような「犬派」ですが、こちらはそんな犬好きの方が思わず「キュン★」となるような(笑)漫画です。
古本屋以外で現在店頭では見かけること難しいでしょうが、読みたい人はがんばって探してみて下さい。ネットのが早いかも。

主人公「柴田勇樹」は無一文の行き倒れで、偶然にペットショップの店員「早瀬幸」と出会い、そこに居候することとなります。そんな正体不明な柴田くんですが、実は犬をはじめとした様々な動物を自然に手懐けることができる、猛獣使い…でなくアニマルパースン(動物と話せる人間)の才を持っていたのでした。

うん、だいたいそんなお話。
各話とも動物が絡むエピソードがほとんどで、ちょこちょこと豆知識も披露される、読み応えのある内容です。
特に、頻繁に登場する犬に関しては、下半身麻痺になりかかった犬のリハビリシーンなど、ハードでかつ滅多に見られないお話があったりします。
全体的にちょっとイイ話なつくりになってますよ。
場面によっては泣けるかも。

絵柄は少女漫画ちっくな色を感じさせる少年漫画絵、…って変な表現ですね。なんでしょう、線は濃い目ですがやわらかい絵なんですよ。登場人物の年齢層が高めであるためか、ドラマっぽい雰囲気でした。
ただ、キャラ絵にはちょっと癖があるので、人を選ぶかもしれません。
↓表紙でだいたい判断して下さい。(※作中はもう少しやわらかな雰囲気)

「中垣慶」センセはこの漫画か、刑事漫画の「ラディカルCC」が特に好きなひでるですが、何回読んでも飽きないタイプの漫画家さんです。
どちらかで見かけたら、手にとってみてみて!


together

TOGETHER 1 (1) / 中垣 慶

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

■Dブラッド (わたなべ よしまさ)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 成年・ファンタジー
・おまけ: 
・その他: 全二巻。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「わたなべ よしまさ」センセの「Dブラッド」です。

前回に引き続いて古い漫画を引っ張り出してみました。
なぜか、ってーと、左に設置してあります「作者名検索カテゴリー」にて「ら」と「わ」の項目が埋まっていなかったため、とりあえず「わ行」の漫画家さんの名前を探して行き着いたのがこの方。
他には「わたなべわたる」センセや「わんぱく」センセ、「渡瀬悠宇」センセなどが思い当たりますが…とりあえず「わたなべ よしまさ」センセをば。

最近はあまり見られなくなってしまった成年系ファンタジー漫画です。
簡単に書くと、過去に仕留め損ねたドラゴンを倒すべく冒険をするお話。…だいたいそんな感じにまとまると思います。
能力が高いドラゴンを倒すため、それと交わることでドラゴンの血統も持った子孫を残して次代にかける、みたいな描写もあり、成年漫画という特性上どうしてもえっちシーンに目が行きがちではありますが、話としてはそこそこな出来。
お姫様から魔物、召還術など、あちこちしっかりファンタジーしてます。
こういった類のものが好きな方は、結構楽しめるのではないでしょうか?

絵柄はアニメ風な成年漫画絵。
女性陣は皆ケタ違いに胸がでかく(↓表紙参照。作中もこのまんまです)、全体ちょっとのっぺり気味です。どこぞの批評で”古い絵柄”とか書かれていましたが、そのへんが原因ではないでしょうか。まぁ、別に気になるほどではないですが。
とりあえず、あちこちえっち(笑)ですんで、それ目的以外の人は避けた方が賢明。それ目的の人なら満足できる1冊になるでしょう。

ちなみに、「わたなべわたる」センセなんだか引退(活動休止?)したそうです。
あらら…残念。

Dブラッド

Dブラッド 2 (2) / わたなべ よしまさ

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ファンタジー

■でもホントはカバが好き (桐嶋 たける )

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■□□□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : ギャグ・ドタバタ
・おまけ: あとがき
・その他: 形状の違う二タイプが発売。一方は完全版。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「桐嶋 たける 」センセの「でもホントはカバが好き」です。

