FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■攻めるが乙女 (四条定史)

★まんがデーター [9/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年] ラブコメ・お姉さん
・おまけ: あとがき、描き下ろし「麻里さんの調教成果」、
      カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、カラー(8P)、短編×11(うち「麻里さんシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「四条定史(しじょう・さだふみ)」センセの「攻めるが乙女」です。

後輩「真希ちゃん」
※後輩「真希ちゃん」
 収録ではこの娘かなー。可愛かったです。


■攻めるが乙女 (四条定史)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

「攻めるが乙女」は成年漫画らしく短編集。
いちおう、描き下ろしが後日談となっているものがありました。
お話としては重さのないラブコメ
だいたいは王道な展開なんですが、ふと際立つお話もあります。
概ねお話については良かったです。
絵柄そのままのお姉さん傾向で、女性のが積極的でした。

センセのHPを見たところ。
イラストとかゲーム原画をされていたようでした。
なんだか納得
えー、なんというか。
ぱっと見では問題ないんですが、じっくり読むと粗が散見される、みたいな。

くっきりとした濃い線で、パワフルな絵柄ではあるんですが。
漫画としては、正直もう一歩、二歩というところ。
引っ掛かっているのは、だいたいコマ・構図と、人物のバランス。
コマ割りは比較的大きめで迫力あるものの、前面に来すぎでごっちゃり。
背景や小物についても全体的に濃く。
メリハリがないですね
人物についても細かい違和感があり、大きな動きがあると特に弱めでした。
簡素にばっさりと描かれているような印象。
目立つ乱れはなく、丁寧でない訳ではないようなんですが。
全体の安定感もありました。
キャラは鋭角的で縦長という、お姉さんちっくなもの。
むちむちしてます。
ただし、やや一辺倒すぎで、個性が目立たないかも。
この雰囲気で貧乳とか、逆にいい感じだと思うんですけどね。

判断については、だいたい↓表紙・裏表紙のカラー絵で問題ありません。
あるいは、「コアマガジン」さんのサンプルでは…↑そのあたりでちらほら指摘してる所がなんとなく分かるかも。

★収録話 11話収録

003:「Sな彼女は下級生」 カラー原稿あり
「御影」くんが美術部の後輩「真希」ちゃんからお誘いを受けるというもの。
ショートカットの可愛らしい娘さんで、積極的。
何気ない会話から続く、
じゃあ、私と試してみますか?
…からの展開が素敵でした。
また、一度焦らす部分がいい。
あんなんされたら、たまんないですわね。
お姉さん系な単行本(あるいは同級生)で、唯一の年下ではあるんですが。
キャラとしては収録で最も良かったです。

023:「ふぃ~りんぐらぶ!」 カラー原稿あり
無口なヒロイン「都竹望」さんとのお話。
彼女に告白し、OKをもらって付き合い、えっちもしているものの。
ほとんど会話もしたことなく、なにが気に入られたのか分からぬままであったのです。
特徴あった前半が普通っぽくなってしまうのが、やや残念。

043:「プレゼントふぉーゆー」
世話好きな従姉「千佳」さんとのえっち。
眼鏡の彼女とは風呂場でのプレイ。
いちおうビキニ着てましたね。
途中から髪はポニーテールにしてましたよ。

従姉「千佳さん」、尾崎さん
※左:従姉「千佳さん」、右:尾崎さん
 スタイルはいいんですが、バランスが気になります。

063:「静留さんの興味ゴト」
えっちしていた妹「美夏」に触発され、その彼氏と初体験をしてみようと考えた姉「静留」
普段は完璧すぎて異性が寄ってこないということでしたが。
かなり直接的なアプローチで、また後先考えてないですね。
流されてしまう彼はいいとして、「美夏さん」はもの分かり良過ぎ。
後半は成年漫画らしく複数になってました。

083:「OLに癒しを!」
203:「麻里さんの調教成果」 描き下ろし
隣に住む美人のOL「麻里」さんが、酔っぱらって部屋を間違えるという切っ掛け。
ラッキーですね。
これはパンストが素敵でした。
実は描き下ろしはこちらのカップル。
その後の2人で、「麻里さん」が購入したビキニを見せに来るというもの。
まあ、とりあえずは順調そうで何より。

103:「水着注意報!!」
憧れる先輩「大江」さんのえっち現場を目撃してしまった「松丸」くん。
なんとなしにそれを尋ねてみたところ…というもの。
競泳水着な「大江さん」とのお話。
あの雰囲気からして、彼では荷が重そうですね。
たまにお願いしてもらうくらいがいいのではないかなぁ。

123:「素直になれなくて」
周囲からカップルだと思われていた、「武藤」・「次原」という2人。
お互い素直でなく、まだ付き合ってもいなかったんですが、先輩の計らいで告白するというのがだいたいの流れ。
プレイは複数えっちで、雰囲気としてはスワッピングみたいな感覚
想う相手同士が、目前で違う人らにえっちされるという、ドキドキなものでした。
こういうシチュエーションにて、意外に女の子していた「次原さん」がキュートでした。

143:「日焼けはお好きっ?」
タイトルそのまま、日焼け跡がある「奈緒」さんとのえっち。
幼馴染みの彼女と付き合っているものの、まだえっちどころか、裸すら見せてもらえなかったのでした。
その理由が…日焼け跡ですね。
これは男女の感覚の違いかなー
男性でそれを嫌う人はいないと思いますよ。たぶん。
ただ、オチは怒られて当然か。
その発言もよく分かるんですが。

奈緒さん
※奈緒さん
 日焼け跡はいいものですよ。

163:「図書室誘惑大作戦!」
眼鏡なヒロイン「尾崎」さんが意中の彼に図書室でアプローチするというもの。
そんな訳で、見上げパンチラからの落下、顔面へのお尻落としという、お約束が続いておりました。
賢そうな割りに、行動がそうでもないのは…先の「静留さん」と同様。
収録のうち作画の微妙さが目立つお話で、あちこちが引っ掛かるのが実に残念です。

183:「真子先生の秘密の保体」
保健室「高見真子」先生とのお話。
ああした流れは生徒にとって、願ったり叶ったりだと思うんですが。
彼がまだ純粋だ、ということなのかな。
脱ぐと特徴が薄れてしまうので、白衣は着たままのが良かったかも。

★その他

以上、「四条定史」センセでした。
検索すると、イラストを担当された本がいくつかヒットしますね。
こちらが初単行本の様子。
作画の不安定さは薄く、それを感じさせないくらいでしたが
前述したような漫画については各話で差を感じるところもありました。
そのあたりが落ち着きそうな次巻が狙い目かもしれません。


攻めるが乙女 (ホットミルクコミックス 377)攻めるが乙女 (ホットミルクコミックス 377)
(2012/07/10)
四条 定史

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ポニーテール ショートカット スワッピング 競泳水着 パンチラ

■ふぇち乙女系 (しでん晶)

★まんがデーター [12/15] 
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・フェチ
・おまけ: カバー裏にあとがき・作品紹介。
・その他: カラー(4P)、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しでん晶(しでん・あきら)」センセの「ふぇち乙女系」です。

サリーさん、「カズヤ」のお姉ちゃん
※左:サリーさん、右:「カズヤ」のお姉ちゃん
 お姉ちゃんはいいおっぱいでした。ドキドキします。


■ふぇち乙女系 (しでん晶)


★構成・絵柄 フェチ系 成年ラブコメ

「ふぇち乙女系」は全て短編での収録。
タイトルそのまま何らか特徴あるヒロインが登場しています。
ひと通り読んだ感想としては。
”広義でのフェチ”と、とらえた方がいいかなー。
(※もともと好みは幅広いものですしね)
お話は明るいラブコメで、どちらも楽しい仕上がり
こうした漫画では、オチが非常に巧い漫画家さんだと思います。
絵柄・お話ともに高水準でした。
あまり細かいことは気にせず、さっくり読むのが正しい読み方かな。

丁寧な線のすっきり絵柄。
描き込みはそう多くなく、濃淡としては適度なくらい。
アナログちっくな雰囲気でした。
キッチリ成年漫画なんですが、なんだか少年系のようですねー
まとまりよく、乱れや崩れはありません。
漫画もお上手で、特に引っ掛かるような個所はありませんでした。
お姉さんからロリちっくという、幅広さと可愛らしさのあるキャラ絵。
どちらかというと貧乳で素朴っぽい女の子のがお上手かなー。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ありません。
あるいは「三和出版」さんのHPでサンプルが見れましたんで、そちらが便利かと思います。

★収録話 10話収録

005:「手フェチなあたし」 カラー原稿あり
タイトルそのまま、手フェチなヒロイン「サリー」さん。
ワイルドな大っきい手が好きなんだもん
とか言ってました。
付き合う「アラタ」くんも、その手に一目惚れしたため。
ひでえなぁ。
えっち時もやたら指を要求してましたよ。
ちなみに、↓表紙はこちらの「サリーさん」ですかね。

021:「ねとりられ」
タイトルそのまま、親友の彼女をネトるもの。
ネトラレよりは読み易いかな。
友人「マサキ」くんのアレに物足りなさを感じていた「リコ」さん。
酔った勢いもあり、「ユウ」くんを誘ってきたのでした。
無論、彼としても好意はあり、そのまま流されてしまうのです。
それ以後のこっそりプレイが好き
「リコさん」えろいなぁ。
この話、最後はどうなるんだろう~と思っていましたが。
オチがモノ凄いので、ご期待下さい。
まさか、あーもってくるとは。

