FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マチュリティ 性的成熟 (伊佐美・F・ノゾミ)

★まんがデーター [10/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] 巨乳・近親
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9(うち「ターニングポイント」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「伊佐美・F・ノゾミ(いさみ・えふ・のぞみ)」センセの「マチュリティ 性的成熟」です。

ターニングポイント・ヒロインズ
※ターニングポイント・ヒロインズ
 中央にいるのが「美優さん」です。


■マチュリティ 性的成熟 (伊佐美・F・ノゾミ)


★構成・絵柄 巨乳系 成年

「マチュリティ 性的成熟」は前後編の1エピソードと、短編による構成。
連続話は、うまいこと2話に分かれている印象です。
事態が大きく発展した、みたいな。
短編には近親関係がちらほらあり、兄妹というカップル。
年下なわりにはサイズしっかりしてますね。
故あって(後述します)、いちおう↑上の属性は巨乳としていますが。
そうやたらに強調されている印象ではありません
”えっちにはっちゃけた感じ”の人物であり、お話群。
コメディーちっくな仕上がりで、ラブという要素は少なめでした。

すっきりとした線の絵柄。
全体の色づきはデジタル塗りっぽく薄め。
ただ、黒はクッキリと目立っていました。
描き込みはだいたい適度なくらい。
大小で斜めとか変化もあるコマ割りがため、ページは賑やかめ。
線は乱れなく安定しているんですが。
バランスはややセンセ独特なものになってます

人物絵は表情を含めて硬く、鋭角的な印象。
かなり癖はあり、人を選ぶものだと思います。
カラーだとやや雰囲気は異なるので。
判断には「ヒット出版社」さんのHPがオススメです。
立ち読みもあり、公開されていたのは「ターニングポイント 前編」でした。
あるいは、過去単行本ほかサンプルの多い「DMM」さんがオススメです。

★収録話 9話収録

003:「ターニングポイント」 前後編
真面目に仕事をしていたものの、リストラの対象とされてしまった主人公。
初めて挫折を味わった彼は、行き場なさそうに駅に座っていた女の子を家に連れて帰ったのでした。
本当に下心ないのねー!つまんない!
とか言われていましたが。
彼女が驚くくらいにタンパクですね。
えっち仕掛けられて”非常識な!”とか言ってますが、それはアンタも同じよ。
そのまま彼女が居ついてしまった後編。
いきなり4名に増えていました
猫みたいね。
そんな訳で、こちらは複数えっち展開です。
人によってはこれ以上ないシチュエーションなんですが。
彼が偏屈でなかなかの変わり者であるため、ヒロインらとの掛け合いも面白く仕上がっていました。
オチでもまだそうしたモノローグになっていましたけれど。
彼にとっては、彼女らとの生活続けた方が人間味出そう。
「美優」さん(前編からの娘さんね)との相性も良いと思いましたよ。

053:「2.5」
2次元好きな兄を更生させるべく、妹「麻里奈」さんが奮闘する王道ネタです。
コスプレするというネタも定番。
触らせてくれたりもしているんですが、お兄ちゃん陥落早いなぁ。
どこまで「麻里奈さん」が考えていたのか知りませんけど。
そんな中途半端では終われないってば。
オチのバニーがいいですね。

妹「麻里奈」、妹「理奈」
※左:妹「麻里奈」、右:妹「理奈」
 妹です。この2人であれば、「理奈さん」の話のがいいなぁ。

081:「カケアイ」
妹「理奈」と部屋が共同で、帰宅した兄がその独りえっち現場に鉢合わせするというもの。
ブラック気味な冗談に、彼女が乗っかってしまう流れ。
売り言葉に書い言葉みたいなのが重なって、近親えっちに発展してしまうのでした
ああ、ちょっと面白い。
強気な態度である「理奈さん」の可愛らしい面がいいですね。
次のお話ができそう。

103:「ふぉーちゅんりんぐ」
家で留守番をしている「雛森」さん。
TVの占いにて”運命の出会い”と言われたのを鵜呑みにし、たまたま来た宅急便のお兄さんをそれだと信じ込んだのでした。
いろいろ流れはあったものの。
家に上がって接待受けてしまうのは、本来御法度ではないかなぁ。
あっさりタガ外れちゃってたし。
彼女も童顔で可愛らしい娘さんでしたが、やってる事はなかなか大胆。
途中はその言動から、ちょっと可愛そうでしたよ。
オチがあんな感じでしたが。
なんだか安心。

127:「MONEY or」
アパートの隣の部屋にて、学校で顔見知りな「久我山みさき」が援交をしていたことを知った「佐藤」くん。
さっそく彼女を呼び出し、そのネタを突き付けてみたのでした。
うん、あれは恥ずかしい。
行動する前に、しっかり考えて下さい。
しかし、「みさきさん」は彼の手に収まるような存在ではないですね。
ショートカットの真面目そうな方なんですが。

143:「妹の事情」
妹「このみ」が睡眠薬を用い、こっそり兄「圭介」とえっちしているという設定。
えっちに興味津々であったのが、暴走してのものなんですが。
独りプレイでは満足できなくなった彼女は、
すぐにヤらせてあげるのに!
とか言ってました。
「このみさん」は眼鏡にポニーテールで、なかなか凛々しい雰囲気のヒロインなんですが。
ちょっと変わった娘さんでしたねー。
ただ、だからと言って「圭介くん」の性欲が無くなるまでは大袈裟だと思います。

雛森さん、妹「このみ」
※左:雛森さん、右:妹「このみ」
 「このみさん」よりも「雛森さん」のが妹っぽいでしょ。

159:「彼女の肖像」
昔、仲の良かった従姉「詩織」さんと再び同居することとなった「卓司」くん。
近しい関係ではあったものの、思春期な彼の初恋な相手であり。
似た女優のえっち動画などを集めていたんですが…。
久しぶりに再会した彼女は、その中の援交モノの女優とそっくりだったのです。
成年漫画のお約束、独りえっちを目撃されからの展開。
「詩織さん」の告白はなかなか驚くようなであったものの、えっちはラブい仕上がりでした。

189:「School-Girls」
こちらは4ページのショート漫画です。
収録の「このみさん」、「麻里奈さん」、「理奈さん」という近親な女性らの学校えっちになってます。
それぞれの後日談という感覚で、巻末収録が丁度よい塩梅。
描き下ろしではないのね。
それぞれ関係がちょっとずつ異なるところに注目下さい
これは「理奈さん」の反応が最も楽しいかな。

★その他

そんな訳で「伊佐美ノゾミ」センセでした。
こちらのブログでは「ちんかも!」、「少女穴リスト」と紹介しています。
今回ので7冊目か8冊目。
名義が「伊佐美 ノゾミA」となっている「ネオテニー 」と同時発売になっていました。
アルファベットは、どうやら収録ヒロインのバストサイズみたい。
AとFって、なるほど面白い事考えましたねー。
これは巧い。
以前であれば2冊まるまるゲットしてくるところなんですが。
サンプルをよーく見比べて、巨乳系をチョイスしてみました。
絵のバランスとしてはこっちかなぁ、と。

マチュリティ (セラフィンコミックス)マチュリティ (セラフィンコミックス)
(2012/07/06)
伊佐美・F・ノゾミ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー コスプレ ショートカット ポニーテール

■姫物語 PrincessStory (オザケン)

★まんがデーター [13/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・お嬢様
・おまけ: カバー裏にあとがき、合間にキャラ紹介・蘭さん設定詳細、
      描き下ろし「温泉☆プレジャーナイト」
・その他: カラー(4P)、短編×7
      (うち「大名のKomachi Angel」×5、「男と女のラブ☆ドール」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「オザケン」センセの「姫物語 Princess Story」です。

お姫様「高見沢沙代」
※お姫様「高見沢沙代」
 使用前・使用後です。実に可愛らしい方でしたよ。
 

■姫物語 PrincessStory (オザケン)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

「姫物語 Princess Story」は、2つの中編による構成。
メインは14ページほどの描き下ろしを含めた連続話です。
↓表紙・裏表紙を飾るお姫様ですね。
ラブコメなんですが、設定がためにラブのが強めな印象。
ヒロインが複数登場していたものの、えっちも浮気っぽい流れでないんですね。
また、ラストは実に良い感じに仕上がっていました
もう1つは、2話の連続話。
攻守が変更されるようなタイプです。
こちらはコメディー色が強めな、楽しい仕上がりになっていました。

センセの描かれるヒロインは、縦長で背丈があり。
漫画らしい可愛さありつつも、適度なバランス感覚で流れるような黒髪も素晴らしく。
和服・お姫様なんてキャラは抜群
まぁ、↓表紙にぐさーってきた方は、手にとって問題はありません。

しっかりとした描き込みと、黒の強い濃淡。
たまに乱れ・崩れは感じるものの、大きく目立つほどではなく。
良く動き、勢いもあり、派手でパンチのある作画でした。
癖はありますが、そうイヤミなものではないので、間口は広め。
背景・小物は無難なまとまり。
コメディーからシリアスまで漫画は巧く、そう引っ掛かるようなポイントもありません
判断については、だいたい↓表紙でも大丈夫ですが、やっぱりカット絵ある裏表紙でしょう。
あるいは、サンプル豊富な「ティーアイネット」さんのHPがオススメ。
「大名のKomachi Angel」の1話目がまるまる立ち読めましたよ。