一部に圧倒的な人気があるであろう本作品。(たぶん)
略して「でもカバ」で呼んであげて下さい。

えっと、お話は女の子の友達三人がアパート借りて共同生活するという、ホームコメディ。
なんだっけ、簡単に説明すると「やっぱり猫が好き」みたいな漫画ですよ。(パロディーかも)
それが、実写でなく漫画だけあって、結構派手にドタバタしたような感じです。
(※部屋の中でゴルフやったり、部屋まるごと浸水したり、火事になったりする)
あちこちで放浪するように連載されていた関係で、いくつかの雑誌を経由して1冊にまとまったのが…何年前だろ、たぶん10年単位くらい過去の話。
ひでるさんはそれ購入。
たしか、緑っぽい表紙だったと記憶しています。んで、ちょっと薄めなの。(※ちなみに売った訳でないですよ!実家帰ればわかるんですが)
それから、5年だか8年くらい後に発売されたのが、表紙カラーで別の方が三名を描いた完全版です。
こちらは前単行本収録分に加え、その後に機会あるたびにちょこちょこ描かれていたものが加えられています。
厚さはこれで、たしか普通の単行本くらい。
ひでるさん、なんとこちらも購入してたりします。
阿呆ですね。

…正直、そんなにストーリーめいたものはないんですけど、独特な展開と突飛なストーリーは見る価値アリ、だと思います。
まぁ、好きなんですよ。

絵柄ですが、↑上の評価ではかなり低く評価つけていますが、これは漫画の特性で、作中絵が飲み物の「リボンちゃん」的に描かれていることに起因しています。
桐嶋 センセ絵は非常にうまい方ですよ、念のため。
(※普通の絵がみたいなら、「神無」とか、ゴクドーくんの漫画か小説みてみて)
そんな絵ですが。コレがまた作品に独特の風味をもたせておりますんで、この旨ご了承下さい。
まぁ、絵を楽しむタイプの漫画ではないですからね。
先に書きましたが、↓表紙は別の方の絵なのでこちらはお気をつけて。


でもホントはカバが好き 完全版 でもホントはカバが好き 完全版
桐嶋 たける (2003/09/25)
一迅社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



絶版本を投票で復刊!

※ちなみに、でもカバは絶版のような雰囲気です。
 ファンの人は後々のため、押してあげて下さい。

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : やっぱり猫が好き リボンちゃん

■少女流幸福攫取論 (笹倉綾人)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき・あとがき漫画、カバー裏におまけ。
・その他: カラー(8P)、短編×10(放課後シリーズ×3、ケミカルシスターズシリーズ×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「笹倉綾人」センセの「少女流幸福攫取論」です。

今回は他単行本で著名な方にしてみました。
こちらは先日アニメでやっていて、今度は映画化までされるという「灼眼のシャナ」のコミックス版を描かれている「笹倉綾人」センセの成年漫画なのですよ。
こうして、一般漫画の人かと思ったら、実は成年漫画を描いていた。
…というパターンは「あずまきよひこ」センセがそうでしたが、なんだか嬉しいひでるです(笑)
(※ちなみに笹倉センセはこっちが先でしたが)
こんなん私だけでしょうか?どう?

さて、いきなり↓表紙がやばいので、慣れていない人はレジまで持っていくのに勇気がいるかもしれませんが、様々なプレッシャーに負けることなく頑張って買って下さい。(…なんじゃそりゃ)

脱ぎなさい!!わたくしがだらけたあなたがたを 立派な男にしてさしあげるわ!!

…そんな暴走っぶりが可笑しい、小宮山さんの登場する「放課後シリーズ」が秀逸。この話が非常に良く目立つ(※ちなみに、カバー裏にも小宮山さん登場する)ので、他がイマイチ印象薄いんですが。そうですね、比較的女の子が強めなので、読後に暗く落ち込むことはありません。世界の平和を守るケミカルシスターズのシリーズもカラーページがあったりと楽しげです。まぁ、変などんでん返しなどないですから、安心して読んでください。

絵柄は線が細く、目が大きいロリ系成年漫画絵。ちょっと全体の色はトーン処理もあって濃い目。出てくるキャラは可愛らしく、魅力的に描かれています。
灼眼のシャナ」のコミックス版しか知らない人はオススメ!あ、18歳以下の方は避けるように。

少女流幸福攫取論 少女流幸福攫取論
笹倉 綾人 (2004/06/25)
茜新社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 灼眼のシャナ

■かんなぎ (武梨えり)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 神さま・ギャグ
・おまけ: あとがき、カバー裏に設定画、
       カラーイラスト(武内崇とのコラボ)
・その他: 1巻まで発売。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「武梨えり」センセの「かんなぎ」です。

このブログで何度かアンソロジー漫画を取り上げておりますが、この「武梨えり」センセもそちらで非常に有名な方です。(と思う)
…で、この「かんなぎ」はセンセの初オリジナルコミックスなのでした。
まぁ、ひでるさんは原作知らないことがほとんどですが、有名原作の助けを借りるアンソロジーで名を上げて、後にオリジナルの単行本が出るというのはなんだか漫画家さんの頑張りが認められたみたいでいいものですね。
結果、買う本が増えて出費がかさむことが唯一の弊害ではありますが。

「かんなぎ」は突然あらわれた神さまを名乗る「ナギ」と主人公「御厨仁」のおかしな同居生活を描いたコメディー…なのかな。
↑上の評価でもストーリーを低くしておりますが、現段階では美少女モノなのか、コメディーなのか、退魔アクションなのか、はたまた学園ものなのか、よくわかんないんですね。どうなるのか、どうしたいのか。まだ1巻で収録が6話という、はじまったばかりというのもあるかもしれませんが…。
あるいは、毎度のごとくひでるさんの頭が弱いせいでしょうか?