041:「おっぱいハンター」
こちらは友人「カズヤ」くんのお姉ちゃんとのお話。
その巨乳に魅せられた「モックン」は、”寝ているところを触らせてもらう”よう「カズヤくん」の許可を得たのでした。
おっぱいでも、寝込みを襲うパターンです。
彼的には”初おっぱい”であり、結構ページを使ってました。
お姉さんが目を覚ましても、謝りつつ揉むコマが楽しい。
こちらもオチにてひとネタあるので、注目。
そっちも漫画で見たいなぁ。

061:「嫉妬っ娘パーク」
「オチノセ」・「カタギリ」という2人から交際を迫られる「アリカワ」くん。
別に好きな娘がいる彼は、わざと嫌われるような事を言ったんですが。
恋のライバルを競う彼女らは、それに従ってしまうのでした。
まぁ、このシチュエーションならばありえそう。
”エッチな女が好き”と言ったため、どちらも頑張ってドえろさを演じています。
無理すんなー。
最後は散々な感じでしたが、不思議と(笑)読後感は悪くないですよ。
「玉子」さんは確かに可愛いですね。

081:「夏マツリヒメゴト」
お祭りに出掛けた姉妹のお話です。
姉「マリ」はそこで彼氏「後藤」くんを発見。
気を利かせた妹「ヒメ」はその場を退散したんですが。
好奇心旺盛な彼女は、こっそり後をつけていたのでした。
そんな訳で、野外えっちを妹さんが覗くという、なかなか良いシチュエーション。
主役は「ヒメちゃん」ですかね。
おもろい娘さんでしたよ
裏表紙のショートカットが彼女です。
思わず一緒にしちゃうというのはお約束。
こちらもオチが良かったです。
さすがは女同士。

かりんさん、佐倉早苗
※左:かりんさん、右:佐倉早苗
 ただ、「早苗さん」の貧乳もこれまたイイ感じなのです。

101:「スメルラブガール」
タイトルそのまま、匂い好きなヒロイン「かりん」さん。
女子3人組のうち「ミムラ」さんが意中の彼「新条」の所属する柔道部のマネージャーになろうかと、訪ねたことが切っ掛け。
オマケで付いてきた「かりんさん」がハマってしまったんですねー。
こうした漫画のお約束で、部室でモロに独りえっちをしていて、皆と鉢合わせする展開。
当然のように集団えっちへ発展しています。
「かりんさん」もスイッチオン状態なので、驚くほどスムーズでした。
続き描けそうな漫画です。

121:「PINK ANIMAL CLUB」
コインロッカーで、猫のバッチを見つけた主人公。
それをつけて街中を歩いていたところ、ちょっと不思議な女の子に声を掛けられたのでした。
初対面な相手との即えっちです。
猫のバッチがためか、ツリ目でそれっぽいヒロインでした。
こちらは続きが気になりますね。

141:「冬のまにまに」
街中でふと出会った褐色肌なギャル「マニ」さんとの即えっち。
いちおう金銭のやり取りはなかったので、縁交ではありません。
…たぶん。
ギャル系なので、あまり刺さらないんですが。
オチの1コマが良かったです。

161:「ぺんてこ」
塾講師と生徒「白川あかね」ちゃんのカップル。
ペン回しが得意な彼女は、それを注意してきた講師へ、
”ペン回しの訓練の成果”
を見せるのでした。
ひでるさんもできません。
結構訓練したんですけどねぇ…それこそ授業中とか。

真面目そうな雰囲気の「あかねちゃん」でしたが、かなりえっちな娘さん。
こ慣れてましたよ。
見開き4コマなページが非常に良かったです。
なお、裏表紙のもう1人が「あかねちゃん」でした。

白川あかね
※白川あかね
 何を言っているのか、ぜひ本編でご確認ください。

179:「男の娘じゃないしっ!!」
「佐倉早苗」さんは、容姿・振る舞いともに男っぽい女性。
心配した幼馴染み「高島」くんは、”女装部”に相談をもちかけたのでした。
部は非公式なもので、教師が来たため、ロッカーへと隠れる2人。
そう、ロッカーへ閉じ込められるネタでした。
密室・密着からのえっちパターン。
女装部の手が入り、冒頭よりもやや女っぽくなってましたね。
ヒロイン「早苗さん」の設定が↑そうした感じなので、えっっちに流れる様にドキドキ(笑)
いい貧乳っぷりでした

★その他

そんなこんなで「しでん晶」センセでした。
こちらで4冊目くらいですかね。
ひでるさんは今回が初見でした。
折り返しには既刊単行本の紹介がありましたけど。
↓表紙はこれまでの中で最も良いですね。
さらりとしたタッチと色彩で、バランスも含めて良いまとまりでした。
↓表紙・裏表紙は違う漫画みたいですけどね。

ふぇち乙女系 (SANWA COMICS No.)ふぇち乙女系 (SANWA COMICS No.)
(2012/05/31)
しでん 晶

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット

■義妹熱愛領域 (志乃武丹英)

★まんがデーター [14/15] 
・絵   :■■■■□ 
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ラブコメ・義妹
・おまけ: あとがき、義妹名簿”義兄が知りうる全ての領域”、
・その他: カラー(4P)、ゲスト原稿(早野りんた)、短編×13
      (うち「繭菓さんシリーズ」×4、「美奈さんシリーズ」×3、
      「美咲さんシリーズ」×3、「水萌さんシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「志乃武丹英(しのぶ・たんえい)」センセの「義妹熱愛領域」です。

瑞希
※瑞希
 いい振り向きパンチラですよ。


■義妹熱愛領域 (志乃武丹英)


★構成・絵柄 義妹系 成年ラブコメ

タイトルそのまま、「義妹熱愛領域」は全て義理な妹が登場する作品。
よく言われる、”実妹ではない”のがポイントになってます。
急に可愛い年下の娘と同居が始まる。
人間(血)的な問題はないものの、社会的にはタブーである。
…そうした感じ。
問題あるような、ないような、みたいな。
ガッツリ血縁でドロドロとした重ためなのが好みだー、という方には合わないですが(笑)

なににせよ、”妹”と冠がつくヒロインと、ラブラブしてるのが見たい方にオススメです。
ジャンルはラブ色の強いラブコメですね。
凝った変化球はなく、ストレートで読み易いと思います。

収録されている13話は、ぱっと見では前後編を交えたブツ切り形式。
しかし、タイトル違えどお話は続いていて、メインとなる3名については3、4話ほどの連続になっています。
全体のヒロイン数では裏表紙そのままの5名ですね。
巻末収録の2話では別ヒロインのゲスト顔見せもあり、同一世界を楽しめるようになっていました

すっきりとした作画。
線は大きな乱れなく丁寧。
描き込みはややあっさり気味ですが、特に不足感はありません。
濃淡も強くはなく、原稿全体では軽い仕上がり。
コテコテ、艶々、白々…などにはなっておらず、こざっぱりとしたまとまりです。

縦長なキャラ絵で、輪郭も縦の楕円。
そちらと比較して、目・鼻・口の大きさは小さめ。
漫画っぽい可愛らしさですが、そうコロコロとはしていません。
バランスはやや独特なものです。
引き絵などにやや弱さを感じることがあったものの、これはメリハリの範囲。
そう引っ掛かるような個所はありませんでした。
だいたいは↓表紙などカラー絵と差はないので、店頭ではそちら。
あるいは、立ち読みのある「S2COMIX」のサイトが便利ですよ。

★収録話 13話収録

収録の各話は、連続話のお話でも順番が入り組んでいるので。
収録順ではなく、見易いようにまとめました。
なお、左の三桁数字はいつもと同じくページ数です。

127:「義妹ナイトメア」
両親の再婚で、できた義妹「瑞希」
年齢差があり、変な意識もすることなく仲良くなれたものの、進学と共に別居しておりました。
地元で就職したことで、また実家に戻ったところ…そこにはキレイに成長した「瑞希」がいたのです。
それがためか、主人公はいつも彼女とえっちをする悪夢を見るようになってしまったのでした。

そんな訳で、ツーサイドアップの義妹「瑞希さん」とのお話。
どんな展開かは、だいたい想像できるでしょう。
そう、寝込み襲われてるネタですよ。
他のエピソードと違い、普段の彼女は特にラブラブとした素振りではなく。
数回ほどの夢を見るごとに、うっすら真実と繋がるような感じ。
ぜひ、枠間の色に注目下さい。

水萌、美咲
※左:水萌、右:美咲
 各ヒロインは何かと個性的に描かれ、飽きさせません。

145:「源義妹サントイッショ!」 (早野りんた)
149:「義妹サントイッショ!」
いきなり異なるタッチと、ゆるい枠線で驚く「源義妹サントイッショ!」
描かれているのは「早野りんた」センセで、いきなり何が始まったのかと思ったら。
それに続くページは漫画内漫画となっておりました。
こちらのヒロイン「水萌(みなも)」さんは漫画家という設定なんですね。
先の「早野りんた」センセの部分は、”現役女子高生漫画家”という、彼女の紹介。
で、その原稿ページを経て、ようやく本編となるのでした。