★収録話 7話収録

003:「大名のKomachi Angel」 4話
199:「温泉☆プレジャーナイト」 描き下ろし
祖父から江戸時代頃のもの、と聞いていた鏡を磨いていた主人公「士郎」
すると、その鏡の中から、大名・高見沢家のお姫様「高見沢沙代」がタイムスリップしてきたのです。
当初は信じなかったものの、次第に自らの周囲に起こっている事を認識した彼女は。
…これも犬神の祟りかもしれぬな…
そう、呟くのです。
曰く、
”胸に黒子(ほくろ)のある女子は犬神に呪われていて、交わった男は末代まで祟られる”
とのこと。
そう沈む「沙代」に対して、「士郎」は迷信だと言い切ったのでした。
だいたいそんな導入部。

江戸時代のお姫様とのラブコメ話。
いわゆるタイムスリップものなんですが、結構気楽に皆さん現代・江戸を行き来しているところがポイント。
まぁ、成年漫画でページ数も限られてますからね。
現代、あるいは江戸の文化・光景に困惑するところはそこそこに。
メイン「沙代さん」ほか、過去からの住人らとのえっちが繰り広げられておりました。
ややこしい描写は少なく、すんなり楽しめるラブコメ漫画に仕上がってます

菊池弥生さん、蘭さん
※左:菊池弥生さん、右:蘭さん
 バストサイズが両極端なお2人です。

1話目は現代に「沙代さん」が現れるというもの。
この頃は普通にお姫様でしたねー。
呪いを真っ向から否定して、普通にえっちの相手まで出来ちゃう「士郎くん」
後半にちょっと描写されてましたが、「沙代さん」からすれば初めの人かもしれませんね。
こうした設定がため、えっちに至る流れは自然なものでした。

ちなみに、犬神の呪い、を検索してみましたが。
あくまで、漫画設定のようですね。
騙され易いとか、困った人を見捨てられない~みたいなのがヒットしてましたよ。

現代にすっかり馴染んだ「沙代さん」が見られる2話目。
うん、やっぱり着物のが似合うわね。
メインは「士郎くん」が江戸時代にタイムスリップするというもの。
こちらでは菊池家の姫「菊池弥生」さんが登場。
こうした漫画では定番の、「沙代さん」が好きな妹的存在でした。
「士郎くん」に敵意を抱くのもいつも通り。
お抱えくのいち「陣内」を派遣し、2人の仲を裂こうとしておりました。
まぁ、大した策もなく、やたら直接的でしたが。
えっちは「弥生さん」を含めた複数。
見事な貧乳でしたよ

3話目は「沙代さん」に誘われ、新キャラ「蘭」さんに会いに行くお話です。
”吉原でも最高の遊女”であったという彼女
先の「弥生さん」と逆で、やたらな巨乳の色っぽい方でした。
経験豊富な彼女に、「士郎くん」がえっちで試されるんですが。
それを察して、彼に甘える「沙代さん」がキュート。
事が済んだ後に「蘭さん」が言った台詞は納得。
ああ、なるほどなぁ。
また、「沙代さん」のオチでの台詞もまた同様でした。
ここは非常に爽やかですね

最終話はカラー原稿から始まっています。
そちらのシーンは、本編のクライマックス部分ですね。
冒頭にて色々と前フリがありましたが。
ここでは、1話目から示されていた最大の問題について「士郎くん」が挑むというもの。
「弥生さん」を止めた彼が格好良いです。
いつの間にか(笑)
メインがどんな流れになるのか、ご期待下さい。
良いお話でした。
「沙代さん」が幸せで何より。
描き下ろし「温泉☆プレジャーナイト」は「大名のKomachi Angel」の番外編。
皆で海へ出掛けるというお話で、成年漫画らしく集団えっち。
先の「陣内さん」も参加してましたよ。

145:「男と女のラブ☆ドール」 2話
同時収録のこちらは、お嬢様とのお話。
センセ自身があとがきにて、”お金持ちメイン”と言っていたので、↑上の属性部分はお嬢様としてみました。
さっきの「沙代さん」はお姫様ですけどね。

やや当たりが強く、らしいお嬢様「道玄院沙月(どうげんいん・さつき)」
幼い頃よりずっと仕えており、お互いに気ごころの知れた使用人「橘」にいつしか恋心を抱いていたのです。
立場を気にして一線を守っている彼。
なんとなく夜にその部屋を訪ねてみたところ、自分にそっくりに等身大人形があったのでした。
だいたい、そうした導入部。

お嬢様・使用人のラブコメですね。
ラブラブでもあるんですが、お互いちょっとズレた感じがコメディーちっくに仕上がってます

お嬢様「道玄院沙月」
※お嬢様「道玄院沙月」
 こちらもイイトコのお嬢様なのでした。

お嬢様「沙月さん」から仕掛ける1話目。
いちおう「橘くん」は優秀な使用人であるみたい。
ただ、そっくりな等身大人形をこっそり所持しているなど、やや危ない雰囲気もありました。
どーでもいいですが、両想いで良かったわね。
あの人形との場面で、「沙月さん」は気持ちが通じていたことを喜んでいるんですが。
普通は…立派にアブない人ですから。
お話は、その人形に「沙月さん」が入れ替わるというもの。
この漫画のポイントは、よくあるパターンと違い、耐えられなくなった「沙月さん」が声を出してしまうところ。
当然ながら、そこでバレてしまうんですが…その後の「橘くん」に注目。
うん、やっぱり変な人だー。
えっち後の布団をかぶってるお嬢様がキュート。

2話目はその逆で、「橘くん」から仕掛けるというもの。
今度は彼が人形のフリをするんですが。
「沙月さん」も変わった人ねぇ、特に中盤あたりが。
お尻とかでしちゃってるんですけど、なにゆえそんな本を読んでいたのかな。
彼のために頑張る姿が可愛らしいです。

★その他

そんなこんなで、「オザケン」センセでした。
だいたい7冊目くらいになるのかな。
こちらのブログでは、似たような構成の「発情るオトメ」、1冊まるまるの長編「のーぱん」を紹介しています。
ほか、別名義「小沢田健吾」での2冊「制服専科」・「学校でイこう!」も取り上げてました。

センセの漫画・お話は肌に合うようで、どちらも好みではあるんですが。
これまでの中で、個人的には最も刺さりました。
やっぱり和風ですわね。
前述してますが、センセの絵柄は和服との相性良いと思います
↓表紙も素敵でしたよ。
なお、カバー裏はもうょっと引いた構図で、背景に描かれたヒロインらがもう少しだけ見易くなってました。
その彩色版がセンセのHPにあったので、ぜひそちらもどうぞ。

姫物語 (MUJIN COMICS)姫物語 (MUJIN COMICS)
(2012/07/06)
オザケン

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■奴隷兎とアンソニー (赤月みゅうと)

★まんがデーター [13/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメファンタジー
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(12P)、短編×7(うち「奴隷兎とアンソニー」×6)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「赤月みゅうと(あかつき・みゅうと)」センセの「奴隷兎とアンソニー」です。

シャーロット・初音
※シャーロット・初音
 前半はこんな感じなんですが…。


■奴隷兎とアンソニー (赤月みゅうと)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

「奴隷兎とアンソニー」はメイン中編による構成。
比較的繋がりのあるストーリー漫画で、じわじわ示されていたものがオチにて一気に弾けたような感覚
全裸率は高く、えっちシーンも豊富なんですが。
キッチリ良いお話に落ち着いていました。
単行本のほとんどはそちらですね。
もう1話は短編。
こちらもまた最後でぐっとくる、良作品でした。
いちおう、↑属性ではラブコメとしていますが。
ぶっちゃけ、そうした単語を飛び越えたようなお話が展開されます
泣かせます
それでいてえっちシーンもおろそかではないので、読み応えある成年漫画がお好きな人にオススメ。

こざっぱりとした線の絵柄。
描き込みはだいたい適度なくらいなんですが。
ページ全体では細かな作画が多く、かなりごっちゃりとした風情。
全体の色づきはそこそこ。
濃淡はさほど強くはなく、それがため前述した賑やかさがより感じられます。
ただ、心なしか…前巻のが良かったような…
バランスの崩れがあります。
性格にはセンセ独自の癖だと思うんですが、そちらが目立っていて。
個人的にはちらほら引っ掛かってしまいました。
漫画・表現的なものにはまったく問題ないんですけどね。
なんというか、もう1歩くらいの丁寧さが欲しかったです。
読んでいてお話に引き込まれますんで、そう大きなポイントではないと思いますが。
判断については、「ティーアイネット」さんのHPか、あるいはカット絵が見易い裏表紙が良いでしょう。

★収録話 7話収録

003:「奴隷兎とアンソニー」
こちらが表題となっている、メイン中編。
まるまる1冊にして良さそうなほどのページ数があり、読み応えのあるお話に仕上がっていました。

「前島ヒロト」のクラスに転校してきた、「シャーロット・初音」
彼の隣席となった彼女は、
人の心が読めるんだよー?
そう軽々しく話しかけてきたのでした。
なかなか信じない「ヒロト」に対し、「シャーロット」は不思議な道具などを示してみせたのです。