アンソロジーでは独特のセンスが実に良かった「武梨えり」センセですが、こちらも同様に一風変わった漫画であります。そのため、まだ良し悪しの結論を出すのは早いかもしれません。
ここは2巻を待ちましょう。

絵柄はちょっと太めな線がはっきりと、しかしすっきりとしています。全体は白めで、少年誌的な雰囲気。あっさり可愛いキャラと淡々とした間は、あまり見ない個性が強いものです。ぽかん、とした表情を実にキュートに描かれる方です。

とりあえず先にも書きましたが、現段階は微妙です。
あ、つまんない訳ではないですよ、そこはくれぐれも間違えないように。
買うかどうかはお財布と相談の上でどうぞ。

かんなぎ 1 (1) かんなぎ 1 (1)
武梨 えり (2006/08/09)
一迅社

この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : アンソロジー

■くちびるためいきさくらいろ (森永みるく)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 百合・ラブコメ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(10P)、短編×7

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森永みるく」センセの「くちびるためいきさくらいろ」です。

一言「漫画」と言っても実に多種多様でして、漫画をごっそり買って、こうしてブログをやっているひでるさんもまだ知らない作者さんや、一部で絶大な人気を得ている方がいたりして、実に驚かされます。
単行本が出て、いつの間にかひとジャンルへ確立しつつあると知ったのが、こんな百合漫画「百合姫コミックス
掲載誌が「百合姫」って、そのままなタイトルにも驚きましたが…売り上げとかどうなんでしょう?

さて、「森永みるく」センセは男性向け成年漫画でも↑そんな系統の話を好んでよく描かれていましたが、本当に好きなようです。
あとがきにもそう書いてありました(笑)
…そう言えば前に紹介した「にくらしいあなたへ」にもちょっと通じる描写がありましたねぇ。

さて、こちらの漫画。
表紙↓がかなりイッちゃった風に描かれていて、男・女ともレジまで持って行きづらい(笑)雰囲気バリバリですが、内容はソフトにしっとり、かつ楽しく描かれているので、問題ないと思います。
ストーリーは声に出して読む(←んな奴いねぇ)のが恥ずかしい、転げまわりたくなるようなラブコメが基本。
それが、単にどちらも女性であるとだけお考え下さい。
野郎不在な女の子ワールドは一般的ではないですが、男女どちらも楽しめると思います。
特に女性はこういった話は好きなんでないでしょうか?
どう?

ちなみにそれぞれは独立した短編ですが舞台設定は同じ学校(同じ世界)でして、ちょこちょこキャラが被っていたりします。表紙の二人を主役にした漫画は2話収録されており、それぞれ連続でも個別でも読めるように工夫されていました。
さすがに成年誌をやっていただけのことはありますねー。ちょっとした技術が光ります。

私…お姫様役があなただから今回の役引きうけたのに… 好きでもないコに… キスなんてできないわ

下級生に人気のある美形な先輩が、実は周囲も呆れるほどの大ボケだった、という「キスと恋と王子様」はギャグも得意な森永センセ特有な風味で実に良かったです。
4ページはカラーでして、気合も感じられました。
話としてはひと区切りついているんですが、ちょっと続きを読んでみたく思います。難しいかな。

絵柄は少女漫画と成年漫画の中間…そう、柔らかでありながらはっきりとした細線で、やや少女漫画ちっくな可愛らしいものです。
ギャグ絵は明るく、シリアス絵はしっとり繊細に描かれています。
ちなみにHシーンまではありませんので、ご安心下さい。(※近いものはある)

百合系統が好きな方、ラブコメ好きな方、森永センセの旧作品からのファンな方ならば大丈夫。
それらに当てはまらない方は、入門編としてちょっと覗いてみては如何でしょうか?
オススメしますよ!


くちびるためいきさくらいろ くちびるためいきさくらいろ
森永 みるく (2006/01/18)
一迅社

この商品の詳細を見る



★過去に紹介した百合姫コミックス
ストロベリーシェイクSweet/林家志弦
voiceful/ナヲコ


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 百合姫コミックス

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】