漫画を描くのが趣味という義妹「水萌さん」と、共に住むようになって1年。
まだぎこちなさが残る2人でしたが、彼女の描いていた漫画は義兄とのえっちネタだったのです。
だいぶここまでで長くなりましたが、だいたいそんなん。
そう年齢は離れていないらしく、舞台は学校。
放課後に机と上着で独りえっちしていた彼女を目撃するというもの。
ああ、えっち漫画描いてるような娘ならばありえるかなー。
どうでしょう。
さすがにシミュレーション済みだったためか、えっち時では良いリアクションをしてます。
前半の私服で1回転するシーンが好き。

061:「義妹改造論」 前後編
097:「義妹改造論・改」
こちらの義妹「美咲」さんには、既に1年前に関係を迫っている設定。
ただ、それはさすがに拒否されたため、
胸を揉ませてくれ
そう頼みごとを変えたのでした。

当時はBカップだった胸が、本編ではFカップになっています。
よく揉んだわねー。
実際はFにも関わらず、いちおうワンサイズ小さく申告する様がキュート
お話は、ついに我慢できなくなった彼女からえっちに持ち込むというものでした。
巫女バイトな「美咲さん」の後編。
恥ずかしいのでBカップのブラで挑んだところ、限界となったホックが壊れてしまうというもの。
巫女衣装でしたが、巨乳がはじけ出てましたよ。
着物と擦れて刺激され続けたため、会えたお兄ちゃんと即えっちになってます。
なお、今回の↓表紙が「美咲さん」です。
良いおっぱいですよね?
…そう、「義妹改造論・改」ではまたさらにサイズアップし、ついにはGカップにまで到達しています。
ぜひ、1年前という回想シーンと見比べて下さい。
窒息するぞ。

009:「義妹レッスン」 前後編
165:「義妹レッスン 補習」
3年前から、義兄が好きだったという「美奈」さん。
なんのかんのと理由をつけ、下敷き越しにキスをしてからというもの、望みそのまま行為は次第にエスカレート。
ついには直接えっちにまでなってしまったんですが、それがためか義兄は大学入学と共に、家を出ていたたのです。

前編は、彼が家を出ることとなった経緯。
プロローグ的な位置づけですね。
いちおう頑張っていたものの、彼もお年頃ですから。
まぁ、アレに耐え続けるのは難しいわね
既に覚悟を決めている「美奈さん」との微妙な違いをお楽しみください。
そんな訳で後編。
こちらはお兄ちゃん視点となってます。
ちょっとコメディーちっくですね。
だばーっと泣く「美奈さん」が可愛いですよ。

…で、それに続く「義妹レッスン 補習」
もくじには「義妹レッスン 補習」となっていましたが、本編では「義妹改造論 補習」となっていました。
こりゃ、間違いかな。
お話は普通にアパートでのえっち。
前話からのお隣さんがまた可笑しいです。
また、収録の「繭菓」さんがゲスト出演しているほか、前巻のヒロインっぽい影にも注目。

美奈、繭菓
※左:美奈、右:繭菓
 この2人が単行本のメインになってました。

005:「義妹のギリギリ 夏」 カラー原稿
045:「義妹と蜜月の終わり」
111:「義妹逃避行」
181:「義妹と目覚める朝に」
前巻「義妹絶対領域」で表紙をゲットしていた、ポニーテールな「繭菓さん」の続編シリーズです。
冒頭に位置する「義妹のギリギリ 夏」はカラーのショート話。
白水着での野外えっちになってます。
この「繭菓さん」のシリーズは、単行本にバラけて収録されているんですが。
なんとなく時間の流れが表現されてるみたい。

「義妹と蜜月の終わり」は、故あって押入れという密室空間でのえっち。
その外では両親がシテおり。
じわじわとしたプレイがえっちです。
描写もべっとりとした細かさがありましたよー。
こちらの特徴は吹き出し
「繭菓さん」らはひっそり声を殺しているため、並ぶ台詞は両親らのものであるというところでしょう。
前半に玄関でキスをしていましたが、タイトルそのままオチで致命的なこととなるのでした。

それから1年後が「義妹逃避行」
先のオチは、近親関係のネタで”ひゃっほう!”と奇声をあげたくなるようなものですが。
ラブコメなこちらでは、そのドロリとした部分は描かれません。
ここは読者にとって良し悪しでしょう。
「繭菓さん」との駆け落ちで、旅行先で合流したため浴衣姿です。
ほか、冒頭のツインテールから、アップ、そしてポニーテールと髪型がコロコロ変化しておりました。
2人のラストが描かれる「義妹と目覚める朝に」
いちおう制服姿なんですが…実はもう学生ではないんですけどね。
後半ではその後の制服でのえっちも描かれているので、お楽しみに。
なお、こちらのエピソードは先の「義妹レッスン 補習」とリンクしております
オチでは「美奈さん」も顔を見せ、単行本ラストに相応しいお話になっていました。

★その他

以上、「志乃武丹英」センセでした。
これで…9冊目くらいですかね。
ブログでは過去に「姉・妹LOVE」、「義妹絶対領域」などを紹介しています。

今回は、そちら「義妹絶対領域」の続編という位置づけ。
前述したように、ヒロイン「繭菓さん」とか続けて登場する方もおり。
あらかじめ読んでいれば、また違った感覚を味わえると思います。
逆に言えば、前巻でぴきーときた方にはぜひオススメ
あとがきに描かれていましたが、お話良かったですよー。
ひでるさんは今回のが好みでした。

なお、巻末にはやっぱりお約束で”義妹名簿”があります。
今回はヒロイン5名なんですが…6人目のスペースがちょっと可笑しかったです。

義妹熱愛領域 (富士美コミックス)義妹熱愛領域 (富士美コミックス)
(2012/05/25)
志乃武 丹英

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツーサイドアップ ツインテール ポニーテール

■きゃすとあおい (蛹虎次郎)

★まんがデーター [12/15] 
・絵   :■■■■□ 
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] 調教・複数
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×10(うち「姫とボス猿」×4、
      「きゃすとあおい」×4、「憑きうらら」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蛹虎次郎(さなぎ・とらじろう)」センセの「きゃすとあおい」です。

「姫神沙紀」とその母親
※「姫神沙紀」とその母親
 お母様が実にエロい感じです。透けてるじゃない。


■きゃすとあおい (蛹虎次郎)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

「きゃすとあおい」は3本の中編による単行本。
表題もそのままお話としてあり、↓表紙もそちらからのもの。
ああした雰囲気がお好みならば楽しめるでしょう
ジャンルとしては調教ちっくな感じ。
ガンガンとした派手さのある、えろい展開になってました。
どちらも長めで楽しめますが、幅は広くないので要注意。

丁寧ですっきりとした線。
描き込み・濃淡は適度なくらい。
目立つような崩れ・乱れはなく、綺麗にまとまっていました。
大小コマは入り乱れており、ぶち抜きやはみ出しも多め。
賑やかでした。
プレイも派手なものでしたが、そうした絵柄がためコッテリとした感じはありません
あちこちのバランスも良いと思います。

身長と豊かなスタイルの人物絵。
普通にお姉さん系なラブコメとか描けそうなくらい。
ただ、男性はそちらとは逆に、デフォルメあるインパクトの強いキャラ
そのあたりとえっち描写は、人を選びそうですね。

判断は前述したようにカバーの印象を信じて大丈夫。
じっくり見たい方は、「姫とボス猿」が立ち読めた「S2COMIX」のサイトがオススメです。

★収録話 10話収録

003:「姫とボス猿」 4話
元女子高で、女性比率が圧倒的という学園。
あだ名が”姫”という「姫神沙紀」は、優れた容姿・成績のヒロインでした。
ある日同性好きをカミングアウトしたところ、クラス女子らの圧倒的な支持を受け、そのリーダーとなったのです。
こうして団結した彼女らは、教師「米川」の授業をボイコット。
彼を縛り上げ、好き勝手なことをして楽しんでいたんですが…。
対する「米川」は「沙紀」の母親を呼び出し、三者面談を実施。
日ごろの素行を伝えたころ、内申を気にした母はトンデモな取引を持ちかけたのでした。

こちらの教師「米川」は、前述したようにインパクトの強いキャラ。
まさにボス猿です
そうした彼に、躊躇なく身体を使った「沙紀さん」の母親が切っ掛けとなる1話目。
実にエグい人ですよ。
こんなんだから、彼女もあーした育ち方したんだろうなぁ。
だいたい、いい年な娘に対し、人前で”下着をずらして尻叩く”という行為は尋常でないですよ。
お母様はもの凄い経験を経ているんだろうなぁ。
こうして、共にえっちされてしまった「沙紀さん」
内申を改ざんする見返りに、2人きりの時は逆らわないという約束をさせられたのでした。
そんなんが2話目。
”やられたらやり返す”
そう考えた「沙紀さん」でしたが、徹底的にエロいプレイをさせられます。
教師「米川」も容姿そのままな人でしたね。

こうして、3、4話目が最終エピソード。
詳細は伏せますけど…「沙紀さん」のちょっとした変化が良いですね。
成年漫画ならではの展開です。
なお、体育授業だったので、「沙紀さん」はブルマ姿でしたよ。
最終話では派手な見開き絵があるので、お楽しみに。