「これからヒロトのHな願望は、シャーロットが全部叶えてあげるんだからね」

大雑把ですが、だいたいそんなお話。
あとがきによると、
”ライトにエロを楽しめる本”
というのが、もともとのコンセプトであったみたい。
そのためか、前半はどこぞの猫型ロボットなお話のように、色々なアイテムによって彼の願望を叶えておりました。
派手なえっちが見れます。
漫画にじわじわ「シャーロットさん」の本音が描かれるようになってからが、一気にクライマックス。
このえっちな漫画が、はたしてどういった結末を迎えるのか、お楽しみに。

星野フユミ、クラス委員「白石美穂」
※左:星野フユミ、右:クラス委員「白石美穂」
 「白石さん」はもっと絡んでも良さそうでしたが。

003:「ゴシュメガ」 カラー原稿あり
こちらが冒頭話です。
タイトルのそれは、その人の見たい物が見えるという、”ご都合主義メガネ”の略。
カラー原稿部分は、「シャーロットさん」とのえっち。
次のエピソード「シャセトマ」の変形です。
8ページと長く、前述したこの漫画を象徴するような台詞で終わっていました。

本編は”ゴシュメガ”をつけた、ちょっと時間が先の光景から始まります。
その効果がため、ヒロインの「シャーロットさん」は無論のこと、クライスメイトらもガッチリ全裸です。
共学であるのに、ちゃんと視界には女性だけしかいないのが、いかにも成年漫画ですわね。
可笑しかったのが、「シャーロットさん」の台詞。
ズバリ!ヒロトはHなことばかり考えている!!
まぁ、このくらいな年齢の男子に言えば、たいてい当たりますよ、それ。
えっちは、「シャーロットさん」がぱっくりするというもの。
前述したように周囲は全裸のクラスメイトらで、ちょっと気になっていたクラス委員「白石美穂」さんも同様。
冷静に見て、「ヒロトくん」の雰囲気はやたらに変なんですが。
そんな彼普通に話しかけ、リクエストにも応じているなど、いい娘さんでした。

035:「シャセトマ」
タイトルは、”ボッキと射精が止まらなくなるアレ”とのこと。
前話の直後で、メインヒロイン「シャーロットさん」との校内えっちです。
階段の踊り場でしたが…かなり声が響くと思うんですが。
なんらかの効果がため、かき消されているのかな。
ラストを知った2周目で見ると、なるほど彼女の台詞にそんなんが垣間見えますわね。

059:「Mad as a March Hare」
それからというもの、「シャーロットさん」とガンガンえっちを続けていた「ヒロトくん」
ある日、その現場を「白石さん」に見られてしまったのでした。
そんな訳で、「白石さん」とのえっち話。
タイトルの道具がため、彼女から求められるという流れでした。
学校モノの定番、保健室ですね。
そうしたえっちシーンもいいんですが…。
前半に「ヒロトくん」言っていた台詞の裏が描かれるオチが深い。
また、このあたりから、じわじわ「シャーロットさん」の本音が描かれるようになってます。

085:「シンクロニシティ」
「ヒロトくん」をいじめていた3人組「桜井ハルカ」、「宮下ナツキ」、「星野フユミ」との複数えっちから始まるこちら。
「シャーロットさん」にしたえっち感覚が、先の3名にも伝わるというもの。
普通に授業を受けていた彼女らの反応に注目。
こんなんはひでるさん好きなパターンなんですけど、ゆっくり・じっくりとした描写が欲しかったなぁ。
雰囲気としては、静かに耐えている「フユミさん」がいい感じ。
彼女はそれまでのシーンでも、残る2人とはちょっとキャラ違うんですよね。

109:「シカトヤラナイカ?」 カラー原稿あり
シャワー室に出没する、Hな幽霊というお話。
カラー部分は招待不明なそちらとのプレイにハマってしまった、運動部「舞」さんの独白から。
アプローチがこれまでと異なるので、一瞬漫画が変わったのかと思いました。
ほか運動部女生徒らも巻き込む、複数えっちです。

135:「相思相愛」
そんなこんなで、こちらが最終話。
過去描写からなんですが…「アンソニー」の名前でピンとくるでしょう。
「シャーロットさん」が倒れてしまったことを切っ掛けとして、物語の背景がすっかーと見えるようになります。
なるほどー。
「ヒロトくん」のアレは…シチュエーション的にし仕方ないかな。
手紙を書いといて良かったですね。
ああした場面は、泣けて困ります
また、最後には「シャーロットさん」視点でのプロローグ、転校生として教室に入る直前が描かれているんですが。
ここがまた非常に良かったです。

183:「ビー……サイレント…」
こちらは同時収録の短編。
短編…と言っても、44ページほどあるため、読み応えからえっちシーンまでたっぷりでした。
”これは死ぬほど奥手だった女の子の一世一代の復讐劇”
そうした、なかなか物騒なオープニングとなっているこちら。

サツキさん
※サツキさん
 こうした冒頭になっています。

「カンダ」と結婚することとなった「ミツキ」
さんざん人の彼氏を寝取っていた彼女が最終的に選んだ相手は、親友「サツキ」の彼氏だったのです。
大雑把にはそうした設定。
結婚披露パーティーに半ば無理やり出席させられた「サツキさん」
彼女は、生まれて初めてという感情のまま、復讐を実行するのでした。
皆が酔い潰れた宴会後に、彼を寝取り返すというもの。
付き合っていた時には、キスすらしていなかったんですね。

声を殺してのえっちが刺激的。
その後にある、オチ前のシーンにはドキっとするでしょう
びっくりしました(本当)
また、結婚式でのシーンがやたらいい感じ。
涙腺を直撃してきましたよー。
ただ、そうした2人に対して、「カンダくん」はまさに空気そのもの。
本編でも言われてましたが。
彼のどこが良かったんだろう。

★その他

以上、「赤月みゅうと」センセでした。
こちらが3冊目の単行本。
ブログでは初単行本「イノセント ~少女メモリア~」、2冊目「少女×少女×少女」を紹介しています。

今回もいいお話ではあったものの。
うーん、「少女×少女×少女」が名作過ぎたかなぁ。
前述したように作画も刺さらなかったこともあると思います。
和服が良かったかも。
ただし、成年漫画の連続話としてはやはり優れたものでした。
次も期待します。

奴隷兎とアンソニー (MUJIN COMICS)奴隷兎とアンソニー (MUJIN COMICS)
(2012/07/06)
赤月みゅうと

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ファンタジー

■性的時間 (狼亮輔)

★まんがデーター [11/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・巨乳
・おまけ: あとがき、カラー描き下ろし「性的時間」、
      加筆修正あり。
・その他: カラー(16P)、短編×13(うち「奈央さんシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「狼亮輔(おおかみ・りょうすけ)」センセの「性的時間」です。

奈央・理央
※奈央・理央
 ↓表紙の娘さんですよ。


■性的時間 (狼亮輔)


★構成・絵柄 巨乳系 成年ラブコメ

「性的時間」の収録は全て短編によるもの。
ショートでしたが描き下ろしが収録されており。
そちらのキャラが、本編でも顔を見せていたカップルで、いちおう連続となってます。
↑上の”その他”ではシリーズとか書きましたが、単に同一ヒロインの別シチュエーションという風情です。
さして繋がりはありません。
ジャンルとしては、だいたいラブコメ
ラブのが強めですかね。
だいたい楽しい話でしたが、一部は暗めなものもあるので気をつけて下さい。
皆さんむちむちで、特にバストが大きめでしたよ。

初出を見たところ、ほぼ最近の原稿でまとまっていました。
それに加筆修正があるため、安定しています。
センセのHPには描き直しのサンプルがありましたよー
線は柔らかで、やや強め。
濃淡は適度なくらいで、デジタルっぽい色彩です。
全体的に派手な描き方。
デフォルメちっくですね。
ため、目立つような乱れはないものの、バランスが微妙なコマもありました。
キャラは肉付き良く、漫画らしい可愛さあるもの。
漫画の描き方を含めて癖があるため、人を選ぶと思います。
判断については、センセ自身のHPか、立ち読みもできる「ワニマガジン社」さんのHPがオススメ。
あるいは、カバーイラストでも大丈夫です。

★収録話 13話収録

001:「性的時間」 カラー原稿・描き下ろし
005:「エコエロサマー」 カラー原稿
011:「耐える女」 カラー原稿
冒頭はカラー原稿のショートもの。
「性的時間」は4ページで、描き下ろし。
↓表紙・裏表紙を飾るヒロイン「奈央」さんの教室えっちでした。
「エコエロサマー」、「耐える女」は6ページ。
前者は夏にエアコン故障した部屋での汗だくネタ。
肝心の暑さが表現としてイマイチで、さして特徴的ではありません。
後者は旦那の上司と同僚女性にえっちされるというもの。
いちおうWヒロインなんですが、ページ少ないですね。

017:「どっちのあのコ」
こちらは双子姉妹が登場するお話なんですが。
昔愛用していた双眼鏡を覗いた「颯太」くん。
すると、向かいのマンションにてえっちする幼馴染み姉妹のどちらかを発見してしまったのです。
双眼鏡性能がため、顔はハッキリしておらず。
実は好きだった「奈央」さんであったらどうしようと悩むのでした。
大雑把にはそうしたお話。
双子モノの新しいアプローチですねー
ただ、本人も言っていたようにそっくりな双子ではなく。
冷静になれば分かったのではないかなぁ。

…と、いまブログ描いてて気付きましたが。
冒頭の描き下ろし「性的時間」はこちらの2人でした。
ありゃりゃ。
似てるなーって見てたら、名前同じでしたよ。
だから「あっちの校舎から見てるかも」なんて発言があったんですね。

凛、舞美
※左:凛、右:舞美
 本屋さんがいいですね。こりゃ、通うわ―。

037:「初めてをあなたへ」
教師「林」とこっそり付き合っていた「山田」さん。
しかし、クラスメイト「習志野」にキスをしていたところを目撃されてしまったのでした。
そんな訳で脅迫えっち。
実際にはギリギリまでするだけで、寸止められており。
ネトラレな雰囲気漂う漫画になっていました。
苦手な方は要注意。

059:「ボウカン・カイカン」
4名での飲み会後というお話。
「紗智子」・「悟」のえっちに触発され、「舞美」・「数人」もしてしまうというのがだいたいの流れ。
ただ、「舞美さん」は「悟くん」が好きであったという設定もあり、安易にえっちへ発展しません。
彼の”メンドクセー”という感覚は、なんだか分かる気がします。
彼女が部屋を飛び出したため、公園えっちとなっていました。

079:「えろぃほんやさん」
書店の看板娘「凛」さん。
彼女に憧れていた「真也」くんにお誘いえっちという展開です。
彼は単なる客ではなく、お店を手伝っていたこともあるようで。
そうした努力が実を結んだのかな。
むちむちとしたスタイルで、逆に服着たままでも十分えっちでした。

099:「だいしゅきランジェリー」
下着メーカーに勤める主人公に、隣の「結花」さんが…
”可愛い下着を買いに行くのが恥ずかしいので、商品を見せろ”
と言ってきたのが切っ掛け。
本編でも言ってましたね。
お隣のお兄ちゃんに頼む方がよほど恥ずかしいような気もしますが。
着替えた下着姿を見せたりするなど、やっぱりラブラブでした。
おっきいですね。
途中のおっぱいがはじけ出る描写が好き。

119:「誘引マウス」
料理が得意な「治樹」くんと、食べる担当の「穂乃香」さん。
ややトロそうなところが可愛い娘さんでしたね。
食材で変なモノつくるまで、彼追い込まれていましたが。
とっとと告白してしまえ。

139:「びしょ濡れハプニング」
クールな「高宏」くんと、逆にいちゃいちゃしたい「りさ」ちゃん。
銭湯の掃除を頼まれ、久しぶりに2人きりなシチュエーションとなった「りさちゃん」はさっそくアプローチを開始したのでした。
そんな訳で、うっかり彼女がびしょ濡れ・透け透けになるという、タイトルそのままなネタです。
冷静な彼にも刺さったようでした。
かなりのサイズであるのに、ブラしてないのねー。
ただ、後半のアレは「高宏くん」のが正しいと思いますよ。

155:「忘れ物純愛詩」
頻繁に忘れ物、落し物をする彼女「琴子」さん。
まぁ、イラっとした彼も仕方ないか。
身体で受け止めたげて下さい。
12ページと、ちょっと短めです。

167:「義母の挿茶」
結婚した主人公「直樹」は、妻「麻衣」の家に婿養子として入ったんですが。
義母は「麻衣」にとっても義母で、まだ若さもある女性であったのでした。
茶道教室なんぞをやっており、和服姿がいい感じ。
どうなるのかなーって思っていたら。
ド直球でした。
なんだか可笑しい(笑)

結花、義母
※左:結花、右:義母
 むちむちです。下着がえっちです。

183:「肉嫁」
親友「敦子」の紹介で、めでたく「永輝」との結婚式を迎えた「陽菜」
しかし、「敦子」に連れられた先は式場ではなく、見知らぬ男どもがいたのでした。
屈折してるなぁ。
後半「敦子さん」も参加しますが、それもまた切ないですよ。

★その他

そんなこんなで、「狼亮輔」センセでした。
こちらのブログでは「恥ずかしい乳房」、「もみゅちち」、「乳物語 チチモノガタリ」…と、ひととおり紹介してます。
こちらが4冊目ですねー。
色々と収録されていましたが、もうひとパンチ欲しい感じ。
前巻「乳物語 チチモノガタリ」のような、キャラの強さある中編とか見たいです。

性的時間 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)性的時間 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2012/05/31)
狼亮輔

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■ちんちこちんこあくま (上田裕)

★まんがデーター [15/15] 
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・ロリ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(24P)、短編×13。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田裕(うえだ・ゆう)」センセの「ちんちこちんこあくま」です。

はるにゃさん
※はるにゃさん
 まぁ、高校生には見えないかなぁ。


■ちんちこちんこあくま (上田裕)


★構成・絵柄 ロリ系 成年ラブコメ

「ちんちこちんこあくま」は短編集。
「茜新社」さんのHPでは、収録作品に前後編と書いてありましたが(2012/06/27現在)、たぶん間違いでは。
連続してそうな雰囲気あるものの、ないと思います。
なかったです。
ショートですが、収録にはカラー原稿の漫画もありました。

漫画はLOのシリーズで、そのままのロリ系。
だいたい小●生なヒロインになってます。
お話は、簡単に言えばラブコメとなるんですが。
特にラブはそう強くない印象。
ヒロインの皆さんは若い割に現実的で、どこか淡々としたところがあり
こうした系統の漫画でも独特な空気が漂っていました。

この過剰ではない(ある意味強さもありますが)デフォルメ感覚が、個人的には好き。
逆に、徹底的に可愛く、甘い感じがお好きな方には、ちょっと合わないかもしれません。
コメも派手ではなく、控えめな可笑しさになってます。

すっきりとした線の、丁寧な作画。
黒も適度に強いくらいな濃淡で、見易いです。
描き込みもしつこくなく、あっさりでもなく、こちらも丁度よい感覚でした。
大小は当然あるものの、コマ割りは比較的大きめで、複雑さはなく。
全体的に、綺麗なまとまりの原稿です。

丸っこい目と輪郭の可愛らしいキャラ絵。
例外もおりますが、皆さん見事な貧乳っぷりでした。
表情・動きなどバランスは非常に良く。
乱れや崩れもなく、表現的にも引っ掛かる個所はありません。
多少癖はあるものの、コレというマイナス点はないです。
カラーでもそう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

★収録話 13話収録

003:「おねだりします」 カラー原稿
011:「ケンカをしよう」 カラー原稿
083:「お姫さまになりたい」 カラー原稿
これらは8ページのカラー漫画です。
やや長めのショートですね。、
なお、「お姫さまになりたい」はだいたい単行本の中盤あたりに位置してますが、他2話は冒頭に収録されてます。

「おねだりします」は、ヒロイン「愛美」ちゃんとのえっち。
若いくせして淡々としており、えっちも良いんですが。
彼女とはやりとりが可笑しいです。
オチのコマの表情が好き。
「ケンカをしよう」は、何かと言い合いになってしまう「響」ちゃんのカップル。
キーワード「別れる」については口に出さないというのは、なんだかリアルでした。
「お姫さまになりたい」は複数えっち。
こちらは成年漫画らしいまとまりだと思います。
ただ、センセの漫画なので…もう1パンチ欲しい気が。

019:「写真に撮ろう」
日常の出来事ブログにしている、女子高生「はるにゃ」と直接会うというお話。
彼が選ばれたのは、すぐ慣れ慣れしくしなかったため。
我慢も大切ですね。
どう見ても高校生ではない、初々しさがキュートでした。
携帯カメラであっちこっち写真に残してましたが…ちょっと怖く感じますよ。

橋原芽衣、千尋さん
※左:橋原芽衣、右:千尋さん
 今回単行本では、この「千尋さん」だと思います。

051:「夏のにおい」
こちらは兄妹の近親系。
寝ていた兄の股間が横から顔を見せていたので、妹「夏奈」は思わず箸でつまんでみたのでした。
いきなり触ったり、咥えたりしないのはなんだか現実にありそう。
まぁ、この2人はえっちな事もしてるんですけどね。
妹を相手にしながら、真顔で普通に匂いかいだりしてるお兄ちゃんが面白いです。
2人はどんな初えっちだったのかな。

067:「手コキが好き?」
妹「クミ」、その友人「梨子」の2人に攻められるというもの。
別に拘束されたりしている訳ではないんですが。
なんのかんのとされるがままでした。
いいなぁ。
前話と違い、こちらは妹「クミちゃん」に対してやり辛さを言ってます。
まぁ、そうでしょうね。

091:「雇ってください」
冗談でメイドの募集をしたら本当にきちゃった、という切っ掛けのお話。
うお、冗談でもやってみるものですね(笑)
コロコロとした反応が可愛らしい、メイド服の眼鏡さん「橋原芽衣」ちゃん。
夜のご奉仕、とか恥ずかしがりつつも自ら言ってました。
こりゃー、いじり甲斐がありますよ。

113:「一緒にイこう」
ジャージ姿で、ショートカットな「千尋」さん。
学習塾講師とのえっちでした。
こちらのヒロイン「千尋さん」は、中性的な魅力があり。
収録では最も異質な存在で、印象に残りました。
あの冒頭な雰囲気からの、
大サービス、大盤振る舞いですよ~~~
…が、両極端で非常に良かったです。
今回は彼女でしょう。