錦織葵
※錦織葵
 眼鏡はオン・オフどちらもありますが…どっちもオフになっちゃいました。

075:「きゃすとあおい」 4話
タイトルそのまま、学園祭で発表する劇にてヒロイン役に選ばれた「錦織葵」
その恋人役は、彼氏「藤堂」ではなく、先輩「浦野治夫」でした。
さらに、”演技力を磨く”という名目で、夏休みの間は本当の恋人同士として振る舞うよう指示をだされてしまったのです。
本来、演劇部は恋愛禁止。
こっそり「藤堂」と付き合っていることをネタにした「浦野」は、「葵」と関係を求めてきたのでした。
だいたいそんなん。

こちらが表題作ですね。
基本的には、弱味のある「葵さん」が先輩「浦野」に様々なプレイをされてしまうというもの。
眼鏡・ツインテールな可愛らしい彼女が、色々なことをされちゃってます。
最終話が物凄いこととなるので、お楽しみに。

1話目はプリクラ撮影からのえっち発展。
先輩「浦野」は強引という設定で。
また、彼女としても”恋愛禁止な中で彼氏がいる”、というウィークポイントがあるんですが…それにしては、簡単すぎ
もう少し葛藤するべきでは?
まあ、素質もあるようで、すぐさま虜になっていましたが。
「葵さん」的には、演技のため、という逃げ道があったのも理由でしょうけど。

2話目はプールへデート。
中止にするべくわざと水着を忘れて来たんですが、「浦野」はちゃんと別に用意をしていたのでした。
そんな訳で、ドえろい水着です。
監視員に止められそうですね。
プール内えっちで、周囲にもキッチリモロバレしておりましたが。
「藤堂くん」はどうしたのかな。
3話目はその「藤堂くん」との初えっち。
会話もそこそこにそっち方面に流していましたが…「葵さん」はエロくなったねぇ。
後半にはちゃっかり「浦野」も姿を見せてました。
最終話はついに学園祭の当日。
メイド姿な彼女のはっちゃけ展開です。
顧問が可笑しいですよ。
しかし、あの場面で彼女の申し出を一度はキッパリ拒否していた「浦野」は大したものですねー。

147:「憑きうらら」 前後編
正義感あふれる教師「西園寺」
初日から生徒指導をしていた彼女は、一部の不良が溜まり場としている”開かずの間”に踏み込んだんですが
そこには”悪霊がいる”という噂そのまま、この世に性的未練を残して亡くなった幽霊少女「うらら」がおりました。
やったあ、久しぶりに入れ物が来たぁ!
そう喜んだ彼女は、「西園寺」に憑依してしまったのです。
手始めに、共に行動していたクラス委員長「楠」に…と、だいたいそんな感じ。

教師「西園寺」
※教師「西園寺」
 この人好きです。2話で終わらせるにはもったいないなぁ。

こちらは真面目な教師が自らの意思とは裏腹に、えっちな行為をしてしまうもの。
「西園寺先生」のモノローグがえっちさを高めてました。
途中で判明しますが、先生は人妻でもあるんですね。
できればそうした感じのプレイも見たかったんですが。
実はコレ、なかなか良いお話
(さすがに泣きはしませんが)
後半でも「楠くん」とのえっちは続いており、教室とか保健室とか…やはり複数プレイもあるんです。
そんな展開でも、あのオチが全てを洗い流すようでした
ラストの「西園寺先生」がまた非常に爽やか。
素敵でしたよ。
こんなん好き

なお、お相手の「楠くん」は、他エピソードの男性と違い、眼鏡・ヘルメット頭のひょろりとした体型。
また違う濃さでしたね。

★その他

そんなこんなで「蛹虎次郎」センセでした。
ブログでは初単行本「あそばれ Dear Sex Friend」を紹介しています。
そちらよりも、またどっぷりとした濃さのある漫画でした。
ずぶずぶきますよ。

ラブコメ好きなので、正直なところあまり好みなネタではないんですが。
これはコレでえろく、楽しめました。
読み応えもありましたよ。

きゃすとあおい (富士美コミックス)きゃすとあおい (富士美コミックス)
(2012/05/25)
蛹 虎次郎

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール

■新妻のそだて方 (ジェームスほたて)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメ・新婚生活
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。
・その他: カラー(4P)、携帯待ち受けFLASHプレゼント、
       7話収録、現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ジェームスほたて」センセの「新妻のそだて方 1巻」です。

ヒロイン特集1:寝起きの「千真季さん」
※ヒロイン特集1:寝起きの「千真季さん」
 朝は強くなさそうでした。


■新妻のそだて方 1巻 (ジェームスほたて)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

巻数そのまま、「新妻のそだて方」は2巻以降も続く長編モノ。
一般・えっち系な単行本。
初対面から、なんやかんやとカップルどころか結婚までしてしまうという、ストーリー漫画となっています。
メインの2人からブレることはなく。
じわじわ接近していく感情が、丁寧に描かれておりました
故あって、えっちはしちゃってるんですけどね。
ジャンルとしてはまさにラブコメ
テンポ良く、楽しく読み進められます。

そんな感じで、お得意なネタで漫画は優れたもの。
やや原稿はごちゃごちゃしていたものの、特に引っ掛かるところはありません。
描き込みはそこそこですが、濃淡は強めなまとまり。
全体では濃い目ですね。
ふんわりとしたやわらか曲線での絵柄で、キャラは肉付きよくむちむち
ばさりとした髪と大きな目の可愛らしい系統です。
こちら名義の場合、丁寧さよりも勢いという感覚。
極端な乱れはなかったものの、崩れは感じました。
癖のある作画なので、人を選ぶと思います。
判断については、だいたい↓表紙で良いでしょう

★収録話 7話収録

主人公「外村泰平」は、友人「磯辺」の経営する会社「いそべ水産」の従業員。
そちらは5名の従業員と数名のパートで構成された零細企業でした。
しかし、彼の叔父は世界的な企業「内場グループ」の会長と長年続く知り合い。
ちょうど見合い相手を探していた会長に、「泰平」を”社のホープ”と紹介したところ、なんのかんのと話は進展。
結婚前に新郎・新婦が顔を合わせるのは縁起が悪い。
そうした古いしきたりも手伝って、当人らの知らぬところで結婚が進んでしまったのでした。
式当日、同じく”結婚したくない”と頭を抱えていた新婦「北見千真季(きたみ・ちまき)」に出会った「泰平」
2人で結託して、式を破談とすべくえっちを始めたんですが…その「千真季」こそが本来の結婚相手だったのです。

長くなってすみません。
そんなんが1話目。
だいたいそうした経緯で、いきなり見知らぬ男女が夫婦となり、新婚生活が始まるというもの。
式を破断にしようとえっちも経験しており、そちらの相性はいいみたい。
(※いちおう直接えっち前でしたが)
後はお互いを知っていくだけ、ということで。
ドキドキな同居生活の中で、じわじわ愛情が芽生えていく、という漫画でした。

ヒロイン特集2:ドレスアップ「千真季さん」
※ヒロイン特集2:ドレスアップ「千真季さん」
 なにかと面白い娘さんでした。

名前も面白いヒロインの「千真季さん」
お嬢様で世間知らずなため、非常に言動が可笑しいのです。
「~です」、「~ですか」という、丁寧ながらちょっとズレた物言いもキュートですね。
デキル一般人「泰平くん」とはなかなかいいカップルでした。

「千真季さん」の家事スキルの無さが発揮される2、3話目。
まぁ、こうしたネタではセオリー通りですねー。
出勤前に彼女の昼食を作っていた、逆に主夫スキルを持つ「泰平くん」
できない割りに”妻として~”という考えを持った「千真季さん」を、じわじわ追い詰めておりました。
まぁ、お嬢様ですよ。
3話後半の、照れてポコポコしている様が可愛い

結婚後、なぜかずっと下着・シャツ一枚という格好(部屋着)だった「千真季さん」
(※いちおう違う服です)
彼女の意外な秘密が判明する4話目。
お嬢様だわー。
外出した彼女の浮世離れっぷりを楽しんで下さい。
なお、こちらが初えっちかな。
野外でしたよ。

ヒロイン特集3:えろいぞ「千真季さん」
※ヒロイン特集3:えろいぞ「千真季さん」
 いいバストですねー。部屋着が素敵。

5話目は「いそべ水産」まで忘れ物を届けに行った「千真季さん」
家事スキル皆無で世間知らずな彼女の、これまた意外な一面が見れます。
ここは必見
ただ、案外そんなものかもしれませんねー。
後半のえっちシーンでは、また可愛らしい事を言っているので、こちらもお楽しみに。
そうそう、名乗った彼女の苗字が、グループの「内場」ではなく、「北見」であった理由が判明する6話目。
もうラブラブですわね。
こちらでは「千真季さん」と共に、「泰平くん」の過去も描かれておりました。
収録の最終7話は、内場グループの創立記念日エピソード。
「千真季さん」ともども「泰平くん」も拉致られ、強引に出席させられています。
そうした流れで、初めて彼女のテリトリーでのお話。
新キャラ、彼女の妹「亜璃寿」さんの登場回です。
まー、まためんどくさそうな娘さんですねぇ(笑)
なお、ドレスアップした「千真季さん」にも注目。