133:「エンコーして」
仕事終わりに、街中でだらっとしていたところ。
いきなり隣の幼い女の子が、エンコーとかなんとかの看板を掲げようとしたのでした。
独特のマイペースさがあり、先の「はるにゃさん」よりもしたたかな印象。
こざっぱりとした性格で、最近の娘はこんなんかなーって思ったりして。
入るよー
とかなんとか、その前後が好き。
こざっぱりとしたオチも非常にいい雰囲気でした。

151:「先生大好き」
こちらの先生とは、ヨガ・スタジオでのもの。
母親と共に生徒として通っている、「佐奈」ちゃんに誘惑されるというネタです。
こちらの彼はよく自制していましたが。
「佐奈ちゃん」のが1枚上手でしたよ。
それでいて、子供っぽい可愛らしさもちゃんとあるんですけどね。
先生、羨ましいなぁ。

169:「おっぱいがすき」
久しぶりに会った、隣の家の娘「理央」ちゃんの胸が大きくなっていた、という切っ掛け。
あー、男性はちらほら似たような経験があるのではないかなぁ。
やっぱり見ちゃいますよね。
気付かれてますよね(笑)
お互い付き合ってる訳でも、好きあっていた訳でもないんですが。
会話からの微妙な距離感がよく表現されていました。
このお話はまた良いですわー。
法事がためか、黒の服装で落ち着いた物腰に見えました。

185:「おもちゃで遊ぼう」
こちらも妹「さくら」ちゃんとのお話なんですが。
ごく簡単には、タイトルそのままでした。
お兄ちゃんひどいなぁ。
これはオチが素敵です。

「エンコーして」のヒロイン、理央ちゃん
※左:「エンコーして」のヒロイン、右:理央ちゃん
 収録でも「理央ちゃん」は最も素直な可愛らしさがあったかも

201:「理想の恋人」
家庭教師の先生と、生徒「小林美緒」ちゃんのカップル。
俺けっこうMだから……
そんな発言に、敏感に反応していました。
なかなかややこしい娘さんですね。
先生はこれからも頭上がらなそうだな。

★その他

そんな訳で、「上田裕」センセでした。
紹介帯には”LOのエース”とか書かれてましたよ。
こちらのブログでは、初単行本「かちんこちんこあくま」、2冊目「とびだせ!こあくま」と紹介しており。
こちらでついに”こあくま”シリーズも3冊目です。
よくよく見たら、初単行本とよく似たタイトルなんですねー。
どっちも危険だなぁ。
ぜひ、女性にタイトル読みあげて欲しいですわ(笑)
↓表紙の雰囲気も1冊目と似ていたので、皆さん勘違いしないように。


<br />ちんちこちんこあくま


ちんちこちんこあくま (TENMAコミックス LO)ちんちこちんこあくま (TENMAコミックス LO)
(2012/06/28)
上田 裕

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット

■お母さんを僕にください (新井理恵)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般] コメディー・保育園
・おまけ: 
・その他: 折り返しに作者紹介、6話収録、現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「新井理恵(あらい・りえ)」センセの「お母さんを僕にください 1巻」です。

若原茜
※若原茜
 彼女だけ別漫画のようなバランスです。


■お母さんを僕にください 1巻 (新井理恵)


★構成・絵柄 一般コメディー

「お母さんを僕にください」は巻数をまたぐ長編。
普通にストーリー漫画となっていました。
タイトルの通り、結婚がネタにはなっているんですが。
お話のメインは保育園でのアレコレでした。
そちらとか↓表紙から察せられる、甘い雰囲気はありません
ラブコメではないので、くれぐれも注意下さい。
裏のあらすじ部分には、”痛快毒舌ギャグコメディ”と書かれていました。
そう、後述しますが、ブラック感たっぷりな仕上がりです。
読み手によっては、気になる人がいるかもしれません。

さらりと柔らかな線の作画。
濃淡と描き込み具合は適度なくらい。
結構白比率はあったものの不足感なく、見易いです。
シリアスからコメディーまで、漫画の巧い方
ややテキストが多めかな。
ただしテンポは良いため、サクサクと読み進められるでしょう。
表情豊かなキャラ絵で、漫画っぽく崩れたりすることも頻繁。
バランスに優れ、リアル調もお上手。
特に引っ掛かる部分はありません。
カラーとそう変化はないので、判断については↓表紙で問題なし。
やや癖はありますが、こちらについてはそう人を選ぶものではないと思います。
やっぱり、お話のがキッチリ好き嫌いあるだろうなぁ。

★収録話 6話収録

保育園の雇われ園長「淺川誠」
すらりとしたスタイルで若さもあり、園児の母親からはモテモテ。
実際に関係している方もちらほらあり、なにかと巧く立ち回っていたんですが。
ある日、”19歳で未婚の母”という、「悠人」の保護者「若原茜」が訪ねてくると…
園長先生!!私と結婚してもらえませんか!!
いきなりそんなことを言ってきたのでした。
だいたいそんな感じ。

保育園を舞台とした、コメディー長編。
「茜さん」が持ちかけたのは偽装結婚なんですが。
それによって、ちょっとヒネてる主人公「誠くん」が人間的に成長する…というものなのかな。

園児の母親たち
※園児の母親たち
 彼女らも多分に黒いのです。

↓表紙にもなっている、いちおうヒロインである「茜さん」が登場女性で1人だけ可愛らしい感じなんですが。
(※園児は除く)
独特なペースをお持ちの方で、奥様らから人気ある「誠くん」のオーラも彼女には通じず。
結果として、ラブっぽい描写はほとんどありません。
実は美人という主任「蛯沢」さんともうまくかみ合わず、心理的な安定についてはまだ先のようでした。

逆にコメディーについては頻繁。
独特のしれっとしたものから、はっちゃけたものまで、満載でした。
それに至る前後が、普通のストーリー漫画、下手をするとシリアスな雰囲気があるため、その落差はかなりのもの
全盛期の「野茂英雄」投手という感じですわね。
後述しますが、久しぶりにセンセの漫画を見て気付きましたが。
口に出さず、心で突っ込むのが多いですね。
しかも、ボケ・ツッコミのどっちも、影さすようなエグさがあり
だから毒舌とか描かれるんだろうなぁ。

そうした感じで、コメディーではあるものの、ぱっと明るい雰囲気とはやや異なっており。
独特なブラック感に包まれたの漫画となっていました。
そうしたのが苦手かなーって思う人は注意。

切っ掛けとなる1話目。
「拓海」くんの母親と「誠くん」は関係しているんですが。
その「拓海くん」は彼の黒さを感じ取っているようで、怖がっていました。
うんうん、そうだろうなぁ
それに対して、まったく物怖じしない「悠人くん」は大物ですね。
故あって、料理を作りに行くこととなる2話目。
後半のあれは、非常に良いシーンなんですが。
「誠くん」はまたひねくったこと考える人だなぁ。
印象だけのことなので、素直に喜べばいいのに。
「茜さん」とは良いカップルですね。
その料理がため、家に通っていることが他の奥様方にバレるという3話。
こちらもまた、あちこちえらくブラックですね。
新キャラの「大西」とか。
「茜さん」が可愛いですよ。

主任「蛯沢」
※主任「蛯沢」
 ポイントになるキャラのようです。右は妄想な彼女。

節分行事の4話目。
特殊メイクで鬼そのものという「吉野」と、いつもとさして変わらない「誠くん」の対比に注目。
「拓海くん」が面白いです。
また、「蛯沢さん」の素顔も公開されているので、お楽しみに。
なぜか「茜さん」がヘロヘロになっている5話目。
冒頭では”水商売”なんて単語も登場しており、気になるところでしたが。
良い雰囲気だったのが、ラスト前で急転直下にオチていました。
「蛯沢さん」・「吉野」との色々が描かれる、収録での最終6話。
ああして、1人ぐるぐると考えをめぐらせるあたりは、いかにもですね。
ちらほら気にしている「蛯沢さん」の秘密が垣間見えたところで、1巻は終了。
この漫画、次はどうなるんでしょう。

★その他

そんな訳で「新井理恵」センセでした。
このブログでも「M ーエムー」、「子供達をせめないで」の2冊を紹介しているんですが。
よくよく見てみると、06年と開始すぐのことでした。
そうなのか。

実際のところ続巻とか読んではいるんですが、なんだか久しぶり。
3年振りくらいかな。
今回のコレも、ぱっと見かけて懐かしさから手に取ってしまいました。
↓表紙の彼女がいかにもセンセっぽかったですね。
漫画もまぁ、いかにもそんな感じでしたよ。

お母さんを僕にください (1) (バーズコミックス スピカコレクション)お母さんを僕にください (1) (バーズコミックス スピカコレクション)
(2012/05/24)
新井 理恵

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■いんらん少女辞典 (ありまなつぼん)

★まんがデーター [11/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] コメディー・猫耳
・おまけ: あとがき、ゲストページ、描き下ろし「おまけまんが」、
      カバー裏に作品解説漫画。
・その他: カラー(4P)、短編×12(うち「多面性彼女」×2、
      「傷ついた~シリーズ」×2、「初恋レシピ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ありまなつぼん」センセの「いんらん少女辞典」です。

久しぶりに前置きを。
まぁ、えろい話なんですけどね。
こちら のサンプルにて、最後に顔を見せていた娘が気になっていて。
ざー、と調べていたところ、先日判明しました、「中野ひなた」さん。
単独では↓こんなん。


<br />Taylor Girl 中野ひなた

Taylor Girl 中野ひなた

やたらに反応良く、固定の写真より動画のが数百倍可愛らしい娘さんでした。
久しぶりに刺さったので、無名のとか、いくつか探したりして見ていたんですが。
以前に出演してたらしい、名義「福井えり」時代の↓コチラ。


<br />この娘使用中! 福井えり

この娘使用中! 福井えり

いちおう扱いは”イメージビデオ”になっているものの。
やってるプレイは、完全にAVそのものですね。
これは、いいのかな。
ぶっちゃけ、普通に直接してるよりもエロティックでした。
おすすめ

委員長さん
※委員長さん
 左右は同一人物です。この変貌っぷりがいいですね。
 

■いんらん少女辞典 (ありまなつぼん)


★構成・絵柄 成年コメディー

さて、話を戻しまして。
「いんらん少女辞典」は中編を含む単行本。
ぱっと見よりも連続話は多く、また前巻からの引き続き登場キャラもおり。
どちらかと言うと、続けて見ている人に優しい構成でした。

お話は、そう連続性がある訳ではないんですが。
だいたい説明はざっくりしているので、知っている人のが良いと思います。

↓表紙・裏表紙のように、可愛らしい絵柄を描かれる方。
ただ、お話はラブコメから遠く、コメディー調
紹介帯では”理不尽”という単語を使ってますね。

男性は特に一部振り切れたようなキャラが目立ち、漫画をかき回しておりました。
絵柄より、コチラの癖のが大きい方だと思います。
可愛らしい雰囲気につられると、やや肩透かしを喰らうかもしれません
逆に言えば、”滅多に見かけられない漫画群”です。
良い・悪いは置いといて。
好き嫌いについては、真っ二つになるのではないかなぁ。

前述したように、幅広輪郭で大きい目のキュートな女の子を描かれています。
↑上の属性部分では通り易いよう”猫耳”としましたが、なんちゃら耳な娘が頻繁に登場してました。
スレンダーで、貧乳・ロリちっく。
ちらほらコメディー崩れをしていました。

さらりとした細線で、濃淡は全体的に薄め。
すっきりと見易いものです。
時期が古いのか、もさっとした太めな線の原稿もありましたが、そう多くはなく。
前述したように、お話のがドギツイ色(笑)があり。
そっちが目立つためか、絵柄はあまり気になりません。
特に描き下ろしほか、新しい原稿は良い感じでした。
判断には、センセのHPへお邪魔するのが良いかと思います。

★収録話 12話収録

007:「しれっとガール」
023:「スパイラル・ナイトメア」
冒頭話は、過去単行本から連続で出演している「ねこ」さん・「淫魔」さんのシリーズ。
センセのお気に入りなようで、今後も出て来ると想像されます。
なお、前回訳分かんない、というようなことをひでるさん書いてますが、「しれっとガール」の作中には”わかりやすい相関図”が差し込まれていました。
かなり、ばっさりとしていて、コメディーな雰囲気ではあるものの。
いきなり見た方へのフォローには十分で、やはりあるとないとでは大違い。
また、続く「スパイラル・ナイトメア」の冒頭にはあらすじ、登場人物図があり、しっかりとしていました。
親切でしたよ。
なお、お話は前者が「ねこさん」、後者が「淫魔さん」とのえっち。
どちらも彼の寝込みを襲うネタになっていました。
うまなってるし、の部分が好き。

「ピリオドのこっち側。」のヒロイン、生徒「梓」
※左:「ピリオドのこっち側。」のヒロイン、右:生徒「梓」
 比較画像です。漫画はだいたいコメディー調。

035:「多面性彼女」 2話
眼鏡の委員長さんにラブレターを送った「加納大成」くん。
地味目でクラスにもなじめていおらず、彼的には翔さんがあったんですが、あっさり玉砕。
その後、夜の学校で彼女を発見した「加納くん」が後をつけてみると…と、そんなお話。
前後編という風情のストーリー漫画。
1話目は彼の視点、そして2話目は「委員長」さん視点でのネタばらしになっています。
クラスで彼女が浮いてた理由も示唆されてますわね。
結構可愛らしい雰囲気なのに、難儀な娘さんだなぁ。
みつ編みを解いて、眼鏡を外しているため、ほぼ別人。
とか思ったら、↓表紙はこちらの彼女でした。
そうかー。
コスチュームも刺激的で可愛いかったです。
ただ、オチがあーなるとは、本気で予想外

067:「傷ついた分だけ優しくできるよとか、真に受けない方がいいんだぜ」
083:「ピリオドのこっち側。」
あらすじでは、分かりませんでしたが。
なんと、こちらの2話も、ちゃんと…まぁ、ちゃんと続く連続話。
どーでもいいですが。
センセが描く男性キャラは、ややこしくはっちゃけた方が多いですね
こちらのストーリーはセンセ自身が
「さっぱりわかりません」
と書いているそのまま、よく分かんないお話。
妙なまでの勢いはあるんですけど。

099:「一期一会を大切にしよう」
牛丼屋の前で、座ってテイクアウトの牛丼をガツガツ食べていた、ツインテールなヒロインに声をかけられるという切っ掛け。
ああ、男性だけでなく、女性もこんな感じか(笑)
オチはあんな感じになっているものの、次がまた期待できそうな感じ。
あとがきには、”可愛い女の子が描きたい”という切っ掛けであったと書かれてましたが…。
そのコメントからしてコメディーですよ。

115:「narrow cube」
どちらかに閉じ込められている、なんちゃら耳なヒロインのお話。
一見では不幸な境遇に置かれていた、彼女の本音が見れます。
得てしてそういうものかもしれませんね。
個人的には、座っている際の半開きな目が好きです。

131:「初恋レシピ」 
147:「初恋レシピ その後」 
冒頭での、生徒・教師のラブコメちっくな雰囲気が、たった1コマで崩壊するのが見事。
教師「篠山」に恋していた生徒「梓」さんが…そう、詳細は伏せときますね。
何らかあって、えっち展開になるというのが前者。
「梓さん」は実に面白いリアクションしてましたよ。
後者はその後の2人を描いた、ややショートな漫画。
前話もそうですが、黒のセーラー服が素敵です。
冒頭のスカートめくるのがお気に入り。

155:「ようこそ、ここへ。」
宇宙人…でいいのかな。
研究対象を地球人に選んだ「ラミ」が、「ラエ」と共に地球向かうお話。
実は「ラミ」の裏目的はえっちであり、漫画は彼女の独りプレイ。
続き描かれるようなことをあとかきに描かれてましたが、連続ストーリーのプロローグ的な感じ。
まったく詳細は記されておりません。
「ラエ」は”お兄ちゃん”とか呼ばれてましたが、猫耳メイドな雰囲気。
バストもあるようなのですが、性別不明なままです。

ラミ
※ラミ
 次の単行本には続編が描かれるんでしょうか。

167:「おまけまんが」 描き下ろし
こちらは、前巻から続いて登場の片目隠れる髪型がキュートな「死神」さん。
お得意のコメディー調で、ガチャガチャとしてます。
えっち時はマント・ビキニという衣装。
冒頭のセーラー服姿が良かったんですが、ここはちと残念。

★その他

以上、「ありまなつぼん」センセでした。
こちらが3冊目ですかね。
ブログでは以前に、2冊目である「快楽少女」を紹介してます。
紹介してますが…それ08年でした。
うわー、ずいぶんかかりましたねぇ。

さて、↑上で書かなかったので、追加の情報。
収録されてるカラー原稿は、漫画ではなくイラストです。
↓表紙みたいな感じがお好きな人にはいいかも。


いんらん少女辞典

いんらん少女辞典 (ワールドコミックススペシャル)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■はじおつ。 (卯花つかさ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメ・男性恐怖症
・おまけ: あとがき・4コマ、カバー裏に4コマ・ラフ絵、
      合間にネタ絵。
・その他: 折り返しに作者コメント、6.5話収録、
      現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「卯花つかさ(うのはな・つかさ)」センセの「はじおつ。 1巻」です。

ヒロイン特集1:表情豊かな「向日葵さん」
※ヒロイン特集1:表情豊かな「向日葵さん」
 どっちかというと、困った顔のが多いんですが。


■はじおつ。 1巻 (卯花つかさ)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

「はじおつ。」は一般のラブコメ漫画。
巻数表記そのままの長編モノ。
ストーリー漫画ですね。
ひでるさんの紹介ですが、特にえっち系ではありません。
ごくノーマルで、全年齢対象でした。

コレというサービスカットも特になく(笑)、青春な恋愛話となってます。
恋に恋してるような初々しさ。
人によっては…合わないかもしれません。
なお、アマゾンで見たところ。
すぐ7月には、2巻の発売があるようでした。
1巻の感じだと、そう長々とは引っ張れないと思うので…
次で完結かなぁ。

ふんわりとした軽い作画。
そこそこ白比率があり、描き込みはこざっぱりとしています。
濃淡にもそう濃さはありませんでした。
キャラ絵は曲線で可愛らしいまとまり。
素朴なイメージですね
表情などはパッと伝わりやすく、良かったです。
背景・小物なども、やはりさっぱりとした雰囲気。
目立つような大崩れはないものの、バランスはたまに弱さを感じました。
また、そうしたのが目につきやすい作画であると思います。
判断なついては、だいたい↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

★収録話 6.5話収録

わたしと…付き合って下さい!!