★その他

そんなこんなで、「ジェームスほたて」センセでした。
↓下に並べてますが、紹介は1年とちょっとぶり。
キスメグルセカイ」とか「愛恋千鳥」の2巻が発売されてますね。
新刊は久しぶりでした。
それらはいまいち刺さらなかったんですが、今回は良かった
センセのイイ所がふんだんに盛り込まれた単行本だと思います

ただ、あの↓表紙ですが…。
裏表紙も含め、やや色づかいがふわふわとし過ぎのような…。
個人的には、折り返しとか本編の感じのが良いと思うんですがねぇ。

新妻のそだて方 1 (ヤングコミックコミックス)新妻のそだて方 1 (ヤングコミックコミックス)
(2012/05/10)
ジェームスほたて

商品詳細を見る



★「小暮マリコ/ジェームスほたて」センセの漫画紹介記事
愛恋千鳥[いとこいちどり] 1巻/ジェームスほたて]
 一般系。刀片手にした「千鳥さん」とのお話。
キスメグルセカイ/ジェームスほたて]
 一般系。パラレルワールドを旅する「めぐるさん」のSFちっく話。
団地妻さんのしあわせ/ジェームスほたて]
 一般系。団地妻さんシリーズを収録した、センセの最高傑作というべき単行本。
俺専彼女/小暮マリコ]
 成年系。全て短編。メイド「依子ちゃん」や、白スクール水着な「夏生さん」が登場。
コイノハナ/小暮マリコ]
 成年系。従姉「おりえさん」の「姉じゃなくなる日」を収録。
夕立が止む前に/小暮マリコ]
 成年系。「夕立」、「希望荘へようこそ」などの連続話を含む。
サニーサイドアップ/ジェームスほたて]
 全2巻の一般系。喫茶店のラブコメ漫画。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■萌えーしょんグラフィックス (鈴井ナルミ)

★まんがデーター [12/15] 
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年] ラブコメコスプレ
・おまけ: あとがき・4コマ、カバー裏にキャラクター解説っぽいの、
      描き下ろし「萌えーしょんグラフィック 第4話」
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、カラー(8P)、
      短編×10(うち「萌えーしょんグラフィック」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鈴井ナルミ(すずい・なるみ)」センセの「萌えーしょんグラフィックス」です。

原画担当「絵崎愛弓」、部長「響梢」
※左:原画担当「絵崎愛弓」、右:部長「響梢」
 カバーを飾る、表題作の2人です。


■萌えーしょんグラフィックス (鈴井ナルミ)


★構成・絵柄 成年ラブコメ

さて、本日は「萌えーしょんグラフィックス」です。
表題の中編をメインとした単行本。
各話でヒロインが変更され、集団えっちとなるスタンダードなもの。
描き下ろしもそちらで、新キャラが登場していました。
他は全て短編での構成ですね。
ジャンルとしてはラブコメ
ぱっと目立つ要素はあまり見られないものの、読み易いお話群となっています。

こちらで注目なのは、なんと言っても作画。
縦に大きな目の、ふっくらとした漫画っぽいもの。
いかにも可愛らしいキャラ絵ですねー。
そうデフォルメちっくでもなく、バランス感覚も見事。
安定してました
乱れのない柔らかな線で、濃淡・描き込みも適度なくらい。
枠間が小さく、ややごっちゃりしているかな。
表現的に引っ掛かるところもなく、よくまとまっています。
判断については、多少違いますが↓表紙・裏表紙、あるいは「MAX」さんのサイトでのサンプルが見易いでしょう。

★収録話 10話収録

005:「萌えーしょんグラフィック 第1話」 カラー原稿あり
029:「萌えーしょんグラフィック 第2話」
049:「萌えーしょんグラフィック 第3話」
189:「萌えーしょんグラフィック 第4話」 描き下ろし
アニメーターなどを輩出している、伝統ある「アニメ作画研究部」
しかし、現在は部員3名だけで、また投稿した動画の再生回数がイマイチだったことで、予算が出なくなってしまったのでした。
そこで、部長「響梢」は、”世の男ども虜になるようなエロアニメ”を作ることとしたのです。
真面目な性格の原画担当「絵崎愛弓」はまだ経験なく、唯一の男性「佐久間亮司」に相手をお願いするのでした。
だいたいそんな感じ。

こちらが表題作品です。
部活でのえっち話で、1話で「愛弓さん」、2話で「梢さん」、3話で複数…とスタンダードな展開でした。
カラー原稿部分は3話部分のよりぬきですかね。
コスプレちっくな2人を楽しめます。
そんな訳で、前述した流れの1話。
まぁ、もともと好意はあったんでしょうけど、
私と…H…してください!!
とはよく言ったなぁ。
恥ずかしいとかなんとかいう言葉とは裏腹に、ガンガンえっちに突き進んでいました。
よく分かってるじゃない(笑)

あまりに順調な作業を、「梢さん」が不思議に感じる2話目。
ツリ目で、収録ではもっとも大人っぽいですかね。
黒のパンストもよくお似合いでした。
コンテ修正のため、「佐久間くん」を部屋へ招いた「梢さん」
「愛弓さん」の変化について尋ねられ、明らかに態度のおかしい彼を問い詰めるという切っ掛け。
強い彼女がえっちで可愛らしくなるところをお楽しみ下さい。
アフレコの3話目が複数えっち。
気分を盛り上げるため、コスプレしておりました。
そもそも我々素人が”演技をしよう”という事自体が、驕りであり…間違いだったのだ!
その台詞は納得。
ただ、だからと言って普通にえっちするのは違うと思うよ、「梢さん」
よくアレで完成したなぁ。
巻末の描き下ろし4話は、なんと新キャラ「影山ヒナ」さんの登場話。
ややタイプ異なる娘さんです。
先の2人と違い、「佐久間くん」にそうラブラブでないのがポイント。
故あって簡単にえっちに流れるんですけどね。
ぱかっ、が素敵でした。

影山ヒナ
※影山ヒナ
 この娘が3人目。まさか描き下ろしで新キャラとは。

069:「OSHIOKI Tied up!」
実妹「水希」さんとの近親えっち。
金髪ツインテールなので、当然のようにツンデレておりました
慌てて転び、コードに絡まって動けなるという、ベタベタな展開をしております。
オチでは反省してましたが、けっこう流れでガッチリえっちしちゃってるんですけどねー。

089:「イジワルなお年頃」 カラー原稿あり
先輩「架乃子」さんにえっちな事する「直樹」くんですね。
いじめて系な彼女は、年上ながらキュートな方。
あのリアクションは…いじわるしたくなって当然か。
そっとスカートのホックを外しちゃうシーンが好き。

109:「ウチの娘がいちばん」
猫好きな主人公のもとに、いきなり猫耳少女「みゅう」ちゃんが押し掛けて来るお話。
こういう種類の猫ですよ~知らないですか?
とか言ってました。
それで押し通すのがなんだか可笑しいですね。
ショーツにワイシャツという格好がセクシーでした。
オチがまた面白いです。

129:「がんばる恋の自由形」
学園でトップクラスの優等生「白石凛」さんにお願いされ、水泳「上原」くんは泳ぎを教えることとなったのです。
そんな訳で、真面目そうな彼女のスクール水着姿を堪能すべきお話。
背丈は小さいのに巨乳な「凛さん」
分からんでもないですが…水着からはみ出るほどおっきくしちゃーダメよ、「上原くん」
普通ならば、ばちんと引っぱたかれる場面ですよ。

149:「ちょこパニ」
バレンタインにて、「健介」くんにチョコを渡そうとしている「あさひ」さん。
友人から成功率97.5%という”惚れ薬チョコ”をもらっていたものの、普通に告白しようとしていたのです。
しかし、間違って、”惚れ薬チョコ”を渡してしまい、慌てた「あさひさん」は先んじて口に入れたんですが…というもの。
ヒロインがえっち暴走するもの。
ツーサイドアップのリボンと縞パンが素敵な「あさひさん」
オチがまた可愛らしいです。

妹「水希さん」、「紗奈さん」
※左:妹「水希さん」、右:「紗奈さん」
 お尻がキュートなのです。

169:「ふたりのSweet Dream」
ファミレスで働く幼馴染み「紗奈」さんとのお話。
こちらがデビュー作なのだとか。
メイド服っぽいコスチュームで、黒のストッキングが良い感じ
(えっち時には破ったりしてます)
パンチラ、ありがとうございました(笑)
雰囲気は、どっかの有名ゲームそのままですねー。
センセの絵柄ともよく合ってます。

★その他

以上、「鈴井ナルミ」センセでした。
こちらが初単行本ですね。
さすがにゲーム原画で活躍されているだけあって、絵柄は非常にいい感じ
綺麗にまとまっていて分かり易く。
それが相乗効果となって、お話の良さにも影響していたようでした。
次も楽しみです。

萌えーしょんグラフィックス (ポプリコミックス)萌えーしょんグラフィックス (ポプリコミックス)
(2012/04/26)
鈴井 ナルミ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コスプレ ツインテール パンチラ スクール水着 ツーサイドアップ

■発情ベイビー (宵野コタロー)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : [成年] むちむち・色々
・おまけ: あとがき、描き下ろし「誘情トラベリング」、
      カバー裏に「発情ベイビーの裏側」、加筆修正あり。
・その他: カラー(12P)、短編×13(うち「誘惑シリーズ」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宵野コタロー(しょうの・こたろー)」センセの「発情ベイビー」です。