人生初めての告白をOKされた「芦原向日葵(あしはら・ひまり)」
しかし、その表情はなぜか浮かないものでした。

ずっと女子校であった「向日葵」は男性に対する免疫なく、やや恐怖症気味。
それを心配した友人「やえ」・「柊子」らは、”度胸試し”で告白するよう促していたのです。
ともかく、そうした流れで学校も名前すらも知らなかった、「甲斐悟」と付き合うこととなったんですが。
その交際はぎこちなく、ゆったりとした進展になるのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

ヒロイン特集2:携帯扱い下手な「向日葵さん」
※ヒロイン特集2:携帯扱い下手な「向日葵さん」
 ここは良くダメっぷりが表現されていると思います。

告白から始まる、青春ラブコメ漫画です。
1巻は結局手も触れぬまま終わってしまいました。
まぁ…こんな娘は現代にいないだろうなぁ。
でも、昔の交際ってのは、こうしたものですよね。
(それとまったく同じではないですが)
ぐるっと1周して、逆に新しいのかも

あらすじにもあるように。
頑張って告白をしている「向日葵さん」ですが、その好意はまだ曖昧なもの。
「甲斐くん」とはクラスどころか学校からして異なり、通学路での顔見知り。
一度落としたキーホルダーを彼が拾ってくれただけ。
そのため単行本では、ちらほら”度胸試し”、”成長”というようなキーワードが見られてました。

これ、視点が「甲斐くん」だけであれば、不意に女の子から告白されたりして、いいんですが。
「向日葵さん」のそうした裏事情は…身勝手なものですわね。
まぁ、学生時代の付き合いは、そうした感じなのかもしれませんけど。
「けんかをやめて」の歌詞みたいな。

純粋に可愛らしく描かれており、おそらくは今後お互いに感情を高めていくのか。
どこかで真実を知られ、真っ暗なバッサリとした終わり方でも面白いかも。
(絵柄の雰囲気ではないかな)

告白からの1話目。
不意なOKに困惑する「向日葵さん」が描かれていましたが。
お相手の「甲斐くん」もなかなか面白い子ですね。
ある意味、やたらお似合いなカップルですよ
2話目からお付き合い開始。
…と言っても、ただ通学の際に横を歩くだけ。
ぐったりしてましたが、あの沈黙は厳しい。
なにか話題振ったって下さい。
相手がどうであれ、それは男子の役割だと思いますよ。
ただ、あの手紙は高感度アップするだろうなぁ。

メールのやり取りを描いた3話目。
ああ、もうじれったいなぁ。
お互いメールの到着にやきもきしてる様をお楽しみに。
適度に誤字のあるメールが可笑しいです
特に合間のネタ絵が。
一緒に帰宅するというのが4話目。
あ、それもまだなのか。
登校している時点で、帰りも一緒だろうと思ってましたが。
そんな訳で、どちらも特訓ちっくなお話になってます。
5話目がその放課後デート。
「向日葵さん」とは違い、「甲斐くん」はかなり意識していたことが分かります。
男子だねぇ。
後半ではなかなか格好良いところを見せてました。
(良いか悪いかは置いといて)
照れる「向日葵さん」がキュートです。

ヒロイン特集3:いっぱい・いっぱい「向日葵さん」
※ヒロイン特集3:いっぱい・いっぱい「向日葵さん」
 右のコマが好き。いい表情ですね。

収録での最終6話、6.5話はその後日談。
タイミングはそう悪くないのでは。
彼女があんな状態では、何言ったって受け入れることできないだけで。
ここでも「甲斐くん」は意外なほど格好良いですね。
普通に付き合えばいいじゃない。

この雰囲気だと、巧く落ち着きそうかなー。
彼はなかなか良い人だったし。

★その他

そんなこんなで「卯花つかさ」センセでした。
ひでるさんはこちらが初見。
検索してみると、「ダ・カーポ」の漫画とか描かれてたみたい。
ゲームの原画もやってましたよ。

なお、こちらの紹介帯には心理テストがありました。
なんでだろ。
(※カバー裏の4コマは、裏表紙から続く心理テストネタ)
ちなみに、ひでるさんチョイスは「牛」
そう。
確かにギリギリまで食料なり、お金なり生み出しそうなので。
あるいは「馬」かなー。
特に漫画と関係あるかは置いといて、ちょっと楽しめました。
こんなん楽しいです。

はじおつ。 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)はじおつ。 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2012/06/12)
卯花 つかさ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■破廉恥乙女 (椿屋めぐる)

★まんがデーター [10/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・胸
・おまけ: あとがき漫画、作品解説、加筆修正あり、
      描き下ろし「も~っと!見せたガール」、
      カバー裏に漫画「がんばれ!伊藤先生」・「まけるな!伊藤先生」
・その他: カラー(8P)、短編×10
      (うち「ドンマイ!伊藤先生。」×3、「見せたガール」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椿屋めぐる(つばきや・めぐる)」センセの「破廉恥乙女」です。

椛島咲
※椛島咲
 大きいです。はみ出してますよ。


■破廉恥乙女 (椿屋めぐる)


★構成・絵柄 胸系 成年ラブコメ

今回の「破廉恥乙女」は連続話と短編による構成。
メインの中編はヒロインが各話を担当するタイプ。
同キャラなお話で、そうストーリーちっくではありません。
ちなみに、カバー裏の漫画もこちらでした。
他は短編の収録で、描き下ろしは収録話の後日談です。

そのメインが”色々なおっぱいを描こう”というネタでして。
なんらか胸に特徴のあるヒロインが登場しています。
むちむちっとしたキャラ絵なので、ほかのエピソードでもやはりバストが目立ちます
そんなんお好きな方にはオススメ。

描き込みはそこそこですが、黒色が強く。
大小なコマ割りなどページは賑やか。
派手でちょっと濃いめな印象です。
大きな目と小さい鼻の、漫画らしい可愛らしさあるキャラ絵。
童顔ですが、皆さん健康的な肉付きでした。
ちょっとデフォルメありますね。
目立つような乱れはないものの、勢いで押すタイプなので。
ややバランスが気になります。
また、若干ですが原稿で差がありました。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙で良いでしょう。
あるいは「DMM」さんのサンプルが見やすいと思います。

★収録話 10話収録

003:「ドンマイ!伊藤先生。」 3話 カラー原稿あり
こちらがバスト系連続話ですね。
女子高勤務となった、新米保健医「伊藤」
ある日、生徒「椛島咲」が”相談ある”と保健室を訪ねて来たのです。
初めて頼られたことに喜んだのもつかの間、彼女は胸を診察してほしいともちかけてきたのでした。
そんなんが1話目。
「咲さん」の胸はいわゆる陥没。
あの年齢の娘さんには深刻ですね。
まぁ、えろい行為はともかく、ちゃんとサポートしてあげて。
もともと好意もあったんでしょう。
可愛い娘さんでしたよ。
彼女はカバー裏がまた面白いです。
Wヒロインの2話目は、生徒会の「榊原」姉妹。
生徒会室でえっちしていた2人を目撃し、現場に踏み込むというもの。
一瞬躊躇していましたが、なかなか彼は熱血教師ですね。
ただ、前回のえっちは彼女らに目撃されており。
本来の性格もあって、あっさり2人に流されておりました。
…がんばれ。
ちなみに、姉「姫」さん、妹「妃」さんはバストのとある部分が特徴的に大きく描かれていました。
お楽しみに。
3話目は眼鏡の教師「棗」さん。
生徒らにシタことを彼女もまた知っておりました。
が、勝手に好意的に解釈しているのが可笑しいですね。
可愛い年上さんです。
オチが好き。
ちなみに「棗さん」は母乳ネタです。

教師「棗さん」、御厨さん
※左:教師「棗さん」、右:御厨さん
 こちらもデカいですね。基本的に皆さん大きいのでした。

067:「痴女っ娘!」
性教育を受けた「御厨」さん。
ぜひ本物を確かめたい、と偶然保健室にいた委員長のソレを見てみることとしたのでした。
これはどっちかというと、おバカな娘さんです。
なかなか良い素質はあるようでしたが、まだこれから。
タイトルほどではないですねー。
避妊はしなさいよ。

087:「家庭教師でトライ!」 カラー原稿あり
教師を辞め、個人塾を開設していた「工藤」
元教え子である、お嬢様「小鳥遊春琉(たかなし・はるる)」の家庭教師をしていたんですが。
なぜか、その日の彼女は制服を着ていたのでした。
ラブラブ漫画ですね。
こちらの「春琉さん」が今回の↓表紙です。
お嬢様らしく、爺やが彼の趣味・趣向を調査していました
こわー。
あの流れでのえっちは、なんだか悔しいですね。
まぁ、制服はともかく、彼女ノーパンだったりしましたが。

107:「見せたガール」
175:「も~っと!見せたガール」 描き下ろし
彼氏「孝司」くんと付き合う「彩華(いろは)」ちゃんには、とある秘密がありました。
…と、そんなオープニング。
実は幼少期におしっこしているところを目撃されていたんですが。
彼女的に、それがえっちのツボとなってしまったのでした。
そんな訳で放尿漫画。
尿と言えば「ぢたま某」センセ。
確か、名作「聖なる行水」に描かれていた、センセの体験談がちょうどその逆視点でした。
まぁ、こんなん漫画ではありますが。
あるいは彼女も…なんて妄想は、また楽しいですよね。
自らえっち探求する様がキュートでした。