京子、しずか
※左:京子、右:しずか
 落差サンプルです。最初の印象がコレというのも問題だと思います。


■発情ベイビー (宵野コタロー)


★構成・絵柄 むちむち系 成年漫画

さて、本日は「発情ベイビー」です。
シリーズものが1エピソードあるほかは、全て短編での構成。
ラブコメ…ではないんですね。
かと言ってそうブラックな流れでもなく。
シチュエーションもありますが、やや強引にえっちへなだれ込むのがだいたいのパターン。
成年漫画としてはそれで良いのかもしれませんが、お話としては微妙
オチも何やら突飛な印象でした。
売りとしては絵柄だと思います。
…が。
今回単行本の場合、肝心のそちらも微妙
↓表紙の時点では、もう少し良いかと思ったんですけれど。

紹介帯には”大量加筆修正”とありました。
修正もされているんでしょうけど、そうでない原稿もちらほらあり。
結果として、不安定な感じ
特に前半収録された描き下ろしを含むシリーズ3話は絵が段階的になっており、落差が見えるんですね。
成長過程が分かっていいかもしれませんが…ううむ。
細めの線で濃淡・描き込みはだいたい丁度よいくらい。
ただ、たまに乱れ・崩れがあります。
修正もあってか良いコマも多くあるんですが、そんなんが逆に目立っている印象。
全然悪くはないものの、あまり良くはないかなー
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙でいいと思います。
ただ、安定感が増すだろう、次の単行本のが狙い目かもしれません。

★収録話 13話収録

003:「男・コン」 カラー原稿
弟の友人「蓮」くんと「ひなた」さん。
彼の口車にまんまと乗せられ、裸を見せ合うというもの。
なんのかんの言いながらも、「ひなたさん」は要望に応じてるんですね。
押しに弱いなー。
そりゃ、えっち展開になるのは当然でしょう。

013:「誘惑キャンパス」
029:「誘情トライアングル」
045:「誘情トラベリング」 描き下ろし
学園の2大マドンナという「しずか」・「京子」の2人。
良い返事はないものの、その「しずか」を誘い続けている彼に、興味持った「京子」は…というのがそもそもの切っ掛け。
男女とも、キャラが定まっていない印象です
彼は冒頭と後半で別人のよう。
「京子さん」もあーした行動取った割りにめろめろしていて…なんなんだろう。
また、前述したようにこちらは原稿が古めで、バランスも芳しくないため、余計に集中できません。。
続く「誘情トライアングル」は、雰囲気の変わった「京子さん」が気になっていた「しずかさん」が彼と接触するというもの。
原稿は最近で、前話と比べて作画は格段に良くなってます。
しかし、彼のキャラが相変わらずよく分かんないですね。
それにあっさり従う「しずかさん」もまた変な感じ。
描き下ろしの最終話は、温泉での複数えっちでした。

051:「Private Lesson」
水泳部「市川」さんに泳ぎを教えてもらうというお話。
ちょっと素っ気ないところが逆にキュートです。
やはりこちらは競泳水着
水泳部という割りにはむちむちと豊満なスタイルで…。
スピード出なさそう。

067:「ラブリーフェイス」
モデル「美菜」がフリーのカメラマンという「高橋」に誘われたんですが…。
まぁ、こうした声掛けには気をつけないといけませんわね。
実際にもありそうだなぁ。
ラブホテルと知っていながら入ってしまい、エロ水着にしっかり着替えてしまったら、そりゃ撮影だけで終わるのが変でしょう。
ただ、こちらはオチに驚き。
ヤリ逃げじゃないのね。

083:「ひみつボイス」
ちらほら見かける、えっち系声優さんのお話。
ただ、こちらはエロゲ趣味な「孝太」のため、幼馴染み「中条葉月」さんがそれを目指しているというもの。
ううむ、なかなか泣かせる設定です。
だいぶ遠回りですけどね。
独りえっちにはち合わせるのは成年漫画のお約束。
露見したことで想いが通じており、結果オーライですか。

103:「真夜中のお遊戯会」
保父「透」は園児の母「佳織」さんのことが気になっていました。
しかし、そんな彼女が夜中に園長とえっちしている場面を目撃してしまったのです。
後に訪ねて来た「佳織さん」に誘われるパターン。
黒の下着がエロいですね。
園長があの程度であったのが、ちと残念。
もっとドロドロできそうなのに。

119:「すぱっちゅ!」
タイトルそのまま、スパッツなヒロイン「咲希」ちゃん。
男子更衣室に忍びこんだ彼女。
お気に入りな先輩の服にて独りシテしたところ、当人とはち合わせてしまう流れ。
やはり成年漫画のお約束なんですねぇ。
ロッカーに閉じ込められるのもセオリー通りでした。
まぁ、直前までエロいことしてましたから、あーなるのは当然でしょう。

135:「思春期ツインズ」
義理の妹、双子姉妹「杏里」・「麻里」とのお話。
複数えっちですね。
積極的にアピールしていた2人にお手つきしてしまう展開でした。

155:「スイーツ☆クッキング」
お料理教室の講師「紀田優子」さんとのえっち。
バランス的な問題もあるんでしょうけど、彼女初登場部分の台詞が変。
モノローグみたいに見えちゃいます。
気に入った生徒「山下」くんにガツガツと迫ってました。
かなり積極的で良いんですけど…公私混同だわね。

171:「おトイレとらぶるっ!」
友人の妹「桃花」さんとトイレにて鉢合わせするというもの。
場所が自宅なので、鍵かけないだろうし…実際にありそうだなぁ。
お互い気まずいところですが、あの場面で居座り続ける彼は相当なもの。
こうした漫画だからえっち展開は当然なんでしょうが、そうかなあ。
彼女のリアクションにも違和感がありました。

咲希、杏里・麻里
※左:咲希、右:杏里・麻里
 キャラはこうした可愛らしいもの。

187:「酔わされ蘭ちゃん」
会社の先輩「環」くんと「大沢」さんのお話。
同僚「宮田」さんは2人が同じチームになったことを嫉妬し、暗躍するのでした。
酔っぱらった彼女にえっち仕掛けるパターン。
しかし、あーした切っ掛けでなんのかんのうまくいくのは漫画ですねー。

★その他

以上、「宵野コタロー」センセです。
あとがきには2冊目と書かれてましたが。
アンソロジーの単行本もあるようなので、正確には3冊目の様子。
ただ、雰囲気としては初単行本のようでした。

前述した作画の安定感もそうですが、お話も個人的には刺さりません。
可愛らしい絵柄そのままのストレートなラブコメでいいと思うんですが…。
また、それぞれにコレというポイントがないのも問題だと思います。
プラスなんちゃらが欲しいですね。

発情ベイビー (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)発情ベイビー (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2012/04/28)
宵野コタロー

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 競泳水着

■先生といっしょ (シャチカマボコ)

★まんがデーター [10/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメ・ロリ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(6P)、短編×11(うち「先生といっしょ」×4)
           
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シャチカマボコ」センセの「先生といっしょ」です。

三重都子
※三重都子
 2人のうち、キャラ的には彼女だと思います。


■先生といっしょ (シャチカマボコ)


★構成・概要 成年ラブコメ

さて、本日は「先生といっしょ」です。
表題が連続話となっており、メインという位置づけ。
そのため、↓表紙もそちらからの絵柄となっていました。

…なっているんですが。
その印象だと、単行本はロリ系でまとまっているように思うかもしれません。
ただし、実際のところ収録はそっち系ではありませんでした
茜新社」さんですが、くくりLOではないのよ。
ここがもったいない
妹とか年下も顔を見せていて、比率多めには違いないものの。
ばっかでなかったですからねー。
(※個人的にお気に入りなのはお姉ちゃん)
第一印象で人を選んでしまいそうな気がして。
収録はそのメインシリーズと、短編での構成です。

★収録話 12話収録

005:「先生といっしょ EX」 カラー原稿あり
011:「先生といっしょ vol.1」
035:「先生といっしょ vol.2」
059:「先生といっしょ vol.3」
こちらが表題となっている、メインシリーズです。
女生徒だけの小学校教師となった、主人公「岡川正輝」
実はロリ趣味な彼には最高の環境でしたが、その中の生徒「三重都子」は”オマンコ係”という、耳を疑うようなことを言ったのでした。

そのネタでの一点突破ですねー
”教育者が犯罪者とならないよう、女生徒が性欲処理を行う”
…だって。
いちおう授業中(※正確にはHRかな)に、女の子が「オマンコ係」とか言う光景を見てみたいですねー。
うむむ。
コレでいいような、そうでないような。
手慣れており、事はスムーズでした。

2話目はロリ巨乳な「冬木真由」ちゃん。
先の「都子ちゃん」がある程度事務的だったのに対し、彼女は一目惚れなためラブラブ。
巨乳を気にしてる(胸は小さい方が好きだろうという考えね)のがキュートです。
やたら量ある髪の毛とか胸とか、好き嫌い分かれそうだなぁ。
そんなこんなで3話目は複数。
両極端なWヒロインをお楽しみ下さい。
また、冒頭のカラー原稿は、卒業式。
中学の制服を見せに来た2人とのえっちでした。
うん、「真由ちゃん」はブレザーだし、いいとこの学校かなー、とか想像したりして。

083:「低周波少女」
昔馴染みな「和彦」くん・「灯(あかり)」ちゃんのお話。
ポニーテールが可愛いですね。
タイトルは、えっちの切っ掛けが低周波マッサージ機器であるため。
素直になれないという彼女でしたが、まー大胆なことしてました。
また、それ以上に特徴的だったのが、「和彦くん」ですね。
穏やかそうな顔していながら、なかなかいじわるでしたよ。

灯ちゃん、妹「るかちゃん」
※左:灯ちゃん、右:妹「るかちゃん」
 「るかちゃん」も容姿的に目立ってます。

105:「だすとせっくす」
ゴミ箱が女の子になったという、ファンタジーちっくなエピソード。
オナ禁をした彼を心配して実体化したらしく、即えっちです。
ぶっちゃけ、お話としてはそう目立つ感じではなかったんですが。
オチページに笑ってしまいました
あ、ソレがためなんかいい感じに(笑)

127:「るかぱん」
妹「るか」ちゃんと、ちょっと変態ちっくなお兄ちゃんのカップル。
サイドテールとか服装とか、ファッショナブルでキャラが強め。
三角目っぽい目もいい感じ。
後にもう1人登場してますが、センセはこうしたキャラが良いと思います。
お話はお兄ちゃんに下着を汚される彼女が、直接してあげるというもの。
…いや、ダメだろ。
お兄ちゃんも嬉々としないように。
この流れであのオチはちょっと可笑しい。

149:「アネコミ」
お姉ちゃん「美空」さんのえっちを覗いてしまった、弟「大地」くん。
それ以後、姉の寝込みを襲うようになった、というお話。
まぁ、口に直接出していたので。
気付かない方がどうかしてるでしょ。
ネタばらしの際に、「美空さん」がどういうリアクションを取るのかご期待下さい。

173:「マネコン」
よくありがちな、運動部マネージャーがえっちの面倒も見てくれるというもの。
Wヒロインとなっていて、先輩「美咲」さんが身をもって新人マネ「涼香」を指導するのでした。
複数えっちです。
試合に勝ったご褒美とのことで、家庭教師モノなどの定番な設定。
まぁ、男子としては頑張るでしょう。
驚きつつも、「ちょっとだけなら…」とか、「涼香さん」は素質十分。
ちょっとで済む訳ないですわね。

197:「ちゅーにんぐ」
双子の姉はいわゆる中二病で、弟「聡」にべったりなのでした。
こちらが裏表紙を飾っているお姉ちゃんです。
うん、今回の収録はコレでしょう
簡単には、近親ラブコメの変化球タイプ。
やたら髪長く、三角目で包帯ぐるぐるな彼女は、もうビジュアル的に正解ですね。
闇の力がどうこう言っているものの、そう細々と練られていないようで。
わたわたした姿がキュートでした。
とかくキャラが強くて印象に残るので、この1話だけというのは勿体ないと思います。

217:「わたしのだんなさま」
許嫁である「椿」さんとのお話。
大きな屋敷で1人遊んでいた彼女の相手をしていたところ、主人公は許嫁に指名されたんですが。
実際のところ、彼はやや苦手にしていたのでした。
中学か、高校かという年齢ですが、いちおう年下。
依存度と独占欲が高く、やや病的な雰囲気すらもある「椿さん」
美人ですが、なんだか命がけな感じ。
面白いですね。
お屋敷とかなんとかの設定を細かくしても良さそう。

双子の姉、許嫁「椿さん」
※左:双子の姉、右:許嫁「椿さん」
 ひでるさん的にオススメなのがこちらの2人。
        
★絵柄

デジタルな細線の絵柄。
全体的に色づきは弱いものの、各所の黒が目立っておりました。
描き込みはどちらかというとあっさり目。
コマも割りもそう細々とはしておらず、キャラも大きく描かれている印象です。

幅広く丸めな輪郭で、目は横長。
三角目もちらほらあり、ぐりぐりと塗られている印象でした。
漫画っぽく可愛らしいものです。
バランスとしては頭大きく、体は華奢でロリちっく。
このあたりの癖が好みを分けそうですね
個人的にはどっちこっちな感覚でした。
もう少し丁寧さなり、安定感が欲しいかなー。

判断については、サンプルが多かった「DMM」さんがベストだと思います。
↓表紙だけで判断するのはちともったいないかと。

★その他

そんなこんなで「シャチカマボコ」センセでした。
こちらが3冊目。
ブログでは「月と太陽」、「会長のいいなり!」と、ひととおり紹介していまし
た。

そうですね。
それぞれ見てきた総括として。
ロリで勝負するよりも、独特なお姉さんキャラがいいのではないかなー、って思いました。
とりあえず、先のお姉ちゃんが見たいなぁ。

先生といっしょ (TENMAコミックス)先生といっしょ (TENMAコミックス)
(2012/03/23)
シャチカマボコ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : サイドテール ラブコメ ファンタジー ポニーテール

■好女凌辱あはン (さいだ一明)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] えっち女性・複数
・おまけ: あとがき、カバー裏に「イラスト&フリートークコーナー」
・その他: カラー(24P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さいだ一明(さいだ・かずあき)」センセの「好女凌辱あはン」です。

円香さん
※円香さん
 やっぱりアダルトな女性は黒ですよね。
 

■好女凌辱あはン (さいだ一明)


★構成・絵柄 えっち女性 成年

本日は「好女凌辱あはン」です。
変なタイトルですね。
えっちな女性による、ちょっと振り切れ度合いの強いお話群。
だいたい↓表紙の雰囲気そのままですね。
色々なパターンがあり、単にエロいだけとか、派手なだけとかでないのが特徴です。
各話ちょっと漫画っぽいかな。
ハードさもそこそこあり、人を選ぶお話群だと思います

登場ヒロインらは比較的年齢高め。
キャラの描き方もアダルト傾向になっていました。
たまに若い娘さんも顔を見せているんですが、やっぱりそっちのがいいかなぁ。
描き込み・濃淡は適度なくらい。
全体ではやや濃いめな作画。
目立つような乱れなく、安定しています。
ただ、アダルトっぽく描いているがためか、バランスが微妙に見える個所がありました。
重箱の隅程度ですけどね。
少しごっちゃりしていたものの、漫画として特に引っ掛かる部分なく。
お話・ジャンル的に人は選ぶかもしれませんが、絵柄についてはそう問題ないでしょう。
判断には、「エンジェル出版」さんのHPサンプルが良いです。

★収録話 11話収録

003:「同窓性」 カラー原稿あり
学生時代に彼氏「天宮」の友人らに呼び出され、複数えっちをされてしまった「円香」さん。
その後、めでたく彼と結婚に至ったものの、当時の事件は伏せたままにしていたのです。
そんな矢先、「円香さん」だけに同窓会を知らせる手紙が届いたのでした。
ややネトラレちっくな作品。
そんな呼び出しに1人でノコノコ応じるというのは。
確かに、なんらか期待してる証拠みたいなものかもしれませんねー。
学生時代のカラー原稿部分から成長が見える、本編の黒下着がセクシーでした。
オチ付近はトンデモない事となってましたよ。

雅音さん、伊武さん
※左:雅音さん、右:伊武さん
 「伊武さん」のネタは好きな系統なんですが…。

027:「黒喪の女」
高倉グループを引き継いだばかりの「高倉俊夫」が交通事故で死亡。
本家の相続権はその夫人「雅音」にゆだねられたんですが…という、タイトルそのままのAVみたいな展開。
さらにもうプラスがあり、複数えっちになっていました。
いかにも成年漫画という、現実味のない話。
ううむ、業績は上がったらしいので、真面目にやってた「俊夫くん」が気の毒ですよ。
ただ、やっぱりこうしたお話の未亡人は貞淑な方のが盛り上がりますわね。

047:「ボディセラピー」
こちらはエロい看護師「雪野」さんのお話。
原因不明の性的疾患で、
”健康優良な男性との性行為が治療に効果的”
なんだとか。
女医「冴木」先生もいいなぁ、とか思っていたら、彼女も同じ症候群だったのです。
まぁ、適当な理由をょ無理やりつけてえろい事してるだけですね。
美人ナース・女医とのアレコレで、普通は羨ましく思うところなんですが。
オチ部分とか、そう感じさせないのが凄い。

067:「堕天使の楽園」
公安局の凄腕「伊武」さんが、悦原グループの令嬢「マリア」の救出作戦にて、意外な形で捕縛されてしまう流れ。
コレどうなるのかなーと思いましたが、そのまま終わっちゃうのね。
設定説明もそこそこある1話完結短編なので仕方ないとは思いますが。
いちおう強い設定の彼女が、あっさり陥落してしまったように見えました。

087:「さいくりん」 カラー原稿
095:「ALUMNA」 カラー原稿
どちらもカラー8ページというショート漫画。
前者はサイクリングに出掛けたカップルが野外えっちをするというもの。
サドルが卑猥ですね。
あの自転車は…ヤダなぁ。
モデルは自分のモノらしいですが、それを想像するとこれまた恥ずかしいですね。
後者は生徒会の会長「麗(うるは)」・「伊織」のカップルが複数えっちに発展するもの。
まとめ上げる方法として最も効力があるの…
とか言ってました。
ああ、そうかもしれませんねぇ。