巻末の描き下ろし「も~っと!見せたガール」
こちらは「彩華ちゃん」がコンビニで露出プレイをするというもの。
思わず店員さんも目を背けていましたが、リアルな反応。
漏らしたりしてましたけど、誰が掃除したのかな。

123:「透けちゃう果実」
穏やか・上品な物腰で、誰もがお嬢様だと思っていた「黛こころ」さん。
しかし、実は下着も満足に買えないほどの家庭だったのでした。
突然の雨で胸が透け、切っ掛けとなっています。
胸はまだいいとして、下半身のアレは…えろいよ。

143:「うさぎちゃん気をつけて」
普段からどんくさい「茅ケ崎」さん。
忘年会の出し物の準備も遅く、先輩「山本淳」が様子を見てみると…。
そこには、
うさぎ年にちなんでバニーですよぉ
とかなんとか、バニースーツを着た「茅ケ崎さん」がいたのでした。
ちょっとおバカな娘さんですね。
彼女の大事なトコロから毛がはみ出していたので、剃毛に発展するというもの。
彼も驚いてましたが、まさかOKでるとは思いませんわ。
女の子だなぁ。
”網タイツを忘れてしまった”
それが切っ掛けなので、あみあみでないのは残念でしたが。
「茅ケ崎さん」はスタイル・キャラ共にバニーがぴったりな娘さんでしたよ。

黛こころ、茅ケ崎さん
※左:黛こころ、右:茅ケ崎さん
 お気に入りはダントツで「茅ケ崎さん」でした。

163:「極上!一番搾り」
「桃寧(ももね)」さんが付き合う「孝之」くんには、スカトロな趣味があったのでした。
無論、彼女もあっさりプレイには同意できず、飲尿で妥協するという流れ。
それ以上は雑誌的にNGなんだそうな
まぁ、そうだろうなぁ。
そんな訳で、放尿シーンのあるお話。
ちょっと性癖に差があるので、漫画では問題なかったものの、今後はだいぶ怪しそうですね。

★その他

そんなこんなで「椿屋めぐる」センセでした。
ブログでは初単行本「乳娘 みるきぃがーる」を紹介しており。
こちらが2冊目です。
収録の描き下ろしは本編の後日談となっていましたが。
某書店で購入するとつくオマケの小冊子は、「うさぎちゃん気をつけて」の続きでした。
本編と違う白バニーな「茅ケ崎さん」が見れるので、そんなんお好みな方はお見逃しなく。
むちむちでしたよ。

破廉恥乙女 (いずみコミックス)破廉恥乙女 (いずみコミックス)
(2012/05/28)
椿屋 めぐる

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■あまらぶCHU (あここ。)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・あまあま
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、カラー(2P)、短編×11
     (うち「だいすき・なんだもんっ!」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あここ。」センセの「あまらぶCHU」です。

みぃ子ちゃん、先輩「日野森さん」
※左:みぃ子ちゃん、右:先輩「日野森さん」
 先輩いいですね。個人的に…年上ヒロインのが可愛くて好き。


■あまらぶCHU (あここ。)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

「あまらぶCHU」は基本的に短編漫画での構成。
巻末には描き下ろしがあり、そちらが続編となっていました。
お話はラブコメ
タイトルそのまま、やたらめったらの甘さが特徴。
年上・年下とか性格とかなんとかの違いは無論ありますが。
どちらもスイート系でした
ほわほわーっとしてますね。
花が飛び交うような感じよ。

そうしたお話を支える絵柄も、当然ですがふわっとした印象
ボリュームある髪と、輪郭で割合の大きい目が特徴です。
漫画の描き方も、動きとか漫符とか、可愛らしいまとまり。
どちらもブレることなく、徹底してました。
柔らかな線で、濃淡はデジタルな灰色で薄め。
描き込みはやや細かく、原稿は賑やかです。
収録の各話ではやや差を感じ、安定はいま一歩でした。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙を信じてOK。
あるいは「MAX」さんのHPでサンプルが見れますよ。

★収録話 11話収録

005:「夏★しよ!」 カラー原稿あり
彼女「みぃ子」ちゃんと海水浴へ出掛けるお話。
他の女の子の水着にデレデレしていた彼に嫉妬し、アプローチを強めるという流れでした。
まぁ、付き合いたてでよそ見されたら、心中穏やかではないですわね。
「みぃ子ちゃん」も十分可愛らしいので、ちゃんとしてあげて下さい。
海水浴なので、当然ながら浜辺でのえっちでした。
ここはカラー原稿がやっぱり嬉しいです。

025:「だいすき・なんだもんっ!」
187:「だってだって!だいすき・なんだもんっ!!」 描き下ろし
勝手に部屋へ入って来る、幼馴染み「真奈美」ちゃん。
制服姿で、無防備に眠っていた彼女に、「なお」くんは注意をしたんですが。
進学してからなお君は違う学校になっちゃって、毎日会えなくなっちゃったから…
「真奈美ちゃん」はそんなことを言ったのでした。
冒頭の抱きつきパンチラがいいですね。
帰ってきた彼に、いきなり抱きついて出迎えたりして。
まぁ、ラブラブですわね。
ちょっとベタ過ぎるくらいですが
360度どこから見てもそんなんで、いままでほったらかしてたのが罪悪のようでした。
オチも可愛さ爆発していましたよ。
描き下ろしでは、フリフリとした下着姿で待ち構えているというもの。
こちらでも、変わらずあまあまでした。
いぢめたくなりますよ。

真奈美ちゃん
※真奈美ちゃん
 もう徹底的に可愛らしいですねー。

045:「秘密のお薬できちゃいました★」
人気のない科学部へ入った「小野」くん。
その理由は、やたらと可愛い先輩「日野森」さんがためでした。
頭良さそうなのに、発想はキュートですねー。
1ページ目の抱きつかれた際のリアクションが好き
あんな娘がいながら、”人気のない”というのは…他の男子はどこに目をつけているのか。
こちらは薬が切っ掛けでしたが、色々と想像できそうで。
ぜひ続きが見たいですよ。 

061:「あいして・まいぶらざー」
081:「NA★MA★I★KI!」
前者は妹「翠」さんとの近親ネタ。
既にお兄ちゃんとは近親関係にあり、両親もたまたま不在(笑)だったので。
即えっちになっていました。
巧いことコントロールされてましたね。
後者は男女逆で、姉「みはる」さんとの近親話。
収録ではいぢめたくなるよな、ほわーっとしたキャラが多かったので、こうした強さあるヒロインは新鮮
色々言っていたものの、ラブいには違いないんですが。
黒の挑発と、下着がセクシーでした。

101:「先生!教えて」
教師「仲村」にラブラブな「香月まひろ」さん。
何があったのか、好意を前面に出している、ラブラブ一直線な彼女。
ちょっと困りますわね。
ただ、結局お手付きしちゃーダメでしょ。
しかも、屋上とはいえ、校内でしたし。

121:「ポニーテールな彼女」
付き合っているポニーテールな「里美」さん。
彼の部屋でえっちなDVDとか漫画を発見してしまったのでした。
それに対する言い訳。
里美に似てるからだっての!!
…だって。
購入してたのもポニーテールばかりであったことも手伝い、非常に良い返しでした。
実際に使えそうですね。
それを切っ掛けに、まんまと彼主導のえっちに持ち込んでいました。
まぁ、DVDとかなんとかは、また違うのよ。

141:「聖なる夜からはじめませんか?」
クリスマスケーキの売り子「清香」ちゃんと店長さんというパターン。
こちらもラブラブでしたが、2人はいちおうコレが初えっち。
ミニスカサンタな彼女とのえっちでした。

姉「みはる」、平野唯先生
※左:姉「みはる」、右:平野唯先生
 この2人も好き。「平野先生」はそんなんでいいのかなぁ。

161:「保健室で逢いましょう」
181:「えっちなお兄ちゃんは好きですか?」
こちらの2話は同人誌からの収録。
前者は保健委員となった「高城紘」くんと保健室の「平野唯」先生。
お互いの顔を見た2人は…実は昔馴染みであったことを知るのでした。
まー、格好から髪の毛から、「平野先生」は”保健”という言葉と正反対ですわね。
童顔の割りに大きく、思わず反応してしまった彼のをいきなりぱっくりする展開。
後半に可愛らしいことを言ってましたよ。
後者は妹「裕美」さんとのえっち。
スクール水着やぶいてましたよー。
6ページのショートでした。

★その他

そんな訳で、「あここ。」センセでした。
なんだか見たような気もしましたが、こちらが初単行本。
HPによると、漫画だけでなく、挿絵とか原価とか幅広くされており。
あるいは、なんらか目にしていたのかもしれませんねー。
軽くさらりとお邪魔した程度ではありますが。
その雰囲気も漫画同様に、ふわふわとしたものでした。
ずっとこの調子でいくんだろうなぁ(笑)
次も甘いのを期待します

あまらぶCHU (ポプリコミックス)あまらぶCHU (ポプリコミックス)
(2012/05/24)
あここ。

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ スクール水着 ポニーテール

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。