103:「円満」 カラー原稿あり
母を性玩具のように扱い、家出をさせた父に嫌気を感じていた、子「悠也」
数年後に彼が再婚したのは、初恋の相手「あゆみ」先生だったのです。
優しい彼女が同じ目に遭うとその身を案じた「悠也」は…というもの。
危機感を持つ彼が結果似たようなことを考えているというのは、育った環境か、あるいは血かな。
そのうち、そっくりになったゃうぞ。
こちらの話のエグい点は、回想イメージで描かれていた「あゆみ先生」の本性がトンデモであったこと。
「悠也くん」にとって、良かったのか、悪かったのか。

127:「個人補習」
補習に「永井」くんを呼び出した教師「葉月」さんのえっちな特別授業モノ。
こちらの先生が↓表紙ですね。
前半にあった、やや振れ過ぎな展開と比べるとだいぶ落ち着きますね。

147:「アダルトガーデン」
ショタコンな保育士「坂巻」さんは、こっそり園児ら相手に欲望を満たしていたんですが…。
そうした行為は、実は園長に知られていたのでした。
ああ、確かにこの現代では監視カメラとかありそうですね。
メインは複数えっちになります。

167:「箱の中の女神」
オフィス短編ですね。
部長につく「悠木」さんを奪った「牧村」が、それに取ってかわるというもの。
話としては分からんでもないですが。
彼女のナニがそれだけ凄いのだか良く分からず、いかにも漫画という印象
別に悪いとも言いませんが、へー、という冷めた感想です。

教師「葉月さん」、静奈ちゃん
※左:教師「葉月さん」、右:静奈ちゃん
 比較用です。やっぱり右ではないかと思うんです。

187:「otanaごっこ」
母親の不倫に憧れる娘「静奈」ちゃん。
許嫁という「タケシ」を横目に、「伸夫」くんにえっちを仕掛けるのでした。
そこそこ発育も良かったので、小学生の高学年くらい?
そしたら、こんなんあり得るかも。
若いのに昔のAVみたいなベタ展開をして遊んでいました。
これはオチがまた見どころですかねー。

★その他

そんなこんなで、本日は「さいだ一明」センセでした。
これが6冊目。
↓下にずらーっと並べましたが、いちおうセンセの漫画は全て追っかけてます。
いままで発売されているうち、かなり趣の違う↓表紙。
一瞬分かんなかったですよ。
あとがきによると、”アダルティなエロ話”にあえて挑戦をされたようでした。
漫画家さんも大変ですね。
まぁ、お得意だろう方面はまったく問題ないので、それも良いと思います。
ただ…個人的には、やっぱりいつもののがいいなぁ。

好女凌辱あはン (エンジェルコミックス)好女凌辱あはン (エンジェルコミックス)
(2012/04/17)
さいだ 一明

商品詳細を見る



★「さいだ一明」センセの漫画紹介記事  すべて成年系
ぱっつん×2
 ニーソリストの冠をもつ、センセのフェチ色たっぷりな初単行本。
くいこみゅニケーション
 全ヒロインがニーソ着用。お嬢さまっぽい「古賀あゆみ」さんが登場。
ぱいぱいん」 【オススメ】
 シマシマ日焼け跡な「麻衣奈ちゃん」のカラーページが必見!!
Virgin Hunt ばーじんはんと」 【オススメ】
 センセの最高傑作というべき、1冊まるまるの長編漫画。
にくよくかのじょ
 初・コアマガジンのバラエティ豊かな作品集。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ショタコン

■あいにーじゅ (zen9)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般] 訪問販売・単独ヒロイン
・おまけ: あとがき・ラフ絵、カバー裏にラフ絵。
・その他: 10話(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「zen9(ぜんきゅう)」センセの「あいにーじゅ」です。

スーツ姿の「愛さん」
※スーツ姿の「愛さん」
 やっぱりスーツだと思います。


■あいにーじゅ (zen9)


★構成・概要 一般えっち 訪問販売

さて、本日は「あいにーじゅ」です。
くくりは一般漫画。
毎回直接シーンのあるえっち系で、1巻まるまる続く長編モノです。
各話完結のタイプですねー。
主人公は女性で、各話ではゲストとして男性が登場。
色々なシチュエーションでのえっちに至っておりました。

そうした流れであるため、ラブ要素は薄く、えっちもさっぱりとした爽やかなもの
ヒロインは登場男性らと次々にえっちしておりましたが、そうイヤな感じはないと思います。
お話も軽めでしたよ。

★収録話 10話収録

007:第一話「激薄0.01」
個人宅訪問のセールスウーマン「双葉愛」さんのお話。
1話はえっち系らしく、扱う商品はゴムでした。
ううん、まさしくコレは「蘭宮涼」センセな感じよね。
久しぶりに”ラブ・デリバリー”を思い出しました。
せっかくスーツ姿だったのに、自らガンガン脱いでしまったのは残念。
また、冒頭2ページはもともとカラー原稿だったようですが、収録は白黒です。

027:第二話「viiスティック ローション付き」
今度は電動マッサージ機です。
ずっとスキン売るのかと思いましたが、違うんですね。
えー、これはローション付きなので、エロい目的で売ってるんでいい
かと。
ため、無論(?)えっちもセット販売でした。
前話と違ってストッキング破きがあったり、流れはいい感じ。

045:第三話「朝月新聞120ヵ月」
…かと思えば、新聞売ってたりもしました。
フリーの訪問販売員?
この人、1日で100件もの契約を取りつけていました。
この時勢に新聞を。
凄い!!
冒頭ではお年寄りの相手をしており、単にエロい接客術だけではないことが分かります。
こいつぁ…プロフェッショナルですわ。

新聞屋ということでジャージ姿。
そちらを脱いだら体操服(ブルマ)でした。
コスプレ
それすらも、なんらかの場合のサービスか。

ジャージと教師コス
※ジャージと教師コス
 こうした服装も販売手段として持ち歩いてるんだろうなぁ。

063:第四話「魔カン効作法 100ml」
こちらは珍しく、セールスを受ける立場の「愛さん」です。
いままでとは違う流れで新鮮。
が、オチで驚かされると思います。
どーでもいいですが、この人どれだけの商品を扱っているんだろう。

081:第五話「DX学習書籍 スイスイ入る大学受験セット」
こちらは学習書籍ですね。
冒頭は体操服ですが、メインは女教師コスプレ
…あれ、持ち歩いてるのかな。
ちゃんと眼鏡もかけてました。
オチではWで稼ぐ、ちゃっかりとした面が見れます。

099:第六話「オグシエント工業 ラブドール雅」
はい、またまたエロ商品ですね。
既に契約成立後で、トラブルで届かない商品の代わりをするというもの。
人形のフリをしており、自らも”普通…ばれる…”とか考えているんですが、いちおう頑張っていました。
いつも通りにして問題ないと思うんですが、まぁいいか。

117:第七話「置き薬+ラブボックス」
こちらで扱っているのは薬なんですが、これまでに扱った商品がちらほら再登場しているのがポイント。
繋がりが実感できて、なんだか嬉しいですねー。
しかし、いちおう体調悪くて倒れていた人を相手に、3回もしちゃーダメよ。

135:第八話「萌え萌え調教セット」
えっちグッズですね。
商品制作のカップルが登場します。
ゲストの「美沙」さんも参加し、なんのかんのと複数えっちでした。

153:第九話「セクシーランジェリーセット」
こちらは扱う商品が女性下着ということもあり、お客さんは当然ながら女性。
えっち相手はその弟さんなんですが、かなり強引な展開でした。
確かに言われたままにしただけでしょうけれど、漫画よね。
故あって目隠しえっちです。

171:最終話「双葉愛」
タイトルそのまま、彼女自身がセールス対象になる、ということなんでしょうね。
こちらがラストなんですが、いちおう締めくくりでいつもとは異なる展開になってます。
ただ、前振りもなくいきなりで無理やり感が強く、個人的に好きでありません。
普通の流れで良いと思いましたが。

ラブドール状態の「愛さん」
※ラブドール状態の「愛さん」
 気付いてない、わけがないですね。逆に恥ずかしいわ。

★絵柄

癖が強めですね
やっぱりひでるさんはあまり合わないです。
人を選ぶと思います。

…とはいえ、作画は良好。
個性は確立され、全体で安定しております。
描き込みは適度なくらい。
線は太めで強く、全体の色づきもしっかり。
デジタルな色彩で、濃淡はそれほど濃くはないものの。
肉付き具合とか服の描き方など派手目で、全体はこってりとした印象。
漫画としてもそうした傾向です。
軽くはっちゃけてるくらい。
五角形な幅広輪郭と、目立つ鼻がキャラの特徴。
前述している癖を最も感じる部分です。
判断については、店頭では裏表紙。
事前では、1話が立ち読める「双葉社」さんのHPか、豊富にサンプルのあったDMM さんがオススメ。


★その他

そんなこんなで、「zen9」センセでした。
ブログでは、「美味しく召し上がれ」、、「桃色制服主義/水瀬織江21歳」と、3冊ほどを紹介してます。
色々言いつつも、結構読んでますわね。

そのうち「水瀬織江21歳」が良かったんですよね。
慣れの見えた2巻は正直微妙でしたが。
今回は一般えっち系として、ごく無難な仕上がりでした。
センセの狙い通りだったと思います。

あいにーじゅ (アクションコミックス(アクションピザッツ))あいにーじゅ (アクションコミックス(アクションピザッツ))
(2012/03/28)
zen9

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コスプレ

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。